議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成28年  2月 臨時会(第1回) 02月01日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成28年  2月 臨時会(第1回) − 02月01日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成28年  2月 臨時会(第1回)





            平成28年第1回金ケ崎町議会
                臨時会会議録
議 事 日 程 (第1号)

                    平成28年2月1日(月)午前10時00分開会

       開  会                               
日程第 1  会議録署名議員の指名                         
日程第 2  会期の決定                              
日程第 3  報告第 1号 自動車事故に係る専決処分の報告について         
日程第 4  議案第 1号 金ケ崎町税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例
              の専決処分に関し承認を求めることについて        
日程第 5  議案第 2号 金ケ崎町課設置条例の一部を改正する条例         
日程第 6  議案第 3号 金ケ崎町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条
              例                           
日程第 7  議案第 4号 平成27年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算に
              ついて                         
       閉  会                               

〇出席議員(14名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    7番  ?  橋     奬  君
   8番  山  路  正  悟  君    9番  及  川  み ど り  君
  10番  ?  橋  文  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  梅  田  敏  雄  君   14番  千  葉  正  男  君
  15番  千  葉  和  美  君   16番  伊  藤  雅  章  君
 
〇欠席議員(なし)
 
〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教    育    長     新  田     章  君
       参 事 兼総合政策課長     高  橋     修  君
       財  政  課  長     千  葉  達  也  君
       会計管理者兼税務課長     及  川  美 奈 子  君
       住  民  課  長     及  川  敏  雄  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       教 育 次 長(兼)     長  野  圭  二  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     後  藤  清  恒
       副    主    幹     千  田  美  和
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開会及び開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまから平成28年第1回金ケ崎町議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は14人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                (午前10時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

                                        



△諸般の報告



○議長(伊藤雅章君) 日程に入るに先立ち諸般の報告を行います。

 議長の報告は、印刷をもって配付のとおりでありますので、ご了承願います。

 これで諸般の報告を終わります。

 町長からの行政報告は、ご配付のとおりでありますので、ご了承願います。

 これで行政報告は終わりました。

                                        



△提出された付議事件の報告



○議長(伊藤雅章君) 本臨時会に町長より提出された付議事件は、お手元に配付されております別冊議案目録のとおり、報告第1号 自動車事故に係る専決処分の報告についてから議案第4号 平成27年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算についてまで、報告1件、専決処分の承認案件1件、議決案件2件、補正予算1件の計5件であります。

 なお、議案の朗読は省略をいたします。

 以上で提出された付議事件の報告を終わります。

                                        



△会議録署名議員の指名



○議長(伊藤雅章君) これより本日の議事日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第112条の規定によって、議長において12番、千田力君、13番、梅田敏雄君を指名いたします。

                                        



△会期の決定



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日2月1日の1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日2月1日の1日間と決定いたしました。

                                        



△報告第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、報告第1号 自動車事故に係る専決処分の報告についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案書の2ページをお開き願います。日程第3、報告第1号 自動車事故に係る専決処分の報告について。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で報告を終わらせていただきます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 6月23日に発生した事項で、きょうまで大分期間がたっているわけですけれども、この示談が長引いた理由はどういう理由だったのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 財政課長。



◎財政課長(千葉達也君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 事故発生からこの専決までの期間が長かった理由につきましては、事故当初から相手方が、過失割合が自分のほうが多いということに対してご理解をいただけなかったというふうに保険担当のほうからは聞いております。最終的には相互の保険会社の決定に基づきまして、12月にご本人に納得をいただいて示談という形になったものでございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 報告第1号 自動車事故に係る専決処分の報告については、これを報告のとおり受理するに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、報告第1号は報告のとおり受理することに決定いたしました。

                                        



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第4、議案第1号 金ケ崎町税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案書の4ページをお開き願います。日程第4、議案第1号 金ケ崎町税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについてご説明申し上げます。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案のとおりご承認賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 第113条に関する、いわゆる特別土地保有税に関してですけれども、平成15年の税制改正で新たな課税はされていないということですけれども、現在それ以前の特別土地保有税を課している実績というのはあるのでしょうか、お尋ねをいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(及川美奈子君) 13番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 特別土地保有税に関しては、議員おっしゃるとおり、平成15年以降は課税を停止しているという形で、現在のところは当町にはございません。そして、特別土地保有税を現在課税していないので削除してもいいのではないかというところもありますが、やはり国税の関係等ございまして、新たな課税となったときのために、このような措置になっております。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第1号 金ケ崎町税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについては、これを原案のとおり承認するに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり承認されました。

                                        



△議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第5、議案第2号 金ケ崎町課設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案書の9ページをお開き願います。日程第5、議案第2号 金ケ崎町課設置条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

 本議案は、子ども・子育てに関する窓口を一元化するとともに、平成27年度から施行された子ども・子育て支援法に基づく子育て対策を総合的に推進し、今後の人口減少対策を強化するため組織機構の見直しを行おうとするため、所要の改正をするものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 1番、阿部です。質問いたします。

