議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 二戸市

平成21年  6月 定例会(第2回) 06月09日−議案説明−01号




平成21年  6月 定例会(第2回) − 06月09日−議案説明−01号







平成21年  6月 定例会(第2回)





1 議事日程(第1日目)
  (平成21年第2回二戸市議会定例会)
                           平成21年 6月 9日
                           午前  10時  開議

  日程第 1 会議録署名議員の指名について
  日程第 2 会期決定について
  日程第 3 議案第 1号 二戸市立学校給食センター設置等に関する条例の一
               部を改正する条例
  日程第 4 議案第 2号 市道路線の認定について
  日程第 5 議案第 3号 市道路線の変更について
  日程第 6 議案第 4号 平成21年度二戸市一般会計補正予算(第3号)
  日程第 7 議案第 5号 平成21年度二戸市簡易水道事業特別会計補正予算
               (第2号)
  日程第 8 議案第 6号 平成21年度二戸市後期高齢者医療特別会計補正予
               算(第1号)
  日程第 9 議案第 7号 平成21年度二戸市水道事業会計補正予算(第2号)
  日程第10 諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について
  日程第11 諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦について
  日程第12 報告第 1号 二戸地区土地開発公社の経営状況について
  日程第13 報告第 2号 二戸市ふるさと振興株式会社の経営状況について
  日程第14 報告第 3号 二戸市一般会計繰越明許費の報告について
  日程第15 報告第 4号 二戸市下水道事業特別会計繰越明許費の報告につい
               て
  日程第16 報告第 5号 二戸市土地区画整理事業特別会計繰越明許費の報告
               について
  日程第17 報告第 6号 二戸市一般会計継続費の報告について
  日程第18 閉会中の委員会活動報告について

2 出席議員は次のとおりである。(23名)
   1番  田 村 隆 博      2番  小野寺 仁 美
   3番  小笠原 清 晃      4番  滝 沢 正 一
   6番  鷹 場 美千雄      7番  田 口 一 男
   8番  米 田   誠      9番  田 代 博 之
  10番  菅 原 恒 雄     11番  國 分 敏 彦
  12番  岩 崎 敬 郎     13番  佐 藤 利 男
  14番  大 沢 孫 吉     15番  畠 中 泰 子
  16番  西 野 省 史     17番  佐 藤   純
  18番  田 中 勝 二     19番  佐 藤 正 倫
  20番  田 口   一     21番  佐 藤 文 勇
  22番  山 本 敏 男     23番  及 川 正 信
  24番  鈴 木 忠 幸

3 欠席議員は次のとおりである。(1名)
   5番  新 畑 鉄 男

4 地方自治法第121条の規定により説明のため会議に出席した者の職氏名
  市    長   小 原 豊 明   副  市  長   清 川 明 彬
  総 務 部 長   小保内 敏 幸   健康福祉部長   角 田 良太郎
  建設整備部長   平 賀   剛   市民協働部長   小野寺 悦 夫
  産業振興部長   藤 原   淳   産業振興部副部長 佐 藤 善 昭
  総務部副部長   阿 部 満 男   健康福祉部副部長 菅 原 多喜枝
  建設整備部副部長 下斗米 隆 司   市民協働部副部長 嶋 野 賢 一
  財 政 課 長   佐 藤 節 夫   総 務 課 長   山 二 利 和
  教 育 委員長   柴 田 孝 夫   教  育  長   阿 部   實
  教 育 次 長   澤   典 雄   浄法寺総合支所長 樋 口 敬 造
 浄法寺総合支所次長 松 森 幸 市   会 計 管理者   木 村 行 孝
  代表監査委員   梅 原 龍 雄   監査委員事務局長 昆   廣 志
  水道事業所長   小野寺 常 人

5 職務のため議場に出席した者の職氏名
  議会事務局長   泉 山 光 生   主    任   玉 川 眞 也



〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜

開会 午前10時05分

〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(佐藤正倫)

 ただいまの出席議員は23人であります。定足数に達しておりますので、会議は成立いたしました。

 欠席届は新畑鉄男議員から提出されております。

 ただいまから平成21年第2回二戸市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 お諮りいたします。この際、暫時休憩し、諸報告を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ご異議なしと認めます。

 よって、暫時休憩いたします。

休憩 午前10時06分

〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜

再開 午前10時10分



○議長(佐藤正倫)

 再開いたします。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により議長において、10番、菅原恒雄議員、11番、國分敏彦議員、12番、岩崎敬郎議員、以上3名を指名いたします。

 日程第2、会期決定を議題といたします。

 今定例会の会期につきましては、6月5日議会運営委員会を開催し、協議いたしております。

 この際、議会運営委員長の報告を求めます。

 國分議会運営委員長。

〔議会運営委員長 國分敏彦君登壇〕



◆議会運営委員長(國分敏彦)

 おはようございます。それでは、ご報告申し上げます。

 平成21年第2回二戸市議会定例会の議会運営につきまして、去る6月5日午前10時より田中議員欠席のもと議会運営委員会を開催し、協議をいたしました。その協議結果の概要をご報告申し上げます。

 今定例会の会期につきましては、本日から6月19日までの11日間とし、会期中の会議予定はお手元に配付しております審議日程表のとおりでございます。

 今定例会において審議する議案等は、市長提出の15件で、議案の内容につきましてはお手元に配付しております議事日程表のとおりでございます。一般質問は、10名の議員から通告がありました。また、陳情は3件、請願は1件の新規受理でございます。

