議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 滝沢市

平成21年  予算審査特別委員会 03月18日−予算審査−03号




平成21年  予算審査特別委員会 − 03月18日−予算審査−03号







平成21年  予算審査特別委員会





平成21年3月18日
第14回滝沢村議会定例会予算審査特別委員会会議録
平成21年3月18日第14回滝沢村議会定例会予算審査特別委員会が滝沢村役場に招集された。
  委員長  武  田  俊  和  君  副委員長  佐 々 木     剛  君
   委員  相  原  孝  彦  君    委員  桜  井  博  義  君
   委員  佐  藤  澄  子  君    委員  日  向  清  一  君
   委員  斉  藤  健  二  君    委員  武  田  猛  見  君
   委員  遠  藤  秀  鬼  君    委員  佐  藤  美 喜 子  君
   委員  高  橋  盛  佳  君    委員  柳  村     一  君
   委員  熊  谷  初  男  君    委員  高  橋     寿  君
   委員  山  谷     仁  君    委員  鎌  田     忍  君
   委員  西  村     繁  君    委員  黒  沢  明  夫  君
   委員  山  本     博  君    委員  長  内  信  平  君
   委員  川  原     清  君

欠席委員(なし)

委員会条例第19条の規定により説明のため会議に出席した者は次のとおりである。
       村        長     柳  村  典  秀  君
       (水道事業管理者)

       教    育    長     盛  川  通  正  君
       生 活 環 境 部 長     菊  池  文  孝  君
       都 市 整 備 部 長     及  川     安  君
       上 下 水 道 部 長     竹  鼻  則  雄  君
       経 済 産 業 部 長     中  道  俊  之  君

       教  育  部  長     伊  藤  隆  雄  君
       兼 住 民 協 働 部 長

       経 営 企 画 部 長     主  浜  照  風  君
       総  務  部  長     大 谷 地  政  光  君
       防 災 防 犯 課 長     藤  原     治  君
       都 市 計 画 課 長     齋  藤  善  則  君
       道  路  課  長     三  上  喜 美 義  君
       河 川 公 園 課 長     高  橋  義  行  君
       下  水 道 課  長     釜  沢  敦  司  君
       地 域 政 策 課 長     北 湯 口     修  君
       農  林  課  長     畑  村  政  行  君
       商 工 観 光 課 長     熊  谷  一  見  君
       住 民 協 働 課 長     加 賀 谷     建  君

       生 涯 学 習 課 長     沢  口  朝  彦  君
       兼 埋 蔵 文 化 財
       セ  ン タ ー  長

       学 習 支 援 課 長     中  村     登  君
       兼  公 民 館  長
       兼 湖 山 図 書 館 長

       財  務  課  長     中  村  保  夫  君
       総  務  課  長     武  田  晴  良  君
       学 校 教 育 課 長     大  坪  一  彦  君
       学校教育指導担当課長     伊  藤  信  彦  君
       学校給食センター所長     工  藤  義  昭  君
       農 業 委員会事務局長     吉 清 水  繁  見  君
本委員会の書記は次のとおりである。
       議 会 事 務 局 長     佐 野 峯     茂
       同    次    長     高  橋     永
       同  主 任 主  査     岡  田  洋  一



                                        



△開議の宣告



○委員長(武田俊和君) ただいまの出席委員は21名であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。

 直ちに本日の会議に入ります。

                                (午後 1時30分)

                                        



△議案第1号の審査



○委員長(武田俊和君) これより審査に入ります。

 これより第6款農林水産業費、第1項農業費の審査に入ります。88ページからです。質疑を許します。

 熊谷初男委員。



◆委員(熊谷初男君) 2点についてお伺いしたいと思います。

 最初は、88ページの3目の説明のところなのですが、説明の中には担い手の育成に関する事業が項目3つ、4つ上がっています。事業の内容とか、財源の出どころはそれぞれ違いますけれども、この説明欄の総額で見ますと、1,500万ばかり事務費上がっています。単純に見て、トータルがこのくらい使っているわけなのですが、しかも事業としても重点事業ということで継続になっているわけです。担い手というのも大事ですが、問題は後継者づくりが一番の基本であると思うのですが、今まで事業の経過見て、どの程度成果が上がっているのか、その辺をちょっとお伺いしたいと思います。

 それから次に、90ページのところで、5目の説明欄に相の沢牧野の管理事業ということで3,800万ばかり計上されています。説明を見ますと、堆肥の散布とか、除草剤の散布とか、それから土壌の分析とか、いろいろ事務内容が載っています。こういったものは、どちらの指導を受けてどのようにやられるのか、その辺をお伺いしたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 後継者育成、担い手育成の成果というご質問でありますが、正確な把握のほうはいたしておりませんが、県のほうで新規就農者という調査をやっておりまして、それによりますと毎年二、三名の登録がなされております。

 次に、相の沢牧野の管理費、肥料等の指導を受けている先ということですが、農業改良普及所の指導を受けて管理のほうをやっております。平成19年に集約放牧ということで電気牧さくを使用しまして、普及センターの指導のもと電気牧さくを使用しまして、肥料の振り方、そういうところを倹約するような格好で多くの成果を上げておりますので、その指導を受けて引き続きやっておりました。



○委員長(武田俊和君) 熊谷初男委員。



◆委員(熊谷初男君) これまでも食糧難はやがては来るということで、農業は食糧確保ということで一番中心で重要な課題になっているわけなのですが、いろんなところで新規農業ということで募集しながら、かなりの人数で応募しているとか、希望者があるようなのですが、実質は本気になって、この人たちを悪く言うわけではないのですが、本気になって日本の農業、食料を守るということであれば、現在これまで携わってきた方々の後継者が本気になってやれるような条件づくりがやっぱり必要ではないかなというふうに思うのです。そういったあたりで、現実今農家は将来に向けた後継者づくりになってくると、本当にその意識が持たれているのか、実感されているのか、そこらあたりどのように見ていらっしゃるのかお聞きしたいと思います。

 それからあと、次にもう一つ、相の沢の件なのですが、先日の斉藤健二議員の一般質問にもありましたが、馬は今どんどん数が減ってきているし、実際のところチャグチャグ馬コ用で飼っているという、趣味と言えば悪いですが、そういった感覚で持たざるを得ないというような状況になっています。そういった中では、酪農の皆さんの放牧も当然大事でありますが、こういった整備を完全にした上で、もしできるのであれば馬ももう少しふえるような、例えば趣味で馬を飼っても出ていく一方で、お金にならなければどうしようもないわけですから、もしできるのであれば、飼育用、馬肉用の馬をふやすとか、飼育農家をふやすと、そういった方向でこういったものを使って、牧野を使うような方向で何とか頭数をふやせるような取り組みが必要ではないかなというふうに思っています。その点、お考えをお聞きしたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 担い手、後継者のことですけれども、景気が悪くなったこともありまして、退職される方、団塊の世代が退職されるということで、農業に帰ってくるという方もかなりいらっしゃいます。帰農者ということでかなりおられまして、今後はそういう方と連携をとりながら、後継者のほうを育てていきたいと思っております。

 あと、馬の振興策でありますが、チャグチャグ馬コに出される方もかなりいらっしゃいますし、出さないという方もいらっしゃいます。牧野に上げている方の中で、やっぱり馬の市場に定期的に出荷されている方もいらっしゃいますので、肉用として出荷されている方もいらっしゃいますので、牧野を活用して馬のほうをふやしていっていただければと思っております。



○委員長(武田俊和君) 熊谷初男委員。



◆委員(熊谷初男君) それでは、最後にしますが、やはり農業のこれからの振興となれば、村の計画も当然ありますが、国の計画もおりてきているわけですから、そういった中身を整理しながら、やはりもっと農協さんなり、こういった関係団体との協議が大事ではないかなというふうに思うのです。片一方ずつの集まりで指導を受けたりしたって、やっぱり方向性が見えないというのが農家の実態なのです。ですから、農協さんともっと協議した上で、方向性をちゃんと固めた時点で事業をつくっていただければいいなというふうに思っていますが、これからの対策についてお聞きしたいと思います。

 あと、馬産のことなのですが、肉用として飼育している方がふえればいいと思うのです。ただ持っていても、幾らかでもお金にならなければ、飼育料もかかっているわけですから、そういったほうに力を入れていくような対策を立ててもらえればいいなというふうに思います。最後の質問ですが、よろしくお願いします。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 今後の畜産経営についてですが、滝沢村は農協さんが3カ所ございまして、岩手中央酪農さんと新いわて農協さんと花平酪農農協さんとありまして、それぞれ所属されている会員の方がおられまして、指導先が違うというちょっと特殊な事例もございまして、これまでは個々の対応に任せておりましたけれども、農協さんをあわせた形で話し合いを進めていく方向を考えていきたいと思います。

 馬肉用の馬の振興によりまして、滝沢の馬農家の馬の数をふやす方向に検討していきたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 日向清一委員。



◆委員(日向清一君) 3目、ページ数は91ページ、2つほどお伺いをしたいと思います。

 まず1つ目は、グリーンツーリズムの推進事業でありますけれども、本年度の事業費を見ますと2万9,000円という事業費になってございますが、前年度は4万2,000円という内容でございます。金額的には多い金額ではないのですが、減額になっている今年度というのですか、21年度の事業費なのですが、その内容はどのようなものに使われるのかという部分をお伺いをしたいと思います。

 それから、もう一つ、同じ3目ですが、新規事業であります新品種導入研究検討補助事業ということで事業費を組んでいるわけですが、先ほどのグリーンツーリズムも同じく一般質問の内容と重複する部分もあるのですけれども、事業内容を見ますと、ゆかりのあるはるかの苗木助成、あるいはサツマイモとか、あとはニラというふうにも書いてございますが、どの程度の規模のもの、どのようなものの額で補助をされるような事業なのか、この2つお伺いをいたします。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) まず最初に、グリーンツーリズムの推進事業についての事業内容でございますが、今年度の事業といたしまして、インストラクターを多くしていきたいということで、研修会の補助を考えております。1回当たり1万5,000円ほどかかる研修でございますので、その半額7,500円、それを3人分ということで2万3,000円予算を見ておりました。

 それと、グリーンツーリズムの協議会という形である程度まとまりを持ちたいということで、関心のある方にお集まりいただきまして研修会を開きたいと思っております。それの講師謝金として、3,000円予算計上しております。

 次に、新品種導入研究検討補助事業の件でございますが、新品種ということで、村のいろいろな課題に対して新たな品種を導入することで解決していきたいということで、まず高齢者対策といたしまして、軽量作物のニラ、これの普及を図りたいということで、ニラについてニラ畑に対応します防除シート、除草シート、これの補助を新いわて農協さんとともにやっていきたいと。3分の1助成で、大体30アールほどの面積が該当になると思っております。

 あとは、新品種といたしまして、はるかの苗木助成、これは1本3,000円ほどします。普通の苗木より高価でありますので、その半額として1,500円を100本ほど助成していこうと思っております。

 それと、サツマイモ、新品種ということで、サツマイモのクイックスイートという品種ですが、サツマイモというと南の作物でありますけれども、北のほうでも育ちがいいと。それと、加工もしやすいということで導入を考えておりまして、北の品種なものですから、滝沢村にまず品種が合うかどうかという研究検討を行うために村内の全地域で作付をやっていただきたいということで、10アールほどを20人の方に助成していきたいと考えております。



○委員長(武田俊和君) 日向清一委員。



◆委員(日向清一君) インストラクターの研修補助という部分は、ただいまの説明の中で理解をしたわけですが、実は来年以降の予算がことしの約倍というような、この計画書を見ると、なぜかことしが少ないということなわけですけれども、その推進を積極的に進める、あるいは取り組みを積極的に進めるという割には金額が少ない、あるいは前向きさが少ないような感じもいたします。ぜひ増額というか、前倒しというのですか、これも一般質問と同じくなるのですが、いずれスピードを持ってこのインストラクターの養成なり、グリーンツーリズムの協議会は取り組んでいってほしいものだというふうに思いますので、その考えをお伺いをしたいと思います。

 あとは、新品種導入研究検討補助事業なのですけれども、ゆかりのあるはるかということで、有望な品種の作付助成ということは、ただいまの説明で理解したところでありますけれども、実は有望である、あるいは期待される品種ということもありまして、私の知る限りではこのはるかの苗木は現在不足、手に入らないというふうな状況があるようです。ですが、ことしの春には入らなくても、来年度として2月、3月にこの事業が達成すればいいという考えであれば、1年ちょっとおくれるわけですが、その事業として進めるべきだと思いますが、あるいはぜひともことし進めたいよということであれば、台木からの穂木を接ぎ木して、そういうものをみずから滝沢村の生産者も取り組めるような状況にあるので、そういうふうな助成もあるいは転換しなければならない部分が出てくるのかなというふうに思います。その辺のお考えをお伺いします。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 最初に、グリーンツーリズムの予算の件ですが、今年度グリーンツーリズム協議会の結成を何とかしまして、その協議会の活動ということで、22年度以降事業費のほうをふやした見積もりをとった次第でございまして、協議会の活動ということでどんどん活発にしていければいいと考えておりました。

 次に、新品種はるかの苗木の普及の件でございますが、確かに苗木のほうは現在は売り切れ中であるというお話は存じておりました。新年度の事業ということで取り組みましたので、来年の2月、3月の植えつけになると思っておりました。現在滝沢村にもはるかの苗木を持っている方がかなりいらっしゃいまして、その方々から枝をいただきまして、それを高接ぎするという方法で実りを早くできるという方法もあります。これについては、ちょっと予算化できませんので、持っている方と相談しながらふやしていければと考えております。今後相談しながら、高接ぎの方法もやっていきたいと思っております。



