議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 陸前高田市

平成19年  第3回 臨時会 11月15日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成19年  第3回 臨時会 − 11月15日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成19年  第3回 臨時会





        平成19年第3回陸前高田市議会臨時会会議録

議事日程第1号

               平成19年11月15日(木曜日)

日程第1         会期決定             
日程第2         会議録署名議員の指名       
日程第3  議案第1号  平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第4号)
日程第4  議案第2号  平成19年度陸前高田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

本日の会議に付した事件
   〜議事日程第1号に同じ〜

出 席 議 員(19人)
  議 長  西 條   廣 君          副議長  伊 藤 明 彦 君
  1 番  菅 原   悟 君          2 番  松 田 信 之 君
  3 番  米 澤 政 敏 君          4 番  大 坪 涼 子 君
  5 番  清 水 幸 男 君          7 番  藤 倉 泰 治 君
  8 番  佐 藤 信 一 君          9 番  千 田 勝 治 君
  10番  菅 野   稔 君          11番  佐 竹   強 君
  12番  福 田 利 喜 君          13番  及 川 修 一 君
  14番  及 川 一 郎 君          15番  荒 木 眞 幸 君
  16番  菅 野 日出男 君          17番  小 松   眞 君
  18番  熊 谷 賢 一 君

欠 席 議 員(1人)
  6 番  菅 野 広 紀 君

説明のため出席した者
  市     長  中 里 長 門 君      副  市  長  戸 羽   太 君

  教 育 委 員 長  村 上 サ キ 君      監 査 委 員  伊 藤 恒 雄 君

  会 計 管 理 者  松 田 恒 雄 君      企 画 部 長  伊 藤 光 高 君
  兼 会 計 課 長                 兼企画政策課長
                          兼企業立地雇用対策室長  

  総 務 部 長  臼 井 佐 一 君      民 生 部 長  畠 山 政 平 君
  兼 総 務 課 長                 兼健康推進課長
  兼 選 管書記長

  産 業 部 長  菅 野 正 明 君      建 設 部 長  中 井   力 君
  兼 農 林 課 長                 兼 建 設 課 長
                          兼幹線道路対策室長

  消  防  長  村 上 直 光 君      教 育 次 長  菊 池 満 夫 君
                          兼生涯学習課長

  行 革 推進室長  須 賀 佐重喜 君      財 政 課 長  細 川 文 規 君
  税 務 課 長  宗 宮 安 宏 君      防 災 対策室長  大 坂 幹 夫 君
  市 民 環境課長  菅 野 直 人 君      福 祉 事務所長  清 水 久 也 君
  水 産 課 長  及 川   脩 君      都 市 計画課長  及 川 賢 一 君
  水 道 事業所長  菅 原   秀 君      学 校 教育課長  大久保 裕 明 君
  農 委 事務局長  佐々木 公 一 君      監 査 事務局長  白 川 光 一 君

  商 工 観 光 課  黄川田 次 男 君
  商 工 労働係長

職務のため出席した議会事務局の職員
  事 務 局 長  戸 羽 伸 一        局 長 補 佐  千 葉 徳 次
  書     記  村 上 正 一







    午前10時00分 開   会



○議長(西條廣君) これより平成19年第3回陸前高田市議会臨時会を開会いたします。

  出席議員は19人で定足数に達しております。

  なお、欠席する旨の届け出は、6番、菅野広紀君であります。



○議長(西條廣君) 直ちに本日の会議を開きます。



○議長(西條廣君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。

  報告事項は、お手元に配布いたしました議長事務報告のとおりであります。

  なお、事務局長をして概要の説明をいたさせます。事務局長。



◎事務局長(戸羽伸一) 命によりまして、第3回定例会閉会日の翌日であります平成19年9月27日以降の議長事務諸般の事項につきまして、概要のご説明をいたします。

  まず、議案の受理についてでありますが、今期臨時会に市長から議案2件が提出され、これを受理しております。

  次に、諸会議、要望等についてでありますが、第3回定例会で議決された国民医療を守るための意見書及び三陸縦貫自動車道の早期全線事業化を求める意見書の2件を9月27日に衆参両院議長、内閣総理大臣ほか関係行政庁及び岩手県選出衆参両院議員等に送達しております。

