議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 二戸市

平成22年  3月 定例会(第1回) 03月03日−議案説明−01号




平成22年  3月 定例会(第1回) − 03月03日−議案説明−01号







平成22年  3月 定例会(第1回)






1 議事日程(第1日目)
  (平成22年第1回二戸市議会定例会)
                           平成22年 3月 3日
                           午前  10時  開議

  日程第 1 会議録署名議員の指名について
  日程第 2 会期決定について
  日程第 3 市長演述並びに教育施政方針説明
  日程第 4 議案第 1号 二戸市総合計画審議会条例の一部を改正する条例
  日程第 5 議案第 2号 二戸市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例
               の一部を改正する条例
  日程第 6 議案第 3号 二戸市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償
               に関する条例の一部を改正する条例
  日程第 7 議案第 4号 二戸市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関
               する条例の一部を改正する条例
  日程第 8 議案第 5号 二戸市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改
               正する条例
  日程第 9 議案第 6号 岩手北部広域環境組合の設置の協議について
  日程第10 議案第 7号 消費生活相談等事務の委託の協議について[軽米町]
  日程第11 議案第 8号 消費生活相談等事務の委託の協議について[九戸村]
  日程第12 議案第 9号 消費生活相談等事務の委託の協議について[一戸町]
  日程第13 議案第10号 平成21年度二戸市一般会計補正予算(第11号)
  日程第14 議案第11号 平成21年度二戸市国民健康保険特別会計補正予算
               (第6号)
  日程第15 議案第12号 平成21年度二戸市下水道事業特別会計補正予算
               (第7号)
  日程第16 議案第13号 平成21年度二戸市生活排水処理事業特別会計補正
               予算(第5号)
  日程第17 議案第14号 平成21年度二戸市簡易水道事業特別会計補正予算
               (第4号)
  日程第18 議案第15号 平成21年度二戸市土地区画整理事業特別会計補正
               予算(第6号)
  日程第19 議案第16号 平成21年度二戸市後期高齢者医療特別会計補正予
               算(第2号)
  日程第20 議案第17号 平成21年度二戸市水道事業会計補正予算(第8号)
  日程第21 議案第18号 平成22年度二戸市一般会計予算
  日程第22 議案第19号 平成22年度二戸市国民健康保険特別会計予算
  日程第23 議案第20号 平成22年度二戸市老人保健事業特別会計予算
  日程第24 議案第21号 平成22年度二戸市下水道事業特別会計予算
  日程第25 議案第22号 平成22年度二戸市生活排水処理事業特別会計予算
  日程第26 議案第23号 平成22年度二戸市簡易水道事業特別会計予算
  日程第27 議案第24号 平成22年度二戸市土地区画整理事業特別会計予算
  日程第28 議案第25号 平成22年度二戸市介護サービス事業特別会計予算
  日程第29 議案第26号 平成22年度二戸市後期高齢者医療特別会計予算
  日程第30 議案第27号 平成22年度二戸市水道事業会計予算
  日程第31 閉会中の委員会調査報告について

2 出席議員は次のとおりである。(23名)
   1番  田 村 隆 博      2番  小野寺 仁 美
   3番  小笠原 清 晃      5番  新 畑 鉄 男
   6番  鷹 場 美千雄      7番  田 口 一 男
   8番  米 田   誠      9番  田 代 博 之
  10番  菅 原 恒 雄     11番  國 分 敏 彦
  12番  岩 崎 敬 郎     13番  佐 藤 利 男
  14番  大 沢 孫 吉     15番  畠 中 泰 子
  16番  西 野 省 史     17番  佐 藤   純
  18番  田 中 勝 二     19番  佐 藤 正 倫
  20番  田 口   一     21番  佐 藤 文 勇
  22番  山 本 敏 男     23番  及 川 正 信
  24番  鈴 木 忠 幸

3 欠席議員は次のとおりである。(1名)
   4番  滝 沢 正 一

4 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  市    長   小保内 敏 幸   副  市  長   堀 口 貢 佑
  総 務 部 長   小野寺 悦 夫   健康福祉部長   角 田 良太郎
  建設整備部長   平 賀   剛   市民協働部長   嶋 野 賢 一
  産業振興部長   藤 原   淳   産業振興部副部長 佐 藤 善 昭
  総務部副部長   阿 部 満 男   健康福祉部副部長 菅 原 多喜枝
  建設整備部副部長 下斗米 隆 司   財 政 課 長   佐 藤 節 夫
  総 務 課 長   山 二 利 和   教 育 委員長   柴 田 孝 夫
  教  育  長   鳩 岡 矩 雄   教 育 次 長   澤   典 雄
  浄法寺総合支所長 樋 口 敬 造  浄法寺総合支所次長 松 森 幸 市
  会 計 管理者   木 村 行 孝   代表監査委員   梅 原 龍 雄
  監査委員事務局長 昆   廣 志   水道事業所長   小野寺 常 人
 農業委員会事務局長 安ケ平 義 光

5 職務のため議場に出席した者の職氏名
  議会事務局長   泉 山 光 生   主    任   玉 川 眞 也



〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜

開会 午前10時01分

〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(佐藤正倫)

 おはようございます。ただいまの出席議員は22人であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。欠席届は、滝沢正一議員から提出されております。

 ただいまから平成22年第1回二戸市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 お諮りいたします。この際、暫時休憩し、諸報告を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ご異議なしと認めます。

 よって、暫時休憩いたします。

休憩 午前10時02分

〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜

再開 午前10時06分



○議長(佐藤正倫)

 再開いたします。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により議長において、9番、田代博之議員、10番、菅原恒雄議員、11番、國分敏彦議員、以上3名を指名いたします。

 日程第2、会期決定を議題といたします。

 今定例会の会期につきましては、3月1日議会運営委員会を開催し、協議いたしております。

 この際、議会運営委員長の報告を求めます。

 國分議会運営委員長。

〔議会運営委員長 國分敏彦君登壇〕



◆議会運営委員長(國分敏彦)

 おはようございます。それでは、議会運営委員会のご報告を申し上げます。

 平成22年第1回二戸市議会定例会の議会運営につきましては、去る3月1日午前10時より議会運営委員会を開催し、協議をいたしました。その協議結果の概要をご報告申し上げます。

 今定例会の会期につきましては、本日から3月25日までの23日間とし、会期中の会議予定はお手元に配付しております議事日程表のとおりでございます。

 今定例会において審議する議案等は、市長提出の27件で、議案の内容につきましてはお手元に配付しております議事日程表のとおりでございます。一般質問は、11名の議員から通告がありました。また、陳情2件、請願2件の受理がございます。

 したがいまして、会議の進め方は、本日は市長演述、教育施政方針説明を行い、その後市長提出議案27件の提案説明を行います。議案第1号から議案第16号までの16件、議案第18号から議案第26号までの9件は、それぞれ一括議題として提案説明を行います。最後に閉会中の委員会調査報告を行い、散会となります。

 あす4日は議案思考のため休会となります。

 5日は一般質問、6日と7日の土日の休会を挟みまして、8日も一般質問となります。9日と10日は市長演述並びに教育施政方針説明に対する質問が予定されております。

 11日は午前10時から本会議を再開し、市長提出議案等の審議を行い、それぞれ所管の常任委員会に付託となります。また、当初予算につきましては予算特別委員会を設置の上、付託をし、正副委員長の選出が行われます。

 3月12日は、午前10時から予算特別委員会を開催し、13日、14日は土日のため休会、15日は予算特別委員会を再開し、付託案件の質疑終了後、それぞれ所管の分科会に付託となります。

 16日から19日まで常任委員会並びに分科会で付託案件の審査を行います。

 20日から22日までは土日、祝日のため休会となります。23日は委員長のまとめのための休会となります。

 3月24日午前10時より予算特別委員会が行われ、3月25日は本会議を再開し、各委員長の付託案件の報告を受け、質疑、討論、採決を行います。その後、議員発議等の案件を審議の上、閉会となります。

 以上のことから、今定例会の会期は本日から3月25日までの23日間とした次第でございます。

 なお、市長演述並びに教育施政方針説明に対する質問をなされる方は、3月5日の午後3時までに、また議案審議上必要とする資料を要求する方は、一般議案及び当初予算案とも3月5日の午後1時までにそれぞれ文書により議会事務局まで提出していただくことになりました。

 以上、議員各位のご協力をお願い申し上げ、報告を終わります。

 以上でございます。



○議長(佐藤正倫)

 ただいまの議会運営委員長報告に対する質疑を許します。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。今定例会の会期は、ただいま議会運営委員長から報告がありましたとおり、本日から3月25日までの23日間にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から3月25日までの23日間と決定いたしました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付しております審議日程表のとおりでありますので、ご了承願います。

 日程第3、市長演述並びに教育施政方針説明を議題といたします。

 最初に、市長の演述を求めます。

 小保内市長。

〔市長 小保内敏幸君登壇〕



◎市長(小保内敏幸)

 それでは、市長演述を申し上げます。

 本日、平成22年第1回二戸市議会定例会が開催されるに当たり、新年度の市政運営並びに主要施策について、所信の一端を申し上げますので、議員各位並びに市民各位のご理解とご協力を賜りたくお願い申し上げます。

 さて、本年1月29日に市長に就任して以来、はや1カ月余りがたちますが、改めて、この難局の時期に市政のかじ取りを担うことの重大さを痛感している次第であります。

 今般、私が市長選挙に立候補を決意した理由は、二戸市職員時代からの地域をよくしたい、夢と希望を語り合える地域にしたい、との思いを実現させたいと考えたからであります。

 私は、この二戸市に生まれ、このふるさとから育てていただいたと思っております。恵まれた自然と多くの人々との出会いを通して、人々の心の温かさに触れ、その「人との絆」が私を成長させてくれたものと思っております。今、そのふるさとのために身を粉にして働きたいと思うその一存だけであります。

 日本の政治が大きく変わった今、二戸市も新たな時代を迎えるときです。市民の皆様とともにまちづくりを進め、「夢を持ち、生きいきと安心して暮らせる"二戸"」をつくるために全力を挙げて取り組んでまいります。

 そのためには、できるだけ早い時期に市民の皆様と対話する場を設け、私が考えている次の6つのテーマを中心に議論を深めながら施策の実現に努めてまいります。

 1つ目のテーマは、仕事を持ち、経済的に安心して生活できるまちづくりを目指す「産業の振興と雇用の創出」であります。

 2つ目は、心豊かな人が育ち、心豊かな生活が送れるまちづくりを目指す「教育環境の充実とスポーツ・文化の振興」であります。

 3つ目は、市民一人一人が安心して暮らせるまちづくりを目指す「保健・福祉の充実と安全・安心なまちづくり」であります。

 4つ目は、環境整備を進め、快適に暮らせるまちづくりを目指す「都市基盤・生活環境の整備」であります。

 5つ目は、地域を大切にし、ともに協力し合うまちづくりを目指す「宝の活用と市民協働の推進」であります。

 6つ目は、効率的で市民の目線に立った市民が主役のまちづくりを目指す「スリムな行財政運営と組織の活性化」であります。

 決意を新たにして、これまで市職員35年間の経験を糧に、可能な限り現場へ足を運び、市民の皆様との対話を深め、市が抱えるさまざまな課題や状況を的確に認識し、市長として、市民の負託にこたえられるような市政運営に全力で取り組んでまいる所存であります。

 早いもので、浄法寺町と合併し5年目を迎えましたが、これまで、小原前市長のもと、「二戸市総合計画」の都市将来像「活力と安心、歴史文化の薫る拠点都市」の実現を目指し、自立した快適で活力ある新しいまちづくりに向けて、着実にその歩みを進めてきたところであります。

 また、行財政改革においては、行政経営の視点に立った簡素で効率的な行財政運営に努めるとともに、市民と行政との「協働のまちづくり」を推進してまいりました。

 これまでのまちづくりを一層推進させるために、平成22年度に行う二戸市総合計画後期計画の策定の中で、市民や各種団体等との懇談会の開催により対話を重ね、市民や議会の皆様のご理解、ご協力を得ながら、「市民が主役のまちづくり」を進めてまいります。

 さて、現在の日本経済は、平成19年の米国に端を発した世界規模の金融、経済危機をきっかけに、世界同時不況に陥り、それは、我が国の実体経済へも深刻な影響を及ぼしており、いまだ、浮揚の兆しも見えないという大変厳しい状況下にあります。

 二戸市内においても、経済状況は依然として国以上に厳しい情勢にあり、こうした景気の後退は、地域の経済やそれを支えている中小企業を直撃し、市民生活への影響も深刻さの度合いを増してきております。

 このような中、企業誘致では、本年2月に下斗米の拠点工業団地に株式会社南部美人のリキュール工場の入居、浄法寺地区には健康食品製造販売の株式会社AIGエムの事務所兼倉庫の進出が決定したところであります。

 一方で、大変残念なこととして、昭和41年に操業を開始した東北デルモンテ株式会社が平成23年3月をもって、事業の中止を表明するなど雇用環境にも暗い影を落としております。市といたしましては、岩手県や関係機関と連携し、親会社である日本デルモンテ株式会社に対して、強く事業の存続を求める要望を行ったところであり、厳しい状況でありますが引き続き働きかけを行ってまいります。

 昨年の総選挙によって政権交代が行われましたが、景気の低迷により国そのものの予算は相変わらず厳しいものがあり、地方の行財政運営においても厳しさを増す一方であります。

 このような状況下、新年度の方針としては、この転換期に市民生活の安定を目指して、税収の確保に努めるなど、持続可能な行財政構造の確立を図りつつ、主要事業の選択とこれらを着実に推進することを基本に年間予算として編成いたしました。

 しかしながら、就任して1カ月にも満たない中での予算編成でありましたので、私の思いや政策につきましては、市民の皆様の意見を十分聞いた上で、今後、補正予算や後期計画に盛り込んでまいりたいと考えております。

 今回提案いたします平成22年度予算案は、一般会計148億3,000万円、特別会計66億1,000万円余となっており、平成21年度の当初予算と比較して総額で2.6%減の214億4,000万円余となっております。

 それではこれより、平成22年度の主要な施策の概要について、総合計画の分野別施策の方向に沿って申し上げます。

 まず、第1点目の産業活動が活発なまちづくりについてであります。

 急激な社会経済の変動に対応するため、農業、商業、工業など各産業のバランスを保ち「仕事を持ち、経済的に安心して生活できるまちづくり」を目指して次のことを進めてまいります。

 現在のような急激な社会経済の変動に対処するためには、農業、商業、工業などそれぞれが、地理的条件等を生かした強固な体質改善が必要であり、特に、農業については、生命を維持増進するため最も基本となる分野であります。

 このため、本市のような中山間地域においては、基幹産業である農業を基軸とした産業連携が重要であることから、農商工連携による生産、加工、流通、販売の一体的な取り組みを着実に進め、食品関連産業を中心とした事業拡大や新規立地を支援してまいります。

 なお、今般、国の農商工等連携事業計画の認定を受けた市内酒造メーカーのリキュール工場が、下斗米の拠点工業団地に進出することが決定し、農業分野とのさらなる連携による波及効果も期待されることから、新年度予算に特定区域産業活性化補助金を計上し、この取り組みを支援してまいります。

 また、既存企業の事業拡大や新規立地企業の優遇制度の一層の充実を検討しながら、二戸にしっかりと根をおろした地場企業の振興に力を入れるとともに、これまで進めてきた企業誘致活動についても、引き続き関係機関と連携しながら推進してまいります。

 今後、さらに基幹産業である農業を基軸とした取り組みを官民一体となって進めることで、新たな産業を興し、少人数でも雇用を生み出し続け、その数をふやすことで、より多くの雇用を創出し、市内経済の活性化につながるよう努めてまいります。

 雇用対策としては、緊急雇用創出事業、ふるさと雇用再生特別基金事業による雇用の創出や、県、ハローワークなど関係機関との連携のもと、求職者への職業紹介、就業相談など就職支援の充実に努めてまいります。

 また、地域雇用創造推進事業による事業者向けのTWI研修(生産現場・管理監督者研修)、求職者向けのCADマスター研修等の産業人材育成や就職面談会の開催、地域雇用創造実現事業による物づくり企業の連携促進や、特産品販売拡大などを行い、地域産業の活性化と雇用の創出に努めてまいります。

 農業に関して、国では意欲ある農業者が農業を継続できる環境を整え、農業の再生を図り、農業の有する多面的機能を将来にわたって発揮できるように、平成23年度の戸別所得補償制度の本格実施に向けて準備を進めております。平成22年度にそのモデル対策事業が実施されることから、対象農家や関係者に対して事業の周知徹底に努めてまいります。

 また、本市では、基幹作物である葉たばこや水稲、果樹等、夏期間における農業が柱となっていることから、冬期園芸作物や新規作物の導入などの積極的支援により、冬期間の農業施設や労働力を有効活用するなどして、産地化形成、農家所得の向上及び農業の経営基盤強化につなげるとともに地域の活性化に努めてまいります。

 農業の担い手や後継者の育成確保については、二戸市担い手総合支援協議会が中心となり、新規就農あるいは農業経営改善、さらには集落営農などきめ細やかな対応を行ってまいります。

 特に、たばこについては、本年10月からの増税や公共の場による全面禁煙要請など、葉たばこ生産農家を取り巻く環境が一段と厳しさを増してきているところであります。国内有数の産地を確立してきた当市としては、まずは生産現場の病害防除対策を徹底するとともに、耕畜連携による土づくりを励行するなど良質葉の生産支援をしてまいります。

 さらに、産地の維持存続のため、県及び関係市町村等と連携を図りながら、葉たばこ耕作を将来にわたり持続可能な作物として支援していただくよう国に働きかけてまいります。

 畑作農業の安定経営を目標とした国営かんがい排水事業は、平成5年度に着手し完了に向けて進捗中であり、あわせて、関連事業であります県営畑地帯総合整備事業は、平成21年度に舌崎地区が完了し、平成22年度からは、男神・米沢・湯田地区の整備を重点的に進めてまいります。これらの事業により、「水を活かした農業」の効果が着実に発現されており、特に果樹の品質と収量が向上してきているところであります。

