議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 石巻市

平成22年  議会運営委員会 11月22日−28号




平成22年  議会運営委員会 − 11月22日−28号







平成22年  議会運営委員会





            議会運営委員会記録

◇開会年月日  平成22年11月22日(月曜日)          午前10時00分開会
                                  午前10時35分閉会

◇開催の場所  議会委員会室

◇出席委員 8名
 阿 部 和 芳  委  員  長         渡 辺 拓 朗  副 委 員 長
 阿 部 純 孝  委     員         大 森 秀 一  委     員
 安 倍 太 郎  委     員         千 田 直 人  委     員
 青 山 久 栄  委     員         堀 川 禎 則  委     員

◇欠席委員 1名
 庄 司 慈 明  委     員

◇委員外出席議員 3名
 黒 澤 和 雄  議     長         阿 部 政 昭  副  議  長
 水 澤 冨士江  議     員

◇説明のため出席した者の職氏名
 北 村 悦 朗  副  市  長         菅 原 秀 幸  総 務 部 長


 佐 藤 和 夫  総 務 部 次 長         柳 田 正 人  総 務 部参事兼
                                   財 政 課 長

 門 間 泰 則  総  務  部         日 野   智  議 会 事務局長
          総 務 課 長

 細 目 恵 寿  議 会 事務局長         佐々木 恭 弘  議 会 事務局長
          次     長                  補     佐

 阿 部 浩 章  議 会 事 務 局         渡 邉 伸 彦  議 会 事 務 局
          主     幹                  主     幹


◇協議事項
  1 付議事項
  (1)市長提出議案について
  (2)議員提出議案について
  2 会期日程案について
  3 会議等の予定について
  4 次回議会運営委員会
  5 その他





△午前10時00分開会





○阿部和芳委員長 皆さん、おはようございます。

 ただいまから議会運営委員会を開会いたします。

 欠席委員は庄司慈明委員です。庄司慈明委員の代理として水澤冨士江議員が出席しておりますので、よろしくお願いいたします。

 初めに、議長からあいさつをお願いいたします。



◎黒澤和雄議長 皆さんおはようございます。

 今ここに来るときに今まで真っ暗な非常口が、きれいなロケーションがすっかり見えるところで明るくなったなという感じで、これからの議会も何かそういう感じがちらっとしたところで。

 大変、休みと休みの間のきょう一日、いろいろな議論がされるだろうというふうな予想をしております。ひとつ、きょうもいい議会にしていきたいと思いますので、皆さんの真摯な議論を御期待してごあいさつにさせていただきたいと思います。よろしくどうぞお願いいたします。



○阿部和芳委員長 それでは、議事運営協議事項に入ります。

 付議事項の(1)市長提出議案について、当局から説明を願います。



◎北村悦朗副市長 おはようございます。

 本日は石巻市議会第5回臨時会に市長から提案させていただきます議案につきまして御説明を申し上げたいと思います。

 今回御審査いただきます議案は条例の一部改正が2件、補正予算が10件、工事請負契約の一部変更が1件の合計13件でございます。

 条例と予算につきましては、人事院勧告に伴います給与改定関係議案でございます。議案の内容につきましては、担当課長から説明いたしますので、よろしくお願いをいたします。

 なお、さきの臨時会でお知らせしておりました、窃盗罪により逮捕されました職員につきましては、去る11月9日同日付で懲戒免職処分といたしました。本日の本会議で、事故を起こした教育委員会職員の処分及び市立保育所の感染性胃腸炎の集団発生とあわせまして市長から行政報告をさせていただきます。よろしくお願いをいたします。



◎門間泰則総務部総務課長 それでは私のほうから、条例議案から御説明申し上げますので議会運営委員会資料1ページをごらんいただきたいと思います。

 1番、条例議案2件につきまして、(1)第105号議案石巻市特別職の職員で常勤の者の給与及び旅費に関する条例及び石巻市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例でございます。

 改正理由は、本市特別職である市長及び副市長の期末手当について、国の指定職俸給表が適用される国家公務員に準じてきたことから、本年度の人事院勧告に準じ支給割合を引き下げるものでございます。あわせて、教育長の期末手当についても同様に引き下げるため、本条例の一部を改正するものです。

 改正内容をごらんいただきたいと思います。イ、市長・副市長及び教育長の期末手当の支給割合の改定でございますが、年間計の欄をごらんいただきます。現行3.10月でございますが、右側、平成22年度改定後は12月期を1.50月といたしまして、合計2.95月といたすものでございます。平成23年度以降は6月期を1.40月、12月期を1.55月、年間2.95月に改正するものでございます。

