議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成29年  3月 定例会(第1回) 03月21日−委員長報告・質疑・討論・採決−09号




平成29年  3月 定例会(第1回) − 03月21日−委員長報告・質疑・討論・採決−09号







平成29年  3月 定例会(第1回)





            平成29年第1回金ケ崎町議会
                定例会会議録
議 事 日 程 (第9号)

                   平成29年3月21日(火)午後 3時30分開議

       開  議
日程第 1  予算審査特別委員会委員長報告
       議案第20号 平成29年度金ケ崎町一般会計予算について
       議案第21号 平成29年度金ケ崎町国民健康保険特別会計予算について
       議案第22号 平成29年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計予算に
              ついて
       議案第23号 平成29年度金ケ崎町介護保険特別会計予算について
       議案第24号 平成29年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計予算につい
              て
       議案第25号 平成29年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計予算について
       議案第26号 平成29年度金ケ崎町水道事業会計予算について
       議案第27号 平成29年度金ケ崎町下水道事業会計予算について
日程第 2  発議案第1号 南スーダンに派遣した自衛隊の撤退を求める意見書提出につい
              て
日程第 3  議員の派遣について
       閉  会

〇出席議員(16名)
   1番  青  木  俊  悦  君    2番  千  葉  良  作  君
   3番  阿  部  典  子  君    4番  高  橋  美 輝 夫  君
   5番  有  住     修  君    6番  巴     正  市  君
   7番  阿  部  ?  一  君    8番  及  川  み ど り  君
   9番  千  葉  正  幸  君   10番  山  路  正  悟  君
  11番  梅  田  敏  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  千  葉  和  美  君   14番  千  葉  正  男  君
  15番  佐  藤  千  幸  君   16番  伊  藤  雅  章  君

〇欠席議員(なし)

〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教    育    長     千  葉  祐  悦  君
       監  査  委  員     金  田  正  幸  君
       参 事 兼総合政策課長     高  橋     修  君
       財  政  課  長     千  葉  達  也  君
       会計管理者兼税務課長     高  橋  真 貴 子  君
       住  民  課  長     小  澤  龍  也  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       子 育 て 支 援 課 長     及  川  美 奈 子  君
       生 活 環 境 課 長     阿  部  一  之  君
       商 工 観 光 課 長     高  橋  文  浩  君

       農 林 課 長(兼)     ?  橋  義  昭  君
       農 業 委員会事務局長

       建  設  課  長     菅  原     睦  君
       水 処 理センター所長     高  橋  宏  紀  君

       教 育 次 長(兼)     千  田  浩  身  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     後  藤  清  恒
       副    主    幹     千  田  美  和
       主        事     滝  田  美  優



                                        



△開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は16人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                (午後 3時30分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△諸般の報告



○議長(伊藤雅章君) 日程に入るに先立ち諸般の報告を行います。

 議長の報告は、印刷をもって配付のとおりでありますので、ご了承願います。

 これで諸般の報告を終わります。

 町長からの行政報告は、ご配付のとおりでありますので、ご了承願います。

 これで行政報告は終わりました。

                                        



△予算審査特別委員会委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第1、予算審査特別委員会委員長報告を議題といたします。

 予算審査特別委員会委員長の報告を求めます。

 予算審査特別委員会委員長、8番、及川みどり君、登壇の上報告願います。

           〔予算審査特別委員会委員長 及川みどり君登壇〕



◆予算審査特別委員会委員長(及川みどり君) 予算審査特別委員会の報告をいたします。書面をもって報告いたします。

 金議特委第218号、平成29年3月21日、金ケ崎町議会議長、伊藤雅章様、予算審査特別委員会委員長、及川みどり。予算審査特別委員会審査報告書。

           (以下、「予算審査特別委員会審査報告書」により報

            告のため記載省略)

 以上、ご報告いたします。



○議長(伊藤雅章君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

 討論がありますので、まず原案に反対者の発言を許します。

 7番、阿部?一君。

           〔7番 阿部?一君登壇〕



◆7番(阿部?一君) 7番、阿部?一です。日程第1、議案第20号 平成29年度金ケ崎町一般会計予算に反対します。

 予算案は、全体としては評価できる内容です。しかし、一部に賛成できない内容を含んでいますので、反対します。

 正規職員6人増員、地区生涯教育センター職員の待遇改善と水曜日開館、子ども医療費給付費、学童保育所整備、待機児童支援など、子育て支援に関する積極的な予算計上、金ケ崎駅舎にピンク電話や無線ワイファイ設置、農業委員の報酬増、肉用牛素牛供給体制整備事業、消防団員の出動手当増額などは特に評価できます。しかし、次に述べる賛成できない予算を含めて一括採択されますので、反対します。