○委員長(武田俊和君) 日向清一委員。



◆委員(日向清一君) どちらの事業にしましても、いずれやはりスピードが必要だというふうに考えております。グリーンツーリズムもインストラクターの養成なり協議会の設立、そういうものの予算化も来年以降されるということですので、期待したいものですが、いずれスピードを持って取り組んでいただきたいということと、新品種導入についても、その苗木はるかの問題もそうですけれども、あとはクイックスイートの試験的な栽培ということもあるようですが、これは柳川種苗ですよね、滝沢の柳川種苗で品種開発されたものなわけで、これもいずれ滝沢にゆかりのあると言えばゆかりが出てくるわけですが、そういうわけでぜひこの事業の効果が期待されるものとして、また面積が拡大されることを期待したいものだと思います。その決意のところをお伺いして、終わります。



○委員長(武田俊和君) 中道経済産業部長。



◎経済産業部長(中道俊之君) グリーンツーリズムにつきましては、協議会を立ち上げたいと。これは、私どもの決意としてはゼロ予算でもマンパワーでネットワーク形成をしなくてはいけないということで、ことしは各地域に出向いて、いろんな方々とひざ詰めでご相談を申し上げたいというふうに考えておりました。年度中途でもいろいろな組織の構築等によっては、次年度以降からの大きな展望が開けてくるということを期待いたしておりますので、そういった覚悟で進めてまいりたいと考えております。

 それから、はるか並びにクイックスイートにつきましても、地域ブランド戦略の一つとして位置づけて、これを強力に推進したいと。しかも、これはある程度スピードを要求されるものでありますので、現在の予算をフルに有効に活用しながら、そしてなおかつ次の展開が見込まれる場合には、経済不況の中でありますので、次の経済振興に結びつくということであれば、また年度中途でもご相談を申し上げながら、次の展開を進めてまいりたいというふうに考えております。



○委員長(武田俊和君) 高橋盛佳委員。



◆委員(高橋盛佳君) ただいまの日向委員の質問に最初は関連して、91ページのグリーンツーリズムについて、再度追加してお尋ねしたいと思います。

 昨年の20年度の実行計画書では、予算は4万2,000円と、あと21年、22年は何もないわけでありまして、特に去年はグリーンツーリズムの事業の市町村負担金の4万2,000円というようなことが書いてありました。これは、ことしはそういった負担金はないのかどうかということと、去年の展望のときには、21年、22年見えなかったのですが、どういう形でことしのところでは逆に2万9,000円と減額になって、また以降のところをふやすという、先ほど説明若干ありましたけれども、その辺のこういう去年からの変化の要因というのは一体何なのかということをお聞きしたいなと。

 それから、もう一つは、この間も一般質問若干あったようでありますけれども、グリーンツーリズムとしてお考えになっている具体的な本村におけるイメージといますか、展開の何かイメージがあればお話をいただきたいと思います。

 それから、もう一つ、今度は別のところでありますが、同じ91ページのところでありますが、3目のところですけれども、そこの地産地消推進事業のところでお尋ねしたいと思います。地産地消につきましては、これも昨年は予定実行計画では21年は9万4,000円ということになっておりましたが、今年度はこれが5万4,000円と、逆に去年の計画より下がっております。これはどういうことなのだろうかなと。そして、22年、23年は104万円というふうにふえておりますけれども、その辺のところの経過、計画といいますか、考え方をお知らせいただきたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) グリーンツーリズムの予算の件でございますが、昨年までは県のほうでグリーンツーリズムの協議会をつくっておりまして、そこの負担金ということで4万2,000円払っておりました。それをNPO法人化して独立したということで、負担金のほうはなくなっております。村としても、グリーンツーリズムについて力を入れていきたいということで、組織化に向けて予算を新たに作成したという次第になっております。

 あと、地産地消の予算についてでございますが、昨年については食育推進の集いというものに対して、3月に開催しておりましたけれども、それの賄い費について助成をするということで、負担するということで考えておりましたけれども、その金額の調整と、あとは講師謝金の減額ということで、今年度のほうは額を少なくしております。来年度以降については、地産地消という事業をもっと発展させていきたいということで、新たな事業を考えたいということで、増額となっている次第でございます。



○委員長(武田俊和君) 中道経済産業部長。



◎経済産業部長(中道俊之君) 私のほうからは、グリーンツーリズムの今後の展開のイメージについて、現時点で私どもが描いている考え方についてお答えさせていただきます。

 農業分野、事つけても農家の方々が現在居住しておられる居住環境というものは、非常に原風景も含めて一つの資産、価値であるというふうに考えておりますので、そういった農家の方々の暮らしの中に来て体験をしていただくという一つの視点と、新たに観光という面からとらえたときに、従来の見学、見物、物見遊山といいますか、そういった観光から体験型、学習型に変わってきておりまして、小グループによる観光というものに大きくシフトしてきておりますので、そういった国民のニーズの変化をこの滝沢村の地にぜひお招きして、滝沢の自然を含めた地域の文化等を満喫していただけるような、そういうステージをつくりたいと。その一つのアイデアとしては、例えば工房をめぐって歩くツアーですとか、酪農体験ですとか、リンゴ狩りツアーとか、イワナ釣りとか、いろいろアイテムとしてはあるかと思いますが、そういったようなことを一つずつできるところから形にしていくと、そういうことを手がけていければ、展開が開けてくるのかなというようなイメージを持っているところであります。



○委員長(武田俊和君) 高橋盛佳委員。



◆委員(高橋盛佳君) 最初に、地産地消の部分から質問します。

 去年の実行計画よりもことしのやる予定の項目多いのですね、1つ。その中で見ますと、同じようなことが4つあるわけです。食育推進の集いと、それはその内容が減額になったということであれば、それでよろしいのですけれども、そのほかにいわゆる産直活動の推進のための協議会設立と運営支援というようなことがありますが、これは具体的には予算が伴わないものなのかどうかということをお聞きしたいなと。

 そういうようなことで、何となくイメージとしては去年よりもやることが多くなって、予算は少なくなっているというようなことで、その辺がちょっと理解しにくいので、もう一度お願いしたいなと。

 それから、グリーンツーリズムについて、そのイメージというようなことで、なるほどということの中には観光の面、大変重要だろうと思いますが、具体的に現在農家の中でそういうものに関心を持ち、参加といいますか、いわばただめぐるだけでは困るわけです。できれば滞在型になってもらいたいというふうに考えたときに、恐らく宿泊施設がないとすれば、青年の家は別ですけれども、個々の農家のところでそういうふうな宿泊的なことの受け入れとか、そういうふうなものが、農家自体にそういう考えが現在ではある意味つかまれているのかどうかということをお聞きしたいなと思います。

 それから、もう一つ最後に、先ほど去年の4万2,000円は県の肝いりで市町村の協議会ができたということで、NPOが立ち上がったと。それと、これから進めようとする、こちらでやろうとする協議会のつながりというのは、どういうふうにあるのかをご説明いただきたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 地産地消推進事業の産直連絡協議会という項目を今回1項目ふやしております。これは予算的には特には考えておりませんが、役場前で朝市を年に2回ほどやっておりましたけれども、そのときに村の中に産直、有人、無人あります。有人の産直は15個ほどございます。そういうところと連携して、村全体で地産地消という形を取り込みできないかなという考え方がございまして、その協議会なりという組織化してみてはという思いがありまして、この事業の中にのせたものでございます。

 グリーンツーリズムの宿泊地ということでございますが、村内に私の把握している中で1軒、農家民宿という形で自宅を改造された方がいらっしゃいます。ですが、余りお客さんのほうはないようです。グリーンツーリズム推進のためには、やっぱり長期に、日帰りということではなくて、長期に朝から夜まで村内見ていただきたいということもありますので、村内宿泊については、この協議会の中でも相談しながら多く取り組んでいただきたいということで、指導していきたいと思っております。



○委員長(武田俊和君) 高橋盛佳委員。



◆委員(高橋盛佳君) 去年4万2,000円を出資されてつくられたという協議会がNPO化したという話ですが、それとこれからやろうとする本村のグリーンツーリズムを進めていくと、協議会また何かやろうという、これどういうつながりがあるのかということをお聞きしたのです。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 申しわけございません。

 県のほうの協議会は、まず指導的な立場にございまして、この研修会、グリーンツーリズムのインストラクターの研修会の開催において、受け入れ実践とか、グリーンツーリズムにおける責任、あとは保険の掛け方とか、緊急時の対応だとか、あとは県内のグリーンツーリズムを実施している方々の交流会というような企画をする機関でございます。村で今考えております協議会というのは、村に多くの方を呼び込むために協働して情報交換しながらやっていきたいという組織を考えております。



○委員長(武田俊和君) 佐藤美喜子委員。



◆委員(佐藤美喜子君) 地産地消のところで関連でお伺いいたします。

 村長の施政方針によりますと、地産地消の推進についてということで、大規模事業所に食材として地場産を利用してもらうと書いていますが、説明書には出ておりませんでした。ですから、この予算が減ったのも気になりましたし、村長の施政方針が具体的な事業に出ていませんでしたので、村内にある事業所でどのくらい入れてもらえそうな予想なのかお伺いいたします。



○委員長(武田俊和君) 柳村村長。



◎村長(柳村典秀君) ことしの新年のあいさつに駐屯地指令に行った際に、ぜひ村内産を使っていただけないかというお話をしました。その後、前向きに取り組みたいということで話がありまして、さらに八幡平、盛岡、滝沢で周辺市町村の協議会があります。滝沢が会長になっていますので、その際にも一緒に要望してまいりました。そういったことから、具体的な話として、打合会等が開かれておりました。ただ、村のほうで受け入れ態勢がまだ整っていないという実態があります。八幡平等では非常に前向きになっておりましたし、いずれ滝沢村としても、そういう農家の皆さんに声をかけて受け入れ態勢をつくっていかなければならないだろうなと。これを一つのきっかけとして、自衛隊に限らず、例えば老人介護施設等で食事を提供している場所があったりとか、あるいは仕出屋さんがあるとか、そういう村内外を問わず、大規模なそういう食事を提供するようなところに対して滝沢産をアピールして、そしてどんどん使ってもらえるようにアピールしていきたいということで、ことし取り組んでいるものであります。



○委員長(武田俊和君) 佐藤美喜子委員。



◆委員(佐藤美喜子君) 大規模事業所ということで、自衛隊はちょっと頭になかったのですが、学校給食が大規模で難しいということであれば、自衛隊も同じような大きさなのですが、普通の事業所でどのくらいあるのかということも、やっぱりその辺もしっかり調査して進めなければ、地産地消とか農業というのは、なかなかこの予算を見ても何か気持ちが沸き立たないというか、そうなってしまいますが、自衛隊は確かに大きなマーケットだと思いますが、そのほかに事業所でどういうところがありますでしょうか。予想はしていないでしょうか、お伺いいたします。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 村内で大きく給食をつくっているところといたしまして、大学の生協さんがございます。県立大学、あとは盛岡大学。それとあとは、老人福祉の関係で数々の事業所がございますので、そういうところをまず当たって、こういうものがあるというのをPRしていきたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 桜井博義委員。



◆委員(桜井博義君) 相の沢の管理について伺います。

 ことしは大分肥料等がかなり高騰しておりますので、果たしてこの管理費で間に合うのかなというところもありますけれども、さまざま施策というか、土壌分析等で節減図ると、そういうことをやっていますが、私はなかなかそれだけでは、軽減するのは非常に難しいのかなと思っておりますけれども、実際その分析等でどのぐらい節約になるのか。

 それから、実はほとんど肥料はJAから購入していると思いますけれども、私たちからいえば何で農協かと。たくさん肥料扱うところはいっぱいあるわけですけれども、農家にしてみれば、もちろん圧倒的に農協利用多いわけですけれども、村のその辺の立場というか、理由を伺うのと、それからもう一つ、新規というより、ことしは改まった目立った事業はないわけですけれども、課長が就任して1年になったわけですけれども、課長としてもやっぱり何かこういう考えなり、そういうところは全く見えていないのかなというところもありますので、ひとつその意気込みというか、何がことしは重点的にあれしたのか、ちょっとその辺を伺います。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 農家の方、全体そうでありますけれども、やっぱり肥料価格が高騰しておりまして、牧野におきましても相当数使っておりますので、肥料の量については秋口には全農さんから堆肥をいただきまして散布しております。ことしは、52.9ヘクタールの牧草地に昨年の秋に頒布しております。あとは、土壌改良というものもやりまして、なるたけ肥料の少ないようにということで、管理のほうを行っております。

 肥料の購入先ですけれども、購入先については、入札によって購入しておりまして、その落札先が農協さんだったということです。昨年は花平農協さんです。

 今年度、20年から農林課にお世話になっております。来年の事業といたしまして、やっぱり農家の方に新たな活力をということで、何か明るい方向性を出していければ、農業のほうもうまく回っていくのかなと思いまして、新しいことを何かと思っております。その1つとして、新品種導入ということで取り組んでいきたいと思っております。



○委員長(武田俊和君) 桜井博義委員。



◆委員(桜井博義君) 肥料はさまざま、私たちですとどうしても農協から借金、お金借りる都合があるから使わなければならないと、そういうこともあるわけですけれども、村の場合はそこら辺が公平性が本当に保たれているのかなと、いつもそう思っております。入札といっても、私から見れば形式的な入札だろうと思っておりますので、そこら辺は本当にそれでいいのかということが問われると思います。

