議事ロックス -地方議会議事録検索-


宮城県 仙台市

平成17年度 決算等審査特別委員会(第8日目) 本文




2006.09.28 : 平成17年度 決算等審査特別委員会(第8日目) 本文


                ※会議の概要
◯委員長  ただいまから決算等審査特別委員会を開会いたします。
 それでは、これより質疑に入ります。
 まず、昨日に引き続き平成17年度仙台市一般会計歳入歳出決算中、歳出第6款経済費外についてであります。
 フォーラム仙台から発言予定の方は、質疑席にお着き願います。
            〔木村勝好委員、質疑席に着席〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  発言を願います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  私からはまず観光費、それから商工費、農林費等に関連をして数点お伺いをしてまいりたいと思います。
 最初に委員長にお願いをしたいんですけれども、他局にわたる部分もありますので御了承いただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  了解しました。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  それではまず最初に、平成17年度の本市への観光客の入り込み数、これは全体でどの程度だったんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯観光交流課長  平成17年度の観光客入り込み数は市内全域で約1581万人でございました。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  これは平成16年度、平成15年度に比べれば結構伸びたんですか。横ばいですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯観光交流課長  平成16年度に比べまして9.2%増となっております。また、平成16年度は1448万6000人でございましたが、これも平成15年度に比べまして2.3%の増加でございました。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  大変いい傾向だというふうに思うんですけれども、ところでその平成17年度のうち東北地方、それから首都圏、そして関西圏からの入り込み者数というのはそれぞれ何人で、平成17年度全体の中の何%ぐらいだったんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯観光交流課長  観光客入り込み数としては地域別のデータがございませんので、宿泊者数で申し上げますと、居住地がわかる宿泊者数、平成17年度で358万人ございました。
 このうち宮城県を除く東北地方の方は約64万人で18%、首都圏は約117万人で33%、関西圏は約17万人で5%となっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  これ宿泊じゃなくて入り込みの中でどのぐらいの比率だったかということを把握するのはなかなか難しいものですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯観光交流課長  現在、私どもの持っている資料の中ではそういった仕分けされてございませんで、ちょっと難しいというふうに考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  ただ、本当は実態を知るためには、難しいんでしょうけれども、何らかの手法でどこから来ているのが何%かということをやはり把握しておく必要はありますよね。じゃないとその後の施策が打てないのかなという気がするんです。
 そういう意味でいいますと、平成17年度で仙台市として、今、私例示をしましたけれども、宮城県以外の東北地方、それから首都圏、関西圏、とりあえずこの三つの地域に対して観光のPR活動はそれぞれどういうことを実施したんでしょう。


-------------------------------------------------------------------------------

◯観光交流課長  まず、東北地方につきましては七夕キャンペーンとして盛岡市、山形市、福島市、郡山市に出向き、地元の新聞社やテレビ局を訪問したほか、北東北3県の旅行会社、小中学校に対しまして、楽天などプロスポーツ観戦を組み込んだ修学旅行等を提案いたしました。
 また、首都圏に対しましては埼玉県所沢駅での街頭キャンペーン、東京の百貨店での七夕キャンペーン、川崎市、横須賀市での観光物産展のほか、東京湾納涼船におきまして仙台観光のアピールを行ったところでございます。
 また、関西圏につきましては大阪の旅行社を訪問し、仙台への旅行商品造成を依頼したほか、主要な新聞社を訪問し、観光資源のアピールを行っております。そのほか、神戸空港開港に合わせまして神戸市で開催されました観光PRと物産展にブースを出展いたしましたほか、神戸市地下鉄等にポスター掲出を行っております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  そんな程度なのかなという感じがするんですが、実は資料をいただいて見ていてあれっと思ったんですけれども、首都圏に対していろいろ働きかけをしているその中で、首都圏のマスコミ各社に対しても働きかけをしましたというものがあったんですが、具体的にその首都圏のマスコミというのはどういうところにどういうことをしたんですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯観光交流課長  マスコミ等につきましては、キャンペーン等につきましての活動を記事にしていただくと、あるいは報道していただくということを目的にして行っておりますが、具体的には川崎、横須賀での観光物産展では東京新聞、神奈川新聞、全国紙2紙の支局を訪問いたしまして、物産展の内容や仙台の祭りや見どころなどを紹介して、記事に取り上げていただくよう依頼いたしました。
 また、埼玉県所沢駅での街頭キャンペーンの際も、埼玉新聞やテレビ埼玉などを訪問し、同様のPRを行っております。
 また、随時東京事務所を通じまして旅行記者クラブへ観光情報の提供を行っておりますほか、雑誌社などへ仙台、宮城の現地取材の依頼を行ったところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  今の出てきた新聞社の中で、例えば埼玉新聞という話がありましたけれども、埼玉新聞というのは発行部数何部ぐらいかわかります。これ、物すごく少ないんです。河北新報とはちょっと比較にならないんです。神奈川新聞で20万部ぐらいだから。千葉日報というものもあるんだけれども、これもすごい少ないんです。
 つまり、その県だから、首都圏の県だからそこの地元紙といったって、その辺の人というのはほとんど地元紙というのは読んでいませんので、どうせおやりになるならば朝日新聞の東京本社とか読売新聞の東京本社の方がよほど効果があると思うんですけれども、その辺はどういう判断でそういうことになってしまったんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯観光交流課長  先ほどのお答えのとおり、読売新聞、毎日新聞、全国紙の川崎支局に訪問してお願いしたこともございましたが、実際キャンペーンを行います都市の新聞社を訪れましてお願いするということを私ども、一つは地元の方々によく見ていただくためには一番効果的かということで行っております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  いいです、それは、余りやってもしようがないから。
 ところで、私一昨年のこの委員会で当局がおつくりになったビジターズ産業振興プラン、この策定の中でアンケートを当局がおやりになったんです。このアンケートの結果のことも取り上げて質問させていただいたんですけれども、この首都圏で行ったアンケートで実は首都圏の人々の何と23%、4人に1人は実は仙台に一度も行ったことがない。新幹線で2時間もかからないところなのに一度も行ったことがないということが結論でしたと。これじゃやはりまずいんじゃないですかと、もっといろいろな積極的働きかけを、なかなか西日本、九州とかというと難しいけれども、少なくとも首都圏に対してはもっと積極的にやったらどうですかということを申し上げたと思うんですが、その後、ちょっと今のお話聞いていると何となく心もとない気もするんだけれども、どういう改善策を打たれたんでしょう。


-------------------------------------------------------------------------------

◯観光交流課長  巨大市場である首都圏は観光客を初めとする交流人口を増加させるための最も有望な対象地域と考えております。仙台に来ていただくためにはまず仙台の魅力を知っていただく必要がありますことから、従来の観光キャンペーンに加えまして、例えばNHK連続テレビ小説「天花」などの誘致でありますとか、あるいは観光ホームページのリニューアルでございますとか、新たな集客に結びつくビジネスの育成支援事業などを行いまして、仙台の認知度向上と魅力づくりに取り組んできたところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  申しわけないですけれども、その程度だとやはりなかなかつらいものがあるのかなという感じがします。
 それでは、ちょっと観光以外のことで伺いたいんですが、平成17年度本市として新規の就労者、要するに新しく仕事を求めている方々、求職者と言ったらいいのか、そういう方々に対して、その方々が新しい仕事につけるようにということでどういう支援策を講じてきたんでしょうか。そしてまた、その実績というのはどういうふうになっていますでしょう。


-------------------------------------------------------------------------------

◯地域産業支援課長  まず、平成17年度におけます市の新規就労者、求職者に対する支援策でございますが、面接実践講座や応募書類講座などを行う就職支援セミナーや専門の相談員によります職業や進路に関する個別相談のキャリアコンサルティングなどを行ったところでございます。
 次に、その実績でございますけれども、就職支援セミナーを30講座、キャリアコンサルティングを12回開催いたしまして、この全体の受講者の実数は308人となっております。また、これらの受講者の方々の就職状況についてアンケートを実施いたしましたが、その回答をいただいた126人のうちの35.6%、55人の方が就職をしているという状況にございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  ところで、その今おっしゃった行政として行ったいろいろな施策というのは、これは仙台市内の人々を対象としているものなのか、それとも仙台市の外から本市にある会社とか事業所とか、そういうところに就職しようというふうに考えている人たちも対象に入れているのか、どちらですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯地域産業支援課長  市で行っております就職支援セミナーなどの就職支援施策につきましては、原則的には市内の方々を対象としております。ただ、定員に余裕がある場合には市外の方々も受け入れてきているところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  実態として17年度はどうなりました。市外の方も何人か入っているんですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯地域産業支援課長  詳細にちょっと把握はしておりませんが、今年度もやっている中では市外の方が二、三人入っているという状況にはございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  同じく平成17年度に本市として新規の創業、いわゆる起業化といいますか、新しく業を起こす方々に対してどういう支援策を講じてこられて、そしてまたその実績はどういうふうになっているんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯地域産業支援課長  平成17年度における市の創業、起業に対する支援策といたしましては、創業資金の融資、インキュベーション施設の提供、創業者支援セミナー開催の3種類がございます。
 まず、創業しようとする方や創業1年以内の方を対象とする融資制度につきましては、昨年度新規で50件の利用があったところでございます。
 次に、アエルにあるインキュベーション施設、起業育成室とネストせんだいでございますが、こちらにおきましては廉価な賃料での提供、それから専門家によりますさまざまな指導助言等を行っておるところでございまして、現在起業育成室とネストせんだい合わせて10の企業が入居し、さらに四つの企業の入居が決定しているところでございます。
 次に、創業者支援セミナーにつきましては、入門編と起業に向けてより実践的な内容の開業編とを開催しているところでございまして、平成17年度の参加者は入門編が延べ118名、女性だけを対象とした入門セミナーが延べ138名、開業編が延べ54名となっているところでございます。なお、これらの受講者から10件が開業に至りまして、4件が開業準備にあるということを現時点で把握しているところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  これらの今いろいろ御説明のあった支援策というのは、これまた市内の方々を対象にしているのか、それとも市外から本市の中でいわゆる創業、起業をしようという方々も対象となっているのか、どちらですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯地域産業支援課長  これらの施策につきましては市域内の方を基本的な対象としておりますが、市外の方も利用可能でございます。例えば融資につきましては、事業計画で市内に事業所を設置するという内容であれば住所が市外の方も申し込みができます。また、起業育成室とネストせんだいも市外の企業も対象としてございまして、これまでにも市外からの入居実績が数社ございます。また、創業者支援セミナーにおきましても市外の方の受講例もあるところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  しかし、そうは言いながら基本的には先ほどお伺いをした就職支援についても、あるいはその創業の支援についても、原則は市内に重点を置いてと言うから、市内を基本にしながら余力や何かがあれば市外の人も場合によってはいいですよと、多分そういう位置づけでやってきたんだろうというふうに思うんです。
 ところで、平成17年度に本市としてかかわった企業の誘致、仙台市内への企業誘致です、あるいは企業立地、これらは何社あって、その結果として新規の雇用者はどの程度になったんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長  平成17年度における企業立地の件数及び新規雇用者人数でございますけれども、企業立地件数は助成金交付の指定ベースで29件で、それに伴う新規雇用数は783人となっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  その783人というのは、あくまで市内の人が雇用された数なのか、それとも市外から入ってきた人がその中で何割かいるのか、それはどうですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長  この783人はすべて市内で雇用された方でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  立地に伴って市外から新たに雇用された方というのは把握されていますか。それともわからないのでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長  企業立地に伴いまして市外から転入する人の数に関しまして、まとまったデータというのは申しわけございませんけれども私どもでは持っておりませんけれども、幾つかの誘致企業に伺いましたところ、操業開始時の社員数のうち8割を超える社員が市外からの異動者であるという企業もございます。その一方で、ほとんどが地元での雇用者で占められる予定の企業もあるなど、各企業の業務内容ですとか考え方によりまして人員確保の手法には差があるようでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  つまりなぜこれを聞いているかというと、企業を誘致し新規の企業が立地する、それはそれでもちろん結構ですし、そしてそれに伴って新しい雇用がふえる、これも結構です。ただ、その雇用の内訳、つまり市内にいる人が雇用されるというケースとこれを契機に仙台へ社会増として人口が流入するというケースと二通りあると思うんですが、そのどちらなのかなということについては当局としては余り把握することに対して関心はなかったということですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長  私どもの方では基本的に助成金を交付する関係で資料を企業の方からいただいておりまして、今、御質問にあったような趣旨の観点では、企業側には資料を求めておりません。その結果把握しておらないというような現状でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  次に、平成17年度に本市として新規の就農者、農業を始める人です、これに対する支援策としては市としてどういうような支援策をどの程度の予算をかけて行ってきたんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯農政企画課長  平成17年度における就農支援策といたしましては、仙台市が過去に出資いたしております財団法人みやぎ農業担い手基金からの就農に必要な資金融資制度を用意するとともに、仙台市単独の制度といたしまして農林漁業振興資金融資に係る利子補給予算1800万円の枠内で後継者育成を支援する制度を設けております。さらに、予算額313万円でパイプハウスの設置に対する助成事業を用意いたしたところでございます。こうした資金的な支援措置に加えまして、就農に関する各種制度の御紹介や情報提供など、就農相談の対応等行ってまいりました。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  今、御説明いただいた施策も市内の人々を対象にしたものなのか、それとも市外から本市の中で新たに農業を行おうという人々も対象にしているのか、どちらですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯農政企画課長  これらの支援制度につきましては、基本的に市内外の方々に御紹介をし、御相談をお受けしているところですけれども、仙台市の支援制度であります後継者育成資金及びパイプハウス設置の助成事業につきましては、申し込み時点で仙台市内に住所を有し、市内で農業を行う方が対象となります。また、就農研修資金等、みやぎ農業担い手基金によります支援につきましては仙台市を就農予定地とすることが要件となりまして、その申請時点での住所地は市内、市外を問わず支援の対象となっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  ところで、新しく平成17年度で新規の農業を始めた人の実績というのはどんなぐあいになっていますか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯農政企画課長  平成17年度仙台市内で新規就農された方は、仙台市内で4人となっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  過去5年間、新規に就農、農業を始めた方の宮城県内全体としての推移と、それから今お話がありましたが、その中で仙台市の分の推移はそれぞれどうなっていますか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯農政企画課長  新規就農者数の宮城県と仙台市の推移についてでございますけれども、新規学卒就農者、Uターン就農者、新規参入者を合わせまして、平成13年度では宮城県全体で82名に対しまして、うち仙台市4人。平成14年度で宮城県64人、うち仙台市4人。平成15年度宮城県74人、うち仙台市7人、平成16年度宮城県77人、うち仙台市5人。そして、平成17年度宮城県75人のうち仙台市4人となってございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  県内全体と比べても非常に少ないんですよね。人口比からするとえらく少ないわけです。4割以上の人口いるわけですから。農業の生産高もそう悪いわけじゃないんだけれども、すごく少ない。人口比と比べてこんなに低いというのは、どこに理由があるんでしょう。


