議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 一関市

第 5回定例会 平成18年3月(第5号 3月23日)




第 5回定例会 平成18年3月(第5号 3月23日)





 
第5回一関市議会定例会議事日程 第5号





平成18年3月23日 午前10時 開議





日程第1  請願第 1号 農業用用排水路・農道等の維持補修施策について


             【産業経済常任委員長報告】


日程第2  請願第 2号 市道日影線及び木の川線の道路整備について


             【建設常任委員長報告】


日程第3  請願第 4号 「歴史の小道」整備計画の早期実現と、その整備方針が将来


             に渡って実現されることを担保するための早急な景観条例・


             都市計画法地区計画・建築基準法建築協定の制定・都市


             計画法の用途地域の変更等の実地について


             【建設常任委員長報告】


日程第4  請願第 3号 公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める請願


             【総務常任委員長報告】


日程第5  議案第 13号 一関市表彰条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第6  議案第 14号 一関市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の制定


             について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第7  議案第 15号 一関市行政組織条例の一部を改正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第8  議案第 16号 一関市職員定数条例の一部を改正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第9  議案第 18号 一関市一般職の職員に対する特殊勤務手当支給条例の一部を


             改正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第10  議案第 19号 一関市職員の服務の宣誓に関する条例の一部を改正する条例


             の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第11  議案第 20号 一関市消防本部等の設置に伴う関係条例の整理に関する条例


             の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第12  議案第 21号 一関市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条


             例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第13  議案第 22号 一関市地域自治区長の給与及び旅費に関する条例の一部を改


             正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第14  議案第 23号 一関市教育委員会教育長の給与に関する条例の一部を改正す


             る条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第15  議案第 24号 一関市個別外部監査契約に基づく監査に関する条例の制定に


             ついて


             【予算審査特別委員長報告】


日程第16  議案第 25号 一関市個人情報保護制度審議会条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第17  議案第 26号 一関市行財政改革推進審議会条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第18  議案第 27号 一関市長期継続契約を締結することができる契約に関する条


             例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第19  議案第 28号 一関市公文書公開条例の一部を改正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第20  議案第 29号 一関市火災予防条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第21  議案第 30号 一関市消防手数料条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第22  議案第 31号 一関市防災会議条例の一部を改正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第23  議案第 32号 一関市国民保護協議会条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第24  議案第 33号 一関市廃棄物減量等推進審議会条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第25  議案第 34号 一関市放課後児童クラブ条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第26  議案第 35号 一関市児童館条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第27  議案第 36号 一関市へき地保育所条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第28  議案第 37号 一関市室根生活支援ハウス条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第29  議案第 38号 一関市ホームヘルパー派遣手数料条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第30  議案第 39号 一関市生活管理指導員派遣手数料条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第31  議案第 40号 一関地区広域行政組合の設置に伴う関係条例の整理に関


             する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第32  議案第 41号 一関市千厩酒のくら交流施設条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第33  議案第 42号 一関市企業誘致奨励条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第34  議案第 43号 一関市農地及び農業用施設災害復旧事業分担金徴収条例の制


             定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第35  議案第 44号 一関市家畜導入事業資金供給事業基金条例の制定につい


             て


             【予算審査特別委員長報告】


日程第36  議案第 45号 一関市本寺地区景観計画による届出行為等に関する条例の制


             定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第37  議案第 46号 一関市建築協定条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第38  議案第 47号 一関市手数料条例の一部を改正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第39  議案第 48号 一関市奨学金貸与条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第40  議案第 49号 一関市立幼稚園条例の一部を改正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第41  議案第 50号 一関市スポーツ振興審議会条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第42  議案第 51号 一関市スポーツ施設条例の一部を改正する条例の制定につい


             て


             【予算審査特別委員長報告】


日程第43  議案第 52号 一関市職業訓練センター条例の一部を改正する条例の制定に


             ついて


             【予算審査特別委員長報告】


日程第44  議案第 53号 一関市花泉高等職業訓練校条例の一部を改正する条例の制定


             について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第45  議案第 54号 一関市花と泉の公園条例の一部を改正する条例の制定につい


             て


             【予算審査特別委員長報告】


日程第46  議案第 55号 一関市アストロ・ロマン大東条例の一部を改正する条例の制


             定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第47  議案第 56号 一関市大東ふるさと分校条例の一部を改正する条例の制定に


             ついて


             【予算審査特別委員長報告】


日程第48  議案第 57号 一関市千厩農村勤労福祉センター条例の一部を改正する条例


             の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第49  議案第 58号 一関市望洋平キャンプ場条例の一部を改正する条例の制定に


             ついて


             【予算審査特別委員長報告】


日程第50  議案第 59号 一関市生活改善センター条例の一部を改正する条例の制定に


             ついて


             【予算審査特別委員長報告】


日程第51  議案第 60号 一関市都市農村交流館条例の一部を改正する条例の制定につ


             いて


             【予算審査特別委員長報告】


日程第52  議案第 61号 一関市一関牧野条例の一部を改正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第53  議案第 62号 一関市有機肥料センター条例の一部を改正する条例の制定に


             ついて


             【予算審査特別委員長報告】


日程第54  議案第 63号 一関市総合保養センター条例の一部を改正する条例の制定に


             ついて


             【予算審査特別委員長報告】


日程第55  議案第 64号 一関市室根高原ふれあい牧場条例の一部を改正する条例の制


             定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第56  議案第 65号 一関市農村環境改善センター条例の一部を改正する条例の制


             定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第57  議案第 66号 一関市農村公園条例の一部を改正する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第58  議案第 67号 一関市東山地区集会施設条例の一部を改正する条例の制定に


             ついて


             【予算審査特別委員長報告】


日程第59  議案第 68号 一関市東山構造改善センター条例の一部を改正する条例の制


             定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第60  議案第 69号 一関市室根林業センター条例の一部を改正する条例の制定に


             ついて


              【予算審査特別委員長報告】


日程第61  議案第 70号 一関市川崎農林水産物直売・食材供給施設条例の一部を改正


             する条例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第62  議案第 71号 一関市千厩こがね館条例の一部を改正する条例の制定につい


             て


             【予算審査特別委員長報告】


日程第63  議案第 72号 一関市室根地区会館条例の一部を改正する条例の制定につい


             て


             【予算審査特別委員長報告】


日程第64  議案第 73号 平成18年度一関市一般会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第65  議案第 74号 平成18年度一関市国民健康保険特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第66  議案第 75号 平成18年度一関市老人保健特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第67  議案第 76号 平成18年度一関市介護サービス事業特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第68  議案第 77号 平成18年度一関市土地取得事業特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第69  議案第 78号 平成18年度一関市金沢財産区特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第70  議案第 79号 平成18年度一関市土地区画整理事業清算特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第71  議案第 80号 平成18年度一関市都市施設等管理特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第72  議案第 81号 平成18年度一関市工業団地整備事業特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第73  議案第 82号 平成18年度一関市市営バス事業特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第74  議案第 83号 平成18年度一関市簡易水道事業特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第75  議案第 84号 平成18年度一関市下水道事業特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第76  議案第 85号 平成18年度一関市農業集落排水事業特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第77  議案第 86号 平成18年度一関市浄化槽事業特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第78  議案第 87号 平成18年度一関市物品調達特別会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第79  議案第 88号 平成18年度一関市水道事業会計予算


             【予算審査特別委員長報告】


日程第80  議案第 89号 指定管理者の指定について(一関市職業訓練センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第81  議案第 90号 指定管理者の指定について(一関市立花泉高等職業訓練校)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第82  議案第 91号 指定管理者の指定について(花と泉の公園)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第83  議案第 92号 指定管理者の指定について(アストロ・ロマン大東)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第84  議案第 93号 指定管理者の指定について(大東ふるさと分校)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第85  議案第 94号 指定管理者の指定について(千厩農村勤労福祉センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第86  議案第 95号 指定管理者の指定について(望洋平キャンプ場)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第87  議案第 96号 指定管理者の指定について(一関生活改善センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第88  議案第 97号 指定管理者の指定について(東山束稲生活改善センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第89  議案第 98号 指定管理者の指定について(一関市都市農村交流館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第90  議案第 99号 指定管理者の指定について(一関牧野)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第91  議案第 100号 指定管理者の指定について(一関市有機肥料センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第92  議案第 101号 指定管理者の指定について(一関市総合保養センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第93  議案第 102号 指定管理者の指定について(室根高原ふれあい牧場)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第94  議案第 103号 指定管理者の指定について(千厩農村環境改善センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第95  議案第 104号 指定管理者の指定について(東山磐井里農村広場)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第96  議案第 105号 指定管理者の指定について(東山大木多目的集会施設ゆみお


             り館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第97  議案第 106号 指定管理者の指定について(東山岩ノ下定住促進センタ


             ー岩ノ下ふれあい館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第98  議案第 107号 指定管理者の指定について(東山矢ノ森集会施設愛花夢館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第99  議案第 108号 指定管理者の指定について(東山里前集会所)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 100 議案第 109号 指定管理者の指定について(東山夏山・横沢集会所)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 101 議案第 110号 指定管理者の指定について(東山山谷自治会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 102 議案第 111号 指定管理者の指定について(東山構造改善センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 103 議案第 112号 指定管理者の指定について(林業センター「室根山荘」)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 104 議案第 113号 指定管理者の指定について(川崎農林水産物直売・食材供給


             施設)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 105 議案第 114号 指定管理者の指定について(千厩こがね館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 106 議案第 115号 指定管理者の指定について(室根中里地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 107 議案第 116号 指定管理者の指定について(室根浜横沢下地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 108 議案第 117号 指定管理者の指定について(室根三峯地区農村会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 109 議案第 118号 指定管理者の指定について(室根第4区集落センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 110 議案第 119号 指定管理者の指定について(室根大里地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 111 議案第 120号 指定管理者の指定について(室根田茂木地区コミュニティセ


             ンター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 112 議案第 121号 指定管理者の指定について(室根屋中地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 113 議案第 122号 指定管理者の指定について(室根西の沢地区集落センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 114 議案第 123号 指定管理者の指定について(室根八幡沖集落センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 115 議案第 124号 指定管理者の指定について(室根高沢地区集落センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 116 議案第 125号 指定管理者の指定について(室根ひこばえの森交流センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 117 議案第 126号 指定管理者の指定について(室根第13地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 118 議案第 127号 指定管理者の指定について(室根佐野地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 119 議案第 128号 指定管理者の指定について(室根第15地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 120 議案第 129号 指定管理者の指定について(室根浮野地区生活改善センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 121 議案第 130号 指定管理者の指定について(室根竹野下地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 122 議案第 131号 指定管理者の指定について(室根交流促進センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 123 議案第 132号 指定管理者の指定について(室根平原地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 124 議案第 133号 指定管理者の指定について(室根千代ケ原地区会館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 125 議案第 134号 指定管理者の指定について(北上川交流センター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 126 議案第 135号 指定管理者の指定について(ひまわりクラブ)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 127 議案第 136号 指定管理者の指定について(わかばクラブ)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 128 議案第 137号 指定管理者の指定について(はしわクラブ)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 129 議案第 138号 指定管理者の指定について(こばとクラブ)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 130 議案第 139号 指定管理者の指定について(萩の子クラブ)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 131 議案第 140号 指定管理者の指定について(赤荻クラブ)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 132 議案第 141号 指定管理者の指定について(真滝児童館)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 133 議案第 142号 指定管理者の指定について(久保コミュニティセンター)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 134 議案第 143号 指定管理者の指定について(川崎スポーツステーション)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 135 議案第 144号 指定管理者の指定について(一関市生活支援ハウスむろね苑)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 136 議案第 145号 指定管理者の指定について(千厩酒のくら交流施設)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 137 議案第 146号 一関市過疎地域自立促進計画について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 138 議案第 147号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画について(小梨辺地)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 139 議案第 148号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画について(紙生里辺地)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 140 議案第 149号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画について(横沢川辺地)


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 141 議案第 150号 障害程度区分認定審査会を共同設置することの協議について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 142 議案第 151号 市道路線の廃止及び認定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 143 議案第 152号 一関市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条


             例の制定について


             【予算審査特別委員長報告】


日程第 144 議案第 153号 社会福祉法人に対する補助金の交付手続に関する条例の制定


             について


日程第 145 議案第 154号 一関市立学校条例の一部を改正する条例の制定について


日程第 146 議案第 155号 平成17年度一関市一般会計補正予算(第6号)


日程第 147 議案第 156号 平成17年度一関市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


日程第 148 議案第 157号 平成17年度一関市老人保健特別会計補正予算(第1号)


日程第 140 議案第 158号 平成17年度一関市介護サービス事業特別会計補正予算(第1


             号)


日程第 150 議案第 159号 平成17年度一関市市営バス事業特別会計補正予算(第1号)


日程第 151 議案第 160号 平成17年度一関市下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第 152 議案第 161号 岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増


             減及び岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関


             し議決を求めることについて


日程第 153 議案第 162号 損害賠償の額を定めることに関し議決を求めることについて


日程第 154 議案第 163号 人権擁護委員の推薦について


日程第 155 発議第 2号 パートタイム労働者等の均等待遇実現を求める意見書につい


             て


日程第 156 発議第 1号 骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会の設置につ


             いて


日程第 157 発議第 3号 公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見


             書について


日程第 158 発議第 4号 障害者への偏見と差別をなくす宣言決議について


日程第 159 発議第 5号 平成17年12月定例会一般質問における小野寺藤堆議員発言「


             工事の予定価格が市の職員から業者に漏れている」の取り消


             しと、関係者に対する謝罪を求める決議について





本日の会議に付した事件


  議事日程第5号に同じ





出 席 議 員(41名)


