議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成28年 12月 定例会(第6回) 12月12日−議案説明・質疑・討論・採決−04号




平成28年 12月 定例会(第6回) − 12月12日−議案説明・質疑・討論・採決−04号







平成28年 12月 定例会(第6回)





            平成28年第6回金ケ崎町議会
                定例会会議録
議 事 日 程 (第4号)

                  平成28年12月12日(月)午前10時00分開議

       開  議
日程第 1  議案第 3号 金ケ崎町税条例等の一部を改正する条例          
日程第 2  議案第 4号 金ケ崎町介護保険条例の一部を改正する条例        
日程第 3  議案第 5号 金ケ崎町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営
              に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例     
日程第 4  議案第 6号 金ケ崎町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備
              及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予
              防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の
              一部を改正する条例                   
日程第 5  議案第 7号 町営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例の一部を改正
              する条例                        
日程第 6  議案第 8号 金ケ崎町土地改良施設管理条例の一部を改正する条例    
日程第 7  議案第 9号 土地改良事業計画の変更について             
日程第 8  議案第10号 損害賠償請求事件に係る和解及びこれに伴う損害賠償の額を定
              めることに関し議決を求めることについて         
日程第 9  議案第11号 財産の処分に関し議決を求めることについて        
日程第10  議案第12号 財産の取得に関し議決を求めることについて        
日程第11  議案第13号 平成28年度金ケ崎町一般会計補正予算について       
日程第12  議案第14号 平成28年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計補正予算につい
              て                           
日程第13  議案第15号 平成28年度金ケ崎町介護保険特別会計補正予算について   
日程第14  議案第16号 平成28年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算に
              ついて                         
日程第15  議案第17号 平成28年度金ケ崎町水道事業会計補正予算について     
       延  会

〇出席議員(16名)
   1番  青  木  俊  悦  君    2番  千  葉  良  作  君
   3番  阿  部  典  子  君    4番  高  橋  美 輝 夫  君
   5番  有  住     修  君    6番  巴     正  市  君
   7番  阿  部  ?  一  君    8番  及  川  み ど り  君
   9番  千  葉  正  幸  君   10番  山  路  正  悟  君
  11番  梅  田  敏  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  千  葉  和  美  君   14番  千  葉  正  男  君
  15番  佐  藤  千  幸  君   16番  伊  藤  雅  章  君
 
〇欠席議員(なし)
 
〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教    育    長     千  葉  祐  悦  君
       参 事 兼総合政策課長     高  橋     修  君
       財  政  課  長     千  葉  達  也  君
       会計管理者兼税務課長     高  橋  真 貴 子  君
       住  民  課  長     小  澤  龍  也  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       子 育 て 支 援 課 長     及  川  美 奈 子  君
       生 活 環 境 課 長     阿  部  一  之  君
       商 工 観 光 課 長     高  橋  文  浩  君

       農 林 課 長(兼)     ?  橋  義  昭  君
       農 業 委員会事務局長

       建  設  課  長     菅  原     睦  君
       水 処 理センター所長     高  橋  宏  紀  君

       教 育 次 長(兼)     千  田  浩  身  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長
 
〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     後  藤  清  恒
       副    主    幹     千  田  美  和
       主        事     滝  田  美  優



                                        



△開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は16人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 これより本日の会議を開きます。

                                (午前10時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△発言の訂正



○議長(伊藤雅章君) ここで、日程に入るに先立ち、先週12月9日、12番、千田力君に対する答弁が誤っていたので訂正したい旨発言を求められておりますので、これを許します。

 水処理センター所長。



◎水処理センター所長(高橋宏紀君) 12番、千田力議員のご質問の中で、県下の地方公営企業法を適用した自治体を8自治体とお答えしましたが、9自治体でございました。釜石市が抜けておりました。

 改めて申し上げますと、盛岡市、宮古市、北上市、滝沢市、花巻市、釜石市、雫石町、矢巾町、紫波町の全部で9自治体となります。訂正しておわび申し上げます。

                                        



△議案第3号の質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第1、議案第3号 金ケ崎町税条例等の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明につきましては、12月9日に終わっておりますので、これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 11番、梅田敏雄君。



◆11番(梅田敏雄君) 11番の梅田です。非常に中身が膨大で複雑で、十分に理解をするところまでなかなかいきませんでしたが、前段の全員協議会で説明をいただいた内容についてから質問いたしたいと思います。

 まず、税条例の改正の前段のほうの延滞金の計算の控除期間の部分でお尋ねをいたしますが、一旦賦課額が決定して、その後減額更正あるいは減額修正ということが起きると。その後また増額更正するという、非常にケースとしてはまれなケースかなというふうに思うのですけれども、このケースというのはよく起きることなのか。翻って、当町では過去にこのようなことが起きた事例があるのかどうか、その辺をお尋ねしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(高橋真貴子君) 11番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 このようなケースは、本当にまれなケースで、金ケ崎町ではという、私の知り得る範囲ではございませんでした。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 11番、梅田敏雄君。



◆11番(梅田敏雄君) 2年ほど前だったか、あるいはもう少し後だったかですが、法人税割の町税の予定納税をされていて、その後関連の子会社の合算で還付が生じたことがありました。その場合に、その還付が起きた後に、国税のほうからたしか認められなかったとかというニュースがちょっとあったような気がしたのですけれども、その場合はこのケースに、その場合ではなくて、そういうケースが発生した場合には、このケースに当たるかどうか、その点。一旦3月で予定納税されていて、3月で確定申告で、3月の決算で確定して、その後税額が減るとなって、その後にそうすると還付金を受けるし、それから延滞税……その場合は逆ですか、利息を上乗せして返却しなければならないということですか。わかりました、勘違いでした、済みません、取り消します。

 終わります。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は起立により行います。

 議案第3号 金ケ崎町税条例等の一部を改正する条例は、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、議案第4号 金ケ崎町介護保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 日程第2、議案第4号 金ケ崎町介護保険条例の一部を改正する条例についてご提案申し上げます。議案書の83ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) 質問いたします。

 この改定によって金額というか、保険料が値上がりになる人は実際にはいないのかどうかお伺いしたいと思います。いわゆる介護保険料の場合は基準額というのがあったと思うのですけれども、その基準額はこの場合はどこになるのか教えていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 7番、阿部?一議員のご質問にお答えいたします。

 今回この一部改正条例によりまして、保険料が値上がりになる人がいないかという1点目のご質問でございますけれども、これにつきましては、今回は合計所得金額の部分を算定する場合に長期譲渡所得あとは短期譲渡所得を控除するというものでございますので、値上がりというよりは、逆に下がる方が出てくるということでございます。

 次に、介護保険料の基準につきましては、これは変わりございませんで、今回の条例の部分でいきますと、第9条の5号の部分で6万4,800円、ここの部分が基準になるということでございます。



○議長(伊藤雅章君) 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) 今保険料が下がる人が出てくるというところなのですけれども、どの段階でそういう方が出る可能性があるのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 土地を売った人、さまざま条件ありますけれども、土地収用法とかさまざま法律とか事業とかに該当して土地を譲渡した場合になりますので、どの階層ということではなくて、基本的には全階層が出てくる可能性はあるというふうに思っております。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 9番、千葉でございます。改正の理由が震災等による長期、短期の譲渡所得に関係してでございますが、今同僚議員が質問したのに答えていませんが、金ケ崎で該当者がいるのかどうか。三陸震災を想定した、あるいはそのほかの地震などによる震災を想定してこういう改正がなされるものと思いますが、これ国の場合においては施行令の改正のようですが、これは時限立法的な、震災の一定の期間が過ぎれば該当しなくなるとかというのではなくて、この施行令はずっと有効なのかどうか。新たにいつ震災が来るかもわかりませんが、そういうようなものに備えて、恒久的な改正をするものかどうかお伺いします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 9番、千葉議員のご質問にお答えいたします。

 今回の国の政令の改正につきましては、主に震災関係で集団移転とかそういったことがございまして、土地をそういった部分で売る方が結構いらっしゃったようなのですけれども、その方々に対しての介護保険料の軽減が受けられないというのが主たる原因だったようなのですけれども、今回の改正の要因としては、そういったこともございますが、そういった部分だけを限定して軽減するということではなくて、土地収用法関係だったり、あとは農地保有合理化事業とか、その震災関係だけに限定したものではなく、先ほど言いました事業、あとは法律等の関係する部分に関しては今回介護保険料の減免といいますか、合計所得金額の算定に当たっては控除するという内容のものでございます。

 それで、これに関しましては、基本的に30年の4月1日から施行するという形だったのですけれども、市町村で条例で定める場合には1年前倒しをしてやっていいですと、適用していいですということになりましたので、当町としましては、早めてこの制度を取り入れるということで今回改正しようとするものです。

 30年以降につきましても、結局それは恒久的な取り扱いというふうな形になります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁漏れ。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 震災等でという話になりますと、恐らく該当者はいないと思うのですけれども、今回長期譲渡所得とか短期譲渡所得の部分については、実際28年中にそういった事案が発生した人が29年度該当するというふうな形になりますので、その申告の状況にもよりますけれども、ちなみに27年度にそういった土地の譲渡をした人等はおりますので、来年度についてもそういった事例というのは出てくるというふうには思っております。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) そうすると、震災のみならず、長期、短期譲渡所得があった場合は課税の額から控除されるということになると、例えば農家が農業できなくなったと、田んぼを売ったと、そういったようなものも全部該当してくるというふうに理解してよろしいですか。ちなみに、理解が不十分で申しわけないのですが、長期譲渡所得と短期、長期がどういうので、短期はどういうのですか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 長期と短期というのは、保有する年数によるみたいですけれども、5年を超えれば長期、5年以下であれば短期だったと思います。