-------------------------------------------------------------------------------

◯農政企画課長  ただいま申し上げました過去5年間の県全体の新規就農者数におけます仙台市の就農者の比率を見ますと6.5%となります。県内における仙台市の農業の状況を2005年センサスで比較してみますと、農家数で5.9%、農地面積で4.9%となっておりまして、その比率に近い数値になっております。しかしながら、新規就農者数も絶対数が少ないのは事実でございますので、支援制度のPRを進めつつ、就農しやすい環境づくりのために有効な施策の検討を行ってまいりたいと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  今まで実はいろいろるるお聞きをしてきたんですが、このるるお聞きをしてきたのはその後のことを実は申し上げたい、お聞きをしたかったからなんでございます。
 ところで、平成17年、本市の人口の社会増は何人だったんでしょう。


-------------------------------------------------------------------------------

◯企画市民局長  254名でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  ちょっと調べてみたら、平成14年から3年間社会減が続いておりました。社会減が3年間続いていたのが4年ぶりに増加に転じたということは、これはこれで喜ばしいことではありますけれども、100万都市の1年間の社会増がわずか254人というのは、これは一体どういうことなのかなと。極めて寂しい状態ですよね。自然増がなければもう大変なことになっているわけです。この理由は何なんですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯企画市民局長  要因はさまざまあろうかと思いますけれども、さらに若干詳細に見てみますと、やはり年齢的にいいますと15歳から19歳の若年人口の転入が減少傾向にあると。特に東北各県からの転入が減少しているというのが1点。それから、20代後半から30代を中心とした年齢層の方、これは逆に市外への転出、特に首都圏への転出の増加傾向が強まっているというようなことなどによるものというふうに考えてございます。
 平成17年におきまして社会減にストップがかかったわけでございますけれども、これはやはり新卒者の求人が回復傾向にあるなど、市外への転出者が減少したことが主因だろうというふうに考えているところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  端的に言えば首都圏に引きずられているわけですよね。社会減はどこに減っていっているかというと、首都圏に取られていっているわけです。それはもう支店経済の宿命といえば宿命なんですが、景気が低迷すれば支店を引き揚げる、営業所を引き揚げる、縮小する。そうすると、それこそ30代、40代、一番働き盛りの人が主として首都圏に戻っていってしまう。そのことによる社会減というのが一番大きな原因なんだろうと思うし、東北各地から集めるにしてもそれを埋めることができない、だからこういう結果になっているんじゃないのかなというふうに私は思います。
 ところで、経済局長、大変貴重な社会増のお一人なんですよね。200何十人しかいない社会増、100万人の中の200何十人しかいない1人だけれども、やはりせっかく来たんだから二、三年で帰ってしまったりしてまた社会減にならないように、どうでしょう、ずっと仙台にいるとかそういう決意はないですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯経済局長  委員御指摘のとおり、社会増、大変重要な課題でございます。特に仙台市は商業、サービス業中心でございますので、人口の維持、拡大というのは一つその経済の活力という意味でも非常に大事だというふうに思っております。私が何年こちらの方に働かせていただけますか、市議会議員の皆様方の御意見も踏まえ、市当局において御検討いただけるものというふうに考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  私は個人的にはずっといていただいたらいいんじゃないかなと思うんですけれども、ところで、現在全国の多くの自治体で外部からの転入、そして定住を促進するためにいろいろな優遇策、本当に涙ぐましいいろいろな施策を講じています。仙台市は100万都市、そして政令市ということもあって、これまでこういう施策は全く講じてきませんでした。
 例えば宮城県内でもよく話題になりますけれども、丸森町なんかはもう一生懸命とにかく人を寄せて定着してもらうために、それこそもういろいろなことをするわけです。丸森に限らない、いろいろなところでいろいろなことをしています。全国的にいっぱいいろいろなことをしていますけれども、本市としては他の自治体、特にそういう過疎の自治体が多いんでしょうけれども、他の自治体でやっているような優遇策について、やってこなかったのはいいとしても、どういう実態にあるのかという調査あるいはこっちもそろそろ考えなければならないのかなという検討、こういうことも全然していませんでしたか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯企画市民局長  他の自治体について改めて調査をしてというふうなことはこれまでございませんでしたし、また具体的なこのような施策についてこれまで検討したという経緯もございません。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  何か随分自信とゆとりがあってしなかったのかどうかわかりませんが、さっき言ったように100万都市で回復したといっても254人しか社会増がないという状況にいるわけですよね。本市としては、他の主として過疎の中小の自治体かもしれませんけれども、そこで行われているような外部から市外から転入を促す、定着を促す、そういうための施策はこれからも特に必要ないという認識なんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯企画市民局長  人口減少問題などさまざま本市の抱えておる問題に対しまして、特に都市の活力をどのようにして図っていくかという観点から、定住人口の確保というのは本市にとりまして大変大きな課題であるというふうに認識してございまして、これは都市ビジョンの検討の中でもどのようにして交流人口をふやすかと同時に、定住人口をふやしていくかということが大きな課題というふうになっているところでございます。
 本市と過疎の状況にある自治体の取り組みということはおのずから相違が生ずるところではございますけれども、市域外からどのような形で定住の方を呼び込んでくるかと、これは本市の都市活力を維持していく、あるいは東北の中枢都市として持続的に発展するためには大変重要な課題であるというふうに考えているところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  この問題は実は企画費とか市民費で質問すべき問題なんだろうというふうに思います。しかし決算の審査である以上、決算書どこを見ても今言ったようにそういう事業をしていませんから、決算の項目がないんです。
 一方で、じゃあ具体的に転入を促す、あるいは定住を促すときに何が必要かなと考えると、まず一つは観光の振興に一層力を入れて、とにかく仙台というものを見てもらう、知ってもらう。見たことないところに定着しませんから。見たことないまちにいくという人まずいないから。まず見てもらう。これすごく大事です。特に首都圏に対する働きかけは物すごく大事だと思います。それから、じゃあ実際に行ってそこに定住しようと思ったときにどういう仕事をするか、これすごく大事です。ですから、就職支援活動、これ市内の人中心と言わずに、仙台市内で就職してくれる人ならだれでもいいわけですから、首都圏からも東北各地からも北海道からもOKです。そういう施策も必要でしょう。創業することに対するバックアップも必要です。あるいは営農に対するバックアップだって必要なんです。それに市内と市外の差を設ける必要なんか私は全くないと思うんです。そういう発想に立ってやっていくべきではないのかなというふうに思います。
 そういう意味で、市長、やはり私はその都市の活力にとって人口の増加というのは不可欠の要素だと思います。人口減って活力があるというまち、ないですから。何だかんだ言ったってそういうまちないですから。ですから、そういう意味で私は長期的に見たときに本市としてもゆとりと自信という状態じゃなくなりつつあるわけですから、やはりこれまでのような単なるいわゆるシティセールスというものに加えて、市外からも本市への転入と、そして定住を促進していく施策を体系的に展開していくということが必要な時期に来ているんじゃないかなと思いますけれども、どういう御認識でしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯市長  お答えを申し上げます。
 委員からるる貴重な御示唆、御指摘を賜りましたが、私は委員と基本的にほぼ共通の問題意識を持っております。
 定住人口をふやしていくこと、言うまでもなく都市の発展にとっても、またそこに暮らす市民の幸せにとっても不可欠の要素であると思います。これはその定住人口が減っているたくさんの地方の市町村の状況を見れば反証的に明らかな経験則だと思います。
 そこで、いろいろなアプローチを現にとっておりますし、これからさらに強化していかなければならないわけでございますが、ずばり一番即効性のあるもの、これはいわば企業とか研究所の誘致でございます。近隣の市町村でいえば例えば岩手県の北上市における関東自動車の誘致、あるいは福島県の相馬市における石川島播磨重工業の誘致でございます。せんだって相馬野馬追の見学を機会に石川島播磨重工の相馬工場を見学してまいりましたけれども、これは東京都の田無にございましたジェットエンジンその他航空機部品の生産ラインを丸ごと相馬市郊外に移すというものでございます。まだ完全に移転は終わっておりませんけれども、そこの工場長さんその他に伺いましたところ、500人、最終的には1,000人の新規の雇用が生ずる。それは相馬市を含め地元の雇用拡大にも多大な貢献をすると同時に、生産ラインでありますから当然それまで田無の工場で生産ラインに携わっていた従業員の方、管理職の方を含めて多数工場長さん以下相馬に引っ越していらっしゃっております。このように最も即効性のある施策だと思いますし、仙台市も引き続き県と協力いたしましてこのような企業誘致あるいは研究所の誘致についていろいろな個別の、あるいは広範な働きかけを進めてまいりたいと思います。
 2番目は、むしろこちらがまた重要でございまして、結局のところ委員御指摘のとおり仙台をまず見てもらって、その上で気に入ってもらうというんですか、住むに値するまちだと認識をしてもらうことが重要であります。そのためにはまず第一に、結局のところ経済が活性化すること、結局回り回ってその目的を達成するためにまず経済を活性化することという、鶏と卵的な議論になるわけですが、まず経済を活性化して雇用の場を確保すること、これが当然のことでございます。そのためにいろいろな努力を払っていくこと。
 住みよいまちであるためには当然安全・安心が確保されなければなりませんし、子女の教育の水準も高くなければならない、当然福祉の水準もできるだけ高くなければならないし、文化、スポーツ、芸術といった人生における重要なもろもろの価値も持たなければいけない。結局のところ、仙台市のさまざまな分野における政策においてどれだけの成果をきちっと出せるかということが仙台市の魅力を高めることになるということでございます。決してこれは堂々めぐりということではなくて、それぞれの政策をきちっと成果を出していくことが仙台市に住むことの動機づけの形成に間違いなくつながるということでございます。
 1例だけ挙げさせていただきますと、やはり教育については甚だ不十分な状況にあると言わざるを得ないと考えております。具体的にある方が転勤なり転職で仙台にいらっしゃっても、子供さんの教育については仙台では残念ながら仙台で教育を受けさせることは親御さんの判断としてはそうしたくないと言って、結局御本人だけいらっしゃって、その奥様とお子さんが引き続き前の住居地にいらっしゃるというケースも散見しております。やはり、子供さんの教育環境あるいは学力の向上といったものが非常に重要であるということでございます。
 福祉につきましても、市長への手紙その他いろいろな御意見を拝見していますと、転勤で仙台にいらっしゃっている方が、それまで住んでおられた自治体に比べ、ある特定の分野において水準が下がるということがままございます。これはそれぞれの施策ごとにそれぞれの判断をしていく必要がございますけれども、いずれにしても全体として、例えば子育てをしやすい環境ですとか高齢者の方々にとってできるだけ福祉の水準を上げていくこと。それにつけても、こういった施策を充実するためには結局のところ経済を活性化して税収をふやしていかなければならない、こういうことになるわけでありまして、いずれにしろ各般の政策ごとに、あるいは全体として、あるきちっとした戦略をもって委員御指摘のようにいろいろな施策を進めていきたいと思っておりますので、当面都市ビジョンの検討において、いろいろ委員の皆様に御検討をいただいておりますが、ある明確な方向あるいは戦略を都市ビジョンにおいて打ち出していきたいというふうには考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯木村勝好委員  聞くところによると、石原東京都知事はもっともっと東京を活性化しなければいけないんだということを言っているそうであります。客観的に見ると東京1人勝ちのように見えるんですが、それでなおかつそういうふうに言っている。その東京都に負けないように、ぜひ頑張っていただきたいと思います。終わります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  以上で、平成17年度仙台市一般会計歳入歳出決算中、歳出第6款経済費外に対する質疑は、総括質疑を除き終了いたしました。
 答弁者入れかえのため少々お待ち願います。
              〔答弁者入れかえ〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  ここで、副委員長と交代いたします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長  委員長と交代いたします。
 次に、平成17年度仙台市一般会計歳入歳出決算中、歳出第7款土木費、第11款災害復旧費外についてであります。
 社民党仙台市議団から発言予定の方は、質疑席にお着き願います。
     〔石川建治委員、小山勇朗委員、斉藤重光委員、質疑席に着席〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  発言を願います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  私の方からはオムニバスタウン計画推進事業、3億385万2000円について質疑をさせていただきたいと思います。
 毎年この問題については毎年の決算で取り上げさせていただいておりますけれども、この事業平成13年度にスタートいたしまして、決算年度の平成17年度が5年目の最終年度ということになります。そういう意味では、最終年度の事業を含めてこの事業の検証を行っていきたいというふうに思っております。そして、その成果と課題を探っていくということになりますが、これは非常に現在進めておりますアクセス30分構想を今後より一層進めるためにも非常に重要なポイントを示しているのかなというふうに思いますので、そういう立場で幾つかお伺いをいたしたいと思います。
 初めに当該年度、平成17年度の事業概要についてお示しをいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯公共交通推進課長  事業概要でございます。
 バスの利便性向上を図るため、バス事業者に対して国と協調して補助を実施してきたものでございまして、主なものといたしましてはバスの現在位置を携帯電話等で確認できるバスロケーションシステムの導入、超低床バス17両、超低床低公害バス4両の導入でございます。加えて、上屋やベンチなど快適なバス待ち空間の整備が12カ所、並びにバスの行き先を見やすく表示するデジタル行き先表示機を70両分導入したものでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  ノンステップバスとかそういったものについては計画的に毎年年度ごとに順調に購入をしてきたんだろうというふうに思います。また、その5年間という事業ですけれども、おおむね前半、約4年間は大体準備期間として作業を行われたのかなというふうに思っておりまして、当該年度にPTPS、公共車両の優先システムが稼動すると、それから平成17年度準備をして平成18年度、新年度にバスロケーションシステムが稼動しているということになるんだろうというふうに思います。
 そういう意味では、この5年間計画どおり順調に進んできたんだろうというふうに思いますけれども、5年間の中で計画どおりできなかった事業もあると思いますけれどもそれは何か、それからその理由についてお聞かせください。


