議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成25年 12月 定例会(第9回) 12月09日−議案説明・質疑・討論・採決−03号




平成25年 12月 定例会(第9回) − 12月09日−議案説明・質疑・討論・採決−03号







平成25年 12月 定例会(第9回)





            平成25年第9回金ケ崎町議会
                定例会会議録
議 事 日 程 (第3号)

                   平成25年12月9日(月)午前10時00分開議

       開  議
日程第 1  議案第 1号 教育委員会の委員の任命に関し同意を求めることについて  
日程第 2  議案第 2号 金ケ崎町職員の再任用に関する条例            
日程第 3  議案第 3号 金ケ崎町職員の再任用に関する条例の制定に伴う関係条例の整
              理に関する条例                     
日程第 4  議案第 4号 金ケ崎町子ども・子育て会議条例             
日程第 5  議案第 5号 千田正記念館設置条例の一部を改正する条例        
日程第 6  議案第 6号 金ケ崎町児童遊園設置条例の一部を改正する条例      
日程第 7  議案第 7号 金ケ崎町学童保育所設置条例の一部を改正する条例     
日程第 8  議案第 8号 財産の取得に関し議決を求めることについて        
日程第 9  議案第 9号 財産の取得に関し議決を求めることについて        
日程第10  議案第10号 あっせんの申立てに関し議決を求めることについて     
日程第11  議案第11号 岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を
              求めることについて                   
       散  会

〇出席議員(16名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    6番  ?  橋  勇  喜  君
   7番  ?  橋     奬  君    8番  山  路  正  悟  君
   9番  及  川  み ど り  君   10番  ?  橋  文  雄  君
  11番  ?  橋  照  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  梅  田  敏  雄  君   14番  千  葉  正  男  君
  15番  千  葉  和  美  君   16番  伊  藤  雅  章  君

〇欠席議員(なし)

〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     小 野 寺  正  徳  君
       教    育    長     新  田     章  君
       監  査  委  員     ?  橋  順  一  君
       参 事 兼総合政策課長     中  里  武  司  君
       参 事 兼生活環境課長     石  川     孝  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長

       財  政  課  長     高  橋     修  君
       会計管理者兼税務課長     後  藤  清  恒  君
       住  民  課  長     及  川  敏  雄  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       商 工 観 光 課 長     後  藤  紳  一  君
       建  設  課  長     千  葉  達  也  君
       水 処 理センター所長     及  川     一  君

       教 育 次 長(兼)     千  葉  和  仁  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     ?  橋  義  昭
       局  長  補  佐     青  沼  和  也
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は15人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 6番、?橋勇喜君は、遅刻の届け出があります。

 これより本日の会議を開きます。

                                (午前10時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第1、議案第1号 教育委員会の委員の任命に関し同意を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 日程第1、議案第1号に入りますが、その前に既に皆様には、もうお話し申し上げておるところでございますが、私どもの金ケ崎診療所の内科、特にも神経内科でお世話いただいております佐野先生、交通事故でご逝去されたと。改めてお悔やみを申し上げ、謹んでご冥福をお祈りいたしまして、私がこれから議案の説明をさせていただきたいと、こう思います。

 日程第1、議案第1号 教育委員会の委員の任命に関し同意を求めることについてでございます。この件につきましては、佐藤良二氏の任期満了に伴って行うところでございます。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 千葉祐悦氏の経歴、履歴について申し上げさせていただきたいと思います。千葉祐悦氏は、最終学歴が昭和50年3月、東京農業大学の農学部をご卒業されております。昭和50年4月に農林省農業土木試験場水利部第2研究室技師として就職をされております。その後昭和51年4月に岩手県立岩谷堂農林高等学校の教諭として先生の仕事をされました。昭和56年4月には岩手県立花巻農業高等学校の先生を、さらに平成3年4月には、また岩手県立岩谷堂農林高等学校の先生、教諭をされまして、平成13年4月に岩手県立盛岡農業高等学校の教頭に就任されました。平成15年4月には、岩手県立水沢農業高等学校の教頭に就任され、平成18年4月に岩手県立花巻農業高等学校の校長、平成20年4月に岩手県立盛岡農業高等学校の校長に就任されまして、平成24年3月に盛岡農業高等学校を退職されております。その後平成25年4月、岩手県立花巻農業高等学校初任者の研修講師としてお仕事をされております。その身分は、この12月16日まで常勤講師、17日より非常勤講師と、こういう立場で研修講師としてお仕事をされておると、こういう方でございます。平成20年4月に岩手県教育研究会農業部会長の経歴をお持ちで、平成24年3月には、その会長職を解かれております。平成24年9月に保護司として今日までお仕事をされている方でございます。

 表彰歴について申し上げさせていただきますと、平成2年8月に東北地区高等学校国際教育功労者の表彰を受けております。平成13年には岩手県教育委員会教育表彰を受けられておりますし、平成23年11月には財団法人産業教育振興会中央会表彰、そして平成24年3月には岩手県教育委員会教育長表彰を受賞されている方でございます。

 千葉祐悦氏は、人格が高潔で、教育行政、これにも詳しく、教育現場にも精通をされている方でございます。高い識見を有し、地域活動にも尽力をされている方で、教育委員として最もふさわしい方であると、こういう方でございますので、ぜひご同意をお願い申し上げるところでございますが、任期はこの12月17日から4年間でございます。

 以上、申し上げさせていただきました。千葉氏の教育委員の同意についてよろしくお願いを申し上げまして、終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 お諮りいたします。暫時休憩したいと思います。暫時休憩することにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) ご異議なしと認めまして、暫時休憩を宣します。

            休憩(午前10時06分)

                                        

            再開(午前10時21分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 お諮りいたします。本件は、人事でございますから、質疑、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、質疑、討論を省略し、採決することに決定いたしました。

 採決いたします。この採決は、会議規則第77条第1項の規定により、無記名投票で行います。

 議場の出入口を閉めます。

           (議場閉鎖)



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は15名であります。

 次に、立会人を指名いたします。会議規則第30条第1項の規定によって2人以上の立会人とともに投票を点検しなければならないとされております。

 したがって、立会人は会議規則第30条第2項の規定により、4番、佐藤千幸君、5番、有住修君、7番、?橋奬君、以上3名を指名いたします。

 投票用紙を配付いたします。

           (投票用紙配付)



○議長(伊藤雅章君) 念のため申し上げます。

 本件を可とする方は賛成、否とする方は反対と記載願います。

 なお、賛否を表明しない白票及び賛否が明らかでない投票は反対とみなします。

 無記名投票ですので、投票議員氏名は記載しないでください。

 投票用紙の配付漏れはございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 配付漏れなしと認めます。

 記載をしてください。

 投票箱を点検します。

           (投票箱の点検)



○議長(伊藤雅章君) 投票箱は異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順番に投票願います。

 事務局長。

           (職員、氏名を点呼 投票)



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 4番、佐藤千幸君、5番、有住修君、7番、?橋奬君の立ち会いをお願いいたします。

           (開  票)



○議長(伊藤雅章君) 投票の結果を報告いたします。

 投票総数14票、これは議長を除く出席議員数に符合いたしております。

 その内訳は、賛成14票、反対ゼロ票、以上のとおり全員賛成であります。

 したがって、本案については原案のとおり同意されました。

 議場の出入口を開きます。

           (議場開鎖)

                                        



△議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、議案第2号 金ケ崎町職員の再任用に関する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の3ページをお開き願います。議案第2号 金ケ崎町職員の再任用に関する条例についてご説明を申し上げます。

 本議案は、退職共済年金の報酬比例部分の支給開始年齢が65歳に引き上げられたことに伴い、60歳で定年退職した職員について無収入期間が発生しないように雇用と年金の接続を図るため、条例を制定しようとするものでございます。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 何点か質問いたします。

 ことしの4月1日から改正高年齢者雇用安定法が施行されて、民間、公務員問わず再任用または定年延長、あるいは定年制撤廃、この3つのうちどれかを選択するようにということが義務化されております。それで、この提案をする際に、当然労働組合と協議をしたと思いますけれども、労働組合との合意を経て提案したのかどうかというのを1つお聞きします。

 それから、今月の3日に国家公務員の定年を65歳まで延長するという法案を来年度の通常国会に出すということを自民党、公明党、民主党、3党が合意しております。したがって、これを実施しても、公務員の多分定年制の延長そのものが来年度以降課題になるというふうに思いますけれども、その辺についてどういうふうに考えているかお伺いしたいというふうに思います。

 この前全員協議会でも議論になりましたけれども、希望者全員を再任用するということを原則として、その場合に職というのですか、例えば課長の方が再任用を希望した場合に、その課長職として再任用になる可能性もあるのかどうか。これは、人事権も絡んでくるわけですけれども、そういう可能性もあるのかどうかお聞きしたいというふうに思います。

 以上。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。3点についてです。

 1点目は、組合との合意ということでございますが、今回の再任用制度につきましては、組合側にも内容を提示して、特段反対意見等はなかったものというふうに認識しております。

 それから、2点目です。国会での議論等、今後ということになりますが、これにつきましては、平成24年の11月になりますけれども、総務省のほうから地方公務員の雇用と年金の接続への対応についてということで通知が出ております。この内容につきましては、法案等の整備につきましては、いずれ今後になるということですが、技術的な助言、地方自治法の第245条の4になりますが、技術的な助言ということで、年金支給開始までの間につきましては、退職者本人の意向も踏まえまして、課の中に雇用の接続を図るように配慮する、あるいは再任用制度そのものがまだ制定されていない自治体があるということから、速やかに制定を図るといったような助言があることから、今回の提案ということになったものでございます。

 それから、3番、職の関係でございます。基本といたしましては、職員の新陳代謝を図りながら適切な職員構成を図っていくという中で今回の再任用制度を導入することになるということになります。また、職につきましては、処遇につきましては給料表の3級ということを原則に考えておりますので、3級に対応した主査等の職で配置するということを考えております。

