議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成27年  3月 定例会(第2回) 03月16日−委員長報告・質疑・討論・採決−08号




平成27年  3月 定例会(第2回) − 03月16日−委員長報告・質疑・討論・採決−08号







平成27年  3月 定例会(第2回)





            平成27年第2回金ケ崎町議会
                定例会会議録
議 事 日 程 (第8号)

                    平成27年3月16日(月)午後3時30分開議

       開  議                               
日程第 1  予算審査特別委員会委員長報告                     
       議案第31号 平成27年度金ケ崎町一般会計予算について         
       議案第32号 平成27年度金ケ崎町国民健康保険特別会計予算について   
       議案第33号 平成27年度金ケ崎町下水道事業特別会計予算について    
       議案第34号 平成27年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計予算について 
       議案第35号 平成27年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計予算に
              ついて                         
       議案第36号 平成27年度金ケ崎町介護保険特別会計予算について     
       議案第37号 平成27年度金ケ崎町浄化槽事業特別会計予算について    
       議案第38号 平成27年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計予算につい
              て                           
       議案第39号 平成27年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計予算について  
       議案第40号 平成27年度金ケ崎町水道事業会計予算について       
日程第 2  発議案第1号 金ケ崎町議会委員会条例の一部を改正する条例について   
日程第 3  議員の派遣について                          
       閉  会                               

〇出席議員(15名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    6番  ?  橋  勇  喜  君
   7番  ?  橋     奬  君    8番  山  路  正  悟  君
   9番  及  川  み ど り  君   10番  ?  橋  文  雄  君
  12番  千  田     力  君   13番  梅  田  敏  雄  君
  14番  千  葉  正  男  君   15番  千  葉  和  美  君
  16番  伊  藤  雅  章  君
 
〇欠席議員(なし)
 
〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教    育    長     新  田     章  君
       監  査  委  員     ?  橋  順  一  君
       総 合 政 策 課 長     後  藤  紳  一  君
       参 事 兼生活環境課長     石  川     孝  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長

       財  政  課  長     高  橋     修  君
       会計管理者兼税務課長     及  川  美 奈 子  君
       住  民  課  長     及  川  敏  雄  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       商 工 観 光 課 長     ?  橋  義  昭  君
       建  設  課  長     千  葉  達  也  君
       水 処 理センター所長     及  川     一  君

       教 育 次 長(兼)     長  野  圭  二  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     後  藤  清  恒
       主        幹     青  沼  和  也
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は15人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                (午後 3時30分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△諸般の報告



○議長(伊藤雅章君) 日程に入るに先立ち諸般の報告を行います。

 議長の報告は、印刷をもって配付のとおりでありますので、ご了承願います。

 これで諸般の報告を終わります。

                                        



△予算審査特別委員会委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第1、予算審査特別委員会委員長報告を議題といたします。

 予算審査特別委員会委員長の報告を求めます。

 予算審査特別委員会委員長、9番、及川みどり君、登壇の上報告願います。

           〔予算審査特別委員会委員長 及川みどり君登壇〕



◆予算審査特別委員会委員長(及川みどり君) 予算審査特別委員会の委員長、及川でございます。審査結果を報告いたします。結果は、書面を読み上げて報告といたします。

           (以下、「予算審査特別委員会審査報告書」により報

            告のため記載省略)

