議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 陸前高田市

平成19年  第2回 臨時会 07月23日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成19年  第2回 臨時会 − 07月23日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成19年  第2回 臨時会





        平成19年第2回陸前高田市議会臨時会会議録

議事日程第1号

                平成19年7月23日(月曜日)

日程第1         会期決定                              
日程第2         会議録署名議員の指名                        
日程第3  議案第1号  監査委員の選任について                       
日程第4  議案第2号  財産の取得について                         
日程第5  議案第3号  平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第2号)           
日程第6  議案第4号  平成19年度陸前高田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)   

本日の会議に付した事件
   〜議事日程第1号に同じ〜

出 席 議 員(20人)
  議 長  西 條   廣 君          副議長  伊 藤 明 彦 君
  1 番  菅 原   悟 君          2 番  松 田 信 之 君
  3 番  米 澤 政 敏 君          4 番  大 坪 涼 子 君
  5 番  清 水 幸 男 君          6 番  菅 野 広 紀 君
  7 番  藤 倉 泰 治 君          8 番  佐 藤 信 一 君
  9 番  千 田 勝 治 君          10番  菅 野   稔 君
  11番  佐 竹   強 君          12番  福 田 利 喜 君
  13番  及 川 修 一 君          14番  及 川 一 郎 君
  15番  荒 木 眞 幸 君          16番  菅 野 日出男 君
  17番  小 松   眞 君          18番  熊 谷 賢 一 君

欠 席 議 員(0人)

説明のため出席した者
  市     長  中 里 長 門 君      副  市  長  戸 羽   太 君
  教 育 委 員 長  村 上 サ キ 君      教  育  長  伊 藤   壽 君

  会 計 管 理 者  松 田 恒 雄 君      企 画 部 長  伊 藤 光 高 君
  兼 会 計 課 長                 兼企画政策課長
                          兼企業立地雇用対策室長

  民 生 部 長  畠 山 政 平 君      産 業 部 長  菅 野 正 明 君
  兼健康推進課長                 兼 農 林 課 長

  建 設 部 長  中 井   力 君      消  防  長  村 上 直 光 君
  兼 建 設 課 長
  兼幹線道路対策室長

  教 育 次 長  菊 池 満 夫 君      行 革 推進室長  須 賀 佐重喜 君
  兼生涯学習課長

  財 政 課 長  細 川 文 規 君      税 務 課 長  宗 宮 安 宏 君
  防 災 対策室長  大 坂 幹 夫 君      市 民 環境課長  菅 野 直 人 君
  福 祉 事務所長  清 水 久 也 君      水 産 課 長  及 川   脩 君
  商 工 観光課長  蒲 生 琢 磨 君      都 市 計画課長  及 川 賢 一 君
  水 道 事業所長  菅 原   秀 君      学 校 教育課長  大久保 裕 明 君
  農 委 事務局長  佐々木 公 一 君      監 査 事務局長  白 川 光 一 君
  総 務 課長補佐  佐々木   誠 君

職務のため出席した議会事務局の職員
  事 務 局 長  戸 羽 伸 一        局 長 補 佐  千 葉 徳 次
  書     記  村 上 正 一







    午前10時00分 開   会



○議長(西條廣君) これより平成19年第2回陸前高田市議会臨時会を開会いたします。

  出席議員は全員であります。



○議長(西條廣君) 直ちに本日の会議を開きます。



○議長(西條廣君) 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。

  報告事項は、お手元に配布いたしました議長事務報告のとおりであります。

  なお、事務局長をして概要の説明をいたさせます。事務局長。



◎事務局長(戸羽伸一) 命によりまして、第2回定例会閉会日の翌日であります平成19年6月21日以降の議長事務諸般の事項につきまして、概要のご説明をいたします。

  まず、議案の受理についてでありますが、今期臨時会に市長から議案4件が提出されまして、これを受理しております。

  次に、諸会議、要望等についてでありますが、6月21日、第2回定例会最終日に議決された公的年金に係る国民不信の速やかな解消を求める意見書を衆参両院議長ほかに送達しております。