 以上で終わります。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) そうすると、再任用された職員は、希望して主査が原則になるということの確認をしたいと思います。それ以外、なる可能性はないのかどうか、改めてお伺いしたいと思います。

 それから、全員協議会でも意見が出ましたけれども、この制度を導入することによって新採用の職員の採用が抑制されて、年齢構成が高くなっては困るという、そういう話もありましたので、私も一般質問でも言いましたけれども、本町の場合には非常に正職員が少ないという声が現実に少ないし、臨時職員と正職員の数がほとんど同じという、そういう結果もあるわけで、ぜひこの機会に正職員の数をふやしていっていただきたいというふうに思うのですけれども。これを理由にして新採用を抑制するという、そういう可能性、考えがあるのかどうか、まずお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えいたします。

 まず1点目、職の関係でございます。先ほど答弁申し上げましたとおり、3級ということを基本に考えておりますので、基本は主査、係長、副主幹といった職が3級の部分に該当いたしますが、そこに可能性とすれば、それ以外の職についても、その時点時点での職員構成、年齢構成等によって、その時点の状況で変わる可能性はあるというふうに考えております。

 それから2点目、新採用職員の抑制の関係ですが、いずれやはり将来に向かって適切な年齢構成バランスというのは図っていかなければならないと思っておりますので、退職者、その時点の退職者の状況を踏まえながら、新採用職員については採用することを検討していきたいというふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) あとこれが成立した場合、この条例が適用される職員というのですか、とりあえず来年の4月以降、希望すれば該当する職員数は何人いるのか、最後にお聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えいたします。

 定年退職者の数ということでお答えいたしたいと思いますが、平成25年度末につきましては1人、それから同じく26年度末は3人、平成27年度末は9人というような状況となっております。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 13番の梅田です。まず、条文の第3条、任期の更新についてでありますが、全員協議会では任期1年以内で更新が可能という説明を受けておるわけですけれども、その場合の該当要件は、勤務実績が良好ということですけれども、その勤務実績が良好という判断は、具体的にどのようなものを指すのか。それから、それの判断はどなたがするのか、任命権者がするのか、あるいは人事担当がするのか、その辺をお聞きします。

 それから、地方公務員法の条文をチェックしたわけではありませんが、任期が1年以内で更新可能と、いわゆる1年以内というふうに区切っておるわけですけれども、この条例の中ではその1年という区切りがどこにも見当たらないのですけれども、その辺はどういうふうに解釈をしたらいいのか、その点を2点お尋ねいたします。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 13番、梅田議員のご質問にお答えします。

 まず1点目の再任用職員の勤務実績の判断でございます。この勤務実績につきましては、正規職員と同様に人事評価を基準に考えていきたいと考えておりますので、基本は1次評価が所属長、2次評価が副町長ということで判断をしていきたいと考えております。

 それから、2点目、任期のお話でございます。ここの任期につきましては、第1条の趣旨の部分で、第1条の2行目になりますけれども、法第28条の4第2項というのが1年を超えない期間での任用ということになっておりますので、任期については第1条の趣旨の部分で規定するという考えでございます。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 全員協議会でもお伺いをしたところですけれども、定年後に再任用されまして、一、二年でやめたと、これは自己都合によるか、何によるかわかりませんけれども、自己都合によって退職をして、また1年ぐらいそこで他社に勤務をして、そこで役場へのブランクをあけたと。さらにその後また役場に就職をしたいといった場合は、これは就職をできるのか。自己都合によってやめていても、さらにまた挑戦できるのかということをお伺いします。

 それと、今の同僚議員と関連しますけれども、勤務実績ということですけれども、いろいろと人間ですから、心身の障害があったりとか、あるいは休職したりとか、あるいは年次有給休暇とか、これは個人の権利ですから、これはいいとしても、このようなことがあった場合はどのような評価が下されるのか、この2点についてお伺いをします。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 8番、山路議員のご質問にお答えします。

 まず1点目です。再任用後、一、二年程度勤めた後に自己都合でやめて、他社等勤務の後、再度再任用を希望するということですが、制度上は可能ではあります。ただし、その受け入れ側としての事情もございますので、そういったご本人の事情とともに、役場、受け入れる側の事情等も踏まえて総合的な判断というふうに考えております。

 それから2点目です。勤務実績の部分です。先ほど人事評価を基本にという答弁をいたしましたが、そのほかに健康状態等は判断材料の一つということになると思いますので、病気休暇等がある程度ある場合については、相当の判断をしていかなければならないというふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 判断はどのような判断をされるかわかりませんけれども、本人からすれば、一旦採用になりながら、そこでやめるということは、役場の仕事に見切りをつけた、あるいは嫌になるということでどこかに就職するか、あるいはうちでぶらぶらしているかというブランクをつくった場合に、再度また役場に挑戦をしたいというときに、果たして責任を持ってこの仕事につけるかどうか、やれるかどうかというのは、税金を払う側からすれば非常に疑問なわけでございますが、その辺の判断はどのように行っていくのか。

 それと、勤務実績のことなのですが、再任用されるときは、一番最初は、この人はいいということで採用はするのでしょうけれども、直近に何もなければ採用しますよということでしたけれども、さかのぼって過去に懲戒処分、あるいは厳重注意とかいろいろ訓告とかありますけれども、そういうことがあった方についてはどのように評価をするのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えします。

 まず1点目です。勤務実績の判断の関係でございます。再任用後、退職と再度希望ということを繰り返すということになりますと、職員として働く勤務意欲の面でどうなのかという面が出てくるかと思いますので、そういったやめる、再度希望するというところの状況を見ながら判断すべきものというふうに考えております。

 それから、2点目です。2点目につきましては、一番最初に再任用として採用する段階で、過去の処分事例等が判断材料というふうになると思いますので、懲戒処分等を受けた者については、対象にならないというふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 10番、?橋です。再任用という言葉は、これは行政用語なのかなと思いますが、いわゆる民間でいいますと、1回退職して、それから臨時とか嘱託とかというような形で再雇用されるわけですけれども、再任用というのは、60歳で定年を迎える、そしていわゆる退職金ももらうと。そういう作業があって、また勤め出すというふうに解釈していいのかどうか、そこをお聞きします。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 10番、?橋議員のご質問にお答えいたします。

 再任用職員につきましては、60歳で定年を迎えた段階で退職手当の支給がございます。再任用職員としての勤務期間に係る退職手当は出ないものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 任用期間においての退職金の制度はないというふうに理解してよろしいのか。

 そうしますと、いわゆる臨時雇用、あるいは嘱託雇用という民間の考え方と同じ考え方、それでも一定の臨時雇用とは違う時間帯でありますので、もちろんそうなった場合には保険関係は引き続きということになるのか、どういう形で保険加入がなされるのか。身分保障的な部分をお聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えいたします。

 1点目の退職手当の関係でございますが、いずれ再任用された後の期間に係る退職手当は支給されないということになります。

 それから、2点目、保険等の関係でございます、共済制度ということになりますが、フルタイムで勤務した場合については正規職員と同じということになりますので、共済組合の加入ということになります。それから、短時間勤務という選択肢もございますが、その場合については、勤務時間が29時間以上の場合については健康保険か厚生年金保険、それから29時間未満につきましては国民健康保険の適用ということになります。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第2号 金ケ崎町職員の再任用に関する条例は、原案のとおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、議案第3号 金ケ崎町職員の再任用に関する条例の制定に伴う関係条例の整理に関する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の5ページをお開き願います。日程第3、議案第3号 金ケ崎町職員の再任用に関する条例の制定に伴う関係条例の整理に関する条例についてご説明を申し上げます。

 本議案は、先ほど議決いただきました金ケ崎町職員の再任用に関する条例の制定に伴い、関係する条例を整理しようとするものであります。ご審議いただく資料は、関係する条例について改正後と改正前として対照しておりまして、改正箇所につきましては下線を引いてございます。

 条例の内容についてご説明いたします。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 お諮りいたします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) ご異議なしと認め、午前11時20分まで休憩を宣します。

            休憩(午前11時04分)

                                        

            再開(午前11時20分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 ここで、休憩前に説明のありました議案第3号の説明について、議案書29ページ、附則部分の説明が漏れていましたので、説明に追加したいとの申し出があります。これを許します。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 大変申しわけございませんでした。議案第3号の説明不足につきまして、改めて読み上げてご説明申し上げたいと思います。議案書の29ページでございます。

 附則、この条例は、平成26年1月1日から施行することとしております。

 改めまして、原案のとおりご決定賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 質問いたします。

 17ページの再任用職員の給与が、ほかにもあるのですけれども、18万5,800円から31万9,100円まで給与が載っています。先ほどの説明では3級ということでしたので、原則25万7,600円なのか、18万5,800円から31万9,100円までの再任用職員の給与はどういうふうにして決まるのか、説明をお願いします。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 給料表の関係でございます。17ページの部分でございますが、再任用職員につきましては、先ほど答弁したところでございますが、基本として3級の給料表を考えているということになりますので、お尋ねのとおり25万7,600円という額を基本に考えているところでございます。そのほか1級から6級まで規定しておりますが、この規定については業務の特殊性等、専門性等を勘案して判断すべき部分も出てくるかと思いますので、各級ごとに額を設定しているものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) そうしますと、例えば退職時に1級とか2級に該当していた職員も3級の25万7,600円になるのでしょうか。その上の人たちは、これになるということはわかるのですけれども、そこを質問いたします。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えいたします。

 繰り返しになりますが、基本については3級の額ということで考えておりますので、退職時の給料表の級につきましても、判断材料の一つというふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) もう一回質問します。最後に言った退職時の級も判断材料にするということですけれども、例えば退職時に1級に該当していた人は、この18万5,800円になる、あるいは2級に該当していた人は21万3,400円になると、3級以上の人たちは3級になると、そういうことであればある程度わかるのですけれども、1級の18万5,800円とか21万3,400円、その辺の適用について、もう一度説明をお願いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えします。

