議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成26年  4月 臨時会(第3回) 04月15日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成26年  4月 臨時会(第3回) − 04月15日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成26年  4月 臨時会(第3回)





            平成26年第3回金ケ崎町議会
                臨時会会議録
議 事 日 程 (第1号)

                   平成26年4月15日(火)午前10時00分開会

       開  会                               
日程第 1  会議録署名議員の指名                         
日程第 2  会期の決定                              
日程第 3  町長施政方針演述                           
日程第 4  教育委員長教育行政方針演述                      
日程第 5  議案第 1号 金ケ崎町税条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を
              求めることについて                   
日程第 6  議案第 2号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算の専決処分に関し承認を
              求めることについて                   
日程第 7  議案第 3号 金ケ崎要害歴史館設置条例                
       散  会                               

〇出席議員(15名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    6番  ?  橋  勇  喜  君
   7番  ?  橋     奬  君    8番  山  路  正  悟  君
   9番  及  川  み ど り  君   10番  ?  橋  文  雄  君
  12番  千  田     力  君   13番  梅  田  敏  雄  君
  14番  千  葉  正  男  君   15番  千  葉  和  美  君
  16番  伊  藤  雅  章  君

〇欠席議員(なし)

〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教  育 委 員  長     及  川  紀 美 子  君
       教    育    長     新  田     章  君
       監  査  委  員     ?  橋  順  一  君
       総 合 政 策 課 長     後  藤  紳  一  君
       参 事 兼生活環境課長     石  川     孝  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長

       財  政  課  長     高  橋     修  君
       会計管理者兼税務課長     及  川  美 奈 子  君
       住  民  課  長     及  川  敏  雄  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       商 工 観 光 課 長     ?  橋  義  昭  君
       建  設  課  長     千  葉  達  也  君
       水 処 理センター所長     及  川     一  君

       教 育 次 長(兼)     長  野  圭  二  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     後  藤  清  恒
       主        幹     青  沼  和  也
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開会及び開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまから平成26年第3回金ケ崎町議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は15人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                (午前10時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりであります。

                                        



△追悼演説



○議長(伊藤雅章君) 日程に入るに先立ち、平成26年3月25日ご逝去されました故?橋照雄君に対し、弔慰を表し、ご冥福をお祈りしたいと15番、千葉和美君から同僚議員を代表して追悼演説を行いたい旨申し出があります。

 この申し出のとおり、故?橋照雄君に対する追悼演説を許します。

 15番、千葉和美君。

           〔15番 千葉和美君登壇〕



◆15番(千葉和美君) 追悼演説。15番、千葉和美でございます。ただいまから議長のお許しをいただきまして、故?橋照雄君に対する追悼の言葉を述べさせていただきます。

 金ケ崎町議会議員、故?橋照雄君は、去る3月25日、急性心筋梗塞によりご逝去されました。私は、ここに議員各位のご同意を得て、議員一同を代表して謹んで哀悼の言葉を申し上げます。

 あなたが急逝されたとの訃報を受け、議員誰もが我が耳を疑い、ただただ驚きでありました。ご家族のお話によれば、長い間風邪をこじらせ、通院や寝起きを繰り返していたとのこと。風邪は万病のもととは聞いておりますが、あなた自身ですら予期できなかったと思われる突然の病変により、残されたご家族にさえ、最後の言葉を残すことなく旅立たれたとのことであり、ご家族の悲しみは察するに余りあるところであります。

 つい先日まで、精力的な議会活動をこなしていたありし日のあなたの姿が目の前に去来し、万感こもごも胸に迫り来るものがございます。

 あなたは、平成16年、地域の方々の信頼と支持によりまして、金ケ崎町議会議員に立候補、見事初当選されました。以来3期連続で当選、ことし3月からは、3期目の折り返しに入ったところでありました。

 町議会議員としてのあなたの足跡を見ますとき、総務、教育民生、産業建設の各常任委員会委員としてご活躍された後、総務常任委員会委員長、教育民生常任委員会副委員長、議会運営委員といった要職を歴任され、特別委員会活動としては、議会広報編集特別委員会委員長や放射能汚染対策調査特別委員会委員長も務められました。さらには、奥州金ケ崎行政事務組合議会議員としても1期務められ、ご活躍をされたところであります。こうしたご活躍の実績は、枚挙にいとまがないところであります。

