議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成27年  決算審査特別委員会 09月14日−01号




平成27年  決算審査特別委員会 − 09月14日−01号







平成27年  決算審査特別委員会





           平成27年第7回金ケ崎町議会定例会
              決算審査特別委員会会議録
議 事 日 程 (第1号)

                   平成27年9月14日(月)午後 1時30分開会

       開  会
日程第 1  会議録署名委員の指名                      
日程第 2  会期の決定                           
日程第 3  議案第16号 平成26年度金ケ崎町一般会計歳入歳出決算認定について
       延  会

〇出席委員(12名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    7番  ?  橋     奬  君
   8番  山  路  正  悟  君    9番  及  川  み ど り  君
  10番  ?  橋  文  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  梅  田  敏  雄  君   15番  千  葉  和  美  君
 
〇欠席委員(1名)
  14番  千  葉  正  男  君
 
〇地方自治法第105条の規定により出席した者
  議 長  伊  藤  雅  章  君
 
〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教    育    長     新  田     章  君
       監  査  委  員     ?  橋  順  一  君
       参 事 兼総合政策課長     高  橋     修  君
       生 活 環 境 課 長     阿  部  一  之  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長

       財  政  課  長     千  葉  達  也  君
       会計管理者兼税務課長     及  川  美 奈 子  君
       住  民  課  長     及  川  敏  雄  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       商 工 観 光 課 長     ?  橋  義  昭  君
       建  設  課  長     菅  原     睦  君

       教 育 次 長(兼)     長  野  圭  二  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     後  藤  清  恒
       副    主    幹     千  田  美  和
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開会の宣告



○委員長(?橋奬君) ただいまから、今定例会において9月8日に設置されました決算審査特別委員会を開会いたします。

 ただいまの出席委員は12人であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 14番、千葉正男委員は、欠席の届け出があります。

 議長は、地方自治法第105条の規定により出席しております。

 水処理センター所長は、退席しております。

 それでは、直ちに本日の会議を開きます。

                                (午後 1時30分)

                                        



△議事日程の報告



○委員長(?橋奬君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

 これより本日の議事日程に入ります。

                                        



△会議録署名委員の指名



○委員長(?橋奬君) 日程第1、会議録署名委員の指名を行います。

 会議録署名委員は、会議規則第111条の規定によって、5番、有住修委員、8番、山路正悟委員を指名いたします。

                                        



△会期の決定



○委員長(?橋奬君) 日程第2、会期の決定について議題といたします。

 お諮りいたします。本決算審査特別委員会の会期は、本日9月14日から9月17日までの4日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(?橋奬君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は9月14日から9月17日までの4日間と決定いたしました。

                                        



△議案第16号の上程、説明、質疑



○委員長(?橋奬君) これより本決算審査特別委員会に審査付託されました決算議案の審査に入ります。

 日程第3、議案第16号 平成26年度金ケ崎町一般会計歳入歳出決算認定について審査に付します。

 説明を求めます。説明は簡明にお願いいたします。

 財政課長。

           〔財政課長 千葉達也君登壇〕



◎財政課長(千葉達也君) 日程第3、議案第16号 平成26年度金ケ崎町一般会計歳入歳出決算認定についてをご提案申し上げます。

 それでは、既に一括上程しておりますので、議案の朗読は省略しまして、早速内容の説明に移らせていただきます。

 決算書及び事項別明細書の2ページをお開き願います。

           (以下、「決算書」により説明のため記載省略)

 以上で一般会計歳入歳出決算に関する説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○委員長(?橋奬君) ただいま説明が終わりました。

 お諮りいたします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(?橋奬君) 異議なしと認め、午後2時45分まで休憩をいたします。

            休憩(午後 2時32分)

                                        

            再開(午後 2時45分)



○委員長(?橋奬君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 これより質疑に入ります。質問の際には、決算書あるいは実績報告書のいずれであるかを述べ、質問しようとするページの番号、予算科目の番号を読み上げてから質問事項を述べるようにお願いいたします。また、質疑に当たっては簡潔明瞭にお願いします。

 質疑ありませんか。

 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 3番、高橋藤宗であります。決算書のほうから3点、実績報告書のほうから4点お伺いをいたします。

 まず決算書のほう、3ページ、歳入の町税の収入未済額についてお伺いいたします。監査委員による決算審査意見書によりますと、町民税は件数増加でも収入未済額は減少しておりますが、固定資産税は逆に件数が減少し、収入未済額が100万円ほど増加しているとあります。現年度課税分と合わせると2,600万円ほどであり、町税全体の収入未済額の半分以上であります。この決算結果を受け、これからの対策についてお伺いをいたします。

