議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 紫波町

平成24年 11月 定例会(11月会議) 11月26日−01号




平成24年 11月 定例会(11月会議) − 11月26日−01号







平成24年 11月 定例会(11月会議)



       平成24年紫波町議会定例会11月会議会議録

◯会議事件

(1)報告第16号 紫波町地域支援事業サービス手数料条例の一部を改正する条例の専決処分に係る報告について

(2)報告第17号 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第6号)の専決処分に係る報告について

(3)議案第71号 紫波町国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例

(4)議案第72号 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第7号)

     平成24年紫波町議会定例会11月会議議事日程(第1号)



               平成24年11月26日(月曜日) 午前10時開議

 日程第1 会議録署名議員の指名

 日程第2 報告第16号 紫波町地域支援事業サービス手数料条例の一部を改正する条例の専決処分に係る報告について

 日程第3 報告第17号 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第6号)の専決処分に係る報告について

 日程第4 議案第71号 紫波町国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例

 日程第5 議案第72号 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第7号)

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

出席議員(19名)

      1番  及川ひとみ君    2番  作山秀一君

      3番  藤原修一君     4番  箱崎勝之君

      5番  高橋 進君     6番  藤原栄孝君

      7番  北條喜久男君    8番  鷹木嘉孝君

      9番  佐々木栄子君   11番  細川恵一君

     12番  中川秀男君    13番  石川喜一君

     14番  藤原惠子君    15番  岡田尚治君

     16番  横澤敏男君    17番  小田島英二君

     18番  田村勝則君    19番  佐々木雅博君

     20番  武田平八君

欠席議員(1名)

     10番  深澤 剛君

地方自治法第121条の規定により出席した説明員

  町長         藤原 孝君   生活部長       藤原博視君

  産業部長       小田島栄太郎君 経営支援部長     佐藤勇悦君

  長寿健康課長     高野 修君   農林課長       中田久敏君

  総務課長       小田中修二君

事務局職員出席者

  事務局長       箱崎茂己君   次長         熊谷浩次君

  書記         八重樫 健君



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(武田平八君) ご起立願います。

 一同、礼。

 着席ください。

 ただいまの出席議員は19名であります。

 定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 欠席通告は、10番、深澤剛君であります。

 ただいまから平成24年紫波町議会定例会11月会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(武田平八君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(武田平八君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。

 今期会議において町長から受理した議案は報告を含め4件であります。

 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(武田平八君) これより本日の議事日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、議長において、

    11番 細川恵一君

    12番 中川秀男君

    13番 石川喜一君

 を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第16号の上程、説明、質疑



○議長(武田平八君) 日程第2、報告第16号 紫波町地域支援事業サービス手数料条例の一部を改正する条例の専決処分に係る報告についてを議題といたします。

 朗読を省略し、提出者の説明を求めます。

 生活部長。



◎生活部長(藤原博視君) 報告第16号 紫波町地域支援事業サービス手数料条例の一部を改正する条例の専決処分に係る報告についてご説明をさせていただきます。

 本件は介護保険法の改正に伴い、紫波町地域支援事業サービス手数料条例の一部を改正する条例につきまして、地方自治法第180条第1項及び紫波町長専決条例第2条第7号の規定に基づきまして、平成24年11月1日、別紙のとおり専決処分いたしましたので、同法第180条第2項の規定によりまして、ご報告を申し上げます。

 次のページにお進みを願います。

 紫波町地域支援事業サービス手数料条例の一部を改正する条例でございます。

 改正内容に入る前に一言申し上げます。

 このたびの介護保険法の改正によりまして、第115条の44という項が起きまして、都道府県知事による情報の公表の推進が追加されましたことに伴い、それぞれが繰り下がったというものでございます。

 改正内容につきましてご説明を申し上げます。

 表のほうをごらん願います。左側が現行、右側が改正後でございます。

 第1条の趣旨でございます。現行の第115条の44第4項を、右欄第115条の45第5項に。

 そして第2条、定義におきましては、第1項第1号、現行が第115条の44第1項第1号を、右欄第115条の45第1項第1号に。

 次に第2号ですが、現行(2)と書いていますけれども、法第115条の44第2項第2号を、右欄第115条の45第3項第2号に改正したものでございます。

 なお、本条例の手数料部分につきましては3条にその規定があり、別表におきまして金額を定めておりますが、金額については変更がないということを申し添えまして報告の説明とさせていただきます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(武田平八君) これより質疑に入ります。

