議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 滝沢市

平成23年  6月 定例会(第32回) 06月16日−議案説明−01号




平成23年  6月 定例会(第32回) − 06月16日−議案説明−01号







平成23年  6月 定例会(第32回)





平成23年6月16日
第32回滝沢村議会定例会会議録
平成23年6月16日第32回滝沢村議会定例会が滝沢村役場に招集された。
出席議員は次のとおりである。
   1番  相  原  孝  彦  君    2番  桜  井  博  義  君
   3番  佐  藤  澄  子  君    4番  日  向  清  一  君
   5番  斉  藤  健  二  君    6番  武  田  猛  見  君
   7番  遠  藤  秀  鬼  君    8番  佐  藤  美 喜 子  君
   9番  高  橋  盛  佳  君   10番  柳  村     一  君
  11番  熊  谷  初  男  君   12番  高  橋     寿  君
  13番  佐 々 木     剛  君   14番  山  谷     仁  君
  15番  鎌  田     忍  君   16番  武  田  俊  和  君
  17番  西  村     繁  君   18番  黒  沢  明  夫  君
  19番  山  本     博  君   20番  長  内  信  平  君
  21番  川  原     清  君   22番  角  掛  邦  彦  君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。

       村        長     柳  村  典  秀  君
       (水道事業管理者)

       副    村    長     南     敏  幸  君
       教    育    長     盛  川  通  正  君
       経 済 産 業 部 長     菊  池  文  孝  君
       健 康 福 祉 部 長     主  浜  照  風  君

       都 市 整 備 部 長     及  川     安  君
       兼 上 下 水 道 部 長

       住 民 環 境 部 長     太  田  晴  輝  君
       企 画 総 務 部 長     佐 野 峯     茂  君
       教  育  部  長     遠  藤  正  紀  君
       産 業 政 策 課 長     中  村  英  規  君
       兼 重 点政策担当課長

       企 業 振 興 課 長     高  橋  義  行  君
       福  祉  課  長     伊  藤  順  子  君
       保 険 年 金 課 長     千  葉  澄  子  君
       都 市 計 画 課 長     湯  沢     豊  君
       環  境  課  長     齋  藤  誠  司  君

       企 画 総 務 課 長     加 賀 谷     建  君
       兼 市 制 準 備 室 長

       財  務  課  長     中  村  保  夫  君
       税  務  課  長     三  上  清  幸  君
       人  事  課  長     畑  村  政  行  君
       教 育 総 務 課 長     熊  谷     満  君
       水 道 経 営 課 長     平  賀  逸  美  君
       農 業 委員会事務局長     井  上  靖  宏  君

       監 査 委 員 事 務 局     関  村     斉  君
       総  括  主  査

本会議の書記は次のとおりである。
       議 会 事 務 局 長     中  道  俊  之
       同    次    長     高  橋     永
       同  主 任 主  査     勝  田  裕  征



                                        



△議会運営委員会の報告



○議長(角掛邦彦君) 過日議会運営委員会が開催されておりますので、その結果について報告願います。



◎14番(山谷仁君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 山谷仁議会運営委員長。



◎14番(山谷仁君) 6月9日に議会運営委員会を開催いたしましたので、その結果についてご報告をいたします。

 今定例会の会期は、6月16日から6月24日までの9日間とし、6月17日から19日及び23日は議事の都合により休会といたします。

 議案の取り扱いについては、本日上程されます議案及び追加案件については即決とし、6月24日に審議をすることといたします。報告4件については、本日報告を受けるものといたします。一般質問は、6月20日3名、6月21日3名、6月22日3名といたします。陳情1件については、請願扱いとし、産業建設常任委員会に付託することといたします。

 以上、議会運営委員会の結果報告といたします。平成23年6月16日、議会運営委員長、山谷仁。

                                        



△開会及び開議の宣告



○議長(角掛邦彦君) ただいまから平成23年第32回滝沢村議会定例会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は22名であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。

 直ちに本日の会議に入ります。

                                (午前10時00分)

                                        



△諸般の報告



○議長(角掛邦彦君) 議事日程に入るに先立ち、諸般の報告を行います。

 本定例会までに報告を受けております例月出納検査結果報告書、定期監査報告書、議会活動議員派遣報告、説明員の報告については、お手元に配付いたしておりますので、ご参照願います。

 次に、行政報告を行います。行政報告については、お手元に配付いたしておりますので、ご参照願います。

 次に、6月8日までに受理しております陳情書については、お手元に配付の陳情文書表のとおりであります。

 なお、陳情については請願扱いとし、所管の産業建設常任委員会に付託しましたので、報告いたします。

 これより本日の議事日程に入ります。

                                        



△会議録署名議員の指名



○議長(角掛邦彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、滝沢村議会会議規則第120条の規定により、7番遠藤秀鬼君、8番佐藤美喜子君、9番高橋盛佳君の3名を指名いたします。

                                        



△会期の決定



○議長(角掛邦彦君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日より6月24日までの9日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、本日より6月24日までの9日間とすることに決定いたしました。

