議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成24年  3月 定例会(第2回) 03月22日−委員長報告・質疑・討論・採決−07号




平成24年  3月 定例会(第2回) − 03月22日−委員長報告・質疑・討論・採決−07号







平成24年  3月 定例会(第2回)





            平成24年第2回金ケ崎町議会
                定例会会議録
議 事 日 程 (第7号)

                    平成24年3月22日(木)午後4時15分開議

       開  議                               
日程第 1  予算審査特別委員会委員長報告                     
       議案第26号 平成24年度金ケ崎町一般会計予算について         
       議案第27号 平成24年度金ケ崎町国民健康保険特別会計予算について   
       議案第28号 平成24年度金ケ崎町下水道事業特別会計予算について    
       議案第29号 平成24年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計予算について 
       議案第30号 平成24年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計予算に
              ついて                         
       議案第31号 平成24年度金ケ崎町介護保険特別会計予算について     
       議案第32号 平成24年度金ケ崎町浄化槽事業特別会計予算について    
       議案第33号 平成24年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計予算につい
              て                           
       議案第34号 平成24年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計予算について  
       議案第35号 平成24年度金ケ崎町水道事業会計予算について       
日程第 2  議員の派遣について                          
       閉  会                               

〇出席議員(16名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    6番  ?  橋  勇  喜  君
   7番  ?  橋     奬  君    8番  山  路  正  悟  君
   9番  及  川  み ど り  君   10番  ?  橋  文  雄  君
  11番  ?  橋  照  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  梅  田  敏  雄  君   14番  千  葉  正  男  君
  15番  千  葉  和  美  君   16番  伊  藤  雅  章  君

〇欠席議員(なし)

〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君

       副    町    長     千  葉  政  幸  君
       建 設 課 長 事務取扱

       教    育    長     新  田     章  君
       監  査  委  員     ?  橋  順  一  君
       参 事 兼総合政策課長     高  橋  寛  寿  君
       参 事 兼生活環境課長     石  川     孝  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長                  

       財  政  課  長     高  橋     修  君
       会計管理者兼税務課長     後  藤  清  恒  君
       住  民  課  長     高  橋  良  一  君

       保 健 福 祉 センター     伊  藤  明  穂  君
       事    務    長                  

       商 工 振 興 課 長     後  藤  紳  一  君
       建 設 課 長 補 佐     青  沼  和  也  君
       水 処 理センター所長     小  関  昭  夫  君

       教 育 次 長(兼)     高  橋     敏  君
       学校給食センター所長                  

       中 央 生 涯 教 育     ?  橋  ミ ナ 子  君
       セ ン タ ー 所長補佐                  

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     ?  橋  義  昭
       局  長  補  佐     及  川  俊  孝
       主        事     粟  津  文  恵



                                        



△開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は16人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 建設課、青沼補佐が説明員として出席しております。中央生涯教育センター所長は公務出張のため、代理として中央生涯教育センター、?橋補佐が出席しております。

 これより本日の会議を開きます。

                                (午後 4時15分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△諸般の報告



○議長(伊藤雅章君) 日程に入るに先立ち諸般の報告を行います。

 議長の報告は、印刷をもって配付のとおりですので、ご了承願います。

 これで諸般の報告を終わります。

 行政報告を行います。町長の行政報告は、ご配付のとおりであります。

 これで行政報告は終わります。

                                        



△予算審査特別委員会委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第1、予算審査特別委員会委員長報告を議題といたします。

 予算審査特別委員会委員長の報告を求めます。

 予算審査特別委員会委員長、11番、?橋照雄君。

           〔予算審査特別委員会委員長 ?橋照雄君登壇〕



◆予算審査特別委員会委員長(?橋照雄君) 予算審査特別委員会審査の結果を朗読をもって報告いたします。

           (以下、「予算審査特別委員会審査報告書」により報

            告のため記載省略)

 以上、報告を終わります。



○議長(伊藤雅章君) これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。

 討論に入ります。討論ありませんか。

 1番、阿部?一君。

           〔1番 阿部?一君登壇〕



◆1番(阿部?一君) 1番、阿部?一です。議案第26号 平成24年度金ケ崎町一般会計予算、議案第31号 平成24年度金ケ崎町介護保険特別会計予算に反対討論をします。

 一般会計予算は、項目ごとの採決なら大部分賛成できる内容です。特に民生費、衛生費、労働費、商工費などに積極的な予算を計上したことは高く評価します。しかし、賛成できない以下に述べる内容の予算が含まれて一括採決されますので、反対します。

