議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 気仙沼市

平成21年第27回定例会(第1日) 本文




2009年12月04日:平成21年第27回定例会(第1日) 本文

     午前10時07分  開 会
◎議長(村上俊一君) ただいまの出席議員数は42名であります。定足数に達しておりますので、これより第27回気仙沼市議会定例会を開会いたします。


◎議長(村上俊一君) 本日の欠席届け出議員及び遅参届け出議員はございません。
 以上のとおりでありますので、御報告いたします。


◎議長(村上俊一君) 次に、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、4番佐藤和文君、6番渡會かおるさんを指名いたします。


◎議長(村上俊一君) 次に、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から12月25日までの22日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
     (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◎議長(村上俊一君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月25日までの22日間と決定いたしました。


◎議長(村上俊一君) 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めましたところ、お手元に配付の名簿のとおりでございますので、御報告いたします。


◎議長(村上俊一君) 次に、報道機関から写真撮影の申し出があり、議長はこれを許可しておりますので、御報告いたします。


◎議長(村上俊一君) 次に、議長会及び議長の動向でございますが、出席報告書を印刷してお手元に配付いたしておりますので、御報告にかえさせていただきます。


◎議長(村上俊一君) 次に、議案の上程でありますが、議案第1号から議案第24号までの24カ件を一括上程いたします。
    ○議案第 1号 和解について
    ○議案第 2号 森林総合研究所造林の設定について
    ○議案第 3号 し尿前処理施設建設工事請負契約の締結について
    ○議案第 4号 気仙沼市水産研修センターの指定管理者の指定について
    ○議案第 5号 気仙沼市本吉総合体育館の指定管理者の指定について
    ○議案第 6号 気仙沼市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条
            例の一部を改正する条例制定について
    ○議案第 7号 気仙沼市公の施設における暴力団の利益となる使用等の制限に関する
            条例制定について
    ○議案第 8号 気仙沼市公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を改
            正する条例制定について
    ○議案第 9号 気仙沼市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定
            について
    ○議案第10号 気仙沼市簡易ガス供給条例の一部を改正する条例制定について
    ○議案第11号 気仙沼市プロパンガス供給条例の一部を改正する条例制定について
    ○議案第12号 平成21年度旧本吉町一般会計決算認定について
    ○議案第13号 平成21年度旧本吉町国民健康保険事業特別会計決算認定について
    ○議案第14号 平成21年度旧本吉町老人保健特別会計決算認定について
    ○議案第15号 平成21年度旧本吉町後期高齢者医療特別会計決算認定について
    ○議案第16号 平成21年度旧本吉町介護保険事業特別会計決算認定について
    ○議案第17号 平成21年度旧本吉町下水道事業特別会計決算認定について
    ○議案第18号 平成21年度旧本吉町水道事業会計決算認定について
    ○議案第19号 平成21年度旧本吉町国民健康保険病院事業会計決算認定について
    ○議案第20号 平成21年度旧気仙沼地方衛生処理組合一般会計決算認定について
    ○議案第21号 平成21年度気仙沼市介護認定審査会特別会計決算認定について
    ○議案第22号 平成21年度気仙沼市一般会計補正予算
    ○議案第23号 平成21年度気仙沼市公共下水道特別会計補正予算
    ○議案第24号 平成21年度気仙沼市集落排水特別会計補正予算