 あと、細かいことですけれども、自主散布で軽減が図られるということですけれども、本当は自主散布するとむしろ経費がかかるのではないかと。今はそれ民間委託だとか、あるいは指定管理だとか、他に仕事を回すようなことに取り組んでいる一方で、自分たちですべてやるとなるとむしろ経費がかかると、私はそう思っておりますので、一時的に安く上がっても、結局トータル的にはむしろかかるのではないかと思います。

 それと、あと新規事業、今言われた新品種ということですけれども、私が言うのは新たにやっぱり大きな、ある程度国や県の補助を使って、何かそういう農家のための事業ということを考えていたわけですけれども、今年度は何も、もちろんそういう借金もないし、本当に何も全く見えていないと、そう思いますので、本当にこれでは滝沢の農業が何か衰退する一方ではないかと、この予算を見て非常にそう思っていますので、今後もまた補正とかあると思いますので、思い切った、農家の意見を聞いて、農協の希望をもう少し酌み取った政策を引き出していただきたいと、そのことを申し上げて終わります。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 肥料の散布についてでございますが、肥料散布、適期にまくという形がございますので、委託によりますが、その適期がちょっと期間が長くなってしまいますので、自主散布であればやりとりでできますということで、草地にとってはとてもいいということで、自主散布のほうも、価格が高いということもありますが、時期的にも適期にまけるということで実施しておることでございます。

 新たな事業についても、国のほうの施策も全部変わってきております。国の補助のほうもかなりメニューがふえてきておりますので、そういうところを活用しながら新たな事業を導入できればと検討してまいります。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) 3点についてお伺いします。

 大分課長もお疲れになったと思いますので、まず1点は3目の農業振興の件について、担い手支援育成補助事業、これ昨年は800万、ことし1,000万ということで、200万増になっています。この増になった分の説明で結構でございます。

 それから次は、5目の畜産業費の中で、畜産環境改善支援補助事業、これが去年が240万なのですが、ことし630万、これふえております。ふえている要因。

 それから、もう一点は、畜産担い手育成総合整備事業、これはことし2,040万の予算、去年が5,280万ですか。大分去年と比較してふえている要因、あるいは減っている原因、これらが激しいものですので、その辺のことについて、簡潔で結構でございますので、伺います。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 最初に、担い手支援育成補助事業についてでございます。これは、転作実施しております小麦と大豆の作付者に対する補助金の助成でございます。実績予想、実績については転作受け付けして現地確認するまで確定はできませんので、ある程度の推定値ということで予算のほうは計上させていただいております。転作については、ブロックローテーションということで、地域まとまって転作するということがございまして、ある程度把握ができる面もございまして、今回は1,000平米ほどということで1,000万を計上しております。

 次に、畜産環境改善支援補助事業でございますが、これは昨年から実施しております酪農ヘルパーの利用助成、これが212万4,000円、牧野の種雄牛の冬期間の管理委託事業、これについて30万円、あとは和牛の受精卵委嘱補助事業、これは昨年6月の議会において承認いただいたものですが、これについて150万円と。新規に乳用牛の生乳検査助成を244万円ほど考えております。平成20年4月から生乳についての基準が厳しくなりまして、生乳中の体細胞、あと細菌というものが基準以上になりますと、出荷停止という状況も出ますし、あと生乳の中の脂肪の量によって、価格のほうもプラス10円からマイナス32円という幅が随分ございますので、なるたけいいものを出していただければということで、定期的な検査、これについての助成を考えているものでございます。実際19年度にやられていた実績の2分の1を予算化したものでございます。

 次に、畜産担い手育成総合整備事業でございますが、この事業は19年から22年までという計画でございまして、17年、18年の計画でございます。計画当時については、農家さんが4戸ほど、畜舎とか草地造成を考えておりました。村としても、相の沢の高度利用促進ということで、草地造成とか事業を考えております。しかし、状況がこうなりまして、このように農家にとって非常に厳しい状況になりまして、農家さんの事業も1戸だけの事業になっております。もう一件については、離農した方の畜舎を使うということで事業のほうはおりましたけれども、そういう形で変化しておりまして、事業費のほうも21年度分については村の牧野に電気牧さくを小まめにやりまして、現在10牧区画になっているのですが、それを58区画というこまい区画にいたしまして、順次動かしまして、新しい芽を牛が食べて育成していくという考え方の集約放牧、これを実施するということで2,400万の事業費となっております。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) まず、最初の担い手支援育成事業、これは1反歩当たり1万円の補助という概要の中にあるのですが、そうすると100ヘクタール、100町歩ということなのでしょうか。そういうものもあるわけですが、まずその組織化と申しますか、これはやっぱりそういう組織、それが担い手そのものの人たちにということになっておりますので、その組織化を今後推進するお考えがないのか、まず1点。

 それから、畜産環境改善のほうはわかりました。

 その下の畜産担い手育成総合事業費の中で、今年は205万円。ところが、ちょっと来年の話聞くのも恐縮なのですが、ことしがこれで、今回の予算が2,000万円なのですが、来年、22年度の予算が、何か見ると3億300万というようなことなのですが、これちょっと来年の話聞くのは甚だ恐縮ですが、もしおわかりであればその辺をお聞きしたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 担い手支援事業の農業集団組織化についてのお話ですが、農作物集団、まとまって作付することが経済的にも効果的にも有効でありますので、それは進めていきたいと思っております。地域に入りまして団地化することによって、資金のほうも助成が多くなりますので、それも農家座談会においては皆さんにお話ししているところでございます。今後も集団化については推進していこうと思っております。

 次に、畜産担い手総合整備事業の来年度予算についてでございますが、先ほどお話ししたとおり、17、18年の計画でございます。その当時は、牧野の中に通年預託施設ということで、冬期間の牛を預かる、子牛を預かる施設を計画しておりました。しかし、このような農業情勢になっておりますので、200頭規模を最初考えておりましたのですが、その規模とか時期的な話、そういうことも再検討が必要かなということで、新年度になりましたら農家さんにお集まりいただきまして、再検討させていただきたいと思っております。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) この担い手支援助成事業ですか、これはやはり今そうでなくても農家の方々は収入が少ない、収入が少ないと言っているわけですから、できるだけ取り組んで、やっぱりより多くの収入を得るということからいくと、非常に大事なことだろうと思いますので、ぜひ推進してほしいと思います。

 それから、畜産担い手育成総合整備事業、これは今課長話したように、今からこの何億と金かけて、それの効果が果たして上がるだろうかというような部分もあるわけですから、十分農家の方々と協議しながら、そういう事業そのものをなくせということではなくして、何かに、またもっと有効なものにかえる必要性がないのか、十分協議しながら進めていただきたいと、こう思いますが、いかがでしょうか。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 担い手支援育成事業については、国の助成とともに一緒にやっているもので、農家さんにとっては大変効果があるものだと認識しておりますので、今後も最良な方向を検討しながら進めていきたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 中道経済産業部長。



◎経済産業部長(中道俊之君) 相の沢牧野の中に構想しております通年預託施設につきましては、現在主として滝沢村は酪農と畜産が農業総生産の約6割を占めておりますので、大きなウエートを占めているというふうに認識をしております。その中で、これからの酪農畜産の皆様をどういった形で行政が支援をしていけるのかということで検討を始めたものでありますが、肥料、飼料等々の高騰、そして肉牛にとっては市場の価格が低迷していること、酪農家の皆様にとっては乳価が値上げをされたとはいえ、まだまだコストとの乖離がなかなか埋まらないといった中で、いろいろお話を伺ってみますと、ほとんどの皆様は将来に向けて不安を抱いていらっしゃって、先行投資型の産業でありますので、個々の農家さんにもし村がこういった場合にはどのようなということをお伺いしますと、なかなか確信を持ったお返事を今いただける状況にはないという、そういう景気の動向等を反映した様子が見てとれる状況にあります。したがいまして、村としてこれから畜産並びに酪農の農家の皆様をどういうふうに支援していけばいいのか、この通年預託施設は乳を搾るものを主として、あとは育成牛はお預けするということの役割分担ということですが、あるいは飼料を共同で調達するようなことでの役割分担がないのかとか、各農家さんで自主的に解決できるもの、それから同業者の方々、地域の方々で協力してできるもので、最後に行政が役割分担するべきものといったような分け方をしまして、整理をさせていただきながら、今後の滝沢村の畜産、酪農についてのあるべき姿を考えてまいりたいと。その中で、この事業の展開を煮詰めてまいりたいというふうに考えております。



○委員長(武田俊和君) 武田猛見委員。



◆委員(武田猛見君) 簡単にお聞きします。

 今まで新たな取り組みなんかで村もいろいろ頑張っているというのは、例えば地産地消推進事業とか、そういう中に少しずつあらわれてきたのかなというふうに思いますが、今農業が大変だというだけでなく、地域そのものが大変だという中で、例えば農商工連携だとか、いろんなことが叫ばれてはいるのですけれども、例えば農協にはいわゆるその下部組織ではないのだけれども、農家組合というものが地域ごとにあります。それから、行政のほうも以前はいわゆる農振組合と言われる組合がそれぞれの地域にあったのですけれども、あれはあくまでも補助事業の受け皿的な組織であって、自発的な地域での組織というイメージは余りなかったと。そういう意味では、今こそその地域の中でその地域をどうするという、それは農業だけではなくて、農商も含めてという中に、例えば産直とか、そういったものができてきつつあるのです、部分的には。ただ、それをどう行政が支援してやっていくのかという意味では、私はいわゆる農業版地域デザインというようなことが必要ではないのかと。基本的には、地域で地域をどうするのかと考えながら、方向性の中に行政が支援すると。そういうところが今必要なのではないのかなというふうに、12月議会でもそういったことも含めて質問したつもりだったのですけれども、村長なり部長なりでよろしいのですけれども、その辺についてのお考えが、何か私はこういうふうに思っていますということがありましたら、お願いします。



○委員長(武田俊和君) 中道経済産業部長。



◎経済産業部長(中道俊之君) 最近、1次、2次、3次を掛けると6次ですとか、農商工連携ですとか、従来の縦の領域にとらわれない取り組みが強く叫ばれております。これは、地域のコミュニティにとっても同じようなことが言えるものというふうに判断をいたしておりまして、近年における協働型社会といったようなものは、防災であれ、福祉であれ、そういったようなものを反映されているものではないかなというふうに考えております。

 この農業にとって考えましたときに、私どもは農業農村を維持形成していくのは、地域の自然、大地を守るということとあわせて、古来からの地域のコミュニティを守っていく、そして一つの結いの精神でお互いの共助の形で、転作のことであれ、新品種の開発のことであれ、そういったようなものに取り組んでいくと、そういうものが大変大切になってきているというふうに思っておりまして、ビジネスと、コミュニティと、そして自己実現、経済活動含めたそういったようなものが相乗的に絡み合った中で、地域社会が成り立っているものであるというふうに今認識をいたしております。したがいまして、農業版の地域デザインというお説は、私も同感の部分がございまして、各地域でこれまでの考え方から一歩踏み出したやわらかな関係づくりというようなものが求められていると。どうしても一人一人のお考えがそれぞれありますので、そこのところでどういった共通項を見出していくかといったようなところに、私どもがお邪魔をして地域の車座集会などを開催しながら、共通の課題を見出して、目的設定をして、あるべき方向にともに進んでいくというような形ができないかなというふうに考えております。



○委員長(武田俊和君) 武田猛見委員。



◆委員(武田猛見君) それを21年度、予算が伴うかどうかは別としても、もう少し具体化したものが見えてきて、中に入っているのかなと思ったのですけれども、どうも入っていないという気がするのです。理念は、今おっしゃった理念でいいのですけれども、それをどう事業化するかということを、やっぱり21年度に形として出さないと、理念だけで結局終わってしまうと。こういう議論ばかりずっとしているわけですから、それをどう事業化するかということを、その部分部分で出すのではなくて、やっぱりトータル的にこういうものをみんなで考えようよということをきちんと形として出さないと、また来年も同じ議論ばかりになってしまうのかなという気がするのです。ですから、ぜひ21年度中にそういった形をきちんと事業化するなり、見えるものにするという部分だけ確認して終わります。



○委員長(武田俊和君) 柳村村長。



◎村長(柳村典秀君) なかなか具体的な事業化というのは難しいと思うのです。そして、いろんな場面で私も地域に入っていきますけれども、よく言われるのが村は何をしてくれるのだという話が出てきます。そういったことに対して何をしてほしいのだと、むしろそれを聞きたいという話をしておりました。これまでは、どちらかというと何をしてくれるのだという話ばかりだったのですが、皆さんがまとまってこれをしてほしいというのだったら考えますよということであって、往々にして村が考えると失敗することが多いと。したがって、やはり一緒になってやるという意識が必要ではないかなと。そのためには、まさに今委員が言われる地域に入って一緒に考えようという姿勢は大事だろうなというふうに思っていましたし、例えば地産地消にしても、なかなか給食センターに滝沢のものが使えないような状況だという、そこのミスマッチがあります。それをどうやって今後解消していくのか。同じように、大規模事業のところにこういうものが欲しいと言われても、それが果たして可能かということも出てきます。ただ、それをやろうという意識の農家の人たちがいないと、ただただ何をしてくれるのだという話ではなくて、やっぱり自分たちが意識改革して、これからの農業をやっていくのだと、滝沢村の農業を発展させていくのだという、そういう気概のある人たちを集めて、そして発展させていきたいというふうに思っております。



○委員長(武田俊和君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第6款農林水産業費、第1項農業費の審査を終結します。