 したがいまして、会議の進め方は、本日は市長提出議案等15件の提案説明を行います。議案第1号から議案第6号までは一括議題として提案説明を求めます。次の議案第7号の提案説明を求めた後、諮問第1号及び第2号は、それぞれ提案説明を求め、委員会の付託を省略、即決いたします。次の報告案件は、報告第1号及び報告第2号は、それぞれ説明を求め、報告第3号から報告第5号までの3件は一括議題として説明を求めます。最後に、閉会中の委員会活動報告を行い、散会となります。

 あす10日は、議案思考のため休会となります。

 11日と12日は一般質問、13、14日は土日のため休会となります。

 15日は、午前10時から本会議を再開し、市長提出議案の審議を行い、それぞれ所管の常任委員会に付託となります。

 16、17日は、常任委員会で付託案件の審査を行います。

 18日は、委員長のまとめのため休会となります。

 6月19日午前10時より本会議を再開し、各委員長の付託案件の報告を受け、質疑、討論、採決を行います。その後、議員発議等の案件を審査の上、閉会となります。

 以上のことから、今定例会の会期を本日から6月19日までの11日間とした次第でございます。

 なお、議案審議上必要とする資料を要求される方は、6月11日の午後1時までに文書により事務局まで提出いただくことになりました。

 以上、議員各位のご協力を申し上げ、報告を終わります。

 以上でございます。



○議長(佐藤正倫)

 ただいまの議会運営委員長報告に対する質疑を許します。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。今定例会の会期は、ただいま議会運営委員長から報告がありましたとおり、本日から6月19日までの11日間にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から6月19日までの11日間と決定いたしました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付しております審議日程表のとおりでありますので、ご了承願います。

 日程第3、議案第1号、二戸市立学校給食センター設置等に関する条例の一部を改正する条例から日程第8、議案第6号、平成21年度二戸市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)まで、以上6件を一括議題といたします。

 提案説明を求めます。

 小保内総務部長。

〔総務部長 小保内敏幸君登壇〕



◎総務部長(小保内敏幸)

 それでは、議案第1号からご説明申し上げます。

 議案第1号、二戸市立学校給食センター設置等に関する条例の一部を改正する条例。二戸市立学校給食センター設置等に関する条例の一部を次のように改正する。

 題名中「二戸市立」を「二戸市」と改め、第1条中「二戸市立」を「二戸市」と改める。

 第2条の表中、二戸市立二戸学校給食センター、二戸市堀野字下タ川原63番地、二戸市立浄法寺学校給食センター、二戸市浄法寺町小池60番地1を、二戸市学校給食センター、二戸市似鳥字田中坪45番地に改める。

 第3条中「二戸市立」を「二戸市」に改める。

 附則、この条例は、平成21年8月1日から施行する。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 理由。二戸市学校給食センターを設置し、二戸市立二戸学校給食センター及び二戸市立浄法寺学校給食センターを廃止しようとするものである。これが、この条例案を提出する理由である。

 なお、新旧対照表を添付してございますので、ご参照願いたいと思います。

 議案第2号、市道路線の認定について。次の市道路線を認定するため、道路法第8条第2項の規定により、議会の議決を求める。

 整理番号3113、路線名、雨滝線、起点、終点ともに金田一字雨滝でございます。

 整理番号3114、川口線、起点、終点とも金田一字川口でございます。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 理由。地域道路網の整備を図るため、市道路線として認定しようとするものである。これが、この議案を提出する理由である。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。県道上斗米金田一線の豊年橋かけかえ等切りかえに伴い、旧県道部分の雨滝側98.5メートルを雨滝線、川口側340メートルを川口線として認定しようとするものでございます。

 よろしくお願いいたします。

 議案第3号、市道路線の変更について。次の市道路線を変更するため、道路法第10条第3項において準ずることとされている同法第8条第2項の規定により、議会の議決を求める。

 整理番号2、新旧別ですが、新旧ともに、路線名、舌崎線、起点が金田一字雨滝、終点が釜沢字山道。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 理由。重複路線を整理するため、市道路線を変更しようとするものである。これが、この議案を提出する理由である。

 参考資料。次のページをごらんになっていただきたいと思います。旧路線でございますが、国道4号線の取りつけ部分からの起点でございましたが、今度新しく豊年橋のたもとに取りつけ部分、起点を変更するものでございます。

 よろしくお願いいたします。

 次に、議案第4号でございます。議案第4号、平成21年度二戸市一般会計補正予算(第3号)、平成21年度二戸市の一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところ

による。

 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5億655万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ156億5,677万円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 平成21年6月9日提出、岩手県二戸市長、小原豊明。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。第1表、歳入歳出予算補正。歳入でございます。11款分担金及び負担金、補正額95万円の減額でございます。内容は、負担金でございます。

 12款使用料及び手数料、補正額63万2,000円。使用料でございます。

 13款国庫支出金、補正額3,268万円。国庫補助金、委託金でございます。

 14款県支出金、補正額252万9,000円。県補助金、委託金でございます。

 15款財産収入4億1,702万円。財産売払収入でございます。

 17款繰入金、補正額2,839万1,000円。基金繰入金でございます。

 19款諸収入、補正額2,625万3,000円。雑入でございます。

 歳入の合計でございます。補正前の額151億5,021万5,000円、補正額5億655万5,000円、計156億5,677万円でございます。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。歳出でございます。2款総務費、補正額1億6,533万円。総務管理費でございます。

