議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 白石市

平成19年第366回臨時会(第1号) 本文




2007.05.11 : 平成19年第366回臨時会(第1号) 本文


 臨時議長紹介・あいさつ
◯阿部秀一議会事務局長 本日は、一般選挙後、最初の議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第 107条の規定により、年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。
 ただいま出席議員中、鈴木康弘議員が年長の議員でありますので、ご紹介申し上げます。
 早速ですが、鈴木康弘議員、議長席にご着席くださるようお願いいたします。
   〔鈴木康弘臨時議長議長席に着く〕


◯鈴木康弘臨時議長 ただいま紹介をいただきました鈴木康弘であります。
 改選後の初議会に当たりまして、事務局長から説明がありましたとおり、地方自治法第 107条の規定により、臨時に議長の職務を行うことになりました。
 議員各位のご協力をいただきまして、無事、任務を果たしたいと存じますので、どうぞ格別のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 この際、お諮りいたします。このたびの選挙においてお互い当選の栄誉を担って議席を得たのでありますが、初対面の方もおられますので、出身地域、氏名など、簡単に自己紹介をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯鈴木康弘臨時議長 異議がないようでございます。それでは、ただいまより自己紹介をお願いいたします。
 1番制野敬一議員より順次お願いいたします。
   〔各員自己紹介〕


◯鈴木康弘臨時議長 続きまして、本会議に部課長が出席しておりますので、この際、当局よりご紹介をお願いいたします。
   〔理事者紹介〕


◯鈴木康弘臨時議長 ありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前10時12分開会


◯鈴木康弘臨時議長 ただいまより第 366回白石市議会臨時会を開会いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 市長のあいさつ


◯鈴木康弘臨時議長 会議に入る前に、市長からごあいさつしたい旨の申し出がありますので、発言を許します。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 皆さんおはようございます。
 本日ここに、第 366回白石市議会臨時会が開催されるに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 皆様には、去る4月22日に執行されました市議会議員の選挙に当たり、市民の信託を受けられ、めでたく当選の栄冠を得られましたことに対し、心よりお祝いを申し上げます。
 さて、本年度の市政運営に対する基本方針につきましては、議会並びに市の広報等にお示ししておりますが、平成19年度を「4万人都市復活大作戦」のスタートの年と位置づけ、人口減に歯どめをかけ、さらに人口増加をねらい、四つの戦略、60から成る各種事業を総合的に推進し、元気で活力のある「こころ豊かなふるさと白石」の実現に向け、全力で市政に当たってまいる所存でありますので、議員の皆様方の格別のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 改選後、初めての議会冒頭に当たり、議員の皆様がますますご健勝でご活躍くださるよう祈念いたしまして、簡単ではございますが、あいさつといたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前10時14分開議


◯鈴木康弘臨時議長 これより本日の会議を開きます。
 現在における出席議員数は21名ですので、定足数に達しております。
 本日の会議は、お配りいたしました議事日程第1号をもって進めます。
 なお、議長が選挙されるまでの議事日程については、議事日程第1号(その1)で進めますので、ご了承願います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第1 仮議席の指定


◯鈴木康弘臨時議長 日程第1、議事の進行上、仮議席を指定いたします。
 仮議席は、ただいまご着席の議席を指定いたしますので、暫時この議席をもってご協力をお願いいたします。
 1番 制野 敬一議員 2番 水落 孝子議員
 3番 管野 恭子議員 4番 平間 知一議員
 5番 沼倉 昭仁議員 6番 大町 栄信議員
 7番 志村新一郎議員 8番 山田 裕一議員
 9番 小川 正人議員 10番 山谷  清議員
 11番 吉田 貞子議員 12番 菅野 浩一議員
 13番 沼倉 啓介議員 14番 大野 栄光議員
 15番 安斎多実男議員 16番 鈴木 康弘議員
 17番 保科惣一郎議員 18番 四竃 英夫議員
 19番 安藤 佳生議員 20番 佐藤 英雄議員
 21番 佐久間儀郎議員
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第2 議長の選挙


◯鈴木康弘臨時議長 日程第2、議長の選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕


◯鈴木康弘臨時議長 ただいまの出席議員数は21名であります。
 投票用紙を配付いたします。
   〔投票用紙配付〕


◯鈴木康弘臨時議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯鈴木康弘臨時議長 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕


◯鈴木康弘臨時議長 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 なお、臨時議長は議長席で記載し、職員が投票箱を差し出し投票することになりますので、ご了承願います。
 事務局長に点呼を命じます。
   〔氏名点呼〕
   〔各員投票〕


◯鈴木康弘臨時議長 投票漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯鈴木康弘臨時議長 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕


◯鈴木康弘臨時議長 開票を行います。
 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に1番制野敬一議員、21番佐久間儀郎議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。
   〔開 票〕


◯鈴木康弘臨時議長 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数  21票
 これは先ほどの出席議員数に符合しております。
 そのうち有効投票  21票
     無効投票   0票
 有効投票中
     佐 藤 英 雄 議員  16票
     菅 野 浩 一 議員   5票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、佐藤英雄議員が議長に当選されました。
 ただいま議長に当選されました佐藤英雄議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯鈴木康弘臨時議長 ただいま議長に当選されました佐藤議員のごあいさつをお願いいたします。
   〔佐藤英雄議長登壇〕