 これより第6款農林水産業費、第2項林業費の審査に入ります。92ページです。質疑を許します。

 桜井博義委員。



◆委員(桜井博義君) 新しい事業の有害鳥獣防除さくについてお伺いします。

 昨年度はいろいろ、クマもたくさん出て、畑がかなり被害あってけが人も出ると、そういう事態になって、急遽新しい事業ですけれども、のせていただいたのだと思いますけれども、もちろん農家を調査しての予算だと思いますから、実際どのぐらいの希望者があったのか、あるいは希望というか、予想されたのか。それと、もし必要となれば面積はどのぐらいつかんでいるのか。

 それと、もう一つは、これやっぱり国とか県の補助はなかったのか。村単独ということですけれども、その点を伺います。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 有害鳥獣防除さく設置補助事業についてお答えします。

 昨年酪農家、畜産農家、果樹農家の方を対象に全村の調査を行いまして、半分ほどの回答がございました。その中で、酪農家さんについては7割に当たります23戸ほどの方から、電気さくが欲しいかということでアンケートをとりましたところ、直ちに導入したいという方が1戸、補助があれば導入したいという方が14戸で、効果を見て導入したいというのが10件ございました。そこで、今回は10件分について、1基当たり6万円を限度、大体12万円ほどの、機種によって差はあるのですけれども、12万円ほどの機種の半額補助ということで、6万円を上限に助成を考えております。その12万円の機材については、1ヘクタールを囲えるような電牧さく、線が入っているということで、それ以上に欲しい方については、自分で足して量をふやしていただくということで、まずは使ってみていただきたいということで、6万円限度ということで予算化しております。

 国、県の補助については、環境大臣の保護政策で鳥獣保護という設定がありまして、その中で農作業被害があったという場合には、許可をとりましておりの設置、捕獲というのを実施しております。ですが、定例的に起きているようなところについては、農林大臣のほうで特例措置をとりまして、環境省と協調がとれるのであれば、農林省側の権限で対策がとれるというのがございます。ただ、クマについては生息地域が広範囲にわたって頭数も限られているということで、単独の町村単位では許可が難しいという見解を県のほうからいただいておりまして、クマについての単独の防除計画というのは難しい状況でありましたので、助成のほうは受けることができないと思っております。



○委員長(武田俊和君) 桜井博義委員。



◆委員(桜井博義君) 本当にそばに山を持っているところは、毎年クマの被害やられて、非常に大変な地域なわけです。自給飼料が高くて、デントコーンを作付しているのだけれども、できないと、そういった状況が広がっております。そういう中で、クマがやはりそういうデントコーンの作付の近所に数多く出没するわけです。そして、もちろんそこには民家もあるし、酪農を営んで、それぞれ農業を営んでいるわけですけれども、そういった点からいえば、非常に危険と隣り合わせな状態でおります。だから、もちろんこの補助事業は、これはこれで農家にとっては少し助かるなと思っておりますけれども、やっぱりクマのある程度の生育頭数とか、あるいはクマの行動をきっちり見きわめて、駆除というか、ある程度被害が最小に抑えられるような駆除をするとか、そしてもちろんこれには動物愛護とか、そういう団体からの指摘もあると思いますので、だからクマと共存するためには、やっぱり皆さんのある程度の支援というか応援もなければ、一緒に共存はできないと思います。自分たちだけで共存しようといったって、これは無理なことで、そういったことからも、村だけでなく、そういう愛護会とか、あるいは県なり国の対応をやっぱりきちんと求めて、そういう被害を極力少なくするために努めるべきだと思いますけれども。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) クマの保護については、県のほうに協議会がございまして、そちらのほうで捕獲可能頭数、クマの減少を及ぼさないような範囲での頭数指示がございます。それの把握についても、猟友会、狩りをする側と保護する側で意見が違っておりまして、その調整もございますので、そういう実績、かなり頭数が出現していると、把握の数が少ないのではないかという意見のほうも県のほうに伝えまして、捕獲に当たって直ちに捕獲できるような格好をとっていきたいと、推奨していきたいと考えております。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) 村有林整備事業について伺います。

 概要によりますと、村有林8ヘクタール除間伐と、こうありますが、実際村内の村有林そのものが何ヘクタールあるのか、ちょっとお伺いしたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 村内にあります村有林でございますが、村有林は701ヘクタールございます。それに加えて、国からお借りして分収している分収林が468ヘクタール、合計で1,169ヘクタールございます。その中で人工林、植樹した面積といたしましては697ヘクタールがございます。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) その中で、8ヘクタールというものは本当に微々たる量なわけでございますが、これ緊急雇用創出事業、よく林業の仕事とか、いろいろ言われているのですが、そういうものを活用して、もっとこの事業に、こういう機会に幾らかでも多く取り組むお考えがないのかお伺いします。



○委員長(武田俊和君) 畑村農林課長。



◎農林課長(畑村政行君) 今回の雇用創出については、会社を退職された方ということで、林業体験のない方がほとんどでございます。林業については、かなり危険なところもありますし、施業については経験も必要になっておりますので、もし一般の人がやれるようなものがございましたら、検討してまいりたいと思います。1月の補正の段階で、面積は少なかったのですが、一応森林組合のほうを通しまして、簡単な下刈り等々の作業のほうは発注はしております。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) いろいろ緊急雇用の部分については、確かに専門的技術も必要だとか、いろいろあると思いますが、例えばいろいろ、これは緊急雇用ではないと言われればそれまでですけれども、NPOとか、そういった方々もいるわけですし、そういった人たちにも可能であれば活用して大いにふやしていかないと、1,169ヘクタールあるうちに8ヘクタールだけということになりますと、何年たってもなかなか思うようにいかないだろうと。そのうちに荒れてしまって、何も使い物にならないと。あるいは、環境問題にも逆に悪影響を与えるというようなことになりかねないのではないかなというような気がしますので、ぜひそういう活用方法があるのであれば活用していただきたいと思います。答弁はよろしいです。



○委員長(武田俊和君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第6款農林水産業費、第2項林業費の審査を終結します。

 15時5分まで休憩いたします。

            休憩(午後 2時50分)

                                        

            再開(午後 3時04分)



○委員長(武田俊和君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 委員及び説明員に申し上げます。この予算審査特別委員会は、限られた期間で審査しなければなりません。時間を押しておりますので、発言に当たっては簡潔に質疑、答弁願いますとともに、議事進行に協力願います。

 これより第7款商工費、第1項商工費の審査に入ります。94ページからです。質疑を許します。

 川原清委員。



◆委員(川原清君) 簡潔に伺います。

 賢治の道整備事業ですけれども、これ見ますと、基本計画を見ますと、ガイドマップあるいはルートマップの作成、あとはハイキングとかいろいろありますけれども、滝沢村の場合は花巻に次いで賢治のゆかりの地といいますか、童話にもたくさん出てきますので、もう少し踏み込んだといいますか、中身のある行事が期待できないものかどうか、まずそこを確認したいと思います。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) 賢治の道の整備事業についてお答えしたいと思いますけれども、まずとりあえず村の部分の賢治のゆかりのところを商品化できるものというのですか、あといろんな滝沢駅からのルートとか、小岩井駅からのルートとか、大釜駅からのルートとかというのをいろいろ研究してまいりたいなと思っております。今川原委員さんからあったように、当然大もとが花巻にあるわけでございまして、さらにそこと連携した、あっちはどっちかというと歴史的にあるのでしょうけれども、こっちは自然を生かした部分というのがあって、そこと連携して進めればいいなと、将来的にはそこら辺も見据えながら考えていきたいなと思ってございます。



○委員長(武田俊和君) 川原清委員。



◆委員(川原清君) 小岩井駅前に賢治の碑を私もかかわってつくったのですが、弟の静六さんは余り派手派手といいますか、にぎわしいのは好きではないよと言っていましたけれども、それはそれ、いずれゆかりの地がたくさんあるわけですから、どんどん私はやったほうがいいと思っています。

 この道、それらはいいのですが、ガイドマップはもうちょっと賢治の幅を広げて滝沢にゆかりのある方々、節子さんもそうです。1年間篠木小学校に奉職をしたわけでありますし、それから武島繁太郎さん、きょう委員長をなさっている武田委員長の近くに実家があったようでありますし、それから山の上三太夫とか、いろいろあるわけですから、この賢治よりもっともっと幅を広げて、文学の道とでもいうのでしょうか、そういう形にしてはいかがかと考えています。これがまずは1点。

 もう一点は、先ほどいろんな交流を広げるという話がありましたが、花巻はいっぱいありますけれども、結構多いのです、あの方は。東京にも行っていますし、それから岩手県の松川ですか、石の山ですね、あそこにも行っていますし、それらとやっぱり一目わかるような、そういう一村がつくったよりはすばらしいというような冠たるガイドマップをつくる考えはないかどうかお聞きをしたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) 最初の1点目の武島繁太郎さんとか、そういう観点のご意見でございますけれども、前の一般質問等々にもございましたけれども、それ以外にも大釜館とか、さまざまな文化があるわけでございまして、それらも当然調べながら考えて、やっぱりそれらも含めた形で当然やっていかなくてはならないだろうなと思っておりますが、今回はとりあえず、あれもこれもと言えばなかなか難しいですので、一つ一つ確立していって、それらをくっつけていくという形で進められればなと思っております。

 それから、花巻と交流とか、そういうさまざまなご意見があるわけですが、私たちも素人でございますので、関係者の方々の意見を聞きながらこの事業は進めていきたいなと。役場だけではなく、関係者の意見を聞きながら進めていきたいなと思っているところでございます。



○委員長(武田俊和君) 柳村一委員。



◆委員(柳村一君) 2目の商工振興費についてお伺いします。

 1点目が、ベンチャー企業支援補助事業が今年度で終わるみたいなのですけれども、これの理由をお伺いします。

 2点目が、滝沢村企業立地補助事業ですが、これ20年度の実行計画書よりも21年度の実行計画書になると、22年度、23年度が金額が伸びてきておりますけれども、これの理由をお伺いしたいと思います。

 あと、これには載っていないのですが、岩手県立大学周辺産業集積整備事業というのが繰越明許費で今年度やるみたいなのですけれども、この内容をお伺いしたいのと、あと昨年度重点事業であった団塊等シニア支援事業がなくなった理由。

 あと、前に工業用地として村の土地の利用できるようなところを集約していたと思うのですが、その集約したやつを今活用しているのかどうかお伺いします。



○委員長(武田俊和君) 北湯口地域政策課長。



◎地域政策課長(北湯口修君) ベンチャーからでございました。ベンチャーについては、20年度までの時限要項、補助要項としておりました。というのは、まずスタートアップ段階の企業を村内に育てると。次は、その企業が花開くのを待って、最初はベンチャーは家賃補助ですから、どこかの事務所を借りてやるという意味で家賃補助を出しているものですから、そこが今度は次段階になれば自社所有ということもあるだろうと、次のステップに移っていくと、そういう観点で最初は3年だけということで計画をしたものであります。ただ、20年度までの認定でしたので、その認定から2年間は補助をするというものでございますので、1社だけが残っておりまして、今年度でこの16万2,000円で終わりということになっております。

 ちなみに、今まで8社認定したわけですけれども、やはりベンチャーですので、3社がちょっとダウンをいたしましたが、5社は順調に残っておりまして、滝沢村には足を向けて寝られないというくらいまでの緊密な関係性を築いているというのが実情でございます。

 それから、企業立地補助金、これが実行計画上ふえているというのは、今行っているのはアズシードという総合レンタル業、リサーチパークのリース補助金、これが今2年目ですので、今度で3年目、3年間で終わりということになりますが、ご承知のとおり小林精機さんが買ったことによりまして、その分が多分建てることになるだろうと。そうすると、立地補助金が必要だろうということで、実行計画上は膨らんでおりますし、その他プラスアルファがございまして、実行計画上は膨らんでいるということでございます。

 それから、県大周辺の繰り越しした二千六百何がし万でございますけれども、これについてはまずは造成をしなければならないということで、造成設計の分でございます。そして、今線引き市街化、区域線引きやっておりますので、それが終わり次第、即造成工事に入りたいということで、造成設計分を繰り越しで21年度やるのですけれども、設計だけしてしまいたいということでございます。

 団塊シニアでございますけれども、これにつきましては数々アンケート等を行ってございます。それによりまして、いろいろバスツアーあるいはフォーラム等を行ってまいりましたけれども、この約5年間で1,900人の方がこの滝沢村に帰ってくると申しますか、会社から帰ってくるという想定をしておりました。しかしながら、アンケート結果を見ますと、やはり予想したとおりといいますか、もし退職したならば、二、三年はゆっくりしたいというアンケートが多うございました。当然うちの産業振興から言えば、即そのまま継続して仕事をするコミュニティビジネスやら、NPOを立ち上げるというところを、社会貢献と申しますか、それを期待しておるわけでございますけれども、それはそれで今までどおりのそういう意思の方があらわれればサポートは十分にしていくという、ゼロ予算のマンパワーを使った形でサポートはしていくということで十分なのではないかという考えがございます。余生といいますか、第2の人生の生き方につきましては、そういった社会貢献が理想ですけれども、ゆっくり暮らすという面もございます。その人それぞれの考え方に立った暮らしぶりということになろうかと思いますので、生涯学習やら住民協働やらとタッグを組みまして、マンパワーでサポートしていきたいという意味で、今年度については予算化をしていないということでございます。

 それから、もう一つございました。最後に、データベースですけれども、利活用しておりました。また、加除もしておりまして、それによって今度もちょっと北海道の企業に紹介しようかなと思っているやさきでございます。利活用はしておりました。

 以上です。



○委員長(武田俊和君) 柳村一委員。



◆委員(柳村一君) ベンチャー企業のやつは、昨年度だと22年度までの計画だよという形で載っていたのですけれども、もう1社しか残っていないから、今後はもうやらないということで解釈してよろしいですか。