 3款民生費2,092万9,000円。社会福祉費、児童福祉費、生活保護費でございます。

 4款衛生費、補正額58万4,000円。保健衛生費、清掃費でございます。

 6款農林水産業費、補正額568万2,000円。農業費でございます。

 7款商工費、補正額2,207万7,000円。

 8款土木費、補正額65万5,000円。土木管理費、住宅費でございます。

 9款消防費、補正額2億8,537万4,000円。

 10款教育費、補正額592万4,000円。教育総務費、以下記載のとおりでございます。

 歳出合計、補正前の額151億5,021万5,000円、補正額5億655万5,000円、計156億5,677万円でございます。

 次に、説明書のほうをお願いいたします。5ページをお願いいたします。歳入でございます。下段のほうでございます。13款国庫支出金、2項2目の民生費国庫補助金でございます。補正額が815万4,000円、これにつきましては地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金でございます。小規模福祉施設のスプリンクラー整備事業に補助するものでございます。

 次のページをお願いいたします。上のほうの段でございますが、13款国庫支出金、3項委託金の4目の商工費委託金でございます。1節の漆振興費委託金2,100万、これにつきましては昨年に引き続き地方元気再生事業の委託金でございまして、漆の増産、振興のための委託金でございます。

 6目教育費委託金、1節の教育費委託金で322万6,000円でございますが、学校体育振興事業委託金でございまして、新学習指導要領が平成24年度から中学校に武道必修化に向けた地域の連携、指導実践校にかかわる委託金でございます。

 次に、9ページ、10ページをお願いいたします。真ん中の段でございます。15款財産収入、2項5目の出資金返還金でございます。4億1,702万円でございます。これは、二戸地区ふるさと市町村圏基金出資金の返還でございます。5月の13日に二戸広域におきまして、二戸広域ふるさと市町村圏基金条例の廃止が議決されたのに伴いまして出資金の返還でございます。出資金は、旧二戸市分が3億2,985万円、旧浄法寺町は8,717万円になるものでございます。

 下段のほうでございますが、17款繰入金、2項3目の地域づくり人づくり基金繰入金でございます。300万でございますが、これは馬洗場の公民館整備に向けるものでございます。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。19款諸収入、4項2目の雑入、一番下の16節の雑入でございます。2,530万円、これは自治総合センターコミュニティー助成で7件にかかわるものでございます。

 次に、13ページ、14ページをごらんになっていただきたいと思います。歳出でございます。2款総務費、1項総務管理費、1目の一般管理費でございます。説明欄のほうをごらんになっていただきたいと思います。7節の賃金のところ、準職員賃金でございます。199万4,000円、これは営繕業務の準職員1名採用する予定でございます。それから、19節の二戸地区広域行政事務組合の負担金、マイナスの650万1,000円でございますが、これは介護保険分を除く今回の負担金の補正は、共済費負担率の変更に伴う調整と、21年度の広域の1号補正の確定額に伴う差額の補正でございます。

 それから、6目の企画費でございます。説明欄の25節の積立金でございますが、こちらにつきましては1億1,365万2,000円でございますが、二戸地区ふるさと市町村圏基金の出資金返還4億1,702万円から、今回計上しました消防署用地及びシビックセンター、多目的広場、駐車場用地取得経費を控除した額に相当する額を積み立てるものでございます。

 7目の総合支所費でございます。13節委託料のところに、瀬戸内寂聴記念館管理委託料47万6,000円でございますが、休日、祝祭日の管理委託をお願いするものでございます。

 10目まちづくり推進費でございます。19節の負担金、補助及び交付金の中の二戸市宝を生かした事業実行委員会負担金150万円でございますが、実行委員会はこのほかに財団法人の三陸基金から300万を活用し、宝を生かした観光総合産業モデル事業と、農、商、工連携によるニュービジネスの創設を図ろうとするものでございます。その下の自治総合センターコミュニティー助成事業補助金2,450万円でございますが、この中には6件ほどのものがありまして、1つは下斗米文化財愛護少年団の育成会でございますが、神楽衣装など170万円でございます。2つ目は、海上なにゃとやら会が太鼓、衣装に250万円、3番目は浄法寺の太田常会でございますが、除雪機1台190万円、4番目が玉木自治振興会でございまして、防犯灯に250万円、5番目が白鳥地区会でございまして、音響セット等に110万円、6番目が馬洗場常会でございまして、公民館建設費に1,480万円でございます。それから、説明欄の下に市民協働推進事業とありまして、ここに19節地域コミュニティーセンター整備事業費補助金300万がございますが、これは馬洗場公民館に市単独補助金として300万補助するものでございます。

 それから、11目のシビックセンター費でございます。説明欄のシビックセンター管理費の17節公有財産購入費でございますが、多目的広場駐車場用地として2,440万1,000円でございます。

 次の15、16ページをお願いいたします。中段でございます。3款民生費、1項社会福祉費の3目の老人福祉費でございます。こちらの19節の説明欄のところに、小規模福祉施設スプリンクラー整備事業補助金815万4,000円とございます。これは御返地のアミーチに296万1,000円、浄法寺にこトピアに519万3,000円を補助するものでございます。

 それから、6目の介護保険費でございますが、説明欄の二戸地区広域行政事務組合負担金1,430万7,000円とございますが、これは国からの当初予算算定に用いる係数等の通知がおくれたため、二戸広域では当初予算に対応できなかった分について補正するものでございます。

 次に、19、20ページをお願いいたします。6款農林水産業費、1項農林費、3目の農業振興費でございます。説明欄のほうでございますが、いわて希望農業担い手応援事業費として254万3,000円とありますが、これは県からの内示に対応し増額するものでございます。

 それから、13目の牧場管理費でございます。消耗品費として234万5,000円を補正してございますが、これは市営牧野採草地用の肥料代として単価アップに伴う増額するものでございます。