 第1は、特別職の町長、副町長、教育長、議員の期末手当0.15カ月引き上げを含む予算になっているからです。これでは、財政が厳しいので、下水道料金引き上げに協力をと町民に提案しても理解は得られないと考えます。

 第2は、何人かの同僚議員が質問しましたが、駒子の湯の補修整備に約4,000万円計上していることです。修理は当然ですが、10年という短期間で劣化したのは、設計施工に問題があったからと考えます。設計施工した業者と交渉し、一定程度負担してもらうべきと考えます。民間企業なら、工事費や休業補償など全額負担を要求している状況と考えます。これからでも交渉し、町の負担をできるだけ少なくすることを期待しています。

 第3は、同僚議員の質問で明らかになったことですが、幼稚園の教員を充足しないままで新年度を迎えようとしていることです。4月の入園式まで、残された期間に具体的な対策をとることを期待しています。正職員募集であれば、充足すると考えます。

 また、関係者の話によると、講師への応募者がいないのは、北上市や奥州市の幼稚園の講師より待遇が悪い、賃金が低く期末手当がないなどからだということです。講師であっても、処遇をよくして募集すれば充足すると考えます。そのような努力をしないで、応募者がいないということで、そのしわ寄せを異年齢の複式学級など子供たちの教育に及ぼすのは賛成できません。了解せざるを得ない弱い立場の保護者の了承を得ればよいというものではないと考えます。

 以上から、平成29年度金ケ崎町一般会計予算に反対します。同僚議員の皆さんの反対への賛同をお願いし、反対討論といたします。



○議長(伊藤雅章君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 15番、佐藤千幸君。

           〔15番 佐藤千幸君登壇〕



◆15番(佐藤千幸君) 議案第20号 平成29年度金ケ崎町一般会計予算について、賛成の立場から討論いたします。

 平成29年度は、第十次総合発展計画の2年度目として着実な事業の推進を図るとともに、人口減少社会に対応した施策の展開が求められております。これら行政需要に、丁寧に着実に取り組んでいる姿勢を評価するものであります。

 また、次世代の町の姿を見据えつつ、将来負担を確実に減少させるための財政運営に敬意を表したいと思います。

 一方、歳入については、町民税、固定資産税は微減傾向を示し、さらには企業の業績に翻弄される危うさ、国からの交付金の不透明感など、財源の右肩上がりは到底望むべくもありません。現行税制度の安定的な運用に努めつつも、さらに広く柔軟な発想により、多角的に歳入の底上げを図る必要性を強く感ずるものであります。

 執行当局におかれましては、本定例会予算審査特別委員会で示された意見、提言を真摯に受けとめていただくとともに、あわせてスピード感のある効果的な予算執行に努められますよう期待を申し上げ、賛成討論といたします。

 住みたいと憧れられるまちづくりを目指し、みんなで進んでいきましょう。同僚議員各位のご賛同をお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 反対討論、9番、千葉正幸君。

           〔9番 千葉正幸君登壇〕



◆9番(千葉正幸君) 9番、千葉正幸です。平成29年度一般会計予算に反対する立場から討論を行います。

 79億411万4,000円、比喩して言えば、「泣くよいいよ」の予算だと。涙が出るくらいな予算だと、泣きたい、泣いていいよという予算ではないかと私は考えるものでございます。その理由は、総花的であるということ。町長の施政方針で述べられた言葉には、緊縮財政ではなくて積極予算だと、こういう答弁でしたが、中に盛られている予算のことを考えますと、点であることが多い。線になって面にならなければならないのに、線のちょっと手前ぐらいの予算計上が多いような気がいたします。

 例えば町長が重点プロジェクトで3つ掲げました。その一つを例にとって申し上げますと、「若者が暮らしたいまちを創る」というテーマを掲げましたが、雇用、住宅にわたって、予算はついているけれども点であると。例えば定住対策について考えたときに、住宅地は前の土地開発公社が開発した残余の部分の紹介、それも商工観光課、建設課、総合政策課にまたがっていて、よそから来た人が相談をするときにどこに行けばいいのか。看板は商工観光課のところについておりますけれども、どこに行って相談すればいいのか。土地開発公社が持っている土地でなく別なところに行きたいという場合は、町の奨励する場所はどこなのか。住宅開発の道筋が見えない予算になっております。それは、居住の団地だけではなくて、工業団地も同じです。

 施政方針には、県とかディベロッパーと協調しながらと、こう書いていますが、実際に来たいという発注があってから団地造成をするのか、それ以前に、準備して、どうぞおいでくださいと言うのか。昨年度の、28年度の予算でコンサルに頼んだ報告書がまだ来ていないようですけれども、施政方針の中を見ると、積極的な工業導入というものの意思が感じられません。