-------------------------------------------------------------------------------

◯公共交通推進課長  本計画は平成13年度から平成17年度までを計画期間として、委員御指摘のとおり、国と県が協調で補助を行いバス事業者が実施する事業についてはおおむね計画どおり完了しております。
 計画期間内に完了しなかった事業としましては、駅前広場や駅結節道路などの交通施設整備に関しまして、南仙台駅駅前広場、東口となりますけれども、それに接続する都市計画道路南仙台駅四郎丸線の完了予定が平成18年度となるなど、一部完了がおくれているものがございます。また、バス専用レーンの検討などについては、検討は行ったものの導入には至らなかったものがございます。
 その理由といたしましては、駅結節道路などにつきましては関係機関との協議、用地交渉に時間を要したことなど、加えましてバス専用レーンの検討については一般車両への影響に対する関係機関との合意形成までは至らなかったことなどでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  その駅広整備とか結節道路の整備ということは、5年間過ぎましたけれども平成18年度以降も整備をしていくんだろうというふうに思います。また、バスの専用レーンです、非常にバスの速達性、定時性を確保するという意味では非常に有効な施策だと思います。残念ながらこの5年間の中でできませんでしたけれども、いずれこのことについても何とか工夫を凝らしていただいて、その拡充をぜひやっていただくように、まずはこれは求めておきたいというふうに思います。
 それで、この事業なんですけれども、5年間30億円を超える事業ですが、この事業を進めていくに当たって関係機関や団体で構成するオムニバスタウン計画策定協議会というものが中心になって策定いたしたと思いますけれども、その後の事業の進行管理についてどのようにしてきたのか、このことについて御答弁をお願いします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯公共交通推進課長  計画期間中におきます事業の進行管理につきましては、年1ないし2回バス事業者を含みます関係機関、団体等で構成されました公共交通利用促進検討会において行ってまいりました。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  その中で毎年の進行状況について把握をし、検証もまたしてきたのかなというふうに思います。これについて後でまたお伺いしますが、そういう組織で管理をしてやってきたということでございます。
 次に、施策ごとに具体に伺っていきたいと思います。
 1点目はバス交通の円滑化のための交通施設等の整備、改善ということです。これは先ほど触れられましたけれども、駅広や結節道路、パーク・アンド・ライドなどを含めていると思います。それから、バスの走行環境の改善ということが図られたのかどうかということだろうと思うんです。これについてはPTPSや、あるいはバスレーンのカラー舗装などでされてきたと思いますが、このことがどの程度の効果があったのか、その点についてお伺いいたします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯公共交通推進課長  バス交通の円滑化のための交通施設等の整備の主なものといたしましては、駅前広場等の整備が7カ所、駅結節道路の整備が6路線、中山地区におきますパーク・アンド・バスライド、これらを実施いたしまして公共交通相互の連携とバスの利用促進が図られました。
 次に、バス走行環境の改善の主なものといたしましては、県道仙台泉線、国道48号線の2.6キロメートルの区間におきます公共車両優先システム、PTPSの導入、バスレーンのカラー舗装化を2路線実施しております。効果につきましては、PTPS導入区間におきましては平均13%程度の所要時間が短縮されており、バスの走行性向上が図られたところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  このバスの短縮、これまで10%程度というふうに聞いておりましたが、13%というのは稼動してから最近上がってきているのかということなのかなというふうに思っておりますが。
 次に2点目です。利用者の利便性については向上したのかどうかということです。これについてはバス停の上屋の整備あるいは100円パッ区とか、先ほども出ましたけれども環境や人にやさしいバスの購入などありますけれども、この点についてはどのように受けとめているでしょうか、お伺いします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯公共交通推進課長  バスの利便性向上等、向上策の主なものといたしましては、上屋、ベンチなど快適なバス待ち空間の整備が90カ所、超低床及び低公害車両の導入が83両、バスロケーションシステムの導入、都心部におけます100円パッ区の導入を実施しております。
 これらの取り組みによる効果については、今年度その総括を行う予定となっておりますが、バス待ち空間の整備や超低床車両導入によりまして、利用される方からは乗りやすくなったなどの声も聞いており、快適な空間の提供につながったものと受けとめております。
 また、バスロケーションシステムについてはアクセス件数が、平日の平均でございますけれども、約1万3000件ございます。100円パッ区におきましては、実施前と比較し利用者が約1.6倍の伸びとなっているなど、おのおのの施策がバスの利便性向上に寄与しているものと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  3点目について伺います。
 こうした事業というのはもちろん市民の理解と協力がなければ進みません。当然に市民の足として市民生活に根づかせるために当局として市民に対するPRとか利用促進の働きかけも行ってきたというふうに思いますけれども、その取り組みについてお伺いいたします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯公共交通推進課長  本計画オムニバスタウン計画、あと関連する施策でございますパーク・アンド・ライドや時差通勤通学等のパンフレットを作成しまして市民に配布するとともに、市政だより、テレビ、ラジオ、ホームページなど、仙台市の広報媒体等によりまして広く公共交通の利用促進に向けた広報活動を行ってまいりました。
 また、宮城バス祭りにおきましては、今年度におきましてバスの絵のコンテストやNPOとの協働によります100円パッ区内の使ったポイントラリーの実施など、バスロケーションシステム、どこバス仙台の体験コーナー等を設けたり、子供を含めた幅広い年齢層に対しまして、バスに親しみ、利用促進につながるイベントを実施してきております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  今、3点について伺ってまいりました。これはオムニバスタウンを推進する際に基本としてこういったことを目指そうという目標に沿って今3点聞いたわけです。
 そういう意味では、利用促進が図られてきたという答弁もありましたけれども、非常に成果も大きかったのかなというふうに思いますが、こういった各種施策を進めてくる際に、単に一つ一つがばらばらで進められては決してうまくいくものではないだろうというふうに私は思っているんです。そういった面では、いろいろな施策の組み合わせによって相乗効果があって初めて効果を発揮できるということだったんだろうというふうに思います。
 一番大切なのは、こういった事業をした際に最も求められるべきは利用客がふえたのかどうかということだろうと思います。したがって、この事業が導入される前と、そして導入されて以降、当該年度、平成17年度までの利用客の推移についてお示しをいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯公共交通推進課長  導入前、平成12年度になりますけれども、平成12年度におきますバス利用者数は6789万6000人でございました。平成17年度には5929万9000人と減少しております。ただし、導入前後では毎年4%ずつ減少が続いておりましたが、平成15年度以降3年間の各年度の減少率は15年度3.2%、16年度1.3%、17年度におきましては0.7%となっております。利用者数の減少傾向は続いていますものの、減少に鈍化の傾向が見受けられるところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  平成15年度が3.2%から平成17年度が0.7%まで、いわば減少はしているけれども、その減少傾向には歯どめがかかったといいますか、鈍化傾向が見られるということだろうというふうに思います。
 私は交通局の方をちょっと調べさせていただきまして、見ました。100円パッ区の利用者も、その期間なんですが、実施前が利用客が1日当たり2,443人が、平成17年度に4,000人を超えております。4,041人。順調に100円パッ区というのはふえているんですが、もちろんこれが100円ですからなかなか収益の増ということにはなりませんけれども、しかし乗り合いの乗車料収入についての推移を見ましたら同様の傾向を示しているんです。そういった面では確かに乗客が逆転してふえたということではないにしても、間違いなく今回の事業の成果があったんだろうというふうに思います。
 私はそのように判断していいのだろうというふうに思っておりますが、何か先ほど来から答弁を聞いておりましたり、あるいは打ち合わせなどをしておりますと、なかなかそういった下げどまりの傾向にあると、もしかしたら利用客が増加に転じる可能性も今回の5年間の取り組みの中で示しているんじゃないかというふうに私なんかは思うんですが、大いに評価していいと思うんです。そのことについて、どうなんですか、局長。どのように御認識されていますか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯都市整備局長  バス利用者数の減少につきましては自動車保有台数の増加ですとか、あるいは女性、高齢者の免許保有者の増加、さらには少子化による通学者の減少などさまざまな要因が考えられるところでございますけれども、今、委員からいろいろとお話ございましたけれども、見きわめは必要でありますけれども、減少傾向の鈍化につきましては私どもも大変喜ばしいことというふうに受けとめております。今後ともバス事業者と一丸になった多様な利便性向上策の取り組みの効果が出ているんではないかなというふうには考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  私、毎年仙台市の総合交通政策について取り上げておりまして、バスや地下鉄を軸とした公共交通でやっていこうというのは非常にいい取り組みだろうというふうに思っているんです。今、局長がおっしゃったように、非常に環境的には厳しい、なかなか利用していただけないという非常に厳しい条件にあると思います。
 ただ、調べましたら、このオムニバスタウン事業というのは全国で12市やっているんです。政令市で取り組んでいるのは、仙台市を除けばこの間政令市になった静岡ですか、政令指定都市では仙台が初めてということになります。それで、それぞれの状況を調べましたら、まだ総括として出されているところは余りないんですけれども、しかし盛岡市のゾーンバスが非常に大きな成果を上げているということが出ておりました。利用客が4%増加をしたというふうな統計が出ております。それから、静岡市も効果がありまして、平成14年度に下げどまりの傾向が見え始めて、平成15年度には一転して利用者がわずかながら増加に転じたというふうに数字を出しております。
 仙台市と静岡や盛岡というのは同じ条件ではないんです。仙台市は地下鉄も抱え、そしてまたJRも複数線持っているわけです。そういった面ではバス単独でバスがいわば基幹交通になっているところとはまた比較にならないとは思うんですけれども、しかしそういうある意味ライバルになる交通を抱えながらの仙台市でそれぐらいの数字を出しているという意味では、大いに自信を持って今後進めていただきたいなというふうに思っております。
 それぞれこれまで事業について伺ってまいりましたけれども、オムニバスタウン計画が17年度で終了するということになりますけれども、その後はどうなるのかということが気になるところでございまして、もちろんアクセス30分構想の中で引き続き取り組まれていくんだろうというふうに思いますけれども、その辺の考え方についてお伺いいたします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯公共交通推進課長  オムニバスタウン計画におきまして国から重点的な財政支援措置が受けられる期間は、委員おっしゃるとおり平成17年度までとなっておりますけれども、バスのバリアフリー化、低公害化などを促進するために、今年度につきましても国と協調し、バス事業者に対して補助を行っているところでございます。
 今後アクセス30分構想推進計画に基づきまして、鉄道へ結節するバス路線の検討やバスレーンの拡充等の検討など、バス利用促進の強化を図るための取り組みを継続して行ってまいります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  今、課長の方から出なかったんですけれども、ぜひ今おっしゃったもの、これからも継続してぜひ進めていただきたいと思います。聞くところによりますと、これは環境省なんですか、国土交通省なんですか、環境的に持続可能な交通モデル事業ESTというモデル事業を実は国でやっておりまして、これはCO2の削減を交通のところでやっていこうという事業のようなんですが、これが実は平成17年度から平成19年度までの3年間。これにも何か仙台市は手を挙げて今モデル事業で、いわば並行して同様のものを進めているということでございますけれども、こういった取り組みなども積極的に活用していただいて、市民の皆さんにもっと大いにアピールをしてこういったものを今後も取り組んでいくんだと、ぜひ利用してほしいということを訴えていただければなというふうに思っております。
 そういうことを踏まえて、今後のことなんですが、バスの利用、公共交通をもっともっと市民に利用してもらうということなんですが、しかし現状はマイカーがふえ続けていると、なかなかバスなどに移っていかないという現状があります。自家用車を全く否定するということには今の社会の中では考えられませんので、ただ市民の皆さんにはぜひとも自家用車と公共交通の使い分けをうまくやってほしいということをアピールしなくてはならないと思うんです。そういう市民をふやすことが今後の環境都市仙台の基盤になっていくんだろうというふうに思うんですが、その自家用車と公共交通をうまく使い分ける市民を育成していくためにどのような取り組みをしようとされているのか、この点についてお伺いします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯公共交通推進課長  公共交通を積極的に市民に使っていただくためには、やはり利便性の向上が必要と考えております。そのためにはさまざまな交通施設の整備に加えまして、交通相互の乗りかえのしやすさやバスの乗降時間の短縮を図るIC乗車券の導入など、ソフト施策の検討を進めていきたいと考えております。
 また、自動車と公共交通の適切な利用の促進につきましては、現在私どもの方で行っております小学生を対象としたバス乗車体験の継続的な実施に加えまして、今後は交通行動の固定していない転入者を対象として公共交通の路線図、時刻表などの情報提供を実施するなど、自動車から公共交通利用への転換を促す取り組みを広く市民、企業と進めてまいりたいと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯石川建治委員  ぜひ積極的にそういった施策を進めていただいて、バスの復権をお願いしたいなというふうに思っております。アクセス30分構想のバス部門における取り組みは今回のこのオムニバスタウン計画であっただろうというふうに思いますし、それが一定程度の成果を上げることができたということでございます。まさに今後が大事だろうというふうに思います。これからの都市に欠くことのできないこのバスですけれども、単なる移動の道具ということではなくて、まさにこれまで言われ続けておりましたけれども、バスというものは教育を支え、そしてまた福祉や医療を支え、さらには経済を支え、地域を支えるという、まさに市民生活全体を支えてきたものだというふうに思うんです。そういった面では、これまで仙台市が厳しい中でもあらゆる市民の移動する権利、交通権をしっかり守ってきたという立場もありますから、そういった立場で積極的に進めていただきたいというふうに思います。
 最後に2点について局長の決意を伺いたいと思いますが、一つはオムニバスタウン事業、先ほど策定協議会の方で、今後、今年度総括を深めていくという話がありました。これ協議会じゃないのかな。そちらで総括を深めていくということがありました。しっかりこれは検証をしていただきたい、このことが大切だろうというふうに思いますので、それについて1点決意をいただきたいのと、また今後のバスを中心とした公共交通のあり方、今後のアクセス30分構想の実現に向けた御決意をいただきたいというふうに思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯都市整備局長  オムニバスタウン計画につきましては、国の重点的な財政支援措置というのは昨年度で終了しておるわけでございますけれども、こういった施策の取り組みがどうだったのかということをしっかりと総括する、そのことがその後の展開に大いに役立つはずでございますので、今年度その総括を徹底的にやるということにしておりますので、まずその点につきましては一生懸命取り組んでまいりたいと思います。
 バスの走行改善とか、あるいは快適で利便性の高いバスとすることについての取り組みについては、本市が現在取り組んでおります公共交通を中心とした利便性の高い公共交通の構築ということと一致するわけでございまして、本市といたしましても非常に重要な政策であるというふうに認識いたしております。市民の方々への自動車の使い分けを促すようなPR等もしながら、同様の施策を今後とも一層強力に推進することで、バスの利便性促進に努めてまいりたいというふうに考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  発言を願います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  私の方からは自転車等駐車場整備についてお伺いをさせていただきたいと思います。
 この自転車駐輪場といいますか、こういった施設の始まりというのは、昭和51年に南仙台駅の東側に設置をしたのが始まりのようであります。その後、年に1ないし2カ所程度整備をされ、昭和62年の3月に自転車等放置防止条例、さらには付置義務条例などが制定をされたところでありますけれども、この年には地下鉄の駅なども含めて12カ所の整備を行ってきております。現在では41施設、5カ所の暫定施設などで運営されておりますけれども、これまでのこの施設整備総額というのは99億8500万というふうに、まさに100億円というふうな状況に施設整備費だけでもかかっているわけであります。
 一方、この業務委託費などを見ますと、年間、平成15年度で3億5000万円、平成16年度で3億6000万円、平成17年度で3億7000余万円というような状況になっておりますし、このほかにも運営費として場内清掃や保守点検などを含めて年間4億円余税金を投入しているというふうな状況でありますから、そういった意味ではこれまでに約100億円をもって施設整備を行い、その運営なりに当たる業務委託なり運営費というものが年間7億円余経費を投入しているというのが現状のこの自転車等駐車場にかかわる税金の投入だというふうに思います。
 このような状況で今日までつくってきたわけですけれども、これまでの施設整備あるいは業務委託などを含めて、当局としてまずどのような考え方に立っているのかお伺いしておきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路部長  これまで行ってまいりました放置自転車対策についてでございますけれども、仙台市におきましては昭和50年代以降、自転車利用者の増大などによりまして都心部や駅周辺に放置される自転車、バイクの台数が急激に増加してまいりまして、大きな社会問題となってまいりました。
 この問題に対処するために、委員のお話の中にもございましたように、昭和62年に自転車等放置防止条例並びに自転車等駐車場条例、こういうものを制定いたしまして路上放置自転車、バイクの撤去や公共駐車場の整備など、路上放置対策に取り組んでまいったところでございます。
 このような取り組みの結果、平成2年度におきまして市内に1万7000台放置自転車がございましたけれども、年々これが減少してまいりまして、昨年度におきましては約5,300台まで減ってきたというようなことで、放置自転車の削減効果が相当あったというふうに考えているところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  中でも過去3年間の状況を見ましても撤去、保管、そしてまた返還に要している経費というのは毎年1億円を超して、平成15年度で1億2000万円、平成16年度で1億1500万円、平成17年度で1億1100万円というふうな金がかかっているわけであります。そういう意味では撤去して保管をして返還されない台数の推移、そして最終的に返還されなかった自転車の処分の具体的内容についてお示しをいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路管理課長  平成15年度から平成17年度までの3カ年間で返還されなかった自転車、バイクの台数についてでございますが、自転車、バイク合わせまして平成15年度は1万1976台、平成16年度は1万1173台、平成17年度は1万2403台が返還されない状況となっております。
 次に処分についてでございますが、保管後引き取り手のない自転車等のうち、程度のよい一部の自転車については市内の自転車小売商団体に譲渡しまして、修理、点検後区民祭りでの販売や留学生への販売を行い、リサイクルに回しておりますが、それ以外の自転車はスクラップとして売り払っております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  平成15年度から見ただけでも1万1000台を超す自転車が返還されないで処分をされているという、小売店に若干リサイクルとしておろされている部分があるにしても、放置した自転車が撤収されて保管されて、2,000円払って取りに行くという人が相当数いないと。それは自転車が安いせいもあるかというふうに思いますけれども、そういう意味では幾ら駐輪場をつくっても金を出してとめてというふうなところまで結びついていないのが現状だというふうに思うんです。施設つくったからここに入れろというふうに言っても、自転車を利用している方からすればなかなかそれに従う部分が少ないというのが現状だというふうに思いますので、経費の面なり、あるいはこういった返還されない台数、そしてまた現状でも放置自転車が後を絶たない、こういった状況について考えた場合、当局として費用対効果というものをどのように見ているのか、そしてまた今後に生かすためにどのような総括をされているのかお答えをいただきたいというふうに思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路部長  費用対効果についてでございますけれども、放置自転車対策におきます費用対効果は明確に示す算定方法というものはございませんけれども、これまで市内には46カ所、自転車、バイク合わせまして2万5000台分の駐輪場を整備してまいりました。また、自転車等放置防止条例の規定に基づきまして撤去を行っていることによりまして、先ほどの答弁と重なってしまいますけれども、平成2年度に1万7000台放置自転車がございましたんですけれども、平成17年度には約5,300台まで減ってきているということで効果があったというふうに認識してございます。
 しかしながら、特に都心部におきましては依然として相当数の放置自転車が見受けられるというような状況でございます。放置自転車の撤去や保管にも相当の費用を要しておりますことから、その対策につきましてはさまざまな努力、工夫を重ねながら、いろいろなことを試みながら対処していかなければならないと考えてございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  確かに放置自転車や放置バイクをなくすためにさまざまな工夫なり努力をされてきたことは認めるわけでありますけれども、先ほど来当局もお話ししていますし、私の方からもお話ししましたように、この市の中心部見ただけでも放置自転車やバイクというものは後を絶っていない。そして1億1000万円以上毎年かけながら撤収なり保管なり返還の作業をやらざるを得ない。何でそういうふうになっているのかということを、原因というものをきちっとつかんでいかなければならないというふうに思うんです。
 国分町なり、あるいはタワービルの後ろを見ただけでも、例えばタワービルの西側の歩道なんていうのは、人一人が斜めになって歩かないと歩けないように、歩道に両側から自転車をとめていますし、あるいは勾当台にとめてくださいという看板がある前にとめたうえで、それで勾当台まで入ってとめる人はほとんどいないというふうな現状なわけですから、そういう意味では自転車を利用する人たちの理解を得るためにどうするのかということも非常に重要なポイントだというふうに思うし、当局としてはどのような原因によって市民の理解を得られないままに来ているのかということをどう判断しているのか、お答えをいただきたい。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路管理課長  放置自転車等が減らない原因といたしましては、駐輪場の不足や自転車利用者の駐輪に対するルールの違反、それからマナーの欠如が主な原因と考えております。
 これらを解決するために、今後の駐輪場を整備をするとともに、国などの関係機関や都心部の商店街と連携して新たな放置自転車の削減に向けた組織の設置やキャンペーンなど、さまざまな取り組みを進め、市民の理解を得てまいりたいと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  今、駐輪場の不足というふうな話も出ていますけれども、本会議の中で市長も今度国分町の公園の方に自転車対策として地下駐輪場を建設したいというふうなお話もされておりますけれども、これまでの30年間にわたる施設整備や業務委託などによっての撤収など、これらを見ても放置される状況というのは全く改善をされないままに来ているのが現状だというふうに思うんです。市長が言ったその公園の地下に駐輪場設置をするというふうな内容がマスコミで報道されたときに、約6億円かかるという報道もされているわけです。市長としては6億円かけてもそこに駐輪場を設置をしなければならないという考え方にまず立っているのかどうか、お答えをいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯市長  お答えいたします。
 それだけの投資をする価値が十分にあるものと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  私からすればそれだけの価値はないというふうに思いますし、市長が市長になって1年余なりますけれども、これまで市長がやってきている予算の削減などというのはまさに弱い部分というものをどんどん切ってきている。こういった駐輪場のように、例えば今まで100億円以上もかけても、あるいは年間7億有余をかけながらも、それがほとんど改善をされない、放置自転車は直らない、こういう状況に対して再度また国分町の公園の地下に6億円をかけてやるということ自体が大変な問題だというふうに思うんです。公園内にどのようにして設置をする考えなのか、その辺お答えいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯建設局長  現在私の方が考えております元鍛冶町公園への駐輪場の設置でございますけれども、これは国分町地区において夜間約2,000台の放置自転車が常時ございます。これらを解決するために、地元からも強い要望がございまして、本市といたしましても安全・安心のまちづくりという観点から、これは緊急な課題だというふうに認識をいたしたところでございます。
 その認識に立ちまして、私どもさまざまな駐輪に関する検討を加えてまいりました。路上の駐輪や民間駐車場を借り上げてそこに駐輪場を設置するなどの方法を考えて検討いたしましたが、その検討過程の中で解決できる問題と、それをすることによって新たに生ずる問題、それらが明らかになってまいりまして、その結果といたしまして今回、元鍛冶町公園の再整備に合わせまして、国の補助も導入することにより地下に機械式の駐輪場約1,000台分をつくってまいろうということに決断いたしたところでございます。
 また、そのつくる方法でございますけれども、これは公園の地下部分を占用するという形でございまして、出入り口につきましては地上に出てまいりますが、主な占用部分は地下でございます。これは都市公園法で管理する公園の中になりますが、重要な都市施設として都市計画に定めることによりましてその辺の法的な手順はクリアできるというふうに考えて、今回、元鍛冶町公園に1,000台の規模の駐輪場を建設したいということでお話を申し上げた次第でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  これまで地下駐輪場なり、あるいは駅周辺含めていろいろ駐輪場をつくってきて、実際に歩いてみて、あそこに例えば夕方5時なり6時ごろ行って見ても、公園内に10台例えば自転車とバイクがとまっていた。じゃあそのあたりどうなっているのかなということで全部歩いてみたら、十字路十字路で皆自転車が二、三十台ずつとまっているわけです。角、角に。そういうもの、あるいはタワービルの後ろを見たって大変な状況です。近くに駐輪場あったって。あそこに6億円もかけてやったって、それはそこにとめないで、やはり自転車というのは一番自分たちの勤め先の戸口まで持っていって、そこにとめるようになるんです。そういうふうな状況をやはり考えて判断をすべきだというふうに思うし、今、都市計画審議会の方にかけて、それでやるというふうな話ですけれども、この地下駐輪機というのは駐輪機だけで6億円なんですか、それとも建設費含めて6億円なのか、まずお答えいただければ。


