議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 滝沢市

平成23年  3月 定例会(第30回) 03月03日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成23年  3月 定例会(第30回) − 03月03日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成23年  3月 定例会(第30回)





平成23年3月3日
第30回滝沢村議会定例会会議録
平成23年3月3日第30回滝沢村議会定例会が滝沢村役場に招集された。
出席議員は次のとおりである。
   1番  相  原  孝  彦  君    2番  桜  井  博  義  君
   3番  佐  藤  澄  子  君    4番  日  向  清  一  君
   5番  斉  藤  健  二  君    6番  武  田  猛  見  君
   7番  遠  藤  秀  鬼  君    8番  佐  藤  美 喜 子  君
   9番  高  橋  盛  佳  君   10番  柳  村     一  君
  11番  熊  谷  初  男  君   12番  高  橋     寿  君
  13番  佐 々 木     剛  君   14番  山  谷     仁  君
  15番  鎌  田     忍  君   16番  武  田  俊  和  君
  17番  西  村     繁  君   18番  黒  沢  明  夫  君
  19番  山  本     博  君   20番  長  内  信  平  君
  21番  川  原     清  君   22番  角  掛  邦  彦  君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。

       村        長     柳  村  典  秀  君
       (水道事業管理者)

       教 育 委 員 会委員長     内  村  宣  夫  君
       副    村    長     松  川     章  君
       教    育    長     盛  川  通  正  君
       経 済 産 業 部 長     中  道  俊  之  君
       健 康 福 祉 部 長     主  浜  照  風  君

       都 市 整 備 部 長     及  川     安  君
       兼 上 下 水 道 部 長

       住 民 環 境 部 長     菊  池  文  孝  君
       企 画 総 務 部 長     佐 野 峯     茂  君
       教  育  部  長     遠  藤  正  紀  君
       農  林  課  長     武  田  晴  良  君
       商 工 観 光 課 長     熊  谷  一  見  君
       福  祉  課  長     伊  藤  順  子  君

       高 齢 者 支 援 課 長     千  葉  澄  子  君
       兼老人福祉センター所長

       保 険 年 金 課 長     中  村  英  規  君
       都 市 計 画 課 長     湯  沢     豊  君
       下  水 道 課  長     釜  沢  敦  司  君
       環  境  課  長     齋  藤  誠  司  君
       企 画 総 務 課 長     加 賀 谷     建  君
       財  務  課  長     中  村  保  夫  君
       税  務  課  長     三  上  清  幸  君
       教 育 総 務 課 長     熊  谷     満  君
       水 道 経 営 課 長     下  長  秀  樹  君
       水 道 整 備 課 長     阿  部  一  彦  君
       農 業 委員会事務局長     井  上  靖  宏  君
       監査委員事務局主任主査    藤  倉  友  久  君

本会議の書記は次のとおりである。
       議 会 事 務 局 長     太  田  晴  輝
       同    次    長     高  橋     永
       同  主 任 主  査     勝  田  裕  征





△議会運営委員会の報告



○議長(角掛邦彦君) 過日議会運営委員会が開催されておりますので、その結果について報告願います。



◎14番(山谷仁君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 山谷仁議会運営委員長。



◎14番(山谷仁君) 2月24日に議会運営委員会を開催いたしましたので、その結果についてご報告をいたします。

 本定例会の会期は、3月3日から3月18日までの16日間とし、3月4日から7日及び3月11日から17日までの11日間は議事の都合により休会といたします。なお、18日は13時30分の開会といたします。

 議案の取り扱いについては、議案第1号から議案第9号までの各会計の平成23年度予算については予算審査特別委員会を設置し、付託といたします。議案第10号から議案第19号までの各補正予算と議案第31号は即決とし、本日審議をいたします。これ以外の議案及び追加提案については即決とし、最終日に審議することといたします。また、諮問第1号から諮問第3号及び同意第1号は、最終日の審議といたします。一般質問は、3月8日に会派代表3名、9日3名、10日2名につき行います。請願1件については、所管の教育民生常任委員会に付託といたします。

 以上、議会運営委員会の結果報告といたします。平成23年3月3日、議会運営委員長、山谷仁。

                                        



△開会及び開議の宣告



○議長(角掛邦彦君) ただいまから平成23年第30回滝沢村議会定例会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。

 直ちに本日の会議に入ります。

                                (午前10時00分)

                                        



△諸般の報告



○議長(角掛邦彦君) 議事日程に入るに先立ち、諸般の報告を行います。

 本定例会までに報告を受けております例月出納検査結果報告書、定期監査報告書、住民監査請求に基づく監査結果、議会活動議員派遣報告、説明員の報告については、お手元に配付いたしておりますので、ご参照願います。

 次に、表彰の伝達を行います。去る2月21日に開催されました岩手県町村議会議長会第62回定期総会の席上、町村議会議員15年以上在職者として鎌田忍君、長内信平君が全国町村議会議長会表彰の栄誉に、町村議会議員11年以上在職者として武田猛見君、佐々木剛君、山谷仁君、武田俊和君、西村繁君、黒沢明夫君、そして私の7名が岩手県町村議会議長会表彰の栄誉にそれぞれ浴されましたので、報告いたします。

 表彰伝達のため暫時休憩いたします。

            休憩(午前10時02分)

                                        

            再開(午前10時11分)



○議長(角掛邦彦君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 次に、行政報告を行います。行政報告については、お手元に配付いたしておりますので、ご参照願います。

 次に、2月23日までに受理しております請願書については、お手元に配付の請願文書表のとおりであります。

 なお、所管の常任委員会に付託しましたので、ご報告いたします。

 これより本日の議事日程に入ります。

                                        



△会議録署名議員の指名



○議長(角掛邦彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、滝沢村議会会議規則第120条の規定により、1番相原孝彦君、2番桜井博義君、3番佐藤澄子君の3名を指名いたします。

                                        



△会期の決定



○議長(角掛邦彦君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日より3月18日までの16日間といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、本日より3月18日までの16日間とすることに決定いたしました。

 お諮りいたします。議事の都合により3月4日から7日及び3月11日から17日の11日間を休会といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、3月4日から7日及び3月11日から17日の11日間は議事の都合により休会とすることに決定いたしました。

 なお、会期日程、会議日程及び本日の議事日程はお手元に配付しているところでありますので、ご了承願います。

                                        



△村長施政方針演述



○議長(角掛邦彦君) 日程第3、村長施政方針演述を行います。

 ご登壇願います。



◎村長(柳村典秀君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 柳村村長。



◎村長(柳村典秀君) 本日、ここに第30回滝沢村議会定例会が開催されるに当たり、平成23年度の村政運営についての所信の一端を申し上げ、住民の皆さん並びに議員各位のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

 我が国の経済は、混迷と激しい変革の潮流の中、経済の危機を外需や雇用の下支え効果により回避し持ち直してはきたものの、円高の進行や海外経済の減速懸念により、先行きへの不透明感から、国民生活、雇用においても依然厳しい状況となっております。このような状況にあって、国の平成23年度の経済見通しでは、世界経済の緩やかな回復が期待される中で、国の新成長戦略の本格実施等を通じて景気は持ち直し、経済の好循環に向けた動きが進むことが見込まれております。

 早急な景気回復を期待するものではありますが、それが地方に波及し実感するまでには時間を要するものと思われます。

 また、昨年は新政権下でこれまでの制度の見直しや事業の仕分け等が行われ、地方自治体にも大きく影響を及ぼしつつあります。一方では、その方向性が不透明な部分もありますので、これまで以上に国の動向を注視しながら、政策を推進する必要があります。さらに、国においては昨年6月に地域主権戦略大綱が示され、基礎自治体への権限移譲を進め自主的かつ総合的な実施の役割を担うようにするとされており、これからは国と基礎自治体との関係が制度的にも大きく変わってくるものと考えます。

 まさに本村においても市制に則した行政体制のあり方の調査研究を進めており、市制移行が実現すれば、本村の新しい歴史の道を切り開くことになります。

 住民の幸福を第一に考え、時代の変化に柔軟に対応できる行政体制を確立し、住民サービスの充実のため、変革に挑戦し続けることこそ、私の責務であります。

 平成23年度は第5次滝沢村総合計画後期基本計画を推進する2年目であり、「夢」「絆」「生きがい」をキーワードとして重点政策の推進はもとより、新たな政策にも取り組み、各事務事業を着実に推進し、現今の厳しい状況を乗り越えてまいる所存であります。

 財政状況の見通しについてでありますが、日本の経済・社会は、人口減少時代に入るなど歴史の転換点に差しかかっております。これまで20年以上低迷してきた経済は、依然として慢性的なデフレが続いており、地方自治体においても厳しい財政状況が続くものと認識しております。

 国の平成23年度予算は、政権交代後、新政権がゼロから取り組む最初の本予算であり、平成22年6月に「新成長戦略」及び「財政運営戦略」により示した、新政権の経済・財政政策の基本的な方針下での予算でもあります。

 この方針に基づいて編成された平成23年度の一般会計予算の規模は、92兆4,116億円、前年度比1,124億円、0.1%増で、国債費を差し引いた基礎的財政収支対象経費は、70兆8,625億円、前年度比マイナス694億円、0.1%減となっております。

 地方財政への対応としては、企業収益の回復等により、地方税収入や地方交付税の原資となる国税収入が増加する一方で、社会保障関係費の自然増や公債費が高い水準で推移すること等により依然として大幅な財源不足が生じていますが、建設地方債・臨時財政対策債等により補てん措置を講じたことで、地方財政計画では実質的に平成22年度の水準を下回らないよう一般財源の総額を確保し、柔軟な地方財政運営ができるよう配慮しているとされております。

 このような財政状況のもと、平成23年度当初予算編成に当たっては、後期基本計画の使命である「生きがい支援」を達成し、重点政策、基本政策を着実に推進すべく、戦略的な予算配分としたところであります。

 以上の結果、一般会計予算、特別会計予算、企業会計予算の総額は、250億2,000万円余、前年度比3.7%増となっております。このうち一般会計予算については、拡大される子ども手当の影響、普通建設事業等の増加により、総額151億1,000万円、前年度比0.9%増となっております。