 以上、報告を終わります。



○議長(伊藤雅章君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

 討論がありますので、まず原案に反対者の発言を許します。

 1番、阿部?一君。

           〔1番 阿部?一君登壇〕



◆1番(阿部?一君) 1番、阿部?一です。日程第1、議案第31号 平成27年度金ケ崎町一般会計予算に反対討論します。

 一般会計予算は、項目ごとの採決なら大部分が賛成できる内容です。全ての保育園で実施することにした病児病後児保育、学童保育所への補助、中学生までの医療費助成、障害児通所給付事業などを計上した民生費、新規事業の日本型直接支払制度など国や県の補助制度を積極的に活用した農林水産業費、新規事業費として展示会出展事業費補助を計上するとともに、空き店舗活用補助金や住宅リフォーム事業などを計上した商工費、町道整備や側溝改修工事、議会陳情採択を受け街路樹木伐採事業などを計上した土木費、消防屯所整備費などを計上した消防費、新規事業として国体リハーサル大会費用を計上した教育費など、全体として新規事業を含めて積極的な予算を計上したことは高く評価します。予算審査特別委員会の予算審査を通じて国や県の補助制度を積極的に活用するなど、町民福祉向上のため、担当課の方々が課長を中心に努力し、27年度予算が計上されたことが明らかになったと考えます。しかし、賛成できない次に述べる内容が含まれて一括採択されますので、平成27年度一般会計予算に反対します。

 反対の第1の理由は、昨年も述べましたが、教育費、小学校費の予算で一般職用務員給料が3人分しか計上されていないなど、全体として正規職員増の予算が計上されていないことです。本町には、小学校が5校あり、最低でも5人分計上すべきです。この予算では、正規用務員を一人も配属しない小学校が2校から3校になります。正規配属の学校と臨時配属の学校間の差別につながりかねません。行革による人件費削減が最大の理由と推察されます。先生方が教育に専念できるようにするため、さらには子供たちが安心して生活できる環境整備を進めるため、各小学校に最低1人は正規の用務員を配属すべきと考えます。

 一方、来年度地区生涯教育センターの社会教育指導員を増員し、所長を含め3人体制に強化することは評価されます。しかし、3人とも非常勤であり、正規職員を配置しないと抜本的な体制強化にならないと考えます。今地区センターを中心に地域づくりが強化されています。また、地区によっては生物多様性保護への活動が期待されています。その継続的発展のためにも、最低1人の正規職員配属が不可欠と考えます。私は、少なくとも主任クラス以上の職員を配置し、地域づくりに関することはもちろんですが、医療、福祉など住民サービスについても住民が気軽に相談ができる体制にすべきと考えます。また、将来は役場と地区センターをインターネット回線で接続し、住民票など諸証明書の発行などもできるよう、地区センター機能を強化すべきと考えます。

 全体として、どの部署も必要な正規職員を削減し臨時職員で対応していることは、私の昨年の12月議会の一般質問でも明らかになりました。この答弁では、正規職員数155人に対してフルタイム臨時職員47人、業務経験のある嘱託職員61人採用し対応しているということでした。パート職員を含めると、非正規職員数が160人という答弁が一昨年6月議会でありました。正規職員数に匹敵する臨時職員の方々がいるということです。臨時職員の方々にも住民サービスの重要な役割を果たしていただいていることには感謝しております。しかし、この状態をいつまでも続けることには疑問があります。

 4年前の大震災のとき、本町の水処理センターの職員の方々が停電の中、水道と下水道の利用をとめないよう燃料を確保し、非常用発電機を動かすなど、日夜大奮闘されたことを後で聞きました。このようなサービスは、使命感がある正規職員がいたからこそできたのだと考えます。また、正規職員が少ないことが復興の大きな妨げになっている大震災被災地自治体を見れば明らかなように、自治体の正規職員は住民サービスの土台と考えます。私は、計画的に職員増を図るべきと考えます。そのことが町全体の活力を高めることにつながると考えます。

 反対の第2の理由は、総務費に新町誕生60周年記念事業として2,064万8,000円計上されていることです。これは、審査で多くの同僚議員も取り上げ、大きな節目であった50周年記念事業は約1,000万円であったことが明らかになりました。60周年を祝い、記念事業をすることに異論はありません。しかし、大きな節目である50周年記念事業の2倍の予算に疑問があります。27年度は、財政調整基金を6億円以上取り崩しても財政が厳しいということで、第九次総合発展計画に掲載され、請願採択もされた町道整備を延期し、さらに教育民生常任委員会が所管調査し、早急に条例基準並み整備をと答申した学童保育所の整備予算計上を見送っている中で、記念事業に2,000万円も計上することに賛成することはできません。できるだけ圧縮すべきです。