   1番 佐々木 時 雄 君   2番 尾 形 善 美 君


   3番 武 田 ユキ子 君   4番 佐々木 賢 治 君


   5番 千 葉 光 雄 君   6番 高 田 一 郎 君


   7番 藤 野 秋 男 君   8番 佐々木 文 人 君


   9番 槻 山   ? 君   10番 神 ? 浩 之 君


   11番 海 野 正 之 君   12番 佐 藤 弘 征 君


   13番 千 葉   満 君   14番 牧 野 茂太郎 君


   15番 小 山 雄 幸 君   16番 那 須 茂一郎 君


   17番 岩 渕 一 司 君   18番 菊 地 善 孝 君


   19番 大 野   恒 君   20番 齋 藤 正 則 君


   21番 菅 原   巧 君   22番 千 葉 大 作 君


   23番 藤 野 壽 男 君   24番 千 葉 幸 男 君


   25番 佐 藤 雅 子 君   26番 小野寺 維久郎 君


   27番 佐々木 清 志 君   28番 佐々木 英 昭 君


   29番 阿 部 孝 志 君   30番 鈴 木 英 一 君


   31番 石 山   健 君   32番 伊 東 秀 藏 君


   33番 大 森 忠 雄 君   34番 小 岩   榮 君


   35番 菅 原 啓 祐 君   36番 小 山 謂 三 君


   37番 佐 山 昭 助 君   38番 村 上   悌 君


   39番 小野寺 藤 雄 君   40番 木 村   實 君


   41番 伊 藤   力 君





職務のため出席した事務局員


  事 務 局 長   千 條 幸 男  事務局次長  菊 地 敬 喜


  局 長 補 佐   佐 藤 甲子夫





説明のため出席した者


  市     長   浅 井 東兵衛 君  助     役  坂 本 紀 夫 君


  収  入  役   佐 藤 正 勝 君  企画振興部長   松 岡   宏 君


  総 務 部 長   齋 藤 猛 雄 君  市民環境部長   阿 部   睦 君


  保健福祉部長    及 川 菊 夫 君  商工労働部長   菅 原   勇 君


  農 林 部 長   桂 田 芳 昭 君  建 設 部 長  小野寺 道 雄 君


  上下水道部長    白 岩 輝 也 君  企画振興部参事  佐 藤 志 行 君


  併任水道部長


  企画振興部次長   鈴 木 悦 朗 君  総務部次長    佐々木 一 男 君


  教育委員長     北 村 健 郎 君  教  育  長  藤 堂 ? 則 君


  教 育 部 長   岩 井 憲 一 君  監 査 委 員  小野寺 興 輝 君


  監査委員事務局長  大 内 知 博 君  農業委員会会長  畠 山 栄 一 君


  農業委員会事務局長 中 里 秀 孝 君





会議の場所 一関市議会議場


開会時刻 午前10時











会議の議事


○議長(佐々木時雄君) 本日の出席議員は41名であります。


 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


○議長(佐々木時雄君) この際、ご報告を申し上げます。


 市長提案11件、議員発議5件、少数意見報告書1件、討論通告書3件を受理いたしました。割き


 次に、小野寺監査委員ほか2名から提出の監査報告書1件を受理いたしましたが、印刷物によりお手元に配付しておりますので、これによりご了承願います。


 また、今議会において、総務、産業経済、建設の各常任委員会に対し、審査を付託いたしました請願4件の審査終了報告を受理いたしました。


 また、予算審査特別委員長より、予算審査終了報告書を受理いたしました。


○議長(佐々木時雄君) 本日の会議には、市長、教育委員長、監査委員、農業委員会会長の出席を求めました。


○議長(佐々木時雄君) 議場での録画、録音、写真撮影を許可しておりますので、ご了承願います。


○議長(佐々木時雄君) これより議事に入ります。


 本日の議事は、お手元に配付の議事日程第5号により進めます。


○議長(佐々木時雄君) 日程第1、請願第1号、農業用用排水路・農道等の維持補修施策についてを議題とし、産業経済常任委員長の報告を求めます。


 佐山産業経済常任委員長。


○産業経済常任委員長(佐山昭助君) 産業経済常任委員会に審査付託となっておりました請願の審査が終了いたしましたので、その経過並びに結果のご報告を申し上げます。


 審査を終了いたしましたのは、請願第1号、農業用用排水路・農道等の維持補修施策についてであります。


 これが審査のため、平成18年3月1日に委員会を開催し、農林部長、農地林務課長及び担当職員の出席を求めました。


 審査に当たりましては、同様の要望書が市長にも提出されたことから、その内容について農林部長より説明を受けた後、質疑並びに意見の交換を行い、審査いたしました。


 説明の中で、この請願の内容は、合併後においても暫定施行している一関市農業生産基盤整備事業費補助金交付要綱が旧一関市だけで適用されているものであることから、今後はこの要綱を新市全域で対処していただきたいとの趣旨のようであったということでありました。


 また、これらの要綱等については、平成18年度に策定する農業振興地域整備計画策定時までに調整し、新たな基準づくりを進めていくという説明でありました。


 質疑の中では、市内各地域における農道の管理体制が異なっているのではないか、趣旨は理解したとしても現実的に実施可能なのかなどの質問が出されました。


 これに対して、当局では、農道の管理については農道認定路線がない地域もあり、たとえこの施策を展開しても一関地域以外で対象となる農道があるか疑問であるということでありました。


 意見の中では、願意は十分に理解しつつも、今後の用排水路・農道の管理のあり方について考え方を整理した上で、平成18年度に計画されている農業振興地域整備計画策定時までに十分に検討していく必要があるとの意見が多数でありました。


 採決の結果、満場で請願第1号は採択すべきものと決しました。


 以上のとおりご報告申し上げます。


○議長(佐々木時雄君) 報告に対し、質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、請願第1号は、採択することに決定いたしました。


 直ちに市長へ送付の手続きを取り運びます。


○議長(佐々木時雄君) 日程第2、請願第2号から日程第3、請願第4号まで、以上2件を一括議題とし、建設常任委員長の報告を求めます。


 千葉建設常任委員長。


○建設常任委員長(千葉大作君) 建設常任委員会に付託になりました請願の審査が終了いたしましたので、その経過並びに結果についてご報告申し上げます。


 審査を終了いたしましたのは、請願第2号、市道日影線及び木の川線の道路整備について並びに請願第4号、「歴史の小道」整備計画の早期実現と、その整備方針が将来に渡って実現されることを担保するための早急な景観条例・都市計画法地区計画・建築基準法建築協定の制定・都市計画法の用途地域の変更等の実施についてであります。


 これが審査のため、平成18年3月1日、6日に委員会を開催し、紹介議員である小岩榮議員、尾形善美議員のほか、建設部長、市民環境部長、関係課長等の出席を求め、6日には現地調査を行いました。


 初めに、請願第2号について申し上げます。


 審査に当たり当局より、市道日影線は、滝沢字寺下地内から滝平地内を結ぶ市道総延長約3,210メートルの道路で、幅員は平均4.9メートルであるが、狭小部分では4メートルほどになっており、当該道路は昭和50年代に農道として舗装整備され、その後市道となったものである。


 また、木の川線は、滝沢字館下地内から狐禅寺字藤ノ沢地内を結ぶ市道総延長4,285メートル、幅員は平均7.1メートルの二車線道路であり、うちJR大船渡線踏切より滝沢小学校入り口までの180メートル区間には歩道が設置済みであるが、請願区間の滝沢小学校入り口より市道草刈場線までの2,030メートル区間については未設置である旨説明がありました。


 委員より、日影線は請願によると、新磐井病院・南光病院のアクセス道路となるということであるが、なぜ新市建設計画に登載されなかったのかとただしたのに対し、アクセス道路としては現在完成している東工業団地線のほか、現在整備を進めている日影線と平行する真滝中央線及び真滝バイパスからの寺田下流通団地線の計画がある。病院へのアクセスは、これらのルートで確保されるとの答弁がありました。


 また委員より、日影線については幅員が狭い状況にあり、また、木の川線については通学路にもなっており、趣旨は理解できるので整備すべきである。


 また、両路線とも総延長が長いことから、整備するに当たっては用地が必要であり、土地所有者の協力が得られるのか、検証した上で検討すべきとの意見がありました。


 以上で質疑、意見交換を終了し、採決の結果、請願第2号、市道日影線及び木の川線の道路整備については、満場で採択すべきものと決しました。


 次に、請願第4号について申し上げます。


 審査に当たり当局より、一関市が平成13年に歴史の小道整備計画を策定した経過のほか、当該計画に基づく整備事業が、新市建設計画において、平成24年度から27年度までの事業として計画されているとの説明がありました。


 委員より、市側と住民とが歴史の小道というものに対し、どういうかかわり方をしていくか、まちづくりをどう行っていくかということについて、早急に両者で話し合う必要がある等の意見があり、他の委員も同様の意見であり採択すべきとのことでありました。


 また、委員より、事業予定地に建設する建物の高さ等の制限をする場合、どのような方法があるのかとただしたのに対し、土地所有者や権利者を含めたすべての方々が合意して結ばれる建築協定や、地区計画を都市計画決定する方法などがあるとの答弁がありました。


 以上で質疑、意見交換を終了し、採決の結果、請願第4号、「歴史の小道」整備計画の早期実現と、その整備方針が将来に渡って実現されることを担保するための早急な景観条例・都市計画法地区計画・建築基準法建築協定の制定・都市計画法の用途地域の変更等の実施については、満場で採択すべきものと決しました。


 以上のとおり、ご報告申し上げます。


○議長(佐々木時雄君) 報告に対し、質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 採決は、1件ごとに行います。


 まず、請願第2号を採決いたします。


 委員長報告は採択すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、請願第2号は、採択することに決定いたしました。


 直ちに市長へ送付の手続きを取り運びます。


 次に、請願第4号を採決いたします。


 委員長報告は採択すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、請願第4号は、採択することに決定いたしました。


 直ちに市長へ送付の手続きを取り運びます。


○議長(佐々木時雄君) 日程第4、請願第3号、公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める請願についてを議題とし、総務常任委員長の報告を求めます。


 小山総務常任委員長。


○総務常任委員長(小山謂三君) 総務常任委員会に付託になりました請願の審査が終了しましたので、その経過並びに結果についてご報告申し上げます。


 審査を終了しましたのは、請願第3号、公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める請願についてであります。


 これが審査のため、平成18年3月1日に委員会を開催し、紹介議員である高田一郎議員より説明を求め、その後質疑並びに意見交換を行いました。


 初めに、紹介議員より、日本国家公務員労働組合連合会の資料をもとに趣旨についての説明がありました。


 政府は、国家公務員の5%削減や公共サービスの民間開放の新たな仕組みづくりとなる市場化テスト(競争入札)の法案化を決定した。


 市場化テストは、公共性の確保とかかわる行政の責任が明らかにされていない、個人情報の漏えい、コスト削減のために派遣労働者に依存して公共サービス提供が常態化している、行政の専門家の育成が困難になるなど、さまざまな問題が発生する。また、公務員の削減は、総人件費の削減を目的としているが、日本の公務員の数は諸外国に比べても大変少ない。請願は、公共サービスの改善や水準を維持するために必要な要員の確保を求めるものであるとのことでした。


 委員より、この請願について、民間サービスは仕方ないが、簡単にやるのではなく慎重に議論をした上でやるべき、公務員削減は、行財政改革に理解を示しながらというような解釈でよいか質疑がありました。


 これに対し、紹介議員より、基本的にはそのとおりである。


 公務員は国民の暮らしや福祉や医療を守る最前線にいるので大幅な削減は問題である。


 請願者は民間開放を安易に行わないことを求めているので、市場化テスト導入ありきではないと思うとのことでした。


 委員より、市場化テスト法には戸籍等の請求受付業務等が入っているが、個人のプライバシーの問題において、民間に使われることが本当によいのか疑問であるとの意見がありました。


 委員より、国民年金の収納事務など民間に一概にやらせるのは慎重な対応が必要、個人情報を管理できる中で移行しないとサービスの低下が心配される、請願の趣旨に賛同できるとの意見が出されました。


 委員より、個人情報など大事なものは守っていくべきで、あれもこれも身軽にするという考え方に危機感を持っている、請願者に賛同するとの意見が出されました。


 以上で意見交換を終了し、採決の結果、請願第3号、公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める請願については、満場で採択すべきものと決しました。


 以上のとおり、ご報告申し上げます。


○議長(佐々木時雄君) 報告に対し、質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 委員長報告は採択すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、請願第3号は、採択することに決定いたしました。


○議長(佐々木時雄君) 日程第5、議案第13号から日程第143、議案第152号まで、以上139件を一括議題とし、予算審査特別委員長の報告を求めます。


 佐藤予算審査特別委員長。


○予算審査特別委員長(佐藤弘征君) 予算審査特別委員会報告を申し上げます。


 3月1日の会議において、平成18年度予算審査特別委員会が設置され、審査付託されました下記議案の審査が終了いたしましたので、その経過並びに結果のご報告を申し上げます。


 本委員会に付託されました議案は、記載のとおり、一関市表彰条例の制定についてほか138件であります。


 審査は3月1日、15日、16日、17日、22日の5日間にわたり委員会を開催し、市長、助役、収入役、教育委員長、監査委員、農業委員会会長、教育長のほか関係部長等の出席を求めました。


 3月1日の委員会において正副委員長の互選を行い、委員長には本員が、副委員長には岩渕一司委員が選任されました。


 その後、総務部長、企画振興部長、企画振興部参事、市民環境部長、保健福祉部長、上下水道部長併任水道部長、商工労働部長、農林部長、建設部長、教育部長の順で補足説明を受けました。


 3月15日には総括質疑を行い、その後直ちに常任委員会単位の4分科会を設置し、所管に係る予算を付託いたしました。


 3月16日及び17日には各分科会が開催され、慎重審査し、3月22日の特別委員会において各分科会における審査の報告を求めました。


 本特別委員会は議長を除く40人で構成されたものであり、総括質疑及び各分科委員長報告に対する質疑については割愛いたします。


 各分科委員長の報告をもって当特別委員会としての結論を得るため採決をいたしました。


 その結果、議案第143号は満場で、その他の138件は多数で可決すべきものと決しました。


 なお、今後の指定管理者の指定にあっては、経営計画等を十分に検討して提案すべきであるとの意見がありましたことを特に報告いたします。


 以上が、当予算審査特別委員会における審査の過程と結果でありますが、何とぞ当委員会の決定のとおり満場のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、ご報告といたします。


○議長(佐々木時雄君) 次に、議案第21号、第22号、第32号、第34号、第35号、第36号、第41号、第49号、第73号、第74号、第145号、第152号については菊地善孝君から、会議規則第39条第1項の規定により少数意見報告書が提出されております。