◯佐藤英雄議長 一言お礼のごあいさつを申し上げます。
 ただいま議員各位のご賛同を賜りまして第24代議長に選任され、光栄と存じますとともに重責を感じ、身の引き締まる思いでございます。
 地方分権来、地方自治に与えられた数々の改革、行政はもちろんのこと、議会におきましても行政と同様、改革が叫ばれている今日であります。議員各位のご指導、ご協力、ご支援を賜りながら、市民福祉の向上のため職責を全うすべく努力いたしますので、議員各位はもちろんのこと、市ご当局の皆様方にもご支援賜りますようお願い申し上げ、甚だ粗辞ではございますが、お礼のごあいさつとさせていただきます。
 まことにありがとうございました。


◯鈴木康弘臨時議長 議長が決まりましたので、これをもって臨時議長の職務を終わらせていただきます。ご協力まことにありがとうございました。
 佐藤英雄議長、議長席に着いていただきます。
   〔鈴木康弘臨時議長退席、
    佐藤英雄議長議長席に着く〕
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 これからの議事は、議事日程第1号(その2)をもって進めます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第3 副議長の選挙


◯佐藤英雄議長 日程第3、副議長の選挙を行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕


◯佐藤英雄議長 ただいまの出席議員数は21名であります。
 投票用紙を配付いたします。
   〔投票用紙配付〕


◯佐藤英雄議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕


◯佐藤英雄議長 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じ順次投票願います。
 なお、議長は議長席で記載し、職員が投票箱を差し出し投票することになりますので、ご了承願います。
 事務局長に点呼を命じます。
   〔氏名点呼〕
   〔各員投票〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕


◯佐藤英雄議長 開票を行います。
 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に2番水落孝子議員、19番安藤佳生議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いします。
   〔開 票〕


◯佐藤英雄議長 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数  21票
 これは先ほどの出席議員数に符合しております。
 そのうち有効投票  20票
     無効投票   1票
 有効投票中
     小 川 正 人 議員  17票
     菅 野 浩 一 議員   3票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は5票であります。よって、小川正人議員が副議長に当選されました。
 ただいま副議長に当選されました小川正人議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 ただいま副議長に当選されました小川正人議員にごあいさつをお願いいたします。
   〔小川正人副議長登壇〕


◯小川正人副議長 副議長に選出していただき、本当にありがとうございます。
 これからは、議長を補佐し、議員各位とともに、新しい白石市議会の1ページをつくるために一生懸命頑張ります。よろしくお願いします。
 本当にありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 会派の届け出報告


◯佐藤英雄議長 この際、会派の届け出がありますので、報告いたします。
 本日までに届け出のありました会派の結成内容につきましては、お手元にお配りいたしました「白石市議会会派等一覧表」のとおりでありますので、ご了承願います。
     白石市議会会派等一覧表
          (平成19年5月11日現在)
┌────────────────────┐
│◎一 心 会(3人)          │
│     会 長  鈴 木 康 弘   │
│     副会長  志 村 新一郎   │
│     会 計  安 斎 多実男   │
├────────────────────┤
│◎政 和 会(3人)          │
│     会 長  保 科 惣一郎   │
│     副会長  制 野 敬 一   │
│     会 計  佐 藤 英 雄   │
├────────────────────┤
│◎誠 心 会(3人)          │
│     会 長  安 藤 佳 生   │
│     副会長  四 竃 英 夫   │
│     会 計  山 田 裕 一   │
├────────────────────┤
│◎創 政 会(3人)          │
│     会 長  山 谷   清   │
│     副会長  佐久間 儀 郎   │
│     会 計  大 町 栄 信   │
├────────────────────┤
│◎市 民 会(3人)          │
│     会 長  小 川 正 人   │
│     副会長  大 野 栄 光   │
│     会 計  平 間 知 一   │
├────────────────────┤
│◎新 生 会(1人)          │
│          菅 野 浩 一   │
├────────────────────┤
│◎白 政 会(1人)          │
│          沼 倉 啓 介   │
├────────────────────┤
│◎社会民主党(1人)          │
│          吉 田 貞 子   │
├────────────────────┤
│◎日本共産党(1人)          │
│          水 落 孝 子   │
├────────────────────┤
│◎公   明(1人)          │
│          管 野 恭 子   │
├────────────────────┤
│◎一   新(1人)          │
│          沼 倉 昭 仁   │
└────────────────────┘


◯佐藤英雄議長 議席の指定などについて協議いたしたいので、ただいまから会派会長会議を開きます。
 その間、暫時休憩いたします。
     午前10時35分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前10時50分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第4 議席の指定


◯佐藤英雄議長 日程第4、議席の指定を行います。
 議席は、会議規則第3条第1項の規定により、議長において指定いたします。
 各議員の議席番号と氏名を事務局長に朗読させます。


