議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成26年  3月 定例会(第1回) 02月17日−議案説明・質疑・討論・採決−03号




平成26年  3月 定例会(第1回) − 02月17日−議案説明・質疑・討論・採決−03号







平成26年  3月 定例会(第1回)





            平成26年第1回金ケ崎町議会
                定例会会議録
議 事 日 程 (第3号)

                   平成26年2月17日(月)午前10時00分開議

       開  議                               
日程第 1  議案第 6号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算について       
日程第 2  議案第 7号 平成25年度金ケ崎町国民健康保険特別会計補正予算について 
日程第 3  議案第 8号 平成25年度金ケ崎町下水道事業特別会計補正予算について  
日程第 4  議案第 9号 平成25年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計補正予算につい
              て                           
日程第 5  議案第10号 平成25年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計補正予
              算について                       
日程第 6  議案第11号 平成25年度金ケ崎町介護保険特別会計補正予算について   
日程第 7  議案第12号 平成25年度金ケ崎町浄化槽事業特別会計補正予算について  
日程第 8  議案第13号 平成25年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算に
              ついて                         
日程第 9  議案第14号 平成25年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計補正予算について
日程第10  議案第15号 平成25年度金ケ崎町水道事業会計補正予算について     
       散  会                               
〇出席議員(15名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    6番  ?  橋  勇  喜  君
   7番  ?  橋     奬  君    8番  山  路  正  悟  君
   9番  及  川  み ど り  君   11番  ?  橋  照  雄  君
  12番  千  田     力  君   13番  梅  田  敏  雄  君
  14番  千  葉  正  男  君   15番  千  葉  和  美  君
  16番  伊  藤  雅  章  君

〇欠席議員(1名)
  10番  ?  橋  文  雄  君

〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教    育    長     新  田     章  君
       監  査  委  員     ?  橋  順  一  君
       参 事 兼総合政策課長     中  里  武  司  君
       参 事 兼生活環境課長     石  川     孝  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長

       財  政  課  長     高  橋     修  君
       会計管理者兼税務課長     後  藤  清  恒  君
       住  民  課  長     及  川  敏  雄  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       商 工 観 光 課 長     後  藤  紳  一  君
       建  設  課  長     千  葉  達  也  君
       水 処 理センター所長     及  川     一  君
       教 育 次 長(兼)     千  葉  和  仁  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     ?  橋  義  昭
       局  長  補  佐     青  沼  和  也
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は14人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 10番、?橋文雄君は、欠席の届け出があります。3番、高橋藤宗君は、遅刻の届け出があります。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                (午前10時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△補正予算説明資料の訂正



○議長(伊藤雅章君) 議事日程に入る前に、ここで先週2月13日上程いたしました議案第6号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算に係る予算書の中で字句に誤りがあったので、訂正したい旨発言を求められておりますので、これを許します。

 資料配付のため暫時休憩をします。

            休憩(午前10時02分)

                                        

            再開(午前10時03分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 副町長、説明願います。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の訂正につきまして町長から議会議長宛てに文書報告いたしましたので、それについて説明させていただきます。

 平成26年2月7日付金総政第343号で送付いたしました議案の中に一部誤りがございました。訂正議案につきましては、議案第6号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算についてでございまして、お手元に配付しております正誤表のとおり、平成25年度金ケ崎町一般会計補正書6ページの第2表、繰越明許費の表中において10款教育費、5項社会教育費の事業名について、正しくは「土合丁・旧大沼家侍住宅付属屋修景・外構整備事業」とするところを「土合丁・旧大沼家侍屋住宅付属屋修景・外構整備事業」と不要な「屋」が入ったものでございます。これは、全くの事務処理の誤りでございます。この場をおかりしましておわびを申し上げます。どうも申しわけございませんでした。



○議長(伊藤雅章君) ただいま説明がありましたとおり、了承を願います。

                                        



△議案第6号の質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第1、議案第6号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算についてを議題といたします。

 既に説明は終了しておりますので、直ちに質疑に入ります。質疑ありませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 何点か質問をいたします。

 まず1つは、この2ページから3ページの歳入のところですけれども、マスコミ等でふるさと納税というのが盛んに報道されることがあるのですけれども、これはこの中にふるさと納税された分どこかに入っているのか、それともふるさと応援寄附基金というのがあるのですけれども、そこにふるさと納税は全てストレートに入るようになっているのか。あと、このふるさと納税された方に、全国的にはかなり豪華な景品ではなくて、お返しをしている自治体もあるようですけれども、金ケ崎町の場合には何かそういうことをやっているのか、その辺を質問したいと思います。

 次は12ページ、歳入のところで、地方特例交付金が205万円ほど減額になっていますけれども、この理由はどういうものかという。全体の3分の1近く減額になっているので、金額的にはそんなに多くないのですけれども、何か減額になった制度的な理由があるのかどうかお聞きしたいと思います。

 次は14ページ、14款5目1節の地域の元気臨時交付金、これが増額補正されています。今回増額補正された分の使途、あとは補助率と、あとこういう補助金は、交付金は来年度もあるのかどうか、その辺をお聞きしたいと思います。

 次は20ページ、21款の5目の中にある臨時財政対策債、これは地方交付税が足りないということで、その分を後で国が返すという、そういう条件で実質地方交付税に当たるというふうな説明されているのですけれども、本当に後から返してくれる当てがあるのかどうか。現在32億円ほどの積み立てになっているわけですけれども、毎年返されているとは思うのですけれども、これが明確にこの返済分として交付されているのかどうか、その辺もお聞きしたいというふうに思います。

 次は29ページ、20節扶助費の中に障害児通所給付費が2,316万5,000円計上されています。これは、多分社会福祉協議会に整備された障害者のデイサービス施設の費用かなと思うのですけれども、これは非常に発足当時は少なかったのですけれども、その後希望者が多くて収容し切れないという話もあるのですけれども、現在利用者数は何人で、職員数は何人、職員の配置基準等がどうなっているのか。あるいは、たくさん要望があるということですが、来年どう調節する予定になっているのか、その辺をお聞きしたいと。

 次は47ページ、1目の学校管理費の7節賃金、臨時職員の賃金が19万円減額になっていますけれども、その理由をお聞きしたいと思います。臨時職員は、小学校の場合は多分用務員さんだけだと思うのですけれども、あと年度当初に特別支援の教育支援員の増員を県に要望したということを、町としてそういう話があったのですけれども、この辺のところなのかどうか。学力向上対策にはこの支援員というのは必要だと思うのですけれども、現在1名だけがいるようですけれども、将来増員の予定、あるいは県から増員するとかという、そういう回答が来ているのかどうか質問いたします。

 次は、52ページの10款9目19節負担金補助及び交付金の中に協働支援事業補助金が201万円減額補正されています。これは、何か予定した事業を実施しなかったのかどうか、その原因をお聞きしたいと思います。

 以上、答弁願います。



○議長(伊藤雅章君) では、答弁を求めます。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 1番、阿部議員のご質問にお答えします。私のほうからは、ふるさと応援寄附の関係です。

 ふるさと応援寄附の収入の取り扱いですが、諸収入の雑入ということで処理しているものであります。

 それから、2点目の記念品の関係ですが、これまでの事例ですと、寄附をいただいた方に対しましては町産のお米を記念品ということで年度末に当該の方々にお送りしているところであります。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(高橋修君) それでは初めに、12ページの地方特例交付金の関係でお答えいたします。

 今回205万7,000円の減額ということでございますけれども、この地方特例交付金につきましては、所得税のほうで住宅借入金等特別税額控除という控除がありますけれども、これは所得税で控除し切れない分を住民税のほうから控除するということになりますけれども、この部分でさらに住民税から控除し切れない部分を国から交付になると、こういう種類の交付金でございます。今回につきましては、この税額控除の関係が見込んだよりも少なかったということで交付額が減ったと、こういうことでございまして、今回減額に至ったところでございます。

 それでは次に、14ページの地域の元気臨時交付金でございます。今回4,280万1,000円を追加しております。今回の増額部分の使途につきましては、今年度実施いたしました森山総合公園の陸上競技場等の改修費用、それからその公園内の格納庫の建設がございましたけれども、これの分の費用の一般財源の部分として充当したところでございます。

 それから、これの補助率等でございますけれども、対象となる費用がございまして、それの85%程度がこの臨時交付金の対象になったということでございまして、今回それのめどがついたということで4,200万円ほどの増額をしたと、こういうことでございます。

 それから、平成26年度につきましては、この地域元気交付金というものではございませんけれども、一つがんばる交付金というような形で名称を変えて今回の国の補正で出てきておりますけれども、ちょっと内容がこの元気交付金と同じではありませんので、活用についてはできる団体とできない団体が出るだろうということで情報を得ておりますので、まだこれをどのように活用できるかどうかは未定と、こういう状況でございます。

 それから、20ページの臨時財政対策債でございます。先ほどご質問ございましたとおり、地方交付税の財源不足分を臨時財政対策債で措置すると、こういう形になっております。これについては、地方交付税の算定上全額算入されておりますので、これについては後年度で交付税で交付になってくると、こういうふうに考えているところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 29ページ、扶助費の障害児通所給付費等の補正に関しまして質問があった件ですけれども、まず障害児デイの関係で、「クレヨン」、社会福祉協議会でやっておりますけれども、利用者の人数は14名でございます。運営する場合の配置基準でございますが、職員体制の最低人員基準として、管理者1名、これは兼務可ですけれども、あとは児童発達支援管理責任者、これが1名、あとは指導員または保育士、これは10人まで見る場合ですけれども、その場合が2名以上というふうになっております。

 それで、来年に関してはどのような感じかという話ですけれども、これは社会福祉協議会のほうで運営しているわけですけれども、そこで事前にちょっと調査をしたところ、この障害児デイに対する要望が多いということで、26年度に関してはもう一カ所ふやして実施したいというふうな話を伺っております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会次長。



◎教育次長(千葉和仁君) ご質問にお答えいたします。

 中学校費の賃金の減額につきましてでございますが、これにつきましては雇用を4月ではなく5月から入れたという関係でございまして、1カ月分おくれた分の賃金の減額でございます。

 あとは、ご質問いただきました来年度に向けましては、いろいろ外国語活動支援員等今年度配置させていただきましたが、緊急雇用の部分では終わったということで、町単独でそれぞれの学校への支援員の配置というところを今考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 予算書52ページ、地域協働推進費の中の負担金補助及び交付金の減額の理由ということでの質問です。この事業については、自治会などが行う協働事業に対して補助をする内容でございます。平成25年は、8件で98万9,704円の事業補助を行っております。前年24年は13件で216万7,520円の事業でございました。この事業については、同じものには補助はしないということで、同一事業ではなくて行うということのためにこういった減になったのかなと推測するものです。予算については、例年300万円ほど確保させていただきまして、自治会さん等にこの事業補助を使わないかということでお話をしているところではございますが、実績としてこういう見込みということで減額するものであります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 先ほど阿部議員の質問の中でふるさと納税の寄附の収入の取り扱いについて、済みません、訂正をさせていただきたいと思います。

 寄附そのものにつきましては、金ケ崎町ふるさと納税基金という基金を造成しておりまして、そちらのほうで受けるということで、参考までに現在388万円程度の基金の積み立てが出ているものであります。その基金の利息収入ということで、利子分を利息として一般会計に繰り入れているという状況でございます。大変失礼いたしました。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 今のふるさと納税は、今年度どのくらいあったのか、何件、何円ぐらいあったのかお聞きしたいと思います。

 それから、質問漏らした点が若干ありますので、お願いします。次は39ページの2目の商工振興費の住宅リフォーム助成、この増額156万4,000円になっております。この補助件数及び工事総額、これを質問いたします。

 それから、同じところにハイブリッドカーの購入補助金が175万円減額ということは、5台しか今回は購入がなかったということだと思うのですけれども、これは当初は3年間継続というようなことは聞いたような記憶があるのですけれども、来年度も継続するという予算になっているようですけれども、やるのであれば私が前に言ったように東日本トヨタの全ての車種とか、あるいはハイブリッドカーは全てとか、そういうふうに対象を拡大したほうがいいのではないかなというふうに思うのですけれども、その辺のところも質問したいというふうに思います。

 それから、今度は41ページ、4目に除雪対策費、この財源内訳が全て一般財源になっているようですけれども、国、県からの特別な交付とか助成がないのかどうかお聞きしたいと思います。

 それから次に、43ページの8款2目19節、生活再建住宅支援被災住宅補修等工事補助金207万4,000円ほど増額補正になっています。何件に対して補助したのか、補助率は何%ぐらいなのか。これは、大震災地震で壊れた方々への補助なのだと思うのですけれども、そうなのか。あと、被災地から本町に避難していて、そして本町に永住を決断して、本町に中古住宅を買ったり本町に新築をすると、そういう場合の補助もあると思うのですけれども、それはどこに入っているのかお聞きしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えいたします。

 本年度のふるさと納税の実績ということになります。本日現在16件の150万円という実績となっております。ちなみに、平成23年度が3件の48万円、平成24年度が5件の87万円ということになっておりまして、倍増以上の実績を示しているということで、今般歳出のほうの補正も提案しているところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(後藤紳一君) 1番、阿部議員の質問にお答えいたします。

