議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 久慈市

平成 20年 第11回定例会(12月) 12月05日−01号




平成 20年 第11回定例会(12月) − 12月05日−01号







平成 20年 第11回定例会(12月)


第11回久慈市議会定例会会議録(第1日)



議事日程第1号
  平成20年12月5日(金曜日)午前10時00分開議
 第1 会期の決定
     議会運営委員長の報告
 第2 会議録署名議員の指名
 第3 議案第1号から議案第61号まで及び報告第1号
     提案理由の説明・総括質疑
     委員会付託(議案第1号から議案第6号まで及び議案第61号を除く)
 第4 議案第61号(質疑・採決)
 第5 請願4件
     請願の紹介
     委員会付託
────────────────────
会議に付した事件
 日程第1 会期の決定 
 日程第2 会議録署名議員の指名
 日程第3 議案第1号 平成20年度久慈市一般会計補正予算(第3号)
  議案第2号 平成20年度久慈市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
  議案第3号 平成20年度久慈市老人保健特別会計補正予算(第2号)
  議案第4号 平成20年度久慈市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
  議案第5号 平成20年度久慈市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
  議案第6号 平成20年度久慈市水道事業会計補正予算(第2号)
  議案第7号 国民健康保険条例の一部を改正する条例
  議案第8号 道路占用料徴収条例の一部を改正する条例
  議案第9号 法定外公共物管理条例の一部を改正する条例
  議案第10号 下水道条例の一部を改正する条例
  議案第11号 岩手県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて
  議案第12号 財産の取得に関し議決を求めることについて
  議案第13号 財産の取得に関し議決を求めることについて
  議案第14号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第15号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第16号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第17号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第18号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第19号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第20号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第21号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第22号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第23号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第24号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第25号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第26号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第27号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第28号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第29号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第30号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第31号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第32号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第33号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第34号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第35号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第36号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第37号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第38号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第39号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第40号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第41号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第42号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第43号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第44号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第45号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第46号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第47号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第48号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第49号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第50号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第51号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第52号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第53号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第54号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第55号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第56号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第57号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第58号 指定管理者の指定に関し議決を求めることについて
  議案第59号 野田村の公の施設を久慈市に設置することの協議に関し議決を求めることについて
  議案第60号 市道路線の認定に関し議決を求めることについて
  議案第61号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて
  報告第1号 道路の管理に関する事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告について
 日程第4 議案第61号 (質疑・採決)
 日程第5 請願受理第14号 岩手県立久慈病院の常勤医師確保と充実を求める請願
  請願受理第15号 介護保険制度の改善を求める請願
  請願受理第16号 所得税法56条の廃止を求める請願
  請願受理第17号 保険業法の制度と運用を見直し、自主的な共済の保険業法の適用除外を求める請願
────────────────────
出席議員(25名)
1番 梶 谷 武 由君 2番 上 山 昭 彦君
3番 泉 川 博 明君 4番 木ノ下 祐 治君
5番 澤 里 富 雄君 6番 藤 島 文 男君
7番 砂 川 利 男君 8番 畑 中 勇 吉君
9番 小 倉 建 一君 10番 山 口 健 一君
11番 中 平 浩 志君 12番 中 塚 佳 男君
13番 佐々木 栄 幸君 14番 桑 田 鉄 男君
15番 堀 崎 松 男君 16番 大久保 隆 實君
17番 小野寺 勝 也君 18番 城 内 仲 悦君
19番 下斗米 一 男君 21番 下 舘 祥 二君
22番 大 沢 俊 光君 23番 濱 欠 明 宏君
24番 八重櫻 友 夫君 25番 ?屋敷 英 則君
26番 宮 澤 憲 司君 
欠席議員(なし)
欠員(1名)
20番
────────────────────
事務局職員出席者
事務局長       根井  元    事務局次長       大橋  良
庶務グループ総括主査 外谷 隆司    議事グループ総括主査  長内  実
主事         大内田博樹
────────────────────
説明のための出席者
市長         山内 隆文君   副市長         菅原 和弘君
副市長        外舘 正敏君   総務企画部長      佐々木信蔵君
市民生活部長     野田口 茂君   健康福祉部長(兼)福祉事務所長
                                菅原 慶一君
農林水産部長     亀田 公明君   産業振興部長      下舘 満吉君
産業振興部付部長   猪久保健一君   建設部長(兼)水道事業所長
                                晴山  聰君
山形総合支所長    角  一志君   教育委員長       岩城 紀元君
教育長        末? 順一君   教育次長        中居 正剛君
選挙管理委員会委員長 鹿糠 孝三君   監査委員        木下 利男君
農業委員会会長    荒澤 光一君   総務企画部総務課長(併)選管事務局長
                                勝田 恒男君
総務企画部財政課長  宇部 辰喜君   教育委員会総務学事課長 鹿糠沢光夫君
監査委員事務局長   野田 勝久君   農業委員会事務局長   遠川 保雄君


