議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成27年 12月 定例会(第8回) 12月08日−議案説明・質疑・討論・採決−03号




平成27年 12月 定例会(第8回) − 12月08日−議案説明・質疑・討論・採決−03号







平成27年 12月 定例会(第8回)





            平成27年第8回金ケ崎町議会
                定例会会議録
議 事 日 程 (第3号)

                   平成27年12月8日(火)午前10時00分開議

       開  議
日程第 1  諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて 
日程第 2  諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて 
日程第 3  議案第 1号 損害賠償請求事件に係る和解及び損害賠償の額の決定について
              の専決処分に関し承認を求めることについて        
日程第 4  議案第 2号 金ケ崎町行政手続における特定の個人を識別するための番号の
              利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例  
日程第 5  議案第 3号 金ケ崎町税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例
日程第 6  議案第 4号 金ケ崎町立幼稚園設置条例の一部を改正する条例      
日程第 7  議案第 5号 金ケ崎町介護保険条例の一部を改正する条例        
日程第 8  議案第 6号 金ケ崎町介護保険サービス利用者支援給付条例の一部を改正す
              る条例                         
日程第 9  議案第 7号 金ケ崎町営住宅等条例の一部を改正する条例        
日程第10  議案第 8号 金ケ崎町金ケ崎駅東西交流施設設置条例の一部を改正する条例
日程第11  議案第 9号 平成27年度金ケ崎町一般会計補正予算について       
       延  会

〇出席議員(14名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    7番  ?  橋     奬  君
   8番  山  路  正  悟  君    9番  及  川  み ど り  君
  10番  ?  橋  文  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  梅  田  敏  雄  君   14番  千  葉  正  男  君
  15番  千  葉  和  美  君   16番  伊  藤  雅  章  君
 
〇欠席議員(なし)
 
〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教    育    長     新  田     章  君
       監  査  委  員     ?  橋  順  一  君
       参 事 兼総合政策課長     高  橋     修  君
       生 活 環 境 課 長     阿  部  一  之  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長

       財  政  課  長     千  葉  達  也  君
       会計管理者兼税務課長     及  川  美 奈 子  君
       住  民  課  長     及  川  敏  雄  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       商 工 観 光 課 長     ?  橋  義  昭  君
       建  設  課  長     菅  原     睦  君
       水 処 理センター所長     及  川     一  君

       教 育 次 長(兼)     長  野  圭  二  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     後  藤  清  恒
       副    主    幹     千  田  美  和
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は14人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 これより本日の会議を開きます。

                                (午前10時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△諮問第1号及び諮問第2号の一括上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) お諮りいたします。

 日程第1、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて、日程第2、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについては、ともに人権擁護委員候補者の推薦に関する案件でございますので、一括議題としたいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、日程第1、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて及び日程第2、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて、以上2件を一括議題とすることに決定いたしました。

 日程第1、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて、日程第2、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて、以上2件を一括議題といたします。

 説明を求めます。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 日程第1、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 ?橋フシミ氏の履歴について紹介をさせていただきます。

 最終学歴は、昭和43年3月、宮城県立保母専門学院をご卒業されております。

 昭和43年4月からの職歴を申し上げさせていただきます。千葉県市川市の市役所公立保育所に勤務をされました。昭和52年3月に同市川市の市役所を退職されまして、同53年4月に学校法人愛育学園ひがし幼稚園に勤務をされまして、平成3年の7月まで勤務をされ退職をされております。その後平成3年9月から岩手県立胆沢病院に勤務をされました。臨時事務の補助でございます。平成8年に退職をされまして、平成8年10月からは、ニチイ学館に入社をされまして、平成24年3月にニチイ学館を退職されております。

 経歴について申し上げますが、平成20年4月に金ケ崎町立図書館協議会委員に就任されまして今日までお務めをいただいております。主なものを申し上げますと、平成21年4月に金ケ崎町立永岡幼稚園学校評議員をお務めされ今日まで至っております。さらに、平成22年4月から人権擁護委員として2期目のお務めをされ現在に至っております。23年の4月からは、金ケ崎町ふれあい福祉相談員をお務めされ、今日まで至っているところでございます。以外の経歴もお持ちの方でございますが、表彰歴としては、平成27年5月に仙台法務局長表彰を受賞いたしております。