 39ページの住宅リフォーム助成の関係でございますけれども、これの補助件数でございますが、実績として現在34件、310万円ほどの実績になっています。補正後さらに156万4,000円増額していまして、当初は200万円ということで、最終的に356万円ほど見込んでいます。そして、全体でおよそ40件を件数として見込んでいます。それから、全体の事業費ですが、先ほど全体で実績34件で310万円の補助金交付ですが、これの現在までの実績としては、全体の事業費は5,100万円でございます。

 その次のハイブリッドカー補助金の関係でございますが、これは当初60台分、300万円など見込んでいたものでございます。これを今回175万円ほど減額いたします。35台分減額ということで125万円という補助金を見込んでいます。全体で25台の台数になるかというふうに見込んでいるところでございます。それから、事業費につきましても基本的に来年度も継続していきたいというふうに考えています。

 それから、あとは提案がありました東日本全て、あるいはハイブリッドカーという関係でございますが、これについては今のところこの岩手工場でつくっているハイブリッドカーを中心に補助していくというふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 41ページの除雪費の国、県の助成があるでしょうかというご質問でございます。昨年は国の補助がございましたけれども、今年度は今現在で補助があるという連絡は来てございません。

 それから、43ページの生活再建住宅支援被災住宅補修等の工事補助金の件数でございますけれども、全部で18件になってございます。また、永住新築等の補助金につきましては、この19節の一番下にございます生活再建住宅支援復興住宅新築等補助金、こちらの項目に該当するところでございますし、新しく買われた場合の利子補給というのも同じく19節の2段目にございます、生活再建住宅支援利子補給ということで利子の補給をするという制度がございます。今年度は申し込みがございませんでしたので、減額という内容でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 3.11の災害の関係で被災された方が金ケ崎町にいらっしゃいまして、住宅なんかを建設する、もしくは買うとかという場合の補助という部分で、昨年度は社会福祉総務費の中で被災者住宅再建支援事業補助金というのがございまして、24年度の実績としては3件で300万円交付しておりますし、今年度につきましては100万円を一応予算化しているところでございますが、現在のところ申し込みはございません。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 今回答あった被災者への住宅への支援は、これは1件100万円というのは町単独で追加した補助金でしょうか。それとも国あるいは県の補助制度なのか。町として独自に上乗せして補助をするということはしていないのか、その辺お聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えいたします。

 これは、町単独ではございませんで、補助事業です。1件100万円助成した場合にその3分の2につきましては県のほうから補助金として参ります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 4番、佐藤千幸君。



◆4番(佐藤千幸君) 私のほうから3点お伺いをいたします。

 10ページ、下のほう、1目町たばこ税があります。私は、たばこを吸いません。子育て時代に生活費が足りなくなってやめただけの話であります。たばこ税1億1,000万円、大きな町の収入であります。ここ5年程度のたばこ税の推移はどのようになっているのでしょうか。たばこの健康に対する弊害は周知のことであろうと思います。この議場内におられるたばこをこよなく愛する皆さんの冷たい視線を気にしながら質問をさせていただきます。たばこ税が多分だんだん減っているのだろうと思います。それに伴って国保医療、特にも呼吸器系疾患関係支出の軽減があるのではないかと。因果関係があるとすればどのように見ておられますでしょうか。仮にたばこ税1億1,000万円が減るけれども、国保支出が2億円節減できたならば、結果として町財政に仮に9,000万円の大きなメリットが生まれるというふうな論法も成り立つのではないでしょうか。財政を立て直すために税金を払ってもらわないような仕組みを広角的に組み立てる。町長の言う元気なまちづくりにつながっていくのではないでしょうか。逆転の発想で財政再建と町民の健康づくり、一石二鳥を追うシナリオを描けないものでしょうか、お伺いいたします。

 2点目、歳入のほうですけれども、14ページ中段、土木費の国庫補助金、道路橋梁費補助金、この中で社会資本整備総合補助金、南花沢前野線、荒巻東町線、合わせて3,400万円余りの減額補正でございます。関連して17ページ中段、土木費の県補助金1,412万1,000円の減額でございます。関連して歳出41ページ中段、15節工事請負費、荒巻東町線、5,300万円余りの減額、今まさに始まったばかりの事業で、これから本格的に動こうとしている事業であります。なぜこのような減額補正となるのでしょうか。予定どおりの事業の推進ができない理由は何でしょうか。お伺いをいたします。

 3点目、19ページ上段、1目土地売払代金1,518万円、荒巻東町線土地売払代金204万2,000円、不要となった公有財産を早急に処分するのは大変望ましいことであります。この売払代金の売り渡し先はどのようなところにどのような形で処分されているのでしょうか。

 以上、3点をお伺いいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(後藤清恒君) 4番、佐藤議員のご質問にお答えいたします。

 まず最初に、予算書10ページのたばこ税についてでございます。ここ5年程度のたばこ税の推移はということでございますが、平成21年から税額を申し上げますと、平成21年には8,832万円、平成22年には9,022万円、平成23年には1億355万円、平成24年には1億478万円、平成25年の見込み額として1億1,256万円ということで税額はふえております。これは、たばこ税率の改正がございまして、平成21年当時は1,000本当たり3,298円でございましたが、平成22年の10月1日から1,000本当たり4,618円ということで40%ほど税率がアップしてございます。それから、平成25年4月1日施行で1,000本当たり5,262円ということで、さらに14%税率がアップしているということで、これは税率アップによる税収のアップという背景でございまして、本数で見てみますと平成21年には2,726万本ほどでしたが、22年には2,466万本ほどということで対前年比90.5%ということで減っております。これは、3.11の震災の影響も多少あったかなと思いますけれども、いずれ減っております。平成23年には2,301万本ということで、こちらも対前年比で93.3%ということで減ってございますし、平成24年度には2,345万本ということで、こちらは前年より1.9%増加しております。これは、恐らく平成23年の3.11の震災の影響でたばこが買いたくても買えないという状況で、24年度にはそちらの流通も復活して若干の伸びを見たのかなというふうに思います。さらに、25年度につきましては、まだ途中経過ということで、はっきりしておりませんが、若干本数は減の方向にあるというように思っております。

 以上で終わります。



○議長(伊藤雅章君) 住民課長。



◎住民課長(及川敏雄君) 喫煙と国保の呼吸器疾患のかかわりについてのご質問についてお答えしたいと思います。

 当町におきましては、疾病におけるテーマの追跡分析というのは行っておりませんけれども、毎年度出しております実績報告書の中で、5月分の診療分析、国保の疾病状況について報告しておるのがありますので、それからご説明したいと思います。

 まず、平成23年の5月時点では、呼吸器の疾患についての点数は約28万、割合といたしまして3.4%、それから24年の5月には件数は282件で約26万、割合は3.4%、それから平成25年の5月におきましては点数は24万、割合として3.0%と、年度の傾向と見ましては下がっております。これは、やっぱりたばこの喫煙の本数と連動しているものというふうに見ております。

 いずれにしましても、質問の中にもございましたが、医療機関からよく言われていることは喫煙と呼吸器疾患の関係につきましては、基礎的疾患がない場合でも喫煙は肺炎を含む急性の呼吸器疾患を起こす原因というふうによく言われておりますので、ただいまご説明しましたような傾向というふうに国保側からでも見ております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 14ページの社会資本整備総合交付金の減額の理由でございます。南花沢前野線でございますけれども、こちらにつきましては1,000万円の要望をしたところでございますけれども、3割弱の減額の交付決定となってございます。それから、荒巻東町線につきましても4億8,200万円の交付申請をしたところでございましたが、約1割弱の減額の交付決定をいただいたところでございまして、この補助事業の中で事業を行わなければならないということで今回減額ということでございます。

 それから、17ページの土木費の県の補助金の1,412万1,000円の減額でございます。これにつきましては、工事費の25%を補助金として県のほうからいただくということになっておるのですけれども、補助事業費の減額に伴いまして工事費、41ページの工事請負費のほうも5,300万円ほど減額させていただいておりますが、おおむねこれの25%相当分ということでの減額の内容でございます。

 それから、19ページの土地売払代金でございます。下段のほうの荒巻東町線土地売払代金につきましては、当該路線の用地交渉に伴いまして、地権者の方からどうしてもやはり、移転伴う方なのですけれども、遠くのほうには行きたくないということで、近隣の隣接する土地を中に入って町のほうから交渉に入っていただいて買っていただけないかというような相談を受けまして、それで町のほうで代替地として買わせていただきまして、その後この地権者の方にお売りするということになってございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 4番、佐藤千幸君。



◆4番(佐藤千幸君) 社会資本整備総合補助金の関係は、国、県の減額によって町の事業費も減額したということですね。予算要求から補助金額の決定までは、緻密な事務手続を繰り返しながら情報共有をしているのだと思います。この時期にこういう大幅な減額というのは、何か大きな原因があったのではないかなというふうに推察したわけです。現場の状況、あるいは町側の執行体制のおくれからこういう減額補正をしているのではないというふうなお答えのように理解いたしました。ぜひ地元の熱意を、あるいは期待を裏切ることのないようにしっかりと予算要求、情報共有しながら、事業の早期完成に努めていただきたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 8番、山路正悟君でございます。5点ほどお伺いをいたします。

 まず、24ページでございます。24ページの2款1項の8目ですか、町勢要覧作成業務委託料、66万円の減額とあります。これは、町勢要覧は季節の風景とか、あるいは冬の景色、そういうのを待ってから、雪が降るときを待ってから作成をしたいというようなことを過去の議会で質問、答弁があったような気がいたしますが、このとおりの十分過ぎるほどの雪が降ったわけですけれども、町長選に触れるのは大変申しわけありませんけれども、勝手な私の判断で、これは当初町長選に間に合わせてPRにでも利用されるのかなと、こう勝手にそのように判断をいたしましたところ、町長選は間近ですが、できるのはその後だと思いますが、果たしてこれはいつごろ我々の手元に届いて、あるいは町民が目にすることができるのかをお伺いいたします。

 次に、32ページの4款1項2目の予防費の13節の委託料のことでございますけれども、三種混合、子宮頸がん、そして不活化ポリオといろいろとありますけれども、ここでは888万9,000円の減額となっておりますが、これは既定額の約83%にとどまっております。これは、減額だからよいというわけではないと思います。予想したぐらいの接種する人がいなかったのかもしれませんが、だとすればその要因は何だったのでしょうか。

 39ページの7款1項4目19節の負担金補助及び交付金で金ケ崎町の企業立地促進奨励事業費補助金、ここでは7,700万円ほどの減額補正となっておりますが、この減額になった理由についてお尋ねをいたします。

 次に、47ページの10款2項1目学校管理費の中の15節に再生可能エネルギーの設備整備工事で276万4,000円増額補正となっておりますが、この時点で増額されたというこの理由をお尋ねいたします。あわせまして、その下の18節の備品購入費、二酸化炭素濃度計、騒音計、照度計と3点ありますけれども、これはどこの小学校で使うものでしょうか。学校全体で使うものなのでしょうか、お尋ねします。

 それと、51ページの10款5項5目文化財費の17節に土地購入費626万8,000円減額されております。これは、どこの土地だったのでしょうか。鳥海柵の関連のものだったでしょうか。どこだったかをお尋ねします。

 以上、5点お願いします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 8番、山路議員のご質問にお答えします。

 1点目の24ページ、町勢要覧の関係でございます。町勢要覧につきましては、昨年度債務負担行為ということで24年度、25年度、2カ年間に分けて作成を進めてきたわけです。当初昨年11月末ぐらいで完成したいということで作業を進めておりましたが、校正をするに当たって、やはりいろいろよりよくしたいという部分がございましたので、現在最終確認を行っているところでございまして、今月中に完成するということでございます。町勢要覧につきましては、1,000部作成するということですが、広く町民に配布するという部分ではなくて、どちらかといえば、町外からの視察のお客様に配付するとか、逆にこちらから先進地視察をする際に、金ケ崎町とはこういう町だというのを簡潔にお知らせするという目的で作成したものであります。配付については、新年度4月以降の視察対応等から活用したいというふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 32ページの4款1項2目の予防費の委託料の減の関係でございます。三種混合予防接種と子宮頸がん予防ワクチンと不活化ポリオ予防接種委託料の部分でございますが、まず主として子宮頸がんが主な内容でございますが、これにつきましては昨年、年度当初だったと思いますけれども、このワクチンによる被害というのが発生をしたと。それによりまして、各市町村で積極的な接種の勧奨を控えてくださいという話になっております。これによりまして、当初かなりの金額を予算化していたところでございますけれども、実際接種した方というのは16名ほどしか実績としては今のところございません。そういったことで大幅な減額になっておりますし、あと三種混合と不活化ポリオにつきましても、これは24年の後半あたりからは四種混合というふうな形に切りかわりになっています。ここで三種とか不活化ポリオの部分に関しては、24年の前半あたりまでに接種した方で定期接種がまだ残っている方の部分なのですけれども、実際そういった方々は見込みよりも少なかったというふうな形で今回減額をしているものでございます。