◎議長(村上俊一君) 提案理由の説明を求めます。市長鈴木 昇君。


◎市長(鈴木 昇君) 本日ここに、第27回気仙沼市議会が開会され、提出議案の御審議をお願いするに当たり、その概要について御説明を申し上げます。
 議案第1号は、和解についてであります。
 本案は、平成15年度に旧本吉町で実施した馬籠小学校屋内運動場耐震診断業務の結果に基づき、本年度、補強に係る耐震評価及び実施設計業務を委託したところ、当初の耐震診断に誤りが発見され、補強の必要がなかったことが明らかになり、本来不要であった本年度の業務委託費用に係る損害賠償について、相手方と合意に達したことから、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、御提案を申し上げるものであります。
 議案第2号は、森林総合研究所造林の設定についてであります。
 本案は、渡戸地区官行造林の伐採返地に伴う市有林の合理的経営と早期造成を図ることを目的に、新たに独立行政法人森林総合研究所に造林をお願いするため、御提案を申し上げるものであります。
 議案第3号は、し尿前処理施設建設工事請負契約の締結についてであります。
 本案は、工事請負契約の締結に当たり、11月19日、指名競争入札を執行した結果、アタカ大機株式会社東北支店に決定し、11月25日、11億2,350万円で仮契約を締結したことから、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、御提案を申し上げるものであります。
 議案第4号は、気仙沼市水産研修センターの指定管理者の指定についてであります。
 本案は、平成22年4月1日から5年間、気仙沼市水産研修センターを管理する指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、御提案を申し上げるものであります。
 議案第5号は、気仙沼市本吉総合体育館の指定管理者の指定についてであります。
 本案は、平成22年4月1日から5年間、気仙沼市本吉総合体育館を管理する指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により、御提案を申し上げるものであります。
 議案第6号は、気仙沼市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。
 本案は、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、地方公務員である船員のうち、再任用短時間勤務職員について、地方公務員災害補償法の規定に基づく補償を行うこととされたため、改正するものであります。
 議案第7号は、気仙沼市公の施設における暴力団の利益となる使用等の制限に関する条例制定についてであります。
 本案は、公の施設において暴力団の利益となる使用等を制限することにより、市民生活の安全と平穏の確保を図り、市民福祉の増進に資するため、制定するものであります。
 議案第8号は、気仙沼市公の施設の指定管理者の指定手続等に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。
 本案は、公の施設の指定管理者から暴力団を排除することにより、施設の適正な管理を確保し、市民生活の安全と安心に資するため、改正するものであります。
 議案第9号は、気仙沼市乳幼児医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例制定についてであります。
 本案は、乳幼児医療費のうち、3歳未満を対象とした通院医療費一部負担金の助成を、義務教育就学前まで拡大するため、改正するものであります。
 議案第10号は、気仙沼市簡易ガス供給条例の一部を改正する条例制定についてであります。
 本案は、簡易ガス料金算定に係る省令の一部改正に伴い、原料費調整制度について、これまでの半期ごとの調整から四半期ごとの調整などに改めるため、改正するものであります。
 議案第11号は、気仙沼市プロパンガス供給条例の一部を改正する条例制定についてであります。
 本案は、簡易ガス供給条例と同様に、原料費調整制度を変更するため、改正するものであります。
 議案第12号は、平成21年度旧本吉町一般会計決算認定について、議案第13号は、平成21年度旧本吉町国民健康保険事業特別会計決算認定について、議案第14号は、平成21年度旧本吉町老人保健特別会計決算認定について、議案第15号は、平成21年度旧本吉町後期高齢者医療特別会計決算認定について、議案第16号は、平成21年度旧本吉町介護保険事業特別会計決算認定について、議案第17号は、平成21年度旧本吉町下水道事業特別会計決算認定について、議案第18号は、平成21年度旧本吉町水道事業会計決算認定について、議案第19号は、平成21年度旧本吉町国民健康保険病院事業会計決算認定について、議案第20号は、平成21年度旧気仙沼地方衛生処理組合一般会計決算認定について、議案第21号は、平成21年度気仙沼市介護認定審査会特別会計決算認定についてであります。
 議案第12号から議案第21号までは、いずれも市監査委員の審査を経ている決算について、地方自治法第233条第3項及び地方公営企業法第30条第4項の規定により意見を添え、議会の認定に付するものであります。
 議案第12号から議案第17号まで、議案第20号及び議案第21号につきましては会計管理者から、議案第18号につきましてはガス水道部長から、議案第19号につきましては市立病院事務部長から、それぞれ説明いたさせますので、よろしくお願いを申し上げます。
 議案第22号は、平成21年度気仙沼市一般会計補正予算についてであります。
 本案は、歳入歳出予算にそれぞれ7,185万1,000円を追加し、予算総額を273億4,211万7,000円とするものであります。
 補正の内容は、合併記念碑作製等業務委託350万円、ワン・テンビル改修設計業務委託及び維持管理経費650万円、消防団管理システム購入費350万円、乳幼児医療費助成制度拡大に係る準備経費740万円、舘共葬墓地法面補強工事600万円、沿岸漁業安全確保対策事業補助金67万円、廃船撤去事業補助金200万円、肉用牛優良子牛保留事業補助金60万円、企業立地奨励補助金732万4,000円、チャレンジオーナー支援事業費補助金24万1,000円、観光施設修繕28万円、道路台帳管理システム統合事業2,500万円、除融雪経費1,100万円、木造住宅耐震診断助成事業95万2,000円、階上小学校南校舎外壁防水改修工事230万円、中井小学校修繕45万円、公民館施設修繕75万円、学校給食地産地消100パーセント事業200万円、パークゴルフ場基本構想調査業務委託300万円、農林施設災害復旧費110万7,000円などであります。
 これらの財源措置といたしましては、諸収入5,265万4,000円、基金繰入金1億3,394万2,000円などを追加し、地方譲与税6,000万円、国・県支出金5,648万5,000円などを減額するものであります。
 議案第23号は、平成21年度気仙沼市公共下水道特別会計補正予算についてであります。
 本案は、歳入歳出予算にそれぞれ1,951万9,000円を追加し、予算総額を21億1,206万円とするものであります。
 補正の内容は事業費の予算組み替えなどで、この財源といたしましては、一般会計繰入金1,951万9,000円を充てるものであります。
 議案第24号は、平成21年度気仙沼市集落排水特別会計補正予算についてであります。
 本案は、歳入歳出予算からそれぞれ10万円を減額し、予算総額を7,365万3,000円とするものであります。
 補正の内容は、水質検査委託料等の減額などで、この財源措置といたしましては、繰越金56万5,000円を追加し、一般会計繰入金66万5,000円を減額するものであります。
 以上、提出議案について御説明を申し上げましたが、御審議の上、御賛同賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


