議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 金ケ崎町

平成25年  4月 臨時会(第3回) 04月19日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成25年  4月 臨時会(第3回) − 04月19日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成25年  4月 臨時会(第3回)





            平成25年第3回金ケ崎町議会
                臨時会会議録
議 事 日 程 (第1号)

                    平成25年4月19日(金)午後4時00分開会

       開  会                               
日程第 1  会議録署名議員の指名                         
日程第 2  会期の決定                              
日程第 3  議案第 1号 金ケ崎町税条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を
              求めることについて                   
日程第 4  議案第 2号 平成24年度金ケ崎町一般会計補正予算の専決処分に関し承認を
              求めることについて                   
日程第 5  議案第 3号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算について       
       閉  会                               

〇出席議員(16名)
   1番  阿  部  ?  一  君    2番  巴     正  市  君
   3番  高  橋  藤  宗  君    4番  佐  藤  千  幸  君
   5番  有  住     修  君    6番  ?  橋  勇  喜  君
   7番  ?  橋     奬  君    8番  山  路  正  悟  君
   9番  及  川  み ど り  君   10番  ?  橋  文  雄  君
  11番  ?  橋  照  雄  君   12番  千  田     力  君
  13番  梅  田  敏  雄  君   14番  千  葉  正  男  君
  15番  千  葉  和  美  君   16番  伊  藤  雅  章  君
 
〇欠席議員(なし)
 
〇説明のため出席した者
       町        長     ?  橋  由  一  君
       副    町    長     千  葉  政  幸  君
       教    育    長     新  田     章  君
       参 事 兼総合政策課長     中  里  武  司  君
       参 事 兼生活環境課長     石  川     孝  君

       参事兼農林課長(兼)     千  葉     実  君
       農 業 委員会事務局長

       財  政  課  長     高  橋     修  君
       会計管理者兼税務課長     後  藤  清  恒  君
       住  民  課  長     及  川  敏  雄  君

       保 健 福 祉 センター     千  田  美  裕  君
       事    務    長

       商 工 観 光 課 長     後  藤  紳  一  君
       建  設  課  長     千  葉  達  也  君
       水 処 理センター所長     及  川     一  君

       教 育 次 長(兼)     千  葉  和  仁  君
       学校給食センター所長

       中 央 生 涯 教 育     伊  藤  明  穂  君
       セ ン タ ー 所 長                  

〇本会議に出席した事務局職員
       事  務  局  長     ?  橋  義  昭
       局  長  補  佐     青  沼  和  也
       主        査     内  藤  ま ゆ み



                                        



△開会及び開議の宣告



○議長(伊藤雅章君) ただいまから平成25年第3回金ケ崎町議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は16人であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 直ちに本日の会議を開きます。

                                (午後 4時00分)

                                        



△議事日程の報告



○議長(伊藤雅章君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付のとおりでございます。

                                        



△諸般の報告



○議長(伊藤雅章君) 日程に入るに先立ち諸般の報告を行います。

 議長の報告は、印刷をもって配付のとおりでございますので、ご了承願います。

 これで諸般の報告を終わります。

 町長から行政報告をしたい旨申し出がありますので、これを許します。

 町長。

           〔町長 ?橋由一君登壇〕



◎町長(?橋由一君) 行政報告を行います。4点でございます。

 第1点目は、職員の人事異動についてでございます。この4月1日、人事異動を行ったところでございます。異動職員数は80名でございます。なお、課長等は別紙のとおりでございますが、このことにつきましては副町長のほうから改めて紹介をさせていただきたいと思います。

 なお、三役につきましては、従前どおりでございますので、よろしくお願いをいたします。

 2つ目は、財団法人産業開発公社の一般財団法人への移行についてでございます。公益法人制度の改革に基づき、4月1日付で金ケ崎町産業開発公社が財団法人から一般財団法人へ移行いたしたところでございます。

 3点目は、株式会社パワー・ブレン金ケ崎工場の竣工についてでございます。4月12日、北部地区流通業務団地内に立地をいたしました株式会社パワー・ブレン金ケ崎工場の竣工式が行われたところでございます。当工場は、敷地面積は3,300平米、延べ床面積が749平米でございます。軽量鉄骨の1階建てでございます。水産加工品の原料の1次処理を行い、同社が現在メフレ株式会社内で設置しております事業所と連動しながら、水産加工品の一貫生産体制が構築されるところとなったところでございます。なお、従業員は15名でございまして、操業はこの4月16日から稼働いたしております。1日サケを2トン処理すると、こういう内容でございます。