 反対の第1の理由は、介護保険料に一般会計から法定外の繰り入れをしないで、65歳以上の町民の負担を増大させる予算になっているからであります。介護保険条例の一部を改正する条例についての反対討論でも述べましたが、石油製品や野菜など、生活必需品の値上がりの中で多くの65歳以上の方々は年金のみで切り詰めた生活をしております。このほかにも高齢者には医療費の負担が加わります。

 一般質問の答弁でも明らかになったように、平成22年度の場合、75歳以上のいわゆる後期高齢者医療保険に加入している町民は2,336人でした。そのうち1年間の入院は延べ1,364人、平均入院日数は17.4日でした。75歳以上の町民の方々は、1年間に2人に1人以上入院していることになります。入院の場合、すべて町外ですので、家族が見舞いなどに行く交通費などの経済的負担も大変です。特に自家用車利用ができない高齢者世帯は大変です。22年度、75歳以上町民1人当たりの医療費は年平均で67万953円、前年比プラス3万円、個人負担は1割負担ですので、年間6万7,000円、前年比でプラス3,000円になっています。平均ですので、大幅負担増の町民もいると考えます。このほかに、介護保険料の利用料を負担している高齢者もいます。

 1つだけ見れば、それほどの負担増ではないかもしれません。しかし、収入増の見込みがなく、切り詰めた生活をしている高齢者には介護保険料、国保税、住民税、固定資産税、そして医療費、介護保険利用料など、その積み重なった負担増は深刻な影響を与えます。医療を我慢したり、食事を我慢したりすることにつながる危険性があります。特に介護保険の第1段階、第2段階の方々には、1万円の値上げは深刻な影響を与える可能性があります。これらは、すべて65歳以上の方ですので、収入をふやす手段は限られています。

 一般質問では、福祉などによる特別な救済策も考えていないという答弁でした。また、介護保険事業計画策定委員会から出された意見書、福祉審議会から出された意見書を事実上無視した予算になっていることは大きな問題を含んでいます。これらは、町の公式な策定委員会、審議会の意見です。町から委嘱、委任された町民が委員会や審議会に参加し、真剣に意見を述べて議論しても、町が一たん決めた方針は変更しないということでは、その組織の存在意義が問われ、形骸化につながり、町民の意欲をそぐことになります。介護保険料に対する今回の町の対応は、今後の町政運営に禍根を残したと考えます。

 第2の反対の理由は、総務管理費に行政評価委託料が742万円計上されていることです。これは、同僚議員の質疑を通して私が気づいたことです。町長は、外部コンサルタントに委託するとの答弁でした。施政方針で町長は、町が行う全事業について、外部の視点も取り入れた意見の見直しを進め、事業の進捗状況や効率性、妥当性、有効性などを客観的に判断し、事業を改善する行政評価システム構築に向けた取り組みを始めますと述べました。もしこの方針どおり、全事業について外部コンサルタントに委託し、見直しを進め、事業の進捗状況や効率性、妥当性、有効性など客観的に判断するなら、議会や監査委員会、各種審議会、委員会の役割が小さくなるのではないでしょうか。特に議会と監査委員会の役割が小さくなる危険性があります。

 全事業について、外部の視点も取り入れた見直しは、本来町民から負託された議会の役割と考えます。必要なら議会が定例議会閉会中に分野ごとに小委員会をつくり、あるいは常任委員会などで全事業について各種審議会、各委員会、各連合会、各団体など、諸団体に参加している町民及び役場職員の方々の協力を得て見直しの議論をし、町に提言するべきと考えます。

 また、行政評価システムと今年度給与システム更新事業2,415万円が計上されている職員に対する人事評価制度が密接に連動する可能性があり、これは大変危惧するところです。それは、個々の役場職員に対し、さまざまな数値目標が義務づけられ、その達成を最大の任務とされ、役場職員のチームワークが壊れ、住民サービスにつながる危険性があるからです。

 行政評価システムは、人事評価制度と連動し、最終的には役場職員の方々個人個人にさまざまな数値目標達成を最大の義務にする危険があります。最近他県で生活保護行政担当職員の非人間的で冷たい対応がマスコミで報道され、非難されることがあります。その背景には、この行政評価システムと人事評価制度が密接に連動していると考えられます。この評価システムは、人事評価制度と連動し、職員間の競争を激化させ、職場を暗くする危険性があります。職員の評価がすべてここに数値化される危険性があります。数字ですべて評価される、そのような事態になる危険性があります。チームワークで住民サービスをしている役場には、最もふさわしくないシステムになる可能性があります。さらに、将来、役場職員だけの問題にとどまらず、効率化の名のもと、住民に必要な予算を切り詰めた職員が高い評価をされるようになり、住民サービスが低下する危険性をはらんでいます。一たん民間に委託すれば、この委託予算は膨らんでいく可能性が高いと言われており、賛成できません。この予算の執行に当たっては、慎重に対応すべきと考えます。