 特にも、あなたが議会広報編集特別委員会委員長としてのその手腕を発揮し、平成25年度町村会広報全国コンクールにおいて最優秀賞を受賞いたしましたことは、本町議会において、議会広報紙を創刊して以来、歴史に残る快挙となったところであります。開かれた議会を実現する手段の一つとして、町議会広報紙と住民と議会のかけ橋とすべくご尽力いただきましたことを改めて心から感謝、ここに敬意を表する次第であります。

 また、町議会議員としての活動とあわせ、豊富な知識や経験を生かし、地域のためにも惜しみなく率先しご活躍されてまいりましたことは、既にご案内のとおりであります。このように、議会活動を初め地域及び本町における数々のご活躍、ご功績はまことに大きく、私どもは深く敬服いたしているところであります。

 我々同僚議員は、あなたの残された功績を踏まえ、さらなる町民の福祉向上と本町発展のため、誠心誠意かつ議会活動に邁進する所存であります。

 ここに議員一同とともに、あなたのご生前のご苦労、ご交誼に敬意と感謝の意をあらわすとともに、心からご冥福をお祈り申し上げ、追悼の言葉といたします。

 平成26年4月15日、金ケ崎町議会副議長、千葉和美。



○議長(伊藤雅章君) 次に、故?橋照雄君に対し、黙祷を行います。全員起立をお願いいたします。

 黙祷始め。

           (黙  祷)



○議長(伊藤雅章君) 黙祷を終わります。

 ご着席願います。

 お諮りします。ここで5分間の休憩をしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) ご異議なしと認め、5分間休憩をいたします。

            休憩(午前10時08分)

                                        

            再開(午前10時12分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開をいたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



△諸般の報告



○議長(伊藤雅章君) 次に、諸般の報告を行います。

 議長の報告は、印刷をもってご配付のとおりですので、ご了承願います。

 これで諸般の報告を終わります。

 町長の行政報告は、ご配付のとおりであります。

 なお、人事異動に伴う課長等の紹介につきまして、副町長からお願いしたいと思います。

 副町長。



◎副町長(小野寺正徳君) それでは、私から異動者も含めまして、平成26年度の課長等を紹介させていただきます。

 参事兼生活環境課長の石川孝であります。

 参事兼農林課長の千葉実であります。農業委員会事務局長、産業開発公社事務局長も兼ねております。

 総合政策課長の後藤紳一であります。選挙管理委員会書記長も兼ねております。

 財政課長の高橋修であります。

 会計管理者兼税務課長の及川美奈子であります。昇格でございます。

 住民課長の及川敏雄であります。

 医師等については、省略いたします。

 保健福祉センター事務長の千田美裕であります。

 商工観光課長の?橋義昭であります。土地開発公社事務局長も兼ねております。

 建設課長の千葉達也であります。

 水処理センター所長の及川一であります。

 議会事務局長の後藤清恒であります。

 教育次長の長野圭二であります。県からの割愛でございます。学校給食センター所長も兼ねております。

 中央生涯教育センター所長の伊藤明穂であります。

 以上で紹介を終わります。



○議長(伊藤雅章君) これで行政報告を終わります。

                                        



△送付された付議事件の報告



○議長(伊藤雅章君) 本臨時会に町長より提出された議案は、お手元に配付されております別冊議案目録のとおり、専決処分の承認2件、条例案件1件、平成26年度各会計補正予算5件の計8件であります。

 なお、議案の朗読は省略いたします。

                                        



△会議録署名議員の指名



○議長(伊藤雅章君) これより本日の議事日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第112条の規定によって、議長において3番、高橋藤宗君、4番、佐藤千幸君を指名いたします。

                                        



△会期の決定



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、会期の決定について議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日4月15日から16日までの2日間としたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日4月15日から16日までの2日間と決定いたしました。

                                        



△町長施政方針演述



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、町長施政方針演述を与えます。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 平成26年度金ケ崎町施政方針についてでございます。

 本日ここに、本年度最初の町議会が開催されるに当たり、町政の基本方針及び主要な施策について、その所信の一端を申し上げます。

           (以下、「平成26年度金ケ崎町施政方針」により演述

            のため記載省略)



○議長(伊藤雅章君) 町長の施政方針演述が終わりました。

 お諮りをいたします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) ご異議なしと認め、11時40分まで休憩を宣します。

            休憩(午前11時30分)

                                        