 また、まちづくりの視点からいいますと、例えばインターネットを見ますと、旧ジャンボ市の跡地を総合政策課名でソーラーの適地として紹介をしております。町長の努力で4車線の見通しが立った今、道路の4車線化で交通の渋滞が解消されることだけではなくて、あの沿線の土地をどう利用してまちづくりにつなげるかという構想がないのは、非常に残念でございます。4号線のすぐ隣の4ヘクタールにも及ぶ土日ジャンボ跡地が何でソーラーの適地なのですか。あそこは、まちづくりの視点からいえば、ソーラーの適地ではないと私は思うのです。六原駅前開発とあわせながら南部工業団地、高速から4号線の間、三ケ尻、あるいは都市計画で住宅地域の色を塗っている谷地、南方の地域の住宅地を埋めるような努力がこの予算や方針からはうかがえません。役場で金がないとすれば、リスクを負わないようにするために紫波町のようなPPP方式を導入するとかして、金がこの町内で回って、町内の業者が動いて、農家もみんないい思いをするような方向に導くのが役場の仕事ではないかと私は考えるわけでございます。

 また、全国に先駆けて提唱しました生涯教育は、長年時間が経過しましたから停滞するのも当たり前かと思いますけれども、このたび町長が示した方針に、地域づくり推進室を設置して地区の社会教育指導員を地域づくり推進員と変えたことは、地域をつくることに反対するものでありませんから、それはそれとしてよろしいのですが、地区センターというのは公民館です。公民館というのは、社会教育の拠点です。

 私は、用務でアマーストに行ったときに、飛行機に初めて乗りました。そうしたら、座席のところに英語でユア・アンダーシート、ライフベスト・ユア・アンダーシートと、こう書いてありました。つまり「救命胴衣はあなたの席の下に備えていますよ」と、こういう意味であったと思います。この生涯教育を提唱しましたフランスの当時のユネスコの成人教育長のポール・ラングランという人は、ライフロング・インテグレーティド・エデュケーションと、こう訳しました。つまりそのライフというのは、人生という意味ばかりでなくて、暮らし、生活であり命であると。その教育であるということを、私はその飛行機の中で再確認をいたしました。つまり我々の生活のクオリティーを高めるために社会教育の重要性というのは、今も重要であります。それなのに、地区センターから社教指導員の名前をなくして社会教育に携わる人がいなくなるとすれば、限られた予算と限られた人数で何を教育しようとしているのか疑問でございます。

 アルビン・トフラーというアメリカの未来学者が昨年亡くなりまして、「ザ・サード・ウエーブ」という「第三の波」という未来の本を書きました。その中に、「21世紀は、文盲は学び方を知らない人のことを言うようになるだろう」と、こういう予言を大分前に出しました。つまり今日学び方を覚えているということが重要です。それらを踏まえて中央センター、地区センターが町民に対する教育的な支援をするべきだと私は考えます。その上に立って主体的に地域づくりやまちづくりに参加するということになれば、それは理想だと私は思います。

 調べる学習、そういうようなものからいえば、図書館は充実の方向で評価できると思いますが、地区センターの今回の措置は極めて残念であります。地区センターの講師謝礼は、全体で50万円ほど、1地区センターにすれば9万円ぐらいでしょうか。これくらいの金額で何の学習の支援ができるのでしょうか。もう少しこういうところに予算を配分してほしかったなと、こう思います。

 また、高齢者と子供たちに対する手厚い方針はわかりましたが、今金ケ崎を背負って立っていただきたい若者に対する施策が予算上余り見当たりませんでした。若者はいるのですから、若者に対する予算ももっとつけてほしかったなと、こう思う次第であります。

 しかし、町長3期最後の年に当たって頑張るという姿勢はうかがえないでもありませんが、役場の中の調整をもう少し図って、予算をつけた効果が上がるように期待しながらも、この予算ではまちづくりの効果は余り上がらないのではないかと危惧するものでございます。

 よって、そういうことを踏まえて、29年度はさらに努力をしてほしいことを申し上げて反対討論といたします。同僚議員のご賛同をお願いいたします。

 終わります。



○議長(伊藤雅章君) そのほか討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 採決をいたします。採決は……千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 平成29年度一般会計に計上している予算案の中にNPO法人に対する補助があります。地方自治法でこの議場にいることが適当かどうか確認をしてほしいと思います。内容的には、スポーツクラブに対するNPOに対する補助金120万円だったかな、その理事の人たちがおられるのではないかと私は思いますけれども、自治法に抵触しないか確認の上採決をお願いいたします。



