議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成24年  3月 定例会(第2回) 03月12日−一般質問−02号




平成24年  3月 定例会(第2回) − 03月12日−一般質問−02号







平成24年  3月 定例会(第2回)





            平成24年第2回金ケ崎町議会
                定例会会議録
議 事 日 程 (第2号)

                   平成24年3月12日(月)午前10時00分開議

       開  議
日程第 1  一般質問
       散  会

〇出席議員(15名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    6番  ?  橋  勇  喜  君
   7番  ?  橋     奬  君    8番  山  路  正  悟  君
   9番  及  川  み ど り  君   10番  ?  橋  文  雄  君
  12番  千  田     力  君   13番  梅  田  敏  雄  君
  14番  千  葉  正  男  君   15番  千  葉  和  美  君
  16番  伊  藤  雅  章  君

〇欠席議員(1名)
  11番  ?  橋  照  雄  君

〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君

       副    町    長     千  葉  政  幸  君
       建 設 課 長 事務取扱

       教    育    長     新  田     章  君
       監  査  委  員     ?  橋  順  一  君
       参 事 兼総合政策課長     高  橋  寛  寿  君
       参 事 兼生活環境課長     石  川     孝  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長                  

       財  政  課  長     高  橋     修  君
       会計管理者兼税務課長     後  藤  清  恒  君
       住  民  課  長     高  橋  良  一  君

       保 健 福 祉 センター     伊  藤  明  穂  君
       事    務    長                  

       商 工 振 興 課 長     後  藤  紳  一  君
       建 設 課 長 補 佐     青  沼  和  也  君
       水 処 理センター所長     小  関  昭  夫  君

       教 育 次 長(兼)     高  橋     敏  君
       学校給食センター所長                  

       中 央 生 涯 教 育     佐  藤  勇  行  君
       セ ン タ ー 所 長                  

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     ?  橋  義  昭
       局  長  補  佐     及  川  俊  孝
       主        事     粟  津  文  恵



                                        



△開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は15人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 11番、?橋照雄君は、欠席の届け出があります。

 執行者側から、建設課、青沼補佐が説明員として出席しております。

 ただちに本日の会議を開きます。

                                (午前10時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△一般質問



○議長(伊藤雅章君) 日程第1、一般質問を行います。

 一般質問は、あらかじめ通告されておりますので、通告の順に従って質問を許します。

 4番、佐藤千幸君。

           〔4番 佐藤千幸君登壇〕



◆4番(佐藤千幸君) 4番、佐藤千幸です。行政の執行当局と議会とは、ジェット旅客機の操縦席みたいなものだと思います。行く手には天候の急変や乱気流、さらには放射能の高い雲など、予想もしないような現象が次々に襲ってくるでしょう。操縦席の中でいがみ合っていたのでは、機体は蛇行を始め、緊急着陸あるいは不時着という結果を招くことが予想されます。町民1万6,300人の乗客を乗せ、幸福という目的地に向けて操縦席の中で常に緊張感と連携を旨とし、安全、安心な運航に努めなければならないと強く思うものであります。

 さて、平成23年度を初年度とし、10年後の32年度を目標年次とした第九次総合発展計画は2年目を迎えようとしております。地域主権の時代、地域協働に焦点を合わせた計画は、まさに時代を先取りした取り組みだと思います。卵を温めてふ化させる機械をインキュベーターというそうです。生まれたひなは、自分でえさをついばみ、やがて大きくなって巣立っていきます。地域協働に行政が果たすべき役割は、まさにインキュベーターの役割だと考えます。最初の1歩、2歩について適時適切なアドバイスや支援措置を講ずれば、あとはみずからの力でたくましく活動が続いていくでしょう。自立の道を歩み始め、さらには親鳥となって新しい卵をふ化させていくようになるでしょう。このような地域協働のプラスの循環をつくり上げるのが第九次計画の哲学だというふうに理解しております。しかし、どの世界でも同じだと思いますが、成功率100%ということは望むべくもない現実であります。長期に継続的に支援が必要な活動は、予算の膨張を生む結果となります。

 そこでお伺いします。第九次総合発展計画の実効性を確保するために、地域協働の取り組みに対する行政のかかわり方、推進体制をどのように考えているのでしょうか。

 また、計画の実効性を確保するためには、町としてのみずからの努力はもちろんのことではありますが、県、国の制度を活用しながら、スピード感を持って計画達成に努めることも必要ではないでしょうか。各種法定計画に反映させ、県、国にアピールしつつ、事業予算の獲得に働きかけを行うことが肝要かと考えます。

 そこでお伺いします。総合発展計画の早期達成のために、今見直しを予定している法定計画はどのようなものがあるのでしょうか。

 教育長に伺います。この計画の実効性をあらしめるためには、子供の視点での提言や協働活動への参加も必要であろうと思います。生まれ育った金ケ崎の地域づくりに参加することにより、より一層地域の理解が進むとともに、郷土愛がはぐくまれるものと期待しているところでもあります。小中学校の教育現場で、この計画と具体的にどのようにかかわっていこうとしているのかお伺いいたします。

 次に、交通の安全、安心の確保についてであります。町民の安全、安心の確保は、行政の基本的かつ重要な使命であります。この使命を脅かすものの一つに交通戦争があります。町内を国道4号という日本の大動脈が貫いております。この4号線接続肋骨道路では恒常的な渋滞と、それに伴う事故が多発しているところであります。安全、安心の確保と利便性の向上のために国道4号の4車線化を30年余りにわたって国に働きかけていると先輩諸兄から聞き及んでいるところであります。

 平成22年6月29日、一般国道4号金ケ崎区間4車線拡幅整備早期着工促進期成同盟会の発足と総決起大会が開かれ、町内外に大いにアピールしたところであります。おかげさまでといいますか、遅まきながらといいますか、国土交通省では金ケ崎工業団地入り口交差点について、とりあえず4車線化を見通した交差点改良工事を行うということで、用地測量、調査作業に入ったところであります。交差点の安全性と利便性の向上に一定の効果があるものと期待しているところであります。しかし、肝心の4車線化の早期実現に向けては、まだ道半ばの状態であります。

 そこでお伺いします。町長は今後どのような方法、手段で町民の悲願である4車線化の早期実現に向けて働きかけをなさるおつもりでしょうか。町長の意気込みをお伺いいたします。

 次に、東日本大震災の被災地、被災者への支援についてであります。県内の死者4,671人、行方不明者1,249人という大惨事から1年を経過しました。改めてご冥福とお見舞いを申し上げる次第でございます。

 復興支援も食料や衣類の支援から始まり、今では心身のサポートや復興行政業務の支援など、現地で必要とされる内容が大きく変わってきています。私自身もかつて大船渡で仕事をしていたつながりから、月に2回程度の頻度で現地を訪れているところであります。種山峠の道の駅では、今でも兵庫、大阪、新潟など全国各地の市町村の公用車を目にします。本当に全国の皆さんから支援をいただいているということを実感します。復興には、あと何年、何十年かかるかわかりません。同じ県民、国民として決して心を離すことなく、被災地に寄り添いながら支援を継続していくことが大事なことだと思っているところであります。

 当金ケ崎町でも、町民の皆さんのご協力のもと、震災直後から物心両面にわたる支援を行ってきているところであります。今後の被災地支援をどのようにお考えでしょうか。被災地でできること、町内でできること、改めて今後の取り組みの方針を伺います。

 次に、放射能の影響が我々の身近に迫ってきており、心配の種は尽きません。しかし、一つ一つみんなで力を合わせて乗り切っていかなければなりません。

 食品衛生法の放射性セシウム新基準値の適用に伴う畜産農家への影響について伺います。国では、4月から牧草供与の基準値を乳牛等では300ベクレルから100ベクレルに、繁殖和牛等では3,000ベクレルから乳牛同様100ベクレルに厳格化されることになりました。当金ケ崎町におきましても、牧草の利用自粛要請の措置がとられているところであります。

 各農家は、草地更新した上で100ベクレル以下にならないと牧草を利用できない状況となっています。この更新作業には、岩手県農業公社が当たっているようですが、公社の人材、機材は一関地方でフル回転していると聞いております。農業公社の順番待ちでは、終了するのに3年かかるとも5年かかるとも言われております。家畜は生き物です。日々の食料すべてをほかから調達していたのでは、かかり増し経費は膨大なものとなることはもちろんですが、そもそも安全、安心な飼料を長期的大量にほかから調達することは物理的に大変困難なことだと思われます。県内有数の畜産生産額を誇る金ケ崎町です。早期に安全な自給飼料を生産できる体制を組み立てるべきでありましょう。町独自に対応できる機材を有する業者を確保するなり、農家自身が作業を行うような仕組みづくりに取り組むべきと考えているところであります。

 また、今回除染のための草地更新、すなわち天地返しを行っても牧草の生産力低下に伴う通常の更新も大体5年サイクルで行われます。今回相当深く埋め込まないと次回の草地更新の際に放射能に汚染された土が再び地表面に出てくる、あるいは全草に拡散してしまうおそれがあります。

 そこでお伺いします。この除染のために更新すべき牧草地はどれくらいの面積があるのでしょうか。除染作業は短期集中的に行うべきと思いますが、そのための人材、機材の確保の見通しはどうでしょうか。深く耕す、すなわち深耕に係る技術的指針はどのようなものでしょうか。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 4番、佐藤議員のご質問にお答え申し上げます。4点のご質問を賜りました。1点の中の1点は教育長にもお尋ねでございますので、その件については教育長のほうからお答えを申し上げます。

 第1点目の第九次総合発展計画にかかわるご質問でございます。この総合発展計画、平成23年度を初年度といたしまして、27年度を目標とする町の最上位の計画でございます。

 1点目のご質問の計画の推進体制についてお答えを申し上げます。計画では、実施計画として5年間の年次ごとに主要事業を定めているところでございます。その年次ごとの事業を着実に実施してまいりたいと考えております。その実施に当たりましては、第1に各課におきまして、その計画の推進が図られますように、昨年4月に、特に福祉部門の機構改革も行いました。また、今年4月には観光交流部門を強化すると、こういう点で機構改革を予定いたしております。加えて今次計画をより到達すべき目標を示す、そういう指標を導入いたしまして、事業の進捗状況等を評価し、わかりやすくしながら推進をすると、こういたしておるところでございます。

 一方、5つの重点プロジェクトにつきましては、関係課を横断した事業内容となっておるところでございます。このプロジェクトは、副町長を委員長としまして、関係課の職員をメンバーとしたプロジェクト推進委員会を組織して強力に推進をいたしておるところでございます。

 2点目の各種計画との整合性についてお答え申し上げます。総合発展計画は、当町のまちづくりに係る最上位計画でございますが、特にも総合発展計画におきましては、土地利用構想を定めております。その中で田園ゾーンを初め8つのゾーニングをした利用の区分別の土地利用方向を定めておるところでございます。この土地利用構想に続きまして、関係する都市計画あるいは農業振興地域整備計画につきましては、各所管の担当課とそれぞれ十分な協議をしながら、調整を図った上で策定をすることといたしております。今後もこの整合性につきましては、以外のそれぞれの計画がございます。それらについての整合、あるいは確認をしながら進めると、こういたしておるところでございます。

 3点目につきましては、教育長のほうからお答えを申し上げます。

 続きまして、大きいご質問の2番目の交通安全、安心の確保についてでございます。一般国道4号4車線化につきましては、地元自治会より町に対し数十年にわたりまして、その要望をされてまいりました。このことに伴いまして、平成22年5月に期成同盟会を設立いたしまして、翌月の6月に一般国道4号金ケ崎区間4車線拡幅整備早期着工促進総決起大会を開催し、期成同盟会及び町、議会が連携して、県、国、県議会議員及び国会議員へ強くこの要望を行ってきたところでございます。

 この活動より4車線化までとはまだ至っておりませんが、今年度におきましては、交通安全対策の一環として工業団地口の交差点改良事業が採択されました。今日まで地域の代表、有識者あるいは代表企業及び関係機関が委員となりまして、三ケ尻地区交通環境整備懇談会、そして測量及び計画に係る住民説明会が開催されておるところでございます。

 さて、議員ご質問の国道4号の4車線化を目指す今後の取り組みについてでございますが、これにつきましては今年度において交差点改良事業として採択をされ、前進したところでありますが、今後も引き続き期成同盟会及び町、議会を含めまして連携をしながら、私は具体的に先ほど議員が町長の思いと、こういうお話でしたが、実践的な行動あるいはそういう活動をしなければなかなか国の今の予算と公共事業に対する考え方、これらからしますと、なかなか進捗については難しさがございますので、今まで以上に精力的に取り組みをしてまいりたいと、こう考えております。

 次に、工業団地口の交差点の改良に伴う町道整備事業についてでございます。昨年度、地元自治会から町道南花沢前野線の十字路交差点化について議会に陳情請願が提出されました。採択をされたと、こういうことでございますので、この新年度におきまして設計業務、この予算計上をして進めたいと、こう考えております。

 また、施工の予定時期についてでございますが、交差点改良事業との兼ね合いもございます。よって、国土交通省と協議をしながら進めなければならない一体性のものだと、こう考えておりますので、今後そういう取り組みをしてまいりたいと、こう考えております。

