議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 滝沢市

平成23年  2月 臨時会(第29回) 02月02日−議案説明・質疑・討論・採決−01号




平成23年  2月 臨時会(第29回) − 02月02日−議案説明・質疑・討論・採決−01号







平成23年  2月 臨時会(第29回)





平成23年2月2日
第29回滝沢村議会臨時会会議録
平成23年2月2日第29回滝沢村議会臨時会が滝沢村役場に招集された。
出席議員は次のとおりである。
   1番  相  原  孝  彦  君    2番  桜  井  博  義  君
   3番  佐  藤  澄  子  君    4番  日  向  清  一  君
   5番  斉  藤  健  二  君    6番  武  田  猛  見  君
   7番  遠  藤  秀  鬼  君    8番  佐  藤  美 喜 子  君
   9番  高  橋  盛  佳  君   10番  柳  村     一  君
  11番  熊  谷  初  男  君   12番  高  橋     寿  君
  13番  佐 々 木     剛  君   14番  山  谷     仁  君
  15番  鎌  田     忍  君   16番  武  田  俊  和  君
  17番  西  村     繁  君   18番  黒  沢  明  夫  君
  19番  山  本     博  君   20番  長  内  信  平  君
  21番  川  原     清  君   22番  角  掛  邦  彦  君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。

       村        長     柳  村  典  秀  君
       (水道事業管理者)

       副    村    長     松  川     章  君
       教    育    長     盛  川  通  正  君
       健 康 福 祉 部 長     主  浜  照  風  君

       都 市 整 備 部 長     及  川     安  君
       兼 上 下 水 道 部 長

       企 画 総  務部 長     佐 野 峯     茂  君
       教  育  部  長     遠  藤  正  紀  君
       健 康 推 進 課 長     谷  村  玲  子  君
       道  路  課  長     齋  藤  善  則  君
       企 画 総 務 課 長     加 賀 谷     建  君
       財  務  課  長     中  村  保  夫  君
       教 育 総 務 課 長     熊  谷     満  君

本会議の書記は次のとおりである。
       議 会 事 務 局 長     太  田  晴  輝
       同    次    長     高  橋     永
       同 主  任  主 査     勝  田  裕  征



                                        



△開会及び開議の宣告



○議長(角掛邦彦君) ただいまから平成23年第29回滝沢村議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は22名であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。

 直ちに本日の会議に入ります。

                                (午前10時00分)

                                        



△諸般の報告



○議長(角掛邦彦君) なお、議事日程並びに説明員の報告については、お手元に配付いたしておりますので、ご参照願います。

 これより本日の議事日程に入ります。

                                        



△会議録署名議員の指名



○議長(角掛邦彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、滝沢村議会会議規則第120条の規定により、19番山本博君、20番長内信平君、21番川原清君の3名を指名いたします。

                                        



△会期の決定



○議長(角掛邦彦君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、本臨時会の会期は、本日1日とすることに決定いたしました。

                                        



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第3、議案第1号 平成22年度滝沢村一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯企画総務部長。



◎企画総務部長(佐野峯茂君) 議案第1号 平成22年度滝沢村一般会計補正予算(第6号)についてご説明申し上げます。

 予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。第1条、補正額につきましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ1億5,487万8,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を161億4,155万4,000円といたすものであります。補正内容といたしましては、村道除排雪経費1億5,000万円、任意予防接種経費487万8,000円の増によるものであります。

 以上で議案第1号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。



◆2番(桜井博義君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 2番桜井博義君。



◆2番(桜井博義君) まず、任意予防について伺いますが、歳入のほうを見ますと緊急臨時交付金ということですけれども、ということはことし単年度ということになりますけれども、その後というか、次年度はどのような予定になっているのか伺います。

 それと、除排雪の件ですけれども、かなりの大雪で、携わっている皆さんは本当にご苦労だったと思っております。その分住民からもかなりいろいろ要望とか出ておりますので、何点か伺います。1つは、まず法定外の公共物の除雪についてですけれども、たしか国から村に管理が移ったわけですけれども、そういった点で管理として、除雪の件に対してどのような対応をしているのか伺います。