 11番議員。



◆11番(細川恵一君) 今、報告ということで、介護保険法の改正によって条項が移動したということです。これに関連してですけれども、介護予防事業等、家族介護支援事業というのがこのサービス手数料の条例の中にありますけれども、これの実施率とかというのはどういう状況になっているでしょうか、その1点だけ確認したいと思います。



○議長(武田平八君) 長寿健康課長。



◎長寿健康課長(高野修君) ただいまのご質問についてお答えします。

 議員おっしゃいますとおり、この事業については介護予防事業、それから家族介護支援事業等がありますが、例えば一つ通所型介護予防事業というものがございます。これについては、通称名元気はつらつサロンということで、ふれ愛交流館、これは城山のところの社協のところで行っております。またシニアプラザ佐比内、そしてふれあいプラザ赤石といったようなところで、機能の低下や閉じこもりの防止ということで実施いたしておりますが、これらの人数については、平成21年3,623人の利用がありました。そして、昨年度平成23年、4,075人。今回予想しておりますのは4,200人ということで、その利用はややふえている傾向にある、その他、高齢者筋力向上トレーニング事業、これは転ばぬ教室という名前で行っております。栄養改善教室、冬季ウオーキング教室、水中運動教室、元気はつらつメンバーズ養成事業等がありますが、これらについても横ばいかやや増加というような状況に現在のところございます。

 以上でございます。



○議長(武田平八君) ほかにございますか。

 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第17号の上程、説明、質疑



○議長(武田平八君) 日程第3、報告第17号 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第6号)の専決処分に係る報告についてを議題といたします。

 朗読を省略し、提出者の説明を求めます。

 経営支援部長。



◎経営支援部長(佐藤勇悦君) ただいま議題となりました報告第17号 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第6号)の専決処分に係る報告について説明いたします。

 本案は衆議院議員総選挙の実施により必要となる予算につきまして、地方自治法第180条第1項及び紫波町長専決条例第2条第4号の規定に基づき、別紙のとおり専決処分いたしましたので、同法第180条第2項の規定により報告するものでございます。

 別紙予算書にお進みください。

 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第6号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,358万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ118億6,049万4,000円とするものでございます。

 その内訳は、別紙事項別明細書のとおりでございます。

 4ページにお進みください。

 歳入でございます。

 15款3項1目総務費県委託金におきまして1,358万2,000円の増額でございます。衆議院議員総選挙費委託金を計上してございます。

 5ページにお進みください。

 次に歳出でございます。2款4項4目衆議院議員選挙費におきまして1,358万2,000円の補正でございます。その内訳は、6ページまで、右説明欄のとおりでございます。所要額を計上してございます。

 7ページ、8ページの給与費明細書につきましては、後ほどお目通しをお願いいたします。

 説明は以上でございます。ご承認賜りますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(武田平八君) これより質疑に入ります。

 11番議員。



◆11番(細川恵一君) 今回、4日公示で16日の投票ということで、選挙管理委員会の皆さんは大変忙しいという状況になっておりますけれども、投開票場の関係でこの日程に行事など入って延期になったとか、その会場によっていろいろとあって変更があった、そういう調整があったのかということと、あとは紫波町に今回、昨年の東日本大震災によって沿岸とか県外から避難されている方、そういう方々の投票というか、そういう方々への周知というのはどういうふうになっているかということを伺います。



○議長(武田平八君) 総務課長。



◎総務課長(小田中修二君) ただいまご質問いただきました第1点目でございますが、投票日においての会場の都合につきましては、体育館におきましては予定が入っておりました。その内容につきましては、町の団体が主催する事業でありましたので、事前に協議をいたしましてその確保を図ったところでございます。

 それから、震災によりまして避難、そして紫波町に在住されている方への投票の周知ということでございます。これに関しましては、これまでの衆議院とも同様となるものでございますが、紫波町に住所を有して3カ月以上在住している場合には投票の資格がございますので、そのルールに乗って説明を申し上げていきたいと考えております。



○議長(武田平八君) ほかにございますか。

 質疑を終結いたします。

 以上で、報告を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第71号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(武田平八君) 日程第4、議案第71号 紫波町国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 朗読を省略し、提出者の説明を求めます。

 産業部長。



◎産業部長(小田島栄太郎君) 議案第71号 紫波町国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。

 本案は、平成24年度から27年度まで、経営安定対策基盤整備緊急支援事業に取り組み、国営土地改良事業の償還金に係る償還利子相当額を助成金として交付を受けることで受益者の負担を軽減し、もって農業の体質強化及び食料供給力の確保に寄与しようとするものでございます。