 また、国営土地改良事業受益地内のサクランボ等を対象とする霜害対策を行うため、戦略的産地振興支援事業を導入し、防霜ファンと節水型スプリンクラーが整備されることから、果樹産地の形成促進とブランド化を推進してまいります。

 浄法寺町川又地区においては、「稲庭・二戸高原地域農林業振興プロジェクト」に掲げる魅力ある農業農村づくりの一環として、県営中山間総合整備事業の導入に向けた調査事業を進めてまいります。

 観光については、平成22年12月の東北新幹線「八戸・新青森間」開業や「高速自動車道休日特別割引」、「八戸道安代JCT―八戸・下田百石IC間の無料化実験」等により、観光客が北東北地域に注目することが予想されます。

 このため、トリコロールエリア19市町村が連携して発行する情報誌やイベントの実施によって市内への観光客の誘客につなげるとともに、全国に誇る漆、雑穀等を観光資源として活用してまいります。

 また、自然・歴史・文化と触れ合う「エコツーリズム」について、平成23年度の「全国エコツーリズム大会inにのへ」開催を目指し、今年度もさんりく基金事業により地域団体とともに宝の活用の検討やガイドの養成を進めてまいります。

 次に、第2点目の地域を担う人を育てるまちづくりについてであります。

 教育が担う「人づくり」は、社会がどのように変化しようとも、かけがえのない価値のあるものであり、計画的に事業を進める中で、今大切なものは何かを改めて見詰め直しながら、「心豊かな人が育ち、心豊かな生活が送れるまちづくり」を目指して次のことを進めてまいります。

 本市においては、核家族化、少子高齢化の進行や情報化などの目覚ましい進展に伴い、教育をめぐるさまざまな課題があらわれております。そのため、学校、家庭、地域の連携の新たな可能性を探り、互いに専門性を発揮しながら教育効果を高めることが求められており、それぞれを「つなげ」、「広げ」、そして、「高め」ながら「総合的な教育力」の向上に取り組んでまいります。

 また、教育環境充実のため、建設に取り組んでまいりました浄法寺小学校の新校舎が、いよいよ本年7月末に完成の運びとなります。

 この新たな環境のもと、子供たちが伸び伸びと勉学に励み、楽しい学校生活が送れるものと期待しております。また、整備や改修等が必要な施設については、計画的な事業実施に努めるとともに、特にも福岡中学校については、後期計画策定の中で、具体的な方針を定めてまいります。

 スポーツの振興については、地域の人が好きなスポーツをみずから運営し、活動の範囲を広げることができる総合型地域スポーツクラブの創立を支援してまいります。

 また、本年8月には東北総合体育大会の剣道競技が開催されることから、円滑な競技運営が図られるよう支援してまいります。

 なお、平成28年度には2巡目の岩手国体剣道競技が本市で開催予定となっていることから、開催準備に向けた検討を始めてまいります。

 芸術文化の振興については、市民や芸術団体が主体的に活動し、魅力ある発表ができるよう支援に努めてまいります。

 また、だれもが気軽に集い、地域の歴史、文化に触れることのできる、「まちなか博物館」の構想を進めてまいります。

 次に、第3点目の安全で安心して暮らせるまちづくりについてであります。

 子供を産み、育てやすい環境をつくるとともに、高齢者の方や障害を持った方でも生きがいを持って楽しく暮らすことができる「市民一人ひとりが安心して暮らせるまちづくり」を目指して次のことを進めてまいります。

 子育て支援、児童福祉については、平成22年度から後期の5カ年が始まる「二戸市次世代育成支援行動計画」に基づき、子育て支援に取り組むとともに、新たに創設される「子ども手当」につきましては、円滑に制度の運用がされるよう役割を果たしてまいります。

 保育サービスについては、市立保育所等の効率性に留意しつつ、保育サービスの充実を図るため、「市立保育所等サービス向上・効率化促進検討会議」を設置して調査検討を行ってまいります。

 高齢者福祉については、「二戸市高齢者福祉計画」の基本理念のもと、高齢者の自立促進、介護予防、生活支援等の施策を総合的に推進するとともに、第4期介護保険事業計画に基づく施設整備を進める中で、認知症高齢者グループホームの新設について支援してまいります。

 また、高齢者が安心して暮らせるよう、ひとり暮らし世帯への緊急通報システムの設置、更新を引き続き実施してまいります。

 障害者福祉については、障害者自立支援法の円滑な運営に努め、障害を持つ方が日常生活や社会生活を支障なく送ることができるようサービスの充実に取り組むとともに、サービス利用負担については、低所得世帯に配慮してまいります。

 健康対策については、市民の健康づくりと疾病予防対策は最重要課題であり、市民一人一人が健やかで心豊かに過ごせる健康寿命の延伸を目指した取り組みが必要であります。

 そのためには、これまで実施してきた生活習慣病予防やがん対策等に加え幼児期から高齢者までのすべてのライフステージにおいてみずから取り組むことができる具体的な行動目標を設定し、その実現に向け行政、医療、福祉、教育などの関係機関、ボランティア団体などが連携して総合的に行動していく仕組みづくりに取り組んでまいります。

 また、各種健康診査の受診率向上や受診後の健康相談、特定保健指導等をさらに強化するとともに、メタボリックシンドロームの解消を目指した食生活改善対策の推進など、病気の予防、早期発見に重点を置いた取り組みをしてまいります。

 国民健康保険事業については、市民の皆様が安心して医療が受けられるよう安定的な事業運営に心がけ、保険税等の適正な財源確保と医療の適切な給付に努めてまいります。

 市立診療所につきましては、住民が必要とする医療サービスの提供に努めるとともに、収入の確保と支出の抑制による経営の安定化に、引き続き取り組んでまいります。

 次に、防災についてであります。

 安全、安心は、市民生活すべての基本であり、関係機関、団体との緊密な連携のもと、市民の生命財産を守ってまいります。

 風水害、火災等の災害時には消防防災機関の役割が重要視されるとともに、被害を最小限とするためには、防災施設の整備はもとより、迅速で正確な情報の伝達と市民の防災意識の高揚が極めて重要であります。このことから、計画的な消防車両等の更新に努めるとともに、関係機関、団体との緊密な連携のもと、情報伝達手段の改善を進めてまいります。

 また、市内の自主防災組織率は33%と低い状況であり、市民みずからが災害から身を守るという意識の必要性も指摘されていることから、地域内における自主防災組織の設立と育成を促すため、「自主防災組織育成補助金」を交付し、自主防災意識の高揚を図ってまいります。

 がけ地の崩壊等土砂災害から人命を守るため、県知事が指定した土砂災害特別警戒区域にある危険住宅の移転に関して、がけ地近接等危険住宅移転事業の導入を検討してまいります。

 次に、第4点目の生活環境が整備されたまちづくりについてであります。

 市民の生き生きとした暮らしを支え、都市基盤の充実を図るため「環境整備を進め、快適に暮らせるまちづくり」を目指して次のことを進めてまいります。

 道路整備については、地域活力基盤創造交付金を活用し、集落間連絡道や日々の暮らしに密着した生活道路の整備を進めるとともに、老朽化、劣化等が進行する側溝や舗装等の道路施設についても、適切な維持管理、補修に努めてまいります。

 また、歩行者や自転車の安全な通行を確保するため、国道4号米沢地区の歩道改良及び県境にかかる青岩大橋への歩道設置について、引き続き国土交通省へ整備促進を要望してまいります。

 都市計画街路について、荒瀬上田面線(県道二戸一戸線)船場工区は、市が経費の一部を負担し県事業として実施しており、平成23年度には工事の完成が見込まれております。

 また、長年の課題となっていた同路線の岩谷橋工区は、平成22年度から測量調査に着手することになり、老朽橋のかけかえと交差点の改良のため、引き続き岩手県へ整備促進を要望してまいります。

 土地区画整理事業については、平成8年以来新幹線開業に合わせて幹線道路や区画整備等により、県北の拠点都市にふさわしい市街地整備に努めてまいりました。

 平成22年度は、都市計画道路晴山大村線の整備により諏訪前地区が完了し、暫定区間の解消が図られます。また、昨年度に引き続き駅東側地区の都市計画道路枋ノ木市民会館線の整備を進めてまいります。

 上水道事業については、安全、安心な水を安定的に供給することはもちろん、水道事業の基盤の強化を図るため経営の健全化に努めてまいります。

 公共下水道事業二戸処理区においては、住宅密集地である福岡南分区を中心に整備を進めてまいります。特定環境保全公共下水道事業浄法寺処理区においては、平成22年4月に一部供用開始されることとなり、今後も計画的に整備を進めてまいります。また、公共下水道区域外の地区については、引き続き浄化槽整備を進めてまいります。

 ごみ処理については、二戸地区、久慈地区の8市町村で「岩手北部広域環境組合」を設立し、新たなごみ処理施設の整備に向けて、各種調査に取り組んでまいります。

 情報通信基盤の整備については、平成23年7月に予定されているアナログ放送終了に向け、地上デジタル放送の難視聴解消事業に取り組みます。また、光ファイバー等の高速通信網の整備に民間事業者と連携を図り、ブロードバンドゼロ地域の解消に向けた取り組みを促進してまいります。

 次に、第5点目の市民とともに歩むまちづくりについてでございます。

 市民と行政が連携し、地域の活力を生かした取り組みを支援していく「地域を大切にし、ともに協力し合うまちづくり」を目指して次のことを進めてまいります。

 遠野物語で有名な民俗学者の柳田國男先生は、荒屋新町から二戸にかけての風景を「其中でも殊に忘れ難い一つは、奥南部の大豆畠の風光」と語っておられます。二戸の風景そのものがすばらしい価値を秘め、「宝」と言えるものであり、これらの「宝」を磨き、誇り、伝え、市内外へ情報発信し交流人口の増加に努めてまいります。

 また、地域の「宝」を資源として活用して、地域の食や特産品の開発に結びつけ、地域の活性化を図ってまいります。

 地域づくりの支援については、二戸市には、門崎、足沢のように「むらづくり」のモデルとなるすばらしい活動をしている地域があります。このような活動が市内の各地域に広がるよう、豊かな自然、魅力ある歴史、文化など地域資源を生かした個性豊かな地域づくりに取り組む「小さな地域の夢あるチャレンジ」を支援し、連携と交流による元気な二戸市を目指します。

 市民と行政の協働により持続可能な地域社会をつくるためには、これまでの行政主導のまちづくりから市民の意思に基づくまちづくりへと、基本的な仕組みや意識を変えていくことが肝要であります。このことを受けて、現在策定中の、二戸市市民協働推進計画に基づき、地域活性化に取り組む町内会や市民団体等の活動を支援し、市民と行政の協働を一層進めてまいります。

 次に、第6点目のスリムな行財政によるまちづくりについてでございます。

 市民の負託にこたえると同時に、持続可能な行政運営を行っていくため「効率的で市民の目線に立った市民が主役のまちづくり」を目指して次のことを進めてまいります。

 平成22年度は二戸市総合計画後期計画の策定年度であります。住みよいまちづくりのためには、市民皆様の「声」が必要不可欠であることから、なるべく早い段階で市内において地区懇談会及び各種団体等との意見交換を行い、市民の生の意見を聞き、市民が主役である市勢発展を目指し、後期計画に反映をさせたいと考えております。

 行財政改革につきましては、これまでの行財政改革の取り組みを踏まえ、新たな視点から行財政全般にわたって見直しを行い、さらなる行財政改革に取り組んでまいります。

 また、地域主権の進展の中、職員が、時代の変化に対応できる経営感覚や政策形成能力を習得し、まちづくりのプロとして、自覚と責任を持って各種政策を遂行していく必要があります。このため、職員研修については、特にも政策形成能力の向上、マネジメント能力の向上に重点を置き、各種研修を受ける機会の提供に努め、職員能力の向上を図ってまいります。

 また、民間の力を生かした効率的な運営と、行政のスリム化を推進するため、上水道施設及び簡易水道施設の運転管理業務を民間委託するなど、これまでの直営により行ってきた業務について見直しを行い、民間による管理、運営を検討してまいります。

 財政については、国において「地域主権改革」の第一歩として地方が自由に使える財源をふやし、地方公共団体が地方のニーズに適切にこたえられるようにするため、地方の自主財源の充実、強化を図ることとし、地方交付税総額を対前年度比で1兆733億円増額し、16兆8,935億円が確保されたところであります。

 また、昨年末に話題となりました事業仕分けに見られるよう、事業そのものの改廃が問われ、今後、諸制度が流動的な状況にあり、地方財政においては、国の動向を注視する必要があります。

 こうした状況を踏まえ、健全な行財政運営の確立を念頭に置きながらも、総合計画の実現に向けた予算編成を行ったところであります。

 財政の健全化に向けて、経常経費の後年度負担を抑えるために市債の発行額は、プライマリーバランスに留意し当該年度の公債費元金償還額を下回ることとし、一般会計の市債償還元金19億1,906万円に対する市債発行予定額を14億6,260万円として、その発行割合は76.2%、4億5,646万円の黒字としたところであります。

 基金からの繰り入れについても、厳しい財政状況を踏まえ、前年度比2億6,100万円、39.3%の減とするなど、基金残高の確保に努めたところであります。

 さらに、国の緊急経済対策による「地域活性化・公共投資臨時交付金事業」、「地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業」については、前倒しして平成21年度補正予算に盛り込み、翌年度に繰り越すことにより、当初予算と一体とした事業を進め、前期計画の最終年度の事業費の確保を図ったものであります。

 主なものとしては、中央小学校、御返地中学校、金田一中学校の耐震補強・大規模改修工事や上田面横手線街路、市道大釜線等の道路改修事業などを予定しているところであります。

 これら、国の補正予算に掲げられた関係事業予算の総額は、5億4,000万円を超える見込みとなっており、市況が冷え込んでいる中にあって、相当の効果が期待されます。市議会の皆様にもご審議いただき、遅滞なく事業の実施に努めたいと考えております。

 以上、市政運営と主要施策について申し上げてまいりましたが、議員各位並びに市民の皆様のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げ、所信表明といたします。



○議長(佐藤正倫)

 次に、教育施政方針説明を求めます。

 柴田教育委員長。

〔教育委員長 柴田孝夫君登壇〕



◎教育委員長(柴田孝夫)

 平成22年第1回二戸市議会定例会の開会に当たり、平成22年度の教育施政方針について、その基本的な考え方と主要施策を申し上げます。

 「歴史・文化の薫る拠点都市」を目指す本市では、地域の特性を生かし、市民と協働でまちづくりが進められる中、教育においては、新たなまちづくりの主人公を育てる「人づくり」、とりわけ次代を担う子供たちの「生きる力」をはぐくむための取り組みや、市民が生きがいを持って学び合うことができる生涯学習への支援が求められております。

 昨年は、下斗米小学校と中央小学校の統合に始まり、二戸市学校給食センターの開所、浄法寺小学校新校舎の建築工事着手、御返地小学校の耐震化及び大規模改造工事完成、放送大学二戸校の開校など、二戸市総合計画に掲げられた教育環境の整備や充実に向けて取り組んでまいりました。また11月には、金田一小学校が「文部科学大臣表彰」を、さらには、石切所小学校マーチングバンドが第28回全日本小学校バンドフェスティバルで金賞を受賞するなど、うれしいニュースも飛び込んでまいりました。

 一方、この4月から、教育事務所の再編が公になっており、なれ親しんできたこれまでの体制変化に、不安と戸惑いを感じているところでありますが、各種会議や日常の訪問活動を通して、学校での基礎・基本の定着、授業力向上などに変わらぬ支援を求めてまいる所存であります。

 こうした中、子供同士での切磋琢磨の減少、学校行事やクラブ活動の困難など、少子化の影響が本市にもあらわれております。このことから、小規模校の実態を踏まえ、適正な学校規模の実現を図るため、「二戸市立小・中学校通学区域調整委員会議」を開催してまいりました。そしてこの1月には、「就学指定校変更に係る許可基準について」、また2月には、「二戸市立小・中学校の通学区域について」の答申をいただいたところであります。今後、これらを踏まえ、市内小中学校のよりよい教育環境の実現に向けて取り組んでまいります。

 それでは以下、教育の各分野における諸施策について申し上げます。

 初めに、生涯学習についてであります。

 市民一人一人が、生きがいとゆとりある人生を過ごすためには、生涯にわたり、自由で、主体的な学習活動を通してみずからを高め、心を豊かにしていくとともに、その成果を生かすことのできる社会の実現が大切であります。

 教育委員会としては、市民が幅広く学び続けることができるよう、昨年開校した放送大学二戸校のさらなる周知を図るとともに、岩手大学や県立大学など近隣の高等教育機関との連携を通して、現代的課題や地域課題などに関する多彩な学習機会の提供に努めてまいります。また、さまざまな教育に携わる人物や団体の活動を広報で紹介し、地域の教育力向上に役立ててまいります。

 第2に、学校教育についてであります。

 学校教育では、次代を担う子供たちがよく学び、よく遊び、心身ともに健やかに育ち、それぞれの夢や希望に向かって成長していくことが何よりも大切であります。このため、新学習指導要領の移行期に当たる新年度では、すべての児童生徒の思考力、判断力、表現力などをはぐくむ観点から、基礎的・基本的な知識及び技能の活用を図る学習活動を重視してまいります。

 また、福岡小学校、福岡中学校において、新学習指導要領に基づく学習指導のあり方に関する学校公開研究会を開催し、その成果を市内小中学校に広げてまいります。

 全国学力・学習状況調査については、全校調査を実施し、学力の状況把握や分析を通して、教育指導の充実や学習状況の改善に役立ててまいります。また、今年度、福岡中学校に導入した1年生の35人学級を継続し、一人一人に目が行き届く環境を整えてまいります。

 特別支援教育では、個々の教育的ニーズに応じた適切な対応が求められております。特別支援補助員の配置、巡回教育相談の実施、関係機関との連携などにより、障害の状況に応じたきめ細やかな指導に努めるとともに、特別支援学校中学部の設置を要望してまいります。