 次に、7ページの20款諸収入の同じく一番上の収入未済額86万3,000円についてですが、こちらは給食費の未納についてだと思います。前年度よりも少し減少しておりますが、たしか児童手当から先に徴収できるといつかの答弁であったと記憶しておりますが、そうであれば、それを受けての減少なのか、別の対策であったのか、そちらをお伺いいたします。

 あわせて、もし児童手当からということであれば、当人の納得の上で現年度以外にも、例えば今回の支給日には滞納分3カ月を引いて結構ですよとか、そういった徴収ができ得るものなのか、これについてもお伺いいたします。

 次に、同じく7ページの今年度の不納欠損処理についてお伺いいたします。町税の不納欠損処分については、さきの全員協議会で詳しい説明がなされておりますが、その調書の中の不納欠損処理の根拠についてお伺いをいたします。根拠の理由には、地方税法の時効消滅と執行停止及び徴収権の消滅と2種類あるわけでありますが、個人町民税合計19件のうち16件が時効消滅、3件が徴収権の消滅と分けてあるのですが、どちらの理由にも死亡、無資産があります。時効の消滅と徴収権の消滅では意味合いが違う気がいたしますが、その理由についてお伺いをいたします。

 次に、実績報告書から質問をいたします。71ページ、3款1項6目東日本大震災被災者支援費の一番上のところなのですが、上段の避難者数のところについてですが、こちらの避難者数は、住民票をとって住民になっている方なのか、それともまだまだそのまま住所を移していない避難者なのか、または住民であり避難者なのか、こちらについてお尋ねをいたします。

 74ページ、3款2項1目児童福祉総務費、一番下段の指標の中に児童虐待の受理件数とありますが、これについてお伺いいたします。これらは、虐待が確かにあった件数なのでしょうか、それとも虐待の疑いがあると連絡を受けた件数なのでしょうか、こちらについてお伺いいたします。

 次に、172ページ、10款1項3目教育振興費の2.のところです。児童生徒指導員1名についてなのですが、こちらは教育関係者か何かの専門分野の方にお願いをしているのでしょうか、その指導員になるために必要な資格等はあるのでしょうか、常勤なのでしょうか、これらについてお伺いしますが、あわせて隣のページの6.学校適応相談員について2名、こちらについても同様に質問をいたします。

 最後に174ページ、同じく10款1項3目、こちらは13.のところですが、英語教育先進地視察とこちらについてあります。視察の結果、当町が早急に取り組まなければならない課題等、逆に失敗例が参考になるなど、研修で得たものについてお伺いをいたします。

 以上、7点お願いいたします。



○委員長(?橋奬君) 答弁願います。

 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(及川美奈子君) 3番、高橋委員のご質問にお答えいたします。

 3ページの町税の収入未済額のほうですが、監査委員からの指摘にもありますように、固定資産のほうが件数は減ったものの、金額的に多くなったというのは、それほどの金額ではない方々の部分の固定資産の解消には努めたわけですが、法人等の部分で、若干やはり固定資産のほうで残ってしまったという形で、件数は少なくなりましたけれども、金額的にという形になっております。これは、固定資産にかかわらず、町税のほうは納税者の自主的な納付を促してやるという基本的な考えと変わらず分割納付等を進めてまいっておりますが、あとは金額の大きい部分は県の滞納整理機構へ引き継いで、その指導を受けたり、滞納処分に関して措置を講じているのですが、その滞納機構に預けている部分と、まだ処理が終わっていない部分等がありまして、このような結果に今のところなっております。

 それと、あと税のほうの不納欠損のことで7ページに総額が、不納欠損の額がございます。一般会計で町税のほう312万9,252円という形になっております。これの中の内訳で全員協議会のほうで出しました資料のほうで、時効消滅の場合は死亡、無資産という方が1件ございました。それで、あともう一つ即時欠損の部分で死亡、無資産というのがございます。これは、時効にはまだ満たない部分ではございますが、この方は死亡により、あと相続の放棄をなされたもので、もう今後競売にかかっても配当がなくという形で終わっているという形なので、今回不納欠損処理いたしました。

 以上でございます。



○委員長(?橋奬君) 教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) 3番、高橋委員のご質問にお答えいたします。

