議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 久慈市

平成 20年 第9回定例会( 6月) 06月13日−01号




平成 20年 第9回定例会( 6月) − 06月13日−01号







平成 20年 第9回定例会( 6月)


第9回久慈市議会定例会会議録(第1日)



議事日程第1号
平成20年6月13日(金曜日)午前10時00分開議
第1 会期の決定
    議会運営委員長の報告
第2 会議録署名議員の指名
第3 議長の辞職の件
日程追加 常任委員の選任
日程追加 議長の選挙
第4 岩手県後期高齢者医療広域連合議員の選挙
第5 議案第1号及び議案第2号並びに報告第1号及び報告第2号
    提案理由の説明・総括質疑
    委員会付託(議案第1号を除く)
第6 請願3件
    請願の紹介
    委員会付託
日程追加 議長の建設常任委員辞任の件
────────────────────
会議に付した事件
 日程第1 会期の決定
      議会運営委員長の報告
 日程第2 会議録署名議員の指名
 日程第3 議長の辞職の件
 日程追加 常任委員の選任
 日程追加 議長の選挙
 日程第4 岩手県後期高齢者医療広域連合議員の選挙
 日程第5 議案第1号 平成20年度久慈市一般会計補正予算(第1号)
  議案第2号 消防団の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例
  報告第1号 平成19年度久慈市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書
 日程第6 請願受理第6号 タクシー事業の規制緩和の見直しを求める請願
  請願受理第7号 「国による公的森林整備の推進と国有林野事業の健全化を求める意見書」の提案書
請願受理第8号 介護職員の待遇改善について請願
日程追加 議長の建設常任委員辞任の件
────────────────────
出席議員(25名)
1番 梶 谷 武 由君 2番 上 山 昭 彦君
3番 泉 川 博 明君 4番 木ノ下 祐 治君
5番 澤 里 富 雄君 6番 藤 島 文 男君
7番 砂 川 利 男君 8番 畑 中 勇 吉君
9番 小 倉 建 一君 10番 山 口 健 一君
11番 中 平 浩 志君 12番 中 塚 佳 男君
13番 佐々木 栄 幸君 14番 桑 田 鉄 男君
15番 堀 崎 松 男君 16番 大久保 隆 實君
17番 小野寺 勝 也君 18番 城 内 仲 悦君
20番 清 水 崇 文君 21番 下 舘 祥 二君
22番 大 沢 俊 光君 23番 濱 欠 明 宏君
24番 八重櫻 友 夫君 25番 ?屋敷 英 則君
26番 宮 澤 憲 司君
欠席議員(1名)
19番 下斗米 一 男君
────────────────────
事務局職員出席者
事務局長       根井 元     事務局次長       大橋  良
庶務グループ総括主査 外谷隆司     議事グループ総括主査  長内  実
主事         大内田博樹
────────────────────
説明のための出席者
市長         山内 隆文君   副市長         菅原 和弘君
副市長        外舘 正敏君   総務企画部長      佐々木信蔵君
市民生活部長     野田口 茂君   健康福祉部長(兼)福祉事務所長
                                菅原 慶一君
農林水産部長     亀田 公明君   産業振興部長      下舘 満吉君
産業振興部付部長   猪久保健一君   建設部長(兼)水道事業所長
                                晴山  聰君
山形総合支所長    角  一志君   教育委員長       岩城 紀元君
教育長        末? 順一君   教育次長        中居 正剛君
選挙管理委員会委員長 鹿糠 孝三君   監査委員        木下 利男君
農業委員会会長    荒澤 光一君   総務企画部総務課長(併)選管事務局長
                                勝田 恒男君
総務企画部財政課長  宇部 辰喜君   教育委員会総務学事課長 鹿糠沢光夫君
監査委員会事務局長  野田 勝久君   農業委員会事務局長   遠川 保雄君


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

午前10時00分   開会・開議



○副議長(濱欠明宏君) ただいまから、第9回久慈市議会定例会を開会いたします。

直ちに、本日の会議を開きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△諸般の報告



○副議長(濱欠明宏君) 諸般の報告をいたします。

 市長から議案の提出があり、お手元に配付しております。

 次に、請願3件を受理いたしましたので、お手元に配付しております。

 次に、監査委員から現金出納検査結果の報告3件が提出され、お手元に配付しております。

 次に、市長から法人の経営状況を説明する書類が提出され、お手元に配付しております。

 次に、議長の辞職願が提出され受理いたしましたのでご報告いたします。

 次に、本年3月定例会以後の議長の出席した会議等、主な事項について概要を配付しております。

 次に、クールビズの一環として6月から9月までの市議会会期中の会議は、軽装で行うことを申し合わせましたのでご報告いたします。

 これより、本日の議事日程に入ります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1会期の決定



○副議長(濱欠明宏君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。

会期日程案に関し、委員長の報告を求めます。大沢議会運営委員長。

〔議会運営委員長大沢俊光君登壇〕



◎議会運営委員長(大沢俊光君) 第9回久慈市議会定例会の運営につきまして、去る6月11日に議会運営委員会を開催し、協議いたしましたのでその結果をご報告申し上げます。