 ?橋フシミ氏は、長年保育所や幼稚園に勤務をされた方でございます。その間幼児教育向上にご尽力をされてまいりました。また、申し上げましたように、町立図書館協議会委員あるいは永岡幼稚園の学校評議員として町に寄与された方でもございますし、今日もお務めいただき、人格、識見ともに地域に根差した活動を展開してこられました。平成22年4月からは、申しましたように、人権擁護委員としてこれまでの知識、経験を生かしたご活躍をいただき、引き続きこの人権擁護委員として適任者と認めるところでございますので、ご推薦を申し上げるところでございます。

 なお、任期は平成23年4月1日から平成31年3月31日までの3年間の任期でございます。

 続きまして、日程第2、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについてでございます。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 木村惠也氏の履歴について申し上げさせていただきますが、最終学歴は昭和51年3月、上智大学経済学部をご卒業されております。

 職歴について申し上げます。昭和51年4月から金ケ崎印刷に勤務をされ、平成6年2月からは同金ケ崎印刷でございます会社の代表取締役に就任され、今日に至っておる方でございます。

 経歴について申し上げさせていただきますが、平成元年5月には金ケ崎町商工会青年部長に就任されまして、平成3年までお務めされ退任されております。平成8年4月からは、岩手県国公立幼稚園PTA連絡協議会会長に就任をされまして、平成10年3月まで同協議会の会長を務められ退任をされた方でございます。平成13年7月からは、金ケ崎町中小企業資金融資あっせん審査委員等に就任をされ、平成17年6月に退任をされている方でございます。また、平成14年4月には盛岡地方裁判所調停員に就任され、今日に至っている方でございます。さらに、平成15年10月、金ケ崎町教育委員に就任されまして、平成23年10月までお務めをいただき退任をされております。さらに、平成25年4月に人権擁護委員をお務めいただきまして、現在に至っている方でございます。

 表彰歴について申し上げさせていただきます。平成15年8月に文部科学大臣表彰をいただいております。さらに、平成21年10月には盛岡地方裁判所長の表彰、さらに平成24年5月には全国市町村教育委員会連合会長の表彰を受賞いたしております。木村氏は、このように金ケ崎印刷取締役として長年地域の経済活性化にご尽力をされてまいりました。また、平成15年から平成23年までの間、金ケ崎町の教育委員として教育行政にもご尽力をいただいた方でございまして、人格あるいは識見ともにすぐれ、そして地域発展のためにご活躍をされた方でございます。平成25年4月からは、申し上げましたように、人権擁護委員としてこれまでの知識、経験を生かした活躍をいただいておりますので、引き続き人権擁護委員として適任者と認めるところでございますので、ご推薦をするところでございます。

 なお、任期は平成28年4月1日から平成31年3月31日までの任期3年でございます。

 以上、2名の方の候補者推薦をいたしますので、原案どおりご同意賜りますことをお願い申し上げまして、説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 お諮りいたします。暫時休憩したいと思います。暫時休憩することにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めまして、暫時休憩を宣します。

            休憩(午前10時10分)

                                        

            再開(午前10時23分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 お諮りいたします。本件は人事でございますから、質疑、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、質疑、討論を省略し、採決することに決定いたしました。

 採決いたします。この採決は、1件ごとに起立によって行います。

 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについては、原案による者を適任と認める各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、諮問第1号は原案による者を適任と認めることに決定いたしました。

 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについては、原案による者を適任と認める各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについては、原案による者を適任と認めることに決定いたしました。

                                        



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、議案第1号 損害賠償請求事件に係る和解及び損害賠償の額の決定についての専決処分に関し承認を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案書の4ページをお開き願います。日程第3、議案第1号 損害賠償請求事件に係る和解及び損害賠償の額の決定についての専決処分に関し承認を求めることについて。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 損害が発生した状況についてお尋ねをいたします。

