議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成25年  6月 定例会(第4回) 06月05日−議案説明・質疑・討論・採決−02号




平成25年  6月 定例会(第4回) − 06月05日−議案説明・質疑・討論・採決−02号







平成25年  6月 定例会(第4回)





            平成25年第4回金ケ崎町議会
                定例会会議録
議 事 日 程 (第2号)

                    平成25年6月5日(水)午前10時00分開議

       開  議
日程第 1  報告第 1号 平成24年度金ケ崎町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告につ
              いて
日程第 2  議案第 1号 金ケ崎町情報公開審査会委員の選任に関し同意を求めることに
              ついて
日程第 3  議案第 2号 森山総合公園陸上競技場改修工事の請負契約の締結に関し議決
              を求めることについて
日程第 4  議案第 3号 財産の取得に関し議決を求めることについて
日程第 5  議案第 4号 財産の取得に関し議決を求めることについて
       延  会

〇出席議員(16名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    6番  ?  橋  勇  喜  君
   7番  ?  橋     奬  君    8番  山  路  正  悟  君
   9番  及  川  み ど り  君   10番  ?  橋  文  雄  君
  11番  ?  橋  照  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  梅  田  敏  雄  君   14番  千  葉  正  男  君
  15番  千  葉  和  美  君   16番  伊  藤  雅  章  君
 
〇欠席議員(なし)
 
〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     千  葉  政  幸  君
       教    育    長     新  田     章  君
       監  査  委  員     ?  橋  順  一  君
       参 事 兼総合政策課長     中  里  武  司  君
       参 事 兼生活環境課長     石  川     孝  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長                  

       財  政  課  長     高  橋     修  君
       会計管理者兼税務課長     後  藤  清  恒  君
       住  民  課  長     及  川  敏  雄  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長                  

       商 工 観 光 課 長     後  藤  紳  一  君
       建  設  課  長     千  葉  達  也  君
       水 処 理センター所長     及  川     一  君

       教 育 次 長(兼)     千  葉  和  仁  君
       学校給食センター所長                  
       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長                  

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     ?  橋  義  昭
       局  長  補  佐     青  沼  和  也
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は16人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                (午前10時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元にご配付のとおりでございます。

                                        



△報告第1号の上程、説明、質疑



○議長(伊藤雅章君) 日程第1、報告第1号 平成24年度金ケ崎町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 財政課長。

           〔財政課長 高橋 修君登壇〕



◎財政課長(高橋修君) 日程第1、報告第1号 平成24年度金ケ崎町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてご説明申し上げます。議案書は、2ページをお開き願います。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上で説明を終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 13番、梅田です。繰越計算書の中身については理解をしたところでありますが、参考までにお尋ねします。いわゆる国の平成24年度の15カ月予算、25年度と一体となった予算ということで、3月前に国のほうの補正予算が通ったのかなというふうに思います。それに基づいて私たち市町村に具体的な事業がおりてきたということで今回の繰越計算書になったというふうに大まかに理解をしておりますけれども、この11事業の中でいまだ未着手になっている事業というのはございますでしょうか。いわゆる切れ目のない経済対策ということで、4月から事業をどんどん進めて、我が国の経済の発展に寄与しようという予算だったというふうに思いますので、速やかに事業をなされるべきだというふうに思っておりましたが、この中でまだ未着手の事業というのはどのぐらいございますでしょうか。その点お尋ねをいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 総合政策課長。



◎参事兼総合政策課長(中里武司君) 13番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 所管課ごとに個別の事業について状況を申し上げたいと思います。

 まず一番上になります。2款1項過疎集落等自立再生緊急対策事業であります。この事業につきましては、生ごみ等の有効活用普及活動事業ということで国のほうに補助申請を行っておったところでありました。その後の状況を申しますと、残念ながら不採択という結果になりましたので、繰り越しという形にはなりますが、不採択ということで補助が受けられないということになりますので、事業が中止となるということになっております。



○議長(伊藤雅章君) 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) お答えをいたします。

 それでは私のほう、農林課分でいいますと、2番目の6款の利用自粛の牧草につきましては、これは県からの事業ですので、補正予算とは関係ありません。その下の経営体育成支援事業です、1,200万円。これも当初補正で手挙げをさせられたわけですが、国の査定の中でつかないということで、不用額ということで出す予定でございます。