 あと、立地補助事業もわかりました。

 県立大学周辺の件なのですけれども、今IPUイノベーションセンターの入居率も全部埋まっていないという状況の中で、あえてこの事業を進めていくというのは、どのようなお考えからなのかなという、リサーチパークの二の舞にはならないのかなと、ちょっと不安がありますので、そこをお伺いしたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 北湯口地域政策課長。



◎地域政策課長(北湯口修君) ベンチャーについては、お見込みのとおりでございます。

 それから、県大については、IPUイノベーションセンターは現在12室中7室、ただもう入るからあけておいてくれという仮予約が2社追加になってございます。つまり12室中9室が埋まる見込みで、その後も照会がございます。早晩埋まるだろうというふうに見込んでおります。

 この景気の底が見えない状況、製造業、半導体はがたがたでございますが、やはり新聞報道等にもございますように、この時代だからこそ、トヨタさんでも何でも研究開発部門については手を緩めることはできないということで、新しい技術を求めて、その研究に余念がないという状況はございます。つまり来るべき、例えば自動車であれば新エネルギーの時代、ハイブリッドが低価格で出る時代、枯渇するガソリンにかわる新しいエネルギー、水素であれ、太陽電池であれ、リチウムイオン二次電池であれ、やはり底流にはそういった面での研究開発が、冠たる企業は手を緩めていないと。その手を緩めない技術というのは何で生むかというと、組み込み技術を中心としたITのシステムがなければ動かないものでございます。つまり今までとエネルギーが変わることによりまして、全く新しいそういうコンピュータープログラミングが必要になってくるという時代でございます。需要は、そこにマーケットが大きく広がっている時代になっているということでございます。そういう観点からも、今イノベで申し上げましたとおり、この時代であっても早晩埋まるだろうという引き合いがございまして、そう思っております。そういう観点から、その集積を果たし、確実にそのマーケットはあるだろうと、設備投資やら、進出はあるだろうと見込んでいるという状況でございます。



○委員長(武田俊和君) 柳村一委員。



◆委員(柳村一君) 村では、頭脳立地で西リサーチパークで苦戦した経験があるわけでして、それと似たような、違うと言われればそれまでですけれども、西リサーチパークは条件を変えてやっとまた企業を誘致し始めているときなのに、これはちょっとあれかなと思ったのですが、産業が元気なまちということが村長の重点目標になるわけですが、片やこのベンチャー8社は創出したという、そういうところとか、あと団塊シニアのあたりを手を引いて、これ一本にするのではなくて、もう少し元気にするのであれば、いろんな事業にもう少し幅広くかかわっていったほうがいいと思うのですが、そこら辺の考えはどうでしょうか。



○委員長(武田俊和君) 柳村村長。



◎村長(柳村典秀君) 何もしなければ、何も起きません。ただ、私の性格からいって、余り危険なことはしたくないと。だから、今回のIT集積というのは、前学長である西澤学長が門前町構想というのを立ち上げました。それは、大学周辺に企業を集積させていくという構想であります。これに同調して、そういうことを自分たちがやるのだということで来られる企業もあります。それが、今度25日に講演をしていただく予定になっておりましたけれども、そういうことから、昨日谷口学長の送別会がありましたけれども、その席上で知事のあいさつの中で、この滝沢村と県大のIPUイノベーションセンターのことが触れられております。これは、まさに県も一緒になって、そして企業集積を図っていくのだという、そういう意気込みでやっているものでございまして、したがってイノベーションセンターに入った企業は、時限的に出ていってもらうと。出ていってもらう受け皿として、今回開発する土地に自社ビルを建てていただくか、あるいは賃貸にするか、そういう形でどんどんそちらのほうに誘導していくという、そういう流れになっておりましたので、そういうことでいつまでもこの不景気というのは続かないと思いますし、今まさに課長が言われた組み込みソフト関係、かなりの人手が足りないと言われている産業分野ですので、これから期待できるものというふうに思っておりました。

 また、西リサーチパークが大変心配をかけているわけですけれども、先ほどメモが届きまして、きょう1社内定が決まったということでありますので、詳細については課長のほうから説明させます。



○委員長(武田俊和君) 北湯口地域政策課長。



◎地域政策課長(北湯口修君) 詳細は、1社でございまして、生花の卸売業者さんでございます。区画は小さく3,500平米ほどでございますが、これによって56.4%まで分譲率が上がるということでございます。ただ、会社名につきましては、企業さんのご要望により、伏せさせていただきたいと思っております。

 以上です。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) 3目の観光について2点、これは新規事業でございますので、伺いたいと思います。

 まず1点、チャグチャグ馬コ馬資源活用事業、それから滝沢村観光歩道整備事業、この2点について。2点目のところについては、詳細詳しくありますので、滝沢馬っこ倶楽部、この設立とありますが、これについてのみで結構ですので、お伺いしたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) ただいまの質問にお答えしたいと思います。

 チャグチャグ馬コ馬資源活用事業ということで、この事業の中にはさまざまホースセラピーやら、そのほかに出前講座とかということで予定はしているのですが、もう一つ、滝沢馬っこ倶楽部ということのクラブの設立を支援しますということの中身について説明させていただきますが、校伯と生まれる子馬、今回流産したわけですが、今月中に人工授精をする予定でございまして、来年の2月ごろには生まれるだろうなということも考えておるところでございますが、それらの校伯と子馬のファンクラブをつくりまして、馬の情報発信とか触れ合い事業を推進して、馬の理解を求めていくという形の事業でございます。例えば簡単な活動の今考えている案でございますけれども、季節ごとに校伯の親子の絵はがきを送付したり、校伯と子馬の近況を伝えたりすることとか、定期的に引き馬体験や厩務体験を実施するなどというような活動の内容を考えているところでございます。

 観光誘導のほうの関係でございますけれども、これは緊急雇用の関係で、今回事業をしていきたいなと思っておるところでございます。キャンプ場のところから岩手山線といいますか、岩手山に登るところまで4キロあるわけですが、そちらのほうの相の沢キャンプ場のほうから約2.5キロのあたりまでを、今の道路と牧野の間のところの木を伐採して、そこに遊歩道をつくっていきたいなと思っております。その伐採した木とかを、今度はそれチップ化して、チップ道を作成して進めていきたいなという中身で進めたいなと思っている事業でございます。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) その馬っこ倶楽部なのですが、これ対象は村内の方と限らず幅広くということをお考えでしょうか。

 それから、もう一点、チップ道でございますが、これ予算見ると緊急雇用創出事業ですので、来年度ももちろんあるということではないのでしょうけれども、ただ1年でそのものそのままにしておくと、結果的には何ら意味なくなってしまうと。コンクリートか何かともちろん違いますので、やはり毎年それなりに整備も必要ですし、なお活用しないといけないということになろうと思いますので、その辺のところのお考えを伺いたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) 最初の1点目の馬っこ倶楽部のほうでございますけれども、村内だけではなく幅広く募るのかということでございますが、やはり今いる預託しているパークは、村内のみではなく、さまざまな方が来ているところでございますので、幅広く募っていきたいなと思っているところでございます。

 それから次に、遊歩道のほうの件でございますけれども、確かに今回の新規雇用の中でどれほどできるのかなというのはありますけれども、それらについてもやはりせっかくできたのだから、ホーストレッキングとか、それから馬車の運行とかというのみたいなのに進めていきたいなという頭ではおります。そういうことから、それこそ雇用創出等もあるわけでございますので、それらを含めながら維持保存には努めていきたいし、研究していきたいなと思ってございます。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) 最後にしたいと思います。

 そのクラブ設立、これなのですが、もう少しPRをする必要があるだろうと思います。特に村内であろうと、村外であろうと、なかなか関心を持ちながらも、馬っこパークに行く機会がない方々もいるわけですから、そういったときにそういうクラブを大いに会員をふやして、利活用をふやしていって、なおかつ村外の方々には大いにPRしていただくというようなことが大事だろうと思いますので、その辺の設立に当たってのPR、これをぜひお願いしたいと。

 それから、この遊歩道ですか、これ非常にいいことなわけですし、特に馬をというようなお考えもあるようでございますが、その辺のところをこの馬っこパークを利用する意味においても、そっちのほうにも出張というか、そういった形で応援いただければなお結構かなと、こう思うわけですが、その辺のところのお考えを伺って、終わりたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 中道経済産業部長。



◎経済産業部長(中道俊之君) まず、馬っこ倶楽部の設立発足についてでありますが、先般来よりお話をさせていただいておりますように、チャグチャグ馬コには常時滝沢村から50頭出したいというのが大きな目標であります。50頭を出すためには、リスクを考えて70頭程度は必要だということで、あと20頭増頭していかなくてはいけないと。そういう増頭に向けた地域社会としての取り組みということで、校伯を購入をいたしたわけであります。この校伯からまた子馬が生まれ、それを地域に発進していくことによって、地域のお子さん方、ご家族連れ、内外から多くの方々においでいただいて、馬に親しんでいただくと。また、馬っこパーク・いわてを中心とした馬事公苑構想というものを関係者の間で今構想いたしておりまして、それに向けて役割分担をしていきましょうと。その一端をなすものとして、馬っこパークを一つの本拠地としつつも、相の沢周辺の中でホーストレッキングといったようなもの等々が可能になってくれば、新たな観光産業、観光のスポットとして内外からお客様をお迎えできると。あわせて、グリーンツーリズムを進めながら、滝沢村内に農家民泊をしていただくとか、そういったようなことをかけ合わせていくことによって、村内へお客様を誘導できるというふうに考えておりますので、この馬っこ倶楽部につきましては、広くPRを、パブリシティーをしながら、大きなうねりにしていくような形を模索してまいりたいというふうに考えております。

 それから、観光遊歩道構想につきましては、先ほど来申し上げておりますように、馬事公苑構想の一端をなすものというふうに考えておりますので、多くの方に親しんでいただけるような利活用の方法も含めまして、今後も検討してまいりたいというふうに考えております。



○委員長(武田俊和君) 高橋盛佳委員。



◆委員(高橋盛佳君) 2つ、3つ質問いたします。

 1つは、チャグチャグ馬コ資源活用事業の中の馬産振興の中で、今馬っこパークやいろいろな話ありました。ホースセラピーの話ありましたけれども、最近数は多くないでしょうけれども、ふえているのにスポーツやぶさめというのがあるようであります。滝沢の方でやっている人もいまして、西根でやっているようですけれども、そういうふうなことの話はないのかどうかということ。

 それから、もう一つは、一体チャグチャグ馬コのときにどのくらいそれにより村へ落ちてくるお金というのですか、収入はどのくらいあるのか計算になっているのであれば、お知らせいただきたい。どうも朝出かけていって、もうすっかり、何かごみ拾うだけで、いっぱいこっちがお金を出すことだけが多くて、入ってくるのがないのではないかと。何かその辺のところをひとつ。

 関連しまして、観光PRのビデオ撮影事業というのが新たに特定財源で組まれております。単年度事業のようですけれども、これの具体的な構想というようなものについてお話しいただきたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) まず最初に、1点目のスポーツやぶさめということで、村内にもおられるということで、今月に入ってからお会いしまして、いろいろお話をお聞きしたところでございます。村長にお会いしていろいろと、我々も出席したわけですけれども、スポーツやぶさめをやらせてほしいと。最初からいきなりというのはなかなか難しいので、何かのイベントのときにちょこっとやらせてほしいなというようなお話はいただいているところでございました。

 それから、チャグチャグ馬コのときの村内の経済効果なわけでございますが、すっかり幾らかというのは、ちょっと把握してございません。大変申しわけないのですが、確認していないところでございます。

 それから、観光PRビデオ撮影事業の内容でございますけれども、それこそ観光PRビデオの撮影、今までさまざまな写真とかそういうのはあったわけですけれども、映像を通してというのはなかなかございませんで、今までございませんで、今回は緊急雇用の創出を使いまして観光ビデオを、馬を中心としていろんな山開きやら、鞍掛山やら、さまざまな事業を映像に残していきたいなと思っております。それから、ちょっと今考えているのは、例えばチャグチャグ馬コなんかでも昔話をしてくれる人もなかなかいないと。今健康なうちにいろんな方々の言葉も映像に残しながらやっていきたいなというのも考えてございます。いろんな場面場面の観光につながるビデオを、ピンポイントではなく幅広く今回の事業で撮影をしていきたいなという中身の事業でございます。



○委員長(武田俊和君) 高橋盛佳委員。



◆委員(高橋盛佳君) 最後のほうからちょっとお尋ねします。

 そのビデオですけれども、それは要するにそういうことの記録保存ということが目的なのですか、それともPRということで具体的に外へ向かって発信するとすれば、どういう方法で考えられているのかということを改めてお聞きしたいなというふうに思います。

 それから、チャグチャグ馬コの際にどれだけの経済効果があったかということが、何かこういう場に出てこないというのも、ちょっと不思議なといいますか、これだけいろんな形で事業を展開し、お金を使っているわけですので、何らかの方法でやっぱりある程度そういうことについてつかむというか、リサーチするというか、そういうことの中で、その効果性というものを具体的にお互いに確認していく必要があるのではないかと思いますが、その点についていかがでしょうか。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) 最初のほうのPRビデオをどのように活用するかということでございますけれども、私は両方というのですか、全部撮ったものをピンポイント、ピンポイントで、目的に合わせて撮ることもできますし、そういうPR用にも使いたいし、さっき言った歴史保存、残すためにお話聞いたのを映したりとか、装束を映したりという両面で私は今回の事業を展開していきたいなと思っておるところでございます。