 就学前教育では、幼児期の体験がその後の成長に大きな影響を及ぼすことから、その重要性の啓発を図るとともに、幼稚園、保育所との連携に努めてまいります。

 教育基本法の改正に伴い、学校、家庭、地域の「連携」は、これからの教育を考える上でのキーワードとなっております。

 済みません、体調がよくないので、以降について教育長のほうから演述させてよろしいでしょうか。



○議長(佐藤正倫)

 それでは、引き続き鳩岡教育長のほうから、体調が悪いということで、交代でお願いいたします。まず、どうぞ柴田教育委員長、少し休憩して。

 それでは、引き続きお願いいたします。

〔教育長 鳩岡矩雄君登壇〕



◎教育長(鳩岡矩雄) 

 それでは、続けさせていただきます。

 二戸市では、平成20年度より、いわて型コミュニティ・スクール事業を中心に、学校・家庭・地域の連携強化に努めてまいりました。新年度も、学校経営の改善を図るために、外部評価を積極的に取り入れ、「開かれた学校づくり」を推進してまいります。また、子供の安全対策では、スクールガードなど地域ボランティアの協力により、地域での見守り体制づくりに努めてまいります。

 近年、子供たちが、みずからの人生を切り開いていく力や仲間と競い、支え合う力の低下が懸念されております。このため、確かな学力とともに、豊かな心の育成と健やかな体をはぐくむことがますます求められております。

 道徳教育では、すべての教育活動を通して、道徳性や基本的な生活習慣、規範意識を身につける指導の充実を図るとともに、家庭との連携に努めながら、生き方に自覚を深める教育を推進してまいります。

 生徒指導では、校内生徒指導体制を強化するとともに、心の教室相談員や教育相談員の配置、スクールカウンセラーの活用など教育相談体制の充実に努めてまいります。また、児童生徒が学校生活へ復帰するための支援について検討してまいります。

 学校体育では、昨年の1学期、市内の小学5年生と中学2年生を対象に、「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」を実施しており、小・中学校ともに、「50メートル走」「立ち幅跳び」「シャトルラン」が全国や県平均を若干下回っていることから、瞬発力や持久力を高める運動を取り入れてまいります。

 健康教育では、学校医、学校歯科医、学校薬剤師の協力により、活発な学校保健活動が行われており、金田一小学校が文部科学大臣表彰を受賞するなど、全国的にも高い評価を受けております。今後も、関係機関、家庭、地域との連携を図り、児童生徒の肥満予防などの課題解決に努めてまいります。

 子供たちの学ぶ意欲を高め、たくましく生きる力をはぐくむ教育活動を支えるためには、時代の要請にこたえる安全で快適な教育環境の整備が必要であります。

 平成21年度予算では、市内全小中学校にICT環境の整備を進めてまいりました。新年度は、これらの活用を図るため教員研修を実施するとともに、子供たちにわかる授業を進めながら、興味や関心、学ぶ意欲を高め、主体的に学ぶ態度を育ててまいります。あわせて、適切な情報を選択し活用できる判断力や、情報モラル・マナーが身につけられる指導の充実に努めてまいります。また、校務の情報化により、教職員の業務改善を図ってまいります。

 学校施設の整備では、児童生徒の安全で快適な学校生活の確保を図るため、引き続き維持・修繕に努めてまいります。また、平成21年度から2カ年の継続事業として取り組んでいる浄法寺小学校新校舎建設については、建築工事の進捗に合わせて屋外運動場や備品等の施設整備を進め、秋には子供たちが新しい学舎で勉強できるよう努めてまいります。

 小中学校施設の耐震化では、中央小学校及び金田一中学校の耐震補強・大規模改造事業と御返地中学校屋内運動場の耐震補強事業に取り組み、安全・安心な学校で授業ができるよう努めてまいります。また、福岡中学校については、「福岡中学校施設整備検討委員会」の報告をもとに、施設整備に向けて検討を進めてまいります。

 少子化に伴う学校の小規模化への対応では、上斗米中学校がPTA、地域住民の方々のご理解とご協力により、この4月から、福岡中学校へ統合することとなりました。仁左平中学校については、引き続き話し合いを進めていくとともに、御返地中学校についても、地域の実情を勘案しつつ、子供たちのよりよい教育環境整備を目指してまいります。

 学校給食は、児童生徒の心身の健全な発達のため、栄養バランスのとれた食事を提供するとともに、準備、会食、後片づけを通して協力し合うこと、食事のマナーを身につけることなど、食に関する生きた教材として重要な役割を担っております。

 このことから、児童生徒みずからが、健全な食生活を営むことができる判断力を培い、望ましい食習慣を養うため、栄養教諭などによる指導の充実に努めてまいります。加えて、新しい学校給食センターは、見学スペースや会議室が整備されていることから、見学、研修についても積極的に対応してまいります。また、衛生管理に万全を期すとともに、地元生産農家や食材納入業者と連携し、市内でとれた米や肉、野菜などを積極的に取り入れた給食の提供に努めてまいります。

 第3に、社会教育についてであります。

 近年、子供にかかわる痛ましい事件やパソコン・携帯電話などの普及による余暇時間の過ごし方などが問題となる中、教育委員会、家庭、学校、地域社会が強い責任と自覚を持ち、連携や協力を図りながら子供たちの成長を支える仕組みづくりが大切になっております。

 特に家庭は、子供たちが生活に必要な習慣を身につけ、調和のとれた心身をはぐくむ場であり、教育の原点でもあることから、昨年10月、二戸市教育振興運動推進協議会が作成した「家庭教育の手引き」の活用を図りながら、各種研修会を開催するなど、家庭の教育力向上に努めてまいります。

 また、親子でふるさと二戸についての理解を深められるよう、本市を取り巻く豊かな自然や歴史、文化、人物について学ぶ機会を設けてまいります。

 放課後の子供たちの居場所づくりを確保する「放課後子ども教室推進事業」では、地域住民の協力を得ながら、勉強やスポーツなどを行い、子供たちの健やかな成長を支援してまいります。

 公民館は、地域住民だれもが気軽に集える学習の場であるとともに、活力ある地域づくりを推進する拠点としての役割が求められております。そのため、それぞれの地域資源を生かした多彩な学習機会の企画や提供、ボランティア活動や体験活動を通して、地域を担う人材の育成などに努めるほか、本市において来る7月、第58回岩手県公民館大会を開催し、公民館が直面する課題の研究討議を通して、社会教育に携わる職員や地域住民の資質向上に役立ててまいります。

 また、市立図書館では、児童図書や郷土資料など、さまざまな分野の図書や情報の収集と提供を図るほか、ボランティアを活用した絵本の読み聞かせを実施し、幼児の健やかな成長を支援してまいります。

 第4に、歴史的文化遺産についてであります。

 文化財は、郷土の歴史や文化を理解する上で重要であり、その保護と活用は、二戸固有の文化の創造、ひいては市勢発展の基礎となるものであります。このような考えから、国史跡九戸城跡の公有化や環境整備事業を継続して推進するとともに、伝統的建造物を核として歴史的な町並みの保存活用に努め、さらに、埋蔵文化財センターや歴史民俗資料館において、市民や児童を対象とした各種講座を開催し、文化財や歴史・民俗への理解を深めてまいります。

 以上、平成22年度の主要施策について、所信の一端を述べさせていただきました。

 教育委員会は、合併直後の平成18年度に第1次の「二戸市教育振興基本計画」を策定し、本市教育行政の進むべき方向と、これを実現するための具体的な施策を推進してまいりました。

 この計画が最終年度を迎えるに当たり、これからの経済や社会の変化、国や県の文教施策の動向などを踏まえながら、第2次の「二戸市教育振興基本計画」の策定を進めてまいります。

 そして、二戸市総合計画にもうたわれている「地域を担う人を育てるまちづくり」を目指す中で、美しい自然や生活環境、歴史や伝統・文化などの環境が持つ教育力、知識や技術などの住民が持つ教育力を総合的に生かしながら、二戸市の「人づくり」を進めてまいる所存であります。

 市民の皆様並びに議員各位におかれましては、ご理解とご協力を賜りますことをお願い申し上げ、教育施政方針とさせていただきます。

 途中から教育委員長にかわりまして申し上げました。



○議長(佐藤正倫)

 以上で市長演述並びに教育施政方針説明を終わります。

 ここで暫時休憩いたします。

休憩 午前11時07分

〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜

再開 午前11時22分



○議長(佐藤正倫)

 再開いたします。

 日程第4、議案第1号、二戸市総合計画審議会条例の一部を改正する条例から日程第19、議案第16号、平成21年度二戸市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)まで、以上16件を一括議題といたします。

 提案説明を求めます。

 小野寺総務部長。

〔総務部長 小野寺悦夫君登壇〕



◎総務部長(小野寺悦夫)

 それでは、議案第1号につきまして提案説明いたします。

 議案第1号、二戸市総合計画審議会条例の一部を改正する条例。内容説明につきましては、議案概要説明書にて行いたいと思いますので、ご参照ください。

 1の条例改正の趣旨ですが、行政組織が平成20年4月1日から改編されておりまして、所要の整備を行うものです。

 なお、改正が遅くなりましたことをおわび申し上げます。

 2の改正の内容ですが、第5条関係は審議会の庶務を処理する課を総務部行革推進課から総務部政策推進課に改めるものです。

 3の附則関係ですが、この条例の施行日を公布の日からとする旨を定めるものです。

以上が条例案の内容でございます。

 次に、議案提出理由に移りますので、議案の最後をごらんください。平成22年3月3日提出、二戸市長、小保内敏幸。

 理由。所要の整備をしようとするものである。これが、この条例案を提出する理由である。

 なお、お手元に新旧対照表を添付しておりますので、ご参照願います。

 次に、議案第2号につきまして提案説明いたします。議案第2号、二戸市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例。内容説明につきましては、議案概要説明書にて行いたいと思いますので、ご参照ください。

 1の条例改正の趣旨ですが、本年4月施行の労働基準法の改正に伴い、長時間にわたる時間外労働の抑制を図る観点から所要の整備を行うものです。

 2の改正の内容ですが、第10条の2関係ですが、1カ月に60時間を超えて時間外勤務を行った職員に対して、休息の機会を与えるために時間外勤務手当の支給割合の引き上げ分の支給にかえて、勤務をすることを要しない日、または時間、代替休を指定できることとするものです。

 なお、この条例に関連して、時間外勤務手当の支給割合の引き上げについて、議案第5号、二戸市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例でご提案申し上げます。

 第12条関係ですけれども、改正に伴う字句の整備をするものです。17条関係も同じ内容でございます。

 3の附則関係ですが、この条例の施行日を平成22年4月1日からとする旨を定めるものです。

 なお、下の図で説明させていただきますが、時間外勤務手当の支給割合の引き上げ分の支給にかえて、時間外勤務代休時間を指定する仕組みを表であらわしております。表の下の例で説明いたしますと、職員が月76時間の時間外勤務を行った場合は、月60時間を超える16時間分、表の右の斜線の濃い部分の時間外勤務手当の支給割合の引き上げ分25%の支給にかえて、時間外勤務代休時間を指定することも可能となります。例で、例えて言えば、16時間掛ける25%ということで、4時間分の代休を指定することが可能となるものです。ただし、76時間分の100分の125の時間外勤務手当支給は必要となります。以上が条例案の内容でございます。

 次に、議案提出理由に移りますので、議案の最後をごらんください。平成22年3月3日提出、二戸市長、小保内敏幸。

 理由。労働基準法の改正に伴い、所要の整備をしようとするものである。これが、この条例案を提出する理由である。

 なお、お手元に新旧対照表を添付しておりますので、ご参照願います。

 次に、議案第3号につきまして提案説明いたします。議案第3号、二戸市特別職の職員の給与並びに旅費及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例。内容説明につきましては、議案概要説明書にて行いたいと思いますので、ご参照ください。

 21年の第7回臨時会において、市長、副市長の給料月額を、市長は平成21年12月1日から平成22年1月28日まで、副市長は平成21年12月1日から平成22年2月21日まで給料月額を減額しておりましたが、新市長、新副市長においても同様の減額をしたいということで、条例の一部改正をお願いするものです。

 1の条例改正の趣旨ですが、市長、副市長の給料月額を減額するため、附則で定めようとするものです。

 2の改正内容ですが、附則の改正関係で市長及び副市長の給料月額を当分の間100分の0.17を減額するものです。そのことによりまして、市長は改正前の給料月額は72万6,000円、それが改正後に72万4,766円となるものです。また、副市長につきましては、改正前の給料月額が62万4,000円から62万2,940円になるものです。

 3の附則関係ですが、この条例の施行日を平成22年4月1日からとする旨を定めるものです。以上がこの条例案の内容でございます。

 次に、議案提出理由に移りますので、議案の最後をごらんください。平成22年3月3日提出、二戸市長、小保内敏幸。

 理由。市長及び副市長の給料月額を減額しようとするものである。これが、この条例案を提出する理由である。

 なお、お手元に新旧対照表がありますので、ご参照ください。

 次に、議案第4号につきまして提案説明いたします。議案第4号、二戸市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例。内容説明につきましては、議案概要説明書にて行います。

 教育長においても市長、副市長と同様に給料月額の減額をしたいということで、条例の一部改正をお願いするものです。給料月額を減額するため、また所要の整備を行おうとするものです。

 1の条例改正の趣旨ですが、教育長の給料月額を減額するため、附則で定めようとするものです。

 2の改正内容ですが、附則の改正関係で教育長の給料月額を当分の間、100分の0.17を減額するものです。教育長は、このことによりまして改正前の給料月額が55万6,000円から改正後は55万5,055円となるものです。

 3の附則関係ですが、この条例の施行日を22年4月1日からとする旨を定めるものです。以上が条例案の内容でございます。

 次に、議案提出理由に移りますので、議案の最後をごらんください。平成22年3月3日提出、二戸市長、小保内敏幸。

 理由。教育長の給料月額を減額しようとするものである。これが、この条例案を提出する理由である。

 なお、お手元に新旧対照表を添付しておりますので、ご参照願います。

 次に、議案第5号につきまして提案説明いたします。議案第5号、二戸市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例。

 1の条例改正の趣旨ですが、先ほどの議案第2号条例と関連しておりますが、4月からの労働基準法の改正に伴い、所要の整備をするものです。

 2の改正の内容ですが、第15条関係ですが、1カ月60時間を超えた時間外勤務、日曜日、またはこれに相当する日の勤務を除くについて、時間外勤務手当の支給割合を100分の125または100分の135から100分の150、深夜時間、これは10時から翌日の5時までということですが、100分の150または100分の160から100分の175に引き上げることとするものです。

 第23条関係ですが、改正に伴う字句の整備をするものです。

 3の附則関係ですが、この条例の施行日を平成22年4月1日からとする旨を定めるものです。以上が条例案の内容でございます。

 次に、議案提出理由に移りますので、議案の最後をごらんください。平成22年3月3日提出、二戸市長、小保内敏幸。

 理由。労働基準法の改正に伴い、時間外勤務手当の支給率を改定しようとするものである。これが、この条例案を提出する理由である。

 なお、お手元に新旧対照表を添付しておりますので、ご参照願います。

 次に、議案第6号につきまして提案説明いたします。議案第6号、岩手北部広域環境組合の設置の協議について。久慈市、二戸市、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町及び一戸町において、別紙規約により岩手北部広域環境組合を設置することの協議に関し、地方自治法第290条の規定により、議会の議決を求める。

 平成22年3月3日提出、二戸市長、小保内敏幸。

 理由。ごみに限る一般廃棄物の処理に関する事務を、久慈市、二戸市、普代村、軽米町、野田村、九戸村、洋野町及び一戸町の8市町村で共同処理するため、岩手北部広域環境組合を設置しようとするものである。これが、この議案を提出する理由である。

 なお、別紙として規約を添付してございますので、ご参照ください。

 次に、議案第7号につきまして提案説明いたします。議案第7号、消費生活相談等事務の委託の協議についてであります。別紙消費生活相談等事務の事務委託に関する規約により、消費生活相談等事務の管理及び執行を軽米町から委託を受けることについて協議をするため、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により、議会の議決を求める。

 平成22年3月3日提出、二戸市長、小保内敏幸。

 理由。規約を定めて消費生活相談等の事務の管理及び執行を軽米町から委託を受けようとするものである。これが、この議案を提出する理由である。

 なお、別紙として消費生活相談等事務の事務委託に関する規約を添付しておりますので、ご参照ください。

 次に、議案第8号につきまして提案説明させていただきます。議案第8号、消費生活相談等事務の委託の協議について。別紙消費生活相談等事務の事務委託に関する規約により、消費生活相談等事務の管理及び執行を九戸村から委託を受けることについて協議をするため、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により、議会の議決を求める。

 平成22年3月3日提出、二戸市長、小保内敏幸。

 理由。規約を定めて消費生活相談等の事務の管理及び執行を九戸村から委託を受けようとするものである。これが、この議案を提出する理由である。

 なお、別紙として規約を添付しております。

 次に、議案第9号につきまして提案説明いたします。議案第9号、消費生活相談等事務の委託の協議について。別紙消費生活相談等事務の事務委託に関する規約により、消費生活相談等事務の管理及び執行を一戸町から委託を受けることについて協議をするため、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により、議会の議決を求める。

 平成22年3月3日提出、二戸市長、小保内敏幸。

 理由。規約を定めて消費生活相談等の事務の管理及び執行を一戸町から委託を受けようとするものである。これが、この議案を提出する理由である。

 なお、別紙として消費生活相談等事務の事務委託に関する規約を添付しておりますので、ご参照ください。

 続きまして、議案第10号について説明いたします。議案第10号、平成21年度二戸市一般会計補正予算(第11号)。平成21年度二戸市の一般会計補正予算(第11号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億8,687万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ172億2,584万4,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 繰越明許費。第2条、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表繰越明許費」による。

 債務負担行為の補正。第3条、債務負担行為の変更は、「第3表債務負担行為補正」による。

 地方債の補正。第4条、地方債の変更は、「第4表地方債補正」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページをお開きください。第1表、歳入歳出予算補正。歳入。歳入歳出とも補正額を説明いたします。11款分担金及び負担金562万8,000円の減、負担金でございます。