-------------------------------------------------------------------------------

◯建設局長  まず費用の方からお答えさせていただきたいと思いますが、地下に入れる機械式のユニット、それからそれを地下に入れ込む工事費、それと地上に出てくる上屋部分、すべて含んで現在のところ概算で6億円程度というふうに見込んでおります。
 それから、身近なところに設置すべき駐輪場というお話ございましたが、これは確かに委員御指摘のとおり、一番利用しやすいのは目的に最短距離にあるところで駐輪場を設置するというのが一番有効な方法だとは存じますけれども、先ほど申し上げましたような種々の事情がありまして、今回は元鍛冶町公園ということにいたしまして、これつくった後に使ってもらえないというのが一番困ることでございますから、当然今回も地元の方々の声もかなりございますので、私ども地元の方々とどういうふうに使っていただけるか、どういうふうに誘導していくかということについては真剣にお話し合いをさせていただいて、地元の方々のお力もいただいて有効利用していきたいと思っています。特にこの地区の放置自転車につきましては、国分町で働いている方々が比較的多く駐輪いたしますものですから、それらの方々を町内の方々と一緒にこちらへ誘導する施策を真剣に考えてまいりたいと思っております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  確かに今、後の方で言ったように6億円もかけて使われないことが一番心配だというふうに言っていましたけれども、全くそのとおりだというふうに思うんです。今まで100億円かけたって、利用されないで放置自転車をされたままなんです。そういうふうな金をかけるのが先じゃなくて、どうやったら駐輪なりをしてもらえるかということをまず考えなければならないです。
 そういう意味では平成17年の4月に法改正になった、例えば路上駐輪あるいは歩道駐輪、これはもう法的にやっていいことになったわけですから、まず国分町なら国分町の一方通行になっている部分でラックをどの程度の角度で曲げて、そして車両の通行にどれぐらい影響がないか、そういうところをきちっと判断をしながらそういうラックの取りつけをまず試行的にやっていくとか、あるいは二番丁の歩道なら歩道、そういうところにラックをつけて駐輪をするというふうなものをまずもってやって、その上で地下に入れるよりもこっちの方がもうどんどんやはり駐輪して、撤収なり保管する必要もほとんどなくなってきたなと思うような状況になれば、そういう方法がよりベターなわけだから、そういうものをどう判断するかというのはそれからでも遅くないんじゃないですか。まず建設ありきでそれを6億円もかけてやるんじゃなくて。それが仙台市民にとってどれだけ税金の、まさに費用対効果の部分からいえば都市計画道路とか、あるいはいろいろな使い道がほかにまだまだ市民全体が潤う使い方があると思うんです。今までかけただけでも大変なのに、この自転車対策だけで毎年7億有余もかかっているんだから。このことをやはりもう一度きちっと考えてやらなければ、真っ先に都市計画審議会の中で公園に駐輪場つくってもいいような形に認めさせてまでやる必要が本当にあるのかないのかということです。そのことをやはりもう一度考えなければならないと思うんです。その辺、市長どうですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯建設局長  まず前段の路上駐輪についてお答えをさせていただきたいと思いますが、委員御指摘のとおり道路法の改正によって路上駐輪が行えるようになりました。私どもも路上駐輪については検討を加えておりまして、今年度において、一部試行的な意味合いがございますけれども、駅前地区と勾当台地区において1カ所ずつ路上駐輪の駐輪場をつくってまいります。ただ、国分町地区でございますが、大体国分町地区内の道路幅員は6メートルの道路が多うございまして、そこに路上駐輪場をつくるということになりますと、道路幅員の問題、歩行者と自動車の通行の安全を確保するという視点、それからその道路に接して店舗や飲食店の出入り口が連続的に連なっているという点などによって、非常に設置可能な場所が限定されてまいります。それともう一つは、そのような密集しているところといいますか、狭い幅員のところで路上駐輪場をつくったときに、火災等の災害が起きたときに消火活動の障害になるおそれがあるんではないかということもございまして、私どもとしては狭い道路の空間においては慎重にならざるを得ないというふうなところでございます。
 それから、6億円の駐輪場の建設ありきの問題ではないかという御指摘ではございますけれども、現在都心部を見渡したときに、国分町等については2,000台の放置自転車があると、それからこれからやはり都心部において都市の活性化を図っていかなければいけない、そのためには安全・安心のまちづくりを進めていかなければいけないという観点からいきますと、6億円という投資ではございますが、今回の公園内の駐輪場の建設を進めていきたいという判断をいたした次第でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  いや、今6メートル道路で、そして歩行者なり、あるいは車の話をされました。仙台市道は最低4メートルということで、ほかにまだまだ狭い道路で防御困難地域だってあるわけですから、そういうものを一切手をつけずに、ある程度の形で努力している部分はありますけれども、そういうところはそのまま置いておいて、国分町の6メートル道路に自転車を斜めにまずとめられる場所にラックを設置をしてまずやってみるべきだろうと言っているんです。
 実際に公園に行ったときに周り全部、国分町と元鍛冶町なんかも歩いて実際に見てきたら、今でも20台、30台とまっているんです。そうやって人も車もみんなちゃんと歩いているんです。そういうふうなものを考えれば、あの交差点の角のところにごたごたと放置したような自転車の状態をまずなくすという意味から見ても、そういうラックをきちっとして自転車が整理整とんされるような、そういうラックの設置の仕方をすればいいわけです。
 だから、私が言っているのはそういうものをまずやってから判断してくれと言っているんです。だから、あそこの公園に例えば地下駐輪場をつくったって、じゃあ管理人はどうなんですか。オートバイはどうなんですか。そこを含めてもう1回お答えください。