 今定例会で審議いたします案件は、市長付議事件2件及び請願3件、合わせて5件であります。

また、一般質問については、4会派及び3人の計7人の議員から通告されております。

これらのことから、お手元に配付しております日程案のとおり、本日と6月18日、19日及び24日に本会議を、6月20日に委員会をそれぞれ開き、6月16日、17日及び23日を議案調査のため休会とし、今定例会の会期は本日から6月24日までの12日間とすべきものと決しました。

各位のご協力をお願い申し上げ、ご報告といたします。



○副議長(濱欠明宏君) お諮りいたします。本定例会の会期は、ただいまの委員長報告のとおり、本日から6月24日までの12日間と決することにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(濱欠明宏君) ご異議なしと認めます。よって会期は12日間と決定いたしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2会議録署名議員の指名



○副議長(濱欠明宏君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員に、上山昭彦君、泉川博明君、藤島文男君を指名いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3議長の辞職の件



○副議長(濱欠明宏君) 日程第3、議長の辞職の件を議題といたします。辞職願を朗読させます。根井

事務局長。



◎事務局長(根井元君) 朗読いたします。

 私事今般、一身上の都合により久慈市議会議長を辞任いたしたくお届けいたします。平成20年5月30日。岩手県久慈市巽町1-52、下斗米一男。久慈市議会副議長、濱欠明宏殿。

 以上のとおりであります。



○副議長(濱欠明宏君) お諮りいたします。下斗米一男君の議長の辞職を、許可することにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(濱欠明宏君) ご異議なしと認めます。よって、下斗米一男君の議長の辞職を、許可することに決定いたしました。

 議事の都合により、暫時休憩いたします。再開は10時20分といたします。

午前10時06分  休憩

────────────────────

午前10時20分  再開



○副議長(濱欠明宏君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 お諮りいたします。常任委員の選任及び議長の選挙を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(濱欠明宏君) ご異議なしと認めます。よって、常任委員の選任及び議長の選挙を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程追加 常任委員の選任



○副議長(濱欠明宏君) 常任委員の選任を行います。委員会条例第7条第1項の規定により、下斗米一男君を教育民生常任委員に指名いたします。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(濱欠明宏君) ご異議なしと認めます。よって、下斗米一男君は教育民生常任委員に選任されました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程追加 議長の選挙



○副議長(濱欠明宏君) 議長の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

    〔議場閉鎖〕



○副議長(濱欠明宏君) ただいまの出席議員は25人です。投票用紙を配付します。

〔投票用紙配付〕



○副議長(濱欠明宏君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(濱欠明宏君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

〔投票箱点検〕



○副議長(濱欠明宏君) 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。点呼に応じ、記載所において投票用紙に被選挙人の指名を記載の上、順次投票願います。点呼を命じます。

〔議会事務局長 議席順に議員氏名点呼〕

    〔投 票〕 



◎議会事務局長(根井元君) それでは指名をお呼びいたします。梶谷武由議員、上山昭彦議員、泉川博明議員、木ノ下祐治議員、澤里富雄議員、藤島文男議員、砂川利男議員、畑中勇吉議員、小倉建一議員、山口健一議員、中平浩志議員、中塚佳男議員、佐々木栄幸議員、桑田鉄男議員、堀崎松男議員、大久保隆實議員、小野寺勝也議員、城内仲悦議員、清水崇文議員、下舘祥二議員、大沢俊光議員、八重櫻友夫議員、?屋敷英則議員、宮澤憲司議員、最後に濱欠明宏副議長。



○副議長(濱欠明宏君) 投票漏れはありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(濱欠明宏君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。議場の閉鎖を解きます。

〔議場開鎖〕



○副議長(濱欠明宏君) 開票を行います。

 会議規則第31条第1項及び同条第2項の規定により、立会人に澤里富雄君、藤島文男君、畑中勇吉君の3人を指名いたします。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(濱欠明宏君) ご異議なしと認めます。ただいま指名した3人の立ち会いを願います。