 反対の第3の理由は、同僚議員の質問で明らかになったことですが、教育費の外国語教育推進事業で保育園に指導員派遣費用の一部負担を求めていることに賛成できないからです。英語教育の町は本町の方針であり、私は当然全て町の負担であると思っていましたので、費用のことは質問しませんでした。幼稚園と保育園の指導員派遣の差をなくすよう昨年も要望しました。小学校入学後の格差を心配したからです。保育園は私立だから費用負担は当然という考えには賛成できません。これは、子供の教育に幼稚園と保育園との間に格差があって当然という保育園を蔑視する考えに通じます。私が知る限り、町内の保育園は保育だけでなく幼稚園と同様に教育にも力を注いでいます。英語指導員の費用は、全額町で負担すべきです。

 以上、賛成できない内容を含んでいますので、一般会計予算に反対します。多くの同僚議員がこの予算に反対されるようお願いして反対討論を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 15番、千葉和美君。

           〔15番 千葉和美君登壇〕



◆15番(千葉和美君) 15番、千葉であります。私は、議案第31号 平成27年度金ケ崎町一般会計予算について、賛成の立場から討論をいたします。

 平成27年度は、第九次総合発展計画の最終年度に当たり、計画していた事業を締めくくる重要な年度となっています。その一方で、地方交付税が大きく落ち込むなど財源不足が見込まれています。

 このような中、本予算は国、県支出金や財政調整基金等の各種基金の活用により財源不足に対応するとともに、普通建設事業費をほぼ前年度並みに確保するなど、選択と集中により可能な限り第九次総合発展計画を推進するための必要な予算が措置されておるものと認められます。

 また、プライマリーバランスの黒字を堅持することにより、将来負担を確実に減少させることにも配慮し、財源健全化を着々と推進するための対応がとられた内容となっております。

 以上のことから、平成27年度金ケ崎町一般会計予算に対し、賛成するものであります。同僚議員各位の賛同をお願いして終わります。



○議長(伊藤雅章君) そのほか討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 採決をいたします。採決は議案ごとに起立をもって行います。

 議案第31号 平成27年度金ケ崎町一般会計予算については、委員長報告は原案のとおり可決すべきものであります。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立多数〕



○議長(伊藤雅章君) 起立13人で多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第32号 平成27年度金ケ崎町国民健康保険特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第33号 平成27年度金ケ崎町下水道事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第34号 平成27年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第35号 平成27年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第36号 平成27年度金ケ崎町介護保険特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第37号 平成27年度金ケ崎町浄化槽事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第38号 平成27年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第39号 平成27年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第40号 平成27年度金ケ崎町水道事業会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△発議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、発議案第1号 金ケ崎町議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提出者からの説明を求めます。

 15番、千葉和美君。

           〔15番 千葉和美君登壇〕



◆15番(千葉和美君) 15番、千葉でございます。発議案第1号を朗読をもって説明申し上げます。

           (以下、「発議案」により朗読説明のため記載省略)

 以上、説明を終わります。議員、同僚の賛同をお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 提出者の説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決いたします。採決は挙手をもって行います。

 発議案第1号 金ケ崎町議会委員会条例の一部を改正する条例について、賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

                                        



△議員の派遣について



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、議員の派遣についてを議題といたします。

 お諮りいたします。平成27年度に予定されている各種会議、議員研修会等、お手元に配付の議員派遣一覧表のとおり、本議会の議員を派遣することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、各種会議、議員研修会等、お手元に配付の議員派遣一覧表のとおりに決定をいたしました。

 お諮りいたします。議員派遣一覧表以外に議員の派遣の必要が生じた場合は、議会運営委員会に諮り、その都度議長において指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、議員派遣一覧表以外の議員の派遣については、そのように取り扱うことに決定をいたしました。

                                        



△閉会の宣告



○議長(伊藤雅章君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

 平成27年第2回金ケ崎町議会定例会を閉会いたします。

 大変ご苦労さまでした。

                                (午後 3時57分)