 給料表1級、2級につきましては、行政職で、職名でいえば主事補、主事といったような階級になりますので、現実的な問題として、主事補、主事で退職するというところは想定しておりませんので、基本は3級の額というふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 理解を深めるためにお尋ねいたしますが、前議案のときに聞くべきだったでしょうけれども、任命権者についての権限について規定がありますけれども、地方公共団体としての金ケ崎町で、任命権者というのは具体的にどういう方々が想定されますでしょうか。その点お尋ねいたします。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 13番、梅田議員のご質問にお答えします。

 任命権者につきましては、町長のほか各行政委員会の長等というふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 10番、?橋です。議案第3号のときにも聞けばよかったのかなと思いますが、8ページ、聞けばよかったのかなと思いましたがということで、8ページ、年次休暇というところでございますが、いわゆる3号議案のときに、何か1年を超えないで雇用するというふうに答弁があった記憶があるわけですが、今回のこの4号議案で聞きますが、年次休暇ということは、有給休暇のことだと思いますけれども、1年を超えないで雇用させる者というのは、基本的には有給休暇がないというふうに私は感じておったわけですけれども、この有給休暇というものを設けるということは、通年雇用をするという前提のもとに有給休暇というものがあるというふうに解釈していいのか。前段で1年を超えないでという、これはどういう意味での答弁だったのか、その辺がはっきりしない。

 それから、全員協議会のときに、私が2号級、3号級の件について、3号級は一般職、それでは2号級というのは技術職なのかということを聞いたわけですけれども、技術職というものは、お医者さんとか、それに準ずる者というような答弁をなされておって、私が車の運転をする人とか、そんな技術職の方ではないのかというふうに聞き直したような気がします。整理しなければならないのは、ここには一般の事務職というふうに解釈される給与体系と、それからお医者さんの給与体系と、こういうふうにあるわけですけれども、だと思います、医療職給料表というのはそのことかなというふうに思うわけですけれども、しからば全員協議会で説明のあった2号級に該当する役場の任用する職種と申しますか、そういうものは、この4号の、これの……今の3号議案か、ごめんなさい、さっきのは2号でしたね、済みません。ですから、この3号議案のどこにどのような形で示されているのか、その3点を。さっきというのは2号でございました。訂正します。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 10番、?橋議員のご質問にお答えします。

 まず、1点目の有給休暇の関係でございます。1年を超えない範囲でということになりますが、基本はまず1年の雇用ということで、勤務成績等を考慮して、最大65歳になるまで延長ができるという意味になりますが、ここで言う1年を超えない範囲ということが、1年超えない範囲で最大1年ということになりますので、その1年に対応した部分の年次休暇が20日ということになります。1年雇用で、まず20日間の年次休暇の付与ということになります。

 それから、2点目につきましてですが、処遇の関係です。給料表につきまして、2号級、3号給の関係でございますが、全協の際の説明、ちょっと私のほうの説明も不十分であった面ございますが、この条例については一般職の給与に関する条例ということになりますので、この部分に関しましては、行政職、それから医療職の給料表の該当する職員についてのかかる条例であります。お尋ねの技能職員につきましては、一般職の職員の給与に関する条例の中の第27条というのがございますが、第27条というのが技能職員の給与の種類及び基準という規定でございます。労務に雇用される職員ということで、運転手等が該当になるものでございますが、この技能職員の給与については規則で定めるということになりますので、この条例の対象外で、別途技能職員の規則というものがございます。こうしたことから、技能職員の再任用の給料表の位置づけについては、規則のほうで現在精査をしているという段階でございます。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) ?橋です。私も就業規則等の関係を勉強したのは、かなり古いわけでして、民間で言いますと、1年働いて、その働いた翌年に有給休暇が与えられるというふうに私は解釈しておりました。その解釈の仕方が、私が間違っているかもしれないと気がつきました。というのは、1年を超えないで雇用される者は、20日を超えない有給休暇が与えられるというふうにこれで見てよろしいのでしょうか。いわゆる私が昔理解したのは、1年働いた人が、翌年に20日もらうというような解釈だったと。そうではなくて、これの条例では、1年を超えない者が20日を超えない有給休暇をもらえると、そういうふうに解釈していいのか、その辺をお聞きします。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えいたします。

 議員お尋ねのとおりでございます。1年目については20日間、ただし短時間勤務等については、その勤務時間等に応じて、20日を超えない範囲で……



○議長(伊藤雅章君) 暫時休憩します。

            休憩(午前11時35分)

                                        

            再開(午前11時36分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開します。

 総合政策課長、答弁。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 10番、?橋議員のご質問にお答えします。

 休暇日数の付与につきましては、採用1年目から、1年以上の勤務実績がなくても、1年目から、採用1年目から20日間の休暇日数が付与されるものであります。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) よくわかりました。といいますと、11カ月の勤め契約で、1カ月の有給休暇をもらえると。そして、翌年また再雇用になると、そういう解釈でよろしいですか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えします。

 議案の9ページをごらんいただきたいと思いますが、第12条の第1項第2号の部分です。年度途中で新たに職員になった者については、在職期間を考慮して、それに応じた20日を超えない範囲内で日数を定めるものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 理解をされましたか。

           〔「休憩」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 暫時休憩します。

            休憩(午前11時38分)

                                        

            再開(午前11時39分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 再度総合政策課長より答弁を求めます。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えいたします。

 1年間の勤務ということになりますと、20日間の年次休暇が付与されますので、所属長の判断によって最大20日までの休暇は可能ということになります。

           〔「11カ月で言ったように有給休暇とってもいいの

             かということに、いいならいい、悪いなら悪い

             と言ってもらえば、それでいいけれども」と言

             う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 私も議会へ説明したのですが、今のご質問は、余り例のないケースかと、こう思います。雇用契約1年をした者に対して20日間与えると、こういうことですから、11カ月稼いだから、あと20日休みますというのは、それは可能です。だけれども、11カ月契約している人には、20日間はないと、こういうことになります。だから、1年以内の契約をしている人と、こういうことになります。だから、1年契約の人には、20日間あるから……

           〔「20日間はないということですよね」と言う人あ

             り〕



◎町長(?橋由一君) 1年を契約して20日間与えると、こういう規定なわけですよね。ただ、今議員が質問しているのは、1年契約した人が11カ月しか稼がなかったと、こういうことを聞いているのでしょう。違うの。最初から11カ月の契約の人。違うの。



○議長(伊藤雅章君) 暫時休憩します。

            休憩(午前11時40分)

                                        

            再開(午前11時43分)



○議長(伊藤雅章君) 再開いたします。

 当局から答弁の申し出がありますので、これを許します。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えいたします。

 再任用職員のフルタイム勤務につきましては、1年目から最大20日間の年次休暇取得が可能であります。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君の質問は、既に3回になりましたが、会議規則第51条の規定により、特に発言を許します。

 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 議長、ありがとうございます。

 非常に私も勉強不足でございまして、4回も聞くところいうことは少ないのですけれども、お聞きします。

 ということは、1年を超えて採用するというふうに理解していいわけですね。いわゆるそこのところなのです、問題は。私は、そう思います。1年を超えない場合は、20日の有給休暇は与えなくてもいいのです、私の解釈では。変わっていれば別です、法律が。超えて採用する者は有給休暇を与えなければならないということになっているのです。そういうふうになっているというふうに思いますが、その辺がちょっと私理解できないのですけれども。ですから、4回聞いたというのは、与えるということになれば、1年を超えて雇用するのですねということを、その辺をきっちり……いやいや、したほうがいいと思います、どうなのか。1年を超えないで雇用するというふうに説明を受けておったものですから、再度何度も確認しているわけです。



○議長(伊藤雅章君) 答弁、総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えします。

 1年超えない範囲ということになりますと、最長が1年間、4月1日採用で3月31日までが1年間ということになりますので、1年を超えないというのは、それにプラス1日ということになりますが、その1年間ということになれば、再任用職員については1年目から20日間の年次休暇がとれるものであります。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第3号 金ケ崎町職員の再任用に関する条例の制定に伴う関係条例の整理に関する条例は、原案のとおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手多数〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手13名で多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第4、議案第4号 金ケ崎町子ども・子育て会議条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の31ページをお開き願います。日程第4、議案第4号 金ケ崎町子ども・子育て会議条例についてご説明申し上げます。

 本議案は、子ども・子育て支援法が平成24年8月に公布されたことに伴い、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援を総合的に推進するため事業計画及び評価等の検討を行うことを目的とする会議を設置することについて、同法の規定に基づき条例を制定しようとするものであります。

 条例の内容について説明いたします。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げ、説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 質問いたします。第3条の委員の構成について質問いたします。

 15人以内で(1)から(5)までなっているわけですけれども、幼稚園とか保育園、学童保育所の関係者は当然入ると思うのですけれども、小学校の関係者もぜひこの委員の中に入れていただきたいと思うのですけれども、具体的に構成、そして15人以内ですから、それぞれ3人かなというふうに思うのですけれども、それぞれ(1)から(5)までの構成の人数等を考えていれば報告をお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 第3条の子ども・子育て会議の委員構成の関係でございますけれども、まず子供の保護者とは、子ども・子育て支援に関する事業に従事する者、こういった部分の中で、小学校に通う児童の保護者も想定しておりますし、子ども・子育て支援に関する事業に従事する者ということで、小学校の教諭の関係者、そういったものも想定しているものでございます。