 少数意見書の報告を求めます。


 18番、菊地善孝君。


○18番(菊地善孝君) 少数意見の報告を述べますが、その前に、ただいま予算審査特別委員会委員長から報告書を朗読いただきました。


 この中に、昨日、地方自治法並びにそれに基づく会議規則に基づいて少数意見の留保の意思表示をし、所定の賛同者があったにもかかわらず、この報告書にその旨の記述がない。


 これは重大な手落ちでありますので、議長職において是正をお願いをしたい。


 少数意見が手続きに基づいて行われているわけですから、当然のことながら、この報告書にはその記述がなければなりません。


 その手続きを、事務局と調整を行い所定の手続きをされるように、議長並びに当該の委員長に対して発言をさせていただきます。


 それでは、少数意見報告書に基づいて報告をさせていただきます。


 提出者、予算審査特別委員、菊地善孝。


 賛同者、同じく鈴木英一、高田一郎、藤野秋男、大野恒、石山健の各委員でございます。


 少数意見報告書、3月22日の予算審査特別委員会において留保した少数意見を次のとおり、会議規則第101条第2項の規定により報告をします。


 記、1、議案番号、件名、議案第21号、一関市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第22号、一関市地域自治区長の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第32号、一関市国民保護協議会条例の制定について、議案第34号、一関市放課後児童クラブ条例の制定について、議案第35号、一関市児童館条例の制定について、議案第36号、一関市へき地保育所条例の制定について、議案第49号、一関市立幼稚園条例の一部を改正する条例の制定について、議案第41号、一関市千厩酒のくら交流施設条例の制定について、議案第73号、平成18年度一関市一般会計予算、議案第74号、平成18年度一関市国民健康保険特別会計予算、議案第145号、指定管理者の指定について(千厩酒のくら交流施設)、議案第152号、一関市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について。


 2、意見の要旨、議案第21号及び第22号について、報酬等に関する市民の大方の理解を得るためには、議員に関する額は今次報酬等審議会答申同額であるべきであり、「平成20年3月31日までの間」を定める附則条項は削除されるべきである。


 議案第32号、これは保護協議会条例に関してでありますが、この条例は、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律に基づいて制定しようとするものである。


 そもそも、戦後の日本は、日本国憲法が希求する平和国家建設を国際公約として国際社会に復帰した。


 その平和国家、民主国家徹底のために地方自治制度が制定されたところである。


 したがって、現在の地方公共団体は、戦前の中央集権国家体制や軍国主義国家体制とは相反する仕組みとなっており、これを根底から覆しかねない条例を制定することは許されない。


 そもそもこの動きは、米軍の再編、自衛隊のイラクやインド洋への派兵と一体のものである。


 軍事専門家ですら想定外とする海外からの日本への侵攻という危機感を利用して扇動する動きであり、市民生活を守る視点からいって賛成できるものではない。


 議案第34号から第36号まで及び第49号、これは保育所等々の料金の引き上げ問題でありますが、料金引き上げ条項については賛成できない。


 そもそも、少子高齢化対策の必要性が強調されているとき、まずもって旧自治体ごとの経過を踏まえることなく引き上げをしようとする姿勢が理解できない。


 子育てにやさしい市政であるべきである。


 議案第41号及び第145号について、これは旧千厩町が計画をした酒のくら問題であります。


 ?合併協議過程に当初なかった事業が突然取り組まれ、駆け込み的手法で処理された結果、財産取得実務、収支計画に粗雑、無理があり、その慎重な再検討を要すこと。


 ?事業そのものが、地域の方々の多くの願いから出発したものではなく、いまだに住民理解ができていないこと。


 ?もし、新市建設計画事項であるという理由からこのまま進捗させるなら、耐震対策、建物の撤去費用等にさらなる多額の負担は不可避であり、市財政圧迫要因となる。


 議案第73号及び第152号について、?歳出を通じて指摘しなければならないことは、いかに新市建設計画にあったとしても、歳入全体が合併協議時より地方交付税の減額、三位一体改革による税収減等々、相当厳しい事情を踏まえた内容になりきっていないことである。


 その最たるものは、議案第41号、千厩酒のくら事業関連である。


 もし、新市における実質初年度予算に当たる今予算がこのまま議決執行されることがあるならば、不要不急の箱物行政が行き詰まり、一般市民の最も強い関心事である民生部門の後退、負担増によるプライマリーバランス確保となってしまうのではないか。


 ?人事労務面にも、この安易と言わざるを得ない状況が散見される。


 旧7自治体における賃金水準は歴然とした差があり、この早急な是正は急務なはずである。


 しかるに、勧告とはいえ、5%弱という大幅な賃金引き下げを、この是正措置より優先して着手することは、合併自治体である盛岡市、奥州市と比しても特異と言わざるを得ない。


 ?ましてや、嘱託・臨時職員等を、脱法行為であったことを理由に実質雇用契約を一方的に解除する事態は異常であり、市内全域に広がる深刻な雇用不安、就職難に油を注ぐことになることを懸念するものである。


 同じ職場に働く仲間の生活に、もっと心配りがあって至当ではないか。


 ?契約については、競争が働き、できるだけ安価で良質な行政執行ができるよう早急な取り組み、実績が求められている。


 地域経済を守る意味から、小規模事業者の仕事確保策も従来に増して取り組みを求めたい。


 耐震対策を念頭においた住宅リフォーム事業等はその一策と提案する。


 ?国保税については、減免要綱の改善をすべきである。


 制度運営を工夫し、資格証明発行を極力抑えている先進事例に学ぶ必要がある。


 所得ごとの減免基準設定は急務である。


 議案第74号について、4診療所運営については、医療現場という特殊性からして、早急に本庁直轄とする体制に整備し、効率的かつ質のより高い地域医療確保に努めるべきである。


 現状の自治区ごとの管理は課題が多すぎ、ひいては当該地域住民のマイナスと言わざるを得ない。


 以上でございます。


○議長(佐々木時雄君) お諮りいたします。


 委員長報告及び少数意見者の報告に対する質疑は、議長を除く40名による特別委員会において慎重審査をしておりますので、これを省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


(「議事進行」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 18番、菊地善孝君。


○18番(菊地善孝君) 私壇上から、この予算審査特別委員会報告書に、少数意見留保の意思表示をする所定の手続きを取ったにもかかわらず、記述がないことについて指摘をいたしました。


 今の発言の前に、議事進行の前に、どうしてそのことの処理をなさらないのですか。


 会議規則上違うのではないですか、全く違うのではないですか、順序が。


 報告書の不備があることを指摘しているんですよ。


 にもかかわらず、そのことの手続きを取らないで質疑打ち切りの関係を皆に諮るという、その手続きは順序が違うのではないですか。


 以上、議事進行についての意見を述べます。


○議長(佐々木時雄君) ただいま菊地善孝議員の議事進行につきまして議長から申し上げます。


 特別委員長報告に対する取り扱いについては、議長に一任を願いたいと思います。


 それでよろしゅうございますね。


(「議事進行」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 18番、菊地善孝君。


○18番(菊地善孝君) これは議長の職責ではないんですよ。


 特別委員会報告書に、委員長報告に不十分な部分がある、手続きを踏まえていない報告書になっているのではないかという指摘をしているんです。


 少なくとも、こういう形で本会議は動いているわけですから、現時点でどうするかということについて私なりの意見を言わせていただくならば、口頭でも佐藤委員長から、少数意見の留保の意思表示があったのだということを本会議に報告をいただいて、報告書そのものは後日差しかえるにしても、そういう手続きがなされなければならない、その手続きがあって初めて議長の、今度は職責に入っていくわけですよ、領域に、そうではないでしょうか。


 議長がその職責において対応する分野ではないと思うんです。


 いかがでしょうか。


○議長(佐々木時雄君) 休憩いたします。


午前10時41分 休   憩


午前10時44分 再   開


○議長(佐々木時雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 佐藤特別委員長より発言を求められておりますので、これを許します。


 佐藤予算審査特別委員長。


○予算審査特別委員長(佐藤弘征君) 昨日の特別委員会の中において、菊地善孝議員より少数意見の留保の提言が出されました。


 先ほどの特別委員長審査報告の中に欠けておりましたことを、まずおわび申し上げます。


 菊地善孝議員より、議案第21号、第22号、第32号、第34号、第35号、第36号、第41号、第49号、第73号、第74号、第145号、第152号について少数意見の留保があったことを追加いたしまして報告といたします。


○議長(佐々木時雄君) お諮りいたします。


 委員長報告及び少数意見者の報告に対する質疑は、議長を除く40名による特別委員会において。


(「議事進行」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 2番、尾形善美君。


○2番(尾形善美君) 少数意見の留保というのは、条例等で決まっておりますのでそれはそれで結構ですが、議会として、この書面含め、今までの流れからしてこれでいいのかどうか私、疑問がありますので、申し上げたいと思います。


 この報告書を見ますと、提出者が議長に提出をするという文章になっております。


 少数意見の留保はあくまで委員会の中で行われる、委員長に対して行われるということであります。


 それがあった場合に委員長は議長に報告をするということでありますが、この書類ですと、留保は議長に対してなされていると、少数意見留保は議長に対して出されている、その辺きちんとルールに従ってやっていただきたい。


 これでよしとするのか、ここで決めることではないと思います。


 これは決めごとですから、事務局ともう一度ご検討をいただいて、これでいいのであれば結構ですが、ルールにのっとらないものを進めていただいては非常に困るので確認をお願いしたい。


○議長(佐々木時雄君) 尾形議員に申し上げます。


 この報告につきましては、委員長を経由して議長にきたものと私は理解しております。


○議長(佐々木時雄君) 2番、尾形善美君。


○2番(尾形善美君) 理解しておりますでは困るので。


○議長(佐々木時雄君) そう理解しております。


 2番、尾形善美君。


○2番(尾形善美君) こういう書類でいいのかどうか、留保の意思表示がこういう文書でいいのかどうか、議長名で出されてそれでいいのかどうかということを、きちんと確認をしていただきたいということであります。


○議長(佐々木時雄君) よろしいです。


 報告書のとおりでいいと理解しております。


 2番、尾形善美君。


○2番(尾形善美君) 私は、報告書の中身の問題を言っているのではなくて、報告書が出される、これのあて名は委員長ではないんですかと、委員長がそれを受けて、議長に報告書をお出しになるのではないですかと、そういう手続き的なことをあいまいにしていただきたくないということで申し上げているわけです。


○議長(佐々木時雄君) 委員長を経由して議長に来ているのですから、私はこれでいいと解釈しておりますが、私の提出ではありませんので。


 それでは、ここの分についてご説明をいたします。


 101条の第2項の規定によりまして、前項の規定により少数意見を留保したものが、その意見を議会に報告しようとする場合においては、簡明な少数意見報告書をつくり、委員会の報告書が提出されるまでに委員長を経て議長に提出しなければならない、これに合致していると思いますが。


 進行いたします。


 お諮りいたします。


 委員長報告及び少数意見者の報告に対する質疑は、議長を除く40名による特別委員会において慎重審査をしておりますので、これを省略したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議ありませんので、これを省略することに決定いたしました。


 この際、ご報告申し上げます。


 議案第21号に対しては大野恒議員ほか5人から修正の動議が、議案第22号に対しては鈴木英一議員ほか5人から修正の動議が提出されました。


 修正動議の内容は、お手元に配付のとおりであります。


 よって、これを本案とあわせて議題といたします。


 これより議案第21号及び議案第22号を、ただいま上程いたしております139件から分離して審議いたします。


 まず、議案第21号を審議いたします。


 修正案提出者の説明を求めます。


 19番、大野恒君。


○19番(大野恒君) 日本共産党の大野恒でございます。


 議案第21号、一関市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例に対する修正案について、提案理由を述べさせていただきます。


 提案の基本的な考え方は、2月6日の特別職報酬等審議会の答申を尊重するということにおいております。


 本案は、浅井市長が提案した議案第21号のうち、議長は42万5,000円、副議長は36万2,000円、議員は33万8,000円に引き下げようとするものであります。


 引き下げ額は、議長3万5,000円、副議長3万8,000円、議員は3万2,000円となります。


 この金額は、去る2月6日、第2回特別職報酬等審議会が浅井市長に対して答申した額に合わせるものであります。


 市長以下三役については、報酬等審議会の答申よりさらに引き下げるものとなっておりますことから、それを指示し、修正を行わないことといたします。


 また、市長が提案した原案は、附則で18年4月1日から20年3月31日までの期限を設けているものを、それを取り払い、本則で定めようとするものであります。


 詳細は修正案文をご参照ください。


 次に、簡潔に提案理由を述べさせていただきます。


 合併の最大の理由は、市町村財政が厳しいから節約し、削るところは削り、行政サービスを維持するのだとしてきました。


 合併時点で専決で決められた現在の報酬、つまり市長92万円、地域自治区長61万円、議員37万円は、合併理由からして高すぎるとの厳しい批判が市民からたくさん寄せられました。


 それに対して浅井市長は、昨年の議会で、合併準備会の特別職報酬等審議会の答申を尊重したのだ、1月に報酬等審議会を開き引き下げを諮問する旨の答弁をいたしております。


 そして、1月26日、約束どおり報酬等審議会を招集し引き下げ諮問をしましたが、その引き下げ額が少なく、審議会委員から、例えば増田知事や隣接の市やまちでは減額している、一関は合併前より引き上げているのはいかがなものかなどの厳しい意見が出され、審議会の答申は諮問額からさらに引き下げ、結果的に合併前の一関市の額とする答申をいたしました。


 浅井市長は、答申を受け取る際、そしてその直後、マスコミ記者の皆さんに対して答申を尊重すると言明いたしました。


 でありますから市長提案の、市長、助役、収入役の三役の引き下げ案はよしとしますが、議員の引き下げ幅を小さくし、答申額よりも引き上げるということにしたことは、市民から理解が得られておりません。