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

午前10時00分   開会・開議



○議長(宮澤憲司君) ただいまから第11回久慈市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△諸般の報告



○議長(宮澤憲司君) 諸般の報告をいたします。

 市長から議案の提出があり、お手元に配付してあります。

 次に、請願4件を受理いたしましたので、お手元に配付してあります。

次に、市長から請願の処理経過及び結果の報告2件が提出され、お手元に配付してあります。

次に、監査委員から現金出納結果の報告3件が提出され、お手元に配付してあります。

次に、9月定例会以後の当職の出席した会議等、主な事項について、概要を配付してあります。

次に、議会運営委員会から委員会所管事項調査報告書が提出され、その写しを配付してあります。

次に、平成20年度岩手県市議会議員研修会に16人が出席をしたところであり、その概要を配付してあります。

次に、諸般の報告のため、市長から発言を求められておりますので、これを許します。菅原副市長。

〔副市長菅原和弘君登壇〕



◎副市長(菅原和弘君) 平成19年度久慈市健全化判断比率等の修正について申し上げます。

本件につきましては、去る9月市議会定例会に報告申し上げたところでありますが、その後、国から比率の算定に関わる指標が明確に示されたことを受けて、修正したものであります。

修正の内容でありますが、お手元に配付いたしております修正表のとおり、工業団地造成事業特別会計の資金不足比率を、77.6%から100.0%に修正したものであります。

また本件につきましては、監査委員に報告し、今回の修正を受けて再審査を行った結果、当該比率は適正に算定されているものと認められた旨の意見があったところであります。

つきましては、先に配付した監査委員の審査意見書についても、同様に修正後の比率でご確認くださいますようお願い申し上げます。

なおこの比率は修正前と同様に、国が示す経営健全化基準20.0%を上回っておりますので、資金不足額の解消に向けた取り組みを進めてまいりたいと考えております。

以上で、修正についての説明といたします。よろしくお願い申し上げます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1会期の決定



○議長(宮澤憲司君) これより本日の議事日程に入ります。

 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 会期日程案に関し、委員長の報告を求めます。大沢議会運営委員長。

〔議会運営委員長大沢俊光君登壇〕



◎議会運営委員長(大沢俊光君) 第11回久慈市議会定例会の運営につきまして、去る11月11日及び12月3日に議会運営委員会を開催し、協議いたしましたので、その結果をご報告申し上げます。

 今定例会で審議いたします案件は、市長付議事件61件及び請願4件の合わせて65件であります。

 また、一般質問については、4会派及び3人の計7名の議員から通告されております。

 これらのことから、お手元に配付しております日程案のとおり、本日と12月10日、11日及び17日に本会議を、12月12日に常任委員会を、12月8日、9日及び12月15日、16日を議案調査のため休会とし、今定例会の会期は本日から12月17日までの13日間とすべきものと決しました。

 なお平成20年9月9日付、公文書番号盛地家裁総第001968号、盛岡地方裁判所長通知により、公職選挙法第235条第1項の違反で当選無効が確定し、現在欠員となっている議席20番は、欠番となることで確認したところであります。各位のご協力をお願い申し上げ、ご報告といたします。



○議長(宮澤憲司君) お諮りいたします。本定例会の会期は、ただいまの委員長の報告のとおり、本日から12月17日までの13日間と決することにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) ご異議なしと認めます。よって会期は13日間と決定いたしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2会議録署名議員の指名



○議長(宮澤憲司君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員に畑中勇吉君、小倉建一君、山口健一君を指名いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3議案第1号から議案第61号まで及び報告第1号