 あとは、一番下の災害復旧については、災害復旧工事に着手して完了してございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 建設課分は2件ございます。道路橋梁費の町道舗装補修事業でございますけれども、こちらにつきましては、業務委託と工事の発注ということで2件に分かれてございますが、業務委託のほうは発注済みでございます。工事のほうは、路面の状況の調査という業務委託の内容になってございまして、こちらの調査結果が出てまいりましたならば、早急に舗装工事の発注を行うという予定で、舗装工事のほうはまだ未発注でございます。

 それから、住宅地でございますけれども、こちらの公営住宅長寿命化計画策定につきましては、発注済みでございます。



○議長(伊藤雅章君) 生活環境課長。



◎参事兼生活環境課長(石川孝君) お答えいたします。

 消防費の関係でいいますと、小型動力ポンプ付積載車、これにつきましては未着手と言ったらいいのですか、6月入札にかけるという段階に入ってございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 次に、教育次長。



◎教育次長(千葉和仁君) お答えいたします。

 小学校費の再生可能エネルギー設備導入等推進事業でございますが、これについては金ケ崎小学校の分でございます。これにつきましては、入札により業者も決定しておりますし、設計もできている状況でございます。現在工程表を作成中でございまして、工事につきましては学校の状況を鑑みまして、夏休み中に実施するということになっております。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 10款教育費の文化財調査事業にかかわります状況についてお答えいたします。

 この中身については、鳥海柵の埋蔵文化財の調査をした成果について印刷物を作成するという事業でありまして、今現在発注しておりまして、納品待ちの状態です。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) 1点だけ質問いたします。

 このうち地方債とか一般財源の中で地域の元気臨時交付金の交付対象になったものはあるのでしょうか。あるかどうか質問いたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 財政課長。



◎財政課長(高橋修君) 1番、阿部議員の質問にお答えいたします。

 地域の元気臨時交付金の対象事業につきましては、消防費の関係の消防屯所維持事業、それから次の小型動力ポンプ付積載車整備事業が対象となっているところでございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 以上で報告第1号 平成24年度金ケ崎町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを終了します。

                                        



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、議案第1号 金ケ崎町情報公開審査会委員の選任に関し同意を求めることについてを議題とします。

 説明を求めます。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 日程第2、議案第1号 金ケ崎町情報公開審査会委員の選任に関し同意を求めることについてでございます。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 以上、5人の方々についての経歴等含めました履歴について申し上げさせていただきます。

 まず最初に、岩崎裕彌氏でございます。最終学歴は、昭和47年3月、東京大学文学部を卒業されております。職歴でございます。平成6年4月弁護士登録、岩手弁護士会所属でございます。経歴は、平成15年5月、金ケ崎町の情報公開審査会委員をお願いいたし、会長職に今日までお務めをいただいております。平成22年7月からは、金ケ崎町個人情報保護審査会委員をお務めされ、今日は会長としてお務めをいただいております。

 次に、高橋文子氏について申し上げます。最終学歴は、昭和42年3月、岩手県立水沢高等学校をご卒業されております。職歴は、昭和45年9月に有限会社日本用地測量会社に入社をいたしております。46年には退社をされました。同じ昭和46年5月からは、織田孝壱土地家屋調査士事務所に入所されまして、昭和50年には退所されております。昭和52年7月から司法書士の開業をいたしております。経歴について申し上げます。平成9年、岩手県司法書士会の理事をお務めされ、平成11年までお務めをされておりました。また、平成13年5月には、岩手県司法書士会の水沢支部長をお務めされ、平成19年5月までその任に当たられておられました。平成15年5月からは、金ケ崎町情報公開審査会委員をお務めいただき、平成22年7月からは金ケ崎町個人情報保護審査会委員をお務めいただき、両審査会とも今日までお務めをいただいておるところでございます。表彰歴について申し上げさせていただきます。平成19年6月に仙台法務局長表彰を受けております。平成25年5月には、日本司法書士連合会会長賞を受賞いたしております。

 次に、小野寺純治氏について申し上げます。最終学歴は、昭和51年3月、東北大学理学部化学科をご卒業されております。昭和53年6月、岩手県職員に採用、職員として勤務をされておられます。特にも平成13年4月には、地域振興部で情報システム課課長補佐をお務めされました。平成15年4月からは、文部科学教官として岩手大学地域協働研究センター助教授として就任をされております。その後岩手大学でお仕事をされ、今日までお務めをされておる。特にも今日は、地域連携推進センターの副センター長を兼務されておりますし、全学施設系長兼任をいただいておる、要職をお務めされている方でございます。経歴について申し上げますと、特にも金ケ崎町の情報公開審査会委員、平成19年7月からお務めをいただいておりますし、平成22年7月からは、金ケ崎町個人情報保護審査会委員もお務めをいただいております。また、平成23年2月からは、文部科学省技術審査委員会委員もお務めをされており、今平成23年3月からは盛岡市の新事業創出支援センター運営委員もお務めをされている方でございます。