 あと、各対象者ごとの人数についてですけれども、一応全体で15人以内ということにしておりますので、人数的には子供の保護者とか、あとは子ども・子育て支援に関する事業に従事する者、こういった方々が、かなりの人数を想定しております。あと3号、子ども・子育て支援の関係団体から推薦を受けた者、あとは4号の公募によるもの、あと5号の前各号に掲げる者のほか、町長が必要と認める者、ここにつきましては、おのおの2名前後ぐらいかなというふうには想定をしております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 全員協議会でも要望しましたけれども、年数回開いて、実質的なそういう会議にしていただきたいと思いますし、当然これは公開の会議になるというふうに思うのですけれども、私も時間の都合がついたらば傍聴したいというふうに思うのですけれども、傍聴等が可能な公開の会議にするのかどうか、その辺お聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) お答えいたします。

 会議の回数につきましては、必要な都度開催するというふうな形になろうかと思いますし、あと公開か、非公開かという話になりますと、特段これは非公開というものではございませんが、そのときの審議内容にもよるかと思いますけれども、原則は公開というふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 私は、提案理由についてはこのとおりで理解をしておりますけれども、ちょっとこの表現、文言表現についてお伺いしますけれども、第7条の児童福祉担当課、これは何課でしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 8番、山路議員のご質問にお答えいたします。

 第7条の庶務の部分ですが、子ども・子育て会議の庶務は児童福祉担当課において処理するという形になっております。この児童福祉担当課というのは、具体的には現在の保健福祉センターという形になります。一応町の例規の中で、課の事務分掌を規定している部分がありますが、その中に保健福祉センターの事務分掌の中に児童福祉を担当するというふうな形で明示しているものでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) そこに明記しているというのであれば、それはわかりますけれども、私の考えからすれば、児童福祉担当課というのは、一つの固有名詞みたいな感じに聞き取れるわけです。ですから、町民の方が児童福祉担当課というのがあるのだろうかと、もしこれを保健福祉センターが担当するのであれば、これははっきり保健福祉センターと表記してもいいような気がしますけれども、これは全国的にもこのような表現になっているのでしょうか。町民の方が役場に来て、児童福祉担当課はどこですかといった場合に、いや、保健福祉センターですよと、そこからまた足を運ぶということになるわけですね。それが最初から、これは保健福祉センターですよということになれば、最初からそちらに足は向けられるということなのですけれども、これはここで児童福祉担当課ということは、後々担当課が変われば、この名称は変わるのでしょうか。そういった場合のために、フレキシブルというのですか、柔軟に対応した表現ということなのでしょうか、どうなのでしょう。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) この庶務を担当する所管課について、全国の状況ということでございますけれども、全てのものを見ているわけではございませんが、幾つかの事例を見ておりますと、具体的に所管する課を明示してあるものと、あとは今回提案しましたとおり児童福祉担当課というふうな表現にしているものと、まちまちでございます。

 あと、議員さんからお話がありましたとおり、今は保健福祉センターという形で対応しているわけでございますけれども、保健福祉センターではなくて、例えば担当する課の名称が将来的に変わる場合も想定されますけれども、そういった場合にも影響を受けない部分という部分も確かにうちのほうで考慮して、こういった表現にしたという部分はあります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 特にこれは反対して意見を言っているわけではありませんけれども、何回も申し上げますけれども、児童福祉担当課というのは、私はここにはっきり固有名詞となって一つの課だというように受けとめられますし、もしこれが児童福祉を担当する課においてという表現になれば、もう少し、ああこれは保健福祉センターもあるのだなという理解でわかるのですけれども、いずれこの表現はどうだったのかなと。答弁は要りません。ただ、私の考え方を申し述べただけでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 4番、佐藤千幸君。



◆4番(佐藤千幸君) 今の表現のところは、多分国なり県なりのひな形がそのまま来ているから、こうなっているのだと思いますが、金ケ崎は金ケ崎で保健福祉センターと表示したほうがいいかと思います。

 本題のほうを質問させていただきます。子ども・子育て会議の「子ども」というのは、対象年齢は何歳でしょうか。提案理由のほうに幼児期の学校教育、保育、地域の子育て支援というふうになっているのですけれども、学校教育も含まれております。教育委員会というのは、社会教育から学校教育まで幅広いのですけれども、この子ども・子育て会議と教育委員会の事務分担といいますか、すみ分けというのはどのようになっているのでしょうか。2点お伺いします。



○議長(伊藤雅章君) ここで昼食の時間となりましたが、会議の進行上、若干の延長をしたいと思います。ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) それでは、会議を延長いたします。

 答弁願います。

 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 4番、佐藤議員のご質問にお答えいたします。

 「子ども」の定義でございますけれども、子ども・子育て支援法におきます「子ども」の定義でございますが、18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある者という形になっております。

 あと、子ども・子育て会議の教育委員会との関係の部分でございますけれども、今回担当課を保健福祉センター、児童福祉担当課という形にしておりますけれども、実際これをやる場合には、教育委員会との連携というのは必要になってくるかと思っておりますので、そういった部分に関しましては、今後とも教育委員会との連携を含めながらやっていきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 4番、佐藤千幸君。



◆4番(佐藤千幸君) 連携、もちろんそうですね。教育委員会と、この子ども・子育て会議のすみ分けはどのようにするかとお伺いしているのです。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 失礼いたしました。すみ分けの部分ということですけれども、今回子ども・子育て会議につきましては、メーンとなりますのが保育の部分、教育というよりは福祉部分で保育という形になります。ゼロ歳児から主として小学校、小学校であれば学童の部分になりますけれども、幼稚園教育、あとは幼児の保育、あとは学童、そういった部分の事業計画の策定とか、そういった部分がその計画自体が適当であるかどうか、そういった部分に関して子ども・子育て会議が所管していくような形になりますし、教育委員会につきましては実際の教育と、教育基本法に定められた部分での教育というふうな部分を所管していくというふうに理解しております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第4号 金ケ崎町子ども・子育て会議条例は、原案のとおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。昼食のため休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めまして、午後1時30分まで休憩をいたします。

            休憩(午後 零時03分)

                                        

            再開(午後 1時30分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

 6番、?橋勇喜君は、出席しております。

                                        



△議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第5、議案第5号 千田正記念館設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の33ページをお開き願います。日程第5、議案第5号 千田正記念館設置条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

 本議案は、千田正記念館の管理に関して指定管理者制度を導入することに伴い、条例を改正しようとするものであります。

 条例の改正内容につきまして、ご説明いたします。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げ、説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 3番、高橋藤宗君。



◆3番(高橋藤宗君) 3番、高橋であります。提案理由についてよくわかるのですけれども、その前に指定管理者制度にする理由というのをお尋ねいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 3番、高橋議員のご質問にお答えいたします。

 まず、指定管理者以前、この現行条例での管理については農協の婦人部、清水端3班というところにお願いしておりました。それで、いわゆる管理です。鍵をあけ、掃除をするということでの管理をお願いしておったわけですけれども、その中で公の施設としての利用が平成24年は74人、23年は99人と非常に少ない人数の利用なり見学でありました。その状態について、指定管理者制度を導入し、広くこの千田正氏の功績を顕彰するとともに、昭和初期の建物でございますので、それらについて広くお知らせなり展示なりをしていきたいということで、この制度を導入しようとするものです。建物の設置目的に沿った事業展開もお願いしようということで指定管理者制度を導入しようということであります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 今の質問に関連しますけれども、指定管理者制度にした場合、予算はどのぐらいこの指定管理料というのを見込んでいるのか、もしも現在の段階であればお伺いしたいと思います。

 それから、34ページに和室の使用料、第6条ですか、1時間530円というふうになっているのですけれども、この基準は生涯教育センターなんかにも和室はあるのですけれども、これと同じなのか、かなり広い和室なのか。1時間530円というのは、結構借用料としては私は高いように感じるのですけれども、広さとその基準はどこから出てきたのかお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 まず、指定管理料の現在の見込みということでございます。まず、平成24年までの管理形態は5月から10月の土曜、日曜の開館の実績がございます。それについて、この施行の26年度は同じ5月から10月ではございますが、金曜から日曜まで、1日ふやそうかということで考えております。よって、管理にかかわる人件費相当がふえまして、今現在、従前は54万5,000円ほどですけれども、68万3,000円を予算として考えております。この金額については、消耗品、光熱費、機械警備等のものも含んでの金額の積算であります。

 続いて、条文中の和室の関係なのですけれども、まず基準については他の公の施設、文化の関係で持っております施設との整合性を考え、その単価を考えております。なお、ここで利用を促進するということで、条文の2項に公益上その他特別な理由があるときは全部または一部を免除するということで、こちらに関しての考え、この料金とこの第2項に関する考え方は、地域の方々に利用していただきたいということで考えております。よって、そういった場合には、この使用料については免除対象ということで適用するということで考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) そうすると、この三ケ尻地区の住民の方々には無料で使用していただくということになると思いますが、それでいいのか。また、和室の広さ、どの程度の広さがあるのか、お願いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) ご質問にお答えいたします。

 第1点目、三ケ尻地区ということでご質問ですけれども、その三ケ尻地区にだけ限定というわけではございませんが、想定は三ケ尻地区の方々、または清水端の方々ということで考えております。しかし、町内のいろんな団体、例えば地区の自治会さんが利用するとなった場合にも、ここではこの条項に該当するということと今現在考えております。広さについて、2階の和室を考えております。ちょっと何間ということも、何度か行ってはいるのですけれども、広さについての資料は、今手元にございません。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 大変申しわけございません。今手元で探しました。生家の2階、34.78平方メートルでした。大変失礼いたしました。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 13番、梅田です。この記念館は、従来の設置目的からすると、郷土の偉人である千田正元知事のさまざまな功績を顕彰しようと、あるいは当時金ケ崎に住んでいた息吹を感じられる、それらに触れる記念館にしようということで設置されたというふうに理解をしております。その庭であるとか、あるいは洋風の洋室の部分であるとか、あるいは居住部分の今言った2階部分の建物であるとか、たしか手紙とかさまざまあったような気がしておりましたけれども、そういったものを広く町民のみならずさまざまな方々に公開をして、さまざまな功績に触れる機会を設けようということで設置されたと思うのですけれども、そうしますと、従来から見学に関しては使用料、利用料、入館料というのがなかったというふうに理解をしておりますが、この条例が施行されても、その部分には変わりないと。あくまでもその和室を使用するということのケースについての使用料というふうな理解でよろしいのかどうか。

