議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 陸前高田市

平成19年  第2回 定例会 06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号




平成19年  第2回 定例会 − 06月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号







平成19年  第2回 定例会





議事日程第4号

            平成19年6月20日(水曜日)午前10時開議

日程第1  議案第4号  陸前高田市企業立地奨励条例の一部を改正する条例           
日程第2  議案第5号  平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第1号)           
日程第3  議案第6号  平成19年度陸前高田市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)   
日程第4  議案第7号  平成19年度陸前高田市介護保険特別会計補正予算(第1号)       
日程第5  議案第8号  平成19年度陸前高田市老人保健特別会計補正予算(第2号)       
日程第6  議案第9号  平成19年度陸前高田市水道事業会計補正予算(第1号)         
日程第7  発議第3号  公的年金に係る国民不信の速やかな解消を求める意見書の提出について  
日程第8         議員の派遣について                         

本日の会議に付した事件
   〜議事日程第4号に同じ〜

出 席 議 員(20人)
  議 長  西 條   廣 君          副議長  伊 藤 明 彦 君
  1 番  菅 原   悟 君          2 番  松 田 信 之 君
  3 番  米 澤 政 敏 君          4 番  大 坪 涼 子 君
  5 番  清 水 幸 男 君          6 番  菅 野 広 紀 君
  7 番  藤 倉 泰 治 君          8 番  佐 藤 信 一 君
  9 番  千 田 勝 治 君          10番  菅 野   稔 君
  11番  佐 竹   強 君          12番  福 田 利 喜 君
  13番  及 川 修 一 君          14番  及 川 一 郎 君
  15番  荒 木 眞 幸 君          16番  菅 野 日出男 君
  17番  小 松   眞 君          18番  熊 谷 賢 一 君

欠 席 議 員(0人)

説明のため出席した者
  市     長  中 里 長 門 君      副  市  長  戸 羽   太 君
  教 育 委 員 長  村 上 サ キ 君      教  育  長  伊 藤   壽 君

  監 査 委 員  菅 野 盾 夫 君      会 計 管 理 者  松 田 恒 雄 君
                          兼 会 計 課 長

  企 画 部 長  伊 藤 光 高 君      民 生 部 長  畠 山 政 平 君
  兼企画政策課長                 兼健康推進課長
  兼企業立地雇用対策室長

  産 業 部 長  菅 野 正 明 君      建 設 部 長  中 井   力 君
  兼 農 林 課 長                 兼 建 設 課 長
                          兼幹線道路対策室長

  消  防  長  村 上 直 光 君      教 育 次 長  菊 池 満 夫 君
                          兼生涯学習課長

  行 革 推進室長  須 賀 佐重喜 君      財 政 課 長  細 川 文 規 君
  税 務 課 長  宗 宮 安 宏 君      防 災 対策室長  大 坂 幹 夫 君
  市 民 環境課長  菅 野 直 人 君      福 祉 事務所長  清 水 久 也 君
  水 産 課 長  及 川   脩 君      商 工 観光課長  蒲 生 琢 磨 君
  都 市 計画課長  及 川 賢 一 君      水 道 事業所長  菅 原   秀 君
  学 校 教育課長  大久保 裕 明 君      農 委 事務局長  佐々木 公 一 君
  監 査 事務局長  白 川 光 一 君      総 務 課長補佐  佐々木   誠 君

職務のため出席した議会事務局の職員
  事 務 局 長  戸 羽 伸 一        局 長 補 佐  千 葉 徳 次
  書     記  村 上 正 一







    午前10時00分 開   議



○議長(西條廣君) これより本日の会議を開きます。

  出席議員は全員であります。



○議長(西條廣君) 日程に入るに先立ち、表彰状の伝達を行います。

  昨日開催されました第83回全国市議会議長会定例総会におきまして、市議会議長8年以上及び市議会議員20年以上をもって小松眞君が、また副議長4年以上及び市議会議員20年以上をもって佐藤藤治前副議長がそれぞれ表彰されました。

  よって、表彰状の伝達を行いますので、小松眞君は前にお進み願います。

    (表彰状伝達)