 次に、ご質問の3点目の東日本大震災のかかわりでございます。ご質問は、東日本大震災の被災地あるいは被災地への今後の支援方針、支援内容についてのご質問でございます。施政方針等でも述べましたが、今年度は復興元年として被災地の復興支援活動に対する新規事業の創設や町内に避難されている方に対する支援を継続し、岩手県を初め東日本の再生に尽力をしてまいりたいと考えております。

 具体的には、まだ仮称ではございますが、新規事業として金ケ崎町復興いわて支援事業を創設をし、被災地の復興支援を目的とし、町内の団体など自主的に活動するものに対しての経費の補助金を交付してまいりたいと考えております。この経費は、およそ200万円の予算を計上させていただいているところでございます。

 また、町内に避難されている方に対する支援等につきましては、これまで上下水道使用料の減免あるいは幼稚園、保育料等の免除、学用品等の援助などの措置を講じてきたところでございます。今後は、これらの支援内容、これらを検討しながら継続して進めてまいりたいと考えております。

 次に、県の被災者住宅再建支援事業への取り組みについてでございます。当該事業は、県内で自宅が全壊した被災者世帯等に対して県内で住宅再建を支援するために市町村が補助した場合に県が補助すると、こういう内容のものでございます。当町におきましても、その事業に取り組むことといたしております。早期の事業実施要綱制定等を行いながら進めたいと、こう思っております。

 なお、この案件の予算措置、必要に応じまして補正予算で対応すると、こういたしたいと思っております。

 次に、4点目の食品衛生法と放射性セシウムとの関係でございます。昨年3月11日の東北地方太平洋沖地震、その後の東京電力福島第一原子力発電所の爆発に伴う放射能物質の拡散に伴い、農業者の経営に大きな影響を与え、収束どころか、いまだに大きな被害を与えておると、こういう状況でございます。

 今般国では、平成24年4月から放射性物質に関する食品の基準をより厳格な数値に見直しを行うこととしており、その見直しに伴い、粗飼料のうち、特に牧草に関しても基準が見直しされていることとなりました。この見直し基準に合わせまして、岩手県では平成24年2月21日付で当町を含めた13市町村に対して牧草の利用自粛要請を行ってきたところであります。当町では、金ケ崎町一円の牧草地が利用自粛と、こうなったところでございますので、今後畜産農家の安定的な経営を支援していくと、こういう点から、以下議員のご質問にお答えをしてまいりたいと考えております。

 まず、草地更新が必要な面積に関するご質問ですが、現在金ケ崎町内では畑地あるいは水田、牧草を含めまして、約500戸で約1,300ヘクタールの牧草が作付されております。この面積を除染対象農地として対応していくことを想定いたしております。

 次に、町内外の更新に従事できる業者はどの程度いるかと、こういうご質問でございますが、除染作業に関しては、岩手県が平成23年度事業として一関で先行して実施されております。平成24年度は、当町も除染事業の対象地域となります。

 除染作業は、プラウによる反転耕から牧草播種までの一連の作業を実施することとなり、専門の技術屋さんと専門の機械が必要となりますが、岩手県の事業スキームにおきましては、農地の土地改良等に精通している社団法人岩手県農業公社に事業を委託いたしまして、除染希望地を取りまとめ、事業を一手に実施することとなっております。

 また、除染作業の推進に当たりましては、農業公社のみの対応では困難が想定されますことから、地域の畜産農家あるいは作業受託集団等を募り、除染業務を農業公社から地域に委託する部分も取り入れながら、早期に除染作業を推進したいと考えておるところでございます。

 次に、更新を完了するまでの期間の想定に関してでございますが、金ケ崎町としては除染対象用地をすべて平成24年度事業対象として岩手県に申請を行う予定でございます。しかしながら、岩手県では除染対象面積を約1万ヘクタールと、こう見込んでおりますので、現実的な課題として県農業公社のみで県内の除染作業は到底作業できる範囲ではないと、こうも思っております。

 現在の見込みでは、県の予算配分、施工範囲等で複数年にわたる作業になることも予想されますが、町としてはすぐに除染作業に着手し、早期に除染作業が完了するよう岩手県と協議を進めてまいりたいと考えております。

 最後に代替飼料の確保についてでございます。国が畜産農家に対する飼料の提供に関して不足しないよう確保する旨発表いたしておるところでございます。牧草を必要とする畜産農家に対し、必要量が全量確保されると、こういう予定となってはおります。想定される金ケ崎町の牧草の必要量は、1,300ヘクタールの牧草地面積で見てまいりますと、1番草、2番草、3番草の延べ数量を乾草1アール当たり141キロで換算してまいりますと、必要量は1年間で1万8,330トンというのが必要な量になります。この量は、代替飼料が35キロ梱包で供給されるため、52万3,714の梱包が必要、そういう数になるところであります。和光地区では、通常見かけられます400キログラムのロールでは4万5,825ロールが必要となります。この牧草の確保に関しては、全農が実施する事業によりJA岩手ふるさとが各戸の牧草必要量を取りまとめ、手配をし、そして現物供給が行われる、こういう見込みでございます。

 なお、かかる購入経費につきましては、全農が一たん立てかえ払いをいたしまして、東電に対して損害のいわゆる賠償請求をするという予定となっております。農家の費用負担をさせないように飼料確保が行われると、こういう予定になっております。

 以上で答弁を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 教育長、答弁願います。

           〔教育長 新田 章君登壇〕



◎教育長(新田章君) 4番、佐藤千幸議員の第九次総合発展計画において、小中学校の教育現場ではどのような取り組みがなされているかとのご質問にお答え申し上げます。

 今日の学校教育の目標は、確かな学力、豊かな心、そして健やかな体、いわゆる知、徳、体のバランスのとれた児童生徒の育成であり、それらに支えられた生きる力をはぐくむことでございます。小学校は23年度から、中学校は24年度から実施されます新しい学習指導要領では、この確かな学力、豊かな心、そして健やかな体が子供たち一人一人にしっかりとはぐくまれているのか、その結果が今まで以上に求められております。したがいまして、本町では児童生徒にこの確かな学力、豊かな心、そして健やかな体をはぐくむために、重点施策に掲げて取り組んでいるところでございます。

 まず、確かな学力の育成についてでございますが、確かな学力、いわゆる学力の向上につきましては、本年度も町の重要施策に取り組み、各学校ではそれぞれの学校経営の重点に位置づけて取り組んでいただいているところでございます。各学校では、少人数指導やTT指導などの指導法の改善や個別指導等の充実を図りながら、子供たち一人一人に基礎的、基本的な知識、技能を確実に習得させ、これらを活用して、課題を解決するために必要な思考力、判断力、表現力等をはぐくむとともに、主体的に学習に取り組む態度の育成のために、その指導に全力を挙げて取り組んでいるところでございます。

 また、本町は英語教育の町を目指しており、外国語教育の充実も重点施策に掲げて取り組んでいるところでございます。

 次に、豊かな心の育成でございますが、基本的な生活習慣や規範意識を身につけ豊かな心を育成するために、道徳教育の充実を初め読書活動、自然体験や社会体験、さらには奉仕活動や芸術文化に触れる体験など創意工夫ある教育活動を進めながら、この指導に当たっております。特にも社会体験として実施いたしております中学生議会は、自分たちの町、この金ケ崎町の将来を考える学習の場として大事に実施しているところでございます。また、農作業体験や郷土に伝える伝承芸能活動、さらには将来の生き方を考えるキャリア教育や、かけがえのないこの地球を大事にする環境教育などは、地域の皆様方のご支援やご協力を賜りながら進めるなど、地域に開かれた学校づくりにも取り組んでいるところでございます。

 3つ目は、健やかな体の育成でございますが、学校では児童生徒の体位や体力の実態を把握し、学校教育目標に即した計画を整備し、学校の創意工夫を生かした意図的、継続的な体力づくりを進めております。また、望ましい基本的な生活習慣の確立を図るとともに、生涯にわたる健康の基礎を築くために、全教育活動を通して健康教育の充実にも努めているところでございます。

 一方、健康な体づくりには食生活も大事であり、地元食材による給食の充実や弁当の日の実施、さらには栄養教諭の訪問指導などを通して食育教育の充実にも取り組んでいるところでございます。

 今申し上げましたように、各学校では子供たちの実態を踏まえながら、確かな学力や豊かな心、そして健やかな体の子供の育成を目指して、教職員一丸となって全力で取り組んでおりますが、より成果を上げるためには、保護者や地域の皆様方のご理解とご支援、ご協力が必要でございます。そのため、学校では指導目標を発達段階に応じて数値化した「まなびフェスト」を策定し、保護者や地域の皆様方に公表して取り組む目標達成型の学校経営に取り組んで児童生徒の育成に当たっているところでございます。

 以上を申し上げまして、答弁を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 再質問を許します。

 4番、佐藤千幸君。



◆4番(佐藤千幸君) 第九次計画、それから安全、安心な行政の目標のための交通戦争からの回避、そして被災者への支援、放射能対策、スピード感を持って復興されるようお願いを申し上げまして、私の質問を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 以上をもちまして、4番、佐藤千幸君の一般質問は、これで終わります。

 お諮りいたします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、午前10時50分まで休憩をいたします。

            休憩(午前10時37分)

                                        

            再開(午前10時50分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



○議長(伊藤雅章君) 一般質問を行います。

 9番、及川みどり君。

           〔9番 及川みどり君登壇〕



◆9番(及川みどり君) 9番、及川みどりでございます。放射能問題について、町長と教育長にお伺いいたします。

 初めに、牧草の利用自粛についてお伺いいたします。昨年の東電原発事故による放射性物質汚染の問題は、いまだに大きな影響を及ぼしております。町内のある酪農家は、これまで3回の測定で100ベクレルを下回っているが、牛乳から1ベクレルでもセシウムの出るような生産をしてはならないと、昨年刈り取った牧草の給与を自粛しており、他から買い入れた牧草を与えております。このたび放射性セシウムの暫定許容値が牧草1キログラム当たり100ベクレルと大幅に引き下げられることになり、2011年産の牧草の給与を自粛するよう要請されました。これは、町内全部の牛が適用となり、乳用牛は3月16日、その他の牛は4月1日から自家産の牧草を与えることができなくなります。代替飼料の確保、牧草地の除染、利用できない牧草の処分など、問題は数多く発生します。町のこれまでの対応と今後の対策についてお伺いいたします。

 次に、子供への放射能の影響についてお伺いいたします。子供を持つ親にとって、放射能の子供への影響の度合いは大きな心配事であると思われます。給食の材料等については十分な安全確保がなされていると思われますが、取り組み状況についてお伺いいたします。

 先般内部被曝調査のため尿検査が行われましたが、その結果についてお伺いいたします。

 また、子供の健康被害について、親へのアドバイス等は行っているのかお伺いいたします。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁を求めます。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 9番、及川議員のご質問にお答え申し上げます。2つご質問いただいておりますが、教育長にもお尋ねでございますので、その件については教育長から答弁をいたします。

 議員がご質問のとおり、昨年の3月11日の東北地方太平洋沖地震、その後の東京電力福島第一原発の爆発、放射能物質の拡散に伴いまして、農業者の経営に大きな影響を与え、収束どころではなくて、今もって大きな被害が出ておると、こういう状況でございます。

 金ケ崎町では、5月1日の岩手県による牧草検査、これは昨年の5月ですが、皮切りに原乳あるいは稲わら等の検査を随時実施いたしてまいりました。県、農協など、関係機関の会議あるいは農業者、畜産会、あるいは畜産部会との会議、県知事への要望書の提出など多くの放射能関係の対応を実施し、畜産農家の経営安定のためのその取り組みを随時実施いたしてきたところでございます。

 また、昨年9月には町内産乳用種の廃用牛の全戸検査も行ったところでございます。牛肉から暫定規制値を上回る放射性セシウムが検出されました。以降畜産農家は、牧草の給与に細心の注意を払いながら牛の飼育を行ってきているところでございます。しかしながら、今般国では平成24年4月から放射性物質に関する食品の基準をより厳格な数値に見直しを行うことといたしております。その見直しに伴い、粗飼料のうち牧草に関しても基準が見直しをされることとなりました。この見直し基準に合わせまして、岩手県では平成24年2月21日付で当町を含めた13の市町村に対しまして牧草の利用自粛要請を行ってきたところであります。この要請に基づきまして、当町では金ケ崎町一円の牧草地の利用自粛と、こうなったことであります。今後畜産農家の支援、こういうことについて努力をしてまいりたいと考えております。

 議員のご質問にありました代替飼料の確保対策についてでございますが、国が畜産農家に対する飼料の供給に関して、不足をしないよう確保する旨発表いたしているところでございます。牧草を必要とする畜産農家に対して必要量が全量確保される予定となっているところでございます。この確保に関しては、全農が実施をいたします事業によりまして、JA岩手ふるさとが各戸の牧草必要量を取りまとめをいたして、その手配をし、現物供給が行われる、こういう見込みでございます。

 なお、かかる購入経費に関しては、全農が一たん立てかえ払いを実施をいたし、東電に対して賠償請求をすると、こういう内容になっております。よって、農家の費用負担を発生させないように飼料確保が行われると、こういう内容でございます。