-------------------------------------------------------------------------------

◯建設局長  今回予定をいたしております駐輪場につきましては、確かに委員御指摘のようにオートバイの利用はできません。今、私どもちょっと地元の方々と議論をしておりますけれども、オートバイについては地元の方々が経営なさっている駐輪場を夕方、一番駐輪の多い時期から深夜までの間にある一部をオートバイの駐輪場として転用できないかというようなアイデアを私どもの方から投げかけておりまして、いろいろこれから検討課題として地元の方々と検討してまいりたいというふうには思っております。
 あと、路上駐輪をまずというようなことでございますけれども、先ほど私が申し上げましたような理由から、国分町地区においては路上駐輪について、私ども検討はいたしましたけれども、ただ最終的にそれを選択するというところまでは至らなかったということでございますので、御理解をいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長  答弁漏れ、局長ありますか。
 小山委員、申しわけありませんが再質問していただいてよろしいでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  管理人はどうなるのかということが抜けているんだけれども、きちっとお答えいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯建設局長  失礼いたしました。
 管理人はその機械式ユニットの駐輪場の場合においても必要でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  だから、そのように管理人も必要になってくるわけです。
 トイレと地下駐輪場を合わせた建ぺい率というのはどういうふうになってきますか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長  答弁願います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路管理課長  まだ詳しくレイアウトが決まっているわけではございませんけれども、公園の専有する面積に間に合うというか、可能な範囲の中で考えていきたいと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  いや、それは全く公の仕事として、6億円という機械まで判断して、どういうものかまではっきりしていて、今の公園のスペースというのは何平米かということははっきりしているわけでしょう。そこに今現在トイレが建設をされていて、何平米のものを建設すれば、建ぺい率からすれば違反になるとか、ならないとかということがきちっと数字的に出てくるわけでしょう。それが何で判断できないの。もう1回きちっと答えてください。大切なことですから。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路管理課長  地下にユニット式の駐輪場をつくるということは方針出しましたけれども、どういったタイプのものでどういうようなものかということがまだはっきり決まっておりません。確かに出入り口、それから管理する分、そういうものが必要なのは当然でございますけれども、先ほど言いましたように今からいずれ設計してまいりますけれども、当然法の範囲の中で考えていきたいと思っております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  私から言わせれば、大体金でいえば約6億円になりますと、6億円になるという判断をしたのは、どういうものをつけるかということはある程度決まってきたわけでしょう。何平米のものか、そしてこれはオートバイは設置できなくて自転車しか設置できないんだということまで明確になっているわけでしょう。市長までちゃんとそれをつけると言っているんだから、市長まで上げるのに全く設計図のようなものを持っていって、地下駐輪場つくれるから、これつくってくださいというふうな話になるの。それは市長だって紙1枚だけではそんなもの判断できないです。こういう設計で、こういうもので、こういう機械があって、このぐらいのスペースで1,000台とめられますというものを、きちっとそこに数字と平米数がはっきりしたものがあって値段が出てくるんですよ。


-------------------------------------------------------------------------------

◯建設局長  今、委員御指摘の建ぺい率というのは多分その規模、地下も含んでどのぐらい、通常建ぺい率といいますと地上に建つ建物のことを申しておりますけれども、今回の場合については委員御指摘は地下に入れた部分を含んでということかと思いますが、現在この機械式ユニットと申しますのは丸い筒をそのまま掘っていくもの、これは一つのユニットの直径7メートルぐらいになります。ただ、深さによって収容台数が異なるということもございます。それと、もう一つの方法として、丸の形ではなくて方形の形で連続してというやり方もございます。それらについても地下にどれだけ掘り進むかによって工事費も変わってまいります。
 それで、今回はまだその機種の選定までは至っておりませんが、私ども6億円という大まかな試算をさせていただいているのは、既に先進的に導入している都市の同様な規模のものを参考にさせていただいて6億円というふうにお話を申し上げている次第でございまして、今後私ども今年度この場所においてボーリング調査を行う予定にいたしております。そのボーリング調査の結果といたしまして地下にどれだけ掘り込めるか、またはその掘り込む費用がどれだけかかるか、おおよその概算が出てくるものというふうに思っております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  では何メートル掘るかもまだ決めていないということなんですか。
 20メートル掘るとかということではないんですね。そこをはっきりしておきたいんですが。それは今のところ何メートル掘るかということは全く検討していないということでいいんですね。


-------------------------------------------------------------------------------

◯建設局長  一般的に今回の、例えば丸型にしますと自転車を11段やるか13段やるかというような、私もカタログ等を見させていただきますとそういうような選択が可能のようでございます。ただ、メーカーによっても若干違いますので、それについてはボーリング調査をして、地下にどれだけ掘り込むのに費用がかかるかということと相まって決定していきたいというふうに思っています。


-------------------------------------------------------------------------------

◯小山勇朗委員  そういう意味からすれば、掘ってみて、地下の埋設なども含めてどれぐらい予定より経費がかかるのか、あるいは逆に言えばもう地下にちょっとしか掘り下げられないというふうなときには即中止をするというようなこともあり得るような話に私は聞こえるんですが。
 そういうもので考えれば、あえて最初からあそこの公園整備を今あるような形で保っていくんじゃなくて、新たに公園整備をやりながら地下に埋設するというふうな考え方だと思いますけれども、私はやはりきちっと公園は公園として、駐輪場は駐輪場として分離した形で、あの隣の車が何台かとまっているところかな、例えば土地を買ってそこに設置した方がよほど安い。6億円もかからないでしょう。だから、そういうふうなこともやはり考えていかざるを得ないだろうし、今、隣とか向かいとかいろいろ民間の駐車場があそこは3カ所ぐらい続けてありますよね。そういうところを買収したらどのぐらいの予算になるのかとか、そういうどうしてもあそこに駐輪場を何としてもつくらなければならないみたいな話であれば、そういうこともやはり考えて検討して、よりベターな状況というものをやはり見出すべきだろうというふうに思いますし、さらにあそこの利用者の意識、自転車の利用価値、利便性というものをきちっとやはり市民に理解をしてもらう。行政の考え方と大きくずれていることに、やはり放置自転車なり放置バイクというのはなくならないわけでありますから、そういう意味では施設をまずつくるんではなくて、利用者に最大限理解してとめてもらう工夫を、さっきから言っているように路上なり歩道も含めてきちっとやはり前段やってみるということの方を先行させて進めていくべきだろうというふうに思うんです。
 その上に立って、あそこの公園のわきの土地を買った方がいいのか、地下埋設がどうなのかとか、そういうことをさらに検討を進めていった方が私はよりいいのではないかというふうに思いますけれども、そのことがやはり多額の税金を投入しなくても済むわけですから。現行だけでも毎年7億円以上かかっているんだから、このことをやはり市長としてもきちっととらえてもらわないと、カットするところだけカットして、どんどん来年は20%なら20%カットするような話まで出てきているわけですから、そういう状況の中で簡単に6億円というものを決めていくということにはやはり問題があるというふうに思いますので、最大限少ない金でより効果を大きくするということに視点を置いた取り組みというものをやっていくべきだろうと思いますけれども、市長の考え方を聞いて終わります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯市長  お答えをいたします。
 ただいまの委員からの質疑を伺っておりましたが、大きく言って次のような論点があると思います。
 1番は自転車という交通手段をどういうふうに評価するかということ、次に放置自転車の国分町地区における現状についてこれをどう評価するかということ、そして、それを改めるべきであるという視点に立った場合にどれほどの緊急性があるかということ、そしてどのような方法論で行うかということだと思います。
 まず、自転車という交通手段の有用性、利便性、これは論をまたないところであると思います。環境負荷が非常に小さいということ、国分町地区のさまざまな業種に携わる職種の方々にとっても非常に有用性のある乗り物であるということであります。
 次に、放置自転車の現状でございますが、これは現状をおよそ是とし得ない状況でございます。まちの美観という観点からも、さまざまな観点からの安全性、歩行者の皆さんの安全性、とりわけ緊急自動車の進入が妨げられ、緊急自動車の現場への到着がおくれるようなことになれば、これは人命にかかわる問題であるわけでありまして、非常に緊急性の高い課題であると思います。
 そこで方法論でございますが、これは先ほど建設局長から御答弁申し上げましたように、他の先進的な自治体におけます事例を十分に調査をし、また地元の皆様方、事業者の方々の御意向も十分に踏まえ、かつ具体的な立地点についても十分に吟味を重ねて現在検討を進めているところでございますので、基本的には先ほど来申し上げたような考え方でこの国分町地区における公園の地下駐輪場の整備を進めてまいりたいと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長  社民党仙台市議団の質疑の途中ではありますが、この際暫時休憩いたします。
 再開は15時10分の予定です。

              休憩 午後2時48分
              再開 午後3時11分


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  再開いたします。
 それでは、発言を願います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  私からは東部治水と広瀬川創生プランについてお伺いいたします。
 まず最初に昨日の大雨で農業用水堀とか、あるいは雨水幹線がどのような状態であったのか、被害状況などわかればお教え願いたいというふうに思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯下水道管理部長  きのうの雨のことでございますが、24時間の雨量は仙台管区気象台のデータでございますが、0時から24時までで73.5ミリ、一番強いときは午前の8時から9時までで1時間に18.5ミリの雨が降っております。
 それで、私からは下水道側の被害ということの想定でございましたけれども、被害の方は下水道としては特に起きてはおりません。一部道路冠水とかの箇所というのは何カ所かございました。下水道で把握している分ではそんなにないんですけれども、そのほかにも道路側溝の方も多分何カ所があるところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯建設局長  申しわけございません。道路の方の冠水状況については道路管理課長の方から御答弁いたします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路管理課長  昨日の雨によります道路の冠水状況でございますけれども、一番冠水の大きかったのが宮城野区の白鳥で約50センチ程度。それで、宮城野区では区内で22カ所、若林区では、


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  答弁者に申し上げますが、明快に答弁お願いをしたいと思いますが、ちょっとマイク。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路管理課長  失礼しました。
 若林区では卸町四丁目で20センチ程度でございますけれども、ここが最大で、区内で15カ所、市内全体では56カ所ほど冠水がございました。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  昨日のテレビなどでは40ミリくらい降ったということでございますが、今の報告では73ミリということで、テレビでは若林区の田園地帯の田んぼの稲が倒れたところとか白鳥の状況についてやっておりました。
 きのうの若林区では卸町の方で、先ほどの話では15センチくらいということだったんですが、このような冠水状態になっております。卸町のこのような冠水はどういう原因で起きたかということについては御存じでしょうか。わかっているでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路管理課長  卸町の道路冠水につきましては、降った量に比べまして道路の雨水街渠ますののみ込みが悪かったというので冠水したという状況を聞いております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  私の方に入ってきた状況では、高砂用水堀があふれてこのような状態になったというふうに報告があったんですが、いずれこれからそういう調査があると思いますけれども、昭和61年度の8・5豪雨、昨日も同僚議員から質疑がありましたけれども、1メートル50センチも深沼周辺ではあふれたというようなことで、大体あの地域四、五年に1回ずつこのような大雨が降るとあふれるというような状況が続いております。これを解消するために東部治水の事業が今なされようとしているわけですけれども、その前にちょっともう1点。
 昨日の今泉ポンプ場の起動時間、ポンプを動かし始めたのは何時何分に起動を始めたのか、お伺いいたします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯下水道管理部長  お尋ねの今泉ポンプ場の運転でございますが、今泉ポンプ場につきましては大雨時の対応といたしまして、降雨の状況、それから幹線の水位なんかを遠方で監視していまして、なるべく早めに運転して幹線の水位を下げるように努力しているところでございます。今回もその方針に基づきまして早目に運転するということをしました。
 実際の運転時間ですけれども、一番最初のポンプの運転開始したのは午前中の9時58分でございます。ただ、そのときに運転開始しても、実際に水が100%上がり始めるまでには少し時間がかかりますので、若干そこのおくれはございます。
 それで、運転時間といたしまして何時まで運転したかということでございますが、これは夜の8時52分まで運転しております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  その大雨が降るということはわかっているわけですよね。ダムの放流があるということは何時ころわかっているんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯下水道管理部長  お尋ねのダムの放流の時間についてでございますが、それについては直接うちの方ではちょっと把握していませんでした。ただ、河川の水位とか雨水幹線の水位は監視していまして、この10時ぐらいの時間帯におきましてはまだ自然に流下できるような状態で流れておりました。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  大雨が来るよということでダムを放流しますということは8時ごろいろいろな行政機関にファクスが入ったと、地元ではそれでは大変だということで何度も今泉ポンプ場にみんな見に行っていると。かなり幹線には水がたまっているけれども、なかなか今泉ポンプ場が動かないと、10時ごろになってもまだ動いていないということでいろいろと改良区とかいろいろなところに苦情が行ったというふうになっています。
 私も前からこの問題については霞目の雨水幹線、今泉ポンプ場、やはり大雨が来るというときには早目にポンプを雨水幹線にたまった水を、自然流下で流れているというけれども、早目に排水をしておいて、来ても大丈夫なようにあふれないようにしてほしいということを要請していたんですが、今回も少し遅いんではないのかなというふうに思います。一部富岡堀あたりでは漏水をし始めて、農家の人が大変だということで10時半ごろ行ったらようやく機械が動いて今泉ポンプ場が動き始めたというふうになっております。
 改めてどのくらいの雨がどのように流れてくるのか、今の時期それで霞目雨水幹線がどのくらいであふれ出すのかというようなことについては、ぜひ早目に察知をしてポンプ場を動かしてほしいということが地元の要望なんですが、その点についてはどのようなお考えでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯下水道管理部長  今泉ポンプ場の目の前にある雨水の幹線の水位は、その実際に起動した時点では0.9メートルぐらいで、大した深さではなかったんです。それで、ただなお上流側でずっと続いているものですから、その水位がどうなのかということもこちらで把握できるような形で、これからなお御要望されているような形の運転に努めていきたいとは思っております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  前も平成14年度7・10のときも同じようなことだったんです。今泉ポンプ場までは水は大したこと来ていないと。しかし、途中に雨が非常にたまっていると、非常に霞目雨水幹線の流れが悪いという状況の中でこういうことが起きているということですので、今回はこの問題論議しませんけれども、ぜひ善処方よろしくお願いしたいなというふうに思います。
 それで、東部治水についてお伺いいたしますけれども、今、国は土地の買収を始めて、藤塚地区の名取川の堤防事業をするために用地の確保、住宅の移転等について住宅の買収など始まっています。どのくらいどのように進展していて、大体いつごろこれを完成させる予定で進めているのかについてお伺いいたします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯河川課長  今、国が進めております名取川の堤防事業につきましては、今、委員のお話があったように、今、国の方では現在堤防の用地買収と、それから家屋移転補償の方を今進めております。しかしながら、この家屋移転補償につきましてはまだ進捗率が面積比でおおむね大体4%くらいの進捗率ということで、予定よりは少しおくれているという状況でありますので、基本的には前倒して国の方ではこの事業を進めていくということでありますので、これからそういったできるだけ早期に事業の方を進めらるよう国の方としてもやっていきたいというふうに私たちの方は伺っております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  大体最初の話では平成22年ごろ完成予定ということで進めてきたと思うんですが、最近になって少し平成22年ということが資料など見ると消されたりしているんですけれども、これについてはどのようにお考えでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯河川課長  事業の当初の予定としては平成24年で、地元の要望等もありまして二、三年前倒しということで平成22年度ということで進めておりましたけれども、今話しましたように用地買収そのものについても今おくれているという状況でありますので、工事着手が今のところですと大体平成19年度後半くらいになるのではないかというような今見通しで立てております。そういったことから、平成22年度までに終わるというのは今のところではなかなか難しい状況ではないかというふうに考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  国の予算がどういうふうになるのか、あるいは買収にすぐ応じてもらえるのかなど、さまざまな課題があると思いますが、いずれ平成22年完成の予定で努力していただきたいなというふうに思います。
 そして、なおこの外水対策じゃなくて内水対策なんですが、内水対策については国、県、市で一応役割分担を決めて、それぞれ対応するというふうになっているようですけれども、特に県の七北田川の改修とか、あるいは南閘門の水門化の事業などについて、どのような進捗状況で進めようとしているのかお伺いいたします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯河川課長  県で今行います今回の事業手法の一つであります七北田川の水門化工事につきましては、今年度七北田川河口部において水門設計及び内水対策計画の検討のための水位観測を今現在行ってきております。工事着手につきましては今のところ平成21年度からというような予定になっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  このとおり進んでほしいと思うわけですけれども、特に県のこの事業に対する姿勢なんですが、非常に不思議に思うのは、今、七北田川の水位観測をしているということがお話ありました。七北田川の水位を今まで本当に観測しなかったんだろうかと。上の方では観測していたらしいですけれども、あと東北大もしていたんですが、河口付近での水位観測を行っていなかったと、これからしたいと。ところが大雨が降らないと、大雨が降って七北田川の水量がどのように流れていくのか、それを調べないと今回の内水対策のはっきりした結論が出ないというような状況になっているわけですけれども、七北田川の水位観測がなぜ今まで県でできなくて、急に今やろうとしているのか、ここら辺について御所見があればお伺いしておきます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯河川課長  今回の仙台東部地区内水対策の基本的な考え方として、国がつくります貞山川の水門と県がつくります七北田川の水門、この二つの水門を操作することによりまして貞山運河の水位を下げて、今ある排水機場の運転を可能にするというような目的で進んでおります。
 しかしながら、国の方としては水位調査というのは名取川の河口部にはありますけれども、県の方におきましてはずっと上の上流部にしか水位観測点がないということで、今回のこういう事業手法を行う上でのさらに精度を高めるというような意味で、今回は河口部において水位計を設置するようにしたものであります。
 あと一つは、七北田川の河口部においては砂州が一番大きな影響を及ぼしておりますので、その砂州の影響でどういうふうに水位が変わるかということを、今回大雨とかそういった状況を見ながら観測したいということでありますので、より制度を高めるために今回はそういう水位観測を行っているものであります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  きのうの雨でどのくらいわかったのか、わかれば教えてください。