 以上、賛成できない2つの内容を含んでいますので、一般会計予算及び介護保険特別会計予算に賛成できません。多くの同僚議員がこの予算に反対されるようお願いして反対討論を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君の反対討論が終わりました。

 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 7番、?橋奬君。

           〔7番 ?橋 奬君登壇〕



◆7番(?橋奬君) 7番、?橋奬です。議案第26号 平成24年度金ケ崎町一般会計予算について、賛成の立場で討論いたします。

 平成24年度金ケ崎町一般会計予算は、歳入歳出73億150万9,000円であり、金ケ崎町は第九次総合発展計画に沿う予算編成をされ、町民の福祉向上を最優先にした町民に直結した予算であります。特にも若者が町内で働けるよう、企業誘致のため税制上の優遇措置、補助金交付に対応しております。また、除雪対策としての新規除雪車の購入、除雪車車庫の建設、さらに町民が安心して暮らせるための消防車の購入、老朽著しい消防屯所の建設、長年の懸案事項であった町民運動場の照明灯の整備なども予算化されました。町民の声に沿うた予算であります。

 つきましては、本予算に賛成するものであります。議員各位の賛同をお願いいたしまして、賛成の討論といたします。



○議長(伊藤雅章君) 7番、?橋奬君の賛成討論が終わりました。

 次に、原案に反対者の発言を許します。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 原案に賛成者の討論はありませんか。

 15番、千葉和美君。

           〔15番 千葉和美君登壇〕



◆15番(千葉和美君) 15番、千葉であります。私は、議案第31号 平成24年度金ケ崎町介護保険特別会計予算について、原案に賛成の立場から討論を行います。

 平成24年度当該予算総額は、平成23年度当初予算に対して約1億7,800万円の増となっており、歳入保険料では約9,300万円の増となっております。歳入保険料の増は、保険料の改定によるものであり、基準額で見た場合、年額2万円の増と非常に大きな改定であります。これは、第4期において保険料を第3期と同額に据え置いたこと、一方で保険給付が不足し、借入金の償還財源を確保する必要があることなどから考慮をすれば理解するものであります。

 また、施設整備の保険料上昇の一因でありますが、施設入居を希望しながらも待機せざるを得ない介護を必要とする方、そしてそのご家族からすれば、一定の施設整備は必要なものであります。この施設整備については、町側も第5期高齢者福祉計画及び介護保険事業計画策定委員会からの意見を理解し、待機者数の推移などの状況を見ながら対応していくとしています。

 このような状況を理解し、過日保険料の改定を内容とした介護保険条例の改定を可決したものであります。保険料の改定を可決したならば、当該保険料収入を見込んだ予算案についても可決すべきものと考えます。

 以上から、平成24年度金ケ崎町介護保険特別会計予算について賛成するものであります。各議員におかれましても、ご理解を賜りまして、原案のとおり議決されることのご賛同をお願い申し上げ、賛成の討論といたします。よろしくお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 15番、千葉和美君の賛成討論が終わりました。

 ほかに討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決いたします。採決は各議案ごとに起立をもって行います。

 議案第26号 平成24年度金ケ崎町一般会計予算については、委員長報告は原案のとおり可決すべきものであります。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立多数〕



○議長(伊藤雅章君) 起立14人で多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第27号 平成24年度金ケ崎町国民健康保険特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものであります。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第28号 平成24年度金ケ崎町下水道事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第29号 平成24年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第30号 平成24年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第31号 平成24年度金ケ崎町介護保険特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立多数〕



○議長(伊藤雅章君) 起立14人で多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第32号 平成24年度金ケ崎町浄化槽事業特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第33号 平成24年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第34号 平成24年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 議案第35号 平成24年度金ケ崎町水道事業会計予算については、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。原案どおり可決することに賛成する各位の起立を求めます。

           〔起立全員〕



○議長(伊藤雅章君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議員の派遣について



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、議員の派遣について議題といたします。

 お諮りいたします。平成24年度に予定されている各種会議、議員研修会等、お手元に配付の議員派遣一覧表のとおり、本議会の議員を派遣することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、各種会議、議員研修会等、お手元に配付の議員派遣一覧表のとおりに決定いたしました。

 お諮りいたします。議員派遣一覧表以外に議員の派遣の必要が生じた場合は、議会運営委員会に諮り、その都度議長において指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、議員派遣一覧表以外の議員の派遣については、そのように取り扱うことに決定いたしました。

                                        



△閉会の宣告



○議長(伊藤雅章君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

 平成24年第2回金ケ崎町議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                                (午後 4時42分)