〔開 票〕



○副議長(濱欠明宏君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数25票、これは出席議員数に符合しております。そのうち有効投票21票、無効投票4票。有効投票数中、宮澤憲司君21票。以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は6票です。よって宮澤憲司君が議長に当選されました。ただいま議長に当選されました宮澤憲司君が議場におりますので、この席から会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。

 宮澤憲司君。

〔議長宮澤憲司君登壇〕



◎議長(宮澤憲司君) ただいまは貴重な時間を割愛をさせていただきまして、発言の機会をちょうだいをいたしましたことに対しまして、衷心より厚く御礼を申し上げます。この高い席からではありますけれども、御礼とお願いのごあいさつを申し上げさせていただきたいと思います。

まずもって、議長選挙に当たりまして、議員各位の温かいご支援を賜りまして、当選の栄に浴させていただきましたことに対しまして、衷心より厚く感謝を申し上げますとともに、その重責に身の引き締まる思いをいたしております。今後につきましては、下斗米前議員の残任期間を、議長として市民の福祉の向上と久慈市の発展、そして議員各位のご健康と議会の活力を発生するように一生懸命頑張ってまいる決意でございます。私このとおりの浅学非才の身でございますけれども、皆様方の温かいご指導と、市長初め市幹部の皆様方、そして職員の皆様方、久慈市民の皆様方の温かいご指導とご協力をこの場をお借りをして心からお願いを申し上げ、甚だ簡単ではございますけれども、御礼のごあいさつとご協力のお願いを申し上げ、就任のごあいさつにかえさせていただきます。本当にありがとうございました。



○副議長(濱欠明宏君) 議長と交代いたします。

〔議長宮澤憲司君議長席に着く〕



○議長(宮澤憲司君) この際、暫時休憩いたします。再開は午前11時といたします。

午前10時44分   休憩

────────────────────

    午前11時00分   再開



○議長(宮澤憲司君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4岩手県後期高齢者医療広域連合議員の選挙



○議長(宮澤憲司君) 日程第4、岩手県後期高齢者医療広域連合議員の選挙を行います。この選挙は、岩手県後期高齢者医療広域連合議員選挙選挙長から、選挙の実施依頼があり行うものであります。会議規則第32条の規定する選挙結果の報告については、広域連合規約第8条の規定により関係市町村の議会の選挙における得票総数により、当選人を決定することとなりますので、当選人の報告及び当選人への告知は行いません。

 お諮りいたします。選挙結果の報告については会議規則第32条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) ご異議なしと認めます。よって選挙結果については有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決しました。選挙は投票により行います。議場の閉鎖を命じます。

    〔議場閉鎖〕



○議長(宮澤憲司君) ただいまの出席議員は25人です。投票用紙を配付します。

〔投票用紙配付〕



○議長(宮澤憲司君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

〔投票箱点検〕



○議長(宮澤憲司君) 異状なしと認めます。念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。事前に配付いたしました岩手県後期高齢者医療広域連合議員選挙候補者名簿をもとに、点呼に応じ記載所において投票用紙に被選挙人の指名を記載の上、順次投票願います。点呼を命じます。

〔議会事務局長 議席順に議員氏名点呼〕

    〔投 票〕 



◎議会事務局長(根井元君) それでは指名をお呼びいたします。梶谷武由議員、上山昭彦議員、泉川博明議員、木ノ下祐治議員、澤里富雄議員、藤島文男議員、砂川利男議員、畑中勇吉議員、小倉建一議員、山口健一議員、中平浩志議員、中塚佳男議員、佐々木栄幸議員、桑田鉄男議員、堀崎松男議員、大久保隆實議員、小野寺勝也議員、城内仲悦議員、清水崇文議員、下舘祥二議員、大沢俊光議員、濱欠明宏議員、八重櫻友夫議員、?屋敷英則議員、最後に宮澤憲司議長。



○議長(宮澤憲司君) 投票漏れはありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたします。議場の閉鎖を解きます。

〔議場開鎖〕



○議長(宮澤憲司君) 開票を行います。

 会議規則第31条第1項及び同条第2項の規定により、立会人に城内仲悦君、山口健一君、小倉建一君の3名を指名いたします。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) ご異議なしと認めます。ただいま指名した3人の立ち会いをお願いします。