-------------------------------------------------------------------------------

◯河川課長  きのうの雨につきましては、名取川の河口部の観測地点のデータにつきましては、まだ県の方では、1カ月単位でデータ収拾をするということですので、基本的にはまだデータの収受はまだ行っておりません。ただし、その上流の七北田川の福田大橋というような観測点があります。そのところでの観測水位ですと大体平常水位より60センチくらい高くなっているというふうなことは推測されます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  残念なことにきのうの雨くらいでも観測し切れなかったと、要するに大雨に対処するデータが県に入らなかったということだろうと思うんです。
 それで、前にもこれは予算のときに質問しているんですが、要するに最終的にはポンプ場を貞山堀に設置する、そして七北田川の南閘門を水門化すると、それで自然の水位でどれだけ排水できるかということをまず調査をして、そして最終的には貞山堀のポンプをどのくらいの容量のものをつけるかということの結論を出さなくてはならないということになるわけなんですが、貞山堀にどのくらいの排水ポンプをつけたらいいのかということについては、今、国、県、あるいは財政当局の方などでは、これはお金のかかる話ですから、大体1トン2億円というふうに言われていますけれども、20トンのものをつけたらいいのか30トンのものをつければいいのか、そうすると40億円かかるか60億円かかるかということになるだろうというふうに思うんですが、しかしこの結論はいつまでに出さなければならないのか。いずれ国、県、市で役割分担を決めてやっているわけですけれども、最終的な結論というのは大体いつごろ、国の進捗状況もありますけれども、いつまでに結論を出そうとしているのかお伺いします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯河川課長  最終的には県の方で行っていますその水位調査、それと検証を待ってということになりますけれども、その最終的な結論を出す時期としましては、今、国の方で名取川の築堤事業というものを進めております。事業着手してから何年度までかかるかという予定、設計とか、あと工事、そういったものの予定を組んでおりますけれども、そういった事業進捗におくれがないような形で今回の事業検証の結果の結論を出しながらこの内水対策というものを進めていきたいというふうに考えています。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  国の担当者の方に聞きますと、平成22年完成ということであれば19年度にはちゃんとデータも含めて、そしてどのくらいのどういうものをつくったらいいのかということを、要するに貞山堀に築堤が完成する1年、2年前くらいまでにはちゃんとした計画をつくらないとだめだというのが担当者の話でした。ということになれば、大体来年度あたりまでにはそういうデータの解析も含めて、自然流下では絶対いかないと思うんですけれども、やはり貞山堀にポンプ場をつくらなくてはならないということになると思うんです。これの結論がなかなかうまく進んでいない。
 問題は何かなと思うんですが、これは県議会でも論議になっていますけれども、国、県、市がどのように費用分担をするのか、役割分担をするのか、それが大きな課題だと。県は今、南閘門の建設あるいは七北田川の堤防設置、そういうことで大変な予算を使って、それもおくれおくれに進んでいるような状態。しかし、もう国が平成22年度完成ということになればもうそれにあわせて進めなくてはならないということになりますので、最終的には国、県、市、特に県と市の役割分担、費用分担がどのようになっていくのかということが一番の課題になるだろうというふうに思うんですが、この点についてどのようにお考えでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯建設局長  その件につきましては昨日の御質問の中でも私答弁させていただきましたけれども、まだ藤塚地区におけるポンプ場の設置については検討途上の状態にございまして、検討を進めておりますが、今、委員御指摘のような費用負担を確定するようなところまではまだいっておりませんで、そのポンプ場を設置するとしたらどのぐらいの規模のポンプ場が有効なのかというようなこと、またそれが本当に必要なのかというようなことをまだ今検討している段階でございまして、費用負担をどうするかというようなところまでは踏み込んでいないという状態でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  いずれ来年度中には結論を出さなければならない大きな課題になってまいります。いずれこれは県と市の方での政治判断も含めて解決を図らなければならない課題だろうというふうに思いますので、ぜひ強力に進めてほしいなというふうに思います。
 次に、広瀬川の創生室について伺います。
 広瀬川創生プランについては開府400年の記念事業の大きな柱として進められまして、プラン策定事業が2001年度から開始をされて、4年かけてプランが完成をいたしまして、平成17年度から事業が開始されているわけですけれども、前藤井市長の強い思いがあってかなり大々的に取り組まれたというふうに思うんですが、この広瀬川創生プランをつくった趣旨というのはどういうものなのか、そしてこの4年間どのくらいの費用をかけてつくってきたのか、そして最初は建設局じゃなくて別な局で始めたと思うんですが、なぜ建設局が受け持つようになったのか。そこら辺についてあわせてお答え願いたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  広瀬川創生プランは、平成17年3月に杜の都仙台のシンボルであり市民の誇りである広瀬川の新たな魅力の発見と創出を図ることを目的に、市民の参加をいただきながら策定したものであります。この目的を達成するため、市民協働の理念に基づき、協働の仕組みづくりや河川環境の保全と向上など、六つの基本目標を立て、本市はもとより市民、事業者及び関係機関などの各主体の役割と責務を明確にしながら、毎年度重点事業を定めて取り組んでいくものであります。
 また、創生プラン策定に要した費用でございますが、4年間で約3900万円となっております。
 また、広瀬川創生室の組織としての策定の趣旨でございますけれども、当初企画局にございましたけれども、広瀬川は沿川の環境づくりも含まれていることから、緑という視点からも非常に密接な関係があるということで、百年の杜推進部の中の私ども百年の杜企画課の中の創生室という形で組織化したものでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  このプランに基づいて平成17年度の事業概要はどのようなことだったのか、お教えください。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  平成17年度は広瀬川創生プランを推進する初年であることから、何よりも広瀬川に多くの市民が接していただく場をつくるため、同年10月に広瀬川でのカヌー体験や写真教室、広瀬川の各流域の魅力に関するパネルディスカッションなどのイベント、広瀬川フェスタを開催いたしました。また、ホームページの新たな企画といたしまして、広瀬川の魅力を市民から提供してもらう広瀬川100選や市民が主体となる広瀬川市民会議の活動コーナーを追加するなどの内容の充実を図ったところであります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  それにかかった費用はどのくらいでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  支出額につきましては、広瀬川フェスタの業務委託費として114万7650円、ホームページの新規企画などといたしまして558万9150円を支出しております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  このホームページ作成費が550万円かかったということですけれども、これは随分高いんじゃないのかなというふうに思うんですが、どこの業者に頼んでこのような状況になっているのか教えてください。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  三井情報開発株式会社でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  これは、地元ではこういうことは作成できないんですか。地元の業者でこういうことをやっているところはないんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  平成13年度から広瀬川創生プランの策定にかかわっておりまして、この一連の流れでホームページまでの作成を行うためにこの会社が受託したものでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  これからもずっとそうするとホームページの更新とか何かも含めてこの会社にホームページの維持管理を続けていくということになりますか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  ホームページのシステムの関係上、継続にしていくことが基本になると考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  なぜ地元の業者に頼めないのかなという疑問があるんですけれども、いずれ下請は地元の業者だという話がありますので、変更できればそういうふうにしたほうがいいんじゃないのかなというふうに思います。
 それで、平成18年度はどのような事業を今現在行っているのか伺います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  今年度も多くの市民が広瀬川に親しめる機会を提供するため、5月の連休に広瀬川宮沢緑地におきまして広瀬川市民会議との共催でこいのぼりや乗馬、ボート体験などのイベント、「広瀬川で遊ぼう」を開催したところであります。また、市民活動の主体である広瀬川市民会議におきましても、企業との連携による清掃活動や体験ツアー、広瀬川に関する文化講座の開催など、さまざまな活動を展開しております。さらに、ホームページの新たな企画といたしまして、広瀬川での遊び方を紹介していく広瀬川ライフ入門を追加するなど、広瀬川にかかわる新たな情報を積極的に発信していくこととしております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  この創生室ができまして、平成16年、平成17年と3年たつわけですけれども、創生室が市民団体の統一窓口としてこの役割を果たすんだということでプランには書いてあるんですけれども、今、創生室は3名ですか、この人員で十分やれているというふうに思っているでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  精いっぱいやっておりますので、十分とは決してございませんけれども、目いっぱい頑張ってやっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  この創生プランに、今度9月30日にも1万人河川清掃など行われる予定ですけれども、要するに広瀬川の清掃をしたいというときに区役所に行くと、公園使用願いを出しなさい、何出しなさい、ごみが集まったら環境局に行きなさい、いろいろ非常に窓口がいろいろあって大変だと、やはり統一的な窓口をつくってやってほしいという市民からの要望を受けて多分この創生室というのはできたと思うんですが、3人で十分にやれている、努力しているということですが、市民団体からのいろいろなまだ不満があるというふうに私は聞いているんですが、いかがでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  市民の方々の御要望はいろいろと多岐にわたりますので、やはり身近なところということで区役所であるとか、いろいろなところでの問い合わせ等という形でいく場合があるかと思います。ただ、我々の方にもかなりの情報なりお話をいただいておりますので、統一的な窓口としての役割はそれなりに果たしているかと思います。ただ、まだ不十分な点があるかと思いますので、その辺は努力してまいりたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  このプランの中では創生室ができてもう3年になるわけですけれども、短期計画、中期計画、長期計画というふうに取り組みの中で分けられているわけですよね。それで、いろいろな課題についてさまざま書いてあります。市でやるもの、県でやるもの、国でやるものなど含めていろいろ書かれているんですが、もうそろそろ中期計画に入っていくと思うんですが、こういう短期、中期、長期のこの分け方、そして今これから中期計画を具体化するために、あるいは長期計画を具体化するためにどのようなことを考えているのか、この取り組みの中身について教えていただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  広瀬川創生プランに位置づけられました中、長期事業につきましては、整理すべき課題が大きい事業もございますけれども、プランの中でそれぞれの主体が的確な役割のもと、課題やあり方などを調査、検討しながら取り組んでいくということになっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  先ほどの話だとソフト的な事業だけがまだ創生室の仕事のような、川で遊ぼうとか、そういうふうになっていると思うんです。
 これからはソフト的な面にそろそろ入っていくのではないかと思うんですが、このソフト的な事業の入り方です、例えば今県の方で魚道の改修をしたいとか、あるいはそういうことが新聞等に報道されていますけれども、このようなことに対する創生室のかかわり、あるいはあれが違うと思うんですが、不法の耕作地に対するものをどうするのかとか、他局でやっていると思うんですが、さまざまなそういう課題が起き始めていると思うんですが、創生室としてはそういう課題に対してどのように他局と連携しているんでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  ただいまのハード事業についての御指摘かと思います。
 創生室の方ではそれぞれ主体が異なる事業でございますので、その進行管理を私どもの方が中心になってやることにしております。年度ごとに重点事業を定めまして、評価、検証して進行管理をやっていく考えでございます。なお、それぞれの課題につきましては主体がございますので、そちらの方で各主体で各課題を解決しながら進めていくということになります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  新聞によると県の方が、本当は魚道改修というのは仙台市が愛宕堰の改修とか何かとあわせてやらなくてはならないらしいんですけれども、ところがなかなかそういうことが見えてこないので、アユが上れないとかさまざまな課題があって、県の方が予算を出してことし市民団体と一緒に調査に入るとかというのが新聞などで報道されているんですけれども、そういう広瀬川に関するさまざまな課題について、今の創生室で本当にやっていけるのか。それで、これから大きな課題としては中州とか寄り州の改修、これも県でやるというふうになっていますけれども、あるいは広瀬川の自然博物館をつくるんだと、これは教育の方でやるんでしょうけれども、さまざまな大きな課題があると思うんですが、これについてはどのように他局と連携しながらこれを進めていくのか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯百年の杜企画課長  若干繰り返しになりますけれども、御指摘の各事業につきましては各主体がございますので、それぞれで中心にやっていただくということは基本になりますけれども、関係する機関は多くございますので、特に本市の場合ですと関係部局による庁内連絡会議を設けておりますので、こういったもので本市が主体的に行う事業につきましては調整、検討をしていくことにしております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  庁内のそういう連絡会議、私はあるとは思えないんですけれども……例えば愛宕堰の改修はいつからどうやって進めるんですかと経済局に聞けば、いや、まだ意見は具体的にはなっておりません。例えば広瀬川自然博物館構想はどのようになっているんですかということを教育に聞けば、今、片平の市民センターでつくっているのがあれで精いっぱいですと、とてもこれから進めるようなことは考えておりませんと。ですけれども、この創生プランをつくったときにはちゃんと各局と連絡をし合って庁内推進体制をつくってこの創生プランをつくりましたというふうに書いてあるわけです。
 ところが、実際こうやって出てきたものでじゃあ各局にどうなんですかというと、いや、とても今そんな状況にはありませんというお答えがいろいろ返ってくるわけです。果たして創生プランをつくって、庁内でどのくらいこれからの具体的な事業に入るときに論議しているんだろうということが非常に私は疑問に思うんですが、こういうことについては山浦副市長はわかりますか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯山浦正井副市長  広瀬川創生プランに基づく事業の進行管理の面でお尋ねをいただきました。
 確かに少ないスタッフの中で事業の進捗管理を行っているわけでございます。プランに記載しました事業につきましても、それぞれの原局の中では置かれている財政状況の中で、プランに載せたもののなかなかすぐに実行できない部分もございます。広瀬川創生室につきましては、先ほど来申し上げましたように、その進捗期間内集中して事業を進行管理をしていくということで設置したものでございますので、プランに基づいたものをどういうような形で実現できるか、責任体制の中で各局調整を今後させていただきたいというふうに思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯斉藤重光委員  いずれ、なぜ建設局に創生室があるのかということがよくわからないんです。結局これだけの大規模な広瀬川のプランを立てたということで適用しているわけですから、そうすると各局ともかなりの費用をかけて広瀬川の問題について取り組んでいかなければならないという課題になっているはずなんですが、建設局の一部の3人くらいで創生室をやっているということについて、本当にこれでこの広瀬川創生プランの計画を実現できるんだろうかというふうに思います。
 それで、先日も広瀬川についてはシリーズがずっとある新聞に載っていました。市民の声としてセントラルパーク構想がほしいとか、あるいは川で常設的に遊ぶような施設はどうやってつくったらいいんだろうかとか、そういうさまざまな提言などもありますし、青葉山公園整備計画の中にそういうことが取り入れられていくのかいかないのか、そういう課題もあります。
 いずれ庁内で本当にこの創生プランを実現していく場をちゃんとこれからもつくって、市長が中心になるのか副市長が中心なのか、はっきりしたものをこれからつくってやっていくべきではないかというふうに思うんですが、いかがでしょうか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯山浦正井副市長  御指摘の点も踏まえまして、事業の進行管理について適切に対応してまいりたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  次に、改革ネット仙台から発言予定の方は、質疑席にお着き願います。
         〔大内久雄委員、鈴木繁雄委員、質疑席に着席〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  発言を願います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  都市改造事業特別会計決算のうち、荒井開発事業についてまずお尋ねをさせていただきたいと思います。本事業整備も予定より大幅におくれはあったにしても、平成19年度完成を目指し、御当局の全力を挙げた御努力に感謝をしながら、決算内容についての見通しについて、そして取り組み姿勢についてお尋ねをさせていただきたいと思うわけであります。
 その第1点として、平成17年度決算において事業収入として保留地処分8億2000万余を計上されておりますが、この保留地の面積と箇所数、まず先にお示しをいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯荒井開発事務所長  平成17年度の保留地の処分実績につきましては、面積で8,625平米、区画数で54区画でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  わかりました。
 第2点として、この荒井開発事業区域内の残保留地の総面積と箇所数、まずお聞かせをいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯荒井開発事務所長  平成17年度末における残保留地につきましては、面積で6万8606平米、区画数で257区画となっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  この荒井開発事業は二、三年前までは保留地の人気は非常に低かったわけであります。地下鉄の建設工事予定が日程に上りつつあって、この保留地に対する人気が一段と高くなってきたことは御承知のとおりだと思うわけであります。
 これからの荒井開発の平成19年度完成に向けて、当局の努力の第一は保留地の処分だろうと思うわけであります。この荒井開発事業の大幅なおくれの原因というものは、八郷堀、そして大谷地堀と左近堀の移設というか、つけかえというか、このことによって荒井開発のおくれが大きな原因となったことは御承知のとおりだろうと思うんでありますが、この左近堀と大谷地堀の現段階における整備あるいは移設関係はこの決算書を見ても堀の関係の決算が全然出てこないものですから、お尋ねをしなければならないと思って、お聞かせをいただきたいと思うわけであります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯荒井開発事務所長  御質問の水路改修工事費につきましては、都市改造事業特別会計の荒井地区事業費に含まれております。具体的にいきますと、補助事業の下水道等工事費1億1370万8000円のうち9235万2000円、それから単独事業費の下水道事業費5487万3000円のうち965万8000円、合わせますと1億201万2000円が水路改修工事費となっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  工事そのものの完成は水路の移設も含めて平成19年度完成は間違いないんですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯荒井開発事務所長  工事につきましては平成19年度の完了を予定どおり進めてまいります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  水路の移設も含めてということでお尋ねしたんですが、水路関係も含めて平成19年度完成でよろしいんですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯荒井開発事務所長  そのとおりでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  この荒井開発の完成は保留地処分すべて終わって初めて完了ということになるだろうと思うわけでありますが、この保留地の処分と言えば言葉悪いかもしれませんけれども、保留地を全部買っていただく市民の皆さんが出てきて初めて完了ということになるんでしょうけれども、その見通し等については所長としていかがお持ちですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯荒井開発事務所長  御質問のとおり、工事完成と保留地の完売によって事業が完了することになります。このうち基盤整備工事につきましては計画どおり平成19年度に完了する予定でございます。また、平成20年度末までには換地処分も行う予定としており、この段階で本事業の主な目的は達成されるものと考えております。なお、事業の完了までに保留地を完売する必要がございますので、この間を見込んだ事業期間の延伸が必要になるものと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  ですから所長さんとして、100%完成は保留地の処分がすべて終わって初めてそうなるだろうというのが私の言い方であります。したがって、そのとおりであればおおよその見通しだけは、これ売れなければどうしようもないことですから平成25年度で終わりますとは言い切れないはずですから、そこら辺の所長さんとして現責任者として、その先の見通しがありましたらお聞かせを願いたいというのが私の尋ねている主な理由であります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯荒井開発事務所長  保留地処分につきましては、残保留地の状況と最近の処分状況を考慮いたしますとおおむね10年ぐらいかかるのではないかと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  地下鉄もいよいよ本格的着工になればもう少しその見通しが明るくなってくると私は思うんです。いろいろな周辺の皆さんの声を聞くと、荒井開発事業の東側に荒井駅と車両基地、そしてその他の公益地が一応予定されておることも、あれはいつころから着工になるんでしょうかといういろいろな多くの方々のお話が耳に入ってくるとすると、この荒井開発事業区域内の保留地の処分はその先は一段と見通しがよくなってくると思うんですが、責任者として今慎重を期して10年ということになっておるようでありますけれども、私も七郷地区住民の1人としてあの土地の保留地の完売に懸命の努力を積み重ねていただきたいと思うことを、要望ではありませんが希望しておきたいと思っております。荒井開発はそれで終わりにさせていただきます。
 引き続き、同じ事業のうち駅東第二地区の事業についてお尋ねをさせていただきたいと思います。
 これは現地を見て申し上げさせていただくわけでありますが、まず初めに駅東第二地区事業費の45億6000余万円となっておりますが、この事業費のうち国道45号線から以南の、宮沢根白石線と言った方がいいだろうと思うんですが、この分の事業費はどの程度になっておられるのか、お聞かせをいただきたいと思うわけであります。
 あわせてお聞かせをいただきたいのは、一応旧二十人町通りと言った方が正しいのかよくわかりませんが、45号線から今申し上げた旧二十人町通りあたりまでの宮沢根白石線が一部供用開始なされておるように見ております。この全面開通は、その先はちょっと聞くの失礼かなと思うんでありますが、この部分開業で右折ができない方が非常に迷惑をしていることもあることから、ここら辺も教えていただければありがたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯仙台駅東第二開発事務所長  第1問目の事業費につきまして、宮沢根白石線の事業費に関しましては補助を単独事業に合わせまして、2億1047万2000円となっております。
 2問目につきましては、二十人町というふうなお話だったんでございますが、鉄砲町の交差点でございます。宮沢根白石線につきましては、鉄砲町通りの交差点部分で移転未完了の建物がございます。現在のところ暫定開業となっておりますけれども、この建物につきましては民民の権利調整が難航しているため時間を要しております。早期解決に向けまして現在調整を行っているところでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  私が二十人町と言ったのが答弁としては鉄砲町。それはそれでいいと思うんですが、結局今一部供用開始している部分のところに、先ほど申し上げましたように、あそこを利用させていただいている通過車両の運転手の方々のお話を聞きますと、右折が非常に怖くてしようがないということがどうなっているんでしょうかということなので、これらを危険度から安心度に上げるためには私は信号機の、あそこに信号機あったかないかちょっと記憶にないんですけれども、現地を見たんですが信号機まではよく見ておりません、仮に信号機がなかったとすれば部分開業にしても右折を安定運転させるためには信号機が必要と私は思うんですけれども、ここら辺の考え方は責任者としてありませんか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯仙台駅東第二開発事務所長  先ほどもお答えいたしましたが、例えば今建物が未完了のものがございまして、その辺が整備されませんと信号がちょっとつかないという状態になっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  少し私の話、しゃべり方が悪いのかどうかわかりませんけれども、半分ぐらいしか理解してもらえないのでありますが、残念とは申し上げません。
 つまり、45号線から原町方面に向けて、つまり下り線です、その右折もできない。もう危なくて右折できないそうです。45号線から原町方面に向かう下り車です。これは右折は直進車が非常に多いために右折に非常に時間がかかるのと、危険度が高くてなかなか難しいということで、暫定的にも信号機はつかないものでしょうかと。今責任者のお話を聞けば全面供用開始ができる段階で初めて信号機だということになりますけれども、その見通しは1年かかるのか、2年かかるのかわからないわけでしょう。そこら辺も含めてお聞かせをいただければありがたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  答弁者に申し上げますが、質問の趣旨について踏まえた上で回答をお願いします。