 この条例は平成22年12月1日から施行いたします。ただし、平成23年度以降の期末手当の改定は平成23年4月1日から施行するものでございます。

 次に、第106号議案石巻市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について御説明いたします。

 改正理由は、人事院は本年8月10日に公務員給与の改定の勧告を行いました。本市の給与制度は人事院勧告も含めて国家公務員に準ずることとしていることから、国の一般職の職員の給与に関する法律の改正と同様に、給料表及び期末勤勉手当を引き下げるため本条例の一部を改正するものでございます。また、持ち家に係る住居手当を廃止することなどに伴う改正もあわせて行うものでございます。

 改正内容でございますが、一般職の職員の給与の改定、?医師に適用される医療職給料表(1)を除く給料表について、若年層を除き給料月額の引き下げを行うものでございます。平均改定率はマイナス0.19%でございます。?期末勤勉手当の改定でございますが、支給割合は現行の年間計が期末手当2.75月、勤勉手当1.40月、4.15月が現行の計でございます。これを改定後は、12月期を期末を1.35月、勤勉が0.65月の2月、合計で期末が2.60月、勤勉が1.35月の3.95月に改定するものでございます。さらに、平成23年度以降は期末勤勉それぞれ率を改定いたしまして、合計3.95月とするものでございます。?といたしまして、55歳を超える職員、行政職給料表6級以上の者でございますが、その給料、管理職手当、地域手当をそれぞれ1.5%減額するものでございます。?といたしまして、給与構造改革の給与水準引き下げに伴う経過措置額(現給保障額)について、今回の給料表の減額改定を踏まえ引き下げるものでございます。現行マイナス0.24%を、改定後はマイナス0.41%に引き下げるものでございます。?といたしまして、持ち家に係る住居手当(新築購入後5年に限り月額2,500円)につきまして廃止するものでございますが、こちらにつきましては3年間の経過措置を設けることといたします。

 最後に、この条例は平成22年12月1日から施行するもので、ただし、平成23年度以降の期末勤勉手当などの改定、持ち家に係る住居手当の廃止は平成23年4月1日から施行するものでございます。

 2ページをごらんいただきます。

 2、予算議案は後で財政課長から御説明を申し上げます。

 3、条例外議案1件について御説明申し上げます。

 第117号議案、工事請負契約の一部変更についてでございます。工事名は西流下蛇田排水ポンプ場基礎工事、請負者は石巻市双葉町1番10号、豊和建設株式会社、代表取締役阿部勝。契約金額は、変更前は2億1,934万5,000円でございましたが、変更後は2億1,656万5,650円の277万9,350円の減額でございますが、概要につきましては7ページ、一番最後のページをごらんいただきます。

 工事名、工事場所、請負者はただいま御説明したとおりでございまして、変更前の状況でございますが、工期は平成22年7月6日から平成23年1月31日まででございまして、請負金額は先ほど御説明したこの金額でございます。変更後につきましては、工期の変更はございません。請負金額が、先ほど御説明しましたように277万9,350円の減額で、2億1,656万5,650円となるものでございます。

 理由につきまして、基礎杭工により発生する建築泥土の処理方法について、当初中間処理施設への運搬処理を計上しておりましたが、次年度予定している当ポンプ場土木躯体工事において同質で均一な盛り土材が必要になったことから、現場内で発生する泥土を改良し再利用化処理できる移動式中間処理工法に変更し、来年度工事に備えたいとしたものでございます。

 なお、くい径、くいの長さ、くいの本数等の変更はございません。

 条例と条例外議案の説明については以上でございます。



◎柳田正人総務部参事兼財政課長 続きまして、私のほうから2ページ、予算議案10件につきまして御説明を申し上げます。

 3ページの予算の概要をごらんください。

 1、総括表といたしまして、今回の補正額は一般会計で2億639万7,000円の減額、診療所以降8つの特別会計で小計の欄2,192万2,000円の減額、病院事業会計におきましても3,684万1,000円の減額で、合わせまして2億6,516万円の減額補正となってございます。

 今回の内容でありますけれども、先ほど条例改正等の中で説明がありましたが、人事院勧告等に基づきます特別職の期末手当、職員給与の改定及び職員の異動に伴う人件費、それから、同様の措置を予定しております広域行政事務組合の負担金等を措置したものでございます。