  7月2日ですが、議会報特別委員会が開催され、議会だよりの編集作業が行われております。

  なお、この日を含め、7月9日までに議会報特別委員会が3回開催されております。

  7月4日、国道397号整備促進期成同盟会総会が奥州市で開催されまして、議長及び松田信之議員が出席しております。

  7月6日、国道343号整備促進期成同盟会総会及び北緯39度県南横断広域幹線道路建設期成同盟会総会が一関市で開催されまして、副議長が出席しております。

  同じ日でありますが、市議会議長会等が主催する達増新知事歓迎会が盛岡市で開催されまして、議長が出席しております。

  7月9日ですが、岩手県市議会議長会が実施した岩手県知事等に対する実行運動に議長が参加しております。

  7月10日ですが、気仙地区議会議員協議会役員会が大船渡市で開催され、議長、副議長が出席しております。

  なお、今年の気仙地区議会議員協議会総会は8月2日に住田町において開催される予定であります。

  7月11日ですが、東北市議会議長会理事会が東京都内で開催され、議長が出席しております。

また、理事会終了後に国の各省庁に対する実行運動にも参加しております。

  同じ日ですが、岩手県南、宮城県北の5市4町で構成する岩手・宮城県際市町議会議長会総会が一関市で開催されまして、副議長が出席しております。

  なお、この総会におきまして、構成市町から選出されている宮城、岩手両県議会議員との定期的な交流会を開催することが決定されております。

  7月13日、岩手県市議会議長会が実施した岩手県選出国会議員及び国の各省庁に対する実行運動に議長が参加しております。

  7月17日ですが、前教育長、砂田康郎氏の葬儀に議長が参列し、弔意を表しております。

  7月20日ですが、議会運営委員会を開催し、第2回臨時会の運営などについて協議を行っております。

  次に、その他でありますが、6月25日から28日にわたり、総務常任委員会が滋賀県米原市でパブリックコメント制度について、京都府宮津市においては防災活動について行政視察を実施しております。また、産業建設常任委員会は岡山県玉野市において職人塾の推進について、京都府南丹市では循環型社会の構築について、さらに京都市では西新道錦会商店街振興組合を訪問し、商店街の活性化について行政視察を実施しております。

  以上であります。



○議長(西條廣君) 以上をもって諸般の報告を終わります。



○議長(西條廣君) これより議事に入ります。

  本日の日程は、あらかじめお手元に配布いたしました議事日程第1号によります。





△日程第1 会期決定



○議長(西條廣君) 日程第1、会期決定を議題といたします。

  本件に関し、議会運営委員会委員長の報告を求めます。議会運営委員会委員長、福田利喜君。

(議会運営委員会委員長 福田利喜君登壇)



◎議会運営委員会委員長(福田利喜君) 議会運営委員会の報告をいたします。

  今期臨時会の運営につきまして、去る7月20日本委員会を招集し、協議いたしましたので、その概要を報告いたします。

  今期臨時会で審議いたします案件は、市長提出の議案4件であります。

  したがって、会議の進め方でありますが、まず議案第1号の人事案については、提案理由の説明を受けた後、暫時休憩を挟み、再開後議事の順序を省略し、表決いたします。

  次に、議案第2号の執行前提案については、提案理由の説明を受け、委員会付託を省略し、審議、表決いたします。

  次に、議案第3号及び議案第4号の補正予算案については、一括して提案理由の説明を受け、委員会付託を省略し、審議、表決し、閉会といたします。

  以上のことから、今期臨時会は本日1日といたした次第であります。各位のご協力をお願い申し上げまして、報告といたします。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  ただ今議会運営委員会委員長の報告のとおり、今期臨時会の会期は本日1日といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、会期は本日1日と決定いたしました。





△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(西條廣君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において、3番、米澤政敏君、16番、菅野日出男君を指名いたします。





△日程第3 議案第1号 監査委員の選任について



○議長(西條廣君) 日程第3、議案第1号、監査委員の選任についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。当局。



◎市長(中里長門君) 議長。



○議長(西條廣君) 市長。

     (市長 中里長門君登壇)



◎市長(中里長門君) ただ今上程いただきました議案第1号、監査委員の選任につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。

  監査委員につきましては、本市の財務管理、事業の経営、その他適正な行政運営を図るため、地方自治法の規定により、議会の同意を得て選任しているところでございます。

  このうち、識見を有する者のうちから選任していた菅野監査委員より、職務の遂行に支障があることなどから退任の申し出があり、地方自治法第198条の規定に基づき、7月13日に承認したものであり、その後任を選任しようとして議会の同意を求めるものでございます。