 以上で終わります。



○議長(伊藤雅章君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(後藤紳一君) お答えいたします。

 39ページの企業誘致対策費の関係の企業立地促進奨励事業補助金の減額の関係でございますが、企業が立地して、この要件の対象となるためには、立地して用地取得等をして、それから設備をする、建物を建てる、あるいは設備を導入する、そして雇用をするというような期間を考えますと、現在のところこれから立地して建築確認とかの手続を2カ月やって、設備投資をして、そして従業員募集してというような期間からしても、今年度については、まずこの補助金の対象になる見込みのものは現在のところないということから今回減額をしております。それで、今年度につきましては、結果的に当初で2億円でしたけれども、9月で1億円減額しまして、最終的に2,250万円ほどの執行になっています。これは、今年度補助金として執行しましたが、これにつきましても1年前に取得して、それから設備を整え、雇用して要件を満たすという期間からしましても、1年かかって実際その補助金の要件がそろうというような状況になっていますので、今の時点では今年度中にそのような予定がないことから減額するものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会次長。



◎教育次長(千葉和仁君) ご質問にお答えいたします。

 47ページの15節の工事請負費、再生可能エネルギーの設置整備工事につきましての増額でございます。これにつきましては、今年度三ケ尻小学校と西小学校を計画しておりましたが、今年度金ケ崎小学校の整備が終わったわけでございますけれども、それにかかわる再生可能エネルギーの必要な部分の整備の部分の機器といいますか、そういった部分につきまして金小で今年度つけたレベルのものにやはり変えていく必要があったと。また、三ケ尻小学校におきましては、初めからパネルが設置されておりましたので、新しく蓄電池を入れた場合に、うまく旧型のものと新しいものとなかなか設置する際に合わなかったという部分があって非常に時間を要しました。また、西小学校におきましては、当初プールの脇に設置をしようとしたわけでございますが、なかなかそれもうまくいかなかったということで、体育館の屋根という変更、いろんな部分で時間を要しまして、なかなか今年度の計画に沿えなかったということで、来年度に繰り越すということになってしまったわけでございますが、それに係る消費税分の増額の分での予算でございます。

 次に、18節の備品購入費でございます。この3点につきましては、学校環境衛生検査と申しまして、各小中学校に学校薬剤師さんが教室の中に入りまして、騒音、それから二酸化炭素、照度という検査を行っております。ただ、本町におきまして、現段階で騒音の検査を実際にやっておりませんでした。ということで、学校薬剤師さんのほうから指摘を受けまして、やっぱり騒音もきちっとやらなければだめだということで、急遽これについての予算をつけた部分がございますし、あともう一つ、二酸化炭素濃度計と照度計につきましては、これも指摘を受けまして、随分古くなっているということで、急遽きちんとした検査をするために、この3つが必要になったということで予算化させていただいたものでございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 予算書51ページ、文化財費中の土地購入費についてのご質問にお答えいたします。

 お見込みのとおり、鳥海柵にかかわります土地購入であります。契約について25年10月29日に契約をいたしまして、所有権移転登記12月24日に完了した内容でございます。

 以上で回答になります。



○議長(伊藤雅章君) 再質問を受けます。

 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 24ページの町勢要覧につきましては、町長選絡みではなかったということで安心しましたので、立派なものができるように期待をしたいと、このように思います。

 それと、32ページでございますけれども、子宮頸がんでは副作用が出たといいますか、被害者もいたということで16名しかなかったということでございますけれども、この中で、それではこれが一番当初の予想より減ったということで、この3つの中でこの減額になった888万円というのは、この子宮頸がんの接種者が少なかったということが一番の要因だったのでしょうか。

 それと、39ページの企業立地促進奨励事業費のことでございますけれども、説明については理解をしたところですが、これは関連するかどうかわかりませんが、私としては関連しているというつもりでお聞きしますけれども、小耳に挟んだところによりますと、トヨタ東日本の従業員の方が神奈川のほうからこの金ケ崎、あるいは宮城県のセントラルというところに大量といいますか、二、三百人ぐらいでしょうか、幾らかわかりませんが、送られてくるということをちょっと聞いたことがありますが、それが事実だとすれば、その方たちは寮なり住宅なりに入ると予想されるわけですけれども、金ケ崎には住宅もないわけでもありませんし、あいている寮もないわけではないと思います。そこで、それが本当だとしたら、金ケ崎にはどれぐらいの方に住んでもらえるのか、わかる範囲内でお尋ねをいたします。

 それと、47ページの備品購入費のことですけれども、先ほど学校薬剤師というようにちょっと聞こえたのですが、この方は先生なのでしょうか、それとも別な専門業者といいますか、そういうところからの派遣されている人なのでしょうか。お聞きします。

 それと、鳥海柵の購入費の620万円減は、トータル的な購入額がどれぐらいだったかというのは、見ればわかりますけれども、ちょっとここに資料ありませんので、トータル的な金額は幾らだったのかということを確認をしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 予算書32ページの予防費の委託料の関係でございます。この中で888万9,000円減額しておりますけれども、子宮頸がんの部分が約530万円ほどでございます。三種混合につきましては170万円、あとは不活化ポリオの部分が190万円程度ということで、主たる部分については子宮頸がんの部分であるということでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(後藤紳一君) それでは、39ページの補助金にかかわってのご質問があったわけですけれども、今お話のありました従業員の転勤という話については、これはございますが、それがあったとしてもこの補助金には直接的には影響しないものでございます。

 それから、その関係の内容につきましては、岩手工場あるいは大衡村にとっても、それはプラス、いわゆる正社員がふえるということで非常に喜ばしい状況である一方、逆にこちらに来られる地元の、これは静岡県のほうからいらっしゃるわけですけれども、そちらにとってはマイナスのお話になりますので、これについては会社としてはおおむね公表しないというような形で取り組んでいるところでございます。ですが、実際そういった動きがありますので、うちのほうでも要望に対しては応えて、現地説明会等ご案内をしたりして対応しているところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 教育委員会次長。



◎教育次長(千葉和仁君) ご質問にお答えいたします。

 学校薬剤師ということでございますが、学校関係におきましては学校三師と申し上げまして学校医師、学校歯科医師、それから学校薬剤師と3つございます。その中でほとんど胆江地区、ここは胆江地区でございますので、医師会のほうから派遣いただいて、薬剤師さん、通常の薬剤師でございますが、その方も一つの検査を担当しておりまして、各小中学校を回って歩いているということで、その際の検査用具ということで今回備品として入れさせていただいたものでございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 鳥海柵にかかわります土地の購入の金額等についてお答えいたします。

 金額は2億5,699万3,371円でございます。面積は4万1,787.54平方メートルとなります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 全て了解しました。先ほどのトヨタ関係の質問は、直接関連がなかったということでおわびだけいたしまして、質問を終わります。



○議長(伊藤雅章君) お諮りをいたします。

 休憩をしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) ご異議なしと認め、午前11時20分まで休憩を宣します。

            休憩(午前11時05分)

                                        

            再開(午前11時20分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算の質疑を続けます。質疑ありませんか。

 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 13番、梅田です。順を追ってお尋ねをいたします。

 まず6ページ、繰越明許費、10款の教育費の小学校費、再生可能エネルギー設備導入等推進事業ということで1億237万6,000円と。先ほど同僚議員の質問の中には、消費税分の増額補正ということでありました。これを年度内の事業が間に合わないということで繰り越しをするということですけれども、事業者はもう確定しておって、事業内容ももう全て確定しておって、あとは粛々とその事業を執行するだけという段階での繰越明許なのか、まだ中身をもう少しいじる可能性があるのか、いじる可能性がないから繰越明許するのでしょうけれども、その辺の今の状況についてお尋ねをいたします。

 それから、19ページ、雑入です。この中で市町村振興助成金266万9,000円あります。助成目的と今回の補正の使い道についてお尋ねをいたします。

 それから、歳出で24ページ、国際交流費が一番下にございます。この中で13節委託料、長春市の公式訪問団受入委託料と。先日長春の方が農業研修ということで訪問されましたけれども、これは本来交流計画に基づいた訪問だったのかどうか、その辺をお尋ねをいたします。

 それから、一番最後のページ、53ページです。土地開発公社費があります。今回は1,000万円の公社で補助金を支出して、予定しておった貸付金4,500万円は減額するという内容だというふうに理解をしておりましたけれども、今回25年度である程度の解散についての道筋をつける予定だったのですけれども、町民法人税の見込みが国の国税との見込み違いがあったということで、歳入のほうが大きく少なくなったという事実があって、25年度中にある程度の解散に向けての、清算に向けての手続を26年度以降に送るということだったのですが、今回の補正の枠組みで今後どういうスキームといいますか、どういう予定で開発公社の清算に取り組まれるのか、その辺の考え方についてお尋ねをいたします。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁を求めます。

 教育委員会次長。



◎教育次長(千葉和仁君) 梅田議員のご質問にお答えいたします。

 今年度の繰り越しに関しまして、今設計のところまではいっているわけでございますが、まだ十分吟味しなければならない部分が若干ございまして、完全にすぐ工事の段階までというまでにはいっていない状況でございます。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 19ページ、市町村振興助成金でございます。こちらにつきましては、ジャンボ宝くじの収益金をもとに地域振興事業に係るものについて使ってくださいということで助成をいただくものでございます。用途につきましては、産業振興から、地域づくりから幅広い用途が認められておりますが、今般につきましては住宅リフォーム助成と、あとハイブリッドカーの購入補助に充てることとしております。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 予算書24ページ、国際交流費にかかわる委託料の減額についてお答えいたします。

 まず、計画に基づいたものとして今回の訪問があったかということですけれども、まず今回の受け入れに関しては、3回ほどの予定を立て予算化されておったところですが、それが先日の副市長、その前の外事弁の方ということで2回というふうに減っております。計画に基づいたというよりも、そういう回数の減となります。それで、133万円ほど予算化しておったのですけれども、48万6,000円という実績に基づいたということでの減額になります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(後藤紳一君) 土地開発公社の関係のご質問でございますけれども、議員お見込みのとおり、そういった事情から25年度については見送ったということで、26年度以降に検討するというようなことで、前回7月の全協の法人税のときの説明になっていたわけでございますけれども、解散に向けてのいろんな事務手続、スケジュール、あるいは県との協議ということについては、情報をやりとりしていますので、今回見送らざるを得なかった条件が整った段階においてスムーズな手続ができるように常に準備をしているというところが土地開発公社、あるいは県と事務当局とのやりとりではいつでもできるような準備を進めていくということです。最終的には26年度以降ということで、いつという時点につきましては、今のところ決まっていないところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) それでは、繰越明許のほうなのですけれども、今回議決をいたしますと、この金額がまず確定してしまうということになります。したがって、それ以上やりたくても関連工事では違う工事にしないとこの中ではできないということになりますし、あるいはこれの金額からずっと小さくなってしまうと、せっかくの予算の枠が残ってしまうという非常にもったいないことも起きるやもしれないので、本当に金額に近いところできちっとした事業を組んで実施してもらいたいというのが議決する側としてはそういう希望があるのですけれども、おおむねこの金額に近いところでおさまると、おさめたいというふうに今の段階ではそういう計画になっているかどうか、その点もう一度お尋ねをいたします。

 それから、長春市から公式訪問団来たのですけれども、農業研修ということだったので、本来金ケ崎は今農閑期、ハウス園芸は別にしても、広く農業をやっている、取り組んでいる時期ではない時期に農業の研修にいらしたということで、金ケ崎の半分も農業の実態を研修していただくことができなかったのではないかなというふうに思うのです。ですから、その時期の選び方といいますか、そういうことをもう少し、交流計画でもし農業研修ということであったのだとすれば、時期をもう少し違う時期に選定すべきではなかったのかなというふうに思いますけれども、相手があることですから、一方的にこちら側の要望が通るわけではないですけれども、その点が向こうさんの長春市の訪問団の方々とどういう話し合いがなされたのか、どういう納得の仕方をされたのか、その点もう一度お尋ねをいたしますし、それから土地開発公社に関しては、そうしますと今回の1,000万円の補助金というのは、ちょっと前のほうの予算書、補正予算書見ていないからあれですけれども、当然今回もいわゆる赤字の決算になる見込みなのかなというふうに思いますので、その赤字補填分がこの1,000万円というふうに見ていいのかどうか。それで、マイナス決算ではなくて、ある程度のプラス決算にしておいて、清算に向けて清算しやすいような形に決算書をつくっていくというような流れの補助金なのかどうか、その点をお尋ねいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 教育委員会次長。



◎教育次長(千葉和仁君) ご質問にお答えいたします。

 先ほど議員のほうからご質疑いただきましたように、議決いただく際の大事な金額でございますので、それにつきましては業者ともかなり詰めまして、いろいろ設計の段階から、来年度そういったほかの部分で別な工事が入ったりとかがならないような形、そういった部分をかなり吟味させてはいただきました。県ともまた再度協議させていただきまして、どうしても今年度雪降った状況の中で工事ができなかったもので、来年度には早目に進めたいと思っております。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 長春市との農業研修にかかわりまして、この時期でどうだったのだというような形のご質問かと思います。それで、まずこの姉妹都市というのは相手方の希望、そして時期も指定であります。その中で、この時期だと雪ですよというお話はもちろん差し上げました。そういう中でのハウス等を使っての農業をなさっている方、そして県の花きセンターでしたかの研修というような中身で合意、合意というか、成り立ったものでございます。

