議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 奥州市

平成20年  9月 定例会(第3回) 09月08日−06号




平成20年  9月 定例会(第3回) − 09月08日−06号









平成20年  9月 定例会(第3回)



          平成20年第3回奥州市議会定例会会議録(第6号)

議事日程第6号

                      平成20年9月8日(月)午前10時開議

第1 議案第1号 奥州市公益法人等への一般職の職員の派遣等に関する条例及び奥州市行政財産使用料条例の一部改正について

第2 議案第2号 奥州市一般職の職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正について

第3 議案第3号 奥州市勤労青少年ホーム条例の一部改正について

第4 議案第4号 奥州市モーテル類似施設建設規制条例の一部改正について

第5 議案第5号 奥州市特別工業地区建築条例の一部改正について

第6 議案第6号 奥州市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について

第7 議案第7号 奥州市営バス条例の一部改正について

第8 議案第8号 市の境界変更の申請に関し議決を求めることについて

第9 議案第9号 市の境界変更に伴う財産処分に関する協議に関し議決を求めることについて

第10 議案第10号 奥州市土地開発公社定款の一部変更に関し議決を求めることについ

第11 議案第11号 平成20年度奥州市一般会計補正予算(第5号)

第12 議案第12号 平成20年度奥州市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

第13 議案第13号 平成20年度奥州市老人保健特別会計補正予算(第1号)

第14 議案第14号 平成20年度奥州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

第15 議案第15号 平成20年度奥州市介護保険特別会計補正予算(第1号)

第16 議案第16号 平成20年度奥州市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

第17 議案第17号 平成20年度奥州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

第18 議案第18号 平成20年度奥州市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

第19 議案第19号 平成20年度奥州市浄化槽事業特別会計補正予算(第4号)

第20 議案第20号 平成20年度奥州市米里財産区特別会計補正予算(第2号)

第21 議案第21号 平成20年度奥州市水道事業会計補正予算(第2号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した事件

第1 議案第1号 奥州市公益法人等への一般職の職員の派遣等に関する条例及び奥州市行政財産使用料条例の一部改正について

第2 議案第2号 奥州市一般職の職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正について

第3 議案第3号 奥州市勤労青少年ホーム条例の一部改正について

第4 議案第4号 奥州市モーテル類似施設建設規制条例の一部改正について

第5 議案第5号 奥州市特別工業地区建築条例の一部改正について

第6 議案第6号 奥州市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正について

第7 議案第7号 奥州市営バス条例の一部改正について

第8 議案第8号 市の境界変更の申請に関し議決を求めることについて

第9 議案第9号 市の境界変更に伴う財産処分に関する協議に関し議決を求めることについて

第10 議案第10号 奥州市土地開発公社定款の一部変更に関し議決を求めることについ

第11 議案第11号 平成20年度奥州市一般会計補正予算(第5号)

第12 議案第12号 平成20年度奥州市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

第13 議案第13号 平成20年度奥州市老人保健特別会計補正予算(第1号)

第14 議案第14号 平成20年度奥州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

第15 議案第15号 平成20年度奥州市介護保険特別会計補正予算(第1号)

第16 議案第16号 平成20年度奥州市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)

第17 議案第17号 平成20年度奥州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)

第18 議案第18号 平成20年度奥州市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)

第19 議案第19号 平成20年度奥州市浄化槽事業特別会計補正予算(第4号)

第20 議案第20号 平成20年度奥州市米里財産区特別会計補正予算(第2号)

第21 議案第21号 平成20年度奥州市水道事業会計補正予算(第2号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(38名)

      議長  小沢昌記君

      1番  千葉正文君

      2番  菅原 哲君

      3番  関 笙子君

      5番  阿部加代子君

      6番  中西秀俊君

      7番  菅原 明君

      9番  三宅正克君

      10番  中澤俊明君

      11番  小野寺 重君

      12番  及川俊行君

      13番  佐々木國男君

      14番  千葉悟郎君

      15番  高橋勝司君

      16番  藤田慶則君

      17番  今野裕文君

      18番  渡辺明美君

      19番  佐藤邦夫君

      20番  菅原今朝男君

      21番  亀梨恒男君

      22番  及川梅男君

      24番  佐藤絢哉君

      25番  内田和良君

      26番  千田美津子君

      27番  遠藤 敏君

      28番  佐藤修孝君

      29番  菊池嘉穂君

      30番  新田久治君

      31番  廣野雅昭君

      33番  安倍静夫君

      34番  小野幸宣君

      35番  安部皓三君

      36番  佐藤克夫君

      37番  数江與志元君

      38番  高橋瑞男君

      39番  佐藤建樹君

      40番  及川善男君

      41番  渡辺 忠君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(1名)

      23番  菅野市夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のための出席者

    市長         相原正明君

    副市長        岩井憲男君

    収入役        伊藤正次君

    監査委員       佐々木秀康君

    教育委員長      鈴木秀悦君

    農業委員会会長    千田榮悦君

    教育長        菅原義子君

    病院事業管理者    梅田邦光君

    水沢区長       原田 守君

    江刺区長       平 京子君

    前沢区長       岩渕 功君

    胆沢区長       桜田昭史君

    衣川区長       浦川福一君

    総合政策部長     及川俊和君

    総務部長       井上 馨君

    市民環境部長     菅原英記君

    商工観光部長     齊藤隆治君

    農林部長       柏山徹郎君

    健康福祉部長兼福祉事務所長   井内 努君

    都市整備部長     高橋秀之君

    水道部長       小野寺三夫君

    教育委員会教育部長  三浦信子君

    参事兼総合政策部競馬対策室長  粟野金好君

    政策企画課長兼地域エネルギー推進室長兼マニフェスト推進担当課長

                    佐々木 禅君

    総務課長兼行財政改革推進室長  菊池賢一君

    財政課長       菊地隆一君

    商業観光課長兼中心市街地活性化対策室長兼ロケ対策室長

                    菅原 浩君

    企業振興課長兼企業立地推進室長兼奥州市鋳物技術交流センター所長

                    千葉 祐君

    福祉課長       若原秀康君

    健康増進課長     佐藤 洋君

    都市計画課長     渡辺喜美男君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

    事務局長       千葉 章君

    事務局次長      佐賀克也君

    議事調査係長     佐藤浩光君

    主任         今野美享君

    書記         及川誉士夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議事

               午前10時 開議



○議長(小沢昌記君) おはようございます。

 出席議員は定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 なお、欠席通告者は23番菅野市夫君であります。

 本日の会議は、議事日程第6号をもって進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第1、議案第1号、奥州市公益法人等への一般職の職員派遣等に関する条例及び奥州市行政財産使用料条例の一部改正についてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第1号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第2、議案第2号、奥州市一般職の職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第2号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第3、議案第3号、奥州市勤労青少年ホーム条例の一部改正についてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。5番阿部加代子さん。



◆5番(阿部加代子君) 5番阿部加代子です。

 この条例についてお伺いをしたいと思いますけれども、この条例ができますと、勤労青少年ホームが指定管理者制度に移行するわけですけれども、移行できるといいますか、指定管理者制度が導入できるということになるわけですけれども、市のお考えとしまして、今現在各区で勤労青少年ホームの状況が違うといいますか、運営状況等が違っているようですけれども、各区にあります勤労青少年ホームをこのような指定管理者制度に移行する形を考えていらっしゃるのかどうか、お伺いしたいと思います。

 指定管理者に移行できることになるわけなんですけれども、もしこの条例が通りますと。今、勤労青少年ホームのあり方が、大変問われています。この法律が制定いたしまして、40年近くが経過をいたしていますけれども、当時この法律ができたときとは大変状況が変わってまいりまして、昭和45年当たりは勤労青少年の方々の交流、余暇をどう過ごさせるのかということで、このホームが立ち上がって会員制をとって、運営がなされてきたわけですけれども、現在、会員数もどこの青少年ホームも減少いたしておりまして、この運営をどうしていくのかというのが大変問題になっております。現在では、ニートとかフリーターの方々、また、自立支援とか就労支援とかそういうふうな方向にシフトしていかなければならない状況にあるというふうに思いますので、指定管理者制度にした場合、こういったことがきちっとなされるのかどうか、お伺いをしたいと思います。

 あと、この勤労青少年ホームを運営していくのに大変重要なことは、人材の確保といいますか、スタッフの充実が大変重要になってくるというふうに思います。といいますのは、先ほども言いましたけれども、就労支援とか自立支援とかニートとかフリーターに対応するためには、ハローワークとか教育関係の方々との連携とか、そういった形は大変重要になってまいりますので、そういった部分で指定管理者になった場合、スタッフの充実等が図られるのかどうか、そういうことも視野に入れながらの指定管理者制度に移行できる条例の制定なのかどうか、お伺いをしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) お答えをいたします。

 1点目の各区のホームすべて指定管理に移行するのかという点でございますが、今、奥州市には4ホームございます。水沢区、江刺区、胆沢区、前沢区と4館ございます。お話のとおり、各区それぞれ特徴を持った管理運営がされております。体育館があるところ、ないところもございますし、特に前沢区のホームは、教育委員会と連携した事業を取り組んでおりますし、ほかのほうはそれぞれ単独館ということでございます。

 今回の条例改正によって指定管理ができるという条例改正でございますが、すべてを一気に移行するかということは今のところ考えてございません。一つは、行政改革大綱に掲げておりまして、いろんな公の施設の管理運営を指定管理できるものはするという基本姿勢の中で、ホームの管理運営についていろいろ合併後検討してまいりまして、県内の各ホームの状況も調べますと、11市のうち7市が指定管理制度導入しているというふうな状況もございまして、指定管理できるようなことにしていこうということでございます。

 具体的には、旧江刺のホームが合併前から方向としては指定管理制度を施行しておりました。それで、正職員の配置を切りかえて、非常勤職員の体制をとっておりました。合併前からです。江刺区のホームにつきましては、指定管理制度を導入するという前提で今考えております。それから、水沢区のホームにつきましては、中心市街地の活性化基本計画の中に青少年ホーム的機能をメイプル西館に移そうというふうな、今検討をしてございますので、それらの状況を見ながら指定管理について今後検討をしていくと。

 それから、胆沢ホームにつきましては、体育館機能が中心でございまして、これも将来的には老朽化もかなり進んでおりまして、社会教育サイドとの連携事業に切りかえていく方向もあるということで、まだここも検討中でございます。前沢ホームについては、先ほど申し上げましたように、教育委員会の事業サイドとかなり密接な連携をしてやっておりますので、地区センターでもございます。単独の公の施設という指定管理にはなかなか難しい部分もございますので、当面それらを総合して江刺のホームが指定管理になじむのかなということで、今考えております。

 それから、ホームのあり方について2点目でございますけれども、確かにお話のとおり40年近く法律ができて、青少年ホームの建設後もそれぐらいの年数がたってございまして、当初は勤労青少年の余暇活動が中心でございました。近年、会員数の減少が顕著でございますし、新たな社会問題としてニート、フリーターの問題も出ております。それを受けまして、厚生労働省の青少年ホームの運営に関する通達の中にも、ニート、フリーター対策を重点に青少年ホームでも取り組むようにという通達がございまして、ホームの中でもそういう対策をとってございます。なかなか専門家がいないという悩みはございますけれども、相談事業等取り組んでおります。

 それから、人材確保の部分でございますが、お話のとおりニート、フリーター対策については、県ではジョブカフェもそういった意味では就労支援の形をとっていますが、さらに若者サポートステーションというふうな組織もございまして、ニート、フリーターの対策の専門機関もございまして、出張相談とか県内の区域にいろいろ活動いただいておりますので、そういう関係機関と連携しながら、また、ハローワークとも緊密な連携をとって、そういう重点施策として、重点事業として今後も取り組んでいきたいと思っていますし、指定管理制度になったからといって、おろそかにならないように年間の事業の運営に管理に関する会議等も、今現在もやっているわけでおるわけですが、なおそういう部分について、きちっとやるような形で移行していきたいというふうに思っております。



○議長(小沢昌記君) 5番阿部加代子さん。



◆5番(阿部加代子君) 5番阿部加代子です。

 ありがとうございました。

 指定管理に移行する場合は、江刺区の勤労青少年ホームをということのようですけれども、行革も大切なんですけれども、やはり青少年を支える施設ということ、また、体制ということで、勤労青少年ホームのこれからの、今後のあり方というのが大変重要になってまいりますので、検討中の施設等、また指定管理者になった場合もその辺しっかり青少年を支援していただく施設であっていただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 それで、この勤労青少年ホームなんですけれども、水沢区の勤労青少年ホームしかちょっとよくわからないんですが、講座等開催されまして、キャリアアップのために資格を取得して頑張っていらっしゃるようなんですね。その資格取得の講座も大変皆さん熱心に受けられているようでして、大変資格の取得率も高いというふうに聞いております。そうした中で、予算がさまざま削減されているんですけれども、そういった中で講座も減り続けているというところはいかがなものかなというふうに思いますので、今、さまざま施設、中心市街地のほうに検討されているとかというふうにございましたけれども、その辺、さらに充実をしていただく、また、指定管理者になった場合でも、そういったことを念頭に指定管理に移行していただくように、ぜひよろしくお願いしたいと思いますけれども、もう一度、お考えお伺いしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) まさに重要な点でございまして、最近はやはり就職難という大きな課題を抱えておりまして、各ホームでもパソコンとか英会話とか、工夫を凝らしてそういう講座を資格取得につながるようなものが一番よろしいんでしょうが、そういうことを工夫しながら開催をしておるところです。

 それで、今の中心市街地の若者の拠点施設の施設整備の計画につきましても、青少年ホームの会員とか、その他中学生レベル、若い方々のいろんな意向調査、アンケート調査をして、どういう施設を望まれるのか、どういうことをやるような施設がいいのかというふうなアンケート調査もやりますので、そういう青少年ホームの対策として、きちっとやっていきたいというふうに思っております。



○議長(小沢昌記君) 26番千田美津子さん。



◆26番(千田美津子君) 私自身はこの議案見まして、やっぱり奥州市としてのもう少しきちんとした方向性を持ってからでもいいのではないかなというふうに感じておりました。江刺区はとりあえず指定管理者にするという方向でしたが、それはいつからする予定なのかが一つ。

 それから、検討はどういう方々で行われているのかということが一つです。

 今、お話がありましたように、職業、資格を持つとか、そういう大事な講座や、あるいはニート、フリーター対策等々、やはり非常に関係者との連携、あるいは当事者の意向なんかも反映させていく青少年ホームにしていくという必要が私はあるんではないかなと思うんですが、今現在の検討されているメンバー、どういう方々で構成されているかということを一つお伺いしたいと思います。

 それから、青少年ホームは、衣川区にはないわけですが、私はそういった点でやっぱり先ほども言いましたように、衣川区も含めた対応策をきちんと持っていく必要があるというふうに思いますので、その点一つ。

 それから、11市のうち7市が指定管理をとられているということはわかりましたが、あとで結構ですので、それらの詳細を資料として提示いただきたいなと思います。

 その点、お伺いいたします。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) お答えをいたします。

 具体的な指定管理制度の導入につきましては、来年4月1日をもってできるように、これから公募、議案が可決していただければ公募の手続をとって、所定の審査、そういう手続を経て来年、21年度からスタートしたいというふうに思っております。