 12款使用料及び手数料80万7,000円、使用料、手数料でございます。

 13款国庫支出金5億7,860万1,000円、国庫負担金、国庫補助金、委託金でございます。

 14款県支出金2,473万9,000円の減、県負担金、県補助金、委託金でございます。

 15款財産収入3,382万5,000円、財産運用収入、財産売払収入でございます。

 16款寄附金655万8,000円、寄附金でございます。以後、款と項が同名の場合は省略させていただきます。

 17款繰入金1億1,765万6,000円の減、基金繰入金でございます。

 19款諸収入919万5,000円の減、雑入でございます。

 20款市債7,570万円の減でございます。

 歳入合計、補正前の額168億3,897万1,000円、補正額3億8,687万3,000円、計172億2,584万4,000円でございます。

 4ページをお願いいたします。歳出、1款議会費471万9,000円の減、議会費でございます。

 2款総務費5,123万1,000円の減、総務管理費、徴税費、戸籍住民基本台帳費、選挙費、統計調査費でございます。

 3款民生費3,038万2,000円の減、社会福祉費、児童福祉費、生活保護費でございます。

 4款衛生費976万8,000円、保健衛生費、清掃費、上水道費でございます。

 5款労働費2万円の減、労働諸費でございます。

 6款農林水産業費955万7,000円、農業費、林業費でございます。

 7款商工費658万8,000円でございます。

 8款土木費1億4,308万9,000円、土木管理費、道路橋梁費、都市計画費、住宅費、河川費でございます。

 9款消防費5万9,000円の減でございます。

 10款教育費3億428万2,000円、教育総務費、小学校費、中学校費、社会教育費、保健体育費でございます。

 歳出合計、補正前の額168億3,897万1,000円、補正額3億8,687万3,000円、計172億2,584万4,000円でございます。

 第2表、繰越明許費。繰越明許費は、7ページ、2款総務費、1項総務管理費、事業名、テレビ難視聴解消事業、金額4,721万3,000円。以下8ページ、10款の教育費、6項保健体育費、総合スポーツセンター施設改修事業210万9,000円までの32事業でございます。

 第3表、債務負担行為補正。農業経営基盤強化資金利子補給補助金、変更前の融資額の限度額2億5,100万円、変更後の融資額の限度額3億5,000万円、融資額の限度額9,900万円増額するものでございます。

 第4表、地方債補正。地方債の限度額の変更でございます。難視聴解消施設整備事業、補正前の限度額200万円、補正後の限度額190万円、鉄道施設整備事業、補正前の限度額2,340万円、補正後の限度額1,320万円、学校施設整備事業、補正前の限度額3億7,200万円、補正後の限度額3億1,490万円、上水道事業、補正前の限度額920万円、補正後の限度額90万円でございます。

 次に、補正予算に関する説明書5ページをお願いいたします。2、歳入、11款分担金及び負担金、2項負担金、1目民生費負担金、4節児童福祉施設負担金471万3,000円の減は、認定こども園の減によるものでございます。

 12款使用料及び手数料、1項使用料、3目衛生使用料、1節火葬場使用料245万9,000円は、10月から1月5日まで、一戸町の火葬場が改修工事のため休止したことによる増でございます。

 7ページをお願いいたします。13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、6節生活保護費等負担金1,221万円は、生活保護費扶助費の増によるものでございます。

 9ページをお願いいたします。2項国庫補助金、1目総務費国庫補助金、1節総務費補助金の説明欄、地域活性化・経済危機対策臨時交付金242万2,000円の減は、再認定によるものでございます。地域活性化・公共投資臨時交付金2億3,530万円は、国の1次補正追加配分に伴い、中央小学校などの耐震化、大規模改造を実施するものでございます。地域活性化・きめ細かな臨時交付金1億8,194万8,000円は、国の2次補正に対応する経済対策事業を実施するものでございます。

 2目民生費国庫補助金、8節子ども手当準備事業費補助金500万1,000円は、平成22年度から支給される子ども手当のシステム整備等の準備に要する経費の補助でございます。

 11ページをお願いいたします。6目教育費国庫補助金、1節教育費補助金、説明欄の安全・安心な学校づくり交付金1億5,683万2,000円は、小中学校の耐震化、大規模改修、小中学校地上デジタル設備整備及び浄法寺小学校建設に係る補助金等の増額でございます。

 それから、13ページをお願いいたします。14款県支出金、1項県負担金、2目衛生費県負担金、1節保健事業費負担金144万円は、健診事業に係る国庫負担金が制度改正により県負担金に統合されたものでございます。

 2項県補助金、1目総務費県補助金、1節総務費補助金141万5,000円の減は、市バス運行事業費の減に伴う市町村総合補助金の減でございます。

 15ページをお願いいたします。6目商工観光費県補助金、1節商工観光費補助金、市町村消費者行政活性化事業費補助金255万8,000円の減は、消費者センター設置準備経費の入札残等による減でございます。

 17ページ、お願いいたします。3項委託金、1目総務費委託金、1節徴税費委託金755万4,000円の減は、納税義務者数の減少と算定単価の改定による県民税徴収委託金の減でございます。6節選挙委託金、説明欄、衆議院議員総選挙委託金339万9,000円の減は、ポスター掲示板経費の入札残等によるものでございます。

 19ページ、お願いいたします。15款財産収入、2項財産売払収入、1目不動産売払収入、1節土地売払収入151万7,000円は、街路整備事業に伴う土地売払収入でございます。

 21ページ、お願いいたします。6目残余財産収入、1節残余財産収入3,436万円は、二戸地区土地開発公社の残余財産が各市町村の出資額に応じて配分されるものでございます。

 16款寄附金、1項寄附金、1目総務費寄附金、1節総務費寄附金385万円は、ふるさと納税17件分を地域づくり人づくり基金に積み立てを行うものでございます。

 2目民生費寄附金、1節民生費寄附金229万9,000円は、ふるさと納税等12件分を地域福祉基金に積み立てを行うものでございます。

 17款繰入金、2項基金繰入金、1目財政減債基金繰入金、1節財政調整基金繰入金3,436万円の減及び2目減債基金繰入金7,523万7,000円の減は、財源調整でございます。

 23ページをお願いいたします。19款諸収入、4項雑入、2目雑入、16節雑入の説明欄、企業会計職員給与費負担金516万6,000円の減は、兼務職員の会計間負担の調整でございます。

 25ページをお願いいたします。損害賠償等の収入275万円は、温泉センターの損害賠償金でございます。

 20款市債、1項市債、1目総務債、2節鉄道施設整備事業債1,020万円の減は、いわて銀河鉄道新指令システム整備に伴うJRからの借入金が確定したため、沿線市町村からの補助金が減額されたものでございます。

 5目教育債、1節学校施設整備事業債5,710万円の減は、公共投資事業で行う小中学校の補強及び大規模改修事業の追加と浄法寺小学校建設事業に国庫補助金が追加されたことに伴う財源振りかえの影響によるものでございます。

 次に、歳出について説明いたします。冒頭でありますが、歳出の内容をよく理解していただくために、お配りしてあります議案第10号関係の平成21年度一般会計補正予算(第11号)の資料について、最初に説明させていただきます。

 最初の(1)の地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業ですが、国は平成21年度第2次補正として緊急経済対策7兆2,000億円を追加補正、計上いたしております。この緊急経済対策の中で、地方支援として地域活性化・きめ細かな臨時交付金5,000億円が創設され、二戸市に配分される交付限度額は1億8,194万8,000円となっております。市といたしまして、地域の活性化に資するインフラ整備を図ることを目的に16事業を選定したところであります。

 それでは、事業の内容について説明申し上げます。まず、その表を見ていただきますが、番号と事業名、事業費、事業内容、そして予算に関する説明書、こちらのほうには款項目がついておりまして、事業名とページ数がついております。これらについて説明させていただきます。1番、2番につきましては、ボイラー及び空調設備の改修工事を行うものです。3番につきましては、老朽化している消火栓16基の更新を行うもので、上下水道事業会計へ消防施設設置負担金を支払うものであります。4番につきましては、宮向山転作研修センターの下水道接続と、それから農業集会施設16カ所ありますけれども、こちらのほうのトイレの簡易水洗化を行うものであります。6番の二戸地区拠点工業団地内道路整備の関係ですが、工業団地に新たに立地する地元企業のリキュールの製造工場への取りつけ道路を整備するものです。8番ですが、市道大釜線ほか8路線、舗装、側溝等の修繕工事になります。9番ですが、こちらのほうは道路改良舗装を行うものです。10番の土地区画整理事業につきましては、二戸周辺地区の土地区画整理事業の促進ということで、区画会計への繰り出しを行うものでございます。最後のほうで、15番ですが、こちらのほうは大平球場の関係ですが、災害防止のために設置している調整池の防水工事とバックスクリーンの改修を行うというものです。それから、16番につきましては、7月に開催される県民柔道大会、あるいは8月に開催される東北総合体育大会剣道競技でございますが、こちらのほうの大会に向けてアリーナの床の部分、改修工事とボイラー等の修繕を行うものです。合計で2億1,351万1,000円、交付金総額が1億8,194万8,000円となるものです。

 以上、別添の予算を計上して平成22年度への繰り越し事業とするものでございます。

 なお、このきめ細かな臨時交付金につきましては、きのう急遽2,500万円の追加交付の通知が内閣府から参りました。これにつきましては、本日の提案に間に合いませんでしたので、これから調整いたしまして今議会に追加提案の手続をとらせていただきたいというふうに考えてございます。

 次に、2の地域活性化・公共投資臨時交付金の事業について説明いたします。この事業は、ご存じのように国の平成21年度第1次補正予算として経済対策のため、地域における公共投資を円滑に実施できるように追加公共事業等に係る地方負担額を支援する制度であります。二戸市は、第1次交付限度額として5,900万円が示され、下水道と区画整理事業の2つの事業、事業費ベースで6,042万円を9月定例会において可決いただいております。今般二戸市に追加する追加の第2次交付限度額が2億3,530万円と算定されたことから、以下5つの事業を予算計上したものでございます。

 事業内容は、その表に見られるように中央小、御返地中学校、それから金田一中学校の耐震補強、大規模改修事業と、それから小中学校7校の地上デジタル対応のアンテナ等を整備するために予算計上したもので、事業総額は3億3,129万6,000円となるものです。

 以上、予算を計上して22年度への繰り越し事業として実施するものであります。

 なお、既存事業の財源振りかえといたしましては、杉ノ沢・船場地区配水管布設替事業と浄法寺小学校建設事業の2件で9,551万3,000円となるものです。

 次に、(3)、地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業について説明させていただきます。この事業は、21年度一般会計補正予算(第5号)として8月に可決いただいている事業ですが、39事業、事業費総額9億円、交付限度額4億709万9,000円を計上しておりましたが、国の再算定によりまして242万2,000円減の4億467万7,000円となるものです。今回の補正に当たりましては、排水施設改良事業、それから浄法寺カシオペアセンター梅田川分館の解体事業などに入札残が生じたために不用額を減額し、道路維持管理補修事業、それから公園整備事業などの他の事業に振りかえることにより交付金を返還することなく有効に活用するものでございます。

 以下、歳出の説明に当たりましては、これらの3つの事業、交付金事業に関連した補正予算については割愛させていただきます。

 それでは、27ページをお願いいたします。3、歳出、2款総務費、1項総務管理費......



○議長(佐藤正倫)

 まだかかる。



◎総務部長(小野寺悦夫)

 まだかかります。



○議長(佐藤正倫)

 では、ここで一応説明は。

 それでは、昼食のため、ここで休憩いたします。

休憩 午前11時59分

〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜

再開 午後 1時00分



○議長(佐藤正倫)

 再開いたします。

 引き続き提案説明を求めます。

 小野寺総務部長。

〔総務部長 小野寺悦夫君登壇〕



◎総務部長(小野寺悦夫)

 それでは、27ページをお願いいたします。3、歳出、2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、職員人件費、3節職員手当等817万3,000円は、職員の退職に伴う退職手当特別負担金の追加でございます。

 2目文書広報費、広聴広報費、19節負担金補助及び交付金、テレビ難視聴地域解消事業費補助金334万9,000円は、事業主体の事業費の増によるものでございます。

 29ページをお願いいたします。6目企画費、交通運輸対策費、19節、いわて銀河鉄道新指令システム整備費補助金1,019万6,000円の減は、JR貨物からの借入金確定に伴う減額でございます。企画事務費、25節積立金、地域づくり人づくり基金積立金385万円は、ふるさと納税分の積み立てでございます。市バス運行事業費、13節委託料、市バス運行委託料250万円の減は、事業費の確定見込みによるものでございます。

 35ページをお願いいたします。4項選挙費、3目市長選挙費、市長選挙費2,324万7,000円の減は、選挙無投票等に伴う不用額の減額でございます。

 4目農業委員会委員選挙費、農業委員会委員選挙費1,409万6,000円の減は、選挙無投票等に伴う減額でございます。

 39ページをお願いいたします。3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費、社会福祉総務費、25節、福祉対策基金積立金230万円は、ふるさと納税等によるものでございます。

 8目後期高齢者医療費、19節負担金の関係でございますが、岩手県後期高齢者医療広域連合負担金269万円の減は、事務費分の確定見込みによるものでございます。

 41ページをお願いいたします。2項児童福祉費、1目児童福祉総務費、児童手当等の支給費、20節児童扶養手当給付費519万8,000円の減は、支給額の確定見込みによるものでございます。

 2目児童保護費、児童手当等支給費、13節、子ども手当管理システム整備委託料500万1,000円は、子ども手当支給の準備に係る電算委託経費でございます。20節、児童手当給付費1,558万5,000円の減は、支給額の確定見込みによるものでございます。保育事業委託費、20節、保育所運営費551万9,000円の減は、運営費の算定において職員の人件費が減額算定されたことによるものでございます。

 43ページをお願いいたします。3項生活保護費、2目扶助費、生活保護扶助費、20節、医療扶助費1,628万円は、生活保護の増加等によるものでございます。

 47ページをお願いいたします。4款衛生費、1項保健衛生費、7目保健事業費、保健事業費、13節の委託料でございますが、生活習慣病検診委託料900万円の減は受診者の確定見込みによる減額でございます。

 49ページをお願いいたします。3項上水道費、1目上水道公営企業費、上水道公営企業費、19節では、上水道事業補助金1,917万5,000円は高料金対策に係る一般会計からの繰り出しでございます。

 53ページをお願いいたします。6款農林水産業費、2項林業費、1目林業総務費、林業総務費、19節、分収林の分収交付金1,106万1,000円の減は、分収林等の立木売払収入の精査によるものでございます。

 5目造林事業費、市有林造成事業費、13節の市有林造成事業委託料300万円の減は、入札残等の事業費の確定見込みによるものでございます。

 55ページをお願いいたします。7款商工費、1項商工費、1目商工総務費、消費者啓発事業費、18節の備品購入費253万8,000円の減は、二戸消費者生活センターの入札等によるものでございます。

 7目企業誘致費、企業誘致費、19節の企業立地補助金310万円の減は、株式会社日本一フードの補助金交付対象雇用人数の減によるものでございます。

 59ページをお願いいたします。8款土木費、3項都市計画費、5目公共下水道費、公共下水道費、28節の下水道事業特別会計繰出金895万3,000円は、特定環境保全公共下水道整備事業県代行負担金の増によるものでございます。

 63ページをお願いいたします。9款消防費、1項消防費、4目防災費、防災事務費、15節の工事請負費54万4,000円は、全国瞬時警報システム設置工事費の増額でございます。

 10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費、教育委員会事務局事務費、13節の学校林等造成事業委託料477万1,000円の減は、植栽事業の繰り延べによるものでございます。25節積立金、学校施設設備基金積立金1,152万円は、学校林立木売払収入等の積み立てでございます。

 65ページをお願いいたします。3目教育研修費、教育研修費、13節のスクールバス管理運行委託料400万円の減は、事業費の確定見込みによる減でございます。

 73ページをお願いいたします。5項社会教育費、5目文化財費、土地区画整理区域発掘調査費218万4,000円の減は、土地区画整理事業の事業費の組み替えによるものでございます。

 75ページをお願いいたします。6項保健体育費、3目学校給食費、学校給食実施事務費、13節の委託料、次のページの学校給食配送業務委託料1,019万円の減は、事業費の確定見込みによるものでございます。

 以上でございますが、続きまして議案第11号について説明いたします。議案第11号、平成21年度二戸市国民健康保険特別会計補正予算(第6号)。平成21年度二戸市の国民健康保険特別会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正。第1条、診療施設勘定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ268万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億8,138万1,000円とする。

 第2項、診療施設勘定の歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 地方債の補正。第2条、地方債の変更は、「第2表地方債補正」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページをお願いします。第1表、歳入歳出予算補正。歳入。診療施設勘定、歳入歳出とも補正額を説明させていただきます。1款診療収入410万5,000円、外来収入、その他の収入でございます。

 3款繰入金11万7,000円の減、他会計繰入金でございます。

 6款市債130万円の減でございます。

 歳入合計、補正前の額3億7,869万3,000円、補正額268万8,000円、計3億8,138万1,000円でございます。

 歳出、2款医業費405万円、3款施設整備費136万2,000円の減でございます。

 歳出合計、補正前の額3億7,869万3,000円、補正額268万8,000円、計3億8,138万1,000円でございます。

 第2表、地方債補正。診療施設勘定、起債の目的、病院事業。補正前の限度額1,300万円、補正後の限度額1,170万円、限度額が130万円減となるものでございます。

 次に、補正予算に関する説明書5ページをお願いいたします。2、歳入、1款診療収入、2項外来収入、2目社会保険診療報酬収入、補正額238万5,000円は社会保険外来収入の追加でございます。

 7ページをお願いいたします。6款市債、1項市債、1目病院事業債、1節病院事業債130万円の減は、金田一診療所のトイレ、屋根、それから医師住宅の改修事業に係る事業費の減額によるものでございます。