 改正の内容といたしましては、平成24年度から27年度まで負担金に関する特例措置を定めようとするもので、10アール当たり負担金の額5,000円を、平成24年度は4,275円とし、平成25年度から平成27年度までは町長が別に定める金額としようとするものでございます。

 施行期日は公布の日とするものでございます。

 ご審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(武田平八君) これより質疑に入ります。

 質疑、討論を終結し、採決するにご異議ございませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(武田平八君) 採決いたします。

 議案第71号 紫波町国営土地改良事業負担金徴収条例の一部を改正する条例は、原案のとおり決するにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(武田平八君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第71号は原案のとおり決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第72号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(武田平八君) 日程第5、議案第72号 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。

 朗読を省略し、提出者の説明を求めます。

 経営支援部長。



◎経営支援部長(佐藤勇悦君) ただいま議題となりました議案第72号 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第7号)につきまして説明をいたします。

 本案は、山王海土地改良事業を負担金並びに松枯れ対策に係る予算補正といたしまして、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ342万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ118億6,391万6,000円としようとするものでございます。

 その内訳は事項別明細書のとおりでございます。

 4ページにお進みください。

 歳入でございます。

 12款2項3目農林水産業費負担金におきまして1,803万円の減額でございます。国営土地改良事業山王海地区受益者負担金を減額するものでございます。

 15款2項5目農林水産業費県補助金は33万7,000円の増額でございます。環境林整備事業費補助金を計上してございます。

 18款1項1目繰入金は308万5,000円の増額でございます。補正財源確保のために財政調整基金からの繰り入れをするものでございます。

 20款4項7目雑入におきましては1,803万円の増額でございます。国営山王海土地改良負担金利子助成金の計上でございます。

 5ページにお進みください。

 次に歳出でございます。

 6款1項2目農業総務費においては、補正額はゼロ円となってございます。これは、財源更正をするものでございます。前ページの国営土地改良事業山王海地区受益者負担金と、国営山王海土地改良負担金利子助成金の減額、増額、これが財源更正の内訳となるものでございます。

 次に、6款2項2目林業振興費342万2,000円の増額でございます。内訳は右欄のとおりでございますが、これは松くい虫激害地対策といたしまして、枯損木の除去及び松林の樹種転換を図りまして2次災害の発生を軽減し、森林機能とそれから資源の再生、これらを図ろうとするものでございます。

 説明は以上でございます。

 ご審議並びにご賛同賜りますよう、よろしくお願いをいたします。



○議長(武田平八君) これより質疑に入ります。

 11番議員。



◆11番(細川恵一君) ただいま出ましたけれども、農林水産業費の林業振興費342万2,000円ということで補正になりましたけれども、松くい虫の松を伐採する枯木の処理ということでありますけれども、改めて確認しておきたいと思います。紫波町のこの被害の状況はどのようになっているのか、面積的にもどのように広がっているのかということを確認したいと思います。

 あとは、今説明でありましたけれども、樹種の転換ということでありますけれども、どのようなというか、そういった手だてがあると思いますけれども、いつごろからそういう方向でやるのかということを確認しておきたいと思います。



○議長(武田平八君) 農林課長。



◎農林課長(中田久敏君) 松くい虫被害対策について今ご質問いただきました。

 まず1点目でございます。どのような松くい虫被害状況なのかということで、町内に松林が約1,800ヘクタールございます。そのうち約700ヘクタールが激害地、中害地、低害地でございますが、それらを合わせて700ヘクタールということで、面積にしますと約38%ぐらい松林においては被害が入っているという状況下でございます。

 それから、2点目の樹種転換ということでございます。今回お願いします予算につきましては、緊急的に県道紫波江繋線の沿線沿いの民有地、この部分は非常に交通上支障があるということで主に除伐中心に行っていく予定でございますが、来年以降につきましては除伐並びに更新伐ということで樹種転換、混交林とか、あるいは杉、そういったものも合わせながら森林保全を図っていきたいというふうに考えていますので、よろしくお願いいたします。



○議長(武田平八君) ほかにございますか。

 質疑、討論を終結し、採決するにご異議ございませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(武田平八君) 採決いたします。

 議案第72号 平成24年度紫波町一般会計補正予算(第7号)は、原案のとおり決するにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(武田平八君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第72号は原案のとおり決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議の宣告



○議長(武田平八君) 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。

 これをもちまして、平成24年紫波町議会定例会11月会議を閉じます。

 ご起立願います。

 礼。

 ご苦労さまでした。



△閉議 午前10時20分

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

        議長

        署名議員

        署名議員

        署名議員