 それから、この指定管理、青少年ホームの指定管理をどのような形で検討されたのか、また、メンバーはということでございますが、一つに行政改革大綱に各公の施設の指定管理についての考え方が基本的にございますので、担当として、検討委員会を部としてつくっておりまして、本庁の職員と、あと現場の各青少年ホームの館長さん、それから、職員、それから各館の自治会の役員も正式に最終的には入って検討をしてまいりました。

 4回、委員会を開催してまいりました。第1回目は、昨年5月です。現状の確認、検討スケジュール内容、第2回は、8月に開催をいたしまして、それぞれ4館全員でそれぞれの各館の現状、施設の内容、取り組み状況など、全員で回って改善方法も含めて協議をいたしております。

 それから、10月ですが、県内で先行しておりました、指定管理制度を早めに入れて成功しております宮古市の勤労青少年ホームにそのメンバー全員で1日がかりで視察をして、現実の指定管理の具体的内容、取り組み状況を視察してまいっております。

 それから、11月に4回目を開催して、20年度からの取り組み状況などを決めてございます。そういうふうな検討をしてまいってございます。

 それから、資料、県内の指定管理の資料については後ほど提出をいたします。

 衣川区に青少年ホームがないということでございますが、衣川区につきましては、教育委員会サイド、社会教育活動の一環とそれぞれして、勤労青少年対策も含めて活動されてきたというふうに承知しております。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 千田美津子さん。



◆26番(千田美津子君) 今の衣川区さんについてなんですが、これまではそういうことだったかもしれませんが、今後、どうあるべきかということもやっぱり方向性なりを持つべきだということで私はお話したので、その点もう一度。

 それから、確かに4回開催されたということで、現地等見ながら検討されていることは大変結構です。ただ、やっぱり職業安定所、ハローワークの方々からの助言をいただくとか、やっぱりそういう幅広い検討が私は必要ではないかなというふうに思いますし、また、来年度から江刺さんが行われるという点では、ちょっと11月で終わってそこで皆さん納得したということなのでしょうか、そこがちょっとわからないので。

 それから、あとちょっと4回開かれたということですが、内部的にも含めて評価という点ではどのようになされているか。今全部はお答えできないかもしれないので、それらもできれば後ほど資料として提示をいただきたいなと思います。

 お伺いいたします。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) 失礼をいたしました。

 今後はどうあるべきかという点のお答えが漏れておりました。今後の青少年ホーム、今奥州市に4館ございます。衣川区を除いて、4区にあるわけですが、現状の青少年ホームの実態を検討する中で、こういうことがわかってまいりました。その区のホームは、その区の青少年だけではない利用、相互利用がかなりされている。極端なところは、半分ぐらいはほかの区以外の会員が利用している。いわゆる、会社ですか、通勤地の、勤め先のほうに近いホームをうまく使ったり、友達関係で特に近いところを使ったりということで、ですから、衣川区の方も水沢区のホームを使ったり、前沢区のホームを使ったり、江刺区のホームを使ったり、それぞれの区でそういうふうな利用をされているということが、こう見えてまいりましたので、今後のホームのあり方も、そういう形に沿って、てんでばらばらに同じような講座を年間事業展開するのではなくて、それぞれこう拠点拠点に講座を設けて、みんながこう利用しやすいような形をするというふうなことも検討しております。

 それから、運営協議会のハローワークの方々の施設もということで、ちょっと私もうっかりしておりまして、実は青少年ホーム運営協議会という組織が条例で決められて設置しておりまして、この機関でも正式にご決定を報告をして承認をしていただいているということを申し上げます。内容は、構成メンバーは、雇用主関係が5人、それから、ホームの利用者が、ホームの自治会各4館から1名ずつで4名、それから、学識経験ということで、商工団体、労働組合、体協、芸文協とか、ユネスコとか、8名学識経験者がおられます。それから、関係行政機関の職員として、水沢公共職業安定所の所長さんとか、岩手県南局のほうからも来て、入っていただいて、こういう指定管理も含めて、今後の運営についてもご協議いただいているところでございます。

 あと、資料については、後ほど提出をいたします。



○議長(小沢昌記君) 千田美津子さん。



◆26番(千田美津子君) 青少年ホームが、通勤の関係なんかで相互利用されているということは、非常に結構なことだと思います。やはり、利用しやすいところで、そして、自分の求める講座を自由に使えるようになれば、もっともっといいということで、ぜひそれらを進めていただきたいと思うわけなんですが、そういった意味でも全体的な構想をやはりもう少しこうきちんと持つ中でやっていくほうが、私はベターじゃないかなというふうに感じます。それで、実は秋田の湯沢市で成人式の成人者を対象にアンケートを取った際に、成人の8割くらいが湯沢市に住みたいと答えたようなんですね。やっぱり、若い方々を本当にまちづくり、あるいは地元に就職してもらったり、そういう形で本当にまちづくりの中心になってもらうということからすれば、非常にこういう若い方々の対策なりは、本当に重要だと思いますので、ぜひこれからもそういう視点で、もうちょっと検討委員会も検討しながら、メンバーも含めてきちんとした対応を私はすべきではないかなと思いますので、その点もう一度お伺いいたします。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) まさに、そのとおりでございます。青少年ホームも今、全国的にもいろんな課題、それから青少年自体についてもいろんな就労関係含めて、そういう厳しいといいますか、難しい環境下にございます。それをやはり、今後のまちづくりについても貴重な人材になってくるわけですので、それを、行政も含めて、地域できちっと育成をしていくということが必要だというふうに思っておりますし、そういう点で運営協議会等含めて、議論をしていきたいと思っております。

 それから、具体的に指定管理されたホーム、それから、直営の、直営といいますか、指定管理以外のホームもございますが、それぞれ一体となってホームの運営に携わるわけでございます。その中でいろんな情報交換なり、研修も含めて、一体感をもって運営できるように努めてまいりたいと思います。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 40番及川善男君。



◆40番(及川善男君) ただいまの質疑を聞いていて、今回条例提案されたのは、その4館それぞれどういうふうに基本的な勤労青少年ホームの運営をどうやるかというのは、これからさらに詰められるようですが、今回条例提案されたのは、来年4月から江刺区の勤労青少年ホームの指定管理をするためにということなのですか。私も、段々の議論を聞いている中で、もう少し4館含めた、奥州市の勤労青少年ホームのあり方をきちっとした上で、指定管理の問題も検討されたほうがいいのではないかというふうに思うのですが、今回、今議会に提案された理由についてお伺いします。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) お答えをいたします。

 まずは、行革大綱に青少年ホームの指定管理制度の導入ということがございます。それで、各館その指定管理の状況をこういう形で指定管理がある中で、指定管理が可能かどうかということも含めて、4回、5回と、それから、視察も含めて、各館の館長さんも含めて全体の中で、協議をしてまいっております。その中で、江刺区のホームにつきましては、従来から正職員を配置を切りかえて専門的な職員を配置して、非常勤ではございますが、そういう体制をとってきております。

 20年度の体制、ちょっと私先ほど説明申し上げませんでしたが、20年度の取り組みとしては、水沢区も含めて、胆沢区、それから、前沢区の各ホームの正職員を非常勤化に切りかえております。これも、一気に指定管理ということは難しいという形の中で、ワンクッション、まず、非常勤化をして、その中でいろいろな問題を検討しながら指定管理制度を導入していくという方向性で現在きておるわけです。江刺区のほうについては、ホームの職員、館長、現場も含めて、指定管理が可能だと。かえってもっといろんなアイデアも出して、いろんな連携も、民間との連携も含めて、可能だというふうな集約の中で今回、来年4月に向けて指定管理にしたいと、するということで今回の条例提案になっております。



○議長(小沢昌記君) 及川善男君。



◆40番(及川善男君) 水沢区の勤労青少年ホームは、確かメイプルの西棟のほうに移転をして、新たに計画をされておりますよね。これらについても、指定管理でやられるという方向で検討されているのか。また、西棟のほうに移るということは、将来的な拠点的な施設として残すのか、あるいは4施設をそのままそれぞれの地区に残すということで検討されているのか、それらの方向性というのは決まっているのですか。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) お答えをいたします。

 水沢区の青少年ホームと、今、検討しておりますメイプル西館の改修といいますか、その関連は水沢青少年ホームをすぐ移転するといふうな結論はまだ出ておりません。メイプルの西館の施設については、青少年ホームの機能を当然充実させますし、まだ、アンケート調査を今実施しておりますし、今その内容を詰めている段階でございます。

 ですから、結論は出ておりませんけれども、その内容によっては移転という形も選択肢の中にあるとは思いますけれども、今、事業の内容を精査中でございます。いずれにしても、若者の方々が魅力を感じて、利用しやすい施設を考えております。そういう部分では、当然就労支援の形、ジョブカフェ的な機能も基本的に考えておりますので、まさにホームというふうに近い施設にはなるとは思いますが、まだ結論は出ておりません。

 それから、拠点的な施設になるのかということ、それから、各4館の役割分担といいますか、そういうふうなことについては、やはり拠点的な施設を考えております、西館の施設については。やはり、中心市街地にそういう奥州市の若い方々が気軽に来ていただいて、いろんな学習とか相談とか、そういうふうな施設を考えております。それぞれの館については、先ほども申し上げましたが、特徴的な講座なり、イベントなり、そういう取り組みを全体的に、例えば江刺区のホームの特徴をどうする、前沢区のホームの特徴をどうする、胆沢区をどうするというふうな環境も、これ指定管理とは直接関係ないといいますか、当然の運営の事業のあり方として、直営の部分、指定管理の分も含めて全体で決めていきたいというふうに思っております。



○議長(小沢昌記君) 及川善男君。



◆40番(及川善男君) ちょっとよく今のご答弁でわからないのは、西館の財産取得はもうそういう方向性で進めていますよね。それはまだ、決めていないんですか。私は、この間いろいろ組織機構の問題等でも議論した際に、先ほど部長からご答弁あったように、非常勤化する中で、この青少年ホームの問題もいろいろ議論になってきた経過がありますよね。そういう中で、私は当然メイプルの西館に水沢区の青少年ホームは、老朽化もしていますし、そういう方向で検討するというような方向で受けとめてきたんですが、今のお話聞きますと、決してそういうことでもないというふうにも聞こえるんですが、ですから、私が言いたいのは、指定管理もそういう検討もいいんですが、もっと基本的なところ、奥州市が勤労青少年ホームなり、あるいは今ジョブカフェの問題もありましたが、さまざま青少年に対する対応について、このもっときちっとしたものを持った上で、指定管理がいいのか、直営がいいのかも含めて、私は検討すべきではないかと、部分的に江刺区でやることになっていたから、来年やるために、今回指定管理の問題で条例改正を提案するというのではなくて、その辺のところがないままにやるというのはいかがなものかというふうに思うんですが、もう少し基本的な構想をお知らせください。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) ちょっと表現があいまいだったかもしれませんが、メイプルの西館の若者の交流施設については、まだ運営管理の結論は出ておりませんという意味合いで、お答えをしましたが、基本的には青少年ホームの機能をあそこに移したいと、これは当初から変わってございません。まだ、結論は出ていないということです。施設の内容が、ホーム機能だけではない施設も考えておりますので、それらを今検討中ですが、基本的には水沢区のホームもおっしゃられるように老朽化がかなり進んでおりますので、新しい施設のほうに移るということを前提に今進めております。その部分は間違いございません。



○議長(小沢昌記君) 全体の考え方のことについてということが、40番議員質問しているんですけれども、その分の答弁がちょっと弱いような気がするんですね。齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) 全体のホームの運営のあり方といいますか、方向性については、指定管理制度を前提にすべての館を考えていくという方針でございます。今回、具体的にいつからどこがという質問がございましたので、現実的には江刺区のホームが今までの経過上、そういうふうな形で検討しておるということでございます。

 指定管理制度の導入については、県内も含めてそういう状況でございますので、他のホームも参考にしながら、問題点等もみんなで共有しながら、解決をしながら導入を図っていきたいというふうに思っております。



○議長(小沢昌記君) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第3号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。26番千田美津子さん。



◆26番(千田美津子君) 私は、ただいま議案となっております議案第3号については、これから資料提示をしていただくこともありますので、常任委員会に付託をして、精査をしていただきたいなと思います。要求いたします。



○議長(小沢昌記君) 暫時休憩いたします。

               午前10時39分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前10時40分 再開



○議長(小沢昌記君) 再開いたします。

 ただいま26番議員から委員会付託の意見が出ましたが、これに対して何か。30番新田久治君。



◆30番(新田久治君) 30番新田です。

 ただいまの案件に対して委員会に付託するということを省略するべきだというふうに思います。

 この青少年ホーム、今日において青年の組織というのが少ない、活動も少ない、こういう状況にあります。何としても、この勤労青年の活動というものをやはり促していきたいというふうに私は思っているものであります。いろいろ4つの館によっては内容が異なるということでもありますし、また、これまでの例えば江刺区での勤労青少年ホームにあっても、場合によっては、いろいろこれではだめだといったようなものもあるわけでございますけれども、しかし、そこの自治会、青年たちがいろいろ考えて、そして活発な活動をやっているという状況もあります。こういう中にあっては、もっと広く青年たちの考えを拾って、そして組織的な運動を展開するというのは、やはり、この管理を委託するという形というものは、私はそう間違いではないというふうに思います。

 今、事務局からもいろいろ検討しながら徐々にその方向に進めたいと、こういうお話でありまして、すぐすべて4館をそういう形にするということではないというふうに聞いたわけでありますし、当然、この方向については、私はこの委員会を付託をして検討するというには値しないと、もう即決してよろしいというふうに私は思います。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 30番の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。この採決も含めて11時まで休憩をいたします。

               午前10時42分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午前11時2分 再開



○議長(小沢昌記君) 再開いたします。

 休憩前に30番、新田久治君から出された議案第3号については、委員会付託を省略すべきとの動議を議題といたします。

 本動議に対する討論ありませんか。17番今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) 17番今野です。

 動議に反対をする立場からお話をいたします。まず、本会議の質疑は3回までということになっておりますので、そういうルールがある中での議論でありますし、それから、委員会付託は原則付託することになっておりますが、今諮られましたのは、委員会付託を省略するかどうかでありました。こういう点では、今問題になっております議案は、急いで決定をしなければならないと、そういう性格にはないというふうに考えますので、そういう点では、委員会付託する時間的な余裕はあるだろうと。

 それから、動議そのものですが、委員会付託をしなくてもいいんだという説得力のあるものではないというふうに考えますので、委員会付託をされることを望みまして、動議に反対をいたします。



○議長(小沢昌記君) 28番佐藤修孝君。



◆28番(佐藤修孝君) 動議に賛成して、意見を申し上げます。

 本案は、指定管理者に向けたその前段として整備をすると、条例整備をするということで、いってみれば行革の一環でもあります。そういう意味で、本案は今ここで即決をすべきとそのように思います。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 40番及川善男君。



◆40番(及川善男君) 私は動議に反対の立場で討論します。

 17番議員も話されましたが、先ほど私が質問をした際も、今後のあり方等についても決して十分なご説明だったというふうには思いません。これは、多分、そういう方向性について、今後検討されていくということなのだろうと思います。

 ただ、議案を審議していく際に、資料要求があったり、いろいろ疑問が残る中で、これを打ち切ってやって行くということが果たしていいのかという点では、大いに疑問があります。

