議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 石巻市

平成22年  議会運営委員会 07月28日−21号




平成22年  議会運営委員会 − 07月28日−21号







平成22年  議会運営委員会





            議会運営委員会記録

◇開会年月日  平成22年7月28日(水曜日)           午後 2時00分開会
                                  午後 5時26分閉会

◇開催の場所  議会第1・第2委員会室

◇出席委員 8名
 阿 部 和 芳  委  員  長         渡 辺 拓 朗  副 委 員 長
 阿 部 純 孝  委     員         大 森 秀 一  委     員
 千 田 直 人  委     員         青 山 久 栄  委     員
 庄 司 慈 明  委     員         堀 川 禎 則  委     員

◇欠席委員 1名
 安 倍 太 郎  委     員

◇委員外出席議員 3名
 黒 澤 和 雄  議     長         阿 部 政 昭  副  議  長
 松 川 惠 一  議     員

◇説明のため出席した者の職氏名
 日 野   智  議 会 事務局長         細 目 恵 寿  議 会 事 務 局
                                   次     長

 佐々木 恭 弘  議 会 事務局長         阿 部 浩 章  議 会 事 務 局
          補     佐                  主     幹

 渡 邉 伸 彦  議 会 事 務 局
          主     幹


◇協議事項
  1 協議事項
   (1)請願の取扱いについて
     平成22年請願第3号 石巻市議会議員の定数削減を求める請願
   (2)議会基本条例に基づく協議事項について
  2 次回議会運営委員会
  3 その他





△午後2時00分開会





○阿部和芳委員長 ただいまから議会運営委員会を開会いたします。

 阿部純孝委員から所用のためおくれるとの連絡がありましたので御報告いたします。

 また、安倍太郎委員欠席のため、代理として松川惠一議員が出席しておりますので、よろしくお願いいたしたいと思います。

 それでは、初めに議長からあいさつをお願いいたします。



◎黒澤和雄議長 皆さん、大変暑い中御苦労さまでございます。議会のほうも大変暑いのでありますが、先日は産業建設委員会の全員で県庁のほうに行って、皆さん御案内のとおりの重点港湾40港に対する要望ということで行ってまいりまして、それを受けまして26日の月曜日、中央陳情というか要望事項などを持って石巻市の各6団体がそろって行って、それなりのインパクトのある陳情・要望事項をしっかりとお伝えしていきたいということで、外でも暑い戦いをしているという感じの中で今進めております。

 そういう中で、きょうは議会運営委員会でありますが、かなりの時間を要するような感じがいたしますので、最後までしっかりと審議のほうを進めていただきたいなと、こういうふうに思います。よろしくお願いします。



○阿部和芳委員長 それでは、議事運営協議事項に入ります。

 協議事項の(1)請願の取り扱いについてということで、第2回定例会におきまして当委員会に負託の上、閉会中の継続審査となりました平成22年請願第3号石巻市議会議員の定数削減を求める請願を議題といたします。

 なお、本日につきましては、請願の実質的な審査は行わず、今後の取り扱いについて協議していただきたいと考えております。具体的には、今後本請願を審査するに当たりまして、請願者並びに紹介議員に当委員会に出席していただき、説明の機会を与え、請願に対する説明を求めながら質疑並びに審査を行っていくことになりますことから、あらかじめその日時を決めておくことが必要であります。つきましては、きょうのところはその日程について協議したいと考えております。

 なお、本請願につきましては定例会中の議会運営委員会において付託先を決める際、委員の方から特別委員会との意見もありました。つきましてはその辺のところも含めて、改めて本請願に対する今後の取り扱いにつきまして協議していただければと思います。

 このことについて委員の皆さんの御意見を伺いたいと思いますが、いかがでしょうか。



◆青山久栄委員 ただいま、特別委員会というお話もあったわけでございますけれども、特別委員会ということになれば、まず日程調整よりもそちらのほうが実際それになろうかと思いますので、その辺をどうするのか、まず議論していただきたいと思います。



○阿部和芳委員長 今、青山委員から出ましたが、議案の取り扱いについては第3回定例会中の議会運営委員会で引き続き審査をする方法と、あと今お話がありましたとおり特別委員会での審査の件、第3回定例会で特別委員会を設置した上で付託先を変えて、それで当該特別委員会に請願の審査を行っていただく方法、あと3つ目が、議会運営委員会で審査し特別委員会を設置する場合というような3つの方法があると思います。

 まず、そちらのほうから議論していただきたいというふうに思いますが、その件で議会運営委員会で審査する場合だと次の日程も決められますが、今、青山委員からお話があったとおりに、どういったような形で進めていくかということを、まず協議していただきたいなというふうに思います。



◆渡辺拓朗委員 請願書には、県内の市町村の実施についても書かれていますが、いずれも合併をしなかったところでもあるのですね。だから一緒にはできない部分もありますし、ただ定数削減は世の流れでありますので、その方向に向かう必要があるのかなと思います。

 その中で、やはり合併したということで今後のまちづくりを考えた場合に、やはりさまざまな価値観とか考え方とかというのは、特に旧6町の議員たちにはあるのかな。例えばその地方地方の歴史や背景とかいうことも、やはり他の議員では知らないこともやっぱり多くあるような気がしました、この4年間通じて。そういった意味で、やっぱり特別委員会で決めるべきではないかなと。その削減の数にせよ、また数だけでなくてどのようなことでその数に至ったのかも、しっかりした説明責任がなければ、ただ数ありきでは問題になると思いますので、合併後初の定数削減ですから、合併前の削減とちょっと意味が違うような気がします。特別委員会でしっかり議論すべきだと思いますね。



○阿部和芳委員長 ただいま、渡辺副委員長のほうからは特別委員会での審査というような話があったのですが、ほかに御意見をいただきたいと思いますが。



◆千田直人委員 請願のその内容には、具体的に34から6減らしてと、28というようなこともございますし、また1年という期限も区切られているわけでございまして、ここの議会運営委員会で、要するにこの人数でどうのこうのと決められることでもないのでないかと私も思います。であれば今言われるような特別委員会を立ち上げて、全体、全員での議論が必要でないのかというように思いますが、そういう意味では、そちらのほうを立ち上げて付託すべきでないのかなというように思います。



○阿部和芳委員長 千田委員からも特別委員会でというお話がありました。

 ほかに。



◆堀川禎則委員 特別委員会を立ち上げてということですけれども、特別委員会を立ち上げることには反対はしませんけれども、今すぐということでなくて、先ほど委員長の話にもございましたが、議会運営委員会として1回お話を聞くというのも1つの方法ではないかなというふうに思いますので、1回お話をその請願者の趣旨なり何なりを聞いて、それを踏まえてその後に議会運営委員会としての方向づけというか、議会運営委員会としてもやっぱり特別委員会を立ち上げるべきだということであれば、特別委員会という方法で2段構えといいますか、ちょっと言い方は難しいのですけれども、1回議会運営委員会で話を聞いて、その上での特別委員会という形でもいいのではないかなというふうに思います。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 ちょっと細かい事務的な手続的なところでお話だけさせていただきますと、今の堀川委員の発言についてなのですけれども、今の趣旨ですと、一たんは請願者あるいはその紹介議員に議会運営委員会に来ていただいて説明を求めると。ただ結果としては特別委員会に付託ということになりますと、結局その委員会の構成が変わりますので、そこでもし実質的な請願審査ということになりますと、改めてまた請願者に来ていただきまして、やはり同じことをやった上で特別委員会としての結論を出すということになりますので、いわば請願者には2度足を運んでいただくということにもなりかねませんので、その辺なんかも含めてちょっと御議論いただくことになろうかと思いますので、よろしくお願いいたします。



○阿部和芳委員長 今、書記のほうから2段階だと請願者、紹介議員も2度の手間になったりするので、構成メンバーが違ったことも特別委員会ということであり得るので、そういったものは余り好ましくないようなお話がありました。

 ほかに。



◆大森秀一委員 さきの3人の委員が言ったように、やはり初めから特別委員会を設置して議論すべきだと私も思います。確かに石巻市の場合は定数特例を使わないでやってきたものですから、ほかの地域とまた違うと思うのです。本当に請願上は6人の議員数削減ということですけれども、本当に6人が必要なのか、削減する人数はどれだけ必要なのか、そういうのもいろいろな議論をしなければならないと思うので、やはり特別委員会を設置するべきであると私は思います。



○阿部和芳委員長 今、大森委員からも最初の特別委員会で審査をするというお話で、なお6人ありきではなくて、石巻市議会として必要な人数は何人かということも協議しながら進めていきたいというお話がございました。

 ほかにありませんか。



◆庄司慈明委員 その特別委員会の設置に反対するものではないのですが、今ある特別委員会の構成メンバーを考えると、各常任委員会の正副委員長及び正副議長以外のすべての人がそこにいわば張りついて、1人1特別委員会という構成をしているという関係の中で、もしこの特別委員会を立ち上げる場合にどういう構成でいくかということは、前例などあるのでしょうか。



○阿部和芳委員長 それは、書記、問題はないですよね。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 構成といいますか、人選につきましては今後の協議になろうかと思います。特別委員会の場合には、今の特別委員会もそうなのですけれども定員という定めがございます。今の3つの特別委員会は9人以内という表現なのですね。要するに、そこを何人にするかというところになろうかと思います。それはこの議会で決めればいいことでもありますので、もし仮に全議員でということであれば、極端な話になろうかと思いますけれども、その人数に応じた委員の構成人数を定めるということになろうかと思います。



○阿部和芳委員長 庄司委員、よろしいでしょうか。



◆庄司慈明委員 ということは、要は千田委員がその全員を含めたお話をされていたのでお伺いしたわけですが、今のお話で了解いたしました。



○阿部和芳委員長 ほかにございませんか。



◆阿部純孝委員 私の場合も、前回の委員会でお話ししたとおり、定数の関係について全員でやるかメンバーを選出してやるかというのは、またそれはもちろんここで議決をして、またルールで決めればいいと思いますけれども、前回もお話ししたとおり、合併後のやっぱりこういった定数削減の関係で市議会としてどういう方向を打ち出すのか、そういったことも含めて、今回のこの請願も受けて、そういったその組織で包括的にやっていくということについては、私もそういった方向で賛成です。

 しかるに、ただいかんせん、やっぱり議員の身分のことですので、前回もお話ししたとおり、やっぱり議会運営委員会は議会運営委員会の性格上、今回のこの請願を受けて審査するのがどうなのか、そういったことも考え合わせたときに、やっぱり大変デリケートで慎重に取り扱わなければならないという問題も側面もありますので、ここはやっぱり私は本市議会としては全員で協議してまとめて報告できるような、市民が納得できるような報告でまとめたらいいのではないのでしょうか。私はそのような考えでいいと思いますけれども。



○阿部和芳委員長 わかりました。おおむね委員からは特別委員会でというふうな方向づけというふうに認識をしたところであります。さらにその委員構成ですが、その内容につきましては、全員でとか9名以内とかいろいろありましたが、それは再度協議させていただくことにしまして、本日は特別委員会を設置することで進めていくということで決議をしたいと思いますが、それでよろしいでしょうか。

           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 それでは、そのように進めさせていただきますので、よろしく御承知おき願いたいと思います。

 次に、協議事項の(2)議会基本条例に基づく協議事項についてを議題といたします。

 この件につきましては、これまで各協議ごと、各協議項目ごとに導入時期等を定め、それぞれ協議していくことで意見集約をしていただいたところであります。そこで本日はそのうち次回定例会まで協議しなければならない項目について、順次協議を進めてまいりたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

 なお、ここまで意見集約した内容につきましては、改めて事務局から説明していただきたいと思いますので、渡邉書記、よろしくお願いします。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 それでは、私のほうから概略について説明させていただきたいと思います。お配りしております資料の、まず初めに資料1のナンバーの資料を御用意いただきたいと思います。

 今回、基本条例に基づく今後の協議検討事項ということで、これまで9つの項目についてその導入時期も含めて協議していただきました。その意見集約した結果をまとめた資料でございます。詳細につきましては省略させていただきたいと思いますけれども、その中で特に第3回定例会までに協議しなければならない事項ということで、まず(1)の議会改革に関する検討組織、これについての規定、それから運用について協議していただくと。あとそれから(2)の議会報告会の開催運営についてということで、これも第3回定例会まで運営規定等について協議すると。ただし協議機関といたしましては、新たに設置いたしました広報広聴委員会におきまして協議を行うということになります。それから(4)の一問一答方式の実施についてということで、これにつきましても第3回定例会までにその運用について決めていただくということで、きょうこれからこの後、協議していただく予定になってございます。

 それから、ずっといきまして次の裏面になりますけれども、(8)各委員会における行政視察報告会のあり方ということで、第3回定例会までその実施要領などを決定するということで、余り難しい内容ではないのですが、共通事項なるものをこれから協議していただくといったような内容になってございます。その他の項目につきましてはごらんいただきたいと思います。

 それから、あわせまして資料2、スケジュールのほうをちょっとごらんいただきたいと思います。全体的なスケジュールが見えないと、なかなかわかりづらいというところもあろうかと思いますので、ちょっとこういった資料を用意させていただきました。先ほどの要約した資料を各委員会ごとにまず分けてみました。

 まず、議会運営委員会におきましては、項目ということで1から6までございます。1から4までについてを第3回定例会までに何らかの詰めを行うと。5番目の行政計画の議決事件の拡大、それから議員相互の自由討議につきましては、12月定例会までに今後具体的な協議を行うという予定になってございます。あとそれから広報広聴委員会の活動、議会報告会の開会運営につきましては広報広聴委員会で、それから議員政策研究会につきましては、今後機会をとらえて協議を行っていくという内容になってございます。なお詳細なスケジュールにつきましては、後でお持ち帰りの上、御確認いただければと思います。

