議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 紫波町

平成25年  3月 予算審査第三特別委員会(3月会議) 03月21日−02号




平成25年  3月 予算審査第三特別委員会(3月会議) − 03月21日−02号







平成25年  3月 予算審査第三特別委員会(3月会議)



          第2日(3月21日)

出席委員(18名)

     及川ひとみ君    作山秀一君

     藤原修一君     箱崎勝之君

     高橋 進君     藤原栄孝君

     北條喜久男君    鷹木嘉孝君

     佐々木栄子君    深澤 剛君

     細川惠一君     石川喜一君

     藤原惠子君     岡田尚治君

     横澤敏男君     小田島英二君

     田村勝則君     佐々木雅博君

欠席委員(1名)

     中川秀男君

事務局職員出席者

  議会事務局長     箱崎茂己君   議会事務局次長    熊谷浩次君

  書記         八重樫 健君



△開会 午後2時12分



△開会の宣告



○小田島委員長 ただいまの出席委員は18名でございます。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 遅刻通告の委員は、中川秀男委員でございます。

 3月18日に引き続き予算審査第三特別委員会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△予算審査報告書の協議



○小田島委員長 議案第25号から議案第30号までの6案件を一括して議題といたします。

 本委員会の審査報告に付する意見の原案をお手元に配付しております。

 これを書記に朗読させますので、よろしくお願いいたします。

     〔「委員長、その前にちょっと」と言う人あり〕



◆田村委員 3の水道事業会計の(1)、これは私のことだ。この「不能」ではなく、納めるだと思う。国民健康保険の(2)の1行目の最後の「安心して、」の点は要らないと思います。つけるならば、「暮らし続けることができるよう、」だべな。「安心して、」の点は要らない。それは多分、誤植です。



◎熊谷議会事務局次長 では、朗読いたします。

 予算審査第三特別委員会審査意見書。

 各会計の事業推進に当たっては、成果達成の精度を高めるよう、またその執行に当たっては議会と連携を図りながら進められるよう要望するとともに、予算審査第三特別委員会で指摘した事項を含め、次の点について意見を付する。

 1、国民健康保険事業特別会計及び介護保険事業特別会計。

 (1)国保事業会計が年々厳しくなっていくことから、疾病の早期発見、早期治療の徹底に努めるとともに、保険事業を効果的に推進し、予防意識の高揚及び自己健康管理の啓発等に努められたい。

 (2)高齢者見守りネットワーク事業については、高齢者が住みなれた地域で安心して暮らし続けることができるよう、地域の実情に応じたネットワークの形成と、参加者の負担がなく長続きする形で事業を実践されたい。

 (3)平成25年度から当町における訪問入浴介護を行う事業所がなくなる。入浴だけの介助ならデイサービスやデイケアで可能であるが、在宅で入浴サービスを希望する利用者への対応について、訪問介護を含めて早急に検討されたい。また、町内において訪問介護を行う事業所の設置についても、あわせて早急に検討されたい。

 2、下水道事業会計。

 (1)新料金体系の利用者、住民への周知を引き続き行い、適正な料金収納に努められたい。

 (2)下水道事業の収支の均衡を実現していくべく、管路の維持、補修等を計画的に実施すること。

 3、水道事業会計。

 (1)不納欠損金の回収に努められたい。

 (2)老朽管、石綿管の更新を着実に進めること。



○小田島委員長 それでは、これより自由討議を行います。

 この案に対して、ご意見のある委員はご発言願います。

 田村委員。



◆田村委員 下水道会計のところですけれども、(2)ですが、「下水道事業の収支の均衡を実現していくべく」というのが、どうも舌かみそうな表現なので、ちょっと収支がどうかは皆さんのご意見をお聞きしながら直せばいいと思うんですが、「下水道事業の収支の均衡に取り組むとともに、管路の維持、補修等についても計画的に実施すること」のほうがわかりやすいかなと思うんですけれども、どうですか。これの「実現」と「実施すること」と、この文言からちょっと合わないかなと思うんですが。だから「下水道事業の収支の均衡に取り組むとともに」のほうがいいんじゃないかなと思いますが、いかがでしょうか。



○小田島委員長 どなたか、ご意見ございますか。



◆深澤委員 (2)なんですが、「すること」じゃなくて、上のほうも「されたい」「求められたい」ですので、「されたい」のほうがいいんじゃないかなと思います。「すること」じゃなくて「実施されたい」。



○小田島委員長 ほかにございませんか。

     〔「もう一回読んでください」と言う人あり〕



○小田島委員長 じゃ、読みますか。(2)番だけ。



◎熊谷議会事務局次長 2の下水道事業会計の(2)です。

 下水道事業の収支の均衡に取り組むとともに、管路の維持、補修等についても計画的に実施されたい。



○小田島委員長 よろしゅうございますか。

     〔「はい」と言う人あり〕



○小田島委員長 じゃ、そのように訂正させていただきます。

 ほかにございませんか。

 深澤委員。



◆深澤委員 3番の(2)、「老朽管、石綿管の更新を着実に進めること」じゃなくて、「進められたい」に直したほうがいいと思います。



◎熊谷議会事務局次長 3、水道事業会計。

 (2)老朽管、石綿管の更新を着実に進められたい。



○小田島委員長 それでよろしゅうございますか。

     〔「はい」と言う人あり〕



○小田島委員長 あとはいいですか。

 それではこれで自由討議を終結いたしまして、採決いたします。

 お諮りいたします。

 本委員会の審査報告に意見を付して、議長に提出することにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○小田島委員長 ご異議なしと認めます。

 よって、審査報告書に付する意見については、そのように決しました。

 次に、採決に当たってお諮りいたします。

 討論は本会議で行うものとし、本委員会での討論は省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○小田島委員長 ご異議なしと認めます。

 よって、討論を省略し、直ちに採決を行います。

 採決は、議案第25号から順次行います。

 議案第25号 平成25年度紫波町国民健康保険事業特別会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○小田島委員長 起立全員であります。

 よって、議案第25号は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第26号 平成25年度紫波町後期高齢者医療特別会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○小田島委員長 起立全員であります。

 よって、議案第26号は、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第27号 平成25年度紫波町介護保険事業特別会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○小田島委員長 起立全員であります。

 よって、議案第27号は、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第28号 平成25年度紫波町介護予防サービス計画事業特別会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○小田島委員長 起立全員であります。

 よって、議案第28号は、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第29号 平成25年度紫波町下水道事業会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○小田島委員長 起立全員であります。

 よって、議案第29号は、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第30号 平成25年度紫波町水道事業会計予算は、原案のとおり可決すべきものと決するに賛成の諸君の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○小田島委員長 起立全員であります。

 よって、議案第30号は、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、本委員会に付託された案件の審査は、全部終了いたしました。

 この結果については、会議規則第76条の規定により、報告書を議長に提出いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○小田島委員長 これで予算審査第三特別委員会を閉会いたします。

 ありがとうございました。



△閉会 午後2時23分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

紫波町議会委員会条例第24条第1項の規定により署名する。

  委員長