 委員会付託は原則なわけですから、私はこれを尊重すべきだというふうに考えます。それで、何も委員会付託したからといって、今期中に決められないという問題ではありません。常任委員会で、今期中に十分審査をして、結論出すことだって可能なわけですから、私はそういう点で、今後も委員会付託については慎重にやっぱり対応すべきだと、原則はやっぱり尊重すべきだというふうに私は思います。



○議長(小沢昌記君) 37番数江與志元君。



◆37番(数江與志元君) 私は、30番議員の省略すべきというところに賛成をさせていただきます。

 今、るる17番、40番の議員さん方が申し上げましたが、原則は委員会に全部付託しなきゃない。すべての議案は全部委員会に付託しなきゃないんです。僭越な言い方ですが、私も議長をやったとき、全部そういう勉強させていただきました。時間があるから、あるいはないからじゃなくて、物の順序で、審議がまだ未了だから,すべてにあるんでしょ、これは。それで、全部付託をするとこういう話ですが、私から言わせれば、即決できるものもしないで、先延ばしをしているだけではないかなという捉え方もできるのではないかと。先ほど来、商工部長が話ありましたように、基本的に指定管理者というのは、こうこうこういうために4月からやるところもあるんだよと、条例にそれがのってないからそれを整備したら、それが進まないと。今決めないからじゃなくて、事務的には4月からやるために今からやっている、いろんなことがあるでしょう。だから今上程になったという考え方をすべきではないのかと、私はそう思うんです。

 ですから、議員の皆様方もそれぞれ経験を踏まえたりいろんなことがあるでしょうけれども、全部やるのであれば全部やったらいいんです。議長がいちいち、委員会を省略しますとか、諮らなくてもいいでしょう。それでは対応できないから、そういうことをしながら、今までやってきたと。長年、30年も40年もやっている議員さんがそういうこと言っているのも非常に不可思議なことだなと、私は思って聞いておるわけでございますが、やっぱり我々はきちっとしたそういう背景も知りながら、今決めるのでいいのであれば決めるべきであって、きちっとした議会運営をすべきであろうと、そう思っております。

 さっきの論議を聞いていたら、指定管理者じゃなくてメイプルの西館の話に論議をすりかえて、だからだと。ほかのことの資料がほしい、個々がそれを判断できないんじゃないんです。ほかはどうですか。それが出てこないからまだ先だと、こんな論議をしているようじゃ大変だと思いますから、私はきっちり対応するべきが、我々の仕事であろうと、そういう意味で30番議員ですか、省略動議に賛成をさせていただきます。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 5番阿部加代子さん。



◆5番(阿部加代子君) 5番阿部加代子です。

 省略の動議について、反対の立場で討論いたします。

 議案は原則委員会付託ということになっております。議案の審議の中で慎重にという意見がありまして、委員会のほうで慎重審議すべきだという意見がある場合は、やはり、その意見を尊重して委員会付託をすべきだというふうに思いますので、反対をいたします。



○議長(小沢昌記君) 討論を終結いたします。

 これより採決いたします。本動議のとおり、委員会付託を省略することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(小沢昌記君) 起立少数であります。よって本動議は否決されました。議案第3号は会議規則第38条第1項の規定により、産業経済常任委員会に付託いたします。

 なお、付託いたしました議案第3号は、9月22日までに審議を終えるよう期限を付したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。22日までに審議を終えるようにお願いをいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第4、議案第4号、奥州市モーテル類似施設建築規制条例の一部改正についてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第4号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第5、議案第5号、奥州市特別工業地区建築条例の一部改正についてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第5号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第6、議案第6号、奥州市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。5番阿部加代子さん。



◆5番(阿部加代子君) 5番阿部加代子です。

 この議案に対しまして、もう少し説明をいただきたいというふうに思います。

 この条例の中に出てきます、建築してはならない建物のところですけれども、2番のところで、マージャン店、パチンコ店、射的場、勝馬投票券発売所、場外車券売場、その他これらに類するものというふうにありますけれども、その他これらに類するもののというものが具体的にどういうものを指しているのか、お伺いをしたいと思います。

 この条例なんですけれども、中心市街地の活性に関する法律第9条第1項の規定に基づく、中心市街地活性化基本計画を作成し、内閣総理大臣の認定を受けるには、当該地域国道4号線水沢東バイパス予定地沿線に指定している準工業地域へ大規模集客施設の立地を制限する必要があることから、このマイアネタウン、それから、下惣田地域に関しまして、準工業地域に指定になっているわけですけれども、さらに、建築してはならない建物ということで制限を加える条例であります。その中で、言葉が明確になっていないところもありますので、その点を説明をしていただきというふうに思います。

 2番のその他これらに類するものの具体的なご説明と、それから、5番のところに料理店というふうにあるのですけれども、この料理店の説明について、35番のところに、店舗、飲食店、展示場又は遊技場に供する建物で、その他用途に供する部分の云々とあるのですけれども、結局、大きな建物は建ててはいけないということなんですけれども、大きくなければ1万平方メートルを超えなければ遊技場は建設が可能なのかどうか、その点を確認したいと思います。

 よろしくお願いいたします。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 2番のその他これらに類するものの具体的な何かということですが、今建築基準法の関係によりますと、具体的にはっきりしているのはゲームセンター、これらのようなものはまずだめですよということが記載になっています。基本的には、風営法、風俗営業法の関係の規制がかかるものは地区計画の区域内には建築は認めないということになっております。

 それから、カラオケボックス、その他ということになりますと……ちょっと次の料理店と飲食店の違いということになります。基本的には、飲食が主か、あるいは遊びの部分、飲んで食って騒いでというのが主かによって区分するということになっております。ですから、例えばレストランとか、いわゆる喫茶店はいいよと。ただ、喫茶店でもいわゆる飲んで騒いでというか、ちょっと接客を含む喫茶店のようなのはだめですよと。いわゆる昔で言えば純喫茶というんですか、ああいうのはいいですよというようなことでございます。

 そういう意味からいくと、今、ちょっと古いんですが、カフェという言葉が今また新たに東京なんかで出てきておりますが、今いうカフェというのは主に遊びが入っているカフェということで、これは料理店に含まれるということで建築は不可能ということでございます。

 それから、35番の店舗、飲食店、展示場又は遊技場ということで1万平米を超えないものはいいのかということですが、ここに言っている遊技場というものは、いわゆるこれも先ほど言いましたけれども、風営法に規制にならないものということで、アミューズメント施設とか、テーマパーク的なああいう皆さんが来て、子供たちも一緒になって遊ぶというようなものが、そういう大規模なものについて規制を加えますというものでございます。

 カラオケボックス、その他については、ちょっと詳細について調べますので、よろしくお願いします。



○議長(小沢昌記君) 5番阿部加代子さん。



◆5番(阿部加代子君) 5番阿部加代子です。

 ありがとうございました。それで、遊技場の規定なんですけれども、6月23日に議員説明会でいただきました資料の中に、遊技場のところで定義があるんですけれども、その中に遊技場の定義ということでマージャン店、パチンコ屋、それから、ゲームセンター、アミューズメント施設、大規模テーマパーク、カラオケボックスというふうにあるんですけれども、そうしますと、この読み方なんですけれども、条例の読み方なんですけれども、そういったもので1万平方メートルを超えなければ建てられるのでしょうか。それとも、最初のところでそういうものはだめだよというふうに1番、2番のところで言っているので、建てられないのでしょうか。その点をお伺いしたいと思います。

 なぜそういうことを聞くかと言いますと、この店舗というところで、どういう店舗がいいのかなというところが大変心配なところなんです。といいますのは、準工業地帯になっているところで、さらに規制をされるということなんですけれども、そうしますと、優良住宅地ということになってくるわけなんですけれども、以前、この地域に不良図書といいますか、アダルトビデオの販売所の建設が予定されたことがありまして、そういうものがこの中にどういうふうに規制になっているのかというのが具体的によくわからなくて、以前にそういう心配があったものですから、そういうものが規制になるのかどうか、そういうところをちょっと確認させていただきたいなというふうに思いました。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) この別表第2の中に、マージャン屋、パチンコ屋、勝馬投票券云々、それらに類するもの、これも大規模集客施設の遊技場という中に入っております。この35番で言う店舗、飲食店、展示場又は遊技場に供する建築物ということで、先ほども申し上げましたけれども、この中で遊技場というものは、今、先ほども申し上げましたアミューズメント施設とか、テーマパーク的なものというようなものでございます。ですから、それの床面積、建築床面積の1万平方メートル以下であればそれは可能ですよということでございます。

 カラオケボックス、その他、先ほどの話しですが、その他これに類するものということですが、いずれ今言われましたアダルトビデオ関係的なもの、いわゆる個室になっているもののようなものは、規制しますということでございます。



○議長(小沢昌記君) 阿部加代子さん。



◆5番(阿部加代子君) 5番阿部加代子です。

 すいません、ちょっと理解できなかったので、もう一回お伺いしたいと思います。

 店舗のところ、35番にはですね、店舗としかないのですけれども、広いもので1番から34番までのところは、既にもうだめですよということで、その例えば不良図書の販売等は、その他これらに類するものの中に入りますよ、ということの理解でいいということですか。

 その点もう一度お伺いをしたいと思います。

 それで、その他これらに類するもののですね、細かな表示がないと、どこまでいいのか悪いのかというところが、建築基準法の中には細かく指定はされているのかもしれませんけれども、市民にしますと、どこまでだめなのかというところが大変心配なところもありますので、そこを明確にしていただいて、優良住宅地域に指定するというふうな形を取っていただければというふうに思いますので、もう一度お伺いしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 建築基準法、今、世の中が変わりまして、いろんな商売が出まして、なかなか建築基準法にスパッと合うようなものでない商売もなかなか出てきておりまして、それはその都度、県、国と協議しながら、最終的には決めるというようなスタイルになっております。

 今言った不良図書の販売等は、基本的には最初に申し上げましたが、風俗営業法にかかわるものについては規制をしております。その中で、例えば店舗の中に、今言ったような不良図書が出てきたらどうかというようなご心配だと思いますけれども、これについては建築基準法の中をちょっともう少し検討させていただきたいと思います。ちょっと今資料がないので、すいません。

 よろしくお願いします。



○議長(小沢昌記君) 質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案第6号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第7、議案第7号、奥州市営バス条例の一部改正についてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第7号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第8、議案第8号、市の境界変更の申請に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第8号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第9、議案第9号、市の境界変更に伴う財産処分に関する協議に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第9号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第9号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第10、議案第10号、奥州市土地開発公社定款の一部変更に関し議決を求めることについてを議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第10号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第10号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第11、議案第11号、平成20年度奥州市一般会計補正予算(第5号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。17番今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) 17番今野です。

 3点にわたってお尋ねをいたします。

 最初に、中山間地域等直接支払交付金返還金等々に関して、お尋ねをします。

 20ページの20款雑収入5項雑収3目雑収返還金というのがありますが、中山間地域等直接支払交付金返還金、過年度分788万円というのがありますし、54ページの6款1項3目中山間地域等直接支払事業経費ということで減額とそれから返還金とそれぞれあります。

 ちょっと理解できませんので、具体的にどういうことなのかを、まず、お尋ねをしたいと思います。

 それから2点目ですが、64ページになりますけれども、64ページから72ページまで、土木総務費、一般職給与費、それから67ページの都市計画総務費、一般給与費の減と、それから72ページの同じく土木費ですが、住宅総務費で一般職給与費の増というのがありまして、これは多分、災害対策にかかわるものかなと思いますが、この具体的な中身について、どういうことなのかを教えていただきたいなと思います。

 それから、大変ご苦労かけておりますが、地震被災にかかわってなんですが、17ページの歳入で民生費の給付金2,637万6,000円というのがあります。それにかかわっての支出だろうと思われるのが、72ページから94ページにわたって、被災地宅地復旧工事支援援助金とか、あるいは農地農業用施設災害復旧工事費で750万円とか、こう出ておりますけれども、まず具体的には、72ページの8款5項1目で被災地復旧工事支援援助金というのがありますが、これは宅地というふうにうたってあるわけですが、北部地震の宅地崩落の危険性があるということで避難された方がいらっしゃいますが、それらとかかわりあるのかどうか、その中身についてお尋ねをしたいと思います。

 もう一つは、農地農業用施設災害で750万円、この間の臨時議会からさらに750万円上乗せだろうと思うんですが、災害件数等でどういう推移になっているかお尋ねをしたいと思います。

 同じ中身になりますけれども、被災証明等との関係で、義援金配分にかかわって、住宅被害の申請が多分増えているのだろうと思いますけれども、どういう動向にあるかお尋ねをしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 柏山農林部長。



◎農林部長(柏山徹郎君) それではお答えをいたします。

 まず、第1点の中山間地域の直接支払事業の関係でございますけれども、関連の予算は16ページの事業費補助金とそれから20ページの直接支払交付金返還金がございますし、支出の部分では、56ページに支出の関係が載ってございます。

 これについては、江刺の集落におきまして、平成17年の協定締結時におきまして、本人の意思確認が十分になされないままに協定が締結されたという個人の申し出がございました。これらにつきましては国、県の指導を得ながら、公金の返還にならないようにということで、いろいろ協議を進めてまいりましたが、基本的には、最終的には、国の指導もございまして、協定の用地の耕作または維持管理が行われなかったことによる交付金の返還ということで過年度分等の返還に至ったということでございます。これらの一連の部分が先ほど申しました予算、補正予算の分にあらわれてございます。

 それから、もう一点の農地農業用施設災害復旧事業の関係でございますが、これは江刺の7月28日の豪雨の関係でございます。この関係につきましては、6月14日の災害関係の査定が若干遅れぎみでございまして、まだ査定に至っておりません。10月に査定に入る予定でございますが、それらの関係で単独の部分は記載、事業施設25件を見込んで予算措置をしておりますし、補助部分につきましては40万円以上の補助事業ということで施設11件、農地5件等について見込んでございます。それから林業単独も同じような部分でございます。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 井上総務部長。



◎総務部長(井上馨君) 土木費の関係、一般職の給与費の関係でございますが、この件につきましては、当初予算とことしの4月におけます組織改変の関係で、人数の調整をいたしたものがありまして、総合計の職員数並びに給料総額は、全体としては変動のないものでございます。給与費明細の100ページのほうにもございますが、今回の組織変更に伴う各増減のみでございます。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 72ページの住宅対策経費、1,100万円でございます。

 これは宅地の危険度判定で、大、中のいわゆる危険だよとの判定を受けた世帯に対しまして、復旧工事を行う場合に、20万円を限度に支援金を支給するというものでございます。対象件数55件ということで55件の20万円で1,100万円ということの予算措置でございます。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 17番今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) まとめていっぱい聞きましたので、申しわけありません。

 まず、中山間地なのですが、今の説明で事情は何となくわかるのですが、この金額ですと、一人ということではないだろうと思うのですが、いわゆる連担の中でそういうことが起きているということでしょうか。それ以上立ち入りませんけれども、そういうことで、いずれ、締結そのものが成立しなかったということで返すということなのか、あるいは何年度かにわたってそういうことが起きて返すということなのか、ちょっと、この金額ですと、今の説明だけではちょっと心配になりますので、重ねてお尋ねをいたします。

