議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 滝沢市

平成21年  6月 定例会(第17回) 06月26日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号




平成21年  6月 定例会(第17回) − 06月26日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号







平成21年  6月 定例会(第17回)





平成21年6月26日
第17回滝沢村議会定例会会議録
平成21年6月26日第17回滝沢村議会定例会が滝沢村役場に招集された。
出席議員は次のとおりである。
   1番  相  原  孝  彦  君    2番  桜  井  博  義  君
   3番  佐  藤  澄  子  君    4番  日  向  清  一  君
   5番  斉  藤  健  二  君    6番  武  田  猛  見  君
   7番  遠  藤  秀  鬼  君    8番  佐  藤  美 喜 子  君
   9番  高  橋  盛  佳  君   10番  柳  村     一  君
  11番  熊  谷  初  男  君   13番  佐 々 木    剛  君
  14番  山  谷     仁  君   15番  鎌  田     忍  君
  16番  武  田  俊  和  君   17番  西  村     繁  君
  18番  黒  沢  明  夫  君   19番  山  本     博  君
  20番  長  内  信  平  君   21番  川  原     清  君
  22番  角  掛  邦  彦  君

欠席議員(1名)
  12番  高  橋     寿  君

地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。
       村        長     柳  村  典  秀  君
       (水道事業管理者)

       副    村    長     松  川     章  君
       教    育    長     盛  川  通  正  君
       健 康 福 祉 部 長     主  浜  照  風  君
       生 活 環 境 部 長     菊  池  文  孝  君

       都 市 整 備 部 長     及  川     安  君
       兼 上 下 水 道 部 長

       経 済 産 業 部 長     中  道  俊  之  君

       教  育  部  長     遠  藤  正  紀  君
       兼 住 民 協 働 部 長

       総  務  部  長     佐 野 峯     茂  君
       兼 経 営 企 画 部 長

       高 齢 者 支 援 課 長     千  葉  澄  子  君
       兼  老 人 福  祉
       セ ン タ ー 所 長

       保 険 年 金 課 長     井  上  靖  宏  君
       環  境  課  長     中  村  英  規  君
       防 災 防 犯 課 長     藤  原     治  君
       道  路  課  長     三  上  喜 美 義  君
       下  水 道 課  長     釜  沢  敦  司  君
       料  金  課  長     下  長  秀  樹  君
       地 域 政 策 課 長     北 湯 口     修  君
       経 営 企 画 課 長     湯  沢     豊  君
       財  務  課  長     中  村  保  夫  君
       総  務  課  長     加 賀 谷     建  君
       学 校 教 育 課 長     大  坪  一  彦  君
       農 業 委員会事務局長     吉 清 水  繁  見  君
       監査委員事務局主任主査    藤  倉  友  久  君
本会議の書記は次のとおりである。
       議 会 事 務 局 長     太  田  晴  輝
       同    次    長     高  橋     永
       同  主 任 主  査     岡  田  洋  一





△開議の宣告



○議長(角掛邦彦君) ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。

 直ちに本日の会議に入ります。

                                (午前10時00分)

                                        



△諸般の報告



○議長(角掛邦彦君) なお、本日の議事日程は、お手元に配付しているところでありますので、ご了承願います。

                                        



△議案第2号の質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) これより本日の議事日程に入ります。

 日程第1、議案第2号 平成21年度滝沢村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 これより質疑に入ります。



◆15番(鎌田忍君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 15番鎌田忍君。



◆15番(鎌田忍君) この補正予算案の中身についてではなくて、過日新聞報道におきまして、厚生労働省は22日、国保の低所得者向けに医療費の窓口負担軽減に財政支援をすることを決めたというふうにありました。私も中身を知りたいものですから、いろいろネット上で調べたのですが、なかなか厚生労働省のほうでも詳しい資料がまだ出ていないみたいなので、これはどういうことなのかをご説明願いたいと思います。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 主浜健康福祉部長。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 議員のお話のとおり新聞報道で私も見たところではございますが、その内容については承知いたしておらないというところが今の現状でございますので、お話のとおり新聞の報道のほかにはまだ私どもにも情報が入っていないという状態でございます。



