議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成27年  7月 臨時会(第6回) 07月28日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成27年  7月 臨時会(第6回) − 07月28日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成27年  7月 臨時会(第6回)





            平成27年第6回金ケ崎町議会
                臨時会会議録
議 事 日 程 (第1号)

                   平成27年7月28日(火)午後 4時00分開会

       開  会                               
日程第 1  会議録署名議員の指名                         
日程第 2  会期の決定                              
日程第 3  議案第 1号 第一小学校及び永岡小学校再生可能エネルギー等設備整備工事
              の請負契約の締結に関し議決を求めることについて     
日程第 4  議案第 2号 財産の取得に関し議決を求めることについて        
       閉  会                               

〇出席議員(14名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    7番  ?  橋     奬  君
   8番  山  路  正  悟  君    9番  及  川  み ど り  君
  10番  ?  橋  文  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  梅  田  敏  雄  君   14番  千  葉  正  男  君
  15番  千  葉  和  美  君   16番  伊  藤  雅  章  君

〇欠席議員(なし)

〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教    育    長     新  田     章  君
       参 事 兼総合政策課長     高  橋     修  君
       生 活 環 境 課 長     阿  部  一  之  君
       財  政  課  長     千  葉  達  也  君

       教 育 次 長(兼)     長  野  圭  二  君
       学校給食センター所長

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     後  藤  清  恒
       副    主    幹     千  田  美  和
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開会及び開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまから平成27年第6回金ケ崎町議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は14人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                (午後 4時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△諸般の報告



○議長(伊藤雅章君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告を行います。

 議長の報告は、印刷をもって配付のとおりでございますので、ご了承願います。

 これで諸般の報告を終わります。

 町長からの行政報告は、ご配付のとおりでありますので、ご了承願います。

 これで行政報告は終わりました。

                                        



△提出された付議事件の報告



○議長(伊藤雅章君) 本臨時会に町長より提出された議案は、お手元に配付されております別冊議案目録のとおり、議決案件2件であります。

 なお、議案の朗読は省略をいたします。

                                        



△会議録署名議員の指名



○議長(伊藤雅章君) これより本日の議事日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第112条の規定によって、議長において1番、阿部?一君、2番、巴正市君を指名いたします。

                                        



△会期の決定



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、会期の決定について議題といたします。

 お諮りをいたします。本臨時会の会期は、本日7月28日の1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日7月28日の1日間と決定をいたしました。

                                        



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、議案第1号 第一小学校及び永岡小学校再生可能エネルギー等設備整備工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案書2ページをお開き願います。日程第3、議案第1号 第一小学校及び永岡小学校再生可能エネルギー等設備整備工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて説明いたします。

 第一小学校及び永岡小学校再生可能エネルギー等設備整備工事の請負に関し次のとおり契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) これはそれぞれ何キロワットの、太陽光発電だと思うのですけれども、入れるのか、それぞれ同じキロワット数のやつをそれぞれの小学校に入れるのかどうか、お伺いしたいと思います。

 それから、前にこのメーターですね、メーターの交換は何かお金がかかるということで途中での交換はしないというふうな話が前あったのですけれども、今回のこの場合もそういうメーターの交換は、今回は入れると思うのですけれども、更新時期になったならばそのメーターの交換はしないのかどうか、お伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 まず、何キロワットのということでございますけれども、第一小学校も、永岡小学校も、どちらも1時間当たり10キロワットの発電容量のパネルをつけております。今回工事で取りつけようとしている蓄電池でございますが、蓄電池の容量はどちらも25.2キロワット時ということになります。1時間当たり25.2キロワット時の蓄電池の容量をつけるよう進めております。

 それで、2点目のご質問でございますが、前に全協の際にご説明申し上げましたメーターの交換でございますが、あれは太陽光パネルで発電した電気を東北電力に売電する際にメーターが必要だということで、そのメーターが交換時期のときに大変高額な金額で交換しなければならないということで、売電した金額よりもメーターの交換のほうが多くお金がかかってしまうということで、売電を取りやめるということで全員協議会のときにご説明申し上げたものでございます。