  10月3日ですが、住田町議会の荒木久一議長と水野英哉副議長が議長、副議長就任のあいさつに来室しております。

  10月4日、議会報特別委員会が開催され、議会だよりの編集作業が行われております。

  10月5日ですが、三陸縦貫自動車道等整備促進特別委員会県際ルート対策小委員会委員7人が議長とともに国土交通省東北地方整備局ほか関係機関に対し、三陸縦貫自動車道の早期実現について要望活動を行っております。

  10月9日、議会報特別委員会が開催されまして、編集作業が行われております。

  10月11日ですが、市議会議長会主催による知事を囲む懇談会が盛岡市内で開催されまして、議長、副議長が出席しております。

  同じ日の同じ会場になりますが、気仙地区議会議員協議会が実施した知事に対する要望活動に議長、副議長が参加し、中高一貫教育校モデル校の設置について、気仙地域への県営拠点工業団地の整備促進について、地域医療体制の強化、充実についてなどの案件について要望を行っております。

  同じ日でありますが、岩手県精神保健福祉大会が市内で開催されまして、佐藤信一教育民生常任委員長が出席しております。

  次も同じ日でありますが、リアス・ハイウェイ早期実現釜石大会が釜石市内で開催され、千田勝治産業建設常任委員長と三陸縦貫自動車道等整備促進特別委員会県際ルート対策小委員会委員8人が参加しております。

  10月12日、議会報特別委員会が開催されまして、議会だよりの編集作業が行われております。

  10月15日ですが、産業建設常任委員会が開催されまして、閉会中の継続審査となっておりました請願第1号、公契約条例・法の制定で従事者に適正な賃金・労働条件を確保することについてを請願提出者の出席を得て審査しております。

  次に、10月18日ですが、前釜石市長小沢和夫氏の市葬に議長が参列して弔意を表しております。

  10月22日、全員協議会を開催しております。

  10月23日ですが、三陸縦貫自動車道の早期実現について、議長と三陸縦貫自動車道等整備促進特別委員会所属議員4人が財務省、国土交通省及び岩手県選出衆参両院議員等に要望活動を行っております。

  10月25日、東北市議会議長会理事会が仙台市内で開催されまして、議長が出席しております。

  11月1日ですが、議会報特別委員会が開催され、盛岡市議会だより編集委員会の視察に対応しております。

  11月2日、市勢功労者表彰式に議長以下議員18人が出席しております。

  11月7日ですが、岩手・宮城県際市町議会議長会が実施した国土交通省東北地方整備局に対する要望に議長、副議長が参加しております。

  11月9日、全国市議会議長会評議員会が東京都で開催され、議長が出席しております。

  11月12日ですが、議会運営委員会が開催され、今期臨時会の運営等について協議をしております。

  11月13日ですが、三陸地域地方都市建設協議会が実施した三陸国道事務所長等に対する要望に議長が参加しております。

  次に、議員派遣についてでありますが、11月4日に在京陸前高田人会ふるさとのつどいが東京都内で開催されまして、議長、副議長、菅原悟議員、松田信之議員、米澤政敏議員、大坪涼子議員、清水幸男議員が出席しております。なお、集いには会員、役員など約270人が出席し、会員相互の交流と郷土の発展を願う意見交換などが行われたところであります。

  11月5日ですが、岩手県市議会議員研修会が盛岡市内で開催されまして、議員17人が出席しております。

  最後に、その他視察関係についてでありますが、10月2日に京都府久御山町議会議員2人が行財政改革について行政視察に来市しております。

  10月9日ですが、山形県南陽市議会議員5人が議会の活性化策等について行政視察に来市しております。

  10月10日、佐賀県鹿島市議会議員8人が行財政改革ほかについて行政視察に来市しております。

  10月16日、新潟県上越市議会議員1人がISO9001の取組状況について行政視察に来市しております。

  10月29日から11月1日まで、教育民生常任委員会が長野県小諸市で地産地消の学校給食についてほか、岐阜県中津川市では発達支援センターについて、愛知県刈谷市では公立保育園の運営についてほか、行政視察を実施しております。

  10月30日ですが、宮城県利府町議会議員3人がISO9001の取組状況について行政視察に来市しております。

  11月1日ですが、盛岡市議会議員5人が議会広報の編集について行政視察に来市しております。

  11月7日ですが、長野県上田市議会議員4人が行財政改革について行政視察に来市しております。

  11月12日、神奈川県寒川町議会議員4人が住民負担の軽減策ほかについて行政視察に来市しております。

  以上です。



○議長(西條廣君) 以上をもって諸般の報告を終わります。



○議長(西條廣君) これより議事に入ります。

  本日の日程は、あらかじめお手元に配布いたしました議事日程第1号によります。





△日程第1 会期決定



○議長(西條廣君) 日程第1、会期決定を議題といたします。

  本件に関し、議会運営委員会委員長の報告を求めます。議会運営委員会委員長、福田利喜君。

 (議会運営委員会委員長 福田利喜君登壇)