 なお、先ほど説明が足りなかったと思いますので、補足させていただきます。長春市との交流は、20周年を迎えるのが本年度でした。ただ、種々の事情、先方の事情なのですけれども、大規模な派遣はできないということで、昨年度考えていた内容ができなくなりまして、今回議員様方にも参加いただいたような小さい公式訪問なのですけれども、2回になったということでの中身になります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(後藤紳一君) お答えいたします。

 土地開発公社の関係でございますが、この1,000万円につきましては土地開発公社の決算見込みが赤字が見込まれますので、それを補填しようとするものでございます。土地開発公社につきましては、土地の分譲はしていますが、現実的には売ればその分赤字が生じるのですが、実際はいろいろな現地案内説明会とか、あるいはハウスメーカーを回る、あるいはその行動についての臨時職員も雇って行動しています。そういった売るための経費もかかりますし、まだ若干借り入れも残っている分の利息、そしていろいろなチラシをつくる、さっき言ったような現地販売会の経費等について収入が、販売額がありますが、それでも最終的には赤字が見込まれる。それを補填しようとするものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 11番、?橋照雄君。



◆11番(?橋照雄君) ?橋です。36ページ、農業振興費、19節負担金補助及び交付金、そのうちの利用自粛牧草処理円滑化事業費5,000万円の減額補正の原因になった理由をちょっとお尋ねいたします。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) 11番、?橋議員のご質問にお答えをいたします。

 この利用自粛牧草等処理円滑化事業補助金の減額の理由ですが、当初牧草を除染する前に、除染をすれば牧草は使えるのですが、除染が終わらない人は牧草の管理をしなければなりません。それで、管理をするのに、当初は牧草を3回分刈ったのが処理対象になって、1反歩当たり五千幾らのお金が行くわけですが、今年度は処理回数が2回になったということと、あとモア使って申請するのと手作業でやるので金額が違うものですから、その見込み数値に対して実際の申請額の差を今回減額をしたものでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 11番、?橋照雄君。



◆11番(?橋照雄君) そうすると、残っている作業については、新年度予算でさらに予算化されるわけですか。それからあくまでも汚染ということですけれども、現在ペレット化して試験焼却もされて、近々本格焼却になっていくのだろうと思いますので、それとの関係は全くないのですか。今回されていないあくまでも耕起作業について、それだけの5,000万円の減額ということと、当然仕事をされていないだろうと思います、5,000万円分が。それが次年度というか26年度、または25年度でやって、その時点において補助がなされるのか、その点をお尋ねします。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) お答えをいたします。

 まず、ペレット化とは関連性はございません。ペレット化するのは23年産で使えない牧草をペレット化するものであります。

 それと、今回の補正のお金につきましては、除染をしたところはそのまま検査をして牧草を使いますが、まだ除染をしない方がいるわけです。いわゆる本来は公社でやる作業と自前でやる作業がございます。公社でやる作業はなかなか追いつかない、いわゆる作業が進まないので、その間自分で管理をしなければならないので、その管理料としてお金が来るという理解をしていただければいいのかなと思っています。あと、今現在は個人でやるのですが、なかなか手が回らなくて、処理できない分が25年度分を処理回数、去年までは3回だったのがことし2回になりましたよということでのお支払いをした額です。今度は、県のほうでは26年で除染を終わらせる方針を出していますので、今まで終わらない人にはぜひ26年でやってください、個人の方はぜひやってください、公社でやる分については公社が頑張りますよという話ですので、来年は処理の分については出ない方向でいるのかなと思ってございます。

 以上です。

                                        



△発言の訂正



○議長(伊藤雅章君) ここで先ほど13番、梅田敏雄君に対する答弁が誤っていたので、訂正したい旨発言を求められておりますので、これを許します。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) どうもありがとうございます。先ほどの質問、長春市との友好関係の年数について、20周年ということでお答えいたしましたけれども、私の思い違いでした。25周年でした。大変申しわけございません。

                                        



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 12番の千田です。6ページの繰越明許費の関係の10款5項社会教育費、金ケ崎資料館建設事業で1億7,200万円ほど繰り越しをするということですが、これは現在の工事の進捗状況と、ことしの6月ごろ開館の予定のように記憶しておったのですが、記憶違いであればあれですが、工事を繰り越すということになると、なかなかその時期までの開館が難しいのではないかと思いますが、開館の予定時期、それをお伺いしたいと思います。

 10ページへ行きまして、町税の町民税と固定資産税ですが、合わせまして8,000万円近くの増額補正がなされておりますが、補正されることは増額ですので、結構ですが、多分に今までの25年度経過して、留保財源といいますか、そういうものの税をここに出してきたのかなと、こう思うわけですが、あわせて8,000万円ほどですから、除雪対策費で約5,000万円ちょっとの一般財源によっての増額補正もありますので、ここで留保財源が7,000万円ぐらいあるということは、これはそれなりに理解はするわけですけれども、こういうものを今の時期ではなくてもう少し早い時期に増額補正ができないのかどうか。例えば10月ごろとか、そういうことになりますと、8,000万円ほどの財源というものが他の事業に使えるのではないかと。例えば道路改良費とかそういうものにもしむけられるのではないかと思うのですけれども、今の時期でなければこういうものが、これは例年留保財源を持っておって、それをこの時期にこのように増額するという方法をとってきたのではないかと思いますが、その要因、今でなければならないのかどうかと、この時期でなければこういう補正ができないのかどうかということ、その点をお伺いします。

 ずっと飛びまして、40ページに行きまして、一番下に道路維持費というのがありまして、ここで13節委託料、減額補正1,623万7,000円補正しておりまして、6項目から7項目の説明費目があるわけですけれども、これらの減額要因、一番大きいものは何か。全部の説明は必要ありませんが、例えば一番初めにある街路樹緑化管理委託料と、こういうものが幾らほどの減額になるのか。これから委託契約するわけではないので、明らかにできるのではないかと思いますが、十分にこの街路等の管理ができているのかどうかということも疑問に思うわけです。特にも中学校道路のあの線を見ても、十分に樹木の管理がなされているとはなかなか理解しがたい面もありますので、減額するのであればこれらを減額しないでそういうものに使ってできるのではないかという感じを持つわけですが、その辺についてお伺いをしたい。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 12番、千田議員のご質問にお答えいたします。

 予算書6ページの繰越明許費中の10款5項の(仮称)金ケ崎資料館建設事業の進捗状況及び開館の時期ということです。進捗状況については、今月の初めの段階で見ましたときには鉄骨の柱が立っている状態と私は確認をしております。この進捗状況の確認については、週1度の工程会議などで確認しており、現時点ではおくれはないというものではございます。なお、この繰り越しになってしまった関係については、入札等の不調等で8月末の契約になっておりまして、6月の完成を予定しておるものです。開館の時期についてはもう決めております。6月末日の日曜日に開館の式典を行いたいということで考えてはいるところでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(後藤清恒君) お答えいたします。

 10ページの町税の増額補正の関係でございます。この時期でなければならないのかというご質問でございますが、町民税につきましては、たしか12月ごろだったかと思いますが、増額補正をしております。今回も増額補正をしておるわけですが、税は一回確定して、あと動かないというものではなくて、随時修正申告なり、そういったもので動いております。それで、ある程度大きく増額になるような場合は、この時期を待たずして、その前にも補正したりして対応しているところでございます。

 それから、固定資産税につきましては、今回償却資産のほうで修正申告がございまして、数百万円のそういった修正の増額の申告等もございまして、このような額を補正するというものでございます。ですから、年度末まで留保していて財源に充てると。まるっきりないわけではないのですが、いずれ大きな変動がある場合は、この時期を待たずして補正しているところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 道路維持費の委託料でございます。1,623万7,000円減額ということでございますが、大きなものは橋梁の長寿命化補修設計業務委託料、約740万円ほどでございます。これにつきましては、今年度に3つの橋の設計を予定してございましたけれども、そのうちの1橋が高速道路にかかる橋ということで、ネクスコさんと協議をしておったわけなのですが、ネクスコさんで国交省の会計検査によりまして、道路維持の管理の問題が不十分というような検査の結果を受けまして、県内全ての高速道路にかかる橋の管理の見直しをするということで、この協議が12月までかかりまして、このため若干その1橋分、高速道路にかかる分の橋の分が実施できなかったということで、この部分が740万円ほどの減額になってございます。

 それから、一番下の町道の舗装補修調査業務委託料でございますが、こちらが約940万円ほどの減額となってございます。これにつきましては、同様の業務委託を発注しております県あるいは奥州市と、その指名業者につきまして情報交換をしながら、新しい業者を追加しまして入札を行った結果、入札差金ということで940万円ほどの減額という形になってございます。

 それから、最後にですが、街路樹の緑化管理委託料でございます。これにつきましては、経常経費ということで、通常の管理業務の中で最低限の管理という形の予算で見させていただいておりますけれども、植樹ますの除草とかは年に最低で2回、それから病害虫の防除で2回というような形で、そのほかにも追肥とか低木の剪定とか枝切りとかをやっておるところでございますけれども、やはり年2回の草取りということで、なかなか行き届かないというところがあろうかと思いますけれども、町内の主要な行事、金ケ崎マラソンとか大きな行事に合わせて草取り等を行っているということで、若干タイミング的なものでちょっと見苦しいというような時期があったかもしれません。来年度におきましては、状況を見ながら、適切な時期に実施するように考えていきたいと思ってございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) それでは、6ページの金ケ崎資料館建設事業については、おおむね計画どおりいっていると、こういう理解でよろしいか、再確認をしたいと思います。既に開館の日程まで決まっているということであれば、そのように理解をすることが必要かと思いますが、再度お伺いします。この豪雪等での工事のおくれというのはないかも、改めて聞きたいと思います。

 それから、10ページの税の部分につきましては理解をいたしました。私の思い違いのところもあるようでございますが、思いとしてはなるべく確定できるものは早目に補修をして、その使い道を決めて使っていただければ町民のためにもなるのではないかと、こう思います。財政健全化もそういうことでございますけれども、全く必要なことでございますが、重要なことでありますが、町民の生活利便ということもありますので、その辺の財政執行についてはよろしくお願いをしたいと、そのように思います。

 それから、緑化事業の関係、40ページについて聞きまして、ほとんどが設計監理ですか、委託料に740万円、940万円減額するとなれば、そのものだろうと思いますけれども、そうしますと街路樹緑化の管理、これは委託するのは下の草取りとかなんとかということになりますが、枝の剪定等は直営で行っているのかどうか、その点再質問をしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) (仮称)金ケ崎資料館についての進捗状況、予定どおりかというようなことと、あとは雪の影響、2点についてのご質問です。

 まず、雪の影響については、現時点私のところには何も入ってきておりません。あった場合については、その対応をするということで考えております。

 全体の進捗状況ですけれども、先ほど申し上げました日にちに合わせ、全体を計画させておりまして、そのとおりに現在は進行しておるということです。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 街路樹の樹木の管理でございます。この管理につきましては、高木の枝の伐採ということでございますが、交差点や標識等の障害物があって、交通に支障を来すところにつきましては、直営の建設課の作業員の人たちで作業を行っているものでございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 高木の剪定について、交差点の部分というようなことですけれども、これは全体についてやるべきではないかと思うのです。放置すると強剪定、強く剪定しなければならないという状況になるわけです。ですから、剪定する場合は時期を決めて剪定をするようにしないと、樹形、木の形なり、そういうものが整わなくなるのではないかと、こう思いますので、検討をしてください。これ以上聞いても何ともならないと思いますので、来年26年度の場合は検討していただきたいと、こう思います。今見てもどうも不格好で、これが町道の並木といいますか、そういう街路樹かと言われるような状況にもなっておりますので、このまま放置すると、金ケ崎小学校の校庭の強剪定をしたような、本当に何メートルかで木を傷めるというような、そういう剪定の仕方になると思うのです。これは、木にも優しくないので、やっぱりその辺は街路樹を設置しなければならないのであればそれなりの管理費をかけてやらなければならないと思いますので、その辺は今後検討をしてください。その検討の意思について回答いただければ、これで終わります。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) 議員ご指摘のとおり、現状はそのような形になっているところもあろうかと思いますので、来年度に向けましては適切な時期に樹形の状況に合わせて剪定をしていきたいと思っております。よろしくお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) 失礼します。ありがとうございます。先ほど11番、?橋議員のご質問に対して回答に一部誤りがありましたので、訂正をさせていただきたいと思います。

 利用牧草の26年度についてはないという話でしたが、26年度に残った分を除染するまでの間の牧草の刈り払い、あるいは除草剤について、県の方針はまだ固まっておりませんが、予算的には目出しをしておりますので、その予算措置をしているということで訂正をお願いしたいと思います。ありがとうございました。



○議長(伊藤雅章君) 暫時休憩をします。

            休憩(午前11時57分)

                                        

            再開(午前11時57分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開をいたします。

 昼食のため休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) ご異議なしと認め、午後1時30分まで休憩を宣します。