 次に、?橋嘉彦氏について申し上げます。最終学歴は、昭和41年3月、岩手県立水沢農業高等学校をご卒業されております。昭和41年4月から農林省職員として岩手統計調査事務所にお勤めをされました。その後東北農政局でのお勤めをされておりまして、特にも平成16年4月には、東北農政局八戸統計・情報センター長をお務めされ、平成17年4月には東北農政局盛岡統計・情報センター生産流通消費統計課長をお務めされまして、平成20年3月に農林水産省を定年退職されております。経歴について申し上げますが、平成11年4月、社会福祉法人フレンドシップいわての理事、さらには平成13年10月からは、社会福祉法人やまどり福祉会の理事をお務めされております。平成21年4月、上の町の自治会長さんを25年3月まで、さらに平成22年4月からは上の町行政区長としてこの25年3月までお務めをされております。

 続きまして、菅原祐子氏について申し上げます。最終学歴は、平成4年3月、岩手大学教育学部をご卒業されております。平成4年4月から岩手県教職員採用、仙北小学校、あるいは岩谷堂小学校の教諭等をお務めされまして、平成23年3月に岩手県教職員を退職されました。その後平成23年5月からは、永岡書道教室の指導者、あるいは平成24年1月からは、ヘアサロンASaという、これは永沢にございますが、その理容美容のお仕事の助手をされておると、こういう方でございます。経歴について申し上げますと、平成25年4月から金ケ崎町芸術文化協会の事務局をなさっておる方でございます。

 以上、5名の履歴と経歴を含めまして、申し上げさせていただきました。それぞれの方々、今までお務めされている方もございますし、新しくお二人お願いすると、こういう方もございますが、どの方々もこの事業、職務につきましては適任者であり、高い識見を有しておりますし、人望の高い方々でございます。適任者であると、こういうことで同意を求めるものでございます。よろしくお願いをいたします。以上で終わります。



○議長(伊藤雅章君) お諮りいたします。

 暫時休憩したいと思います。暫時休憩することにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めまして、暫時休憩を宣します。

            休憩(午前10時25分)

                                        

            再開(午前10時34分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 お諮りいたします。本件は人事でありますから、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、質疑、討論を省略し、採決することに決定いたしました。

 採決を行います。この採決は、1人ずつ会議規則第77条第1項の規定により、無記名投票によって行います。

 ここで議場の開閉並びに立会人についてお諮りいたします。

 採決の都合上、議場の開閉については5人全員の採決が終了するまで閉鎖とし、立会人についても5人について同一の立会人としたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めまして、議場については5人全員の採決が終了するまで閉鎖とし、立会人についても5人について同一の立会人とすることに決定いたしました。

 まず最初に、岩崎裕彌君の同意について採決いたします。

 議場の出入口を閉めます。

           (議場閉鎖)



○議長(伊藤雅章君) ただいまの出席議員は16名であります。

 次に、立会人を指名します。会議規則第30条第1項の規定により2人以上の立会人とともに投票を点検しなければならないとされております。

 したがって、立会人は会議規則第30条第2項の規定により、13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君、以上3名を指名いたします。

 投票用紙を配付いたします。

           (投票用紙配付)



○議長(伊藤雅章君) 念のため申し上げます。

 岩崎裕彌君を可とする方は賛成と、否とする方は反対と記載願います。

 なお、賛否を表明しない白票及び賛否が明らかでない投票は反対とみなします。

 なお、無記名投票ですので、投票議員氏名は記載しないでください。

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 配付漏れなしと認めます。

 記載をしてください。

 投票箱を点検いたします。

           (投票箱の点検)



○議長(伊藤雅章君) 投票箱は異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順次投票を願います。

 事務局長。



◎議会事務局長(?橋義昭君) それでは、命により議席番号と氏名を読み上げますので、順次投票をお願いいたします。

           (職員、氏名を点呼 投票)



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君の立ち会いをお願いいたします。

           (開  票)