◆15番(鎌田忍君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 15番鎌田忍君。



◆15番(鎌田忍君) 低所得者の医療費の窓口負担、原則3割の減額をすることによって、これによりますと患者の生活が困窮していてお金のない人が払えるようになると、未払いがなくなるということを目指しているみたいですが……



○議長(角掛邦彦君) 鎌田忍議員に申し上げます。今発言中でありますが、あくまでも議案第2号 平成21年度滝沢村国民健康保険特別会計補正予算の議題でありますので、それに従っての質疑を願います。



◆15番(鎌田忍君) わかりました。



○議長(角掛邦彦君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第2号 平成21年度滝沢村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第3号の質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第2、議案第3号 平成21年度滝沢村介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第3号 平成21年度滝沢村介護保険特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第4号の質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第3、議案第4号 平成21年度雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第4号 平成21年度雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第5号の質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第4、議案第5号 平成21年度滝沢村下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第5号 平成21年度滝沢村下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第6号の質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第5、議案第6号 滝沢村廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正することについてを議題といたします。

 これより質疑に入ります。



◆8番(佐藤美喜子君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 8番佐藤美喜子君。



◆8番(佐藤美喜子君) 前は、これ業者で多分くみ取りしていたと思いますが、いつごろからこのような状態になったのかお聞きしたいと思いますし、現在どのくらいの方々が困っているのかお伺いいたします。



◎生活環境部長(菊池文孝君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 菊池生活環境部長。



◎生活環境部長(菊池文孝君) 前は、産廃業者がくみ取りを行っていたわけですが、それが保健所の指摘がありまして、それできなくなりまして足かけ3年ほどになります。今は、一般的に苦情をいただいているのが三、四十件の苦情をいただいております。



◆8番(佐藤美喜子君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 8番佐藤美喜子君。



◆8番(佐藤美喜子君) 実際にお聞きしたことですけれども、苦情というか、要望をしても何の返事もなくて困っていますということでしたので、例えば6月の議会で通るというか、出すのであれば、そのようにお話を聞けば安心してやっているけれども、何の返事もないということが聞こえてきました。今までの議会でもそういうこと、耳を傾けるとか、聞くとかということをいっぱい言っていますが、現実にやっぱりほんの一部だと思いますが、そういう方々もきょうのこれを待っていると思いますので、この決まった後の周知の方法とかもお伺いいたします。



◎生活環境部長(菊池文孝君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 菊池生活環境部長。



◎生活環境部長(菊池文孝君) 実際に議案として提出させていただくことになりましてからは、その旨はお話しするようにしておりますし、きょう可決いただきましたならば住民の方には周知したいと考えております。ただ、方法につきましては、件数が余りないものですから、全体的に大きくやるのか、それとも大体三、四十件でありますので、今までとらえていたデータで個別にお話しするか、ちょっとその辺は検討させていただきたいと思います。



◆8番(佐藤美喜子君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 8番佐藤美喜子君。



◆8番(佐藤美喜子君) 実際このように浸透式といいましたか、こういうのをやっているのは村内にたくさんあるのでしょうか。その場所によっていろんな方法があると思いますので、実際困っている方々の件数とかは把握して、数とか地域とかありましたらばお願いします。



◎生活環境部長(菊池文孝君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 菊池生活環境部長。



◎生活環境部長(菊池文孝君) 具体的に全体で何件あるかというのは、ちょっとなかなか把握できないのですが、今お話ししましたとおり困っている方々は本当に電話をいただいておりますので、それは把握できます。それで、そういう苦情をいただいた方々の件数を見て大体この程度の処理量かなという算定もいたしておりますので、今のところ私どもで把握している方々のところで大体、今お話しした件数程度で済むのかなと思っておりました。



◆8番(佐藤美喜子君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐藤美喜子君の本件に関する質疑は既に3回になりましたので、会議規則第55条の規定によって発言は許可いたしません。

 ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第6号 滝沢村廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正することについてを採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第7号の質疑、討論、採決 



○議長(角掛邦彦君) 日程第6、議案第7号 雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置規約の一部変更の協議についてを議題といたします。