○議長(宮澤憲司君) 日程第3、議案第1号から議案第61号まで及び報告第1号を一括議題といたします。

 提出者の説明を求めます。山内市長。

〔市長山内隆文君登壇〕



◎市長(山内隆文君) 提案をいたしました議案第61号「人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて」は、人事案件でありますので、私からご説明を申し上げ、議員各位のご理解とご賛同を賜りたく存じます。

本案は、現在、人権擁護委員としてご活躍いただいております馬場憲也氏の任期が平成21年3月31日をもって満了となりますことから、再び推薦しようとするものであります。

馬場氏の経歴につきましては、議案に付してあります経歴書のとおりでありますが、馬場氏は農業委員会委員や民生・児童委員などを務め、多年にわたり産業振興や福祉活動に携わっております。

また、平成18年からは人権擁護委員としてご活躍され、優れた識見と、その公正で明朗な人柄から地域の信頼を得ているところであり、人権擁護委員として適任であると考え、再び推薦しようとするものであります。

満場のご同意を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(宮澤憲司君) 菅原副市長。

〔副市長菅原和弘君登壇〕



◎副市長(菅原和弘君) 私からは、人事案件を除く議案60件及び報告1件についてご説明申し上げます。

まず、議案第1号「平成20年度久慈市一般会計補正予算(第3号)」について申し上げます。

今回の補正は、実績見込みによる給与費の調整、国県支出金等の内定による事業費の調整などに要する経費を計上したものであります。

1ページをごらん願います。第1条、歳入歳出予算の補正は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ18億1,512万2,000円を追加し、補正後の予算総額を211億9,942万9,000円にしょうとするものであります。款及び項の補正額は、2ページから4ページの第1表、歳入歳出予算補正のとおりであります。

次に、第2条、債務負担行為の補正でありますが、6ページ、7ページの第2表のとおり、市県民税等賦課経費ほか18件を追加しようとするものであります。

次に、第3条、地方債の補正でありますが、8ページ、9ページの第3表のとおり、情報処理教育振興事業ほか2件を追加するとともに、漁港整備事業ほか2件について、その限度額を変更しようとするものであります。

 次に、議案第2号「平成20年度久慈市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)」でありますが、今回の補正は1ページのとおり、事業勘定につきましては、既定の予算額に歳入歳出それぞれ1億5,903万8,000円を追加し、補正後の予算総額を44億5,321万6,000円にし、また直営診療施設勘定につきましては、既定の予算額に歳入歳出それぞれ110万8,000円を追加し、補正後の予算総額を3億1,298万1,000円にしようとするものであります。

事業勘定の補正の内容でありますが、実績見込みに基づき、歳入につきましては、3ページのとおり国庫支出金、繰越金等を増額、諸収入を減額し、歳出につきましては、4ページのとおり後期高齢者支援金等、共同事業拠出金等を増額、老人保健拠出金を減額しようとするものであります。

また、直営診療施設勘定の補正の内容でありますが、歳入につきましては、15ページのとおり診療収入を増額し、歳出につきましては、16ページのとおり医業費を増額、総務費を減額しようとするものであります。

 次に、議案第3号「平成20年度久慈市老人保健特別会計補正予算(第2号)」でありますが、今回の補正は、1ページのとおり、既定の予算額に歳入歳出それぞれ1万8,000円を追加し、補正後の予算総額を3億722万8,000円にしようとするものであります。

補正の内容でありますが、実績見込みに基づき、歳入につきましては、2ページのとおり支払基金交付金を増額し、歳出につきましては、3ページのとおり医療諸費を増額しようとするものであります。

 次に、議案第4号「平成20年度久慈市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)」でありますが、今回の補正は、1ページのとおり、既定の予算額に歳入歳出それぞれ607万9,000円追加し、補正後の予算総額を3億8,976万1,000円にしようとするものであります。

補正の内容でありますが、歳入につきましては、2ページのとおり県支出金、繰入金、市債を増額し、歳出につきましては、3ページのとおり漁業集落排水事業費を増額しようとするものであります。

次に、第2条地方債の補正でありますが、4ページ、5ページの第2表のとおり、限度額を変更しようとするものであります。

 次に、議案第5号「平成20年度久慈市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」でありますが、今回の補正は、1ページのとおり、既定の予算額から歳入歳出それぞれ44万7,000円を減額し、補正後の予算総額を16億573万3,000円にしようとするものであります。