〔開 票〕



○議長(宮澤憲司君) 選挙結果を報告いたします。投票総数25票、これは出席議員数に符合しております。そのうち有効投票24票、無効投票1票。有効投票中、佐藤ケイ子議員10票、村上充議員14票、千田力議員0票、以上のとおりです。この選挙結果につきましては、岩手県後期高齢者医療広域連合議員選挙選挙長に報告することといたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5議案第1号及び議案第2号並びに報告第1号及び報告第2号



○議長(宮澤憲司君) 日程第5、議案第1号及び議案第2号並びに報告第1号及び報告第2号を一括議題といたします。

 提出者の説明を求めます。菅原副市長。

〔副市長菅原和弘君登壇〕



◎副市長(菅原和弘君) 提案いたしました議案2件の提案理由及び報告2件についてご説明申し上げます。

 まず、議案第1号「平成20年度久慈市一般会計補正予算(第1号)」でありますが、今回の補正は、当初予算編成後において対応を要する事業の経費や県支出金等の内定による事業費を計上したもので、1ぺ一ジのとおり既定の予算額に、歳入歳出それぞれ1億1,275万7,000円を追加し、補正後の予算総額を192億660万5,000円にしようとするものであります。款及び項の補正額は、2ぺ一ジ、3ぺ一ジの第1表、歳入歳出予算補正のとおりであります。

次に、第2条債務負担行為の補正でありますが、4ぺ一ジの第2表のとおり、漁業近代化資金利子補給を追加しようとするものであります。

次に、第3条地方債の補正でありますが、6ぺ一ジ、7ぺ一ジの第3表のとおり、漁港整備事業及び平庭高原施設整備事業の限度額を変更しようとするものであります。

次に、議案第2号「消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例」でありますが、この条例は、消防団員の確保を図るため、所要の改正をしようとするものであります。

 次に、報告第1号「平成19年度久慈市一般会計繰越明許費繰越計算書」でありますが、去る3月補正予算において、繰越明許費として議決いただきました街路整備事業ほか2件について、本計算書のとおり事業費を平成20年度へ繰り越ししたものであります

 次に、報告第2号「平成19年度久慈市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書」でありますが、去る3月補正予算において、繰越明許費として議決いただきました浸水対策下水道事業について、本計算書のとおり事業費を平成20年度へ繰り越ししたものであります。

 以上で、提案理由及び報告の説明といたします。よろしくご審議、ご決定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(宮澤憲司君) これより、提出議案に対する総括質疑に入ります。質疑を許します。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) 質疑を打ち切ります。

 議案の委員会付託を行います。ただいま議題となっております議案第2号は総務常任委員会に付託いたします。

次に、付託省略議案についてお諮りいたします。

議案第1号の補正予算は6月24日の本会議で審議することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(宮澤憲司君) ご異議なしと認めます。よってそのように決定いたしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6請願3件



○議長(宮澤憲司君) 日程第6、請願受理第6号、請願受理第7号及び請願受理第8号を一括議題といたします。請願について紹介議員の説明を求めます。梶谷武由君。

〔1番梶谷武由君登壇〕



◎1番(梶谷武由君) 請願受理第6号「タクシー事業の規制緩和の見直しを求める請願」について、紹介議員の立場から、その概要を紹介し、議員各位のご理解をいただきたいと思います。

この請願は、国の関係機関に対し、タクシー事業の規制緩和の見直しを求める意見書を提出していただきたく請願するものでございます。平成14年2月に道路運送法が改正され、タクシー事業の需給調整規制が廃止となりました。この規制緩和は、事業者間の競争を促進し、事業者の創意工夫を生かした多様なサービスの提供や事業の効率化、活性化を図ることなどが目的とされましたが、結果的には新規参入や大量増車による供給過剰状態になり、適正なコストを無視した運賃値下げによる運賃ダンピング競争も全国的に拡大しています。新規顧客の開発や経営の効率化など、必死の努力にもかかわらず、輸送収入は毎年減少しています。輸送収入が減ることは運転手の賃金の減少にも直結します。運転手は月々の生活を維持するために、長時間労働や無理な運転を強いられています。その結果、交通事故も増加しています。

また、現在行われている緊急調整措置は、実車キロ2年連続して減少かつ5年間で15%以上下回った場合、あるいは営業収入が2年連続して減少かつ過去5年間で15%以上下回った場合、延べ実働車両数が2年連続増加などと条件が大変厳しく、現在は沖縄と仙台市のみとなっています。特別監視地域は、車両台数が多く運賃収入が毎年減少、かつ過去5年間で15%以上の減収が要件となっています。全国で67カ所、県内では花巻交通圏、胆沢郡、和賀町の3カ所が指定されています。緊急調整地域や特別監視地域の指定だけでは現状凍結でしかなく、抜本的な問題解決にはなっていません。規制緩和により生じた諸問題を解決し、タクシー事業が今後とも安全・安心・快適な交通機関として健全に発展するためには、タクシー事業の規制緩和の見直しを求める必要があります。このような状況をご理解をいただき、本請願を採択くださるようお願いいたします。