-------------------------------------------------------------------------------

◯都市開発部長  一部訂正ございます。
 先ほどの御回答をさせていただいた信号機の設置につきましては二十人町の通りと宮沢根白石線の通りの交差点の信号のことでございまして、そこにつきましては所長が申し上げましたように、今、調整しております権利者の方の移転が終わった後に信号機をつけたいというふうなことで考えております。
 それから、今、委員おっしゃったような45号線からの右折でございますけれども、これにつきましては今の状況が区画整理事業として行う最終的な形になっておりまして、あそこの交差点の形状から、実は国道45号線から南への右折は交通処理上禁止になっておりまして、できないような状況になってございます。これにつきましては、北側の道路との関係で交通処理上今のような形に残念ながらなっているといった状況でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  はい、これはわかりました。
 第2点として、狐小路尼寺線の連坊通りから南鍛冶町通りまでの整備区域内に南鍛冶町の東漸寺というお寺さんがあって、このお寺さんの御協力によって寺、そして墓地等が移転をして、既に100%と言えば言い過ぎかわかりませんけれども、私の見た目では100%完成をしたんだろうなと思っております。
 このことについて周辺住民の皆さんからの声としては、協力した関係者に対して感謝の意をあらわすためにも即延長工事に入るべきではないのかということであります。私もちょっと現地を見たところ、一部、あれは交差点改良工事だろうと思うんでありますが、改良工事にある会社が入って看板が立てられておるようですから、それはそれで質問するわけではありませんが、結局周辺住民の声としては、ここまで来た以上はなるべく早くJRとの、JRと言えばちょっとおかしい、正式に言えば東日本鉄道株式会社と跨線橋の工事についての詰めがもうなされておるだろうと思いますけれども、どの程度になっていつごろの工事着工の見通しが出てくるのかなというお話がされると、聞いてみなくてはわかりませんから早速行って聞いてきますということで今質問に立っているわけであります。お聞かせください。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路部参事兼南道路建設課長  東北本線と東北新幹線との交差に関するJR東日本との協議につきましては、平成17年度橋梁予備設計を行いまして、交差の基本的な形態につきまして合意いたしました。今年度は引き続き詳細設計を行いまして、協定締結に向けた施工協議を進める予定でございます。今後は平成19年度、来年ですけれども、JR東日本と橋梁整備の協定を締結しまして、平成20年度に工事に着手してまいりたいと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  それは設計内容も含めて東日本鉄道株式会社と協議をして、現在まで来て、そして平成17年度は一応打ち合わせが終わって、この工事を施工する恐らくJRの方に工事の委託を清水小路多賀城線の跨線橋と同じように、鉄道にまたがる場合はそのようになっておるようですけれども、本件もそのようになっていくんだろうと思います。その想定でお話を今申し上げておるんでありますが、本設計完了の見通しは、今お話があったとすれば私が聞き漏らしたことになりますのでお許しをいただきたいと思うんですが、もう一度お聞かせをいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路部参事兼南道路建設課長  詳細設計は実は今週コンサルタントが決まりました。それで、これから詳細設計を進めますけれども、それによりまして来年度はぜひJRと協定を締結して、工事はJRをまたぐ分、新幹線の下になって今の東北本線の上を通る、間に挟まれる橋になりますけれども、その部分については平成20年度に工事をJRに委託したいと思っております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯大内久雄委員  御期待をして質問を終わります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  発言を願います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯鈴木繁雄委員  私から土木費の第4項第7目都市計画街路事業清水小路多賀城線の件についてお尋ねをさせていただきます。
 この工事の概要、そしてトータルの事業規模、あと着手してから大体おおむね完成を、形は出てきておりますけれども、全部の事業からするとまだ細かいところは残っておるのかなとは思いますけれども、おおむね完成時期をまずお答えをいただきたいと思います。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路部参事兼南道路建設課長  本市の都市計画道路は3環状12放射状線での主要幹線を基本的に体系化しておりますけれども、中心部と東部を結ぶ非常に大事な道路でございます。
 それで、事業は昭和59年度に県で施工が始まりまして、平成元年政令市に基づきまして市が施工しております。工事の着手は平成12年10月から着手しておりまして、JRのまたぐ分、貨物線でございますけれども、そこについては平成13年6月から始めております。今年度、本当は平成17年度には4車線で開通したいと思っておりましたけれども、実は4カ月ほどおくれまして、7月には開通しております。今後若干仕事が残っておりまして、本線と側道の階段の工事なんかをやっていますので、年内中には完成する予定でございます。
 それで、先ほどの事業規模でございますけれども、事業費としては全体事業費で約80億円でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯鈴木繁雄委員  これは場所はいわゆる貨物駅のそばで、聖和学園の私の隣で、きょう残念ながら野球は市長さんの母校の一高にサヨナラ負けをいたしまして、一高は久しぶりに東北大会の出場を決めたわけです。実は私そういう関係であそこを毎日通るわけなんですけれども、それでいろいろと気づく点がというか、気にかかる点がまずございました。
 先ほど大内委員の御質問にもあったんですけれども、この中でJRさんに委託する工事というのはどのぐらいの金額で、工事期間はどのぐらいあったのか、おわかりになれば。大体、雑駁でも結構ですから。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路部参事兼南道路建設課長  JRに対する委託工事ですけれども、最終的には7億6000万円ほどになる予定でございます。
 期間については平成13年6月から締結しておりまして、今年度の10月までの委託となっております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯鈴木繁雄委員  今ちょっとそっちの方から出ていますけれども、70億円の間違いじゃないかという。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路部参事兼南道路建設課長  7億円でございます。
 JRに委託した部分は跨線橋になる部分でございますので、その橋梁の部分でございます。それで、JRの委託としては最終的に7億6000万円になると思っています。