 それと、かなり雪が深くて、道路があちこちで吹きだまりが数多く出ているわけですけれども、村の道路パトロールの車が頻繁にあちこち走っているのは見ますけれども、実際除雪がされていないと、そういう箇所が見られております。パトロールと除雪の関係がどのようになっているのか伺います。

 それともう一つは、業者によって除雪に入る箇所が、これまで降ればすぐ入ってきたのに、電話しなければ入ってこなかったとか、そういう声も実際二、三聞かれておりますので、その辺業者の道路に対しての除雪の徹底はどのようになされているのか伺います。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 主浜健康福祉部長。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 予防接種事業につきましてでありますが、この事業につきましては国のほうで交付金として県に交付いたしまして、県がそれを基金として積み上げて事業実施するものでございます。その基金につきましては、平成22年度及び23年度について基金造成をするという内容になっておりますので、23年度におきましてもその事業としての活用が可能という状況になっております。村のほうでは、23年度の事業実施について現在予算について計上をお願いしているところでございます。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 除雪についてお答えいたします。

 まず、法定外についてでございますが、これにつきましては村道認定とはまた別でございますけれども、基本的に人家等あるところについては、必要に応じて行っているというのが実情です。ですから、通常赤線という道路ですけれども、それにつきましてはいずれ現地を見ながらというケース・バイ・ケースで対応しているというのが実情でございます。

 それから、村のパトロール車につきましてですが、これにつきましては連絡もらってその場所に直接直行する場合もありますし、あとは通常いつも吹きだまりになるところとか、そういったようなところを重点的にスポット的に見ているというのが現状でございます。ただ、今年度につきましては通常と違いまして、なるべく村内をくまなく見ているという状態でございます。

 それから、業者への対応ですが、ことしにつきましては雪質、それから雪の量等もかなり違いますので、おっしゃられるとおり時間どおりいかなかったりとかというのがかなり多くあって、皆様にご迷惑をかけておったというのが事実でございます。ただ、なかなか例えば朝7時とか、幹線道路をいずれ7時とかということで除雪を完了させるように努力はしていますが、まず7時までにとにかく通行を確保するために、本来は2車線広げるわけですが、まずとりあえず緊急的に1車線のみを確保して、そして大体めどついてからもう一回拡幅とか、そういったようなさまざま試行錯誤はしておりますが、ことしについては若干そういったような時間的に間に合わなかったことがあったことも事実でございます。

 以上です。



◆2番(桜井博義君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 2番桜井博義君。



◆2番(桜井博義君) 予防事業についてはわかりました。

 除雪についてですけれども、まず法定外ということで、民家のあるところは必要に応じてと、そういうふうな答弁ということは、村道並みには回らないという、村道に除雪入った場合は法定外はそのとき現地を見てというふうに理解してよろしいのか。あるいは通報があった場合、あるいはそういうときに行くのか。というのは、実際民家がちょこちょこあちこち、法定外道路の前にもうちが建ってきております。そういったところは、本当は村がやるべきなのに、それぞれ自分たちで除雪しているわけです。そういったことを本当はしなくてもいいはずなのですけれども、そういう点、本当に村道と同じようにきちんと民家のある場所において除雪入るのか、そこを確認します。

 それと、ちょっと聞いたことに答えていないのですけれども、業者によって、業者の変更というか、区域の変更とかそういうことによって、昨年度まではもう電話しなくても来ていたのに、なかなか電話しなければ来なくなったとか、そういう。その逆は村には電話来ないと思いますけれども、そういったことが聞こえていますので、その業者の徹底というか、その辺をきちっと場所が変更になった場合本当にやられているのか、業者任せになっているのか再度お聞きします。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 法定外道路につきましてでございますが、それにつきましては当然私ども村道認定しているところが優先ということはご理解していただきたいと思います。ただ、当然人家のあるところにつきましては、法定外道路でもいずれ村で管理する道路には違いございませんので、若干は村道認定している道路よりはおくれたりはしますが、基本的に村で除雪をしております。

 また、新しくうち建った場合とか、若干私ども把握していない分もございますので、その場合はご連絡をいただいて、一応確認して除雪をしています。

 それから、例えば新規の場合はそういったようなことありますが、ずっと何年も人家があるところにつきましては、私どもとしてはほぼ法定外道路についてはやっているという認識しております。また、もし落ちているところがあれば、そういったような情報をいただければ、私どもが行って確認をして、すぐ対応させていただきます。