 4点目は、入札状況についてでございます。別紙のとおりでございますので、説明については省略をさせていただきます。

 以上で行政報告を終わります。



○議長(伊藤雅章君) それでは、人事異動に伴う課長等の紹介につきまして、副町長、お願いします。



◎副町長(千葉政幸君) それでは、私のほうから課長等の紹介をさせていただきます。

 議員から向かって右のほうから紹介いたします。

 参事兼総合政策課長、中里武司であります。選挙管理委員会書記長も兼ねてございます。

 次に、参事兼生活環境課長、石川孝であります。

 参事兼農林課長、千葉実であります。農業委員会事務局長も兼ねてございます。

 財政課長、高橋修であります。

 会計管理者兼税務課長、後藤清恒。

 昇格でございます。住民課長、及川敏雄であります。

 医師等については、省略させていただきます。

 保健福祉センター事務長、千田美裕。昇格でございます。

 商工観光課長、後藤紳一。

 建設課長、千葉達也。昇格でございます。

 水処理センター所長、及川一。

 議会事務局長、?橋義昭。

 教育次長、千葉和仁であります。学校給食センター所長も兼ねてございます。

 中央生涯教育センター所長、伊藤明穂でございます。

 以上で終わります。



○議長(伊藤雅章君) これで行政報告を終わります。

 ここで本日の説明員以外の課長等についての退席を許します。

 課長等退席の間、暫時休憩を宣します。

            休憩(午後 4時06分)

                                        

            再開(午後 4時06分)



○議長(伊藤雅章君) 休憩を解いて再開いたします。

 休憩前に引き続き会議を行います。

                                        



△提出された付議事件の報告



○議長(伊藤雅章君) 本臨時会に町長より提出された議案は、お手元に配付されております別冊議案目録のとおり、専決処分の承認案件2件、補正予算1件、計3件であります。

 なお、議案の朗読は省略いたします。

                                        



△会議録署名議員の指名



○議長(伊藤雅章君) これより本日の議事日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第112条の規定によって、議長において8番、山路正悟君、9番、及川みどり君を指名いたします。

                                        



△会期の決定



○議長(伊藤雅章君) 日程第2、会期の決定について議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日4月19日の1日間としたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日4月19日の1日間と決定いたしました。

                                        



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第3、議案第1号 金ケ崎町税条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 副町長。

           〔副町長 千葉政幸君登壇〕



◎副町長(千葉政幸君) 日程第3、議案第1号 金ケ崎町税条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについて。

           (以下、「議案書」により説明のため記載省略)

 少し長くなりましたが、以上で説明を終わらせていただきます。終わります。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 全員協議会でいただいた資料に基づいてお尋ねをいたします。

 国民健康保険関係で特定継続世帯を新設するということで、施行期日が25年4月1日、いわゆる今年度からでございますので、25年度はこの特定継続世帯の対象世帯というのは幾つになるのかというところをお尋ねいたします。

 それから、所得税の住宅ローン控除の適用者について、本来所得税から控除すべきところを国税の所得税から地方税である町民税から控除するということは、これは既に行われていることですけれども、これをすることによって地方税が減収するということになると思うのですが、それについて国税が本来負担すべきところを地方税にしわ寄せしているわけですから、その分の補填策というのはこれまであったのでしょうか。それから、今後もそれは当然あるのでしょうか、その2点お尋ねいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(後藤清恒君) 13番、梅田議員のご質問にお答えいたします。

 まず第1点目の国保の特定継続世帯は幾つあるかというご質問でございますけれども、今現在特定世帯を把握してございますけれども、この特定世帯が5年を経過するとみんな特定継続世帯ということになるわけですけれども、特定世帯は今現在は309世帯ございます。これが継続世帯に移る時期はそれぞれ異なりますが、この309世帯が5年を経過後、継続世帯に移行していくという、こういう格好になります。

 それから、住宅ローン控除の国からの補填はというご質問でございますが、これは補填されるということになってございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) いわゆる特定継続世帯を認定するということを、期間を限定して認定するというのでなくて、もう既にそういう仕組みをつくって、5年間なった後の3年間は4分の1軽減をするという、それはこの条例を改正しない限りずっと継続するという理解でよろしいですね。その点はわかりました。