 次の、A3版の大きい資料をごらんください。

 今回の人件費の補正でございますので、このように一覧表にまとめて説明とさせていただきたいと思います。上段が一般会計でございまして、真ん中の歳出の欄、小計にございますが、2億639万7,000円の減額でありますが、うち職員人件費につきましては一番上にありますが、1億4,996万8,000円の減額でありまして、内容にありますが給料で5,000万円ほど、期末勤勉手当で1億5,000万円ほどの減額となってございます。2のほうに今回の補正の内訳としまして、制度改定に伴う分と、その他人事異動等に伴う増減分ということで記載してございます。2行目に、先ほどお話しました広域行政組合への負担金といたしまして3,300万円ほどの減額、内容としましては各費目に分かれてございます。それから3行目、社会福祉協議会の補助金ということで人件費31人分、減額といたしまして129万6,000円でありますが、これは社会福祉協議会の運営費補助金、人件費相当を当初予算で計上しておりますので、今回の人事院勧告に伴います同内容の措置を社協のほうでも行います関係での減額となってございます。

 診療所から介護保険までの8つの会計につきましては、中段以降の特別会計Bの欄にございますが、2,192万2,000円の減額となってございます。

 それから、下から2行目病院会計につきましても3,600万円ほどの減額で、合わせまして、一番下、2億6,516万円ということでの減額補正であります。

 なお、特別会計との重複分が2,100万円ほどございますので、実質的には2億4,000万円ほどの減額というふうになってございます。

 左側の下のほうには人件費のみの合計としまして2億1,000万円ほどの減額の中身を示させていただいております。

 なお、今回一般会計におきましては、2億円ほどの減額の部分につきましては、歳入の欄にございますが、財政調整基金への戻し入れということでの予算調整を行っております。現時点で平成22年度末見込みの財政調整基金の残高につきましては、約33.7億円ほどと見込んでございます。現在12月補正予算の調整中でございますので、再度12月補正後の部分でこの辺の数字につきましてはお示ししたいと思います。



○阿部和芳委員長 ただいまの説明について、質疑に入ります。

 質疑はありませんか。



◆阿部純孝委員 106号議案の一般職職員の給与改定の関係議案なんですが、説明の中で医療職給与表を除く部分と若年層を除きとあるのですが、この若年層の範囲というのはどのように理解したらいいのでしょう。改めてお伺いしたいと思います。



◎門間泰則総務部総務課長 給料表上ですが、40代より若い方々と、20代、30代の方々というふうな意味でございます。40代以降は引き下がるわけでございますけれども、その前の方々は下がる率はほとんどないということでございます。



◎菅原秀幸総務部長 詳しく申し上げますと、例えば1級から8級まで級はあるわけですけれでも、まず1級で1号給から93号給の45人、それから、2級では1号給から64号給までの76人、それから3級で申し上げますと1号給から48号給の369人、それから、たまたま国から派遣されている河川の港湾対策室長、この方が該当しまして、6級ですが1名ということで、総体では改定据え置きが491人と。人事院勧告もこれら若年層については給料表の変更はないというふうなことで、それに合わせた形で今回据え置きというふうな形になっております。



○阿部和芳委員長 そのほかありませんか。

 なければ、以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 今期臨時会に付議されます13議案につきましては、先例に倣い委員会付託を省略し、即決といたしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 御異議なしと認め、そのように進めさせていただきます。

 次に、付議事項の(2)議員提出議案についてでありますが、このことにつきましては去る11月15日、議長に対し?橋栄一議員ほか5名の議員により石巻市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例が提出されておりますので、本件の取り扱いについて事務局から説明をお願いいたします。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 ただいま阿部委員長からお話がありましたとおり、11月15日付、提出者?橋栄一議員といたしまして、賛成者長倉利一議員、?橋健治議員、阿部欽一郎議員、伊藤啓二議員、三浦一敏議員、6名の議員の連署によりまして石巻市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部を改正する条例案が提出されておりますので、この取り扱いにつきまして御説明させていただきたいと思います。

 本日、資料ということで皆様のお手元にこの条例案の写しをお配りしておりますので、そちらをごらんいただきたいと思います。

 まず表紙につきましては、6名の議員の連署によります提出の文書でございます。早速めくっていただきまして内容について御説明したいと思います。

 2ページ目が条文の内容になってございまして、第1条、第2条、二条立てになってございます。なお、内容につきましては、ただいま当局のほうで今期臨時会に提出されます市長等の特別職の改正の内容と同じ内容になってございます。