◯阿部秀一議会事務局長 議長の命により、議席番号と氏名を申し上げます。
 1番 沼倉 昭仁議員 2番 管野 恭子議員
 3番 水落 孝子議員 4番 吉田 貞子議員
 5番 沼倉 啓介議員 6番 菅野 浩一議員
 7番 山田 裕一議員 8番 安斎多実男議員
 9番 佐久間儀郎議員 10番 大野 栄光議員
 11番 保科惣一郎議員 12番 四竃 英夫議員
 13番 小川 正人議員 14番 佐藤 英雄議員
 15番 志村新一郎議員 16番 平間 知一議員
 17番 大町 栄信議員 18番 制野 敬一議員
 19番 山谷  清議員 20番 安藤 佳生議員
 21番 鈴木 康弘議員
 以上であります。


◯佐藤英雄議長 ただいま事務局長が朗読いたしましたとおり、議席を指定いたします。
 指定された議席にお着き願います。
 なお、氏名標を各自お持ち願います。
   〔各員着席〕


◯佐藤英雄議長 なお、今後の議席の変更については、原則的にはお認めできないことになっておりますので、ご了承願います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第5 会議録署名議員の指名


◯佐藤英雄議長 日程第5、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、1番沼倉昭仁議員、21番鈴木康弘議員を指名いたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第6 議会運営委員の選任


◯佐藤英雄議長 日程第6、議会運営委員の選任を行います。
 議会運営委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長から、
 3番 水落 孝子議員 5番 沼倉 啓介議員
 10番 大野 栄光議員 11番 保科惣一郎議員
 12番 四竃 英夫議員 15番 志村新一郎議員
 19番 山谷  清議員
の7名を指名いたします。
 なお、委員名簿を事務局より配付いたさせます。
 直ちに議会運営委員会を開き、正副委員長の互選をお願いします。
 その間、暫時休憩します。
     午前10時55分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前11時20分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 正副委員長互選の結果報告


◯佐藤英雄議長 議会運営委員会の正副委員長互選の結果、委員長に保科惣一郎議員、副委員長に沼倉啓介議員が選任された旨報告がありました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第7 会期の決定


◯佐藤英雄議長 日程第7、会期の決定を議題といたします。
 お諮りします。今期臨時会の会期は本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第8 常任委員の選任


◯佐藤英雄議長 日程第8、常任委員の選任を行います。
 当市議会の常任委員会の委員定数は、委員会条例第2条の規定により、総務財政常任委員会7人、建設産業常任委員会7人、教育民生常任委員会7人と定められております。この常任委員の選任につきましては、同条例第8条第1項の規定により議長が指名することになっておりますが、当市議会の先例により議員各位から希望する委員会をあらかじめ示していただき、先ほど正副議長と各会派の代表者との間で協議を行い決定いたしておりますので、事務局長に報告いたさせます。
 なお、委員名簿を事務局より配付いたさせます。


◯阿部秀一議会事務局長 議長の命により、各常任委員を報告いたします。
 まず最初に、総務財政常任委員は、
 1番 沼倉 昭仁議員 5番 沼倉 啓介議員
 13番 小川 正人議員 14番 佐藤 英雄議員
 18番 制野 敬一議員 20番 安藤 佳生議員
 21番 鈴木 康弘議員
 以上7名でございます。
 次に、建設産業常任委員は、
 2番 管野 恭子議員 6番 菅野 浩一議員
 8番 安斎多実男議員 10番 大野 栄光議員
 15番 志村新一郎議員 17番 大町 栄信議員
 19番 山谷  清議員
 以上7名でございます。
 次に、教育民生常任委員は、
 3番 水落 孝子議員 4番 吉田 貞子議員
 7番 山田 裕一議員 9番 佐久間儀郎議員
 11番 保科惣一郎議員 12番 四竃 英夫議員
 16番 平間 知一議員
 以上7名でございます。


◯佐藤英雄議長 ただいま事務局長が報告したとおり、議長において各常任委員を指名いたします。
 これより各常任委員会の正副委員長の互選をお願いします。
 その間、暫時休憩いたします。
 午後1時まで休憩したいと思います。
   〔「続行」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 続行ということで暫時休憩でございますので、正副委員長の互選をお願いします。
     午前11時24分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午前11時37分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 正副委員長互選の結果報告


◯佐藤英雄議長 各常任委員会の正副委員長の互選の結果、
 総務財政常任委員会 委員長 安藤 佳生議員
          副委員長 制野 敬一議員
 建設産業常任委員会 委員長 山谷  清議員
          副委員長 大野 栄光議員
 教育民生常任委員会 委員長 四竃 英夫議員
          副委員長 佐久間儀郎議員
が選任された旨報告がありました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第9 白石市外二町組合議会議員の選挙


◯佐藤英雄議長 日程第9、白石市外二町組合議会議員の選挙を行います。
 白石市外二町組合議会の議員については、同組合規約第5条の規定により、当市議会議員のうちから7名を選挙により選出することになっております。
 よって、これより同組合議会議員の選挙を投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕


◯佐藤英雄議長 ただいまの出席議員数は21名であります。
 投票用紙を配付いたします。
   〔投票用紙配付〕


◯佐藤英雄議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕


◯佐藤英雄議長 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 なお、議長は議長席で記載し、職員が投票箱を差し出し投票することになりますので、ご了承願います。
 事務局長に点呼を命じます。
   〔氏名点呼〕
   〔各員投票〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕


◯佐藤英雄議長 開票を行います。
 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に1番沼倉昭仁議員、21番鈴木康弘議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いします。
   〔開 票〕


◯佐藤英雄議長 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数  21票
 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票  21票
     無効投票   0票
 有効投票中
     吉 田 貞 子 議員   3票
     菅 野 浩 一 議員   3票
     保 科 惣一郎 議員   3票
     志 村 新一郎 議員   3票
     平 間 知 一 議員   3票
     山 谷   清 議員   3票
     安 藤 佳 生 議員   3票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は1票であります。よって、吉田貞子議員、菅野浩一議員、保科惣一郎議員、志村新一郎議員、平間知一議員、山谷清議員、安藤佳生議員の7名の議員が白石市外二町組合議会の議員に当選されました。
 ただいま白石市外二町組合議会の議員に当選されました7名の議員が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第10 仙南地域広域行政事務組合議会議
       員の選挙


◯佐藤英雄議長 日程第10、仙南地域広域行政事務組合議会議員の選挙を行います。
 仙南地域広域行政事務組合議会の議員については、同組合の規約第5条の規定により、議長のほか当市議会議員のうちから1名を選挙により選出することになっております。
 よって、これより同組合議会議員の選挙を投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕


◯佐藤英雄議長 ただいまの出席議員数は21名であります。
 投票用紙を配付いたします。
   〔投票用紙配付〕


◯佐藤英雄議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕


◯佐藤英雄議長 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 なお、議長は議長席で記載し、職員が投票箱を差し出し投票することになりますので、ご了承願います。
 事務局長に点呼を命じます。
   〔氏名点呼〕
   〔各員投票〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕


◯佐藤英雄議長 開票を行います。
 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に2番管野恭子議員、20番安藤佳生議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いします。
   〔開 票〕


◯佐藤英雄議長 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数  21票
 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票  21票
     無効投票   0票
 有効投票中
     菅 野 浩 一 議員  21票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、菅野浩一議員が仙南地域広域行政事務組合議会の議員に当選されました。
 ただいま仙南地域広域行政事務組合議会の議員に当選されました菅野浩一議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第11 宮城県後期高齢者医療広域連合議
       会議員の選挙


◯佐藤英雄議長 日程第11、宮城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。
 宮城県後期高齢者医療広域連合議会の議員については、同組合規約第5条の規定により、1名を選挙により選出することになっております。
 よって、これより同組合の議会議員の選挙を投票により行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕


◯佐藤英雄議長 ただいまの出席議員数は21名であります。
 投票用紙を配付いたします。
   〔投票用紙配付〕


◯佐藤英雄議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕


◯佐藤英雄議長 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 なお、議長は議長席で記載し、職員が投票箱を差し出し投票することになりますので、ご了承願います。
 事務局長に点呼を命じます。
   〔氏名点呼〕
   〔各員投票〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕


◯佐藤英雄議長 開票を行います。
 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に3番水落孝子議員、19番山谷清議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いします。
   〔開 票〕


◯佐藤英雄議長 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数  21票
 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。
 そのうち有効投票  21票
     無効投票   0票
 有効投票中
     沼 倉 啓 介 議員  21票
 以上のとおりであります。
 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、沼倉啓介議員が宮城県後期高齢者医療広域連合議会の議員に当選されました。
 ただいま宮城県後期高齢者医療広域連合議会の議員に当選されました沼倉啓介議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。
 この際、午後1時まで休憩いたします。
     午後0時01分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午後1時00分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第12 諸般の報告


◯佐藤英雄議長 日程第12、諸般の報告をいたします。
 市議会に係る会議についてご報告いたします。
 これまで第59回東北市議会議長会定期総会が開催されました。この会議の概要についてはお手元にお配りしておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 次に、監査委員から定期監査及び例月出納検査の結果報告書が提出されております。その内容はお手元にお配りしておりますので、ご了承願います。
 以上で諸般の報告を終わります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第13 市行政報告


◯佐藤英雄議長 日程第13、市行政報告を行います。
 市長から市の行政について報告したい旨の申し出がありますので、これを許します。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 「白石市福祉の郷構想」に基づく「旧かんぽの宿白石」の利活用につきまして、第 365回市議会定例会で報告いたしました以降のことについてご報告申し上げます。
 去る3月末をもって社会福祉法人白石ひまわりによる「薬師の湯ひまわりセンター」の改修工事が完成し、備品類の調達や各種許認可手続、職員採用といった事業開始に向けた諸準備も円滑に進められ、4月25日に日帰り入浴がオープンし、4月28日に宿泊部門も含め全館オープンいたしました。市といたしましても3月29日に「福祉の郷構想」の円滑な推進に向けた協定を法人と締結し、福祉の郷推進事業として70歳以上の高齢者に対する利用料助成、白石市老人クラブ連合会の移管、生きがいデイサービス事業の新規実施、市民バスの増便等の施策を実施してまいります。
 なお、薬師の湯ひまわりセンターの職員採用に当たっては、市の再就職支援対策に呼応する形で、旧杉浦製作所の社員も3名採用されております。一方、市老人福祉センター「行雲荘」につきましては、日帰り入浴、休憩、趣味・教養活動拠点などの機能を薬師の湯ひまわりセンターに移管したことに伴い、4月30日から休館いたしております。
 なお、施設の利活用につきましては、今後検討してまいります。
 以上で行政報告を終わります。