○議長(伊藤雅章君) ここで、暫時休憩をいたします。

            休憩(午後 3時57分)

                                        

            再開(午後 3時58分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 採決をいたします。採決は議案ごとに起立をもって行います。

 議案第20号 平成29年度金ケ崎町一般会計予算については、委員長報告は原案のとおり可決すべきものであります。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立多数〕



○議長(伊藤雅章君) 起立12人で多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第21号 平成29年度金ケ崎町国民健康保険特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第22号 平成29年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第23号 平成29年度金ケ崎町介護保険特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第24号 平成29年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第25号 平成29年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第26号 平成29年度金ケ崎町水道事業会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第27号 平成29年度金ケ崎町下水道事業会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△発議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、発議案第1号 南スーダンに派遣した自衛隊の撤退を求める意見書提出についてを議題といたします。

 提出者から説明を求めます。

 7番、阿部?一君。

           〔7番 阿部?一君登壇〕



◆7番(阿部?一君) 朗読して提案いたします。

 発議案第1号、平成29年3月21日、金ケ崎町議会議長、伊藤雅章様。提出者、金ケ崎町議会議員、阿部?一、賛成者、同千葉正幸、賛成者、同千葉良作。

 南スーダンに派遣した自衛隊の撤退を求める意見書提出について。

           (以下、「発議案」により朗読説明のため記載省略)

 なお、この意見書提出後、政府は5月末までに撤収するということを表明いたしましたけれども、5月末まであと2カ月以上あるわけで、何が起こるかわかりません。この意見書は、速やかに、直ちに撤収、撤退をしてほしいという願いを込めて採択したいと思いますので、同僚議員の皆さんの賛同をお願いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 提出者の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

 反対討論ですか。

 8番、及川みどり君。

           〔8番 及川みどり君登壇〕



◆8番(及川みどり君) 8番、及川みどりでございます。ただいまの意見書提出に対して反対の立場から討論いたします。

 南スーダンに派遣した自衛隊の撤退を求める意見書の提出に反対の立場で討論いたします。安倍晋三首相は、3月10日、南スーダン国連平和維持活動、PKOへの陸上自衛隊派遣に関し、5月末をめどに活動を終了、撤収させることを決定いたしました。政府が期限を決めて撤収を発表した今、議会として撤退を求める意見書を提出する必要はないと思い、この意見書提出に反対をいたします。

 同僚議員の皆様の賛同をお願いいたします。



○議長(伊藤雅章君) 次に、賛成討論ありませんか。

 2番、千葉良作君。

           〔2番 千葉良作君登壇〕



◆2番(千葉良作君) この発議案に賛成の立場から討論を行いたいと思います。

 私は、生まれてこの方、幸せな人生を歩んできたなと、こう思います。ベトナム戦争とかイラクの戦争など、海外での戦争がたくさん行き来しました。それはやめなさいという声を上げたこともありましたが、日本国内で、つまり自分自身の身のそばで戦争ということを考えたことがない人生を送ってきたのが一番の幸せでなかったかなと。それほど平和な時代に私は暮らしてきたなというふうに思います。これは、先人が体を張って戦いとったすばらしい財産ではないかと、こういうふうに思います。今それが危うくなってきている現実に、黙っていることはできないと考えます。

 南スーダンに出かけ、戦闘も可能な力を付与し、軍隊が出かけている。直ちに撤退し、この国策が誤りであることを声を大にして上げることが、今平和な日本に導く一つの方法ではないかと思います。

 金ケ崎町議会において、将来ある子供たちに負の遺産を与えるということは大変な汚点になると思います。したがって、この発議案に同僚議員に賛成していただき、平和な日本を築く礎にしたいなというふうに思います。どうぞご賛同をよろしくお願いします。



○議長(伊藤雅章君) ほかに討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決いたします。採決は起立により行います。

 発議案第1号 南スーダンに派遣した自衛隊の撤退を求める意見書提出については、原案のとおり決するに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立多数〕



○議長(伊藤雅章君) 起立8人で多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議員の派遣について



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、議員の派遣についてを議題といたします。

 お諮りいたします。平成29年度に予定されている各種会議、議員研修会等、お手元に配付の議員派遣一覧表のとおり、本議会の議員を派遣することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、各種会議、議員研修会等、お手元に配付の議員派遣一覧表のとおり決定いたしました。

 お諮りいたします。議員派遣一覧表以外に議員の派遣の必要が生じた場合は、議会運営委員会に諮り、その都度議長において指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、議員派遣一覧表以外の議員の派遣については、そのように取り扱うことに決定いたしました。

                                        



△閉会の宣告



○議長(伊藤雅章君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

 平成29年第1回金ケ崎町議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                                (午後 4時14分)