○議長(伊藤雅章君) 開票の結果を報告いたします。

 投票総数15票、これは議長を除く出席議員数に符合いたしております。

 その内容は、賛成15票、反対ゼロ票、以上のとおり全員賛成であります。

 したがって、岩崎裕彌君については同意することに決定いたしました。

 次に、高橋文子君の同意について採決を行います。

 ただいまの出席議員は16名であります。

 次に、立会人を指名します。会議規則第30条第1項の規定により2人以上の立会人とともに投票を点検しなければならないとされております。

 したがって、立会人は会議規則第30条第2項の規定により、13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君、以上3名を指名いたします。

 投票用紙を配付いたします。

           (投票用紙配付)



○議長(伊藤雅章君) 念のため申し上げます。

 高橋文子君を可とする方は賛成と、否とする方は反対と記載願います。

 賛否を表明しない白票及び賛否が明らかでない投票は反対とみなします。

 なお、無記名投票ですので、投票議員氏名は記載しないでください。

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 配付漏れなしと認めます。

 記載をしてください。

 投票箱を点検いたします。

           (投票箱の点検)



○議長(伊藤雅章君) 投票箱につきましては異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順次投票を願います。

 事務局長。



◎議会事務局長(?橋義昭君) 命により、議席番号と氏名を読み上げますので、投票を順次お願いいたします。

           (職員、氏名を点呼 投票)



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君、立ち会いをお願いいたします。

           (開  票)



○議長(伊藤雅章君) 開票の結果を報告いたします。

 投票総数15票、これは議長を除く出席議員数に符合いたしております。

 その内容は、賛成15票、反対ゼロ票、以上のとおり全員賛成であります。

 したがって、高橋文子君については同意することに決定いたしました。

 次に、小野寺純治君についてを採決いたします。この採決は、会議規則第77条第1項の規定により、無記名投票で行います。

 ただいまの出席議員は16名であります。

 次に、立会人を指名します。会議規則第30条第1項の規定により2人以上の立会人とともに投票を点検しなければならないとされております。

 したがって、立会人は会議規則第30条第2項の規定により、13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君、以上3名を指名いたします。

 投票用紙を配付いたします。

           (投票用紙配付)



○議長(伊藤雅章君) 念のため申し上げます。

 小野寺純治君を可とする方は賛成と、否とする方は反対と記載願います。

 賛否を表明しない白票及び賛否が明らかでない投票は反対とみなします。

 なお、無記名投票ですので、投票議員氏名は記載しないでください。

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 配付漏れなしと認めます。

 記載をしてください。

 投票箱を点検いたします。

           (投票箱の点検)



○議長(伊藤雅章君) 投票箱は異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順次投票を願います。

 事務局長。



◎議会事務局長(?橋義昭君) 命により、議席番号と氏名を読み上げます。

           (職員、氏名を点呼 投票)



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君、立ち会いをお願いいたします。

           (開  票)



○議長(伊藤雅章君) 開票の結果を報告いたします。

 投票総数15票、これは議長を除く出席議員数に符合いたしております。

 その内容は、賛成15票、反対ゼロ票、以上のとおり全員賛成であります。

 したがって、小野寺純治君については同意することに決定いたしました。

 次に、?橋嘉彦君について採決いたします。この採決は、会議規則第77条第1項の規定により、無記名投票で行います。

 ただいまの出席議員は16名であります。

 次に、立会人を指名します。会議規則第30条第1項の規定により2人以上の立会人とともに投票を点検しなければならないとされております。

 したがって、立会人は会議規則第30条第2項の規定により、13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君、以上3名を指名いたします。

 投票用紙を配付いたします。

           (投票用紙配付)



○議長(伊藤雅章君) 念のため申し上げます。

 ?橋嘉彦君を可とする方は賛成を、否とする方は反対と記載願います。

 賛否を表明しない白票及び賛否が明らかでない投票は反対とみなします。

 なお、無記名投票ですので、投票議員氏名は記載しないでください。

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 配付漏れなしと認めます。

 記載をしてください。

 次に、投票箱を点検いたします。

           (投票箱の点検)



○議長(伊藤雅章君) 投票箱は異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順次投票を願います。

 事務局長。



◎議会事務局長(?橋義昭君) 命により、議席番号と氏名を読み上げます。

           (職員、氏名を点呼 投票)



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君、立ち会いをお願いいたします。

           (開  票)