 下段のほうでございますが、7款商工費、1項商工費、3目の漆振興費でございます。説明欄の地域再生プロジェクト事業費として2,147万7,000円を計上してございますが、これは漆の原木確保、また漆かき職人の確保、漆振興にかかわる分として計上したものでございます。

 次に、23、24ページをお願いいたします。上段のほうでございます。9款消防費、1項消防費、1目の常備消防費でございます。説明欄のほうをごらんになっていただきたいと思います。公有財産購入費でございます。2億7,895万6,000円を計上してございます。これは二戸消防署用地購入費として繰上償還するものでございます。

 それから、4目の防災費でございます。自治総合センターコミュニティー助成事業の補助金でございまして、舟沢地区自主防災会に80万補助するものでございます。

 それから、その下の10款教育費、1項教育総務費、1目の教育委員会費でございます。説明欄のほうをごらんになっていただきたいと思います。小中学校通学区域調整委員会事務費として83万7,000円を計上してございます。

 その下の3目の教育研修費でございます。教育研修費につきましては3点ほどございまして、1つは、外国語活動実践研究事業として35万7,000円計上してございます。福岡小学校5年、6年の英語実践に伴うものでございます。2つ目は、いわてコミュニティー・スクールステップアップ事業として、福岡小学校、仁左平小学校、浄法寺中学校に32万1,000円でございます。3つ目として、学校体育振興事業費として329万4,000円を計上してございますが、これは金田一中学校に武道、男子柔道、女子剣道にかかわるものとして計上したものでございます。

 次に、25、26ページをごらんになっていただきたいと思います。中段でございます。中学校費の1目学校管理費でございます。こちらは福岡中学校整備の検討に係る専門的技術者等の依頼にかかわる経費として計上したものでございます。

 以上でございます。

 次に、議案第5号をお願いいたします。議案第5号、平成21年度二戸市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)。平成21年度二戸市の簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ591万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9,338万4,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 第2条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表地方債」による。

 平成21年6月9日提出、岩手県二戸市長、小原豊明。

 次のページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正。歳入、4款繰入金、補正額5万3,000円。一般会計繰入金。

 6款諸収入、補正額445万9,000円。雑入。

 7款市債140万円。市債でございます。

 歳入合計、補正前の額8,747万2,000円、補正額591万2,000円、計9,338万4,000円。

 歳出、1款簡易水道事業費、補正額591万2,000円。

 歳出合計、補正前の額8,747万2,000円、補正額591万2,000円、計9,338万4,000円でございます。

 次のページ、2表でございます。地方債でございます。起債の目的、簡易水道整備事業、限度額140万円、起債の方法、利率、償還の方法については記載のとおりでございますので、省かしていただきます。

 説明書のほうをお願いいたします。5ページ、6ページでございます。歳入でございます。中段でございます。6款諸収入、1項雑入、1目雑入でございます。445万9,000円。福田地区配水管移設工事補償金、これは県からの補償金でございます。

 その下の7款市債でございます。1目の簡易水道事業債でございますが、140万円、これは自治振興基金からの起債でございます。

 7ページ、8ページをごらんになっていただきたいと思います。歳出でございます。1款簡易水道事業費の1目の総務管理費でございます。工事請負費でございまして、福田地区の配水管移設工事に伴う591万2,000円となるものでございます。

 次に、議案第6号をお願いいたします。議案第6号、平成21年度二戸市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。平成21年度二戸市の後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ96万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億5,919万1,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 平成21年6月9日提出、岩手県二戸市長、小原豊明。

 次のページをお願いいたします。第1表、歳入歳出予算補正、歳入でございます。5款諸収入、補正額96万6,000円。償還金及び還付加算金でございます。

 歳入合計でございますが、補正前の額が2億5,822万5,000円、補正額96万6,000円、計で2億5,919万1,000円となるものでございます。これにつきましては、死亡また転出等資格喪失に伴う過誤納保険料の還付金でございます。

 歳出でございます。3款諸支出金、補正額96万6,000円。

 歳出合計、補正前の額2億5,822万5,000円、補正額96万6,000円、計2億5,919万1,000円となるものでございます。説明書の説明につきましては省かしていただきます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正倫)

 日程第9、議案第7号、平成21年度二戸市水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 提案説明を求めます。

 小野寺水道事業所長。

〔水道事業所長 小野寺常人君登壇〕



◎水道事業所長(小野寺常人)

 それでは、提案させていただきます。議案第7号、平成21年度二戸市水道事業会計補正予算(第2号)。

 第1条、平成21年度二戸市水道事業会計の補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 収益的収入及び支出、第2条、平成21年度二戸市水道事業会計予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。

 収入、第1款水道事業収益、既決予定額6億1,508万6,000円、補正予定額ゼロ、計6億1,508万6,000円。

 支出、第1款水道事業費、既決予定額6億177万1,000円、補正予定額232万6,000円、計6億409万7,000円。

 第1項営業費用、既決予定額4億1,794万円、補正予定額232万6,000円、計4億2,026万6,000円。

 資本的収入及び支出、第3条、予算第4条本文括弧書き中「資本的支出額に対し不足する額3億354万8,000円は過年度分損益勘定留保資金等3億354万8,000円」を「資本的支出額に対し不足する額3億874万8,000円は過年度分損益勘定留保資金等3億874万8,000円」に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。

 収入、第1款資本的収入、既決予定額6,240万円、補正予定額920万円、計7,160万円。

 第2項国庫補助金、既決予定額ゼロ、補正予定額920万円、計920万円。

 支出、第1款資本的支出、既決予定額3億6,594万8,000円、補正予定額1,440万円、計3億8,034万8,000円。

 第1項建設改良費、既決予定額8,369万円、補正予定額1,440万円、計9,809万円。これは概要といたしまして、当初予定しておりました船場地区配水管布設工事は、石綿セメント管更新事業の国庫補助事業に該当することから、国庫補助金の収入と更新事業に係る延長拡大による建設改良工事費の増をお願いするものでございます。