            再開(午前11時40分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



△教育委員長教育行政方針演述



○議長(伊藤雅章君) 日程第4、教育委員会委員長教育行政方針演述を与えます。

 教育委員長。

           〔教育委員長 及川紀美子君登壇〕



◎教育委員長(及川紀美子君) 本日ここに、平成26年第3回金ケ崎町議会臨時会が開催されるに当たり、平成26年度の本町教育行政の主要な施策について、所信の一端を申し上げ、議員各位のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

           (以下、「平成26年度金ケ崎町教育行政方針」により

            演述のため記載省略)



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会委員長の教育行政方針演述が終わりました。

 お諮りいたします。昼食のため休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めまして、午後1時40分まで休憩を宣します。

            休憩(午後 零時13分)

                                        

            再開(午後 1時40分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 10番、?橋文雄君から遅刻の届け出がありました。

 教育委員長は、退席をしております。

                                        



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第5、議案第1号 金ケ崎町税条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の2ページをお開き願います。日程第5、議案第1号 金ケ崎町税条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについてご説明を申し上げます。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案どおりご承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結します。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第1号 金ケ崎町税条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについては、これを原案のとおり承認することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり承認することに決定されました。

                                        



△議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第6、議案第2号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算の専決処分に関し承認を求めることについてを議題とします。

 説明を求めます。

 財政課長。

           〔財政課長 高橋 修君登壇〕



◎財政課長(高橋修君) それでは、議案書18ページをお開き願います。日程第6、議案第2号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算の専決処分に関し承認を求めることについてご提案申し上げます。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わります。原案どおり承認賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 繰越明許1億3,354万4,000円、具体的な事業名を教えていただきたいと思います。

 それから、歳入歳出で2,014万円ですか、減額になっているのですけれども、これは支出が減額になったから県の補助金が減額になったのか、あるいは県の補助金が減額になったから支出を減額したのか、その理由等を教えていただきたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) それでは、1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 まず、第1点目の繰越明許でございます。これにつきましては、汚染の処理の関係で、事業名は利用自粛牧草のペレット化処理業務委託でございます。

 4ページ目の歳入歳出の2,000万円のお金の減でございますが、これは歳出、いわゆるこの事業は除染がまだ終わっていない牧草を処理するために刈り払いをします。それの刈り払い2回と除草剤の分で、農家の方に、その処理料をお支払いするわけですが、当初予定していたお金よりも請求金額が少なかったので、支払った残をここで減額するものでございまして、支出の減に伴って収入を減らすという中身でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結します。

 討論を行います。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第2号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算の専決処分に関し承認を求めることについては、これを原案のとおり承認することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり承認することに決定されました。

                                        



△議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第7、議案第3号 金ケ崎要害歴史館設置条例を議題とします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の20ページをお開き願います。日程第7、議案第3号 金ケ崎要害歴史館設置条例についてご説明を申し上げます。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。何とぞ原案のとおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 二、三点質問いたします。

 1つは、これがつくられた後、開館の実態というのですか、毎日年中無休で開館するのか、あるいは休日等があるのかどうか。

 あと、開館の時刻、何時から何時まで見学できるようにする予定なのか、もしも決まっていれば教えていただきたいと思います。

 また、もう一つは観覧料ですけれども、これは消費税込みで200円にするのか、そこをお伺いします。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 まず初めに、開館日ですけれども、火曜日から日曜日まで、月曜休館ということで考えております。そして、あとは年末年始、12月29日から1月3日は休館をいたしたいと思っています。それ以外の日はあけるということで考えております。

 開館時間についてですけれども、午前9時から午後5時までを、今現在そのような考えで進めております。

 最後のご質問で、観覧料は税込みかということですけれども、これは税込み表示です。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 多目的室を1時間530円で貸すというふうにはなっていますけれども、例えば夜とかなんか使うという場合も対応できるのか。あいている時間が5時までということですので、5時までしか借りられないのか、その辺については何か決まっているのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) ご質問にお答えいたします。

 まず、夜間に関しては機械警備を導入する予定です。よって、夜間の使用、または貸すということに関しては、今現在想定はしておりません。よって、日中のことを想定したものです。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 8番、山路正悟でございます。20ページの第3条についてお伺いしますが、館長と職員を置くことができるということになっておりますが、これは何名体制にしようとしているのでしょうか。館長を含めて何名体制でしょうか。

 それと、22ページの第15条、14条と15条、ちょっとずれていますが、これは特別意味がないと思うのですけれども、ここでは指定管理者に行わせることができるものとするとありますが、これは行く行くは実際には指定をしようとしているものかどうかお伺いをします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 8番、山路議員のご質問にお答えいたします。