 それと、先ほどの担当課長の答弁では、設置目的に合うような指定管理の方法をとってもらうというふうな答弁がありましたけれども、今私が前段で申し上げたさまざまなそういう郷土の偉人の功績に触れる機会を広く公開するという目的にかなうような指定管理が実現できるのかどうか、その辺の見通し、可能性についてお尋ねをしたいというふうに思います。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 13番、梅田議員のご質問にお答えします。

 まず1点目の使用料に関する入館するときの入館料の関係のご質問です。金ケ崎町にございます文化施設については、入館料の規定、取らないで入館していただくということで、伝建地区などにございます建物などもそのような入館の形態になっております。よって、お見込みのとおり、入館についても料金はいただかないということで考えております。

 続いて、設置目的に合った指定管理の導入が図られるか、できるかというようなことですけれども、三ケ尻において先日も千田正氏の業績等について研修する研修会、講習会というか、持たれました。その中で、やはり大変なことだったのだなと改めて地域の方々も考えたということを聞いております。そして、その機運の盛り上がりで、来年度、町民劇場で千田正さんのことをやろうかというふうな地域の盛り上がりも出ておるところです。よって、地域の方々で指定管理をしていただくことを今検討しているわけですけれども、そういったことができた場合には、そのような利用の形態、管理の形態がなされるものと期待しておるものです。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 従来、例えば伝建地区にある侍住宅、これは復元をいたしました。したがって、その施設の利用も、いろいろ建物からすれば非常に新しい、部材は歴史あるものですけれども、建て方自体は非常に新しいもので、いわゆるむしろ利用を促進すると、さまざまな会議や、あるいはさまざまなイベントに幅広く利用するという意味では伝建群に建てた復元をした建物というのはそういう利用の方法があるのだろうというふうに思うのです。

 ただ、私この千田正記念館については、そういう趣旨からすればちょっと違うのではないかなというふうに理解をしていたのです。いわゆる施設の有効利用という意味ではなくて、先ほど最初の質問で申し上げた郷土の偉人の千田正さんのさまざまな功績を広く世間に知らしめようという、そういういわゆる社会教育の目的がある施設だなと。したがって、いわゆる侍住宅の利用促進という、要はそういう時間軸で復元された建物ではなくて、今度の千田正さんは、いわゆるご生前のときの生きていた息吹を感じられる、むしろ手を加えないで、地震でさまざまな部分が壊れたということなので、これはもう当然やるべきことなのですけれども、むしろそのご生前のときの息吹を感じられるような、いわゆる時間軸が本当に身近な、いわゆる呼吸を感じられるようなそういう施設の設置目的ではないのかなというふうに理解をしていたものですから、改めてその広く利用するというふうな考え方がなじむのかどうか、そうではなくて、重ねての答弁にはなるかとは思いますけれども、いわゆる郷土の偉人を広く顕彰するという、そういう施設になるのかどうか、改めてその点だけ、しつこいようですけれども、確認をしておきたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) ご質問にお答えいたします。

 千田正氏については、ご質問にあったとおり、衆議院議員3期、岩手県知事4期もお務めになられましたし、あの建物に関しては、昭和の初めの時代、生家は昭和5年、知事公舎については昭和2年ということで、建物そのものについても大変な価値があるということ、そしてご本人、故千田正氏の功績についても大変なものがあったということは十分承知しております。その中で功績を知らしめるということの目的とともに、その建物等の重要性というか、そういったものも皆様に知っていただくというふうなことも考えていきたいと思っています。なお、地域の方々と協議をさせていただいた際に出てきたことなのですけれども、三ケ尻のあの道路が奥州街道ということで、大変にいろんな方が街道を散策していらっしゃるということも聞いております。その際に、千田正氏のこの記念館でお茶を飲めるようなスペースなども考えてみてはどうでしょうかということでの地域の方々との協議なども今現在進めております。功績を知らしめ、そして建物の有効性、そしてそこでの集える場というようなことで考えておるものであります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) ぜひともあの建物の中で千田正氏が生活をしていた、あるいはさまざまな公務をなさっていた、そういう息吹が感じられるような、息づかいが感じ取られるような、そういった生き生きとした施設にぜひしていただきたいと、そういう管理をぜひしていただきたいという希望を述べまして、質問を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 山路です。千田正記念館ですから、館、建物とは思うのですが、あそこは立派な庭園もございます。大震災からの復興と復旧ということで今やっているわけですけれども、この和室については530円ということですが、仮にこの庭園を、見学程度だったら、これはもちろん無料ということですけれども、雪のない期間とか、あるいは夏なんかは夕涼みとかしたいということで、この庭もグループで占有して、そういう会に使いたいといった場合は、これは無料でしょうか。半日ぐらい占有されても、庭であれば無料ということなのでしょうか、1点。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 8番、山路議員のご質問にお答えいたします。

 夕涼みとか、例えば夏場何かそこでちょっとした飲食の機会を持つとかということも、いろんなことは考えられますし、そういったことでも利用していただきたいなとは考えておりますし、また条例中に使用料の規定はございませんので、使用料を徴収することはできないというふうに考えております。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) ちょっと聞き漏らしたような気がしますけれども、指定管理者制度の導入ということですが、今までは清水端の3班の方々にお世話をいただいているということですが、今度はこの指定管理者ということになれば、またこの方々に引き続き今度は管理者になってもらうか、それとも公募をするのか、どちらなのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 指定管理者の相手方、団体の件についてのご質問です。今現在もちろん確定しているわけではございませんし、協議中ではございますが、自治会さんと協議をしております。その自治会というのは、自治会連合会を通じ、具体的には清水端さんかな、あそこは3自治会ですので、3自治会さんの会長さんが集まった中での話としては清水端さんかなというところまではいっていますし、清水端さんからは、その具体的な団体として老人クラブさんに協議してみましょうかということまでは進んでおります。なお、老人クラブさんとも私ども協議をさせていただいて、やる方向で検討したいということでのご回答はいただいておるところです。ただし、これについても役員さんの段階の話でございまして、役員というか、ごめんなさい、三役さんの中でのお話でありまして、役員会にかける必要があるやに、その打ち合わせの場で伺っておるところです。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 仮に自治会さんとか、あるいは老人クラブさんとかになったとした場合に、あそこは立派な庭園ですから、庭木の剪定とかそういうのもやらなければならないと。そうなったときに、この管理者の方々が、その剪定する職人さんを依頼するのか、あるいはそれとは別個にセンターの中で考えて、そちらのほうの管理をするのか、どちらを考えているのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 庭木の関係でのご質問です。先ほど指定管理としての予算の考え方、今考えている内容についてご説明申し上げました。庭木の剪定については、別途考えたいということで思っております。その理由については、非常に大きな、立派な、または大きな木ですので、地域の方々にお願いするわけにはいかないだろう、安全性ということも考えまして、そのようには考えておるところです。別途に考えたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 10番、?橋です。質問というよりもお願いでございます。指定管理者制度を導入するということですので、どうしても日本の家屋というものは、空気の入れかえをしないと、中が「される」という言葉が適当かどうかはわかりませんが、傷んでまいります。ぜひ今度の指定管理者の方には、1週間に1回ぐらいは窓をあけ放って空気の入れかえをしていただくようにお願いしたいと。そして、精気を与えるというのは、やはり人がその部屋、その部屋に入ることが精気を与えるということになりますので、ぜひそういったことを考慮しながら、常に人が窓のあけ閉めを週に1回、10日に1回はやるようなことをお願いすれば、なおなお長くもつのではないかなと。お願いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 10番、?橋議員のご質問にお答えいたします。

 改めて今気づきました。確かにそのとおりです。先ほど申し上げましたとおり、5月、10月の3日間あけようという考え方ですが、それだけでは、その5月、10月以外どうなのだというお話になるかと思います。今ご質問の内容の件に関しては、指定管理者の管理の仕方に1項目を加えることを検討させていただき、そのような管理を遂行できるようにしていきたいと、今考えます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第5号 千田正記念館設置条例の一部を改正する条例は、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第6号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第6、議案第6号 金ケ崎町児童遊園設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の38ページをお開き願います。日程第6、議案第6号 金ケ崎町児童遊園設置条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。

 本議案は、金ケ崎町消防団第4分団第1部屯所建てかえ移設に伴い、赤石児童遊園敷地を屯所用地とすることから、赤石児童遊園を廃止するため、関係条例を整備しようとするものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) ここに持ってくる屯所、今まではどこにあったのか。今まであった屯所は、これをつくればどうなるのか、お伺いしたいと思います。

 また、児童遊園を廃止するということですけれども、調べたらば、これは北部地区センターの敷地内というか、そして同じ住所ですよね、北部地区センターと。北部地区センターの活動に支障ないのか、あるいは周辺の自治会の了解を当然とっていると思いますけれども、その辺了解をとったのか、その辺質問したいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 生活環境課長。



◎参事兼生活環境課長(石川孝君) 1番、阿部議員の質問にお答えします。

 まず第1点の4の1の屯所は、今までどこにあったのかという質問でございます。これは、住所でいいますと蟹子沢、二日町の蟹子沢に位置してございました。それを今回移設すると。そして、その古い建物につきましては、取り壊しをする予定でございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) ご質問にお答えいたします。

 北部地区センターの活動に影響はないのかというご質問でございますが、あわせて自治会との協議はなされたのかというご質問でございますが、自治会連合会のほうに廃止ということでよろしいでしょうかということを確認してございます。同じように北部地区センターにも廃止することでよろしいでしょうかという確認をとりましたところ、自治会さんも北部地区センターさんからも、廃止でよろしいですという確認をいただいております。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 取り壊した後、更地になると思うのですけれども、その利用はどういうふうに考えているかお伺いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 生活環境課長。