○議長(伊藤雅章君) 開票の結果を報告いたします。

 投票総数15票、これは議長を除く出席議員数に符合いたしております。

 その内容は、賛成15票、反対ゼロ票、以上のとおり全員賛成であります。

 したがって、?橋嘉彦君については同意することに決定いたしました。

 次に、菅原祐子君について採決いたします。この採決は、会議規則第77条第1項の規定により、無記名投票で行います。

 ただいまの出席議員は16名であります。

 次に、立会人を指名します。会議規則第30条第1項の規定により2人以上の立会人とともに投票を点検しなければならないとされております。

 したがって、立会人は会議規則第30条第2項の規定により、13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君、以上3名を指名いたします。

 投票用紙を配付いたします。

           (投票用紙配付)



○議長(伊藤雅章君) 念のため申し上げます。

 菅原祐子君を可とする方は賛成と、否とする方は反対と記載願います。

 賛否を表明しない白票及び賛否が明らかでない投票は反対とみなします。

 なお、無記名投票ですので、投票議員氏名は記載しないでください。

 投票用紙の配付漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 配付漏れなしと認めます。

 記載をしてください。

 投票箱を点検いたします。

           (投票箱の点検)



○議長(伊藤雅章君) 投票箱は異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順次投票を願います。

 事務局長。



◎議会事務局長(?橋義昭君) 命によりまして、議席番号と氏名を読み上げます。

           (職員、氏名を点呼 投票)



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。

 開票を行います。

 13番、梅田敏雄君、14番、千葉正男君、15番、千葉和美君、立ち会いをお願いいたします。

           (開  票)



○議長(伊藤雅章君) 開票の結果を報告いたします。

 投票総数15票、これは議長を除く出席議員数に符合いたしております。

 その内容は、賛成14票、反対1票、以上のとおり賛成多数であります。

 したがって、菅原祐子君については同意することに決定いたしました。

 よって、議案第1号 金ケ崎町情報公開審査会委員の選任に関し同意を求めることについては、原案のとおり5名全員について同意することに決定いたしました。

 議場の出入口を開きます。

           (議場開鎖)



○議長(伊藤雅章君) お諮りいたします。

 休憩したいと思いますが、ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認め、午前11時25分まで休憩をいたします。

            休憩(午前11時13分)

                                        

            再開(午前11時25分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



△議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、議案第2号 森山総合公園陸上競技場改修工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 千葉政幸君登壇〕



◎副町長(千葉政幸君) 日程第3、議案第2号 森山総合公園陸上競技場改修工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについて。

           (以下、「議案書」「議案説明資料」により説明のた

            め記載省略)

 以上で説明を終わらせていただきます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 山路でございます。都市公園管理費の工事請負費の中に1億5,122万円あります。これは、今回のこの第3種公認更新、今回のこの工事内容が含まれているのかなとは思いますが、そのとおりでよいのかどうか。

 それと、この工事期間内において、この図面で色塗りされていないところ、要するにフィールド内でも色塗りされていない部分は使用はできないとは思うのですが、そのとおり使用できないものか。それと、ここだけ使用できないのか、あるいはパークゴルフ場も使用できないのか、競技場全体が使用できなくなるのか、その辺についてお伺いをします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 副町長。



◎副町長(千葉政幸君) それでは、私のほうからは第1問の分で回答したいと、こう思います。

 まず、今回の予算につきましては、その内容と、そのほかにもまだ例えば投てきの囲い、あるいは競技場の備品、あるいは格納庫等、そういったものも含まれた予算であります。そのとおりでございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 8番、山路議員の質問にお答えいたします。

 この工事期間中の使用制限というご質問です。この期間中は、貸し出し、使用は全く禁止します。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) ということは、この競技場全体ということで、中だけではなく周回にあるパークゴルフ場もという意味なのか、それとあとはこの期間中に代替使用として、あるいは森山野球場を使用してもよいよというような感じになるのか。それは、野球場は野球場だから、あくまでもそっちは別に借りなければならないよというような形になるのでしょうか。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 使用制限については、この陸上競技場のみです。この1つの施設のみです。あとの例として出されましたパークゴルフ場等は、利用はそのままできるということであります。

 代替使用というものについては、相談に応じるということになるかと思います。野球場を違う競技で使うということは、もちろんあり得るとは思いますけれども、どういったケースなのか、例えばただランニングをするためということであるならば、それは可能というふうに今現在は考えますけれども、そこまで想定はしておりませんでしたので、指定管理者の事業団と協議はしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 8番、山路正悟君。



