議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 花巻市

平成23年  6月 定例会(第2回) P.106月30日−資料




平成23年  6月 定例会(第2回) − 06月30日−資料









平成23年  6月 定例会(第2回)



意見書案第3号

   30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充、教育予算拡充を求める意見書の提出について

 上記の議案を別紙のとおり花巻市議会会議規則第13条第2項の規定により提出する。

  平成23年6月24日

 花巻市議会議長 川村伸浩様

                     提出者  花巻市議会文教常任委員会

                          委員長 高橋 浩





   30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充、教育予算拡充を求める意見書(案)

 2011年度の政府予算が成立し、小学校1年生の35人以下学級を実現するために必要な改正義務教育標準法も国会において成立しました。

 これは、30年ぶりの学級編制標準の引き下げであり、少人数学級の推進に向け、ようやくスタートを切ることができました。

 今回の改正義務教育標準法の条文の附則には、小学校2年生から中学校3年生までの学級編制標準を順次改定することについて検討を行い、法制上を含めた措置を講ずること、措置を講じる際の必要な安定した財源の確保に努めることが明記されました。今後、35人以下学級の着実な実行が重要です。

 日本は、OECD諸国に比べて、1学級当たりの児童生徒数や教員1人当たりの児童生徒数が多くなっています。一人一人の子供に丁寧な対応を行うためには、一クラスの学級規模を引き下げる必要があります。

 文部科学省が実施した「今後の学級編制及び教職員定数に関する国民からの意見募集」では、約6割が「小中高校の望ましい学級規模」として、26人から30人を挙げています。このように、保護者も30人以下学級を望んでいることは明らかであります。

 新しい学習指導要領が本格的に始まり、授業時数や指導内容が増加します。また、暴力行為や不登校、いじめ等への対応の深刻化、障がいのある子供への指導や、日本語指導など特別な支援を必要とする子供が顕著に増えています。

 このような中で、地方が独自に実施する少人数学級は高く評価されています。

 子供たちが全国どこに住んでいても、均等に一定水準の教育を受けられることが憲法の精神です。しかし、教育予算について、2008年におけるGDPに占める教育費公財政支出の割合は、OECD加盟国の中で日本は最下位となっています。

 また、三位一体改革により、義務教育費国庫負担制度の国負担割合は2分の1から3分の1に引き下げられ、自治体財政を圧迫しています。

 将来を担い、社会の基盤づくりにつながる子供たちへの教育は極めて重要です。未来への先行投資として、子供や若者の学びを切れ目なく支援し、雇用・就業の拡大につなげる必要があります。

 こうした観点から、2012年度政府の予算編成において、下記事項の実現について要請いたします。

                  記

1 少人数学級を推進すること。具体的学級規模は、OECD諸国並みの豊かな教育環境を整備するため、30人以下学級とすること。

2 教育の機会均等と水準の維持向上を図るため、義務教育費国庫負担制度の堅持とともに国負担割合を2分の1に復元すること。

3 学校施設整備費、就学援助・奨学金、学校・通学路の安全対策など、教育予算の充実のため、地方交付税を含む国の予算を拡充すること。

以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。

 平成23年6月  日

提出先

 総務大臣

 財務大臣

 文部科学大臣

                     花巻市議会議長 川村伸浩





発議案第1号

   花巻市議会委員会条例の一部を改正する条例

 上記の議案を地方自治法(昭和22年法律第67号)第109条の2第5項及び花巻市議会会議規則(平成18年議会規則第1号)第13条第2項の規定により別紙のとおり提出する。

   平成23年6月23日提出

  花巻市議会議長 川村伸浩様

                     提出者  花巻市議会運営委員会

                          委員長 中村初彦





別紙

   花巻市議会委員会条例の一部を改正する条例

 花巻市議会委員会条例(平成18年花巻市条例第273号)の一部を次のように改正する。

 第2条の表総務常任委員会の項所管事項の欄中「振興センター」を「生涯学習課」に改める。

   附則

 この条例は、公布の日から施行する。

 提案理由

 花巻市行政組織の改編に伴い、所要の改正をしようとするものである。





       平成23年

             花巻市議会定例会請願陳情文書表

       第2回

                       (平成23年6月16日)