◎議長(村上俊一君) 次に、決算の内容について説明を求めます。会計管理者兼会計課長神谷俊一君。


◎会計管理者兼会計課長(神谷俊一君) それでは、議案第12号平成21年度旧本吉町一般会計決算認定について、並びに議案第13号から議案第17号までの平成21年度旧本吉町各種特別会計決算認定についてを御説明申し上げます。
 お手元に配付させていただきました第27回市議会(定例会)議案第12~17号説明資料をごらん願います。
 平成21年度旧本吉町一般会計・特別会計決算総括表でございます。
 初めに、一般会計につきまして御説明申し上げます。
 予算現額52億9,916万4,000円に対しまして、歳入決算額が22億4,389万3,387円、歳出決算額が19億8,333万597円となりました。この結果、歳入歳出差引額は2億6,056万2,790円となり、その全額を気仙沼市へ引き継ぎしております。予算現額に対する決算額割合は、歳入では42.34%、歳出では37.43%となりました。
 次に、特別会計につきまして御説明申し上げます。
 まず、国民健康保険事業会計ですが、予算現額13億2,553万円に対しまして、歳入決算額が4億8,938万1,378円、歳出決算額が4億7,469万396円となりました。この結果、歳入歳出差引額は1,469万982円となり、その全額を気仙沼市へ引き継いでおります。予算現額に対する決算額割合は、歳入では36.92%、歳出では35.81%となっております。
 次に、老人保健会計ですが、予算現額2,680万5,000円に対しまして、歳入決算額が161万9,192円、歳出決算額が61円となりました。この結果、歳入歳出差引額は161万9,131円となり、その全額を気仙沼市へ引き継いでおります。予算現額に対する決算額割合は、歳入では6.04%、歳出では0.00%となっております。
 次に、後期高齢者医療会計ですが、予算現額1億944万8,000円に対しまして、歳入決算額が2,707万8,634円、歳出決算額が2,462万2,270円となりました。この結果、歳入歳出差引額は245万6,364円となり、その全額を気仙沼市へ引き継いでおります。予算現額に対する決算額割合は、歳入では24.74%、歳出では22.50%となっております。
 次に、介護保険事業会計ですが、予算現額8億5,358万5,000円に対しまして、歳入決算額が3億3,196万8,172円、歳出決算額が2億9,359万5,862円となりました。この結果、歳入歳出差引額は3,837万2,310円となり、その全額を気仙沼市へ引き継いでおります。予算現額に対する決算額割合は、歳入では38.89%、歳出では34.40%となっております。
 次に、下水道事業会計ですが、予算現額1億2,372万4,000円に対しまして、歳入決算額が3,654万1,528円、歳出決算額が2,827万3,138円となりました。この結果、歳入歳出差引額は826万8,390円となり、その全額を気仙沼市へ引き継いでおります。予算現額に対する決算額割合は、歳入では29.53%、歳出では22.85%となっております。
 以上、御説明申し上げましたとおり、一般会計と五つの特別会計の合計額は、予算現額77億3,825万6,000円に対しまして、歳入決算額が31億3,048万2,291円、歳出決算額が28億451万2,324円となり、歳入歳出差引額は3億2,596万9,967円となりました。予算現額に対する決算額割合は、歳入では40.45%、歳出では36.24%となっております。
 以上が、平成21年度旧本吉町一般会計・特別会計決算総括表の内容でございます。
 続きまして、議案第20号平成21年度旧気仙沼地方衛生処理組合一般会計決算認定についてを御説明申し上げます。
 お手元の第27回市議会(定例会)議案第20・21号説明資料をごらん願います。
 平成21年度旧気仙沼地方衛生処理組合一般会計決算総括表でございます。
 予算現額10億5,899万4,000円に対しまして、歳入決算額が3億6,530万9,443円、歳出決算額が2億1,380万4,277円となりました。この結果、歳入歳出差引額は1億5,150万5,166円となり、その全額を気仙沼市へ引き継いでおります。予算現額に対する決算額割合は、歳入では34.50%、歳出では20.19%となっております。
 以上が、平成21年度旧気仙沼地方衛生処理組合一般会計決算総括表の内容でございます。
 続きまして、議案第21号平成21年度気仙沼市介護認定審査会特別会計決算認定についてを御説明申し上げます。
 お手元の資料をごらん願います。
 平成21年度気仙沼市介護認定審査会特別会計決算総括表でございます。
 予算現額2,424万円に対しまして、歳入決算額が720万2,911円、歳出決算額が673万1,289円となりました。この結果、歳入歳出差引額は47万1,622円となり、その全額を介護保険特別会計へ引き継いでおります。予算現額に対する決算額割合は、歳入では29.71%、歳出では27.77%となっております。
 以上が、平成21年度気仙沼市介護認定審査会特別会計決算総括表の内容でございます。
 今回の気仙沼市と本吉町の合併によります平成21年度各種会計の決算状況は、以上のとおりです。
 なお、各会計の歳入歳出事項別明細書につきましては、決算審査の際にそれぞれ御説明申し上げますので、よろしくお願いをいたします。