 9ページ、お願いします。3、歳出、2款医業費、1項医業費、3目医薬品衛生材料費410万5,000円は、医薬材料費の不足分の追加でございます。

 3款施設設備費、1項施設設備費、1目施設設備費136万2,000円の減は、施設改修費の減額でございます。

 続きまして、議案第12号について説明いたします。議案第12号、平成21年度二戸市下水道事業特別会計補正予算(第7号)。平成21年度二戸市の下水道事業特別会計補正予算(第7号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ506万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ11億9,756万1,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 繰越明許費。第2条、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表繰越明許費」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正。歳入歳出とも補正額を説明いたします。1款分担金及び負担金394万9,000円の減、負担金でございます。

 4款繰入金895万3,000円、一般会計繰入金でございます。

 6款諸収入6万2,000円、雑入でございます。

 歳入合計、補正前の額11億9,249万5,000円、補正額506万6,000円、計11億9,756万1,000円でございます。

 続きまして、歳出、1款下水道事業費506万6,000円、下水道事業費でございます。

 歳出合計、補正前の額11億9,249万5,000円、補正額506万6,000円、計11億9,756万1,000円でございます。

 第2表、繰越明許費。1款下水道事業費、1項下水道事業費、事業名、下水道整備事業、金額3億306万5,000円でございます。

 次に、補正予算に関する説明書5ページをお願いいたします。2、歳入、1款分担金及び負担金、1項負担金、1目下水道受益者負担金、1節の下水道受益者負担金394万9,000円の減は、公共下水道受益者負担金の一括納付の減に伴う減額でございます。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金895万3,000円は、浄法寺地区の特定環境保全公共下水道整備事業県代行負担金の増額等によるものでございます。

 7ページをお願いいたします。3、歳出、1款下水道事業費、1項下水道事業費、2目下水道整備費、特定環境保全公共下水道整備事業費555万9,000円は、歳入と同様に県代行負担金の増額等によるものでございます。

 続きまして、議案第13号について説明いたします。議案第13号、平成21年度二戸市生活排水処理事業特別会計補正予算(第5号)。平成21年度二戸市の生活排水処理事業特別会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正。第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ61万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,483万9,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分の金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 地方債の補正。第2条、地方債の変更は、「第2表地方債補正」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページ、お願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正。歳入。歳入歳出とも補正額を説明いたします。1款分担金及び負担金44万3,000円の減は、分担金でございます。

 4款県支出金7万8,000円の減、県補助金でございます。

 5款繰入金20万7,000円、一般会計繰入金でございます。

 8款市債30万円の減でございます。

 歳入合計、補正前の額5,545万3,000円、補正額61万4,000円の減、計5,483万9,000円でございます。

 歳出、1款生活排水処理事業費61万4,000円の減、生活排水処理事業費でございます。

 歳出合計、補正前の額5,545万3,000円、補正額61万4,000円の減、計5,483万9,000円でございます。

 第2表、地方債補正。起債の目的、生活排水処理施設整備事業、補正前の限度額1,140万円、変更後の限度額1,110万円、限度額30万円の減となるものでございます。

 次に、補正予算に関する説明書5ページをお願いいたします。2、歳入、1款分担金及び負担金、1項分担金、1目生活排水処理事業費分担金、1節の生活排水処理施設設置工事費分担金44万3,000円の減は、生活排水処理施設設置工事費の減に伴う分担金の減額でございます。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金20万7,000円は財源調整でございます。

 7ページをお願いいたします。8款市債、1項市債、1目生活排水処理事業債、1節生活排水処理事業債30万円の減は、事業費の減額によるものでございます。

 9ページをお願いいたします。3、歳出、1款生活排水処理事業費、1項生活排水処理事業費、2目施設整備費、施設整備費53万6,000円の減は、事業費の減額によるものでございます。

 続きまして、議案第14号について説明いたします。議案第14号、平成21年度二戸市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)。平成21年度二戸市の簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正。第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ188万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9,108万8,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 地方債の補正。第2条、地方債の変更は、「第2表地方債補正」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページをお開きください。第1表、歳入歳出予算補正。歳入。歳入歳出とも補正額を説明いたします。4款繰入金1,149万8,000円の減、一般会計繰入金でございます。

 5款繰越金497万9,000円でございます。

 6款諸収入483万2,000円で、雑入でございます。

 7款市債20万円の減でございます。

 歳入合計、補正前の額9,297万5,000円、補正額188万7,000円の減、9,108万8,000円でございます。

 歳出、1款簡易水道事業費188万7,000円の減でございます。

 歳出合計、補正前の額9,297万5,000円、補正額188万7,000円の減、計9,108万8,000円でございます。

 第2表、地方債補正。起債の目的、簡易水道整備事業、補正前の限度額140万円、補正後の限度額120万円、限度額が20万円減となるものでございます。

 次に、補正予算に関する説明書5ページをお願いいたします。2、歳入、4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金1,149万8,000円の減は、繰越金、企業会計職員、給与費負担金の増等による減額でございます。

 5款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、1節繰越金497万9,000円は、前年度繰越金でございます。

 6款諸収入、1項雑入、1目雑入、1節雑入483万2,000円は、上水道会計から兼務職員給与費負担金504万2,000円の増と岩手県からの配水管移設工事補償金21万円の減でございます。

 9ページをお願いいたします。3、歳出、1款簡易水道事業費、1項簡易水道事業費、1目総務管理費、簡易水道施設管理費188万7,000円の減は、委託料、福田地区の配水管移設工事費、消費税及び地方消費税納付金などの不用額の減額でございます。

 続きまして、議案第15号について説明いたします。議案第15号、平成21年度二戸市土地区画整理事業特別会計補正予算(第6号)。平成21年度二戸市の土地区画整理事業特別会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,564万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10億7,540万4,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 繰越明許費。第2条、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表繰越明許費」による。

 地方債の補正。第3条、地方債の変更は、「第3表地方債補正」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正。歳入。歳入歳出とも補正額を説明いたします。1款国庫支出金200万円の減。

 4款繰入金2,859万5,000円、一般会計繰入金でございます。

 6款諸収入15万1,000円、雑入でございます。

 7款市債、110万円の減でございます。

 歳入合計、補正前の額10億4,975万8,000円、補正額2,564万6,000円、計10億7,540万4,000円でございます。

 歳出、1款土地区画整理事業費2,564万6,000円でございます。

 歳出合計、補正前の額10億4,975万8,000円、補正額2,564万6,000円、計10億7,540万4,000円でございます。

 4ページをお願いいたします。第2表、繰越明許費。1款土地区画整理事業費、1項土地区画整理事業費、事業名、新幹線二戸駅周辺地区土地区画整理事業、金額1億9,035万2,000円でございます。

 第3表、地方債補正。起債の目的、都市計画事業、補正前の限度額2億3,080万円、補正後の限度額2億2,970万円、限度額が110万円の減額となるものでございます。

 次に、補正予算に関する説明書5ページをお願いいたします。2、歳入、1款国庫支出金、1項国庫補助金、1目土地区画整理事業費国庫補助金、1節土地区画整理事業費補助金200万円の減は、国庫補助事業費の減に伴う減額でございます。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節の一般会計繰入金2,859万5,000円は、きめ細かな臨時交付金事業対応分2,970万円の追加と国庫補助事業の減少額110万5,000円の合算額でございます。

 7ページをお願いいたします。7款市債、1項市債、1目都市計画事業債、1節の都市計画事業債110万円の減は、国庫補助事業の事業費の内示に伴う減額でございます。

 9ページをお願いいたします。3、歳出、1款土地区画整理事業費、1項土地区画整理事業費、1目新幹線二戸駅周辺地区土地区画整理事業費、国庫補助事業費400万円の減は、国からの補助内示の減に伴う減額でございます。地方道路等新設改良舗装事業費2,970万円は、きめ細かな臨時交付金事業対応分の追加でございます。

 続きまして、議案第16号について説明いたします。議案第16号、平成21年度二戸市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)。平成21年度二戸市の後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正。第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ168万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億6,088万円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページ、お願いします。第1表、歳入歳出予算補正。歳入。補正額で説明いたします。1款後期高齢者医療保険料260万6,000円の減でございます。

 4款繰越金429万5,000円でございます。

 歳入合計、補正前の額2億5,919万1,000円、補正額168万9,000円、計2億6,088万円でございます。

 歳出、2款後期高齢者医療広域連合納付金168万9,000円でございます。

 歳出合計2億5,919万1,000円、補正額168万9,000円、計2億6,088万円でございます。

 次に、補正予算に関する説明書5ページをお願いいたします。2、歳入、1款後期高齢者医療保険料、1項後期高齢者医療保険料、2目普通徴収保険料、2節の滞納繰り越し分260万6,000円の減は、収入見込みによる減でございます。

 4款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、1節の繰越金429万5,000円は、前年度繰越金でございます。

 7ページをお願いいたします。3、歳出、2款後期高齢者医療広域連合納付金、1項後期高齢者医療広域連合納付金、1目後期高齢者医療広域連合納付金の168万9,000円は、広域連合納付金の増でございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正倫)

 日程第20、議案第17号、平成21年度二戸市水道事業会計補正予算(第8号)を議題といたします。

 提案説明を求めます。

 小野寺水道事業所長。

〔水道事業所長 小野寺常人君登壇〕



◎水道事業所長(小野寺常人)

 それでは、提案させていただきます。議案第17号、平成21年度二戸市水道事業会計補正予算(第8号)。

 第1条、平成21年度二戸市水道事業会計の補正予算(第8号)は、次に定めるところによる。

 収益的収入及び支出。第2条、平成21年度二戸市水道事業会計予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。

 収入。第1款水道事業収益、既決予定額6億1,508万6,000円、補正予定額1,920万6,000円の増、計6億3,429万2,000円。

 第2項営業外収益、既決予定額3,000万4,000円、補正予定額1,920万6,000円の増、計4,921万円。

 資本的収入及び支出。第3条、予算第4条本文括弧書き中「資本的支出額に対し不足する額3億618万3,000円は過年度分損益勘定留保資金等3億618万3,000円」を「資本的支出額に対し不足する額3億2,923万8,000円は過年度分損益勘定留保資金等3億2,923万8,000円」に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。

 収入。第1款資本的収入、既決予定額9,487万3,000円、補正予定額1,960万5,000円の減、計7,526万8,000円。

 第1項企業債、既決予定額5,160万円、補正予定額3,140万円の減、計2,020万円。

 第3項出資金、既決予定額2,327万3,000円、補正予定額379万5,000円の増、計2,706万8,000円。

 第4項工事負担金、既決予定額1,080万円、補正予定額800万円の増、計1,880万円。

 支出。第1款資本的支出、既決予定額4億105万6,000円、補正予定額345万円の増、計4億450万6,000円。

 第1項建設改良費、既決予定額1億1,891万5,000円、345万円の増、計1億2,236万5,000円。

 企業債。第4条、予算第5条に定めた企業債を次のとおりとする。起債の目的、配水管整備事業、限度額、補正前5,160万円、補正後2,020万円、起債の方法及び利率並びに償還の方法については記載のとおりでございます。

 他会計からの補助金。第5条、高料金対策のため一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は1,917万5,000円である。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 提案理由でございます。平成21年度地方公営企業繰出金項目の高料金対策に要する経費の一般会計繰入金を収入とする補正及び地域活性化・経済対策臨時交付金による経済対策工事として一般会計から出資されていた工事終了に伴う減額補正並びに公共投資臨時交付金の収入による水道管路近代化推進事業費出資分の組み替えを行うとともに、地域活性化・きめ細かな臨時交付金による消火栓設置事業を行う建設改良事業費の増額補正をお願いするものです。よろしくお願いします。



○議長(佐藤正倫)

 日程第21、議案第18号、平成22年度二戸市一般会計予算から日程第29、議案第26号、平成22年度二戸市後期高齢者医療特別会計予算まで、以上9件を一括議題といたします。

 提案説明を求めます。

 小野寺総務部長。

〔総務部長 小野寺悦夫君登壇〕



◎総務部長(小野寺悦夫)

 それでは、議案第18号について説明いたします。

 1ページをお願いいたします。議案第18号、平成22年度二戸市一般会計予算。平成22年度二戸市の一般会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ148億3,000万円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 債務負担行為。第2条、地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表債務負担行為」による。

 地方債。第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表地方債」による。

 一時借入金。第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、15億円と定める。

 歳出予算の流用。第5条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 第1号、各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページ、お願いします。第1表、歳入歳出予算。歳入、1款市税27億6,779万1,000円、市民税、固定資産税、軽自動車税、市たばこ税、入湯税でございます。

 2款地方譲与税2億850万円、自動車重量譲与税、地方揮発油譲与税でございます。

 3款利子割交付金1,240万円でございます。

 4款配当割交付金100万円でございます。

 5款株式等譲渡所得割交付金30万円でございます。

 6款地方消費税交付金2億5,800万円でございます。

 次のページ、第7款自動車取得税交付金3,200万円でございます。

 8款地方特例交付金3,290万円でございます。

 9款地方交付税63億7,400万円でございます。

 10款交通安全対策特別交付金410万円でございます。

 11款分担金及び負担金1億1,817万2,000円、分担金、負担金でございます。

 12款使用料及び手数料1億5,699万5,000円、使用料、手数料でございます。

 13款国庫支出金14億3,192万9,000円、国庫負担金、国庫補助金、委託金でございます。

 次のページ、お願いいたします。14款県支出金9億6,738万7,000円、県負担金、県補助金、委託金でございます。

 15款財産収入6,822万5,000円、財産運用収入、財産売払収入でございます。

 16款寄附金3,000円でございます。

 17款繰入金4億245万5,000円、特別会計繰入金、基金繰入金でございます。

 18款繰越金1,000円でございます。

 19款諸収入5億3,124万2,000円、延滞金、加算金及び過料、市預金利子、貸付金元利収入、雑入でございます。

 20款市債14億6,260万円でございます。

 歳入合計148億3,000万円でございます。

 次のページ、お願いいたします。歳出、1款議会費1億8,741万3,000円でございます。

 2款総務費21億9,546万円、総務管理費、徴税費、戸籍住民基本台帳費、選挙費、統計調査費、監査委員費でございます。

 3款民生費38億5,699万4,000円、社会福祉費、児童福祉費、生活保護費、災害救助費でございます。

 4款衛生費10億8,759万5,000円、保健衛生費、清掃費、上水道費でございます。

 5款労働費7,086万8,000円、労働諸費でございます。

 6款農林水産業費6億1,561万6,000円、農業費、林業費でございます。

 7款商工費4億6,066万2,000円でございます。

 8款土木費14億1,197万7,000円、土木管理費、道路橋梁費、都市計画費、住宅費、河川費でございます。

 9款消防費5億6,947万9,000円でございます。

 次のページ、お願いいたします。10款教育費21億2,400万8,000円、教育総務費、小学校費、中学校費、幼稚園費、社会教育費、保健体育費でございます。

 11款災害復旧費2,000円、農林水産施設災害復旧費、公共土木施設災害復旧費でございます。

 12款公債費22億1,992万5,000円でございます。

 13款諸支出金1,000円、普通財産取得費でございます。

 14款予備費3,000万円でございます。

 歳出合計148億3,000万円でございます。

 9ページ、お願いいたします。第2表、債務負担行為。事項、農業近代化資金利子補給補助金。期間、平成23年度から平成37年度。限度額、平成22年度に融資する農業近代化資金の融資額6,500万円を限度額として、その償還が終了するまでの毎年度の融資平均残高の0.5%以内の相当額の合計額。以下、農業経営基盤強化資金利子補給補助金、二戸市中小企業資金利子補給補助金、岩手県小規模小口資金利子補給補助金でございます。

 10ページをお願いいたします。第3表、地方債。起債の目的、難視聴解消施設整備事業。限度額710万円。起債の方法、普通貸借または証券発行。利率4.0%以内、ただし利率見直し方式で借り入れる資金について、利率見直しを行った後においては、当該見直し後の利率。償還の方法、政府資金については、その融資条件により銀行、その他の場合には、その債権者と協定することによる。ただし、市財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮もしくは繰上償還または低利に借りかえすることができる。以下、鉄道施設整備事業2,510万円、それから地域振興基金造成事業1億6,000万円、農業施設整備事業5,200万円、機械整備事業710万円、道路整備事業2,610万円、都市計画事業820万円、それから河川整備事業570万円、学校施設整備事業4億8,130万円、臨時財政対策債6億9,000万円、計14億6,260万円でございます。

 16ページをお願いいたします。歳入歳出とも主なものについて説明申し上げます。2、歳入、1款市税、1項市民税では、1目個人、1節現年課税分8億4,103万7,000円は、給与所得等の減を見込んでおります。

 2目法人、1節現年課税分1億1,180万1,000円は、景気の回復がおくれていることから減を見込んだものでございます。

 2項固定資産税では、1目固定資産税、1節現年課税分15億1,860万円は、新規投資が低迷で償却資産、家屋は減少しますが、土地の宅地化の振興があり、全体では増と見込んでおるものです。

 18ページ、お願いいたします。3項軽自動車税、1目軽自動車税では、1節現年課税分7,247万3,000円でございます。

 4項市たばこ税、1目市たばこ税、1節現年課税分1億6,304万9,000円は、喫煙環境の変化で減少傾向と見込んでおります。また、22年10月から税率の引き上げが予定されておりますが、現行制度で算定しておるものでございます。

 20ページをお願いいたします。2款地方譲与税、2項自動車重量譲与税では、1目自動車重量譲与税、1節自動車重量譲与税1億5,100万円、国の算定に当たっては21年度決算見込みに22年度の総務省推計伸び率を乗じて計算しております。

 2項地方揮発油譲与税、1目地方揮発油譲与税、1節地方揮発油譲与税5,750万円でございます。

 22ページをお願いいたします。真ん中の6款地方消費税交付金では、1項地方消費税交付金、1目地方消費税交付金、1節地方消費税交付金2億5,800万円、地方消費税交付金でございます。

 24ページをお願いいたします。8款地方特例交付金、1項地方特例交付金では、1目地方特例交付金、1節地方特例交付金3,290万円、地方特例交付金は18年度及び19年度の児童手当の制度拡充と住宅借入金特別税の控除による個人住民税の減収の対応、それから自動車取得税の減税に伴う自動車取得税交付金の減収対応に加えて、22年度は新たに子ども手当の創設に伴う地方負担の増加分を見込んでおるものでございます。

 9款地方交付税、1項地方交付税では、1目地方交付税、1節地方交付税637万4,000円、前年度と比較して普通交付税は1,600万円増の58億......