 これより質疑に入ります。



◆10番(柳村一君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 10番柳村一君。



◆10番(柳村一君) 1人ふやすわけですが、今まで9人の滝沢と雫石の割合と、10人にふやして2つのグループにするようなお考えのようですが、そこのメンバー構成をどのようにするのかお伺いしたいと思います。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 主浜健康福祉部長。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 法律の施行令の中には、保健福祉等の知識を有する者ということになっておりまして、特に地域性、要件はございません。ですので、本村の場合につきましては、村内の医師であったり、それから保健師等につきましては盛岡市というふうなこともございますが、職場のあるというところにいたしますと、村内における職場の方が全体9人のうち5名でございます。雫石の方につきましては2名、それから盛岡市に職場を有する方が2名という状況でございます。その構成につきましても、それらの保健師、医師等の数が均等になるような形で配慮していく予定でございます。



◆10番(柳村一君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 10番柳村一君。



◆10番(柳村一君) 1つには、9人で過半数になるのがちょっと大変だから2つに分けてというような話も聞こえてきましたが、保健師であれば滝沢でも探せなくはないだろうし、雫石さんでも探せると思いますし、2つに分けることによって滝沢、雫石とおのおので認定をやることになれば、この共同設置というのが今度は意味がなくなってくるような感じがするのですけれども、そこら辺はどのようなお考えでしょうか。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 主浜健康福祉部長。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 保健師につきましては、私どもの通常の業務という範疇の中ではなかなか対応が難しいと。実際今までの開催実績等を見ますと42回ほど、平成20年度におきましては開催をいたしてございます。そういった状況にございます。その共同設置といいますのは事務の効率化、あるいは審査の効率化といったところに主眼が置かれておるというところだと思いますので、それにつきましては合議体を2つ設けるということにしております。その中での共同での事務処理ということからは、別々にやるのではなくて、2つの合議体で別なもちろん審査案件でございますけれども、それを、回数を、それぞれの委員が持つ、負担する回数をある程度抑えていくということになります。施行令で大体の合議体の数を5人程度ということでうたわれておりますので、このたび5名に達するように1人ふやしたいということでございます。



◆10番(柳村一君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 10番柳村一君。



◆10番(柳村一君) 認定の場合、やっぱり地域、地域によって特色があると思いますので、いつまでも合議体をやっているということでもないのではないかなと思います。認定に差が出ないように広域でやるのも可能性もあるでしょうけれども、そこの事情というものを考えると共同設置、もう少し考えてもいいのではないかと思いますが、いかがでしょうか。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 主浜健康福祉部長。



◎健康福祉部長(主浜照風君) 共同設置につきましては、先ほど申し上げましたとおり、そういった事務なり審査の効率化というのもございますし、また審査委員の確保という観点からすると大変難しいものもあるというふうなことから、こういった経緯になってございます。地域の事情というのは当然あるかとは思われますが、それはその審査の中において調査結果、認定の調査結果、あるいは医師の意見書等がございますので、それらで適正な判断をしていくということになりますので、余り影響というのは考えられないのではないかというふうに思っております。



○議長(角掛邦彦君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第7号 雫石町・滝沢村介護認定審査会共同設置規約の一部変更の協議についてを採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第8号の質疑、討論、採決 



○議長(角掛邦彦君) 日程第7、議案第8号 村道路線の認定及び変更に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第8号 村道路線の認定及び変更に関し議決を求めることについてを採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議案第9号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第8、議案第9号 財産の取得に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 提案者の提案理由の説明を求めます。



◎総務部長兼経営企画部長(佐野峯茂君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 佐野峯総務部長兼経営企画部長。



◎総務部長兼経営企画部長(佐野峯茂君) 議案第9号 財産の取得に関し議決を求めることについてご説明申し上げます。

 財産の取得に関し、地方自治法第96条第1項第8号及び滝沢村議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 財産の取得の内容といたしましては、現在第2分団、第5分団に配備しております消防ポンプ自動車の更新をいたすものであります。契約事項は記載のとおりであります。