 それから給与費についてはわかりました。一切関係なく、組織変更だということで、わかりました。

 ちょっと聞き方が悪かったからだと思います。それで、民生費寄附金が2,600万円ということになっているのですけれども、この出口がどこかなということが一つ思いますので、それを教えてください。先ほど言ったのは、どちらも被災宅地復旧支援援助金以外は江刺の分ですよというお話のように答弁はなっていますけれども、私がお伺いしたいのは、農地被害なりあるいは住宅被害が、一定ここに来て、広がっているのではないのかなという思いもありまして、そこら辺の実態を教えていただきたいということが1点です。

 それから、もう一つは、宅地被害で20万円ということなのですが、今のお話ですと一律20万円かなという思いがするんですが、例えば、宅地全体が滑っていて建物が建てられないという説明を受けたところもありますし、それから、斜面に土盛りして、北部地震の被災地ですけれども、ああいうところが20万円ではとてもどこにも追いつかないのではないかなという思いがしますので、そこら辺の判断基準なり考え方をどういうふうに持たれたのかということと、もう一つは、川に落ちそうになっているところ、農作業場もそういうところがあるわけですけれども、それも一応宅地なのだろうと思うのですが、そういうところが勘案されているのかどうかお尋ねをいたします。



○議長(小沢昌記君) 柏山農林部長。



◎農林部長(柏山徹郎君) それでは中山間の直接支払いの関係でございますけれども、これは集落内のいろいろな事情がございますからですが、端的に申しますと、いわゆる虚偽の協定申告がなされたという部分で集落を解散をしてですね、その分を返還したいということでございます。主としては、先ほど申しましたように、いろいろな部分で指導を国、県等と指導してまいりまして、住民の皆さんの協力のもとで中山間地域を進めてまいりましたので、もし可能であれば、ぜひこのままの事業推進をということで話をしたんですけれども、なかなかまとまらなかったということで、こういう結果になっております。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 菅原市民環境部長。



◎市民環境部長(菅原英記君) その後の被害状況の変更がないかということで、私のほうで家屋の調査関係のご報告を申し上げたいと思いますが、この間、菅原明議員さんの一般質問の際に申し上げた、いわゆる家屋の一部損壊、このときには一部損壊が376戸、こういう数字を申し上げたところでございましたが、その時点で、いわゆる再調査といいますか、調査の申し入れが若干出ておりまして、今現在、376戸が384戸ということで8戸ほど増えていると、こういう状況でございます。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 菊地財政課長。



◎財政課長(菊地隆一君) 義援金の出口の部分がどうなっているかというご質問がございましたので、その件につきまして補正予算を担当しておりますので、まとめてご説明申し上げます。

 まず一つが、農林水産被害見舞金という形で出ております、これが696万9,000円。次に、避難者生活支援という形で、165万5,000円。避難者等見舞金という形で、438万円。緊急生活支援施設の設置ということで、48万6,000円。被災者住宅支援対策ということで、1,100万円。

 そのほかに、復興支援ということでありますが、キャラバン隊と元気な子どもたち応援事業というのが起きているわけですが、これは小中学校への支援でありますけれども、これが188万6,000円ということで、トータル2,637万6,000円という内容になっております。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 宅地全体の地すべりとか、がけ地で大変な状況になっているということに対する補助はないのかということですが、こちらの72ページの被災宅地の復旧工事支援補助金ということで、20万円が限度のいわゆる55件ということで、その中でやっていただくというか、そういう関係にしかならないというように思っております。

 20万円の判断基準ということですけれども、これは特にこういう工法がどうのこうのということはありません。限度額20万円ということで、工事費にかかる限度額が20万円ということでございます。



○議長(小沢昌記君) 17番今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) 17番今野です。

 宅地に関してだけ、お尋ねをいたします。

 50件、いずれ、宅地に手を加えなければならない被災者がいらっしゃるということだと思います。それで、いわゆる日赤分とかも含めて、考えなければならないのだろうとは思いますが、かなりお金のかかる方がいらっしゃいますよね。そこら辺、どういう基準なのか、あとで教えられに行きますので、細かいことはそのとき教えられますが、何百万円とかかる人もいらっしゃるというふうに伺っているわけなんですが、それについては別の手だてもあるのでしょうか。

 私は、例えば人首川の近くの被災者に関して言えば、かなり大変な出費だろうなというふうに思うのですが、胆沢川で崩落しそうなところについては、そもそも、これからそこに家を建てるということ自体、認められないでしょうから、それはまた別の考え方も可能でしょうが、ただ、今現在ある土地を建物を使っていくという前提で補修するときに、それで本当にいいのだろうかという思いがいたしますが、そこら辺について、日赤分として別途あるのかもしれませんが、どういうふうになっているか、重ねてお尋ねをいたします。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 宅地の55件の限度額20万円ということでございまして、これは被災宅地すべて、6月14日、7月24日、7月28日豪雨、すべて対象でございまして、移転するという場合は宅地造成費のみということで、本当に少ない額です。

 それで、いわゆるがけ地とかになりますと、いろいろな補助制度、県とかの補助制度もございますので、その中で対応していただくということになりますので、ご相談に見えていただければなというふうに思っております。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 若原福祉課長。



◎福祉課長(若原秀康君) それでは、私のほうから、若干、がけ地の関係で移転を余儀なくされるような家の場合の補償なのですが、県の義援金の関係で、一部損壊でも宅地等が危険で移転をせざるを得ないと、移転新築をしなければならないというお宅については、500万円ほどの義援金が送られると、さらには移転世帯ということで、全壊相当になるということの取り扱いに一つなります。もう一つは、移転を余儀なくされるということで、プラス義援金で100万円増額されるということになります。さらに、新たに県で現在検討されているんですが、被災者住宅の支援ということで、単独の補助が、別に検討されているということで、市でもこれに相応する補助金の交付要綱を、今後策定をして、予算化を図っていく予定でございます。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 5番阿部加代子さん。



◆5番(阿部加代子君) 阿部加代子です。

 何点かお伺いをいたします。

 まず、48ページ、医師養成事業の負担金についてお伺いをしたいと思います。

 医師養成事業ということで、全県でこのように負担をし合って、医師を養成していこうという事業だというふうに思いますけれども、この事業に対しまして、この負担金をずっと出しているわけですけれども、奥州市としましては、独自の奨学金制度も設けました。確かに県に対して、このようにこう出さなければならないとは思うのですけれども、今まで負担をしてきた分だけ、奥州市に何かメリットがあったのかどうかお伺いをしたいと思います。

 それから50ページですけれども、穿刺器具関連ウイルス検査委託料について、お伺いをしたいと思います。

 以前、議会のほうに説明をいただきましたときに、穿刺によるウイルス感染の件に関しまして、対象者につきまして、まだ調査中、または判明をしていないというところがありましたけれども、その後、どのように、状況ですね、なっているのかどうかお伺いをしたいと思います。それと、何名ぐらいの方が受診をされて、その結果がどのようになっているのかお伺いをします。

 それと、遊具についてお伺いをしたいと思います。ページですけれども、42ページ、44ページ、47ページのところに、遊具に関する点検の委託料等が出てきますけれども、遊具に関しましては、全国的に大変事故が多くて、2002年から2007年の間に53件重傷に至る事故が起こっておりまして、そのうち12件が、点検不備による事故だったというふうに報道がなされておりますけれども、そういう事態を受けまして、ことしの6月に国土交通省のほうから、新たな通知が出ていると思うのですけれども、例えば、遊具の標準の使用の期間を設けるとか、あとは古い遊具の点検を重点的に行ってくださいとかということで、そういうふうに通知が来ていると思うのですけれども、通知を受けてどのように対応されているのかお伺いをしたいと思います。

 よろしくお願いいたします。



○議長(小沢昌記君) 井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) ただいまのご質問にお答えさせていただきます。

 まず1点目、医師の養成でございますが、岩手県といたしまして、市町村と県で医師の養成を行っているというものがございます。現在、養成総数は平成16年度から始まりまして、31名ということで、今、一番学年が上の人でもまだ6年生ということで、まだ卒業はしていないということで、一番早い人で、平成22年から公立病院等で勤務することが可能なのではないかというふうに考えられております。

 医師の養成ということで、実際、奥州市でも独自の奨学金制度を設けておりますし、ダブっていて不必要なのではないかというようなご指摘かと思われますが、いずれにいたしましても、奥州市におきましては県立病院もございますし、いろいろな形で医師を確保するというのが重要な施策というのが今の現状かなというふうに思っております。医師を一人でも多く確保することが、総合水沢病院の解決にもつながりますし、ひいては奥州市全体の医療レベルの向上というのにつなげられるというふうに考えております。

 ということで、この岩手県の奨学金制度にも奥州市といたしまして参画していきたいというふうに考えております。

 次に、穿刺器具の問題でございます。まず穿刺器具ですが、平成20年度9月2日現在ということで、9月2日締めでございますが、現在205名の方が検診のほうを受診していただきました。結果のほうが出ましたのが、そのうち175名でございます。その中で実際、B型肝炎、C型肝炎ウイルスもしくはエイズという形でやっておるのですが、何らかの問題があったという方が、今まで6名出ております。ただ6名中5名の方につきましては、以前より、病歴のほうをご本人のほうが知っていたということで、かなり以前からということで、今回の事件とは直接関係ないのかなというふうにご本人様ともご相談しながら考えているところでございます。残り1名の方につきましては、現在、今回の検査で初めてわかったということもございますので、今後の治療方針や、どういうふうに対応していくかということを、十分協議してやっていきたいというふうに思っております。ただ、この方も、まだ1次検査といって、簡易検査のほうで境界ラインでぎりぎりプラスということで、精密検査のほうを今やっているということでございます。

 いずれにいたしましても、各それぞれ、今回の検査で陽性が出た方につきましては、主治医等と相談できるような体制をつくるなど、きちんとした体制で臨んでまいりたいというふうに思っております。

 公立保育園、もしくは児童館等の遊具の点検のことでございますが、実際、奥州市合併以降は、基本的な考え方として、どういうふうにやっていくかというのは、実際まだなかったというのが実情でございます。ことし、当面、地震のほうもございましたので、まず一度大がかりに全体的な調査をして、点検をするというようなところに取りかかったものでございます。今後は、このような機会もございましたので、定期的に、国土交通省が言っているような基準で点検できるような体制を、奥州市でも、とってまいりたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 5番阿部加代子さん。



◆5番(阿部加代子君) 5番阿部加代子です。ありがとうございました。

 まず穿刺器具の関連についてですけれども、確か、ご説明いただいたときには対象人数が1,000人くらい、いらっしゃったと思うんですけれども、検査を受けられた方は205名ということで、大変少ないというふうに思うんですけれども、みずから、検査は大丈夫ということで、受けられなかったものなのか、その点もう一度お伺いをしたいと思います。

 それと、陽性反応が出た方につきましてですけれども、主治医と相談をされて、今後の対応ということなのですが、今後の対応ということで、例えば治療が必要になったとかというときに、奥州市のほうで責任を持って面倒を見ていただけるのかどうか、その辺、お伺いをしたいと思います。

 それと、遊具についてなんですけれども、まず福祉の部分の児童公園等の遊具の部分と、それから教育委員会の小学校等においての遊具の部分があったと思うのですけれども、教育委員会のほうでは遊具の点検に関しまして、どのように対応されているのかお伺いをしたいと思います。

 それと、本来、この遊具なのですけれども、大部分が都市整備部の管轄でありまして、その辺、都市整備部のほうでも、遊具ということに関しましてどのように対応されているのかお伺いをしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) 穿刺器具のほうでございますが、実際、奥州市のほうの対象者は934名おりました。その中で、受診状況が9月2日現在205名ということでございます。この934名の方のうち、個別に通知できた方というのが778名というふうになっております。私も直接電話で応答をしたこともあるのですが、やはりご本人さんのほうが、もう検査のほうはいいと、別にこんなことでいいんだというようなこともお話をされていた場合もございますし、なかなか、それでも無理に受けてくださいというふうにはいかなかったという実情でございます。

 いずれにいたしましても、知らなくて検査を受けなかったということがないように、今後も周知のほうをきちんとやってまいりたいというふうに考えております。さらに、例えば病気のほうが何らかの形で出たという場合は、この穿刺器具が問題かどうかというと、なかなか、ほかの既往歴等も各個別にご相談をさせていただいておるのですが、やはり過去にあった手術等、リスクがより大きな問題等が出るというようなこともございます。実際、本当に何が原因でどういうことでということを、ぎりぎりやると、かなり難しい問題も出てくると思いますので、そこは各ご本人さんと我々のほうで、今回こういった経緯ではあっても病気が見つかったということで、ご本人さんの体調に合わせながら、一番いい方法を考えてまいりたいというふうに考えております。



○議長(小沢昌記君) 教育部長。



◎教育委員会教育部長(三浦信子君) 幼稚園と小学校の遊具の点検についてお答え申し上げます。

 教育委員会では、このほど全小学校33校の遊具の点検を終了いたしました。現在、報告が来ているところなのですけれども、今すぐ緊急に手を打たなければならないという報告は、今回はなかったということでございますが、教育委員会では、3年おきに定期点検を行おうという考えでおります。

 それで、合併後、今回が一斉点検を初めて行いました。ふだんは、国から示されました点検マニュアルを幼稚園、小学校に示しておりまして、それに基づいて毎月点検をすると、そして異常があったときにはすぐということで。ただし、幼稚園については使用頻度がすごくたくさんなものですから、定期点検だけではなくて、毎月見ていて、ちょっとでもおかしいときに相談があった都度、専門業者の点検を行うという形で行っておりますし、それから合併後ですが、各用務員に集まってもらいまして、どのように点検をするかという、その専門業者による講習会も実施しております。今後もそのような形で安全に努めてまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 都市整備所管の遊具の関係ですが、都市整備では、都市公園の遊具のほかに児童遊園、これは水沢区の57カ所、前沢区の21カ所の78カ所の児童遊園、ということは、ほかの区においてはそれぞれ福祉サイドの管轄ということになると思います。それから、農村公園につきましては水沢区、前沢区、胆沢区、衣川区の合計34カ所の農村公園の遊具、農村公園の管理をしております。江刺区につきましては農林課の管轄ということでございます。それから森林公園につきましては水沢区の1カ所、大師山森林公園ということで、これ全般的に遊具の点検をしているわけですが、6月の補正をいただきまして、現在は1年1回の保守点検ということで進めております。

 先ほどおっしゃられました、国土交通省からの遊具の安全確保に関する指針ということですが、これは、8月26日にそういうものが来たということで、我々もそれを手に入れました。今後においてはそれをもとに点検をしていきたいというように思っております。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 阿部加代子さん。



◆5番(阿部加代子君) 5番阿部加代子です。

 遊具について、もう一度お伺いをしたいと思います。遊具ということで、各部署にわたって管理をされているわけですけれども、しかし、国のほうでは、国土交通省のほうで、遊具ということでさまざまな指針を出しているわけですけれども、それは縦割り行政になっておりまして、なかなか、通知も各部署には来ているようですけれども、なかなかそのとおりに点検等がされていないというのが実情のようです。例えば今回来ましたのも、使用期間の標準表示の数値を定めるとか、点検整備の内容を履歴しておくとかというふうに、こういうふうにしてくださいということで、通知という形では来ているのですけれども、それが、例えば教育委員会、福祉サイド、都市整備部で管理をしている遊具とかということで、なかなか徹底をされていないところが実情だというふうに思いますので、やはり縦割りではなく、使う子供たちは、どこが所管しているとか、全然関係ありませんので、やはりそういうふうに通知が出ましたら、関係のあるところは連携を取り合って、ぜひ点検をしっかりとやっていただきたいと思いますけれども、もう一度その点、どこが担当なされるのかあれですけれども、お伺いをしたいと思います。例えば、教育委員会ですと、3年おきに業者に頼むということだとは思うのですけれども、その点、本当にそれで大丈夫なのかどうかということをお伺いをしたいと思います。以前、水沢市におきまして、遊具に関する事故が起こっておりますので、その点、今後、事故が起こらないような点検を、ぜひ実施していただきたいと思いますので、その点をもう一度お伺いをしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 三浦教育部長。