 次に、除染対策でございますが、町内には畑地あるいは水田転作を含めまして、約500戸の農家で約1,300ヘクタールの牧草地を栽培いたしております。すべての牧草地におきまして除染対策が必要と、こう見込んでおるところでございます。

 除染事業につきましては、岩手県が平成23年度事業として一関市で先行実施をいたしております。平成24年度は、当町もその除染事業の対象地域となっておるところでございます。

 この除染事業、このことについては、町内の除染対象地を社団法人であります岩手県農業公社が取りまとめをいたしまして、事業を一手に実施をする計画となっております。牧草地の反転あるいは耕起、あるいは肥料散布、牧草の播種等の一連の作業を短期間に実施すると、こうなります。しかしながら、広大な除染対象地、これを実施する、こうなりますと、農業公社だけでの対応は困難な状況が想定されます。よって、地域の畜産農家の方々、あるいは作業関係について受託をいただけるような方、あるいはそういう関係者を募りまして、除染業務を公社から地域に委託をすると、こういう形の取り入れをいたして、早期にこの除染作業、これを実行したいと考えております。

 最後に、利用自粛となった平成23年産の牧草の処分についてでございます。今後利用できなくなるために、現在その残量の把握、まずどのくらいあるかと、これを把握いたすところでございます。

 今後この処分対象の牧草については、国の示しております方針、これに基づいて、まず圃場へのすき込み、そして焼却あるいは地中保管、さらには一時保管のいずれかを選択しながら、この平成24年度から町としてはその処理を進めてまいりたいと、こう考えておるところでございます。

 以上で答弁を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 教育長の答弁を求めます。

           〔教育長 新田 章君登壇〕



◎教育長(新田章君) 9番、及川みどり議員のご質問にお答えをいたします。

 放射能事故に係る学校給食の安全確保と子供の健康被害についてのお尋ねでございますが、まず学校給食の安全確保についてお答えを申し上げます。

 安全で安心な給食の提供は、学校給食の最大の使命であり責務でございます。しかしながら、今回の原発事故により食材に不安を感じておられる保護者のいることも承知いたしておるところでございます。そのため、保護者の方々の不安を少しでも払拭し、安心を得られるよう、昨年の9月の半ばからではございますが、ホームページで給食で利用している食材の産地の公表を行っているところでございます。

 また、昨年末に町内産農産物の放射能検査を行うため、食品放射能検査装置を整備いたしましたので、教育委員会ではこれを活用しながら、1月から給食食材に使用する町内産野菜や果樹等の放射能検査を始めているところでございます。

 具体的には、町内産農産物の使用規制値を食品衛生法の暫定基準値ではなく、この4月から適用されます放射性セシウムの新基準を先行して適用しているところでございます。数値で申しますと、一般食品は1キログラム当たり100ベクレル、牛乳は1キログラム当たり50ベクレルとなっております。そして、町内産の野菜と果樹につきましては、生産者に協力を要請し、生産者ごとや品目ごとに事前に検査を行い、規制値以下であることが確認できた食材を使用いたしているところでございます。検査に当たっては、測定下限値を1キログラム当たり40ベクレルとして測定いたしておりますが、測定結果は現在まで皆不検出となっておるところでございます。

 米飯給食の米につきましても、町内産を使用しておりますが、町独自の検査の結果、不検出となっておりますので、問題ないと判断いたしたところでございます。

 牛乳につきましては、湯田牛乳公社の牛乳を使用いたしておりますが、県が2週に1度検査をしており、常に不検出となっているところでございます。

 さらには、副食には町内産以外の食材も使用されており、それぞれの生産地等で検査をされており、問題ないと考えておりますが、念のため個々の食材はなかなか検査できかねますが、調理後の副食について1週間に1度検査をいたしておりますが、現在のところすべて不検出となっているところでございます。このようなことから、今のところ給食の安全は確保できているものと考えております。

 なお、4月以降は町民の方々からの放射能検査の希望が多くなることが想定されますことから、給食センターに独自に検査装置を整備したいと考え、今議会に提案の補正予算の中に購入費用を計上しているところでございます。今後とも安全で安心な給食の提供に全力で取り組んでまいりたいと考えております。

 次に、内部被曝検査のための尿検査の結果についてお答え申し上げます。この検査は、県の保健福祉部が県南地区の子供たち132名を対象に行ったものでございます。当町では、3歳児から中学校3年生までの各年齢層から1名ずつ、計12名が検査を受けております。検査の結果につきましては、3月2日に県が公表いたしております。それによりますと、放射性ヨウ素については全員不検出となっております。また、放射性セシウムについては、生涯累積の内部被曝線量として最大でも0.03ミリシーベルトとなっております。この値は、一般公衆の線量限度とされる年間1ミリシーベルトの100分の3という値で比較しますと、その1ミリシーベルトをはるかに下回る数値でございますことから、健康被害は極めて低いと評価したと県のほうでは公表いたしているところでございます。

 なお、子供たち一人一人の調査結果については、検査を受けました保護者の方々に個別に通知されていると伺っておりますが、県では検査対象者132名全員に問題ないとしておりますことから、本町の子供たちの12名も問題ないものと判断いたしているところでございます。

 最後に、子供の健康被害について、親へのアドバイス等を行っているのかというご質問でございますが、町内では空間線量が高い軒下など、局所的にはややありますが、ふだんの生活行動で意識して避けるべきところがある状況ではないと考えておりますし、学校給食を初め日々の食生活につきましても、国が全国的な食品の安全規制を行っておりますことから、特に注意を喚起する必要は今のところない状況ではと考えております。したがいまして、保護者への注意喚起のような取り組みは行っていないところでございます。

 今後とも放射能汚染の空間線量や農産物等の放射能検査を継続し、児童生徒が安全で安心した学校生活が送れるよう取り組んでまいりたいと考えております。

 以上をもちまして、答弁を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 答弁が終わりました。再質問を許します。

 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) ありがとうございます。最初に、教育長のほうにお願いいたします。

 親に対しての改まったアドバイスとか注意喚起は行っていないということでございますけれども、中には異常な反応を示す親もあるのではないかと見受けられるところがあるのですけれども、そういう方はいらっしゃいますか。



○議長(伊藤雅章君) 教育長。



◎教育長(新田章君) 今のご質問についてお答えいたします。

 保護者の中には、やっぱり例えば先ほど尿検査のほうでもお話を申し上げましたけれども、国の基準は1ミリシーベルトであって、そして県の子供たちは一番高いところで0.03ミリシーベルト、そういう結果が来たというまず報告がございましたけれども、この0.03であっても、ゼロよりあるわけでございますので、そういう面で、そういう健康内部被曝についても食品のいろんな検査についても基準を、例えば100ベクレル、50ベクレルを下回っていたとしても、あること自体がやっぱり問題ではないかという、そういう不安をお持ちの保護者は何名かおられます。



○議長(伊藤雅章君) 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) 数の中には、いろいろな考えの方もあると思いますけれども、教育委員会として改まって親御さんに対して、そういう今回の問題についてどのような心配をしているかとか、そういうアンケートまではいかなくとも、考えとかは何かの機会に伺ったことというのはあるのでしょうか。全体を通しての。



○議長(伊藤雅章君) 教育長。



◎教育長(新田章君) お答えをいたします。

 教育委員会として、保護者の方々に今回の放射能問題等にかかわってアンケート調査はいたしておりませんが、各学校を通してPTAの集まりとかさまざまなところでどういう不安があるのか、そういう声を学校で掌握し、それを教育委員会のほうで伺ってまとめて、大体状況を把握しているところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) これは、いろいろまだこれから先の長い問題だと思いますので、余り心配を与えないような検査なり取り組みをお願いしたいと思います。

 あとは、牧草の問題でございます。今回セシウムの値が今まで肉牛と乳用牛は300が100、まだ3分の1ですけれども、繁殖牛とかその他が3,000から100という、私最初そういう新聞記事みて、丸っこ1つつけ間違えたのではないかと思ったくらい異様というか、値の下がりぐあいが大きいのですけれども、それはどういう関係とお考えですか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁、農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) お答えをいたします。

 まず、先ほどの質問の中で育成牛とか繁殖牛が3,000だったのが100になったと、乳牛につきましては、乳牛、肥育については300から100に下がったと、この数値がやっぱり大きいなと思ってございますが、昨年も肉の出荷停止とかいろんな分があった中で、基準を低くしないと、全体の消費者に与える数値のイメージとか、実際肉に入る分の数値のいわゆる基準値を100にするための計算方式がございまして、その中での数値の、規制値の変更ということでとらえてございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) わかりました。今回この牧草に関してですけれども、今まで減反で牧草を植えておった田も対象だということで、町内全部ということですけれども、昨年永年性の牧草を植えていた田を、今度ことしほかの作物にする場合に、この間ちょっと座談会に参加したら、それは大丈夫だということだったのですけれども、私はどうしても表面に放射性のセシウムがあるので牧草も危険だというとらえ方をすると、ほかの作物は大丈夫だという、何か心配なような気がするのです。植物というのは根から栄養を吸い取って大きくなるので、それが何で大丈夫なのかなということがいまだに疑問なのですけれども、本当に大丈夫なのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) お答えいたします。

 まず、今回転作田の牧草の関係ですけれども、牧草をそのままにして今の状態でいますと、そこから出た牧草を食べさせると数値が高くなりますよということの指定地域になっていますから、そこをまず反転、いわゆるかえなければいけないということでの除染という形で今作業をしようとしています。そこで、転作田については、いわゆる牧草からかえることによって、1回反転をされるということで、新しい作物にいくと。特にイネとかであれば、吸収する仕方がまた違いますので、イネだと薄まるというか、それはその分がセシウムが吸収されないということで大丈夫ですよということとか、あるいはほかの作物もそういった形で反転されることで薄まるということが一つの考え方かなと思ってございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) 大丈夫だと言うので、大丈夫なことにしますけれども、ただそれがほかの作物をつくって、それを検査したらセシウムの値が高い、ではそれは売れませんとなった場合に、その責任はどこに行くのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) 今の形で金ケ崎町がいわゆる牧草については利用自粛の地域に新たに2月21日からなったわけですけれども、基本的にはうんと高い地域と低い地域がございます。そこで、牧草地域になると、高いところですけれども、標高の低いところはどちらかというと、数値そのものが低いわけです。今考えているのは、そういった地域については基本的なはかり方をして、基準値以内であれば抜くという方法も今考えてございます。しかしながら、今やった結果、出たらどこが責任だというふうになると、やはり私たちも昨年も米も含めて、デントコーンも含めていろいろ事前に調査してございます。今回もそういったところは何点か押さえながら事前に調査をしてみたいなと思ってございますが、もし出た場合の責任はとなると、やはり今のところ東電のほうに請求するというような形かなと思ってございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) あとこの牧草、検査して100ベクレル以下であれば与えてもいいという書き方してあるのですけれども、牧草はまだ町内検査はしていないわけですね。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) 今の、昨年までとった牧草については、もう利用自粛がかかりましたので、使えませんけれども、3月31日で最終的に切れますけれども、新しいものについては、まだはかってございません。ただ、これに至るまで県のほうでも農林部のほうでも、放射性物質の影響防止のための農作物生産管理マニュアルというのを今つくってございます。その中で、普及所等で一体的な研究をした経過を数値をベースにしてやってございますので、それだと薄まるのかなということで、いわゆる作物等には出ないのではないかなということで今進んでございますが、実際今度やってみて、やはりはかってみないと、どの程度までになるのかというのは、また確認をしていかなければわからない事項ではないかなと思ってございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) あとこの牧草を使えない、それで新しい牧草を買ってくるというと、今度その保管場所がすごく問題になると思うのです。まだ今の時期ですと、わら等もたくさんありますし、牧草もまだまだこれから与える分ということで、保管している量がどこの農家もかなりあると思うのです。それで、ラップ包装したものは外に置いても構わない、ラップしていないものは外にも置けないとなると、新しい牧草を持ってきても、その保管場所に困る人も多々あると思うのです。そういうところの対策というのもやっぱり早くとってもらわないと困るのではないかと思いますけれども、その点、JAさんとの関係もあると思いますけれども、町としてはどのように考えておりますか。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) まさにその分、今悩んでいるのは代替飼料については全農がやるということで安心してございますが、今度は今のように必要な部分が来たときにどこに置くかということで苦慮しているところですが、今現在、農協さんを通してどのぐらいの残量があるか、農家戸数、農家当たりどのぐらいあるか、今調査してございます。それとあわせて国、県のほうでは、もう焼却していいよと言っているのです。焼却あるいはすき込みをしていいと言っているのですが、ただ焼却の仕方がなかなかできないものですから、あとみんな周りの近隣市町村の動きを見ながらどのように進めたらいいかというのを迷っている状況です。そこが解決できればいいのかなと思ってございますが、ただ現実的にはまだそこまでいっていないのが現状で、まずどのぐらいあって、それをどうするかというのは今詰めている最中でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) わかりました。今それ焼却の話が出ましたけれども、この間の座談会の中では、今度は刈り取った草の焼却はだめだという話が出ました。ということが、畦畔もだめだということだったのです。そうすると、牛を飼っているうちだけではなくて、畦畔となると米、畑、町内全部の土地が対象になると思うのですけれども、その処分方法が今度は大変ではないかと。刈った草を焼けない、積んでおく場所もない、その辺に置いてはだめだとなった場合に、どういうふうにすればいいのかということが今度出てくると思うのですけれども、その点も何か考えておりますか。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) 先ほどの答弁で焼却と言いましたのは、個人で野焼きをするとか、そういうのは禁止されてございます。国からの指示の焼却は、焼却施設、いわゆる公の施設等で焼けるところに持っていって焼くことについては大丈夫ですよという形ですが、今、ただいろんな形の施設の中でも、焼却灰のセシウムが云々というので、地域住民との関係とかいろいろありますので、まだ方針が出ていないということで焼けない状況でございます。