受付番号
第3号 請願
受理年月日
平成23年3月28日


件名
「まん福」を中心商店街の活性化と文化活動の拠点にすることについて


提出者
花巻市鍛治町3番6号
花巻能楽連合会
顧問 宮澤啓祐 外12名
紹介議員
藤井英子君
松田 昇君
照井雄一君


要旨


要旨
 花巻の町は県内屈指の卸業が中心に活躍し、戦前・戦後を通じて大きく繁栄をし、特に谷村振興製作所が最盛期の時は県内一の工業生産都市でもありました。時代も変わり、交通手段も変わったことにより郊外型の大型店等が形成され、中心商店街の空洞化が問題となっております。私たち3町は今こそ商店街の復元、活力のある町にしたいと願うことは共通の課題であります。一方、当該建物は歴史的建造物に相当し、また、建物の場所は花巻城とも深い関係があり、風格もあり、花巻の顔として営々と続いてきました。
 この建物を現存のまま、所有者から市が寄付を受けるなどをし、所有保存し中心商店街の振興と文化活動等の拠点として高度に活用すべきと思慮されます。

建物の歴史的背景
 まん福亭の先代が大正時代に花巻町に店舗を構え創業された昭和3年に現在の地にまん福亭を建築され、大正・昭和・平成と花巻の老舗料亭として繁栄をしてきました。この場所は、旧花巻城主の家老で櫛引氏の屋敷跡地で由緒があり、歴史的にも希少価値が高く、建築当時から豪華な建物で脚光を浴び、当時としてはぜいを尽くしたもので材料も各方面から最高の物を取り寄せ、優秀な匠方々により吟味し完成したものです。小高いところに風格のある建物として今にしても遜色がなく尊重され、貴重な建物として衆目されていました。また一方、最近になって市の文化財級の建物として関係者で指定の方向で話題となっております。

建物が利用された状況
 この建物は一般庶民の利用が少なく、主に豪華な祝宴、宴会等に利用され、特にも県内外からの賓客、政治、経済界の懇談に多く利用されたもので、平成の初め頃まで県知事や県議会議員、さらに市のトップが県政なり市政なりを論じたところで、もちろん、宮澤さんが中心となり国の有名財界人などを集めての懇談の場として常に利用されていました。その意味でも深い歴史を誇る建物であり、当然のことですが、まん福亭を盛んに利用されていた時代は商店街に活気を与えていたことは計り知れません。花巻町、市にとっても由緒ある建物として感慨深いものがあります。

建物を中心商店街の集客の場とする
 「花巻の中心商店街に風格のある面白い建物があるそうだ」「旧料亭を改築し立ち寄ると、お茶をごちそうになり「どぶろく」を飲むことができる」「そこの建物には蔵もあり、建物の一部を改築し、花巻の歴史と偉人の歩みを知ることができるそうだ」その場所には賢治、光太郎、新渡戸の代表作の一部と系図を展示しており、商店街を散策しながら立ち寄る花巻の偉人の概ねを知ることができる。さらに詳しく知りたく胡四王山や山口の山荘に足を運び花巻を知る足がかりの場所としてはどうか。
 まん福亭の歴史館(仮称)を見て満足し町にふらりと出、賢治の生家、賢治産湯の井戸を見て有名なそば屋に入った。また、マルカンのソフトクリームの大きさに驚き、さらに何かあるかを求めて別の店に入る。次第に買い物客が街に自然とあふれる。古い建物を利用して文化活動をしながら中心商店街に人が集まるようにしたいものです。
 現在、古い建物を活発に利用しているところは全国的にも多く、近くでは盛岡市で南部氏の別邸を盛岡市中央公民館に、また、一ノ倉邸や南昌荘など文化財を利用した建物が多くあります。