 まず第1条でございますけれども、さらに皆様にわかりやすくするためにA4の横の一覧の資料をお手元にお配りしておりますので、そちらをごらんいただきたいと思います。

 先ほど当局のほうからも御説明ありましたとおり、今年度の人事院勧告によりまして国の指定職職員の期末手当等の改正がありました。国におきましては現行期末手当年間3.10月のものを今年度の人事院勧告によりまして2.95月にするということで、差額として0.15月を引き下げするという内容のものでございます。これまで議員の期末手当につきましても国の指定職の職員に倣って支給していたということがございまして、上段になりますけれども議員の皆さんの期末手当につきましても現行3.10月を今年度2.95月にするということで、それを12月期の期末手当で調整するといったような内容でございます。これが第1条の内容でございます。

 それから第2条でございますけれども、来年度以降の内容でございます。人事院勧告に伴いまして、年間の支給月数ということで国におきましては年に2.95月ということで、来年度以降につきましては6月期を現行1.45月を1.40月、現行12月期を1.65月を1.55月、合わせて2.95月にするということで、今回議員の期末手当につきましても同様に、6月期を1.40月、12月期を1.55月、合わせて2.95月にするといったような趣旨の改正内容になってございます。

 なお、附則でございますけれども、第1条につきましては本年12月1日から、第2条につきましては平成23年4月1日から施行するといったような内容のものでございます。

 改正案の内容については以上でございます。

 なお、この取り扱いでございますけれども、本日の臨時会におきまして上程するわけですが、本来であれば議会案の議案につきましては市長提案議案すべて終わってからということになるのですけれども、今回につきましては市長等の期末手当と同じ内容でございますので、今回上程されます2つの条例の後、市長提出の105号議案、それから106号議案上程の後、議会案第3号という形で上程したいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたします。



○阿部和芳委員長 ただいまの説明について質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 なければ、以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案につきましても、ただいま事務局から説明のありましたとおり、委員会付託を省略し、即決といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 御異議なしと認め、そのように進めさせていただきます。

 次に、会期日程につきましては平成22年11月22日月曜日、本日1日間といたしたいと思います。これについて御異議ございませんか。

           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 御異議なしと認め、そのとおりさせていただきます。

 それでは、当局の皆様大変御苦労さまでした。退席していただいて結構でございます。

           〔当局退席〕



○阿部和芳委員長 次に、会議等の予定について事務局から説明を願います。



◎日野智議会事務局長 それでは、今後の会議等の予定につきまして御説明申し上げます。

 まず1点目でございますが、全員協議会を本日の本会議終了後に第3・第4委員会室で開催いたします。件名につきましては、石巻市の過疎地域自立促進計画及び河南・桃生地域の振興計画の策定についてが1件目、それから2件目が、下水道等使用料の統一といったことでございます。

 それから2つ目でございますが、正副委員長会議につきましてですが、これも本日全員協議会終了後に第1・第2委員会室で行います。案件につきましては、11月11日、12日と実施いたしました中央要望のいわゆる検証を行います。それから、議会基本条例第12条でうたっております議員間の自由討議について御協議をいただく予定となっております。

 それから、産業建設委員会でございますが、女川町の議会、産業建設委員会との懇談会になりますが、11月24日水曜日の午前9時半から議会第1・第2委員会室で行います。この際の話し合いの内容につきましては、日本シカ対策、それから道路の整備といった2件について懇談を持つ予定でございます。



○阿部和芳委員長 ただいま3点説明について、質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 なければ、以上で質疑を終結いたします。

 会議等の予定につきましてはただいまの説明のとおりですが、なお御確認いただきまして、各会派内での周知方につきましてもよろしくお願いいたします。

 次に、次回議会運営委員会の開催につきましては、11月30日火曜日午前10時からの開催といたします。内容につきましては、第4回定例会に付議されます議案の説明等を予定しております。

 なお、本会議の招集通知とあわせ通知をいたしますので、御承知おき願います。

 次に、その他に入ります。

 初めに、?一般質問における反問の検証結果について事務局から説明願います。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 それでは、反問権の検証結果についてということで、本日資料1ということでお手元に資料をお配りしておりますので、そちらを御用意いただきたいと思います。

 内容につきましては、前回の議会運営委員会におきまして、去る9月定例会にありました市長によります反問権、これについての検証を行ったところでございます。皆さんにいろいろ御意見を出していただいたところでありますけれども、その意見集約結果につきまして書面でもって当局に対して通知したいということからこのような通知文書を用意させていただきました。