 それから、チャグチャグ馬コに来た、その数値化したものをということで、まことに申しわけないですが、おっしゃられたようにやはり何らかの形で数値を示しながら、そして目標数値をやりながら、管理しながら事業を進めていかなければならないことかなと思ってございますので、そこら辺は数値化できるように研究していきたいなと思ってございます。



○委員長(武田俊和君) 日向清一委員。



◆委員(日向清一君) 1つだけお伺いいたします。

 チャグチャグ馬コ馬資源確保事業ということで、205万1,000円の予算を事業計画しておりますけれども、昨年も伺ったような気がしますけれども、飼養委託、たしか去年1カ月8万円で委託するというふうに伺ったのですけれども、それとともに去年は雌馬の導入という予算があったわけでございますが、それでも昨年は140万8,000円の予算、ことしは導入したにもかかわらず205万1,000円ですか。これの内容というのですか、根拠をお伺いをしたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) チャグチャグ馬コ資源確保事業のことでございますけれども、205万1,000円ということで今回提案させていただいたわけですが、校伯の預託料として114万円でございます。それから、4月9日に子馬が生まれるということでございましたので、6カ月はお乳を飲んで育つだろうなということで、その後の10月ごろからは子馬の預託もかかると、肥料代とかかかるだろうと54万円とってございました。それから、子馬の定期健診料として15万円、それから予防接種等々に12万円で、251万を上げたものでございます。よりまして、昨年より60万ほど増加しておりますが、これは子馬の預託料の増ということになります。



○委員長(武田俊和君) 日向清一委員。



◆委員(日向清一君) そうしますと、委託料というのですか、飼養委託が昨年よりも増額になっていると、月であらわしますと増額になっているという考え方を持てばよろしいでしょうか。

 それから、もう一つですが、この質問で終わります。時間が押していますので。というのは、先ほどと関連するわけですが、滝沢馬っこ倶楽部の設立を支援するということで、クラブを立ち上げたいということなのですが、実は滝沢馬っこ倶楽部というのは2つつくるということなのですよね。例えば馬資源確保事業、今の質問の中でありますのは、協働事業として(仮称)滝沢馬っこ倶楽部、これは漢字で書かれている倶楽部ですよね。それから、この導入した以降の資源を確保して、いろんな出前講座なりされる機会を設けたいということのほうには、平仮名でたきざわ馬っこ倶楽部というふうになっているのです。そうしますと、同じ部署、同じ担当者が考えた事業かとは思うのですけれども、これは同じだというふうに解釈をしたいわけですが、その2点。

 質問を終わります。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) 同じクラブです。誤植でございます。大変申しわけありません。

 それから、預託の関係ですが、20年度は8万5,000円で見ておりましたのですけれども、やはり校伯が来て、その後飼料代とか、校伯はかなり食べる馬でございますので、そこらも含めまして今回は委託料1カ月9万円で上程したところでございます。



○委員長(武田俊和君) 相原孝彦委員。



◆委員(相原孝彦君) 1点だけお伺いいたします。

 今度高速道路の料金が低率になりますが、その辺のところでどれぐらいの人間が動くかはわからないのですけれども、その方たちが滝沢に来られた場合、当然車で来られると思うのですけれども、その観光地、大きな観光地はそれなりにやはりわかると思います。岩手山は動きませんので。しかし、いろんなそれに即したような形の小さな名所、そういったものも滝沢にはたくさんあります。そういったところを自由に走り回れるとお思いでしょうか、お伺いいたします。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) 今度高速道路が低率になりまして、やはり我々もそうですけれども、いろんなところに遊びに行けたりしやすくなるのかなと。そうすると、当然観光地にもお客さんは来るだろうなと思っております。そういう中で、滝沢の観光地もありますし、それから隣の観光地もあります。そういう中で、我々とすれば隣に行くお客様もつかまえながら何か商売をしていきたいなと思っていますし、今回いろいろ提案したわけですけれども、やはり早くそういう滝沢の観光地を理解してもらうためにいろんな事業を組みながら、我々も営業できる形のもののプランをつくりたいなと思って、今回いろいろ提案してみたと、新規事業を提案してみたところでございます。



○委員長(武田俊和君) 相原孝彦委員。



◆委員(相原孝彦君) たしか私昨年も伺ったのですけれども、やはり観光地に対する看板がすごく少ないのではないかと。ましてや今回は高速道路を使って来られるわけですよね。高速道路をおりて、そこからさてどちらへ行きましょうと。全然案内する看板が少ないような気がするのです。そういったところをやはりきちんと整備しないことには、私たちもそうですけれども、全然知らないところへ行ったときには、やはり看板を見ながら観光地を探しますよね。大体の地図は持って歩くのですけれども。だから、そういった形のところがちょっときめ細やかな対応をしていただきたいと思うのですが、いかがでしょうか。



○委員長(武田俊和君) 熊谷商工観光課長。



◎商工観光課長(熊谷一見君) 委員さんのおっしゃるとおりでございますので、いろんなプランをつくる際とか、いろんなところに気を使いながら、配慮しながら進めていきたいなと思っております。



○委員長(武田俊和君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第7款商工費、第1項商工費の審査を終結します。

 これより第8款土木費、第1項土木管理費の審査に入ります。98ページです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第8款土木費、第1項土木管理費の審査を終結します。

 これより第8款土木費、第2項道路橋梁費の審査に入ります。98ページからです。質疑を許します。

 鎌田忍委員。



◆委員(鎌田忍君) 押していますので、手短にまいりたいと思います。

 99ページの道路整備促進事業あるいは道路改修事業に絡めて伺いますけれども、新志会として平成13年度に策定されました道路整備計画の見直しを求めてまいりました。その結果、このたび道路整備計画及び道路修繕計画が策定されました。そこで、簡単で結構でございますが、結果としてどのような見直しをされたのか。何路線で総額いかほどになるのか、概略で結構ですので、伺いたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 三上道路課長。



◎道路課長(三上喜美義君) 今回の道路整備計画の見直しでございますが、平成13年から丸8年を経過いたしまして、その間の諸事情の変化、例えば国県道の進捗ぐあいに応じた村道の計画の見直し、それから子供とお年寄りに優しい道づくりということで、歩道の整備に取り組んできたといったもろもろの整合を図るといった内容のものでございます。今回自治会さんのほうから要望、意見を取り入れまして、整備計画に新規に追加した路線は3路線でございますが、全体としては9路線ほどふやしてございます。総事業費につきましては約320億と、全体を整備するに320億かかるという状況になってございますが、21年の3月末現在で約70億完成してございます。残りは、約250億というふうな概算の事業費規模となってございます。



○委員長(武田俊和君) 鎌田忍委員。



◆委員(鎌田忍君) 新志会としては、見直されるべき路線があると考えますことから、見直しを求めたのであります。今回新たに向新田線ですか、あるいは滝沢ニュータウン線、氏子橋細谷地線ですか、あとは第2湯沢線など、新たに記載され、それはそれで好ましいことだなと思っております。しかし、問題はそれらが増加した、あるいはただ膨張してしまっただけでは困る、見直しされたと言えるのかということでございます。村長は、これからは選択と集中ですよと言っております。また、言葉にはスクラップ・アンド・ビルドという言葉もあります。そこで、この計画の備考にもありますけれども、あくまでもこの計画は目標ですよと。今後適宜見直しをしていくとしておりますので、会としてもやはり大事なのは国土利用計画だろうし、総合計画だろうと。それらと精査の上、やはりさらに見直しを求めたいのですが、考えを伺いたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 三上道路課長。



◎道路課長(三上喜美義君) 委員おっしゃられるとおりと思います。今回は、そもそものこの整備計画を策定するに当たりましても、地元の皆さんのご意見を反映した地域デザインを参酌してございます。それらをもとにしてつくられた計画でもありますし、まずは今後の道路計画におきましては、地域の声を第一にということを念頭に置いてつくってございます。そういうわけで、今回膨張、膨らんだものに対する見直しといいますか、削除といいますか、そういう既存の路線の減少までは踏み込んでございません。今後は、このような事業費規模が見込まれておりますので、今後どういうふうな形で見直していったらいいのか、次回の見直しのタイミングのときまでに話し合いを進めてまいりたいというふうに思っています。



○委員長(武田俊和君) 西村繁委員。



◆委員(西村繁君) 重点目標に位置しているマイロード支援事業についてお伺いいたします。

 まず最初に、新年度の事業の地区は。もしわかれば。



○委員長(武田俊和君) 三上道路課長。



◎道路課長(三上喜美義君) 鵜飼の八人打地区というところで、商工会の前の県道上堂鵜飼線から南中のほうに向かって延びる環状の村道でございます。県道からは舗装されている部分があるのですが、その先の砂利道約70メーターの区間になってございます。



○委員長(武田俊和君) 西村繁委員。



◆委員(西村繁君) そこで、お伺いいたします。

 このマイロード事業を推進するために、考え方として、もちろん効果を求めているわけですけれども、有益な効果を求めているのですけれども、反面事業を推進するに当たって、結果的に弊害が生じないか、あるいはリスクが生じないかというマイナス面も考慮して事業の推進を図るべきだと思います、私の考えは。そこで、このマイロード支援事業を促進するために、執行していくために、そういうプラス面だけでなくマイナス面も配慮されて事業に取り組んでおられるか、その考え方をお聞きします。



○委員長(武田俊和君) 三上道路課長。



◎道路課長(三上喜美義君) この道直し事業といいますか、地域の皆さんが何とか手を出して、自分たちの力でやっていこうということなので、私どもも非常に、こういうご時世でありますので、少しでも村が直轄でできない部分については、そういう支援の手をという思いでやってございます。ただ、委員おっしゃられますように、影響評価といいますか、そういった部分に関しては、この道直し事業にかかわらず、やはり十分に吟味しながら進めていくべきというふうに認識してございます。



○委員長(武田俊和君) 西村繁委員。



◆委員(西村繁君) ただいまその考え方をお聞きしました根拠は、こういうことでございます。既にできておりますけれども、黒沢の水道事業所から山林を上っていった姥屋敷のところ、あれ結論的には拡張しております。これは弊害が生じるのではない、今被害が出ております、結果的に。その根拠を申しますと、拡張したことによって交通量が大幅にふえています。そのことによって、具体的に申し上げますと、騒音、振動、ほこり等々、まだあります。出ております。そして、弊害どころか被害をこうむっているのです。もっと具体的に言いますと、話が長くなりますけれども、例えば山林の中にあっては、前に緑を求めて少しばかりの山を買ったと。そこにシイタケを植えてとりました。そして、食べてきたと。ところが、現在はもうほこりだらけで食い物にならないと。そして、もちろんほだ木ももう捨てております。逆に、テレビとか冷蔵庫とか、大型のそういう廃棄物が捨てられていると。それを自分たちが処理をしているのです。捨てた犯人がわからないものですから。自分が、何でおれ金をかけてこれを処理しなければならないのかと。そして、下のほうに下っていきますと、住宅があります。住宅では、盛岡に住んでいる、ここにいるおじいさん、おばあさんの娘さんが、緑があると、おじいちゃんのところは緑があるからといって、赤ん坊を連れて帰ってきました。そうしたらば、定期的な通行の車両によって、赤ん坊が寝たなと思ったら、わあと来るもので、また赤ん坊が起きたと。結果的にいまだに盛岡に帰っております。そういうふうな弊害ではなく、被害が出ているのです。これも今まで私も何回か地元からも言われましたし、同僚議員も申し述べております。したがいまして、私は結論的には、先ほどマイナス面も配慮しながら事業の進行を図るべきだ、執行を図るべきではないですかと聞いたのは、そういう根拠なのです。今現実に被害が出ているのです。洗濯物も難しくて、心配で出せない、干せないと。

 そこで、4月以降、新年度になりましたならば、私はこれ警察のほうとも今打ち合わせしていますけれども、どのような対応をしたらいいのか。あそこは公道ですので、通行するなとは言えないでしょうから、その辺は警察と具体的に何らか対応策を指導していただこうかなと今考えているところでございます。そうした反面ありますので、こういう推進事業については現実に今被害こうむっていますので、当局としてはこの件についてどのように考えているのかお伺いいたします。



○委員長(武田俊和君) 三上道路課長。



◎道路課長(三上喜美義君) ただいまのお話、この委員会の場で3回続けて言われております。私も1月に騒音、振動ということで、トラックが非常に多くなったということで、その沿線上のリサイクルセンター、事業所に行きまして、こういうお話でということで、実はそこに3回アプローチしているのですが、非常にトラックというのがよそから来る車両も多くて、第1段階としてはこういう事情ですからと、地域の方々からこういうお話が出ているので、通行には極力配慮してくれという文書をその事業所さんでは各いらしたトラックの方に配布をするということで協力をいただいておりました。ただ、お話しのように、なかなか根本的に解決できないというふうな状況でもありますので、新年度に入る前からその規制に関しては、規制ができるかどうかということも、これは考えなければいけないのですが、規制に関しては県警さんの管轄でもありますし、そういった関係機関と十分に相談しながら考えていきたいなというふうに思っています。



○委員長(武田俊和君) 西村繁委員。



◆委員(西村繁君) そういうことで、事業の遂行、執行に当たりましては、プラス面だけではなく、やはりマイナス面、リスクも十分配慮するのが住民本位の、住民を本当に考えた執行の仕方であると私は思います。ですから、自己の当局の利益を追求するのみでなく、住民の利益を本当に考える、そういうリスクを十分に配慮した、そういう事業執行にしていただくようにお願いしたいと思います。