補正の内容でありますが、歳入につきましては、2ページのとおり、分担金及び負担金、国庫支出金を増額、諸収入及び市債を減額し、歳出につきましては、3ページのとおり、下水道管理費を増額、下水道事業費及び公債費を減額しようとするものであります。

次に、第2条、債務負担行為の補正でありますが、

4ページの第2表のとおり、公共下水道管渠敷設事業を追加しようとするものであります。

次に、第3条、地方債の補正でありますが、6ページの第3表のとおり、限度額を変更しようとするものであります。

次に、議案第6号「平成20年度久慈市水道事業会計補正予算(第2号)」でありますが、1ページをお開き願います。

第2条、収益的収入及び支出の補正でありますが、

収入の上水道事業収益を74万9,000円、簡易水道事業収益を13万5,000円減額しようとするものであります。また、支出の上水道事業費を36万3,000円減額し、簡易水道事業費を42万6,000円、営農飲雑用水給水受託事業費を121万9,000円増額しようとするものであります。

次に、第3条、資本的収入及び支出の補正でありますが、2ページをお開き願います。

収入を136万8,000円増額しようとするものであります。また、支出を263万円増額しようとするものであります。

次に、第4条、企業債の補正でありますが、表のとおり、その限度額を変更しようとするものであります。

次に、第5条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費の補正でありますが、職員給与費の金額を748万2,000円減額しようとするものであります。

次に、第6条、他会計からの補助金の補正でありますが、1億2,293万4,000円を1億2,331万8,000円に改めようとするものであります。

次に、議案第7号「国民健康保険条例の一部を改正する条例」でありますが、この条例は、健康保険法施行令等の一部改正にあわせ、出産育児一時金の額を引き上げようとするものであります。

 次に、議案第8号「道路占用料徴収条例の一部を改正する条例」でありますが、この条例は、国の例に準じて市道の占用料の額を改定しようとするものであります。

 次に、議案第9号「法定外公共物管理条例の一部を改正する条例」でありますが、この条例は、道路の使用料の額を改定しようとするものであります。

 次に、議案第10号「下水道条例の一部を改正する条例」でありますが、この条例は、水路以外の施設の占用料の額を改定しようとするものであります。

 次に、議案第11号「岩手県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて」でありますが、本案は、広域連合関係市町村から各1人の議員を選出するため、議員定数及び選挙の方法を変更することの協議に関し、議会の議決を求めようとするものであります。

 次に、議案第12号「財産の取得に関し議決を求めることについて」でありますが、本案はコセキ株式会社盛岡営業所から、久慈市国民健康保険山形診療所の診療及び健診の用に供する備品を4,714万5,000円で買い入れしようとするものであります。

 次に、議案第13号「財産の取得に関し議決を求めることについて」でありますが、本案は、日本ケーブル株式会社東北支店から、平庭高原スキー場のゲレンデ整備の用に供する備品を3,252万9,000円で買い入れしようとするものであります。

 次に、議案第14号から議案第58号までの合計45件に係る「指定管理者の指定に関し議決を求めることについて」申し上げます。

これらの議案は、平成21年3月31日をもって指定管理者の指定の期間が満了となる公の施設について、引き続き管理を行わせるため、指定管理者の指定をしようとするものであります。

指定管理者制度の概要等につきましては、去る11月26日の議員全員協議会において申し上げましたとおり、新たな指定管理者の公募等を行い、指定管理者選定審査会の審査を経て、今回提案するものであります。

以下、お手元に配付いたしております、議案第14号から議案第58号までの参考資料「指定管理者の指定に関する議案一覧表」により、まとめてご説明申し上げますのでごらん願います。

この資料は、各議案において指定をしようとする団体の名称等を一覧表にしたものであります。

まず、一番上の議案第14号でありますが、福祉の村屋内温水プールには、社会福祉法人久慈市社会福祉協議会を指定しようとするものであります。

次の、議案第15号、屋内温水プールを除く福祉の村には、社会福祉法人久慈市社会福祉協議会を指定しようとするものであります。

次の、議案第16号、大川目地区デイサービスセンターほか3施設には、社会福祉法人久慈市社会福祉事業団を指定しようとするものであります。

以下、議案第17号から議案第58号までにつきましても、それぞれの公の施設について、記載のとおりの団体を指定しようとするものであります。

なお、指定の期間はいずれも平成21年4月1日から、平成26年3月31日までの5年間となっております。

以上で、指定管理者の指定に関する議案の一括説明といたします。

 次に、議案第59号「野田村の公の施設を久慈市に設置することの協議に関し議決を求めることについて」でありますが、本案は野田村が林道中沢広内線を、野田村中沢地区から広内地区に新たに設置するに当たり、隣接する久喜地区を一体的に整備することに関し協議があったので、異議のない旨を回答することについて、地方自治法第244条の3第3項の規定により議会の議決を求めようとするものであります。