◯佐藤英雄議長 以上で市長の行政報告は終わりました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第14 第26号議案


◯佐藤英雄議長 日程第14、第26号議案・監査委員の選任についてを議題といたします。
 なお、本案については、地方自治法第 117条の規定により、鈴木康弘議員の退席を求めます。
   〔21番鈴木康弘議員退場〕


◯佐藤英雄議長 提案理由の説明を求めます。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 第26号議案については、監査委員の選任についての案件でございます。
 本案は、白石市議会議員の任期満了に伴い、議員のうちから選任する監査委員に欠員が生じましたので、その補充をいたそうとするものでございます。
 鈴木康弘議員は、監査委員として適任であると考え、ここに提案をいたした次第であります。
 何とぞご賛同賜りますようお願い申し上げます。


◯佐藤英雄議長 以上で提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。4番吉田貞子議員。


◯4番(吉田貞子議員) 今回、議員のうちから選任する監査委員ということで欠員が生じたということではありますけれども、外部監査委員等、今、財政の健全性それから透明性の中で外部監査委員という考え方がございますが、これについての考え方、また、今後この欠員に対してそういった検討などが考えられなかったかどうか、2点についてお尋ねいたします。


◯佐藤英雄議長 風間市長。


◯風間康静市長 お答え申し上げます。
 外部監査委員に関してですけれども、それよりもやはり鈴木康弘議員の人柄、また、その仕事ぶりに関して申し分ないという決断のもと、監査委員として適任であると思いまして、ここに提案した次第でございます。以上でございます。


◯佐藤英雄議長 ほかにございませんか。4番吉田貞子議員。


◯4番(吉田貞子議員) こちらの議員の監査委員としての適任ということではなくて、これに関してでは、そういった意味ではなくて、まず外部監査委員という制度についてはそれではどのようにお考えでしょうか。


◯佐藤英雄議長 風間市長。


◯風間康静市長 お答え申し上げます。
 もう当然のごとく代表監査委員がおりますので、議員の中から1名を選ぶというのが筋だと私は思っております。以上でございます。


◯佐藤英雄議長 ほかに質疑ございませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております本案については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決定しました。
 採決に入ります。採決については、吉田貞子議員ほか2名から会議規則第70条第1項の規定により、無記名投票によられたいとの要求がありますので、無記名投票をもって行います。
 議場の閉鎖を命じます。
   〔議場閉鎖〕


◯佐藤英雄議長 ただいまの出席議員数は、議長を除き19名であります。
 投票用紙を配付いたします。
   〔投票用紙配付〕


◯佐藤英雄議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を改めさせます。
   〔投票箱点検〕


◯佐藤英雄議長 異状なしと認めます。
 念のために申し上げます。第26号議案を可とする方は「賛成」と、否とする方は「反対」と記載の上、点呼に応じて順次投票願います。
 なお、重ねて申し上げます。投票中、賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は、会議規則第72条第2項の規定により否と見なします。
 事務局長に点呼を命じます。
   〔氏名点呼〕
   〔各員投票〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れはありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の閉鎖を解きます。
   〔議場開鎖〕


◯佐藤英雄議長 開票を行います。
 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に4番吉田貞子議員、18番制野敬一議員を指名いたします。よって、両議員の立ち会いをお願いいたします。
   〔開 票〕


◯佐藤英雄議長 選挙の結果を報告いたします。
 投票総数  19票
 これは先ほどの出席議員数に符合しております。
 そのうち賛成  17票
     反対   2票
 以上のとおり賛成多数であります。よって、第26号議案はこれに同意することに決定しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 監査委員のあいさつ


◯佐藤英雄議長 ただいま監査委員として議会の同意を得られました鈴木康弘議員からごあいさつをお願いいたします。
   〔21番鈴木康弘議員入場登壇〕


◯21番(鈴木康弘議員) ごあいさつの時間をいただきまして、まことにありがとうございます。
 このたび、市の監査委員選任において、議員の皆様方からご賛同いただき選任されましたこと、心から厚く御礼申し上げる次第であります。
 浅学非才ではありますが、皆様方の変わらざるご支援とご指導を賜りますよう心からお願い申し上げまして、御礼のごあいさつといたします。
 まことにありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第15 第27号議案


◯佐藤英雄議長 日程第15、第27号議案・固定資産評価員の選任についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 第27号議案については、固定資産評価員の選任についての案件でございます。
 固定資産評価員加藤善美君は、4月1日付をもって会計管理者に異動したため、辞任したい旨申し出がありましたので、これを受理し、新たに総務部長島貫安三君を固定資産評価員に任命し、兼務の発令をいたそうとするものであります。
 何とぞご賛同賜りますようお願い申し上げます。


◯佐藤英雄議長 以上で提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。
 この際お諮りいたします。ただいま議題となっております本案については、会議規則第36条第2項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決定しました。
 採決に入ります。ただいま議題となっております本案については、これに同意することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、第27号議案についてはこれに同意することに決定しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第16 第28号議案から第35号議案