 全体の概要につきましては以上でございます。



○阿部和芳委員長 それでは、順議協議を進めてまいりたいと思います。

 まず初めに、協議事項の(1)議会改革に関する検討組織を議題といたします。これについて事務局、説明お願いいたします。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 それでは、引き続き資料3を御用意願いたいと思います。これにつきましては、議会基本条例の第4条で定義づけされているところでございます。改めてその条文を確認したいと思います。議会は議会の信頼性を高めるため、不断の改革に努めるものとする。2項といたしまして、議会は前項の改革に取り組むため、議員等で構成する検討組織を設置するものとするということで、これは資料にはないですけれども、条文を今読み上げさせていただきました。ということで早速、これはあくまでたたき台ということで、円滑な議事運営を進めるために事務局のほうから案について用意させていただいたものでございます。

 本日のところにつきましては、まずその規定内容の確認を行っていただければなと。具体的な委員の選出ということ、今後になろうかと思いますけれども、この辺につきましては今後協議していただくことになろうかと思います。

 なお、内容についてちょっと確認してまいりたいと思います。第1条の趣旨ということで読み上げながら確認をお願いしたいと思います。

 第1条、この規定は石巻市議会基本条例、括弧は省略させていただきます、(第4条)の規定に基づく検討組織となる石巻市議会改革推進会議(以下推進会議といいます)に関して必要な事項を定めるものであります。

 第2条、目的ということで、推進会議は市民と協働し、真の地方自治を先導する議会の実現のため、議会基本条例に規定する各種施策の推進と検証を行うとともに、さらなる議会改革活性化に向けた調査、研究を進めることを目的とする。

 所掌事項ということで、第3条、推進会議は前条の目的を達成するため次の事項を行うとともに、議長に対し意見を申し出ることができるということで、(1)から(3)がございまして、(1)といたしまして、議会基本条例の具体的施策の進行管理に関すること、(2)石巻市議会の改革に関する調査研究に関すること、(3)前各号に掲げるもののほか議会改革の推進に関することです。それから定数ということで第4条、推進会議の委員の定数は9人とする、第5条、委員ということで委員は議員のうちから議長が指名する、第2項、委員の任期は2年とする。ただし後任者が選任されるまで在任する。第3項、補欠員の選任は前任者の残任期間とする、第6条、会長及び副会長、推進会議に会長及び副会長1人を置く。第2項、会長及び副会長は推進会議において互選する。第3項、会長及び副会長の任期は委員の任期による。4、会長は会議を総理し推進会議を代表する。第5項、会長に事故があるとき、また会長が欠けたときは副会長がその職務を代理する。

 準用につきましては、一般的な表記になっておりますので省略させていただきたいと思います。あくまでもたたき台ということでちょっと用意させていただきました。なお、その名称につきましても仮称ということで、仮置きの名称になってございますので、この辺について御協議いただければと思います。



○阿部和芳委員長 ただいま説明がありました。委員の皆さんに御意見をお伺いしたいと思いますが、何かございますでしょうか。

 今、急に説明されて、すぐどうのこうのということもないと思いますが、何か気づいた点とか。



◆庄司慈明委員 この議会改革に関する検討組織はどこでやるかということが、ちょっと議論であったように記憶しておるのです。つまり議会運営委員会でやるのか、そうでなくて別な組織として立ち上げるのかということの議論があったかに私自身は記憶しております。そのときに私自身は、議会改革の中心としてこの議会運営委員会のメンバーがやっていて、その中で自己検証的にやるということもいいのではないかと申し上げました。しかし、その間いろいろ推移がありました。例えば広報広聴委員会がまたここにというと、率直に言えば、この大変さを認識された方々がここに押しつけたという言い方が相当であるかどうかはわかりませんが。

 その中で、いま一度ここにこの検討組織を自己検証的に持ってくるというのは、ちょっと難しいお話だという認識に現段階では私は立っております。したがって、組織は立ち上げるわけですけれども、自分自身の前回までの意見は、いろいろな統括がきょう現在に至る前までの認識でお話をしておりましたので、議会運営委員会にこだわらないという姿勢をまずはっきりさせておきたいと思います。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 まず、きょうのところはいわば第5条のこの委員のところの、よりもう一歩先に踏み込んだ中での庄司委員のお話はあろうかと思いますので、この辺につきましてはまた今後の協議の材料になろうかと思います。きょうのところは、まずこの組織体、それからこの会議に関する規定ということで、こういった表現、文言でどうかということで御議論いただければと思いますので、よろしくお願いいたします。



○阿部和芳委員長 ということで、この内容については後日ということで、この文言その他加減乗除するようなものがあれば伺いたいなというふうに思います。



◆庄司慈明委員 となりますと、ここで結論をきょうつけるというのは、率直に言えばちょっと難しいお話になると思うのです。したがって持ち帰りということになるのが自然かなと思います。



○阿部和芳委員長 わかりました。私も冒頭でこれをきょう見て、文言等もなかなか厳しいものがあるというふうに思いますので、お持ち帰りいただいて、次回のときにこれを改正するなりしたいというふうに思います。そういう進め方でよろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 では、そのように進めさせていただきます。



◆渡辺拓朗委員 これはもう必須事項なのですよね。了解しました。条例ですよね。監査する側がこれでね。



○阿部和芳委員長 それでは、(2)の議会報告会の開催運営について事務局より説明をお願いします。

 すみません、訂正願います。スケジュールのほうの2番目の一問一答方式の実施について事務局より説明願います。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 失礼いたしました。お配りしております資料ナンバー4を御用意いただきたいと思います。A3判、大きいサイズの資料になってございます。これにつきましても、たたき台ということで御協議いただきたいと思います。それから、これ以外にもいろいろな一問一答方式あろうかと思いますけれども、あくまでもたたき台ということで用意いたしましたので、その辺あらかじめ御了解いただければと思います。

 まず、この資料について御説明させていただきたいと思います。まず1枚目でございます。真ん中から左側につきましては皆さんよくごらんいただいております一般質問の通告書の様式でございます。これについてわかりやすくするために、ちょっと簡単な例示を示させていただきました。質問事項のところになります。この石巻一郎さんの場合ですと、この通告書におきまして質問1から3について通告されたと。答弁を求めるものということで市長、教育長、それから関係部長について求めるといったような内容になってございます。

 それから、質問の要旨でございます。今後、説明する上でわかりやすくするために、この通告にあった質問につきましては本質問ということで、今後読み上げさせていただきたいと思います。質問の要旨ということで質問1から3につきまして、それぞれ、たまたま同じということで、(1)から(3)まで3つずつ質問されるということで、この太字のところを今と同じようにわかりやすくするために大項目、それから(1)の表記のところを中項目ということで呼ばせていただきたいと思います。これを1つの例にして、石巻市の議会の一問一答方式のやり方について協議していただければと思います。矢印から右側になります。

 まず、上の段になります。例1ということでございます。やり方もいろいろあろうかと思いますけれども、この例示の場合ですとこの方法のところでございます。中項目ごとに質問と答弁を行う方法ということで、基本的には名前のとおり一問一答方式ですので、1つの質問に対して1つを答えていただくということにはなるのですけれども、この例示の場合は、この質問要旨の中の括弧書き、中項目について一つ一つ質問を行って、再質問までやっていくという例示でございます。

 特徴的には、括弧にありますように長所ということで、今ちょっと思い当たるところを列記させていただきましたけれども、一つ一つをやることによりまして、質問に対する答弁が明確になるということで、これは言わずと知れた内容かと思います。

 それから、短所ということで思い当たるところが議員、それから当局の立ち、座りの回数が多くなると。細かいやりとりになりますので、その都度立って質問あるいは答弁いただくということの繰り返しになりますので、いわば全体的に多少時間がかかるのかなといったようなところでございます。

 あと、それから丸ぽちの2つ目になります。質問の仕方によりましては全体として何を聞きたいのか、いわば要旨が不明確になるおそれがあると。いわば全体的に何を聞きたいのかがわからなくなるおそれがあるといったところなのかなというふうに考えてございます。それがたまたまこの例示の場合ですと、1つの質問に対して1から3の中項目ですけれども、これが3つ以上とかなりますと、なおさらそういった危惧されるところが出てくるのかなというところです。

 具体的な流れということになりますけれども、太文字の質問1の(1)について、まず議員が質問されます。それに対して当局がその質問に対してお答えすると。また議員は(1)の答弁に対して再質問、当局がその再質問に対して答弁を行い完結すると。次に(2)について議員が質問されると、当局がそれについて答弁、また(2)の答弁に対する再質問を行い、当局はその再質問に対して答弁を行うと、これの繰り返しになるといったような事例でございます。

 それから、矢印の下の例2のほうになります。方法につきましては、一たん大項目ごとにまず質問をやってはどうかという方法の例でございます。ちょっと先に具体的な流れについて御説明いたしますと、太文字の質問1、大項目について、まず議員が(1)、(2)、(3)をまずまとめて質問を行うと。それに対して当局が(1)から(3)についてまとめて答弁を行うと。議員はその答弁を聞いて、さらに(1)から(3)に関連する再質問を行う。当局はその再質問に対して答弁を行うということで、まず大項目ごとに質問のやりとりを済ませていくというのがこの例でございます。

 その際の特徴ということで、また左の表の枠に戻っていただきますと、この際の長所ということで考えられますのが議員、それから当局の立ち座りの回数が少ないと。いわば全体の時間が短縮されると。それから丸ぽちの2つ目になりますが、何を聞こうとしているのか、ある程度全体的なものがわかるので、明確になるのではないかといったようなところです。

 それから、短所といたしましては丸ぽちの1つ目、質問の仕方によりましては質問に対する答弁が不明確になるおそれがある。いわば中項目ではありますけれども、(1)から(3)までまとめて質疑応答をやることになりますので、そういったことで不明確になるおそれがあると、場合によってはといったようなところでございます。

 大きくはこういった流れになりますけれども、では実際にもう少しかみ砕いたところで流れを確認しながら協議していただきたいということで、次の資料をごらんいただきたいと思います。ちょっと具体的な例ということで、4つほどちょっと案を用意させていただきました。

 まず、さらに具体例ということで1つ目です。これにつきましては、今御説明いたしました中項目ごとに一問一答方式をやった場合の例でございます。特にここで協議いただきたいのが、質問される議員につきましては質問者席がございますので特にいいのですが、当局につきまして答弁される方、演壇でやるのか自席でやるのかといったところを特に協議していただきたいところでございまして、この具体的な流れの方向なのですけれども、本質問に対する最初の答弁のみを演壇で行いまして、再質問に対する答弁はあくまでも自席で行う例でございます。

 具体的な例について御説明したいと思います。まず中項目ごとですので、(1)、(2)ごとにやっていく例でございますけれども、まず質問1の(1)についてということで、まず議員が初めに(1)について伺いますということで本質問を行います。それに対しまして市長が演壇で(1)についてお答えすると。議員はその市長の答弁を聞いてさらに再質問を行うと。市長は再質問された質問に対して、今度は自席で答弁するという例でございます。(2)に行きまして、今度は議員が次に(2)について伺いますということで本質問を行い、それについて市長がまた演壇に立ちまして(2)についてお答えするという流れです。これの繰り返しです。それからまた(3)について今度進みまして、議員が、では(3)について伺いますということで本質問で、市長がまた演壇に立って(3)についてお答えしますというやり方でございます。これが市長の例です。

 同じように、今度、質問2に移りまして、(1)議員が質問2の(1)について本質問を行います。それについて今度は関係部長が最初から答弁する例でございまして、関係部長、本質問に対する答弁ですので、部長も演壇まで出てきて(1)の質問についてお答えすると、議員はその答弁を聞いて再質問を行います。今度、関係部長は再質問に対する答えについては自席でやるという例でございます。議員が次に(1)についての市長の見解を伺いますと、いわば再質問になりますので、市長はその際は自席で答弁する例でございます。(2)に行きまして議員は引き続き同じような流れでやっていくと。あくまでも最初の答弁は、市長のみならず関係部長も本質問に対しては演壇まで出てきてやる流れでございます。

 同じように質問3では、教育長の場合を例にしてイメージしていただければということで、質問3の(1)、議員が次に(1)について伺いますということで本質問を行うと、教育長もやはり最初の答弁ですので、演壇に立っていただいてお答えしていただくと、議員がその答弁を聞いて再質問をすると、今度は教育長は再質問ですので、自席で再質問に対するお答えをすると、議員がまた教育長の再答弁を聞いて市長の見解を伺いますと、その際には市長はあくまでも自席で行うといったような例でございます。

 その質問の仕方もそうなのですけれども、理事者側の立ち位置みたいなところもあわせて協議していただければということで、ちょっと例をつくりましたので、こういった流れで例4までちょっと御説明したいと思います。よろしいでしょうか。

 右側に行きまして、具体例2ということで、まず場所のところの当局のところなのですが、これはすべて自席で行う例でございます。本質問に対する答弁については、市長、それから関係部長を含めて常に自席で行う例でございます。その際の特徴ということで、関係部長等が答弁する場合でも演壇との移動がないことから、時間短縮につながるメリットがあるのではないかといったところが想定されるところでございます。ですので、その下に要協議事項ということで、本質問に対する市長答弁の場合も、自席での答弁として構わないかどうかといった点について御検討いただければという内容のものでございます。

 それから、次のページに行きまして具体例3でございます。これにつきましては、一番最初の説明のところで申し上げました大項目ごとに質疑をやっていく例でございまして、場所について、当局についてはその演壇、または自席、組み合わせた形で答弁する場合の例でございます。

 具体的な流れのところについて御説明いたします。太文字の質問1についてということで、まず(1)から(3)についてまとめて質問を行うと。議員が初めに質問1について伺いますということで、本質問3点についてまとめて伺う。市長が演壇で答弁するということで、まず(1)についてお答えします。次に(2)についてお答えします。次に(3)についてということで、いわば大項目の総括質疑みたいな流れになっております。議員が次に、そのうち(1)について再質問しますということで、今度は市長は自席で再質問に対する答弁を行う。議員は、では次に(2)について再質問をします。今度は内容からして関係部長が答弁する例なのですが、関係部長も自席で再質問に対する答えをするという例でございます。