◎議会運営委員会委員長(福田利喜君) 今期臨時会の運営につきまして、去る11月12日議会運営委員会を招集し、協議いたしましたので、その概要を報告いたします。

  今期臨時会で審議いたします案件は、市長提出の議案2件であります。

  したがって、会議の進め方でありますが、議案第1号及び議案第2号の補正予算案2件について、それぞれ上程し、提案理由の説明を受け、委員会付託を省略し、審議、表決いたします。

  以上のことから、今期臨時会の会期は本日1日といたした次第であります。各位のご協力をお願い申し上げまして、報告を終わります。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  ただ今の議会運営委員会委員長の報告のとおり、今期臨時会の会期は本日1日といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、会期は本日1日と決定いたしました。





△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(西條廣君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、5番、清水幸男君及び14番、及川一郎君を指名いたします。





△日程第3 議案第1号 平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第4号)



○議長(西條廣君) 日程第3、議案第1号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。当局。



◎総務部長(臼井佐一君) 議長。



○議長(西條廣君) 総務部長。

    (総務部長 臼井佐一君登壇)



◎総務部長(臼井佐一君) ただ今議題となりました議案第1号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第4号)につきまして、命により総務部長からご説明いたします。

  補正予算書つづりの1ページをお開き願います。今回の補正ですが、9月7日の台風9号による農業用施設及び市道、河川等の公共土木施設に災害が発生し、早急に復旧が必要であることから、その事業費を措置しようとするものであります。

  第1条は、歳入歳出予算の補正ですが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億1,940万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ104億962万3,000円とするものであります。第2項の第1表、歳入歳出予算補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書によりご説明いたします。

  第2条は、地方債の補正ですが、地方債の変更につきましては第2表、地方債補正によりご説明いたします。

  3ページをお開き願います。初めに、第2表、地方債補正、変更であります。起債の方法、利率及び償還の方法に変更はございませんので、補正額についてのみ申し上げます。公共土木施設災害復旧事業の補正前の限度額610万円を2,300万円増額し、補正後の限度額2,910万円に、農業用施設災害復旧事業の補正前の限度額20万円を1,310万円増額し、補正後の限度額1,330万円にするものであります。

  次に、7ページをお開き願います。歳入歳出補正予算事項別明細書、1、総括は10ページまでですが、お目通し願います。

  次に、11ページをお開き願います。2、歳入ですが、ここでは一般財源のみご説明し、特定財源については次の歳出の財源内訳でご説明いたします。

  18款1項1目とも繰越金、補正額1,685万円は、前年度繰越金で一般財源であります。

  次の13ページをお開き願います。3、歳出ですが、11款災害復旧費、1項農林水産施設災害復旧費、1目農業用施設災害復旧費、補正額5,227万2,000円、特定財源の国県支出金3,042万7,000円は、農業用施設等災害復旧事業費県補助金、地方債1,310万円は農業用施設災害復旧事業債、その他21万3,000円は指定寄附金で、矢作町打越地内の頭首工災害復旧事業費であります。

  次に、2項土木施設災害復旧費、1目土木施設災害復旧費、補正額6,120万円、特定財源の国県支出金3,581万1,000円は、公共土木施設災害復旧費国庫負担金、地方債1,780万円は、公共土木施設災害復旧事業債で、市道4路線5か所の災害復旧事業費であります。

  次に、2目土木施設単独災害復旧費、補正額592万9,000円、特定財源の地方債520万円は、公共土木施設災害復旧事業債で、市道、河川等の公共土木施設単独災害復旧事業費であります。

  次の15ページをお開き願います。地方債の現在高の見込み等に関する調書ですが、合計欄で申し上げます。当該年度中増減見込みの起債見込額の補正額3,610万円で、当該年度末現在高見込額162億3,634万6,000円となります。

  以上で議案第1号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第4号)の説明を終わります。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(西條廣君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 質疑なしと認めます。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  ただ今議題となっております議案第1号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第4号)については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件については委員会の付託を省略することに決しました。



○議長(西條廣君) これより討論に入ります。討論はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 討論なしと認めます。



○議長(西條廣君) これより議案第1号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第4号)を採決いたします。