  今回ご提案申し上げております伊藤恒雄氏は、参考資料としての経歴書のとおり、横田町の出身でございまして、昭和39年3月、宮城県立気仙沼高等学校を卒業し、昭和40年4月から平成18年3月まで陸前高田市職員として勤務され、企画部長、産業振興部長等の要職を歴任し、本市行政の円滑な運営に努めていただいたところであります。

  また、伊藤恒雄氏は、人格高潔にして識見豊かであり、40年を超える豊富な行政経験を発揮できる監査委員として最適任であると存じますので、よろしくご同意賜りますようお願い申し上げます。

  以上申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(西條廣君) この際、暫時休憩いたします。

  議員は、直ちに委員会室にお集まり願います。

    午前10時10分 休   憩

    午前10時17分 再   開



○議長(西條廣君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  休憩前の議事を継続いたします。



○議長(西條廣君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。



◆12番(福田利喜君) 議長。12番、福田利喜。



○議長(西條廣君) 12番、福田利喜君。



◆12番(福田利喜君) 監査委員の選任について若干質問させていただきます。

  今回ご提案された方については、本当にそのとおりで、行財政運営については非常に精通なさっていて、監査するには非常にすばらしい方だと思います。ただ、私が議員として2期、今度3回目させていただいていますけれども、過去8年間、民間の方々がずっと監査委員をなされてきました。現在、様々な形で第三者による監査であるとか、世の中いろんなことでやはり言われております。そして、その中で監査の制度のあり方についても様々議論をされていて、監査の独立性というものについても様々な方々からいろんな意見が指摘されているのは市長ご存じのとおりだと思うのですけれども、今回役所OBということで、40年、財政、会計、本当に行財政、すばらしい方ですが、内部OBからの登用となったその背景についてご説明をいただけますでしょうか。



○議長(西條廣君) 答弁。



◎市長(中里長門君) 議長。



○議長(西條廣君) 市長。

    (市長 中里長門君登壇)



◎市長(中里長門君) 監査委員の選任をお願いをしたわけでございますが、前任の監査委員が急遽退任をされるということで、私も非常に残念だったわけでございますが、いずれ9月決算議会を控えまして、間を置くことなく後任の識見の監査委員を選任をしていただくという、そういう事情もございました。そして、ご提案をいたしました伊藤恒雄氏は、役所OBではありますけれども、非常に行政経験豊かで、監査委員の立場からしっかりと監査をしていただける、そういう識見を持った方と思ってご提案をしているところでございます。



◆12番(福田利喜君) 議長。12番、福田利喜。



○議長(西條廣君) 12番、福田利喜君。



◆12番(福田利喜君) 今市長がご答弁されました。今回のご提案されている方は行政経験、当然四十何年、経歴書を見ればわかるとおり、行政に関してはそのとおりすばらしい方であるということは先ほど私も述べさせていただきました。もう一点お伺いさせていただきたいのですけれども、私のつたない議員経験の中で、市長、副市長ともに議員時代に様々な役所のその後のポストについて、退職なされた職員がつくのについては一家言お持ちだったように感じております。その辺についての今回のご提案と、政治信条としてお二人がお持ちであったその一家言について、どのような部分で、ご自身で整合性をとられたのかお伺いをしていきたい。そして、今後、例えば様々な役所の中での公的な人事、人選についても同じような形で民間、そして役所OB、分け隔てなく適任者であるかどうかというのを見て、今回の提案のように分け隔てなく本当にきちんとした人を選任するというような形の方針として受け取ってよろしいかどうかお伺いをいたします。



○議長(西條廣君) 答弁。



◎市長(中里長門君) 議長。



○議長(西條廣君) 市長。

    (市長 中里長門君登壇)



◎市長(中里長門君) 今回、役所OBの方ですけれども、嘱託職員のような形でお願いをするものではございませんで、今回の場合は議会に諮り、議会のご同意をいただいた上で就任をしていただくということで、役所のOBの方を退職後も自動的に市のいろんな役職についてもらうということとは別の性格を持ったものと受け止めているところでございます。