 平成21年6月9日提出、岩手県二戸市長、小原豊明。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正倫)

 日程第10、諮問第1号、人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案説明を求めます。

 小原市長。

〔市長 小原豊明君登壇〕



◎市長(小原豊明)

 諮問第1号、人権擁護委員候補者の推薦について。次の者を人権擁護委員候補者に推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求める。

 住所、二戸市福岡字下川原12番地17、氏名、小笠原昭子、生年月日、昭和18年8月15日。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 理由。法務大臣に対し人権擁護委員候補者を推薦するに当たり、議会の意見を聞く必要がある。これが、この諮問を提出する理由である。

 候補者の履歴については、添付のとおりでございますので、よろしくご審議の上、ご推薦賜りますようにお願い申し上げます。



○議長(佐藤正倫)

 お諮りいたします。ただいま議題となっております諮問第1号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ご異議なしと認めます。

 よって、諮問第1号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ないものと認め、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ないものと認め、討論を終結いたします。

 これより諮問第1号を採決いたします。

 人権擁護委員候補者の推薦については、これを適任とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

〔起立全員〕



○議長(佐藤正倫)

 起立全員であります。

 よって、諮問第1号は適任とすることに決しました。

 日程第11、諮問第2号、人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案説明を求めます。

 小原市長。

〔市長 小原豊明君登壇〕



◎市長(小原豊明)

 諮問第2号、人権擁護委員候補者の推薦について。次の者を人権擁護委員候補者に推薦することについて、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求める。

 住所、二戸市似鳥字上沖野38番地2、氏名、田口 巖、生年月日、昭和19年4月7日。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 理由。法務大臣に対し人権擁護委員候補者を推薦するに当たり、議会の意見を聞く必要がある。これが、この諮問を提出する理由である。

 なお、候補者の履歴につきましては、添付のとおりでございます。

 よろしくご審議の上、決定いただきますようにお願い申し上げます。



○議長(佐藤正倫)

 お諮りいたします。ただいま議題となっております諮問第2号は、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ご異議なしと認めます。

 よって、諮問第2号は委員会の付託を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ないものと認め、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ないものと認め、討論を終結いたします。

 これより諮問第2号を採決いたします。

 人権擁護委員候補者の推薦については、これを適任とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

〔起立全員〕



○議長(佐藤正倫)

 起立全員であります。

 よって、諮問第2号は適任とすることに決しました。

 日程第12、報告第1号、二戸地区土地開発公社の経営状況についてを議題といたします。

 内容説明を求めます。

 小保内総務部長。

〔総務部長 小保内敏幸君登壇〕



◎総務部長(小保内敏幸)

 報告第1号、二戸地区土地開発公社の経営状況について。地方自治法第243条の3第2項の規定により、二戸地区土地開発公社の経営状況説明書を別紙のとおり提出する。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 以下、二戸地区土地開発公社の報告に基づきまして、その概要をご説明申し上げます。

 経営状況説明書の次のページをお開きいただきたいと思います。こちらは、平成20年度事業報告、貸借対照表、損益計算書につきまして、平成21年5月7日、原案可決されたものでございます。

 2ページめくっていただきたいと思います。平成20年度事業報告書でございます。1の組織及び運営状況についてでございますが、平成21年3月31日現在の役職名、氏名につきまして記載のとおりでございます。

 次に、役員会の開催状況でございますが、監事によります会計監査と4回の理事会を開催してございます。

 2の事業の概要につきましてでございますが、平成20年度におきましては、用地取得はございませんでした。

 次のページをお願いいたします。財産目録でございます。最初に、資産の部でございますが、合計は4億8,686万5,492円で、内訳は預金、公有用地及び代行取得用地の未収金でございます。

 次に、負債の部でございます。公有用地と事業未収金合わせた長期借入金及び長期前受金が4億2,735万8,485円で、差し引き正味財産は5,950万7,007円でございます。

 次のページをお願いいたします。貸借対照表でございます。資産の部は、流動資産で、合計は4億8,686万5,492円でございます。

 次に、負債の部でございます。固定負債でございます。合計は4億2,735万8,485円でございます。

 資本の部は、資本金500万円、準備金合計は5,450万7,007円で、資本合計は5,950万7,007円でございます。

 なお、負債資本合計は4億8,686万5,492円でございます。

 次のページをお願いいたします。損益計算書でございます。事業収入でございますが、ゼロ円でございます。

 次に、2の販売費及び一般管理費は9万8,125円で、内訳は県の協議会の負担金及び法人市民税、法人県民税でございます。1から2を引きました事業損失は9万8,125円でございます。

 3の事業外収益でございますが、1万9,535円で、銀行預金の受取利息でございます。

 4の事業外費用はゼロで、一番下の当期損失は7万8,590円となってございます。

 次のページのキャッシュフロー計算書でございます。こちらの計算書は、先ほど申し上げました損益計算書の内容を補完するものでございまして、下から3行目の4、現金及び現金同等物の増減額は、マイナスの7万8,590円でございます。これらは1から3までの合計額で、損益計算書の当期損失と一致するものでございます。

 また、5の現金及び現金同等物の期首残高は5,958万5,597円で、5から4を引いた結果、6の現金及び現金同等物の期末残高は5,950万7,007円でございます。