 以下、順次、主な施策の概要について申し上げます。

 まず、産業が元気で活気あふれるまちをつくりますについて申し上げます。

 私はこの政策では、変革の時代をたくましく生き抜く自治体として付加価値に重点を置いた産業の高度化に取り組んでまいります。

 戦略的な産業振興と雇用促進につきましては、村の特徴を生かした6次産業化の振興施策や企業の誘致施策に合わせ、村の実情に即した緊急雇用対策を講じてまいります。

 企業立地の促進につきましては、盛岡西リサーチパークのさらなる分譲を目指し誘致活動を推進してまいります。また、滝沢村IPUイノベーションセンターの入居率を高め、あわせて隣接地(仮称)滝沢村IPUイノベーションパークの造成を行い、岩手県立大学と連携し組み込みソフト・IT関連産業の集積に取り組んでまいります。

 観光振興と物産振興につきましては、平成21年度に策定しました「滝沢村観光物産振興ビジョン」の基本方針に基づき、自然系資源につきましては、岩手山麓周辺のビューポイントなどの観光整備に努めてまいります。

 人文系資源につきましては、「チャグチャグ馬コの里滝沢」にふさわしい馬事文化を継承していくため、馬を身近な存在としていた原風景を再現し、馬を活用したまちづくり事業に取り組んでまいります。

 物産系資源につきましては、スイカ、リンゴ、クイックスイート、ヤマブドウなどの食材を活用した特産品の開発を推進します。

 農林業の振興につきましては、戸別所得補償制度が本格実施されることとなっており、畑作物も対象として拡大されるほか制度の内容が多岐にわたることから制度の実効性を高めるために、制度の内容について十分な説明を行い、農業者にとって、より有効な営農体系となるよう支援してまいります。また、本制度の円滑な推進や担い手育成など本村農業の総合的施策を展開していくため、指導体制の充実に努めてまいります。

 地産地消の推進につきましては、通年出荷が可能となるようパイプハウス等の施設の整備に対する支援を行い、葉もの、根菜類など少量多品目の安定供給による生産者と消費者の結びつきを深めるとともに、学校給食等での地場産品利用を拡大するために関係団体との情報共有と連携強化を図ってまいります。

 6次産業化につきましては、花卉プロジェクトやクイックスイート栽培を通して農家の生産意欲も向上していることから、さらに付加価値を高める取り組みに対して支援を強化するとともに村の振興作物の普及に努めてまいります。

 畜産につきましては、相の沢牧野内に整備している通年預託施設の供用開始により冬期間も乳用牛の受け入れが可能となることから、この預託施設の積極的な利用を呼びかけるとともに健全な管理運営に努め、畜産農家の経営基盤強化を支援してまいります。

 次に、みんなで学び合い、未来と地域を担う人が育つまちをつくりますについて申し上げます。

 次代を担う子供たちが安心して、快適な学校生活を送り、資質や能力を培うことは住民の願いであり、行政の大切な役割であると認識しており、教育環境の整備と支援に努めてまいります。

 特にも、児童数の増加により過大規模校化が見込まれる鵜飼小学校と大規模校となっている滝沢小学校の適正規模化に向けて、(仮称)滝沢中央小学校の整備を計画的に進めてまいります。

 また、新学習指導要領の実施を念頭に、一層の健全な心身の育成を進めるため、中学校への武道場の計画的な整備を進めるとともに、安全、安心な教育環境を確保するため、引き続き教育施設の適切な維持管理に努めてまいります。

 生涯学習の推進につきましては、住民一人一人が自立し、自分らしさを大切にし、ともに学び合い、自分の能力や可能性を発揮できるよう、第2次滝沢村生涯学習推進計画後期計画の推進に努めてまいります。

 生涯スポーツの推進につきましては、2巡目国体に向けて、住民意識の醸成と開催準備に向けた取り組みを進めてまいります。

 次に、健やかに、元気に暮らすことができるまちづくりについて申し上げます。

 健やかに、元気に暮らすことができるまちづくりのためには、「みずからの健康はみずからが守る」を基本とし、自助、共助、公助のバランスのとれた活動により、地域の中で安心して暮らしていける環境づくりが大切であると考えております。

 このような考え方を基本とし、健康づくりへの支援として、生活習慣改善のための自覚と行動を促し、予防と早期発見のために各種検診の受診率向上と検診後の指導を充実するとともに、公衆衛生の向上及び増進を図るため、本年2月から実施している子宮頸がん予防ワクチン接種事業を引き続き行うほか、小児用肺炎球菌ワクチン接種などの予防接種事業を拡大し、疾病の予防に努めてまいります。

 安心して子供を産み育てるためには、子育てが楽しいと感じるまちづくりが大切と考えますことから、多様な家庭の形態やニーズを的確に把握し、関係機関と連携を図りながら地域ぐるみでの子育てを支援してまいります。

 また、安心できる生活の実現のため、だれもが安心して医療が受けられる国民皆保険制度の一つである国民健康保険の安定運営と各制度の円滑な実施に努めるとともに、被保険者の経済的負担を軽減するため、国民健康保険税の軽減を行います。

 医療費助成制度は、乳幼児に対して受給者負担を従来の2分の1にして経済的負担の軽減を図ります。

 支え合う福祉への支援につきましては、障害を持つ方が地域でともに暮らすために、障害福祉サービスの提供を図るとともに、必要な情報の提供や関係機関との連絡調整を図りながら、相談支援を推進してまいります。

 障害を持つ児童の相談支援につきましては、関係機関等との連携を図りながら対応してまいります。

 さらに、地域で支え合い安心して暮らすために、民生委員活動などの福祉活動を支援するとともに、生活困窮や消費生活などの相談支援や災害時要援護者の登録と情報共有を図り、住民相互が支え合う福祉を推進してまいります。

 子育てへの支援につきましては、子ども手当の給付など子育て世帯への経済的支援を図るとともに、保育児童の入所可能枠の確保や関係機関等の連携による要保護児童等の支援を強化してまいります。また、滝沢ニュータウン学童保育クラブ及び一本木学童保育クラブの新築を行い、老朽化・狭隘化している放課後児童クラブの解消に努めてまいります。

 また、安心できる長寿社会の実現のため、高齢者が住みなれた地域で自分らしい生活が続けられるように、地域や関係機関と連携し、介護保険制度等のサービスの利用促進を図るとともに、地域ぐるみで高齢者を見守る体制の整備に努めます。また、生きがいづくりの一環でもあります「睦大学」や「老人クラブ」等の高齢者の主体的な活動の支援を継続してまいります。

 高齢者の自立への支援につきましては、地域包括支援センターを核として、「いきいきクラブ」と「いきいきサロン」の一体化など、地域との連携を図りながら、介護予防事業に重点的に取り組むとともに、認知症等の高齢者を早期に発見し対応することで、高齢者の尊厳の保持と介護家族の負担の軽減に努めてまいります。

 また、健康福祉分野につきましては、第3期滝沢村障害福祉計画を初めとする5つの分野別計画の策定年次となっており、各施策を計画的に推進してまいります。

 次に、だれもが暮らしやすいまちをつくりますについて申し上げます。私は、魅力ある地域のあるべき将来像を住民の皆さんと共有しながら、暮らしやすいまちづくりを進めていかなければならないと考えております。

 この考え方を基本に、暮らしやすい住環境の形成を図るため、滝沢村都市計画マスタープランの見直しに着手し、また地域開発、住宅建築の適正指導や住宅の耐震化に努めるとともに、自然に配慮した都市景観の形成を図ってまいります。

 さらに、住民の皆さんが憩える公園や水辺を安全・安心に利用できるように、自治会や地域活動団体の皆さんと協働し、適切な維持管理に努めてまいります。

 快適な道路環境の形成を図るため、道路整備計画、維持修繕計画に基づき、より安全で安心な生活道路の整備を推進するとともに、地域の皆さんと連携し、協働作業で行うマイロード支援事業を継続して推進してまいります。

 なお、村内主要幹線となっている国県道の整備、改良の促進を今後さらに国、県へ強く要望してまいります。

 利便性の高い移動手段の確保につきましては、新たに地域交通懇談会を開催し、地域の実情や高齢者の方々の声を聞きながらニーズの把握を行うとともに、ことし2月に設置された住民、交通事業者などから組織される「滝沢村地域公共交通会議」の場を通じて、これからの高齢化社会を見据えた、移動しやすい交通システムの構築に向け検討してまいります。

 公共下水道につきましては、引き続き滝沢駅前地区及び巣子地区を中心に整備し、雨水対策として土沢地区の調査を実施してまいります。

 また、合併処理浄化槽の設置補助事業を推進し、快適な生活環境の向上と公共用水域の水質保全に努めてまいります。

 水道事業につきましては、平成22年2月に策定した「滝沢村水道事業第2期中期経営計画」に基づき、引き続き事業を推進していくとともに、より一層の経営改善に取り組み、利用者の皆さんから「信頼され続ける水道」を目指してまいります。

 また、一本木簡易水道につきましては、平成24年度から村が水道経営を行う予定としており、円滑に事業が譲与されるよう村営簡易水道の認可などの事務に取り組んでまいります。

 次に、みんなの力で、自然を守り、安全で住みよいまちをつくりますについて申し上げます。

 環境に優しいまちづくりにつきましては、引き続き「環境年次報告書」による、住民に身近な生活環境の調査、分析及び公表に取り組んでまいります。また、平成23年度からは、地球温暖化対策地方公共団体実行計画策定の取り組みを開始し、これらとあわせて、村環境基本条例に基づいた環境保全の施策を住民の皆さんとともに考え、展開してまいります。

 一般廃棄物処理とし尿処理につきましては、平成23年4月から本格稼働となる雫石・滝沢環境組合と盛岡地区衛生処理組合との円滑な運営を支援し、適正な処理に努めてまいります。また、新リサイクルセンターを平成24年度に完成させ、本村における循環型社会の形成に努めてまいります。

 安全安心なまちづくりの推進につきましては、災害や犯罪、交通事故から生命や財産を守るために、地域及び関係団体と連携し、災害や犯罪のない地域、死亡事故ゼロを目指す活動を継続してまいります。特にも、自主防災組織育成をさらに進めるために自主防災組織の連絡会を設立し、情報の共有化等を図るとともに、消防団・村災害対策本部との連絡・連携強化のため、無線等の整備を行ってまいります。

 地域交流と参画の推進につきましては、住民自治の今後のあるべき姿を住民の皆さんと一緒に考え、自治組織の活性化に向けた支援に努めるとともに、滝沢地域デザイン推進事業については、地域のリーダーとなる人材の育成を目指しながらさらなる推進を図ってまいります。