◆12番(福田利喜君) 議長。12番、福田利喜。



○議長(西條廣君) 12番、福田利喜君。



◆12番(福田利喜君) 何も嘱託等、自動的にということではなく、今回は選任をする、議会の同意がなければ選任できないのでというようなご答弁でございますが、何も議会の同意あろうがなかろうが、適材適所という形で、様々な今後の嘱託も含めて、市の嘱託であるとしても今回の監査委員であるとして、陸前高田市の行政運営上は何ら分け隔てはないと私は思っております。その辺について、民間の方々、あるいは行政OBの方々、分け隔てなく適材適所な形で今後はお使いになるのかどうか、その点についてもお伺いしたのですけれども、市長はその点答弁はなされておりませんでした。それから一つ監査についてお伺いをいたします。監査、先ほど申しましたように、非常に大事なところで、陸前高田市、あるいはいろんなところでも監査の独立性、非常に小さな組織では難しいわけなのですけれども、今市の方でも行革、その中で行政評価とか、様々議論をなされ、検討をなされているはずなのですけれども、その辺について今後市長、監査制度というものについて、どのような形で行政運営、市民への情報公開というような形も含めてちょっと思うのですけれども、どのようにお考えなのか、その2点について再度お伺いしたいと思います。



○議長(西條廣君) 答弁。



◎市長(中里長門君) 議長。



○議長(西條廣君) 市長。

    (市長 中里長門君登壇)



◎市長(中里長門君) 福田利喜議員の再々質問にお答えをいたします。

  人事につきましては、あくまでも適材適所という視点でこれからも進めてまいりたいと考えております。

  それから、監査制度を充実をしていくということは、非常にこれからの地方分権が進められる地方自治体の運営にとって大変大事と思っているところでございまして、今後監査制度の様々な改革も行われるであろうと思われますけれども、監査制度が適正に執行できるように、強化できるように、そういう様々な状況に適切に今後対応してまいりたいと考えております。



○議長(西條廣君) ほかに質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) これをもって質疑を終結いたします。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  議案第1号、監査委員の選任については、議事の順序を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、直ちに採決いたします。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  ただ今議題となっております議案第1号、監査委員の選任については、これに同意することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、議案第1号、監査委員の選任については、これに同意することに決しました。





△日程第4 議案第2号 財産の取得について



○議長(西條廣君) 日程第4、議案第2号、財産の取得についてを議題といたします。

  本件に係る提案理由の説明を求めます。当局。



◎消防長(村上直光君) 議長。



○議長(西條廣君) 消防長。

    (消防長 村上直光君登壇)



◎消防長(村上直光君) ただ今議題となりました議案第2号、財産の取得について、命により消防長からご説明いたします。

  議案つづりの2ページをお開き願います。提案理由でありますが、平成元年に消防署に配備された消防ポンプ自動車が近年老朽化等により故障がちで、またエンジン性能が低下し、緊急時の対応に不安を抱えていることから更新するものであり、その取得予定価格が2,000万円以上のことから、地方自治法第96条第1項第8号及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を得ようとして提案するものであります。

  取得する財産ですが、消防の用に供するため、消防署に配備する消防ポンプ自動車1台で、取得予定価格が2,320万5,000円であります。取得に当たり、去る6月27日に3社による指名競争入札を行った結果、合資会社古川ポンプ製作所が落札したことから、その落札業者と仮契約の締結を終えておりますことを申し添えます。

  以上で議案第2号の説明を終わります。よろしくご審議くださいますようお願いいたします。



○議長(西條廣君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 質疑なしと認めます。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  ただ今議題となっております議案第2号、財産の取得については委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件については委員会の付託を省略することに決しました。



○議長(西條廣君) これより討論に入ります。討論はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 討論なしと認めます。



○議長(西條廣君) これより議案第2号、財産の取得についてを採決いたします。

  本件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。





△日程第5 議案第3号 平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第2号)



△日程第6 議案第4号 平成19年度陸前高田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(西條廣君) 日程第5、議案第3号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第2号)及び日程第6、議案第4号、平成19年度陸前高田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の補正予算案2件を一括して議題といたします。

  本2件に係る提案理由の説明を求めます。当局。



◎副市長(戸羽太君) 議長。



○議長(西條廣君) 副市長。

     (副市長 戸羽太君登壇)



◎副市長(戸羽太君) ただ今議題となりました議案第3号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第2号)及び議案第4号、平成19年度陸前高田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、命により副市長からご説明いたします。