 あと、田んぼを売った場合に該当するかという話ですけれども、田んぼの場合には、例えばそれが土地収用法とかそういった法律だったり、あとは農地保有合理化事業とか、ここで言いますと、9条の6号のイ、租税特別措置法と来て、第33条の4第1号とかさまざま細かく書いてありますけれども、そこに田んぼに該当する部分というのが農地保有合理化事業であれば34条の3の第1項、そういった部分が農地関係になります。単純にただ土地の売買、田んぼの売買という形ではこの控除の対象にはならないと。ある一定の条件のもとに売った場合だけという形になります。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) もしこれに該当する町民がいた場合に、町民のほうで申告しなければ、それは流れてしまうという格好ですか。それとも、そういう所得の動きが税務署の中で把握されている場合は、税務署のほうからちゃんとこうこうですよという納税者に親切に説明されて手続が思うようにいくのかどうか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 その部分に関しては、ちょっと税の申告上の部分に関しては、そんなに詳しくはないのですけれども、基本的には本人申告という形で、ここの部分が、例えば該当するような該当者がいるよというふうに税務署等から、もしくは土地の買い主とか、そういったところから自動的に税務サイドのほうに情報が来るというものではないというふうには聞いております。



○議長(伊藤雅章君) 11番、梅田敏雄君。



◆11番(梅田敏雄君) 11番の梅田です。介護保険計画との関連でお尋ねをいたしますが、今回の条例改正は平成29年度における保険料率の特例ということでの改正です。保険料率は介護保険計画で決められていくというふうに理解しておりますが、そうしますと、次期の介護保険の計画、いわゆる一般にいうおたっしゃプランでは、新たにこの保険料率を定めることになりますでしょうか。もちろんそうなるでしょうけれども。そうしました場合に、今回の条例改正の効力というのは平成29年度のみに適用されて、保険料率は平成29年度のみということになって、ただし今回の長期譲渡所得、短期譲渡所得にかかわる改正は、次の介護保険計画にも適用されるというふうな理解をすればよろしいでしょうか。その辺の関係についてお尋ねいたします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 11番、梅田議員のご質問にお答えをいたします。

 まず、介護保険の今回の一部改正条例につきましては、29年度だけの特例というふうな形ですけれども、もともと国のほうの政令の改正の部分に関しては30年から実施すると。なので、30年からは、もうそれは当然ですよというふうな話になります。したがいまして、町のほうで30年からは第7期の介護保険事業計画になりますけれども、そのときには当然この長期譲渡所得、短期譲渡所得の控除につきましては、そのまま引き続き考慮されて算定されるという形になります。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は起立をもって行います。

 議案第4号 金ケ崎町介護保険条例の一部を改正する条例は、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、議案第5号 金ケ崎町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 日程第3、議案第5号 金ケ崎町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例についてご提案申し上げます。議案書の87ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 お諮りいたします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、午前11時30分まで休憩を宣します。

            休憩(午前11時14分)

                                        

            再開(午前11時30分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 先ほど議案第5号の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 9番、千葉でございます。副町長、ご苦労さまでした。

 この地域密着型サービスに関連する町内の事業所というのを確認の上お話ししたいと思いますが、どこどこでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 9番、千葉議員のご質問にお答えいたします。

 今回条例で改正する部分、地域密着型の通所介護事業所になりますけれども、それに関しましては、現在のところ町内では該当する事業所はございません。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 現在のところはないということですが、ここ一、二年で該当するというようなところもないのですか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 現在のところ、町内でそういった小規模な通所事業所を設置するという話は聞いておりません。町内の話をすれば、以上のとおりなのですが、町外で18人以下の通所事業所をやっているところがありまして、そこに関して金ケ崎町内の方で利用されている方がおります。そういった場合には、今はその事業所がみなし期間といいますか、前に通所事業所として認可というか、許可されている期間がありますので、その期間までは今までどおり、金ケ崎町内の方々も利用できますけれども、その期間が過ぎますと、基本的には地域密着の施設になりますので、例えば奥州市の事業所であれば奥州市の方が基本的には優先されると。その場合に、金ケ崎町の人がまた引き続きそこの事業所を利用したいといった場合には、相手方の市町村と協議をして、あとは改めてこの条例に従った形で地域密着型の施設として指定をすると。そういった手続が必要になります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 他市町村の施設に町内の方々が入っているという場合の費用負担のようなものは発生するのですか。

 それから、地域密着型という場合に、私の認識が不十分だったのかとも思いましたが、西光荘のようなものは全く該当しないのですか。その辺の確認をしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 他市町村を利用する場合でも、基本的に利用者の負担というのは、町内で利用した場合と町外で利用した場合と、その本人自体の負担は変わりはございません。

 西光荘のような場合どうなのかというお話ですけれども、西光荘なんかの場合は、基本的にもう既に地域密着型の、あそこの場合は、例えば認知症の関係だったり、あとは小規模多機能とかという形で、もう既に地域密着型の施設ということでは該当になっている施設でございます。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君の質問は、既に3回になりましたが、会議規則第51条の規定により、特に発言を許します。

 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) ありがとうございます。

 西光荘の場合は通所型もやっていて、この条例の適用を受けないというのはどういうわけなのでしょうね。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 西光荘の場合は、通所といいますか、認知症の対応型の部分でございますので、これはもう従前のほうで。今回追加になった部分に関しましては、通常の通所介護、デイサービスの人数を18人以下の部分に関して規定をしたと。それとあわせて9人以下の療養通所の部分ですか、その部分を今回は追加したというふうな形でございます。



○議長(伊藤雅章君) 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) この指定地域密着型サービスというのは、特養ホームの場合は社会福祉法人でなければできないということのようですけれども、これは民間企業等でも、いわゆる通所サービスは、これはできるのかどうか、社会福祉法人でなくても一定の資格を満たせばできるのかどうかお伺いしたいと思います。

 それから、地域密着型ということですから、当然これは原則として町民しか利用できないという施設なのですけれども、そのことを改めて確認したいと思います。

 また、関連して、条例には関係ないですけれども、本町には災害時の場合の、いわゆる福祉避難所がないというふうに岩手日報なんかでも報道されているのですけれども、そういう福祉避難所等をこれを機会につくっていくとか、そういう考えはないのかどうか。これは、直接関係しないことですけれども、もしも答えられればお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 7番、阿部?一議員のご質問にお答えをいたします。

 通所介護につきましては、福祉法人でなくて民間でもできるというふうに理解をしております。地域密着型につきましては、基本的には市町村という形になりますので、他市町村のそういった施設を利用したいという形になりますと、先ほども言いましたけれども、その相手方の市町村等との協議が必要になるという形になります。

 福祉避難所に関しましては、今現在町内の介護サービス事業者とか障害者サービス事業所と話をしておりまして、大方の理解を得られておりますので、協定を結んで福祉避難所設置という形を年度内にはできるかと思っております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) 福祉避難所は、ぜひ早急に指定をしていただきたいというふうに思います。これは、民間でもこの通所介護事業をできるということですけれども、一定の面積とか職員とか、人員さえ配置すれば、民間あるいは個人でも運営できるということになると思うのですけれども、そういう理解でよろしいのでしょうか。改めて確認したいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 民間でもこの基準に沿った形で、基本的には指定を受けたいということで申請を出してもらうわけですけれども、その中でこの条例に合致をしているということになれば、金ケ崎町ではその事業所を地域密着型の施設として指定するというふうな形になります。



○議長(伊藤雅章君) 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) あとこの利用者は、先ほども同僚議員が話ししましたけれども、町外の利用者が希望した場合には、特養ホームと同じように町長が最終的には認めないと入所できないということになるのでしょうか、確認したいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 町外の方が金ケ崎町内の地域密着型の施設を利用される場合には、その他市町村のほうから金ケ崎町長のほうに協議が来て、それでその協議が調えば利用ができるという形になります。



○議長(伊藤雅章君) 15番、佐藤千幸君。



◆15番(佐藤千幸君) 2点お伺いいたします。

 基本的な姿勢として、こういう施設は町内では必要性はどのように感じているのでしょうか。それをまず1点。客観的なお話は、今お伺いしましたけれども、町としての必要性をどのように感じているかお伺いいたします。

 それから、109ページに第60条の35、2項に「緊急時対応医療機関は、指定療養通所介護事業所と同一の敷地内に存し又は隣接若しくは近接していなければならない」というふうにありますけれども、この隣接もしくは近接という基準はどの程度のものでしょうか。

 以上、2点お伺いいたします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 15番、佐藤議員のご質問にお答えします。

 まず1点目、町としてこういった施設が必要かどうかというお話でございますけれども、基本的に通所介護の部分につきましては、キャパシティーとしては今のところまず間に合っている状況でございますので、新たに施設をふやしてということは、町としては考えておりません。

 次に、109ページの第60条の35の第2項の部分での隣接とか、もしくは近接という部分ですけれども、これに関しては詳しい解釈というのはございませんけれども、緊急時の対応ということでございますので、その建物、例えば敷地内にそのままあるとか、もしくは本当に敷地同士が隣とか、そういったことになろうかと思っております。



○議長(伊藤雅章君) 15番、佐藤千幸君。



◆15番(佐藤千幸君) 今の後段の件についてお伺いしますが、金ケ崎診療所を初めとして個人の医療施設もあるわけなのですけれども、それらはこの隣接もしくは近接になり得るのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 基本的に指定療養通所介護事業所というのが、まず町内にはないので、例えば町内にそういった施設があれば、事例として判断できますけれども、今現在ないので、事例としてはちょっと判断はつかないという部分でございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は起立をもって行います。

 議案第5号 金ケ崎町指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例は、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第4、議案第6号 金ケ崎町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 日程第4、議案第6号 金ケ崎町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例についてご提案申し上げます。議案書130ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は起立により行います。

 議案第6号 金ケ崎町指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の一部を改正する条例は、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。昼食のため休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) ご異議なしと認めまして、午後1時30分まで休憩を宣します。

            休憩(午前11時55分)

                                        

            再開(午後 1時30分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



△議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第5、議案第7号 町営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 日程第5、議案第7号 町営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例の一部を改正する条例についてご提案申し上げます。議案書の143ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) 条例案には、別に異議はないのですけれども、この土地改良事業の経費に関して異議申し立てが具体的に何件ぐらいあったのか、この3年間ぐらいさかのぼってお聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 農林課長。



◎農林課長(?橋義昭君) 7番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 この3年間というお話でございましたが、今のところ現在まで異議申し立てというものはございませんので、この請求、賦課に対する異議の申し立ての手続について処理した案件はなかったというところで、今認識はしております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 9番、千葉です。「行政不服審査法の全部改正に伴い」と書いてありますが、この法律の改正はどういうわけで改正したのでしょうか。国の問題ですから、知り得る範囲内で結構です。この審査法に該当するものは、町営土地改良事業の経費の賦課徴収だけ関係するのでしょうか。行政不服といえば、多岐にわたるのではないかと思いますが、既に条例が整備されているとすれば、それは結構ですが、なぜ今急にここに土地改良の問題だけ出てきたのでしょうか。行政怠慢ではなくて、タイムリーにこれやったということですか。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎農林課長(?橋義昭君) 9番、千葉議員のご質問にお答えいたします。