 また、地域活動の拠点となる(仮称)滝沢村交流拠点複合施設の整備を進めるとともに、各地区のコミュニティ施設のあり方を検討してまいります。

 村内各地で行われている活動の紹介や情報共有の場が必要との声もあることから、自治組織、各種団体などの地域活動の交流拠点機能を視野に入れた連携ルームを新たに役場内に設け、情報の発信、共有そして交流が図られるよう進めてまいります。

 男女共同参画の推進につきましては、啓発活動の展開、男女平等の意識高揚に努めてまいります。

 住民情報の管理につきましては、各種住民サービスの根幹となる住民情報の基礎データの正確性を確保し、適正な管理及び必要な情報の提供に努めてまいります。

 次に、住民が豊かさを実感できる行政を目指しますについて申し上げます。

 住民ニーズに対応した行政体制を確立するためには、本村の将来に対して夢と希望が持てる目標を掲げ、有効な政策を住民の皆さんに提示し、共有しながら実効性の高い施策を着実に展開することが必要であります。

 方針展開におきましては、村長方針、政策・施策方針の設定、事務事業の実行と評価を反映する仕組みをさらに推進します。

 また、住民の皆さんが行政に対してどのような意見やニーズを持っているのか、生活にどのような不安を持っているのかを的確に把握していくことが必要であります。住民ニーズの把握のためには、村政懇談会や「お気軽トーク」などの各種懇談会を継続して開催し、住民の皆さんの声に耳を傾けてまいります。あわせてリニューアルを計画しておりますホームページ・広報紙を活用し、新鮮な情報を積極的かつタイムリーに提供するよう努めてまいります。

 地域主権の時代にあっては、地域の可能性と潜在力をさらに引き出すことにより、住民の皆さんが心豊かに住みよさを実感できる行政体制の構築が必要であります。

 現在設置されております行政体制調査研究会の中では、本村における将来の急速な高齢化の進行や人口減少を踏まえ、それに対応する政策展開の自由度を高めることや住民生活に最も身近な保健・福祉分野の事務の迅速化、完結性が期待されています。また、市制移行による求心力で住民協働による地域のまちづくりがさらに推進され、(仮称)自治基本条例の制定とあわせ、地域力の創造が一層図られるなど住民が結集できる共有の仕組みづくりになり得ると考えております。

 今後、調査報告の結果につきましては、住民の皆さんにその内容をお知らせし、体制整備や説明会などの取り組みを行ってまいります。

 財源の確保と有効な活用を図るには、村財政の根幹をなす村税の適正な課税と確保が重要であり、正確・公平かつ効率的な賦課徴収を進めてまいります。

 人材育成と職場環境の充実につきましては、権限移譲に対応する福祉部門の職員の養成を図るため岩手県へ職員を派遣するなど人材育成を進めるとともに、人事考課制度の再開による取り組みを職員の能力開発・育成に活用しながら「学習する組織」の構築に取り組んでまいります。また、職員が心身ともに健康でやりがいを持って仕事に取り組めるよう、環境整備に努めてまいります。

 以上、6つの基本政策について申し述べましたが、これらを有機的に関連させ、横断的に強化するため、3つの重点政策に取り組んでまいります。

 まず、滝沢らしさをつくり出す活動を進めますについて申し上げます。

 滝沢村には、先人から受け継いでいる風土に根づいた文化、自然環境、食など全国に誇れる「滝沢らしさ」があると考えます。

 これを「滝沢ブランド」という地域ブランドとするためには、滝沢へ行ってみたい、滝沢の物を買いたい、滝沢に住みたいという、それぞれの価値を満たすことが重要であります。

 この3つの価値を満たす切り口として、「滝沢ブランドの創出」「きずなでつながる地域コミュニティ」「信頼される行政活動」を施策の柱として進めてまいります。

 施策の推進に当たっては、重点政策推進本部等の内部組織と住民・NPOとの協働による推進組織を確立し、第1次産業の基盤強化と6次化の推進、観光地としての魅力向上、地域産品の振興等を重点的に推進してまいります。

 次に、若者が意欲を持って活動できるよう支援しますについて申し上げます。

 私は人は地域の力であり、若者は地域の活性化の源であると考えており、地域の活力を維持、発展させるためさまざまな施策を通じて若者世代の定住あるいは交流につながる事業を継続してまいります。

 家族や地域のきずなの醸成、若者の雇用機会の創出、子育てしやすい地域環境の整備を施策の柱とし、若者が集う機会とグループ化の推進、雇用の場の整備、健康福祉部門における子育て環境の充実など関係部横断的な事務事業を検討実施してまいります。

 次に、環境を考え、健康を実感できる食育を推進しますについて申し上げます。

 「食育」という言葉の浸透とともに、食育への関心が高まる一方で、その意味や内容については、まだ十分に浸透していないという現状にあります。そのため平成23年度から新たにスタートする「第2次滝沢村食育推進計画」によってさまざまな事業を展開することにより、食への理解を深めることが重要と考えております。

 環境と調和した食糧生産、健全な食生活の推進、食の安全に向けた情報提供、楽しい食卓と食文化の継承を柱として進めてまいります。とりわけ、村の地場産品を通じて身近な食材から食の理解を深め、村の伝統食文化や新しい食文化の醸成から定着を図ってまいります。

 以上が、私の村政運営の方針及び主要施策の概要であります。これらの施策は、行政だけでは達成できるものではなく、住民、そして地域の協力が不可欠であります。公平性、透明性を確保し行政と住民の良好な関係のもと、協働で活動できる確かな形を構築してまいります。

 議員各位におかれましては、なお一層のご指導とご支援をお願い申し上げますとともに、ご提案いたしました平成23年度予算案を初めとする諸案件につきまして、ご審議の上ご賛同を賜りますようお願い申し上げ、私の施政方針表明といたします。



○議長(角掛邦彦君) これをもって村長施政方針演述を終結いたします。

                                        



△教育施政方針演述



○議長(角掛邦彦君) 日程第4、教育施政方針演述を行います。

 教育委員長、ご登壇願います。



◎教育委員長(内村宣夫君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 内村教育委員長。



◎教育委員長(内村宣夫君) 第30回滝沢村議会定例会が開催されるに当たり、平成23年度における教育行政の基本的な考え方と主要施策について申し上げます。

 本村の教育行政の推進に当たりましては、これまで、議員各位を初め、地域・保護者・関係者の皆さんの多大なご支援、ご協力を賜り、明るく、賢く、たくましい子供たちの育成が進められてきましたことに、改めて感謝申し上げます。

 現在、第5次滝沢村総合計画後期計画において「みんなで学び合い、未来と地域を担う人が育つまちをつくります」を基本政策に掲げ、教育行政の推進に当たっておりますが、「人が育つこと」の大切さを常に念頭に置き、施策を展開してまいる所存であります。

 まず、学校教育の充実につきましては、改正教育基本法の理念を踏まえた新学習指導要領が、小学校は平成23年度、中学校は平成24年度から全面実施を迎えることとなっており、次の諸施策の推進に努めてまいります。

 学力向上対策の推進につきましては、子供たちの可能性を十分に引き出し、自分の将来をみずから切り開いていけるよう、学習面における基礎・基本の確実な定着を図ってまいります。また、新たに小中連携教育に取り組むモデル校を指定し、実践的研究に取り組んでまいります。

 豊かな心の育成につきましては、道徳教育を初め読書活動、体験活動等により、豊かな感性や情操をはぐくむ教育の推進に努めるとともに適正な就学指導を進めてまいります。

 学校不適応対策の推進につきましては、引き続き、あったかハートのサポーター等の配置により、問題を抱える児童生徒の精神的・社会的自立の支援に努めてまいります。また、幼稚園、保育園、小・中学校間の連携に留意し、学校不適応の未然防止と早期対応に努めてまいります。

 教育環境の整備・支援についてでありますが、小学校の新学習指導要領全面実施に向けて図書、教材の整備を図るとともに、就学援助費制度の拡充を図ってまいります。就学前教育につきましては、幼稚園への就園を奨励するための支援を継続してまいります。

 次に、生涯学習の推進でありますが、第2次滝沢村生涯学習推進計画後期計画の着実な推進に向け、社会教育につきましては、生涯の各時期に応じた効果的な学習環境づくりを進めてまいります。さらに、社会教育関係団体の活動の支援に努めてまいります。

 家庭教育の支援につきましては、小中学校等との連携と保護者への啓発活動に努めるとともに、教育振興運動による読書活動や地域活動を通して「子供たちの生きる力」をはぐくんでまいります。また、関係課、関係団体との連携を密にしながら、放課後子どもプランの推進に努めてまいります。

 公民館及び図書館につきましては、一層の利便性の向上に努めるとともに、(仮称)滝沢村交流拠点複合施設整備を踏まえ、今後の図書館の整備のあり方について検討を行ってまいります。

 次に、文化と健康・スポーツの振興についてでありますが、芸術・文化に親しむまちづくりにつきましては、関係団体との連携による取り組みや吹奏楽ジョイントコンサートなどを通して、活動支援と発表・鑑賞機会の充実に努めてまいります。さらに、郷土の遺産である文化財の保存・保護と教育普及に努めてまいります。

 スポーツの振興につきましては、「みんなが主役のスポーツまちづくり」の実現に向けて、村体育協会との連携を密にし、すべての住民が、気軽にスポーツを楽しめる環境づくりに努めるとともに、総合型地域スポーツクラブの育成支援に努めてまいります。

 次に、健康・安全活動の支援につきましては、正しい生活習慣の定着を目指すことなど学校保健活動の充実に努めるとともに、スクールガード活動による安全安心な教育環境の整備に努めてまいります。

 学校給食の提供と食育の推進につきましては、安全で魅力ある学校給食の提供と地産地消の推進、ホームページ等による情報発信に努めるとともに、食育の推進を通して、児童生徒の心身の健全な成長と豊かな人間性をはぐくんでまいります。

 以上、教育行政の基本的な考え方と主要施策について申し上げましたが、学校、家庭、地域の信頼関係を土台にして、「みんなで学び合い、未来と地域を担う人が育つまちづくり」の実現のために、滝沢村の教育の方向性を確認し、確かな次代が築き上げられるよう着実な歩みを進めてまいる所存であります。

 議員各位におかれましては、格別のご理解とご支援をお願い申し上げます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって教育施政方針演述を終結いたします。