  補正予算書つづりの1ページをお開き願います。なお、補正予算書と補正予算に関する説明書を一括してつづり、通しの番号を付しておりますので、ご了承願います。

  今回の補正ですが、7月5日の豪雨により市道4路線に災害が発生し、早急に復旧が必要であることから、その事業費を措置しようとするものであります。また、農業集落排水施設補修に伴う特別会計への繰出金の予算補正をしようとするものであります。

  第1条は、歳入歳出予算の補正ですが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ603万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ102億4,883万7,000円とするものであります。第2項の第1表、歳入歳出予算補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書によりご説明いたします。

  第2条は、地方債の補正ですが、地方債の変更につきましては第2表、地方債補正によりご説明いたします。

  3ページをお開き願います。初めに、第2表、地方債補正、変更であります。起債の方法、利率及び償還の方法に変更はございませんので、補正額についてのみ申し上げます。公共土木施設災害復旧事業の補正前の限度額370万円を240万円増額し、補正後の限度額を610万円とするものであります。

  次に、6ページをお開き願います。歳入歳出補正予算事項別明細書、1、総括は9ページまでですが、お目通し願います。

  次に、10ページをお開き願います。2、歳入ですが、18款1項1目とも繰越金、補正額363万9,000円は前年度繰越金であります。

  次に、20款1項とも市債、9目災害復旧債、補正額240万円は、公共土木施設災害復旧事業債であります。

  次に、12ページをお開き願います。3、歳出ですが、6款農林水産業費、1項農業費、2目農業総務費、補正額353万9,000円は、農業集落排水事業特別会計繰出金であります。

  次に、11款災害復旧費、2項土木施設災害復旧費、2目土木施設単独災害復旧費、補正額250万円は、市道4路線の災害復旧事業費であります。

  次に、14ページをお開き願います。地方債の現在高の見込み等に関する調書ですが、合計欄で申し上げます。当該年度中増減見込みの起債見込額の補正額が240万円で、当該年度末現在高見込額が161億9,934万6,000円となります。

  次に、議案第4号の説明をいたしますので、補正予算書つづりの4ページをお開き願います。今回の補正ですが、排水処理場機器が故障し、その補修に急施を要することから、事業費を措置しようとするものであります。

  第1条は、歳入歳出予算の補正ですが、歳入歳出予算の総額にそれぞれ353万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7,506万7,000円とするものであります。第2項の第1表、歳入歳出予算補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書によりご説明いたします。

  15ページをお開き願います。歳入歳出補正予算事項別明細書、1、総括は18ページまでですが、お目通し願います。

  次に、19ページをお開き願います。2、歳入ですが、2款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、補正額353万9,000円であります。

  次に、21ページをお開き願います。3、歳出ですが、1款1項とも農業集落排水事業費、1目総務管理費、補正額353万9,000円は、処理場撹拌装置補修事業委託料であります。

  以上で議案第3号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第2号)及び議案第4号、平成19年度陸前高田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の説明を終わります。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(西條廣君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 質疑なしと認めます。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  ただ今議題となっております議案第3号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第2号)及び議案第4号、平成19年度陸前高田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本2件については委員会の付託を省略することに決しました。



○議長(西條廣君) これより討論に入ります。討論はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 討論なしと認めます。



○議長(西條廣君) これより議案第3号、平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本件は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



○議長(西條廣君) 次に、議案第4号、平成19年度陸前高田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

  本件は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件は原案のとおり可決されました。



○議長(西條廣君) 以上をもって、今期臨時会に付議された事件は、すべて議了いたしました。

  この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。市長。

    (市長 中里長門君登壇)



◎市長(中里長門君) 平成19年第2回市議会臨時会を終了するに当たり、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

  本日は、急を要する議案4件につきましてご審議をいただくため臨時議会を招集し、ご審議をお願いしたところであります。議会の皆様にはお忙しいところ恐縮でございました。

  ご提案いたしました議案につきましては、それぞれ原案のとおりご協賛を賜りまして、まことにありがとうございました。ご協賛をいただきました事項につきましては、それぞれの執行に当たり遺漏のないよう、その対応に努めてまいる所存でございます。特にも災害関連事業につきましては、早期に事業着手できるよう努力するとともに、工事の施行に当たりましては適切に取り進められるよう留意してまいります。

  以上、市議会臨時会を終了するに当たり、御礼を申し上げましてあいさつといたします。どうもありがとうございました。



○議長(西條廣君) これにて平成19年第2回陸前高田市議会臨時会を閉会いたします。



    午前10時40分 閉   会