◎参事兼生活環境課長(石川孝君) お答えします。

 取り壊しましたらば更地になるわけですが、そこの底地は共有地となってございまして、所有者のほうにお返しするという予定でございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 12番の千田です。この工事は、もう既に始まっているのでしょうか。始まっているのでは、申し上げても仕方ないことだと思いますけれども、消防屯所は緊急時の出動等にされるものでありますので、ちょっと全体の詳細なところは頭にないわけですが、北部地区センターのところに入る入り口というのは広域、広い道路に面していないのではないかというふうに考えているわけです。ですから、位置的に、北部の方々が相談して、そこに決められたのであればやむを得ないと思いますけれども、緊急出動のときに広い道路に面したところに敷地を求めるのがよかったのではないかというふうに考えているわけです。選定に当たっての考慮した点といいますか、そこが適地だと考えたその要因、そこをお伺いしたいと思うところです。今聞いても仕方ないのだけれども、今後こういう施設を設置する場合の参考にもなるのではないかと思いますので、あえてお伺いするところです。



○議長(伊藤雅章君) 生活環境課長。



◎参事兼生活環境課長(石川孝君) 12番議員の質問にお答えしたいと思います。

 現在4の1につきましては、工事を開始してございまして、来年の3月20日には完成の見込みという格好で進めてございます。

 あと現在地を決定したいきさつでございますが、建設課長も答えていますとおり、4の1は東町、二日町、穴持、金森行政区を管轄してございます。そして、現在二日町にあったわけでございますが、この4自治会長と会ったときに、消防団員も入ったわけですが、今の場所ではやはりちょっと不便だと、ましてや東町のほうに結構人口がふえている関係で、建築の際に現在地のほうに、これは今の建設場所、ここに移転したいと強く要望があったという経過の中で取り進めたという状況でございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) その地域の方々の強い要望によってということは理解するわけですけれども、ちなみに出動する場合に道路の幅員、町道幅員、東に出る場合と北に出る場合と南に出る場合の町道幅員は、いかほどな広さの道路でしょうか、そこをお伺いします。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 東側のほうに出る道路につきましては、県道北上水沢線でございますが、これにつきましては6メーターの幅員がございますので、十分消防車が通れるという幅員であると思います。

 それから、西側の道路から北のほう、南のほうに向かう道路につきましては、確かなところをちょっと今把握してございませんが、4メーターから5メーターぐらいの幅員であったと思っております。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 計画が実施されておる段階での論議としては遅いのでございますけれども、今後としましては、そういう緊急出動するようなところの屯所といいますか、そういうところは広域道路に面したといいますか、広い道路に面したところに設置されるように、なるべく入り込まないところに設置されるように選定をしていただくことを希望して質問を終わります。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第6号 金ケ崎町児童遊園設置条例の一部を改正する条例は、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第7号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第7、議案第7号 金ケ崎町学童保育所設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の39ページをお開き願います。日程第7、議案第7号 金ケ崎町学童保育所設置条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。

 本議案は、三ケ尻学童保育所の開設に伴い、関係条例を整備しようとするものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 何とぞ原案のとおりご決定賜りますようお願い申し上げ、説明といたします。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) この三ケ尻学童保育所が新築されることは、非常に歓迎するわけですけれども、指定管理になるわけです。それで、指定管理になりますと、学童保育所を実施している、今社協がやっているわけですけれども、運営費補助とは別に指定管理料というのを支払うことになると思うのですけれども、その予算というのは幾らぐらいを考えているのでしょうか。よろしくお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 1番、阿部議員の質問にお答えいたします。

 この三ケ尻学童保育所につきましては、指定管理をお願いするという形なわけですけれども、相手方につきましては、一応公募するというふうな形になろうかと思います。それで、施設の指定管理の料金につきましては、現在既に北部学童というところを指定管理お願いしているわけですが、その料金を参考としながら、施設の規模も違いますので、そこら辺を勘案しながら決めたいと思っておりますが、おおむね70万円から80万円くらいかなというふうなつもりで、今現段階では考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 公募するということでしたけれども、そうすると学童保育所を実施する主体と、保育所を指定管理する方が違うことになる可能性もあるということなのですか。



○議長(伊藤雅章君) 保健福祉センター事務長。



◎保健福祉センター事務長(千田美裕君) 指定管理するところと、あとは運営するところと同一のところが望ましいというふうに考えておりますけれども、管理と運営が違うということは、可能性としてはあろうかと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第7号 金ケ崎町学童保育所設置条例の一部を改正する条例は、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第8号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第8、議案第8号 財産の取得に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の40ページをお開き願います。日程第8、議案第8号 財産の取得に関し議決を求めることについてご説明を申し上げます。

 本議案は、鳥海柵跡の国史跡指定に伴い、鳥海柵跡の中で四面廂建物跡や堀跡等の重要な遺構が発掘されている当該地を保存管理するため、関係用地を所得するものであり、当該取得について、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 何とぞ原案のとおりご決定賜りますようお願い申し上げ、説明を終わらせていただきます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 7番、?橋奬君。



◆7番(?橋奬君) 7番、?橋奬です。保存管理のためとありますけれども、国と町の役割分担についてお伺いいたします。今後の役割分担です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 7番、?橋議員のご質問にお答えいたします。

 まず、国と市町村の保存管理にかかわる役割ということですけれども、まず金ケ崎町はこの財産取得の後、次年度にかけ保存管理の計画をつくります。それに基づいて、今後の保存管理について実施していくということになります。その中で、それら保存管理にかかわります施策の実施に当たっては、国の補助が半分、5割入るということで、国の役割を担ってもらいます。そして、今後は、その保存管理計画について計画を立てる際についても、国と協議し、国からアドバイスをいただき、それらの計画をつくっていくということでの役割分担と認識しております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 7番、?橋奬君。



◆7番(?橋奬君) その保存管理計画の策定は、いつまでつくるということになりますか。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 財産取得の後、1事業年度をめどに、その計画を立てたいと考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 1番、阿部です。質問します。

 このウエストが所有していた土地は、町で購入するということですけれども、鳥海柵は図面で見ると、このウエストの所有地以外にかなり広いところがあるのですけれども、ここは個人が所有されていると思うのですけれども、この件についての考え方はどういうふうに、余り開発しないようにとか、そういう指導とか要請とか、何かしているのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長、答弁。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 今回土地購入が4万1,787.何がしという面積でございますけれども、先日の国指定は11万7,198の面積が指定になっております。国の史跡指定ということで、今現在、例えば田んぼのところについても国の史跡指定がなされております。規制という意味においては、現状を変更するということに関しては規制がかかりますけれども、現状のまま、農地であるならば農地ということで使用をしていただくことに関しては何の問題もございません。ということで、隣地所有者七十数名ございますけれども、その方々のご同意もいただいて、今回の国史跡指定の手続等もとらせていただきまして、そちらのご理解をいただいております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 12番です。この取得金額の鑑定は、不動産鑑定士が鑑定されたようですが、有限会社小泉不動産鑑定事務所というのはどこにある会社なのでしょうかというのが1つ。

 それから、この取得しようとする土地は、以前は民有地であったと思いますけれども、それを一旦中学校用地として取得をして、それを現在所有しているウエストに売却して、さらにそれを町が今回取得しようと、こういうことですが、時代も変わっておりますので、金額はかなり差があるのではないかと思いますけれども、中学校用地からウエストへの販売譲渡価格と、今回取得する価格ではどれくらいの金額差があるものか。金額差といいますか、単価でもいいですし、総額でもよろしゅうございますが、何倍ぐらいになっているのか、そのところをお伺いしたいと思いますし、これから取得しようとする、今後4.17ヘクタールのほかに必要があって取得しようとする場合は、恐らく宅地ですから、必ずしも一致はしないと思いますけれども、近傍類似価格として宅地の場合は今回の取得価格が一応参考価格となると思いますけれども、今後町が取得する予定はあるのかどうか、考えられるのかどうか、その点3点をお伺いします。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 12番、千田議員のご質問にお答えいたします。

 小泉不動産鑑定事務所の所在ですけれども、盛岡市にございます。住所は、頭の中に入っておりません。バスセンターの近くにございます。

 2点目、土地の価格の関係です。まず、町が学校用地として取得した際、これは昭和31年です。1平方メートル当たり833円と記録がございます。そして、続いて昭和42年に東北ナイロンさんに金ケ崎町が土地を処分しておるわけですけれども、そのときは1平方メートル当たり565円ということでの記録がございます。

 そして、3点目ですけれども、今後この関係での取得の予定ということでございます。それで、参考価格ということでの関連質問もございますが、不動産の売買の場合、今回についてこの不動産鑑定士に価格の評価を求めましたけれども、この面積での通常の取引というのはそんなにないということで、この価格がそのまま参考になっていくのかどうなのかというものに関しては、ならないだろうという話はいただいております。

 続いて、今後この鳥海柵の関係での土地の取得予定ですけれども、今現在は予定はございません。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 大体理解をしたところでございますけれども、この不動産鑑定士の評価によって価格交渉等はすんなりいったものかどうか、そこのところが1つありますし、国のこのような史跡の土地でございますので、願うところ、取得する側とすれば、せっかくのこういうことでございますから、民間の会社ではありますけれども、そういうのであれば、金ケ崎町さんのほうに幾らかなれどもお世話になった経過もあるので、若干の配慮をするかというような、端的に言えば寄附をするかと、このような温かいといいますか、温情のある交渉過程のあれはなかったのかどうか。願うところであれば、本当はそういうことで寄附をしてもらってもいいような感じもしますが、何せ金額も金額ですから、この世知辛い世の中でございますので、そういうことにもならなかったと思いますけれども、そういうこともこっちのほうから持ちかけるか、あっちからでもそういう話があったのか。機微の交渉のことについては、これは言えない面もあると思いますから、現存だけでもよろしいですので、そういうことにはならなかったのかどうか、お伺いをしておきたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 価格に関するご質問にお答えいたします。