 11時5分まで休憩いたします。

            休憩(午前10時52分)

                                        

            再開(午前11時05分)



○議長(角掛邦彦君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                                        



△議案第1号〜議案第9号の上程、説明



○議長(角掛邦彦君) 日程第5、議案第1号 平成23年度滝沢村一般会計予算から日程第13、議案第9号 平成23年度滝沢村水道事業会計予算までを一括議題といたします。

 順次提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第1号 平成23年度滝沢村一般会計予算についてご説明申し上げます。

 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。第1条、滝沢村一般会計予算の歳入歳出の総額は151億1,000万円でございます。これは、平成22年度の当初予算額が149億8,000万円でございましたので、額にいたしまして1億3,000万円、率にいたしまして0.9%の増となっております。なお、国等の一般会計の伸び率といたしましては、政府予算案が0.1%の増、県予算案が2.5%の減、また地方財政計画の伸び率は0.5%の増となっているところでございます。款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表、歳入歳出予算のとおりであります。

 次に、第2条、債務負担行為でございますが、予算書の8ページをごらんいただきたいと思います。農業近代化資金に伴う利子補給ほか3件について債務負担を設定いたすものであります。

 次に、第3条、地方債でございますが、臨時財政対策債ほか7件について地方債の限度額を設定いたすものであります。

 次に、一時借入金でございますが、予算書の1ページにお戻り願います。第4条、一時借入金の最高額は、前年度同額の8億円といたすものであります。

 第5条、歳出予算の流用につきましては、給料、職員手当及び共済費に係る同一款内での各項間の流用でございます。

 以上で議案第1号の説明を終わらせていただきます。

 議案第2号 平成23年度滝沢村国民健康保険特別会計予算についてご説明申し上げます。予算書の9ページをごらんいただきたいと思います。第1条、滝沢村国民健康保険特別会計予算の歳入歳出の総額は45億9,927万3,000円であります。平成22年度の当初予算額が41億688万8,000円でありましたので、額にいたしまして4億9,238万5,000円、率にいたしまして12%の増となっております。款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表、歳入歳出予算のとおりであります。

 第2条、一時借入金の最高額は、前年度と同額の1億円といたすものであります。

 第3条、歳出予算の流用につきましては、保険給付費に係る同一款内での各項間の流用であります。

 以上で議案第2号の説明を終わらせていただきます。

 議案第3号 平成23年度滝沢村後期高齢者医療特別会計予算についてご説明申し上げます。予算書の15ページをごらんいただきたいと思います。第1条、滝沢村後期高齢者医療特別会計予算の歳入歳出の総額は2億3,594万6,000円であります。平成22年度の当初予算額が2億1,712万8,000円でありましたので、額にいたしまして1,881万8,000円、率にいたしまして8.7%の増となっております。款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表、歳入歳出予算のとおりであります。

 以上で議案第3号の説明を終わらせていただきます。

 議案第4号 平成23年度滝沢村介護保険特別会計予算についてご説明申し上げます。予算書の19ページをごらんいただきたいと思います。第1条、滝沢村介護保険特別会計予算の歳入歳出の総額は23億4,399万8,000円であります。平成22年度の当初予算額が22億5,747万3,000円でございましたので、額にいたしまして8,652万5,000円、率にいたしまして3.8%の増となっております。款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表、歳入歳出予算のとおりであります。

 第2条、一時借入金の最高額は、前年度と同額の1億円といたすものであります。

 第3条、歳出予算の流用につきましては、保険給付費に係る同一款内での各項間の流用でございます。

 以上で議案第4号の説明を終わらせていただきます。

 議案第5号 平成23年度滝沢村介護保険介護サービス事業特別会計予算についてご説明申し上げます。予算書の23ページをごらんいただきたいと思います。第1条、滝沢村介護保険介護サービス事業特別会計予算の歳入歳出の総額は1,824万9,000円であります。平成22年度の当初予算額が1,767万2,000円でございましたので、額にいたしまして57万7,000円、率にいたしまして3.3%の増となっております。款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表、歳入歳出予算のとおりであります。

 以上で議案第5号の説明を終わらせていただきます。

 議案第6号 平成23年度雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置特別会計予算についてご説明申し上げます。予算書の27ページをごらんいただきたいと思います。第1条、雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置特別会計予算の歳入歳出の総額は1,555万3,000円であります。平成22年度の当初予算額が1,549万6,000円でございましたので、額にいたしまして5万7,000円、率にいたしまして0.4%の増となっております。款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表、歳入歳出予算のとおりであります。

 以上で議案第6号の説明を終わらせていただきます。

 議案第7号 平成23年度滝沢村下水道事業特別会計予算についてご説明申し上げます。予算書の31ページをごらんいただきたいと思います。第1条、滝沢村下水道事業特別会計予算の歳入歳出の総額は10億3,974万9,000円であります。平成22年度の当初予算額が8億8,944万5,000円でありましたので、額にいたしまして1億5,030万4,000円、率にいたしまして16.9%の増となっております。款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表、歳入歳出予算のとおりであります。

 第2条、債務負担行為でございますが、予算書の34ページをごらんいただきたいと思います。水洗便所改造資金借受者に対する利子補給ほか1件について債務負担を設定いたすものであります。

 第3条、地方債につきましては、下水道事業について地方債の限度額を設定いたすものであります。

 次に、一時借入金でございますが、予算書の31ページにお戻り願います。第4条、一時借入金の最高額は2億3,990万円といたすものであります。

 以上で議案第7号の説明を終わらせていただきます。

 議案第8号 平成23年度滝沢村農業集落排水事業特別会計予算についてご説明申し上げます。予算書の35ページをごらんいただきたいと思います。第1条、滝沢村農業集落排水事業特別会計予算の歳入歳出の総額は6,456万8,000円であります。平成22年度の当初予算額が6,329万2,000円でありましたので、額にいたしまして127万6,000円、率にいたしまして2%の増となっております。款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表、歳入歳出予算のとおりであります。

 以上で議案第8号の説明を終わらせていただきます。

 議案第9号 平成23年度滝沢村水道事業会計予算についてご説明申し上げます。水道事業会計予算書の1ページをごらんください。業務の予定量は、給水戸数1万9,050戸、年間総配水量484万763立方メートル、1日平均配水量1万3,263立方メートル、主な建設改良事業は水道施設整備に5億6,563万2,000円を、配水管整備に1億6,030万5,000円を予定しております。

 次に、予算でございますが、前年度予算額と比較しご説明いたしますので、16ページからの予算説明書をごらんください。まず、収益的収入及び支出でございますが、収入の第1款水道事業収益につきましては9億1,016万4,000円で、予算額で4,507万1,000円、5.2%の増となっております。18ページをごらんください。支出の第1款水道事業費用につきましては7億6,288万7,000円で、3,263万9,000円、4.5%の増となっております。

 次に、資本的収入及び支出についてご説明申し上げます。26ページをごらんください。収入の第1款資本的収入につきましては3億3,242万2,000円で、予算額で4,315万6,000円、14.9%の増となっております。次に、28ページをごらんください。支出の第1款資本的支出につきましては8億3,510万7,000円で、予算額で2,673万1,000円、3.1%の減となっております。

 1ページにお戻り願います。第4条、資本的収入及び支出でございますが、収入額が支出額に対し不足する5億268万5,000円は、損益勘定留保資金等で補てんする予定であります。

 2ページをごらんください。第5条、企業債でございますが、起債の目的は上水道事業で、限度額3億1,000万円、利率年3.5%以内、償還方法は借入先の融資条件によるものといたしております。

 第6条、一時借入金の限度額につきましては1億円を計上しております。

 第7条、予算支出の各項の経費の流用につきましては、営業費用と営業外費用について流用することができるものといたしております。

 第8条、議会の議決を経なければ流用することができない経費の職員給与費は1億4,886万5,000円を計上しております。

 第9条、他会計からの補助金につきましては、企業債利息償還に充当のため一般会計から補助を受ける金額は717万8,000円を計上しております。

 第10条、棚卸資産購入限度額につきましては3,821万2,000円を計上しております。

 以上で議案第9号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 お諮りいたします。議案第1号 平成23年度滝沢村一般会計予算から議案第9号 平成23年度滝沢村水道事業会計予算までは質疑を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第1号 平成23年度滝沢村一般会計予算から議案第9号 平成23年度滝沢村水道事業会計予算までは質疑を省略することに決定いたしました。

                                        



△議案第1号〜議案第9号の委員会付託



○議長(角掛邦彦君) お諮りいたします。

 議案第1号から議案第9号までは、21名の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上審査したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、議案第1号から議案第9号までは、21名の委員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託の上審査することに決定いたしました。

 お諮りいたします。ただいま設置されました予算審査特別委員会の委員の選任については、滝沢村議会委員会条例第7条第1項の規定により、議長を除く全議員を指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、予算審査特別委員会の委員には議長を除く全議員を選任することに決定いたしました。

                                        



△議案第10号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第14、議案第10号 平成22年度滝沢村一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第10号 平成22年度滝沢村一般会計補正予算(第7号)についてご説明申し上げます。

 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ4億259万4,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を157億3,896万円といたすものであります。主な内容といたしましては、旧ごみ焼却施設解体関連事業1億4,971万円の減額等によるものであります。

 次に、第2条、継続費の補正でございますが、予算書の6ページをごらんいただきたいと思います。旧ごみ焼却施設解体関連事業及び一本木松島主幹線道路改良舗装事業の総額及び年割額を変更いたすものであります。

 次に、第3条、繰越明許費の補正でございますが、交流拠点複合施設整備事業ほか14事業について繰越明許費を新たに設定いたすものであります。

 次に、第4条、債務負担行為の補正でございますが、予算書の7ページをごらんいただきたいと思います。水洗便所改造資金借受者に対する利子補給についての債務負担及び水洗便所改造資金の金融機関融資に係る損失補償についての債務負担を追加いたすものであります。

 次に、第5条、地方債の補正でございますが、交通政策推進事業ほか5事業につきまして、既定の地方債の限度額を変更し、一般廃棄物処理事業及び学校建設事業につきましては既定の地方債の限度額を廃止いたすものであります。

 以上で議案第10号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。



◆15番(鎌田忍君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 15番鎌田忍君。



◆15番(鎌田忍君) 何点か伺いたいと思いますが、まず大きな問題からですが、12月補正で決まりました国の22年度の補正に伴う普通交付税の再算定による追加交付分6,200万余りあったはずであります。それから、地域活性化交付金、すなわちきめ細かな交付金分4,300万余り、合わせて住民生活に光をそそぐ交付金分1,000万余り、計1億1,500万余りですが、変動があるみたいですが、どのようになりましたでしょうか、ご説明を願いたいと思います。