 そういった意味で、いろんな処理について、私どもするとすれば、今はそういう話なので、具体的にもう進めなければいけないものですから、この辺はやはり国、県と詰めていくということで今調整中でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) 保管している牧草についてはわかりますが、各持っている田んぼの畦畔とかの草も何かこの間は焼却はだめだという話が出たのです。それで、隣の奥州市の議会では、焼却をしないように要望書が出て、それをまだ議会としての賛成はしていないですけれども、委員会では全会一致で賛成したというのが出ていましたけれども、その畦畔の草が焼けないとなると、大変ではないかなということが考えられるのです。

 また、あと畦畔とかそういうこまいところを草刈りすると、土まで一緒に巻き上げるということになるのですよね。本当にそういううんと気にする人は、もう草も刈ってだめというふうなことを言い出すのではないかと私は心配しているのですけれども、そういうところもまた検討していかなければならない事項かなと思うのですが。その草刈りの刈った草の処分について、全町民対象になると思いますが、もう一度伺います。



○議長(伊藤雅章君) 生活環境課長。



◎参事兼生活環境課長(石川孝君) お答えしたいと思います。

 畦畔の草の刈り取った後の焼却の件でございますが、当町におきましては、昨年広報と行政だより出しまして、禁止というまでは言っておりません。自粛要請という格好でまずお願いしてございます。その経過といたしましては、先ほど議員が言われましたとおり、奥州市でも問題になっていると。要するに畦畔を燃やした場合、低温で燃やした場合のその草のベクレルといいますか、セシウムというか、放射能影響がどれほど影響するかというのがまだわかっていない状況でございます、正直言いまして。そんな中でのやはり自粛というか、こうなったわけですが、もう一つの背景といたしましては、法律で、法律名をちょっと忘れましたけれども、廃掃法だとは思うのですが、ご存じのとおり平成16年あたりに県条例におきまして、ダイオキシンの関係で野焼きを禁止されたわけです、原則は。そういう状況がございまして、野焼きの禁止はもううたわれてございます。ですから、畦畔等も本当は含まれるわけでございますが、その法律の中には5つの要素があるわけです。この場合はいいよと、それがまさに畦畔の草だったのです。あとはお祭りに使うわらとか、そういう焼却は認めると。そういう現在の法律が生きていますもので、そういうふうな調整はどのようになっていくかということが今後の考え方になってくるのかなと思っております。

 それでは、ことしもまた草が生えてくるわけでございますが、その草をどうしたらいいかと、こうなりますと、これはやはり早目に国、県に働きかけまして、統一した指導等を早く見きわめなければならないなと、こう考えておるところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 9番、及川みどり君。



◆9番(及川みどり君) この問題は、本当にこれから大変なところだと思います。

 私たちとすれば、町独自でできる対策というのは、今のところないのではないかとは思いますけれども、国、県への働きかけを強力に行っていただいて、町民が本当に一日も早く安心して暮らせるような対策をとってもらえるような、そういう方向で持っていっていただきたいとそのように思います。

 以上をもちまして質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(伊藤雅章君) 以上をもちまして、9番、及川みどり君の一般質問は、これで終わります。

 午前に予定いたしました一般質問を終了いたします。

 お諮りいたします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、午後1時30分まで休憩をいたします。

            休憩(午前11時26分)

                                        

            再開(午後 1時30分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開します。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



○議長(伊藤雅章君) 一般質問を行います。

 3番、高橋藤宗君。

           〔3番 高橋藤宗君登壇〕



◆3番(高橋藤宗君) 3番、高橋藤宗でございます。本日の質問は、2ついずれも町長におえをお願いいたします。

 まず初めに、第九次総合発展計画と伝建群についてご質問いたします。平成13年6月、文化庁の重要伝統的建造物群保存地区に選定されてから10年余りたちましたが、その間町は一貫して観光地化しないとの方針を示してきました。しかし、実際のところ、このすばらしい文化財を目的に訪れる人は年々増加しており、その来訪者に対応すべく地元ボランティア団体が知恵を出し合い、おもてなしの心を持って活動されております。第九次総合発展計画には、「観光資源を活かしたまちづくりを推進する」とありますが、町は伝建群を観光資源ととらえているのかどうか、町長の今後の展望をお聞かせ願います。

 2つ目に、協働のまちづくりについてでございます。第九次総合発展計画の「町民と行政の協働のまちづくりを推進する」の現状と課題について、「現在、地域のリーダーや自治会役員の成り手不足が深刻な状態にあり、自治会活動に支障をきたす恐れがある」とあります。原因は、各自治体によってさまざまとは思いますが、その大きな原因は何であるととらえているでしょうか、町長の考えをお聞かせ願います。

 それともう一つ、町は女性会議や女性リーダー養成講座など、幅広く町民から意見を聞ける環境を整えておりますが、若者を参加させるカテゴリーがないように思います。地域づくりの人材育成に、「次代を担うリーダーの発掘を、自治会や団体とともに行う必要がある」とその必要性を認めつつも、具体的に養成講座などを行う計画が記載されておりません。次代を担うリーダーの養成などについて、今後の町としての方針をあわせてお聞かせ願います。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 3番、高橋議員のご質問にお答え申し上げます。2点のご質問をいただきました。

 第1点目の第九次総合発展計画と伝建群についてでございます。城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区は、議員ご承知のとおり10年を経過いたしたところでございます。選定を進めました当時の地区民の皆様方からは、一番重要な意見として、観光地化しないでほしいとの要望がございました。これを尊重し、一貫して商業観光地化の取り組みは控えてきたところでございます。しかし、県内外からの来訪者が年々増加をしてまいりました。その皆さんを大事にされ、おもてなしをしようとする機運が高まって、ボランティアガイドなどの団体が結成をされ、歓迎をいただいておるところでございます。また、昨年の10周年を契機に地区民からは、来訪者に向けた案内標識の設置等の要望が寄せられました。これらのことから、観光地と同様の観光環境等を整え、来訪者へのサービスを充実していく必要があると考えております。

 ご質問の第九次総合発展計画の「観光資源を生かしたまちづくりを推進する」の観光資源について、伝建群が含まれるのかというお尋ねでございますが、歴史遺産も観光資源ととらえておりますので、城内諏訪小路重要伝統的建造物群保存地区も観光資源ととらえております。現在策定を進めております観光交流基本計画にも盛り込んでおるところでございます。

 また、町の観光パンフレットでは、表紙や最初のページでこれらを紹介し、貴重な観光資源ととらえています。今年4月から6月まで展開されますJR6社のいわてデスティネーションキャンペーンでは、全国版と県内版のガイドブックにも町の観光スポットとして掲載いたしておるところでございます。

 今後の展望についてでございますが、城内、諏訪小路は、その地区民の日常生活の場でもあります。生活する皆さんのプライバシーに十分配慮しながら、安心で安全な生活環境を維持しながら、観光資源ととらえた取り組みを展開していかなければならないと考えております。そのために、保存地区内では、今のままの閑静な武家屋敷を初めとした町並みや自然環境に保存すると、こういうことが大切だと、こう思っております。宿泊や飲食やお土産品などの施設は、本町通りや駅前通りなど、従来の商店街で展開いただければ、町なかのにぎわいの創出にも結びつくと考えておるところでございます。

 また、白糸まちなみ交流館は、保存地区や保存物件などを主に案内し、町なかのお休みどころや、観光協会などは保存地区への道筋等の案内をするように考えています。このように、保存地区と商店街等のエリアが役割分担をしながら、そして連動したその取り組みを展開していきたいと、こう考えております。

 2つ目のご質問に入ります。協働のまちづくりについてお答えを申し上げます。当町の多くの自治会は、生涯教育の町宣言の時期とほぼ同じくして、1行政区に1自治会が生まれました。と同時に各地区連合会が結成をされ、自治会連合会ごとに部落づくりリーダー研修を実施し、当時よりリーダー養成を実施してまいっております。さらに、自治会の活動拠点となる部落公民館や生涯学習の拠点となる地区生涯教育センターを建設しながら、生涯教育によるまちづくりや部落づくりが進められてきたところであります。

 そして、生涯教育30周年記念大会の基調報告でも触れておりますように、以後30年にわたり自治会活動が継続されてまいったところでございます。現在は、親善行事や学習会、あるいは連合会行事への参加、そして町との共同事業とさまざまな活動が行われておるところでございます。

 さて、ご質問の地域のリーダーや自治会役員のなり手不足の大きな要因についてお尋ねでございます。現在地域のリーダーや自治会役員の年齢構成や職業、あるいは自治会ごとにさまざまだと、こう思っております。したがって、役員等のなり手不足を一言であらわすということはなかなかできないところですが、その要因としては幾つかあると、こう考えております。

 その1つは、地区住民の職業の多様化によって会社等の拘束時間が増加し、地域活動ができるような時間がとれにくくなってきていると。2つ目は、住民が多様な価値観を持つようになったことから、自治会等の団体活動より個人活動を重要視するようになってきているのではないか。3点目は、人口の減少によって役員の対象となる方が少なくなってきていると。これらいろいろ考えられるところでございます。これらの状況は、当町だけのことではなく、全国的な傾向であり、課題でもあると、こう認識もいたしております。

 このような中で、若者を参加させるカテゴリーがないように思うと、こういうことでございますが、まさしく若い世代がこのような状況に置かれておりますので、当町でも若い世代を対象とした事業や青年層の団体活動は年々減少し、現在はかなり少なくなってきております。しかし、スポーツ活動の分野におきましては、若者が中心となって活発な活動をいたしており、当町のスポーツ推進のかなめとなっております。

 まちづくりの、あるいは地域づくり等に関して申し上げてみれば、いつの時代も若い世代が風習にとらわれず、新しい発想で行動を起こしてまいりましたので、現在もこれを期待いたしているところでもございます。

 次に、次代を担うリーダー養成の方針について申し上げます。地域づくりの担い手と人材の育成は、大変重要な施策であり、当町でも平成19年度から実施した岩手地域づくり大学・かねがさき校や、各地区生涯教育センターのリーダー研修、そして各種団体の研修と、いろいろな形で養成講座や研修会を実施してまいりました。第九次総合発展計画において、具体的な事業を提示しておりませんが、指標にありますように、リーダー養成、育成、この事業、あるいは各種団体が実施している事業を継続して支援してまいります。

 そこで今年度は、地域づくりに関する補助金を充実して支援してまいりたいと思っております。特にも協働に関する事業につきましては、その対象者を自治会等からNPO法人や構成員10名以上の活動している団体に拡大をして、町民に広く活用していただきたいと考えております。したがって、このような団体の活動を支援する施策もリーダー養成につながるものと考えております。

 さらに、地域づくりをキーワードに地域づくりの担い手の研修会を実施する予定でございます。この研修会は、自治会関係者だけではなく、町民全体に声をかけ参加を募る予定でおりますので、よろしくお願いもいたしたいと思います。

 以上で答弁を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 答弁が終わりました。再質問を許します。

 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 詳しくお答えいただきましてありがとうございます。

 まず初めに、伝建群についてなのですけれども、1つ確認です。観光地化するという言葉、言葉だけ、ちょっと難しいのですけれども、城内諏訪小路地区のいわゆる伝建群保存地区内では観光地化はしないという意味で、町全体としては町全体の観光地という考えでよろしいでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 非常に線引きは難しい部分があると、こう思います。ただ伝建群、そこで生活をされていると、この実態を踏まえまして、私は一般的に観光地化、あるいは観光地と、こう言われるところは歴史的な建物があったり、あるいは他にない珍しいものがあると、そういう部分が非常に多いと、こう思っていますが、ここの伝建群は城内、諏訪小路という大変広い範囲にわたってそのものが伝建群と、いわゆる群だと、こういうことなわけです。ですから、私はそこで生活している人たちのプライバシー、あるいは生活圏を妨げるような形での人の出入り、あるいは俗に言う観光地ということは、これは避けるべきであろうと。しかし、そこにいらっしゃる方々がその自分たちの住んでいる歴史性、あるいはそういう風情、文化というものに対して、おいでになる方々、俗に言う観光客、こうなるかと思いますが、そういう方々にこの地域のよさ、そういう歴史性も理解をいただけるということを前提におもてなしを今やっておると、こう思っていますので、ボランティアの皆さん方が活動に当たっては、そういう部分をよく理解して対応していただいておると、こう思いますので、議員がお話しされるところと少し合わない部分があるいはあるかもしれませんが、俗に言う一般的に観光地化してどんどんお客さんが出入りするというものではないという前提で、商業的な、いわゆる商業観光的なと、こういう表現をいたしております。そういう意味合いがあると、こういうふうにご理解いただければと思います。