 まず、決算書のほうについての7ページについてのご質問でございました。給食の滞納金についてのご質問でございましたが、委員お話しのとおり、児童手当の支給日に、そこから幾らというようないただき方ができるわけなのですが、ただそれはやはりその滞納されている方の了解なくしてはできない、強制的にいただくことはできないわけなので、そこのところはご了解をいただくことに力を注いでおるところでございますが、それ以外の対策といたしましては、まず学校の通信簿等を渡す学期末のときに、それをいただきにおいでになった保護者の方に、このくらいこういうことがあるがという教育委員会から手紙をいただいたみたいな形でお渡しいただいて、促していただくような形も昨年度から初めて取り組んでみました。その結果、かなり納入の金額がふえてまいりまして、非常にありがたいことだなと思っておりますし、今年度も学校の協力は頂戴しておるところでございます。

 それから、ご質問の2点目の実績報告書の172ページ、中段にございます児童生徒の健全育成事業の児童生徒指導員についてのご質問でございました。こちらは、現在1名お願いしておりまして、非常勤という形になってございますが、今現在は元金ケ崎小学校の校長先生でご退職なさった方にこのお仕事をお願いしております。内容としては、各学校、幼稚園等を回っていただきまして、それぞれ生徒のことやら職員のことやら、ご自身のご経験を生かしていただきながら、主に校長、副校長、管理職等の話の相談に乗ったり、あとは教育委員会宛てに保護者からの相談電話等が来た場合対応していただいておるという形でございます。

 同じく173ページのほうに6番、学校適応相談員配置事業がございます。2名配置ということですが、こちらのほうは特にこういうふうな相談業務を経験なさった方をお願いしたいと思っておりますが、特にカウンセラーとかそういうふうな資格をお持ちということではございませんが、金ケ崎中学校の相談室に通っているお子さん、つまりなかなか学級に入れないで別室登校と呼ばれるお子様、さらにはなかなか学校に来るのがちょっと渋っておられる生徒さん方への対応をお二人でやっていただいておるところでございます。なかなか教室に入れないで別室で勉強している生徒たちに対しまして、非常に親身になって接していただいており、その子その子に合った課題を学習する支援もしておるということでございます。

 さらに、もう一点でございます。174ページ、英語教育先進地視察についての成果等についてのご質問でございました。昨年度は青森県の三沢市、ご承知のとおり米軍基地があって、そのためにかなりの英語を話すご家庭というか、お子さんとか、そういった子たちが実際に入っているという形でしたので、金ケ崎とはまた別な環境の中に英語教育を幼稚園、保育園のあたりからしっかりと取り入れて行っているという、そういうところを視察に参ったところでございます。今申し上げたとおり、幼稚園、保育園からの英語教育、もう既に自分で話せる子たちに対しての英語教育について、いろいろな取り組みをされているということが大変参考になったところでございます。なお、このことにつきましては、その後の英語教育の町金ケ崎の委員会のほうで、この成果を共有し合って、今年度、26年度、その視察以降、さらには今年度に向けての金ケ崎町の英語教育について成果を生かして取り組んでいただいておるところでございます。

 以上でございます。



○委員長(?橋奬君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) それでは、当センターに関係する分についてお答えをいたします。

 実績報告書71ページ、上段の避難者の関係でございます。平成27年3月31日現在で21世帯35人いらっしゃいますが、この中で金ケ崎町に転入届を出されている方につきましては、13世帯の25人でございます。それ以外の方々につきましては、8世帯10人の方につきましては住民登録はしないのですけれども、実質町のほうに避難をしている方ということになります。

 次に、74ページの一番下のところの九次の指標の関係です。児童虐待の受理件数、実績値8件とございます。これにつきましては、児童虐待の通報というのが周りの方々だったり、例えば幼稚園、保育園だったり民生委員さん方だったりさまざまございますけれども、ここでの受理といいますのは、その事実があったというふうに認められる件数でございます。この8件といいますのは、内訳としましては身体的な虐待が7件、あとはネグレクト、育児放棄といいますか、そういったものが1件ということで、計8件でございます。

 以上でございます。



○委員長(?橋奬君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(及川美奈子君) 先ほど1つ、固定資産と町税のほうの対策ということなのですが、答弁し忘れましたので。

 滞納者が新規の方とかがございます場合と、実態とか実情をよく調査して早期解消に努めて、あとは滞納処分等を実施していきたいと考えております。



○委員長(?橋奬君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 大まかでは理解いたしましたが、何点か再質問したいと思います。