具体的利用の考慮
 中心商店街の方々が活動の拠点として多種に利用すること、中央振興センターを拠点の場所とし、また、事務所としても考えられる。
 主な利用としては、
1 各商店街、組合等の協議会議の場所として利用する。
2 吹張町、上町、鍛治町に集会場がないので、公民館的役割で広く活用する。
3 各町内の懇親の場として、宴席場にも利用する。
4 文化活動の場所として多種に利用する。
5 仕舞、謡の研修及び発表、披露の場として利用する。
6 各団体の踊り、舞の発表、披露の場として利用する。
7 華道、茶道、書道の研修、披露の場として利用する。


付託委員会
総務常任委員会
審査結果
 



       平成23年

             花巻市議会定例会請願陳情文書表

       第2回

                       (平成23年6月16日)



受付番号
第4号 陳情
受理年月日
平成23年3月28日


件名
花巻市指定記念物・花巻城本丸跡「鳥谷ヶ崎公園」の呼称の変更を求めることについて


提出者
花巻市下幅8番11号
菅原新平
紹介議員
 


要旨


陳情趣旨
 花巻市指定記念物・花巻城本丸跡「鳥谷ヶ崎公園」が、歴史的に見て城址であったことは当然事実であります。それがなぜ「鳥谷ヶ崎城址公園」または「花巻城址公園」としての呼称を与えられてこなかったことに戸惑いと疑念すら感じるものです。
 今、花巻市民として地図にも示されていない「城址」の表現を人口に膾炙すべく、世代につなげていかなければならない、というのが趣旨であります。

陳情理由
 花巻城の城主であった北松斎公が、今の花巻城の跡地を見たならどう思うでしょうか。多分「我が城はいずこにありや」と思われるでしょう。現状では、城址は行政と民間とで分捕り合戦のように所有及び占有している状態となっています。これはとりもなおさず歴史の重要性の不見識ゆえに破壊と消滅を助長していることの証左でもあります。歴史に対する意識の変革が、私利私欲に向かわせたと思われても否定できません。
 鳥谷ヶ崎城及び花巻城としての歴史上の事実を花巻市民に浸透させる努力が必要なのです。まずは手始めに公園の名称について言えば、「鳥谷ヶ崎城址公園」または「花巻城址公園」とするべきではないかと思います。今までこのようにしなかったことについて、何らかの隘路または桎梏があったのでしょうか。
 花巻市民は、歴史を大事にし未来に継げていく市民であり、矜持と尊厳を守る市民であると思います。花巻市まちづくり基本条例の前文の中に「歴史と文化を守り」及び第4条「歴史ある街並を大切にし」と規定され、市と市民の思いを収れんし標榜している限り、「鳥谷ヶ崎城址公園」または「花巻城址公園」と呼称の変更をお願い申し上げます。


付託委員会
産業建設常任委員会
審査結果
 



       平成23年

             花巻市議会定例会請願陳情文書表

       第2回

                       (平成23年6月16日)