 あわせて財調1億5,700万ほど手当てしておりますけれども、手当てしなければならなかった理由を伺いたいと思います。

 細かいほうになりますが、30ページの総務費、地域活動推進費の交流拠点複合施設整備事業に委託費として2,320万ほどの増額補正をしておりますが、理由を伺いたいと思います。

 次に、46ページの衛生費、保健衛生費、環境衛生費の滝沢村浄化槽設置整備補助事業にたしか12月補正で480万ほど増額補正をしておりますが、今回318万減額しております。当初これは40基、1,772万であったはずでありますが、計画性が不安でありますので、今後も含めてどのようになっているのかを伺いたいと思います。

 次に、48ページの衛生費、じんかい処理費の旧ごみ焼却施設解体関連事業1億5,000万余りの減額でありますが、多額であります。また、これは国庫支出金の循環型社会形成推進交付金1億6,000万余り認められておりますが、これらと関連あると思いますが、内容を伺いたいと思います。

 それから、戻りまして6ページの県支出金、商工費補助金について、12月補正でも減額補正されておりますが、今回においても緊急雇用創出事業費補助金524万の減、ふるさと雇用再生特別基金事業費補助金319万の減をされておりますが、理由を伺いたいと思います。

 最後になりますが、8ページの子ども手当国庫負担金2,300万余り減額でございますが、これはどのような理由で減になるものかを伺いたいと思います。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 私のほうからは、地方交付税の関係、それから国の経済対策の関係ということでお答えをさせていただきます。

 地方交付税については、12月補正をさせていただいておりました。その追加分については、その再選定に係る分ですが、一般財源化をしたということでございます。それから、地域活性化交付金、きめ細かな交付金については、今お話のありましたとおり4,356万6,000円でございます。この事業については、7事業について事業費を充てております。交付金を充てております。

 それから、地域活性化交付金につきましては、当初予定しておりました小学校関係の空調設備関係ということでございましたが、それが県との協議の結果、対象にはならないということになりまして、図書整備のほうに繰りかえいたしまして、小学校、中学校、公民館の図書関係の事業ということで、3事業に対しまして1,100万の交付金を充当させていただいております。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 浄化槽の設置についてのご説明をさせていただきます。

 まず、当初計画では40基計画しておりまして、先ほどおっしゃられましたとおり、9月に補正により計画値40基に対して60基にふやしております。それで、9月に60基と。それで、さらに需要が多いということで、12月補正でさらに10基ほどふやしまして70基といたしております。ほぼ実績として固まりましたので、64基ということに大体固定したのかなということで、6基減とした予算でございます。



◎住民環境部長(菊池文孝君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 菊池住民環境部長。



◎住民環境部長(菊池文孝君) まず、31ページの交流拠点複合施設整備事業の2,320万円についてご説明申し上げます。

 基本設計分の補正をいたしまして繰り越すものでございまして、本体工事分が1,960万ほど、造成分が355万ほどということで、合わせまして2,320万円になったものでございます。

 それから、次の49ページの旧ごみ焼却施設解体関連事業につきましては、リサイクルセンターの入札残がこのぐらいになりました。その結果、大体事業が完成いたしまして、事業費が大体わかってまいりまして、その結果、次、歳入のほうの9ページの1億6,171万1,000円と関係するわけですが、実はこの事業につきましては23年度、国でなくなる予定となっておりました。ということで、事業費が大体固まったことから前倒しで交付金をいただける、年度間調整制度というものを利用させていただきまして、今回1億6,000万ほどの追加の交付金をいただくということになりまして、その結果、同じ歳入の21ページに一般廃棄物処理事業債とございますが、交付金とこの事業債でやる事業の予定をしていたものが交付金のみで今年度は事業をさせていただくということになりましたので、こういうふうな形の補正となっております。



◎経済産業部長(中道俊之君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 中道経済産業部長。



◎経済産業部長(中道俊之君) 私のほうからは、緊急雇用対策事業関係の減額の理由についてお答えをいたします。

 まず初めに、15ページの緊急雇用創出事業費補助金の減額の理由でございますが、事業内容の確定及び精査による調整でございます。1事業につきましては、増額で43万円ほど増額している事業がございます。それから、17の事業につきましては減額でありまして、567万6,000円の減額、これを相殺いたしまして524万6,000円の減ということになっております。

 それから、ふるさと雇用再生事業特別基金のほうでございますが、こちらのほうは2つの事業において減額が発生いたしておりまして319万6,000円の減ということでございます。

 なお、今年度の緊急雇用創出事業によります雇用の人数は77名であります。それから、ふるさと雇用再生事業によります雇用の人数は10名ということでなっております。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 主浜健康福祉部長。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 国庫負担金におけます子ども手当国庫負担金の減額の関係でございますが、これにつきましては平成22年度より始まった事業でございまして、当初予算編成時におきまして児童手当の実績と、あるいは出生、転入等の見込みから当初予算を編成したわけでございますけれども、今般実績に見合う決算見込み値が出たということから、この2,300万ほどの国庫負担については減額すると、歳出につきましても同じような形で減額をさせていただいているというところでございます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 大変申しわけございません。答弁、1つ抜けておりました。財政調整基金への積み立て1億5,000万ほどでしたか、その関係でございますが、財政調整交付金は、ご承知のとおり毎回の補正の中で財源として活用されていくわけでございますが、今回はごらんのとおり、特に事業費の最終的な精査で入札残とかそういったものがありまして、結果としてその額が歳入から歳出引いて1億5,000万余ほどの財源が出たということで、財政調整基金に積み立てをさせていただいたという内容でございます。



◆15番(鎌田忍君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 15番鎌田忍君。



◆15番(鎌田忍君) 何点か伺いますが、大きく国の補正に伴う手当てについては、一応空調がだめだったけれども、図書等で手当てをしましたよということで、一応使ったという形になろうかと思いますが、ではそのだめになった空調の分、これは今後どのようになるのかということを伺いたいと思います。

 それから、浄化槽関係ですが、今回、今年度は64基で固定したということですが、では今後どういう考えなのか。今年度当初の40基でいくのか、今後はもうこの六十何基ぐらいで推移するのかということを伺いたいと思います。

 それから、交流拠点のほうの説明がちょっとわかりにくかったので、改めて再度伺いたいと思います。

 ごみのほうですが、これは旧焼却炉の煙突の分だと思いますが、煙突関係でしょうが、結果として総額どうだったのかということを伺いたいと思います。

 それから、雇用についてですが、合わせて87名雇用したと、緊急雇用で。結果として。その87名というのは、当初目的とした人数と比べてどうであったのかということを伺いたいと思います。

 それから、子ども手当ですが、申請しなかった方はおられるのか、またそういう方は何%ぐらいになるのか、ありましたら伺いたいと思います。



◎教育部長(遠藤正紀君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 遠藤教育部長。



◎教育部長(遠藤正紀君) 小学校、中学校の空調設備整備事業でございますが、今回交付金の対象からは外れたわけでございますが、財源振りかえをいたしまして、引き続き事業は実施してまいります。繰り越し事業といたしております。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 浄化槽の推移でございますが、一応新年度予算では60基と見込んでおります。

 それで、今後の私どもの見込みとしましては、22年度、ことしと、それから23年度が大体ピークかなと推計しております。それで、大体24年度以降からは40基前後で推移するだろうという見通しを立てております。

 以上です。



◎経済産業部長(中道俊之君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 中道経済産業部長。



◎経済産業部長(中道俊之君) 私からは、雇用の当初の見込みと補正後の見込みということでお答えしたいと思います。

 緊急雇用創出事業につきましては、当初では76名を予定しておりました。これに対して補正後は77名、101.3%になります。それから、ふるさと雇用再生は当初10名を予定しておりまして、補正後も10名と、100%で雇用は成就するということになっております。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 主浜健康福祉部長。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 子ども手当の国庫負担金、先ほどの申請しなかった方はあるのかというご質問でございましたが、これにつきましては申請主義ということでございまして、各個々の申請しなかった方についての把握というのはいたしてございません。



◎住民環境部長(菊池文孝君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 菊池住民環境部長。



◎住民環境部長(菊池文孝君) 交流拠点複合施設の基本設計の額につきましては、本来当初予算で計上する予定でございましたが、3月時点で予定していた額がちょっと急遽なくなって予算的に余裕ができたということで、前倒しでこの基本設計の部分を入れさせていただいたものでございます。それで基本設計の内容としましては、本体工事分として1,964万ほどの設計料、それから造成分としまして355万ほどの基本設計、合わせまして2,320万ほどの予算としております。

 それから、ごみの焼却施設の解体工事につきましては、最終的にはごみ焼却施設解体工事と解体工事の管理業務を含めまして9,800万ほどの契約額になっておりますが、最終的な総額につきましては、ごみ焼却施設解体工事が1億5,000万ほどでございましたけれども、今ちょっと詳細の額につきまして調べておりますので少々お待ちください。



◆15番(鎌田忍君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 15番鎌田忍君。



◆15番(鎌田忍君) 最後にしますが、子ども手当ですが、把握していないということでございますが、予算は組んでありますので、どういう言い方がいいのか、執行率と言えばいいのか、手当て率と言えばいいのか、そこら辺の率等を考えれば、執行率といいますか、そこら辺は何%というふうに考えておりますでしょうか。逆に言えば未達成率は何%という言い方もできるのか、説明願いたいと思います。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 主浜健康福祉部長。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 執行率といたしましては、予算に対してでございます。当初予算に対して、今般の補正におきまして2.1%の減という状況でございますので、その分については執行残という形にはなるわけでございますが、ただ当初予算編成の段階でなかなか見込みがつかめないということもございましたので、このような補正という形で出させていただいたというところでございます。



◆6番(武田猛見君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 6番武田猛見君。



◆6番(武田猛見君) 何点かお聞きします。

 最初に、説明書の27ページのこれは一般管理費の上のほうに職員研修事業というのがあるのですけれども、これ大分減額されて半分ぐらいの金額になっているようなのですけれども、職員研修事業、実際には、ではどうだったのというところら辺でちょっと説明をお願いしたいと思います。