 また、市長提案が20年3月31日の期限つき、いわば時限立法としたことは、2年後自動的に今の高い報酬に戻るということになります。


 さらに、そのことにより三役の退職金は、市長で約140万円高くなり、市長の退職金は2,000万円近くにもなることになります。


 このような期限つき時限立法を報酬等審議会委員のだれが想定したでしょうか、想定外のことであります。


 市長の給与や議員の報酬が高いと批判する多くの市民から到底理解が得られるものではありません。


 浅井市長とて、2月6日の答申を受け取るときに、このような期限つきを考えてはいなかったのでありましょう。


 今議会で議論されている18年度予算は、財政不足が生じ、財政調整基金を15億円も取り崩しております。


 浅井市長は施政方針で、財政見通しを、いまだ足取りの危うい地域経済の現状など、これまで以上に不透明さと厳しさが増大しておりますと述べました。


 私も同感であります。


 2年後財政が大きく好転するという見通しなどないのに、どうして2年後には市長、三役、議員の報酬だけ自動的に上げなければならないのでしょうか。


 市民には節約と行政サービスの低下の我慢を求め、子育て支援を言いながら保育園の保育料、幼稚園保育料、児童クラブ利用料、児童館利用料と、軒並みに値上げの提案がされております。


 市の臨時職員は雇いどめで再雇用を断り、近年、毎年下がり続けている一般職の給与は、生活給でありますが、4.8%もの引き下げを今議会に提案されております。


 行政区長、消防団、保健推進員、交通指導員の皆さんのわずかばかりの報酬は引き下げられたままであります。


 議員の皆さん、このような中で議員だけが報酬等審議会の答申よりも高い報酬を、市長の提案だからと無批判で受け入れてよいものでしょうか。


 議員の皆さん、市長は、三役の給与を答申よりもさらに引き下げて提案しております。


 一方、議員の報酬は、答申よりも高い額の提案であります。


 きょう、我々議会が、議員が、この決定権を持っております。


 結果、結論によっては、市民の皆さんから議会のお手盛りだと批判をいただくことになりますでしょう。


 賢明なる議員の皆さん、市民の皆さんの声、市民感情を十分配慮され、私が提案する修正動議に満場の賛成をお願いいたしまして提案説明とさせていただきます。


 ご清聴ありがとうございました。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


 39番、小野寺藤雄君。


○39番(小野寺藤雄君) 質問をさせていただきます。


 今提案者が経費削減、それから答申の尊重、それから市民の理解、こういう指摘があって、私も全くこのことに異論を差し挟むものではありません、同感であります。


 そういう立場を踏まえて、3点ばかり質問をさせていただきます。


 当局が提案している条例と修正案との違いはどこどこでしょうか、あわせて金額で言えばいくらの違いになるのでしょうか、これが一つです。


 それから、市民の理解、市民合意、これはさまざまな手法と言いますか、あると思いますが、提案者はこの市民の理解を得たとか得ないとか、合意を得たとか得ないとかという判断は、どういう物差しでおっしゃっているのか、ひとつお聞かせをいただきたいと思います。


 それから、三つ目ですが、昨年も共産党は削減の提案を、発議をしました。


 結果的には、少数で否決をされて現行の37万円の議員報酬になったわけですが、しかし、共産党の主張した33万8,000円とは3万2,000円の開きがあります。


 しかし、議会で可決されたから、それはそのまま議員に支給になった。


 その支給になった分はどんな扱いになったんでしょうか。


 37万円支給になって、主張する33万8,000円と3万2,000円の開きがあるんです。


 これは受け取ったんでしょうか、返還したんでしょうか。


 この3点についてお伺いいたします。


○議長(佐々木時雄君) 19番、大野恒君。


○19番(大野恒君) 大変いい質問をいただきましてありがとうございます。


 答弁漏れがありましたら何度でもお答えいたします、ご了解ください。


 1番目は、当局との違いはどこかということだったと思いますが、浅井市長が提案の際、答申を尊重したというような表現を使っておられる、その点は一緒なんですけれども、答申は引き下げです。


 私、2回の報酬等審議会を傍聴させていただきました。


 いずれも引き下げようというのが趣旨でありました。


 そういう中で出てきた答申ときょう提案しているものの中身は、一つ大きく違うのは時限立法です。


 壇上でも言いましたけれども、2年間で財政が好転する見通しなどだれも持っていないのに、2年後はまたもとに戻しますよということでありました。


 それの違いがあります、大きなところはそこであります。


 それから、答申は、議員も、旧一関市ですね、旧一関市に合わせるという、表現は違うんですけれども、結果的にそういう表現でありました。


 しかし、浅井市長が提案しているのは、三役の大幅な引き下げです、ここが大きく違います。


 ですから、引き下げを基本としている答申ですから、それよりも下がることは、先ほど壇上で言いましたように、私は良しとして支持をしております、そこは一致しているわけです。


 やはり違うのは、本則を変えないで附則で期限つきにしたということで、退職金に大きくはね返ってくるという問題がございます。


 金額は、私は財政の専門家ではないので比較せよと言われてもなかなか難しいところがあります。


 なぜかと言いますと、いろんな複雑な退職金の掛け率とか、時限立法にした関係で在任期間を42カ月として計算するのか、あるいは30カ月として計算するとか、ややこしいことと掛け率もそれぞれ違いますから、退職金のですね、ですから大変な労力を必要といたします。


 しかし、私なりに計算いたしまして、修正提案での総額影響は7,988万円ほどではないかなということを思っております。


 次は、物差しはどこにあるかと、これはだれに聞いても難しい質問ではないでしょうか、小野寺藤雄さんだったらそれに何と答えるかわかりませんが、私は常々市民の皆さんと対話をいたしております。


 私の事務所も設けておりますし、自宅にも電話がありますし、携帯電話を公表しております。


 たくさんの方々から意見を寄せられております。


 今の報酬額は高いよという声はたくさん出ております、ちょうどいいのだという声は一つもありません。


 そういうことは皆さんも同じではないかなと思います。


 もう一つは、引き上げた額、あなたたちももらっているのではないかという、そういう質問ですね、受け取っております。


 これは政治家として枠をはめられておりまして、政治資金規制法で寄附行為の禁止ですか、何条のどこだなんて言われても困りますけれども、そういう政治家の寄附行為の禁止というのがあって、金額を市に返還するということはできない仕掛けになっています。


 それで、我々の使い方は、十分な議員活動をやって市民の皆さんに返していくと、そういう立場でやっております。


 それは同じだと思います。


 皆さんを否定しているわけではございませんので、気にさわりましたらばご批判を、挙手をして後でお願いいたします。


 そういうことで、可能な限り最大限、例えば我々会派では議会報告を文書で届ける努力をしております。


 政務調査費だけでは足りない分を、みずからの議員歳費の中から出し合って、団の会費ということでやって使わせていただいております。


 以上でございます。


○議長(佐々木時雄君) 39番、小野寺藤雄君。


○39番(小野寺藤雄君) 大変丁寧な答弁をいただいてありがとうございます。


 最後ね、いただいていると、あなたたちはと言ったら失礼かね、提案者も含めて、市民合意、市民の理解というふうにおっしゃっている政党がもらって、それは活動で返しているというふうなことを言ったときに、これは市民の理解、合意を得ているというふうに思っているんでしょうか。


 私は、なかなかこの辺は市民の皆さんも理解しにくいところではないかなと思っています。


 供託する方法だってあるんですね、本当に、あるんですね、さまざまな、私は33万8,000円でいいのだと、これ以上は絶対に受けていません。


 もちろん寄付行為ありますよ、それはだめです、という格好で対応するのが、私は少なくとも市民合意、反対だということで拍手喝采をいただいて提案して、可決されたからもらっていたでは、あまりにもこれは言動不一致ではないかというふうに思いますが、この辺のことをお伺いしておきたいと思います。


○議長(佐々木時雄君) 19番、大野恒君。


○19番(大野恒君) こんなことを言ったならばお叱りを受けられるかもしれませんが、とんちんかんな質問ではないかと私は思いますよ。


 それが答弁だと思っていただきたいと思います。


 何度も繰り返して恐縮ですけれども、市民の皆さんに、例えばきょう議会であったことを近々、また我々の議会だよりで、共産党市議団ニュースですか、そういう形で市民の皆さんにお知らせをしていっております。


 そういう活動を大いに強化しながら、これからも市政は市民のためにあるという立場で頑張っていきたいなと思っております。


○議長(佐々木時雄君) 2番、尾形善美君。


○2番(尾形善美君) 修正案を見ますと、市長、助役、収入役については、これ市長提案と同じ金額になっておりますね、市長提案と同じで、なおかつ報酬等審議会よりも低いという数字になっております。


 議長、副議長、議会議員の金額は報酬等審議会と同額、答申と同額、それで市長提案よりも低いということでありますね。


 提案理由が厳しい財政ということですから、すべて低い方に合わせたというふうに理解をしますが、報酬等審議会の答申を尊重するとも言っておられます。


 結果的に市長提案と報酬等審議会の答申、両方をここでごちゃごちゃにして提案なさったということで、報酬等審議会の答申を尊重すると、あの委員さん方の議論を尊重するという部分では、この違いをどのように説明なさるのか、その点についてお聞かせをいただきたいと思います。


○議長(佐々木時雄君) 19番、大野恒君。


○19番(大野恒君) 述べたつもりでありますが、報酬等審議会の流れと言いますかね、審議会の議論の流れは高いと、増田知事も下げているよと、近隣の町村も下げていますよということで、奥州市を持ち出した方もおりました。


 そういう中で、引き下げるべきだというのが趣旨でございます。


 それを浅井市長さんはくみ取って、みずからの、三役の給与をぐっと抑えたわけです。


 それを、報酬等審議会の意向をくむならば、支持してよろしいかと思います。


 ごちゃごちゃという表現は当たらないのではないでしょうか、一貫しております。


○議長(佐々木時雄君) 2番、尾形善美君。


○2番(尾形善美君) 報酬等審議会の中での話し合いは、引き下げるという、そういう意見の、大方の大勢になった中で、それでは引き下げるということでは、これ答申になりませんので、具体的に金額を明示をし、それを答申とすることで結果的には金額の答申ということになったわけですね。


 金額の答申、それが引き下げるという意思表示であるはずなんですね。


 それを、そういう意思表示を、片方では尊重すると言っておいて、市長さんはもっと下げるからそれも尊重しましょうということですと、なかなか説明がつかないのではないかと。


 私は総括かどこかで質問したときに、今回の特別職の市長提案を含め、また、こういう修正案提案を含め、なかなか市民の方には理解できない金額、どういうふうにして数字を持ってきたとか、報酬等審議会は報酬等審議会の案、市長さんは市長さんの案、それから大野さんは大野さんの案と、どれをもって市民として支持をしたらいいのかと、非常に中身が見えない中で、金額だけ説明されて、判断に迷うと言いますか、わからないというところがあるのではないかと思うんです。


 ですから、やはりある意味で、根拠はこれですよということを一本にしていただいて提案をなさっていただきたかったなというふうに思いますけれども、もう一度、報酬等審議会は、考え方ではなくて額として提案なさった、それを最大限尊重するのであれば、この提案ではなかなか説明がつかないのではないですかということを、もう一度質問させていただきたいと思います。


○議長(佐々木時雄君) 19番、大野恒君。


○19番(大野恒君) 説明つかないのではないかという尾形さんの意見と、私は十分説明していると思っている、見解の相違でございますとしか言いようがないんですが、何度も言っていますが、市民の求めているのは一関の報酬、三役や特別職の、あるいは議員の報酬は高い、合併して引き上げるなんてとんでもない、こういう意見がたくさん寄せられています。


 それを尊重し、報酬等審議会も市長さんは開かざるを得なかったと。


 少ない諮問をしたけれども、審議会は大幅な引き下げを答申したと、それは結果的に、結果的にというか、私どもはずっと一貫して、もとの旧一関でやろうではないかと提案をしていました、そこに落ち着きました、答申は、基本はそこを尊重するということであります。


 ですから、時限立法など全く考えておりませんし、諮問した浅井市長さんとてその時点で時限立法期限つきなんて考えていなかったのではないかと思います、答申や諮問のどこにもそんな言葉はありませんから。


 それで答申したと、それを浅井市長さんは尊重すると言ったと、しかし、中身としては、三役はぐっと下げる、議員は上げる、答申よりもですよ。


 そうではなくて、下げるということであるから市長さんの三役の引き下げは了として評価すると。


 この議会で今決まろうとしていますその金額を、議員は上げるのだと、市長さんは下げたと、みずからのを下げた、これで市民は納得できるでしょうか。


 私は、尾形さんにご理解いただけないのであれば、見解の相違かなという以外ありませんけれども、私は一貫しております。


 下げるということで市民の合意が得られるということであります。


○議長(佐々木時雄君) 16番、那須茂一郎君。


○16番(那須茂一郎君) 黙っていようとも思いましたけれども、たまりかねてちょっと質問させていただきたいなと思っていました。


 と言いますのは、今提案者は、市民の合意を得られていないと何度も、前回からそういうお話されております。


 しかし、これは外の方が提案されるものに対しては、まず、ある程度は納得する線もあります。


 しかし、同じ中の方が提案して、そして市民の合意を得られていないものをいただいているわけですね、これに対してはどうなんでしょう。


 確かに議員活動をやっている、それからいろんな広報活動に使っていると、大小の差はあれ、それぞれ41人の議員はそのようにやっていると思うんですね。


 しかし、それでもその金額が、自分たちの提案したものよりも多い部分は、市民の合意を得られていないと、これをいただいている部分の良心の呵責はないんでしょうか。


○議長(佐々木時雄君) 19番、大野恒君。


○19番(大野恒君) 議場から、同僚議員から失笑が漏れましたけれども、そのような質問ではないかと思います。


 先ほど私は、小野寺藤雄議員に明快にお答えいたしました。


 皆さんが議員活動をやっていないなどということは一つも思っていませんし、発言もしておりません。


 誤解なさらないでください。


○議長(佐々木時雄君) 16番、那須茂一郎君。


○16番(那須茂一郎君) 全く答弁になっていないようですね。


 どうしたら、本当に、例えば市の財政をもって引き下げて活動しなければならないということであれば、それを留保して活動することだって十分、今の法律の上では可能なわけですね。