◎教育委員会教育部長(三浦信子君) 確かに、毎年やれれば一番よろしいのかと思いますけれども、財政的な面もありますし、幼稚園と小学校をこう、翌年には小学校、小学校の次は幼稚園という形で、3年に1度やるということで、そのかわり、現場の者には毎月マニュアルに沿った点検をきちっとやっていただくというふうな形で、事故等がないように努めてまいりたいというふうに考えております。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 都市公園における遊具の安全確保の指針の改定についてということで、こういう文書、これに限らずいろいろ都市公園に関する遊具の関係がまいりますので、今もやっておりますけれども、その都度、遊具関係の部署には通知したいというように思っております。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 午後1時まで休憩いたします。

               午後0時3分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後1時 再開



○議長(小沢昌記君) 再開いたします。

 午前に引き続き、議案第11号の質疑を続けますが、その前に、先ほど、17番今野裕文議員の質問に対し、都市整備部長の答弁の内容、要するに被災宅地復旧工事支援補助金の件で、答弁の内容を一部訂正したいという申し出がありましたので、その発言を許可します。また、あわせて関係部長等から補足があればその発言も許可いたします。

 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 先ほどの72ページ、被災宅地復旧工事支援補助金について、ちょっと私、間違って答弁いたしましたので訂正をお願いします。

 被災宅地の対象を6月14日の震災、7月24日の震災、7月28日の豪雨、すべて対象と申し上げましたけれども、この1,100万円につきましては、6月14日震災のみの対象となります。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 井上総務部長。



◎総務部長(井上馨君) 義援金の配分について補足いたします。

 現在、配分を決めて配分の作業に入っておりますのは、6月14日の岩手・宮城内陸地震の被災者の方々への配分のみとなっております。今回の補正予算につきましても、内陸地震対応分のみ、となっております。

 沿岸北部地震の対応につきましては、さきの7月30日時点の締めで、もう、県のほうで3,000万円を保留した状態でございます。この配分につきましては、まだ県から追加配分といいますか、保留分の配分については、連絡のない状況でございます。

 それから県のほうで、7月30日以降8月末までの締めとなっておりますが、この締め分についての義援金につきましても、配分という連絡は入っておりません。これらにつきまして、県から配分が来次第、市としての対応を検討してまいるところでございます。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 17番今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) 17番今野です。

 分かったようで分からないのですが、沿岸北部に関して言いますと、6月14日の分で被災が始まって、沿岸北部で被災が決定的になったと、江刺区の例の場合はそうだと思うのです。そういう状況だったと、私は現地を見て思ったのですけれども、そこら辺、どういうふうな判断をされているのでしょうか。

 総合支所でお話を伺ったときには、そういうことで対応できるのではないか、はっきり明言されたわけではないのですけれども、そういうふうに受け取って帰ってきたわけですが、江刺区の分として、該当箇所があるのかないのかと、それから、もしないとすれば、それらがどういうふうに検討されているのか、宅地についてだけになりますけれども、再度お尋ねをいたします。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 江刺区にも6月14日で、宅地危険度判定で危険になったものがございます。ですから、固有名詞を出してはあれですけれども、朝鮮人の方の場合は、当初から宅地危険度判定になっております。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 質疑を続けます。7番菅原明君。



◆7番(菅原明君) 7番菅原です。

 私は、2点についてお伺いいたします。

 1点目は、30ページの高等教育機関誘致等推進事業経費、100万6,000円が計上になってあるわけですけれども、この予算が、年度内にどのような形で事業を進められていくものなのかということで、例えば、いろいろ会議等を開催すると思うのですが、それらの内容についてお聞きしたいと思います。

 それから32ページでございますけれども、市民活動費の中の公開番組事業経費150万4,000円があるわけなんですけれども、この事業の内容と目的についてお伺いしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 及川総合政策部長。



◎総合政策部長(及川俊和君) 高等教育機関誘致等推進事業経費についてお答えをいたします。

 これにつきましては、大学誘致施策等に関連しての取り組みでございまして、その方面に明るい専門家の方々、あるいは経営の専門家、その他企業経営の関係者など、有識者によります懇談会を設置したいと、そういう考えでございまして、現在、8名ほど予定をしておるところでございまして、年度内に2回ほど、この懇談会を開催しまして、一定のご意見を賜りながら、この誘致等に向けての取り組みを進めてまいりたいという考えでございまして、それに伴う報奨費、あるいは旅費、食糧費等でございます。会場借り上げ費もございます。

 そういう形で取り組んでまいりたいという考えでございます。



○議長(小沢昌記君) 三浦教育部長。



◎教育委員会教育部長(三浦信子君) 公開番組事業経費ということでございますが、これにつきましてはNHKのほうから、歌番組「北国からのコンサート」という番組を、生放送で行われるもののようでございますが、奥州市と共催で開催したいというふうな要請があって、お受けしたものでございます。

 これについては、奥州市文化振興財団が、看板製作とか、それから駐車場の誘導とか、受付とか、そういうふうなものを文化振興財団に委託して行います。

 それから、この費用としましては、文化振興財団に14万3,000円ほど、そういう経費を委託いたしますし、それから施設等の使用料として、文化会館の、これはリハーサルも含めまして3日間、この施設を使うようでございますが、その使用料として136万1,000円、それぐらい、これは文化会館のほうにお支払いするというものでございます。

 放送は平成20年12月19日金曜日が生放送の予定だということになっております。

 以上、そのような事業内容でございます。



○議長(小沢昌記君) 7番菅原明君。



◆7番(菅原明君) 大学誘致のためのいろいろなお話し合い、検証するということのようでございますけれども、今後、有識者の方々だけではなく、例えば、市民の中からの関係とか、そういうふうにして、いろいろお話等も、そういう市民も入ってのお話等も考えておられるのかどうか。長い前の話のようですけれども、そういうふうにして、その辺はどのようにお考えなのかなということを、1点、お伺いしたいと思います。

 それから、その公開番組事業経費というのは、NHKからの依頼ということで予定しているのだというお話でございますけれども、ちょっと内容がお話を聞いてよく分からなかったのですが、子供たちがかかわり合うのか、それとも、いずれ、この奥州市として「北国からのコンサート」ということで市民がかかわっていくのか、その辺、ちょっと分からなかったのですが、その辺、内容がちょっと見えなかったのですが、どのようなものか、もう少し具体的に分かればお願いしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 及川総合政策部長。



◎総合政策部長(及川俊和君) お答えをいたします。

 お話にもございました、市民の皆さん方からのご意見をちょうだいする機会ということでございますが、今は、具体的には考えを持ってございませんが、まずは、この有識者懇談会を開催しまして、いろいろなご意見をちょうだいしながら、その中で、市民の皆さん方の声も十分に必要であるということも、あるいは指摘なされるかもしれませんし、また、このお話のとおり、長い取り組みにもなる可能性もございますので、その機会も、今後、担当部としましても、検討しながら取り組んでまいりたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 三浦教育部長。



◎教育委員会教育部長(三浦信子君) こちらで把握したのが7月末でございますが、その時点では、まだ、その出演者等のリストも未定だということだったものですから、どのようなプログラムになるのかは、申しわけございません、まだ承知しておりません。後ほどお答えさせていただきたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 33番安倍静夫君。



◆33番(安倍静夫君) 33番です。

 41ページの民生費のところで、保育所ということでお伺いしますけれども、ここのこの運営経費等にかかわることだと思いますけれども、この田原の保育所の工事中でありますけれども、業者の事故で、今、工事が中断されているということですが、そのことによって、これらの経費はどの程度の影響があるものか、それらをお伺いしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 井上総務部長。



◎総務部長(井上馨君) 田原保育所の工事の件につきましては、詳細を財政課長からご説明申し上げます。



○議長(小沢昌記君) 菊地財政課長。



◎財政課長(菊地隆一君) それでは、田原保育所の件についてお答えします。

 状態は、議員さんご存じのとおりなわけですけれども、今、私どもの作業としましては、現在の出来高を確認するという作業に、これから入るわけでございます。それで、予算的には、出来高を確認したあと、もう一度、設計を組み直して工事発注というスタイルになっていくと思いますけれども、基本的には、市としての支払い義務は、あくまでも出来高の範囲ということになりますので、大きく予算に穴があくというようなことはないものと思っております。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 安倍静夫君。



◆33番(安倍静夫君) そういうふうな課長の答弁のようにいっていただければ一番いいわけですけれども、当初は、指名競争で入札されたときは、3社で入札されているわけですよね。今度、課長が、今、言われましたとおり、出来高で精算をして、今後のことに対応するということになりますと、以前入札された3社のうちの2社のみの指名競争ということになるのか、どういう形になるのか、その辺を、まず第1点お伺いしますし、それから工期は12月の15日、そういう工期になっていると思いますが、今、もう既に、9月も半ばになろうかという時期になっております。この工期のとおり間に合うものかどうかね。私が思うには、もう工期もかなり迫ってきていますので、無理して、これから精算の作業とかなんか入るわけなのだが、無理してやって、市当局が求めているような、いい工事ができるものかとね。その辺、私は心配しております。その辺の見解もお伺いしたいと思いますし、それからもう一つは、以前、私どものこの議員の中で、いろいろ話が出ておりますけれども、果たしてやはり、この区に限った、5つの区に限った中での指名というものは、本当にこれでいいのかどうか、地震災害の復旧工事等のことにも関連しますけれどもね、それらこれら、やはり考える時期ではないかなというふうに思います。

 それらの見解もお伺いしたいと、そのように思います。



○議長(小沢昌記君) 井上総務部長。



◎総務部長(井上馨君) まず、区ごとの発注という点についてでございますが、合併の話し合いの中で、建設業界等の要望も踏まえまして、今年度までの経過措置として、区ごとの入札ということをやっているわけでございまして、来年度、21年度には統一の方向で検討しているところでございます。

 それから田原保育所の入札の関係、工期につきましては財政課長からお答え申し上げます。



○議長(小沢昌記君) 菊地財政課長。



◎財政課長(菊地隆一君) まず、今回出来高で精算した後の工事発注についてでありますけれども、江刺区におきましては、建築のA級業者というのは今回の業者を除きますと2社しかないわけです。それで、現実的には設計ができ上がった段階で、形は指名競争入札ということになると思いますので、指名業者の選定委員会といいますか、その委員会の中でどういう形にするかを決めていくことになろうかと思います。2社での指名競争入札というのは原則的にありませんので、その辺のところはこれから委員会の中で決定していくということになろうかと思います。

 それから、あと工期のことでございますが、まず年度内完成で4月からその施設を利用するということで予定していたものがこういったような形になったわけですけれども、出来高の精算までの時間がどの程度かかるかというのがまだ今のところはっきりしておりません。けれども、できる限り早目にその精算の手続、精算といいますか、出来高の部分の精算ですけれども、それを確定させて、いずれ年度内には少なくともその施設を完成できるような形で進めたいというふうには考えております。

 これから冬期に向かうわけですけれども、そのコンクリート工事等についてはできるだけ早く終わらせたいという気持ちではおります。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 安倍静夫君。



◆33番(安倍静夫君) それでは、もう一度お伺いします。

 その工期についてですけれども、課長、無理してね、私は急ぐ必要はないと。私は、今聞いてもそう思うんですけれども。新年度から使いたいということなんでしょう。だとすれば、私は何も12月の押し迫ったあれにぎりぎり合わせなくてもいいと思うんですよ。というのは、これ6月に発注しているわけですよね。6月に発注して、もう既に、今まで工期のおよそ半分使っているでしょう。まあ半分とはならないかもしれませんけれどもね。今、この工事の状況を見ますと、本当にもう、始まったぐらいの状況なんですよ。基礎も終わっていないというような状況で。これから精算しようが何しようが、到底12月には、私はそんなに無理した仕事はしないほうがいいと思うんですよ。本当は、私は当局にむしろ肩を持って言っている話ですからね。本当なんですよ。無理してやってもろくな仕事できないんですよ。だから工期のことを、もう一回しっかり見直してもらいたいということをまず第1点。

 それから、もう一つは大事なこと。これは、今、前の業者が基礎の工事を途中までやっているわけですよ。そうすると、今度は精算した段階で瑕疵の分ね、瑕疵というのは、そのできた部分の保証の分ですよ。これにもし、この間のような地震があったり、何かしたときにどこに原因があるかと、あるいは前の業者がやったものの部分が原因だったとか、その分だとかというようなときのそれらの見分け方といいますか、だれが責任を持つか、そういうこともあるんですよ。それらも精算するときによく見きわめて判断してもらわないと、後で、この2社で入札するのか、何社で入札するのかわかりませんけれども、後の業者に負担をかけるということになるんです。それらこれらをどのように判断するか、それをお伺いしたいと思います。

 余り言うとあれですから、これでやめますけれども、それらをご答弁いただきたい。



○議長(小沢昌記君) 菊地財政課長。



◎財政課長(菊地隆一君) まず、工期の関係でございますが、いずれ工事の状況としましては最初に敷地造成のほうを発注していたものですから、そちらのほうについてはまず終わったと。それから、あと建築工事の中で外構工事の部分で手がついている部分があるということです。それから、議員さんがおっしゃるように基礎工事については鉄筋の組み立てが始まった状態だったかと思いますけれども、最終的にはそれらを踏まえて先ほど申し上げたように出来高の確認がいつの時点でできるか、そういったようなもので今後の工事の進め方が多少変わってくる部分も出てくると思います。ただ、今の目標としましてはいずれ年度内完成を目指しているものですから、それが出来高の確認が早い時期に終われば、少なくとも基礎工事については年内には可能かという部分があるということです。ただ、先ほど申し上げましたように、一連の事務処理といいますか、確認作業等がいつ終わるかで多少工期については変わる可能性はあるという内容です。

 それから、工事瑕疵の問題でありますが、これは出来高を確認した段階でもう一度設計を組み直すわけですけれども、そのときに現在のできているものに、要は継ぎ足しの工事でやると確かに、瑕疵、どちらに瑕疵があるのかということで後で問題になるのかなということは、そのとおりでございます。それらを踏まえて、その設計の段階で明らかに完結させていいものと、それから若干手戻りにはなるわけですけれども、そういった形で工事発注しなければならないものと出てくると思いますので、それは設計の段階で確認しながら進めていきたいというふうに考えております。

 以上です。

          〔「関連」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 41番渡辺忠君。



◆41番(渡辺忠君) 今のお話を伺ってちょっと確認しておきたい事項があるんですが、今回のこの保育所の工事の件で、前払い金としてどの程度をその業者のほうに支払われておったのか、その費用を確認しておきたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 菊地財政課長。