 まず、予算では2億6,300万円ちょっと、平米当たりでは6,300円ということで予定し、議案に提出しておるのは6,150円ということです。6,150円なりの根拠については、鑑定士さんではあるということで、価格に関する交渉の内容は、具体的なことは控えさせていただきたいと思います。

 なお、ここにあった企業、東北ナイロンさんは、誘致企業ということで金ケ崎町が誘致した、そしてその中で事業を運営していく中では、学校も備え、その金ケ崎町なり岩手県なりに対する貢献というのですか、そういったものも相当あったと聞いておりますし、その事実を私も覚えております。そういった中での企業そのものの貢献というものも考慮はすべきではないかと、これは私が思っていることではございますが、そういうことで回答になりませんが。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 担当課長から、かなり高度な回答をいただいたところでございますが、過去においては、そういう当町においての恩恵もあったと、誘致企業であるから、どうぞ土地を利用してくださいといって、土地を買ってもらったということも、これは事実だと思います。ですが、こういう事態に至れば、やっぱり企業側としても、せっかく歴史ある土地を利用させてもらったのだからという温かいお言葉もあったのかなと思って、この機会にお伺いしたところでございます、特に他意はありませんが。今後土地交渉に当たりましては、いろいろと歴史なり、それらを勘案して交渉し、なるべく当町の利益になるようにお考えいただければいいのではないかということで一言申し上げておきたいと思います。

 あとは、回答はいいです。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 13番、梅田です。用地取得の最終案が出てまいりましたので、お尋ねをいたしますが、以前に説明があったかもしれませんが、いわゆる土地、ここには工場が建っていたわけで、工場が撤退した後の土地というものにはさまざまな心配事があろうかと思います。例えばミネベアの跡地であるとか、さまざまなことがあります。この用地にはそのような、いわゆる残留重金属だとかさまざまな薬品土壌汚染の実態はなかったのかどうか、調査をしたのかどうか、その点をお尋ねしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 13番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 土地を購入する際の、その土地の土壌汚染等に関する質問です。調査をしたのかということです。まず、いろいろ調査をしております。例えば工場の閉鎖に伴って消防等への届け出義務がありますボイラー、そして地下タンクの撤去の届け出の状況等、そして土地を購入する際に土壌汚染そのものの調査の資料等も確認はしております。ということとともに、今回購入しようとするこの土地については、基本的には何かを開発するというものではなくて、現状保存が原則であります。よって、例えばここで食品加工の何かをつくるとかというようなことではございませんので、まず先ほど申し上げました買うに当たっての調査なり確認をしたということで今回議決を求めようとしておるものです。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第8号 財産の取得に関し議決を求めることについては、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) ご異議なしと認め、午後2時50分まで休憩を宣します。

            休憩(午後 2時33分)

                                        

            再開(午後 2時50分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



△議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第9、議案第9号 財産の取得に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の43ページをお開き願います。日程第9、議案第9号 財産の取得に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。

 本議案は、町道荒巻東町線整備事業に係る用地を取得するため、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 何とぞ原案どおりご決定賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 4番、佐藤千幸君。



◆4番(佐藤千幸君) この路線の早期の完成を切に望むものであります。

 関連してお伺いしますが、この路線が路線の以前にあった計画道路、島田堤までの道路、これは今後町の土地利用計画上どのような位置づけになるのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) 4番、佐藤千幸議員のご質問にお答えいたします。

 荒巻から島田堤までの平成4年、5年ころから整備された鎌田線の位置づけでございますけれども、これにつきましては当初はそのまま北上市の市道につながりまして、整備する予定でございましたけれども、諸般の事情によりまして、島田堤でとまってございますが、その先の計画につきましては、現在は未定ということになってございますが、土地利用計画という形で、今後の計画につきましては、今のところ予定はございません。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 先ほどの鳥海柵の単価、平米当たり6,150円とありましたし、それで先ほどはほとんどが宅地ですね。今度の場合は、田と宅地もあります、雑種地、山林とありますが、ここの単価は、はっきり計算してはいませんけれども、五千七、八百円ぐらいかなと。そうなった場合に、先ほどの宅地だけと比較した場合三百五、六十円しか違わないと。これは、少々高くついているのかなとは、そういう気はするのですが、これはこの道路が拡幅になって利便性、これらも増すという想定のもとでの金額なのでしょうか。どちらなのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) 8番、山路正悟議員の質問にお答えいたします。

 単価でございますけれども、これにつきましては具体的な個別の単価は個人的に実績も出ておりますので、控えさせていただきたいと思いますけれども、考え方は先ほど議案になりました鳥海柵の単価の考え方と同じように、不動産鑑定士に鑑定をいただいた金額で交渉した結果で決定した価格ということになります。差額が三百幾らということのお話ですけれども、単純にはそのような形ではなく、それぞれ宅地の単価と田んぼ、あるいは山林の単価につきましては、評価の価格に基づいた金額での交渉をした結果ということでございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) もちろんこの個別については、私は聞こうとは思いませんけれども、今お聞きしたのは、ここの道路が完成した暁には利便性がかなりよくなると。そういうことでの鑑定士の評価だったのでしょうか、それとも現状での評価だったのでしょうか、そこをお聞きをしているわけです。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 失礼いたしました。単価の考え方については、あくまでも現状での評価ということになります。将来的に道路ができてからどうなるかという単価については、できてからではないと評価できないということで、現在の価格の評価ということになってございます。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 10番、?橋です。土地を取得した後のことをお聞きしますが、この道路の一番の難所と申しますか、工事どうなのかなと感じるのは、第一小学校に向かうところの高速道路の隣の水路でございますが、恐らくこれはサイホンにするのであろうというふうに考えておりますけれども、私は思うわけですけれども、たびたびここは水害になる場所でございまして、もしサイホンということであるならば、断面はどんなふうな大きさのものを考えているのか。今はまだそこまではいっていないということであれば、後でまたお聞きすることにはなると思いますが、わかる範囲内でお答えをいただきたい。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) 10番、?橋文雄議員のご質問にお答えいたします。

 荒巻東町線の中間部分にございます第一小学校への高速をくぐるところでございますが、こちらのある水路につきましては、岩手中部土地改良区さんと協議の結果、現在の現道のところもボックスカルバートで自然流下で流れておるのですが、そのような形で工事ができるような設計になってございますので、水害等の心配はないかと考えております。

 以上で終わります。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 現状のままに道路を設置するということでよろしいのでしょうか。としますと、第一小学校のところに行く道路との落差といいますか、結構勾配がきつくて、ちょっと設計上無理があるような気がしますけれども、設計はこれからだということだと思いますが、考え方としては今の高さ、位置、そういうものは一切変えないというふうに解釈してよろしいでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 先ほど現状と変わりませんというお話をしたところですが、水路の高さは現状と変わりません。ただし、道路の高さは現在ボックスカルバートの上から舗装まで四、五十センチございますので、その部分を計画としては削りまして、なるべく交差点のところからの勾配を低くなるように考えてございます。具体的な数字は、およそ2.5%ということで考えております。10メーター行って25センチ上がるというような勾配になりますので、かなり緩い勾配になろうかと思います。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 設計の問題、技術の問題については、余り私もよくわかりませんが、ただ正直申し上げて、ここは車も多いですし、事故の危険性があります。信号機がどのようにつくのかわかりませんけれども、いずれにしてもこの交差するところに大きな傾斜地が、傾斜の道路がもしできたとするならば、やはり冬期間なんかは大変なことも起こり得る可能性があるので、また私自身設計ができた段階で、どんなふうなものかなということでお聞きすることもあるかもしれませんが、できるだけ私聞かなくてもいいような図面が出てくることを期待しております。

 終わります。



○議長(伊藤雅章君) 14番、千葉正男君。



◆14番(千葉正男君) 14番、千葉でございます。27名の方からご理解をいただくというのは、大変時間もかかってご苦労だったなと、そんな思いがしておりますが、その判こもらいも、当初の予定より若干おくれたのではないかなと、この時期になったのではないかなと思うところであります。

 それで、今後の計画では、以前聞いたときは25年度に起点、工業団地道路のほうから300メーターほどと、それから下平沢と東町の間約180メーターほどを工事すると、それ以降については26年度に工事して完成までという計画をお伺いしていたわけですけれども、今回財産の取得ということで、きょう議決となるかは、また別といたしまして、なったとして、仮定でですけれども、今後の計画は、今話した、当初説明いただいた計画と変更なく進めるものか、あるいは若干了解をいただくのがおくれた分、今後の計画にどう変わっていくのか、影響があるのかお伺いいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) 14番、千葉正男議員のご質問にお答えいたします。

 今年度の工事でございますが、この議案を可決いただきましたならば、早速入札の段取りに入っていきたいと考えております。従前にお話ししたとおり、今年度は4車線のところから約300メーターと、東町団地から基盤整備で用地あけをしている180メーターという、この2工区、4車線側には大きなかん排がございますので、実質的には3工区になるのかなというふうには思いますが、こちらの計画をしてございます。当初の予定よりもかなりおくれたところではありますが、今のところの計画としては26年度末完成というところで予定してございますので、何とか26年度末の完成に向けまして努力していきたいと考えてございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 12番、千田です。この種の事業は、土地買収が7割とも8割とも、こう言われているところでございますので、同僚議員がお話しのとおり、この土地買収交渉がおおむね終わったということは、本当にご苦労さんだというふうに、私からもそう申し上げておきたいと思うところでございます。ついては、現在計画途中とは言いませんけれども、免許センターから島田堤のところまでの路線と今回の土地買収対象者の中で、二重に、両方に買収になった方は何名くらいおられるのか、そこをひとつお伺いしておきたい、こう思います。