 それから、いわゆる補填をされるときの手段というのはどういう部分で、例えば交付税の算定基準の中に含まれるとか、あるいは特交で措置されるとか、あるいは別な何か予算の枠の中で補填されるのか、その点だけちょっとお尋ねしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(後藤清恒君) 質問にお答えいたします。

 これは、全額国の特例交付金で補填されるという形でございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 12番の千田ですが、内容についてはかなり詳細にわたるので、質問の論点がつかめないところでございますけれども、これは例年の今の時期、桜の花が咲く時期に町税条例の一部改正、これが出てくるわけですけれども、これの提案理由の中に地方税法の一部改正「等」というふうについていますが、これを改正月日を見てできないものかどうか。先ほどの全員協議会の中では、3月30日に国会を通過して、31日に専決処分をしたというような内容ではなかったかと思いますけれども、議案の中にも25年3月30日法改正とかなんとかということが明記できれば、議会開催のいとまがないということの証明がはっきりできるわけです。それを明記していないというのはどういうことでいるのか。明記すべきではないかというのが私の考え方ですが、それに対する見解をお伺いしたいということ。

 それから、先ほどの世帯は同僚議員の質問でわかりましたが、これに係る本町の平成25年度分の減収、つまり免除額というものはどれほどになるのかということをお伺いしたいと。その分が特交なり交付税で補填されるということになるのでしょうが、額はおおむねどれくらいになるものかということを、把握しているのであれば教えていただきたいと。

 それから、12ページの中ほどに優良住宅地の造成等のための云々という項があるわけですが、これについては改正前と改正後では税額等の内容はかわらないということで詳しい説明はなかったのだろうと思いますけれども、単なる条文の第37条の9の2が9の4にかわったとか、そういう字句修正なのかどうか、そこを確認しておきたいと、こういうことです。なぜならば、宅地を見込まれる住宅専用地域ということがあるわけですから、そういう面でこの辺を確認しておきたいと、こういうことです。

 3点についてお伺いします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 副町長。



◎副町長(千葉政幸君) それでは、私のほうから1点について、最初の関係であります。いわゆる施行日、公布の日です。地方税法の一部改正等ということで、租税特別措置法とか、あるいはさまざまな法律の改正が伴いまして、果たして3月31日とかその日にちが全て同一かどうかという部分もございますので、従来からここについてはいわゆる公布年月日、施行日は入れていないということでございまして、いろんな法律の改正によってこの地方税法の改正が出てくるということもありますので、こういうふうな取り扱いをしてまいりました。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(後藤清恒君) お答えいたします。

 2点目の住宅ローンの減少の試算ということですが、こちらについては件数的には住宅ローン控除の対象件数は218件ほどございますが、控除額まではちょっと試算し切れておりません。

 それから、3点目の優良宅地の内容変更はあるのかということですが、こちらは内容変更はございません。

           〔「私が聞いたのは、特定継続世帯ですか、その分の

             309世帯に係る減収額がどれかということを聞いた

             のですので」と言う人あり〕



◎会計管理者兼税務課長(後藤清恒君) 失礼いたしました。

 国保税の特定継続世帯の減収の見込みということでございますが、こちらは今現在の特定世帯が国保の世帯別平等割で309世帯ほどあります。それらが随時同じ年度ではなく5年経過後継続世帯のほうに移行していくわけですが、この309世帯で仮に継続世帯に移行した場合の減額と、4分の1減の部分だけで試算しますと、256万円ほどの減額という試算でございます。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 再質問しますが、副町長のお答えになったことは、わからないわけでもないのですが、提案理由は地方税法の一部改正等ということですよね。これは、地方税法だけが改正になったということです。地方税法等の一部改正。「法」の次に「等」がつけば、その他の法律もかわって、これの提案にならざるを得ないということになるわけですが、これは地方税法の一部改正。ですから、「一部改正(平成25年3月31日)」とかと、こう入ればはっきりするわけです。その辺のあらゆる法律がかわったから、これをかえるということになれば、これは専決処分するそれこそ時間的余裕だって1日の分でできるかどうか、そこを私は聞いたわけです。私の理解では、地方税法のみの改定によって、これが改正になるのだというふうに理解したからそういう質問したわけで、その見解はどうなのですかということです。