            休憩(午前11時57分)

                                        

            再開(午後 1時30分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開をいたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 3番、高橋藤宗君は、出席をしております。

 午前に引き続き、平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算についての質疑を行います。質疑ありませんか。

 6番、?橋勇喜君。



◆6番(?橋勇喜君) 6番、?橋でございます。先ほど同僚議員が質問した件なのですが、ちょっと私腑に落ちない点があるので、再度質問させていただきたい。

 14ページになりますが、3款の土木費国庫補助金の中の2節、道路の関係でございますが、ここに大きな金額のマイナスで、先ほどの説明では国からの助成金が減ったというようなことの説明だったというふうに思っておるのですが、こういった件で今の時期にこれだけ大きな事業の中で、ただこれが国の助成金が減りましたということで、簡単にそれなりにこれ交わされるものなのか。私らから見ると、やはりこれだけの大きい金額ですと、工事も大きいからですけれども、やっぱり工事する上の中でこんな金額が動くとどういうふうな見積もりに合った工事をしていくのか、我々からすると非常に不安に思うのですが、この辺の流れについて、こういう工事やる場合にはどういう流れでもってこういう予算を立てて、最後に施工に踏み切っていくのか、この辺の経緯についてもう少し詳しくご説明いただけたらありがたいなというふうに思うわけでございます。

 それから次に、もう一点でございますが、協働支援事業の中で、これも先ほどお話があったのですが、今回200万円ぐらいの減になっているわけですが、これは当初予算で大体300万円ぐらい、52ページの地域協働推進費の中の負担金補助及び交付金という中で、ここで協働支援事業補助金ということでマイナス200万円ほどあるわけですが、これは私も過去に携わった経緯があるのですが、これ大体総額で、先ほども話あったのですが、300万円ぐらいの総予算の中で多分実施されていると思いますが、ここで200万円、300万円のうち200万円余るということは、逆だったらわかるのですけれども、何かちょっと町長が非常に力を入れている割には、ちょっとこの辺の使い道が皆さんの努力が足らないのではないのかなというふうに思うわけです。私会長やっていたころについては、多分この逆ぐらいの感じで動いてきた経緯があるのですが、なかなかこの事業も皆さん理解をしているのですが、やっぱり地域に帰るとどういうふうに計画を持っていっていいのかという部分が非常にわからないでいる。確かに県立大学の齋藤先生のご指導をいただいたり、そういうことで積極的にはやっているようですが、やっぱり地域に帰って自治会なり代表者等に話聞くと、どういうふうに持っていって申請してやればいいのかなというようなことで、非常にまだ定着していない部分、そういったのが結構聞こえてくるのです。そんなことで、せっかく力を入れてやっているわけですので、この辺を中央センターの関係者の方々に力を出していただいて、もう少し地域を積極的に指導していただいて、この予算を大体使うぐらいの形の事業をやってほしいなというふうに思いますが、その辺についてお伺いをしたいと。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 答弁を求めます。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) ?橋勇喜議員のご質問にお答えいたします。

 道路整備関係の補助金交付金の関係の金額の変更による対応ということで、全体的な流れにつきましてご説明したいと思います。その中でおおむねここに載っております交付金事業につきましては、大体4月に国のほうに交付金の申請をいたしまして、決定が届きますのがおおむね6月の上旬ころということになります。今年度に関して申し上げれば、昨年の6月の上旬に一部減額の決定の通知が届いております。担当課としますと、その額に応じた事業の展開を計画いたしまして、実施をしてきているところでございます。今回ほとんどの事業につきましては減額ということで決定されておるわけなのですが、通常でありますと12月ころに県下の中の他の市町村との予算の執行状況を見ながら、追加で予算が必要かどうかという、そのような調査が参りまして、県内で調整をしまして、予算を必要とするところはさらに要望いたしましてつけていただくというような形になるわけなのですけれども、今年度につきましては事業の予算が当町で要求する分の額はつかないということの連絡がございましたので、12月を過ぎてこのつかなかった分につきましては減額の補正をせざるを得なかったという内容になります。事業の内容につきましては、おおむね6月ころに当初の予定で実施は計画をしておりますけれども、万が一12月につけば、さらに延長なり工事をするということで計画しておりましたけれども、つかなかったということで今回減額という内容になってございます。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 補正予算書52ページの協働支援事業にかかわります減額のご質問ですけれども、ご指摘のとおり、定着していないのではないかというご質問にそのまま素直に答えると、本当に定着しているところとしていないところ両極端になっている状態ではございます。6生活圏で見ても、この事業に取り組むところ、取り組まないところというようなものも見られます。よって、ご指摘のとおり積極的な指導は今後必要と思っておりますし、そのようにしていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 6番、?橋勇喜君。



◆6番(?橋勇喜君) まず、最初のほうの関係でございますが、大体理解はしたのですが、そうすると例えばこれだけの大きい予算がつかないということになると、逆に工事をまた次のあれに延期するか、あるいは工事を減らすか、あるいは工事をちょっとまずい形、まずいというか、当初よりも若干落とした形の工事にしていくのか、その辺の調整が必要だろうというふうに思うわけですが、今回はそうするとどの中で今後やっていこうとしているのか、その辺ちょっとお聞かせ願いたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) 事業の中身的なことでございますけれども、ここに6種類の交付金の事業がございますけれども、1本目の南花沢前野線につきましては用地補償ということで、今年度買収できなかった方につきましては来年度の買収ということで考えてございます。それから、荒巻東町線につきましては、今年度用地買収と補償の契約をいただいておりますので、残る工事につきましては残った予算の中で今年度やれるところを実施するということで、残りにつきましては来年度の予算で一日でも早く完成するように努力したいと思っております。それから、上大沢高谷野原線でございますけれども、こちらにつきましても工事の進捗に影響するものでございますが、こちらにつきましても、ついた予算の中で残った部分につきましては来年度実施するということで考えております。それから、中江甫瘤木丁線でございますけれども、こちらにつきましても今年度減額になった分につきましては、次年度以降の工事の実施ということで予定をしてございます。それから、橋梁長寿命化のこの事業でございますが、これにつきましては同じように橋梁の補修の設計の業務委託になりますけれども、これにつきましても、ことしできなかった分につきましては来年度で考えてございます。それから、一番最後の道路舗装の補修事業でございます。こちらにつきましては、午前中にお答えしたところでございますが、今年度予定している事業を完了してございますので、あくまでもこちらにつきましては入札減ということで、事業は完了してございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 6番、?橋勇喜君。



◆6番(?橋勇喜君) 了解いたしました。いずれにしても非常に金額的に大きい部分なので、大変でしょうが、今後も頑張っていただいて、できるだけ計画に沿った形で持ってくるように、ひとつ努力をお願いしたいというふうに思います。

 それから、先ほどの協働支援事業でございますが、これもやはりなかなか大変だというふうには私も理解はいたします。結構時間はかかるというふうには思いますが、でも大分見ていると定着している地域は結構前向きに定着している部分があるので、例えばそういったところの事例なり、そういうのを紹介するなり、当然やってもらっていますけれども、これはやはりお互いにその地域と地域が交流するような形ででもやっていけば、こういうことでやっているのか、使っているのかというようなことがもう少し身近に理解できる部分もあるのかなと。ただあそこで発表されて、みんなの前で発表されて、こうですと言われても、わかる人はわかるかもしれませんが、現場とすればなかなか難しい部分もあるので、やっぱり成功している地域の場所なり事例なりを直接交流しながら見せてもらったりやれば、何となく理解もしやすいのかなというふうなこともちょっと考えていますので、今後そういう方向でいろんな形で進めていただければよろしいのかなというふうに思います。

 以上で終わります。



○議長(伊藤雅章君) 14番、千葉正男君。



◆14番(千葉正男君) 14番、千葉でございます。私のほうからも何点かお伺いいたします。同僚議員と重複するところはありますけれども、私のほうの視点のほうからお伺いをしたいところがございます。

 まず、19ページ、財産収入の1目不動産売払収入、先ほど同僚議員が質問した内容でございます。その説明の中で、土地売払代金、それから荒巻東町線土地売払代金と。その下のほうの説明はありましたので、それは理解しますが、上の売払代金の1,518万円、これの内容についてお伺いをいたします。察するに、もし違っていたらあれですけれども、私思うには、もしかするとこれは国道4号線の拡幅に伴う赤門児童館跡地の住宅地への土地の売買かなと思うわけですけれども、そうであるのか、ないのか。ないとすれば、この内容とその赤門のほうと2つの内容についてお伺いをいたします。

 次に、35ページ、労働費の2目緊急雇用創出事業費であります。7節で賃金で560万円ほど減額されております。事業確定して、残ったからということだろうとは思いますが、560万円という結構大きな金額が残ったわけであります。当初見込みからこのくらい残った部分、何で残ったのか、内容に必要性がなくなったとは思いますけれども、その内容をお伺いいたします。非常にもったいないお金かなと思っております。

 次に、39ページ、商工費の4目の企業誘致対策費、これも先ほど説明を受けましたので、内容は理解するわけであります。ただ、定住対策なり、将来的な金ケ崎町のことを考えると、やっぱり企業の張りついてもらうというのがまず大項目、大目的であろうかと思いますが、その中で残金が残るというのは非常に残念なわけですけれども、町内で今後誘致、企業さんが入ってもらうわけですけれども、それには何らかの土地なり、何らかのサービスなりを提供するという部分があると思いますが、森山はもう手いっぱいかなと、そんな思いもするわけですけれども、まだまだそういうところはあるのか。六原の東町の商工団地かな、メフレとかあるところ等々もありますし、一時は森合団地とかという話もあったわけですけれども、どういう状況なのかなと。森山については、緑地率の関係等々もあって、まだ開発できるのか、もう手いっぱいの状況にあるのか。企業さんに奨励金を出すけれども、それはいいけれども、来てもらう条件整備という意味でどういう状況なのかをお伺いいたします。

 それから、52ページ、先ほど同僚議員言ったばかりで、ちょっと申しわけないなと、続けての質問なのですけれども、地域協働推進費の200万円ちょっとの話です。内容は理解いたしました。ただ、一番最初の質問者の同僚議員の質問の中で新規事業と何か私メモをとったのですけれども、新規事業に対して交付するというものかなと思ったのですけれども、私の勘違いかなと。つい先ほどの同僚議員の質問を聞いていると、これまでの事業も含めて継続的にやっているところに出すのかなと。ちょっとその辺はっきりしなかったもので、改めてお伺いをするものであります。25年については13件と、216万円という話でありますけれども、どんな事業があったのか。全ては要りませんので、二、三こういう項目に支出しているということを教えていただければなと思うところであります。

 さらには、二、三年前でしたか、議会のほうで各分科会に分かれて、地域住民との懇談の中で分科会に分かれてそれぞれの課題についていろいろヒアリングした経緯がありまして、そのときに、要するに計画書を出すのが面倒だというようなお話をちょっと聞いたような記憶がございます。これの申請に当たってどういう手順になっているのか、あるいはどういう審査がなされているのか。あるいは、25年は13件と言いますけれども、もっとあったのだけれども、実はあったのだけれども、審査の段階でちょっと不足しているので、その対象にならなかったとか、そういうものがあるものなのか。非常に有意義に使ってほしいお金でありますので、先ほど同僚議員が言ったとおり、残さないで使えるような仕組みをつくってほしいな、だからといって大盤振る舞いで全部に振る舞えばいいというものではないと思いますけれども、どういう状況なのか改めてお伺いをいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 財政課長。



◎財政課長(高橋修君) それでは、初めに19ページの不動産売払収入の土地売払代金の1,518万円の内容についてご説明を申し上げます。

 ここに計上になっておりますのは、財政課で所管しております普通財産に係るものの売り払い代金ということで計上しております。内容につきましては、これは先ほどご質問にありましたけれども、国道4号の交差点の拡幅に伴う移転の用地の代替用地としての処分というのが1件でございます。それから、荒巻東町線の関係で、東町のところですけれども、その移転の用地として財政課で所管している普通財産の部分についての売り払いと、こういうことの内容的には2件でございます。

 赤門児童館につきましては、先ほど話がありましたけれども、あそこの建物が遊休建物の撤去が終わりまして、更地になっておりましたということで、その一部について今回その用地として売却したと、こういうことでございます。



○議長(伊藤雅章君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(後藤紳一君) お答えいたします。

 初めに、35ページの緊急雇用の減額の関係でございます。これの減額につきましては、共済費と賃金、これはセットでなっているものですけれども、この減額の事業につきましては総合政策課が担当しています緊急雇用復興支援対策事業というものと、それから教育委員会が担当しているハローイングリッシュ事業のこの2つの事業がその内容になっています。前段の緊急雇用対策事業の減額につきましては284万3,000円でございます。それから、ハローイングリッシュ事業につきましては322万2,000円の減額というものでございまして、共済費と賃金を合わせた金額がその合計でございます。