-------------------------------------------------------------------------------

◯鈴木繁雄委員  実はこのJRさんに委託をするということは、たびたび議会でいろいろな議員の方からも質問なり指摘を受けていると思うんですけれども、これ私も以前にしたこともあろうかと思いますけれども、一番大きな委託で私覚えているのは仙石線の地下化工事です。あのときもJRさんに委託と。いわゆる一般の入札と申しますか、募集してお願いをするというような方式がとれないで、そのままでぼんといくと。
 実は私は、個人的な経験で大変恐縮ですけれども、私も実は跨線橋を一つつくったんです。そのときやはりJRさんの方から、これはうちの方で全部やらせてもらわなくては困るということで、実は私もそれには大変抵抗しましてJRさんには委託しませんと、JR関係のいわゆる工事ができる会社の方を呼んで、その方にあなたの方でもできるはずだ。これ、やってくださいということで、その会社、後からJRさんとどういう関係になったか、それは私わかりませんけれども、そうしましたら、約30%までいきませんけれども、20%くらいは経費節減することが実はできたんです。その数字は今申し上げるわけにはいきませんけれども、およそそういうことがあったんです。これは事実ですから。
 だから役所の方はどうかということは即言えませんけれども、しかし、我が市議会でもほかの先生方もおっしゃっているとおり、JRになぜ委託をしなくてはいけないか、この部分でのやはり公共事業の発注に対して私はいささか仙台市の皆さん方は大変、私と同じ気持ちだと思うんですけれども、なかなか突破口が出ないと。この辺をやはり規制緩和、改革なくして成長なしというようなことで今政府は一生懸命やっている、こういうところをやはりきっちりと改革しなくてはいけない。そして、この声を出すのはやはりそういうことで疑問を感じておる我々地方の政府、仙台市役所が我々議会も一緒になってこういうことをしっかりやっていかなくてはいけないというふうに思います。
 この辺はこれだけにいたしますけれども、さて、私毎日ここの工事を実は見ておりまして、80億円の工事でなかなか大変な、そして今御答弁もありましたけれども大変重要な仙台の主要幹線であります。特にこれはいわゆる産業道路、経済活動のまさに動脈的な道路であります。この3車線とか2車線とか、変則にしていた期間はどのぐらいございますか、おわかりになれば。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路部参事兼南道路建設課長  変則にしていた期間はことしの春まででございました。期間については、工事が始まったところからですから、着工したのが平成12年10月からでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯鈴木繁雄委員  おおむね5年数カ月という期間が変則的な通行であったということです。
 これは私も、10数年前ですけれども韓国に行きましたときに、韓国の交通渋滞がもう大変な時代があったんです。金浦空港から市内まで行くのに4時間かかるとか、そういう時代があったんです。そのころのお話です、私はそのころの韓国の経済人の建設関係の方でしたけれども、経済関係のトップの方に聞いたら、この交通渋滞というのは皆さん方どれだけの被害というか、そういうものに換算していますかというお話をちょっとしたことがあるんです。そうしましたら、韓国経済の約30%ぐらいのマイナスの要因になっておるんじゃないかというお話を聞くことができたんです。
 そういう、そこまではいきませんけれども、仙台の主要幹線道路で特に産業道路であるこの道路を変則通過にしたことによって、私はかなりいろいろな面で、数字的にどうのこうのというわけじゃないですけれども、大変そういう点では私はマイナスになったというふうに、それで早く開通すればいいなあというふうに非常に強く思っておったんです。これはだれでも感じることですし、なるべく早く、大変長くその5年という期間変則であったと。開通したからいいんじゃないかということとはまた別に、私はこれをどうしてこんなになるんだろうなというふうに、なぜもう少し期間を縮めてこういう工事ができないものかなということを、私こういう工事関係は素人で全くわかりませんから、皆さんからすれば、いやいや、そうはいかないんですよと言われるかもしれませんけれども、それでちょっとこの作業日報ですか、そういうものをちょっといただいて見ましたら、というのは何でそんなことしたかというと、私が毎日あそこを行きますと、どうも作業しているのが見えないんです。見えるから一生懸命やっている、もちろん見えないところでの仕事もあると思います。ですが、どうも仕事が見えないんです。
 日報をいただいて見ましたら、これは2社の日報ですけれども、これは仕事それぞれ違うんじゃないかと思います。おおむね橋梁部分に係る仕事をなさっていたところが目立ちますから、その辺を見ますと、例えば1月ですと稼動日数は19日、職員が平均すると1日4名、これは監督さんとか何かだと思うんです。作業員がどれだけの作業をしているか、13.3人です。2月は平均すると1日の作業員は9名、3月が1日平均10名。3月は稼動日数は15日。4月は20日で、平均1日10人。5月は稼動22日で、平均14人。6月が19人、7月が19人。こういう感じなんです。
 これが適正であるか少ないんじゃないかということは、私は工事というものがどういうものかわかりませんから言い切ることができません。しかし、私が素人で感じるならば、なぜ5年もかかってこういう経済に大変重要な主要幹線道路を5年も変則交通しながら、そして作業の人員がこれだけの人員だけなんです。こういう状況で工事を進めるということは果たしてもう少し考え方があるんじゃないかと。要するに、本当にこれは乱暴な意見ですけれども、それが作業とどうなるかわかりません、この作業人数を倍にして計画すれば少なくとも3分の2ぐらいに縮めることができるんじゃないかというようなことをできないのかなというふうな。これはやはり最初にこの計画を立てて事業を発注するというときに、やはりそういう期間をもっと短くする、この道路は何年ぐらいでつくらなくてはいけないかということは、これは建設局の中だけでお話しになるのか、それともやはり全体の中でこれは5年でやって、それでよろしいんじゃないかというようなことなのか、それとももしくは財政的な問題で一挙にそれを集中的にやれない、国の補助の問題であるとかいろいろなことが絡んで、なかなか期間というものは単純に縮めるということはできないんですよというようなことでできないのか。いわゆる工事期間というものの設定をどうやって仙台市ではお決めになっておるんですか、計画をされているんですかということを私はちょっとお聞きしたかったんです。


-------------------------------------------------------------------------------

◯道路部参事兼南道路建設課長  この現場ですけれども、工期の設定がJR貨物線をまたぐ工事ということで、列車の通過に支障のない時間帯での施工が必要でございました。そのためJRに綿密に電車を通さない時間、支障のない時間で施工するということで綿密に調査してもらったところ、どうしてもやはり6年ほどかかるということを言われまして、それをもとにこの清水小路多賀城線の工期を設定したものでございます。
 それで標準工期の設定ですけれども、一般的にはそういう制約がなければ宮城県制定の土木工事標準積算基準書というものがありますけれども、そこから発注工種の1日当たりの標準作業量を計算しまして、工種ごとの作業日数を計算しまして、全体的にどのぐらいかかるのかということで工期は大体設定してございます。
 それから作業人数ですけれども、一般的に舗装工事をやる場合は大体十二、三人ぐらいが1パーティでやる場合は適切だということにはなっておりますけれども、今、ある路線に倍の人数とかかけるということは、今の建設業界では大変なかなか厳しいものがございまして、そういう状況にならないということで、普通の工程を組まざるを得ないという状況でございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯鈴木繁雄委員  当然ちゃんとした作業をやって、そして精査をして、そして発注をされているということは理解をいたします。ただし、先ほど一番最初に私言いましたけれども、やはり重要な経済道路であるとか、そういうものに関してはやはり普通の基準で行うとか、JRさんがこう言われたからだからということでああ、そうですかでは……。その事情は私状況よくわかります。JRさんの言い分というのは、全く私からするといわゆる地方行政体、公共事業としてのさまざまな点での配慮がなかなか伝わってこないんです。どのようにお考えになっているかは私わかりません。お話ししたこともございません。しかし、私が接したいろいろなさまざまな駐輪場の問題であるとかいろいろなことで、やはり仙台市の行政体とJRともっともっと協力して、JRさんに協力していただく部分の方がかなり多いんじゃないかというふうには私は感じております。
 そういう点で、これからもやはりトップはJRさんとのいろいろなお話し合いというものをより重要にひとつ課題として上げていっていただきたいと思います。そしてまた、経済活動で大変重要なこういう道路であれば、やはりもっともっと集中的に工事を進めるということを心がけるように今後お願いをしたいと思うんですけれども、担当……ああ、市長。


-------------------------------------------------------------------------------

◯市長  お答えを申し上げます。
 さまざまな委員から細部にわたる御指摘をいただきました。JR東日本との協力関係、言うまでもなく観光のみならず御指摘のような都市整備の各般にわたりまして緊密な連携が必要であると考えております。幸いJR東日本の社長も仙台の御出身であられるということもございますので、トップ同士のコミュニケーションを含めて、あるいは幹部同士、現場を含めてこれまで以上に一層緊密な連携をしながら、仙台の都市開発あるいは観光促進、あらゆる側面において協力を進めてまいりたいというふうに考えております。


-------------------------------------------------------------------------------

◯鈴木繁雄委員  ぜひ頑張っていただきたいと思います。
 市長さんの御答弁あった後でもう1件申しわけないんですけれども、実は今度はもう少し小さいあれですけれども、公園整備費、良覚院丁公園についてお尋ねをさせていただきますが、もう時間もあれですけれども、良覚院丁公園の工事も実は1年2カ月公園を閉鎖をしておるんです。これの良覚院丁公園の総事業費はお幾らですか。


-------------------------------------------------------------------------------

◯青葉区建設部参事兼公園課長  広場工事といたしまして5100万円ほどでございます。


-------------------------------------------------------------------------------

◯鈴木繁雄委員  この5100万円の公園整備事業、これおおむね2年間かかっているんです。それはいろいろ事情があると思いますけれども、私はあそこの作業日程を見てみたんです。1年2カ月閉鎖しておるんです。この作業日程を見ましたら、7月からことしの4月までの稼働日を拾ってみたんです。7月はゼロ、8月は12日、9月は1日、10は月13日、11月は22日、12月は23日、1月は18日、2月は2日、3月は25日、4月は16日。現場代理人という方はそれぞれ1日1人ずついらっしゃいました。作業員、そしてあと他の作業員、これ二方合わせまして、1日平均どのぐらいの方が働いておられたかというと、8月が1.6人、10月が1.15人、11月が1.5人、12月が3人、1月が2.5人、2月が3人、これ平均ですよ、3月が平均2.1人、4月が3.75人。稼動日数、作業員平均しますと2.46人なんです。これで1年2カ月公園を閉鎖して、工事をしなくてはいけないのか。
 これはいわゆる公園ですからどういうふうに計算するか、1年2カ月閉鎖することによって公園を利用することができなかったことをどのようにして計算するかというと、数字であらわすことはなかなか難しいと思うんです。工事がこういう事情でした、いろいろな事情があったようです。住民とのお話し合いも。しかし、住民とのお話し合いをして御意見を聞くことによって、それが工事がストップすることになったのかどうかというと、どうもそうでもなさそうであります。
 非常に一面的な私の考察ですから、決してそれですべてをあらわしているとは私は思いませんけれども、しかし少なくともこの工事の人夫さんの稼動日数と作業員の入っていた人数からすると、どうもこれは長過ぎるんじゃないかと。やはり1年2カ月公園を閉鎖するということは、役所としてはそれは余り疑問も感じないかもしれませんけれども、やはり市民の財産をいかに効率よく活用するかということ。民間であればその土地を1カ月幾らで貸せるとか、幾らそこから利回りするとか、そういうことを計算しますけれども、公園はそんなこと数字であらわす必要もないし、そんなこともできない。しかし、市民の財産である、そして公園というものをいかに早くつくって、そして早く利用していただこうじゃないかという心がここの中には忘れられていたんじゃないかと。5000万円の土木工事といったらそんな大きな土木工事ではないと思います。ですから、その内容を証明するように作業員がこのようにずっと少なくてわたっている。
 ということで、決して私が言っていることはすべてではないということを申し上げました。どうぞ、こういう公園工事をするとき、そしてまた工事をするとき、これはどのぐらいでやった方がいいかということも十分にお考えをいただき、できるだけ早くすればいいというものではないかもしれません、しかしやはりそういうことも頭に入れながら工事とかそういうものをやっていただきたい。公園というすべての市民の人たちが利用するようなことであれば、なおさらのこと私はそういうことが必要になってくるんじゃないかと。どうぞ工事の発注に当たっては現場を、そしてまたいろいろの大変なこともあろうかと思いますけれども、そういうことも十分お考えいただきながら今後やっていただきたいということを要望いたしまして私の質問を終わります。


-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  お諮りいたします。改革ネット仙台の質疑の途中ではありますが、本日の審査はこの程度にとどめ、残余はあす行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  御異議なしと認めます。
 なお、あすは本会議終了後開会をいたします。
 本日はこれをもって散会いたします。