◯佐藤英雄議長 日程第16、第28号議案・専決処分の承認を求めることについて(専決第3号)から、第35号議案・専決処分の承認を求めることについて(専決第10号)までの計8議案を一括議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 第28号議案(専決第3号)・宮城県市町村等非常勤職員公務災害補償等認定委員会を共同で設置する地方公共団体の数の減少及びそれに伴う規約の変更についてから、第30号議案(専決第5号)・宮城県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及びそれに伴う規約の変更についてまでの3議案は、公立深谷病院企業団解散に伴う規約変更の専決処分の承認を求めることについての案件でございます。
 本市が構成団体の一つになっている団体において、平成19年3月31日限りで公立深谷病院企業団が解散し、脱退することになるため、団体規約を変更する必要があるところ、施行までに議会を開催することができないことから、地方自治法第 179条第1項の規定に基づき、規約変更の専決処分したもので、同条第3項の規定により承認を求めるものであります。
 第31号議案(専決第6号)・白石市市税条例の一部を改正する条例及び第32号議案(専決第7号)・白石市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の2議案は、平成19年3月30日に地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、白石市市税条例及び白石市国民健康保険税条例を改正する必要があり、4月1日からの施行に際して議会を開催することができないことから、地方自治法第 179条第1項の規定に基づき専決処分したもので、同条第3項の規定により承認を求めるものであります。
 なお、白石市市税条例の主な改正点としましては、市民税において新信託法の制定による規定の整備、上場株式等を譲渡した場合の株式等に係る譲渡所得等に係る市民税の課税の特例の1年延長、日仏租税条約の改正に伴う規定の整備を行ったものであります。
 また、固定資産税において住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税の減額措置の創設、鉄軌道用地の評価方法の見直しを行い、市町村たばこ税において旧3級品以外のたばこ税の税率を附則から本則での規定に改めたものであります。
 次に、白石市国民健康保険税条例の改正点としましては、基礎課税額に係る課税限度額を現行の53万円から56万円に引き上げたものであります。
 第33号議案(専決第8号)については、平成18年度白石市一般会計補正予算の専決処分の承認を求めることについての案件でございます。
 歳入歳出の既定予算にそれぞれ1億 9,448万 7,000円を追加し、予算の総額を 145億 4,522万 9,000円にいたしたものでございます。
 歳出の主な内容は、減債基金積立金及び財政調整基金積立金を増額する一方、民生費の各支援費等を初め、農林業施設災害復旧事業における測量設計等委託料を減額いたしております。
 これらに要する財源といたしましては、交付決定に伴う特別地方交付税を初め、地方消費税交付金、自動車取得税交付金、地方譲与税等を増額し、繰入金、市債を減額いたしております。
 第2表債務負担行為補正につきましては、平成18年度担い手育成資金利子助成の限度額を増額変更いたしております。
 第3表地方債補正につきましては、公共土木施設等災害復旧事業を初めとする市債の変更5件、合わせて 500万円を減額補正いたしております。
 第34号議案(専決第9号)については、平成18年度白石市下水道事業特別会計補正予算の専決処分の承認を求めることについての案件でございます。
 第1表繰越明許費補正につきましては、下水道建設事業の繰越額を減額変更いたしております。
 第35号議案(専決第10号)については、平成18年度白石市農業集落排水事業特別会計補正予算の専決処分の承認を求めることについての案件でございます。
 第1表繰越明許費補正につきましては、集落排水建設事業の繰越額を減額変更いたしております。
 以上で提案理由の説明を終わりますが、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。


◯佐藤英雄議長 以上で提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。
 ありませんか。3番水落孝子議員。


◯3番(水落孝子議員) まず、第31号議案についてですが、個人住民税の所得割納税義務者の推移を2004年から2007年までお示しいただきたいと思います。
 最近、相次ぐ配偶者特別控除の縮小、それから65歳以上の方の非課税措置の廃止、また、老年者控除の廃止や定率減税の廃止等によりまして、非課税限度額が下がっていることによる課税対象者の推移をお示しいただきたい、このように思います。これが第1点です。
 次に、株式等の配当、譲渡益の軽減税率延長に伴う件なんですが、この株式等譲渡益の申告をした人、例えば2005年ですと31万 4,163人で、そして、そのうち譲渡益が1億円以上の申告者はその56.6%を占めるという、こういう大きなものです。ですから大変減税が、そのうちの 100億円以上、譲渡益がですよ、 100億を超える申告をした人、7人おりまして、その人たちに 200億円の減税がされていると。1人30億弱の減税ということで、大変そういう方たちに減税が必要なんだろうかと思われるような税制だと私は思うわけです。
 白石市でのこれらの申告者の実態はいかほど、どれぐらいの方がどういう減税の状況になっているのか、このことについてお示しいただきたいと思います。
 次に、第32号議案、国保税の限度額超過世帯についてですが、先ほどと関連しますが、2004年から2007年の超過世帯数と国保加入世帯に占める割合について、2004年から2007年までお示しいただきたいと思います。
 第32号議案の2点目としまして、最近の相次ぐ課税最低限度引き下げによりまして、収入が変わらなくても所得額が上昇し、それが国保税にも連動してくる、こういう状況が起きていると思います。負担能力を超える水準になっているのかいないのか、市長はどのようにとらえられておられるのか、ご説明いただきたいと思います。
 3点目に、今の2点目に関連しまして、収納率が年々下がってきている、この現状をどう見ているのか、見解をお述べいただきたいと思います。
 以上5点です。