 今般本条例を改正する理由でございますけれども、基本的にはこの行政不服審査法の全部改正が原因となります。

 それで、今回のタイミングになったという理由でございますが、この後議案第8号あるいは議案第9号で入畑ダムの土地改良施設の管理に伴いまして、条例改正が必要となっておりました。その作業をしている最中にでございますが、土地改良事業を市町村の事業として行う場合には条例で定めて賦課条例において賦課しなさいという、そういう手続上の関連がございまして、この賦課徴収条例も改めて点検したところでございました。

 その結果、ことしの3月議会におきまして、行政不服審査法の全部改正に伴う関連する町の条例につきましては、ほぼその時点で一括で議会の議決を経て必要な改正を行っておりました。しかし、この町営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例に関しては、条例中の文言が「30日」の期間と、それから「異議申し立て」というこの2つの、他の条例とは日数なり、それからまたちょっと表現が異なる中身で条例として存在しておりました。3月議会におきまして一括改正した部分では、「60日」と、それから「不服申し立て」というものが既存の改正前の条例の中で、ほかの町条例では定められておりまして、その条件で検索といいますか、機械的に抜き出しましたところ、当課が所管するこの賦課徴収条例だけがかからなかったと、網から漏れたという格好になりまして、そのことが今回の賦課徴収条例の見直しの中で発覚といいますか、確認できたために、他の2つの条例を改正するに当たりまして、大変おくれて申しわけございませんでしたが、今回このタイミングであわせて条例改正をお願いするというものでございます。

 改正内容につきましては、ただいまご説明申し上げましたとおり、行政不服審査法の改正に依拠する内容に改めようとするものでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 大体わかりましたけれども、この町営土地改良事業の経費の賦課対象になっているのは、入畑ダムの頭首工の恩恵をこうむっている六原とかですか。参考までにどういう人たちがこの賦課対象になっておりますか。その地域と対象農家数といいますか、教えてください。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 農林課長。



◎農林課長(?橋義昭君) 9番、千葉議員のご質問にお答えいたします。

 現在の受益者数につきましては、正確な資料は持ち合わせておりませんけれども、現在の頭首工、夏油頭首工については四百十数戸の受益農家が金ケ崎町にございます。それから、そのほかにですけれども、当町以外の受益者も当然ほかに北上市、花巻市に、夏油頭首工に関しては北上市のみなのですが、北上市と金ケ崎でその受益に預かっております。北上分の受益者の人数は、ちょっとここでは捉えておりませんが、当町分については夏油頭首工が四百十数名というふうに記憶しております。

 それから、今度新規に入畑の受益者になる人数につきましては、後ほど数字についてはお答えしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 近年後継者不足によって農地の流動が激しくなってまいりました。土地改良区の賦課金や借金の分の返済については、買い取った人が引き継ぐという格好になっていますけれども、あるいは小作を、小作といいますか、借りて農業をするという人が納めるというのが原則のようなふうに理解しておりますが、この次の議案に関係するのかもしれませんけれども、この権限は田んぼの所有者がこういう異議申し立てとかそういう権限があるのか、作付者なのか、その辺のところはどうなのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎農林課長(?橋義昭君) 9番、千葉議員のご質問にお答えします。

 こちらの土地改良区の賦課金につきましては、その改良区の定款によって、誰に課するかというのが決められているということでございます。つきましては、通常は所有者に対して賦課金が課されるというのが一般的な事例でございますが、改良区によりましては、耕作者と受益者をきちんと定款で、組合員に対して改良区は賦課できるわけですが、その組合員の資格として所有者であったり、耕作者であったりというふうな区分がなされているということでございます。

 今回金ケ崎町の場合の夏油関係につきましては、岩手中部土地改良区がその組合、土地改良区の賦課等をなしているわけですが、基本的には所有者ということで組合員資格を有しており、その方々に対して賦課しているというのが実態でございます。

 所有権の移転がない場合、あるいは相続と絡んだ場合、基本的には組合員が改良区に申し出るという、組合員名簿を変えてくださいと、それを手続をとらないままでいくと、いつまでたっても実態の本来の組合員にならない方に賦課通知がなされるというのが一般的というふうになっております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決いたします。採決は起立をもって行います。

 議案第7号 町営土地改良事業の経費の賦課徴収に関する条例の一部を改正する条例は、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第6、議案第8号 金ケ崎町土地改良施設管理条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 日程第6、議案第8号 金ケ崎町土地改良施設管理条例の一部を改正する条例についてご提案申し上げます。議案書の145ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 15番、佐藤千幸君。



◆15番(佐藤千幸君) 15番、佐藤です。ダムの管理というのは非常に高度な管理、専門知識が必要になるかと思うのですが、町が管理するときの管理体制あるいはマニュアルというのはどのようになっているのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 農林課長。



◎農林課長(?橋義昭君) 15番、佐藤千幸議員のご質問にお答えいたします。

 今回入畑ダムが新しく農林水産省から工事完了に伴い入畑ダムの水利権を取得するということから、新たに町の土地改良施設に加えるという条例の中身でございますが、実際ダムにつきましては県が設置した施設でありまして、今後とも県が全て管理してまいります。つきましては、町が直接ダムの水門をあけたり、あるいはオーバーフローの調節をしたりとか、そういった技術的な管理は今までどおり設置者である岩手県が行います。

 同じダムの維持管理事業の中で町が担う部分につきましては、持ち分に応じた負担金を、維持管理に係る負担金を払うと、それも維持管理事業の一つだということで、今回この条例におきまして、新たな維持管理施設ということで、夏油頭首工と同じく入畑ダムも加えまして、夏油頭首工に関しては、直接町が実際に頭首工の管理を行える立場にありますし、何かがありましたら行わなければならないのですが、現在のところはその分岩手中部土地改良区に実際の現場の維持管理はお願いしております。委託金というものを負担することで、実際の管理は岩手中部土地改良区が行っておりますし、ダムにつきましては、直接の管理につきましては岩手県が行うということで、従来どおりお願いする形になっておりますので、町としては維持管理に関する経費、持ち分に応じた経費を負担するという内容となっております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 9番です。入畑ダムは、たしか多目的ダムで、北上の水道、発電、その他洪水対策などに用いられて、11月初めでしたか、完工祝賀会があったと。これは喜ばしいことでございます。これの主な管理者は岩手県、それから大きくかかわっているのは北上市。私のほうは、農業整備費に関係しているのだと思いますけれども、県の負担分と土地改良区に負担しているのは幾らぐらいになっていましたか。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎農林課長(?橋義昭君) 9番、千葉正幸議員のご質問にお答えいたします。

 ただいまのご質問は、入畑ダムに関する部分ということでよろしかったでしょうか。入畑ダムの持ち分につきましては、河川管理者としての岩手県が50.7%持ち分を持っております。そのほかに、県の工業用水事業管理者が8.8%、それから水道事業管理者、こちらは岩手中部広域水道企業団の部分でございまして、21.9%、それから同じく岩手県の企業局ですが、先ほどの工水の部分と同じ団体でございますが、岩手県電気事業管理者として0.4%、残りにつきまして、農林水産省が今度企業局の工業用水のほうから持ち分を分けていただいたものが18.2%になります。こちらにつきましては、入畑ダムの管理に関する協定書に基づいて県、それから企業局、そして東北農政局、それらの協議によりまして、持ち分の分割といいますか、割合を定めたということで聞いております。今回は、岩手県工業用水事業管理者分の持ち分、本来は27%あったわけですが、そこから18.2%を分けていただいたということで、この目的につきましては、今までこのダムの、夏油頭首工から取水する受益の水田等の水不足が夏場といいますか、通常の管理時期にやはり水不足が起きていたということで、安定した水を確保するにはダムの貯留水を分けていただくことが一番安定的になるという考え方から今回取得したということで、持ち分割合で経費も案分されているということになっております。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 参考までにお聞きしますが、工業用水は飯豊のところから岩手中部工業団地、金ケ崎工業団地に大きな配管がされておりますけれども、この入畑から配管しているのは後藤野工業団地ですか。その辺わかれば教えてください。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎農林課長(?橋義昭君) 9番、千葉正幸議員のご質問にお答えします。

 工業用水道事業の取水関係については、ちょっと了解しておりません。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は起立により行います。

 議案第8号 金ケ崎町土地改良施設管理条例の一部を改正する条例は、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第7、議案第9号 土地改良事業計画の変更についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 日程第7、議案第9号 土地改良事業計画の変更についてご提案申し上げます。議案書の147ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) この変更の割合、4分の1というと25%ですか、この40分の3というのは12%のことですか。そうすると、経費が、負担分が上がったということですか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 農林課長。



◎農林課長(?橋義昭君) 9番、千葉正幸議員のご質問にお答えいたします。

 この土地改良事業計画の変更につきましては、当初土地改良事業に着手する前には、同様に土地改良事業計画につきまして議会議決を経ております。その最初に受けた議決の内容が、今当初案として示している分でございまして、こちらは同じ補助事業を導入する際の負担割合、国、県が30%、30%、残り40%を地元が負担するという中身でございます。40%のうち町が負担する部分につきましては40分の10という、協定ということで受益者と町の間での負担割合を事業開始の時点で決めていたということでございますので、40分の10というのが前の当初議決をいただいていた負担の割合だと。そして、今回変更しようというのが、同じ補助事業を導入して管理しようとするものでございますので、県等の補助金を除いた残りを40として、そのうちの40分の3を町が負担するということで、基本的には町の負担、割合的には低く抑えていただいたという結果になるところでございます。当初案についても40分の10と、これを約分といいますか、4分の1という表記にしておりますが、40分の10ということになりますし、変更後は40分の3ということで、町独自の、町自体の負担割合は低く抑えていただいたという中身でございます。