○議長(西條廣君) ただ今表彰状を伝達いたしました小松眞君に対しまして衷心よりお祝いを申し上げますとともに、地方自治の発展と市民福祉の向上に寄与されましたご功績に対しまして、深甚なる敬意を表する次第であります。

  以上をもちまして、表彰状の伝達を終わります。



○議長(西條廣君) これより議事に入ります。

  本日の日程は、あらかじめお手元に配布いたしました議事日程第4号によります。





△日程第1 議案第4号 陸前高田市企業立地奨励条例の一部を改正する条例



△日程第2 議案第5号 平成19年度陸前高田市一般会計補正予算(第1号)



△日程第3 議案第6号 平成19年度陸前高田市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第4 議案第7号 平成19年度陸前高田市介護保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第5 議案第8号 平成19年度陸前高田市老人保健特別会計補正予算(第2号)



△日程第6 議案第9号 平成19年度陸前高田市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(西條廣君) 日程第1、議案第4号、陸前高田市企業立地奨励条例の一部を改正する条例から日程第6、議案第9号、平成19年度陸前高田市水道事業会計補正予算(第1号)までの条例案1件、補正予算案5件の計6件を一括して議題といたします。

  本6件に関し、委員長の報告を求めます。

  予算等特別委員会委員長、菅野稔君。

(予算等特別委員会委員長 菅野稔君登壇)



◎予算等特別委員会委員長(菅野稔君) 予算等特別委員会の報告をいたします。

  今期定例会において設置され、議案6件の審査を付託されました予算等特別委員会は、去る6月13日、正副委員長を互選し、翌14日、ただ今議題となっております議案第4号、陸前高田市企業立地奨励条例の一部を改正する条例から議案第9号、平成19年度陸前高田市水道事業会計補正予算(第1号)までの条例案1件、補正予算案5件の計6件の審査を終了いたしましたので、ここに報告いたします。

  審査に当たりましては、市長以下当局の出席を得て説明を受け、質疑、答弁が行われたところであります。

  この説明、質疑、答弁等審査の内容につきましては、この際本委員会の構成上から省略させていただきます。

  結果といたしましては、議案第4号、陸前高田市企業立地奨励条例の一部を改正する条例から議案第9号、平成19年度陸前高田市水道事業会計補正予算(第1号)までの条例案1件、補正予算案5件の計6件については、出席委員全員一致をもってそれぞれ原案可決すべきものと決した次第であります。

  以上をもって予算等特別委員会の報告といたします。



○議長(西條廣君) ただ今の委員長報告に対する質疑はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 質疑なしと認めます。



○議長(西條廣君) これより討論に入ります。討論はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 討論なしと認めます。



○議長(西條廣君) これより議案第4号、陸前高田市企業立地奨励条例の一部を改正する条例から議案第9号、平成19年度陸前高田市水道事業会計補正予算(第1号)までの条例案1件、補正予算案5件の計6件を一括して採決いたします。

  本6件に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。

  本6件は、委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本6件は委員長報告のとおり可決されました。





△日程第7 発議第3号 公的年金に係る国民不信の速やかな解消を求める意見書の提出について



○議長(西條廣君) 日程第7、発議第3号、公的年金に係る国民不信の速やかな解消を求める意見書の提出についてを議題といたします。

  提出者から提案理由の説明を求めます。福田利喜君。

    (12番 福田利喜君登壇)



◎12番(福田利喜君) ただ今議題となりました発議第3号につきまして、提案理由の説明をいたします。

  本発議案は、目下国民の最大の関心事と言ってもよく、連日国会において審議され、また新聞、テレビ等においても多くのスペースと時間が割かれております。公的年金は高齢者社会が進展している現代において老後の生活の基盤となるもので、さきの制度改正時においても様々な議論がなされ、現役時代の50パーセントの所得の確保を図る制度設計を行うなどを柱に、職域加算分については65歳からの支給と、その支給年齢の引き上げもされたところです。この年金支給の基礎基本となる納付記録の逸脱や不明は大変重要な問題であり、この問題に対する不信は年金制度をはじめとする社会保障制度そのものに対する不信へとつながるものと感じております。幸い本市では、国民年金の納付記録が保管されているとのことであり、その記録も手書き時代から社会保険事務所の台帳と定期的に突合を行うなど、その信頼性は非常に高いものであることから、国の納付記録突合作業に積極P.134