 次に、議案第60号「市道路線の認定に関し議決を求めることについて」ご説明申し上げます。

ご提案申し上げております野場線は、県営中山間地域総合整備事業により集落道として整備された路線であり、住民の利用度が高く、公共性が高いと認められることから、市道に認定しようとするものであります。

 次に、報告第1号「道路の管理に関する事故に係る損害賠償事件に関する専決処分の報告について」でありますが、本件は、本年6月29日、市内山形町霜畑地内の市道川井関線を走行中の車両が、損傷していた橋梁用伸縮継ぎ手に接触し、当該車両が損傷したもので、この事故に係る損害賠償の額の決定及びこれに伴う和解について、地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分をしたので、同条第2項の規定により報告するものであります。

なお、道路の管理につきましては、今後さらにパトロールを強化し、施設の安全確保のため適切な対応に努めてまいりたいと考えております。

以上で、提案理由及び報告の説明といたします。

よろしくご審議、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(宮澤憲司君) これより提出議案に対する総括質疑に入ります。質疑を許します。18番城内仲悦君。



◆18番(城内仲悦君) 報告第1号についてお聞かせ願いたいのですが、毎議会報告という形で交通事故とかあります。今回は道路の橋が壊れたことの損傷なのですが、私が見ているところ道路維持係が舗装の穴の補修とか迅速に対応しているようです。そういったことについては私も普段見て評価するのであります。合併によって管理する範囲が広大になってきているわけです。そういった中で市職員の維持管理、例えば今言った道路維持係だけでは対応し切れない部分も私あるような気がするのです。そういった意味では区長さんとか、いろんな形で情報を速やかに提供できるような形、そういった対応をしていかないと、こういった事故が起きてからでないと対応できない状況があるような気がします。そういった意味では、もっと住民とのかかわり、それから地域に住んでいる方々から情報を提供してもらうという形の取り組みが必要ではないのかというふうに思うわけです。そういった点で今回は橋梁の継ぎ手の破損のようですが、そういった点については考え方、やはり維持管理の職員の数も少ないわけですから、そういった中でもさっき言ったように補修等には迅速に当たっている中で、こういったことも起きているわけですので、そういった点での今後の取り組み方について、お聞かせ願いたいと思います。

 以上です。



○議長(宮澤憲司君) 晴山建設部長。



◎建設部長(晴山聰君) ただいまのご質問でありますが、市道等の維持管理につきましては、除雪も含めてではありますけれども、区長あるいは市の職員も含めていろいろ情報をいただいているところであります。

 市の職員につきましては各地域から通勤しておるわけですが、いろいろ道路の事情等も熟知しているということで、そういった職員等からも道路の状況等つぶさに情報を聞きながらその対応には努めているところであります。

 今後におきましても住民等初め、区長さん等の情報も含めて、維持管理に努めてまいりたいというふうに思っております。

 以上であります。



○議長(宮澤憲司君) 18番城内仲悦君。



◆18番(城内仲悦君) そういった意味では職員の皆さんが各地に住んでいますし、やってきているということです。

それと議会との連携といいますか、議員との連携といいますか、議員も各地にいるわけです。そういった意味では、私たちも毎日市道を使って車を使って移動したり、生活相談とかさまざましているわけです。そういった意味では市職員は、自宅から市役所に来て働いている通勤過程という活動が多いのですけれど、我々議員というのは地域と密接な関係をもっています。そういった意味では議員の力とも連携をとっていくというような方法も必要ではないかと思いますので、これも含めて検討してほしいなと思いますのでお聞かせください。



○議長(宮澤憲司君) 晴山建設部長。



◎建設部長(晴山聰君) ただいまのお話、ごもっともでございます。これまでも議員さん方からの情報も踏まえていろいろ処置をしてやってきております。今後は市民協働の道路維持補修、これらもそうであるわけですが、こういったこと等についても議員の方々のご協力もいただいて努めてまいりたいというふうに考えております。