 事業計画の中身につきましては、今国に対して最終的な事業完了をもって事業計画の変更申請、議会の議決を経たということで、事業変更計画書の提出を今する最中でございますので、最終的な事業計画、最終変更の認可がおりた時点というふうに適用期限はなるかと思います。今のところ、実際のところにつきましては、その国の変更認可申請が受理、承認されたという時点になるかと考えております。



○議長(伊藤雅章君) ここで、おわびをいたします。

 ただいまの議案第9号の件名につきまして、「夏油地区土地改良事業計画の変更」と申し上げましたが、「土地改良事業計画の変更について」でございますので、訂正をさせていただきます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は起立により行います。

 議案第9号 土地改良事業計画の変更については、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第8、議案第10号 損害賠償請求事件に係る和解及びこれに伴う損害賠償の額を定めることに関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 日程第8、議案第10号 損害賠償請求事件に係る和解及びこれに伴う損害賠償の額を定めることに関し議決を求めることについてご提案申し上げます。議案書の148ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 2番、千葉良作君。



◆2番(千葉良作君) 2番、千葉良作です。舗装に穴があいていてタイヤがはまったのですが、この具体的な穴の大きさや損傷の状況を教えてください。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(菅原睦君) 2番、千葉議員のご質問にお答えします。

 穴の大きさに関しましては、長さ1メーター、幅は最大で35センチ、深さは7センチでございました。

 損傷の状況ですけれども、その穴にはまったため、タイヤの側面がアスファルトにこすれて切れてパンクしたという状況でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 2番、千葉良作君。



◆2番(千葉良作君) 随分大きな穴ですな。町では、道路に穴があくと、特に春先なんかは埋めてあるくのです、よくあるいているなと思うのですが、これは見つけなかったのですか。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(菅原睦君) お答えします。

 この穴に関しましては、実は8月17日台風が接近しまして、それのために倒木がかなりあった状況でございました。それらの処理に時間を要しまして、通常週2回パトロールを実施していましたが、この週に限ってはパトロールができなかった状況でございました。そのため見落としていたという状況でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 2番、千葉良作君。



◆2番(千葉良作君) これ見ると、日中の事故のようで、そうすれば運転手もこんな大きな穴があいていたならば、大体よけてあるくとかとまるとかになるのではないかと思うのですが、運転手の責任とかそういうことを勘案して4,000円なのですか、これは。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(菅原睦君) お答えします。

 8月20日に起きた事故でございますけれども、これは土曜日でございます。連絡が入ったのが22日の月曜日でした。実は、その間もまだ穴があいた状況ではありましたけれども、その相手方のみがまずパンクを起こしたという状況でございました。なので、保険会社とも話をしたところ、過失割合というものがありまして、道路の管理瑕疵と、あとは運転手の前方不注意という形で5対5でまず交渉を進めて、実際のかかった金額が7,478円でしたけれども、2分の1で3,739円という形でしたけれども、端数を切り上げて4,000円という形で仮示談を結んだ状況でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 3番、阿部典子君。



◆3番(阿部典子君) 今の同僚議員の質問に関連して、その穴の一つというのは、それが発覚してどれくらいの期間で処理されたのか、措置されたのかお伺いします。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(菅原睦君) 3番、阿部典子議員のご質問にお答えします。

 その穴のパンクした報告が入りましたのが8月22日の月曜日、朝の9時半でございました。それで、その電話を受けて、即現場に行って、現場を確認した上で補修をしたという状況でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は起立により行います。

 議案第10号 損害賠償請求事件に係る和解及びこれに伴う損害賠償の額を定めることに関し議決を求めることについては、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第9、議案第11号 財産の処分に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 日程第9、議案第11号 財産の処分に関し議決を求めることについてご提案申し上げます。議案書の149ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 9番です。全員協議会で説明を受けた場所だと思いますが、この7,600万円という経費の出し方は何が根拠でしょうか。不動産鑑定士あるいは土地開発公社がかかった経費を足したものとか、近隣の値段を勘案してとか、さまざまな配慮があったと思いますが、この7,600万円という金額の決め方についてお伺いします。

 これが入ることによって、前の土地開発公社の起債分のものはもとがとれるのかどうか。解散してしまったので、書類がないといえばそれまでの話ですけれども、大体とれるのではないかとか、間に合わないのではないかとかでも結構です。

 それから、ここに入るこの業者は流通業者ですよね。そうすると、町の工場奨励の税制優遇措置のようなものは、この企業は受けられるのでしょうか。この企業さんがこの価格で取得して、幾らか町の優遇措置に触れて、実際は何ぼ払うのかといったようなことはあり得るのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 商工観光課長。



◎商工観光課長(高橋文浩君) 9番、千葉議員のご質問にお答えいたします。

 まず、今回の処分価格7,600万円の根拠でございますが、当該土地につきましては、旧土地開発公社が所有していた土地が2筆、そして町のほうに寄贈していただいた土地が1筆の合計3筆から成ってございます。これは、皆さんお手持ちの説明資料に記載のとおりでございます。

 まず、1番目の旧土地開発公社から町に代物弁済をいただいた土地でございますが、この金額につきましては、代物弁済をしていただいたその金額でここの売買金額を算定してございます。したがいまして、ここの土地の金額については5,500万円強、いわゆる簿価台帳と同じ金額で売り渡すというふうに決めたところでございます。ほかの2筆でございますが、1筆につきましては、その寄贈していただいた土地7,618平米、そして旧土地改良区が所有しておりました雑種地という部分189平米でございますが、この部分につきましては、合わせて2,000万円強という、いわゆる7,600万円から5,500万円を引いた残りの金額2,600万円強というふうな金額で販売するというものでございます。

 この寄贈いただいた土地の部分の算定根拠でございますが、まず第一には、これは直近の山林としての売買実例、これがございました。この金額をまずはじき出してございます。それに、寄贈いただいた後、そこに木が生えていたわけですが、その伐採、抜根費用が発生してございました。それらを付加して、合わせた金額を2,000万円強というふうにはじき出したところでございます。

 この金額につきましては、まず土地開発公社の部分につきましては、これはもう代物弁済の決まった帳簿価格でございましたので、これで売らないと、町のほうに債権が残るというわけではございませんけれども、帳簿上おかしくなってしまいますので、そういう金額ということでございましたし、寄附いただいた土地につきましては、不動産鑑定士さんに一応相談をして、この金額というのは妥当なのかどうかということで、一応問い合わせはいたしました。その中で、妥当であろうというふうなご回答だけはいただいているものでございます。したがいまして、2点目ご質問いただきました土地開発公社の起債というものにつきましては、これでなくなるというふうなことでございます。

 次、3点目の今回の業者さんに対する税制等の優遇措置はどうなっているかというご質問でございますが、基本的に北部地区流通業務団地に立地をし、それに附帯する土地を取得したというふうな認識がとれるかと思いますが、北部地区流通業務団地の中であれば、基本的に町が支援をしております全ての補助金とか税制措置については対象になる部分がございます。ただ、北部地区流通業務団地で、ここで運送業をしても、これは企業立地の奨励金の対象にはならない。今町で定めておりますいわゆる企業立地奨励補助金については、製造業等が中心で補助金を出しているものでございますので、それについては該当にならないというふうな認識をしておりますし、町の工場設置条例等に関する固定資産の減免措置につきましては、この部分につきましては、この企業さんが、地元雇用をどれぐらいしていただけるか、そしてそれに伴う建屋をどのように建てるかということによって対象になるかならないかということで、今後の状況が左右されるのではないかというふうに認識をしております。現状では、対象になるともならないとも不明なというふうな状況でございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) この中には食品加工工場があって、近隣の住民とトラブルがあったわけですけれども、この企業を誘致する際に自治会役員等には事前にお話ししたのか。トラックの出入りということになると、騒音ということになると思いますけれども、自治会への連絡等はどのようになっているのですか。



○議長(伊藤雅章君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(高橋文浩君) 7番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 この北部地区流通業務団地につきましては、食品加工の企業さんが立地をしておりまして、過日新たに浄化槽を設置していただいて、3回ほど地元の説明会を開いて、現状ではにおい等については発生をしていないという状況でございます。今回の企業さんにつきましては、新たな騒音等、公害等の発生が予知されておりません。よって、現状では町との環境保全協定等の締結は予定をしていないところでございます。

 また、地元自治会、役員の方々への説明ということでございましたが、これは議会の議決を経ないうちは正式決定ではございませんので、まだ地元自治会のほうには、この事案については説明はしていないところでございますが、ご決定をいただいた際には、速やかにご説明に行くという予定にはしておりました。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は起立により行います。

 議案第11号 財産の処分に関し議決を求めることについては、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第10、議案第12号 財産の取得に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 日程第10、議案第12号 財産の取得に関し議決を求めることについてご提案申し上げます。議案書の150ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) 現在診療所の新築工事をやっているのですけれども、この財産は、取得した場合は配線等の工事は必要ないのでしょうか。全部無線でやるのかどうなのか。配線等の工事をやった場合は、新しい診療所になった場合、何かそのまま無駄になるような感じがするのですけれども、全部無線でやるということであれば必要ないと思うのですけれども、どういうふうなシステムになるのか、その辺お伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 7番、阿部?一議員のご質問にお答えをいたします。

 今回のシステムにつきましては、医師のところとか、あとは受付、検査、そういった各場所で使うシステムでございまして、そのシステムの連携につきましては配線を伴うものでございます。したがいまして、新たな診療所ができた場合には移設をするということになりますけれども、そこの部分も一応各業者には、今回参加していただいた業者につきましては、かかる費用についても見積もりを出していただいたところでございますけれども、今回決定をしようとしている業者につきましては、その中でも一番安価な金額で移設ができる業者でもございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) そうすると、この取得金額には配線工事等も今現在の診療所及び新しい診療所の両方の配線工事等も含まれた金額になっているのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 配線工事に係る部分につきましては、来年度というふうな形になりますので、それにつきましては今回のこの金額には含まれておりません。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 9番です。ちょっと勉強不足で申しわけありませんが、電子カルテシステムですから、レントゲンを撮ればディスプレーにぱっと出ると、MRIを撮ればぱっと出ると、薬の投与を出すときも全部パソコンでやるということだと思いますけれども、一般的に財産という場合はハードの部分、パソコン等は、そういうものを私の時代は言ったものですが、ソフトの部分というのは財産に入るのですか。入るとすれば、ちょっと財務規則とかというのは勉強不足ですが、金額幾らからでしょうか。