 質問2につきまして、同じように議員は(1)から(3)までまとめて本質問を行う例でございまして、それに対する答弁ですけれども、今度は市長ではなくて本質問についてA部長が演壇で答弁する例でして、この場合(1)から(3)まであるのですけれども、A部長に関係する内容が(1)から(2)という例でございまして、関係部長Aは、演壇でまず(1)についてお答えします。次に(2)についてお答えしますということで、次に(3)についてはほかの部長ということで、関係部長Bが今度はA部長と入れかわって演壇に来て、私から(3)についてお答えしますというような流れです。なお再質問につきましては、それぞれ自席で当局の方が回答する例でございます。

 質問3につきましても、同じように大項目について(1)から(3)までまとめて質問すると。この場合は教育長が答弁する例をちょっとイメージしていただければということで用意した例でございまして、同じような流れで演壇に立つのか自席に立つのかといったような流れの確認の資料になってございます。

 それから、具体例4ということで、これにつきましては、当局については市長は演壇と自席で、関係部長はあくまでも自席で行う例でございます。方法のところになりますけれども、本質問に対する最初の答弁がすべて関係部長の答弁であっても、最初は必ず市長が演壇に立ってその旨答弁する例でございます。いわば、これまで石巻市議会でやっておりました流れでございます。要するに、いわば総括質問、総括質疑みたいなところを最初やっておりました。その際に質問に対する答弁で市長が最初に答弁しない、関係部長が実質答弁する場合でも、市長はこの項目については関係部長から答弁いたさせますみたいなことでつないでいたところがございまして、まさにそれをここに例示したものでございます。

 具体的な流れでございますけれども、太文字の質問1の(1)から(3)について、まとめてまず本質問すると。市長が演壇に立ちまして、市長は答弁しないのですけれども一たん演壇に立つと。(1)と(2)については関係部長Aから答弁いたさせます、(3)については関係部長Bから答弁いたさせますということで、答弁、市長はしないのですけれども、一たん演壇に立ってその旨答弁する例でございます。関係部長A部長は自席で(1)についてお答えします、次に(2)についてお答えします。関係部長Bも同じく自席で(3)についてお答えします。議員、(1)について再質問しますということで、関係部長Aは自席で再質問について答弁すると。議員、(2)について市長の見解を伺いますということで、市長は自席で質問に対して答弁いただくという例でございます。

 質問2のところでは、同じく(1)から(3)について議員が本質問を行います。これについては市長がお答えする例ですけれども、市長も演壇で(1)についてお答えしますということで答弁すると。なお(2)については関係部長Cから、(3)については教育長から答弁させますということで、それぞれ自席で行う例をちょっとここに用意させていただきました。

 この辺の立ち位置もそうなのですけれども、特に具体例4のところでは、最初に本質問に対する答弁、市長は行なわないまでも、その旨、市長の言葉で発していただくという例でございまして、ちょっと細かい話になりますけれども、この辺の流れによりましては通告書の様式も、ある程度この辺の流れが円滑にいくような様式に、ちょっと見直ししなければいけないのかなというところがございまして用意させていただいた資料でございますので、よろしくお願いいたします。

 なお、ちょっとわかりにくい説明だったかと思いますけれども、何かわからないところがありましたら、また御質問いただければと思います。



○阿部和芳委員長 ただいま、一問一答方式の実施について説明があったわけでございますが、委員の皆さんの御意見をお伺いしてまいりたいと思います。



◆青山久栄委員 まず、結果的にこっちのほうがスムーズでいいのかなという自分の思いをちょっと言わせていただきます。私は最初の例の2の方法ですかね、要するに中項目ごとに一々質問するのではなくて、大項目を大きなテーマに沿って質問できるということで、こっちのほうがより散漫にならないで済むのかなという思いがいたしております。

 それから、当局との立ち位置との関係からすれば、こちらも具体例3の方法がよろしいのかなという思いであります。というのは、市長と議会の対等な立場どうのこうのという話もございますけれども、それはあくまでもちょっと形式だけの問題でありまして、その都度実質的な答弁をしないで、この分については関係部長から云々というのは、これは時間の無駄なのかなという思いからであります。

 以上、簡単に自分の思いだけ言わせていただきました。



◆千田直人委員 まず、大項目と中項目ですか、この中項目の(1)について伺います、(2)について伺います、(3)というと、何か大項目がぼやけてしまうような感じがするのですが、というのは、やっぱり大項目ごとに質問することによって、例えばこういう事もあると思いますよ、(1)、(2)、(3)と大項目3つ、さらに細かく質問しました。これは当然あることですが、この第1答弁によって中項目の1は了解したと。第1回目の答弁でもうわかりましたよと、再質問はございませんよというのも随分あると思います。それから大項目について(1)、(2)、(3)で質問、中項目したけれども、再質問についてはそれを全部一本に1から3までをまとめて、これらを合わせたところでいかがでしょうかというような質問展開していく場合もございますので、やっぱりこの大項目ごとに質問展開すべきでないのかなと、私はそう思います。

 それから、それは非常に対等な立場ということも前提ありますが、時間もありますので余り複雑にしないで、従来のようなやり方がいいのではないのかなと。より議員の一人でも多くの皆さんにその質問展開してもらうことが目的であるならば、そういうような進め方をすべきでないのかなという観点からしますと、この具体例の4あたりがいいのでないかと、私はそのように思います。



◆庄司慈明委員 私も、大項目単位で再質問含めてやるべきかと思います。というのは1、2、3という最初の再質問の通知はしても、むしろそこから議論の結果として積み上げていくものが議論の目的にも思われるという意味です。したがって各中項目ごとの一つ一つの結論だけが大切ではなくて、1、2、3であれば1、2、3を通して、最終的に次の大項目で何を議論の末、勝ち取るかということが大切なので、したがって大項目ということごとにやっていくということのほうがいいと思います。

 というのは、この一問一答方式の最大の長所は、答弁があって質問があって、答弁があって、そのことに関してあるということこそがつまり大切で、傍聴の方においても何を今議論しているかということが具体でわかるということも含めて、わかりやすさということを含めて、まずは大項目ごとということであると思います。

 それと、先ほど青山委員がおっしゃったこの時間の無駄ということを含めて、この例で言えば、具体例の3でよろしいのではないかという思いがいたします。



○阿部和芳委員長 ほかにありませんか。



◆庄司慈明委員 すみません、ただこの具体例3を支持するというようには言いましたけれども、(1)について質問いたしますとか、(2)について質問いたしますと、再質問いたしますというその縛りそれ自身は不要だというようにも思うのです。大項目に関してやっぱり質問なわけで、ここの縛りをかけられると、議論の展開としては非常にしづらい側面もやっぱり出てくるとは思うのです。もちろん再質問ですので、そこに関連することではありますけれども。ちょっと言っている意味が伝わったかどうかわかりませんが、そんな印象を持ちませんでしょうか。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 ちょっとこの資料のつくり方の問題かと思いまして、ここに(1)について再質問という表現にはなっておりますけれども、実際にはただいまの答弁について再質問しますという流れになろうかと思いますので、その辺はちょっと御理解いただければと思いますので、よろしくお願いいたします。



○阿部和芳委員長 よろしいでしょうか。

           〔「はい、了解いたします」と庄司慈明委員呼ぶ〕



○阿部和芳委員長 事例であって、(1)についてと、このまま皆さん移しても困りますので、例えば大項目で介護保険とかとあって、そのほかに待機者とかそういったものの細い(1)、(2)というようなことを想像していただければ。そして今の答えに対してどうだったのかという意味合いですよね。これも様式1から4まであって、そのほかもしかするとミックスさせたほうが、よりわかりやすいとかもあると思うのです。よって会派に持ち帰っていただいて、あと周知徹底というのも必要になると思うので、一たんそこで集約をそれぞれしていただいて、最終集約はこの議会運営委員会でしますが、持ち帰ってもらったほうがいいのかなと思うのですが、いかがでしょうか。



◆阿部純孝委員 周知をするということであれば、なおのこと9月の定例会に向けてそういった方法もいいかもしれませんけれども、第3回定例会までというような時間的な制約もあるので、先ほどいろいろな何点かの議論出ましたけれども、この事例によると一番明確なのは具体例の1、本当の一問一答、例1ですよね。

 ただ、この具体例、1、2、3、あと4までいくと、本当にこの方式が一問一答なのかどうなのかという定義も含めて、これが石巻市方式なのだということで、私もこの方式でよろしいとは思うのですが、今言うように結果的にはあの流れの基本条例を制定する中で、そこまで深く議論しないままに一問一答ということを用いてやりましょうということで、基本的にはそのように集約したのですが、ただ具体例で出てきますと、これが本当に一問一答なのかと、では今までやってきた石巻市議会方式も一問一答に入っていたのではないかというような錯覚さえ覚えるのですよ。

 だから、私としてもどちらかというと持ち帰るというよりも、逆に私たちがこの中で、今ある程度そんなに多い具体例でもないので、ある程度大体の方向づけができると大項目で区切って、そしてあとは具体例の3か4、立ち位置の関係でそんなに複雑にしなくても、ある程度答弁を明確に受け取るための手法として考えていけば、私は具体例の4なんかは極めてなじむのかなというふうに、今のやり方からすれば、そんなに大きな違和感を持たないで採用できるのかなというふうな思いはしているのですけれども、ある程度、あとその辺をこういうふうに決定したということで、会派のほうにもある程度周知したいというふうに思うのですがね。



○阿部和芳委員長 今、阿部純孝委員のほうから、逆に具体例も4つくらいしかないので、この場で集約したほうがいいのではないかというような意見があったのですが、皆さんはどうでしょうか。



◆青山久栄委員 私もそんなに難しい話でなくて、今までやってきた総括質問の方式を若干大項目ごとにちょっと要約してという話でありますので、そんなに難しい話ではないわけですから、ここで集約して結構なのかなという思いがいたします。



○阿部和芳委員長 わかりました。皆さんもそれでよろしいですか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 それでは、この具体例の中でまず決定して、第3回定例会に実施してみるということで行いたいと思います。



◆大森秀一委員 まず、これは先日、第2回定例会で委員長が特例として見本的にもやってもらったのですけれども、やっぱり議員個人個人かなり差があると思いますし、それでまずやってもみないうちからどうのこうのと型をつくってもどうなのかなと思うから、とにかく一問一答方式でこの例あるから、この例に沿ってやってみて、自分たちのやりたい、自分が一番やって引き出せる、そこが一番問題だと思うのだろうから、そして一番は、ラジオなんかでFMで流しているのが、議員が何を質問しているのか聞き取れないということで一問一答式になったと思うので、この具体例の中で進めればいいのかなという感じもします。



○阿部和芳委員長 今、大森委員と先ほど阿部純孝委員からもあったのですが、そういうふうにして大項目でぽんとやってしまうと、逆に今のもわかりづらくなるのかなと思って、私なんかは具体例1、2のほうが、より一問一答に近いのかなと思ったのですが、急にということであれば、例えば今お話出たような具体例3というのが2人くらい出ていましたので、そういったようなおさめ方でもいいのかなと。そこら辺をもう少し皆さんで議論していただきたいと思います。

 例えば、具体例3とか4とかに決めた場合でも、中項目が(1)しか例えば通告していなければ再質問でずっとできるわけでしょう。そうすると、より具体例2になったりすると思うのです。



◆庄司慈明委員 それはそうなのです。そうなのですけれども、必ずしもさっき言ったように具体例3が一問一答方式でないということも言えないでしょう。これ一問一答方式ですよ。だって質問というのはこれとこれとこれ、ちょっと聞いて、総合的に聞いて再質問するということもあり得るのですから、したがって具体例3もそれは一問一答なのですよ、と私は思うのです。だからこそここに出ているのだとも思いますし、したがってもちろん中項目が1つしかなければ、中項目イコール大項目になってしまいますから、それは具体例の2と3が一緒の現象ですから、それはそれでよろしいのです。

 ただ、ちょっと心配なのは、一項目一項目についての再質問という具体例になってしまうと、それこそ全体としてこの人は何を聞きたくて、そして今何を聞いているのかという部分が、やっぱり聞いている聴衆の方に非常にわかりずらさがむしろ出てきてしまうのではないかというようなところを感じるということを先ほどは言った次第です。



○阿部和芳委員長 そのほかに。

 中で具体例3が一番多い意見かなと思うのですが、これ以外の意見をお持ちの方がいますか。



◆千田直人委員 その具体例3もいいのですが、ここに要する協議事項にあるように関係部長等も演壇で答弁するというようなことで、自席と演壇の移動に時間を要するというふうに書いてあります。そしてその右側の具体的な流れの中でも、関係部長Aも演壇、関係部長Bも演壇、こういうことになると従来の市長と教育長の演壇での第1答弁に加えて、関係部長もまた演壇に行ってやるというと、時間も随分かかるのかなというふうに思うのですが、その辺考慮されたらいかがかというふうに思います。



○阿部和芳委員長 自席のやつの分は、またこれで決まればそれでいいのかということで進みたいと思っていましたが、まず初めに、この具体例3の分で立ち位置はまた別としまして、この方式でまずやってみるということでよろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 わかりました。ではこれでやってみるということで、具体例3にしたいと思います。

 今、あと千田委員からもお話があったとおりに当局の立ち位置、すべて部長も演壇でいいのかというふうなお話と、あと教育長という話があったのですが市長だけなので、教育長も演壇に立つことはないと思いますので、ここも含めてどうするのか、従来どおりで市長は演壇で1回目の答弁のときはするけれども、そのほかは自席ということでよろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 では、そのように書記、いいですか。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 ちょっと確認なのですが、先ほどの説明で説明不足のところもありましたけれども、具体例3と具体例4の違いなのですけれども、特に具体例4につきましては、市長が何らかの答弁しないまでも、第1答弁について質問しないまでにも一たんは登壇する例、具体例3につきましては、もう最初から部長が答弁する例でございますので、そうなりますとその際の市長が答弁するときだけ演壇で……(「演壇と自席」と阿部和芳委員長呼ぶ)演壇と自席、あと関係する部長、教育長も含めて、あくまでも第1答弁であっても自席ということでよろしいでしょうか。