的に協力できると考えます。このような市町村も多くあると推測するところです。また、民間の金融機関でも口座振替による納付記録について無償にて提供するところもあることから、この際年金制度の堅持、ひいては社会保障制度への信頼をかち取るためにも、年金の納付記録の徹底した突合を早急に行い、さらにすべての加入者に納付履歴を送付し、緊急チェックをしてもらうとともに、照合できない納付履歴についてはあらゆる方法を講じて情報提供を呼びかけるとともに、速やかに納付記録を是正、統合し、加えて完全に納付記録が消滅した方については国の過失を認め、加入者側の証言を最大限に尊重し、その権利を保障するなどの対策を早期に講じ、公的年金に係る国民不信の速やかなる解消を国に求める意見書を提出するものであります。

  何とぞ議員各位の賛同を求め、提案理由の説明といたします。



○議長(西條廣君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。



◆15番(荒木眞幸君) 議長。15番、荒木眞幸。



○議長(西條廣君) 15番、荒木眞幸君。



◆15番(荒木眞幸君) 質問いたします。

  今年度、本市の年金についての不明というか、そういったのは何人ぐらいいるのでしょうか。



○議長(西條廣君) 答弁。



◎12番(福田利喜君) ただ今の荒木議員のご質問にお答えいたします。

  本市で取り扱っているものについては、議員ご案内のとおり、国民年金事務について当市でこれまで行ってきました。国民年金事務については、先ほど提案理由の中でも申しましたように、手書きの台帳の時代から社会保険事務所へ台帳を持参し、向こうの台帳を突合するなど、定期的にその記録については納付書とともに管理をきちんとしてきたという実績がございます。そして、その後電算になった部分についても記録は当市では残っているということでございますので、国民年金については不明という部分についてはないものと考えています。ただし、市民の中には船員年金、それから厚生年金という部分がありますので、全市民となりますとその部分については市当局としては把握できないものと考えますので、社会保険事務所にこのようなものにつきまして国へ早期に解消いただくのが市民の利益の向上につながるのではないかということでございます。



◆15番(荒木眞幸君) 議長。15番、荒木眞幸。



○議長(西條廣君) 15番、荒木眞幸君。



◆15番(荒木眞幸君) 国民年金については問題ないというふうなことでありますが、厚生年金ほかについて、本市としてはそれを把握する立場にないということなようですけれども、それでも市民の、これに何人ぐらいそういう対象者がいると予想されるのですか。



◆13番(及川修一君) 議長。議事進行について。



○議長(西條廣君) 13番、及川修一君。



◆13番(及川修一君) 議事進行の基本的なことでありますけれども、議長を通じての議事進行が正当なやり方だと思いますが、これでは議長があってもなくてもいいというようなことになりますので、その辺の進行をきっちりしてください。



○議長(西條廣君) 15番、荒木眞幸君の質問に対する答弁を願います。



◎12番(福田利喜君) 今ご質問されました、どの程度のものを予測されるかということでございますが、実際のところは市の方でもまだ国の方からどのような方々が不突合であるか、そのような情報が提供されていないと推測されますので、その辺については非常に難しいものがあるのではないのかなと思います。ただ、船員年金等については、かつて漁船員については雇い入れ、雇いどめという事務を市で行っていた時代もありますので、その記録が残っておれば様々な形で不安に対しても解消はできるようなものは残っているのではないかなと考えております。



○議長(西條廣君) ほかに質疑ありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) これにて質疑を終結いたします。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  ただ今議題となっております発議第3号、公的年金に係る国民不信の速やかな解消を求める意見書の提出については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件については委員会の付託を省略することに決しました。