 それと、耐用年数というのが普通あるわけですよね。パソコンだと5年と。このハードの場合はわかるのですが、ソフトの場合の耐用年数というのはいつなのでしょうね。それに、このソフトウエアについては金ケ崎町単独のものでなくて、そのメーカーがつくった一つの商品で、どこかの病院でもいっぱい使っているわけですよね。金ケ崎町だけのソフトであれば、これは高いものかもしれません。大体ソフトの部分というのは、どのぐらいの金額になるのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 9番、千葉議員のご質問にお答えをいたします。

 その財産の取得の部分で、今のご質問はハードの部分が財産の取得の部分に当たるのではないかと、ソフトの部分も今は財産になるのかというお話でございましたけれども、ソフトにつきましても金額が多額になるもの、そういったものについては、たしか電算システムの関係でも同じようにやられていたかと思います。ソフトの部分も入るというふうに解釈をしております。

 耐用年数の関係ですけれども、ソフト自体は耐用年数というのは基本的には決まっていないと思います。ただ、ソフト自体、バージョンアップとかということで変更する場合があるわけですけれども、その場合には別途また費用が発生するという形になろうかと思います。

 今回のシステム関係、ハードウエアとソフトウエアにつきましては、個別に金額の見積もりを出していただいたわけではなくて、一括という形で出しておりますので、ハードとソフトと別々の金額につきましては今回の中では分かれてはおりません。一括で1,697万2,956円というふうな金額になっております。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 後から出てくる補正予算にもコンピューターシステムの導入の予算がありますけれども、財政課長、金額何ぼから財産台帳に載せるのですか。日進月歩の時代ですから、今のシステムがちょっと古くなったというのは、二、三年で古くなる場合もあるわけですよね。そうすると、ハードの場合と違って、すぐに取りかえるとなれば、財産というその概念が非常に曖昧になってくるのではないかと思うのですが、そういう財務規則等の定めによってソフトの取り扱いというのはどういうふうになっているのですか。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(千葉達也君) お答えいたします。

 備品の金額でございますけれども、台帳に載せているものにつきましては、重要備品は100万円以上ということになってございます。

 ソフトに関する部分につきましては、ないものというふうにちょっと……今保健福祉センター事務長が申しましたとおり、ハードとソフトをセットということでございますので、基準となっている100万円以上ということで、備品という形で考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) これからどんどん、どんどんソフト中心のものが導入されて、ハードと一緒のものが使われる回数あるいは頻度、需要というのが高まってくるわけですが、町の条例規則の定めに詳しくないというのはどんなものでしょうか。町単独あるいは胆江地区でつくったソフトもあるかもしれません。そのソフトをどこかに売るとか、そういうようなこともあり得るかもしれません。その場合に、一緒になっていた場合の財産台帳のソフトの価値というのがないとすれば、ちょっと問題になることが出てくるのではないかと思うのですが、そういうのを整備するお考えはありませんか。何か他市町村ではやっているところはあると私記憶しているのですが。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 財政課長。



◎財政課長(千葉達也君) お答えいたします。

 町では、ソフトだけの単独というような形のものではございませんし、開発していくと、物を売るということも今行っておりません。議員おっしゃいましたように、検討していかなければならない課題ではあると思います。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 11番、梅田敏雄君。



◆11番(梅田敏雄君) 11番です。院内LANということですので、外部のインターネット環境とは接続していないというふうに、閉鎖しているというふうに理解をしていいのかどうか、まずその辺を1点。

 それから、将来の病診連携、それからクラウドサービスの充実等々外部の環境の進展を見れば、将来的には外部と接続するという、いわゆるそういう可能性も考えられないわけではないのですが、その辺の展望についてはどのように考えているか。電子カルテですから、究極の個人情報というふうに判断をされるわけですけれども、その辺の将来展望については、今回この新しいシステムを導入するに当たってどの辺まで展望しているか、その点をお聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 11番、梅田議員のご質問にお答えをいたします。

 まず、このシステムにつきましては、前回の議員全員協議会でもご質問をいただいたところでございますけれども、基本的にバックアップにつきましてはメーンとサブの部分でバックアップをとります。この間は、完全にそういった形での閉鎖というふうなお話をさせていただきましたが、もう一つクラウドでのバックアップというのも予定はしております。このクラウドにつきましては、今専用のルーターを設置しまして、外部から入ってこないような形でのそういった仕組みづくりはしております。

 さらに将来的な病診連携とか、あとは地域内での医療連携とかというふうな話になった場合に、この電子カルテシステム等につきましては、今国のほうで提唱しておりますそういった連携をする場合の共通の組み立てといいますか、シムミックスとかというふうな、そういった仕組みになるのですけれども、それに乗っかった形のシステムでございますので、実際にそういった連携が必要になるとすれば、その連携するための構築というのは必要になっておりますけれども、基本の部分まで直すということはないというふうに考えています。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 12番です。既存のデータも入力するという、移行するということだろうと思いますが、これは診療所開設移行した以降のものをするのか、その場合全部のデータが入るのか、病歴、薬の処方、その他全部入るのかどうか、その辺が1つ。

 それから、データ移行につきましてはこの価格内での、当然この中に入っていると思うのですが、それを含みの価格かということをひとつお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 12番、千田議員のご質問にお答えをいたします。

 データ移行につきましては、基本的には患者情報、氏名、年齢、住所、あとは保険の種類、あとは病歴につきましては直近の病歴等になります。

 今カルテ上にある全ての情報を移行させるという形になりますと、時間的にも非常にかかりますので、そういったことではなくて、今の維持システム上であるものを移行させるという、先ほど言いました基本情報の移行というふうな形になります。

 その移行の費用につきましては、今回のこの金額の中に含めております。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 既存のデータということの内容ですが、もう少し古い分まで入るのかなと思ったら、最近時のものというような感じですが、そうしますと、古いのを見たい場合は、やっぱり紙ベースのものを、現在のカルテをそのまま保管しておって、それで見ると、これしかないということになりますか、その辺。ちなみに、カルテの件数とすれば何件ぐらいあるものですか、その辺もわかれば。わからなければいいです。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 データ移行した後、ある程度の期間はカルテ併用というふうな形になろうかと思います。実際完全移行という形になりますと、患者さんはカルテも何も持たないで診察を受けるという形になるのですけれども、過去の病歴等を参考にしながら診断を受けるということをしておりますので、ある一定の期間につきましては、患者さんはまずカルテを持って診察を受ける。過去の病歴等の関係がありますので、当分はそういったことも、併用という部分は必要になってくるというふうに思っております。

 カルテの件数については、済みません、手元に資料がございませんので、ご容赦願います。



○議長(伊藤雅章君) 3番、阿部典子君。



◆3番(阿部典子君) 3番、阿部です。このソフトの中には、セキュリティーソフトが入っていないように思うのですが、組み込まれているのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 3番、阿部典子議員のご質問にお答えをします。

 セキュリティーの部分で外部との関係というふうな話になれば、先ほど言いましたけれども、独自のルーターを導入しまして、それでセキュリティーを確保するという部分になります。

 あと、さらにこのシステム内部での話になれば、個々人ごとにパスワードとかそういったのを設定して、特定の方々しか使えないような形にしております。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は起立により行います。

 議案第12号 財産の取得に関し議決を求めることについては、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、午後3時まで休憩を宣します。

            休憩(午後 2時41分)

                                        

            再開(午後 3時00分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



△議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第11、議案第13号 平成28年度金ケ崎町一般会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 財政課長。

           〔財政課長 千葉達也君登壇〕



◎財政課長(千葉達也君) 日程第11、議案第13号 平成28年度金ケ崎町一般会計補正予算についてご提案申し上げます。議案書の152ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わりますが、何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 8番、及川みどり君。



◆8番(及川みどり君) 8番、及川みどりでございます。15ページの2款4目財政管理費の備品購入費、おむつ交換台があります。これは、公民館費にも同じ金額があります。今回赤ちゃんの駅を設置するに伴っての交換台かと思いますけれども、設置場所はどこになりますか。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(千葉達也君) 8番、及川みどり議員のご質問にお答えいたします。

 4目の財政管理費の備品購入のおむつ交換台でございますけれども、こちらにつきましては、住民の利便性を考慮いたしまして、1階の生活環境課の北側に相談室というものがございますが、そこを赤ちゃんの駅に開放したいというふうに考えてございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 10款の公民館費中にございますおむつ交換台の設置場所ですけれども、まずこれは1台分ということで予算を作成しております。そして、中央生涯教育センターのエントランスホールを今現在は考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、及川みどり君。



◆8番(及川みどり君) そうしますと、おむつの交換台は入りますが、そのほかにもやはり授乳のための何か備品とかも設置するのでしょうか。お湯とか、そういうものの提供とかは考えていますか。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(千葉達也君) お答えいたします。

 授乳関係の備品につきましては、まず1つは授乳用の椅子でございますけれども、これにつきましては、今現在住民課の前に2台ございまして、これを1台相談室のほうに、赤ちゃんの駅になるところに持っていきたいと思っております。

 また、ミルク用のお湯でございますが、管理上のこともございますので、必要な方は申し出ていただきまして、その都度お湯を提供させていただくような形を考えてございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) 二、三点質問いたします。

 15ページの企画費、積立金25節の積立金、これはふるさと納税の寄附金だと思うのですが、406万4,000円。これは、基金に積み立てるということで、今までの基金積立金が、これが毎月出納検査の報告を見ますと、966万3,000円ほどになっていますけれども、これは基金として積み立てていって、将来はどういうふうに使う予定が、何か積み立てて使う予定があるのかどうか。私は、これは奨学金制度を改善して、そういうのに使ったほうがいいのではないかなと思うのですけれども、とにかく使い道について現在の段階で考えがあればお伺いいたします。

 それから、19ページ、学童保育所、一般質問でも取り上げて、4カ所つくるということで、これから設計あるいは13節、15節に関連して建設に入るわけですけれども、ぜひ設計の段階で関係者の意見を十分聞いて設備をしていただきたいというふうに思います。特にも夏、冬の冷暖房の施設、多分あそこの建物、土地を使うと西日と東日が入るようなつくりになると思いますので、十分そういうところを配慮していただきたいと。これから設計をすると思うのですけれども、その段取り等をお伺いしたいと思います。