◆青山久栄委員 私は、具体例3という方向でお話しさせていただいたつもりでありますけれども、やはり市長がまず答弁という形にちょっとこだわることはないのだと思うのですね。実質答弁しなくて演壇に来て、このことについては関係部長から答弁させますというのでは、これは余りにもちょっと形骸化しているのかなという思いがいたします。

 それで、大項目ごとに部長であっても演壇にと、その時間がかかる云々なのですが、それは大項目ごとの話ですからね、そんなにそんなに時間を要するものでもないと、そういうことであれば実質答弁者が答弁席でお話しされるのが筋だろうと、そういうことでございます。



○阿部和芳委員長 ということで、よって具体例3を使いながら、市長は演壇と自席、あと関係部長等は自席、教育長も含めてということでよろしいですね。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 では、そのように進めさせていただきます。

 次に、3の市長等の反問権の実施について、書記のほうからお願いします。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 それでは、お配りしております資料の5を御用意いただきたいと思います。

 この反問権につきましては、第2回定例会におきまして既に実施を認めているところではありましたけれども、なかなかまだまだ解釈の違い、あるいはその認識不足といったようなところがあるということから、やはりある程度共通認識、共通理解を深めるためには、やはり明文化した運用規定みたいなものがあったほうがいいのではないかというようことで用意した資料がこれでございます。ですので、ちょっと実施と協議の体系が前後するような形になりますけれども、その辺について御意見、それから御協議いただきたいと思います。

 まず、この資料5のアについて御説明申し上げたいと思います。

 まず、1番目の反問の内容ということでございます。読み上げながら確認をお願いしたいと思います。反問は議員、または委員の質問、この委員というのは委員会でも反問権を行使できることになっておりますことから、委員という表現を使わせていただいております。委員の質問及び質疑並びに政策提言等に対する答弁を的確に行うとともに、論点、争点を明確にするために逆質問する行為であり、答弁に関連しない事項についての反問はできないものとするという規定でございます。

 黒ぽちにつきましては、よりもうちょっとかみ砕いた表現で例示しているものでございます。黒ぽちの1つ目です。議員及び委員の考え方の提示の要求という表現でございます。これにつきましては議員の質問、言っていることはわかるのだけれども、余りにも抽象的な質問なので、もうちょっと具体的な議員の考え方を聞きたいといったようなことをイメージしていただければと思います。あとそれから黒ぽちの2つ目、質問等に対して議員に疑問があるとき。それから黒ぽちの3つ目、質問等の意味が不明なとき、または質問内容等の確認などでございます。

 それから2つ目です。反問を行う場合の手続等ということで、本会議または委員会において市長等の答弁を行うものが答弁に先立ち、要するに答える前に反問をする場合は挙手した上で、その際、反問をしますなど反問する旨を発言していただき、議長または委員長の許可を得てから簡潔に行うものとする。

 3、反問の回数でございます。市長等の答弁を行うものは議員の同一の質問及び質疑につき、次、あえてちょっと網かけさせていただきました。ちょっとこれ、話に戻るのですが、前の議会運営委員会でこの反問権についていろいろ協議したときに、余り反問権が続いてもうまくないので、ある程度議員の質問時間にもカウントしてはといったような場当たり的な御説明をしたのですけれども、ほかの事例なんかを調べていきますと、回数を制限している例が意外と多いのですね。それは議会によっては1回までであったりとか2回までであったりとか、いずれにしても質問時間のタイマーにカウントしているところはちょっと見当たらなかったようですので、ちょっと前の説明の訂正、おわび方々、引き続きこれについて御協議いただければと思いますけれども、それで回数について今後協議していただくということです。

 ただし書きになります。議長及び委員長が必要と認めたときは最高何回まで許可することができるということで、原則例えば何回までと決めても、やはり議会はまさに生き物ですので、どういう質疑があるかわからないということから、とりあえず最高何回までで、括弧書きにありますけれども、回数を制限するのはやっぱり言論の府にはなじまないと、やはり議論を尽くすのが本会議ではないかということから、その制限を設けないのがこの括弧書きの例でございます。

 それから4番目、反問に対する議員または委員の発言ということで、反問を受けた議員、または委員は反問に対して誠実に答弁するとともに、反問された内容の範囲を超えて発言してはならないということで、まさに論点、争点がずれないようにしていただくことを明記したところでございます。

 それから、5、反問の発言時間の取り扱いということで今私が言ったところです。本会議において反問に対する議員の発言時間は代表質問、または一般質問の発言時間に含めない。

 それから、6、議長及び委員長の裁量ということで、いわば例外規定をうたっているところでございます。丸の1つ目でございます。議長及び委員長は反問の内容が答弁に関連しない内容のもの、また議論の進行を阻害するおそれがあると認められるときは許可を取り消し、発言を禁止することができる。当然といえば当然かと思います。それから丸の2でございます。この辺のちょっと取り扱い、解釈が微妙なところではあるかと思うのですけれども、議員または委員の発言に対する聞き漏らしや言葉、数値等の軽微な確認など発言内容を確認する質問については反問とせず、議長及び委員長の裁量により適宜円滑な議事運営に努めるものとするということで、この辺についてはこれまでも本市議会の本会議場で多々あった事例かと思います。要するに、いわば逆説的にはある程度反問に重みを持たせるということから、何でもかんでも理事者の方が議員に対して質問するものをすべて反問としてしまいますと、その反問に対する重みがなくなってしまいますので、そういった条文を提起させていただいたところでございます。

 なお、本日、これについて協議していただくのですけれども、やはり反問に対するより理解を深めていただくために、実際の反問している様子を映像で見ていただいたほうが、より皆さんわかりやすいのかなということで、ちょっと画面は小さいのですけれども、2つほど事例を用意させていただきましたので、ちょっと時間をいただきましてごらんいただければと思います。



○阿部和芳委員長 暫時休憩します。



          午後 3時15分休憩

────────────────────────────────────────────

          午後 3時45分再開





○阿部和芳委員長 それでは、休憩前に続いて会議を開きます。

 今、反問権について説明がありました。皆様方から何か御意見があれば。



◆堀川禎則委員 意見というか、県議会でもありましたけれども、反問の回数というところが何かポイントになりそうなのですけれども、これは県議会で2回というのがあったので、当面という言い方はおかしいのですけれども、2回ということでやってみてはいかがでしょうか。



○阿部和芳委員長 今、堀川委員のほうから、宮城県議会が2回なので当市もスタート時点では2回でいいのではないかというお話がありましたが、皆さん、そのほかにあれば。



◆阿部純孝委員 当然、全議員にかかわるというよりも、当局も含めて大事な反問権です。しかしながら私たちが条例を制定したときに、まず第1点、この反問の内容の守備範囲でここまで全部登載して許可を与えるのかどうなのかというのをもう一回確認したいというふうに思うのですが、私自身は会派の中では守備範囲を広げてということで、反問の内容を拘束しない方向で提起させていただいたのですが、あのときは集約したのはあくまでも議事整理権の中で議長の裁量にゆだねつつも、当然委員長もそうですが、質問の内容を確認する程度という範囲でしか私は承知していないので、この反問の内容で全部許可するということであれば、なお結構ではないかなというふうに思うのです。

 その確認がまず1点と、それからただいま堀川委員のほうからもありましたけれども、発言時間の取り扱いと回数の問題についても、これもある程度制限を加えないと、議事進行上かなり大きなウエートを占めてくるというか、進行に大分支障を来してくると。もちろん制限も設けなければならない。その辺も含めた中で、当然持ち帰らないで、これはある程度実質2回から導入しようということになっていますので、そういったことも含めて、私は具体にこの反問の内容であわせて回数を設けるのであれば、3回にしていただければというふうに思うのですが。



○阿部和芳委員長 ただいま阿部純孝委員のほうから、反問の内容は前回まで2回のときには申し合わせということで、質問を確認する程度ということでお話は統一されていました。それも加えて反問の発言時間の取り扱いということで、その時間が進行するというようなお話をさせてもらったところですが、先ほど渡邉書記のほうからもあったとおりに、発言時間は含めないということで5番目に記載しておいて、あと回数と、今、阿部純孝委員からあった反問の内容、先ほど県議会の様子の反問の行使の仕方もあったわけですけれども、それも含めて確認したいと思いますが。阿部純孝委員のほうからは、広げるのであればよいというようなお話がありました。

 ほかに。



◆庄司慈明委員 基本的に、広げるということはもっともなことだと思います。ただ、この1の反問の内容のぽっち1、議員及び委員の考え方の提示の要求というお話で、渡邉書記は具体例としては委員なり議員のお話が非常に抽象的でわかりにくいので、もっと具体のお話で聞いて、もうちょっと具体例をお話をしてほしいとかという例を出されたわけです。その範囲だと非常にわかりやすいのですけれども、非常に心配なのは、対案を求める反問ということが果たしてどうかということなのです。必ずしも対案がないと、では反対できないのかと、例えばですよ、あるいは議論できないのかということになると、非常に議論のありようとしても困難性を感じますので、その部分についてはどう取り扱うかという部分、私としては心配だなということはあります。

 それと、雑談の中でも出てまいりましたけれども、回数を制限し、しかし議長及び委員長が必要と認めたときはこの限りでないという部分は、やっぱり裁量権の中でありますので、それはやっぱり必要な反問の回数についての規定だと思われます。



○阿部和芳委員長 今の庄司委員の中で、対案を示すとかそういったようなものが出たのですが、そういったものまで広げるのかどうかということで、具体例とかそういったものがあれば書記のほうから。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 いい御質問といいますか御意見をいただきまして、実はこれから御説明しようと思っていたのですけれども、もう一つ参考資料ということで字が細かくて大変恐縮なのですが、ちょっとインターネットで出力した資料で、表題が「市民と議員の条例づくり交流会議」という資料を御用意いただきたいと思います。

 前に、2006年に議会に関するこういったディスカッションをする機会がありまして、コーディネーターのほかに講師ということで、まさに北海道栗山町議会の議長、橋場議長がいわばコーディネーター役として出席して、参加された議員とその議会基本条例についていろいろディスカッションした記録でございます。まさにこのとおりだなと、あくまで私の感想で恐縮なのですが、ちょっと2ページ目、3ページ目をごらんいただきたいと思いますけれども、せっかくなので全文コピーしたのですけれども、2ページ目の下段のほうに、会場の参加者の方からの質問ということで、ちょっと読み上げたいと思いますけれども、アンダーラインをつけておきました。「反問権についてもう少し具体的なイメージを持って帰りたいと思います。本会議で答弁してもらう際に、町側から質問の意図についての反問もあるでしょうか、また委員会でも同様のやりとりがあるのかどうか、町側からの反問に対応できない議員も出てくるのではないでしょうか、本会議、委員会での具体的な様子を教えてもらいたいと思います」ということで、この町というのはまさに栗山町議会を指しているところでして、この質問に対して橋場議長、「本条例を5月の臨時会で制定し、6月の定例会では早速町長と教育長が反問権を行使しました。実際、質問整理に使う場面もあったのですが、それは実際の反問権には当たらないように思います」と。

 次でございます。「本来、反問権は答弁のテクニックでどうにでもなるもので、首長によってはそうしたものがなくても実際に反問しているケースもあるでしょう」。この辺のところなのかなと。「しかし私どもはあえて反問権を堂々と与えることにしました。それによって議員もきちんと問題を整理した上で、住民に納得のいくような質問をしていくことになるからです。反問されてうろたえる人も出てくるかもしれませんが、次からはきちんと調査して質問に当たることになるでしょう。反問権によって議員も質を磨いていただくということです。何でもかんでも質問して、相手も何だかわからないまま答えるというのは住民も承知しません」ということで、まさに反問権を定義づけする、まさにその意味合いというのは何なのかと原点に立ち返ったやりとりなのですね。ですので、例えばこの運用規定の中に、さらに事細かくそういった対案を求めるどうこう云々かんぬんの表記をすることは果たしていかがなものかと、まさに答弁のテクニックの中で、よりその議論が深まる質疑応答があれば、それはそれで1つの例として、今後みんなで理解していく必要があるのかなというふうには考えております。ちょっと答えにならない意見で申しわけございませんけれども。

 なお、参考までに、次、最後2枚目に栗山町議会、これまで3回の反問権あったということで、こういったコンパクトにまとめたものもホームページで公開されているようでしたので、ちょっとこの辺については後で持ち帰って、どういったやりとりがあったのか参考にしていただければと思います。なおあくまで内容の確認という反問の内容になってございます。



○阿部和芳委員長 今、対案とかそういうことではなくて、ここに具体例として市民自治体を目指してという参考資料で説明あったとおりだというふうに思います。あとはその下のほうにも、反問権が反問のための反問になってはいけません、それをきちんと整理していくのが議長の仕事だということで、先ほどの県議会の様子もそうなのですが、議長または委員長にかかわってくるその裁量というのは、非常に重要になってくるのかなというふうに思います。

 そこで、この運用についてで1、2、3、4とあるわけですが、反問の内容は今確認していただいたとおりで、あと反問の回数は堀川委員から2回までと、あと阿部純孝委員から3回までというお話がありました。そして、ただし議長及び委員長が必要と認めたときは再考という方向もあるのですが、この限りではないというようにすれば、ある程度回数は宮城県議会だと2回、あと阿部純孝委員から言われたのは3回ということだったのですが、皆さんのほうから何回までが1質問に対して反問を行使させる場合必要なのか。



◆青山久栄委員 まず、これから反問しますよということで議長の許可を得てからするのだということなのですが、ちょっとこれ、スマートでないなという思いがするのです。その2番目の佐賀市議会ですか、あの中でも答弁の中で取り立てて反問しますよという前置きなしに反問しているケースも見られたのですが、あのようなやり方がスマートでいいのかなという思いがするのですよ。

 それで、2回とか3回とかという回数制限の話なのですが、やはりこれはそういった意味からいえば回数なくてもいいのかなという思いもするのですが、ただこれは回数を余りなくしてしまうと、答弁側のそのとおり作戦的にも使われるおそれもありますので、これは一応的確に反問してくださいよという意味合いを含めて、2回程度にしますよということで一応縛りをかけておいて、その上で議長が認める限りはその限りではないということで幅を持たせると、そういった形のほうがいいのかなということでございます。