 それをしないで、市民の合意を得られないということで、例えば自分たちが提案したより上回っている金額を批判するというやり方は、私は妥当でないと思うんですね。


 それに対して、やっぱりきちんとお答えするべきではないですか、どうしてそのようになっているのか。


 私は、本当にその金額よりも多いのであれば、多いと思っているのであれば、例えば小野寺議員がおっしゃったように、供託も可能だと思うんですね。


 そして引き下げるまでやって、さかのぼって引き下げることだってできるわけですよ、そういうふうな時期まできちんと供託して、待ってやると、それが本当に内部の人間のやることではないでしょうか。


 ただ受け取っているだけであれば、市民の合意を得られていないという形で皆さんにお話しする、ただ上辺だけのことになってしまうのではないですか。


○議長(佐々木時雄君) 19番、大野恒君。


○19番(大野恒君) どこまでが意見でどこまでが質問だかわかりませんけれども、さかのぼって下げることはできないと思います。


 供託という制度は知っております。


 私は、そういう手法もあるでしょう、貴重な提案だと思います。


 さかのぼって引き下げることはできないということと、私どもは、先ほど説明したような手法で市民の皆さんに返しているということでございます。


○議長(佐々木時雄君) 22番、千葉大作君。


○22番(千葉大作君) 1点だけ質問します。


 共産党さん、大野さんが提出された修正案の大きな骨子は、附則第6項及び第7項を削るということに大きな眼目があるものと思います。


 そこで、あなたは、首長及び区長、特別職の退職金の金額に大きく作用するというふうな言及をされた。


 これに関しては、例えば浅井市長は、20年3月31日までというふうなことで附則あるんですが、現市長はもっと任期が長いわけですね。


 それで総務常任委員会においての質疑において、経済状況の動向を見て、そして、新たにまた報酬等審議会等を開いて改定するかどうかも決めるというふうな話し合いもなされたというふうな報告があったんですが、その辺とのあなたの考え方、それを少し述べていただきたい。


○議長(佐々木時雄君) 19番、大野恒君。


○19番(大野恒君) 市長の退職金の決まり方は、条例の本則で決まっていくと理解しております。


 総合事務組合といいますか、市町村が加盟している、確か今でも、浅井市長さんは理事かどうかわかりませんけれども、議員か、去年は議員でした。


 そこでいろいろ率などが決まっていくんですが、本則で決まっている額に一定の掛け率をかけて退職金が決まっていくんですよ。


 ですから、きのう報告をいただいた分科会審査、私もお聞きしましたけれども、一部は当たっているなと、一部は当たっていないなと、つまり本則を変えるか変えないかで、単純な問題ではなくて、退職金に大きくはね返っていくのだということがあるのだと、そうすると経済情勢が厳しいから下げましょうと言っても、本則がそのままであれば市長の退職金は本則のままで計算されていくということになります。


 これぐらいでよろしいでしょうか。


○議長(佐々木時雄君) 22番、千葉大作君。


○22番(千葉大作君) 大体意味するところはわかりました。


 しかし、私は、こういうふうに思うんですよ。


 首長及び三役に関しては、まだまだ任期が20年以降も続くと、そうすれば、やはり高潔な現市長においては、ご自分の勇退する時期に来たときはこういう本則というものをつけて、これを何年何月までとか何かではなくて、少し引き下げするような形での条例提案がなされるのではないかなというふうに思うんですよ。


 私は、自治区長さんが退職されるときに、惻隠の情を示すためにこういう時限立法をつけたのではないかというふうに思うんです。


 これは私の考えであり、あなたと差がありますけれども、私はこの提案される議案第21号、第22号、賛成するつもりで今あなたに申し上げる次第です。


 以上です。


 いやいや、これには、あなたのあれには反対ですよ、今回は。


○19番(大野恒君) 質問ではないんですか、答えなくていいんですか。


○22番(千葉大作君) どうぞ答えてください。


○議長(佐々木時雄君) 19番、大野恒君。


○19番(大野恒君) 答弁を求められておりますから、どうぞよろしく。


 市長の心情はわからないんですけれども、私と大作さんがこうやって議論していると、市長は大作さんが言うような方向に、あるいは働いていただけるのかなという期待もございますが、私は、去年の何月だったでしょうか、市長、退職金を下げるつもりございますかという質問をいたしました。


 下げる手法があるのにもかかわらず下げるという行動を取っていただけませんでした、残念でありました。


 自治区長の問題を今持ち出しておりますが。


○議長(佐々木時雄君) 答弁をひとつお願いいたします。


○19番(大野恒君) 簡潔にということですか。


○議長(佐々木時雄君) はい。


○19番(大野恒君) 簡潔にやっております。


 丁寧に答えなければという思いもございます。


 自治区長の皆さんの横滑りというあれに非常に厳しい批判があって、そして、給与もあんなに高くかというのにも批判があったわけです。


 ですから、このまま本則を変えなかったならば自治区長さんの退職金もそこにいっちゃうと、高いところにいっちゃうよということで、私は、それは市民感情に合わないのではないかと、そういう意味でお話ししているところでございます。


 以上でございます。


○議長(佐々木時雄君) 質疑を終わります。


 これより議案第21号と修正案に対する討論を一括して行います。


 原案に賛成で修正案に反対者の討論の通告はありません。


 次に、原案に反対で修正案に賛成者の討論の通告がありますので、発言を許します。


 31番、石山健君。


○31番(石山健君) 討論申し上げます。


 議案第21号、一関市特別職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例に対する修正案に対して、賛成の立場で討論をいたします。


 浅井市長は、ことし2月6日、特別職報酬等審議会の答申を受けました。


 しかし、その骨子は、答申額を変更し、附則に3項を加え、引き下げ時期は平成18年4月1日から平成20年3月31日までとし、以降は現行額にする、引き下げの時期は2年間に限定する内容であります。


 その理由は、報酬等の総額を抑制するべきであるとの委員の全体的意向を踏まえて、自治区長が存在する期間に限り引き下げるという限定した内容であります。


 特別職報酬は、旧一関市の報酬額が世論の多数であるととらえますが、2年後に自動的に引き上げ、また、自治区長の退職金を特別扱いすることは市民の納得を得られるものではございません。


 また、浅井市長はこれまで再三にわたりまして、答申は重く受けとめ尊重しなければならないと当市議会で答弁してきたことはご承知のとおりでございます。


 したがって、今回、特別職報酬等審議会の答申は、尊重されるべきことは当然の理ではないでしょうか。


 以上の立場から、一関市特別職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例に対する修正案に対しまして賛成の討論といたします。


○議長(佐々木時雄君) 討論を終わります。


 これより採決を行います。


 まず、大野恒議員ほか5人から提出された修正案について採決いたします。


 本修正案に賛成の諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立少数。


 よって、本修正案は否決されました。


 次に、原案について採決をいたします。


 本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、議案第21号は特別委員長の報告のとおり可決することに決定いたしました。


○議長(佐々木時雄君) 次に、議案第22号を審議いたします。


 修正案提出者の説明を求めます。


 30番、鈴木英一君。


○30番(鈴木英一君) ご提案を申し上げます。


 議案第22号、一関市地域自治区長の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてに対する修正動議を提出いたします。


 一関市議会議長、佐々木時雄殿。


 提出者議員、鈴木英一。


 同じく賛成者、石山健君、高田一郎君、菊地善孝君、藤野秋男君、大野恒君。


 上記の動議を、一関市議会会議規則第17条の規定により、別紙の修正案を添えて提出いたします。


 議案第22号、一関市地域自治区長の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例に対する修正案。


 議案第22号、一関市地域自治区長の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例を、次のとおり修正する。


 1、第3条中「月額61万円」を「月額56万4,000円」に改める。


 2、附則第2項を削る。


 この修正案は、附則第2項を削ることによって本則第3条で規定した、月額61万円を月額56万4,000円に改めることによって、この条例を本則に戻すという意味でございます。


 審議会の答申を尊重すると言った市長の意見にも反することになるので、修正をしたいのであります。


 皆様方のご理解とご賛同をお願いし、提案といたします。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 これより採決を行います。


 まず、鈴木英一議員ほか5人から提出された修正案について採決いたします。


 本修正案について賛成の諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立少数。


 よって、本修正案は否決されました。


 次に、原案について採決いたします。


 本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、議案第22号は、特別委員長の報告のとおり可決することに決定いたしました。


(伊藤力副議長退場)


○議長(佐々木時雄君) 次に、議案第13号から第16号、第18号から第20号、第23号から第152号まで、以上137件について一括審議いたします。


 討論の通告がありますので、これより討論を行います。


 反対者の発言を許します。


 6番、高田一郎君。


○6番(高田一郎君) 日本共産党市議団を代表して反対討論を行います。


 反対する議案は、議案第32号、34号、35号、36号、41号、49号、73号、74号、145号、152号、以上10件の議案であり、その反対する理由について総括的に述べたいと思います。


 まず最初に、議案第73号、一関市の一般会計予算並びに関連する議案であります。


 新年度の予算は18億6,000万円の財源不足が生じ、これを財政調整基金、市債管理基金、自治振興基金の借入金などで財源調整をしようとしています。


 これは三位一体改革による地方交付税の削減、過疎指定を選択したことに伴う事業展開による財政負担など、合併前には予想しなかっただけに、財源不足になることはやむを得ないことであります。


 しかし、そういう厳しい財政状況であるならば、事業を厳選し、身の丈にあった行財政運営が必要であり、それを予算編成の基本にしなければならないと思います。


 ところが、新年度予算は、駆け込み協議で作成された建設計画を基本的に実施するなど、身の丈を越える公共投資になっています。


 これが反対する第1の理由であります。


 新市の建設計画には、総事業費12億6,000万円の駅東前堀線、駅東工区や、あるいは千厩の酒のくら交流館など、いわゆる不急の事業、また、むだな事業や、工夫をすれば総事業費全体を抑制する事業などもたくさん含まれています。


 当初の財政計画を越える財源不足が生じており、厳選した予算執行が必要であります。


 あくまでも当初の計画を基本とすることになれば、今後の行財政運営に甚大な影響が出てくることは避けられないと思います。


 特に、今議会でも大きな議論になった千厩の酒のくら交流館は、疑問点が解明されたわけではなく、市議会としては慎重な対応が求められる事業であると思います。


 予算審査の中では、財産取得の事務に問題があっただけではなくて、今後の耐震対策や建物の維持修繕などに多額の税金投入が予想されることも明らかになりました。


 我が党は、今月20日に会派として現地調査をいたしましたが、年間6万6,000人の観光客を前提とした過大な経営計画でもあり、また、監査請求も出されている、こうした中での承認は、まさに議会としては自殺行為であると思います。


 支所や統合学校の合理的な活用など、現実的な投資やむだな投資を見直すなど、まちづくり計画全体を見直しをしなければ、丹波篠山市の二の舞になるということを指摘しなければなりません。


 第2の理由は、身の丈を越えるような事業を進めながら、市民には負担増を求めようとする予算になっているからであります。


 新年度予算には、幼稚園、児童クラブ、そしてへき地保育所の保育料値上げが提案をされています。


 へき地保育所については、農村の維持の発展と定住人口の確保、そして自然的に恵まれない地域での児童に対する福祉の増進という、いわば政策的なものであります。


 また、へき地保育所と幼稚園と児童クラブの保育料を同時に考えるなどは、保育政策への間違った考え方であるだけでなく、高い自治体に合わせて引き上げを行うというのは、まさに少子化対策に逆行するものであると思います。


 また、新年度は政府の税制改悪と相次ぐ社会保障制度改悪で、市民の暮らしは一層大変になります。


 税制改悪による市民の負担増は3億6,000万円、非課税措置の廃止などに伴い住民サービスの負担増も予定されていることも、予算審査の中で明らかになりました。


 我が党は今議会で、障害者自立支援法や介護保険制度改悪による負担増など、障害者と家族の生活実態を示してその対策を求めましたが、これにこたえることができないという残念な答弁でありました。


 格差社会をさらに拡大させるような事態を避けるためにも、住民の命と暮らしを守る市政の果たす役割はますます大事になっています。


 施設の経営が1,700万円の赤字になる、障害者が通所をためらう、こういう事態が目前に迫っており、福祉の現場は深刻です。


 関係者の意見をよく聞いて、市としても独自の軽減策を行うよう市長に再検討を求めたいと思います。


 第3の理由は、職員などには我慢を求めながら、三役や議員の報酬は引き上げという方向であるという点であります。


 新年度は、臨時的な任用職員などの雇いどめを行おうとしています。


 脱法行為を唯一の理由に雇用契約を一方的に解除する対応は、労働者の生活を脅かし、また、住民サービスの低下につながるものであります。


 しかも、正規職員には、旧自治体間での給与の格差を是正しないまま平均4.8%を引き下げし、三役、議員は一時的に引き下げるというのでは、市民や職員からも理解されるものではありません。


 今回の対応は、地域経済へ少なくない影響が出ることは避けられません。


 職員などに我慢をお願いする前に、2年後には自動的に引き上げるという附則こそ削除すべきではないでしょうか。


 なお、地域自治区の区長さんの公用車は、財政問題のみならず、職務内容からしても市民の理解を得られるものではありません。


 花巻市の対応を見習って売却を求めるものであります。


 第4の理由は、国が指導する農政改革に無批判で対応することは、地域農業を衰退に導かせるからであります。


 農業の多面的な機能も、多様な農業生産も、集落の維持も、生産への参加が条件であります。


 したがって、集落営農、あるいは農業法人、機械の共同利用、請負耕作など、地域の条件にあったさまざまな取り組みがさまざまな規模で行われてきました。


 しかし、こうした努力を励ましながら生産の努力を広げるというのではなくて、担い手の条件を示して農家を選別する政策が具体化されようとしております。


 市当局は、こうした品目横断など新たな農政改革に確信を持てないでいるにもかかわらず、農家に対して無批判にこれを進めようとするところに問題があり、新年度の予算を見ても、これにシフトするような予算措置となっています。