 以上であります。



○議長(宮澤憲司君) 質疑を打ち切ります。

 次に、議案の委員会付託についてお諮りいたします。

 議案第7号から議案第60号までの54件は、お手元に配付の議案付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。

 次に、付託省略議案についてお諮りいたします。

 議案第1号から議案第6号まで及び議案61号の以上7件は委員会の付託を省略し議案第1号から議案第6号までの補正予算は、12月17日の本会議で審議し、議案第61号の人権擁護委員候補者の推薦に係る人事案件は、本日審議することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) ご異議なしと認めます。よってそのように決定いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4議案第61号



○議長(宮澤憲司君) 日程第4、議案第61号「人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて」を議題といたします。

 質疑を許します。

〔なしと呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) 質疑を打ち切ります。

 それでは採決いたします。

 議案第61号「人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて」は、異議がない意見とすることにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) ご異議なしと認めます。よって、議案第61号は異議がない意見とすることに決定いたしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5請願4件



○議長(宮澤憲司君) 日程第5、請願受理第14号から請願受理第17号までの4件を一括議題といたします。請願について紹介議員の説明を求めます。17番小野寺勝也君。

〔17番小野寺勝也君登壇〕



◆17番(小野寺勝也君) 請願受理第14号から第17号までの4件について、順次ご紹介を申し上げ、議員各位のご理解とご賛同をよろしくお願いいたします。

 請願受理第14号「岩手県立久慈病院の常勤医師確保と充実を求める請願」ですが、ご承知のように県立久慈病院は広域基幹病院として、かつ県北地域唯一の救命救急センターとして地域医療に貢献しております。

 しかし、麻酔科、耳鼻科の常勤医師の不在、産婦人科、呼吸器科の医師の減少などにより、救命救急センターの維持が難しくなってきているとも聞きます。ついては、医師確保などの充実を図ってほしいという趣旨であろうと思います。

 請願受理第15号「介護保険制度の改善を求める請願」についてご紹介します。

 介護保険制度の見直しが来年4月に予定されています。現在の介護保険制度は、重い負担、不透明な認定制度、サービスの制限など利用者に生活困難をもたらしています。

 さらに4.7%介護報酬が引き下げられたことにより、施設の経営難、現場労働者の人手不足、離職など深刻な事態となっています。このため、介護報酬の引き上げ、利用者負担の軽減、国の財政負担増を求めるというのが請願の趣旨であろうと思います。

 次に、請願受理第16号「所得税法56条の廃止を求める請願」についてご紹介します。

 中小業者は、地域経済の担い手として日本経済に貢献しています。その中小業者を支えている家族従業員の働き分は税法上、所得税法第56条「配偶者とその家族が事業に従事にしたとき、対価の支払は必要経費に算入しない」と定められ、必要経費として認められていません。

 事業主の所得から控除される、いわゆる働き分は配偶者で86万円、家族の場合で50万円だけに過ぎず、社会的にも経済的にも自立できず、後継者不足の要因ともなっております。よって所得税法第56条を廃止してほしいというのが請願の趣旨であろうと思います。

 最後に、請願受理第17号「保険業法の制度と運用を見直し、自主的な共済の保険業法の適用除外を求める請願」についてご紹介します。

2006年に施行された改正保険業法の趣旨は、不特定多数の消費者に保険類似商品の販売や勧誘を行って被害を与えた、いわゆるニセ共済の規制でありました。

しかし新保険業法のもとでは、自主的に共済を運営する団体が、保険会社または小額短期保険業者のいずれかを選択しなければならないとされ、その結果多くの団体が共済制度を廃止せざるを得ない事態を招いております。

構成員相互の互助組織である自主共済まで規制・廃止するのは、法改正の趣旨・目的に反するものであります。よって自主的な共済制度は、保険業法の適用から除外してほしいというのが請願の趣旨であろうと思います。

以上、4件についてご紹介いたしました。議員各位のご理解とご賛同を重ねてお願いし、ご紹介といたします。どうぞよろしくお願いをいたします。



○議長(宮澤憲司君) ただいま議題となっております請願は、お手元に配付してあります請願文書表のとおり教育民生常任委員会に付託いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△散会



○議長(宮澤憲司君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日はこれで散会いたします。

午前10時37分  散会