 それから、業者によって道路を除雪したりしないということは、一応ないと認識しております。いずれ業者には、入札時点で全部図面等も渡していますし、業者がかわったことによって、そこの路線が除雪しなくなったりなんていうことはないと認識しています。



◆2番(桜井博義君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 2番桜井博義君。



◆2番(桜井博義君) 実際法定外、あるいは先ほど言った吹きだまりとか、そういうところは実際個々というか、自分たちで実際もうやられております。今回の大雪も大分吹きだまりで車が4輪駆動なら走れるけれども、もう2輪駆動ではとても走れる状態でないです。そういうところが何カ所かあって、もう実際見かねて地域でやっております。そういった、また法定外についても、実際そういうことになっております。

 そこで、なかなか村が例えば法定外とか、もう管理が行き届かないのが現状かなと私はそういうふうに思えてならないわけですけれども、例えば雫石なんかの議員に聞きましたら、法定外道路はもう除雪をそこの自治会に任せてしまうと。そのかわりそこにきちんと手当てをすると、そういった方式もやられていると伺っておりますし、吹きだまりなんかもそういう状態で、大体吹きだまりのところはわかるのですけれども、なかなかそのときの天候とか気象状況によって変わってくると。そういったところで把握し切れないということがありますので、できれば自治会とか、そういうところともう少し密にとって、そういったきめ細かなことも今後考える必要があるのではないかなと思っておりますけれども、いかがでしょうか。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) いろいろ今回につきましても吹きだまりとかについては、特に農家の方、あるいは酪農家の方、トラクターをお持ちになっている方には部分的にそういったような形でボランティアでやっていただいておるのも事実でございますし、それからやはり公道ですので、ナンバーがついているということで、そういったようなご協力していただいています。その点については、村としてもすごく感謝しております。

 ただ、前にも検討したことはあるのですが、問題はやっぱり公道での作業となりますので、業者さんの場合は全部保険等にも入っているのですけれども、個人の場合そういったように委託してやっていただくというのがなかなか、いろいろよその市町村聞きましても若干その辺が整理なされていないというのも実情なようでして、私どもその辺もう少し研究は、おっしゃられるとおり道路については地域にお住まいの方がそこの特徴なり、ここは吹きだまりになるとかというのが一番わかっているわけですので、今桜井議員さんがおっしゃられたように、それが一番ベターな方法だと思いますが、一種の個人の補償、事故起きた場合のこと等をもう少し研究をさせていただきたいと思います。



◆11番(熊谷初男君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 11番熊谷初男君。



◆11番(熊谷初男君) 今の除雪に関連してなのですが、私の地域、学校が第3学期始まるころなのですが、歩道、通学路がもうほとんど除雪なっていないということで、これは大変だなと思って担当課のほうに電話したら、私の認識不足もあったかもしれませんが、直接村の除雪に該当しない歩道もあるということだったもので、それでは子供たちは歩道を歩けないで車道を歩くのかなと思って、本当に危険だなと思いました。

 ことしの場合は特に補正額見てもわかるようにかなりの大雪だったということになりますが、やっぱり一度除雪歩いただけでは押せない部分もあって、道路わきに盛り上がっているというところで、そこを子供たちが歩くような形になったので、そこらあたり聞いたらば、むしろ地域のほうに除雪機を貸与しているわけだから、それで何とかご協力いただければいいなというふうな話もされていました。といったことで、村内には各自治会にも除雪機が配備になっていますが、村内全体的に見て主要な通学路はどの程度除雪が整備になったのか、状況をもし今わかる範囲で、わかればお聞きしたいなというふうに思います。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) まず、歩道を村で除雪している場所、それから該当しない場所というのは基本的にないという認識でおります。ただ、二小のところについては片側がすぐ吹きだまりになったりしますので、西側がすぐ吹きだまりになりやすいものですから、まず重点的に反対をやって、あとは様子を見てという形になって、片側がどうしてもすぐ吹きだまりで積もるということはありますが、基本的には村では歩道で除雪しないと決めている場所はございません。後でその辺詳しく場所等についてはお伺いしたいと思います。