 それから、私の気持ちとしてはといいますか、町民としては、島田堤まで行っている線が延長されて、あの工事が計画どおり完了されておれば、今のこの東町荒巻線というものは、新たになくてもよかったのではないかというような気持ちもするわけでありますが、その地域にとっては道路が立派になるということは、それなりに生活利便その他もろもろの面でよくなるということなので、それはそれなりにいいと思いますけれども、そういうことで、両方に土地を提供されるという方は、まずもって何名ぐらいおられるか、そこをまずお伺いしておきたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) 12番、千田議員のご質問にお答えいたします。

 鎌田線と今回の荒巻東町線の地権者で同一の方は何名いらっしゃいますかというご質問ですが、ちょっと詳しいところを把握してございません。私の記憶では3名だったと思いますが、お時間をいただきたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) いずれ全くないというわけではないと、こういうことですよね。わかりました。両方にかかった方にとっては、鎌田線が完了しておれば、今回の買収対象にはならなかったのではないかという思いのある方もいるわけであります。そういう面からお伺いしたところでございます。私の認識の違いであれば、これはまた訂正をして説明をいただければいいわけですけれども、その鎌田線が開通しておれば、今回の路線の工事と、この事業というものはなかったのではないかと私は思っているわけでございますけれども、今さら繰り言を言ってもなんでございますけれども、この間隔、鎌田線と荒巻東町線とのこの距離、横の距離というのは300メーターぐらいしかないのではないかというふうに思いますが、300メーターぐらいのところで、両方の道路改良をするということは、かなり地方財政にとっても本当は大変だということは私もわかるわけでございますので、しかし地域にとっては改良されるからいいというところもあると思います。しかしながら、1地域に道路改良が集中するということは、町全体からしても、改良を待ち望んでいる地区もあるわけですから、なるべく町内全般を見渡して、道路改良を計画されるということがいいのではないかと、こう考えているところでございます。しかしながら、今回は工業団地の関係もあり、この道路は高率補助による道路改良でもあるということから、それなりの意義はあるだろうと、こう思っているわけでございますが、そういう面で、公益的なところからすれば、私としてはこれはこれとしても、他の改良も促進する必要があるのではないかと。これをやるからほかはできないと、こういう説明ではなかなか納得しがたいものがあるわけでございますので、その辺について、今後の道路改良のあり方ということについてのお考えを、できれば町長、ひとつお話をいただければ。先ほどは、担当のほうに回しましたので、どうぞよろしくお願いしたいと、こう思うところでございます。



○議長(伊藤雅章君) 町長。



◎町長(?橋由一君) 大変今の課題は、町の土地利用計画、あるいは産業、あるいは住宅政策、いろんなものに絡むわけでございます。そういう中で議員がお話しのとおり、何を優先にと、あるいはかつての計画路線がどうなのかということについては、非常に私も気にしておるところでございます。ただ、重点的に、あるいは優先的にといったときの判断が、たまたま今回こういう事態になって、近くに300メーターぐらいのところにもう一本通ると、こういうことですから、非常に他地域から見れば何でと、こういう部分もあるかもしれません。ただ、いろいろこの件については、前の町長時代からの課題として残っておったものであります。そういう意味合いでは、計画的な路線から見れば、少し変わった形での道路改良あるいは拡幅と、こうなったところであります。

 それで、お尋ねの、以外のところもということについては、今の第九次総合発展計画の見直し、あるいは道路の計画の26年度版と、こういうところで検討して進めると、こうなると思います。いろいろ時間的な制約、財政的な課題もあるというようなことを含めて、改めての課題提起と、こういうことにご理解いただければと思います。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) それで、一番心配した財政的課題と、こういうことになるわけですが、そういうこともあるのでということですね。やっぱり当初計画したものは、なるべく相当のエネルギーを費やしても貫徹するような、そういう行政のやり方といいますか、そういうのが必要であったなというふうに反省を私もしているところでございますので、ひとつよろしく、そういう面はやっていただければいいというふうに思います。

 さて、今回申請される道路については、交通量、物流の、それから生活道路としてもかなりの交通量が予定されるということです。そして、東町団地という住宅団地もありますので、1つは騒音、振動の問題、それは今の工事では大丈夫だというお話を前から聞いているわけですけれども、そういう配慮、それから主要道路が東西に通っていると、通学道路もあり、しかも工業団地の4車線に直結して、あそこで団地に向かうと、こういう道路でもあり、非常に安全性という面では心配されるところでございます。これの安全対策と、今までいろいろな場面において議論されてきたのでございますので、それらへの取り組み、再度その安全性、住宅団地での騒音等についての取り組みについて、どういう対策をとっていくかについてお答えをいただきたいと、質問をしたいと、こう思うところでございます。よろしくお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 騒音、振動等の問題についてのご質問でございます。騒音につきましては、やはり交通量がふえるに従いまして増加するということは当然のことながら考えられることであると思います。そういう中で、団地内等につきましては騒音の出ないような舗装の仕方、そのような合材を使っての舗装とか、振動につきましては、当然のことながら道路の平たん性を確保しながら施工をしていただくということで、振動が起きないように、あるいは振動が起きそうな場所については綿密な施工をしていただくというような形で対策を考えていきたいと考えてございます。

 安全性の問題でございます。これにつきましては、主な交差点につきましては、南花沢前野線の4車線のところと第一小学校への通学路となっております中間部分の交差点、それから県道のところの交差点、久田笹長根線の交差点につきましては、県の公安委員会のほうに新設道路の信号機の設置ということで3カ所の要望をしてございます。公安のほうからは、一定の必要だというふうな認識をいただいているところもございますが、完成の暁までに何とかこの3カ所の信号機ができますように努力していきたいと、要望等について努力していきたいなというふうに思ってございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第9号 財産の取得に関し議決を求めることについては、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第10、議案第10号 あっせんの申立てに関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の49ページをお開き願います。日程第10、議案第10号 あっせんの申立てに関し議決を求めることについてご説明を申し上げます。

 本議案は、東京電力株式会社原子力発電所事故による損害賠償請求に係るあっせんの申し立てをすることに関し、地方自治法第96条第1項第12号の規定により議会の議決を求めるものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 何とぞ原案どおりご決定いただきますようお願い申し上げ、説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 1番、阿部です。質問いたします。

 この案件が議決された場合、いつあっせんの申し立てをするのか。岩手県で全体で何かまとめてあっせん申請するようなお話があったのですけれども、具体的な日にち。

 そして、あともう一つは、このあっせんを今まで自治体でした例があるのか、ほかの県で、福島や宮城を含めて自治体としてこの紛争解決センターにあっせんを申し入れた事例があって、解決した事例があるのかどうかお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 1点目です。いつ申し立てをするのかということですが、1月中旬を予定しております。具体的な日にちは、まだ決まっておりませんが、現在県及び他市町村の議会におきまして審議済み、審議中、審議予定ということで進んでおりますので、1月中旬に向けて各自治体がその準備をするということでございます。

 それから、2点目のこれまでの事例ということで、自治体が申し立てた例があるかということですが、具体的な市町村名をちょっと把握しかねておりますが、市町村単位で申し立てを行った例があるというふうに聞いておりますが、今回のように県、市町村が一緒になって大規模に申し立てを行う例については初めてだというふうに伺っております。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 自治体ごとに単独で申し立てた例があるということですけれども、その結果はわからないでしょうか。わかっていたらばお願いします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) お答えします。

 申し立ての例ですが、他県の自治体ということで伺っておりますが、申しわけありませんが、結果については把握していない状況です。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 13番の梅田です。今回の損害賠償は、地方自治体が受けたいわゆる放射能汚染に関する損害ということで、その賠償を求めるわけですけれども、町内を見渡しますと地方自治体、いわゆる役場だけではなくて、例えば農林水産物等の販売自粛だとか、特にキノコとかそういう部分、あるいは野菜関係にも一部あったのかなというふうに記憶しておりますけれども、そういった被害もあるわけで、実際そこは、取りまとめる窓口は、セクターで言えばJAさんかなというふうには思っておりますけれども、こういった損害賠償の請求あるいはあっせんの申し立てという場合は、そういう共同歩調をとっていくのが非常に有効なのかなというふうにも考えているわけですけれども、そちらの、いわゆるそういう役場のセクターとは違う部分の損害賠償との連携といいますか、共同歩調の状況といいますか、それはどういうふうになっておりますでしょうか。もしそういう状況があるのであれば、ご答弁願えればと思います。



○議長(伊藤雅章君) 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 13番、梅田議員のご質問にお答えします。

 行政外の民間等との連携した取り組みということですが、ことしの2月だったと記憶しておりますけれども、町と、あとは農畜産業を営まれる方々、一緒に集まって東京電力の考えについて説明を求めたという例は何回かございますが、申し立てに関しては、県及び市町村との連携ということで、民間との共同歩調による申し立てということは行っておりません。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第10号 あっせんの申立てに関し議決を求めることについては、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第11、議案第11号 岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 議案の51ページをお開き願います。日程第11、議案第11号 岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてご説明を申し上げます。

 本議案は、岩手県市町村総合事務組合規約を変更することの協議に関し、地方自治法第286条第1項及び第290条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 何とぞ原案のとおりご決定賜りますようお願い申し上げ、説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 副町長。

           〔副町長 小野寺正徳君登壇〕



◎副町長(小野寺正徳君) 済みません、たびたび申しわけございません。

 施行日でございますが、53ページにございますとおり、附則につきましては、この規約は平成26年1月1日から施行するものでございます。

 以上でございます。申しわけございません。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第11号 岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについては、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△散会の宣告



○議長(伊藤雅章君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれで散会いたします。

 大変ご苦労さまでした。

                                (午後 3時30分)