 まず初めに、職員、条例でいいますと、第3条関係の職員のことについてお答えいたします。まず、ここで館長というのは、非常勤の館長を想定しております。職員については、中央生涯教育センターの文化係、3名今配属しておりますけれども、3名を想定しております。3名のうち1名は学芸員です。そのほかに、非常勤として文化財調査員2名おりますけれども、2名委嘱しているのですけれども、その2名についても、ここで資料館に置く職員ということで、今現在はそのように考え進めております。

 続きまして、22ページにかかわります指定管理者の関係でのご質問です。将来は、指定管理者も想定はしたいということで、この条例のつくりになっております。将来というのがいつかということに関しては、近くはないのかなと思っています。明確な何年とかというのは申し上げられない状態ですけれども、将来においては指定管理者も考えて、この施設を管理していただきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 非常勤の館長さんが1名、そして学芸員も含めた職員は3名、そのほかにプラス2名ということで、すると、常勤はこの5名になるのでしょうか。そして、この5名は、特に新たに採用するとかではなくて、中央生涯教育センターのほうからでも移動して常勤をさせるということになるのでしょうか。そして、そうなった場合は、中央生涯教育センターの職員は不足になるという事態は発生しないのでしょうか。

 それと、将来的には指定をするということなのですが、それまでの間に館内の案内とかいろいろ清掃とか、そういった管理もあると思いますが、それらは職員が行うのでしょうか、それともほかの団体にお願いをして管理をするというのでしょうか、お伺いをします。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) まず職員の関係でお答えいたします。

 先ほどお答えいたしましたが、いわゆる本当の常勤の職員というのは、先ほど申し上げました文化係に所属している3名です。あとの者、館長と文化財調査員に関しては非常勤、文化財調査員に関しては週29時間以内の勤務ということでお願いしておるものです。館長に関しても、イメージ的には地区生涯教育センターの所長さんと同じ取り扱い、そのような取り扱いになるものです。

 続きまして、新たに歴史館の関係で人を雇用するかというお話ですけれども、今のお話を繰り返すことになりますけれども、今現在の職員が行くと、行ってやるということになります。

 中央生涯教育センターで職員が不足しないかということのご質問ですけれども、中央生涯教育センターにおいての文化係がそちらで執務をするということでして、中央生涯教育センターで行っている場所が変わるということであります。不足ということになりますと、何かイベントのときとかは考えられますけれども、通常業務においては余り支障はないのかなとは思っています。ただし、離れることによっての時間的な問題とかは出てくるかもしれませんけれども、通常の業務においては、そういったことはないかなと思っております。

 続きまして、案内のお話をいただきました。案内業務に関しては、委託ということで地元の団体に案内をお願いしようということで協議を進めております。常時1名、館内の案内の人をお願いできないかということで協議を進め、ほぼまとまっております。この案内に関しては、職員にはカウントしませんでしたので、前段ではご説明いたしませんでした。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 全協でもお伺いをしましたけれども、この地元館内の案内は地元の団体にということでしたが、この地元というのは、何をもって地元と解釈すればよいのか。現在ここにあるような(仮称)金ケ崎資料館の現在地をもって地元と解釈すればいいものか、街地区全体を捉えるものか、あるいはそのほかに地元というものが考えられるのかどうか、これをお聞きしますし、またこれは団体ばかりではなくて、館長さんについてもその地元と、いわゆるこの地元から採用したいということを考えているものかどうかお伺いをします。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 地元ということで、この伝建地区は複数の団体がございます。例えば白糸まちなみ交流館の指定管理をやっていただいている城内町並み保存会とか、あとはちょっと名前ど忘れしてしまいました、申しわけございません。団体はあります。そういった方々が指定管理を受け、そしてその傘下で来訪者のご案内などもしておるというものです。この要害歴史館の先ほどの案内に関しては、城内町並み保存会さんのほうに協議をし、そちらでやっていただけるということで進んでおるものです。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 館長。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 館長についてお答えいたします。

 館長についても、その団体ということで地元の団体です。今申し上げた団体などのところで考えております。将来的には、文化の著名な方なども考えてはおるところですけれども、想定の範囲ではあるのですが、この歴史館を利用していただくために地域の方の館長をお願いしようということで今現在進んでおります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結します。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第3号 金ケ崎要害歴史館設置条例は、これを原案のとおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△散会の宣告



○議長(伊藤雅章君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれで散会といたします。

 ご苦労さまでした。

                                (午後 2時20分)