◯佐藤英雄議長 風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 まず、資料の配付の許可をお願いしたいんですけれども。


◯佐藤英雄議長 ただいま当局から関係資料の提出の申し出がありましたので、これを許します。
   〔関係資料配付〕


◯風間康静市長 お答えを申し上げます。
 ご質疑の前段につきましては、配付いたしました資料のとおりでございます。
 後段のうち負担能力につきましては、その実情に応じて申告相談を行う中で軽減措置を適用しておりますし、また、平成18年度より暫定賦課方式から本賦課方式に変え、確定した納税額として納付書を発行して、納期も9期にすることにより納税しやすくしているところでございます。
 次に、収納率については、必ずしも下降一方ではございません。平成17年度は前年度を上回っております。また、18年度においても収納率向上のため、市税等滞納整理対策本部を設置しての滞納整理や夜間徴収窓口の開設、また、悪質滞納者に対しては仙南地域広域行政事務組合と連携し、納税者の税に対する信頼と税負担の公平を確保するため努力を続けているところでございます。以上です。


◯佐藤英雄議長 3番水落孝子議員。


◯3番(水落孝子議員) 収納率の低下につきましては、国保税の方について質疑出したと思うんですが、市民税全体じゃなく、国保税の32号議案の方で収納率が下がっていると。必ずしも下がっていないという今のご答弁でございましたが、白石の国保、これによりますと年々下がっているんじゃないかと思いますので、そこの国保税の方についてお伺いしたので、この件についてもう一度ご答弁いただきたいと思います。


◯佐藤英雄議長 佐藤税務課長。
   〔佐藤恒雄税務課長登壇〕


◯佐藤恒雄税務課長 お答えを申し上げます。
 基本的には、先ほど市長がご答弁したとおりでございます。
 詳しく申し上げます。
 国保税の収納率、平成14年度からでよろしいでしょうか。 68.48。平成15年度 65.81。平成16年度 64.15。平成17年度 65.64ということでございます。


◯佐藤英雄議長 ほかに質疑ありませんか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。
 お諮りいたします。ただいま議題となっております第28号議案から第35号議案までの計8議案については、会議規則第36条第2項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、本案については委員会付託を省略することに決定いたしました。
 この際、暫時休憩いたします。
     午後1時33分休憩
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     午後1時35分開議


◯佐藤英雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより討論に入ります。
 討論の通告がありますので、順次発言を許します。
 最初に、3番水落孝子議員。
   〔3番水落孝子議員登壇〕


◯3番(水落孝子議員) 第32号議案・白石市国民健康保険税条例の一部を改正する条例に反対の討論をします。
 今回の改正は、課税限度額を現行の53万円から56万円に引き上げるもので、限度額超過世帯数が全世帯の5%を超えないように見直しが行われるものですが、白石市の場合は、先ほどのご答弁にありましたお手元の資料のとおり2%台という現状です。
 最近の相次ぐ税制改定、続いてまいりました。配偶者特別控除の縮小、65歳以上の方の所得 125万円以下非課税の廃止、公的年金等控除額の減少、老年者控除の廃止、定率減税の廃止等の税制改定が続いてくる中で、最低限の生活に係る費用には課税しない、このような考え方から設けられているはずの課税最低限度額の引き下げにより、収入が変わらなくても所得額が上昇し、国保税にも連動してくる、こういうことで、負担能力を超える事態も出てきております。その結果、収納率が下がる一方の現状ですので、支払い能力に見合ったものに改めていくことこそ求められているのではないかと私は考えております。よって、第32号議案に反対です。
 議員の皆様のご賛同をお願い申し上げまして、反対討論を終わります。


◯佐藤英雄議長 次に、19番山谷清議員。
   〔19番山谷清議員登壇〕


◯19番(山谷清議員) ただいま議題となっております第32号議案・白石市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、賛成の立場で討論いたします。
 本案は、国の施策として地方税法が改正されたことによるものであります。国民健康保険事業では、国民の皆保険の根幹をなすものであり、健康維持には欠かせない制度であります。また、今回の改正は事業の円滑な運営に資するもので、妥当なものと思料いたします。よって、第32号議案には賛成するところであります。
 議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、討論を終わります。


◯佐藤英雄議長 以上で通告による討論は終わりました。よって、討論を終わります。
 採決に入ります。ただいま議題となっております第28号議案から第35号議案までのうち、第32号議案についてはご異議がありますので、これを分離して起立により採決いたします。
 最初に、第32号議案について採決いたします。
 本案については、これを承認することに賛成の方の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯佐藤英雄議長 起立多数であります。よって、第32号議案は、これを承認することに決定いたしました。
 次に、ただいま議題となっております第28号議案から第35号議案までのうち第28号議案から第31号議案まで、及び第33号議案から第35号議案までの計7議案を一括して採決いたします。
 これら7議案については、これを承認することにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 異議なしと認めます。よって、第28号議案から第31号議案まで、及び第33号議案から第35号議案までの計7議案は、これを承認することに決定いたしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第17 図書室運営委員の委嘱