○阿部和芳委員長 今の青山委員のお話の中で、反問をしますという、ちょっとスマートでないというお話があったのですが、これは書記のほうに伺うのですが、市長等の答弁を行う答弁に先立ってやる場合のみ反問しますなのですか、それともある程度答弁したときに反問する場合にはこれこれこういうのですけれども、先ほどのプルサーマルの場合は一番最初に反問しますと言ったのだけれども、それ以外にある程度答弁していて、でもこの場合は議員、どうなのですかみたいなことになる場合に確認というか、そのときには答弁の途中になるときも反問しますとなるの、その辺のことをもうちょっと具体に。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 この辺につきましては、5番目に反問の発言時間の取り扱いということで、いわば市長等からの反問について議員がお答えする時間については、その発言時間からカウントしないということがございますので、ある程度その反問の部分がどこからどこまでなのかを明確にしないと、事務局的には時間のカウントが非常にあいまいになってきて、非常に混乱を来すおそれがありますので、できることであればやっぱり反問しますという何らかの意思表示をしていただければ、ここからここまでの反問に対する議員の発言はカウントしなくていいのだなといったような流れがございますので、そのやりとりの中でも、できればその辺のめり張りはつけていただければなというふうに思います。



◆青山久栄委員 今の渡邉書記の発言時間の取り扱いに関することなのですが、私はこの件についても、例えばこういう規定だければ確かにそういう問題は出てくるのだと思うのですよ。ただやっぱり質問する側の質問内容がはっきりしないから、そういった反問権が出てくるわけで、そういった意味合いからすれば、その反問権に対する答弁もその質問時間に含めて当然いいのかなという思いがするのですよ。これは難しくなるかもしれませんけれどもね。そういうことであれば、ここからここまでは反問ですよということで、別にしんしゃくしないでも済むわけですし、一々これから反問します、議長、許可をください、そのやりとりが多分その議長に発言許可を求めて、いや、許可しませんよという話にならないわけですからね、その回数が何回も同じようなやりとりが続かない限りはそういうことにならないわけですから、一々反問の許可を得ながら反問していくと、そういうことはちょっとどうなのかという思いがするのですよ。ですからその反問に対する答弁も当然質問時間に含めてしかるべきだと、そのように思うのですが、いかがでしょうかね。



○阿部和芳委員長 その部分はどう運用するかは、今決めている最中なので、例えば質問時間に触れているような反問というか質問は、先ほどの説明の中にもあったとおり反問とはせずに確認ということで、6の?に入ると思うのです。それは今までどおりであって、数字等の軽微な確認とかこういうことなのですかといったときに反問とせずになるので、その分は時間経過する中に入っていると思うのですよ。

 でも、改めて確認なり、そういう部分はできなかったのですかというものを聞く先ほどの事例の場合だと、やっぱり反問しますと言わないと、どこからどこまでの手続だか、あと本人も私の時間は減っているのですかという途中で投げかけたのに減っていませんとかと言われていたようですけれども、そういったものが必要にならないと整理の仕方も大変だと思うので、そこは明確にしたほうが私なりにはいいと思うのですが、皆さんのほうはどうでしょうか。



◆渡辺拓朗委員 反問権の目的というのは、やっぱりスマートな議事運営につながることにもあるのかなと思うのです。先ほどの例の村井知事の反問なのですが、例えば私なりの想像なのですが、なぜ村井知事が反問したかといいますと、プルサーマルにせよ原子力政策にせよ、県議会がどうしようもできない固定されているものに関して、それに対しての質問がそういう回答をする立場にないわけですよ、したくてもですよ。したくてもないわけですよね。それに対してやめるべきでないかとか、反対という態度を示さないのかとか、堂々めぐりになるような方向になるから、あえて私は村井知事が反問したと思うのですね。ですから議事運営をスムーズに行うための目的が非常に私は強いと思いますので、議長、委員長采配が非常に重要になってくると思います。そういう意味でもやはり回数と時間は決めるべきだと思うし、反問権がやたらめったら常習化するというような質問というのも、これちょっといかがかなともいうふうにも思いますし、ですから発言時間はやはり私は登壇者の時間に含めないと、その意味でもやっぱり2回が適当でないかという思いがします。



◆庄司慈明委員 反問の内容のこの文章の2行目の論点、争点を明確にするための逆質問だというところを、観点としては委員長や議長が持つ必要があると思うのですよ。あえてちょっと今申し上げれば、先ほどの村井知事の答弁というのは、こういう側面もあると思うのですよ。今の渡辺委員のお話の見方もあるかもしれませんが、しかし私にこう言うのだけれども、あんたは何なのだという聞き方ですよね。ある意味それは争点を明確にするという意味に理解されるかもしれないけれども、争点ずらしという側面もあるのですね。非常にこれは厳しい、最も難しい側面があると思います。

 ただ申し上げたいのは、論点、争点を明確にするという意味で、先ほどちょっと対案のお話をいたしましたけれども、それを明確にするために要求するものでない、例えば対案というのはやっぱりここから外れると自分自身は理解しているのですけれども、先ほどのちょっとこの交流会議の中の読まれた部分から、全体として何か委員長がまとめたのですけれども、自分自身がここよりもこの論点、争点を明確にするための逆質問ということが反問なのですよということを明確に自分自身の中ではしたいなというようにちょっと思いました。ちょっといろいろ回数のところについての話ではありません。



○阿部和芳委員長 いろいろ議論あると思うのです、初めてというか先ほどの逆質問も含めて、これまでないことをきちんと行使するものの権限を与えるということで。そういう部分では出た当初からその確認程度におさめるのにも、ある程度事例をつくっていってとかというようなまとめ方に今まではなっていたのは、具体例で逐条解説か何かとかそういうのを決めるときに、10円の値上げするときに5円だとか幾つかとかあって、では幾らだといいのですかみたいなものもあって、この対案みたいなのを設けるものはいかがなものかとか、いろいろなのがあって、やっぱりそういう部分に関しては先ほどあった論点、争点、こういう場合には堂々めぐりにならないようにどうするのかとか、あと先ほどのやつはそこの部分だけ見ると、副委員長言ったようなことではなくて庄司委員が言ったようにもとれるのですが、これまでの質問でこういうものがあるたびに、あなたはこうしていますねという言い方もされていたようなので、多分そういったようないつも堂々めぐりになっていたのも加えて、反問権を行使するための反問をしますとなったと思うので、そういったものはやっぱりケース的に、あくまでも論点、争点を明確にするための逆質問にする行為ということを確認しながら、あと議長、委員長の采配で進めていくしかないのかなと思うのですが、いかがでしょうか。



◆青山久栄委員 基本的には、その反問権には縛りを与えるべきではないと思うのですね。ただその場合にはやっぱり議長、委員長のその判断というのは大変厳しいものがあろうかと思うのですが、場合によっては議事進行がどんどん係ってくるのかという思いがするのですけれども、(「それはそれでしようがない」と呼ぶ者あり)やはりそれは余り縛りをかけないで、質疑を闊達にやってもらって、その都度そういった議論が出てくるのは、これはしようがないことなのかなという思いがします。



○阿部和芳委員長 まさに今、青山委員からあったように、逆に余り細く限定するのではなくて、ある程度オープンにしながら、そこで議長、委員長の采配で進め、時には先ほどの県議会のように議事進行をかかったり、そういったものでステップアップしていくというふうに思うのです。ですからある程度いきなり間口広げなくても、そういう部分では経験から反問権にいきなり狭めるようなこともしないで、あくまでもこの論点、争点を明確にするための逆質問ということを反問の内容ということで確認し合って、あとは進めていくべきだというふうに思いますが、いかがですか。



◆阿部純孝委員 基本的には、委員長の今のようなまとめ方ではいいと思います。先ほどお話しした反問の内容についても、まずここに資料として記載されている内容で、この黒ぽちの3点に、基本的にはここに踏襲してこれをやっていくという考え方、それで先ほどの県議会の事例なんかもいろいろありましたけれども、一方ではやっぱり議会運営上、どうしてもどろどろして、やっぱり対案を求めるような形になってしまうので、そこはいくらここで取り決めしていても、実際のやりとりの中で言葉ですので、やっぱりどんどんボルテージ上がってくればそういった双方、当局ともやっぱりそういうふうなところは懸念する材料の1つだというふうに思いますので、これは議事運営上も事務方もそうですし、当局と我々がしっかりその共通認識の中で進めていかなければならないことは間違いないわけでありまして、実際に反問の内容については、ここに今資料として提示になっている、基本的にはこの内容でルール化していくと。

 それから、今、青山委員からも出たのですが反問権の回数、これはあとみんなでまとめていくと思うのですが、私、先ほど3回と言いましたけれども、反問というのはやっぱり質問者の問題の提起によって、質問の提起によって反問というのが出てくるのであって、これも与えられた個々の時間の中で、やっぱり責任を持って反問も含めなければならないというふうに、私は青山委員の考え方と同様なのですよ。でないと、この辺は事務方のほうで幾ら反問しますと当局が宣誓して始まっても、その部分を切って、またやりとりの中でやっぱり宣言してやるものの、そこはなかなか明確になっていかないと思うのですよ。ここからここまで反問の守備範囲と。回数も制限しますけれども、やっぱり質問者の時間の中に含めて考えていくべきだというふうに思うのですよ。何せ、だって質問者の問題提起によって反問も出てくるのですから、やっぱり。

 そういったことも考え合わせたときに、議事進行上の関係からも、やっぱり反問の時間も結構これ、持ち時間から除外すると結構な時間のロスになっていくので、やっぱり持ち時間の中である程度含めていくと。回数をある程度制限していけば、そんなにそんなに混乱するようなことにはならないのではないかなというようには思うのですが、私はだから、なおのこと回数に含めては3回程度が適当でないのかなというふうに思います。



○阿部和芳委員長 今、純孝委員のほうから質疑については3回までとして、その5番目にある反問の発言時間の取り扱いの中で、それは従来のまま一般の持ち時間に含めておけば、3回という制限で事足りるのではないかと、ロス時間にならないのではないかというお話がありましたが、この辺、書記。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 あくまでも確認ということで、まず1つが回数と時間の兼ね合いなのですけれども、まずその回数を決めますよと、そうしますと、どこからどこまでが反問なのか、まず明確にしないことには回数のカウントが難しいと思うのですね。ということは、何らかのアクションは出てくると思うのですね。そうすることによってある程度、例えば時間で調整する場合にも、どこからどこまでが反問であれば回数のカウントもできます、あと時間のカウントもできますということになるのですけれども、あくまでもそういった、どこからどこまでが反問ですよという意思表示は、一たんはしてもらうということでよろしいのでしょうか。要するに先ほどの佐賀市議会のように、どこから反問なのかわからないけれども、結果的には反問だったといったような例の場合、要するにどの段階で1回目なのだというのがわかるのかとなったときに、なかなかわかりにくい例ではあったのですよね。ですので、その辺も含めてちょっと御議論いただければと思いますけれども。



◆庄司慈明委員 私は、それは必要だと思います。ただ発言ですから、いつもいつも反問と言わないでスタートしてしまう事例もあるわけですよね、きっと。発言ですから忘れるということ人間ありますから。例えばそうなってその理事者側の人が座った段階で、議長は、あるいは委員長は今の反問ですねということのカウント、その評価をして、今のは反問権の行使ですからそれにではお答えくださいという場合もあり得ると思いますよ、実際の運営は。ですからその反問ということを言う、あるいは議長が反問と認定するという場合を含めて、カウントは必要だということです。



○阿部和芳委員長 私、今の発言を聞いていて、これまで自分が挙手で申告しないと、例えば数字聞いたくらいのやつが、委員長、議長に今のは反問ですねと言われたとき違いますと言っても、1回の反問にしますともし言われた場合に、それがカウントされることになるのですが。



◆青山久栄委員 ですからね、結局まさに質問と答弁の間はできているわけで、やっぱりここからここは反問とか、なかなかやっぱりこれは難しいと、そういうことであれば、おおむね例えば3回程度とし、あとは議長、委員長の裁量によるものと大まかに話していいのではないですか。おおむね何回程度にしということで。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 すみません、ちょっとまた口を挟んで申しわけないのですが、ちょっとここで改めて反問の内容、定義づけ、皆さんに確認していただきたいのですけれども、基本的には議員の質問に対して要するに意味がわからないとか、言っている趣旨がわからないから聞き返すのが反問でありますので、理事者の方が答弁している中で反問するというのは、基本的にはあり得ない話なのですね。ここだけ押さえてほしいと思うのです。答弁は答弁ですから。質問に対する答弁ですから。答弁している中で結果的には反問だというのは基本的にはあり得ないのかなと。そのために答弁する前に、まず議員の発言の趣旨を確認してから答弁するのが答弁ですので、その辺だけは一応整理していただければと思いますけれども。



◆青山久栄委員 でも、先ほどの佐賀市議会、あそこも反問をこうしますという規定なのですよね。そして実際、実態としてはあの状態ということに理解しての発言なのですね、私としては。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 佐賀市議会のこういう明文化したものがあるかどうかまでは確認はとっていません。ただ基本条例の中では反問権を付与するということです。やはり全国の議会で、今、基本条例の中で反問権を付与している例がありますけれども、やはり実際の運用については、ほかでこうやっているからこうあるべきだではなくて、やっぱり石巻市議会に合った反問権のあり方ということで議論していただければよろしいのかなと思いますけれども。



○阿部和芳委員長 そういったような観点から考えるときに、議員のレベルアップを図るときもある程度反問しますというものに、ここに書いてあるとおり時間に含めないで聞かれるケースというのは幾らあるかと、まず。そういったことで、あとそれぞれスキルアップというのがどんどんされてきて、市民に負託をよりよく受けられるような高度の高い議会を目指すべきだと思うので、逆に逆質問する場合には、今のはちょっと意味が不明なので反問しますということで、きちっと明確にしたほうがよろしいのではないかと思うのですが、その辺のところ、委員の皆さん、どうでしょうか。