◎議長(村上俊一君) ガス水道部長小山義徳君。


◎ガス水道部長(小山義徳君) それでは議案第18号平成21年度旧本吉町水道事業会計の決算の概要につきまして御説明を申し上げます。
 お手元に配付しております第27回市議会(定例会)議案第18・19号説明資料をごらん願います。
 1)平成21年度旧本吉町水道事業会計決算総括表で御説明を申し上げます。
 収益的収入及び支出においては、収入1億643万7,617円に対し、支出1億383万2,186円であり、差し引きで260万5,431円の当年度純利益となりました。なお、当年度未処分利益剰余金は、備考欄記載のとおり8,161万7,616円であります。
 また、資本的収入及び支出においては、収入1,119万5,500円に対し、支出5,614万6,313円であり、4,495万813円が不足額となりますが、損益勘定留保資金等で補てんしたところであります。
 以上でございますが、詳細につきましては決算審査の際に御説明を申し上げますので、よろしくお願い申し上げます。


◎議長(村上俊一君) 市立病院事務部長加賀秀和君。


◎市立病院事務部長(加賀秀和君) 議案第19号平成21年度旧本吉町国民健康保険病院事業会計の決算認定につきまして、補足説明を申し上げます。
 議案第18号から議案第19号説明資料中、2)平成21年度旧本吉町国民健康保険病院事業会計決算総括表により、御説明を申し上げます。
 収益的収入及び支出につきましては、収入1億9,184万3,558円に対し、支出が1億8,661万4,558円であり、差し引きで522万9,000円の当年度純利益となりました。なお、当年度未処分利益剰余金につきましては、備考欄記載のとおり3,834万1,977円でございます。
 資本的収入及び支出につきましては、収入678万6,000円に対し、支出が2,603万223円であり、資本的収入額が資本的支出額に不足する額1,924万4,223円は損益勘定留保資金などで補てんをいたしております。以上でございます。
 なお、詳細につきましては、決算審査の際にそれぞれ御説明を申し上げますので、よろしくお願いをいたします。