○議長(伊藤雅章君) 税務課長。



◎会計管理者兼税務課長(後藤清恒君) お答えいたします。

 提案理由の部分ですけれども、地方税法の一部改正等、この「等」の意味は、条例の適用がちょっと適用していない部分もあったということで、そういう意味での「等」でございます。ですから、まず基本は地方税法の一部改正が主の理由でございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) そういうことであれば、その私が言いました明記できないのかということは、それが主体のものですから、その分は明記できますということ、そのついでにあらゆる今まで改正していなかった分も、第何号とかなんとかもかえるのだというのであれば、その「等」に含まれるわけですから、そこで初めて専決処分をしなければならなかったという立証ができるわけです。そこを聞いているわけで、これからそこを明記しますとか、それもできませんというのか、そこをお伺いできれば了解するところです。



○議長(伊藤雅章君) 副町長。



◎副町長(千葉政幸君) お答えいたします。

 地方税法だけであれば明記できます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第1号 金ケ崎町税条例の一部を改正する条例の専決処分に関し承認を求めることについては、これを原案のとおり承認するに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり承認されました。

                                        



△議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第4、議案第2号 平成24年度金ケ崎町一般会計補正予算の専決処分に関し承認を求めることについてを議題といたします。

 説明を求めます。

 財政課長。

           〔財政課長 高橋 修君登壇〕



◎財政課長(高橋修君) 日程第4、議案第2号 平成24年度金ケ崎町一般会計補正予算の専決処分に関し承認を求めることについてご提案申し上げます。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わります。原案どおり承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                                        



△会議時間の延長について



○議長(伊藤雅章君) ここで会議時間についてお諮りいたします。

 午後5時になりましたが、議事の都合により若干会議時間の延長をしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 異議なしと認めます。

 よって、会議時間を延長することに決定いたしました。

                                        



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

 1番、阿部?一君。



◆1番(阿部?一君) この県支出金、農林水産業費県補助金が1億5,820万円減額になっていますけれども、この理由を説明お願いします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 農林課長。



◎参事兼農林課長(千葉実君) 1番、阿部議員のご質問にお答えいたします。

 この理由は、利用自粛牧草関係の事業が昨年からいろんな事業メニューがございました。その中でも今回は、除染をしていますと。しない人がまだ草の管理をします。そのときに、刈り払い料金が3回までやったことに対してお金が出ます、補助金が出ました。それが県のほうから来て、12月の補正予算で町では補正をしまして、農家の皆さんにその意向調査をする、24年度の実態調査をします。それの実績に基づいてお支払いをしたものであって、当初の予算は、これに係る予算は2億3,600万円ほど持っていたのですが、実質農家の皆さんの、例えばモアでやったり、手で刈ったりして、料金が若干違いましたので、その実績が7,800万円出ましたが、残ったお金1億5,800万円を県のほうにお返しするというふうな中身でございます。

 以上です。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。

 討論を行います。討論はありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結します。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第2号 平成24年度金ケ崎町一般会計補正予算の専決処分に関し承認を求めることについては、これを原案のとおり承認するに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり承認されました。

                                        



△議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(伊藤雅章君) 日程第5、議案第3号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算についてを議題といたします。

 説明を求めます。

 財政課長。

           〔財政課長 高橋 修君登壇〕



◎財政課長(高橋修君) 日程第5、議案第3号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算についてご提案申し上げます。

           (以下、「議案書」「補正予算書」により説明のため

            記載省略)

 以上で説明を終わります。原案どおり決定賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤雅章君) 説明が終わりました。

 これより質疑に入ります。質疑ございませんか。

 13番、梅田敏雄君。



◆13番(梅田敏雄君) 分署の舗装工事ということですけれども、対象の面積はどのぐらいあって、平米当たりどのぐらいの単価を見込んでいるのか、その点をお尋ねいたします。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 生活環境課長。



◎参事兼生活環境課長(石川孝君) 13番、梅田議員の質問にお答えいたします。

 工事の対象面積につきましては、約1,738平米と計算してございます。単価につきましては、ちょっと申し上げられない部分もありますので、省略させてください。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 国庫補助の決定する仕組みといいますか、それがちょっとわからないわけで、このように早く国庫補助が、平成25年度分の補助が決定になるというその仕組みは、こちらで本町が要求、要請したから決まったということもあると思いますが、こんなにも早く決まるというのはどういう仕組みのものかというのが、それが第1点です。