◎財政課長(菊地隆一君) 前払い金の正確な金額は、今手元に資料がございませんのであれですが、およそ3,200万円だったかと思います。



○議長(小沢昌記君) 41番渡辺忠君。



◆41番(渡辺忠君) そうしますと、今お話伺っておりますとその出来高の精算を、今これからまとめるということですが、その前払い金以上になるのか、以下になるのか、ちょっとこれからの判断、出来高のまとめの結果でしょうが、万が一その前払い金より工事の出来高が少なかった場合の対処はどのように考えられるのか、お聞かせいただきたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 菊地財政課長。



◎財政課長(菊地隆一君) 今現在、予想されますのは前払い金の金額には工事の出来高は至らないという状況かと思います。それで、支払った前払い金についてどうなるかということでありますが、これは基本的には請け負った業者さんに返していただくということになるわけですけれども、現実的には保証契約になっておりますので、出来高部分の支払いを済ませた後、その残金については保証、保険金と言ったらいいんですか、そちらのほうから補てんになるというふうに考えております。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) では、次、27番遠藤敏君。



◆27番(遠藤敏君) 1件だけお伺いします。

 56ページの畜産振興事業経費の関連です。

 今回の定例会においても、一般質問で燃料高騰、あるいは飼料の高騰で農業が非常に厳しい状況になっている。特に畜産についても、本当に厳しいんだという話が何人かの議員さんから出ております。それで、実は3月議会で私が一般質問したことなんですけれども、今、この地域、米と肩を並べて畜産、牛の肥育の収入が非常に大きな支えになっていると思うんですけれども、それが質が落ちてきていると。その原因は、買参人のほうから「肥育期間が短くなってきているからだ」という話が農協のほうに来ているようなんですけれども。それで、預託金利の支援、例えば2カ月ぐらい管理してもらえるような、管理を延ばしてもらえるような形をしてもらえば、買参人のほうからは上物率はもっと上がるぞというふうな話が出ているんです。それで、そういった施策をどうかという話をしたところ、当局から検討させていただきたいという声は、やらないんだよという話がありますけれども、私には、十分に議論をしながら検討をさせていただきたいというご答弁でしたので、検討してくれたんだろうと思っておりました。どのようになっているか、お伺いしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 柏山農林部長。



◎農林部長(柏山徹郎君) お答えをいたします。

 検討をさせていただきますというお答えがどうなのかあれですけれども、いずれご質問の趣旨はわかりましたので、早急に検討させていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 27番遠藤敏君。



◆27番(遠藤敏君) これは本当に検討しますと、本当をつけてほしいんですけれども、畜産の場合ですね、金額がすごく大きいんですよ。もうかるのは早いんだけれども、ひっくり返るのも早いんですよ。それで、どこもそうなんですけれども、みんな真剣なんですね。やっぱりそのときにもうからない部分を支援してやる方法もあるかもしれないけれども、そうではなくて、いかにしてやる気を支えてやれるかということが、非常に大きな政策だと思うんです。今回の質問で16番藤田さんが若い40代の地元の胆沢町の肥育農家に行ったならば、えさは落とさないよと、質を落とさないよと、牛も質を落とさないよと、そして上物率を上げて、おれは経営を支えていくんだっていう熱い思いを聞いてきているという話があったんですよ。彼は頭数を少し減らすけれども、管理をよくしていきたいと。現実問題、今肥育農家はどんどん肥育期間を短くしてきているんですよ、現場に行ってみればわかりますけれども。これでは、私は、この産地はつぶれてしまうと思うんですよ、この段階で。だから、何とか早目に手を打たなければならないと思うんです。だから、検討しますじゃなくて絶対やりますというんなら一番いいんですけれども、いずれこれは専門の農協とか、そういうふうなことを実際に担ってる部分でよく論議をして、今何をしなければならないのかをここだけで考えないで現場に行って一緒に考えてほしいと思います。例えばつめ切りの話も出ましたけれども、牛にとっては高げたをはいて生きているか、さわやかなズックをはいて生きているかで肥育効率とかストレスが全然違うんですけれども、そうした大した金額ではないんですけれども、そういったものに対する支援なんかもあれば、かなりこの地域の上物率のレベルが上がってくる、産地を守ることに金額よりも非常に大きな効果があると思うんですよ。その辺も含めて、現場とよく話をしていただきたいなと、その決意を伺いたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 柏山農林部長。



◎農林部長(柏山徹郎君) 趣旨は十分承知をいたしましたので、そのようにいたしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 26番千田美津子さん。



◆26番(千田美津子君) 数点お伺いいたします。

 歳入、22ページ、市債の部分で消防施設整備事業債1,500万円の減になっていますが、この内容についてお知らせいただきたいと思います。

 それから、歳出で38ページ、障がい者福祉費の中で重度心身障がい者医療費700万円の減になっております。これは、後期高齢者医療との関係かとは思いますが、これについてお伺いをいたします。

 それから、40ページには、後期高齢者医療事業経費の中で療養給付費負担金7,400万円の増になっておりますが、給付費ですからそれだけの伸びがあったということだとは思いますが、この事業の状況についてお知らせをいただきたいと思います。あわせてその下の広域連合負担金が1,000万円減額になっておりますので、これについてもお伺いをいたします。

 それから、42ページ、保育所運営経費なんですが賃金の部分で臨時職員、それから日々雇用の賃金が2,000万円ほど計上になっております。現実、職員よりもこういう方々が非常に多くなっている実態があるというふうにはわかるんですが、どういう状況でこういうふうに計上されているのか、途中入所の子供たちが予定より多いということなのかどうか、その実態についてお伺いをいたします。

 それから、62ページ、工業振興費の中で企業立地奨励工業用水補給金2,100万円の計上があります。これは、6月の条例制定に伴う部分の補給金だと思いますが、企業からの申請の状況等、現状についてお伺いをいたします。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 菅原市民環境部長。



◎市民環境部長(菅原英記君) それでは、お答えをいたします。

 21ページの消防施設整備事業債の関係でございます。

 三角、1,520万円の理由でございます。これは、胆沢の消防ポンプ積載車の購入を予定してございましたが、当初合併特例債を充てる予定で組んでございましたが、その後、電源立地地域対策交付金の充当のめどがついたということで、充当財源の変更ということでございます。

 関連をしてご説明申し上げますと、ちょっと1ページ手前の20ページ、ここの上のほうに繰入金の関係で、電源立地地域対策基金繰り入れというのがございます。729万9,000円と。これらと交付金を合わせてやる当初の1,520万円の部分に充当しているということで、財源の変更でございます。



○議長(小沢昌記君) 井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) それでは、重度心身障がい者医療費支給経費のところでまずお答えさせていただきますと、これに関しましては具体的に制度がどう変わったからというのではなくて、4月からの運用実績を考慮して、必要に合わせて調整したという結果が700万の減ということになっております。

 さらに、今度は40ページの後期高齢者医療事業経費のところでございます。

 この負担金の後期高齢者医療療養給付費負担金の7,449万8,000円ですが、これにつきましては、後期高齢者医療給付費に対する公費負担、市町村の分は12分の1ということが決まっておりますので、それに合わせて、これも調整を行ったものでございます。岩手県後期高齢者医療広域連合負担金のほうにつきましては、まさにこの広域連合のほうで決めていただいた当初予算からこの額が減額になったということで減額にしているものでございます。

 42ページの保育所運営経費の賃金のところでございますが、これにつきましては、途中でふえたというのももちろんあるんですけれども、必要な経費を補正予算でつけて計上しているということで、臨時職員分、日々雇用職員賃金という形で計上されているものでございます。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) 企業立地奨励工業用水補給金の申請状況についてお答えをいたします。

 この制度が全区の企業、工業団地に限るわけですが、適用になったということで水沢区の企業さんから申請があって適用審査内容を審査した結果、適用されるという決定を出しております。それから、前沢区のほうにある企業さんのほうにも今回の制度の説明をして指導したわけですが、日量100立米という基準について、現状では達しておらない状況でございますので、まだ申請は、現時点では出ておらないという状況でございます。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 26番千田美津子さん。



◆26番(千田美津子君) 後段の部分からいきたいと思いますが。

 企業立地については、水沢区の部分からの申請だということはわかりました。6月の際に6,400万円の補正をされているんですが、そうしますと江刺区については見込んだとおりの申請状況にそのままになっているということなのか、そこをもう一度確認をしたいと思います。

 それから、保育所の部分なんですが、こういう補正の出し方ですと当初から見込まれた部分を計上したということになりますと本来の意味の補正にもなりませんし、それから日々雇用、現状がこういうふうに子供たちの数の増減に伴ってそういう体制が非常に多くなっているのはそのとおりだと思うんですが、やはり当初の部分である程度見込み、そして年度途中あるいは月途中の入所に対応するというのであればある程度理解ができるんですが、その辺もう一度ご答弁いただきたいと思いますし、あわせて、入所の現状を、当初に見込んでいたような状況になっているかどうか、おわかりであれば答弁をいただきたいと思います。

 後期高齢者医療給付費負担金については、ある程度わかるんですが、12分の1の負担という部分の額からだということなんですが、全体的な事業内容とすればどんな状況にあるかというのはつかんでおられますでしょうか。その点おわかりであれば、お伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) お答えをいたします。

 江刺の企業につきましては、従前から、工業用水の制度を適用されていたわけですが、改めて今回の6月からの新制度についてご説明をして、既存の13社すべて今回の制度の適用を受けるということになっております。



○議長(小沢昌記君) 井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) それではまず、保育所の臨時職員、日々雇用職員についてのところでございます。

 ご指摘ありましたように、いわゆる変動だけではなくて、変動の部分と合わせたこういった補正になっているということは、今後きちんとさせていただきたいというふうに思っております。

 入所の現状でございますが、今手持ち、明確なデータは持ち合わせていないんですが、基本的にはほぼ当初どおり地域によってはやや多めに入所が行われているというふうに、奥州市全体としてそういう傾向があるというふうに考えております。

 さらに、40ページのほうの後期高齢者のほうでございますが、すいません、ちょっと全体的な実態についてのデータ、今手持ちでございません。



○議長(小沢昌記君) 26番千田美津子さん。



◆26番(千田美津子君) 企業立地の工業用水の補給金についてです。

 江刺区は、これまでの13社すべてが適用を受けるという答弁でありました。それはそれでわかりますし、追加の部分では水沢区から申請されたと。条例が通りましたのでこういうことになるのかもしれませんが、やはり私はその13社に説明される際もこの間の経緯、それから上限も期限もないということでは、私はやはり6月でもお話ししたとおり、今回はとりわけ地震災害への対応等もあったわけですから何らかの説明なり、協力をもらうなり、そういうことが私はやられるべきではなかったかと思うんですが、そういうことについては何かお話はされたのでしょうか。ただ、こういうふうに決まったということの説明だけを13社に対してもなされたということなのでしょうか。その点、もう一度お伺いいたします。



○議長(小沢昌記君) 齊藤商工観光部長。



◎商工観光部長(齊藤隆治君) その制度の説明につきましては、各社訪問してご説明をいたしております。今、条例可決前の状況もですが、各企業さんはやはりアンテナを結構高くしておりまして、今の市の財政状況なり水道料金本体の値上げということもやはり承知をしておりまして、そういうお話もありましたし、医療還付のときの答弁でも申し上げておりましたが、今後財政負担とかですね、今後の状況を見きわめて、また検討することもありますので、江刺区の企業さんについてもそういう状況は承知をしておると。ただ、その水道料金の制度があるということで立地をしたという大きな流れもございますのでそれも尊重しなければなりませんし、今後の財政負担ということも、それは今後の検討ということにもなるものだと思っております。



○議長(小沢昌記君) 次、いいですか。38番高橋瑞男君。



◆38番(高橋瑞男君) 38番高橋です。

 73ページの消防費の中での被災者の住宅の支援金補助というのがございます。

 頑張ってやっているんだなというふうに思いますが、まず補助金候補者対象というのは何名ぐらいで。それから、一律なのかその辺もひとつお願いしたいなというふうに思いますし、また、今予算補正でございますが、この義援金、もう配分を何かしたとかしないとか、いろいろそんなその単独の分で話がございますが、それら等は既に支払いをされたのか、まだやっていないのか。今後はもし、あれでしたら、いつごろのその返事をするのか、それら等も含めて一つお願いしたいということで。

 それから、82ページでございます。

 10款でございますが、幼稚園関係、社会教育関係がございます。

 一般職の給与の減額がございます。幼稚園の関係の900万円相当。あとは一般職の社会教育関係1,300万円、これら等の、なぜ三角なのかその辺を一つ、ご指導をお願いしたい。

 次には、88ページです。

 これは図書館費なんですが、やはりこの一般給与の出てきております2,000万円、若干でございますが、これらは何名分の給与に相当するのか、お教えいただきたいということです。

 それから、92ページでございます。

 92ページの中に、これは11款の関係ですが、災害復旧の関係でございます。

 農地災害関係の単独補助いろいろ、?、?、これら等の場所とそれら等をお示しをいただきたいということです。

 それからなんですが、この農用地の施設ですか、施設災害の復旧工事費だよと。関係の予算でございますが、みんな農地の施設というふうになっております。じゃ農地関係の災害の復旧の、農地そのものの、これら等の、私はまだ見つけていないんですが、それら等の予算、あるいは行政のほうであえてまだ調べていないのかどうかわかりませんが、それから該当しないというものなのか、農地そのものの災害の復旧予算が見られないが、それはどうなっているんですかということで質問いたします。

 それから、96ページでございます。

 これは、当然ながら住宅施設というふうなことでございます。200万円ちょっとでございますが、これら等の内容、件数含めて、これら等を質問いたしますので、お教えいただきたいということです。



○議長(小沢昌記君) 井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) それでは義援金の配分のスケジュールのほうをご説明させていただきますと、先週までに奥州市のほうで、義援金の対象者と思われる方は個別に通知をいたしまして先週受け付けを、申請のほうをしていただきました。一たん締め切っておりまして、ここの締め切った部分に関しましては18日を目途に義援金のほうを振り込むという形で考えております。もちろん、先週間に合わなかった分に関しましてはこの18日は無理かもしれませんが、後日またしかるべき時期に申請をしていただいて配分するということを考えております。対象者のほうですが、申しわけありません、ちょっと今手元に数字がございません。申しわけありません。



○議長(小沢昌記君) 柏山農林部長。



◎農林部長(柏山徹郎君) それでは、92ページの農地農業用施設災害復旧事業経費の概要についてご説明をいたします。

 先ほどもご説明申し上げましたが、これは7月28日の江刺区の豪雨の関係の復旧事業経費でございます。単独分につきましては、事業費が13万円以上40万円未満の被災事業に該当する部分でございまして、施設等25件を見込んでございます。それから、農地農業用施設災害復旧事業経費の補助分でございますが、これは40万円以上の事業費に該当する部分ですが、これについては施設11件、それから農地5件を見込んでございます。

 それから、93、94ページ、林業施設の災害復旧事業経費がありますが、これも起債事業の450万円、あとは単独分で施設分を見込んでいるということでございます。

 これらの災害査定につきましては、まだ現地等を見ている状況で6月14日の災害の部分もございますので、10月以降に査定を受けるというような段取りになってございます。それによって、一般のほうに落ちる分もあるでしょうし、小災害のほうに回る部分も若干出てくるのかというふうに思ってございます。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 総務課長。