◆8番(山路正悟君) 確かにわからないかもしれません。金ケ崎町生涯スポーツ事業団に聞けばいいことなのかもしれませんが、例えばその期間内、これは10月31日まででしたか、その間に何か今までフィールド内で競技、あるいはレクリエーションみたいなもの、あるいは私はペタンクをやっていますが、ペタンクでやることもあるでしょうし、そういったものが球場でやってよろしいよとならないのかどうか、その辺をもう一度再確認します。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) この工事については、当初から計画しておりまして、貸し出しまたは年間の行事は入れないということでご利用いただいている団体の方とは事前に協議なり通知しているというふうに伺っております。今ご質問の野球等の専用施設であるところでほかのものができるかどうかについては、再度繰り返しになりますけれども、個別に協議なりしていただき、または影響がない限りではできるようにしていきたいとは思っておるという現段階の回答になります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 10番、?橋です。改修工事、これは前回はいつごろ改修したのか、それからこの改修工事に係る金額のうちのどのぐらいが金ケ崎町としての持ち分なのか、その辺。それから、年間に競技など、何日ぐらいここを利用しているのか。そしてまた、競技などで利用している人数は、大まかにどのぐらいいるのかお聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 副町長。



◎副町長(千葉政幸君) それでは、私のほうからは1点目の点についてお答えしたいと、こう思います。

 まず、公認の更新につきましては5年ごとということで、前回の更新検定日は平成20年11月5日。工事につきましては、多分今回と同じような期間の工期があったかと、こう思います。

 それから、事業費の関係でございます。今回の事業費につきましては、この5,239万5,000円、totoのほうからは1,400万円、残りが3,839万5,000円、このうち森山のほうから返戻の出捐金がございました。これを活用すると。全額ではございませんが、これについてはまだまだ事業量がありますから、その充当についてはさまざまな事業の内容によって一般財源が幾らというふうな充当はしていきたいと、こう思います。いずれtotoの助成は1,400万円と、こういう内容であります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 10番、?橋議員のご質問にお答えいたします。

 日数と人数ということのご質問であります。日数については、今現在資料ございません。人数についてですが、2万1,130人の利用ということで集計されております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) そうしますと、これはほぼ5年に1回改修工事が行われるというふうに理解していいのでしょうか。

 それから、補助金が一千五百何ぼと聞いたように記憶しているわけですけれども、それ以外は町でほとんど負担するものというふうに理解して、そういうふうに理解していいのかどうかお聞きします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 副町長。



◎副町長(千葉政幸君) お答えいたします。

 まず、5年に1度検定を受けると。これは、陸上競技場公認に関する細則という日本陸上競技協会のほうでつくっている細則がございますが、それらの規定で公式の陸上競技大会を開催し得る十分な精度を持つ適切な施設ということにつきましては、5年に1度の検定があると、こういう内容であります。

 それから、事業費の関係でございます。事業費につきましては、今回はtotoの補助がございました。それを差し引きますと一般財源ということが原則であります。ただ、ことしにつきましては、金ケ崎町生涯スポーツ事業団のほうで持っておりました出捐金8,500万円がございました。これの一部を充当しながら、各種の森山関連の工事については充当して、不足する分の一般財源と。通常であれば一般財源で対応すると、こういう内容であります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 12番の千田です。極めて事務的なことですが、この工事概要説明書の工事内容の(1)のところには、読んでいきますと、「切削の上再舗装」と、こうありますが、この改修計画平面図では「研磨・オーバーレイと、オーバーレイというのは再舗装のことでしょうから、横文字で言ったのと日本語で言ったのとの違いでしょうが、切削と研磨ではちょっと受ける感じが違いますが、その辺はどういう内容かということです。

 それから、それ以下の数字的な走路の変更とか水壕の深さの変更は、競技種目上のルール変更によるものだろうと思いますが、確認をしておきたいと思いますが、その中でも水壕の深さが20センチも浅くなるというのも随分競技種目としては急激な変更ではないかと思うのですけれども、その辺も参考のためにお伺いしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁、中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 12番、千田議員のご質問にお答えいたします。

 まず、説明資料の概要の(1)、「切削」、そして図面上の「研磨」についての表記ですけれども、伺っているところによると、削り取るということで設計業者からは聞いております。この場合は削り取るということでご理解いただきたいと思います。