 終わります。



○委員長(武田俊和君) 及川都市整備部長。



◎都市整備部長(及川安君) 今お話ありました地区については、住民協働ということのシンボル的な事業でございましたけれども、私どもとすれば、今お話ありましたように要望をいただいた地域の声にちょっと目なり気持ちが取られ、他の地域への影響等の事前調査、検証等の配慮がちょっと不足していたかなと、そういう事実も否めないかなと思っております。今三上課長がお話ししましたように、対策については県警等のご指導を得ながら、それからあとはやはり地元の方々の自治会等ともご相談しながら、何らかの対策をできる限りとっていきたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 武田猛見委員。



◆委員(武田猛見君) 今のマイロード支援事業なのですけれども、今鵜飼地区というお話があったのですけれども、そのほかに要望が出ているというのはあるのでしょうか。



○委員長(武田俊和君) 三上道路課長。



◎道路課長(三上喜美義君) 過去にその二、三カ所以外に出た経緯はありますが、具体の実現の方向にはまだ進んでいないというふうな状況でございます。



○委員長(武田俊和君) 武田猛見委員。



◆委員(武田猛見君) このマイロード支援事業、自分たちで自分たちの道を直すのだという考え方そのものは、私も別に悪いとは思っていないのですけれども、それに対して、事業に対して村が支援する根拠といいますか、その客観性といいますか、こういうふうに、こういうことだからマイロード支援事業に対して村も支援しますよという、その何か考え方、根拠というのを明確にしておられるのでしょうか。



○委員長(武田俊和君) 三上道路課長。



◎道路課長(三上喜美義君) この道直し事業の事業採択の条件といいますか、村道または法定外道路ということで、本来道路管理者である村が維持管理、また築造していくというふうな考えに立っております。そこを、今回もそうですけれども、村のほうにやってくれないかという要望がずっと前からされておったところですが、こういう状況の中で、では自分たちも手をかすからというところで、今回21年度予算で措置をお願いしたいというふうな状況であります。



○委員長(武田俊和君) 武田猛見委員。



◆委員(武田猛見君) 今私根拠と言ったのは、例えば通学路になっているとか、本当に生活道路として大変な不便を来しているとか、そういうどうしても必要なのだという考え方という部分が村のほうとしてはそういうものに当てはまるから、では事業に対して助成しましょうという、その部分というのがおありなのかどうかということを。



○委員長(武田俊和君) 三上道路課長。



◎道路課長(三上喜美義君) 例えば交通量が何台以上とか、あるいは人家が何世帯以上張りついているとか、あとは幅員、延長の規制、そういったものはございません。



○委員長(武田俊和君) 武田猛見委員。



◆委員(武田猛見君) そういったものがないということになりますと、私は若干このマイロード支援事業というものをどのように考えたらいいのかというのがちょっとよくわからなくなってくるのですけれども、いわゆる住民にとっても、地域にとっても、どうしても必要だということで、たしかマイロード支援事業というのは始まったと。いわゆる村道昇格して、舗装まで含めてではないのだけれども、ここまでは必要だということで、そういったものに対して支援しましょうという気がしていたのですけれども、ともすれば必ずしも客観的にこういう道路がこういう形で必要なのだということの根拠が明白でないにもかかわらずその事業化するという、そういうおそれが、もし何かあったときに、まず何とか事業そのものは、例えば全然なかったと。なかったということであればまた別ですけれども、4つも5つもあったときに、ではどこに優先分をつけるのかという意味での基準というのがあるべきではないのかなというふうに思いますけれども、その辺だけちょっと確認して終わります。



○委員長(武田俊和君) 三上道路課長。



◎道路課長(三上喜美義君) 先ほど答弁しましたが、細かい基準というのは確かにないのですが、いずれにしても村道であるということが条件、一番最大の条件でございます。それで、当然何もないところに、ではこれやりたいからということで申請があった場合にどうなのだということはないのですが、今年度一本木の大川のほうでやりましたし、来年は今の場所なのですが、やはり人家もありますし、あとは生活道路として機能されているところでありますし、あとは農作業に向かう方々とか、そういったふうに一般的に村道としての機能を持った実情のある道路というふうに認識してございます。ただ、これは要項の中では1年間に1カ所という要項で始められておりますし、たまたま複数の案件が年度に集中していないということもありまして、その選択、優先順位とか、そういったものまで踏み込んで選択するという状況になっていないというふうな状況でございます。



○委員長(武田俊和君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第8款土木費、第2項道路橋梁費の審査を終結します。

 これより第8款土木費、第3項河川費の審査に入ります。102ページです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第8款土木費、第3項河川費の審査を終結します。

 これより第8款土木費、第4項住宅費の審査に入ります。104ページです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第8款土木費、第4項住宅費の審査を終結します。

 これより第8款土木費、第5項都市計画費の審査に入ります。104ページからです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第8款土木費、第5項都市計画費の審査を終結します。

 16時25分まで休憩いたします。

            休憩(午後 4時11分)

                                        

            再開(午後 4時24分)



○委員長(武田俊和君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 これより第9款消防費、第1項消防費の審査に入ります。110ページからです。質疑を許します。

 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) 2目の総合防災対策事業でございますが、この中に昨年度変わった事業ではございませんので、全体的なものでなくてよろしいですが、とりあえず岩手県の防災ヘリコプター連絡協議会、これに220万、この予算の約半分ぐらい出ているのですが、これはどういう趣旨のものなのかちょっとお伺いします。



○委員長(武田俊和君) 藤原防災防犯課長。



◎防災防犯課長(藤原治君) 防災ヘリの連絡協議会の負担金でございますが、防災航空隊の人件費年間約6,300万前後があります。それの予算に対して、市町村で負担しております。その負担割合につきましては、人口割で8割を負担し、残り2割につきましては均等割という形での負担金がありまして、それが今回の予算の中の218万1,000円がこの中の総合防災対策費の中に含まれております。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) これ、常に維持管理していくためですから、毎年ということになろうと思いますが、これの活用というのは、これ防災ヘリですから、何でもかんでも使えるものとは思いませんが、例えば最近は岩手山の火山活動も大分おさまっていますので、そうは監視する数も少なくても済むかもしれませんが、そういったものには要請できるのかどうか、ちょっとお伺いします。



○委員長(武田俊和君) 藤原防災防犯課長。



◎防災防犯課長(藤原治君) 現在年間で250回前後の件数があります。昨年は、271件の出動件数になっております。その中身としましては、訓練に81回、救助に48回、緊急出動に47回、それから先ほど言いました火災に18件、昨年は釜石ありましたし、当村でも昨年の4月上旬に役場裏のほうで火災が発生したときに要請をいたしました。幸いすぐ鎮火に向かったということで、引き返したという形にはなっております。あとは、岩手山の登山者で昨年も2件ほど救助に出動しております。



○委員長(武田俊和君) 斉藤健二委員。



◆委員(斉藤健二君) 最後にします。

 いわゆる監視活動というか、そういったものにはできないということですか。岩手山の火山活動の監視活動には要請できないということでしょうか。



○委員長(武田俊和君) 藤原防災防犯課長。



◎防災防犯課長(藤原治君) 今火山のほうは鎮静化しておりますが、県の地温計関係まだ残っているところもありますし、昨年も1回だけですが、山開き前に県のほうが要請して、それに岩手山の周辺3市町村、雫石と八幡平市、当村が一緒に乗って、上空からと地上に、1回9合目におりて状況の変化などを行っておりますので、要請のほうはそういった形の観測でも可能です。それから、以前には、数年前には消防演習にも要請をしたことがございます。



○委員長(武田俊和君) 西村繁委員。



◆委員(西村繁君) 素朴な質問をいたします。

 盛岡地区広域、これの連携強化を図るとありますけれども、この具体的な連携の内容をお伺いします。



○委員長(武田俊和君) 藤原防災防犯課長。



◎防災防犯課長(藤原治君) 一番身近なところでいいますと、盛岡広域消防本部につきましては、ここにあります滝沢分署、それから分れにあります滝沢北出張所の消防署とは当然連携をしております。いろんな連携がありますけれども、一番多いのは当然消防団と連携ということで消防演習、それからポンプ操法等の訓練、指導、それからそれらの運営関係についても当然援助というか、応援をいただいております。それから、最近は多くなっておりますけれども、自主防災関係では分署さんが、もしくは北出張所さんが地域の自治会と協力して、それこそ防災訓練をすると。そこには、消防団も入って、役場も入ってという形で、連携をしております。それから、消防本部自体につきましても消防連絡会というものを催しておりまして、そこの中で関係消防団、関係所管課長会議を開いて情報を共有し、各種、例えば春秋の火災予防運動の活動方法とか、そういったものについても情報を共有し、活動しているところでございます。



○委員長(武田俊和君) 西村繁委員。



◆委員(西村繁君) もっと具体的な内容を聞きたかったのですけれども。例えば商工会の近くに土渕地区ですか、あれは住所地は盛岡市なのです。あそこに屯所があるのは、盛岡市の分団だと思います。例えば、悪い話なのですけれども、滝沢村の近くで火災もしくは緊急事態が発生した場合、その当該地が滝沢村の住所地であったにもかかわらず、盛岡市の分団がありますね、すぐ近くに。そうした場合に、盛岡市の分団が出動しているのかどうかと、あとは逆に盛岡市の近くに滝沢の分団があった場合に、滝沢の分団が出動しているのかどうか。広域として。



○委員長(武田俊和君) 藤原防災防犯課長。



◎防災防犯課長(藤原治君) 土渕管内は、本当に変則的に盛岡市が入り組んでいるところですが、そこの近辺の火災につきましては、盛岡の分団からも出動をいただいておりますし、こちらのほうも出動しておりまして、分団同志がそこについては連携し合って、友好を深めて連携しております。

 それから、最初の質問の広域という観点からいきますと、北管内で起こった場合に厨川出張所、それから南でいきますと繋とか、そういった盛岡市の出張所、分署関係も一斉に駆けつけると。逆にこちらからも玉山のほうの火災については、一部ですけれども、範囲は決められていますけれども、北出張所のほうが行くという形で、救急も火災もそのように連携して、不在になった場合は救急のほうも向かうという形の連携はとっております。



○委員長(武田俊和君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第9款消防費、第1項消防費の審査を終結します。

 これより第10款教育費、第1項教育総務費の審査に入ります。114ページからです。質疑を許します。

 佐藤澄子委員。



◆委員(佐藤澄子君) 3目の115ページのところからですけれども、スクールカウンセラー設置事業と適応支援相談員配置事業、それからスクールソーシャルワーカーの配置事業、あと次のページにいきまして不登校児童生徒の解消対策事業、あと問題を抱える子供等の自立支援事業、それと特別支援教育支援員設置事業、あと新規の事業として緊急雇用創出事業の補助金として出ております滝沢村あったかハートのサポーター配置事業等、学校の子供たちにかかわる相談事業に関してでありますが、この事業すべて予算的な部分を見ると、かなりそれぞれにプラスマイナス変動があります。そこで、この変動の理由を伺いたいと思います。過日スクールカウンセラーと、それから適応支援相談員さんにいろいろ今年度の相談事業の内容やら、それから新年度に対してどのような体制であればいいかという情報収集をさていただいた結果、この方々が今お話しした事業に関しては関連性を持って取り組まれているということで、その関連性の中ではスクールカウンセラー、適応支援相談員の横のつながりの人数はかなり新年度に削減されるとつらいものがあるというお話をいただいております。そこで、この予算状況の中で、そのあたりを関連させていただいて、変動の理由を伺いたいと思います。



○委員長(武田俊和君) 伊藤学校教育指導担当課長。



◎学校教育指導担当課長(伊藤信彦君) それでは、特別支援教育支援員設置事業につきましては、その他の事業が不適応関係を対象とする事業となっており、少し異なる性質ですので、それについては後でお話をさせいただきます。

 私のほうからは、その他不適応関連の事業についてお話をさせていただきます。まず、スクールカウンセラーの設置事業でございますが、この事業につきましては予算的にも大きな変動はなく、平成20年度と同様の運用ができるものと考えております。

 それから、続きまして適応支援相談員配置事業につきましてですが、この事業は県の委託金による県との委託による事業でございまして、平成19年度配置5名いただいたわけですが、平成20年度、今年度は3名に減るとともに配置日数のほうも減り、大幅に減少したところでございました。21年度は、県との関係で、こちらとすれば最低でも本年度並みのお願いをしてきたところですが、残念ながら3名からさらに1名減の2名分の配置ということの回答を近日得ているところでございます。そこで、そういう形での運用ということになります。

 それから、スクールソーシャルワーカー配置事業、これも県との委託に基づく事業でございますが、実はこれ平成20年度に始まったばかりの事業でございましたが、県のほうで実施しないということを予算編成後にちょうだいしたような次第で、これが平成21年度は歳入の見込みがなくなった関係で、運用が厳しくなっているという状況でございます。ですから、予算計上はしているものの、歳入の見込みがなくなってしまったという状況でございます。

 それから、続きまして117ページにございます不登校児童生徒解消事業でございますが、これは村単の事業でございます。これについては、私ども100万ほど増額をしてございます。増額の背景といたしましては、先ほどお話ししました適応支援相談員が平成20年度非常に少なくなったということで、各学校から非常に厳しいという、委員ご指摘のとおりのお話をいただいておりまして、そこを補うために時間増を考慮し、対処しようと思った部分で増額をしたものでございます。

 それから、問題を抱える子供等の自立支援事業につきましては、予算編成の額につきましては平成20年並みのものでございますが、同様の運用を考えておりますが、これも実は県の委託による事業でございまして、県のほうでは本来であれば20年度で終わりという事業でしたが、何とか21年度も継続していただくようお願いをし、その方向での回答をいただいているところでございます。21年度も本年度並みの運用ができるものと考えております。