◆渡辺拓朗委員 スムーズな議会運営ということを考えると、やっぱり回数を把握しなければならないということでは、確かに理事者側が話しながら、当初は反問する意志はなかったのだけれども、話しながらいろいろ言っていたら反問したくなったと、そのとき議会で反問しますと言っていただいても結構なわけで、数を把握する意味では、やっぱり特に今回この議会でも初めてのことなので、反問される議員のほうから考えても、やっぱりその意思を明確にしてもらったほうがいいのかなというふうに思います。

 また、この反問権はやっぱり当局側が行使するというのは、やっぱり特殊な場合によると思うのですね。やはりどうしても価値観とか考え方の議論の行った来たは、やっぱり全然問題ないわけですけれども、どうしても言葉は悪いですけれども理不尽な質問をされる場合もあるわけです、当局に対して。逃げ場のない質問というか、そういったときにやっぱり出るものが反問権なのかなということも何か考えられるので、そういう意味でも、まず議員にも告知をすると、反問の。ということでいいのかなと思いますね。



◆堀川禎則委員 やっぱり時間の関係も、これは結局、議員が反問に今度答えるわけですから、これはやっぱり時間に含めるべきではないと思いますし、その関係からいくと反問だというのを明確に宣言というか、そういうふうにしてもらいたいなと思います。そうするとカウントというか回数についてもカウントできると思いますので、そういうことをやっていかないと、どこか何だかわからないけれども、途中から反問になっていたというふうなのが、途中から反問だといっても宣言してもいいのでしょうけれども、その辺は明確にしていかないと、時間のカウントなんかもきちんとできないと思いますので、そういうふうにあるべきではないかなというふうに思います。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 すみません、何回もしゃしゃり出て。要するに事務局からこういう意見、どうかと思うのですけれども、理事者側の方が答弁している中で、いつの間にか反問になっていたというのは、どちらかというとそれは反論なのかなとは思うのですよね。要するにその反論というのは基本的には反問の中ではうたってはおりませんので、ですのでそういった議論になるかとは思うのですけれども、基本的にはその反問の意味合いは、やはりいま一度原点に戻っていただきまして、その反問は何なのか、一般質問というのは何なのか、要するに議員に与えられた質問の30分という機会がありますので、その中で市政に対し、当局に対して姿勢を問う、考え方を問うのが一般質問ですので、そこでやるのはもちろん必要なのですけれども、要するに反論めいたやりとりになりますと収集つかない議論になりますので、ですのである程度めり張りをつけないと時間だけがだらだらして、しかも発言する機会が、例えばその中で結果的には反論だったということで、でもそれに対する議員の発言は時間からカウントしますよということになりますと、議員の本当に聞きたいことが聞けないで終わってしまう、極端な話ですね。その当局からの反問が長くて、それに対する議員の発言が答えなければいけない、要するに誠実に答えなくてはいけませんから、時間を削られるからということで、けんもほろろな議員側も発言はできないわけですよね。ですので、ある程度その辺のめり張りはつける必要はあるのかなと思います。



◆阿部純孝委員 今、渡邉書記のほうの説明の中で、私の先ほどの発言の内容がちょっと誤解されて、5番目で当然発言時間の取り扱いは、もちろん当局側の反問の時間は入らないわけですよね、そうでしょう。だったら反問に対する今度議員側のいわゆる答弁になったときに、それをこれは時間を含めないという考え方なのですが、私は含めてくれと先ほど話ししましたよね。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



◆阿部純孝委員 だから、今の書記のそういうふうな説明でなかったですか。双方も反問に質問の大方の時間をとられてしまって、本来の質問の聞きたい部分が反論の部分に時間がとられてしまって、本来の一般質問の趣旨というかていをなさなくなってしまうという……(発言する者あり)そうだよね、(「ではないとそれをやると、次に質問する部分を今の時間で答えているのにくってしまうと、その人の原点になる質問がおろそかになってしまって、反問権に答えただけで時間がすべて終わってしまうのはだめだということで、それは含まないほうがこの文言のとおりいいのでないかということです」と阿部和芳委員長呼ぶ)それもそういう考え方もあるでしょうけれども、それもやりとりの中で良識の範囲の中で回数も制限するわけですし、大方の回数は制限できるので、その中でやりとりすれば、そんなにそういった心配はないのかな、当局側の反問がそんなにすんなり……私はそういうふうに心配はないのではないのかなというふうに……



◆渡辺拓朗委員 議論がそうスムーズにいけばこしたことはないのですが、しかしながら、やっぱり反問に対して議員側も誠実に答えなければならないということになりますと、やっぱり時間がくう場合もありますよね。ですから私はやっぱり設けないほうがいいのかなと。その次の議論にスムーズに移っていくのかなという感じ。こちらがやっぱり適当に当局の反問に対して答えてしまうと、また意味が通じなかったり、自分の時間が削られるからでは、やっぱりまた次の議論にも移りにくいような気もします。そう思います。



◆阿部純孝委員 だから、それは質疑の内容によっていわゆる書記が今答えたように、反問の範疇を超えて反論になる場合の答弁の場合はそういうふうな傾向が強くなる、反論ね。反論に対する答弁になる場合は、そういう傾向になりがちだと、ややもすると。あくまでも反問だと、ここに資料に記載されている内容でやりとり、それはそうかもしれないけれども、ただ問題、先ほどお話ししたとおり、やっぱり質問者として一般質問を通告した以上、やはり質問の内容によって反問も出てくるので、やっぱりそういった問題提起というか質問者の責任でもってその反論も包括した中で一般質問を考えていくという考え方なので、私はそのような考え方で発言をさせていただいておりました。



○阿部和芳委員長 阿部純孝委員のお話はわかりました。



◆庄司慈明委員 いま一度、この反問権の内容の部分をやっぱり考えると、あくまで論点、争点を明確にするためにあちらは反問するのでしょう。それを明確にするために議員側はその反問権の行使に対して答弁するわけですよ。それはそれで確かに1つの到達ではあるものの、みずからの議論というのはそこに中心があるのではなくて、その次の議論なわけですよ、争点明らかになった。そこに私たちは一般質問のウエートを本当は置きたいわけですよ。でも置きたいけれども、その質問、反問が出たからその時間を費やすというのは、本来の一般質問の趣旨からすれば、その30分の時間をそこの反問に対する回答として用意するということについてはなじまないと私は思います。したがってこの発言時間に含めないという書き方を、私自身は支持したいと思いますよ。



○阿部和芳委員長 すみません、挙手でお願いします。



◆阿部純孝委員 ですから、いわゆる反問はどういった形でも出てくるとは思いますよ、それは反問ですから。ただ先ほどの確認した反問の内容の範囲で言えば、質疑者も質問者もそういう反論の出ないような質疑をしなくてはならないのですよ。だから内容の確認とか具体例も含めて、反論の出ないような質疑をしていかなくてはならないのですよ、そういうことなのですよ。



◆庄司慈明委員 それはいわば善意の立場であって、この反問権を使ってこの人の質問はとにかく30分費やそうというように、悪意でもっていわば考えた場合には、どんどんこちら側の時間が費やされるという関係になってしまうと、そこをやっぱり考えないといけないのですよ。今の理事者の方々をイメージするのも大切ですけれども、いろいろな人が確かに理事者側には座るのだということを、やっぱり率直に言えば想定しないといけないということだと思いますよ。



◆阿部純孝委員 確かにそういった事例も考えられるとは思うのですが、あくまでもこの反問の内容の範囲にとどめるのですよ。とどめるというか確認しているのですよ。だから議長も委員長もこの裁量の中で運営していくのであれば、そういった今、庄司委員のほうから極端な事例を上げられましたけれども、悪意のというようなお話ありましたけれども、そういうふうにばかりも考えなくても、あくまでもこちらは委員長、議長の裁量の守備範囲で、しかもこの内容で確認しているのですから、そこまでやっぱり考えて想定し得ることを準備はしておかなくてはならないのでしょうけれども、そこまで考えなくてもいいのではないのかなというふうな思いはするのです。



◆庄司慈明委員 質問に対する反問を全く認めた上での今、この話ですからね、その反問に対する回答を私たちの30分の時間をそこに当てるという理由が明確でないでしょうということを言っているのですよ。だってその30分のためにそれぞれは獲得目標があるわけでしょう、獲得目標が。そのためにやっぱりいろいろ研究して勉強して議論の組み立てを考えるわけですよ、みんなそれぞれが。したがってその相手から、この一般質問の目的を阻害するような反問がされた場合を想定したときには、やっぱりそれはその30分の時間に何もそれを含めるということの立場に、あえて私たち一般質問をする側が立つ必要はないのでないかということを申し上げています。



○阿部和芳委員長 2人のやりとりを聞いて、私が反問権を行使したいくらいの気持ちになりまして、実際議員に与えられた時間を問い返されることによって時間を減らすというのはなじまないと思います。反問に例えば3つの命題をつくってきて1個ずつやりますね。2つの?、?で時間を反問で費やされて、?に踏み込めないで終わる可能性だって、そういった場合には出てくる可能性が出てきます。30分の中で十分、十分、十分とか割り振りした場合に、1個ずつに2回まで行使、3回まで行使されるということで、もし聞いてそれに誠実に答えて時間を費やしてしまうのであれば、2問目、3問目のところに踏み込めない場合のケースも想定されるのであって、やはりそういう部分に関しては、議員の権利というのはきちっと守るべきではないかという立場に立ちたいというふうに思うのですが、どうでしょうか。



◆堀川禎則委員 委員長の話、もっともだなというふうに思います。この案の4番、反問に対する議員、または委員の発言ということで、反問に対して誠実に答弁するとともにというところ、あります。時間をカウントされてしまったら、誠実な答弁に多分ならなくなるのではないかなと、自分の後の時間を考えたとき。そういうふうになる可能性もあります。もし私、そういうふうに反問されたら、後の時間というのもやっぱり考えたときに、そういうふうに誠実な答弁にならない可能性が出てまいります。(「いや、そうでない」と呼ぶ者あり)そんなことでないでしょう。そういうことを考えたときには、やっぱり時間のカウントというのは別にすべきだなというふうに思います。



◆渡辺拓朗委員 ここで時間ということは、やっぱり本会議を想定していると思うのです。一般質問、30分という制限時間がありますから、委員会ではそれ関係ありませんから。そう考えると、阿部純孝委員の思いもわかるのです。例えば逆に執行部側の悪意によって全部時間を使われてしまうということもあれば、逆に議員側の悪意もあるわけですよ。カウントされないからそれを利用して、そう言いたいと思うのですね、阿部純孝委員の場合は。それでその答弁、結論に目的に持っていこうという使い方もできるわけですよ、議員側からすれば。

 ただ、しかしながら、やはり30分という時間は私たちもこのように一般質問を続けてきて、そんな長い時間でないですよね。ですから例えばその場合は阿部純孝委員の考え方も理解できるのですが、例えば議会によっては45分とか50分とかというふうに一般質問の時間を設けているところもあります。30分ではやっぱりカウントすべきではないと私はあえて思いますね。



○阿部和芳委員長 この件に関しては、今2つに分かれておりますが、反問の発言時間の取り扱いについて、これを時間に含めないというふうに思う人にちょっと挙手していただきたいと思いますが。



◆阿部純孝委員 委員長、いろいろな議論が出尽くして、私の立場で主張している考え方は、あくまでも議員側が質問者としてそういった反問の部分も責任を持つべきだと。もしよもや出てきたのだとすればですよ。もちろんここに記載してあるとおり誠実な答弁ができなくなってしまうなんていう答弁もありましたけれども、そんなことはない。だからそこは良識の範囲で、当然反問が出てきても、その反問が出てくるということは、すなわち質問者側にやっぱりいろいろな不備な点があるから反問が出てくるのですよ。私自身そういうふうにできないかもしれないけれども、そうしなくてはならないと思う。

 ただ、今、大方意見が出尽くした、考え方が出尽くした中で、委員長がまとめようとしている方向でぜひまとめていただいて結構だと思うのですが、ただこれからの運営上も含めて、挙手して採決だけはやめてほしいと、そのことだけ言いたいだけの話でまとめてください。



○阿部和芳委員長 今、私がそういうふうに言えばあなたが引っ込むと思ったので。とりあえずやっぱりそういう部分では、きちっとこの5番目に書いてある反問の発言時間の取り扱いについては、このまま代表質問、または一般質問の発言時間に含めないということで行いたいと思います。これでよろしいですね。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 では、そのようにさせていただきます。

 なお、反問の回数ですが2回と3回という案が出ました。これは間をとって2.5というのはないので2回としたいと思いますが、これでよろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 では、そうさせていただきます。

 なお、ただし書きのほうで、議長及び委員長が必要と認めたときはということで、2つの案があって「最高何回」と、「この限りではない」というふうなことがありますが、委員長としては「この限りでない」を使いたいと思いますが、これでよろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 では、そのようにさせていただきます。

 次に、4番目の各委員会における行政視察報告会について書記のほうから説明願います。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 それでは、資料ナンバー6を御用意願いたいと思います。

 これにつきましては、表題のとおり各委員会におけます行政視察を行った際の報告会のあり方についてということで協議していただきたいと思いますけれども、改めて次のページをごらんいただきたいと思います。改めてちょっと駆け足で確認したいと思いますけれども、2ページのところの丸の2つ目です。視察報告会の開催ということで、各アンダーラインのところになります。今後、委員会による視察をまちづくりの知恵袋として活用することや、視察が公費を使用して実施されていることから、市民に対してその結果と成果を報告することが市民への説明責任を果たす議会となるために必要であると考え、視察実施後に報告会を開催し、市当局や市民に対して視察の成果や市政への提案事項について報告することとしましたということで、やはりまず1つ確認しておきたいのが、あくまでも視察に行った委員会の中での完結ではなくて、本来の目的はやはり市当局あるいは市民に対して成果あるいはその提案していく1つの手段として委員会の視察があるのだと、そのための報告会をやるのだということをまず念頭に置いて協議をしていただければと思います。