○議長(伊藤雅章君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) ありがとうございます。町長もそこに住んでいる住民の皆さんの気持ちを本当にご理解の上おっしゃっているなというのがよく伝わりました。ただ、デスティネーションキャンペーンもそうですけれども、そういった観光に対するいいタイミングというのがことしあるわけでございます。そして、さらに平泉という世界遺産が近くにあるということもあります。そうしますと、どうしても旅行者の目線で考えますと、平泉と当町の距離というのは本当に近い距離という発想になると思います。そうしますと、同じ歴史遺産として、やはり調べてくる旅行者さんというのは調べてくると思うのです、平泉が目的でいた方も、ああ、金ケ崎町に伝建群というのがあるみたいだよというつながりにもなると思います。そういったつながりに関して平泉町と協議する予定とかというのはあるでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 改めて世界文化遺産の平泉町との協議と、こういうのではなくて、今回のデスティネーションキャンペーンを含め、あるいは岩手の観光という点につきましては、いわゆる点ではなくて線でつながるようにという点におきましては、平泉町あるいは奥州市、そして金ケ崎町、北上市と、こうつながるような、季節性もございますけれども、歴史性から見ての連続性というものを前提にということで、このことについては平泉町さんという意味ではなくて、ここ近隣の市町村長、あるいはそういう関係者はそのことはよく理解しておると、こう思っております。



○議長(伊藤雅章君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) ありがとうございます。先ほどの答弁でもあるとおり、町長さんもよく理解されているとは思うのですけれども、やはり城内、諏訪小路地区の住民の皆さんは、保存地区ということで狭い道路を広くすることもできないという不便さを強いられている状況もございます。その上、これからやっぱり少しずつ観光客という方はどんどんふえてくると思います。そういったストレスということもございますので、やっぱり町としましても地域住民、そこに住んでいる住民の皆様に対しては、これからも誠意を持った対応、それから方針が変わったりとか、こういう方針でいきますよという少しずれがあったときに関しては、一番初めに地域住民の方にご理解をいただくという形をとっていただきたいなと思います。こちらに関しては要望でございます。

 続きまして、第2の協働のまちづくりについて再質問をいたします。町長もご存じのとおり、そしてご理解のとおり、協働のまちづくり、こちらを実現するには地域のコミュニティー、いわゆる共同体の発展と協力が不可欠となると思います。去年の震災のとき、石原都知事が「天罰だ」と発言いたしました。後に発言を撤回し、謝罪いたしましたが、もちろん発言に関しましては不適切な発言でしたけれども、その真意は個人主義で自分勝手、みんなで生きているという気持ちを忘れた日本人に活を入れるために言ったのだそうです。先ほどの町長のご答弁でも、なり手不足について、やはり住民の価値観が少しずつ最近は違ってきていると、あとどうしても個人活動を行うということがふえてきているといったことが課題であるとおっしゃられました。もちろん私もそのとおりだと思うのですが、今回の震災から学ぶべきことは、やはりその忘れた日本人の心、地域の皆さんで一緒に住んでいるという気持ちを取り戻すということが今回の震災を機に学ぶべきことではないかと私は思っております。

 各自治体の地域づくり計画を読ませていただきましたけれども、そちらから見えることにつきましては、従来型の地域コミュニティーが崩れつつある今、この時代に沿った新たな共同体としての再構築が必要であると私は思います。何十年間やってきた自治体の活動もありますけれども、どうしても昔、そこのいわゆる地元の有力者というのですか、そういった方々に従ってみんなでこの自治会を守るという意識が今まではあったのですけれども、便利な世の中になりまして、隣の人と話をする機会がなくても生きていられるような時代になりました。それをもとどおり、今までどおりのコミュニティーをつくるというふうになると、どうしても従わない人というのはやっぱりふえてくるのだと思います。そういった意味でも、やっぱり私は今までの従来のコミュニティーというのは、ちょっと再構築するべきではないかと考えております。そちらに関しまして、そういった自治会の発展のために町がこれから寄与していきたいなと思うようなことにつきまして、何か具体的な点が1つでも2つでもあればお聞かせ願いたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 今議員は非常に大事なことをお話しされたと思います。今回の震災の教訓と、こういう中からの地域コミュニティー、あるいは隣組、あるいは個人勝手ではなくてと、こういうお話でした。まさしく私は地域づくりというものは、そういう個人的なもの、あるいは個性の尊重を前提としながらも、自分たちが地域共同体として、あるいは地域社会の構成員の一人として、この地域で生活をする、あるいはこの地域で将来をと、こういうことからすれば、地域コミュニティーというのは非常に大事であり、地域コミュニティーがその基盤にならなければそういうことはできないだろうと、こう思っております。そういう意味で、具体的に1つでも2つでもと、こういうことですが、私はまさしくその原点の一つの活動は自治会活動にあると、こう思っております。この自治会活動は、自分たちの主体性の、そして自主的な地域と自分たちの生活、あるいは産業、あるいは文化と、こういう部分まで及ぶ活動でございます。そういう意味合いでは、私は人的、人対人とのつながりの中で活動するという中での自治体活動、そしてお互いが共通認識と共通課題を持って取り組むという地域づくり、こういう点においては、私は金ケ崎はいろんな形で取り組みが始まり、そしてまた生涯教育の町として今日までその歴史を築いてきたと、こう思っております。

 しかし、世代交代が進みます。その世代交代が進む中で、いい形でその地域コミュニティーが増幅され、あるいは堅持されていくような形というものがますます求められるだろうと、こう思いますし、今回の震災を教訓に、被災地だけの問題ではなくて私たち町、地域、小さい単位でそういう活動が求められているし、またそういう活動を通して自分たちの地域の豊かさ、明るさ、そして人のつながりをつくっていくべきだろうと、こう思います。

 そういう意味では、地域はいろんな行事を持ち、いろんな活動の事業を展開しております。私はその事業一つ一つが地域の人が参加し、地域の人がそういう活動を通して触れ合い、あるいはお互いを知る、そしてお互いがそういう仲間としてこの地域を守り育てると、こういう気持ちがそこからまた生まれると、こう思いますので、いろんな活動を通して私はその地域コミュニティーあるいは地域の人づくりが進んできておると、こう思っております。



○議長(伊藤雅章君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 確かに名前のごとく自治会ですから、自治という意味では町が関与すべきではないという、おっしゃるとおりなのですけれども、ではどうして従来型のコミュニティーというのがどんどん崩れていって、私くらいの若者がそういったことに余り参加しなくなったのかということなのですけれども、確かに自治体の問題でもあるのですけれども、私がちょっと町長から聞きたかったのが、例えば自治会長とかやっぱり上の方いらっしゃいますけれども、なかなか私たちの年齢は、そうお話しすることが余りないといいますか、逆にできないといいますか、そういった場がないといいますか。もちろん今までの先輩の方々からすれば、そんなのは自分から調べて入ってくるものだというふうな気持ちでいらっしゃると思います。ただ、今若い人たち、自分もそうなのですけれども、入りたくないわけではないのです。入りづらくて、いわゆる草食系とか肉食系とかという言葉がありますが、思いは一緒なのですけれども、なかなか入っていけないというところがあると思います。なので、私が何を言いたいかといいますと、自治会長が従来どおり、自治の中でそういった問題は解決してくださいという気持ちはわかるのですけれども、その若い人たちを参加させるにはどうすればいいかという、ちょっと一歩引いた状態のいわゆるリーダーシップといいますか、そちらにつきまして、町が自治会長の皆さんとか、各団体の長という皆さんをお呼びした上で、本当に参加してもらうためのリーダーシップということをぜひ入れていただければ、若い人なんかももしかすると参加しやすくなるのではないかなという気持ちでした。ちょっと今の私の意見に関しまして、どう思われますでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 基本的には議員お話しのとおりだと、こう思います。私は、自治会活動というのは、やっぱり住民自治の基本になっているものだと、こう思いますし、つながりとしては町とのつながりも深いと、こう思っています。ただ、活動において、若い人たちが参加しやすい、あるいは若い人たちが積極的に事業に参加といいますか、運営を含めて出てこられるということについてはいろんな工夫が必要だろうと、こう思います。ただ、各地域、私も運動会等参加させていただきますが、そういう中で若い人たちの力というのは非常に大きいと、こうも思っています。また、地域でボランティア活動、清掃活動含めまして展開しています。若い人たちも結構参加しています。私は、いろんな活動に若い人たちが参加することによって地域の先輩、後輩を含めたつながりも強くなってきていると、こう思っています。

 また、昨年から金ケ崎町では、地域で活性化委員会、そういう中での事業展開、親子3代にわたってと、あるいは若い人たちと年配の人たちの交流の機会をと、いろんな行事、事業の組み立てをいたしております。そういう特徴のある組み立てをすることによって、若い人たちが自然にそういう事業、あるいは組織活動に参加をして、自分たちがやがて来るこの地域のリーダー、この地域のトップという立場で今度は役割を果たすと、こういう時代が必ず来るわけでございます。そういう意味合いでは、議員お話しのとおり、いろんな組み合わせの中で若い人たちを育てる、若い人たちが参加できるということについては、各地区センターあるいは各自治会それぞれ取り組んでおると、こう思います。ただ、いろんな工夫がもっと必要だろうと、こういう認識はいたしておるところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 地域コミュニティーに関しましては、すぐしゃべって何かを実行して、何かがすぐ芽生えるかというと、そういった話ではないですので、ただ本当に一番大切なものというのは地域のコミュニティーですので、そちらに関しまして、本当に地味で目立たなくて、本当に根気の要る活動になると思います。若い人の参加についてもそうなのですけれども、その年代の代表ではないですけれども、私がまずそういった人たちと一緒にお話ししながら、町のために、皆さんのためにやれることをこれから私も個人的に考えていきたいと思います。

 これからの若い人たちのリーダーの発掘についてですけれども、そちらも私が思っていたことをきれいに町長に答弁していただきまして、返す言葉がなくなってしまったのですけれども、ただ先ほども少し言いましたが、若い人も本当に頑張っています。清掃活動をされているということで、清掃活動にも参加するしということで、若い人が頑張っているというのも町長のほうもご存じだと思います。確かに時間的なことを考えますと、一般の勤めている方というのは、どうしても平日参加できないとか、そういったこともあると思います。個人的なことで言いますと、私の入っている商工会の青年部は、自営でやっている方が多いですので、いろんな活動も参加することができます。いろいろやりたいという意見もたくさんありますので、ぜひとも私たち青年部と町とのパイプを閉ざさないでいただいて、私たちもどんどん意見を言いますし、いろんなことにも参画したいと思っておりますので、どうかよろしくお願いいたします。

 以上をもちまして、私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(伊藤雅章君) 以上をもちまして、3番、高橋藤宗君の一般質問は、これで終わります。

 お諮りします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、午後2時15分まで休憩をいたします。

            休憩(午後 2時01分)

                                        

            再開(午後 2時15分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開します。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



○議長(伊藤雅章君) 一般質問を行います。

 7番、?橋奬君。

           〔7番 ?橋 奬君登壇〕



◆7番(?橋奬君) 7番、?橋奬であります。町長に通告しておりました3点について質問いたします。

 まず初めに、町の農業を守るための対策について伺います。金ケ崎町の農業方針は、どうしても国の基本的な政策に左右されると思います。これまでも農畜産物の輸入自由化で、農業者はそのたびに苦しんできました。

 TPP交渉参加に入ろうとしている今、全農畜産物のすべてが関税ゼロを要求するアメリカ、オーストラリアなどにノーと言えるでしょうか。このままずるずるとTPP参加へと進めば、金ケ崎町農業のみならず、日本の農業と農村社会は壊滅的な打撃を受けると心配します。町長の考えと、この問題に対する対策について伺います。

 第2点といたしまして、財政健全化への取り組みについて伺います。我が国の財政状況は、各種メディアの報道によりますと、国債残高が累増し、約700兆円となり、この金額は税収の約17年分にも相当し、これからの世代に大きな負担を残すことになります。

 翻って我が町の財政状況を考えますと、小学校、中学校の耐震のための新築や上下水道の整備、役場庁舎、金ケ崎駅舎の新築などなどインフラの整備は県下でもトップクラスの整備がなされました。これからの時代、国や県の財政状況を考えますと、時代の先取りでこのように先行投資したことは、先人たちが先見の明があったと、このように評価されるべきと思っております。しかし、反面多額の町債が残っており、その返済が心配されます。今後の返済計画を伺います。

 3番目といたしまして、金ケ崎町シルバー人材センターの活用について伺います。町のシルバー人材センターは、退職者と地域で暮らす人々や農業者、町行政の仕事の要求を満たす非常によい組織であると思います。今後は、多様な人材の確保と活用に努め、町の支援も事務職員への資金援助のみならず、高齢化している農業者への作業支援システムの構築など、双方から喜ばれるような構想を提供してはどうですか。また、年間を通して働けるための技術の習得、研修も必要と考えます。町長のシルバー人材センターで働く人たちへの思いを伺います。

 以上、3点を質問いたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 7番、?橋議員のご質問にお答え申し上げます。