受付番号
第5号 陳情
受理年月日
平成23年5月27日


件名
「まん福」を商店街の活性化並びに文化活動の拠点、更には各種集会施設として活用できるよう保存整備することについて


提出者
花巻市花城町1番30号
花巻中央地区コミュニティ会議
会長 福岡勝夫 外1名
紹介議員
 


要旨


要旨
1 まん福の建物及び敷地を花巻市で取得され、商店街の活性化並びに文化の拠点、さらには各種集会施設として活用できるよう保存整備を陳情いたします。
  保存整備を必要とする要点は次のとおりであります。
(1)建物の文化的価値 まん福の建築時期は昭和7年から10年と古く、資材が良質無比で歴史的建造物に相当すると思料されます。特に大広間天井には屋久杉が、また和室の床の間には黒檀・紫檀・タガヤサン・エンジュなど銘木と言われる材種が使われているほか、化粧格子窓・組子欄間には多様な意匠が駆使されています。
(2)果してきた役割 まん福は花柳界の建物ではありますが、花巻城家老職の櫛引家の跡地で由緒ある土地に立地し、まちの迎賓の応接の場として、また旧花巻・稗貫地方の活性化のため、要人の情報の交換・発信の場として大いに活用されてきました。
(3)まん福の立地環境 まん福は花巻中央地区コミュニティの中央部、旧花巻の中心街の中枢に立地し、商店街活性化の要諦に位置しています。
(4)期待される役割 風格を有する建物は大小の和室を幾つも有し、多くの芸術文化の稽古・発表の場として、あるいは町内会などの集会や会食の場として多様な利用が期待されています。(既に平成23年3月8日団体等より陳情済み)。特に中央地区には町内に自治公民館を持たないところが8地域もあり、まん福の利活用を期待いたしております。
2 花巻中央地区コミュニティ会議の地域づくりの基本的な考え方
(1)中央地区コミュニティが担う花巻城城下町としての歴史を有する市街地の中心地は、空襲による火災で古い建物はほとんど灰じんに帰し、いわゆる戦前からの建造物は全く数少なく、街並みに品格・重厚さをもたらすそれらの建造物の保存・活用に地域として積極的に取り組まなければならないと考えています。
(2)この地域は、花巻地方の情報発信の地域・新しい時代の文化の伝播の地域として地域に文物のサービスを提供し、かつ人々の交流の場として発展してきました。近年、交通事情の変化とともに市街地が広がり、公共施設が分散され、職住分離が進み、市街地の定住人口の希薄化・高齢化とともにまちの利便性が失われ、まちのかなめが見失われています。
(3)この地域は、都市としての発展を願い行政も重点投資をしてきた地域でもありますので、投資効果を引き出すためにも、新たな都市機能を備えながら、花巻の要としてのサービスが享受できる地域に再生していくことが肝要であると考えています。
3 活用構想 活用につきましては、次のような構想を描いております。
(1)設置主体 花巻市
(2)管理主体 花巻中央コミュニティ地区会議
(3)運営 利用者から利用料をいただくこととし、助成金のみに頼ることなく年間利用料収入を運営費の一部に充てる。
   施設の清掃、庭・庭木の手入れ等は原則として地域住民等のボランティアの協力を得て行う。
(4)運営計画 自主イベントを始め、部屋ごとの年間利用スケジュールによりコミュニティ会議が運営に当たる。
(5)主な利用団体 コミュニティ会議(中央地区、花西地区)、地域公民館を有しない自治会、商店街、芸術文化団体等
(6)主な利用形態 ア 中央振興センターの活動拠点(事務所)として利用
          イ 各商店、商店街等の会議会場、展示場として利用
          ウ 吹張町、上町、鍛治町等集会施設を持たない地域が公民館的に利用
          エ 各町内が懇親の場、宴席として利用
          オ 文化活動の場として多種に利用
          カ 仕舞、謡等伝統芸能の研修及び発表、披露の場として利用
          キ 舞踏団体の踊り、舞の発表、披露の場として利用
          ク 華道、茶道、書道等の研修、披露の場として利用
4 建物の概要
(1)所在地    花巻市吹張町12−2
(2)建築年    昭和10年
(3)建主     佐々木朋三氏(まん福初代)
(4)所有者    佐々木康悦氏(当主)
(5)建物の規模等 木造、一部二階建て(敷地約3,300?)
          1階床面積 店舗(客間)772.50? 住宅62.08?
          2階床面積 店舗(客間)247.49? 住宅55.60?
          その他   土蔵     72.96? 倉庫45.25?