 規模拡大政策は、畜産における北上山系開発や国が指導して進めてきた大規模営農組合などの事例を見れば明らかであります。


 国や県などの政策を取捨選択し、成功している農家や生産団体に学び、意欲ある農家を支援していくことこそ、自治体の取るべき農業振興策ではないでしょうか。


 最後に、市長が掲げた教育立市についてであります。


 新年度予算には、未実施校の耐震診断調査や特別支援教育の予算が計上されています。


 私も、これまで強く議会で求めてきたことであり、大変歓迎するものであります。


 しかし、新年度は7市町村が合併したことにより、東磐井地域の教育事務所も廃止され、また、六つの教育委員会がなくなったことにより、教育行政が大きく後退させられてしまいます。


 これをカバーする体制を検討すべきでありますが、支所の教育文化課は自治区長の人事権で配置されることになり、教育委員会としての統一的な教育行政がとれない機構になってしまいます。


 こうした中で起きたのが、大東小学校の統合計画であります。


 今回の過疎自立計画の中には、学区民の合意もなく、ましてや教育委員会が全く関知していない中で計画をされていることが委員会審議の中で明らかになりました。


 驚くべき対応であると思います。


 学校給食センター化計画についても、コスト最優先で、教育的な配慮や地元住民の理解がなく進めることは教育立市にも反することであります。


 また、なお学校は子供たちが1日の大半を過ごす場所でもあり、避難場所になるところでありますので、耐震診断で改修必要と診断された学校は、最優先の課題として取り組むよう強く要望をいたします。


 次に、議案第32号、一関市の国民保護協会条例について申し上げます。


 本条例は、自衛隊幹部なども参加する国民保護協議会を設置するための条例であります。


 総括質疑でも明らかになったように、国民保護協議会で作成される国民保護計画は、侵略なども、着上陸、弾頭ミサイル攻撃など、想定もされない事態を想定して避難訓練計画を作成する内容であります。


 しかも、アメリカの周辺事態にも国民を動員するための対米軍事支援を可能とするもので、公共の福祉の名で地方自治体や公共機関と、その労働者を動員するものであります。


 この計画は、国が主導するのであることは、政府の指針や武力攻撃事態法を見れば明らかではないでしょうか。


 したがって、一関市民にとっては全く迷惑な条例であり、賛成することはできません。


 国の外交や安全保障を考えるのであれば、平和を探求する大戦略を外交の根底に据えることこそ必要であると思います。


 世界に誇れる憲法第9条を改悪し、靖国参拝を行おうとする政府の姿勢こそ問題であり、地方自治体はこれを中止させる声を上げていくことこそ必要であると思います。


 最後に、議案第74号、一関市の国民健康保険特別会計について申し上げます。


 本市の国保の滞納額は6億4,000万円を超え、滞納世帯は年々増えています。


 国保税は、リストラや失業がもたらす加入者の増大など、国保運営が抱える構造的な問題があることは言うまでもありませんが、担税力に見合った税の賦課や社会保障制度としての国保運営こそ求められていると思います。


 資格証明書の発行が315件と、花巻市6件、北上市77件、奥州市106件と対比しても、一関市の発行は県外でもずば抜けて多くなっています。


 国民健康保険証は、加入者にとって命綱であります。


 保険証の発行を、原則発行として滞納問題と切り離して対応すべきであって、取り上げはあくまでも悪質なものに限定すべきであります。


 また、生活実態に合った減免要綱の策定は緊急の課題でもあると思います。


 要綱の充実を求める我が党議員の質問に対して、天災、その他特別な事情の場合であり、緩和すれば他の納税者に不当になると述べていますが、失業と不況にあえぐ市民の現状は、特別の事情そのものではないでしょうか。


 担税力、税金の支払い能力は、健康で文化的な生活を営んだ上での余力であり、今日の国保税は明らかに文化的な生活を脅かしています。


 資格証明書の発行をやめて、減免要綱を実効あるものに見直すこと、滞納対策では収納率の向上に努めるなど、社会保障制度に即した対応を求めたいと思います。


 以上が反対する理由であります。


 議員各位のご賛同をお願い申し上げて、私の反対討論とさせていただきます。


 ご清聴ありがとうございました。


○議長(佐々木時雄君) 次に、賛成者の発言を許します。


 4番、佐々木賢治君。


○4番(佐々木賢治君) 一新会の佐々木であります。


 私は、第5回一関市議会定例会に提案された平成18年度一関市一般会計予算、そのほか特別会計予算、水道事業会計予算並びに関連議案について、賛成の立場から討論をいたします。


 平成18年度は、新生一関市にとり実質的なスタートの年度であり、まさに今後の発展の基礎を築く重要な年度であります。


 また、合併した当市にあっては、地域や地域住民の一日も早い一体感の醸成を図りながら、力強い一歩を踏み出し、前進をしていかなければなりません。


 そのような中にあって、平成18年度予算及び関連議案は、厳しい財政状況の中、新市建設計画に定めた将来像、人と人、地域と地域が結び合う、みんなでつくるみちのく理想郷の実現と、その課題解決に向け、社会基盤、生活環境の整備、教育文化、保健福祉の充実、産業の振興など、各分野にわたり、五つの基本方針に沿って新市発展の基盤づくり、そして合併による地域枠にも配慮がなされたもので評価するものであります。


 第5回定例会では、平成18年度における市長の施政方針演説、教育委員長の演説が行われました。


 それに対し、質疑、そして予算の審議が行われたところであります。


 その事業内容として、ふれあいと交流で広がりを感じるまち実現の施策として、国、県道整備との整合を図りながら、金沢線などの地域と地域を結ぶ広域ネットワーク網の整備や、地域の生活用道路、さらには、市街地の交通混雑解消や一ノ関駅東口へのアクセス向上を図る街路事業など、道路網の整備を行おうとするものであり、人と物の交流が一層促進されるものと期待するところであります。


 自然と共生し、地域のよさを感じるまち実現の施策として、21世紀の課題の一つであります環境について、市民、事業者、行政の共同による循環型社会の構築に向けた取り組みに対する支援や、きれいなまちづくりのために推進員の設置など、また、汚水処理対策として各地域での公共下水道事業や合併浄化槽の設置助成による推進、また、水道未普及地域の解消についても引き続き推進を図るとともに、上水道事業においても水源調査が進められ、飲料水の安定供給に努めるところであります。


 さらには、地域特性を生かしながら産業を振興し、将来にわたって持続的に発展する豊かなまちを目指す地域のにぎわいと、夢と希望を感じるまち実現の施策として、農業担い手育成や地域ぐるみ農業の推進、また、地域産業の支援機関である県南技術研究センターの組織強化の支援や、研究開発工業団地の早期分譲開始に向けた関連道路整備事業、企業立地を推進する企業誘致推進監の配置や企業誘致奨励条例の制定とあわせ、これらは雇用の場の拡大と若者の定住促進への効果が期待されるところであります。


 また、人と人とが支え合い、すこやかに安心して暮らすことができるまちを目指す安心ネットワークで、優しさを感じるまち実現の施策といたしまして、各種健診事業の充実、介護予防事業の推進、放課後児童クラブの開設、寝たきり高齢者家族介護手当の全域への拡大など、サービスの拡充が図られ、少子高齢化と市民生活に意を配したものと評価するものであります。


 次に、生涯学習の充実、文化の振興、スポーツレクリエーションの振興など、心豊かな人生と文化の香りを感じるまち実現の施策として、教育立市を掲げ、新生興田小学校の開設、弥栄・真滝統合中学校の建設を初め、安心して学べる環境整備として調査未実施の小中学校全校について、耐震診断とその結果、順次耐震補強の実施、そして、学習指導専門員、教育相談員が増員配置されるなど、教育環境の充実、あわせて安全安心な給食の供給、食育の充実に向けた給食センター整備にも着手するなど期待するところであります。


 本予算の特徴の一つとして、まちづくり推進には市民の自主的な参加と市民主体の地域づくり活動が不可欠であることからの地域おこし事業の創設は、地域活性化につながるもので、楽しみにしている事業の一つでもあります。


 また、新市のまちづくりの総合施策を定める総合計画を初め、各種計画と今後の市政運営の指針となる計画の予算が計上されておりますが、新生一関市の船出にふさわしい計画となり、一層の市民福祉の増進と地域発展の原動力となることを期待するものであります。


 私は、いつも、行政は時代の対応であると心しているところであります。


 今、一部の業種に景気回復の兆しが見えてきたとはいえ、国、地方とも、依然として厳しい財政環境の中にあり、地方自治体は社会経済情勢の変化に的確に対応するとともに、自己決定、自己責任のもと、その地域にふさわしい体力に合った施策の展開が、今特にも求められているところであります。


 当市の財政状況は、市全域の過疎地域指定に伴う中山間等直接支払制度や検診事業等の行政サービス水準の統一、受益者負担の軽減、さらに地方交付税等の減額により財政調整基金等の取崩額は、合併協議時の財政計画の10億円に対し16億6,000万円になるなど、ますます厳しさを増したものと認識しているところであります。


 今後の行財政運営に当たっては、効果的、効率的に、そして経費の節減、合理化などに努め、改革を推進し、財政の健全性の確保に一層意を配されるとともに、限られた財源の中で地域の特性を生かした施策の推進に努められ、新生一関市の発展を期されるよう望むものであります。


 また、新生一関市は誕生間もなく、一体感のある行政運営の確立の早期実現が望まれているところでありますが、地域間の相互理解と互助の精神はもちろんでありますが、本庁と支所、支所と支所間の人事交流こそが不可欠ではないでしょうか。


 実質スタートとなる18年度において、その体制が図られることを期待するものであります。


 平成18年度一関市一般会計予算並びに各特別会計及び関連議案は、新生一関市の基礎をつくり、限りない発展の第一歩を踏み出すものであると思います。


 本議会での予算審査の意を踏まえながら、市民の視点に立った行政サービスの展開と、市民が希望と誇りを持ち続けることのできるまちづくりを進められることを期待し、賛成討論といたします。


 議員各位の絶大なるご賛同をお願いを申し上げます。


○議長(佐々木時雄君) 以上で討論を終わります。


 採決は再開後に行います。


 休憩いたします。


 再開は午後1時10分といたします。


午後0時08分 休   憩


午後1時10分 再   開


○議長(佐々木時雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これより採決を行います。


 採決は、まず議案第143号を個別で、次に、議案第13号から第16号並びに第18号から第20号、第23号から第31号まで、以上16件を一括で、次に、議案第32号、第33号をそれぞれ個別で、次に、議案第34号から第36号まで、以上3件を一括で、次に、議案第37号から第40号まで、以上4件を一括で、次に、議案第41号を個別で、次に、議案第42号から第48号まで、以上7件を一括で、次に、議案第49号を個別で、次に、議案第50号から第72号まで、以上23件を一括で、次に、議案第73号から第74号をそれぞれ個別で、次に、議案第75号から第83号まで、以上9件を一括で、次に、議案第84号を個別で、次に、議案第85号から第88号まで、以上4件を一括で、次に、議案第89号から第142号並びに第144号、以上55件を一括で、次に、議案第145号を個別で、次に、議案第146号から第149号まで、以上4件を一括で、次に、議案第150号から第152号までをそれぞれ個別で、以上のように分割して採決いたします。


 まず、議案第143号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第143号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


(伊藤力副議長入場)


○議長(佐々木時雄君) 次に、議案第13号から第16号並びに第18号から第31号まで、以上16件に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、右16件は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


○議長(佐々木時雄君) 次に、議案第32号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、議案第32号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第33号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第33号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第34号から第36号まで、以上3件に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、右3件は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第37号から第40号まで、以上4件に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、右4件は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第41号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、議案第41号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第42号から第48号まで、以上7件に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、右7件は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第49号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、議案第49号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第50号から第72号まで、以上23件に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、右23件は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第73号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、議案第73号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第74号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、議案第74号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第75号から第83号まで、以上9件に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、右9件は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第84号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第84号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第85号から第88号まで、以上4件に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、右4件は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第89号から第142号並びに第144号、以上55件に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、右55件は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第145号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、議案第145号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第146号から第149号まで、以上4件に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、右4件は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第150号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第150号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第151号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第151号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


 次に、議案第152号、本案に対する特別委員長報告は、これを可決すべきものと決した旨の報告であります。


 右報告を可とする諸君の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立多数。


 よって、議案第152号は、特別委員長報告のとおり可決することに決定いたしました。


○議長(佐々木時雄君) 日程第144、議案第153号、社会福祉法人に対する補助金の交付手続に関する条例の制定についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 坂本助役。


○助役(坂本紀夫君) 議案第153号、社会福祉法人に対する補助金の交付手続に関する条例の制定について、提案理由を申し上げます。


 本案は、社会福祉法人に対する補助金の交付手続きに関し必要な事項を定めようとするものであります。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 議案第153号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第153号は、原案のとおり可決いたしました。


○議長(佐々木時雄君) 日程第145、議案第154号、一関市立学校条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 坂本助役。


○助役(坂本紀夫君) 議案第154号、一関市立学校条例の一部を改正する条例の制定について、提案理由を申し上げます。


 本案は、平成20年4月1日に市立弥栄・真滝両中学校を統合し、一関東中学校を設置するため所要の改正をしようとするものであります。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 議案第154号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第154号は、原案のとおり可決されました。


○議長(佐々木時雄君) 日程第146、議案第155号から日程第151、議案第160号まで、以上6件を一括議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 坂本助役。


○助役(坂本紀夫君) 議案第155号、平成17年度一関市一般会計補正予算(第6号)について、提案理由を申し上げます。


 本案は、企業立地促進奨励事業補助金、金流川沿岸地区の県営ほ場整備事業に伴う仮清算負担金、財政調整基金積立金の追加など、所要の補正をしようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正額は、1億1,856万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を381億4,609万1,000円といたしました。


 目的別補正額は第1表のとおりで、総務費8,215万9,000円、民生費2,449万1,000円、衛生費1,101万3,000円、農林水産業費1,517万6,000円、商工費5,447万3,000円を増額し、土木費2,968万8,000円、教育費3,906万円を減額いたしました。


 また、歳入につきましては、県支出金8,515万7,000円、財産収入2,412万1,000円、市債3,870万円を増額し、国庫支出金2,941万4,000円を減額いたしました。


 第2表、繰越明許費につきましては、高成線道路改良事業ほか7事業について繰越明許をしようとするものであります。


 第3表、地方債補正につきましては、起債許可額の確定などに伴い所要の補正をしようとするものであります。


 また、一時借入金の借り入れの最高額を20億円増額し、60億円といたしました。


 なお、総務部長から補足説明いたさせます。


 議案第156号、平成17年度一関市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、提案理由を申し上げます。