 それから、39ページの企業誘致対策費の関係でございますけれども、減額ということなわけですけれども、今年度の最終という補正予算なものですから、このままですとそのまま不用額というようなことになりますので、今回減額補正させていただいたということでございます。ただ、企業誘致の部分の活動に関しましては、森山工業団地にはまだ県の土地開発公社が造成して、今分譲中の土地が2.6ヘクタールほどありますし、そのほかにやまびこという会社が今一部テストコースとして利用していますが、これは南側に位置している部分ですけれども、一部はまだ山林ということです。これもおよそ8ヘクタールほどの広い敷地になっていますけれども、ここも分譲といいますか、譲りますよという話を受けていますので、これも分譲可能地として企業のほうに紹介しています。そのほかに先ほど議員のお話にありました北部地区流通業務団地、それからその西側に位置しています神奈川中央交通が持っています森合工業団地、これも開発行為は継続してとっていますので、分譲可能地になっています。さらに、その西側にいきますとアイスターという会社が、化粧品屋ですが、持っていた一部造成して管理していた土地がありますけれども、7ヘクタールほどの土地でございます。金森地区になりますけれども、大規模農道に面している土地がございます。そういった場所について提案をし、企業のほうに誘導といいますか、説明していますが、そのほかに森山工業団地ですけれども、この工業団地の中にはまだ緑地として、緑地率というのがありますけれども、その緑地率を上回る緑地がありますので、その分についてもまだ開発の可能な面積は残っているというような状況でございます。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 予算書52ページの協働支援事業補助金についてのご質問にお答えいたします。

 この補助金については、私ども地域づくり協働補助金という言葉で皆様に説明しておりますし、この地域づくり協働補助金のうちの協働支援事業というふうな扱いとしております。なお、地域づくり協働補助金では、昨年は公民館の建設補助がありまして、それの名称として大きなくくりで先ほどの地域づくり協働補助金という言葉でやっております。

 なお、ここで言うところの協働支援事業補助金というもののご説明をいたしますが、これは各自治会で策定していただいている地域づくり計画に基づく事業について補助をするというものとしております。それで、同じ事業に関しては1回のみの補助、要するにきっかけのための補助ということで補助しておるものです。審査の形態ですけれども、自治会連合会長の連絡協議会、6人がおるのですが、その中から2人の委員を選出していただき、あわせて副町長、教育長が入っていただいて申請内容について審査しております。

 その審査の状況ですけれども、例えば後から説明しますけれども、通学路歩道の草刈り作業などというのがことしの事業としてあったのですけれども、そこでちょっと例として申し上げますけれども、この事業で草刈り機が買いたい、備品のようなものを買いたいといったような場合には、審査の中ではこの1回こっきりで終わるものではないので、違うのではないか、リースなりで対応すべきではないかというような審査の中身で、申請が備品購入のものがリースとかということでどうなのだろうという審査をされた経緯はございます。

 平成25年度の実施された内容についてかいつまんでご説明いたします。高谷野自治会が通学路の歩道の草刈り作業、御免自治会が道路水路環境整備、千貫石自治会が千貫石祭り、それは渦巻く地区活性化事業、和光自治会、天皇杯受賞集落の景観保護事業、細野部落振興会、安心して暮らせる部落づくり事業等々がございます。8件のうち若干の説明です。24年度については、谷地下自治会が高齢者健康増進事業、檀原自治会が自主防災対策事業、横道上自治会が災害対策整備事業、北部地区で生涯健康増進親睦交流事業等々で13事業となっております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 35ページの緊急雇用創出事業費について当課のほうからも答弁いたします。

 当課の関係で金ケ崎町復興支援対策事業ということで、これについては期限つき臨時職員9名を採用いたしまして、それでもって放射能汚染に伴う風評被害対策とか防災対策とか住宅再建とか復興関連予算の事務について従事してもらっているものであります。当初その採用に当たっての単価ということで、最大限の単価で予算を措置していただいておりましたけれども、単価につきましては経験年数によって下がってくる場合もございますので、そうした単価の差額の積み上げがこうした額になったというものでございますので、これについては教育委員会所管の分についても同様というふうに認識しております。



○議長(伊藤雅章君) 14番、千葉正男君。



◆14番(千葉正男君) 14番、千葉でございます。19ページの土地売払収入については、説明あったとおりといいますか、私ももしかしたらこれかなと思ったとおりだったようでございます。

 それで、お伺いしたいのは、あの土地、赤門児童館跡地の土地は、今回全てを1棟といいますか、1軒といいますか、今つくられておりますけれども、あのお宅のほうに全てを売却されたものなのか。あの土地、赤門の全体の土地をどういう活用の形でなったのか、今回売却したのはその一部分なのか、その辺をちょっとお伺いしますし、金額的にどの程度、国道の代替地ということですので、それに見合った金額かなとは思うのですけれども、例えば平米当たり幾らぐらいで、金額出せないならば土地開発公社で上平沢、改断で分譲している土地、坪数に比べて同じようなものなのか、どの程度なのか、どのような金額になったのか、その辺をお伺いをいたします。

 それから、緊急雇用対策、臨時の件はわかりました。ただ、単価の差額を積み重ねたらこのぐらいの金額だという話ですけれども、結構大きい金額だったなと、そんな思いがしますので、もっともっと有効的に使える、仕事ないのにつくれという意味ではないのですけれども、緊急雇用というぐらいですので、職がなくて、緊急的に求めている人に対応するための政策であったので、もう少し有効的に使えればなと思ったものですからお伺いしたところであります。了解しております。

 それから、企業立地の関係はわかりました。ただ、今後ぜひ企業さんに来ていただけるように町としても、今までももちろんやってきているとは思いますけれども、さらに力を入れてアピールなり、誘致の企業への働きかけ等々を積極的に進めていただきたいなと思うところであります。

 それから、協働事業関係ですけれども、わかりました。いろいろな事業に使われているようであります。ぜひ先ほど同僚議員も言っていますけれども、せっかくの有効なお金ですので、地域にそれぞれ使ってもらえるような指導へ導いていただければと思います。内容については了解しました。

 先ほどの件、土地関係の話と企業立地のこれからの力の入れ方といいますか、その辺2点について再質問いたします。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(高橋修君) それでは、先ほどの赤門児童館の用地の関係でお答えいたします。

 今回の売却処分につきましては、結構広い土地でございますけれども、そのうちの一部分でございます。全部ではございません。1,900平米ぐらいの土地になっておりますので、そのうちの770平米程度でございますけれども、まず一部ということで売却処分しております。ですので、残りについては、まだ今後活用の余地があると、こういう状況でございます。

 それから、金額的でございますけれども、その一人に売却したということで、はっきりした詳細な金額をここで出すのかどうかということがございますけれども、この単価の決め方については、近傍宅地価格というのがございまして、それに基づいて単価を設定したということでございます。この2件で1,518万円ということでございますので、同じ面積ではございませんけれども、比率としてはこの赤門児童館のほうの面積のほうが大きいので、金額的にもそっちが大きいわけでございます。平米1万円を超える金額ではございますけれども、ちょっとその詳細の何万何千までは、ちょっときょうは差し控えさせていただきますけれども、そういった近傍の価格に基づいて積算した形で売却したと、こういうことでございます。



○議長(伊藤雅章君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(後藤紳一君) お答えいたします。

 いろいろな企業を訪問しながら、うちのほうも金ケ崎町というのをPRしながら来ています。そういう中でやはり一番大きいのは、国内の需要が伸びない、どちらかというと国外、外国のほうの設備投資というようなものに変更している企業も訪問企業の中にはございます。そういった関係から、いろいろと継続的に訪問して、その会社の動きもあわせて視野に入れながら、時間をかけながら、やっぱり年数のかかる場合がございますので、そういったことで継続的に訪問していきたいと思っていますし、もう一つは企業からすると金ケ崎町というのは限られた商品といいますか、立地する場所が、こうなので、やっぱりそういう品ぞろえが多いような近隣の市にはありますので、そういったところにも我々が訪問している企業がそちらのほうにも立地するという場合もございますが、近隣に企業が立地するということは、町内から通って、そちらのほうで働くということも可能なものですから、できればできるだけ近くに来てほしいなというような要望もしながら訪問していますし、将来的にはそういった方々、近隣に来た方が、長い目で見るとうちを建てる場合に、金ケ崎町のほうにこれまでも市から逆に町のほうに転入してきているという方もいますので、それらも団地等も含めてPRをしているところでございますが、引き続きそういった町の特性なりをPRしながら、企業誘致に努めていきたいというふうに思っています。



○議長(伊藤雅章君) 14番、千葉正男君。



◆14番(千葉正男君) 14番、千葉でございます。後段のほうは了解いたしました。

 前段の土地売り払い関係の赤門児童館の跡地の関係です。今回建ったうちは、道路から見ますとL字の奥側の部分にうちを建てられております。要するに道路側の入り口の部分が残り1,900平米のうちの770平米を除いた分だと思うのですけれども、入り口の道路等々はどうなるものなのか。残りの残地の中で道路を確保して、残りの分を宅地なりなんなりに売却しようと考えているものか。買う人がいなければ、そのまま町のまた財産に残って、そのままだと思いますけれども、ただそこに行く道路というのは町道になるのか、そのお宅に入るところ、そこの部分も含めて今回購入された方が自分のうちに入る部分まで、導入路までの土地を買われたのか。道路のすぐ横ならわかるのですけれども、道路から奥まってL字の赤門児童館の職員室があったほうの一番西側の部分に建っておりましたので、そこまでの道路というのはどういう状況というか、手続上はどういう手続になっているのか、最後お伺いして終わります。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(高橋修君) それでは、お答えいたします。

 今回の用地の取得につきましては、ちょっと奥のほうになります。それで、一応通行については支障のないような形で住宅については建てるというような形で処分はしたところでございます。ただ、今後の残りの部分については、必ずしも住宅用地として考えているわけではございませんので、今後もう一軒とか来た場合については、その取りつけも含めて道路の整備、この辺についてはちょっと考える余地が出てくるというふうに考えております。いずれにしても、今回については、その通行、そこについては支障のない形で建設できるというふうな形で処理しているところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 14番、千葉正男君の質問は、既に3回になりましたが、会議規則第51条の規定により、特にこれを許します。

 14番、千葉正男君。



◆14番(千葉正男君) ありがとうございます。

 お伺いしたいのは、その奥に行く道路、うちまで行く部分について、道路を通っていかないとうちに入れないですから、その部分がまだ町の財産として残っている土地ですかと。その行くところまでの部分も、今回の借り上げた方の土地になっているのかと。要は町の土地を通って自分のうちに行くのかという、どういうふうになっていますかというのをお伺いしたわけです。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(高橋修君) 失礼いたしました。

 通行の部分につきましては、今の状態では町の敷地を通ってそこまで行くと、こういう状態でございます。町の用地を通って、そこまで行くという状態になっております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 3番、高橋でございます。2点ほどお伺いをいたします。

 35ページ、5款1項2目、先ほど同僚議員も質問しましたけれども、7節の賃金についてですが、先ほどの説明で9名を採用する見込みでずっとやってきたと、そういった話もわかったのですけれども、途中でやめたとかそういうのは一切ないかという確認がまず1つ目です。

 続きまして、その下の13節の委託料、観光案内窓口強化事業委託料ですが、こちらも180万円ほど、大きな減額補正となっておりますので、説明をお願いをいたします。

 それから、41ページ、8款2項4目についてですが、除雪対策費です。こちらも4,500万円ほどの増額になっておりますが、除排雪業務委託料となっておりますので、排雪がこの分のこの4,500万円のうち幾らかわかれば教えていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 3番、高橋藤宗議員のご質問にお答えします。

 緊急雇用に係る臨時職員の賃金でございますが、9人分ということで年間計画を予定しておりましたが、1名分につきましては1カ月の間隔があいたという事例があります。そのほかについては、先ほど申し上げましたとおり、単価が想定よりも下がったとか、単価というのは賃金プラス通勤手当ということになりますが、その分が想定よりも見込みを下回ったというものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(後藤紳一君) お答えいたします。

 35ページの委託料の観光案内窓口強化事業委託料の関係でございますけれども、この事業につきましては、主なものはその賃金が3人分ですけれども、当初の計画は一応基準が何段階かありまして、どういう経歴の人が来るかわからないので、一番最高額の単価で試算をして予定していた分がございまして、それが実績に合わせて減ってきたと、実態に合わせて見込み分について下がっていると。人件費のほかに、この事業につきましては人件費の50%を事業費として活用できるというようなものがございまして、その分の減額もございます。例えばイベントを実施しているのですけれども、それのイベントが終わったことによっての不用額の減とか、あるいはパソコンのリースをしていたのだけれども、2年目以降はそれが半分以下の値段でリースできるようになったとか、最終的にそういった人件費の単価の減額と事業費の減額による内容でございまして、予定していた事業につきましては、これまで取り組んでいるという状況でございます。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(高橋修君) それでは、ちょっと先ほどの説明に対する質問について若干訂正がございましたので、発言させていただきたいと思います。

 先ほど赤門児童館の用地の関係で取りつけ道路の部分についてのご質問がありましたけれども、町の土地を通らせてその敷地に行ってもらうという形でお答えしましたけれども、今回の売却につきましては、通行部分の細い用地を確保いたしまして、そこまで取得していただいて、自分の敷地に入ってもらうということでございまして、自分の敷地に入るまでの通路部分を含めての販売と、こういうことでございましたので、訂正してご説明させていただきます。



