議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 陸前高田市

平成20年  3月 定例会 資料 発議第2号




平成20年  3月 定例会 資料 − 発議第2号







(発議第2号)



  公共工事に係る建設労働者の適正な労働条件の確保を求める意見書



 わが国の建設業においては、元請と下請という重層的な関係の中で、他産業では常識とされる明確な賃金体系が現在も確立されておりません。このことは、仕事量の変動が施工単価や労務費の引き下げにつながり、建設労働者の生活を不安定なものとしています。

 このような状態にあって、国では平成13年4月に「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」を施行し、適正な施工体制の確立を図っていくこととされました。この法律の成立に当たっては、参議院国土・環境委員会で「建設労働者の賃金、労働条件の確保が適切に行われるよう努めること」との付帯決議も付されております。また、諸外国においては、公契約に係る賃金を確保する法律、いわゆる「公契約法」の制定が進んでいる状況にあります。

 地域経済を担う建設業を健全に発展させ、工事における安全や品質を確保するとともに、雇用の安定や技能労働者の育成を図るためには、公共工事における新たなルールづくりが必要です。

 よって、国においては、下記項目の施策を早急に実行するよう強く要望します。

                       記

1 公共工事における建設労働者の適正な労働条件を確保するため、関係法令の整備等を図ること。



 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。

  平成20年3月25日

                               岩手県陸前高田市議会