 本案は、保険基盤安定負担金の確定などに伴う事業勘定と医薬材料費などの不足に伴う直診勘定について、国、県等の負担金の変更や不足額の確保のため、所要の補正を行おうとするものであります。


 事業勘定の歳入歳出予算の補正額は、1億3,071万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を72億3,843万8,000円といたしました。


 目的別補正額は第1表のとおりで、保険給付費1億2,955万2,000円、介護納付金116万1,000円を増額いたしました。


 また、歳入につきましては、療養給付費等交付金1億899万1,000円、繰入金2,172万2,000円を増額いたしました。


 直診勘定の歳入歳出予算の補正額は、15万円を減額し、歳入歳出予算の総額を4億6,069万4,000円といたしました。


 目的別補正額は、第1表のとおりであります。


 議案第157号、平成17年度一関市老人保健特別会計補正予算(第1号)について、提案理由を申し上げます。


 本案は、療養諸費の増額に伴い、国、県等の負担額が変更となったため所要の補正をしようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正額は、1億6,964万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を83億3,065万2,000円といたしました。


 目的別補正額は、第1表のとおりで、療養諸費1億6,964万8,000円を増額いたしました。


 また、歳入につきましては、支払基金交付金1億366万1,000円、国庫支出金4,396万1,000円、県支出金1,101万3,000円、繰入金1,101万3,000円を増額いたしました。


 議案第158号、平成17年度一関市介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)について、提案理由を申し上げます。


 本案は、事業収入の減に伴い、介護サービス事業財政調整基金からの繰り入れなど、所要の補正をしようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正額は、25万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を3,708万7,000円といたしました。


 議案第159号、平成17年度一関市市営バス事業特別会計補正予算(第1号)について、提案理由を申し上げます。


 本案は、市営バスの更新による市債の繰上償還に伴う公債費の補正をしようとするものであります。


 歳入歳出予算の補正額は、251万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を1億5,074万5,000円といたしました。


 議案第160号、平成17年度一関市下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、提案理由を申し上げます。


 本案は、東山公共下水道の管渠移設事業について、年度内事業完了が困難となったことから、繰越明許をしようとするものであります。


 以上であります、よろしくお願いします。


○議長(佐々木時雄君) 齋藤総務部長。


○総務部長(齋藤猛雄君) 議案第155号、一般会計補正予算(第6号)について説明をいたします。


 補正予算は予算と説明書を1冊にとじておりますが、21ページをお開きいただきたいと思います。


 歳入の方から申し上げます。


 まず、国庫支出金の1目民生費国庫負担金で、保険基盤安定負担金にありましては、国保事業に対する保険者支援分として国から交付決定されたものであります。


 下の3目土木費国庫補助金にありましては、地方道路整備臨時交付金が交付決定に伴い減、道路整備交付金が増となったところであります。


 次に、22ページになります。


 県支出金の1目民生費県負担金にありましては、保険基盤安定負担金が増となっておりますけれども、これは国保税の軽減額の増等による増額になったものであります。


 3目の農林費県負担金で、創設非農用地仮清算負担金にありましては、花泉の金流川沿岸地区ほ場整備事業にかかわる創設換地仮清算金の確定に伴う歳入となったところであります。


 次に、県補助金の方の3目衛生費県補助金、それから、5目と8目も共通の歳入でありますけれども、まず、3目の方の7節下水道事業債償還基金補助金にありましては、浄化槽の整備事業に対する県からの、地方債の償還に充当するための補助制度の分が増となったところでありますし、その下の5目の方の農林費県補助金の方にありましては、農業集落排水整備事業に伴う同様の趣旨の補助金の増、それから、8目の土木費県補助金にありましては、下水道整備事業に対する同様の趣旨の補助金の増となったところであります。


 6目の商工費県補助金、1節岩手県企業立地促進奨励費補助金にありましては、市内企業に対する事業等の事業費の増に伴う増となったものであります。


 23ページになりますが、財産収入で1目不動産売払収入にありましては、砂鉄川河川工事に伴い市有地2,115平方メートルを県に売却したものであります。


 19款の市債にありましては、事業費や許可額の確定に伴いまして調整したものであります。


 25ページの歳出になります。


 まず、総務費の7目財産管理費にありましては二つの基金積立金がありますけれども、まず、財政調整基金積立金にありましては、今回の補正予算で生じました一般財源の余剰分を積み立てようとするものであります。


 次の、市債管理基金積立金にありましては、先ほど歳入で申し上げました、県からの下水道債償還基金補助金を市債管理基金に積み立てしようとするものであります。


 9目の地域振興費でありますが、廃止路線代替バス運行費補助金にありましては、東磐交通が運行する竹沢線等5系統14路線の損益補助であります。


 次の市営バス事業特別会計繰出金にありましては、公債費の繰上償還に対するものであります。


 民生費、1目社会福祉総務費にありましては、国民健康保険特別会計に対する繰出金でありますけれども、国保税の軽減相当分の保険基盤安定分であります。


 3目の老人福祉にありましては、介護サービス事業特別会計に対する繰出金でありますが、決算見込みによる事業収入の減分を繰り出ししようとするものであります。


 次は26ページになります。


 衛生費の3目老人保健事業費は、老人保健特別会計への繰り出しでありますが、これは医療給付費の増等に伴う繰り出しになっております。


 6款農林水産業費の7目農地費にありましては、県営ほ場整備事業換地仮清算負担金になっておりますけれども、歳入で申し上げましたように、花泉の金流川沿岸地区ほ場整備事業分で、土地改良区に対する負担金であります。


 次に、6款2項の林業費にありましては、説明欄に財源振替とありますけれども、これは地方債許可額の確定に伴う財源振替となっております。


 27ページ、商工費の工業振興費にありましては企業立地促進奨励事業補助金、これは投資額の2割の額を企業に補助するものでありますが、花泉のナガシマ製作所分であります。


 8款土木費にありましては、これも説明欄に財源振替となっておりますが、これは国庫補助金や地方債許可額の確定等に伴う財源振替を行ったものであります。


 以下にありましても財源振替が出てきますが、同様の趣旨でありますので、説明は省略させていただきます。


 28ページになりますが、真ん中の段の土木費、都市計画費、2目街路事業費にありましては、松川駅舘下線道路改良事業費、マイナスでありますけれども、これは県営十二木橋橋梁整備事業負担金の確定に伴う減額補正であります。


 それから教育費、小学校費の3目学校建設費にありましては新生興田小学校建設事業費で、これもマイナスでありますが、これは不用額が生じましたので、これを減額しようとするものであります。


 以下、29ページにありましても財源振替でありますので、補足説明は以上で終わらせていただきます。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


 20番、齋藤正則君。


○20番(齋藤正則君) 25ページの歳出の関係ですが、2款総務費の1項総務管理費、地域振興費の中で廃止路線代替バスの運行費の補助金がありますが、これ東磐交通ということの話がありました。


 この路線について、今回の県立病院の移転にかかわって病院経由というような、現在は磐井病院経由で回っているコースもあるんですが、この事業者について、県立病院の乗り入れ等に対する打ち合わせとか事前協議とかなされたのかどうかについてお伺いします。


○議長(佐々木時雄君) 松岡企画振興部長。


○企画振興部長(松岡宏君) それぞれ東磐交通、あるいは県交通と、4月1日からの県立病院乗り入れについては、たびたび協議を重ねてきているところであります。


 具体には、現時点で東磐交通の直接乗り入れというのはかなり難しいという状況にございます。


○議長(佐々木時雄君) 20番、齋藤正則君。


○20番(齋藤正則君) 現在もこの東磐交通に乗っている、利用している人はあまり多いとは言えないんですけれども、私も乗ることはありますけれども、磐井病院で降りる人たちが結構いるんですよね、現在利用している人の中に。


 もし、これが乗り入れをしなくなると、乗りかえというふうなことになると、ますます利用者が減って路線の維持も難しくなるのではないかなというふうに心配をしております。


 今後、ぜひ、直接の乗り入れ等についても事業者とも話し合いを十分に進めながら、今後の状況を見ながら適切な対応をしたいというふうに思いますが、どうお考えなのかお伺いしたいと思います。


○議長(佐々木時雄君) 松岡企画振興部長。


○企画振興部長(松岡宏君) 現時点でそれぞれ交通事業者の方の事情等もあるようでありますが、市としては事業者に対して、今後も引き続き乗り入れ等について要望をしてまいりたいというふうに思っております。


○議長(佐々木時雄君) 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 採決は1件ごとに行います。


 まず、議案第155号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第155号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第156号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第156号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第157号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第157号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第158号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第158号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第159号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第159号は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第160号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第160号は、原案のとおり可決されました。


○議長(佐々木時雄君) 日程第152、議案第161号、岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 坂本助役。


○助役(坂本紀夫君) 議案第161号、岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増減及び岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて、提案理由を申し上げます。


 本案は、東磐環境組合、東磐広域行政組合、一関地方衛生組合、両磐地区消防組合、一関地方広域連合等の脱退及び一関地区広域行政組合の加入等の協議に関し議決を求めるものであります。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 議案第161号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第161号は、原案のとおり可決されました。


○議長(佐々木時雄君) 日程第153、議案第162号、損害賠償の額を定めることに関し議決を求めることについてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 坂本助役。


○助役(坂本紀夫君) 議案第162号、損害賠償の額を定めることに関し議決を求めることについて、提案理由を申し上げます。


 本案は、本市職員が公務中に起こした物損事故に関し、損害を与えた相手方に対して賠償すべき額について議決を求めるものであります。


 なお、建設部長から補足説明いたさせます。


○議長(佐々木時雄君) 小野寺建設部長。


○建設部長(小野寺道雄君) 議案第162号、公用車による物損事故の損害賠償の額を定めることに関し議決を求めることについて、補足説明を申し上げます。


 事故の概要でありますが、平成18年2月6日、午後1時30分ごろ、千厩支所建設課の職員が、市内千厩町千厩字北ノ沢地内の市道構井田鳥羽線において、ショベルローダーで除雪作業中、路肩に雪を押し出した際に、ブレード排雪板を上げた状態で後退したため、路肩に沿って設置してあったいわい東農業協同組合所有の有線放送の架線ケーブルに接触し、ケーブルの一部を切断及び木製の施設柱4本を折るなどの損害を与えたものであります。


 損害賠償の額は74万5,490円で、内訳は、損害を与えたケーブル約170メートルの張りかえ及び施設柱4本の立てかえなどの復旧費用であります。


 なお、賠償額につきましては、市が契約しております財団法人全国自治協会から損害賠償共済金として全額支払われることになります。


 相手方は、一関市千厩町千厩字下駒場283番地1、いわい東農業協同組合代表理事組合長、鈴木昭男氏であります。


 以上であります。


 よろしくお願いいたします。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 議案第162号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第162号は、原案のとおり可決されました。


 議案配付のため暫時休憩いたします。


午後1時53分 休   憩


午後1時55分 再   開


○議長(佐々木時雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第154、議案第163号、人権擁護委員の推薦についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 浅井市長。


○市長(浅井東兵衛君) 議案第163号、人権擁護委員の推薦について、提案理由を申し上げます。


 本案は、一関地域の人権擁護委員3名の任期が満了となることに伴い、志水通氏を引き続き適任と認め、また、新たに千葉孝子氏、佐藤捷雄氏の2氏を適任と認め、法務大臣に推薦するに当たり議会の意見を求めるものであります。


 志水氏は、人権擁護委員を平成6年から4期務められております。


 また、千葉氏は、18年間にわたり民生委員、児童委員を務められました。


 また、佐藤氏は、千厩教育事務所長、桜町中学校長を経て、現在は一関教育事務所で教育相談員を務められております。


 ご同意賜りますようお願いいたします。


○議長(佐々木時雄君) お諮りいたします。


 本案は、人事案件でありますので、質疑及び委員会の審査、討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 議案第163号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、議案第163号に、同意することに決定いたしました。


○議長(佐々木時雄君) 日程第155、発議第2号、骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会の設置についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 12番、佐藤弘征君。


○12番(佐藤弘征君) 骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会の設置について、提案理由を申し上げます。


 骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会の設置及び付託事項につきましては、お手元に配付の発議案に記載のとおりであります。


 若干、現状説明を申し上げ提案理由といたします。


 骨寺村荘園遺跡は、世界遺産登録を目指す平泉の文化遺産に景観を重視した組み入れで、平泉中心史跡から範囲を拡大、奥州市前沢区の白鳥館遺跡、同衣川区の長者原廃寺遺跡、平泉町の達谷窟等の景観とともにコアゾーンとして位置づけられたことはご案内のとおりであります。


 平成17年3月には、骨寺村荘園遺跡エリア内の11カ所が国の史跡に指定されたこととあわせ、当市は今、同地域を重要文化的景観の地域として指定に向け取り組んでおられますことも、世界遺産登録に大きく前進するものと思います。


 今改めて、中尊寺に現存する陸奥の国骨寺村絵図の重要さを感じさせられます。


 平成18年度には、いよいよ文化庁に対し、世界遺産登録の申請を行う予定であります。


 当議会としても、平泉文化と深い影響を共有する骨寺村荘園遺跡の理解を深めつつ、世界遺産登録に向けた取り組みを、当局、岩手県、関係市町と一体となり推進していく必要があると思うのであります。


 議員各位の満場のご賛同をお願い申し上げまして提案理由といたします。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 発議第2号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、発議第2号は、原案のとおり可決されました。


 お諮りいたします。


 ただいま設置されました骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定によって、お手元に配付した名簿のとおり指名したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名いたしましたとおり、骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会委員に選任することに決定いたしました。


 ただいま骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会が設置され委員が決定いたしましたが、委員長、副委員長については、委員会条例第8条第2項の規定により委員の互選になっておりますので、休憩後に直ちに特別委員会を、正副議長応接室に招集いたします。


 その際、正副委員長互選の上、議長に報告願います。


 特別委員会開催のため暫時休憩いたします。


午後2時04分 休   憩


午後2時15分 再   開


○議長(佐々木時雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 先ほど設置されました骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会の正副委員長が互選された旨、委員長から報告がありました。