〔発言する者あり〕



◎総務部長(小野寺悦夫)

 いいですか。

 続きまして、28ページ、お願いいたします。

〔発言する者あり〕



○議長(佐藤正倫)

 63億。



◎総務部長(小野寺悦夫)

 では、戻りまして、1目地方交付税のところで、説明でございますが、この637万4,000円は前年度と比較して......

〔「63億だ」の声あり〕



◎総務部長(小野寺悦夫)

 済みません。63億7,400万円でございます。

 続きまして、28ページ、お願いいたします。11款分担金及び負担金、2項負担金、4目商工費負担金、1節消費生活センター事業費負担金215万8,000円は、二戸消費生活センターの管理運営に係る管内町村からの負担金でございます。

 36ページをお願いいたします。13款国庫支出金、1項国庫負担金では、1目民生費国庫負担金、次のページ、お願いいたします。説明欄の11節子ども手当負担金3億3,479万9,000円は、新設される子ども手当に対する国からの負担金でございます。

 13款国庫支出金、2項国庫補助金では、40ページをお願いいたします。6目教育費国庫補助金、1節教育費補助金、安全・安心な学校づくり交付金1億5,398万2,000円及び公立学校施設整備補助金7,767万9,000円は、継続事業の浄法寺小学校建設に係る国の補助金でございます。

 42ページをお願いいたします。14款県支出金、1項県負担金、1目民生費県負担金では、44ページをお願いいたします。そこの8節子ども手当負担金5,099万9,000円は、子ども手当支給に係る県負担金でございます。

 2項県補助金では、1目総務費県補助金、2節企画費補助金の合併市町村自立支援交付金1億円は、合併に伴う県の支援交付金です。平成18年度からの総額は5億円で、本年度が最終年度でございます。

 48ページをお願いいたします。3目衛生費県補助金、2節環境衛生費補助金の公共施設省エネ・グリーン化推進事業費補助金3,204万円は、湯田地域街路灯省エネLED化に対するものでございます。

 4目労働費補助金、1節ふるさと雇用再生特別基金事業補助金4,308万7,000円は、8事業、15人分の雇用でございます。それから、2節の緊急雇用創出事業補助金5,030万5,000円は、11事業、新規雇用46人分でございます。

 5目農林水産業費県補助金、2節農業振興費補助金のいわて希望農業担い手応援事業費補助金2,400万円は、たばこ農家や畜産農家などに対する機械整備費等の補助金でございます。

 58ページをお願いいたします。17款繰入金、2項基金繰入金、8目学校施設設備基金繰入金、1節学校施設設備基金繰入金の1億1,090万8,000円は、浄法寺小学校の建設に係る備品などに充当する繰入金でございます。

 66ページをお願いいたします。20款市債、1項市債では、1目総務債、3節地域振興基金造成事業債の1億6,000万円は、地域づくり人づくり基金への積み立てでございます。

 68ページをお願いいたします。4目教育債、1節学校施設整備事業債の4億8,130万円は、浄法寺小学校の建設分でございます。

 1目臨時財政対策債、1節臨時財政対策債の6億9,000万円は、地方の一般財源の補てんであり、前年比2億3,510万円の増としたものでございます。

 次に、歳出について説明いたします。70ページをお願いいたします。3、歳出、1款議会費、1項議会費、1目議会費では、71ページの議会事務局事務費、73ページをお願いいたします。説明欄の上段で13節の議会一般質問等ラジオ放送委託料189万円は、カシオペアFMに一般質問のラジオ放送を委託するものでございます。

 2款総務費、1項総務管理費では、80ページをお願いいたします。2目文書広報費、説明欄の中段でございますけれども、広聴広報費、19節のテレビ難視聴地域解消事業費補助金7,851万3,000円は、地上デジタル放送の難視聴地域で施設の改修整備を行う共同受信組合に対する補助金でございます。

 85ページをお願いいたします。説明欄の6目企画費でございますけれども、説明欄の企画事務費、11節の印刷製本費411万4,000円は、平成22年度に策定予定の後期総合計画冊子の印刷費でございます。25節の地域づくり人づくり基金積立金2億6,850万1,000円は、岩手県合併市町村自立支援交付金で1億円と合併特例債で1億6,850万1,000円を積み立てるものでございます。

 その下の2目の総合支所では、87ページをお願いいたします。こちらの説明欄の寂聴記念館管理費152万2,000円は、記念館の管理運営に要する経費でございます。

 93ページをお願いいたします。10目まちづくり推進費、市民協働推進事業費でございます。説明欄の上段、19節の町内会等活動支援交付金536万円は、町内会等の活動に対する支援交付金でございます。その下の地域コミュニティーセンター整備事業費補助金213万6,000円は、地域公民館が施設を改修する費用の3分の1を補助するものでございます。

 96ページをお願いいたします。12目文化会館費では、右の説明欄ですが、文化会館管理費、中段の13節市民文化会館指定管理委託料6,000万円でございます。

 100ページをお願いいたします。2項徴税費、2目賦課徴収費、説明欄中段の資産税等賦課事務費、12節の手数料1,083万5,000円は、平成24年度の固定資産税評価替えに伴う宅地評価業務手数料でございます。

 108ページをお願いいたします。4項選挙費、5目参議院議員の通常選挙費で、説明欄の中段のところでございますが、参議院議員通常選挙費2,093万1,000円は、参議院議員通常選挙の執行経費でございます。

 110ページをお願いいたします。5項統計調査費では、4目国勢調査費、国勢調査費、説明欄の下段、国勢調査費1,500万円は、平成22年度に実施される国勢調査の経費でございます。

 117ページをお願いいたします。3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費の説明欄でございますが、重度心身障害者等医療費助成事業費、20節の重度心身障害者医療費6,300万円は、重度心身障害者へ助成する医療費でございます。

 121ページをお願いいたします。説明欄の中段でございます。国民健康保険特別会計繰出金、28節の国民健康保険特別会計事業勘定繰出金1億8,947万7,000円は、21年度の算定額を全額繰り出すものでございます。

 3目老人福祉費では、123ページをお願いいたします。こちらのほうは、老人福祉推進事業費の説明欄中段に19節介護サービス施設等整備臨時特例事業費補助金2,625万円とありますが、認知症高齢者グループホームの整備事業費に対する補助でございます。

 127ページをお願いいたします。説明欄上段の障害者自立支援給付事業費、20節の障害者自立支援給付費4億3,532万4,000円は、障害者自立支援の給付費でございます。

 その右下でございます。8目後期高齢者医療費、説明欄の後期高齢者医療費、19節後期高齢者療養給付費負担金2億6,939万3,000円は、後期高齢者医療広域連合に支払う療養給付費負担金でございます。

 129ページをお願いいたします。2項児童福祉費、1目児童福祉総務費、説明欄中段でございますが、児童健全育成事業費、13節の児童クラブ運営事業委託料3,473万8,000円は、市内7カ所の児童クラブ運営委託料でございます。そして、その説明欄下段でございますが、児童扶養手当等の支給費では131ページ、次のページ、お願いいたします。説明欄上段にありますが、20節の扶助費1億4,902万円は、母子家庭及び父子家庭への児童扶養手当給付費でございます。

 2目児童保護費では、説明欄、子ども手当等支給費ですが、133ページをお願いいたします。説明欄の20節の子ども手当給付費4億3,680万円は、子ども手当10カ月分の給付費でございます。

 次のページ、お願いいたします。5目児童館費、説明欄下段の児童館管理費、13節の児童館運営委託料2,073万円は、市内4児童館の運営委託料でございます。

 138ページをお願いいたします。左の上段、3項生活保護費では、2目扶助費、そして説明欄下段の生活保護扶助費、20節、3億6,324万7,000円は、生活保護の扶助費でございます。

 144ページをお願いいたします。説明欄下段、国民健康保険事業特別会計繰出金、28節の国民健康保険特別会計診療施設勘定繰出金5,984万1,000円は、診療所の赤字補てん等に対する繰り出しでございます。

 146ページをお願いいたします。3目環境衛生費、説明欄下段の県境産廃対策費150万2,000円は、県境産廃南側牧野監視用地下水等の分析検査委託経費などでございます。

 154ページをお願いいたします。4款の衛生費、2項清掃費でございますけれども、2目塵芥処理費、説明欄の塵芥処理費、19節の岩手北部広域環境組合負担金1,941万9,000円は、一般廃棄物処理のため二戸、久慈地区の8市町村で設立する広域環境組合への負担金でございます。

 156ページ、お願いいたします。5款労働費、1項労働諸費では、1目労働諸費、説明欄の雇用対策費、19節の高年齢者就業機会確保事業費等補助金1,250万円は、シルバー人材センターに対する補助金でございます。21節貸付金、地域雇用創造実現事業貸付金は400万円でございます。それから、勤労者制度資金預託金、21節の二戸市勤労者教育資金貸付預託金500万円でございます。

 162ページをお願いいたします。6款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費でございますけれども、こちらの説明欄中段、いわて希望農業担い手応援事業費、19節のいわて希望農業担い手応援事業費補助金3,600万円は、農業の担い手が施設や農機具を整備する費用の2分の1を補助するものでございます。

 続きまして、次のページをお願いいたします。4目畜産業費の畜産振興費、説明欄中段の19節の畜産基盤再編総合整備事業負担金1,744万1,000円は、市営高曲原牧野草地改良事業に対する負担金でございます。

 170ページをお願いいたします。10目中山間地域総合整備費、説明欄上段の中山間地域総合整備費798万4,000円は、斗米地区、川又地区の事業負担金でございます。

 172ページ、お願いいたします。14目土地改良費、担い手育成畑地帯総合整備事業費、説明欄下段の19節県営担い手育成畑地帯総合整備事業負担金4,910万円は、男神、米沢、それから湯田地区の県営整備事業に対する負担金でございます。

 176ページをお願いいたします。2項林業費、2目林業振興費の説明欄の森林整備地域活動支援推進事業費、19節の森林整備地域活動支援交付金3,423万円は、森林整備活動に対する支援交付金でございます。

 178ページをお願いいたします。5目造林事業費、説明欄下段でございますが、市有林造成事業費、13節の市有林造成事業委託料3,388万4,000円は、下刈り、除間伐、それから造林など、再造林などの委託料でございます。

 182ページをお願いいたします。2目商工業振興費、説明欄中段の工業振興事業費、19節の特定区域産業活性化補助金500万円は、二戸地区拠点工業団地地内にリキュール工場を増設する株式会社南部美人への補助でございます。

 189ページをお願いいたします。4目観光費、観光施設等管理費、説明欄中段の15節工事請負費3,230万円は、湯田地域街路灯省エネグリーン化に伴う工事請負費でございます。

 196ページをお願いいたします。8款の土木費、2項道路橋梁費、1目道路維持費の点ですが、説明欄上段に電源立地地域対策事業費があります。15節の工事請負費750万円は、山屋新田線の改良に伴う工事請負費でございます。

 2目道路新設改良費、説明欄でございますが、道路新設改良舗装事業費、15節の工事請負費5,737万5,000円は、市道春日杉沢線ほか3路線の市道整備に伴う工事請負費でございます。

 200ページをお願いいたします。説明欄でございます。上段のところに都市計画街路整備事業費、19節の街路事業負担金868万5,000円は、県が施工する街路事業船場工区及び岩谷橋工区の負担金でございます。

 4目都市整備費、説明欄下段にありますが、都市整備費、28節の土地区画整理事業特別会計繰出金は6億8,373万5,000円でございます。

 202ページ、次のページ、お願いいたします。5目公共下水道費、説明欄上段にありますが、公共下水道費、28節の下水道事業特別会計繰出金は2億9,843万7,000円でございます。

 4項住宅費、1目住宅管理費、205ページをお願いいたします。住宅管理費、説明欄上段の15節工事請負費171万6,000円は、市営矢神住宅の住宅用防災警報器設置に係る工事請負費でございます。

 5項河川費では、206ページをお願いいたします。2目河川管理費、説明欄上段の河川改修事業費、15節の工事請負費868万9,000円は、準用河川おばし川の河川改修に伴う工事請負費でございます。

 9款消防費、1項消防費では、215ページをお願いいたします。済みません、教育費のほうに入らせていただきますので、220ページをお願いいたします。10款教育費、2項小学校費、3目学校建設費、説明欄中段の小学校建設費8億2,968万4,000円は、浄法寺小学校建設整備に係る事業費でございます。

 次の3項中学校費では、1目学校管理費、223ページをお願いいたします。説明欄、中学校管理費の説明欄の下段でございますが、19節、上斗米中学校の閉校記念誌作成補助金165万円は、平成21年度で閉校する上斗米中学校記念誌作成補助金でございます。

 239ページをお願いいたします。5項社会教育費、5目文化財費、説明欄上段の史跡九戸城跡整備事業費、17節の土地購入費1,174万5,000円は、九戸城跡の土地購入費でございます。

 245ページをお願いいたします。6項保健体育費、1目保健体育総務費でございますが、説明欄上段の大会等補助費、19節の東北総合体育大会剣道競技補助金50万円は、平成22年度に二戸市で開催される東北総合体育大会剣道競技への大会補助金でございます。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(佐藤正倫)

 ここで暫時休憩いたします。

休憩 午後 2時18分

〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜

再開 午後 2時30分



○議長(佐藤正倫)

 再開いたします。

 引き続き提案説明を求めます。

 小野寺総務部長。

〔総務部長 小野寺悦夫君登壇〕



◎総務部長(小野寺悦夫)

 議案第19号について説明いたします。

 265ページ、お願いいたします。議案第19号、平成22年度二戸市国民健康保険特別会計予算。平成22年度二戸市の国民健康保険特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。第1条、事業勘定の歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ39億7,495万3,000円、診療施設勘定の歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ3億5,348万8,000円と定める。

 第2項、事業勘定及び診療施設勘定の歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 一時借入金。第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、事業勘定2億円と定める。

 歳出予算の流用。第3条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 第1号、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 第1表、歳入歳出予算。事業勘定でございます。歳入、1款国民健康保険税7億4,961万1,000円でございます。

 2款使用料及び手数料53万4,000円、手数料でございます。

 3款国庫支出金13億8,074万5,000円、国庫負担金、国庫補助金でございます。

 4款県支出金1億8,811万1,000円、県負担金、県補助金でございます。

 5款療養給付費等交付金8,994万6,000円でございます。

 6款前期高齢者交付金7億1,534万7,000円でございます。

 7款共同事業交付金4億5,225万9,000円でございます。

 隣のページ、8款繰入金3億9,390万4,000円、一般会計繰入金、基金繰入金でございます。

 9款繰越金2,000円でございます。

 10款諸収入449万4,000円、延滞金、加算金及び過料、雑入でございます。

 歳入合計39億7,495万3,000円でございます。

 歳出、1款総務費3,357万7,000円、総務費、総務管理費、徴税費、運営協議会費、趣旨普及費でございます。

 2款保険給付費25億7,897万5,000円、療養諸費、高額療養費、移送費、それから出産育児諸費、葬祭諸費でございます。

 3款後期高齢者支援金等5億3,769万4,000円でございます。

 4款前期高齢者納付金等160万6,000円でございます。

 5款老人保健拠出金588万6,000円でございます。

 6款介護納付金2億6,104万7,000円でございます。

 7款共同事業拠出金5億1,194万9,000円でございます。

 8款保健事業費3,785万2,000円、特定健康診査等事業費、保健事業費でございます。

 9款基金積立金1,000円でございます。

 10款公債費16万5,000円でございます。

 11款諸支出金520万1,000円、償還金及び還付加算金でございます。

 12款予備費100万円でございます。

 歳出合計39億7,495万3,000円でございます。

 270ページ、第1表、歳入歳出予算。診療施設勘定分の歳入でございます。1款診療収入2億8,835万6,000円、入院収入、外来収入、その他の収入でございます。

 2款使用料及び手数料144万6,000円、使用料、手数料でございます。

 3款繰入金6,145万3,000円、他会計繰入金でございます。

 4款繰越金2,000円でございます。

 5款諸収入223万1,000円でございます。雑入でございます。

 歳入合計3億5,348万8,000円でございます。

 歳出、1款総務費1億8,647万8,000円、施設管理費でございます。

 2款医業費1億6,383万2,000円、医業費、給食費でございます。

 3款施設設備費60万円でございます。

 4款公債費187万8,000円でございます。

 5款予備費70万円でございます。

 歳出合計3億5,348万8,000円でございます。

 278ページをお願いいたします。2、歳入、事業勘定、1款国民健康保険税、1項国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分4億7,282万3,000円、2目退職被保険者等国民健康保険税、1節医療給付費分現年課税分1,869万2,000円でございます。

 次のページ、3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金、1節現年度分9億7,660万円、医療給付費等の負担金でございます。

 2項国庫補助金、1目財政調整交付金、1節財政調整交付金3億8,193万8,000円、財政調整交付金でございます。

 次のページ、4款県支出金、2項県補助金、1目財政調整交付金、1節財政調整交付金1億6,590万5,000円、財政調整交付金でございます。

 5款療養給付費等交付金、1項療養給付費等交付金、1目療養給付費等交付金、1節現年度分8,994万5,000円は、退職被保険者等の療養給付費交付金でございます。

 284ページをお願いいたします。8款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定繰入金1億2,753万9,000円、保険基盤安定繰入金から4節その他一般会計繰入金まで、21年度算定額の全額繰り入れでございます。

 次のページをお願いいたします。2項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金、1節財政調整基金繰入金2億442万7,000円、財政調整基金繰入金でございます。

 290ページをお願いいたします。3、歳出、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、右の説明欄ですが、1節のレセプト点検専門員報酬は585万5,000円でございます。