 あとは、歩道関係については若干間に合わなかった部分もあったかもしれませんが、いずれ全体的に除雪についてはやってございます。歩道についてはやっております。



◆11番(熊谷初男君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 11番熊谷初男君。



◆11番(熊谷初男君) お話はわかりますが、実は大きな道路というか、団地から中心道路で学校に行く道路の歩道なのです。例えば東部体育館に行く、岩姫集会所ある岩姫団地のあたりの大きな道路なのですが、あそこをかなりの子供たちが通学するわけなのですが、そこは全然歩道が除雪になっていない。村の直接除雪計画に入っていないかもしれませんが、そのときの話では、機械も配備しているから、それを稼働してお願いできればという話だったので、たまたま時間とれる人が自治会に来ている除雪機で払ってくれて、もう整備になったところあるのですが、そこらばかりではなくて、いっぱいあちこちそういう箇所があるので、村内の状況というのは各除雪機配備になっているところは稼働率を上げて、そういった通学路を中心に少し除雪のほうがちゃんとうまくいっているのかどうか、よその状況も知りたいなというふうに思います。というのは、やはり配備していることはもうありがたい話なのですが、それをいかに稼働して除雪をきれいに、ボランティアでもやっていくかという、そういった使用の計画なり要綱が、各配備された地域で計画をちゃんとつくってあるのかどうかなのですよね。たまたまだれか暇な人がいない限りはそれが稼働にならないから、除雪がならないというところが何か見受けられるような感じもしますので、そこらあたりもしよその自治会なんかでも配備になっているところで、そういった要綱でちゃんと稼働しているのかどうか、お聞きできればしたいなというふうに思います。よろしくお願いします。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) まず、先ほどお答えしました答えにちょっと不備な点ございまして、歩道につきましては団地の中の細街路というか、それらについては若干除雪していない部分もございます。交通量等を見ながらやっておるのですが、いずれ幹線的な道路の歩道については一応基本的にすべてやっています。ただ、団地の細街路の中でも部分的に歩道とかあるのですが、そこについては通過交通も少ないということで、若干我慢していただいている部分もございます。

 それから、除雪機についてでございますが、この運用につきましては基本的に各自治会を窓口としてお貸ししておりますので、それらの運行なり稼働状況については自治会さんのほうにお任せしておる状態でございます。



◆11番(熊谷初男君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 11番熊谷初男君。



◆11番(熊谷初男君) 自治会のほうにお願いしてやれれば、機械が配分になっているから一番いいわけなのですが、例えばこのようにいっぱい降ったときにいち早く稼働できる体制がちゃんととれればいいですけれども、とれなければ立派な機械を置いていてもらっても、稼働しなければ実効が上がらないわけですから、そういったもしよその配備している地域で、こういうときはこういうふうに運行しますよと、除雪しますよといったら、この計画なり何かもし整備になっている状況があるかどうか、ちょっとそこらあたりもし情報があればお聞きしたいなというふうに思います。

 これで終わります。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 貸し出ししております除雪機の運用につきましては、やはり今おっしゃられましたとおり各自治会さんによって温度差があるようです。きちっと当番を決めてやられているところ、それからあと土日はみんなで出てやったりするところ等ございまして、そこの自治会さんのさまざまリーダーなり、いろいろ自治会さんのお考え方があるようでして、それについてはいろいろそこに合った方法があると思いますので、村からは特にそれらについてはお話はしていませんが、ただそういったようないろいろ話し合いしてやられている地域のほうが多いようでございます。



◆10番(柳村一君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 10番柳村一君。



◆10番(柳村一君) この1億5,000万円の補正の内訳です。どのような形でこの金額が上がってきたのかお伺いします。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) まず基本的には、内容としてはこれから雪が若干解けてきて、わだち等今度目立ってきますので、その圧雪したののはぎ取りとか、それから今度はわきが解けてきて、一回昼に水になって、今度は明け方凍ったりすると、そういうために融雪剤の散布等ございます。それで、現時点で、一応17日現在で集計した金額で9,400万円いっています。それから、まだ業者から日報等が全部出てきていませんが、多分今まで1億3,800万円ぐらい、もう1月いっぱいでいっているかと思います。あとは、これからの分が通常の降るやつと、それから3月の最終的なそういったような後片づけ等も含めましてこの金額になっているところでございます。