 6ページ、7ページは以降の表になりますので、6ページをごらんになっていただきたいと思います。こちらは付属明細書でございまして、上の表は長期借入金の明細表でございます。借入先は4件、それぞれ利率、期首残高、当期減少額、期末残高を記載しております。

 なお、備考欄のほうには取得用地名と借り入れ月日を記載してございます。

 下の表でございますが、基本金の明細表でございます。こちらについては記載のとおりでございますので、ご参照願いたいと思います。

 7ページでございます。公有用地と代行用地の明細でございます。詳細につきましては、説明を省かしていただきます。

 8ページになります。こらちは監査意見書でございます。記載のとおりでございます。

 次のページでございますが、21年度における二戸地区土地開発公社の事業計画及び収支予算書の概要についてご説明申し上げます。こちらは平成21年2月16日開催の理事会において可決されたものでございます。

 2ページめくっていただきたいと思います。平成21年度の事業計画書でございます。1の用地取得事業につきましては、平成21年度の計画はございません。

 2の事務費については、記載のとおりでございます。

 役員会については、理事会と会計監査を予定してございます。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。こちらは平成21年度の予算でございます。2条の収益的収入及び支出の予定額でございます。収入の計は364万8,000円、支出の計は380万8,000円でございます。

 3条でございます。資本的収入及び支出の予定額でございます。収入、支出とも5,212万6,000円でございます。

 3ページから5ページにつきましては、予算の実施計画を記載したものでございます。

 6ページにつきましては、資金の計画でございます。これらの内容につきましては、土地売却未収金及び長期借入金償還金、内容につきましては前年度とほぼ同様でございますので、説明は省かしていただきます。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正倫)

 ここで暫時休憩いたします。

休憩 午前10時53分

〜〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜〜

再開 午前11時12分



○議長(佐藤正倫)

 再開いたします。

 日程第13、報告第2号、二戸市ふるさと振興株式会社の経営状況についてを議題といたします。

 内容説明を求めます。

 藤原産業振興部長。

〔産業振興部長 藤原 淳君登壇〕



◎産業振興部長(藤原淳)

 ご報告申し上げます。

 報告第2号、二戸市ふるさと振興株式会社の経営状況について。地方自治法第243条の3第2項の規定により、二戸市ふるさと振興株式会社の経営状況説明書を別紙のとおり提出する。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 以下、二戸市ふるさと振興株式会社からの報告に基づきまして、その概要をご説明申し上げます。平成21年5月28日に開催されました株主総会におきまして、20年度事業報告書及び決算報告書の承認、株主資本等変動計算書の承認、21年度事業計画及び収支予算の議決の各案件が提案され、原案のとおり可決されております。以下、順次ご説明いたします。

 2ページをお願いいたします。議案第1号、平成20年度第9期事業報告書及び決算報告書の承認を求めることについてであります。

 内容につきましては、4ページをお願いいたします。第9期事業報告書であります。1の組織及び運営状況、役員でありますが、平成21年3月31日現在で、代表取締役は小原市長以下取締役4名、監査役1名であります。

 (2)の取締役等の開催状況でありますが、取締役会が2回、株主総会、会計監査が各1回開催されております。

 2の事業の概要でありますが、稲庭交流センター「天台の湯」、「かつら庵」、二戸広域観光物産センターの営業事業と、開発商品事業となっております。

 3の庶務事項でありますが、21年3月31日現在で社員数は19名、パート11名の計30名であります。

 4の営業状況でありますが、平成20年度の総売上高は2億9,822万3,000円で、対前年で695万9,000円増加いたしましたが、売上総利益、粗利益は60万5,000円の減少となりました。また、販売費、一般管理費を差し引いた営業利益では211万円の減少となり、20年度第9期の経常利益は294万9,000円となっております。

 以降につきましては内訳でありますが、「天台の湯」、「かつら庵」につきましては売上高が減少し、452万1,000円の経常損失となっております。なにゃーと物産センターにつきましては、売上高が増加し、経常利益は747万1,000円の黒字となっております。

 天台の湯の入館者数、物産センターの延べ客数は表のとおりであります。

 5ページをお願いいたします。貸借対照表でありますが、21年3月31日現在の財産状況をあらわしております。資産の部の合計は、中ほどになりますが、6,144万2,294円であり、負債の部の合計は2,468万1,358円であります。

 6ページをお願いいたします。このことから、下から2行目にあります純資産の合計は3,676万936円となっております。

 7ページをお願いいたします。損益計算書であります。20年度の経営状況をあらわしたものであります。売上高から売上原価を差し引いた売上総利益、粗利は中ほど右端のとおり1億3,505万1,326円であります。

 この総利益から販売費及び一般管理費等を差し引いた営業利益は、8ページをごらんいただきまして、中ほどの195万9,956円となっており、営業外収益を加え営業外費用を差し引いた最終的な純利益は294万9,578円となっております。

 9ページは監査報告であります。

 10ページをお願いいたします。議案第2号、平成20年度第9期株主資本等変動計算書の承認を求めることについてであります。

 内容は11ページの表をごらんいただきたいと思います。前期末残高、これは20年3月31日時点でありますが、資本金1,030万円と繰越利益剰余金2,351万1,358円を合計いたしまして3,381万1,358円となっており、これに20年度分の純利益294万9,578円を加えまして、21年3月31日での純資産合計額は3,676万936円となっております。

 12ページをお願いいたします。議案第3号、平成21年度第10期事業計画及び収支予算の議決を求めることについてであります。

 内容は、14、15ページをお願いいたします。事業計画は、20年度に引き続きまして、「天台の湯」、「かつら庵」、「物産センター」の営業事業と、開発商品事業を行うものとなっております。