 それから、57ページになりますけれども、地デジの関係です。デジタルテレビ放送難視聴補助事業ということで、これもかなりの減額になっているという部分についての説明をお願いしたいと。

 それから、67ページになりますが、教育振興費のあったかハートのサポーター配置事業、これかなり減になっていて、これはたしか緊急雇用と絡まっているのかなと思ったのですけれども、先ほどの教育委員長の方針演述の中でもあったかハートを引き続きやると。ただ、緊急雇用は22年度で終わりなのではないかなと。これが、しかも減になっているという、その辺についてもお聞きいたしたいと思います。

 それから、最後ですけれども、77ページの教育振興費の幼稚園費のこの私立幼稚園の就園奨励補助事業、これも結構な減額になっているのですけれども、これ認定こども園との絡みが出てくるのかなと思いますが、その辺についてのご説明をお願いしたいと思います。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 職員研修の関係についてお答えをさせていただきます。

 今回職員研修として予定していたもののうち、大きなものが人事評価制度の新たな構築でございました。これについて内部でいろいろ検討した結果、従前も人事考課ということでやっておりましたけれども、新たなものを再度構築するよりも、今まで行ってきたものを手直ししていくというほうが職員というか、人事考課についても有効だということが出まして、新たなものを構築せずに今のものを手直ししていくということで、今年度研修を一部入れさせていただいておりますので、新たなものを構築しなくてもよくなったということでございます。それが大きく減額した理由でございます。



◎経済産業部長(中道俊之君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 中道経済産業部長。



◎経済産業部長(中道俊之君) 私からは、地デジ関係のお答えをさせていただきます。

 この1,446万5,000円の減額の99%ぐらいが箸木平地区の48戸の方々のエリアの事業費の額の減であります。この事業費の額の減と申しますのは、当初は村のほうで取りまとめをさせていただいて支援、補助事業を活用する予定にいたしておりましたが、その後ケーブルテレビを使った国の直接の支援を受けられる共聴組合をつくっていただいて、村を通さないで直接CDVによる共同受信が可能になるということで、その方法に変更したことによる減額でございます。したがいまして、地デジ対策そのものがとまるというわけでありませんで、事業そのものは振興するということで、今回減額させていただくものであります。



◎教育部長(遠藤正紀君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 遠藤教育部長。



◎教育部長(遠藤正紀君) あったかハートのサポーター配置事業の減額についてのご質問でございますが、ご質問にあるとおり、これは国の緊急雇用創出事業の一環として実施したものでございます。手続的に求人につきましては、ハローワークを通しての手続ということで、4月の発令から5月にずれ込んだ部分で1カ月分の減額が生じております。それから、個別に1人、病気休暇等がありまして、この分の報酬の減額があったことによりまして今回の減額補正となっているものでございます。

 なお、23年度におきましても、これは継続いたしまして実施するものといたしております。

 それから、幼稚園就園奨励費補助事業の減額でございますが、これにつきましても対象児童数そのものにつきましては当初よりもふえております。しかし、補助基準によりまして、この第1子、第2子、第3子の構成割合によりまして補助単価が違いますので、今回の対象人数の内訳を見ますと、第1子につきましては約100人、事業費といたしまして約60万円ふえてございますが、補助単価の多い第2子につきましては逆に約60人の減と、それから第3子につきましては約7人ということで、補助単価の高い第2子、第3子の人数の減と。一方、総体としてはふえている中で、第1子がその分あったということで、減額となった主な理由でございます。

 それから、当然年度途中での入退園もございまして、これら総体といたしまして今回の減額ということに措置しているものでございます。



◆6番(武田猛見君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 6番武田猛見君。



◆6番(武田猛見君) 1つは、あったかハートについてですけれども、緊急雇用ということで、例えば当初の予定では22年だけで、23年以降はないよということですが、これはいわゆるまた引き続き緊急雇用ということなのか、それとももうきちんと制度的にといいますか、継続する事業として取り組むという考えなのかどうかをまずお聞きしたいと思います。

 それから、地デジ関係についてですが、今大沢の箸木平周辺というお話でしたけれども、ケーブルということで、いわゆる自己負担とか、そういったものは発生しないのでしょうか、その辺についてお聞きいたします。

 それから、職員研修のことですけれども、人事考課制度ということで、もっと私は職員研修というからさまざまなところに職員が出かけて勉強してくると、それを生かすということなのかなと思ったら、人事考課制度というふうなことが出てきたので、それはそれで一つの大きな問題といいますか、課題といいますか、考えておりますが、そういう職員が研修に行くというような事業とはそもそも違うということなのかどうかということと、人事考課制度、これは以前1回取り組んで、いわゆる給与が伴わない人事考課制度だよというようなことでやって1回やめているわけなのですけれども、これからの人事考課制度というのはどういうふうに考えるか、そこは簡単にちょっとお願いします。



◎教育部長(遠藤正紀君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 遠藤教育部長。



◎教育部長(遠藤正紀君) あったかハートのサポーター配置事業の新年度に対する考え方といいますか、方向でございますが、引き続き緊急雇用対策として継続実施が認められるということから、緊急雇用、国の補助事業といたしまして実施するものとしております。



◎経済産業部長(中道俊之君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 中道経済産業部長。



◎経済産業部長(中道俊之君) 初期導入に伴う個人負担はございません。

 なお、共聴組合の場合の月々の1戸当たりの平均利用額が1,000円程度であるのに対しまして、ケーブルテレビによる場合には630円ぐらいということで、割安になるということで伺っております。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 研修関係についてお答えします。

 主な減額が人事考課研修だったという趣旨でお答えをさせていただきまして、今ご質問にありました各種の研修は従来どおり行っております。例えば県とか、あとは町村会とかいろんなものの主催で、まず職による管理職研修とか、そういったものについてもやっております。それから、それぞれの個別の専門研修で能力を伸ばすような、研修にもそういうふうなものを積極的に出しております。また、あとは村主催の中でやっているものとしては、メンタルヘルスなんかも含めて、例えばファシリテート研修、住民との会話力の向上とか、そういったものを毎年そのときそのときの課題もつかみながらやっておりますし、通常毎年必要なものもやっております。そういう中で、今回の減額は人事考課のやつが予定していた金額が必要なくなったということで、大きな減額ということです。その人事考課研修につきましては、給与のほうにも反映させるものが国、県等でも実施されつつあります。私どもでも将来的にはそういうことも考えなければならないかもしれませんが、先行して私どももう既に平成14年でしょうか、実施しております。途中休みながらですが。そういう中では、まず今は人材育成と、それから課長と課員の対話、コミュニケーション、ここに力を入れた人事考課をやりましょうということで、当面は給与に反映をするということは考えておりません。そういう中で、必要であれば手直しをしながら、滝沢村の特徴もあると思いますので、そういうものを加味しながら、まずは職員の能力向上、そして対話、コミュニケーションと、そこに主眼を置いたもので、ここ当面は人事考課を進めていきたいと考えているところでございます。



◆6番(武田猛見君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 6番武田猛見君。



◆6番(武田猛見君) 1点だけ。あったかハートのサポーター配置事業についてですけれども、引き続き緊急雇用でやるということなのですけれども、緊急雇用はもしかして23年で切れるかもしれない。その保証はないわけです。そもそもこのあったかハートのサポーター配置事業というもののやってみて効果というのはどうだったのか。その効果についてということと、これがむしろ緊急雇用としての必要性ではなくて、子供たちのためにこういうサポーター配置事業が必要なのであれば、極端に言えば単独でもこういった事業は継続するべきではないのか、そういうことが22年度やってみていろんな形でわかったと思うのです。ですから、その辺についてもう一度改めてお話をお願いします。



◎教育部長(遠藤正紀君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 遠藤教育部長。



◎教育部長(遠藤正紀君) 今のあったかハートのサポーター配置事業でございますが、その財源といたしまして緊急雇用を活用しているという状況にございます。もちろん教育委員会といたしましては、個に応じたきめの細かい指導、あるいは教員に対するフォローという面では非常に有効であったのではないかというふうに考えているところでございます。

 今後のあり方でございますが、現在17名の採用ということでありまして、相当な予算も必要なわけでございます。当然何らかの形で継続をしたいというふうに考えてございます。24年度以降のことになるわけですけれども、さらに学力向上指導員につきましても緊急雇用というふうな部分で活用しておりまして、これら総体的な事業のあり方につきましては、当然その財源の問題もありますが、精査して、今後のあり方については何らかの実施というふうなことで考えていきたいと思っております。ただ、全体の財政運営上の問題もあると思います。ここで結論というふうなことは、まだ申し上げるわけにいきませんが、基本的には非常に事業として有効であったというふうに考えているところであります。



○議長(角掛邦彦君) 先ほど鎌田忍議員の質疑に対しての菊池部長からの答弁ございます。菊池住民環境部長。



◎住民環境部長(菊池文孝君) 細かく数字申し上げますと落札率がわかりますので、大体で申し上げますけれども、今契約額がごみ焼却施設解体工事で8,800万ほど、それからリサイクルセンターの建設工事が7億2,000万ほど、両方の入札残がこのぐらいの額になったということでございます。



○議長(角掛邦彦君) ほかに質疑ありますか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第10号 平成22年度滝沢村一般会計補正予算(第7号)を採決いたします。

 採決は、表決システムにより行います。各議席の出席ボタンを確認願います。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 13時まで休憩いたします。

            休憩(午後 零時00分)

                                        

            再開(午後 1時00分)



○議長(角掛邦彦君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                                        



△議案第11号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第15、議案第11号 平成22年度滝沢村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第11号 平成22年度滝沢村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。

 予算書の9ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ5,934万円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を44億3,659万4,000円といたすものであります。

 以上で議案第11号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第11号 平成22年度滝沢村国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第12号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第16、議案第12号 平成22年度滝沢村老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第12号 平成22年度滝沢村老人保健特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。

 予算書の13ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ61万円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を286万3,000円といたすものであります。

 以上で議案第12号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第12号 平成22年度滝沢村老人保健特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第13号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第17、議案第13号 平成22年度滝沢村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第13号 平成22年度滝沢村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。

 予算書の17ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ497万4,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を2億3,017万5,000円といたすものであります。

 以上で議案第13号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第13号 平成22年度滝沢村後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第14号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第18、議案第14号 平成22年度滝沢村介護保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第14号 平成22年度滝沢村介護保険特別会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。

 予算書の21ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ1,207万5,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を22億9,177万2,000円といたすものであります。