 今回の第一小学校と永岡小学校のこの蓄電池等の設置については、その売電等は考えておらず、つくったものを緊急時等のために蓄えておくための蓄電池の設置、さらにはいざというときにできるだけ電力を使わずに済むLED照明を体育館に取りつけるという形の工事の今回提案でございましたので、ご理解方よろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) そうすると、売電はしないということは、ふだんは電気余ると思うのですけれども、余った電気はふだん日中の照明用には使わないということなのでしょうか。その辺はどうなのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) お答えいたします。

 まず、ふだんの日中の発電によって得られた電力は一部学校で使っておりますし、あとはこの蓄電池設置いたしますればそちらのほうに蓄えるような形となっております。さらに、それよりも多くできた場合、夏の暑いときとか、多くできた場合はそのまま、今のところ売電という形でありませんので、そのまま東北電力のほうに流れていくという形をとってございました。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 東北電力のほうに流れていくというのは、無料で東北電力に送るということになるのかとは思うのですけれども、そういう場合は発電総量というのはメーターに当然、どこかに掲示されるのかどうか、その辺お伺いしたいと思います。発電キロワット時数ですか。その辺がどうなのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) お答えいたします。

 1時間当たりの発電量等につきましては、学校でこの発電のソーラーシステムを管理しているパソコンがございますので、そちらのほうで1時間これくらいの電気をつくっているというようなことは学校で把握できることになってございます。

 先ほどの提案理由にございましたが、環境教育の一環としてという部分、例えばこのくらいの時間太陽を浴びていればこのくらいの電気がつくれて、このくらい例えば蛍光灯をつけることができるのだというようなことを子供たちが学ぶのにも生かすことができるということで、ご質問ですが、とらえることができてございます。

 先ほど申しましたのは、余った部分を売電という形を行うことを取りやめましたので、現在売電のためのメーターはつけておらない、さらには更新等はしないということでございます。 ご理解賜りたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 10番、?橋です。大概設備投資をするときというのは費用対効果ということを考えるわけですけれども、今売電はしないということでございますので、費用対効果を論ずるという類いのものではないと。教育の一環ということでございますけれども、それはそれで考え方があろうかと思いますが、そこでお聞きしますけれども、これはいわゆる交付金と申しますか、国からの補助金と申しますか、そういったものはいかほど、何%ぐらい導入されるものなのか、お聞きします。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) 10番、?橋議員のご質問にお答えいたします。

 これは、環境省からの再生可能エネルギー等導入地方公共団体支援基金事業という、長くなりますけれども、そういう事業を活用したものでございまして、ほぼ9割以上は国からのこの基金、さらには基金が県に行っては補助金という形で町におりてまいりますけれども、それで賄うことができるものでございます。

 なお、例えばLED照明にかえたときに、もともとついていた水銀灯の廃棄とか、そういうものはこれでは認められないので、ほんの一部の部分はやっぱり町の持ち出しになりますけれども、ほとんどのところはこの基金で賄うことができるということでご理解賜りたいと思います。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) ?橋です。災害時等に活用できるというお話でございますけれども、いわゆる非常時の場合において電源が遮断されたと、そういった場合にいわゆるこの学校が災害救助関係の指定になっていて、その場合にこの太陽光発電で得ることのできる電力を使用して明かり、明るさ、あるいはそういったものによっての被災者に対してのサービスができるというふうな考えなのでしょうか、お聞きします。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) 議員ご指摘のとおり、まず万が一、いざというときの備えということにもなりますけれども、この蓄電池の中に電力を蓄えておきまして、万が一の際その蓄えておいた電力を使うということになると思います。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 13番、梅田です。今初めてこの議案見たわけなのですが、2カ所、2校に同様の設備を設置するということで、そうするとパネルはもう既に設置してあるので、蓄電池と配線あるいはLED電球の交換というぐらいの工事になるということですので、大部分はその蓄電池の費用かなというふうに思いますが、工事関係、工事費、いわゆる入札価格の主な部分は蓄電池の機械、機器そのものにかかるというふうな理解をしてよろしいかどうか、その辺の費用の案分についてお尋ねしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) 13番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 確かに議員おっしゃるとおりの蓄電池に一番主にかかるわけなのですが、そのLEDの交換につきましても体育館の足場を組んだりするのにかなりのお金がかかりますので、そういったところ、今現在詳しく何割がということを、申しわけございません、お答えできませんけれども、そういった形で主に蓄電池とLEDの交換ということになります。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第1号 第一小学校及び永岡小学校再生可能エネルギー等設備整備工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについては、これを原案のとおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第4、議案第2号 財産の取得に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案書の3ページをお開き願います。日程第4、議案第2号 財産の取得に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。