◆10番(柳村一君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 10番柳村一君。



◆10番(柳村一君) 村道除排雪事業なわけですよね。ことしのような降り方になると、排雪のほうがかなり皆さんご不自由なさっていると思うのですが、今のお話ですと排雪に関する部分が全然なかったように思われます。

 あと、蒼前神社の前の排雪場所はもういっぱいになって、もう捨てられない状態と聞きますが、そこら辺の対策は何か考えているのでしょうか。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) おっしゃられますとおり除排雪につきましては、本当にもう今度降ったら全然、1車線も厳しいというようなところについては除排雪も現在も若干は行っておりますが、基本的には一応わきに寄せるという方法でやっていますが、あとはそれらの予算も若干は入っていますが、基本的には全体的に除排雪までやるというのは局部的にはございますが、まだそういったようなあれではないのかなと、まだ何とかなるかなという感じしています。

 それから、雪捨て場については産業文化センター、それから蒼前神社等につきましてもほぼ満杯の状態で、あと一、二回降ると厳しい状態ということで、かといって代替えのところが現時点ではなかなか見つかっていないということで、現在ある雪捨て場を機械で押して、なるべくもうちょっと利用できる範囲を広げようというふうな努力もしなければならないと考えております。



◆10番(柳村一君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 10番柳村一君。



◆10番(柳村一君) 降らなければいいと思いますが、今お二方も話ししていたのですが、予期せぬこういう事態になったときに、除雪の計画というのを立てていらっしゃいますけれども、ことしは排雪場所3カ所あったのが2カ所に減ったりして大雪になっていると。その大雪になったときに慌てて何かをやるのではなくて、もう少し計画性のあるのを考えなければいけないだろうし、この1億5,000万円で果たして今年度間に合うのかというのも疑問なのですが、そこら辺もう少し住民の意見を聞きながら今後進めていかなければいけないと思いますが、いかがでしょうか。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) おっしゃられるとおりこの雪につきましては、正直なところ、幾ら予算があれば絶対大丈夫ですというのは、これだけは多分だれもわからないと思いますが、現時点で私どもが……今回今までの経験とか全然というか、雪の量等についてはちょっと予想外なあれでしたけれども、今までの経験値からいきますと大体この金額でクリアできるのかなというふうに考えております。

 それから、あとはなるべく経費を削減するためにも若干村の運転手さん等も、ちょっとあいた時間にいろいろ車両の運転等、村にある除雪機で除雪したりというような作業も行っております。あとは降雪もありますが、吹きだまりの除雪、それからあとはある程度めどついた時点で拡幅の除雪、それからあと圧雪やわだちのはぎ取り、いずれ気温上昇に伴って多分その辺の作業が出てきますし、それから融雪剤の散布が多くなるということで、こういったような予算を今回お願いしているわけでございます。



◆6番(武田猛見君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 6番武田猛見君。



◆6番(武田猛見君) 3点ほど、今の除排雪についてお聞きいたします。

 1つは、実際に大変な雪だったということで、いわゆる人的被害が出ているのかどうか、その辺の確認というのを何か話として聞いているのかどうかということが1点。

 それから、いつも問題になるのですけれども、玄関先の排雪をどうするのか。例えば県道とか何かだと、歩道用の自走式の除雪機が、あの飛ばすやつですね。あれが大きいグレーダーの後にくっついて、玄関先のそこをちょこっと取り除くというような形で、たしか県道関係だったのかなと思うのですけれども、国道はやっていないようですけれども、そういうような形で玄関先の排雪というのも考えられないのかなと。実際に自治会で除雪機あっても、とてもではないけれども、実際にはもうほんの一部の部分、結局は例えば通学路とか、そういう部分だけにとどまらざるを得ないという状況なので、その辺考えられないのかということ。