 それから、保育対策費の19節に待機児童支援事業補助金183万9,000円が予算化されています。この内訳、人数、認可外保育所とファミリーサポートセンターは半額補助というのですか、そちらが何人なのか内訳をお伺いしたいと思います。

 次は、23ページに行って非常備消防費、消防団員報酬が110万円減額になっています。これは、多分定数を減らしたということで減額にしたと思うのですけれども、奥州市等では出動手当を大幅にふやしたということが前に報道されているのですけれども、本町の場合は出動手当等の改善、増額等は考えていないのかどうかお伺いしたいと思います。

 以上。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) それでは、7番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 15ページのふるさと応援寄附金積立金のほうで説明いたします。今回積み立てるということでございます。ふるさと応援寄附については、今のところまず積み立てをしてきております。金額的にもう少しふやしていきたいという気はあります。それで、今後これについては有効にやっぱり役立てるということの趣旨でございますので、使うということも考えていきたいというふうに思っております。

 これ寄附いただく際に、あらかじめその目的を、寄附する目的を示していただいているという部分もございます。大きくは4つになっていますけれども、子供たちのための教育環境整備とか、福祉、健康の推進とか、歴史文化の保存とか、あとはその他町長が必要と認める事業でいいですよというような形で分かれておりまして、その他の部分が多いわけでございますけれども、こういった区分で、少し抽象的な面はありますけれども、いろんなこういう目的に沿って使っていただきたいという、こういう申し出で受け取っているものもございます。ですので、これらの意図も酌みまして、これらに該当するような事業に今後充てていくということを考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 子育て支援課長。



◎子育て支援課長(及川美奈子君) お答えいたします。

 19ページ、学童保育所の設計委託と建設工事の関係でございますが、今後内示を受けまして、その後に何度か設計の段階で皆さんの関係者の意見を聞いて、その中には冷房、暖房、いろいろお話が出てくると思いますので、そこで精査していきたいと考えております。

 また、同じ19ページの保育対策費の19節負担金補助及び交付金の待機児童支援事業補助金についてでございますが、こちらの算定では、認可外保育所を利用するという方への10人ほどを考えての補助と、あとはファミリーサポートセンター利用、これは半額なのですが、常時12月から3月まで、月に20日間ぐらいの計算でいきますと2人分という形で55万円ほど見て、待機児童対策として12人ほどの予定と考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(阿部一之君) 消防団員の出動手当の増額の件でございますけれども、いろいろ消防団員のほうにお聞きしまして、奥州市では1,500円を3,000円にしたわけですけれども、その3,000円にしたからすぐに消防団員が集まるということでもないなというところもありまして、今課内で検討中でございます。3月までには方向性をお示ししたいと思っております。



○議長(伊藤雅章君) 7番、阿部?一君。



◆7番(阿部?一君) 待機児童支援事業補助金について再質問いたします。今認可外が10人でファミリーサポートセンターが2人分というふうに考えているということですけれども、この前の一般質問では現在8人待機しているということでしたけれども、この10人と8人との関係、どうなっているのかなと思うのですけれども。



○議長(伊藤雅章君) 子育て支援課長。



◎子育て支援課長(及川美奈子君) お答えいたします。

 11月現在では、確かに今のところ8人の待機者でございます。ただし、3月までのこの補助を見込みますと、大体10人くらいの方々への補助を考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 11番、梅田敏雄君。



◆11番(梅田敏雄君) 11番の梅田です。5ページの債務負担行為の補正、平成28年度から31年度までの今年度含めて4年間の債務負担行為ということで2件補正がありますが、通常ですと毎年度入札あるいは見積もり徴取による随契という形で委託契約が結ばれているというふうに思いますが、今般債務負担行為をここで追加することの理由はどのような理由なのか、そこをお尋ねします。

 それから、歳出に入りまして、18ページ、民生費の社会福祉費、社会福祉総務費の負担金補助及び交付金で臨時福祉給付金4,800万円、これは同額が国庫補助になっているわけですけれども、この臨時福祉給付金は所得制限があって、1人3,000円というふうに聞いておりましたけれども、そうしますと4,800万円という国庫補助の金額が少し多いのかなというふうな思いをいたしました。そこで、この臨時福祉給付金1人3,000円のほかに何か別な事業がここに絡んでいるのかどうか、その辺の内容についてお尋ねをいたします。

 その2点お尋ねいたします。



○議長(伊藤雅章君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(阿部一之君) 11番、梅田議員のご質問にお答えします。

 5ページ、債務負担行為でございますけれども、議員お話しのとおり、例年廃棄物、リサイクルの収集運搬業務につきましては、3月議会で新年度の予算を可決いただきまして、それから指名する業者の方に案内を出して入札をして、そして4月からという、非常にタイトな中で収集運搬業務の委託をしてまいりました。その結果、一般廃棄物のリサイクル、生ごみ、官公庁の分も含めて、やはり同じ業者の方に毎年度委託になってしまうという、そういう硬直化が見られたと。それから、委託料が年々高どまりをしているという状況から、これを早くに委託をして、委託を決めて、ある程度業者のほうでも準備する期間を設けていただいて、しかも単年度ではなく複数年を委託することによってコストを下げるとか、もっともっと競争原理を働かせるとか、そういうことを期待して債務負担をお願いしたものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) ご質問にお答えをいたします。

 18ページの臨時福祉給付金、経済対策分でございますけれども、この臨時福祉給付金につきましては消費税の引き上げの関係で低所得者対策ということで出たものでございます。それで、金額につきましては、今回積算の基礎としておりますのは、今度8%から10%に引き上げになるというのが時期がずれました。その関係で、国のほうでは経済対策ということで補正予算を組みまして、今回はそれにかかる分、2カ年半分ですか、1人当たり1万5,000円という金額になります。そういったことで、今回は金額が多くなっているということでございます。1年にして考えますと6,000円、それが2カ年半という形ですので1万5,000円というふうな形になります。



○議長(伊藤雅章君) 11番、梅田敏雄君。



◆11番(梅田敏雄君) 債務負担行為のところで再度お尋ねいたします。債務負担行為補正の追加の意味はよく理解できましたが、そうしますと今年度委託されている業者が31年度まで継続するということの理解になりますでしょうか。それとも来年度は来年度で年度の早いうちに、今年度の早いうちに入札あるいは随意契約等々をして、業者を早々と決定して、その業者がその後3年間やるというふうな理解でよろしいのかどうか、その点をお尋ねします。



○議長(伊藤雅章君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(阿部一之君) 例年行っていた3月の入札をできるだけ早めるということで、1月はちょっと無理だとしても、2月には入札をして業者を決めたいと思います。ですので、今年度の業者ではなくて、来年度から3年間という意味でございます。



○議長(伊藤雅章君) 1番、青木俊悦君。



◆1番(青木俊悦君) 1番、青木俊悦です。18ページ、3款3目、4目についてお伺いします。

 4目の20節の中に介護給付費等238万円、それから自立支援医療費、更生医療として360万円とありますが、介護給付費は名称上は老人福祉のほうが適当かなと思っているのですが、障害のほうにも介護給付費とか訓練等給付費がありますので、これが正しいかどうか伺います。

 それから、自立支援医療費、一気に360万円という、ちょっと私には考えられないような額が上がっておりますが、その根拠についてお伺いします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 1番、青木議員のご質問にお答えをいたします。

 予算書18ページの3款1項4目の障害者福祉費の中での20節扶助費、介護給付費等という、まず最初にこの介護給付費等というふうな名称自体が正しいのかということだと思いますけれども、この中には実は「等」という形でくくっておりますけれども、内容とすれば居宅介護だったり同行支援だったり共同生活援助という、さまざまなものが入っておりまして、それらのものを含めて介護給付費等というふうな形でまとめているところでございます。

 自立支援医療費につきましては、今回金額が多額でどういうことなのだろうというふうなお話なのですけれども、これにつきましては人工透析の方が当初見込んでいたよりも1名増になりまして、大体1月30万円くらいはかかりますので、その部分で今回こういった金額の補正をさせていただくということでございます。



○議長(伊藤雅章君) 1番、青木俊悦君。



◆1番(青木俊悦君) わかりました。人工透析の問題ですが、今金ケ崎町にはなくて、実際に奥州市と金ケ崎の中では江刺病院と、それから県立病院と岩手クリニックがやっていると思っているのですが、利用している人たちは遠くて大変だと言っているのです。自力がなかなか通えない、家族の誰かに送られていくということで、冬場になれば全く大変で、勤めも休みながら行かなければならないという声をよく聞くのですけれども、金ケ崎診療所を新たに新築されるわけですから、そういった人工透析の設備はできないものかどうかお伺いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えをいたします。

 今現在診療所新築に向けて工事を進めているところでございますけれども、透析をするといった場合にはそれなりの器械、あとさらにはスタッフの関係がございますので、今回の新診療所につきましては、そこの部分に関しては配慮といいますか、そこの部分までは計画をしていないという状況でございます。



○議長(伊藤雅章君) 1番、青木俊悦君。



◆1番(青木俊悦君) いろいろあると思いますけれども、町民の皆さんがほかの市に行ったりして、人工透析、毎日というのですか、1日置きとか半日かかったりしているわけですから、そういった苦痛を取り除いてやるためにも、ぜひ新しく診療所をつくるのであれば、そういった1室、スタッフも問題でしょうけれども、そういう面を配慮してほしいなと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 2番、千葉良作君。



◆2番(千葉良作君) 2番、千葉良作です。いろいろと子育てに優しい金ケ崎のまちづくりということで、いろんな補正が組まれてありがたいなと思っていますが、15ページのさっきのおむつ交換台ですが、中央生涯教育センターと、それから役場に置くということですが、これもう少しふやして、各センターとかそういうところにも設置するような予定というのはないのかなと思っています。2台分でこれなのですか。それから、あともっとふえる予定はないのかということをお伺いしたいと思います。

 それから、18ページの3款の中の3目老人福祉費の中の扶助費というのの老人保護措置費というのがありますが、ちょっとこれ私わかりませんので、お願いしたいなということです。

 それから、19ページのチャイルドシートのことで、これもまた多分こういうチャイルドシートを購入する人がふえていくのかなという感じがするのですが、これはこれからの予定で何人ぐらい予定して、こういうふうにふやしているのかなということで、大変いいことだなと思ってひとつ進めていただきたいと、こういうふうに思っています。