 こちらの不納欠損額の処分について、根拠というものをお聞きした理由につきましては、こちらの時効消滅であれば、法定納期限の翌日から起算して5年間行使しないことによって、時効により消滅するとありますし、もう一つのほうは、簡単に言うと地方公共団体の長がそういう処理をできるという内容ですので、例えばこちらの所在不明というのが3件こちらのほうにありますけれども、所在の不明というのは、5年間行使しないと、納付書が回り回って、結局どこに住んでいるかわからないと、こういった理由でというのはわかるのですけれども、例えば生活困窮、無資産になると、5年間行使しないことによって消滅するというのが、何となく考え方が違うのかなというふうに思ったわけでありまして、それについて質問したのと、もう一つは、簡単に言いますと、不納欠損処理を多く計上しますと徴収率が上がることになりますよね。なので、たしか98%でしか、目標が。何かそれの目標のために、万が一そういうことをやっているわけはないと思うのですけれども、確認のために今お聞きしたいという理由です。これについて、もう一度答弁願いたいと思います。

 もう一つなのですが、滞納がずっと続きますと、いわゆる延滞金ですとか事務手数料ですとか、そういったものもかかると思います。それがどんどんたまればたまるほど、それこそもう返せなくなってどうしようもなくなるというふうになると思いますが、よく法律相談なんかでも最近よくやっていますけれども、町と滞納者との間でいわゆる和解ということが町単独の権限でできるものなのかどうか、これについてもお伺いをいたします。

 あともう一つ、児童虐待のところについてもう一度再質問いたします。こちらにつきましては、私もいじめの問題なんかでもよく言っていることとちょっと似通っているといいますか、児童虐待が表に出てきたというのは割と最近のことではないかというふうに思うのですが、まずは声を拾うという意味で、そういったことも対策としてしなくてはならないのかなと思って質問したのですが、こちらの8件というのは、もう事実としてあるものであるというお話でした。地域の方がすぐに通報と言うと言葉は悪いのですけれども、そういうふうに気軽に連絡できるのが私は必要なのではないかと。こちらは、このときの目標で、27年度に目標値をゼロと、こう定めているわけでありますが、もちろんゼロにするということが一番大切なことなのですけれども、この決算を受けて、次年度の予算にも反映されるかどうかというところですので、簡単に言いますと、うちなんかも2歳の娘がいるのですが、たまにそろそろ「ぎゃあ」とか大きな声を出すような年なのです。夏は窓をあけていますから、それでもし虐待だといって通報されても、私は逆に、ああ、何か地域で守られているなと、いいふうに感じますし、自分がそういうことしていないからという自信があるからというのもあるのですが、そういった形に、通報しやすくと言うと語弊があるのですけれども、気軽にすぐ、「何かすごい声上がったよ」とか、そういったことも吸収できるようなふうにするべきではないかなというふうに思うのですが、この決算結果を受けて、次にどういうふうにお考えになるかという意味でもう一点質問いたします。

 もう一つ、最後に給食費のところですが、こちらの実績報告書の185ページに就学援助費・特別支援教育奨励費の中に給食費の補助というものも155万4,000円ほどあります。こちらの補助の方は滞納はないのだと思いますが、まずそれについて1点確認と、こちらもし経済的理由で支払いができないのであれば、こういった制度をできるのだと思うのですが、滞納者に関しては全てがこういったのに当たらない方なのかどうか、それについてもう一度質問いたします。

 以上、3点お願いいたします。



○委員長(?橋奬君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(及川美奈子君) お答えいたします。

 不納欠損のまず1つは、生活困窮の場合ですけれども、基本的にはもちろん皆様からの生活実態にはよるのですが、あと途中で生活保護受給になった方々から過去の部分で納める金額があるかという実態も見ますし、あとその方が年金だけという形で、そこから税金を引いた場合に生活ができるのかどうかということは確保してあげなければいけないので、それは調査の上、そのような形になっております。

 それで、不納欠損の額を上げれば、確かに収納率は上がります。かといって、むやみやたらとうちのほうでやっているわけではないのはご存じだとは思いますが、もちろんどういう人たちが今回不納欠損ですということを監査のほうにも見せますし、できるだけ職員は調査して、給与の差し押さえや銀行のほうにも向かって実態調査にも参っていますので、それだけのことで今回前回に比べて0.3ポイント上げたわけですけれども、それはわかっていただきたい部分だと思います。

 それと、滞納の場合の延滞がかかっての和解とかということですが、まず延滞の部分、できるだけ早期に、そこをかけないようにという形にしておきますが、延滞金がかかっている場合は、できるだけ本税のほうを先に納めて延滞がかからないように、そちらはその金額でストップになるように、そのような形でお互い分割納付ということを誓約していただいて納付させるようにしております。