  本件は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。





△日程第4 議案第2号 平成19年度陸前高田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



○議長(西條廣君) 日程第4、議案第2号、平成19年度陸前高田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。当局。



◎総務部長(臼井佐一君) 議長。



○議長(西條廣君) 総務部長。

    (総務部長 臼井佐一君登壇)



◎総務部長(臼井佐一君) ただ今議題となりました議案第2号、平成19年度陸前高田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、命により総務部長からご説明いたします。

  補正予算書つづりの4ページをお開き願います。今回の補正ですが、広田診療所の薬剤分割分包器が故障し、新たな機器設備に急施を要することから、診療施設勘定においてその購入費を、事業勘定においてその財源となる財政調整交付金の繰出金を措置しようとするものであります。

  第1条は、歳入歳出予算の補正ですが、事業勘定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ199万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ31億599万7,000円とするものであります。第2項は、診療施設勘定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ199万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億8,356万6,000円とするものであります。第3項の第1表、歳入歳出予算補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書によりご説明いたします。

  16ページをお開き願います。事業勘定の歳入歳出補正予算事項別明細書、1、総括は19ページまでですが、お目通し願います。

  次に、20ページをお開き願います。2、歳入ですが、次の歳出の中でご説明いたします。

  次の22ページをお開き願います。3、歳出ですが、8款諸支出金、2項繰出金、1目直営診療施設勘定繰出金、補正額199万5,000円、この財源は特別調整交付金で診療施設整備費に係る繰出金であります。

  次に、24ページをお開き願います。診療施設勘定の歳入歳出補正予算事項別明細書、1、総括は27ページまでですが、お目通し願います。

  次に、28ページをお開き願います。2、歳入ですが、次の歳出の中でご説明いたします。

  次の30ページをお開き願います。3、歳出ですが、3款1項1目とも施設整備費、補正額199万5,000円、この財源は事業勘定繰入金で、広田診療所薬剤分割分包器購入費であります。

  以上で議案第2号、平成19年度陸前高田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の説明を終わります。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。



○議長(西條廣君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。



◆12番(福田利喜君) 議長。12番、福田利喜。



○議長(西條廣君) 12番、福田利喜君。



◆12番(福田利喜君) 若干質問させていただきます。

  ただ今総務部長のご説明ですと、広田診療所の薬品の分包器が故障して、急施を要するので備品として購入したいというご提案ですが、機器の現在の状況と、今年度これまでの例えば故障をした、あるいは使えなくなっていると、その辺の状況。それから、この故障等により患者さん等に負担というか、迷惑というか、かかっていなかったのかどうか。具体的に言うと、広田診療所でできないので、市内の調剤薬局等に薬を取りに行ってもらうとか、そういうことが発生したのかしなかったのかについてお伺いをしたいと思います。



○議長(西條廣君) 当局、答弁。



◎民生部長(畠山政平君) 議長。



○議長(西條廣君) 民生部長。



◎民生部長(畠山政平君) 民生部長からお答えいたします。

  今まで薬剤分包器を購入して使っていたわけでございます。平成11年9月に購入したもので、今まで何度も故障いたしましたけれども、そのときは部品も調達ができておりました。ただ、かなり型式も古くなりました関係で、今度故障したらもう修理が不可能ですよと、これはメーカーのほうから言われているところでございます。今年になりまして、3月と8月に故障いたしまして、今応急修理みたいな形で実施しているところでございます。

  それから、患者につきましての迷惑につきましては、今のところ早急に修理した関係でしのいでいるところでございます。

  以上で答弁といたします。



◆12番(福田利喜君) 議長。12番、福田利喜。



○議長(西條廣君) 12番、福田利喜君。



◆12番(福田利喜君) ただ今の説明ですと、平成11年9月に購入で、足かけ9年、耐用年数は過ぎているというお考えだと思います。メーカーのほうでも、部品のメンテナンス、例えば電化製品だと製造から20年とか、様々法的に設定をされている部分ですけれども、ということは多分9年で法的にその部品の供給ができないということで理解をしてよろしいのか。

  それから、もう一つ、今3月、それから8月に故障が起きていたと、もうその時点から、多分メーカーさんからすれば、次故障起きたらだめですよと言われていたと思うのですけれども、今回一般的に臨時会で急施を要するものという予算を提出され、先ほどの災害復旧とか、本当に住民生活に急施を要するものということで、それから契約であるとか、そういう形で臨時会を開かれてきたわけですけれども、一般的にこのような備品が壊れました、急施を要しますので、補正予算で臨時会を開きますと。いまだかつてこういうことがあったのかないのか、まず当局にお伺いしたい。