 294ページをお願いいたします。2款保険給付費、1項療養諸費、1目一般被保険者療養給付費、一般被保険者療養給付費、19節の説明欄のほうですが、一般被保険者療養給付費21億9,810万円は、一般被保険者の療養給付費でございます。

 296ページをお願いいたします。右の欄で説明いたします。19節、説明の上段にありますけれども、一般被保険者高額療養費2億2,950万円は、一般被保険者の高額療養費でございます。

 4項の出産育児諸費、1目出産育児一時金、右の欄の出産育児一時金、19節の出産育児一時金は1,890万円でございます。

 298ページをお願いいたします。3款後期高齢者支援金等、1項後期高齢者支援金等、1目後期高齢者支援金、右の欄でございます。説明欄ですが、19節の後期高齢者支援金5億3,761万3,000円は、後期高齢者支援金でございます。

 300ページ、お願いいたします。6款介護納付金、1項介護納付金、1目介護納付金、19節の介護納付金は2億6,104万7,000円でございます。

 302ページをお願いいたします。右の欄で説明させていただきますが、19節、上段のほうにありますが、保険財政共同安定化事業拠出金4億3,630万5,000円は、保険財政共同安定化事業の拠出金でございます。

 8款保健事業費、1項特定健康診査等事業費、1目特定健康診査等事業費、右の欄でございます。13節の特定健康診査委託料2,870万5,000円は、特定健康診査に係る委託料でございます。

 次に、診療施設勘定について説明いたします。314ページをお願いいたします。2、歳入、1款診療収入、1項入院収入、1目国民健康保険診療報酬収入、1節現年度分1,000円、国民健康保険入院収入でございます。

 次のページをお願いいたします。1款診療収入、2項外来収入、1目国民健康保険診療報酬収入、1節現年度分7,008万円は、国民健康保険外来収入でございます。

 2目社会保険診療報酬収入、1節現年度分2,520万円は、社会保険外来収入でございます。

 3目後期高齢者医療保険収入、1節現年度分1億3,680万円は、後期高齢者医療保険外来収入でございます。

 320ページをお願いいたします。3款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金5,984万1,000円では、一般会計繰入金でございます。

 324ページをお願いいたします。3、歳出、1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費、説明欄中段の診療所一般管理費3,964万3,000円は、診療所の管理運営に要する経費でございます。

 328ページをお願いいたします。2款医業費、1項医業費、3目の医薬品衛生材料費、右の説明欄ですが、11節の医薬材料費1億5,560万円は、診療所の医薬材料費でございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案第20号につきまして説明させていただきます。議案第20号、平成22年度二戸市老人保健事業特別会計予算。平成22年度二戸市の老人保健事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ251万3,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 342ページでございます。第1表、歳入歳出予算。歳入、1款支払基金交付金4,000円でございます。

 2款国庫支出金1,000円、国庫負担金でございます。

 3款県支出金1,000円、県負担金でございます。

 4款繰入金250万3,000円、一般会計繰入金でございます。

 5款繰越金1,000円でございます。

 6款諸収入3,000円、雑入でございます。

 歳入合計251万3,000円でございます。

 歳出、1款医療諸費251万円でございます。

 2款諸支出金3,000円、償還金、繰出金でございます。

 歳出合計251万3,000円でございます。

 350ページをお願いいたします。2、歳入、1款支払基金交付金、1項支払基金交付金では、1目支払基金交付金、1節医療費交付金1,000円、医療費交付金でございます。

 352ページをお願いいたします。4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金250万3,000円、一般会計繰入金でございます。

 354ページをお願いいたします。3、歳出、1款医療諸費、1項医療諸費、1目医療給付費、右の欄でございますが、医療給付費、19節の医療給付費200万円。こちらのほうは、老人保健は平成20年4月から後期高齢者医療に制度が改正されましたが、過年度分の請求に対応するための医療給付費でございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案第21号について説明いたします。議案第21号、359ページです。平成22年度二戸市下水道事業特別会計予算。平成22年度二戸市の下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ8億8,910万3,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 債務負担行為。第2条、地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表債務負担行為」による。

 地方債。第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表地方債」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 第1表、歳入歳出予算。歳入、1款分担金及び負担金3,066万3,000円、負担金でございます。

 2款使用料及び手数料1億2,503万9,000円、使用料、手数料でございます。

 3款国庫支出金1億5,795万円でございます。

 4款繰入金2億9,896万7,000円、一般会計繰入金、基金繰入金でございます。

 5款繰越金1,000円でございます。

 6款諸収入28万3,000円、延滞金、加算金及び過料、雑入でございます。

 7款市債2億7,620万円でございます。

 歳入合計8億8,910万3,000円でございます。

 歳出でございます。1款下水道事業費5億8,011万9,000円でございます。

 2款公債費3億798万4,000円でございます。

 3款予備費100万円でございます。

 歳出合計8億8,910万3,000円でございます。

 次のページ、362ページ、第2表、債務負担行為。事項、水洗化改造資金利子補給補助金。期間、平成23年度から平成28年度。限度額、平成22年度に融資する水洗化改造資金の融資額2億円を限度額として、その償還が終了するまでの毎年度の融資平均残高の5.0%以内の相当額の合計額でございます。

 第3表、地方債。起債の目的、下水道整備事業。限度額2億7,620万円。起債の方法、普通貸借または証券発行。利率4.0%以内、ただし利率見直し方式で借り入れる資金について、利率見直しを行った後においては、当該見直し後の利率。償還の方法、政府資金については、その融資条件により銀行、その他の場合には、その債権者と協定するところによる。ただし、市財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、もしくは繰上償還または低利に借りかえすることができる。

 370ページをお願いいたします。2、歳入、1款分担金及び負担金、1項負担金、1目下水道受益者負担金、1節下水道受益者負担金2,966万3,000円は、公共下水道受益者負担金でございます。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目下水道使用料、1節下水道使用料1億2,480万円は、下水道使用料でございます。

 372ページをお願いいたします。3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目下水道事業費補助金、1節公共下水道事業費補助金1億5,795万円、公共下水道事業補助金でございます。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金2億9,843万7,000円は、一般会計繰入金でございます。

 376ページをお願いいたします。7款市債、1項市債、1目下水道事業債、1節下水道事業債2億7,620万円、下水道事業債でございます。

 続きまして、378ページ、3、歳出、1款下水道事業費、1項下水道事業費、1目総務管理費、右の欄の13節の浄化センター管理委託料7,600万円は、二戸浄化センター及び浄法寺浄化センターの管理委託料でございます。

 380ページをお願いいたします。2目下水道整備費、下水道整備事業費の説明欄下段でございますが、13節の処理場増設工事委託料8,250万円は、二戸浄化センターの処理場増設工事委託料でございます。同じく15節の工事請負費1億7,660万円は、幹線完了及び枝線完了布設等に伴う工事請負費でございます。

 特定環境保全公共下水道整備事業費につきましては、383ページをお願いいたします。説明欄15節の工事請負費5,450万円は、浄法寺地区の枝線完了布設に伴う工事請負費でございます。19節の特定環境保全公共下水道事業県代行負担金2,612万5,000円は、県代行事業の負担金でございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案第22号について説明いたします。議案第22号、平成22年度二戸市生活排水処理事業特別会計予算。平成22年度二戸市の生活排水処理事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ5,796万6,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 債務負担行為。第2条、地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表債務負担行為」による。

 地方債。第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表地方債」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 394ページ、お願いします。第1表、歳入歳出予算。歳入、1款分担金及び負担金213万7,000円、分担金でございます。

 2款使用料及び手数料1,464万6,000円、使用料、手数料でございます。

 3款国庫支出金93万2,000円、国庫補助金でございます。

 4款県支出金234万6,000円、県補助金でございます。

 5款繰入金2,340万2,000円、一般会計繰入金、基金繰入金でございます。

 6款繰越金1,000円でございます。

 7款諸収入2,000円、延滞金、加算金及び過料、雑入でございます。

 8款市債1,450万円でございます。

 歳入合計5,796万6,000円でございます。

 次のページ、お願いいたします。歳出、1款生活排水処理事業費4,430万5,000円でございます。

 2款公債費1,356万1,000円でございます。

 3款予備費10万円でございます。

 歳出合計5,796万6,000円でございます。

 第2表、債務負担行為。事項、水洗化改造資金利子補給補助金。期間、平成23年度から平成28年度。限度額、平成22年度に融資する水洗化改造資金の融資額1,000万円を限度額として、その償還が終了するまでの毎年度の融資平均残高の5%以内の相当額の合計額。

 398ページをお願いいたします。第3表、地方債。起債の目的、生活排水処理施設整備事業。限度額1,450万円。起債の方法、普通貸借または証券発行。利率4.0%以内、ただし利率見直し方式で借り入れる資金について利率見直しを行った後においては、当該見直し後の利率。償還の方法、政府資金については、その融資条件により銀行、その他の場合には、その債権者と協定するところによる。ただし、市財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、もしくは繰上償還または低利に借りかえすることができる。

 404ページをお願いいたします。歳入、1款分担金及び負担金、1項分担金、1目生活排水処理事業費分担金、1節生活排水処理施設設置工事費分担金213万6,000円は、工事費の分担金でございます。

 2款使用料及び手数料、1項使用料、1目生活排水処理事業使用料、1節生活排水処理施設使用料1,464万4,000円は、施設の使用料でございます。

 続きまして、406ページ、お願いいたします。3款国庫支出金、1項国庫補助金、1目生活排水処理事業費国庫補助金、1節浄化槽設置整備事業費補助金93万2,000円、これは循環型社会形成推進交付金でございます。

 4款県支出金、1項県補助金、1目生活排水処理事業費県補助金、1節下水道事業債償還基金費補助金234万6,000円、これは下水道事業債償還基金費補助金でございます。

 5款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金984万1,000円、一般会計繰入金でございます。

 410ページをお願いいたします。8款市債、1項市債、1目生活排水処理事業債、1節生活排水処理事業債1,450万円でございます。

 412ページをお願いいたします。3、歳出、1款生活排水処理事業費、1項生活排水処理事業費、1目総務管理費、説明欄中段の総務管理費、13節生活排水処理施設保守点検委託料1,200万円は、合併浄化槽の点検委託料でございます。

 2目の施設整備費、説明欄下段の施設整備費、15節の工事請負費1,704万円は浄法寺地区の浄化槽設置15基分の工事請負費でございます。

 414ページをお願いいたします。2款公債費、1項公債費、1目元金、市債の償還元金、右の欄の23節、長期債元金償還金は1,046万8,000円でございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案第23号につきまして説明させていただきます。議案第23号、平成22年度二戸市簡易水道事業特別会計予算。平成22年度二戸市の簡易水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ8,518万9,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページ、424ページ、第1表、歳入歳出予算。歳入、1款事業収入2,800万円、営業収入でございます。

 2款分担金及び負担金60万1,000円、負担金でございます。

 3款使用料及び手数料3,000円、使用料でございます。

 4款繰入金5,149万6,000円でございます。

 5款繰越金1,000円でございます。

 6款諸収入508万8,000円、雑入でございます。

 歳入合計8,518万9,000円でございます。

 歳出、1款簡易水道事業費6,010万円でございます。

 2款公債費2,408万9,000円でございます。

 3款予備費100万円でございます。

 歳出合計8,518万9,000円でございます。

 432ページをお願いいたします。2、歳入、1款事業収入、1項営業収入、1目水道使用料、1節水道使用料2,798万円、水道使用料でございます。

 434ページ、お願いいたします。4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金5,149万6,000円、一般会計繰入金でございます。

 6款諸収入、1項雑入、1目雑入、1節雑入508万8,000円、これは企業会計職員の給与費負担金は上下水道からの給与費の負担金でございます。

 続きまして、次のページ、3、歳出、1款簡易水道事業費、1項簡易水道事業費、1目総務管理費、説明欄の19節、簡易水道施設運転業務等負担金3,570万2,000円は、簡易水道施設の運転業務等を平成22年度から上水道事業が行うことに伴う負担金でございます。

 次の438ページをお願いいたします。2款公債費、1項公債費、1目元金、市債償還元金、23節の長期債元金償還金は1,632万6,000円でございます。

 以上でございます。

 議案第24号について説明いたします。議案第24号、平成22年度二戸市土地区画整理事業特別会計予算。平成22年度二戸市の土地区画整理事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ9億9,961万4,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 地方債。第2条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表地方債」による。

 一時借入金。第3条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、1億円と定める。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 448ページ、第1表、歳入歳出予算。歳入、1款国庫支出金1億5,190万円、国庫補助金でございます。

 2款県支出金1,160万円、県補助金でございます。

 3款財産収入1,000円、財産売払収入でございます。

 4款繰入金7億373万5,000円、一般会計繰入金、基金繰入金でございます。

 5款繰越金1,000円でございます。

 6款諸収入17万7,000円で、雑入でございます。

 7款市債1億3,220万円でございます。

 歳入合計9億9,961万4,000円でございます。

 歳出、1款土地区画整理事業費4億3,401万1,000円でございます。

 2款公債費5億6,560万3,000円でございます。

 歳出合計9億9,961万4,000円でございます。

 次のページをお願いいたします。第2表、地方債。起債の目的、都市計画事業。限度額1億3,220万円。起債の方法、普通貸借または証券発行。利率4.0%以内、ただし利率見直し方式で借り入れる資金について、利率見直しを行った後においては、当該見直し後の利率。償還の方法、政府基金については、その融資条件により銀行、その他の場合には、その債権者と協定するところによる。ただし、市財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮、もしくは繰上償還、または低利に借りかえすることができる。

 456ページをお願いいたします。2、歳入、1款国庫支出金、1項国庫補助金、1目土地区画整理事業費国庫補助金、1節土地区画整理事業費補助金1億5,190万円、土地区画整理事業費の補助金でございます。

 2款県支出金、1項県補助金、1目土地区画整理事業費県補助金、1節土地区画整理事業費補助金1,160万円、土地区画整理事業費補助金でございます。

 次のページ、4款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節一般会計繰入金6億8,373万5,000円、一般会計繰入金でございます。

 2項基金繰入金、1目新幹線二戸駅周辺地区土地区画整理事業保留地処分金基金繰入金、1節新幹線二戸駅周辺地区土地区画整理事業保留地処分金基金繰入金2,000万円、処分基金の繰入金でございます。

 460ページをお願いします。7款市債、1項市債、1目都市計画事業債、1節都市計画事業債1億3,220万円、都市計画事業債でございます。

 462ページをお願いいたします。3、歳出、1款土地区画整理事業費、1項土地区画整理事業費、1目新幹線二戸駅周辺地区土地区画整理事業費、説明欄中段でございます。22節の補償金1,973万円は、建物2棟の移転補償費でございます。その下の地方道路交付金の事業費については、465ページを、次のページをお願いいたします。説明欄15節の工事請負費6,595万円は、都市計画道路及び区画道路整備に伴う工事請負費でございます。22節の補償金1億4,280万円は、建物5棟分の移転補償費でございます。その下の保留地処分金事業費、15節の工事請負費2,885万5,000円は、宅地造成に係る工事請負費でございます。

 次のページ、466ページをお願いします。2款公債費、1項公債費、1目元金、市債償還元金、23節では、説明欄、23節、長期債の元金償還金は4億8,857万7,000円でございます。

 以上でございます。

 続きまして、議案第25号につきまして説明させていただきます。議案第25号、平成22年度二戸市介護サービス事業特別会計予算。平成22年度二戸市の介護サービス事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ174万6,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 次のページ、第1表、歳入歳出予算。歳入、1款サービス収入174万3,000円、介護給付費収入、予防給付費収入、自己負担金収入でございます。

 2款繰入金1,000円、一般会計繰入金でございます。

 3款繰越金1,000円でございます。

 4款諸収入1,000円、雑入でございます。

 歳入合計174万6,000円でございます。

 歳出、1款総務費167万1,000円、施設管理費でございます。

 2款サービス事業費2万5,000円でございます。居宅サービス事業費でございます。

 3款予備費5万円でございます。

 歳出合計174万6,000円でございます。

 484ページをお願いいたします。2、歳入、1款サービス収入、1項介護給付費収入、1目居宅介護サービス費収入、1節訪問看護費収入44万4,000円、訪問看護費収入でございます。2節居宅療養管理指導費収入112万8,000円、居宅療養管理指導費収入でございます。

 3項自己負担金収入、1目自己負担金収入、1節自己負担金収入16万9,000円は、自己負担金の収入でございます。

 488ページをお願いいたします。歳出、1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費、右の欄の28節国民健康保険特別会計診療施設勘定繰出金161万2,000円は、国民健康保険特別会計診療施設勘定への繰出金でございます。

 以上でございます。

 いよいよ最後でございますが、議案第26号につきまして説明いたします。議案第26号、平成22年度二戸市後期高齢者医療特別会計予算。平成22年度二戸市の後期高齢者医療特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ2億4,793万7,000円と定める。

 第2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」による。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 494ページをお願いします。第1表、歳入歳出予算。歳入、1款後期高齢者医療保険料1億7,104万5,000円でございます。

 2款使用料及び手数料12万5,000円、手数料でございます。

 3款繰入金7,525万5,000円、一般会計繰入金でございます。

 4款繰越金1,000円でございます。

 5款諸収入151万1,000円、延滞金、加算金及び過料、償還金及び還付加算金、雑入でございます。

 歳入合計2億4,793万7,000円でございます。

 歳出、1款総務費309万8,000円、総務管理費徴収費でございます。

 2款後期高齢者医療広域連合納付金2億4,313万9,000円でございます。

 3款諸支出金150万円、償還金及び還付加算金でございます。

 4款予備費20万円でございます。

 歳出合計2億4,793万7,000円でございます。

 502ページをお願いいたします。2、歳入、1款後期高齢者医療保険料、1項後期高齢者医療保険料、1目特別徴収保険料、1節現年度分1億1,917万3,000円は、特別徴収保険料でございます。

 2目普通徴収保険料、1節現年度分4,976万1,000円は、普通徴収保険料でございます。

 3款繰入金、1項一般会計繰入金、1目一般会計繰入金、1節保険基盤安定繰入金7,208万4,000円は、保険基盤安定繰入金でございます。

 508ページをお願いいたします。3、歳出、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、右の欄の一般事務費は68万4,000円でございます。