 以上です。



○委員長(?橋奬君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) では、児童虐待の関係についてお答えをいたします。

 第九次総合発展計画の目標としてはゼロということで、理想的な部分、実際金ケ崎町内でそういうのがなければいいなということで掲載をしているところでございますが、委員おっしゃられるとおり、あるものにふたをするということではなくて、やはり通報のしやすいような状況をつくり出すというのは非常に重要だと思います。それで、国のほうでもいち早くということで、「189」という番号を押せばそういった関係機関に通報が行くというふうな形をことしからとっております。

 あと当町におきましても振興局とうちのほうと一緒になって児童虐待防止のキャンペーンとかというのを町内のスーパーとかそういったところで啓発活動等をしているところでございます。ただ、気をつけなければならないなと思っていますのは、通報しやすい環境でさまざま通報いただくのはいいのですけれども、それ自体が、通報された方は、何か周りに監視されているというふうな気持ちを持つ方もいらっしゃるようです。そういったことで、基本的には児童虐待防止ですので、児童が主なのですけれども、例えばそういった方の親御さんだったり、家族の方々だったり、そういった方々のケアというのも必要になってくる場合があると。そういったことに注意をしながら、これからも進めていきたいというふうには考えてございます。

 以上です。



○委員長(?橋奬君) 教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) 給食費についてのご質問でした。委員お話しの185ページのところに就学援助費ということで、その中に給食費が入っているわけでございますが、このような援助を受けているおうちの方々は、そのお金がそのまま入りますので、給食費の滞納というのには該当しておりませんが、ただ生活保護を受けているお宅の中には、お宅のほうにお金が、給食費も含めた形のお金が入りますので、この部分の給食費ということがはっきりしなくて、なかなかお支払いいただくのが難しいような場合もございますけれども、さらには就学援助を受けておられない方でも、なかなか厳しそうだなというようなご家庭には、学校等からこういうふうな援助の仕組みがございますというようなことはお伝えして、ご利用いただくような形で現在対応しておるところでございます。

 なお、先ほど落としましたけれども、ここにのせてございます滞納金の86万円というところから、年度を越えてから少しずつ頂戴しておりまして、現在18万円ほど減っているところでございますので、少しずつではございますが、お納めいただいているというような実情でございました。

 以上でございます。



○委員長(?橋奬君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 給食費については100%補助ということだったのですね、そうすると。そのまま引かなくてもいい、足りなくてもいいということは、100%の補助ということですね。初めに補助率を聞けばよかったのですけれども、そこは理解しました。

 児童虐待についても、理解いたしました。

 不納欠損のところについてなのですが、一応根拠が生活困窮、無資産であれば、逆に地方税法第15条7のほうが根拠理由になり得るのかなという意味で私は質問したのです。生活が苦しいという場合であれば、権限でとめることができるのが15条の7ですし、あくまでも18条の第1項は時効の消滅ですので、求めてから5年過ぎて自動的にといいますか、失効するものではないかなと私は思うのですが、それだと生活困窮、無資産という根拠ではないのかなという質問だったので、もう一度お答えいただきたいと思います。



○委員長(?橋奬君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(及川美奈子君) 生活困窮、無資産で即時となれば、やはりそれだけの5年もたたないで欠損するという形なので、それ相応の理由があるところだとは思いますが、時効にしている方々を考えますと、その5年の間に幾らかでも納める意思とかそういうことがあった方々が多いわけです。それで、一転なかなか金額に達しない場合とか、そういう場合がありまして、まるっきり行方不明者とか、あとはまた違って納める意思とかお互いの確認があるものですから、即時でやはり不納欠損をむやみにするという形ではなくて、状況を見て、5年間、やはりだめだったのかという形を見させていただいている部分が無資産の場合多いと、うちのほうでの即時にしていない理由であります。



○委員長(?橋奬君) ほかに質疑ありませんか。

 暫時休憩いたします。

            休憩(午後 3時20分)

                                        

            再開(午後 3時21分)



○委員長(?橋奬君) 休憩を解いて会議を再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



△延会について



○委員長(?橋奬君) お諮りいたします。

 本日はこれで延会したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(?橋奬君) 異議なしと認め、本日の会議はこれで延会することに決定いたしました。

                                        



△延会の宣告



○委員長(?橋奬君) 本日はこれで延会といたします。

 ご苦労さまでした。

                                (午後 3時22分)