 看板が暴風にあおられて駐車場側に飛んできた、倒れてきたということですが、この被害に遭われた相手方の齊藤さんという方が、そのとき車に乗車していたのかどうか。それから、もし乗車していたとすれば、ご自分の目で看板が倒れてきたというのは確認できたのでいいのですが、もし不在のときに看板が倒れて車を損傷したと思われるというのであれば、その思われるというところを、看板が倒れて車を傷つけたという確認をどのように行ったのか、その2点についてお尋ねをいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 13番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 まず、この事故の確認ということになります。乗車はしておりませんでした。サークル活動ということで、街地区生涯教育センターの建物内におりました。そして、その確認の状況ということですけれども、看板がその車両のすぐ横に倒れておりました。そして、その角が当たったというのが確認できたということです。これについては、同日に写真も撮って、それが間違いないということで確認しております。なお、私どもが連絡を受けたのは、街地区生涯教育センターの職員からの連絡となります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 10月2日に損傷して、修理が約1カ月半ぐらい、約2カ月弱かかっておるのですけれども、その間はどのような。普通は、傷つけばできるだけ早く直したいというふうに思うのでしょうけれども、約2カ月弱の時間がかかったということは、どのような経緯でそのような形になったのかどうか、その点を確認したいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 修理に要した期間ということです。その原因についてです。こういった案件に関して、この金ケ崎町が加入している保険での調整が可能か、対応が可能かということに若干時間を要してしまいました。余り前例がなかったということかと思います。ただし、私どもの感覚としては、道路上でのこういった損傷をするような事故はあるということで調整、または交渉をさせていただいて若干時間がかかったということになります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) これは、支柱の腐食部分が見えなかった、それで強風で飛んだということですけれども、町が町内に立てている看板等町の責任で立てているもので、その後調査をしたと思うのですけれども、腐食して強風で倒れそうなものがなかったのかどうか、その辺の点検結果はどうなったか、それをお伺いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) この10月2日、中央生涯教育センターに連絡を受けた後、各地区生涯教育センター等関連施設に看板等の確認を指示しました。と同時に、役場全体ということで、財政課、そして教育委員会事務局へ連絡し、それぞれ所管するところでの確認をしていただいたものです。その結果、私のところには異常はなしということでの連絡を受けております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 町全体でも異常はないということなのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(千葉達也君) お答えいたします。

 町のほかの施設も異常はございませんでした。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 8番、山路でございます。暴風という、ここでは表現でございますけれども、風速10メーターから15メーターであれば、不完全に取りつけた看板であれば飛び始めるということです。それから、15メーターから20メーターともなれば、ビニールハウスが壊れ始めると。そして、20メーターから25メーター、これはこの辺から強風あるいは暴風、今回のような事案に入るのかなと思うのですけれども、このようになりますと、鉄鋼製のシャッター等が壊れ始めるということでございます。それで、人の体のここの面積は大体こんな程度で0.23ぐらいだと思うのですが、この看板は3.7平米ぐらいで、人よりも10倍近く、六、七倍から10倍近くあります。それで、これぐらいの風が当たっても、人の体が倒されるというぐらいですから、平面的な看板であれば、10倍近くもかかれば、当然足の弱いようなのはこういった飛んだり、ましてや腐れていれば飛んだりして人に当たる可能性もある。今回は車だったからよかったとは言いませんけれども、人に当たれば、あるいは人命にかかわることだったなと思います。それで、全協では、やはりこれには支柱がどうだったかと、腐れている場合はもうちょっと地中の中にも対策をとったり、あるいは補助の支柱をつけたりということの提案もなされたようですけれども、こういったような対策は、この件に関してとるのかどうか、考えているのか、そういう点のみお伺いします。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 8番、山路議員のご質問にお答えします。

 確かに施工自体、その看板の足が土の中に入っていて、金属がその支柱に接触して腐れやすい状態があったというご指摘をいただいております。これに関しては、私はまだどのように対応をしていいのかわからないし、まだ明快な指示も出しておりませんが、確かにその点検をすべきと思っております。早速そのように所管のところではございますけれども、指示をし、確認をし、その後の手だても考えるよ