 なお、2点目、障害の水壕の件に関しては、ルール改正ということでしたので、これはこのとおりということであります。そして、規格が変更になっているということで、ハードルそのものも変えるという内容であります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 13番、梅田です。今定例会の冒頭、町長のほうから入札調書をいただいておりました。それを見ますと、予定価格に対して落札価格が非常に低く抑えられているというような状況が読み取れるわけですけれども、通常ですと、このぐらいの差があるということは、本来予定していた内容の工事が果たして達成されるのかなという心配を老婆心ながらするわけですけれども、契約ですから、そんなことはないというふうにはおっしゃられるとは思いますが、この場合にいわゆる走路改修、トラック改修についての工事管理は別建てでどこかに委託する考え方なのかどうか、その点をまずお伺いしたいし、それからこれだけの差があって落札をしたケースというのは、変更がかかるケースが間々あるというふうに心配をするわけで、その点の工事の変更、今から変更を予定しているわけではないでしょうけれども、そういった心配がないのかどうか、その2点お尋ねをいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 副町長。



◎副町長(千葉政幸君) 私のほうからは、2点目の点についてお答えしたいと、こう思います。

 まず、今回の予定価格に対しての落札は55%でした。今議員からお話しされたように、少し私どもとすれば低い価格で落札されたと、このように思っております。変更契約の問題ありますが、これについては仕様書もございますから、極力それに基づいてやるというふうに考えてございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 中央生涯教育センター所長。



◎中央生涯教育センター所長(伊藤明穂君) 13番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 まず、副町長の回答ともダブるところがございますけれども、予定価格に対して非常に低額の入札ということについては、近隣の競技場、近隣の市、北上市ですけれども、競技場においても同じような事例があったと聞いております。これについては、復興支援という名目で事業者さんなどがそのような札を入れたということで伺っております。ですので、例外的な金額かもしれませんけれども、そういった状況はあったというふうには理解しております。

 続いて2番目の管理業務ですけれども、こちらについては設計事業者さんに管理業務をお願いし、適正な工事を進めるということで考えております。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決いたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第2号 森山総合公園陸上競技場改修工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについては、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

                                        



△議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第4、議案第3号 財産の取得に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 千葉政幸君登壇〕



◎副町長(千葉政幸君) 日程第4、議案第3号 財産の取得に関し議決を求めることについて。

           (以下、「議案書」「議案説明資料」により説明のた

            め記載省略)

 以上で説明を終わらせていただきます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 2番、巴正市君。



◆2番(巴正市君) 2番、巴でございます。同様にこれが昨年度大沢地区に配備になった際、格納庫を新設しているわけでございますが、今回も格納庫新設があるのかどうか、その場所についてはどうなっているのかをお聞きしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 副町長。



◎副町長(千葉政幸君) 格納庫については、建設の予定であります。

 それから、場所についてはどこが適当なのか、今自治会と協議しながら、場所の決定をしているところでございます。もう少し時間がかかります。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 10番、?橋です。これは、ロータリーと排土板と取りかえて、ロータリーでも使えるし、排土板でも使えるという、そういう機械のようでございますけれども、果たして取りかえて使うのでしょうか、これ。何となくロータリーだけで間に合いそうな気もしますけれども、これやっぱり排土板が必要なのかなと思うところもありますが、そういう使い方をするのだということは理解しましたが、何となくそんな気もします。いかがですか。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) ?橋文雄議員のご質問にお答えいたします。

 ロータリーと排土板の使い方ということでございますが、降雪当初は排土板型で除雪をいたしまして、雪も軽いということがございますし、排土板で除雪したほうがスピードが速いということもございまして、降雪当初は排土板で除雪しまして、その後除雪した雪がだんだん道路の脇にたまってきますので、そうなりますと車両の通行の幅もだんだん狭くなるということで、本当に1月、2月ころにはロータリー型に変えまして、道路の幅員を確保するために変えて除雪をするというふうな形で除雪を考えてございます。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) いいと思いますけれども、これ取りかえるのは、何か大変なそうですけれども、これは逐次業者を呼んで取りかえるのか、それともこれを運転する人と誰かが一緒になって取りかえるのか、使用の中でどんなふうになるのでしょうか、これは。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 ロータリーと排土板のつけ方ということでございますが、格納庫の中にどちらも格納されておるわけなのですけれども、今回はワンタッチ型の排土板とロータリーということで、ちょっと時間はかかりますが、1人でも取りつけ……1人ではちょっと難しいかもしれませんが、申しわけございません、2人で確認しながら取りかえるというような形になろうかと思います。ワンタッチ式ですので、受け口を挟んで取りかえるというような形と油圧系統のそういうホースをつけかえるという作業がございます。いずれにしても2人ぐらいで取りかえは簡単にできるというものでございます。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) 大体わかるのですけれども、建物を建てると先ほどお話がありましたが、そこの中にクレーンをセットするわけですか。というのは、やっぱり外しておいたものは置きかえなければだめですよね。建物の中でこれを外すわけでしょう。ロータリーが前にあって、手前で排土板を取りかえてロータリーをくっつけるときには、置きかえてやらなければならない。あるいは、排土板が奥にあって、手前にロータリーがあるときはというふうな作業工程の中で、これはかなり重いから。それから、外してつけようとしたときに、すぐそばにないとつけられないと思うのです。では、外に出して外でつけようとすると、それをどうやって今度は運び入れるのか。ですから、そうすると、建屋の中にこういうものをつるし上げるといいますか、そういうクレーンが必要になるような気がします。そこまで心配しなくてもいいのですけれども。どんなものですか。