○議長(伊藤雅章君) 答弁が前後しましたが、続けます。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) ご質問にお答えいたします。

 41ページの除雪費の委託料の補正額のうち、排雪の予算はどの程度かということでございますが、全体で今回のこの4,578万2,000円を足しますと、委託料は1億4,000万円になるわけなのですが、おおむねそのうちの500万円を排雪の予算というふうに見込んでおります。



○議長(伊藤雅章君) 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 35ページについては了解をいたしました。

 除雪対策費についてもう一度お伺いをいたします。排雪料が500万円という先ほど答弁がありましたが、除雪するときは10センチでしたかの積雪で除雪機が動くというお話でしたが、排雪するぞというときの条件ですか、そういったものというのはあるのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 排雪の基準というのは特にはないわけなのですけれども、一般的に2車線の道路がもう両側に雪が押ささって1車線で待避所もつくれないというような場所、特にも街地区、あるいは住宅団地の中につきましては除雪の両側の雪も押せないと、押しても押した雪が車道に戻ってきてしまうというような状況を適宜パトロールしながら、あるいは地域の自治会長さんと相談をさせていただきながら、タイミングを見まして排雪をしてございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第6号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、議案第7号 平成25年度金ケ崎町国民健康保険特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 住民課長。

           〔住民課長 及川敏雄君登壇〕



◎住民課長(及川敏雄君) 日程第2、議案第7号 平成25年度金ケ崎町国民健康保険特別会計補正予算についてご説明申し上げます。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わります。なお、本補正予算につきましては、去る2月6日開催の国保運営協議会に諮問し、適正である旨の答申をいただいておりますことを申し添えます。何とぞ原案のとおり決定くださいますようお願い申し上げまして、説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 何点か質問します。

 それでは最初に、3ページの歳出のところ、ここに基金積立金が1,000万円増額補正になっています。そうすると、合計7,900万円になると思うのですが、それでいいのかどうか。

 それで、当初予算では4,400万円基金を取り崩しして予算を計上しておりました。この歳出を見ると、保険給付費が7,100万円減額、見込みよりも減額したということで、こういうふうになったのかなというふうに思いますけれども、こういう給付費が減少したこと以外に国保財政が当初見込みよりも4,400万円繰り入れと基金繰り入れと含めるとかなり改善したと思うのですけれども、その要因はどういうふうな要因なのか答弁をお願いしたいと思います。

 それから、6ページにここに国庫支出金と県支出金に財政調整交付金というのがあって、その中に県も国も普通財政交付金と特別調整交付金という2つの種類の交付金があります。これはどのような交付金で、どのような違いがあるのか説明をお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 住民課長。



◎住民課長(及川敏雄君) 1番議員にお答えいたします。

 まず最初に、3ページのところの基金の積立金に係るご質問でございましたけれども、議員が質問の中でおっしゃられましたように、基金残高は現在の予算的な予定は6,900万円、これに今回補正を認めていただけますればプラス1,000万円で7,900万円になるという予定でございます。

 それから、上のほうに参りまして、2款の保険給付費のところの絡みでございますけれども、大きく今回このように基金に積み立てができる状況、あるいは大きく予算が減額している状況の特徴についてというご質問でございましたが、一番は議員がお話しになっておりましたように、保険給付費の減額が一番大きいものでございます。当初は平成24年から、また医療給付費が大きく伸びるのではないかなという予想を立てておりましたが、平成24年度の医療給付費とほぼ同じ、あるいは若干低目の形で医療給付費の推移を続けておりまして、これはとてもいいことなのですけれども、保険給付費に係る支出が、予定よりも見込みよりも下がったということが大きな要因でございます。

 もう一つの要因といたしましては、保険基盤安定の繰入金でございます。保険基盤安定は、保険税の軽減、保険者の軽減をするものが中身でございますけれども、これの部分が対象が少なかったということで額が下がっておりますし、以上のところが主な大きな減額の要素になっております。

 それから、6ページのところの財政調整交付金、国と県がございまして、中身が普通財政調整交付金の特別調整交付金、国、県それぞれあるわけです。同じ項目でありますが、これの中身というのはどういうものなのかというご質問でございますけれども、内容的には2つとも同じであるわけですけれども、市町村間の財政の不均衡を調整するという意味での普通調整交付金でございますし、それから特別調整交付金のほうは均一的に図れないものを補填するという趣旨で特別調整交付金というものがございます。これは、県のほうも同じでございます。それぞれ9%の交付金でございまして、一般会計と比較してみれば、普通交付税あるいは特別交付税と同じような形のものでございます。たまたま県の財政調整交付金のほうは、特徴的なのは後から出てきたものでございまして、国が財源的に抑制あるいは補助の削減をしていく中で、三位一体改革の関係で県の普通調整交付金が出てきておるというようなことでございますし、特別調整交付金についても、その流れに基づいてまた国保を支援するということで、国に倣って特別調整交付金というのが出てきておるというようなことでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 12月の一般質問で国保税の引き下げできないかという質問をしたときに、非常に財政が厳しいということでできないという答弁があったわけですけれども、この基金がふえていくということ、あと繰り越しが今年度どのぐらいになるかは、ちょっとこのやつではわからないのですけれども、繰り越しもあるのではないかなと思うのですけれども、どうしても引き下げができないような財源状態なのかどうか、改めて質問したいと思います。

 それから、特別調整交付金は、聞くところによると大震災で被災した3県に特別厚く何か配分されるというふうなことをちらっと聞いたのですが、そういうふうに実際なっているのかどうか。これはそうではなくて、全国一律なのか、その辺質問をお願いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 住民課長。



◎住民課長(及川敏雄君) 特別調整交付金につきましては、議員がおっしゃられるとおりの対応というふうになっております。特に県のほうの特別調整交付金のほうを少し説明いたしますと、保険財政共同安定化事業の拠出金というのがあるのですが、これが再保険事業で、県内の市町村がお金を出し合って、拠出金を出し合って、高額な30万円以上を超える医療給付費が発生したところにお金をやるということ、そういう事業なのですけれども、出すお金と、それからもらうお金のギャップが3%以上ある市町村には財政調整として交付してくるというのがございます。そういったもの、特別な事情ということでそういうのも内容として盛られております。

 もう一つ、国保税の引き下げでございますけれども、今の状況といたしましては7,900万円、この予算書の認めていただいた状態では7,900万円の基金の残高になりまして、多分繰越金も出るのだろうというふうに考えております。1つ、基金残高の考え方ですけれども、再三ご説明しておりますが、国のほうから、厚生労働省のほうから基金は保険給付費等の5%を確保して、不測の事態に備えるようにという指示が、通知が来ておりますので、それにのっとるものでございます。大体金ケ崎町の場合だと6,000万円あたりがその基準額というところですので、今ある基金の保有高が大体そのくらいではないのかなというふうに思っております。

 それから、繰越金、いわゆる歳入歳出ギャップの分でございますけれども、国保財政は、これも何回もご説明の中でお話ししているわけですが、最初に歳出があると。病院に来たときにお金がありませんとか、入院続けている中でお金をここまででというふうなわけにはいかないのでありまして、あるいは病院に来たときにきちんとそれを対応してあげるというのが国保の皆保険の趣旨そのものであるわけです。ですから、準備をしていなければならない、そのお金の分がやっぱり歳入歳出のギャップとなって、どうしても繰越金として出るというふうなもので、これは歳入歳出合わせればいいと思うのですけれども、なかなかそこは難しいものだなというふうに事務方としては思っております。大体毎月保険給付費があるわけですが、1カ月当たり7,000万円ぐらいですか、7,000万円くらいずつを支払いというか、給付しているわけでして、その繰越金でどのくらい来るのを待ってというか、来たときに対応してあげるのかというふうに考えますと、大体7,000万円とかという金額というのは、金額だけ聞きますと、大きく聞こえるのかもしれませんが、その金額というのはやっぱり最低限というか、必要な金額ではないのかなというふうに思っております。いずれなるべく歳入歳出のギャップは少なくするように、その年度に納めていただいたお金は年度内でという考えには立っているのですけれども、繰越金についてはやっぱり仕方ない会計事情があるというふうに考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 12月にもお話ししたのですけれども、その5%という話は厚生労働省からそういう通達だか指導だかがあったということは聞いています。しかし、それは後期高齢者医療制度が発足する前の通達ですので、後期高齢者、75歳以上の方々が別な保険制度に入っているわけですから、当初からすれば私は二、三%あれば十分ではないかなと、財政調整基金がというふうに考えております。それで、隣の北上市は資産割を廃止したのですよね。そのかわり所得割はふえたということなのですけれども、固定資産税を納めた上に資産割で国保税が非常に高くなって困ると。固定資産税はしようがないにしても、さらに国保税も資産があるということで高くて困るという、そういう声も寄せられています。資産割を廃止する方向も考えていただきたいなというふうに思うのですけれども、あした請願の審査もありますので、そこでもいろいろと質問したいと思いますけれども、いずれ私は現状でもある程度余裕が、うんとあるというわけではないですけれども、若干引き下げできる条件はあるのではないかなというふうには思っております。

 それから、もう一つは、27年から保険給付費が後期高齢者と同じように県に一元化になるということを聞いております。そういった場合の国保税は、全県で統一される動きになっているのか、あるいは自治体ごとの今までのばらばらな保険税になるのか、その辺の話というのは具体的に来ているのでしょうか。最後の質問します。



○議長(伊藤雅章君) 住民課長。



◎住民課長(及川敏雄君) まず、1つ目、最初のほうの話でございますけれども、確かに平成20年度から後期高齢者医療費制度が発足しまして、75歳以上の方がごそっと別の保険制度に移った、そういうのはあります。そのときにそこから国保の会計というのは好転してきているのかというと、必ずしもそうではなくて、そのあたりからも医療給付費がどんどんふえて、そういう状況がございます。いずれ赤字には絶対するわけにはいきませんので、全国の市町村自治体も法定内繰り入れというのがあるのですが、それを超えて法定外繰り入れをして何とか会計のバランスをとっているというか、そういう状況がございます。ちなみに、平成24年度の実績だと、法定外で繰り入れて何とか黒字にしたというのが大体3,000億円くらい、各市町村の保険者としての苦労がある要綱でした。

 それから、2つ目のご質問ですけれども、27年度から国保の制度が変わってということですけれども、保険者が県に移行するというのは30年、31年のところのスケジュールになっております。27年のところからの国保制度の改正は、レセプトが今は30万円以上のレセプトが再保険事業というふうにしているのですけれども、そうではなくて1円レセプト、1円以上の全部共同事業にしてしまおうという、そういう制度改正が27年度から出るという、そういうものでございます。それについては、いろいろシミュレーションをしながら、ワーキンググループをつくりながら、市町村と県と国保連といろいろ試算をして進めているところです。

 質問の中にありましたように、県が保険者になった場合に、そのときの国保税はどうなるのかというところなのですけれども、これにつきましては情報的には今のところ何も出ている状況はございません。国保の仕組み、構造的な問題といたしまして、先ほどお話ししたように3,000億円以上もの市町村の保険者から法定外繰り入れするような、そういううまくない状況がございますので、国のほうでそういった財政的な状況を改善したような形で県のほうに移管できるようにということで、そういった要望は情報として来ております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君の質問は、3回になりましたが、会議規則第51条の規定により、特にこれを許します。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) どうもありがとうございます。

 今の課長の説明はわかりましたけれども、この国保税は結局町民全体、県民全体の医療保険制度にかかわる問題ですので、議会や、あるいは町全体としてもこの制度改革に向かってどういうふうな制度にしていくかということが、議会はもちろんですけれども、議論をして、必要な意見は県や国に意見を言っていく必要があるのではないかなというふうに思っていますので、そういう際にはぜひ協力していただきたいというふうに思います。

 以上を述べて終わりたいと思います。以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第7号 平成25年度金ケ崎町国民健康保険特別会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 お諮りをいたします。休憩をしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、午後3時5分まで休憩を宣します。

            休憩(午後 2時48分)

                                        

            再開(午後 3時05分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



△議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、議案第8号 平成25年度金ケ崎町下水道事業特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 水処理センター所長。

           〔水処理センター所長 及川 一君登壇〕



◎水処理センター所長(及川一君) 日程第3、議案第8号 平成25年度金ケ崎町下水道事業特別会計補正予算についてご提案申し上げます。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明は終わりますが、原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 8番、山路正悟でございます。簡潔明瞭と今言われたのですけれども、ページ数は不明ですけれども、ちょっとお聞きしたいので、お聞きします。

 水道事業、水道料金の場合は、東日本大震災の被災者支援措置として減免した分を一般会計から補填をされると、補助されるということになっているようですけれども、水道を使えば下水も使うということで、例えば農集排で昔は家族割でその水道料金と、あとは家族で何人いればそれに合わせて料金を取られたということですけれども、この被災者支援の場合は上水道は減免措置をされるようですけれども、下水の分はどうなっているのでしょうか、お聞きします。