 最初に、TPP環太平洋戦略的経済連携協定についてでございます。その対策もと、こういうご質問でございます。

 まず、町長として最初に申し上げたいのは、TPP参加については金ケ崎町としては反対の立場を表明いたしておるところでございます。これにつきましては、金ケ崎町議会も同じ考えで同一歩調をとっているものでございます。また、昨年11月9日には、金ケ崎町農業委員会からも金ケ崎町に対しての断固反対という建議書も提出されておるところでもございます。まさに金ケ崎町全体として反対であると、こういう表明がなされておるところでございます。

 TPP問題、これにつきましては、参加国間で発生する関税を一切なくし、参加国間で関税以外の経済活動においてもあらゆる国境を取り払おうとしておるものでございます。交渉内容は21の分野にわたり、幅広く交渉が行われることになり、農業に関しては米を初めとした関税で守ってきた日本の農畜産物が海外の安い農畜産物に支配をされ、ほとんどの農産物が大打撃を受けることが予想されるところでございます。

 こうした影響が想定される中で、日本政府は交渉に参加する意欲を表明し、交渉参加に向けた関係9カ国との事前協議をこの1月から開始いたしております。ベトナムなど6カ国は、日本の参加を支持しておるところでございますが、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、これらの国は参加の支持、これについては保留をいたしております。今後、よりレベルの高い自由化をできるかどうか、日本政府の判断をアメリカ等から求められていると、こういうことでもあり、報道がこれらについて触れておるところでございます。

 こうした状況下におきまして、金ケ崎町農業を守り、地域の広大な大地を後世に伝え残すためには、農畜産物の生産を行うことは日本国民の食を守り、そして日本の伝統、風景を守るたには必要なことだと考えております。したがって、金ケ崎町農業の生産体制を盤石なものとするため、平成23年度より元気農業プロジェクト、あるいは特産品ブランド化プロジェクト、これらを立ち上げまして、水稲と園芸、畜産等による複合経営の推進を図りながら、金ケ崎農業者の所得向上を実践できる、そういう施策についていろいろ進めておるところでございます。

 こうした推進を実践しながら、TPPに対する課題に対しても関係機関はもとより、農業者を交えた検討を行いながら、真に有効な農業者支援を実施していきたいと考えておるところでございます。

 なお、金ケ崎町としてはTPP関連は国策で対応策を打ち出すものであるという考えでおるところではありますが、申し上げましたとおり、できる範囲、こういうものもございます。そういう中での努力をしてまいりたいと、こう思っておるところでございます。

 次に、ご質問の2つ目の財政健全化にかかわることでございます。議員ご指摘のとおり、国の国債残高は多額になっておるところでございます。一方、当町の起債残高は平成23年度末見込みで見てまいりますと、一般会計では112億5,500万円、特別会計では90億5,700万円となる見込みでございます。合わせまして合計で203億1,200万円ほどになるわけでございます。これは、町民1人当たりにいたしますと、約125万円の借金残高と、こうなります。

 また、起債に係る償還利子につきましても、一般会計、特別会計の合計で4億200万円余り、こういう状況でございますので、この額は1日平均にいたしますと、約110万円毎日支払う利息でございます。

 以上のように、当町の起債残高は多額になっておりますが、これはこれまでの各種公共施設の整備や下水道整備等のインフラ整備そのものの結果によるものであり、こういう状況にあると、こう考えております。

 しかし、起債残高が増加した一方で、快適な生活環境が着々と整備をされてきたと、こういう側面も持っております。当町の財政課題といたしましては、この多額の起債残高をいかに計画的に減らしていくかにかかっておるところでございます。この課題を解決するため、現在は身の丈に合った財政運営を基本といたしております。

 具体的には、起債の借り入れと返済の関係では、毎年借入額よりも返済額を多くし、いわゆるプライマリーバランスの黒字化を図ってきております。この結果、起債の残高は着実に減少してきてはおりますが、さらに行財政改革の方針に基づいて、起債の繰上償還を積極的に行い、起債残高の早期解消に努めてまいりたいと考えております。

 このような状況の中で、当町の財政健全化指標は、平成22年度決算では実質公債費比率が15.5%と前年より1ポイント改善したものの、県内ワースト12位でございます。将来負担比率にありましては164.1%と、前年より64.7%改善をいたしましたが、県内ワースト4位と依然として将来負担が高い町の一つであります。町といたしましては、財政の中期計画を立てておりますが、これによれば、これまで償還利子の負担を減らすとともに、低い金利のものに借りかえを行ってきた起債について、その償還が始まるものが重くなってきておる関係で、平成25年度から27年度にかけて一時的に実質公債費比率が起債の許可基準である18%に近づくと見込んでおります。このため町といたしましては、起債に際し許可対象基準を超えないようにするため、実質公債費比率を18%未満に抑えたいと考えており、そのための財政調整基金の取り崩しも含めながら繰上償還を実施していく必要があると考えております。

 また、特別会計につきましては、下水道事業や集落排水事業が終了し、今後は起債の償還が中心となってまいりますが、これまで単年度の利子負担を軽減するための起債を活用してきたものの、元金の償還期間が長期であり、起債の残高がなかなか減少しないなどの課題がございます。このことから、特別会計の起債については減債基金の活用や財政指標に影響しない時点での繰上償還の実施についても検討が必要と考えております。

 今後の対応といたしましては、できるだけ新規の起債を抑制するとともに、基金の活用による繰上償還を積極的に行うことでプライマリーバランスの黒字幅をふやし、起債残高をできるだけ早期に減少してまいりたいと考えております。

 今後の目標といたしましては、平成32年ごろにはすべての会計の起債残高、合計いたしまして100億円程度にしたいと、こう考えておるところでございます。この段階で町の将来負担比率が県平均値並みになるのではないかと、こう試算をいたしておるところでございます。

 今後の財政運営に当たりましては、中期財政計画に基づき起債の管理を徹底するとともに、経常経費の抑制を図りながら起債の償還財源を確保し、健全財政につなげてまいりたいと考えております。

 次に、ご質問の3点目、金ケ崎町のシルバー人材センターの活用についてでございます。金ケ崎町シルバー人材センターは、平成13年12月に設立され、当初から働く意欲のある健康な高齢者に活躍、貢献できる場を提供し、平成22年度末においては会員数が約130名、受託件数が400件を超え、就業延べ人数も約1,000人と、県内任意団体ではトップクラスの実績を上げ、10周年を迎えた節目の今年度は一般社団法人に移行するなど、その発展を遂げてきておるところでございます。

 また、事業内容におきましても、町の特産品である南部茅の生産を初め、庭木の手入れや除草作業など生活に密着したサービスを提供し、農業者あるいは高齢者等町民から好評を得ていると、こう認識もいたしております。

 お尋ねの研修の件につきましては、平成17年度まで県の補助事業を活用いたしまして、技術習得の研修事業を実施しておりましたが、この補助事業が廃止をされたと、このことによって事業を断念した経緯がございます。しかし、今年度一般社団法人に移行したことによりまして、国からの補助金交付対象となり、平成24年度からは、この補助金を活用しながら技術習得の研修事業などを再開する予定となっております。この研修は、従業者のスキルアップや活動の場を広げるためにも重要と考えているところです。今後は、農業者や高齢者等町民のシルバー人材センターへの要望などに対してシルバー人材センターが行うことのできるこれらについて、町の広報等でお知らせをしながら、その事業の支援をしてまいりたいと考えております。

 金ケ崎町が自立したまちづくりを継続していくためにも、高齢者にその活躍の場、そして今まで培ってきた技術や技能や、そういうものを生かしながら、あるいは仕事の場として、そして高齢者のコミュニケーションの場、あるいは仲間づくりの場として高齢者に元気をもたらすシルバー人材センター、この果たす役割はますます重要になってくると考えております。

 以上で答弁を終わらせていただきます。



○議長(伊藤雅章君) 答弁が終わりました。再質問を受けます。

 7番、?橋奬君。



◆7番(?橋奬君) それでは、再質問を行います。

 繰り返しになる部分もあるかと思いますが、かつて細川政権で突如導入されました我が国初めての米の輸入、いわゆるミニマムアクセス米の輸入ですけれども、これが生産者米価を4割も値下げさせまして、農家経済の非常な打撃となったわけでございます。また、それに伴って地域経済も疲弊させたと、我々農家はそれらの出来事を忘れることができません。

 今政府によって進められているTPP交渉参加は、超大規模経営を誇るアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどの農業国が相手であります。それらの国々は農畜産物全品目を交渉のテーブルにのせることを要求しております。これを許すならば、金ケ崎町農業のみならず、地域社会も日本農業も崩壊するのではないかと私は心配しております。現状ですら農業は既に後継者不足で弱体化しております。ここで関税ゼロを受け入れるならば、農業では生きていけない、そう思います。ここでかつて昭和40年代に行われた米価運動のような、国や県をも動かすようなTPP交渉参加反対運動のきっかけを金ケ崎から発するぐらいの意気込みで反対運動に取り組んではどうでしょうか。町長の考えを伺います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁、町長。



◎町長(?橋由一君) 議員お話しのとおり、歴史的な経過がありましたミニマムアクセスのいわゆる輸入米の問題に端を発し、その前は牛肉等の自由化問題、その前はオレンジ自由化の問題、なし崩しにそういうものが行われてきたと、こういう事実があります。最後はこのTPPかと、こういう状況でございます。金ケ崎町が率先をして、この反対運動の旗頭になっている、こういうお話でございますが、今自治体、特に岩手県は町村会の中でTPP反対ということを県と国に対しまして、それ以外にまたふえまして、その要望をいたしておるところでございます。また、農業団体は、あすの予定かと思いますが、各政党の幹部、どういう範囲まで指すかわかりませんが、そういう方を招いて、断固反対の決起集会の予定もされておると、こういう状況でございます。

 国民運動として、あるいは国民に合意を得ながらという期待を各首長あるいは各県知事、都道府県知事もそういう願いを持っている人がほとんどでございます。そういう点から見れば、今国会の置かれている状況、あるいは予算審査等含めてのことから見れば、少しその部分の対応が手ぬるいと、こういう状況かと、こう思っておりますが、5月にオバマ大統領と野田総理が会うという予定になっておりますので、そこで事前協議されることに対しての事前対応あるいは反対運動、あるいは我々生産者の気持ちが伝わるような、そういう活動は必要だと、こう思っております。それらについては、これからの取り組みのスケジュールと、こうなると思います。



○議長(伊藤雅章君) 7番、?橋奬君。



◆7番(?橋奬君) 次に金ケ崎農業、今までは国政のほうの話でございましたけれども、今度は金ケ崎農業について伺いたいと思いますが、金ケ崎農業の経営の多様性と、その強化策について伺いたいと思います。

 今金ケ崎町の農業政策は、営農組合の育成を中心に進めていると思いますが、農業経営を集落の共同で行うことは、人間関係の難しさもあり、今までの私の経験では成功例は非常に少ないと思います。金ケ崎町農業の現在の経営形態は、酪農家の経営を除き、現在はそのほとんどが水稲プラス和牛とか畜産、それから野菜、花など、それらを含めた複合経営でありますし、兼業農家が大部分であります。国では、今TPPの農業対策として30ヘクタールから40ヘクタールの経営の規模拡大を求めておりますが、そう簡単に大規模経営が今の農業者にできるとは私は思えません。兼業農家が多い中で、みんなで集落を守り、今の経営形態を発展させて農作業の受委託を奨励して、それらを盛んにすることによって集落を維持し、農家収入をふやし、さらに年間を通した農業者の仕事がなければならないわけですから、畜産とか花卉、野菜を組み立てて、そうした現在の大部分の農家がやっているような農業経営を発展させていくことが金ケ崎町農業を守ることになると、私はそう思いますけれども、町長の考えを伺います。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 私は、基本的には土地は個人に帰属して農家ごとにと、こういう部分だと思います。しかし、TPPを含めて農業の生産性を高めると。かつて農業の近代化、あるいは農業の企業化と、こう言われた時代があったわけでございます。そういう中で、やはり土地集積が大きな課題になってきたと、あるいは経営の共同化というのが非常に難しいと。こういう中で、議員最初にお話しされました集落営農の難しさがあるのかなと、こう思っています。

 しかし、農家の方々も反省をしなければならないことの一つは、今の経営規模と今の対応で今後もやっていけるかといえば、複合経営を導入しても、家族労作経営の範囲だとしても、なかなか生活をするという点から見れば非常に難しさがあるのかなと、こう思っています。いわゆる共同による、あるいは今議員がお話しされました受委託の農作業体系によっていかにコストを下げるかということについては、私は取り入れるべき課題の一つだと、こう思います。しかし、依然として土地は自分のもの、あるいは土地に愛着があることによって土地集積が進まないということは、経営のいわゆる生産コストを下げられないと、基本的な課題を抱えていると、こう思います。

 ただ一面、私はこの金ケ崎を見た場合には、雇用環境ということについては他より恵まれている地域だと。こういう点におきましては、我が家から通いながらという兼業農家ということは、ここ金ケ崎に限らず日本全体そういう動きでございます。いわゆる兼業農家という形態をとる中での農業生産と、こういう部分を日本政府はどう理解するかと、こういう部分だと思っています。そういう点で、土地集積を今後の課題として農政で取り組むと、こうなっていますが、しょせんアメリカの200ヘクタールを超すそういう大規模農場との対応は現実的には難しさがあると、こう思います。