 お諮りいたします。議事の都合により6月17日から19日及び6月23日の4日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、6月17日から19日及び6月23日の4日間は議事の都合により休会とすることに決定いたしました。

 なお、会期日程、会議日程、本日及び20日から22日までの議事日程はお手元に配付しているところでありますので、ご了承願います。

                                        



△議案第1号〜議案第15号の上程、説明



○議長(角掛邦彦君) 日程第3、議案第1号 平成23年度滝沢村一般会計補正予算(第3号)より日程第17、議案第15号 岩手県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び岩手県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてまでを一括議題といたします。

 順次提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第1号 平成23年度滝沢村一般会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。

 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ1億1,514万1,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を153億2,052万8,000円といたすものであります。主な内容といたしましては、県警察学校射撃場跡地整備事業2,993万円の増額等によるものであります。

 以上で議案第1号の説明を終わらせていただきます。

 議案第2号 平成23年度滝沢村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。予算書の5ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ695万4,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を45億9,231万9,000円といたすものであります。

 以上で議案第2号の説明を終わらせていただきます。

 議案第3号 平成23年度滝沢村介護保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。予算書の9ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ268万3,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を23億4,668万1,000円といたすものであります。

 以上で議案第3号の説明を終わらせていただきます。

 議案第4号 平成23年度雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。予算書の13ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ340万7,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を1,214万6,000円といたすものであります。

 以上で議案第4号の説明を終わらせていただきます。

 議案第5号 平成23年度滝沢村下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。予算書の17ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ73万1,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を10億4,101万8,000円といたすものであります。

 以上で議案第5号の説明を終わらせていただきます。

 議案第6号 平成23年度滝沢村農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。予算書の21ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ802万1,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を7,258万9,000円といたすものであります。

 以上で議案第6号の説明を終わらせていただきます。

 議案第7号 平成23年度滝沢村水道事業会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。まず、第2条、収益的収入及び支出でございますが、収入の第1款水道事業収益につきまして、既定の予定額に543万円追加し9億1,559万4,000円といたしまして、支出の第1款水道事業費用は、既定の予定額に829万円追加し7億7,117万7,000円といたすものであります。

 次に、第3条、資本的収入及び支出でございますが、予算第4条、本文括弧書き中の収入が支出に対して不足する額を25万1,000円減額し5億243万4,000円に改め、支出の第1款資本的支出につきまして、既定の予定額を25万1,000円減額し8億3,485万6,000円といたすものであります。

 次に、第4条、議会の議決を経なければ流用することができない経費につきまして、職員給与費に615万7,000円を追加し1億5,502万2,000円といたすものであります。

 以上で議案第7号の説明を終わらせていただきます。

 議案第8号 滝沢村一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、地方公務員の育児休業等に関する法律に定める育児短時間勤務制度及び任期つき短時間勤務職員の採用等の条例委任事項等について所要の改正及び字句の整理を行い、あわせて平成23年東北地方太平洋沖地震の被災地への人的支援に伴う給与の支給の特例について、滝沢村一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する必要が生じたことから改正するものであります。

 改正内容といたしましては、育児短時間勤務制度及び任期つき短時間勤務職員の採用等に関する所要の改正を行うとともに、平成23年東北地方太平洋沖地震の被災地への人的支援に伴う災害派遣手当の支給の特例を定めるものでございます。

 なお、この条例は交付の日から施行し、災害派遣手当の支給の特例の部分について平成23年5月1日から適用するものであります。

 以上で議案第8号の説明を終わらせていただきます。

 議案第9号 滝沢村税条例の一部を改正する条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、東日本大震災の被災者等の負担の軽減を図る等のため、地方税法の一部を改正する法律、地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が平成23年4月27日に公布されたことに伴い、滝沢村税条例の一部を改正する条例を一部改正するものであります。

 改正の内容といたしましては、まず村民税個人分では大震災により住宅、家財等について生じた損失額を平成22年分の総所得金額等から雑損控除として控除することができることとするものであります。

 次に、固定資産税につきましても大震災に係る固定資産税の特例措置を規定するものであります。

 なお、この条例は公布の日から施行するものでありますが、附則第18条の6に係る部分は平成24年1月1日から施行するものであります。

 以上で議案第9号の提案理由説明を終わらせていただきます。

 議案第10号 滝沢村災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律が平成23年5月2日に公布、施行されたことに伴いまして、滝沢村災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する必要が生じたことから改正するものであります。

 改正内容といたしましては、災害援護資金の貸付利率並びに償還期限の変更でございます。

 なお、この条例は公布の日から施行し、平成23年3月11日から適用するものであります。

 以上で議案第10号の説明を終わらせていただきます。

 議案第11号 滝沢村IPUイノベーションセンター設置条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、昨今の経済状況及び今般の東日本大震災による経済への影響をかんがみ、滝沢村IPUイノベーションセンター設置条例の一部を改正する必要が生じたことから改正するものであります。

 改正内容といたしましては、平成24年5月1日から平成27年4月30日までの3年間は入居3年以降の研究室使用料についても入居3年間までの使用料と同額とするものであります。