◎総務課長兼行財政改革推進室長(菊池賢一君) 教育委員会の人件費、一般職の給与費の関係でご答弁を申し上げたいというふうに思います。

 午前中の17番今野裕文議員さんに、総務部長のほうから答弁申し上げましたように、当初予算とそれから4月1日以降の職員の人事等の関係の調整の結果、このような補正が生じたということでございます。

 なお、88ページの図書館の給与費について何人かというお尋ねでございますけれども、当初8人で計上しておりましたけれども、実態としては10人分の職員の給与費が必要になるために2名分の補正をさせていただいたということでございます。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 96ページの住宅施設地震災害復旧事業経費についてお答えいたします。

 これは、具体的には江刺区の下苗代沢住宅、それから前沢区の平住宅、鵜ノ木住宅、それから衣川区の白山堂住宅等で、内訳はいろいろございます。壁の修理、トイレのサッシとか、ふろタイルとかいろいろございます。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 高橋瑞男君。



◆38番(高橋瑞男君) 先ほど部長から、るる説明がございました。農林関係の内容なんです。先ほど江刺区の、これは豪雨による災害内容だというふうに思われますが、地震に対する農地関係のその予算、それら等についてはどのように検討をされているのか、その辺を一つ、具体的に。25件というのは7月28日ですか、そういう今お話がございましたが、地震に対する農地の関係の分はどのように検討をされているのか、お示しを願います。



○議長(小沢昌記君) 柏山農林部長。



◎農林部長(柏山徹郎君) 14日の震災対応の部分でございましょうか。それについては、過日の補正予算等でお願いをしておりまして、今いずれ、市の単独債について9月1日から補助にのらない部分の災害の申請を、衣川区、胆沢区を中心に受け付けております。予算関係については、前回の議会までに上程できる分までは上程済みでございます。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) 高橋瑞男君。



◆38番(高橋瑞男君) つまり、田んぼの稲刈りとか、なかなかそういうのが済まないと個人であれ、団体であれ、中山間であれ、なかなかその申請、あるいは見えない部分もあるというのが被災地の皆さんが言っている話なんです。

 そこでなんですが、当然ながら、今補正予算であるのだからちょっと話をずらすのは、議長のほうから非常に心外だというふうに言われるかもしれませんが、いずれにしろその農家の方々は、田んぼを全部刈ってみて、そして来年の田植えですか、田ぶちしたり、田植え、水を入れてみないと若干わからない部分も出てくるというようなお話もございます。そこでなんですが、その災害特別復興予算みたいなものの中で、災害は当然、今平成20年度の予算の中で処理すべきというふうに当局でも思っているし、自分自身もそのように思うわけなんですが、要するに特別事業内容の関係で田んぼ終わった後でも、田かきぐらい終わった後でも、ぜひ予算をつけてくれないかとか、そういう認め方はできないのかと。当然ながら、一般会計予算ではできないのは私も承知でございます。そういうような別枠の中で、そういうことはできませんかというような話も伺っているところなんですが、あえてそのまま、ここでそのことをお話ししましたが、当局ではそういうことはもうできないのかということなのか、いや、災害についてはそういうふうな形で、今後も多少なりとも調査の結果を認めていくというような考えがあるのか、その辺をひとつお願いしたいというふうに思います。



○議長(小沢昌記君) 柏山農林部長。



◎農林部長(柏山徹郎君) お答えをいたします。

 国の補助にのる部分につきましては、震災が発生後2カ月以内に申請をしてくださいということがございますので、その分については出来秋後の、災害の物が発見されたとしても無理だと思います。ただ、再三ご説明申し上げておりますが、「立ち上がれ、奥州」ということで、1,665万円ほどの市独自の補助事業を創設をいたしておりますから、そこの分についてご利用をいただければというふうに思いますし、そういう分については今の時点においても申請をお願いをしたいし、それは厳密に何月までということで決めておりませんので、そういう部分で対応したいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(小沢昌記君) ほかに、40番及川善男君。



◆40番(及川善男君) 何点かをお伺いをいたします。

 まず最初に、市長にお伺いをいたしますが、前に何人かの議員が質問された件と関連します。いわゆる田原保育所の請負業者が、今回事故を起こしたということで大変苦慮されていることはわかります。それでこの件については、私は再三、区ごとの発注のあり方を改めるべきだという主張をしてまいりました。とりわけA級については早急に改善すべきではないかと主張してまいりましたが、市長はこれをかたくなに拒んで来られました。私は、今回の事故はそういう点での問題があったのではないかというふうに思っております。それで、今回の事故の原因について市長はまずどのようにお考えになっているか、お伺いをします。

 それからもう一点、格付についてなんですが、県の格付に準じているのは水沢区だけであって、その他のところは県の格付に準じない格付をされているのではないかと私は認識しておりますが、実態はどうなのか、お伺いをいたします。いわゆる能力の問題、施工能力、あるいは体力の問題で、問題がなかったのかどうか。この点、きちっと分析をした上で、今回の問題を考えるべきではないかというふうに思います。

 3つ目は、今後、A級クラスに発注する工事がどれだけあるのか、お伺いをします。私は、市長は来年度からという話なんですが、今年度A級事業として発注するものがあるとすれば少なくともこのA級については各区の枠を外した発注をすべきではないかと考えますが、その点お伺いをいたします。

 それから2点目、市長にお伺いをいたします。

 先ほど、26番議員が企業に対する水道料金の問題についてお伺いをいたしました。齊藤部長のご答弁はもっともだというふうに思いました。企業の方々も市の財政や今回の震災について大変心配をなさっているということであります。私はこういう時期にこそ、市として、市長として業者の皆さんに協力を求めると、いわゆる条例上の問題もありますが、市長も、限度額の問題とか期限の問題とか、今後検討するということのわけですから、私は、こういう機会に企業に対して協力を求めて、半分にしてほしいとか、3分の1にしてほしいとか、そういう要請をすべきではないかと考えますが、市長にはそういう考えがあるのかどうか、お伺いをいたします。

 72ページだと思いますが、いわゆる藤原の郷のメイキングビデオ、ロケパネル製作業務委託料500万が計上されてありますが、これはなぜ今の時期に出てきたのかという問題をお聞きしたいと思います。これは指定管理されている施設ですから、指定管理料の中に含まれないのかどうかですね。本来であれば、当然指定管理料の中に含むべきではないかと。新たな事業として追加されてきたために出てきたものなのかどうか、お伺いをいたします。

 次に、高等教育機関誘致事業についてお伺いをいたします。

 この事業は、総合計画にのっている事業なのか、市長のマニフェストの事業なのか、お伺いをいたします。

 次に、40ページにケアホーム重度障がい者支援体制強化事業費が計上されていますが、この内容についてお伺いをいたします。



○議長(小沢昌記君) 相原市長。



◎市長(相原正明君) 私のほうからは、保育所の関係と企業協力金、以下の点は部長からお答えをいたします。

 どういう経緯かということですけれども、やはり近年のこの景気の影響を支えきれなかったものと思います。企業さんですからそれなりの借金をしながら事業目標を立ててやっているわけでありまして、今回の企業は、旧江刺市時代から市の公共事業を適切にやっていただいていた企業さんだと思いますので、大変残念な結果でございますけれども、こういう景気不景気の意味の、その不景気の波を越えられなかったということだと思います。

 それから、格付の実態も担当部長のほうから。

 それから、今後のA級の発注ということですが、これは前に申し上げましたように合併前に5人の首長に対して、当分の間、区ごと発注をしてほしいという要請があって、合併後に私はそれを答申をしていると。ただ、当分の間の意味合いについて3年間とするということで、それぞれの建設業協会にお話をした経緯がございますので、もうあと半年ぐらいになりましたけれども、そこに向かって諸準備方、お願いしたいと思っております。したがって今年度は区ごと発注というふうに考えております。

 それから、水道料金の企業優遇措置の部分で、先般各区ごとの不均衡解消をするという条例案が成立がしたわけでございますけれども、元々なぜこういうことが必要なのかということは、将来を含めた企業誘致の競争力を確保するということにあったわけで、その点を説明を申し上げてきたわけであります。そのことが揺らぐようでは、これは基本的にその措置自体が怪しくなると、競争力を保てないというふうに思っておりますので、個別にお願いをするという話ではないのではないかというふうに私は思います。いろいろご意見は、それはあると思いますけれども、そんなふうに考えております。



○議長(小沢昌記君) 井上総務部長。



◎総務部長(井上馨君) 発注の関係でございますが、Aクラス、今年度の発注予定については数字的なものの統計はとってございません。まだ、とってございません。

 それから、区ごと発注の格付につきましては、詳細、財政課長からお答え申し上げます。



○議長(小沢昌記君) 菊地財政課長。



◎財政課長(菊地隆一君) 業者格付のことでございますが、現在の奥州市の、言ってみれば格付名簿ですけれども、これは平成19年度に奥州市として新たにつくったものでございます。考え方としましては議員さんがおっしゃられたとおり、県の格付をベースにしております。ただ、全く県と同じ取り扱いということではなくて、若干県の格付に対して市独自で多少B級、県で言うB級からA級に上げて登録しているというようなことで全体の調整を行っております。

 あと、従前県格付に準じていたのは水沢区のみではなかったかということですが、これについては大筋では水沢区はまずほぼ県の格付でしたし、それから江刺区につきましては県の格付クラス、多少、言ってみれば小さいほうの業者さんをどう拾うかということで、枠を広げて格付をしてきております。今回の奥州市としては、格付名簿を一本にしたわけですが、その段階ではどちらかというとベースは県の格付なんですけれども、旧江刺市的な考え方で多少、各クラスとも枠を広げて格付をしてあるということです。一番の特徴は、県格付のない業者さんについても市としては、D級ということで、1本で格付しているという実態でございます。

 あと、区ごとの取り扱いでございますが、これは先ほど市長が申し上げましたとおり、合併の際に、当分の間、区ごとに従前の方式で業者を指名するということがありますので、名簿としては一本化されたものですけれども、区ごとにその業者の選定基準、あるいは発注標準額を書いて運用しているという状況です。ですから今現在は、格付としてはあくまでも1本、それでその業者選定の際に運用を変えて、区ごとの運用に変えているという状況でございます。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) 40ページのケアホーム重度障がい者支援対策強化事業費でございますが、これにつきましては障がい者自立支援法の円滑実施のためということで、臨時特例交付金特別対策事業ということで、県のほうからの補助対象になっておるものでございます。10月以降の障がい程度区分4以上の者に対しまして補助費が出るということでございます。



○議長(小沢昌記君) 高橋都市整備部長。



◎都市整備部長(高橋秀之君) 72ページの江刺藤原の郷の関係でございますが、これは平成21年の放送予定のNHK大河ドラマ「天地人」のロケが9月に江刺藤原の郷を中心に行われることから、この藤原の郷を全面に出しながらのPR活動を展開するというものでございます。

 それから、ロケ資料館が平成18年にオープンしておりますから、ロケ資料館へメイキングビデオ、パネルの常設展示をしまして観光客に提供するというものでございまして、指定管理料の中にはこの部分は入っておりません。

 以上です。



○議長(小沢昌記君) 及川総合政策部長。



◎総合政策部長(及川俊和君) 30ページの高等教育機関誘致等推進事業の関係でございますが、これにつきましては総合計画の知識集積型都市の推進という形で、その中で包括的に位置づけているというものでございます。



○議長(小沢昌記君) 及川善男君。



◆40番(及川善男君) ちょっと1点落としましたので、もう一点追加してお願いしたいのですが、教育委員長にお伺いをしたいと思います。

 ちょっと期日の問題があるので今日聞いておかなければならないと思いますので、お伺いをします。

 小学校費との関連でお伺いしますが、県の教育委員会が、いわゆる少人数学級に関するアンケートについて、今月のたしか19日までに回答せよということで、アンケートの調査が来ているというふうに思います。これは、奥州市の教育委員会、あるいは学校長それぞれに対してアンケートが来ているようですけれども、その内容を見ますと、いわゆる昨年度、少人数学級がいいのか、あるいは少人数指導がいいのかというような3つの選択肢について今年度いろいろ検討したようで、県の教育委員会は結論を出すということのわけですが、ただこのアンケートは非常に問題がありまして、県の財政支出をふやさない範囲で答えてくれということになると、アンケート結果を誘導しているような内容に思うんですが、私はそれにこだわらず、本当に奥州市の教育環境としてどういう条件がいいのかということで回答すべきだというふうに思いますが、奥州市の教育委員会としてこのアンケートに対する回答はまとまったのかどうか、どういう回答をなさるおつもりなのか、せっかくおいでですから、教育委員会の長の見解をお伺いします。

 市長に再度お伺いをいたします。

 1つは格付との問題なんですが、私は先ほど財政課長からご答弁あったように、A級等については業者さんが少ないということで、本来県の格付ではB級になるところも含めて、一定数を各区ごとに発注するがゆえにそういう格付をしているというふうに私は見ます。課長が言うように下のほうを広げていくという、これ自体はいいことです。ただ、そういうことが特に私はA級クラスの事業になると、厳格にしていかないと能力なり、体力の問題で、今回のような問題が出てくるという懸念もあるというふうに思うわけです。先ほどの総務部長のご答弁では、これからA級クラスの発注がされるかどうかわからないというようなご答弁だったように思うんですが、今後発注する場合、やっぱりこの辺のところは厳格にしていかないと、また同じようなことが起きてはならないというふうに考えるんですが、あと半年だからということなんですけれども、年度内のA級クラスの事業の発注については、この辺のところは念頭に置いて厳格にやるべきではないかというふうに考えますが、再度お伺いをいたします。

 水道料金の問題については、市長は要請すべきではないというふうな考えのようなんですが、私はやめろと言っているわけではなくて、いわゆる当初考えた予算の3倍にもなっているわけです。水道料金が値上がりしたことの差、それから業者数がふえたことの差。奥州市内すべての対象企業に均等に、平等に扱うべきだということはそのとおりなんですが、私は総体の負担を抑えるということも必要ではないかという、たびたび指摘をしてまいりました。市長は、せっかく企業のほうでは市の財政、あるいは震災の状況を心配なさっているようですが、減額について要請をするという考えは一切ないというふうにお考えなのでしょうか、再度、くどいようですがお伺いします。

 ちょっと順序行ったり来たりしますが、藤原の郷の内容はわかりました。私が聞いているのは、これがなぜ指定管理料に含まれなかったのかと、見込まれなかったのかという問題です。本来、指定管理料に含まれるべきではないかということ。これはなぜ言うのかといいますと、先日臨時議会だったか何かで指摘しましたように、いわゆる第三セクター等において指定管理料、委託料を払っていながら実質的には赤字なのにもかかわらず、配当や役員賞与まで出しているというような実態があったんです。そういう点からいうと、私は、やはりこういうものについてはきちっと見込んで、指定管理料というは出されるべきものではないかというふうに思います。決算もありますから、後できょうの質問はこの程度でこの件についてはとどめますが、その辺のこの指定管理料との関連についてどのように検討されたのか、お伺いをしたいというふうに思います。

 大学誘致については、総合計画の中に含まれているという話なんですが、ちょっと私の認識とは違います。それでですね、なぜこれを聞いたかといいますと、先ほどご質問をいたしましたケアホームの関係で、35番議員が一般質問で姉体にあるひまわり園のケアホーム建設に対する補助のあり方についてお伺いをいたしました。その際、総合計画にのっていないものについては、後から出てきたものについては別のルールを定めて、それで支援をするのだというご答弁がありました。私は違うのではないかというように思っているんですが、その点。もう総合計画にない事業についてはすべてそういう形で進められるのかどうか、その点確認をしたいというふうに思います。その点をお願いをいたします。