 それで、1枚目のところに戻っていただきたいと思います。基本的には各常任委員会、それから特別委員会がこの実際の該当する委員会になろうかと思います。協議事項ということでまず1つ目、開催形態ということで、これ選択肢ということで3つほどあてがわさせていただきました。

 まず、もう一つ確認なのが、なぜこういった協議をしていただくかといいますと、やはり各委員会それぞれ単独でやっていただくのも1つではありますけれども、やはり今、条文のところで確認いたしましたけれども、市当局あるいは市民に対する報告会のあり方といったところが大事なのかなと思いますので、その辺を含めて協議していただきたいというところでございまして、丸の1つ目ということで各委員会ごとに単独で開催すると。言葉を言いかえれば悪い言葉かもわかりませんけれども、それぞれいわば独自で勝手に委員会の都合でやっていただくのも1つではあると。

 それから、丸の2つ目です。常任委員会及び特別委員会の別で合同で開催すると。というのは例えば常任委員会なら常任委員会、例えば視察報告会をやる日を設けましてやるのも1つなのかなと。特別委員会は特別委員会で、いつかこういった報告会をやる日を定めて、合同でやる方法も1つなのかなと。

 それから丸の3つ目、例えば常任委員会は単独で、特別委員会は合同で開催するやり方はどうかと。そのほかにもいろいろあるかと思いますが、この丸の3の具体的な例といたしましては、やはり常任委員会の場合は定例会ごとに常任委員会を開催されますので、常任委員会については、例えばの案ですけれども定例会中の常任委員会、書面審査終わった後に引き続き行政視察に係る報告会をやるのも1つなのかなと。ただ特別委員会の場合はそういった定例会に必ず開催するというものもございませんので、特別委員会については、その時々の状況に応じて開催するのも1つなのかなというような案でございます。

 これ以外にもいろいろな組み合わせがあろうかと思いますけれども、ただやっぱり石巻市議会としてこういった報告会をやるに当たりまして、それぞればらばらにやるのも1つではあるのでしょうけれども、ある程度市民に対する議会の取り組みを知っていただくには、ある程度まとまってやることによってインパクトあるいはそのPR効果も上がってくるのかなということから、その辺も含めて御協議いただければなと思います。

 あと、それから先に説明させていただきたいと思いますが、2の開催時期ということで、まず常任委員会と特別委員会に分けた案でございますけれども、常任委員会について?でございます。この案でいきますと単独で開催はするものの、委員会の共通事項として開催する定例会のみをあらかじめ特定してはどうかというものでございます。具体的な例ということで、視察実施後の最初の定例会中の委員会日に施設報告会を開催すると。さらに具体的に言いますと、ことしでいきますと10月に各常任委員会、視察に参ります。そうしますと一番直近の定例会が12月定例会になろうかと思いますけれども、基本的にはその12月定例会中の各委員会の開催日にやるという1つの案でございます。

 それから、2つ目ですけれども第1回定例会、いわば年度末中の委員会日に視察報告会を開催するという案でございます。なお書きですけれども、視察報告とあわせまして、当該年度中に行いました委員会の活動内容についてもあわせて報告するのも1つのやり方なのかなと。1年間の集大成ということで、行政視察とあわせてこういった報告会をやるのも1つなのかなという案でございます。

 それから、?ということで、すべてそういった取り決めではなくて、それぞれの独自性を発揮していただくということから、しかもまとめてやると、どうしても1つの委員会当たりの持ち時間とか全体のボリュームが多くなると、中身は希薄になるのではないか、むしろかえって単独でやったらどうかということから、すべて各委員会にお任せするやり方はどうかという案でございます。

 ということで、ほかにもいろいろなやり方はあるかと思いますけれども、いずれにしても議会運営委員会におきまして、ある程度石巻市議会の委員会における行政視察報告会のあり方ということで御検討いただければと思います。

 ということで、特別委員会につきましては?ということで、閉会中に視察報告会のみの日を設けまして開催すると。なお開催日の日程調整に当たっては各委員会の協議に基づき決定するということで、委員間同士で日程を協議していただきまして日にちを設けてやると。

 ?といたしましては、先ほど言ったようにやはり委員会の独自性、ある程度時間を割いて詳しくやるには、やっぱりそれぞれ独自でやったほうがいいのではないかといったような例でございまして、ただいずれにしても、ある程度のこの行政視察報告会のあり方について共通したところを決めていただいたほうがよろしいのかなということでの案でございます。



○阿部和芳委員長 ただいま説明がありました。皆様方から御意見をお伺いしてまいりたいと思います。

 その前に1つ確認なのですが、これまで各委員会の行政視察報告というのは大変であろうというような前に議論があって、行った後の、さっき説明の中でもあった、今回ですと10月に行けば12月の議会のときにそれぞれの所管事項の常任委員会があって、その中で当局もいる中で、その前に1回やりますけれども、その後に当局のいる間にこういった報告があるということをやれば、傍聴者も、そして当局のほうもいるのでというようなお話があったやに思っていたのですが、そうすれば各委員会ごとに単独でというか方向づけは委員会の後ということで、あと特別委員会はその都度、委員会の終わった後に閉会中にやればいいのではないかというようなお話があったように思うのですが、その件はどうなっていましたっけ。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 改選前の議会運営委員会のときにこれを協議されるときに出されたところかと思いますけれども、やはり新しい体制になりまして、改めてそれについて仕切り直しということではないのですけれどもということでの提案でございます。



○阿部和芳委員長 では、皆さん方から御意見をお伺いしたいと思います。

 開催形態1、2、3、お示しがあったのですが、そのほかに自分で?というのもあればそれも含めて。一定の方向性でということであれば常任委員会は単独……(「合同」と呼ぶ者あり)合同といっても、多分特別委員会で1つのことだけで人を集めるのは大変だから合同ということを考えたと思うのですが、その辺も含めて。それとも各委員会ごとに単独で開催するというのが一番ベストのやり方だというふうには思うのですが、その辺のところのちょっと?の趣旨は。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 まさに今、委員長が言われたとおりでして、例えば常任委員会についてはどこかの定例会中の委員会の機会をとらえてやるという例でして、特別委員会につきましてはやはりその開催、なかなか常任委員会と違いまして、やる機会がばらばらだということもあります。定例会中にやる場合については、この定例会に常任委員会をまとめてやるという1つのまとまったやり方になります。ただ特別委員会の場合は全くてんでんばらばらになりますので、市民に対するPRとかそういったことを考えたときに、ある程度合同、いわば常任委員会の持ち時間の中で順番にやっていくやり方を想定した案でございます。



○阿部和芳委員長 ということで、皆さんのお話だと、合同はなかなかなじめないような言い方には聞こえたのですが、この辺について。



◆阿部純孝委員 基本的には、やはりそれぞれ所管事項も違うわけですし、独自の活動をしておりますので、やっぱりその辺は独自性を尊重して単独開催をするということです。場合によっては当然合同して協議して審査してきた経過などもありますので、施策的にそういった合同を必要とする場面が出てくれば、当然、委員会同士で協議してそういった開催にもなると思うのですが、基本的には単独開催ということで、特別委員会も常任委員会もそのような取り扱いで私はよろしいかというふうに思います。



○阿部和芳委員長 というような御意見がありますが、ほかに。



◆庄司慈明委員 この行政視察報告会というのは、やっぱり議会改革の中での1つの大きなポイントだと思うわけです。だれに対してのポイントかというと、市民の方々に対しての議会の存在感、存在意義をきちんとお伝えするということが、一歩大切な今時期になっているというように思われるわけなのです。それぞれの議員はそれぞれの形態で議会報告会をしているとは思います。あるいは行政報告も含めてしているかとは思うのですけれども、そういう個々の問題ではなくて、議会としていかに行うかということだと理解しています。

 その中で、この行政視察報告会は、市民がしたがって参加しやすいということで考えれば、やっぱり単独が。だって、これ4つの委員会を全部聞くといったって、1つ1時間にしたって4時間だということの大変さを考えれば、やっぱり単独でというのを常任委員会は基本とするということで私もいいなと思っています。であれば、例えば土日だってそれぞれの委員会の選択の中で開くことができるわけですから。あるいは、しかし特別委員会合同となると、そのときには正副委員長と正副議長以外の方々のみんなが日程合わないと、だれかが外れざるを得ないという状況もちょっと想定すると、この合同でやるということは、ちょっとその辺については私自身も意見がまとまらないのですが、皆さんの御意見をお伺いしたいというように思います。



◆阿部純孝委員 基本的には、庄司委員の言われるとおりだと思うのですが、当然、行政視察テーマで、例えば市民会館の建てかえの問題で先進地を視察しようと、これから。本市にとっても大変重要な施設だと、所管する総務と、技術的な分野で言えば建設の分野も入ってくると、そういったことで広く世論も盛り上がってきて、市民の中にも必要性を訴えてきて、いろいろな団体からも請願が上がってくるということについて、いろいろ動きが出てきたときに、合同でではやろうかという場面での報告もできるかと思うのですよ。共通テーマで視察してですよ、例えばお知らせしておいて。そういったことの政策的に必要があれば、その都度もちろん委員会で協議して決めていけばいいのであって、基本的にはやっぱり庄司委員の言うとおり、私も単独で独自性を生かして活動していけばいいのかなというふうには思います。



○阿部和芳委員長 ほかに。

 なければ、2人御意見いただいたのですが、各委員会ごとに単独で開催する、ただし合同でやれる範疇のものにあっては合同で協議しながら進めていくというふうなことで、?を開催形態で選択させてもらってよろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 では、そのようにさせてもらいます。

 開催時期につきましては、今、?、?、特別委員会、常任委員会があるのですが、常任委員会であればすべて各委員会に一任するほうよりも、単独で開催するものを委員会共通事項として定例会等であらかじめ特定しておくというほうに考えてはおるのですが、その方向づけでよろしいでしょうか。?のほうを選択させてもらってよろしいでしょうかと。



◆庄司慈明委員 その意味をちょっと再度確認で恐縮ですが、委員単独で開催する、委員会の共通事項として開催する定例会のみをあらかじめ規定しておくという、ちょっと意味を。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 まず、単独で開催するというのは、合同ではなくて各委員会ごとにやりますよと、これはよろしいですよね。委員会の共通事項ということで、委員間の共通事項ということで、例えばある委員会は12月定例会、片やもう一つの委員会は第1回定例会というようなばらばらではなくて、ある程度4つの常任委員会であれば、例えば12月定例会中の各常任委員会ありますね、その日にやりましょうというような1つの案でございます。要するに、この定例会のみをあらかじめ特定しておくというのは、視察を行う前にことしの行政視察に係る報告会は、例えばですけれども12月定例会あるいはその第1回定例会にしましょうということで、各常任委員会の共通事項として定めてはどうかというものです。



◆庄司慈明委員 そうしますと、今までの通例でいいますと、12月議会は午前、午後と分かれていて、午前が総務企画、午後が委員会室が1つしかなかったということもありますが、その午後は環境福祉という関係でやりくりしていたと。例えば総務企画の最後のところあたりにそれを持ってくる、各委員会の最後のところに持ってくるということの意味で理解してよろしいのでしょうか。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 この資料の意味合いとしてはそういうことになります。ただ、この辺はあくまでもたたき台になりますので、これをもとにいろいろ議論していただければと思いますけれども。



◆庄司慈明委員 むしろ、そういう意味でいえば、この2番目の各委員会にそれは一任をして、先ほどの市民の参加がしやすいところという選択をする委員会もあるかもしれませんので、この議会運営委員会で?に、いわば縛りをかけるということはいかがなものかというように思いますが。



○阿部和芳委員長 今、庄司委員のほうから、?の各委員会のほうに一任するというような御提案がありました。私は共通事項として1つぐらいルールもつけたほうがいいのではないかとは思ったのですが、皆さんの決めようですので、意見的には……



◆堀川禎則委員 これは、やっぱりある程度共通というか、定例会ぐらいは大体一緒に同じ時期に多分視察とか行くと思いますので、それが全部ばらばらになればまた別ですけれども、そうでなければ、ある程度その報告会を開く時期の定例会の第何回定例会に報告会をしましょうということぐらいは決めていてもいいのではないかなというふうに思いますけれども、あとはその中身等々については、その委員会ごとのやり方等々でいいと思いますけれども、その辺だけはある程度決めておいたほうがいいのではないかなと思います。



○阿部和芳委員長 堀川委員から、ただいまのような共通事項はやっぱり委員会を設けていたほうがいいのではないかというようなお話がありました。



◆庄司慈明委員 どちらでもいいといえばどちらでもいいのですけれども、ただ市民の方は何時から開催するのですかということに、やっぱり出てくると思うのですよ。全部別に聞く必要ないのだと、ただその報告会なるものは行ってみたいというときに、それも含めて一定の定例会の中にそれを位置づけるのはいいですけれども、やっぱり時間などは市民のほうから見れば何時から始まるのかわからない、何か委員会の流れの中でそれがあるそうだということでは、やっぱりせっかくのこの行政視察報告会が埋没してしまうような気もしますので、そこにだけ御留意いただければ、私はあえて引き下げてもいいのですけれども。



○阿部和芳委員長 それでは、例えばこの各委員会に一任するにしても、第1回定例会あたりにしましょうというような共通事項を決めておくにしたって、いずれ開催時間、日程とかというのは追ってどちらも使う場合にも、ホームページなりいろいろな部分でお知らせするケースが出てくるようになるのですよね。その件だけ、書記に確認したいのですが。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 まさにそのとおりでして、定例会中、なかなかその書面審査とは別な日、定例会中の中でも別の日というのはなかなか難しいので、ただ、ある程度そういった取り決めがあれば、あとその開催時間につきましてもおおむねの目安ということで取り決めしておけばよろしいのかなとは思いますけれども。



○阿部和芳委員長 よって、今のことで単独で開催するものの、委員会の共通事項として開催する定例会のみをあらかじめ特定しておくというほうの?で進めたいと思いますが、これでよろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 では、そのようにさせていただきます。