  それから、万が一今回災害がなければ、この1件だけでも補正予算として議会を開いたのかどうかということを2点。

  それから、先ほどの部長のご答弁だと、3月、8月にも故障をしていると。その時点でもう言われているはずだと。その間、6月、9月という定例会が2回あったと。その部分で、この部分を提案できなかったのか、あるいはその辺の住民生活、そして診療所の部分で大変重要な装置であります。その辺について、今行財政改革をやっていて、様々な部分で詰めてはいますが、本当に必要なもの、市民生活に欠かせないものについては、きちんとした計画を持って更新なりメンテナンスなりすべきではないかと思いますが、その辺のお考えについて最後にお伺いしたいと思います。



○議長(西條廣君) 当局、答弁。手を挙げて発言してください。



◎民生部長(畠山政平君) 議長。



○議長(西條廣君) 民生部長。



◎民生部長(畠山政平君) 民生部長から3点についてお答えいたしたいと思います。

  第1点目の耐用年数の関係についてでございますが、平成11年9月に購入したものでございますが、実はこの機械は13年に製造中止になっております。13年から新しい機種になったものでございまして、6年ぐらい今たっているわけでございますけれども、この部品がどこまで残っているのか、そこについては今のところ承知していないところでございます。

  それから、2番目の、なぜ6月、9月に補正ができなかったかと、それにつきましてお答えいたしますけれども、それにつきましては3月と8月にメーカーのほうから応急修理をしていただいたわけでございますけれども、その部品がないと言われたのが、なくなってきたというのが8月の末でございます。それで、9月の補正に間に合わなくて、何とか今回の議会に提案をさせていただいたということでございます。

  それから、3つ目でございますけれども、県立大船渡病院の患者、循環器の医師が不足しているということで、このごろ患者がかなり増えてきております。そういうことから、医師のほうから何とか早急に購入してほしいと、そのような要望がありまして、今回これも提案をさせていただいたと、そういう理由でございます。



◎財政課長(細川文規君) 議長。



○議長(西條廣君) 財政課長。



◎財政課長(細川文規君) 福田議員のご質問のうち、急施を要するもの、こういうものが今までになかったかということ等につきまして、財政課長からお答えいたします。

  詳しい資料は手元にございませんが、今年度の場合はやはり7月の災害等があった、臨時議会の中で農業集落排水施設等についてあわせて提案をさせていただいてございます。

  それで、災害がなければ議会を開かなかったかというご質問でございますけれども、今回の場合、先ほど民生部長が現在の状況についてご説明しておりますけれども、薬剤の処方をもし誤った場合は、生命等にもかかわるということでございまして、そういう現状をいろいろうちのほうにも話されたものでございますから、今回は災害の補正もあったわけでございますけれども、そういう緊急を要するという意味合いがありますので、今回あわせてご提案をさせていただいたということでございますので、ご理解をいただきたいと思います。



○議長(西條廣君) ほかに質疑はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) これをもって質疑を終結いたします。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  ただ今議題となっております議案第2号、平成19年度陸前高田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件については委員会の付託を省略することに決しました。



○議長(西條廣君) これより討論に入ります。討論はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 討論なしと認めます。



○議長(西條廣君) これより議案第2号、平成19年度陸前高田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本件は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



○議長(西條廣君) 以上をもって、今期臨時会に付議された事件は、すべて議了いたしました。

  この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。



◎市長(中里長門君) 議長。



○議長(西條廣君) 市長。

    (市長 中里長門君登壇)



◎市長(中里長門君) 平成19年第3回市議会臨時会を終了するに当たり、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

  本日は、急を要する予算案件につきましてご審議をいただくため臨時議会を招集し、審議をお願いしたところであります。議会の皆様にはお忙しいところ恐縮でございました。

  ご提案いたしました議案につきましては、それぞれ原案のとおりご協賛を賜りまして、まことにありがとうございました。ご協賛をいただきました事項につきましては、それぞれの執行に当たり遺漏のないよう、その対応に努めてまいる所存でございます。

  以上、市議会臨時会を終了するに当たり、御礼を申し上げましてあいさつといたします。どうもありがとうございました。



○議長(西條廣君) これにて平成19年第3回陸前高田市議会臨時会を閉会いたします。



    午前10時32分 閉   会