 次のとおり財産を取得するため、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 多くのパソコンを導入する場合にはリースという方法もあるわけですけれども、今回は購入と、前回もそうだったのかなと思いますけれども、リースを検討しなかったのか、あるいは検討しても取得のほうがよかったのかどうか、その辺の考え方についてお尋ねをいたしますし、それから使用されるOSなのですけれども、ウィンドウズの8.1ということで、今10の時代になろうとしておって、8よりも10のほうが当然いいということになるわけですけれども、時期的に検討なされたときはまだ10が出ていない時期だったのであれですが、その辺はどのように考えておりますか。その2点お願いします。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長、答弁願います。



◎教育次長(長野圭二君) 13番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 リースのほうも今回更新する際に検討させていただきましたが、やはりリース、何年かかかったリースという形で最後、契約期間終わった後、そのものが町のものになるわけなのですが、そういったことを考えていろいろ試算したところ、やはり百二、三十万円のところでリースのほうが割高になるということで、今回買い取りで、リース同様保証期間を設けますので、そういった形でまず困ったことにはならないだろうという判断で今回買い取りというような形をさせていただいたところでございます。

 それから、今ご指摘のOSのところ、現在かえようとしているところが実はビスタとウィンドウズ7というあたりでしたので、なかなか部品等の交換、今もウィンドウズのほうでケア終了にはまだなっていないにしろ、やはり古いものでございますので、部品等の何が故障したというときにすぐ修理等が難しいような状況が続いてございましたので、今回これを検討した時期にちょうど8.1が一番新しいものでございましたので、そのように考えたところでございます。

 なお、新しく8.1の次の世代のOSが出るやに私もお聞きしておりますが、そこのところの情報について詳しくこの検討のところに入っておらなかったので、まずこの8.1で進めてまいろうと考えたところでございました。ご理解を賜りたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) このコンピューターのメーカーですけれども、前は本町に富士通の工場があったので、そういう地元の企業育成という点からも富士通を選んだということがあったと思うのですけれども、今回も富士通を選んだ理由というのは何か特別な理由があるのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) 特にそれぞれの業者様方には富士通でということではなく、どのメーカーでもよろしいのですが、今かえた場合に、学校に残っているものはこういう機材があって、それと接続する際にうまく接続する、中には別なメーカーだと合わない場合もございますので、そこの接続がうまくいくような形のメーカーのものをお願いしたいということで、今回この教育用コンピューターの更新については、それぞれのお店のほうにお願いしたところ、全て富士通という形で入札等のご提案があったものでございまして、その中でここのシステムベースさんのものになったということでございます。ご理解賜りたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) あと、これを導入した場合、当然配置されるというか、町のものになる古いパソコンはどういうふうな処理をする予定なのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) ほかのさまざまな町の施設等で活用できるものは活用してまいりたいと思いますが、先ほど申したように非常に型が古いということで、先ほど申しました最初のウィンドウズビスタのOSを使っているものはあと2年でウィンドウズの壊れたときの修理とかそういうケアが終了するというような状況もございますので、廃棄する方向で考えていくことになるのかなというふうに思っておりました。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 10番、?橋です。教育次長の答弁の中で、私的には理解できないといいますか、矛盾したところがございまして、まずその辺からお聞きしますが、いわゆるなぜ富士通なのかということに対して、今使っているものが富士通なので、それとの結合と申しますか、使い勝手、両方のことを合わせて使うためにこれでいいのだという答弁だったような気がしますけれども、提案理由からしますと更新となっております。更新ということは、古いものは廃棄をするというふうに言葉的にはそう感じるわけですけれども、整合性はあるのかどうか。