◎議長(村上俊一君) 次に、代表監査委員から決算審査意見について説明を求めます。代表監査委員千田満穂君。


◎代表監査委員(千田満穂君) 監査委員を代表いたしまして、平成21年度旧本吉町各種会計、旧気仙沼地方衛生処理組合一般会計及び気仙沼市介護認定審査会特別会計の決算に関する審査について御説明を申し上げます。
 今回、監査委員の審査に付されましたのは、旧本吉町分として一般会計を初め特別会計が5会計、企業会計が2会計、基金運用状況の16件と、旧気仙沼地方衛生処理組合一般会計、気仙沼市介護認定審査会特別会計であります。
 市長から提出されましたこれら各種会計の決算並びに基金運用状況について、去る11月5日から11月25日まで関係諸帳簿、証書類、その他関係書類との照合を行うとともに、必要に応じ関係職員から説明を聴取し、審査を実施いたしました。その結果、各会計の決算諸表はいずれも関係法令に準拠して作成されており、計数はすべて正確であり、また各会計の予算執行についても適正であると認められました。なお、審査の内容につきましては、各会計ごとに掲載いたしました決算審査意見書をごらんいただきたいと存じます。
 以上をもちまして、旧本吉町各種会計の決算、旧気仙沼地方衛生処理組合一般会計及び気仙沼市介護認定審査会特別会計の決算に関する審査の説明とさせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。


◎議長(村上俊一君) 次に報告でありますが、報告第1号及び報告第2号の2カ件につき一括して報告を求めます。
    ○報告第 1号 専決処分の報告について
    ○報告第 2号 平成20年度気仙沼市(合算)健全化判断比率及び資金不足比率につ
            いて


◎議長(村上俊一君) 総務部長大和田一彦君。


◎総務部長(大和田一彦君) それでは、議案書の49ページをお開き願います。
 報告第1号専決処分の報告について説明を申し上げます。
 本件につきましては、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分をしておりますので、同条第2項の規定により報告するものであります。
 50ページは、専決処分書であります。
 51ページは、和解及び損害賠償の額の決定についてであります。
 初めに、事故の経緯について申し上げます。本年10月8日、台風第18号の強風により、気仙沼市魚市場駐車場の木製の側溝ぶたが飛ばされ、同駐車場に駐車していた車両を損傷させたものであります。その後、相手方と協議が調い、和解について合意に達したものであります。
 1、和解の内容についてでありますが、市は相手方に対し和解による損害賠償額を支払うこととし、相手方はこのほかの求償をしないとするものであります。
 2、損害賠償の額については、本件事故に伴う車両修繕料10万3,702円であります。
 3、和解及び損害賠償の相手方については、気仙沼市九条515番地3、菅野 眞さんであります。
 損害賠償に係る額は、施設賠償責任保険の補てん金を充てるものであります。
 以上でございますので、よろしくお願いを申し上げます。
 次に、議案書の52ページをお開き願います。
 報告第2号は、平成20年度気仙沼市(合算)健全化判断比率及び資金不足比率についてであります。
 合算の健全化判断比率及び資金不足比率につきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律施行令第23条市町村の廃置分合に係る特例の規定に基づき、合併前の気仙沼市及び旧本吉町の相当する各比率について算定し、報告するものであります。
 1、総括表について御説明を申し上げます。
 (1)の健全化判断比率についてでありますが、1点目の実質赤字比率及び2点目の連結実質赤字比率につきましては、該当がございません。3点目の実質公債費比率につきましては、15.2%となっております。4点目の将来負担比率につきましては、136.8%となっております。国の早期健全化基準及び財政再生基準につきましては、記載のとおりとなっております。このことから、合併前の気仙沼市と旧本吉町の合算による健全化判断比率は、表にありますように国の早期健全化基準を下回り、適正となっております。
 次に、(2)の資金不足比率についてでありますが、合併前の気仙沼市と旧本吉町の各公営企業会計とも資金不足がないことから、該当はございません。資金不足比率の国の早期健全化基準につきましては、記載のとおりであります。
 次に、2の実質赤字比率及び連結実質赤字比率並びに資金不足比率の状況につきましては、それぞれ記載のとおりであります。
 53ページ及び54ページをごらん願います。
 報告第2号資料(1)(2)として、合併以前の気仙沼市と旧本吉町の健全化判断比率及び資金不足比率を記載しておりますので、ごらん願います。
 なお、今回の合算による健全化判断比率及び資金不足比率に係る監査委員の審査意見書につきましては、地方公共団体の財政健全化に関する法律施行令第23条中、当該年度において健全化判断比率等が既に公表されている場合には監査委員の審査に付すことを要しないと規定しておりますので、よろしくお願いをいたします。
 以上でございますので、よろしくお願い申し上げます。