 それから、24ページの通学バス運行費のところに委託料が100万ちょっとのっかってありますけれども、年間で恐らく予定は決まっていると思うのですが、これ補正を組む理由といいますか、内容はどんなことでしょうかということをお伺いしたいなと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 子育て支援課長。



◎子育て支援課長(及川美奈子君) 2番、千葉良作議員のご質問にお答えいたします。

 まず、おむつ交換台についてですが、今回の補正では役場のほうと中央生涯教育センターへの設置という形でお願いしております。赤ちゃんの駅を進めるに当たり、29年度の新年度予算のほうで、今の時点で各地区センターとどういうものをつけたらいいかとか、場所とかいろいろ今協議しておりまして、新年度予算のほうに反映させたいと考えております。

 あと19ページの19節負担金補助及び交付金のチャイルドシート購入助成ですが、年度当初、まず最高1人1万円という補助になるわけで、50人分を予算化しておりました。ちょっと数字が古いのですが、10月で34人、年度末までに六十五、六人になるという考えで今回の補正になっております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) ご質問にお答えをいたします。

 18ページの3款1項3目老人福祉費の老人保護措置費というものについてどういったものかというご質問でございます。それにつきましては、身体、精神、経済的理由で居宅において生活できない方が入所する養護老人ホームです。養護老人ホームへの入所措置の部分に係る費用で、今回は年度途中から1名増になりましたので、補正計上させていただいたということでございます。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(千田浩身君) それでは、2番、千葉議員のご質問にお答えいたします。

 少し経緯等も踏まえてご説明を申し上げますが、さきの一般質問の中で巴議員のほうからも駒丘の件が出されました。実は、委託業者のほうから冬期間のあそこの道路が非常に怖いし危険であるということを話されたという経緯は答弁の中でも申し上げましたが、実はバスが上っていく際等に、対向車が来たときにすれ違えない、待避所も近くにない場合はバスがずっとバックしていったりしなければいけないということで、非常に運転手さんたちが困っているというか、何かあってからではうまくないのでということで、非常に怖い思いをしているので何とかならないのだろうかというふうな相談がございました。それを受けて、その実際の3家庭の方々と状況をこちらでも伺いたいと思ってお集まりをいただいたところなのですが、その中で話されましたのは、恐らくすれ違うのは自家用車等ではなくて、地元の方ではなくて集乳車、ミルクを集めてあるくトラックと餌を配ってあるく業者さんのトラックではないかというふうな話をいただきました。業者さんのほうについては、集乳車のほうについては朝の時間帯を少しずらしていただくように建設課のほうを通してお願いをしていただいておりますし、餌のほうの業者さんについては、各家庭のほうからスクールバスがそういうふうなことで困っているようなのでということでご配慮をお願いするように呼びかけていただくということにしております。

 肝心のバスについてなのですが、いずれ中型のバスが上のほうまで上っていっているわけですが、朝の時間帯はいずれあのサイズですと非常にすれ違えないというふうなことがございまして、除雪も何とか頑張って早目に来てほしいし、脇のほうまでなるべく雪を残さないように除雪をしてほしいというふうな要望もいただきました。これも除雪の業者のほうには話をしております。どうしても、それでもバックをしなければいけないというふうなこともございますものですから、最終的にこちらのほうで業者さん、委託業者さんと話をしまして、四駆のマイクロをお願いするということで話を進めたいと考えております。やはり子供たちの安全が何よりですので、何かあってからでは遅いということで、そういったことでバスを1台新たにお願いをすると。今あるバスではだめなわけです、サイズあるいはFRということもありますので、四駆のマイクロをお願いする。その分の車両の借り上げ料ということで、1日3万円ちょっとかかるわけですが、冬期間だけそういうふうなバスの借り上げ料というふうな形で新たにここに計上させていただいたものでございます。何とぞご理解のほうもお願いいたしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 2番、千葉良作君。



◆2番(千葉良作君) 大変ありがとうございました。やっぱりそういうふうな方法をいろいろ考えていたけれども、地域の人たちも安心して学校にも通わせるということになるかと思いますので、どうぞいろいろ考えをめぐらせていただいてよろしくお願いしたいなというふうに思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 6番、巴正市君。



◆6番(巴正市君) 6番、巴でございます。私から1件お願いいたします。

 21ページですが、6款5目畜産業費です。19節負担金補助及び交付金373万4,000円。県南家畜保冷保管施設整備事業費負担金になっております。これについては、取りつけ道路、町道分の負担金なのかと思いますが、確認いたします。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎農林課長(?橋義昭君) 6番、巴正市議員のご質問にお答えいたします。

 こちらの負担金につきましては、現在県南家畜保冷保管施設の施設整備、建屋の工事と、それから道路の工事、両方並行で進めておりますが、その事業の完了を踏まえての全体事業費の負担金ということになります。つきましては、建物と道路、それも含めての施設完了後、全体事業費、現在見込み額として3億1,480万円ほどの全体事業費になるという見込みが出ておりますので、その中身といたしまして、県の施設がこの全体事業費の3分の2を負担する。残りにつきましては、市町と農協で組織いたします協議会で負担すると。協議会分については3分の1だということで、協議会の中で総会で決まっておりますので、その協議会で決まった負担金のうち金ケ崎町として負担する分、こちらは均等割、それから頭数割等で算定いたしますと、単純に745万円ほどが金ケ崎町の負担になります。ところが、この当該施設につきましては、非常に他市町村におきましても、余り好まれない施設ということで、金ケ崎町があえてその建設場所を承諾していただいたということで、この740万円ほどの2分の1ということで、2分の1減額していただきまして、施設完了後の町の負担金としては370、こちらの補正額の金額を負担することで金ケ崎町の負担を完了するという中身になっておりますので、道路だけではなく、建物も含めてということになります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 9番、千葉です。まず、5ページの債務負担行為について、同僚議員も質問しましたが、両方合わせるとかなりの金額になるわけでございますが、本来役場の会計システムというのは単年度決算というのを原則として、やむを得ず長期にわたる場合に債務負担行為をとるというその仕組み、理由に反してくるのではないか。いろいろ債務負担行為がふえるということは、好ましいことではないと私は思うのです。3年間で債務負担行為して、競争の原理が3年間働かないわけですよね、同業者。あるいは同業者はないかもしれません、当町の場合は。でも、競争の原理というのが働かないというのはうまくないと。一体これ3年間の債務負担行為すると、どれくらいの経費が節減できるとお考えでこういうふうな案を出されたのかお伺いいたします。

 次に、9ページ、歳入で法人町民税1億2,500万円、少ない金額ではないわけです。次の町税、固定資産税3,600万円、合わせると約1億6,000万円ぐらいの補正をするということは好ましいことではありますが、増額した理由というのは何なのでしょうか。会社の経営が順調であるとか、何か理由があるのか、それとも財政のテクニックでこういうやり方をしているのか、その辺の理由をお伺いいたします。

 次、12ページの17款寄附金、ふるさと応援寄附金。通称ふるさと納税と言われるものでございますが、最近特に競争が全国的に激しくなって、贈答品を、お返し品を出すというのが過激になって、本来のあり方に戻るべきではないかという反省もされるようになりました。そこで、参考までにお伺いいたしますが、当町の406万円増額というのは何人ぐらいで、1人平均どれぐらいの寄附金で、どういうお礼をしているのかお伺いをしたいと思います。

 次に、14ページの歳出、総務費、一般管理費の委託料に看板設置委託料というのが合わせて17万1,000円計上されておりますが、10月1日にスタートいたしました軍馬の郷六原資料館、赤鳥居あるいは二日町のあたりに標識がいまだにないわけです。私のところに電話が来て、そちこち歩いてきたけれどもわからないというので、私の後ろのコンビニで待っていて、電話をかけて案内してくれというのも少なからずあるわけです。案内することは構いません。しかし、迷うというのはどうかなと思うので、まさか総務費で出すとは思われませんが、文化財費のほうを見てもありませんし、一体いつ、どういうふうな格好で設置なさるのか。逆にまた桑島重三郎記念館の廃止になった旧館のガイドの標識まだ残っていたりするわけです。そういうようなものをちゃんと整理してスタートするというのが本来であったと思うのです。その辺の整理、これに関連してお伺いをしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 生活環境課長。



◎生活環境課長(阿部一之君) 9番、千葉正幸議員のご質問にお答えします。

 5ページ、債務負担行為でございますけれども、先ほど梅田議員のご質問にもお答えしましたとおり、例年3月の新年度予算が可決してから業者さんに指名の案内を出して、入札をして、契約して事業が始まるまで10日とない中でやっています。例えば一般廃棄物であればパッカー車が2台、リサイクルと生ごみは5台ぐらいの台数の作業車でもってやっているのです。これを1週間、10日で落札しました、すぐに準備できるというのはなかなか現実的にはあり得ないということで、参考で申しますと、現在一般廃棄物の登録業者は町内に24社、うち収集運搬が可能な会社は11社あるのですけれども、なかなかこの会社が絡まずに、先ほどの答弁でも申しましたとおり、通年にわたって同じ業者が結局同じ業務を受け持つという硬直した状態になっているということで、その金額がどれぐらい下がるのかと言われれば、それはちょっと予想はつかないのですけれども、やはりある程度の準備期間を設ける、年数も3年と区切るということによって、安心して、では新しい収集運搬業務にチャレンジしてみようという業者があらわれるということを期待しているものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(高橋真貴子君) 9番の千葉議員のご質問にお答えします。

 9ページの1款町税の町民法人税に関する増額ですけれども、これは大手法人1社の当初見込みから約1億3,000万円増加したもので、これは事業が堅調に推移したことによる増でございます。

 それから、固定資産税の3,600万円の増ですが、これはメガソーラーの設置が昨年度6事業者であったのが16事業者に増加し、2,200万円ほど増になったのが主な理由でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) それでは、続きまして12ページのふるさと応援寄附についてお答えいたします。ふるさと納税ということでございますが、全国的にいわゆる贈答品、これで競い合っているというのはそのとおりでございまして、実際のところネットとかで見て、その品物で選ぶという傾向が強いというふうに思っております。ということで、当町でも物としては非常にいいものもありますので、そこを何とか売り込みたいということで売り込んでやっているところでございます。