 それから、金ケ崎分署舗装工事ということは、つまり南側も切削剤で転圧しているところだろうと思うのですけれども、この間胆沢分署も完成しました。そこには立派なヘリポートもついております。前沢分署も一番初めに完成してヘリポートがついております。衣川までは足を運んでみませんからわかりませんが、今度この舗装工事をするに当たってヘリポートのマークのついたヘリポートをつくってもらえばいいなというふうに思います。あの辺の立木もかなり伐採されておりますので、ドクターヘリのような軽量ヘリコプターの着陸は可能なようですけれども、災害ヘリのような重量の重いものについては、やっぱり地盤がびちっとしていないとできないというような話も聞きますので、そのヘリポート設置についてどういうお考えなのか、これをお伺いをしたいと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 財政課長。



◎財政課長(高橋修君) 12番、千田議員のご質問にお答えいたします。

 それでは、最初に国庫補助金の関係のほうから説明いたします。今回出しております地域の元気臨時交付金というのがございますけれども、これは実は24年度の後半のほうに国の緊急経済対策絡みで出ておりましたけれども、既に24年度の後半のほうでぎりぎり盛り込んだ部分がございましたけれども、その中で25年度にも活用できるという状況が出てきておりまして、その関係で今回24年度で予定しているもののほかに、25年度につきましても消防の関係で活用できるということの中で、今回この財源を見込んだと、こういうことでございます。



○議長(伊藤雅章君) 生活環境課長。



◎参事兼生活環境課長(石川孝君) お答えいたします。

 今度実施します舗装工事につきましては、議員の言われますとおり、今度本舗装となりますので、ヘリポート基地も設けたいと、こう思っております。

 以上でございます。



○議長(伊藤雅章君) 12番、千田力君。



◆12番(千田力君) 生活環境課長の答弁からいきますと、設けたいというあれですけれども、設けるというのではないです、設けたいですから、設けるというはっきりした言明をいただければ、なお安心すると、こういうことです。やっぱりあれがあってもなくても大して変わりないのではないかという論もありますけれども、Hマークがついたので、やっぱりここにもヘリコプターが着陸するのだと、離発着するのだと、こういうことで町民に安心も与えると思います。現に今県立胆沢病院ですか、緊急患者のドクターヘリなんかは、あそこで水沢高校の校庭を利用して発着したりしているということを聞きますと、やっぱり緊急の場合はそういう施設が、はっきりしたものがあれば町民は安心すると思いますので、もう一度力強い回答をいただきたいと、こういうことです。

 それから、財政課長の答弁については、これはわかりました。国の補助をもらってこういうのができるということは非常にいいことですが、当初予算に見込めなかったというのはどういうあれがあるわけですか。それまでは、当初予算を組む段階までは、この活用範囲といいますか、地域の元気臨時交付金というようなものの使途が明確に承認されていなかったと、こういうことになるのかどうか、もう一度そこも明快にご回答を賜ればと思います。



○議長(伊藤雅章君) 答弁願います。

 生活環境課長。



◎参事兼生活環境課長(石川孝君) 改めて答弁させていただきたいと思います。

 ご質問のヘリコプターの基地につきましては、今度の工事におきましてつくります。中身的には、21年に分署ができたわけでございますが、議員も質問の中で触れていますが、周りに木立が多くて、防災ヘリが着陸できないという今までの条件がございました。周りを見ますと、木立の切り払いもありましたので、今回の舗装と合わせてつくるという計画でございます。



○議長(伊藤雅章君) 財政課長。



◎財政課長(高橋修君) それでは、交付金の関係でお答えをいたします。

 当初予算につきましては、先ほどご質問ありましたけれども、この使途とか取り扱いが必ずしも明確にわかっていなかったという部分がございます。今回ようやく取りまとめが始まってきております、この交付金に関して。その中で、今回出しておりますこの部分でございますけれども、これは活用が可能だという部分がはっきりなってきたということでございますので、当初ちょっと不安定な部分で活用するのも予算的には危険だということがございましたけれども、確実性が増してきたということで今回財源として見込んだと、こういう状況でございます。



○議長(伊藤雅章君) ほかに質疑ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 討論に入ります。討論ありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(伊藤雅章君) 討論なしと認めます。討論を終結いたします。

 採決をいたします。採決は挙手をもって行います。

 議案第3号 平成25年度金ケ崎町一般会計補正予算については、原案のとおり決することに賛成する各位の挙手を求めます。

           〔挙手全員〕



○議長(伊藤雅章君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△閉会の宣告



○議長(伊藤雅章君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

 平成25年第3回金ケ崎町議会臨時会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                                (午後 5時17分)