付託委員会
総務常任委員会
審査結果
 



       平成23年

             花巻市議会定例会請願陳情文書表

       第2回

                       (平成23年6月16日)



受付番号
第6号 請願
受理年月日
平成23年6月8日


件名
30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充、教育予算拡充を求めることについて


提出者
花巻市四日町三丁目13−10
岩手県教職員組合花巻遠野支部
支部長 佐々木信也 外1名
紹介議員
阿部一男君
藤井英子君
若柳良明君


要旨


請願の趣旨
 2011年度の政府予算が成立し、小学校1年生の35人以下学級を実現するために必要な改正義務教育標準法も国会において成立しました。これは、30年ぶりの学級編制標準の引き下げであり、少人数学級の推進に向けようやくスタートを切ることができました。今回の改正義務教育標準法の条文の附則には、小学校の2年生から中学校3年生までの学級編制標準を順次改定することについて検討を行い、法制上を含めた措置を講ずることと、措置を講じる際の必要な安定した財源の確保に努めることも明記されました。今後、35人以下学級の着実な実行が重要です。
 日本は、OECD諸国に比べて、1学級当たりの児童生徒数や教員1人当たりの児童生徒数が多くなっています。一人一人の子供に丁寧な対応を行うためには、1クラスの学級規模を引き下げる必要があります。文部科学省が実施した「今後の学級編制及び教職員定数に関する国民からの意見募集」では、約6割が「小中高校の望ましい学級規模」として、26人から30人を挙げています。このように、保護者も30人以下学級を望んでいることは明らかであります。新しい学習指導要領が本格的に始まり、授業時数や指導内容が増加します。また、暴力行為や不登校、いじめ等への対応が深刻化し、障がいのある子供や、日本語指導など特別な支援を必要とする子供が顕著にふえています。このような中で、地方が独自に実施する少人数学級は高く評価されています。
 子供たちが全国どこに住んでいても、均等に一定水準の教育を受けられることが憲法の精神です。しかし、教育予算について、2008年におけるGDPに占める教育費公財政支出の割合は、OECD加盟国の中で日本は最下位となっています。また、三位一体改革により、義務教育費国庫負担制度の国負担割合は2分の1から3分の1に引き下げられ、自治体財政を圧迫しています。
 将来を担い、社会の基盤づくりにつながる子供たちへの教育は極めて重要です。未来への先行投資として、子供や若者の学びを切れ目なく支援し、雇用・就業の拡大につなげる必要があります。
 こうした観点から、2012年度政府の予算編成において下記事項の実現について、地方自治法第99条の規定に基づき国の関係機関へ意見書を提出していただきますよう要請いたします。

1 請願事項
 ? 少人数学級を推進すること。具体的学級規模は、OECD諸国並みの豊かな教育環境を整備するため、30人以下学級とすること。
 ? 教育の機会均等と水準の維持向上を図るため、義務教育費国庫負担制度の堅持とともに国負担割合を2分の1に復元すること。
 ? 学校施設整備費、就学援助・奨学金、学校・通学路の安全対策など、教育予算の充実のため、地方交付税を含む国の予算を拡充すること。

2 要請先
 ? 文部科学大臣
 ? 総務大臣
 ? 財務大臣


付託委員会
文教常任委員会
審査結果
 







派遣第1号

   議員の派遣について

 地方自治法第100条第13項及び花巻市議会会議規則第152条の規定により議員を派遣する。

 1 派遣目的 第26回在京花巻人のつどい

 2 派遣場所 東京都中央区

 3 派遣期間 平成23年7月2日(1日間)

 4 派遣議員 小田島邦弘議員

  平成23年6月30日提出

                  花巻市議会議長 川村伸浩





   平成23年第2回定例会委員会閉会中継続審査の申出一覧表

◯総務常任委員会



第3号請願 「まん福」を中心商店街の活性化と文化活動の拠点にすることについて
第5号陳情 「まん福」を商店街の活性化並びに文化活動の拠点、更には各種集会施設として活用できるよう保存整備することについて



◯議員発言調査特別委員会



平成23年6月23日の議員発言に対しての調査について