 これは後づけの話ですが、本文はこの教材として使うノートパソコンは中学校に何台、各小学校に何台、それから業務用、指導用等に要するノートパソコンは中学校あるいは各小学校に何台導入するのか、金額は2,673万円とありますけれども、これだけでは何台入るのか、どこに何台なのかというのが見えてこないので、お聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) 10番、?橋議員のご質問にお答えいたします。

 まず、最初のほうの矛盾というところにつきましては、私の言葉足らずで大変誤解を招いてしまったことはおわびいたしたいと思います。現在富士通のパソコンを学校で使っていて、仕様書等各業者さん方にお示しする場合に、こういうふうな学校のパソコン等の機器の環境であるので、そこでどこのメーカーでもよろしいので、更新した際に接続したときに動かなくなったりとか支障を来さないようなものをお願いしたいということでお示ししたところ、全ての業者さん方から富士通さんを示されたということで、今回このシステムベースさんを入札で選ばせていただいたという形になります。

 何とかご理解いただきたいと思いますが、2点目の各学校に何台というようなことにつきましては、議案の4ページにございます教育用コンピューター設備一覧のところに各学校等の詳細な台数を載せさせていただいておるところでございます。小学校は児童2人に1台のバランスで、中学校は生徒1名に1台行き渡るようなバランスで考えてございました。小学校に数字の大小があるのはやはり1クラスの児童の数の規模ということで、このようなやはり金ケ崎小学校は多くなりますし、というような形での数字の違いが出ておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 参考までにお聞きしますけれども、小学校は何年生からノートパソコンを使用させておるのでしょうか。

 それから、富士通を、私は機種をどこにしろとか、こうしろとかということは全く関知しないところでございますが、説明の中で入札で富士通となったというふうにお話をしていただければよかったなと私は思います。

 ところで、もう一度先ほどの議案と同じようなことをお聞きしますけれども、これにはいかほどの補助金、交付金が充当されておるのでしょうか、お聞きします。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) ご質問にお答えします。

 まず、一番最初のご指摘の説明の言葉足らずの部分についてはおわび申し上げます。

 それで、最初のご質問ですが、何年生からこのパソコンを使うのかということでございますけれども、子供たち当然発達段階ございますけれども、例えば1年生からパソコン室に行ってみようということから始まりまして、ここにはこういうものがあるというようなことを少しずつ学びながら、それぞれの成長段階に合わせてその段階に合ったものを学んでいくというような現在取り組みを各校でやっていただいております。ですので、例えば1年生はローマ字使って文章を打ったりはまだまだ無理なのですが、マウスを使ってみてお絵かきソフトのようなもので線を引いてみたりとか、そういうような形で親しんでいくというような段階を踏まえながら取り組んでおるところでございます。

 それから、これに関しましての補助金等につきましては町の単費で購入という形になりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。

           〔何事か言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会教育次長。



◎教育次長(長野圭二君) 申しわけございません。入札で富士通に決まったという言い方をいたしませんで、申しわけございませんでした。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかにありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第2号 財産の取得に関し議決を求めることについては、これを原案のとおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△閉会の宣告



○議長(伊藤雅章君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

 平成27年第6回金ケ崎町議会臨時会を閉会といたします。

 ご苦労さまでした。

                                (午後 4時31分)