 この前の全員協議会で、この子育て支援課の業務内容が説明されました。その中でも質問したのですけれども、教育委員会でやっている奨学資金とか就学援助、これもこの課に移行したほうがいいのではないかなと思いますし、あとは住民課でやっている子供の医療費助成というもの、これも子育て支援課に一本化したほうがいいのではないかなと思うのですけれども、その辺のところがこの前の資料には書かれていなかったので、その辺の事情等、なぜそういうふうにしなかったのかお伺いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 副町長。



◎副町長(小野寺正徳君) 1番、阿部議員の質問にお答えいたします。

 この子育て支援課を新設するに当たりましては、関係部署を集めての検討委員会を開催させていただきましたが、内容的には、基本的には子育て支援という観点で業務を考えたところでございますし、なかなかすみ分けが難しい部分でありますとか、スペースの関係とかシステムの関係等もございまして、当面は難しい部分については現状のままとして考えるということで協議をさせていただいて、このような形になったところでございます。

 いずれ具体的な内容につきましては、柔軟に対応していきたいというふうに考えておりますので、今後関係課との連携をする仕組み等を考えながら、検討してまいりたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) マスコミ報道等からして、一般の住民の方々は、この子育て支援に関するものは、この子育て支援課に行けば全て足りるというふうに多分思ったのではないかなと思うのです。ところが、子ども医療費は住民課、就学援助は教育委員会ということになると、やっぱり戸惑いがあるのではないかなと思いますので、ぜひ発足までに検討して、余り住民が戸惑わないように検討をしていただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 12番です。県内に先駆けてこのような課を設置するということの意欲的な取り組みについては評価をするものであります。

 28年度の職員体制については、既に採用等で手当てをしているというふうに思うわけですが、スタート時点での人員配置等についてのお考えをお伺いしたいと思います。人数は、5ないし6人というような、この間の全員協議会ではそうではなかったですか、そういうふうな説明を受けたと思いますが、今まで分散しているものを一元化するということですから、人員の増ということはないのかなとも思いますけれども、その辺を確認しておきたいと思いますし、配置される職員の方々には、特に資格要件とか技能的な面の、技能といいますか、専門職的な資格が要求されるのかどうか、その辺のところも含めて、人数と人員体制と職種等について質問をいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) 千田議員のご質問にお答えいたします。

 それでは、子育て支援課の体制のことについてお答えいたします。今のところ業務の量を勘案しまして、スタートとして五、六人という想定で始めるということを考えております。これについては、正職員と、あと非常勤、臨時との組み合わせも考えられるところでございますので、これは今後の詰めの中でということでございます。特に今のところは、特別な資格を要する職員という形はないのではないかと思っておりますが、現在保健福祉センターのほうで子育て支援相談員とか、そういった特別な業務に当たっている非常勤の職員もございますので、そういった方々もここに集約するということになると考えております。いずれにしましても、今後の年度末の人事異動の中で総体的には考えていくということでございまして、まずは全体として五、六人のところでの配分ということで考えているところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 人数的なことでは、さらに採用するというのか、手当ての中で賄うのか、そこのところの回答がなかったので、そこをひとつ。正職員と臨時で対応するというのはわかりますけれども、加えて管理職等は専任制にするのか、兼務制にするのか、その辺もこれからのやりくりでということはわかりますけれども、今のわかっている範囲内でお答えをいただきたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) それでは、お答えいたします。

 人事関係については、まだちょっと流動性がありますけれども、基本的には新しい新設の課ということでございますので、新設の管理職ポストを設けるというのが基本かと思っておりますけれども、その辺は今後十分詰めさせていただきたいと思います。

 それから、職員についても先ほどちょっとありましたが、どうしても業務の関係上1対1というふうにならない部分もございまして、0.7ぐらいとか0.5ぐらいということもあります。その辺全体をいろいろと検討しながら考えていかなければならないと思いますし、今後場合によっては、その体制をどうするかという部分で、人が足りないというふうになるのか、その辺は今後の状況次第ということで考えております。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第2号 金ケ崎町課設置条例の一部を改正する条例は、これを原案のとおり決するに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第6、議案第3号 金ケ崎町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案書11ページをお開き願います。日程第6、議案第3号 金ケ崎町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。

 本議案は、平成27年の人事院勧告に基づき、勤勉手当の支給割合の引き上げを実施するため所要の改正をするものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) これは人事院勧告に基づく改定ということですから、当然労働組合なんかとも合意はしていると思いますけれども、この支給率は周辺自治体と同じなのか、奥州市や北上市と同じなのかどうか、その辺お伺いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長、答弁願います。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 これにつきましては、今回の改正は国の人勧に基づいた形で支給率を引き上げると、こういう形になっておりますので、まず全部一つ一つ把握しているわけではございませんが、人勧に基づいて上げるということについては、ほとんどの市町村がこういった率で上げるということでございます。同じでございます。