 また、収支予算につきましては、経常利益を467万8,000円と見込んでおるものであります。

 以上で報告を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正倫)

 日程第14、報告第3号、二戸市一般会計繰越明許費の報告についてから日程第17、報告第6号、二戸市一般会計継続費の報告についてまで、以上4件を一括議題といたします。

 内容説明を求めます。

 小保内総務部長。

〔総務部長 小保内敏幸登壇〕



◎総務部長(小保内敏幸)

 それでは、報告第3号、二戸市一般会計繰越明許費の報告について。繰越明許費に係るテレビ難視聴解消事業等の繰越計算書について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により別紙平成20年度二戸市一般会計繰越明許費繰越計算書のとおり報告する。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。事業名でございますが、テレビ難視聴事業、繰越金額でございますが、2,228万5,000円から、次のページの一番下の学校給食センター建設事業費、翌年度の繰越額の364万2,000円まで25事業を記載のとおり繰り越しておりますので、報告申し上げます。

 報告第4号でございます。二戸市下水道事業特別会計繰越明許費の報告について。繰越明許費に係る下水道事業の繰越計算書について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により別紙平成20年度二戸市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書のとおり報告する。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。翌年度の繰越額でございますが、1億2,647万1,000円を繰り越すものでございます。財源内訳等につきましては、記載のとおりでございます。

 次に、報告第5号、二戸市土地区画整理事業特別会計繰越明許費の報告について。繰越明許費に係る新幹線二戸駅周辺地区土地区画整理事業の繰越計算書について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により別紙平成20年度二戸市土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書のとおり報告する。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。事業名、新幹線二戸駅周辺地区土地区画整理事業の翌年度繰越額でございますが、1億7,809万5,000円となるものでございます。財源内訳等については、記載のとおりでございます。

 次に、報告第6号、二戸市一般会計継続費の報告について。継続費に係る学校給食センター建設事業の繰越計算書について、地方自治法施行令第145条第1項の規定により別紙平成20年度二戸市一般会計継続費繰越計算書のとおり報告する。

 平成21年6月9日提出、二戸市長、小原豊明。

 次のページをごらんになっていただきたいと思います。事業名、学校給食センター建設事業でございますが、継続費の総額は10億5,334万円でございます。20年度継続費、予算現額でございますが、計で5億2,760万円でございます。支出済額及び支出見込額でございますが、4億5,262万8,000円でございます。残額が7,497万2,000円、翌年度逓次繰越額でございますが、同額の7,497万2,000円となるものでございます。財源内訳は、記載のとおりでございます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤正倫)

 日程第18、閉会中の委員会活動報告についてを議題といたします。

 文教福祉及び産業建設常任委員長、議会運営委員長並びに県境産業廃棄物不法投棄事案に係る対策特別委員長から、閉会中の委員会活動報告がありましたので、これを求めます。

 最初に、菅原文教福祉常任委員長。

〔文教福祉常任委員長 菅原恒雄君登壇〕



◆文教福祉常任委員長(菅原恒雄)

 文教福祉常任委員会における閉会中の委員会活動報告書。

 平成21年6月9日、二戸市議会議長、佐藤正倫殿。文教福祉常任委員会委員長、菅原恒雄。

 当委員会は、下記のとおり閉会中の委員会活動を実施したので報告します。

 記。調査活動、期日は21年5月29日金曜日でした。

 場所は、第2委員会室。

 出席者、説明員は記載のとおりでございます。

 調査事項でございます。平成21年度健康福祉部主要事業について、それから新型インフルエンザ行動計画等について、もう一つは、平成21年度教育委員会主要事業について説明がありました。

 以上でございます。



○議長(佐藤正倫)

 次に、小笠原産業建設常任委員長。

〔産業建設常任委員長 小笠原清晃君登壇〕



◆産業常任委員長(小笠原清晃)

 産業建設常任委員会における閉会中の委員会活動報告書。

 平成21年6月9日、二戸市議会議長、佐藤正倫殿。産業建設常任委員会委員長、小笠原清晃。

 当委員会は、下記のとおり閉会中の委員会活動を実施したので報告します。

 調査活動、期日は21年3月23日月曜日。

 場所、第3委員会室及び市内でございます。

 出席者、説明員については記載のとおりでございます。

 調査事項につきましては、空調機器に係る調査、貸し工場の使用料と空調機器の修繕費についてでございます。

 そして、4月27日、これらについても調査活動をしております。

 第3委員会室でございます。

 出席者、委員、次のとおりでございます。

 調査事項、貸し工場について、それからその他ということでございます。

 以上、報告いたします。



○議長(佐藤正倫)

 次に、國分議会運営委員長。

〔議会運営委員長 國分敏彦君登壇〕



◆議会運営委員長(國分敏彦)

 それでは、報告申し上げます。

 議会運営委員会における閉会中の委員会活動報告書。

 平成21年6月9日、二戸市議会議長、佐藤正倫殿。議会運営委員会委員長、國分敏彦。

 当委員会は、下記のとおり閉会中の委員会活動を実施したので報告します。

 調査活動、(1)、(2)、(3)、(4)は既に皆様のほうにご報告申し上げておりますので、省略いたします。

 以上でございます。



○議長(佐藤正倫)

 次に、西野県境産業廃棄物不法投棄事案に係る対策特別委員長。

〔県境産業廃棄物不法投棄事案に係る対策特別委員長 西野省史君登壇〕



◆県境産業廃棄物不法投棄事案に係る対策特別委員長(西野省史)