◯佐藤英雄議長 日程第17、図書室運営委員会の委員を委嘱します。
 図書室運営委員会の委員については、白石市議会図書室規程第6条の規定により、議員のうちから5名を議長が委嘱することになっております。よって、次の5名を委員に委嘱申し上げますので、よろしくお願いいたします。
 なお、委員名簿を事務局より配付いたさせます。
 1番 沼倉 昭仁議員 2番 管野 恭子議員
 7番 山田 裕一議員 8番 安斎多実男議員
 9番 佐久間儀郎議員
 なお、委員の任期は同規程により議員の任期となっておりますので、ご了承願います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 日程第18 閉会中における委員会の所管事務
       調査について


◯佐藤英雄議長 日程第18、閉会中における委員会の所管事務調査についてを議題といたします。
 議会運営委員会、各常任委員会の委員長から平成19年度の閉会中における所管事務について調査したい旨の申し出があります。この調査内容はお手元にお配りしたとおりであります。
 お諮りいたします。申し出のとおりこれを認めることにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、閉会中における各委員会の所管事務の調査を認めることに決定いたしました。

                          平成19年5月11日
白石市議会
議長 佐 藤 英 雄 殿
                       議会運営委員会
                       委員長 保 科 惣一郎
      閉会中における委員会の所管事務の調査について
 本委員会は、所管事務について、平成19年度の閉会中も継続して下記の特定
事件の調査を行うことにしたいので、承認されるよう申し出ます。
                 記
       1.議会の運営に関する事項
       2.議会の会議規則、委員会条例等に関する事項
       3.議長の諮問に関する事項

                         平成19年5月11日
白石市議会
議長 佐 藤 英 雄 殿
                       総務財政常任委員会
                       委員長 安 藤 佳 生
      閉会中における委員会の所管事務の調査について
 本委員会は、所管事務について、平成19年度の閉会中も継続して下記の特定
事件の調査を行うことにしたいので、承認されるよう申し出ます。
                 記
       1.行財政改善対策について
       2.情報化推進対策について
       3.生涯学習推進対策について
       4.地域振興対策について
       5.選挙事務について
       6.財産管理について

                         平成19年5月11日
白石市議会
議長 佐 藤 英 雄 殿
                       建設産業常任委員会
                       委員長 山 谷   清
      閉会中における委員会の所管事務の調査について
 本委員会は、所管事務について、平成19年度の閉会中も継続して下記の特定
事件の調査を行うことにしたいので、承認されるよう申し出ます。
                 記
       1.道路、河川、住宅等の土木建設事業事業について
       2.都市計画事業について
       3.下水道事業について
       4.農業集落排水事業について
       5.水道事業について
       6.農林業の現況と振興対策について
       7.商業の現況と商店街活性化対策について
       8.工業の現況と企業誘致等雇用確保対策について
       9.観光事業の現況と観光客誘致等の施策について

白石市議会
議長 佐 藤 英 雄 殿
                       教育民生常任委員会
                       委員長 四 竈 英 夫
      閉会中における委員会の所管事務の調査について
 本委員会は、所管事務について、平成19年度の閉会中も継続して下記の特定
事件の調査を行うことにしたいので、承認されるよう申し出ます。
                 記
       1.福祉施策について
       2.介護保険事業について
       3.生活環境の改善について
       4.教育施策について
       5.消防・防災体制について



◯佐藤英雄議長 お諮りいたします。この臨時会において議決されました議案等の条項、字句、数字その他整理を要するものについては、その整理を会議規則第42条の規定に基づき議長に委任されたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯佐藤英雄議長 ご異議なしと認めます。よって、その整理を議長に委任することに決定しました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 以上で本日の日程は全部終了いたしました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 市長のあいさつ


◯佐藤英雄議長 この際、市長からあいさつしたい旨の申し出がありますので、発言を許します。風間市長。
   〔風間康静市長登壇〕


◯風間康静市長 市議会議員改選後、初の臨時議会が閉会されるに当たり、一言ごあいさつ申し上げます。
 本日の議会では、終始ご熱心に審議が重ねられ、正副議長の選任を初め議会の構成がなされましたことに対し、敬意を表するものであります。
 また、ご提案いたしました人事案件を初め10議案をすべて原案どおり同意・承認いただきましたことに対し、心より御礼を申し上げます。
 議員の皆様におかれましては、さらに市民への開かれた白石市議会を構築していただくとともに、市民の代表として本市の限りない発展のためご尽力いただきたいと存じます。
 今後ともより一層のご協力を賜りますようお願い申し上げまして、御礼のごあいさつといたします。ありがとうございました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◯佐藤英雄議長 これにて第 366回白石市議会臨時会を閉会いたします。
 皆様方の格別なご協力に対し、心から感謝申し上げます。
 大変ご苦労さまでした。
     午後1時46分閉会



 地方自治法第 123条第2項の規定によりここに署名する。

 白石市議会 議  長  佐 藤 英 雄

       臨時議長  鈴 木 康 弘

       議  員  沼 倉 昭 仁

       議  員  鈴 木 康 弘