○議長(伊藤雅章君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 3番、高橋です。先ほどの答弁の中にも人事院勧告というものが非常に大きなウエートを占めているような回答になるのですが、こちら「勧告」という言葉になっていますけれども、こちらは絶対に従わなければならないものなのでしょうか、そこを1つ確認いたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) それでは、3番、高橋藤宗議員のご質問にお答えいたします。

 この人事院勧告につきましては、国で国家公務員の給与につきまして、実態調査をいたしまして勧告して通知はしているものでございます。地方につきましては、これは地方分権の時代でございますので、基本的に自分の町の団体の給与は自分の町で決めるということができるというのは、これは基本でございます。ただ、やはりいろんな形で町として自主財源で全部賄っているわけでもございませんので、いろんな形でやはりこれまでも給与の引き上げ、引き下げ等については、国のやつに倣ってやってきているというのが実態でございます。ということで、今回もこれにつきましては今までの流れに乗りまして、引き上げる根拠といたしまして、国の人勧に基づいた形で引き上げるということでございます。ただし、必ず絶対国に従わなければならないかということであれば、それは制度的にはそういうものではございません。ただ、回答する根拠としては、やはり今までの流れとしてもそういったものに基づいてやっているということでございます。



○議長(伊藤雅章君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 私は、内容については、今回は引き上げという形になりますけれども、この議場の場であえて言わせていただくと、町の行財政改革によって、ずっと職員は給料が下がったままで我慢してきたわけですけれども、やっと普通の状態に戻ったときに、地方交付税を盾に職員の給料を下げて復興財源に充てるという、こういった、私からすればちょっとおかしな状況であったというふうに思っておりますので、なので、今回は値上げということですので、私は全然その内容については問題はないと思うのですが、事があったときによって、その勧告に基づきという感じで何回も上げたり下げたりしますと、金ケ崎町の職員に対する基本の給料という基準というのはどこなのかというふうになったときに、やはり私は、先ほどの答弁の中にもありましたけれども、地方分権の時代ですので、町が勝手にやろうと思えばやれるものであるという、私はそこに一番の目標を置いて、職員を大切にするような運営の仕方をしていただきたいというふうに思います。そちらについては、何かありましたらば答弁をお願いいたします。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(高橋修君) それでは、お答えいたします。

 当町の給与等の改革について評価をいただきまして、大変ありがとうございます。ということで、先ほどもお答えいたしましたけれども、この給与、これは職員全体にかかわるものでございますので、勝手に上げたり下げたりはなかなか難しいという要素がございます。基本的には町で決めるということはできますが、やはり町は国から起債をしたり、補助金をもらったりということで、立場的にはちょっと弱い部分はございます。ということで、どうしても国でも、今回の改正に基づいて、どうしましたかみたいな調査が来るわけでございます。そうなりますと、なかなかうちのほうとしてもその辺のところで、全くやりませんとかというのをやりづらいような、別に国では圧力かけているわけではございませんけれども、そういった全国調査もなされるわけでございます。したがいまして、そのときに100%自主財源でやれるような団体であれば、少し強気になれる部分もございますけれども、どうしてもそういった国に倣いがちという傾向がございます。ただ、とはいいましても給与水準も市町村によって大分差があるわけでございます。ですから、その辺は総合的に見ながら、どの程度の改善すべきかとか、それはやっぱり十分に考える余地はあるのではないかなというふうに考えております。そういったことも踏まえた中で、今後も対応していきたいと思っております。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第3号 金ケ崎町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、これを原案のとおり決するに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第7、議案第4号 平成27年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 保健福祉センター事務長。

           〔保健福祉センター事務長 千田美裕君登壇〕



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 日程第7、議案第4号 平成27年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算についてご提案を申し上げます。議案書13ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わりますが、本予算案につきましては、1月28日開催の国民健康保険運営協議会においてご承認いただいている旨申し添えます。原案のとおりご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) この予算書を見ますと、970万円をいわゆる起債、借金をして購入するということになっているのですけれども、この理由、970万円ですから、一般財源や、あるいは財政調整基金等から取り崩ししても十分できる金額ではないかなと思うのですけれども、こういうふうにする理由、あとはこの利子、実際にはどのぐらいの利子になるのかお伺いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 1番、阿部議員のご質問にお答えをいたします。

 まず、購入する場合に、100%起債が充当できるという部分があります。一般財源を必要としないと。さらに、この病院事業債につきましては、一部交付税措置がされます。具体的には、今のところですと22.5%、元利償還金の22.5%が交付税に算入されるという形になっております。そういったこともございまして、今回起債を充当するということを予算として計上させていただいたところでございます。

 あと、現在その利息につきましては、今回この起債につきましてはおおむね5年間の償還というふうな考え方を持っておりますけれども、今現在政府系の資金ですと0.1%程度の利率でございますので、現在は非常に有利な状況で借り入れができるというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第4号 平成27年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算については、これを原案のとおり決するに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△閉会の宣告



○議長(伊藤雅章君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

 平成28年第1回金ケ崎町議会臨時会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                                (午前10時43分)