 そういう点で、議員がお話しされましたような今の状態を大事にしながらという部分と、もう一つは受託あるいは機械の共同化含めて、いかにコストを下げるかということと、もう一つは米だけではなくて、年間通して就労できるような作付あるいは生産、あるいは経営と、こういうことをやっていかなければ私は労働の安定と収益の安定は出てこないと、こう思います。そういう意味で、稲作プラス園芸、あるいは畜産と、こういうことでございますが、それが個人の単位ではなくて、もう少し大きい単位で進めなければならないだろうと、こう思ってございます。



○議長(伊藤雅章君) 7番、?橋奬君。



◆7番(?橋奬君) 集落営農も第2期に入ったと申しますか、当初の5年間が終わりまして、新たな5年間に入るわけですけれども、集落営農の育成は、私は慎重に進めるべきであると、そういうことを申し上げまして、次に移らせていただきます。

 町の財政健全化についてでございますけれども、?橋由一町政の5年間は、耐震のための小中学校の新築や工業団地への南花沢前野線の4車線道路の整備、それから集落下水などの上下水道の完備など、必要最小限に投資的経費を抑制しながら、官民一体となって財政の健全化に取り組んできたと。それは、非常に評価できることだと、そう思っております。

 プライマリーバランスも毎年黒字化を継続し、また繰上償還を実施して起債残高も減少してまいりました。内部留保資金である財政調整基金も毎年の積み増しによりまして、予期せぬ支出の増加への備えも20億円近くとなりました。しかしながら、小中学校新築債の償還、先ほども答弁にありましたが、借換債の元金の支払いを迎える26年、27年度には、やはりもう一度支払いのピークが来ると、そういうことでございます。

 財政の健全化、このことは今後も基本的には続けていくべきではありますが、ただ1つ私として要望しておきたいことがあるのですけれども、それは町民のだれもがひとしく希望していることだと私は思っておりますが、金ケ崎診療所、この診療所につきましては、医師不足が言われている中で4人と、人的体制が非常に整ってまいっております。しかし、昭和30年代に建てた今の建物だと思いますけれども、耐震関係とか、それから日進月歩する中での医療機器の更新が追いついているのかというようなことが私は心配されます。非常に時間を要する課題であると、そうは思いますけれども、やはり金ケ崎診療所の新築を検討する時期に来ていると、そう思います。いろいろ町民の意見を聞く、あるいはどういうふうな設備にする、あるいは場所をどこにする、かなりの時間を要すると思うわけですけれども、いつごろからその検討に着手されるのか。できれば我々の任期中に、そのめどだけでもつけたいものだなと、そんなふうに思っておりますが、いかがなものでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 診療所に対する議員あるいは町民、あるいはさきの議員のご質問にもございました。非常にこの診療所の新築あるいは今後のあり方、このことについては、注目もいただいておるところでございます。それだけ大事なことだと、こう思います。しかし、逆にまた非常に大きな課題、問題も抱えておると、こういうところであります。

 実は、議員もおわかりのとおり、岩手県の市町村含めた県立病院含めての公立病院の経営改革というのが俎上になりました。どこの病院も岩手県に関しては、これを逃れたところはございません。全部経営改善、経営改革を求められました。そういう中で、病院あるいは診療所のあり方というものがそれぞれ検討されてきたと。幸いにして金ケ崎町の場合は、病院から診療所に切りかえをし、その経営についても大きな課題、ないというわけではございませんが、他と比較すれば、そういう点では安定的な状況に今あると、こう思っております。そういう中で、さきにも答弁しておりますが、金ケ崎診療所という単独の話題ではなくて、ここ胆沢の医療圏、胆江の医療圏としてどうするかと、それから入院ベッドも含めた話題もあったわけでございますが、現実に入院患者の数、あるいは病院によってはベッド数を減らしてきておると、また国もそういう動きがあると。そういう中で在宅診療、あるいは訪問医療と、こういう時代にどんどん入ってきたという医療改革が行われてきております。そういうところからしますと、新設あるいは新築等を含めた診療所のあり方というものは、もう少し時間を置いた中で、状況を見て判断しなければならないと、こういう部分がございます。そういう意味では、慎重に今まで取り組んで、あるいはそういう状況を見てまいったわけです。

 ただ、お医者さんがいなければ成り立たないというのがこの事業でございます。建物ありき、あるいは設備ありきでも、なかなか十分な地域医療ができないと。こんなことからすれば、おいでいただいている先生方が熱意を持って今取り組んでいただいております。私は、そういうものを通しながら、地域医療、特に訪問、あるいは家庭含めまして在宅医療に、大きく国あるいは今後の医療の情勢を見ますと、金ケ崎はそういう点に力を入れていくと、こういう点ではないかなと、こう思っておるところでございます。

 そういう意味合いで、新築を前提として検討すると、こういう状況ではないと、こう思っておるところでございます。もう少しその点については時期を見た上でと、こうなるかと思います。



○議長(伊藤雅章君) 7番、?橋奬君。



◆7番(?橋奬君) 次に、シルバー人材センターの活用について伺います。再質問いたします。

 3月8日、シルバー人材センターの創立10周年記念式典が行われ、私も参加してまいりましたが、そこでいろいろ会員の皆さんともお話しし、いろいろ学んできたわけですけれども、元気老人の有償ボランティアの受け皿として今やっている大きな事業は、千貫石茅場内のカヤ刈り、あるいは農家の草刈り、庭木の手入れ、企業や行政の各種の需要にも対応して活躍しており、実績もすばらしいものがあると、そう思っております。会員の年間を通じての就業も、シルバー人材センターの大きな目標でもあると聞きます。いろんな職業を経験した豊富な人材を活用して、私は昨年12月の定例会の一般質問で取り上げました、現在は使用していない有線放送施設の電話線や電柱の撤去にシルバー人材センターの人材を活用できないかと思っております。12月の一般質問の際には、いろいろ工夫してみますという答弁がありましたが、いかがなものでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) なかなか工夫のいいところは出てまいりません。実は、1,500本、かなりの数があるわけでございます。まずその場所も作業しやすい場所とは限ったものではございません。そんなことからしますと、ある程度工作機械を使わなければならなかったりと、こういう部分もございます。そういう意味で、シルバー人材センターとはまだ具体的にその中身も詰めておらないと、こういうことであります。というのは、やっぱり作業機械の問題、あるいはどこから手をつけるかと、もう少し計画的な対応が必要ですし、財政の面からの対応がどこまで可能かと、こういう部分がありまして、有線放送廃止に伴いますところのその電柱等につきましては、前答弁もいたしておりますが、危険なところからの撤去ということを前提に今考えておると。こんな状況で、一斉に早くやると、こういう状況にはなっていないと、こういうところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 7番、?橋奬君。



◆7番(?橋奬君) 27路線で1,600本ぐらいが残っているということですけれども、やはり専門の作業車を入れたり、いわゆる専門の業者を依頼すれば、4,000万円から5,000万円ぐらいかかるのではないかという答弁でしたけれども、やはり電線を外すとかということに関しては、専門の業者でなければ危険が伴いますからできないと思いますが、裸になった電柱、木製の電柱、コンクリート柱もかなりありますからですけれども、木製の電柱に関しては、シルバー人材センターなり地域の人たちである程度安全に配慮してやれば、1本3万円とかそんな高額な経費をかけなくても撤去できるのではないかと。農作業にとっては、やっぱり今草刈り機なんかもかなり進歩していますから、非常に邪魔なのです。そういうことからしても、勝手に倒すわけにはいかないと思いますけれども、ある程度の基準といいますか、やり方、ノウハウを示してもらえれば、シルバー人材センターあるいは集落の農業者なり地主の人たちでやれる部分もあるのではないかなと、そう思っております。生活環境課長の考えを伺いたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁、生活環境課長。



◎参事兼生活環境課長(石川孝君) お答えしたいと思います。

 有線放送の旧柱といいますか、その分の処理につきましては、12月定例会でも答えたとおりでございますし、町長も先ほど答えたとおりという格好で進めようかと思っておりますが、ただ検討すべき事項といたしましては、町長と一緒に各行政区の町政座談会に行ったときに、やはり議員と同じように意見を述べられた方がおりました。1本何万円もする金であれば、地域のほうで、うちのほうで引き受けるから、やってみるからうちのほうに頼みなさいという地区もございました。ですから、そういう格好で、進みぐあいによってはそういう頼み方をしまして進めていきたいと、こう思っています。経費も少なくて済むという理念のもとで進めたいと思っています。

 あとは、除去に当たっては、やはり町長が言われたとおり、線が張っていたり、あとはその線でもってバランスをとっている柱がほとんどでございますので、どのような格好で切断してやるかというのは、やはりその専門なり業者に聞かないとわからないかと思っております。

 あと、今議員が言われましたとおり、畦畔の上に単なる線も張っていなくて、ただ真っすぐぼんと入っている分、それはその畦畔の所有者の意向もあれば、通常であればやはり抜くのです、柱そのものを地下から。それも関係ないと、もう邪魔だからその畦畔ぎりぎりで切ってもいいというのであれば切ってもらってもいいと思いますし、その切った後の廃材については、うちのほうに、ここに置いておくと、そういう言い方をされてもいいかと思いますので。いずれ今年度当初予算でかなりの予算をつけてお願いしてございますので、そういう予算の中でうまく議員の期待にこたえられるように頑張りたいと思います。

 終わります。



○議長(伊藤雅章君) 7番、?橋奬君。



◆7番(?橋奬君) 懇切丁寧な答弁ありがとうございます。

 以上をもって終わります。



○議長(伊藤雅章君) 以上をもちまして、7番、?橋奬君の一般質問は、これで終わります。

 お諮りします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、午後3時15分まで休憩をいたします。

            休憩(午後 3時00分)

                                        

            再開(午後 3時15分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開します。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



○議長(伊藤雅章君) 一般質問を行います。

 5番、有住修君。

           〔5番 有住 修君登壇〕



◆5番(有住修君) 5番、有住修です。児童福祉施設の整備充実についてお伺いいたします。

 第九次金ケ崎町総合発展計画において、「健やかでやすらぎのあるまちづくり」を柱に5部門別計画を施策として実施計画を策定してきておるものと考えております。

 最近の少子化、核家族の進行に伴う家族形態の変化や都市化の進展に伴う近隣との人間関係の希薄化などを背景として、地域における子育ての機能の低下、子育てへの孤立感や子育てそのものの負担感の増大など、子育て家庭を取り巻く環境が大きく変化してきている今日において、家族の豊かな愛情のもとで、子供が健やかに育っていける環境づくりが必要不可欠なものであり、これらを地域社会全体で支援していく体制づくりが必要であると考えます。この5部門別計画がそれをなしているとものと思っております。

 さて、その中の放課後児童の健全育成の環境づくりがありますが、実態として、5学童保育所、金ケ崎、第一、西、永岡、そして三ケ尻の5カ所学童保育所があり、施設そのものは公共的な施設を借用しながら運営していると聞いております。しかし、三ケ尻学童保育所は、他学童保育所と異なり、老朽化した民家を借用しての運営となっております。三ケ尻地区は、年々放課後児童対象者がふえてきている現状を考え、今の環境面からかなり不便を来しており、学童施設の整備が不可欠と考えます。三ケ尻学童保育所施設の整備を図っていくかお伺いいたします。よろしくお願いいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 5番、有住議員のご質問にお答え申し上げます。三ケ尻学童保育所整備に関するご質問でございます。

 三ケ尻学童保育所は、平成9年1月に三ケ尻地区生涯教育センター図書館を利用いたしまして、8人で試行を行いながらスタートいたしました。平成10年4月から登録児童数17人で本格運用を開始いたしたと、こういう経過がございます。その後平成11年4月からは、三ケ尻小学校前の民家を借用いたしまして現在に至っております。この間、地域の要望があり、新築計画等を検討したこともありましたが、国の三位一体改革による国庫補助負担金の廃止、縮減が実施された時期と重なりまして、財政難から断念した経緯がございます。

 また、平成21年度には三ケ尻地区生涯教育センターの活用について、地域に検討をお願いいたところ、各種行事の支障がある、こういうことから実現には至りませんでした。

 事業運営は、平成20年度から金ケ崎町社会福祉協議会となっております。現在の建物は、民家所有者と金ケ崎町社会福祉協議会の間で賃貸契約が締結をされております。

 児童登録数は、一時期30人を超えた時期もありましたが、平成20年度は23名、平成21年度は21名、平成22年度15名、平成23年度は20名と、こうなっておるところでございます。

 三ケ尻学童保育所のこの整備につきましては、自治会と地域から要望をいただいているところではございますが、厚生労働省の放課後児童クラブガイドラインに不適合の設備等はなく、また町の財政事情から北部学童保育所のような新築は困難でございます。よって、第九次総合発展計画には、その計画を定めていないところでございます。

 東日本大震災の後にも現地を確認し、また金ケ崎町社会福祉協議会にその状況の聞き取りもいたしたところですが、施設は確かに古いと、こういうところでございますが、事業運営上では特段の不都合はないと、こういうところでございます。