 当町の場合、昨年は17件ぐらいでございました。ということで、ことしはふるさとチョイスという全国版にも載せまして、ぜひ発信を強化ということでやっておりまして、今150件を超えるというような状況になっていましたので、その辺は目標としては200件超えということで考えております。

 金額については、そういった1万円とか2万円という形で非常に多いわけでございます。そういったことで1人2万円くらいの平均になると見ての今回の計算になっております。

 それから返礼品、これについては余り過当競争にならないようにということで、余り高価なものではなくという総務省からの通達も出ておりますけれども、当町としてもいろんな品物がありますので、今のところお酒のセット、そういったものを1つ用意しておりますし、あとは何といいましても肉、金ケ崎牛、奥州牛の肉の部分。それから、お酒については何種類かありますので、この辺いろんな組み合わせでやっているということですし、あとは何といいましても米、食味ランキング特Aの米ということで米も出しておりますし、あとは山芋の「金精」というのがありますけれども、あれらは結構評判もいいということで、これらも返礼品に用意しています。

 さらに、ボックスティッシュというアスパラの絵が入ったものがあるのですが、あれも出しております。これは意外と引き合いも出ているということでございまして、これら全体にいろんな組み合わせをしながら、金額その他に応じて返礼品を出していると、そういう状況でございます。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 14ページの看板設置委託料にかかわっての軍馬の郷の看板等のご質問です。これに関しては、商工観光が所管する観光のための看板ということで、担当課、商工観光課とは協議させていただいており、設置しようかなという感じで協議はしております。

 そして、あとは桑島重三郎記念館の看板の件ですけれども、こちらに関しては対応を今後考えさせていただきます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) それでは、看板につきましては一般管理費の絡みでご質問をいただいたので、この分をちょっと説明いたしますが、この一般管理費のほうの今回出している委託料の看板は、役場庁舎のエントランスホールのところにあります、上のほうに張ってある大きい看板がありますけれども、あそこちょっと犬ぞりとかがもうなくなりましたので、あそこをちょっと変えるというものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 法人税ですが、これ確定申告の金額ですものね、1億円何がしは。償却資産というのは、ソーラーのパネルとかあの台のことを償却資産でというのですか。同時にそういうメガソーラーがふえたとすれば、固定資産税も宅地並み課税をされているのではないかと思うので、その分の増額についてはないのですか。今工事中のものもありますから、将来的にこれ相当の税収につながるものと思われますが、これ毎年この金額が入るというふうに理解してよろしい、もっと入るのですね、ふえていますから。そうすると、町のメガソーラーの町内設置に関する考えをもう少し整備すべきではないかと。というのは、この辺には設置は余り奨励しませんと、景観上、あるいはさまざまな鳥獣とか、そういうようなものの関連とか、そういうふうなメガソーラーを受け入れる基本的な考えを町自体が持つべきではないでしょうか。

 ゴルフ場が工事に入ったのですか。あれも物すごく大きいソーラー事業になるわけですね。そうすると、来年は倍ぐらいの金額が入ってくるのではないかと、へそ勘定されると。将来的には1億円を超す税金が入ってくるのではないかと見込まれますけれども、それをやはり町が整然とした管理計画の中に奨励したり断ったりということがあって当然だと私は思うのですが、どうお考えかお伺いしますし、この償却資産税だけでなくて、固定資産税のほうが宅地並み課税かどうかを確認するし、今年度どれぐらいふえているか教えてください。

 それから、ふるさと納税ですが、150人ぐらい、1人平均2万円と。これ宣伝の効果があって、こういう数値になって、私も400人も寄附するのかとちょっとびっくりして、去年から見ればびっくりした数値、金額なわけです。どういう返礼の基準で金ケ崎の名産品を送っているのか、1万円の場合は何々、2万円の場合は金ケ崎牛、何か基準を定めてPRしているのでしょうか。私の友達も、「送っていいよ」と言う人も結構いるのです。「何くれるのや」と逆に聞かれる場合が多いのですけれども、もらうために町に寄附するというよりも、ふるさとを愛して、ふるさとが栄えてもらえるように寄附してもらうという基本方針を外れない範囲内で贈答品をどのような基準で返礼しているのか。

 それから、過般の行政報告で金ケ崎ふるさと大使ですか、ふやしたと。そうそうたるメンバーで、シャンソン歌手もいれば芸人もいるという方々にも、こういうふるさと寄附の宣伝頼みますというお願いをしているのでしょうか。辞令もらっただけだという悪口を言う大使もいらっしゃるので、その辺のところはどうなっているのかお伺いをいたします。

 それから、桑島重三郎記念館の標識を、そのうちにやりますではなくて、これは即撤去すべきだと。金ケ崎町がうそをついていることになるのではないですか、右に曲がりなさいとかと。行ったら何もなかったというのでは、これはうそです。それをだんだんにやりますではないですよ、これは。即やってください。

 それから、新しい看板を取りつけるのは商工観光課との関係だけですか。あれは、交通ルールに基づく標識ではないと思うので、建設課が関係しているかどこが関係しているか、私もよくわかりませんが、関係課というのはどこどこなのですか。そこはちゃんと協議して、早くやってください。



○議長(伊藤雅章君) 答弁、副町長。



◎副町長(小野寺正徳君) お答えします。

 メガソーラーの関係でございますが、議員お話しのとおり、町の考え方が必要ではないかというのはそのとおりだと思っております。まだ検討が進んでいる状況ではありませんが、いずれどういうふうにしていったらいいかというあたりは検討させていただきたいと思っております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(高橋真貴子君) お答えします。

 メガソーラーの土地の固定資産税ですが、宅地並み課税ではないかというご質問なのですけれども、即宅地並み課税というのではなかったと私認識しているのですが、もう一度調べてからお答えしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) それでは、ふるさと応援寄附の関係でお答えいたします。

 返礼品は先ほどいろいろ取りそろえて送っているということですが、基準も一応決めてやっております。これについては、まず金額によって使い分けるということでございまして、例えば1万円でも何種類か用意しております。お酒のセットも何種類かあるということで、この辺もありますし、あと5万円とかになりますと、奥州牛と米のセットとか、そういった形で金額によって分けております。おおむね半分まではいかないような形で、金額としましては、そういった形でまず目安でやっております。

 それから、結構1万円とか2万円の方は多いのですけれども、たまにやっぱりそれなりの額でいただく場合もありますので、こうした場合には、一気に物をどさっと送られても、これも大変だという話もありまして、本人のご希望を聞いて、年間何回かに分けて送ると。米とかも、何月ごろ何ぼ何ぼと。そういったちょっと配慮した形で細かく分けて送ると、こんなこともやっております。

 それから、ふるさと大使は、この間話がありましたけれども、例えば在京金ケ崎人会等では、こういったのをお話ししておりまして、いろいろとそちらでも取りまとめしていただいているというありがたい状況もございます。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 標識または看板についてのご質問です。軍馬の郷に関しては、今現在の進行状況ということで、先ほど商工観光の所管の看板についてお答え申し上げました。さまざま道路に設置する場合は、こんなことは話したくない、国道、県道、町道等の所管の部署と検討を進めなければならないわけですけれども、まだそこまで着手はしておりません。関係者と協議を進めていきたいと思います。

 桑島重三郎記念館の看板の早期撤去については、早速検討し、早急に着手します。



○議長(伊藤雅章君) 9番、千葉正幸君。



◆9番(千葉正幸君) 大体わかりましたが、固定資産の関係は後で教えてください。宅地並み課税でないとすれば幾らなのか、将来宅地並み課税にする考えなのか、その辺のところも教えてください。

 それから、ふるさと寄附、ここに四百何万計上しているのは、その返戻金を産業公社なりから頼んで送った経費を差っ引いた金額をここに計上しているのですか。それとも、丸々寄附されたのをここに計上して、別途お礼品は別の予算から出しているのですか。本来であれば、差っ引いて出すというのは、これちょっと本人の気持ちを害することになるわけだと思うのです。3万円やったのに、実際役場の書類上は2万5,000円だったということになると、これはちょっと人の金をうまく使い過ぎているのではないかと思うので、この金額はどこから出た金額、そういう計算の金額ですか。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) それでは、ふるさと応援寄附についてお答えいたします。

 今回計上しているこの積立金につきましては、あくまでも寄附をいただいた額の総額という形で考えております。総計予算主義といいますか、入るものは入るもの、出すものは出すものという形で、入るものを計上して、また別なところから返礼品は出すと、こういう考えでございます。



○議長(伊藤雅章君) 暫時休憩いたします。

            休憩(午後 4時12分)

                                        

            再開(午後 4時20分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 先ほど9番、千葉正幸君に対する答弁が保留になっておりますので、答弁を願います。

 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(高橋真貴子君) お答えします。

 太陽光発電用地の件でしたが、用地の地目は雑種地として認定して、その評価は宅地の評価に準じて求めるのですけれども、宅地評価額の30%として計算しております。

 それから、ずっとこの価格が続くかというお尋ねだったのですけれども、減価償却がありますので、年々現在設置したものからは減っていくと思われますが、新しいものが設置されれば、また額は変わってくるとは思いますが……

           〔「6年間」と言う人あり〕



◎会計管理者兼税務課長(高橋真貴子君) 6年間……耐用年数。

           〔何事か言う人あり〕



◎会計管理者兼税務課長(高橋真貴子君) 済みません、申しわけありません。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は起立により行います。

 議案第13号 平成28年度金ケ崎町一般会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第12、議案第14号 平成28年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 水処理センター所長。

           〔水処理センター所長 高橋宏紀君登壇〕



◎水処理センター所長(高橋宏紀君) 日程第12、議案第14号 平成28年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計補正予算についてご提案申し上げます。議案書153ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わりますが、本案については、去る11月25日開催の金ケ崎町上下水道事業運営協議会にて承認されたことを申し添え、原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は起立により行います。

 議案第14号 平成28年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△延会について



○議長(伊藤雅章君) お諮りいたします。

 本日は、これで延会したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、延会することに決定いたしました。

                                        



△延会の宣告



○議長(伊藤雅章君) 本日はこれで延会といたします。

 大変ご苦労さまでございました。

                                (午後 4時27分)