○議長(西條廣君) これより討論に入ります。討論はありませんか。



◆15番(荒木眞幸君) 議長。15番、荒木眞幸。



○議長(西條廣君) 15番、荒木眞幸君。



◆15番(荒木眞幸君) 年金問題は確かに社会問題となって、本当に大事なことであるということは否定はいたしませんが、今発議……

(「議長、議事進行について」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 荒木眞幸君に申し上げます。

  討論は壇上でお願いしたいと思います。

    (15番 荒木眞幸君登壇)



◆15番(荒木眞幸君) ただ今の発議について、反対の立場から討論をいたします。

  現在、年金問題等については社会問題となっている、本当に大事な問題であるということは否定はいたしません。しかしながら、報道によれば、5,000万件もそういうものがあると言われております。それで、それに対して政府は1年以内に、1年間でこれをしっかりと対応して、最後の1人になるまでしっかりとした対応をしますと明言をしているわけであります。もうその名寄せというか、そういったことにもう取りかかっている。そういうような大切な仕事であろうと思うけれども、やっているというようなことであります。しかも、これが総理大臣の言葉であります。これ以上重い発言はないと私は思います。そんなところに、さらに輪をかけるように、泣きっ面にハチというか、揚げ足取りというか、とても我々の議会として品格のある大人のやることではないのではないかと私は思います。したがって、発議者の品位、品格、議会の品格を守る上からも、これに賛成するわけにはいかないというような市民も多くいるものと確信しますので、私は本案に対して反対をいたします。



○議長(西條廣君) ほかに討論はありませんか。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) これにて討論を終結いたします。

  これより発議第3号、公的年金に係る国民不信の速やかな解消を求める意見書の提出についてを採決いたします。

  本件は、原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(西條廣君) 起立多数であります。

  よって、本件は原案のとおり決しました。





△日程第8 議員の派遣について



○議長(西條廣君) 日程第8、議員の派遣についてを議題といたします。



○議長(西條廣君) お諮りいたします。

  議員の派遣につきましては、会議規則第159条第1項の規定により、あらかじめお手元に配布いたしました「議員の派遣について」のとおり派遣いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西條廣君) 異議なしと認めます。

  よって、本件は原案のとおり派遣することに決しました。



○議長(西條廣君) 以上をもって、今期定例会に付議された事件は、すべて議了いたしました。

  この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。市長。

     (市長 中里長門君登壇)



◎市長(中里長門君) 平成19年第2回市議会定例会の終了に当たり、御礼のごあいさつを申し上げます。

  今期定例会に提案をいたしました案件は、報告3件と議案第9件でございましたが、議会の皆様には慎重にご審議をいただいたところでございます。おかげさまをもちまして、提出案件全部につきまして原案のとおりご賛成いただきまして、まことにありがとうございました。

  議決をいただきました各案件につきましては、今後一層の配慮の下に、その執行等に遺漏のないよう努めるとともに、今期定例会においての皆様からの貴重なご意見等を今後の市政運営に十分生かしてまいる所存でございます。

  特にも都市部と地方との格差の拡大に伴う産業経済の低迷や医療格差の問題解決が喫緊の事項であると認識しておりますので、議会の皆様のご指導とご協力をいただきながら、なお一層の努力をしてまいる所存でありますので、よろしくお願いをいたします。

  また、今議会におきましては、議員発議によりまして国民年金に係る国民不信の速やかな解消を求める意見書が議決になりましたが、市当局といたしましてもこの意見書に盛り込まれている内容につきましては市民の皆様にとっても大きな課題と認識しており、今後におきましても関係機関に対し強く働き掛けるなど、一層の努力をしてまいる所存でございますので、よろしくお願いをいたします。

  最後になりますが、小松議員におかれましては、この度の全国市議会議長会特別表彰を受けられましたこと、まことにおめでとうございます。

  以上、第2回市議会定例会を終了するに当たり、御礼を申し上げましてごあいさつといたします。ありがとうございました。



○議長(西條廣君) これにて、平成19年第2回陸前高田市議会定例会を閉会いたします。



    午前10時24分 閉   会