 また、指導者あるいは父母会から、現在の学童保育所が学校の向かいであり、通所時の交通事故あるいは不審者の心配がない、安心であると、こういう意見もいただいておるところでございます。このような状況から三ケ尻学童保育所につきましては、現状を継続してまいりたいと考えております。

 以上で答弁を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 答弁が終わりました。再質問を許します。

 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) ありがとうございました。新人でありますので、的を射ない質問等をするかもしれませんが、よろしくお願いしたいと思いますが、二、三点お聞きしたいと思います。

 まずは、各学童保育所の設置場所の状況、児童数、補助員といいますか、指導員が何人携わっているのかということをお聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(伊藤明穂君) 5番、有住議員のご質問にお答えいたします。

 学童保育所については、各小学校単位に設置されており、まず三ケ尻についてはご質問のとおり、民家の借り上げで児童数、回答のとおり20名、そして補助員数は3名であります。

 金ケ崎小学校を統括しますところは、児童数が多いために金ケ崎第1、第2と称して2つの組織にしておりますけれども、それは場所は金ケ崎町福祉センターです。福祉センターで2つのクラブが成り立っております。それぞれ57名と53名、補助員数については3名と2名となっております。

 続いて、西小学校学区ですけれども、子育て支援センター内に設置しております。児童数については23名です。こちらの施設は、父兄、親御さん方が運営しておるということで、補助員数はここは11名の登録となっております。

 続いて、永岡小学校学区ですけれども、永岡学童と称しています。永岡地区生涯教育センター内で事業を展開しております。児童数は20名になります。補助員数は3名であります。

 北部学童保育所については、単独の施設になっております。そして、児童数は36名、補助員数が4名となっております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) 確認ですが、西の子育て支援センターというのは、西幼稚園の廃園の跡ということでよろしいですか。

 はい、わかりました。

 それでは、お聞きしますが、第一小学校の学童保育所だけが単独で施設整備されているということでございますが、ここはなぜ単独の施設整備をしたか、その経緯をお伺いいたしたいと思いますが、よろしくお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(伊藤明穂君) 北部学童については、平成15年の3月に完成しているということですが、それ以前は北部地区生涯教育センターを利用していたと記録されております。その新築の経緯についてですけれども、小学校から交通量の多い県道を通って北部地区生涯教育センターに歩いて行く必要があった、交通安全に支障があったということで、小学校の隣接地に建設を検討し、それが実現したというふうに記憶されております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) わかりましたが、15年の施設整備ということですが、事業費は幾らかかってございますか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(伊藤明穂君) 建設費1,627万8,150円。もう一度繰り返します。1,627万8,150円です。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) 先ほど町長が、三ケ尻の学童保育は民家を借りて設置した経緯等はわかりますが、ただ民家の古いうちを借りての設置ということは、ちょっと理解しがたい部分がありますが、もう一度その経緯をお願いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(伊藤明穂君) お答えいたします。

 先ほど町長も回答いたしました。まず初めに、三ケ尻地区生涯教育センターで事業を開始しておったのですけれども、その地区センターの運営上の不都合、または都合から移転先を検討したというふうになっております。それで、現在の学校から非常に近い、そして交通量の余りない道路を横切ったところで貸し出し可能な現在の民家があったということで、そちらの施設をお借りし、現在の学童保育が続いているというふうに思っております。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) 三ケ尻地区生涯教育センターのときは10人ぐらいと、恐らく二十数人となったから、人数が多くなって移転したということではないかと考えますが、それはわかりました。

 それでは、ちょっと変えまして、大震災前から町では補助金を出して一般住宅の耐震調査を進めていましたが、三ケ尻学童保育所は大震災前には当然耐震調査をしていると思いますが、実施しておりますか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(伊藤明穂君) 耐震診断については、昭和56年の基準の建物で一つの目安になると理解しております。そして、この建物、三ケ尻学童保育を実施している民家については、耐震診断を実施しておりません。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) 昭和56年の基準ということでございますが、ただ私あそこのところは、私が小学校のときもありましたし、その前に30年ぐらいたっているのではないかと。80年ぐらいたっていますので、昭和初期あたりに建てた建物ではないかと思います。それで、町は耐震調査に補助金まで出してやっています。それを何でやらないかというのを私は疑問に思うのですが。今の課長さんではないあれかもしれませんが、ちょっと理解に苦しみますが、もう一度お願いします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(伊藤明穂君) この問題については、私もこの質問をいただいてからいろいろ考えた中で、やっていないということが内部調査でわかりました。今現在事業を実施しています社会福祉協議会さんと協議をし、今年度にどのようにしていけばいいかということに関しては協議を始めたいと思っております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) わかりますが、今年度と。三ケ尻の学童保育所を見て聞いてまいりました。大震災のときは、補助員の方が話しておりましたが、古い家で倒壊して死ぬかと思ったということでございます。そして、必死に子供を守ったということを聞いてきました。幸いにも3月11日、4月7日には何も起こらなかったが、今度大きい地震が来たら、倒壊するのではないかと心配しているというお話を聞いてきました。

 ところで、大震災後には、今聞いたなら耐震調査はしていませんね。当然するべきものがしていないということだと思いますが、それでよろしいですか。

           〔「議長、休憩」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 暫時休憩します。

            休憩(午後 3時30分)

                                        

            再開(午後 3時33分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) 耐震のことはやめます。

 それでは、町長にお聞きいたします。三ケ尻の学童保育所は、下水道整備がなされていません。見て聞いてまいりましたが、1年生が入ったときは、くみ取りのトイレで、なれるまで3カ月ぐらい、なれない子供で4カ月ぐらいかかるそうです。当然だと思います、自分の家では水洗トイレになっておりますので。これがなぜ下水道が整備されていないのかと私は不思議に思いますので、町長、お答えをお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁、町長。



◎町長(?橋由一君) 下水道整備については、個々のうちでと、こういうことでございますから、当時やりかねたのか、学童保育としてやるということについてまでは至らなかったのだろうと、こう思います。ただ、水洗かあるいはトイレのあり方については、衛生面から自治会あるいは関係者から要望がありまして、一部整備、改良はいたしたと、こういう経過はあります。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) 整備なされたと言いますが、私見てきました。ただ、便座があって、ただ本当にぽとんというような形のものですが、どういう整備をなされたかわかりませんですが。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 整備というのはいろいろあると思います。今議員がお話しされましたのは、当時のものは一部改良はされたと。ただ、水洗化されていないということだけであります。そういう点では、先ほど議員が疑問視された耐震のことも含めて、私は社会福祉協議会さんとお願いしてやっているわけですから、それらについては事実確認をした上での対応と、こういう部分があると思います。

 ただ、お話ありましたように、古い建物でということでの危険性については、私ども認識はいたしておりますが、岩手、宮城の大きい地震、あるいは今回の震災、そういう中でもまず耐えたと、こういうことでございますので、木造だからだめだとか、その建築年次以前だからだめだと、こういうのではなくて、耐震の診査等をした上でと、こういう部分は必要だと、こう思っています。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) 今は下水道は、下水道整備にならなくても簡易水洗というのがあります。こういうのもやるべきではなかったかなと私は考えているのですが、今後どうなされるか、簡易水洗でもなされるのか、ちょっとお聞きしたいと思いますが。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 地域、利用されている子供さんたちはもちろんですが、保護者あるいは父母の皆さんとのこともあると、こう思っています。また、民家を長期間借りておると、こういう点もございます。そういう点で、いろんな点からの検討は必要だろうと、こう思いますが、学童保育そのものについては社協さんにお願いをしてと、こういう経過がありますし、今の状況で何もかにもみんな不都合、不都合と、こういうのであれば、私も課題の一つだと、こう思いますが、まず今のところ、子供たちが生活あるいは学童の面での大きな支障がないというのであれば、それを前提にやってまいりたいと、こう思います。状況を再度、議員がお話しされるような状況かとは思いますが、その状況も見た上でと。それから運営、お世話になっています社協さんとの話も聞いた上でと。地域要望としては、何回か出てきておる中でのトイレの部分については一部解消したと、こういうことでございます。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) 町長、何も不都合がないということではないと思います。というのは、小学1年生に入って、3カ月トイレが嫌だと。そのときは、最初は学校に行ったりして、そういうこと。4カ月の子供もいると。そうなりますと、子供たちもストレスがたまるでしょうし、そういうことになろうかと思いますので、不都合にならないということではないと思います。

 それはそれで、下水道は後でまた何かの機会にお聞きしますが、それでは先ほど町長は交通事故の心配もないというお話をしましたが、三ケ尻の学童保育所は交通の安全面でも私は問題があると思っております。道路幅が狭いと。私もあそこは農機具、トラクター等で通りますが、児童が歩いていても私は危険な状態ではないかと。また、あそこには駐車場がありません。路上駐車で、聞きますと、そして学童保育所に入りますと、全然来ないから、ずっと待っているような状況でございます。それを町長はどうお考えですか。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 議員はかなり細かく調べて、ある日突然こういう話題になったのかどうかはよくわかりませんが、今まで、今お話しされた交通事故的に大変だと、あるいは児童にとって通行の妨げ含めてこうだという話は、特に大きな意見として今までは出たことがなかったと。ただ、車が通るから、安全はどこを、道路を通れば、そういう状況にあるというのはそのとおりだと思います。ただ、議員がお話しされるような特に大きな危険地帯だというふうには認識はしていません。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) もう一つあります。というのは、南側から校門に車が来ます。そうすると、学童保育所から西に学童が歩いてきます。そして、そこの十字路というか、校門の十字路を学童が横断する。全然南から来た車は見えません。そういうのもある程度交通安全の面では危険な状態と思うということだと思いますが、それでは教育長、そういう状態に、今町長は全然交通安全の問題はないと、三ケ尻小学校、学童保育所、あの三ケ尻小学校の近辺はと言われましたが、教育長もそういう見解でございますか、お伺いします。



○議長(伊藤雅章君) 教育長。



◎教育長(新田章君) お答えをいたします。私の見解でございます。

 いずれいろんな道路状況があります。幹線道路に面している道路もあれば、小さい町道のような道路もあります。いずれ車が通りますので、危険と考えればすべてが危険でございます。しかし、そういう観点でまず考えた場合に、あの三ケ尻小学校の南、正門前のところ、あそこは確かに細い道路ですので、急に飛び出したりすると、それは危険でございます。これは、あそこに限らず、そういう箇所は至るところに私はあると思っています。そういう面で学校では、急な飛び出しとかをしないような、交通安全には十分気をつけるような指導を行っておりますが、まず幹線道路等には面しておりませんので、そういう部分では危険度は少ないのかなと、そんなふうに認識しているところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 議員が認識されました町長は全然危険については認識していないと、こういう発言ですが、私は特に大きな危険地帯ではないと、そういう認識をしておると。それから、道路ですから、車は通るから、そこは道路は基本的に危険ですよと。そういうところはよくご理解いただいて、内容についてご発言いただければと、こう思います。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) わかりました。

 それで、町長は三ケ尻の学童保育所は見たことはございますか。どうお考えになったかは知りませんが、私としては余りにも古過ぎるということで、あそこを存続させて、まだやるのかなという、今後耐震の調査がどう出てくるかもあれですが、それでご判断なされるのだとは思いますが、私は余りにもちょっと古過ぎる建物を使っているなという感じをいたします。

 それで、町長は24年度予算を我慢していたところに予算化するということを私はお聞きしたと思うのですが、現在三ケ尻の学童保育所がこのような状態でありますので、三ケ尻の学童保育所の関係者、父兄、そして三ケ尻の地区民は本当に我慢してまいりました。そういうことで、私は早急に三ケ尻の学童保育所は単独施設整備を実施するようお願いしたいと思いますが、町長、いかがですか。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 議会の一般質問でございますので、議員からの要望、ご意見と、こういうことですから、尊重しなければならないと、こうは思います。ただ、今までの経過があったということについては、先ほどスタート時点からの流れについてご説明いたしました。そういう状況があって今日がありますので、私は一概に議員がお話しされた状況ですぐ対応と、こういう状況にはいかないのかなと。と申しますのは、第九次総合発展計画で、その検討された中で今回の計画の中にはのせられなかったと、こういう部分もございます。そういう中での今回の議員のご質問でございますから、私は財政的な課題、それから事業は計画的にと、こういう部分と、あとは緊急性あるいは重要度と、こういう点から認識をして対応しなければならないと、こう思いますので、今のは議員からの要望ということでお受けをいたしたいと、こう思います。



○議長(伊藤雅章君) 5番、有住修君。



◆5番(有住修君) それでは、最後になりますが、三ケ尻学童保育所は老朽化した民家で、今後大震災のような地震が来たら大変な事態になるのではないかという考えを持っています。私は、早急に単独整備をお願いするということでございまして、私は三ケ尻学童保育所が実現するまでこの一般質問を続けていきたいと思いますので、町長にはよろしくお願い申し上げまして、質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(伊藤雅章君) 以上をもちまして、5番、有住修君の一般質問は、これで終わります。

                                        



△散会の宣告



○議長(伊藤雅章君) 本日の日程は、これで全部終了いたしました。

 本日はこれで散会いたします。

 ご苦労さまでした。

                                (午後 3時46分)