○議長(伊藤雅章君) 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 取りつけにつきましては、ちょっと時間がかかる内容になりますが、一旦外に置いて外しまして、空の状態で今度は倉庫に入っているものをつけまして、それをまた外に出してから、今度は先に外した排土板をまたつけて、そこにしまって、外して外にあるロータリーに変えるというような、ちょっと手間はかかりますけれども、そのような形で建屋の中ではちょっと操作するのは危険ということで、クレーン等の設備は考えてございません。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 10番、?橋文雄君の質問は、既に3回になりましたが、会議規則第51条の規定により、特に発言を許します。

 10番、?橋文雄君。



◆10番(?橋文雄君) ありがとうございます。というのは、この重いものを何でもってそれを出し入れするかということです。というのは、これは建設業で使うものではないからいいと思うのですけれども、いわゆるこのドーザーにはつるという作業をするものはないと、そういうもののないもので物をつるということは、これはだめなのです。法律上だめなのです。ですから、私は外で外すも、中で外すもどうでもいいけれども、物をつるというものがなければ、もし事故が起こったときに、その責任はどこにあるのか。ですから、これは買うことはいいのですけれども、この機械には物をつり上げるというそういう機能はないということを理解しながら、どうやってこれを運び入れたり出したりすることができるのか。これは、もし事故が起こったときには法律上うまくないということを申し上げたいと思います。その辺の見解を。



○議長(伊藤雅章君) ここで昼食の時間になりましたが、議事の都合により、若干会議時間の延長をしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 よって、会議時間を延長することに決定いたしました。

 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) お答えいたします。

 議員今おっしゃいましたとおり、この機械はつり上げをできる機械ではございません。ということで、その排土板とロータリーにつきましては、地面に置いた状態で本体が歩いていって、そこに行って、ワンタッチでつないで一体となって運ぶという形になりますので、そのものをつり上げるということではございません。既に昨年も同じものを購入させていただいておりますが、大沢にあるものについても同じような形で、本体にワンタッチでその装置をつかんで除雪をするというような形になってございますので、その排土板なりロータリーをつって動かすということではございませんので、そのようにご理解いただきたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) この種の契約については、必ず聞かなければならないので、お尋ねをいたしますが、今回はいすゞ自動車と契約を結ぶ予定になっておりますけれども、この契約に至る経過で、何社から見積もりを徴して、あるいは何社から札というか、入札までいったかどうかわかりませんが、その辺の経過はどうなっていたでしょうか。

 それから、これはもう28年経過した古いやつ、それはどこのメーカーの車両だったのでしょうか。その2点をお尋ねします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(千葉達也君) 入札の経過ということでございます。お答えいたします。

 本除雪ドーザーにつきましては、入札をしてございます。入札に当たりましては、昨年の実績のあるメーカーと、それから昨年の指名の実績のあるメーカー6社を指名しまして、3社が生産が間に合わないということで辞退がございまして、3社で入札をさせていただいております。

 2点目ですけれども、現在の除雪機のメーカーということでございますが、現在の和光地区の除雪機はコマツのブルドーザーでございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第3号 財産の取得に関し議決を求めることについては、原案どおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

                                        



△延会について



○議長(伊藤雅章君) お諮りいたします。

 本日の会議は、これで延会したいと思います。ご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、本日はこれで延会することに決定いたしました。

                                        



△延会の宣告



○議長(伊藤雅章君) 本日の会議を閉じます。

                                (午後 零時05分)