 それから、雪捨て場の問題です。雪捨て場、主に今お話ありましたように満杯に近い。ただ、これは全体としては多分事業所関係が多いだろうと。個人でそこに持っていくというのは、軽トラで持っていく人もいるのでしょうけれども、住民から言われたのは、もうちょっと身近なところに雪捨て場というのをとれないのかと。問題はあると思うのですけれども、それぞれのところに例えば児童公園とか公園とかありますよね。そういったところを、その後砂がかたくなったとか、使いづらくなったとかというようなことがあるかと思うのですけれども、そういう形での雪捨て場ということが考えられないのかどうかお聞きします。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) まず、人的な被害についてでございますが、それについては私どもについては現在のところ耳にしておりません。

 それから、歩道つきの道路の場合、除雪機が大きな道路、メーンをやって、それと並行して歩道の除雪機等をやって個々の玄関先云々ということでございますが、村の実情からしてそこまでの対応は現時点ではちょっと難しいと。確かにそれが一番ベターなわけですが、それと並行してというのは、やはりそれについては個々の皆様のご協力をお願いしたいと。それから、もし近所にお年寄りがいる場合は、できればご近所の方が一種の結いの精神で、ちょっとかいてあげたりとか、そういったようなのをやっていただければありがたいと思っています。

 それから、雪捨て場についてでございますが、広報の12月5日号でも公園等については雪捨て場、家庭用の雪が捨てれるということで広報にも流しておりますし、自治会の会議等でもそういったようなお話をしておりますし、各団地でも結構公園に雪捨てはもう何年か前からそういったような形でやっていただいて、利用していただいております。

 それから、あとは村として雪捨て場につきましては、ちょっと今年度間に合わなかったわけですが、来年度につきましては早目に雫石川の部分の雪捨て場については、国交省とはいろいろ協議をしていたのですが、ちょっと今シーズン間に合わなかったということでございますが、次のシーズンには必ず間に合うような格好で、いずれ大型も出入りできるようになりましたので、その辺は新年度に向けて、次のシーズンにつきましては利用できるような形で努力したいと考えております。



◆6番(武田猛見君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 6番武田猛見君。



◆6番(武田猛見君) 玄関先の排雪の問題ですけれども、特にことしの場合は年末の雪が非常に重かったということで、今例えば玄関先を払おうと思っても、いわゆる剣スコップと我々言った金のスコップ、あれでも取れない。もうそれこそたたいて壊さないと排雪できない、そういった場合が結構多いのです。かなりこれがまた本当に滑る。こういう年がいつもそうだろうとは言いませんが、こういうこともあって玄関先が凍る、その凍っているだけでももう玄関から先出れないという世帯も、特に高齢者なんかが出てくると思うのですけれども。有効かどうかわからないのですけれども、例えば人工芝なんかを敷くことで、滑らないで玄関から道路に出れるとか、そういったことも考えてみれるのではないのかなというふうに考えますが、いかがですか。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 及川都市整備部長兼上下水道部長。



◎都市整備部長兼上下水道部長(及川安君) 人工芝というお話もありますが、いずれ確かに我々公道、道路を管理している者としての責任は間違いなくありますが、その辺につきましては各個人のいろんな工夫なり努力というのもやはりしていただくというのもベターかと思いますし、それからあとは人工芝につきましても、いずれ雪が乗っかってしまえば何やっても同じですから、例えば雪降りそうなときに一回撤去して、雪がやんだらそこに敷いて歩くという方法も一種の雪の、そういう形も有効かと思いますが、あとは今ふっとお話ししていて思ったのですが、もし必要であれば、基本的に公道にということになっているのですが、村のほうで融雪剤等もございますので、それらをご連絡いただければ、公道にまくということであれば、その辺も村のほうでお分けすることができますので、それらをポリバケツか何かにやって、まくという方法もあるかと思います。



○議長(角掛邦彦君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第1号 平成22年度滝沢村一般会計補正予算(第6号)を採決いたします。

 採決は、表決システムにより行います。各議席の出席ボタンをご確認願います。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君は賛成ボタンを押してください。押し忘れはありませんか。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) なしと認め、確定いたします。

 賛成全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△閉会の宣告



○議長(角掛邦彦君) 以上をもって本日の議事日程は全部終了いたしました。

 本日の会議を散会し、これをもって平成23年第29回滝沢村議会臨時会を閉会いたします。

                                (午前10時42分)