 最後になりますが、滝沢村あったかハートのサポーター配置事業ということで、これは新規事業になります。村単独の事業でございますが、これは緊急雇用創出事業を活用させていただきまして、かねてより各学校から要望のあった子供たちの多様な問題に対応するための職員、それからさまざまな教育課題、多岐にわたる教育課題に対応するための職員ということで学校から要望あったわけですが、そこらを対応するために各学校、不適応関係の多い学校にあっては2名、他の学校にあっては1名の臨時的な非常勤職員を配置しまして、学校を支援するということで新規事業として落としたものでございます。

 以上でございます。



○委員長(武田俊和君) 大坪学校教育課長。



◎学校教育課長(大坪一彦君) 特別支援教育支援員の設置事業でございますけれども、20年度の予算と比較いたしまして140万ほどの増というふうになっております。ご承知のとおりこの支援員は通常学級におります学習障害等、特別な支援を必要とする子供さんのお世話をする支援員ということになりますけれども、20年度につきましては9人の設置ということでスタートをしまして、そして年度途中で1名増で10人というふうになりました。21年度につきましては、当初から10人ということで設置するため、その分増となっているものでございます。



○委員長(武田俊和君) 佐藤澄子委員。



◆委員(佐藤澄子君) そうすると、トータル的に相談事業に関して手薄になる部分はないというご回答で受けとめてよろしいのでしょうか。



○委員長(武田俊和君) 伊藤学校教育指導担当課長。



◎学校教育指導担当課長(伊藤信彦君) 私どもの当初の考え方ですと、県の委託に基づくものをすべてちょうだいできて、そしてかつあったかハートの新規事業の分でかなり大幅な人員的な支援が可能ということで計画しておりましたが、県のほうの事情もございまして、先ほどのような状況になりました。私どもは、村単独の不登校児童生徒解消対策事業、適応支援相談員の勤務時間数を増加しようと思って充てていたものを、適応支援相談員として1名分をつくり出し、滝沢南中学校、滝沢第二中学校、滝沢中学校、いずれの学校も不適応関係で非常に課題を抱える学校でございますので、2名しか配当されないわけですが、そこから3名分、1名分を見出して、学校が困らないような状況で、この範囲内で極力支援してまいりたいと考えているところでございます。



○委員長(武田俊和君) 佐藤澄子委員。



◆委員(佐藤澄子君) あとは、最後の質問ですが、スクールソーシャルワーカーの配置事業で、先ほど歳入の見込みが予算を立てた後でなしということがわかったということですけれども、このあたりの処理はどのようになさるお考えでしょうか。



○委員長(武田俊和君) 伊藤学校教育指導担当課長。



◎学校教育指導担当課長(伊藤信彦君) スクールソーシャルワーカー配置事業のこの縮小の経緯でございますが、実はこれはもともと国のほうの事業でございまして、国と県が委託を結び、さらには県と私ども市町村で、希望する市町村で委託を結ぶと、そういうふうな事業でございます。国のほうでは、この事業を平成20年度まで調査研究事業という枠組みで実施しておりました。これは、お金の十分の10をいただけるような中身になりますけれども、これが実は国のほうで補助事業に平成21年度から変更した関係で、3分の1の補助、つまり3分の2は県のほうでというふうな、そういう運用の仕方をするということになりまして、そこで県のほうでの実施が非常に厳しくなったというふうなことを伺っております。そういう関係で、各学校に配置はできないと。私どもも何とかというお願いはしたのですが、やはり無理がございまして、このような状況になりました。私どもとすれば、いずれここに充てられない部分を、幸いにというか、あったかハートの新規事業を起こしてございますので、これをもってこのスクールソーシャルワーカーに見合う、あるいはそれ以上の成果を上げるよう運用面で努めてまいりたいと考えております。



○委員長(武田俊和君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第10款教育費、第1項教育総務費の審査を終結します。

 これより第10款教育費、第2項小学校費の審査に入ります。116ページからです。質疑を許します。

 桜井博義委員。



◆委員(桜井博義君) 学校の維持費関係についてなのですけれども、聞くところによりますと、柳沢なのですけれども、新しくていいのですけれども、非常に暖房費がかかると、そういう話を伺っております。本当は新しく校舎を建てることによって省エネというか、幾らかでもエネルギーを使わない、あるいはコスト的に安くなると、そういうことになるはずなのですけれども、そういったことがよく集まりの中で出されております。

 それと、もう一つ、除雪なのですけれども、ことし非常に湿った雪とか多かったわけですけれども、今整備されている除雪車では、とても雪の多いどか雪に対応できないと。それで、急遽大型の村の除雪車をお願いするというような羽目に。せっかく各学校に除雪、小さな歩行用ですか、そういったものとか配置されているようですけれども、何となく無駄というわけでないですけれども、大型の、やっぱり除雪環境もう少し見直す必要があるのではないかと。修理代に毎年20万円かかるというのです、その小型の除雪車。そういうことも考えて、20万円あったらもうチャーターして除雪やったほうが、もうそれだけでできるのではないかと、そういうような関係思いますので、少しでも経費節減のためになるのではないかと思ってお伺いします。



○委員長(武田俊和君) 大坪学校教育課長。



◎学校教育課長(大坪一彦君) 学校の維持管理の関係で、特にも暖房の費用がかかると。具体的に柳沢小中学校というお話いただきました。実は、21年度、来年度の予算の関係でも、いわゆる暖房の関係で、電気料のところとか燃料費のところ、やはりふえております。どうしても基本料金、電気料で言えば基本料金のアップとか、そういったところもありまして、ふえてきている状況にございます。なお、学校に対しましては、それこそ支障は来さないようにすることはもちろんですけれども、その辺節約のところも、子供さんたちへの意識づけも含めてお願いをしているところであります。

 それからあと、除雪の関係でございますけれども、おっしゃるとおり、吹雪の日があったわけですけれども、それで学校の職員も出まして、そして長時間かけて除雪をしたという、柳沢ですけれども、お話を伺っています。それで、急遽なのですけれども、除雪のその委託料を組みまして、それであとその後にもまた雪がかなり積もることもあったのですが、その中で対応をしたということでございます。なお、来年度につきましては、やはりもう何回かということで、除雪の委託のところを予算のところに見ているところでございます。そういった中で対応してまいりたいというふうに考えております。

 なお、除雪機、学校によっては小型除雪機のところもありますし、それからトラクターということで配置をしているところもありますが、特にも柳沢のところは広い敷地ですので、その辺も今後とも考えながら、必要に応じては例えばトラクターのところを要望していくとか、そういったことも考えてまいりたいなというふうに考えております。



○委員長(武田俊和君) 桜井博義委員。



◆委員(桜井博義君) 暖房関係なのですけれども、どうしても大きな部屋とか、あるいはそういう暖房しなければならないという、個別の暖房がなかなか、余り物が立派過ぎて細かい対応が難しいのです。もう学校全体を暖めるのはわけないのですけれども、個々に暖めたりスポット的な暖房がなかなかできないと。結果的に無駄な電気とか、そういうエネルギーを使うということですので、その辺を考えていただきたいのと、除雪も、小さな、私たちもトラクターはよく見るのですけれども、農家にもあれくらいのやつ、どこの農家にもいっぱいあるので、あれ学校で整備するより農家のトラクターを冬期間だけ借りて、冬期間農家使っていないのです。雪のために何も畑作できないから。だから、そういった経費を安くできるし、地域でも少し還元できるとか、そういった何か別な、先ほど言ったように修理代に20万円かけているということも考えると、非常に無駄なやり方ではないかと思っておりますので、ぜひ考えをお願いします。



○委員長(武田俊和君) 大坪学校教育課長。



◎学校教育課長(大坪一彦君) まず、除雪の関係で、農家のトラクターという、お借りしてというふうなお話いただきました。そういうことも含めまして考えてまいりたいというふうに思っています。

 なお、本当は農家の方にその機械だけではなくて労力のほうもお願いできれば、委託とかの形でいいわけなのですが、なかなか緊急のこととか、時間帯とか、いろいろありまして、そこまでできればいいのですけれども、難しいこともあろうかと思いますので、それでは機械のところだけ借りることも含めまして、あとは来年度は委託ということで委託料で見ておりますけれども、その辺を比較検討しながら考えてまいりたいというふうに考えています。

 あと、暖房につきましては、やはりFF暖房とかで、それこそ集中制御ではなくて個別にできるものであればそういう対応できるわけですけれども、その辺のところは経費の節減について、システム的なところも含めまして、スポット的にできるのであれば、その辺のことについても研究をしたいというふうに思います。



○委員長(武田俊和君) 佐藤美喜子委員。



◆委員(佐藤美喜子君) 備品購入費でお尋ねします。

 去年よりは大分減っていますが、また来年度額がふえていますが、今年度減ったわけをお聞かせください。



○委員長(武田俊和君) 大坪学校教育課長。



◎学校教育課長(大坪一彦君) 実は、平成20年度ですけれども、除雪機を1台購入しております。約60万ほどなのですけれども、これが21年度についてはその分が含まれていないということで、その分が減というふうになっているものでございます。



○委員長(武田俊和君) 佐藤美喜子委員。



◆委員(佐藤美喜子君) もっと小さいものかと思いましたが、大きな除雪機でしたので。といいますのは、よく卒業式に行きますと、卒業生からの記念品ということで、本当はこっちで買わなければならないような備品みたいなことが卒業生記念品とやるのを見るたびに、とても不思議に思うのです。やっぱり手当てする分はきちっと手当てして、あと取るお金は取るということで、何か卒業生に頼って、PTAに頼っているところもあるかなと思いまして、この減ったお金で学校がうんと不便していることはないかなと思ってお聞きしましたが、各学校これで大丈夫でしょうか。



○委員長(武田俊和君) 大坪学校教育課長。



◎学校教育課長(大坪一彦君) 備品を予算化する際には、各学校のほうから要望等をいただきまして、その中で予算化をしている状況でございます。



○委員長(武田俊和君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第10款教育費、第2項小学校費の審査を終結します。

 これより第10款教育費、第3項中学校費の審査に入ります。118ページからです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第10款教育費、第3項中学校費の審査を終結します。

 これより第10款教育費、第4項社会教育費の審査に入ります。120ページからです。質疑を許します。

 佐藤澄子委員。



◆委員(佐藤澄子君) 123ページです。公民館の便所改修事業について1点お伺いをいたします。

 12月の一般質問におきまして、公民館のお便所をもう少しきれいにならないものかとご提案させていただきましたところ、改修事業があるようです。私は、子供や親子の目線でどのような改修事業がされるのか、その内容と予算のところを伺いたいと思います。子供の使いやすいもの、あとは障害を持たれている方、また親子で利用可能な改修内容になっているのかどうか。よくスーパーなどで、お子様連れでも個室の中に子供をちょっと乗せて自分が用を足せるようなシステムのトイレになっていると思います。そういったものも今後利用する上では、やはり便利性をとらえていただいた形での予算であってほしいなと、改修予算であってほしいなと思います。そのあたりを伺います。

                                        



△会議時間の延長



○委員長(武田俊和君) あらかじめお知らせします。

 本日の会議は、審査の都合により時間を延長したいと思います。よろしくお願いいたします。

                                        



○委員長(武田俊和君) 中村学習支援課長兼公民館長兼湖山図書館長。



◎学習支援課長兼公民館長兼湖山図書館長(中村登君) トイレの改修でございますけれども、本当にご利用の皆様方には臭いとか、暗いとかということでご不便をかけてまいりました。何とか必要最低限の改修をしていきたいということで今回予算要求し、お願いをしているものでございます。ただいま委員のほうから子供の目線でというお話もございました。実際の設計はこれからでございますので、その点を十分に配慮しながらやっていきたいなと思ってございます。

 なお、障害者向けにつきましては、現在1階の学習室の隣にございますので、そちらをご利用いただく形になるのかなと思いますが、本館1階と2階、それからホール、それぞれのトイレにつきましては、委員からご提言のありました内容も踏まえて設計をしてまいりたいと思います。



○委員長(武田俊和君) ほかに。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第10款教育費、第4項社会教育費の審査を終結します。

 これより第10款教育費、第5項保健体育費の審査に入ります。126ページからです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第10款教育費、第5項保健体育費の審査を終結します。

 これより第10款教育費、第6項幼稚園費の審査に入ります。128ページです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第10款教育費、第6項幼稚園費の審査を終結します。

 これより第11款災害復旧費、第1項農林水産施設災害復旧費の審査に入ります。130ページです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第11款災害復旧費、第1項農林水産施設災害復旧費の審査を終結します。

 これより第11款災害復旧費、第2項土木施設災害復旧費の審査に入ります。130ページです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第11款災害復旧費、第2項土木施設災害復旧費の審査を終結します。

 これより第12款公債費、第1項公債費の審査に入ります。132ページです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第12款公債費、第1項公債費の審査を終結します。

 これより第13款諸支出金、第1項普通財産取得費の審査に入ります。134ページです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第13款諸支出金、第1項普通財産取得費の審査を終結します。

 これより第14款予備費、第1項予備費の審査に入ります。136ページです。質疑を許します。

           〔「なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 質疑なしと認めます。

 これをもって第14款予備費、第1項予備費の審査を終結します。

                                        



△散会の宣告



○委員長(武田俊和君) お諮りいたします。

 本日の委員会はこの程度にとどめ散会したいと思います。これにご異議ございませんか。

           〔「異議なし」と言う人あり〕



○委員長(武田俊和君) 異議なしと認めます。

 よって、本委員会はこれをもって散会します。

                                (午後 5時02分)