 なお、発議の前に改めて議会運営委員会の皆様に検証経過の内容について、今一度御確認いただきまして改めて通知したいと、申し入れしたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 ちょっと精読の時間ということでよろしいですかね。この5と特に6の項目のところ、ちょっと、私が言うよりも精読していただければなと思いますので、よろしくお願いいたします。



○阿部和芳委員長 それでは、1分間精読の時間を設けたいと思います。

           〔資料精読〕



○阿部和芳委員長 よろしいですか。

 それでは、5と6の検証結果、確認事項、それぞれ前回の議会運営委員会でのまとめをここに文章化したものであります。

 ただいまの説明について、質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 なければ、このような形で進めさせていただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 それでは次に、?の石巻市議会議会報告会実施要綱(案)について事務局から説明願いたいと思いますが、これは広報広聴委員会と議会運営委員会のメンバーがダブっておりますので、できるだけ簡潔にお願いしたいと思います。



◎阿部浩章議会事務局主幹 それでは私のほうから、石巻市議会議会報告会実施要綱(案)について説明させていただきます。

 資料2をごらんください。

 議会基本条例の第7条により市民に対する議会報告会を開催する旨規定されていることから、議会報告会の具体的な実施方法について、広報広聴委員会においてこれまで4回の委員会を開催しまして、検討してまとめた実施要綱(案)でございます。これを本日、議会運営委員会へ報告するものでございます。

 内容につきましては、たまたま議会運営委員会と広報広聴委員会の委員と同じであることから省略いたしますが、これからの進め方といたしましては、議会運営委員会で了承をいただければ議長までの決裁を経て施行する形になりますので、よろしくお願いいたします。



○阿部和芳委員長 ただいま説明がございました。

 質疑に入ります。質疑はありませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 なければ、このような形で進めさせていただきたいと思います。

 次に、同様に?石巻市議会広報紙発行に関する基本方針見直し(案)について事務局から説明願います。



◎阿部浩章議会事務局主幹 それでは、石巻市議会広報紙発行に関する基本方針見直し(案)について説明いたします。

 資料3をごらんください。

 これまでの議会だよりにつきましては、合併した平成17年6月議会運営委員会において基本方針を制定し、それに沿って事務局で作成しておりましたが、広報広聴委員会が設置されたことにより、委員会が責任を持つことを明確にする等の意見がありましたので、基本方針の見直しについて広報広聴委員会で検討した案について議会運営委員会に報告するものでございます。

 見直しにつきましては、斜線部分の見直しになります。1つ目は、7の編集方針の(2)の、議員名は議会構成、人事、表彰、一般質問及び海外研修、視察、報告に関するものだけ掲載する、の中の表彰、一般質問を追加した見直しになっております。

 2つ目は裏面でございますけれども、9の掲載要領の(2)でございます。これまで発言者の氏名は伏せて掲載するとありましたが、その部分を削除しております。

 次に、3つ目ですけれども、同じく(11)です。起立採決を行った議案については各議員の賛否の態度について掲載するを追加しております。これにつきましてはこれまでも掲載しておりましたが、平成20年2月4日の議会運営委員会での申し合わせにより掲載しておりましたので、明確にするため追加したものでございます。

 4つ目は、10の発行事務の進め方の(2)でございます。掲載記事の調整、充実及び発行の迅速性を図るため、広報広聴委員会の中から委員4名による広報編集会を置くを追加しております。

 次に、5つ目でございますけれども、同じく(3)委員の参画ですが、一般質問の提出については原則本人が質問を10日以内に別紙様式により広報編集会へ提出するを追加しております。

 これからの進め方といたしましては、議会運営委員会で了承いただければ議長までの決裁を経て施行する形になりますが、第4回定例会の議会だよりにつきましてはページ数の都合上通告一覧の掲載となりますが、来年の第1回定例会の議会だよりから見直しした基本方針で作成する形になりますので、よろしくお願いいたします。



○阿部和芳委員長 ただいまの説明について、質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 皆さんがおまとめになったものでございますが、よろしゅうございますか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 なければ、そのような形で進めさせていただきたいと思います。

 次に、委員の方々からその他ございませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 なければ、事務局のほうからその他でございませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 それでは、以上をもちまして議会運営委員会を閉会したいと思います。

 副委員長、閉会のごあいさつをお願いします。



○渡辺拓朗副委員長 ただいまは給与等の削減の条例案の説明がありました。その後に議会改革の、皆さんで決めたことの報告がありました。

 閉塞感が増す一方でありますが、ある意味では市民の不満も徐々に加速していくのかなと。それに負けないような議会改革でいきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。





△午前10時35分閉会