 以上で議案第14号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第14号 平成22年度滝沢村介護保険特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第15号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第19、議案第15号 平成22年度滝沢村介護保険介護サービス事業特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第15号 平成22年度滝沢村介護保険介護サービス事業特別会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。

 予算書の25ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ93万2,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を1,762万3,000円といたすものであります。

 以上で議案第15号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第15号 平成22年度滝沢村介護保険介護サービス事業特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第16号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第20、議案第16号 平成22年度雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第16号 平成22年度雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置特別会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。

 予算書の29ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ139万1,000円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を1,474万4,000円といたすものであります。

 以上で議案第16号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第16号 平成22年度雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第17号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第21、議案第17号 平成22年度滝沢村下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第17号 平成22年度滝沢村下水道事業特別会計補正予算(第4号)についてご説明申し上げます。

 予算書の33ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ1億462万7,000円を増額いたしまして、歳入歳出予算の総額を9億9,215万4,000円といたすものであります。

 次に、第2条、地方債の補正でございますが、予算書の36ページをごらんいただきたいと思います。下水道事業につきまして既定の地方債の限度額を変更いたすものであります。

 以上で議案第17号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。



◆19番(山本博君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 19番山本博君。



◆19番(山本博君) 1億400万余りの補正ですけれども、中身はほとんど村債と公債費です。単純に見れば多分借りかえしたのかなと思うのですが、その辺の説明がちょっと欲しいかなと思いますので、お尋ねいたします。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 今おっしゃられますとおり、繰上償還等による下水道債の借りかえ分の増でございまして、借りかえがほとんどでございます。あとは、今まで繰上償還による公共下水道の借りかえ分の増と、それからその借りかえによりましてのメリットといいますか、それが約3,400万ほど一応減額というか、繰上償還したことによってのメリットがありました。

 以上でございます。



◆19番(山本博君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 19番山本博君。



◆19番(山本博君) 1億700万ばかりを繰上償還して3,000万ほどメリットあったというふうな理解でよろしいのか、その辺もちょっとお尋ねしたいのと、一般会計等でもこういった繰上償還等々、何年か前にかなり点検されたはずですが、下水道の事業におきましても同じようにやられてきたはずかなというふうに思っているのですけれども、まだ点検の余地あるのでしょうか、どうなのでしょうか。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 公債費の関係がありますので、私のほうからお答えさせていただきますが、下水道事業についてもそれぞれ制度がございまして、計画的に繰上償還とかやらせていただいております。今回については、平成2年度に借り入れております3本について、いずれの利率も6.6%というふうなことで高額でございます。これを民間資金の借換債ということで、ちょっとこちらの利率のほうがこれからになりますけれども、かなり安くなると考えております。また、次年度以降についても計画的にその制度に基づいて実施をしていくということにいたしております。その利率も来年度は6.05、6.2%というような利率のものがございますので、安いほうに借りかえるということで、現在のところは計画的なもので実施をさせていただいているという内容でございます。



◆19番(山本博君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 19番山本博君。



◆19番(山本博君) 何か来年度以降もあるようですけれども、何か今どき6%台だかという高いのあったのかなという気がするのですけれども、平均でどのぐらいになっているのですか。まだまだ下げられる要素はあるのですか。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 現在の予定では、その高いものがことし3本、来年4本ございます。それから、その次に平成3年度に借りたものは5.5ということで、そこまでということになっております、高いのは。これらを、では一回にできるかというと、ちょっとできませんので、制度的なものもありますので、こう計画しているということで、現在把握しているのは来年、再来年度の平成3年度に借りたものというふうに考えております。



○議長(角掛邦彦君) ほかに質疑ありますか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第17号 平成22年度滝沢村下水道事業特別会計補正予算(第4号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第18号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第22、議案第18号 平成22年度滝沢村農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第18号 平成22年度滝沢村農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。

 予算書の37ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額から歳入歳出それぞれ185万円を減額いたしまして、歳入歳出予算の総額を6,246万8,000円といたすものであります。

 以上で議案第18号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第18号 平成22年度滝沢村農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第19号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第23、議案第19号 平成22年度滝沢村水道事業会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第19号 平成22年度滝沢村水道事業会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。

 まず、第2条、収益的収入及び支出でございますが、収入の第1款水道事業収益につきまして、既定の予定額に1,778万2,000円を追加いたしまして8億8,660万4,000円といたすものであります。支出の第1款水道事業費用につきましては、既定の予定額を85万3,000円減額いたしまして7億2,525万7,000円といたすものであります。

 次に、第3条、資本的収入及び支出でございますが、予算第4条、本文括弧書き中の収入が支出に対して不足する額を2億3,858万円増額いたしまして6億5,043万1,000円に改めるものであります。収入の第1款資本的収入につきまして、既定の予定額を7,000万円減額いたしまして2億2,417万5,000円といたすものであります。支出の第1款資本的支出につきまして、既定の予定額に1億6,858万円追加いたしまして8億7,460万6,000円といたすものであります。

 増加の主な要因は、年利7%以上の企業債3件について、支払利息軽減のため、補償金免除繰上償還を行うべく企業債償還金を1億8,685万1,000円増額するものであります。

 次に、第4条、議会の議決を経なければ流用することができない経費について、職員給与費に106万9,000円を追加いたしまして1億4,768万6,000円といたすものであります。

 以上で議案第19号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。



◆2番(桜井博義君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 2番桜井博義君。



◆2番(桜井博義君) まず、収益的支出ということで1,700万、この増額の要因というか、その辺の説明をお願いします。

 それから、先ほどもあったのですけれども、繰上償還と、そういう今の説明もありましたけれども、こういったことは当初補正で出てくるということで、当初予算では立てることはできなかったのか、その辺のところをお願いします。それと、もちろん企業債が大きな減額になっているわけですけれども、理由をお聞かせ願います。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) まず、営業収益の増でございますが、これにつきましては当初見込んでおりましたよりも夏、結構暑かったものですから使用水量がふえたということで料金収入が大きくなったということでございます。

 それから、起債についてでございますが、これについては当初にというお話ですが、財務大臣の承認が必要なものですから、その年に手続するということで、どうしても後になってしまうということで、これにつきましても先ほど総務部長のほうからもありましたとおり、一応3件の分について利率が7%以上のものについて行ったということで、23年から26年までの間に支払うべき利息については1,700万ほど軽減される見込みとなっております。

 以上でございます。



○議長(角掛邦彦君) 及川部長、7,000万の減額の理由、答弁漏れあります。企業債の分。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 7,000万減った理由でございますが、入札残によりまして当初予定していた金額が約2,000万ほど下がったということで、一応当初の、いずれ入札残によるものでございます。



◆2番(桜井博義君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 2番桜井博義君。



◆2番(桜井博義君) 償還のほう、では当初予算にはなかなかのせられないという、国の承諾もあるということでのせられないということですけれども、これはもちろん一般的に考えると当然そういうことを想定してのせるべきものなのかなと思います。その辺はどうなのか。

 それから、入札残ということですけれども、一般的に水道事業は、工事費というものはもうほとんど固定しているのではないかなと。私たち、一般的な理解ですと。ほかの大きな公共工事と違って、メーター当たりの単価とかすべて決定していれば、そんなに入札残というのはちょっと考えられないところもあるのですけれども、工事費の見積もりはどうなっているのか、ちょっとその辺のところもあわせてお願いします。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) まず、起債につきましてですけれども、当初に予期できなかったというご質問でございますが、国のほうから通知がありましたのが7月30日でございまして、それからいろいろ償還の手続等に入りますので、なかなか当初というのは難しいということをご理解お願いしたいと思います。

 それから、入札につきましては、これにつきましては私どもとすれば公になっている単価を使って適正な積算をしておりますので、やはりあくまでも入札は結果でございますので、それについては何とも申しがたいというところがございます。

 以上です。



○議長(角掛邦彦君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第19号 平成22年度滝沢村水道事業会計補正予算(第3号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第20号〜議案第30号の上程、説明



○議長(角掛邦彦君) 日程第24、議案第20号 滝沢村一般職の職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正することについてより日程第34、議案第30号 滝沢村工場等設置奨励条例の一部を改正することについてを一括議題といたします。

 順次提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第20号 滝沢村一般職の職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。

 この案件は、滝沢村清掃センターにおいて支給していた特殊勤務手当の一般廃棄物処理、処分業務手当について、同センターの事務が雫石・滝沢環境組合の事務となることに伴い、滝沢村一般職の職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正するものであります。

 なお、この条例は平成23年4月1日から施行するものであります。

 以上で議案第20号の説明を終わらせていただきます。

 議案第21号 滝沢村旅費条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、職務における旅費の実態を踏まえ、月額旅費の規定を他団体より支給される場合の旅費の規定に改め、あわせて字句の整理をすることに伴い、滝沢村旅費条例の一部を改正するものであります。

 なお、この条例は平成23年4月1日から施行するものであります。

 以上で議案第21号の説明を終わらせていただきます。

 議案第22号 滝沢村特別会計設置条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。旧老人保健法に基づき設置している老人保健特別会計については、法令による設置義務がなくなること、また盛岡広域都市計画事業滝沢総合公園用地取得事業特別会計については、都市計画法に基づく盛岡広域都市計画事業滝沢総合公園整備事業が完了したことから、両会計を廃止するため、滝沢村特別会計設置条例の一部を改正するものであります。

 なお、この条例は平成23年4月1日から施行するものであります。

 以上で議案第22号の説明を終わらせていただきます。

 議案第23号 滝沢村税条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、国民健康保険税の税率改定等に伴いまして、滝沢村税条例の一部を改正するものであります。

 改正の主な理由といたしましては、国民健康保険の被保険者に係る医療費分の均等割額を2万1,400円から1,200円引き下げ2万200円に、被保険者に係る世帯別平等割額を一般の世帯については2万6,400円から1,900円引き下げ2万4,500円に、特定世帯については1万3,200円から950円引き下げ1万2,250円に改めるものであります。また、国民健康保険の被保険者に係る医療費分の均等割額及び世帯別平等割額の引き下げに伴い、7割、5割、2割の軽減額につきましてもそれぞれ改めるものであります。

 以上で議案第23号の提案理由説明を終わらせていただきます。

 議案第24号 滝沢村立学校屋外運動場照明施設に関する条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、滝沢村立学校屋外運動場照明施設の使用料につきまして、平成18年7月から設定しております現行の使用料を近隣市町村の類似施設の使用料と均衡がとれた額に引き下げるため改正するものであります。