 1款総務費、2項徴収費、1目徴収費、説明欄の賦課事務費197万円は、後期高齢医療会計の賦課事務に要する経費でございます。

 次のページをお願いいたします。2款後期高齢者医療広域連合納付金、1項後期高齢者医療広域連合納付金、1目後期高齢者医療広域連合納付金、右の欄でございますが、後期高齢者の納付金の関係ですが、19節の後期高齢者医療広域連合納付金2億4,313万9,000円は、後期高齢者医療広域連合への納付金でございます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正倫)

 日程第30、議案第27号、平成22年度二戸市水道事業会計予算を議題といたします。

 提案説明を求めます。

 小野寺水道事業所長。

〔水道事業所長 小野寺常人君登壇〕



◎水道事業所長(小野寺常人)

 それでは、提案させていただきます。議案第27号、平成22年度二戸市水道事業会計予算。

 第1条、平成22年度二戸市水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。

 業務の予定量。第2条、業務の予定量は、次のとおりとする。1、給水戸数9,270戸。2、給水人口2万3,594人。3、1日平均給水量5,660立方メートル。4、年間総給水量206万6,000立方メートル。5、主要な建設改良事業、配水管整備事業。

 収益的収入及び支出。第3条、収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。

 収入。第1款水道事業収益6億5,459万5,000円、第1項営業収益5億8,900万9,000円、第2項営業外収益6,557万6,000円、第3項特別利益1万円。

 支出。第1款水道事業費用6億4,242万3,000円、第1項営業費用4億6,233万6,000円、第2項営業外費用1億7,370万4,000円、第3項特別損失138万3,000円、第4項予備費500万。

 資本的収入及び支出。第4条、資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2億9,765万円は過年度分損益勘定留保資金等2億9,765万円で補てんするものとする)。

 収入。第1款資本的収入6,759万7,000円、第1項企業債6,330万円、第4項工事負担金80万円、第5項補償金349万7,000円。

 支出。第1款資本的支出3億6,524万7,000円、第1項建設改良費7,734万5,000円、第2項企業債償還金2億7,757万5,000円、第3項開発費1,032万7,000円。

 債務負担行為。第5条、債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。事項、水道施設等運転管理委託。期間、平成23年度から平成26年度まで。限度額4億8,500万。

 企業債。第6条、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、次のとおりと定める。起債の目的、配水管整備事業。限度額6,330万円。起債の方法、利率、償還の方法は記載のとおりでございます。

 一時借入金。第7条、一時借入金の限度額は500万円と定める。

 予定支出の各項の経費の金額の流用。第8条、予定支出の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。1、営業費用、2、営業外費用。

 議会の議決を経なければ流用することのできない経費。第9条、次に掲げる経費については、その経費の金額をそれ以外の経費の金額に流用し、またはそれ以外の経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。1、職員給与費5,153万3,000円。

 たな卸資産購入限度額。第10条、たな卸資産購入限度額は1,200万円と定める。

 平成22年3月3日提出、岩手県二戸市長、小保内敏幸。

 以上、よろしくお願いします。



○議長(佐藤正倫)

 日程第31、閉会中の委員会調査報告についてを議題といたします。

 各常任委員長と議会運営委員長、議員定数検討特別委員長から、会議規則第101条の規定により調査終了の報告書の提出がありましたので、これを求めます。

 最初に、田村総務常任委員長。

〔総務常任委員長 田村隆博君登壇〕



◆総務常任委員長(田村隆博)

 閉会中の委員会調査報告書。

 平成22年3月3日、二戸市議会議長、佐藤正倫殿。総務常任委員会委員長、田村隆博。

 当委員会は、下記事件について調査を終了したので二戸市議会会議規則第101条の規定により報告します。

 1、調査事項でありますが、(1)として行財政運営及び行政改革などについて、(2)、地域づくり、環境衛生及びスポーツ振興などについて、(3)、その他、総務常任委員会の所管に属する事項についてでありました。

 2番の調査概要については、(1)から(4)まではご報告済みでございます。(4)番目については、裏面になりますけれども、期日は平成22年2月22日月曜日でございました。委員、説明者は、記載のとおりでございます。調査事項につきましては、第1回定例会提出予定議案の概要について、イといたしまして久慈・二戸地区ごみ処理広域化に係る経過報告について、ウといたしまして二戸消費生活センターに係る経過報告についてでございました。

 以上でございます。



○議長(佐藤正倫)

 次に、菅原文教福祉常任委員長。

〔文教福祉常任委員長 菅原恒雄君登壇〕



◆文教福祉常任委員長(菅原恒雄)

 閉会中の委員会調査報告書。

 平成22年3月3日、二戸市議会議長、佐藤正倫殿。文教福祉常任委員会委員長、菅原恒雄。

 当委員会は、下記事件について調査を終了したので、二戸市議会会議規則第101条の規定により報告いたします。

 記。調査事項、(1)、学校教育、社会教育などについて。(2)、保健衛生などについて。(3)、老人福祉、児童福祉及び社会福祉などについて。(4)、その他、文教福祉常任委員会の所管に属する事項について。

 2の調査概要でございますけれども、(1)から(5)までは報告済みでございますので、資料の2枚目の報告をいたします。調査活動、期日が平成22年2月2日火曜日でございます。場所と出席者、説明員は記載のとおりでございます。

 調査事項、部活動を理由とする就学指定校変更の取り扱いについて行いました。

 2番目の調査活動でございます。平成22年2月26日金曜日。場所、出席者、説明員は記載のとおりでございます。

 調査事項、平成22年度重点事業について。福岡中学校施設整備検討状況について。ウでございます、二戸市立小中学校の通学区域についての答申について。エ、その他、成年後見制度についての研修を行いました。

 以上、報告といたします。



○議長(佐藤正倫)

 次に、小笠原産業建設常任委員長。

〔産業建設常任委員長 小笠原清晃君登壇〕



◆産業建設常任委員長(小笠原清晃)

 閉会中の委員会調査活動報告について。

 平成22年3月3日、二戸市議会議長、佐藤正倫殿。産業建設常任委員会委員長、小笠原清晃。

 当委員会は、下記事件について調査を終了したので、二戸市議会会議規則第101条の規定により報告いたします。

 調査事項でございますが、商工業及び観光などについて。農業、畜産業及び林業などについて。都市計画事業及び土地区画整理事業などについて。上下水道事業及び簡易水道事業などについて。その他、産業建設常任委員会の所管に属する事項についてでございます。

 なお、調査概要については、(1)から(9)までの内容については報告済みでございますので、省略いたします。(10)でございますが、平成22年1月22日金曜日でございます。管内視察で日本一フード株式会社岩手工場を視察しております。それから、イとしまして企業立地について、ウ、その他でございました。(11)、平成22年2月4日木曜日、このときの内容は金田一温泉センター損害賠償請求訴訟について、イ、浄水場の運転委託について、ウ、その他でございました。

 以上でございます。



○議長(佐藤正倫)

 次に、國分議会運営委員長。

〔議会運営委員長 國分敏彦君登壇〕



◆議会運営委員長(國分敏彦)

 閉会中の委員会調査報告書。

 平成22年3月3日、二戸市議会議長、佐藤正倫殿。議会運営委員会委員長、國分敏彦。

 当委員会は、下記事件について調査を終了したので、二戸市議会会議規則第101条の規定により報告します。

 記。調査事項は記載のとおりでございます。

 調査概要も(1)から(11)までありますけれども、(9)までは報告済みでございます。(10)、(11)については別紙のとおり報告申し上げます。

 議会運営委員会における閉会中の委員会活動報告書。

 平成22年3月3日、二戸市議会議長、佐藤正倫殿。議会運営委員会委員長、國分敏彦。

 当委員会は、下記のとおり閉会中の委員会活動を実施したので報告します。

 調査活動は、2月15日、そして3月1日でございます。なお、両方とも皆様のほうにご報告申し上げておりますので、省略いたします。

 以上でございます。



○議長(佐藤正倫)

 次に、及川議員定数検討特別委員長。

〔議員定数検討特別委員長 及川正信君登壇〕



◆議員定数検討特別委員長(及川正信)

 それでは、報告いたします。

 二戸市議会議長、佐藤正倫殿。議員定数検討特別委員会委員長、及川正信。

 議員定数検討特別委員会の報告について。

 平成21年12月15日の本会議において、当検討特別委員会に付託された案件について、調査を終了したので会議規則第101条の規定により下記のとおり報告します。

 記。以下、朗読をして報告にかえたいと思います。

 1、はじめに。平成21年12月3日の本会議において、二戸市議員定数問題調査特別委員長からその調査結果が報告され、同年12月15日の本会議においては、その報告を踏まえて議員定数検討特別委員会設置に関する決議が提案され、多数をもって議決されたところであります。

 その決議の目的は「委員会は議員定数について、議員定数問題調査特別委員会の調査報告を踏まえ、検討することを目的とする」とあり、この目的内容をめぐって質疑が活発に行われましたが、最終的に「議員定数を何名にすべきかを検討するものである」旨提案者から説明があり、採決の結果、多数をもって当特別委員会の設置が決定されたものであります。

 当特別委員会の委員は10名中9名が調査特別委員会のメンバーであり、議員定数を削減すべきか、すべきでないかについての調査に取り組んでおり、その論点をめぐる議論内容、対立点は十分認識できる立場にあり、重複する検討は極力避けることも可能であったことから、3回の特別委員会開催で終了することができたものであります。

 特に平成21年12月21日開催の第2回特別委員会において、「議員定数」という、議会の基本的ルールの重要性にかんがみ安易に多数決によるべきでなく、可能な限り議会内の定数は何名にすべきかの意思統一を図る意味から、閉会中に各会派間でそのすり合わせを行って、次回の特別委員会に臨むことを確認したところであります。なお、特別委員長からは、市民の声、議員全体の意見は「削減すべき」は多数を占めるが、「削減すべきでない」とする意見とかなり拮抗する内容であったことを重く受けとめ、削減数については考慮されるよう求めたところであります。

 2の特別委員会の構成及び3の特別委員会の開催日、開催場所及び主な検討事項については、記載のとおりでありますから省略をいたします。

 4の検討の経過と結論でありますが、末尾のところの訂正をお願いしたいと思います。「決定すべきものと決しました」と記してありますが、「決定」を「2名削減」に訂正をお願いしたいと思います。

 4、検討の経過と結論。(1)、結論。二戸市議会議員定数は2名を削減し、22名とすべきであるとの結論に達しました。(2)、経過。各委員から提案された定数案。イ、定数を22名とすべき(2名削減)、6委員から出されました。ロ、定数を20名とすべきである。4名削減、1名の委員であります。ハは、定数を18名とすべき、6名を削減するという内容になります。これは、2名の委員から出されております。ニは、定数は削減すべきでない、したがって削減はゼロという意見であります。1委員から出されております。上記の4案が出されましたが、4名削減及び6名削減を提案した委員から、2名削減案に賛同できる旨の意思が表明され、採決することなく賛成多数とみなし、2名削減すべきものと決しました。

 5、むすびであります。当特別委員会の設置は"はじめに"に記したとおり、議員定数問題調査特別委員会の調査結果を踏まえてのものであり、当然その調査内容が生かされる性格のものであります。

 当特別委員会の検討の中でも、単に議員の数の問題だけではなく、若い議員などの活動を考えるに今の報酬で本当によいのか、やっていけるのか、についても今後検討していくべきではないか、あるいは議員の資質向上とか、議員活動など本当に議会がどうあればよいのかについて、広い視野で検討すべきであるとの意見が出されました。

 これらは、当特別委員会に対する付託案件ではないので議論は深めることはできなかったのですが、いわゆる議会全般にわたる議会改革の検討を早めなければならないことは論をまちません。

 以上、当特別委員会において提起された意見を明らかにし、報告者としても議長に対し、早急に対応されるよう要請するものであります。

 以上であります。



○議長(佐藤正倫)

 以上で報告が終わりました。

 これより質疑を許します。

 最初に、総務常任委員長報告に対する質疑を許します。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 次に、文教福祉常任委員長報告に対する質疑を許します。

 畠中議員。



◆15番(畠中泰子)

 2月の会議において、福中の校舎検討委員会の報告があったということについてお尋ねをしたいと思います。

 この福中の校舎についての検討委員会は、3つの案が出されて、その内容についてはいずれ市長選挙後において検討されるべきということで、その3案の吟味といいますか、深められていなかったと思うのですが、この検討状況についてどのような報告がされたのか、まず伺いたいと思います。



○議長(佐藤正倫)

 菅原文教福祉常任委員長。



◆文教福祉常任委員長(菅原恒雄)

 お答えいたします。

 まず、こういうふうな報告書が、資料が出まして、これをもとに報告がございました。その中には、ケース1から4までですか、いろいろございましたけれども、これをもとに進めていきたいということで、写真つきでございまして、とにかく古い校舎であるからいろいろ検討したいということでございますけれども、何せお金がかかるということでいろいろございましたけれども、これから、どう説明すればいいですかね、これ......細かい説明はございましたけれども、これからこれをもとにケース1から4までを検討していきたいと、そういうことでございました。



○議長(佐藤正倫)

 畠中議員。



◆15番(畠中泰子)

 当初のお話ですと、21年度において一定の方向を出すというようなことで始められていたかと思うのですが、まだ1つの方向性はなく、いろいろな検討の4つの観点が示されたということで、今後この検討委員会の検討を踏まえて後期計画の中で福中の校舎の問題が議論されると思うのですが、この検討はいつまでされるのか、そのおおよそのスケジュールなどは示されたのでしょうか。



○議長(佐藤正倫)

 菅原文教福祉常任委員長。



◆文教福祉常任委員長(菅原恒雄)

 最後に、十分に検討を行った上で総合計画後期計画に盛り込み、整備していく必要があるのではないかということで終わっております。



○議長(佐藤正倫)

 畠中議員。



◆15番(畠中泰子)

 そうしますと、この検討については22年度の早い時期に一定の方向が出るというふうにとらえてもよろしいのでしょうか、その辺については確認できますか。



○議長(佐藤正倫)

 菅原文教福祉常任委員長。



◆文教福祉常任委員長(菅原恒雄)

 どうとらえるかはちょっとあれなのですけれども、総合計画がこれからでしょうから、22年度に後期ができると思いますので、それに盛り込みたいということですので、そうとらえるのはちょっとまだ早いかなと思いますけれども、とにかく後期計画に盛り込みたいと、そういう考えなようです。



○議長(佐藤正倫)

 畠中議員。



◆15番(畠中泰子)

 ですから、この施設整備が後期計画、結局は財政絡みの中で福岡中学校がどうあればいいのか、位置も含めてどうあればいいのかという議論よりは、お金のお話のほうが先で、それに左右されかねないような感じもするのですけれども、施設整備をするに当たっての観点をいつまで結論出すのかはっきりしないと、最終的には総合計画の財政の余裕の中でうやむやにされてしまいかねないというふうに心配するのですけれども、そういった議論はなかったのでしょうか。



○議長(佐藤正倫)

 菅原文教福祉常任委員長。



◆文教福祉常任委員長(菅原恒雄)

 とにかく後期計画に盛り込む、22年度中にははっきりさせたいということですけれども、それほど深い意見はありませんでした。



○議長(佐藤正倫)

 次に、産業建設常任委員長報告に対する質疑を許します。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 次に、議会運営委員長報告に対する質疑を許します。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 次に、議員定数検討特別委員長報告に対する質疑を許します。

 小野寺議員。



◆2番(小野寺仁美)

 ご苦労さんでございました。はじめにのところの中段のあたりなのですが、最終的に議員定数を何人にすべきかを検討するものである旨提案者から説明がありとあるのですが、この提案者というのは特別委員会の12月の本会議での提案者という意味で理解してよろしいでしょうかということを1点、まずお聞きします。



○議長(佐藤正倫)

 及川議員定数検討特別委員長。



◆議員定数検討特別委員長(及川正信)

 これは、あるいは間違うかもしれないですね。本会議で副議長のほうから提案ありました、設置の議決要件が。その際に、かなりめぐって議論になって休憩をとった、その点を指しております。最終的には、こういう中身ですかということに対して、提案者はそのとおりであります。だから、それまでの説明とかなり変わったというのが、私はそういうふうに受けとめております。



○議長(佐藤正倫)

 小野寺議員。



◆2番(小野寺仁美)

 ありがとうございました。それから、次の第2点目ですが、採決の結果とあるのですが、この採決の結果というのは何を採決したものなのかをお伺いしたいと思います。



○議長(佐藤正倫)

 及川議員定数検討特別委員長。



◆議員定数検討特別委員長(及川正信)

 どこだ、採決の結果。

〔小野寺仁美議員「それさっきの続きのところです。後段の部分です。提案者から説

 明があり、採決の結果とあるけども、その採決というのは何の採決した」と呼ぶ〕



◆議員定数検討特別委員長(及川正信)

 何行目だ。下からでもいいから......

〔小野寺仁美議員「1、2、3、4、5、6、7、8。その8行目」と呼ぶ〕



◆議員定数検討特別委員長(及川正信)

 本会議のことです。

〔発言する者あり〕



◆議員定数検討特別委員長(及川正信)

 このことをめぐって提案をされたものを、設置すべきかどうかが提案されたものについて、設置をするということが決まったときの採決です。

〔小野寺仁美議員「本会議のことを指しているわけ」と呼ぶ〕



◆議員定数検討特別委員長(及川正信)

 そうです。



○議長(佐藤正倫)

 小野寺議員。



◆2番(小野寺仁美)

 はい、いいです。



○議長(佐藤正倫)

 いいですか。

 ないものと認め、質疑を終結いたします。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 なお、市長演述並びに教育施政方針説明に対する質問をされる方は3月5日の午後3時までに質問通告書の提出、また議案審議上必要な資料要求をなさる方は一般議案及び当初予算とも3月5日午後1時までに文書にて議会事務局まで提出願います。

 本日はこれにて散会いたします。

散会 午後 3時48分