○議長(伊藤雅章君) 水処理センター所長、答弁。



◎水処理センター所長(及川一君) 8番、山路議員の質問にお答えいたします。

 被災者支援に係ります減免に係る補填というのですか、それにつきましては、水処理センターで担当しております上水道及び下水道事業、それから農業集落排水事業ともにございます。水道事業の場合には、予算書の中で他会計からの補助というものは予算事項でございます。ただ、今回の下水道につきましては、項目といたしましては5ページの下の繰入金、一般会計繰入金、この中で今回の災害支援を除いた額をまず計上しまして、そして災害該当分の下水道につきましては46万円ほど該当になっておりまして、これの差し引きで今回1,064万5,000円ほどの繰り入れを新たにいただくということで、その分については当然使用料としても入ってきませんけれども、一般会計と特別会計の間では繰入金という形での資金のやりとりございますので、この中に含めて支援者への減額した分については一般会計からいただいているというところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) そのからくりは、今の説明で理解できました。ただ、できることであれば、同じように水道も下水も使っているから、多分下水もそのような措置はされているのだろうなと思いましたけれども、今見たら5ページの一般会計のあれとなっているということはお聞きしましたからわかりましたけれども、これはどこかに説明書きで載っけることはできないのですか。どうなっているのでしょう。



○議長(伊藤雅章君) 水処理センター所長。



◎水処理センター所長(及川一君) お答えいたします。

 項目としては一般繰入金、この中には法定内というのですか、繰り入れ基準の中で定まった繰入金、それから収支不足分の基準外、全て内訳としてはあるわけですけれども、収入の項目としては一般会計繰入金というだけですので、もし書くとすれば説明の欄なのでしょうけれども、そうしますとそのほかの部分についても記載しなければならないということもございまして、今回については一般会計繰入金という説明のみにしたというものでございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第8号 平成25年度金ケ崎町下水道事業特別会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第4、議案第9号 平成25年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 水処理センター所長。

           〔水処理センター所長 及川 一君登壇〕



◎水処理センター所長(及川一君) 日程第4、議案第9号 平成25年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計補正予算についてご提案申し上げます。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明は終わりますが、原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決いたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第9号 平成25年度金ケ崎町農業集落排水事業特別会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第5、議案第10号 平成25年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 保健福祉センター事務長。

           〔保健福祉センター事務長 千田美裕君登壇〕



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 日程第5、議案第10号 平成25年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算について説明をいたします。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わります。原案のとおりご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 4ページで質問いたします。

 歳入はありますけれども、1款の療養費収入と2款の介護サービス収入、比較すると介護サービス収入のほうが約2倍になっております。これは、訪問した看護師が介護サービスもしてくるということだと思うのですけれども、療養費よりも介護サービスが多いというのは単価の違いなのか、保険制度の違いなのか、その辺の説明をお願いしたいと思います。

 また、訪問診療する際の体制、看護師が行く場合の運転は、車で行くと思うのですけれども、運転手は誰なのか。そして、複数で訪問すると思うのですけれども、その体制、あるいは医師が訪問診療するときの体制、あとこの訪問看護や訪問診療用の自家用車というのですか、これは診療所に何台あるのかお聞きしたいと思います。

 以上、お願いします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 1番、阿部?一議員のご質問にお答えいたします。

 療養費収入と、あと介護サービス収入の関係ですけれども、基本的には介護サービス収入のほうがメーンでございます。大体全国的に見ますと8対2くらいになります。療養費収入、医療行為の伴う部分の収入につきましては、対象となる疾病が限定されております。そういったこともございまして、介護サービスのほうがどこでも多いような状況にはなっております。

 あと、実際訪問看護に行く場合ですけれども、看護師が自分で運転して相手方のところに、利用者のお宅に訪問をいたします。車につきましては、一応2台は確保しております。

 あと、訪問診療の部分もちょっとお話がありましたけれども、医者の部分ですけれども、そういった場合は看護師なんかもついていきますので、看護師さんが運転をしたりはしております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) そうすると、訪問する場合には看護師さんは1人で運転して、1人が行くのでしょうか。診療の場合には当然医師もついていくということですけれども、その場合も看護師が運転をするということ、そういう体制でやっているのでしょうか。それを質問します。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 訪問看護の場合は、看護師が1人だけで参ります。訪問診療の場合ですと、医師と看護師というふうな体制で行くというふうな形になります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 看護師は、ほとんど女性だと思うのですけれども、夜も行くことを含めて、本当に今まで事故がなく行われていたというのは幸いだと思うのですけれども、いずれこの辺のことについて複数体制にするとか、そういう話は今までされたことがなかったのでしょうか。

 以上、質問したいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 幸いにしまして、職員も交通事故等には十分注意をしながらやっております。そういったことで、事故等は今のところ発生していない状況ですし、今後も注意をしてやっていただくということになります。

 複数体制というお話になりますけれども、そういった場合には人的な配置というのは今現在ですと専任の正職の看護師1名と嘱託の看護師が1名、あとは診療所の看護師が兼務でというふうな形になっておりますけれども、そういった形の体制自体ももっと見直しをしなければならないと思っていますし、そういった体制を組むとすれば、さらに費用はかさむというふうに思っております。そういったことから、現在のところは現体制でやっていこうというふうには考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第10号 平成25年度金ケ崎町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第6、議案第11号 平成25年度金ケ崎町介護保険特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 保健福祉センター事務長。

           〔保健福祉センター事務長 千田美裕君登壇〕



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 日程第6、議案第11号 平成25年度金ケ崎町介護保険特別会計補正予算について説明をいたします。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わります。原案どおりご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 3ページで質問いたします。

 ここに保険給付費の総合計が12億7,300万8,000円というふうに出ております。特養施設増設について、今度の議会で一般質問したのですけれども、町長答弁の中で計画より保険給付費が増額していると、そういう答弁がありました。いわゆる基本的な計画というのは、この当初予算なのか、あるいは別なのか、その基準、どこから比べて増額しているのかということを、これだと350万円で本当に二、三%の増だと思うのですけれども、そういうことなのか質問いたします。

 それから、基金積立金211万円を積み立てると、これは前の計画の残りからすると、全部積み立てれば6,126万4,207円になるのではないかなと思うのですけれども、それでいいのかどうか、まず2点質問いたします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 まず1点目、保険給付費の伸びの関係ですけれども、議会の一般質問で町長が答えておりますけれども、その伸びに関しましては、まず第5期の計画で計画している保険給付の額に対して実際の給付費が伸びていると、当初予算に対してということで、当初予算もありますけれども、対比をしているのは保険の計画の額に対してということでございます。

 2番目の基金の残額が幾らくらいになるかというお話ですけれども、当初予算で見ている部分もございますし、あと補正でやっている部分もございます。最終的に今回211万円の追加を予定しているところでございますけれども、それをやりますと残高見込みは7,525万5,000円になる見込みでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 今課長から第5期の保険給付費の見込みを基準にして伸びているということですけれども、この第5期計画の私が持っている資料によると、25年度は保険給付費が12億7,152万2,745円で、私の計算ではほぼ伸びゼロ、パーセントにして0.1%ぐらいの増ということで、ほぼこの計画どおりというふうな支出になるのではないかなと。これは私が持っている資料が間違っているのかもしれませんけれども、ということで、このとおりだとすると、この保健福祉センターの2年前の試算がほぼ正しかったということになるわけですので、あの答弁はちょっと伸びているとは言えないのではないかなと、0.1%ぐらいの増ですので。というふうに感じたのですけれども、この辺はどうなのでしょうか。この資料、これは保険審査会だか検討委員会に出された資料を私が持っているということです。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えいたします。

 私のほうで先ほどお話ししました計画の部分につきましては、第5期の計画ということで、こういった冊子で出ているものがございます。その中で示しているものでございますけれども、基本的にこれに関しては、サービス給付費に関しては12億3,500万円ほどです、25年度に関しては。それに対して地域支援事業費、これが3,600万円ほどございますので、それを足した額で12億7,000万円というふうな形になっているところでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) ということは、私が言ったとおり、ほとんど計画よりは伸びていないということになるのではないかなと思うのですけれども、計画より伸びているというのは、どこが伸びているのでしょう。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 保険給付と地域支援事業費については別です。3ページ目でちょっとごらんいただきたいのですが、2款の保険給付費、これが今回補正後12億7,300万円を予定しているところでございますが、もともとの計画でございますと、サービス給付の部分については12億3,500万円ということで、4,000万円近く伸びているという形になります。あと、地域支援事業費につきましては、今回補正後の金額が3,788万8,000円、計画時点では地域支援事業費につきましては3,567万6,000円ということで、これにつきましても200万円程度増加しているという状況にございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第11号 平成25年度金ケ崎町介護保険特別会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第7、議案第12号 平成25年度金ケ崎町浄化槽事業特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 水処理センター所長。

           〔水処理センター所長 及川 一君登壇〕



◎水処理センター所長(及川一君) 日程第7、議案第12号 平成25年度金ケ崎町浄化槽事業特別会計補正予算についてご提案申し上げます。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明は終わりますが、原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第12号 平成25年度金ケ崎町浄化槽事業特別会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第8、議案第13号 平成25年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 保健福祉センター事務長。

           〔保健福祉センター事務長 千田美裕君登壇〕



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 日程第8、議案第13号 平成25年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算について説明いたします。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わりますが、本予算案につきましては、2月6日開催の国民健康保険運営協議会においてご承認いただいている旨申し添えます。原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 1点だけお伺いをします。

 4ページでちょっとお尋ねします。4ページの繰入金、3款の繰入金の他会計繰入金、ここで補正額が63万9,000円となっております。それと、14ページの歯科の分についても繰り入れが2万4,000円とあります。これを合計しますと66万3,000円となっておりまして、これが国保のほうで繰り出していると。それで、何を言いたいかといいますと、この63万9,000円と歯科のほうの2万4,000円の数字がどこからかなと思って一生懸命探したのですが、保健センターに直接行って聞きましたところ、実はこれは国保の会計の、これを合わせて支出66万3,000円だよと言われまして初めて数字が合ったわけですが、これはちゃんと勉強していればわかる話なのですが、先ほどの下水道のときには説明書きのほうに、例えばここで説明のほうに他会計繰入金となっておりまして、ここにできることであれば括弧書きで「(国保)」、あるいは他会計の「他」のところに「国保」と入れてもらえば一目瞭然、すぐにわかったわけですけれども、下水道の場合はいろいろ説明がいっぱいになるということで、そこはそこで了解したのですが、こちらの場合は「国保」と入れればそれ以外の説明は要らないと思うのです。ですから、ここはどうなのでしょう、そのような説明書きを加えてもらえるのかどうか、事務長の見解をお伺いします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 8番、山路議員の質問にお答えいたします。

 説明書きの部分ですので、他会計繰入金ということで、現実的には国保会計だけだと思います。なので、ここの部分に関しては、説明書きの部分は「他会計繰入金(国保)」なり、もしくは「国保会計繰入金」、どちらかというふうな形に修正することはそれはできると思いますので、そういったことはちょっと前向きに検討したいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第13号 平成25年度金ケ崎町国民健康保険診療施設特別会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩をします。

            休憩(午後 4時10分)

                                        

            再開(午後 4時10分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開をいたします。

                                        



△議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第9、議案第14号 平成25年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 住民課長。

           〔住民課長 及川敏雄君登壇〕



◎住民課長(及川敏雄君) 日程第9、議案第14号 平成25年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計補正予算についてご説明申し上げます。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わります。原案のとおりご決定くださいますようお願い申し上げまして、説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 4ページの歳入で、保険料ですけれども、特別徴収が増になり、普通徴収が減になったということの主な理由はどういう理由なのでしょうか、お尋ねをいたします。



○議長(伊藤雅章君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(後藤清恒君) 13番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 こちらの特別徴収の増になった主な理由ということでございますが、後期高齢者保険料につきましては、原則は年金天引きですが、本人の希望によって口座振替なり現金納付が可能と、こういうことになってございます。それからあと、年金天引きの場合、75歳に到達しますと、まずは普通徴収でスタートいたします。それで、年金の切りかえの時期が毎年全国的に10月になっていまして、その間は普通徴収で納めていただいて、10月以降は本人が希望すれば年金天引きに切りかわると。こういったことで、介護保険料のような場合は義務的に年金天引きですが、後期高齢者医療についてはそういった年金天引きが必ずしもという状況ではございませんので、その年の本人の意向にも左右されると、こういった要素がございます。ということで、特別徴収が伸びたという背景というのは、ちょっと明確には捉えておりませんが、そういった要素があるということでご理解をいただきたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第14号 平成25年度金ケ崎町後期高齢者医療特別会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第10、議案第15号 平成25年度金ケ崎町水道事業会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 水処理センター所長。

           〔水処理センター所長 及川 一君登壇〕



◎水処理センター所長(及川一君) 日程第10、議案第15号 平成25年度金ケ崎町水道事業会計補正予算についてご提案申し上げます。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わりますが、本補正予算は、去る1月21日開催の水道事業運営協議会において承認されたことを申し添え、原案のとおりご決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第15号 平成25年度金ケ崎町水道事業会計補正予算については、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△散会の宣告



○議長(伊藤雅章君) これで本日の日程は全て終了いたしました。

 本日はこれで散会といたします。

 ご苦労さまでした。

                                (午後 4時27分)