 改正内容といたしましては、使用料単価を全灯30分までごととし、滝沢村立滝沢南中学校屋外運動場照明施設は310円に、滝沢村立滝沢第二中学校屋外運動場照明施設は1,080円にするものでございます。

 なお、この条例は平成23年4月1日から施行するものであります。

 以上で議案第24号の説明を終わらせていただきます。

 議案第25号 滝沢村乳幼児、妊産婦及び重度心身障害者医療費給付条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、受給者が3歳に達する日の属する月の翌月から6歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある場合の受給者負担額を入院外1,500円から750円に、入院5,000円から2,500円に軽減する滝沢村単独医療費助成を実施することに伴い、滝沢村乳幼児、妊産婦及び重度心身障害者医療費給付条例の一部を改正するものであります。

 以上で議案第25号の説明を終わらせていただきます。

 議案第26号 滝沢村ひとり親家庭医療費給付条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、受給者が3歳に達する日の属する月の翌月から6歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある場合の受給者負担額を入院外1,500円から750円に、入院5,000円から2,500円に軽減する滝沢村単独医療費助成を実施することに伴い、滝沢村ひとり親家庭医療費給付条例の一部を改正するものであります。

 以上で議案第26号の説明を終わらせていただきます。

 議案第27号 滝沢村国民健康保険条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、出産に係る被保険者の経済的負担を軽減し、安心して出産できるようにするため、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの間、健康保険法施行令等に規定する出産育児一時金等の支給額を暫定的に引き上げていたものを平成23年4月から恒久化されることに伴い、滝沢村国民健康保険条例の一部を改正するものであります。

 以上で議案第27号の説明を終わらせていただきます。

 議案第28号 滝沢村介護保険高額介護資金貸付基金条例の廃止についてご説明申し上げます。この案件は、滝沢村介護保険高額介護資金貸し付けは、創設以後の利用実績がなく、今後の利用見込みもないため廃止するものであります。

 以上で議案第28号の説明を終わらせていただきます。

 議案第29号 滝沢村交通安全対策会議設置条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、平成23年4月1日より盛岡地区広域行政事務組合の組合の名称が盛岡地区広域消防組合に変更となることにより、条例の一部を改正するものであります。

 以上で議案第29号の説明を終わらせていただきます。

 議案第30号 滝沢村工場等設置奨励条例の一部を改正することについてご説明申し上げます。この案件は、村税であります固定資産税の課税免除及び不均一課税の適用期間を5年間延長することにより、製造業産業の工場誘致によるさらなる地域振興を図るため、滝沢村工場等設置奨励条例の一部を改正するものであります。

 また、このたびの一部改正は、岩手県が今2月定例会において、県税であります不動産取得税及び事業税の課税免除並びに不均一課税の適用期間の5年間延長を行う特定区域における産業の活性化に関する条例の一部改正に歩調を合わせるものであります。

 改正内容といたしましては、立地する製造業の工場等に対しては、既に村条例第5条により固定資産税の課税免除3年間、不均一課税2分の1、2年間の優遇措置を平成23年3月31日までの適用期間を平成28年3月31日まで5年間延長するものであります。

 なお、この条例は平成23年4月1日から施行するものであります。

 以上で議案第30号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

                                        



△議案第31号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第35、議案第31号 財産の取得に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第31号 財産の取得に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。

 財産の取得に関し、地方自治法第96条第1項第8号及び滝沢村議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 財産取得の内容といたしましては、村道弥宜屋敷線用地及び村道土沢1号線ほか3路線にかかわる歩道用地、さらには滝沢ふるさと交流館駐車場の整備のため、旧岩手県警察学校射撃場跡地を取得するものであります。取得面積は6,540.39平米でございます。契約金額は5,101万5,000円でございます。

 以上で議案第31号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。



◆10番(柳村一君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 10番柳村一君。



◆10番(柳村一君) この5,100万円というのが地域の地価に比べてどのような形に、金額、相応かどうかというのをお聞きしたいのと、この取得はいつごろ行われるのか。

 あと目的が駐車場及び村道用地となっておりますが、前、全協で計画を聞いたところ、この用地のど真ん中あたりをちょうど村道が通るような計画でしたが、その計画をすることによって、この用地の取得した、まとまった土地なのですが、用途的に不便にはなるのではないのかなと思いますので、そこら辺をお伺いします。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) まず、価格の決定に関しましては、村のほうでも不動産鑑定はかけております。国のほうで、さらに自分たちで算定をしております。やり方としては、村のほうで見積もりを出しまして、価格が合えばということで今回5,100万になったのですけれども、現状を考えますと、あの土地が射撃場であって、地下への一応処理はしているのですが、弾薬とかのものがあるというふうなこと等々を考え合わせますと、まず我々とすれば妥当な金額。我々がやった不動産鑑定よりは若干安いのですけれども、その分は安くてよかったなとは思っているのですけれども、国の価格もそういう高目の金額にはなっていなかったということだというふうに思っております。

 それから、契約については、ちょっとまだこの後はっきりしませんが、いずれ今年度内の契約ということで盛岡財務事務所と協議をしております。年度内になります。

 それから、土地利用については、主なものとしてふるさと交流館と村道の用地というふうにお話ししておりますが、そのほかにもちょうど道路を今回変更するのは、旧来のあそこの変則のカーブの県道に取りつけるのに最初の設計のままですと、県道と村道の距離が交差点の直線距離を長く持たせたいということで変更をしております。そのことによりまして、保育園用地と学童保育があるのですが、それらの駐車場の兼ね合い、そちらのほうの確保もその分断されたところでできるとかということで、内部のほう、全体の関係課全部集まりまして、そういう調整をさせていただいておりますので、特に不便になるというところ、もしかするとだれかにはあるのだかもしれませんが、全体的には合理的な土地利用ができるということで庁内のほうで判断をしたものでございます。



◆10番(柳村一君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 10番柳村一君。



◆10番(柳村一君) 今村道の改良工事が行われていますが、例えば年度内に取得されるのであれば、その工事の変更みたいな部分で二度手間にならないような工事の方法、とり方みたいなものは考えられないのかなというのが1点と、あと今ふるさと交流館にあすみ野の子供たちがバスで通学するときにふるさと交流館を使っているようですが、ここの土地利用を、バスを使ってここで発着できるようになれば、もう少し安全な通学ができるのではないかと考えますが、そこら辺の考えはないのかお伺いします。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 道路の工事につきましては、今これに関連するところについてはまだ手をかけておらないところでございまして、いずれ利用計画とあわせて工程等も調整しながら手戻りがないように進めてまいりたいと考えております。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) ふるさと交流館のところを利用しているバスの関係ですが、ちょっと地元のほうからさまざま意見出ております。新しくできる道路を利用すればいいのではないかなというふうに私たちも考えたのですが、実は子供たちが待っている時間、帰り。待っている場所の確保、そういったときにはふるさと交流館の、雨とか雪とかもあります、ばらばらな時間のこともあります。ふるさと交流館の室内とか利用したほうがいいのではないかという、今のところは地元の意見が強うございまして、その辺の調整を図りながら今後決定をしていきたいというふうに考えております。



○議長(角掛邦彦君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第31号 財産の取得に関し議決を求めることについてを採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第32号〜議案第34号の上程、説明



○議長(角掛邦彦君) 日程第36、議案第32号 村道路線の認定及び変更に関し議決を求めることについてより日程第38、議案第34号 盛岡地区衛生処理組合の共同処理する事務の変更及び盛岡地区衛生処理組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてまでを一括議題といたします。

 順次提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第32号 村道路線の認定及び変更に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。

 今回認定する路線は、路線認定調書に掲げる5路線であります。その内容といたしましては、国道282号一本木バイパス整備に伴う側道の移管等による新規路線の認定となっております。変更する路線は、村道認定調書に掲げる5路線であります。その内容といたしましては、国道282号一本木バイパス整備に伴う起終点の変更となっております。

 以上で議案第32号の説明を終わらせていただきます。

 議案第33号 岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。平成23年4月1日から盛岡地区広域行政事務組合が盛岡地区広域消防組合に名称変更することに伴い、岩手県市町村総合事務組合規約において所要の整備を行うものであります。

 以上で議案第33号の説明を終わらせていただきます。

 議案第34号 盛岡地区衛生処理組合の共同処理する事務の変更及び盛岡地区衛生処理組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。この案件は、盛岡地区衛生処理組合の事務に関し、現在構成市町村がそれぞれ行っている一般廃棄物処理計画の策定に関する事務を盛岡地区衛生処理組合に行わせるため、規約の一部を改正するものであります。

 なお、この規約は地方自治法第286条第1項の規定により岩手県知事の許可を受けた後、平成23年4月1日から施行するものであります。

 以上で議案第34号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

                                        



△諮問第1号〜諮問第3号、同意第1号の上程、説明



○議長(角掛邦彦君) 日程第39、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてより日程第42、同意第1号 滝沢村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてまでを一括議題といたします。

 順次提案者の提案理由の説明を求めます。



◎村長(柳村典秀君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 柳村村長。



◎村長(柳村典秀君) 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてご説明申し上げます。

 この案件は、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、法務大臣に対して村長が人権擁護委員の候補者を推薦するに当たり議会の意見を聞くものであります。候補者といたしましては、平成23年6月30日で任期満了となる窪田澄子氏について、同氏を再任として推薦しようとするものでございます。

 以上で諮問第1号の説明を終わらせていただきます。

 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてご説明申し上げます。候補者といたしましては、平成23年6月30日で任期満了となる千田小百合氏について、同氏を再任として推薦しようとするものでございます。

 以上で諮問第2号の説明を終わらせていただきます。

 諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてご説明申し上げます。候補者といたしましては、平成22年11月30日で辞任されました村上文則氏について、櫻小路昭男氏を後任者として推薦しようとするものでございます。

 以上で諮問第3号の説明を終わらせていただきます。

 同意第1号 滝沢村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてご説明申し上げます。この案件は、滝沢村固定資産評価審査委員会委員、小川元春氏が平成23年6月26日で任期が満了となるため、同人を選任しようとするものであります。

 以上で同意第1号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

                                        



△散会の宣告



○議長(角掛邦彦君) 以上をもって本日の議事日程は全部終了いたしました。

 本日の会議はこれをもって散会いたします。

                                (午後 1時53分)