 なお、この条例は公布の日から施行するものであります。

 以上で議案第11号の説明を終わらせていただきます。

 議案第12号 村道路線の認定及び変更に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。今回認定する路線は、路線認定調書に掲げる11路線であります。その内容といたしましては、牧野林及び穴口地内におけるせいほくタウン宅地造成に伴う新規路線の認定9路線、村道巣子駅線整備に伴う新規路線の認定1路線、村道弥宜屋敷線整備に伴う新規路線の認定1路線となっております。

 変更する路線は、路線認定調書に掲げる4路線であります。その内容といたしましては、圃場整備に伴う路線の変更、村道巣子駅線整備に伴う起点の変更、国道282号一本木バイパス整備に伴う起点の変更、村道弥宜屋敷線整備に伴う起点の変更となっております。

 以上で議案第12号の説明を終わらせていただきます。

 議案第13号 岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少の協議に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。この案件は、平成23年9月26日から藤沢町を廃し、その区域が一関市に編入されることに伴い、藤沢町を同月25日をもって岩手県市町村総合事務組合から脱退させることの協議に関し、地方自治法第286条第1項及び第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 以上で議案第13号の説明を終わらせていただきます。

 議案第14号 岩手県自治会館管理組合を組織する地方公共団体の数の減少の協議に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。この案件は、平成23年9月26日から藤沢町を廃し、その区域が一関市に編入されることに伴い、藤沢町を同月25日をもって岩手県自治会館管理組合から脱退させることの協議に関し、地方自治法第286条第1項及び第290条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 以上で議案第14号の説明を終わらせていただきます。

 議案第15号 岩手県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び岩手県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。この案件は、平成23年9月26日をもって一関市に編入する藤沢町を平成23年9月25日をもって岩手県後期高齢者医療広域連合から脱退させること、またこのことに伴い関係市町村の長及び議員のうちから1名を選出している広域連合の議会の議員の定数を34人から33人に改め、それにあわせて岩手県後期高齢者医療広域連合規約において所要の整備を行うことの協議に関し、地方自治法第291条の3第1項及び291条の11の規定により議会の議決を求めるものであります。

 以上で議案第15号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

                                        



△諮問第1号の上程、説明



○議長(角掛邦彦君) 日程第18、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎村長(柳村典秀君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 柳村村長。



◎村長(柳村典秀君) 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてご説明申し上げます。

 この案件は、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、法務大臣に対して村長が人権擁護委員の候補者を推薦するに当たり議会の意見を聞くものであります。候補者といたしましては、平成23年9月30日で任期満了となる主濱惠悦氏について、同氏を再任として推薦しようとするものでございます。

 以上で諮問第1号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

                                        



△報告第1号〜報告第4号の上程、説明



○議長(角掛邦彦君) 日程第19、報告第1号 平成22年度滝沢村一般会計継続費繰越計算書についてより日程第22、報告第4号 損害賠償請求案件の専決処分についてまでを一括議題といたします。

 順次提案者の報告を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 報告第1号 平成22年度滝沢村一般会計継続費繰越計算書についてご説明申し上げます。

 この案件は、地方自治法第212条の規定に基づき、平成22年度滝沢村一般会計補正予算(第4号)において議決されました事件について、地方自治法施行令第145条第1項の規定により報告するものであります。

 内容につきましては、住民基本台帳システム更新事業に係る繰越計算書でございます。

 以上で報告第1号の説明を終わらせていただきます。

 報告第2号 平成22年度滝沢村一般会計繰越明許費繰越計算書についてご説明申し上げます。この案件は、地方自治法第213条の規定に基づき、平成22年度滝沢村一般会計補正予算(第2号)、(第5号)、(第7号)及び(第8号)において議決されました事件について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものであります。

 内容につきましては、交流拠点複合施設整備事業ほか24件に係る繰越計算書でございます。

 以上で報告第2号の説明を終わらせていただきます。

 報告第3号 平成22年度滝沢村一般会計事故繰越し繰越計算書についてご説明申し上げます。この案件は、地方自治法第220条第3項のただし書きの規定により事故繰越の措置をとりましたので、地方自治法施行令第146条第2項及び第150条第3項の規定により報告するものであります。

 内容につきましては、巣子駅地区まちづくり事業ほか1件に係る繰越計算書でございます。

 以上で報告第3号の説明を終わらせていただきます。

 報告第4号 損害賠償請求案件の専決処分についてご説明申し上げます。この案件は、滝沢村と示談交渉中であった損害賠償請求案件1件について専決処分をいたしましたので、地方自治法第180条第2項及び滝沢村長専決条例第3条の規定により報告するものであります。

 以上で報告第4号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の報告を終結いたします。

 なお、報告第1号については地方自治法施行令第145条第1項の規定により、報告第2号については同法施行令第146条第2項の規定により、報告第3号については同法施行令第150条第3項の準用規定により、また報告第4号については同法第180条第2項の規定により、それぞれ報告のみで足りることを申し添えます。

                                        



△散会の宣告



○議長(角掛邦彦君) 以上をもって本日の議事日程は全部終了いたしました。

 本日の会議はこれをもって散会いたします。

                                (午前10時22分)