 それでは、報告を申し上げます。

 県境産業廃棄物不法投棄事案に係る対策特別委員会における閉会中の委員会活動報告書。

 平成21年6月9日、二戸市議会議長、佐藤正倫殿。

 当委員会は、下記のとおり閉会中の委員会活動を実施したので報告します。

 調査活動、期日、場所、出席者は記載のとおりでございます。この場所でございますが、議場で部長の説明をいただいた後、ボーリング予定地を皆さんから視察をいただいておるものでございます。

 次の調査活動2でございますが、期日、場所が記載のとおりでございます。これは平成21年5月18日でございますが、この日程は私が決めたのではなく、そちらの田子町民の方が指定した日にちで、時間も午後2時から1時間ぐらいの予定でお会いをいたしました。

 調査事項は、和平高原開発農場地内のボーリング調査についてでございますが、その私と会ってもいいという方は、元和平高原の役員の1人であったわけでございます。その方からお話を伺ってきたところでございます。その中身と申しますのは、今まで契約をしたのが木の皮と汚泥、搾りかすというような契約であったが、何となくその契約以外のものを捨てているような気がして、その捨てているものは、何かは調査しなければわからないということでありましたけれども、やはりどうしてもこれは大変なことになっては皆さんに申しわけがないというので、何としても三栄化学とは手を切るべきだということで、1年間その問題を討議して、ようやく2年間で手を切れたという方とお会いをしてきたわけでございます。ですから、その方の年齢は80過ぎておりますので、どうしてもまだらなところはあるかもしれませんがということでありましたけれども、私はそれとなく同じようなことを3回ほど繰り返しお伺いしましたら、その3回とも同じような答弁をいただきましたので、これは大丈夫信頼できるなということでありました。ちなみに、私と同行したのが佐藤主幹でございます。

 それと、最後になりますが、県境産業廃棄物現場におきまして新たにドラム缶が発見されたことにつきまして、その経過報告もさせていただきます。新聞報道をされましたのは、5月30日の岩手県原状回復協議会の場において発表されたものでありまして、D地区から新たに19本のドラム缶が発見されたとの報告があり、その翌日に新聞報道がされたものであります。ドラム缶発見について5月25日月曜日の朝、二戸地方振興局の県境産廃対策室の吉田課長さんから、5月22日金曜日、D地区から3個のドラム缶が発見されたが、VOCみたいなにおいはない。どのくらいの数が埋まっているのかわからないが、26日から現場を精査しながら撤去作業に入りたいとの報告が生活環境課に入りました。また、6月5日に同じく課長から生活環境課に連絡がありまして、6月4日現在で31本のドラム缶を確認し撤去した。ただし、まだ数本のドラム缶が残っているということであります。オープンドラム缶がなくなったので、オープンドラム缶が届くまで撤去は見合わせるとの報告があったことが現在までの報告であります。ちなみに、ドラム缶の発見は最初に218本でありました。その後はもう出ないだろうと言っておりましたけれども、次にも337本が発見されました。また、県の対応としては、もう出ないだろうと言っておりましたけれども、今回さらに31本のドラム缶が発見され、現在までに586本のドラム缶が発見されております。

 なお、青森県側でもことしはコンクリートの塊が、これは縦横80センチで高さが1メーター10センチのようでございますが、コンクリートの塊が122個とドラム缶32本が見つかっております。これは昨年の3倍増のようでございます。なお、昨年は48個のドラム缶が青森県側で発見をされております。

 以上でございますが、議会終了後、速やかに岩手県側のD地区をご視察したいと考えておりますので、その節は皆さんのご参加をよろしくお願い申し上げたいと思います。

 以上で報告を終わります。



○議長(佐藤正倫)

 以上で報告が終わりました。

 これより質疑を許します。

 最初に、文教福祉常任委員長報告に対する質疑を許します。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 次に、産業建設常任委員長報告に対する質疑を許します。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 次に、議会運営委員長報告に対する質疑を許します。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 次に、県境産業廃棄物不法投棄事案に係る対策特別委員長の報告に対する質疑を許します。

 畠中議員。



◆15番(畠中泰子)

 隣同士の席でこういった形で聞くのもちょっとおかしいのですけれども、今の委員長の報告の中で私自身は、えっ、と思うことがありましたので、お尋ねをしたいと思います。

 23日の朝に、振興局吉田課長のほうから市の生活環境課にドラム缶が出ましたという報告があったことが、翌24日には市では臨時議会も開催しておりますけれども、議会の私どもには市のほうからは報告なかったことについては、私はなぜなのかなと、いずれ多少関係なく、ドラム缶がもう出ないでしょうというのは吉田課長のほうから現場でも言われていましたので、それが出たということはやはり報告するべき内容ではなかったのかと思うのですけれども、その点について委員長と市の生活環境課あるいは市のまちづくりのほうですか、この点について何かお話し合いはあったのでしょうか。



○議長(佐藤正倫)

 西野対策特別委員長。



◆県境産業廃棄物不法投棄事案に係る対策特別委員長(西野省史)

 隣同士でと言いますが、遠慮なさらずにどうぞ質問をいただければよろしいかと思いますので、お答えいたします。

 今申し上げましたのは、私のほうから生活環境課に出向きまして経過報告を伺ったのがこのようでございますので、それ以外のことは、私は承知しておりません。



○議長(佐藤正倫)

 そのほか。

〔「なし」の声あり〕



○議長(佐藤正倫)

 ないものと認め、質疑を終結いたします。

 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 なお、議案審議上必要な資料要求をなさる方は、6月11日午後1時までに文書にて議会事務局まで提出願います。

 本日はこれにて散会いたします。

散会 午前11時37分