○議長(小沢昌記君) 相原市長。



◎市長(相原正明君) 私は前段の2点ですね。

 A級格付のことですが、この3年間の暫定措置というのは、要するに合併前と同じやり方をしますよと言っていることですので、格付のあり方自体がお話のように違っていると思います。しかしそれは、いわゆるリレーゾーンというか、ソフトランディングと申しますか、そういうことで要望を受けての措置ですのでご理解をいただきたいと思います。

 それから、水道料金云々の、これですが、こういうふうなことを市政全般にわたって、歳出歳入を見直しながら協力をいただこうじゃないかという話自体は、確かに財政が本当にひっくり返るような状態の場合に考えなければいけないことだと思います。ただ私は、先般の条例を通していただいたときに、先ほどご答弁したようなことでお話しをしているわけですので、それは基本的に維持をしたいと思っております。恐らく、この額が非常に大きいので、何とか市の負担をそこから軽くするさまざまな対応をすべきだというお話だろうと思いますし、そのこと自体は、これから中・長期的なことを含めて考えていかなければいけないことだろうとは思います。そんな中でご理解をいただきたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 菅原教育長。



◎教育長(菅原義子君) 委員長にというご指名があったわけですけれども、まだ教育委員会議のほうにかけておりませんでしたので、私に答えさせていただきたいと思います。

 ただいまアンケートを行っておりまして、期限についてはご指摘のとおり19日ということになっております。それで、今岩手の子供たちにどの方法が指導効果が上がるのかということについては、総合教育センターとそれから私たちの毎年の実践計画についてまとめが行われる中で、少人数指導がいいのか、少人数学級がいいのか、または両方それぞれ効果があるので両方というふうな、そういうことについては毎年考えられております。私たち奥州市にも少人数学級の学校がたくさんあります。その学校での学習結果がどうであるか、それから少人数指導を予算をいただいて、ことし行っているわけですけれども、その結果についての効果が上がっているのかということについても、冷静に見て、ただいままとめをいたしておるというところでありますので。学校からのアンケートについてと、それから私たちの考え方について、今るるまとめておりますので、もう少しお待ちいただきたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 井上総務部長。



◎総務部長(井上馨君) 指定管理料の考え方の基本でございますが、まず指定管理につきましては、その施設の維持管理費ということを基本的に考えまして、利用料金でその全体を賄えるかどうか、またその利用料金で不足する場合に、その指定管理料を支払うという基本形で各部お願いしてございます。

 個別の事業につきましては、それぞれ個別事業の設計をいたしまして、委託をするという形で、個別事業という形で委託をするのが会計上明確であるという方針をとっております。



○議長(小沢昌記君) 及川総合政策部長。



◎総合政策部長(及川俊和君) 総合計画のかかわりでのお尋ねでございますが、総合計画の実施計画につきましては、これは5カ年ということになってございますが、毎年ローリングを行いまして見直しを行っているところでございまして、その中で奥州市にとって必要なものにつきましては、その中で議論をしていただきまして位置づけるという手続はとっておるところでございます。



○議長(小沢昌記君) 40番及川善男君。



◆40番(及川善男君) じゃ、最後にお伺いをいたします。

 まず教育長にお伺いをしますが、そうしますと教育委員会の見解がまとまるのはいつごろになるのか、それによりましてしかるべきときにお伺いしたいと思いますので、その時期についてお伺いをいたします。教育委員会がいつ開かれるかも教えてください。できれば傍聴をお願いしたいというふうに思います。

 水道の問題ですが、くどいようですが市長が言われることはわかるんですが、せっかく企業が今回の震災等も含めて心配をされているという齊藤部長のご答弁でしたので、私はこういう機会にお願いしたほうがいいんではないかというふうに思うんですが、全然やる気がないんですか。その点、お伺いをします。それから格付等の問題ですが、市長は今年度発注するAクラスの事業があっても従来どおりでやるということですか。今回の点で全然検証する気はないのかどうか、お伺いをします。

 それから、最後に、総合計画との関連でお伺いします。

 大学高等機関の教育機関誘致についてはローリングの中で明確に位置づけられているんですか。今回の予算措置については。その点お伺いします。私はそれにかかわらず必要なものにあっては、やはり応分の検討をすべきだと。しかも、先日お話のあったひまわり園のような障がい者施設については国・県との関連で補助事業の導入というのも急がなくてはいけないということが出てくるわけですから、そういう問題については応分の対応をすべきではないかと、きちっとしたルールどおりに考えるべきではないかというふうに思いますが、いかがでしょうか。



○議長(小沢昌記君) 相原市長。



◎市長(相原正明君) では、3点目も含めて、どうも3点目の答弁、恐らくわかりにくかったと思いますので。

 まず水道のほうは、齊藤部長がさっき答弁したようですけれども、そういうふうなお申し出があって、そういう個々にあった場合にはそれはそれで相談していっていいと思います。私は方針として、何があればこの優遇措置は少しは遠慮してもらいますよというような、スタンスはよくないだろうというふうに思っているのでありまして、それでは全然約束の履行にならないし、競争力という面では欠けてくるわけですので、個別の申し出については、そこはその企業さんのありがたいお話だと思います。実態は、私はちょっと聞いておりませんが。

 それから格付についても再三のご質問ですけれども、これも一貫した答弁をしているつもりですので、ひとつご理解いただきたいと思います。

 それから、総合計画にないのは予算化できないのかというとそんなことはありません。それはもちろん首長として政策判断をして大事なものはつけますし、最終的にはこういう市議会で予算可決いただかなければいけませんが、そういうふうなことでございますので、ひまわり園のことも含めてよく検討して対応していくものだと思います。



○議長(小沢昌記君) 菅原教育長。



◎教育長(菅原義子君) お答えいたします。

 学校から私どものところに上がってくる期限が11日になってございます。今週中は議会の関係でどうしても開くことができませんので、来週中と考えてございました。来週の金曜日が締め切りでございますので、そこまでぎりぎりのところまできちっと時間をかけたいと思っております。

 最初にお話ししたのが教育委員会議を開けるのが来週中ということで、16日、17日、18日のいずれかのところで開こうと思っております。



○議長(小沢昌記君) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第11号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。26番千田美津子さん。



◆26番(千田美津子君) 私は、議案第11号、平成20年度奥州市一般会計補正予算に反対の立場で討論いたします。

 今回の補正予算は、主に地震災害への対応などが大半でありますけれども、しかしこの中にはただいま質疑がありましたように6月議会で可決されました奥州市企業立地奨励条例及び奥州市水道事業料金条例の一部改正に伴う企業立地奨励工業用水補給金として2,178万円が含まれております。当然、地震被害への対応は急務でありますし、1日も早い復興が求められるわけでありますが、この間指摘してまいりましたように、被災者の中には仮設住宅、あるいは生活支援ハウス、そして民間住宅を借りて住んでおられる方々もおり、いつ自宅に戻れるか現時点ではわかりません。しかも自宅のそばの仮設住宅を希望される方もいらっしゃるわけですが、入れない方も数人おられます。そういう方は、民間住宅の家賃の半分しか助成されないという状況がありますし、また農地や宅地等の被災者についても市独自の施策等はあるものの、決して十分であるとは言えない状況にあります。

 私は、企業への支援も大変大事だとは思いますけれども、ことしはとりわけ地震被災者への支援が大事でありますし、そういう方々への対応も十分とは言えない状況下で企業への支援のみが拡大強化されていることに、私は疑問を感ぜずにはおられません。このような観点から、私は議案第11号、平成20年度奥州市一般会計補正予算に反対をいたします。



○議長(小沢昌記君) 討論を終結いたします。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○議長(小沢昌記君) 起立多数であります。よって、議案第11号は原案のとおり可決されました。

 2時45分まで休憩いたします。

               午後2時32分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後2時45分 再開



○議長(小沢昌記君) 再開いたします。休憩前に引き続き議案審議を続けます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 次、日程第12、議案第12号、平成20年度奥州市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第12号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第12号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○議長(小沢昌記 君) 日程第13、議案第13号、平成20年度奥州市老人保健特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第13号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第14、議案第14号、平成20年度奥州市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第14号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第15、議案第15号、平成20年度奥州市介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

 17番今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) 2点、お尋ねをいたします。

 事業勘定での今回の補正の性格について教えていただきたいと思います。非常に大きな金額の変更になっておりますので、その背景ですね、お尋ねをしたいと思います。

 それから、細かい話で恐縮なんですが、介護保険料収入にかかわって、前の質問で保険料の減免についてこういう答弁いただいております。「利用者に本制度が浸透していないことも考えられる」と、「周知に図りたい」、「周知に努めたい」というような答弁をいただいておりますが、申請主義なんでしょうから申請がなければ受け付けないということなんだろうと思いますけれども、これが利用料とどういうふうに違ってそういう答弁になっているのかなんて、ちょっと気になっていたもんですので、そこら辺ちょっとその背景というか、事実関係をお尋ねしたいと思います。



○議長(小沢昌記君) 井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) 今回の介護保険特別会計の背景でございますが、まず数字が変わっている部分につきましては、大きく言いまして、制度等何か変わった、もしくは大きく予想を上回るような給付状況ができたというわけではなくて、微調整で最終的に調整できるように調整をしていっている途中段階だということでございます。特別これといった変化、もしくは大きな予想外のことが起きたというわけではないというところでございます。

 減免制度につきましてですが、いずれにいたしましても、減免制度自体があるということを広くわかっていただいていくことに努めてまいろうということでございます。



○議長(小沢昌記君) 今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) どうもよくわかんないですね。

 奥州市になって規模が大きくなったんで、そういう説明なのかもしれませんけれども、補正の第1号ですよね。そういう中で大きく何か問題があったのではないと言いながら20%とか、サービス給付費で相当開きがあると、出ていると。何というんですか、介護保険計画をつくる時点での利用数というのは、結果的に介護予防以外はそんなに大きく狂っているわけでないわけですので、20億円の予算に対して4億円補正が出るということになると、何かあったのではないのというふうに思うわけですが、もう少し踏み込んだ答弁の方法というのはないんでしょうか。最終微調整であれば、年度末近くの補正でやれると思うんですが、この時点でこのくらい動くということは見込み違いがあったのだろうというふうに私は思うんですけれども、違うんですか。

 それから、保険料の減免についてなんですが、いただいている答弁は、きちんと拾えていないことを前提とした答弁なんです。前の答弁ですと、水沢区で7人でしたかね。あとほかの区にはないと。申請されていない方もいるのではないかと、想定されるような答弁しているわけです。そのときの答弁がうまくなかったのかよくわかりませんけれども、それを確認したかったんですが、いかがでしょうか。再度お尋ねをいたします。



○議長(小沢昌記君) 井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) ご指摘のとおり、歳入歳出の部分で数字が変わっているので、実際これにつきましては、何らかの予想外のことが起きたのではないかということだと思いますが、実際おおむね予定どおりという形ではあるということで……

 すみません。おおむね大きな見込み違いというわけではないのですが、補正のところで出ていますようにやはり少し見込みよりもふえたということでございます。申しわけございません。

 あと減免制度のほうでございますが、減免制度につきましては、すいません、数字等あの後以降の現状を、ちょっと今と持ち合わせていませんので、明確なお答えができませんが、地域で偏っているということと、知らなくて減免制度を受けられていない方がいるのではないかということですので、これにつきましては、引き続き周知とそういった方の拾い上げに努めたいと思っております。



○議長(小沢昌記君) 17番今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) 後で教えられに行きます。

 保険料の減免なんですが、ちょっと私はさっきまでそちらで補足できるものというふうに考えておりましたが、そうではないんでしょうか。その点だけ確認したいと思います。



○議長(小沢昌記君) 井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) すいません、ちょっと正確に状況をつかめませんので、また答えさせていただきます。申しわけありません。



○議長(小沢昌記君) 暫時休憩いたします。

               午後2時56分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後2時57分 再開



○議長(小沢昌記君) 再開いたします。

 ただいまの17番議員の質問に対する答弁保留は暫時わかるそうですので、わかり次第そこの部分に戻って保留分について答弁をしていただくということといたします。

 ほかに質問ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 暫時休憩いたします。

               午後2時57分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後2時58分 再開



○議長(小沢昌記君) 再開いたします。

 3時10分まで休憩いたします。

               午後2時58分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後3時10分 再開



○議長(小沢昌記君) 再開いたします。

 先ほどの答弁保留についての答弁を求めます。井内健康福祉部長。



◎健康福祉部長兼福祉事務所長(井内努君) まず減免制度のお話をさせていただきます。

 この介護保険料の減免制度でございますが、1人の場合年収が120万円以下の方で、土地、家屋が、いわゆる住居のため以外にはお持ちでないことであったり、多くのその他の財産をお持ちでないということが前提になっております。年収等に関しましては、市のほうで把握をできるということで、個別に、おおむねわかるのですが、ただ土地、家屋を余計に持っていないか、貯金があるかどうかというようなことについては、市のほうで情報は把握できないというのが実情でございます。ですので、この減免制度につきまして、実際、具体的に対象になるということはご本人からの申請がないとわからないというものでございます。そういったことを踏まえまして、この制度自体を知っていただく以外、なかなかこの減免制度を受けていただくというわけにはいかないというものでございます。実際この制度につきましては、奥州市合併の前は水沢市におきましてはやっていたということで、ある程度周知がなされていたということでございますが、それ以外の地域ではこういった制度がなかったということもあって、まだまだ定着していないというのが実情でございます。そういったことを踏まえまして周知に努めて、この減免制度を受けるべき人が受けられるように図ってまいりたいと考えております。



○議長(小沢昌記君) 17番今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) それは事実ですか。胆沢区でもやっていたんじゃないですか。私の勘違いかもしれませんけれども、ちょっとそこは確認してください。



○議長(小沢昌記君) 暫時休憩いたします。

               午後3時11分 休憩

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

               午後3時13分 再開



○議長(小沢昌記君) 再開いたします。

 今野裕文君。



◆17番(今野裕文君) 失礼しました。保険料の助成制度でしたので、実態はどうであれ別のものですので、先ほどの質問は撤回します。

 それで、いずれ補正に説明できないというのは困りますので、これからちゃんとしていただくようにお願いします。



○議長(小沢昌記君) 質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第15号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第15号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第16、議案第16号、平成20年度奥州市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第16号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第17、議案第17号、平成20年度奥州市下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第17号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第17号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第18、議案第18号、平成20年度奥州市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第18号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第18号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第19、議案第19号、平成20年度奥州市浄化槽事業特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第19号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第19号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第20、議案第20号、平成20年度奥州市米里財産区特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第20号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第20号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小沢昌記君) 日程第21、議案第21号、平成20年度奥州市水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 提出者の説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第21号は、会議規則第38条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、委員会の付託を省略することに決しました。

 討論ありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) 討論なしと認めます。

 これより採決いたします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(小沢昌記君) ご異議なしと認めます。よって、議案第21号は原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 次の会議は、明9月9日午前10時から開くことといたします。

 本日はこれをもって散会いたします。

 大変ご苦労さまでした。

               午後3時18分 散会