○議長(宮澤憲司君) 山口健一君。

〔10番山口健一君登壇〕



◎10番(山口健一君) 請願受理第7号「「国による公的森林整備の推進と国有林野事業の健全化を求める意見書」の提出を求める請願」について、紹介議員を代表し、ご紹介申し上げます。

近年、地球温暖化が深刻な環境問題となる中で、森林の役割に対する要請が高まり、環境資源としての森林に強い期待が寄せられています。一方、林業を取り巻く厳しい状況の中で森林経営は衰弱化し、その担い手である山村は崩壊の危機に立っています。このような中で森林整備を推進していくためには、森林所有者の森林経営意欲を創出するための施策の推進はもとより、民間による整備が困難な水源林等公益森林の整備に対する公的機関の役割を強化し、さらには過疎化・高齢化が進む中で、森林・林業の担い手である、山村の再生に向けた積極的な取り組みが、極めて重要となっています。このような時期に、国有林野事業は、いわゆる行政改革推進法に基づき、業務、組織の見直しが予定されており、また、旧緑資源機構は独立行政法人整理合理化計画に基づき、19年度末で解散し水源林造成事業等は、森林総合研究所に継承させる措置が講ぜられたところであります。

今後の林政の展開に当たっては、森林吸収源対策の推進はもとより、特に国有林野事業等において、安全で安心できる国民の暮らしを守るために、重要な役割を果たす水源林等公益森林の整備、さらには地域林業・木材産業の振興を通じ、山村の再生・活性化のため、上記4点にわたっての施策の推進が必要であり、その確実な推進のため、国及び関係行政機関に対し意見書を提出していただきたいとの請願であります。議員各位のご賛同をお願い申し上げ、紹介とさせていただきます。



○議長(宮澤憲司君) 小野寺勝也君。

〔17番小野寺勝也君登壇〕



◎17番(小野寺勝也君) 請願受理第8号の「介護職員の待遇改善について請願」につきまして、紹介議員を代表してご紹介を申し上げます。

 高齢者介護や障害者福祉の人材不足が深刻化し、大きな社会問題となっております。深刻な人材不足が起きている最大の原因は労働者の安い給料を初めとした劣悪な待遇にあります。

 常勤の介護職員の平均給料額は月22万7,000円で全労働者平均の37万3,000円の6割程度にしかすぎません。

 若年の正職員や常勤のパートでは年収200万円に満たない労働者が多く存在し、ワーキングプアといわれる実態が浮き彫りになっています。

 離職率でも全産業平均が16.2%なのに、介護、ホームヘルパーの離職率は26.9%という調査結果もあります。

 介護職員が定着しない理由としては、給料が安すぎる、将来に展望が持てない、仕事がきついが主要な理由となっています。

 こうした状況の背景には、2003年の介護報酬の削減に始まり、2005年、2006年の介護報酬の引き下げ、加算廃止などがあろうかと思います。

 福祉は人です。その仕事に携わる労働者が劣悪な待遇におかれるということは福祉、介護サービスの質にかかわる問題であります。

ついては、来年度予定されている介護報酬の改定に向け、増額改定などを政府に働きかけてほしいというのが本請願の趣旨であろうと思います。

 議員各位のご理解とご賛同を心からお願いいたしましてご紹介とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(宮澤憲司君) ただいま、議題となっております請願は、お手元に配付してあります請願文書表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

 議事の都合により副議長と交代をいたします。

〔議長宮澤憲司君退席〕

〔副議長濱欠明宏君議長席に着く〕

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程追加 議長の建設常任委員辞任の件



○副議長(濱欠明宏君) この際、議長の建設常任委員の辞任の件を日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(濱欠明宏君) ご異議なしと認めます。

 議長宮澤憲司君から建設常任委員を辞職したい旨の願いが出ております。

 議長宮澤憲司君の建設常任委員の辞職を許可することにご異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(濱欠明宏君) ご異議なしと認めます。よって、議長宮澤憲司君の建設常任委員の辞職を許可することに決しました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△散会



○議長(宮澤憲司君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日はこれで散会いたします。

午前11時32分   散会