 特別委員会のほうなのですが、今のほうは常任委員会でした。



◆庄司慈明委員 すみません、その特別委員会に行く前に、開催する定例会をあらかじめ予定しなくていいのですか。



○阿部和芳委員長 これは例えば今、庄司委員からありましたけれども、各委員会が共通事項として開催するのをあらかじめ特定しておきますよというのを決めておけば、委員会でそこの辺を各常任委員長が集まって決めていただくようになるのではないですか。でないと毎年違ったりするので。よろしいでしょうか。

           〔「はい、わかりました」と庄司慈明委員呼ぶ〕



○阿部和芳委員長 では、特別委員会のほうはどのような形に。同じように?に閉会中に視察報告会のみの日を設け開催する、あとなお開催日の日程調整に当たっては各委員会の協議に基づき決定するか、?のすべて各委員会に一任する、同じように?、これも常任委員会と同じように、?のそれぞれの特別委員会の委員長に、共通事項として日程調整等を図っていただければなというふうな思いで?にしたいと思いますが、よろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 では、そのようにさせていただきます。

 以上で(1)から(4)の集約が済みました。協議、検討事項に対する意見集約となります。皆様方には所属会派の方々にも周知徹底をよろしくお願いしたいと思います。

 次に、次回議会……(「すみません、1つだけ」と庄司慈明委員呼ぶ)



◆庄司慈明委員 この議会基本条例に基づく協議事項の部分でちょっと確認ですが、先ほどの一問一答の中での具体例の3のイメージでということになるわけなのですけれども、そうすると質問通告書の様式が変わるのか変わらないのかということ、あるいはもし変わるとすれば、それはそれでよろしいのですけれども、答弁者の答弁を求めるところに、市長の次になり副市長なりを入れていただければというような思いもちょっとありましたので、ちょっとごめんなさい、細かくて恐縮なのですけれども。



○阿部和芳委員長 では、書記のほうからこの様式が変わるのかということと、変わるのであれば、答弁を求めるところに副市長も入れてほしいというようなお話がありましたが。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 まず、副市長の項目を設けることについては特に問題ないかと思います。あとそれから、その様式自体なのですけれども、これまでもいろいろ通告はされていたかと思います。しかもその答弁を求めるものということで、ごらんのような例示のように市長であったり教育長であったり関係部長であったりというような表記はしていただきました。ただこの質問に対しては市長に、この質問に対してはどこどこの部長にというような通告ではなかったかと思いますので、特に様式の変更はないのかなと、あくまでもその辺については当局の答弁に任せるというような形になろうかと思います。ただその質問のやりとりの中で改めて市長の見解を伺いたいとか、そういった中で示していただければよろしいのかなとは思いますけれども。

           〔「はい、わかりました」と庄司慈明委員呼ぶ〕



○阿部和芳委員長 次に、次回議会運営委員会の開催についてでありますが、日程調整後、追って御連絡したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 次に、その他に入ります。

 初めに、市政モニターとの懇談会の開催について事務局から説明願います。



◎日野智議会事務局長 お手元に1枚物のコピーをちょっと配付いたしております。去る7月15日に市長のほうから議長に対しまして、市政モニターとの懇談会の開催の依頼がございました。市政モニター60名の方との懇談といったことでございます。詳細については裏面をちょっとごらん願いたいと思います。

 要件の概要の中で4行目、キの下ですが、8月9日月曜日に市長と市政モニターとの懇談会を開催するといった予定でございます。市長とはやりますよといったことです。それからそこから3行下なのですが、議員との懇談会も同様にしていただければよいと考えているが、議員全員出席というのが難しいと思われることから、議員の出席者や開催方法等については議会で検討をしていただきたいと。また議長については必ず出席をお願いしたいと考えているといったことでございます。

 それで、市政モニターからの質問の内容ですけれども、下のほうにありますけれども議員の活動内容、議員定数削減などについて聞いてみたいという声であったといったことでございますので、最終的には実施時期については特に具体的な要望、希望はございませんが、今回の議会運営委員会終了後に広報広聴委員会を開催する予定でございますので、この要望そのものを受託するか否か、または受託する場合の開催時期及びメンバー等について、この後御検討いただければと思っております。



○阿部和芳委員長 ただいまの説明について質疑に入ります。

 質疑はありませんか。



◆阿部純孝委員 これ、9日に市長と市政モニターとの懇談会を開催する、議会も共催で同時にやるのですか、これ。



◎日野智議会事務局長 あくまでも、当局とまるっきり別個でございます。



○阿部和芳委員長 よろしいですか、ほかにありませんか。



◆千田直人委員 モニターからの声と、ここに記載されているのですが、議員の活動内容と議員定数削減などについて聞いてみたいという特段のこの声があるようですけれども、そういうことになりますと、議員の全員の出席は難しいと思われますがということではなくて、全員出席しなければならないのではないかと思うのですが、その辺どうでしょうか。



◎日野智議会事務局長 これは、あくまでもモニターから私のほうで直接聞いた話でありませんで、あくまでも広報広聴課を通しての話です。それで先ほどの議会運営委員会でもございましたとおり、特別委員会を設置するといった話もございますので、その辺の流れを見ながら、いわゆるメンバー等を決めていただきたいと思っております。



○阿部和芳委員長 ほかに。

 なければ、あと取り扱い等は広報広聴課のほうで深めていただきたいと思います。

 そのほかなければ。



◎細目恵寿議会事務局次長 私のほうから、連絡、報告等を四、五件ありますので、ごく手短に。

 まず、7月30日、午後1時30分から隣の市民ホールでスキルアップセミナーが開催されます。前に通知はお出ししておりますけれども、出席予定の方は午後1時30分からありますのでよろしくお願いいたします。

 それから、次に8月2日の大漁踊り、一応、市議会でも有志ということで参加することになっております。参加予定は現在のところ22名になっております。それで集合時間なのですが、着つけを最初からしておられる方は午後5時半まで事務局へ、あと着つけをこっちで要する方は午後5時前までに一たん来て、それから着つけをお願いしたいと思います。それで午後5時50分ごろから市民ギャラリーのほうで市の職員厚生会のほうで踊りの練習を若干して、二、三十分してから、元河合楽器前のほうに整列場所に集合する予定になっていますので、それは午後6時50分まで整列するという形になりますので、そういうスケジュールになっていますのでよろしくお願いいたします。

 それから、もう一点、政務調査費の関係のこの前の会派視察、多分行かれたところがあると思うのですが、それらについての報告書をなるべく早目に提出お願いいたします。なお、この提出書が提出されてから、できればさらなる次の行政視察のほうの日程を組んでいただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 あと、山形県の河北町議会のほうから正式に文書は間もなく届くのですが、議会との懇談会を行いたいということで来ておりまして、今あっちのほうと調整しております。それでうちのほうの日にちを考えた結果、日にちが8月31日午前10時からということで大体予定させていただきたいと思います。それでテーマが向こうのほうと相談しまして、「今後の友好都市としての交流のあり方について」ということで、現在特産物、石巻市ですと海産物、山形県の河北町ですと果樹などがありまして、それらを活用しての交流を行っているが、今後の交流の進め方などについて話したいということで、テーマ的には友好都市と特産物ということで、総務常任委員会と産業建設委員会のほうで懇談会に対応していただきたいなとは思っております。それであと正副議長という形で8月31日、山形県の河北町議会は午前10時までこっちに来ますということでしたので、午前10時から、場所は3階の多目的ホールを今のところは押さえておりますが、1時間から1時間半程度でございますけれども、懇談会を予定しておりますので御報告いたします。

 それから、最後に一般質問の質問席、前からいろいろございますけれども、今後もあれを使っていただく予定なのですが、今のでは高くて、座ったときにメモがとりにくいとか場所が若干狭いというようなものがありますので、できればあのわきに補助机というかテーブルなんかをできれば置きまして対応したいと思います。それで、さっき宮城県議会も映っていましたけれども、県議会も質問席のわきにそういう補助テーブルがあって、そっちのほうに座って、あと質問ということで質問席に立つという形にやっているみたいなものですから、できればうちのほうで補助机ですか、それを調達したいと思っているのですが、一応ご確認いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○阿部和芳委員長 今、5点についてお話がありました。何か皆さん質疑がありませんか。



◆庄司慈明委員 4点まではいいのですが、5点目の部分について、皆さんのほうで今の前提とした今後の形態でいいということで、ほかの方々の会派では御異議はないのでしょうか。不便さとかについてのこと含めた、ちょっとそれを教えていただければ。



○阿部和芳委員長 今、庄司委員からありましたが、ほかのところでふぐあいとかそういうふうなお話がありますか。



◆堀川禎則委員 ふぐあいというか、やっぱりやり方というか、そういう今、事務局から出たようなテーブルというか演壇が狭いのでどうにかならないかというようなふぐあいは、会派の中では話は出ています。それから今回終わってからは特に出ませんでしたけれども、1回目やった後の中で、やっぱりやり方はどうなのだということで、あそこでずっといるというそのものについての話はありましたけれども、今回やってみた後の話としては、特にその部分については出てこなかったので、なれればというような形なのかなと思いますけれども、もうちょっとやってみないとわからないのかなという感じはしています。



○阿部和芳委員長 ほかのところはありますか、あと。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 なければ庄司委員、そういうことでございますので。



◆庄司慈明委員 高さ問題は、何か解決方法は出たのでしたっけか。



◎細目恵寿議会事務局次長 高さにつきましては、いすの調整をしても、なおかつ今の質問席が若干高いということで、メモをとるのがひどいということ、そのためにわきに補助机を置きまして、そっちでメモをとっていただこうかなという想定はしているのですが。



○阿部和芳委員長 よろしいでしょうか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 それでは、そのような形で進めさせていただきます。

 委員の方々からそのほかございませんか。

           〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 なければ、私から2点ほど提案させていただきたいと思います。

 前回の本会議中の態度ということで、ガムをかんでいた議員がいたという指摘がありましたので、そのようなことのないように、各会派で注意を喚起していただきたいというふうに思います。

 あと、2点目なのですが、第3回定例会に係る議会運営委員会の日程調整なのですが、現段階では第3回定例会に係る議会運営委員会ですが、8月30日月曜日を予定しております。当日は午後2時から東京ドームにおいて都市対抗野球大会に出場する石巻市代表の日本製紙の試合がありまして、石巻市を挙げて応援する必要もあるということで、中には直接会場に行って応援したいという方々も予測されることから、可能であれば、あらかじめ議会運営委員会の日程についても可能な範囲で日程調整したいと考えておりますが、でも、もう私たちは第3回定例会の御案内も予定表あるので、その日はもう予定しているからだめだという御意見があればそちらのそのままでもいいですし、せっかくそういうふうなことがあればずらしてもいいというような考えがあれば、皆さんの御意見をこっちのほうはお聞きしたいと思いましたが。

 30日を例えばずらすと31日なのですよ。そうすると2日に開会となってしまうので、間は確かに31日と1日しかないので、日程的にはかなり狭まっているようになります。それで31日にもしずらしてもいいというような考えになった場合に、先ほどの山形県河北町のほうが来るので、午後からの開催というふうになってしまうと思います。ですので、まず初めに予定どおり30日にするのか、それとも前にさかのぼれないので……



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 基本的には、定例会の開会日は移動しないという、変更しないという前提になりますけれども、請願、それから陳情等の受付の締め切りが定例会開会前何日という規定がございますので、どうしても今の予定ですと30日月曜日が議会運営委員会を予定しておりまして、請願の締め切りが前の日の金曜日が締め切りになります。議会運営委員会を前倒ししますと、定例会に係る請願の締め切りとずれてしまう可能性がありますので、変更するとすれば後ろに持ってくるしかないのかなというところです。



◆庄司慈明委員 日本製紙の方々のそういう思いというのもわかるので、できれば変えたいという思いはあるのです。ただ第3回定例会は決算ですので、やっぱり分厚いわけですよね、中身が。そのときに1日半も後ろに行ってしまうということになると、大変に勉強のしづらさというか感ずるのです。あえて申せば今の請願の云々ということはありますけれども、この27日の午後あたりということはどうしても無理なのですか。ちょっと今の御説明は無視するようで恐縮なのですけれども。



○阿部和芳委員長 請願とかあるのだけれども、前の27日に持ってこれないかと、27日の午後に。



◎渡邉伸彦議会事務局主幹 ちょっと細かい議論になろうかと思いますけれども、締め切り日の日の取り扱いなのですが、要するに締切日というのは、結局その日のいわば役所は午後5時までですけれども、基本的には夜中の12時までがその日締め切り日、極論的な話になりますので、そうしますとやはり締め切り前に議会運営委員会を開くことになりかねはしないといったところにはなろうかと思います。



◆庄司慈明委員 確かに、日本製紙の野球の試合も大切なのですが、やはり決算議会でありますし、そしてまた会派委員への説明の時間も必要になります。そういったボリュームの議案案件も。ですから予定どおりで実施するべきだと思いますが、いかがでしょうか。



○阿部和芳委員長 庄司委員からも1日半おくれると大変だというようなことで、繰り上げもできないというのであれば、予定どおりせざるを得ないのかなという思いもあるのですが、出しておきながら引っ込めるというのも何ですが、皆さんの判断で、やはり決算議会ということで予定どおりやってくれということであれば、大リーグの人なんかも来ていることでございますので、では議会運営委員会は予定どおり8月30日午前10時からということでよろしいですか。

           〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 ではそのようにさせていただきます。

 それでは、事務局の方からそのほかでございませんか。いいですか。

           〔「ございません」と呼ぶ者あり〕



○阿部和芳委員長 それでは、以上をもちまして議会運営委員会を閉会したいと思います。

 副委員長に閉会のごあいさつをお願いします。



○渡辺拓朗副委員長 具体策が少しずつ決まってまいりました。といいながら、やはりさまざまな検討内容もこれから出てくると思いますので、どうか委員の皆さんにおかれましては、さまざまなシミュレーションをしていただき、活発な御意見をいただきたいと思いますので、よろしくお願いします。長時間御苦労さまでございました。





△午後5時26分閉会