 この際、特別委員会の正副委員長をご紹介申し上げます。


 骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会委員長、尾形善美君。


○骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会委員長(尾形善美君) ただいま休憩中に特別委員会で、委員各位からご推挙をいただきまして委員長を仰せつかりました尾形でございます。


 当特別委員会は、骨寺村荘園遺跡の理解と世界遺産登録への推進、また、平泉世界文化遺産登録の推進という非常に大きな課題を付託されております。


 委員はもとより、ここにおられる議員各位のご指導、ご協力を得ながら、付託された案件をこなしてまいりたいと思います。


 今後ともよろしくお願い申し上げます。


 ありがとうございました。


○議長(佐々木時雄君) 同副委員長、佐藤弘征君。


○骨寺村荘園遺跡世界遺産登録推進対策特別委員会副委員長(佐藤弘征君) 先ほど、皆さん方のご同意をいただきまして設置されました当委員会の副委員長を、委員のご推挙により仰せつかることになりました。


 委員長とともにこの推進に努めてまいりたいと思います。


 議員各位のお力添え、よろしくお願い申し上げまして、あいさつにかえます。


○議長(佐々木時雄君) 以上で紹介を終わります。


○議長(佐々木時雄君) 日程第156、発議第1号、パートタイム労働者等の均等待遇実現を求める意見書についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 37番、佐山昭助君。


○37番(佐山昭助君) パートタイム労働者等の均等待遇実現を求める意見書でございますが、提出者、佐山昭助であります。


 賛成者は、海野正之ほか8名でございます。


 お目通しをいただきたいと思います。


 パートタイム労働者等の均等待遇実現を求める意見書について、一関市議会会議規則第14条の規定により、標記の意見書案を別紙のとおり提出します、ということであります。


 これにつきましては、先般、請願につきまして、議員各位のご賛同をいただきまして採択になっております。


 その内容と変わりありませんので、お目通しをいただきたいと思います。


 それでは、記、1、国会及び政府は、パート・臨時労働者への差別をなくし、正規労働者との均等待遇を実現するため、ILO175号条約(パート条約)の早期批准を行うこと。


 2、上記条約批准に伴い、パートタイム労働法を改正すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


 平成18年3月23日、一関市議会。


 内閣総理大臣殿と厚生労働大臣殿に提出をするものであります。


 以上でございます。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 発議第1号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、発議第1号は、原案のとおり可決されました。


○議長(佐々木時雄君) 日程第157、発議第3号、公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見書についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 36番、小山謂三君。


○36番(小山謂三君) 公共サービスの安易な民間開放は行わず、充実を求める意見書について、一関市議会会議規則第14条の規定により、標記の意見書案を別紙のとおり提出をするわけでございます。


 提出者、小山謂三、賛成議員は、大森忠雄ほか7名でございます、失礼をいたしました、8名でございます、訂正をいたします。


 内容につきましてはお目通しをいただきたいと、このように思うわけでございます。


 いずれ、記といたしまして、一つ、暮らしや安全にかかわる国や自治体の責任を全うするため、市場化テストを初めとする公共サービスの民間開放を安易に行わないこと。


 二つ、画一的な公務員の純減はやめ、公共サービスの改善や水準維持のため、必要な要員を確保すること。


 以上、地方自治法(昭和22年法律第67号)第99条の規定により意見書を提出します。


 平成18年3月23日、一関市議会。


 提出先、内閣総理大臣殿、総務大臣殿、財務大臣殿、行革担当大臣殿、以上でございます。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 発議第3号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、発議第3号は、原案のとおり可決されました。


○議長(佐々木時雄君) 日程第158、発議第4号、障害者への偏見と差別をなくす宣言決議についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 10番、神?浩之君。


○10番(神?浩之君) 発議第4号、障害者への偏見と差別をなくす宣言決議について、提案理由を申し上げます。


 配付の資料をご参照いただき補足説明をいたします。


 近年、障害者に対する理解は深まりつつあるものの、依然として偏見や誤解のために、日常生活のさまざまな場面において、まだまだ偏見や差別を受けている現状があります。


 九州で、障害者が旅館から宿泊を拒まれたことがありました。


 また、先月は、大手ホテルチェーンで障害者対応にかかわる建物増改築において、法令違反や記者会見の場での不適切な発言は、障害者の気持ちを深く傷つける出来事でした。


 障害者の長い間の悲願でありましたハートビル法がようやく実行されたのも束の間、障害者への理解とは口では叫ばれるものの、心から発せられたものにはなっていないと痛感をいたしました。


 当地方におきましても、就労、住居、教育、外出、医療、情報等、障害により退職、または就職ができない、障害のためアパートの退去を迫られる、また借りられない、普通学校に通わせたい、バリアフリー、知的障害者の受診が困難、視覚、それから聴覚障害には情報がなかなか伝わらないなどの相談が寄せられております。


 生活場面で困難を来しております。


 先日、障害者の方から聞いた話ですが、買い物で売り出しに行ったそうです。


 お店に行くのも大変だったのですが、混んでいる店内で周りの買い物客から、何でこんなときに買い物に来たのかしらとささやかれたそうでございます。


 私たちは安いものも買えないと話をしておりました。


 また、障害でも特に精神障害者、また知的障害者の中でも自閉症の方々への理解が薄く、地域で生活することを難しくしております。


 平成16年6月、障害者基本法が改正され、障害者への差別禁止条項が新たに盛り込まれたものの、この条項はあくまで基本理念として定められたものであり、障害者への差別による救済等の原理については明記されておらず、実効性には限界があると言わざるを得ません。


 また、今回、発議をするに当たりまして、旧市町村での決議について調べました。


 ともども提案していただくことも考えましたが、それぞれ英知と時間をかけてつくったものを短時間で調整し、拙速に出すべきではないとも考えました。


 しかし、障害者自立支援法は、一般質問でも多く取り上げられたとおり、4月からの実施であります。


 市においても早速、障害者基本計画を作成することとなっており、本決議と連動させた計画と期待をいたします。


 また、教育民生分科会の審査を聞いておりましても、障害者の就職について、養護学校から福祉訓練施設へ、さらに福祉工場へ、そして、一般企業への就職を図っていくとあったり、また、障害児教育特別支援教育についても、議員各位が熱心にご議論をいただいたことをかんがみ、新年度を前に今回提案をすることといたしました。


 以上、一関市議会会議規則第14条の規定により、決議を提出するものであります。


 議員各位のご賛同をよろしくお願いいたします。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


(「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 発議第4号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立満場。


 よって、発議第4号は、原案のとおり可決されました。


(小野寺藤雄議員退場)


○議長(佐々木時雄君) 日程第159、発議第5号、平成17年12月定例会一般質問における小野寺藤雄議員発言「工事の予定価格が市の職員から業者に漏れている」の取り消しと、関係者に対する謝罪を求める決議についてを議題といたします。


 議案の朗読を省略し、直ちに提案理由の説明を求めます。


 31番、石山健君。


○31番(石山健君) 発議第5号、平成17年12月定例会一般質問における小野寺藤雄議員発言「工事の予定価格が市の職員から業者に漏れている」の取り消しと、関係者に対する謝罪を求める決議でございます。


 提案者は私、石山健でございます。


 賛成者は各議員、記載のとおりございます。


 一関市議会会議規則第14条の規定により、標記の議案を別紙のとおり提出いたします。


 朗読をもって提案理由にかえさせていただきます。


 平成17年12月定例会一般質問における小野寺藤雄議員発言「工事の予定価格が市の職員から業者に漏れている」の取り消しと、関係者に対する謝罪を求める決議。


 本定例会初日の3月1日、本会議冒頭、標記発言に対する市当局による二度にわたる同議員からの聞き取り結果を、坂本助役が文章に基づいて報告しました。


 これは、1月30日と2月16日にわたることでございます。


 その要旨は、?業者名、役員の名前は言えない。


 ?業者が言っているのは予定価格ではなく設計額ではないかと思う。


 ?具体の工事のことはわからないし、情報提供者のことは明らかにできない。


 ?業者は、予定価格か設計額か整理をしていない、工事の積算をしていた担当者から聞いたと言っているので、設計額ではないのかというものであった。


 そもそも、入札予定価格を特定の業者に内報する行為は偽計に当たり、入札の公正を害するとして、刑法96条の3第1項で厳罰をもって禁止されている行為である。


 この行為が市の職員にあったと二度にわたって断言した先の一般質問は重大であり、当局による聞き取りに、予定価格ではなく設計価格であった旨を答弁して済ますことのできる内容ではありません。


 小野寺議員みずから予定価格の漏えいがなかったとするのであれば、議会人の責任として、その発言の取り消しと関係者に対する謝罪をすることは当然である。


 これを、正副議長を通じて求められても、いまだに履行しない同議員の姿勢は許されるものではございません。


 よって、一関市議会の意思として、工事の予定価格が市の職員から業者に漏れているとの発言の取り消しと、謝罪を求めるものであります。


 上記のとおり決議する。


 平成18年3月23日。


○議長(佐々木時雄君) これより質疑を行います。


 11番、海野正之君。


○11番(海野正之君) 提案者にお伺いしますが、この内容の中で後段の方に、小野寺議員みずから予定価格の漏えいがなかったとするのであればという文言がありますが、これについては坂本助役との面談の中で言われている、設計額ということなので予定価格の漏えいはなかったということなのであるのか、それとも仮定、なかったとするのであればということでありますから仮定であるのか、その点はどのように受け取ればよろしいのかお伺いをします。


○議長(佐々木時雄君) 31番、石山健君。


○31番(石山健君) お答えします。


 これは、つまり小野寺議員みずから、既に一般質問の際にこれは申し上げたとおりでございますので、したがって、これは受けとめるよりも、みずから予定価格ということで二度も発言しているわけでございますので、そういう点で食い違いがあると、こういうことでございます。


○議長(佐々木時雄君) 11番、海野正之君。


○11番(海野正之君) 文言の解釈についてお伺いをしているのでありまして、聞き取り調査の中で予定価格ということではなくて、設計額ではないかというようなやりとりがこの中で紹介されておりますが、予定価格ではなくて設計額ということだったのでこういうふうな対応をすべきとしたのであるか、それとも、そのこと自体がなかったとするとすればという仮定の問題なのであるのか、仮定のことをここで記載しているのか、その点についてお伺いをいたします。


○議長(佐々木時雄君) 31番、石山健君。


○31番(石山健君) 先ほど申し上げたとおり、ご本人が二度にわたって予定価格とはっきり断言しておりますので、したがって、助役の聞き取り調査の際の設計額ではないかという点については、これは私ども違うと、こういう判断であります。


○議長(佐々木時雄君) 質疑を終わります。


 お諮りいたします。


 本案は、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことにご異議ありませんか。


(「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(佐々木時雄君) 異議なしと認めます。


 よって、委員会の審査及び討論を省略し、直ちに採決を行うことに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 発議第5号、本案賛成者の起立を求めます。


(賛成者起立)


○議長(佐々木時雄君) 起立少数。


 よって、発議第5号は否決されました。


(小野寺藤雄議員入場)


○議長(佐々木時雄君) 以上で議事日程の全部を議了いたしました。


 第5回定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。


 今定例会は、3月1日開会以来本日までの23日間にわたり、条例、平成18年度一般会計、特別会計予算等の議案、議員発議などの諸案件について、終始真剣な審議によりすべて議決、決定をみるに至りました。


 これもひとえに議員各位のご協力と、浅井市長を初めとする任命権者の皆様、職員の皆様の誠意ある対応によるものと敬意を表するとともに、衷心より厚く感謝申し上げます。


 今定例会は、合併後の一関市政の根幹をなす平成18年度施策について総括的に審議し、また、事業の推進に当たりましてもその一翼を担うものでありますことは、ご案内のとおりであります。


 特にも、予算の審議に当たりましては、合併後の初めての年間予算であり、地域の均衡ある発展と一体感醸成のための活発な議論が行われたところでありますが、開陳されましたさまざまな意見などを考慮されまして、新たなまちづくりに向かってともに努力を重ねたいと念ずるものであります。


 さて、新一関市も新たな船出に当たりましては、前途多難が予想されるところでありましたが、大きな混乱もなく順調な出航であったととらえているところであります。


 しかしながら、新市には解決すべき諸課題も山積しておりますが、市民、市当局、市議会が一丸となって課題解決に努め、岩手県南、宮城県北の中核都市としての限りない発展と市民の幸せのため、さらに努力を積み重ねていかなければと思う次第であります。


 終わりに、今定例会の運営に当たりご協力賜りました議員各位、市長を初めとする任命権者の皆様、職員の皆様に、改めて衷心より厚く御礼申し上げまして、今定例会閉会に当たってのごあいさつといたします。


 まことにありがとうございました。


○議長(佐々木時雄君) 市長より発言の申し入れがありますので、これを許します。


 浅井市長。


○市長(浅井東兵衛君) 第5回市議会定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 本定例会は合併後初の予算議会であり、本会議はもとより、予算審査、特別委員会、同分科会を通じ、施政方針に対する質疑、あるいは予算及び関連議案等を慎重にご審議いただき、また、ご賛同賜りまして、まことにありがとうございます。


 衷心より厚く御礼を申し上げます。


 本定例会を通じて賜りましたご意見やご提言につきましては、新一関市の後方の力強い後押しと承り、市政運営に生かしてまいる所存であります。


 施政方針で申し上げましたとおり、平成18年度は新一関市の揺るぎない発展の礎を築く重要な年度であり、市民すべての皆さんに、合併して良かった、合併してとても住みよくなったなどと感じられるまちづくりに本格的に取り組んでまいることとなります。


 厳しさを増す財政環境のもと、健全財政に意を配しながら、生活基盤や社会基盤の整備を初め、市民の参画をいただきながらの各種指針づくりや市民主体の地域おこし事業の推進など、市民と協働のまちづくりにより、未来へ輝く一関の発展を目指して、職員ともども全力を傾注してまいる所存であります。


 議員各位の一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。


 ありがとうございました。


○議長(佐々木時雄君) 以上をもって第5回一関市議会定例会を閉会いたします。


 ご苦労様でございました。





閉会時刻 午後2時47分