◎議長(村上俊一君) ただいまの報告に対する質問は、一般質問終了後となりますので申し添えます。


◎議長(村上俊一君) 次に、議案の上程でありますが、議案第25号気仙沼市議会会議規則の一部を改正する規則制定についてを上程いたします。
    ○議案第25号 気仙沼市議会会議規則の一部を改正する規則制定について


◎議長(村上俊一君) 職員をして議案を朗読いたさせます。


◎副参事兼次長兼議事係長事務取扱(加藤正禎君)
 議案第25号
        気仙沼市議会会議規則の一部を改正する規則制定について
  別紙のとおり制定する。
  平成21年12月4日提出
                       提出者 気仙沼市議会議員 高 橋 清 男
                       賛成者    同     佐 藤 茂 光
                       賛成者    同     渡 會 かおる
  提案理由
   議会の監視機能及び政策提言機能をより効果的に発揮し、住民の負託に応え得る議会づく
  りに資するため。
 気仙沼市議会規則第  号
          気仙沼市議会会議規則の一部を改正する規則(案)
   気仙沼市議会会議規則(平成18年気仙沼市議会規則第1号)の一部を次のように改正する。
   第56条に次の1項を加える。
   2 議員の申し入れがあるときは、質疑は一問一答で行う。
  附 則
   この規則は、公布の日から施行する。
 3ページは、気仙沼市議会会議規則の一部を改正する規則(案)の新旧対照表でございます。
 第56条に2項を加えるものでございます。
 以上です。


◎議長(村上俊一君) 提案理由の説明を求めます。登壇の上、理由を御説明お願いいたします。議案提出者高橋清男君。


◎議案提出者(高橋清男君) おはようございます。
 ただいま事務局の方で朗読いたしましたので、私の方から簡単に提案理由の説明をいたします。
 1ページ目ですが、議案第25号ということで、気仙沼市議会会議規則の一部を改正する規則の制定についてということであります。提出者は気仙沼市議会議員高橋清男、賛成者佐藤茂光、賛成者渡會かおるであります。提案理由の説明、議会の監視機能及び政策提言機能をより効果的に発揮し、住民の負託にこたえ得る議会づくりに資するためという理由を申し上げております。
 ひとつ皆様におかれまして、議会改革等々の折にいろいろ基本条例等々も今始まりましたので、いつのときにこの基本条例が制定なるかわかりませんけれども、こういう一問一答方式などは全国に響いておる審議方法でありますので、よろしく御審議の上、説明申し上げたとおりでありますので、なお、この質疑は後であるのだろうと思うので、よりそのときに私なりの考え方を述べさせていただきたいと思いますので、この程度の説明と、理由ということで御提言申し上げますので、よろしく御審議お願い申し上げます。
 以上でございます。


◎議長(村上俊一君) 次に、今期定例会で受理した請願は、お手元に配付いたしております請願文書表のとおりでありますが、文書表でお示しのとおり、民生常任委員会及び産業経済常任委員会に付託いたします。
 なお、陳情2カ件、要望7カ件、要請2カ件は、議長に提出されたものとしてお手元に配付いたしておりますので、御報告いたします。


◎議長(村上俊一君) 以上をもちまして、本日は散会といたします。
     午前10時52分  散 会
───────────────────────────────────────────
  上記会議の顛末を記録し、その正当なることを証するため署名する。
 平成21年12月4日

                   気仙沼市議会議長  村 上 俊 一

                   署 名 議 員   佐 藤 和 文

                   署 名 議 員   渡 會 かおる