 以上で議案第9号の説明を終わらせていただきます。



○議長(角掛邦彦君) これをもって提案者の提案理由の説明を終結いたします。

 これより質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより議案第9号 財産の取得に関し議決を求めることについてを採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△教育民生常任委員長報告、請願第1号の質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第9、請願第1号 私学教育を充実・発展させるための請願を議題といたします。

 本件は、教育民生常任委員会に付託しておりますので、審査の結果について報告を求めます。



◎教育民生常任副委員長(高橋盛佳君) 議長。



○議長(角掛邦彦君) 高橋盛佳教育民生常任副委員長。



◎教育民生常任副委員長(高橋盛佳君) 教育民生常任委員会報告書。

 教育民生常任委員会の審査結果についてご報告いたします。本委員会に付託されました請願第1号 私学教育を充実・発展させるための請願は、平成21年6月22日に第2委員会室において審査いたしました。

 最初に、紹介議員である武田猛見議員より、本請願について、私立高校の授業料の滞納数は最近の経済不況を反映して年々増加している。子供たちは、学費滞納によって学校をやめなければならない事態にも追い込まれている。まだまだ公立と私立の差というのは非常に大きいため、私学助成の増額を求める旨の趣旨説明がありました。

 審査中、委員の意見として、授業料滞納に関する問題に対して、この私学助成を充実させることで本当に解決できるのか、私学助成は子供たちの授業料に反映されるのではなく、何に使われているのかわからない、私立学校の中には授業料免除の特待生制度を行っているところがあり、その制度と助成金を増額することに矛盾を感ずる等の意見がありました。

 その後、採決を行った結果、請願第1号 私学教育を充実・発展させるための請願は、賛成者少数のため不採択と決した次第であります。

 以上、教育民生常任委員会の報告といたします。平成21年6月26日、教育民生常任副委員長、高橋盛佳。



○議長(角掛邦彦君) これをもって教育民生常任委員会の報告を終結いたします。

 これより委員会報告に対する質疑に入ります。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって委員会報告に対する質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、原案反対の方の発言を許可いたします。

           〔「なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) これをもって討論を終結いたします。

 これより請願第1号 私学教育を充実・発展させるための請願を採決いたします。

 本請願に対する委員会報告は不採択であります。

 したがって、原案について採決いたします。

 本請願を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立少数であります。

 よって、本請願は不採択することに決定いたしました。

                                        



△発議第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(角掛邦彦君) 日程第10、発議第1号 基地対策予算の増額等を求める意見書についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本案は、議長を除く出席議員全員による発議であるため、提案理由の説明、質疑、討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は提案理由の説明、質疑、討論を省略し、直ちに採決することに決定いたしました。

 これより発議第1号 基地対策予算の増額等を求める意見書についてを採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の諸君の起立を求めます。

           〔賛成者起立〕



○議長(角掛邦彦君) 起立全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                        



△議員派遣の件



○議長(角掛邦彦君) 日程第11、議員派遣の件を議題といたします。

 この件については、お手元にお配りのとおり議員派遣したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、お手元にお配りのとおり議員派遣することに決定いたしました。

                                        



△総務常任委員会閉会中継続調査の件



△教育民生常任委員会閉会中継続調査の件



△産業建設常任委員会閉会中継続調査の件



△議会運営委員会閉会中継続審査の件



△議会運営委員会閉会中継続調査の件



△議会広報編集特別委員会閉会中継続調査の件



○議長(角掛邦彦君) 日程第12、総務常任委員会閉会中継続調査の件より日程第17、議会広報編集特別委員会閉会中継続調査の件を一括議題といたします。

 以上6件については、申し出のとおり、閉会中の継続調査及び審査とすることにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(角掛邦彦君) 異議なしと認めます。

 よって、この6件については申し出のとおり、閉会中の継続調査及び審査とすることに決定いたしました。

                                        



△閉会の宣告



○議長(角掛邦彦君) 以上をもって本日の議事日程は全部終了いたしましたので、本日の会議を散会し、これをもって平成21年第17回滝沢村議会定例会を閉会いたします。

                                (午前10時25分)