議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 大船渡市

平成22年  第3回 定例会 09月22日−審議決定−04号




平成22年  第3回 定例会 − 09月22日−審議決定−04号







平成22年  第3回 定例会





議事日程第4号

平成22年9月22日(水)午前10時開議

日程第1  報告第1号  綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)
             工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について
日程第2  認定第1号  平成21年度大船渡市一般会計歳入歳出決算の認定について
日程第3  認定第2号  平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第4  認定第3号  平成21年度大船渡市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決
             算の認定について
日程第5  認定第4号  平成21年度大船渡市介護保険特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算の認定
             について
日程第6  認定第5号  平成21年度大船渡市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第7  認定第6号  平成21年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第8  認定第7号  平成21年度大船渡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第9  認定第8号  平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第10  認定第9号  平成21年度大船渡市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第11  認定第10号  平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定
             について
日程第12  認定第11号  平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)歳入歳出決算の
             認定について
日程第13  認定第12号  平成21年度大船渡市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第14  認定第13号  平成21年度大船渡市水道事業会計決算の認定について
日程第15  議案第1号  大船渡市綾里地区コミュニティ施設設置管理に関する条例について
日程第16  議案第2号  大船渡市役所支所及び出張所設置条例の一部を改正する条例について
日程第17  議案第3号  職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条
             例について
日程第18  議案第4号  大船渡市乳幼児、妊産婦及び重度心身障害者医療費給付条例の一部を改正す
             る条例について
日程第19  議案第5号  大船渡市国民健康保険条例の一部を改正する条例について
日程第20  議案第6号  大船渡市立公民館設置条例及び大船渡市立公民館管理条例の一部を改正する
             条例について
日程第21  議案第7号  平成22年度大船渡市一般会計補正予算(第3号)を定めることについて
日程第22  議案第8号  平成22年度大船渡市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)
             を定めることについて
日程第23  議案第9号  平成22年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めるこ
             とについて
日程第24  議案第10号  平成22年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)
             を定めることについて
日程第25  議案第11号  平成22年度大船渡市老人保健特別会計補正予算(第1号)を定めることにつ
             いて
日程第26  議案第12号  大船渡市地域情報通信基盤整備工事の請負契約の締結に関し議決を求めるこ
             とについて
日程第27  議案第13号  あらたに生じた土地の確認について
日程第28  議案第14号  公有水面の埋立てによる字区域の変更について
日程第29  議案第15号  岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び岩手県市
             町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて
日程第30         請願の継続審査について

本日の会議に付した事件
   〜議事日程第4号に同じ〜

出 席 議 員(25名)
  議 長  佐 藤 丈 夫 君          副議長  平 田   武 君
  1 番  伊 藤 力 也 君          2 番  伊 藤 直 人 君
  3 番  森     操 君          4 番  三 浦 正 明 君
  5 番  紀 室 若 男 君          6 番  佐 藤   寧 君
  7 番  平 山   仁 君          8 番  熊 谷 昭 浩 君
  9 番  船 野   章 君          10番  須 藤 共 二 君
  11番  滝 田 松 男 君          13番  及 川   彌 君
  14番  門 前 恭 一 君          15番  三 浦   隆 君
  16番  鈴 木 道 雄 君          17番  氏 家 じんいち君
  18番  菊 地 耕 悦 君          19番  畑 中 孝 博 君
  20番  斎 藤   功 君          21番  平 田 ミイ子 君
  22番  志 田 嘉 功 君          23番  鎌 田 和 昭 君
  24番  村 上 健 一 君

欠 席 議 員(1 名)
  12番  木川田 了 摩 君

説明のため出席した者
  市     長  甘 竹 勝 郎 君      副  市  長  紀 室 輝 雄 君
  教  育  長  今 野 洋 二 君      監 査 委 員  今 野 義 尚 君
  企 画 政策部長  新 沼 辰 男 君      総 務 部 長  武 政 久 夫 君
  生 活 福祉部長  千 田 哲 志 君      商 工 観光部長  佐 藤 悦 郎 君
  港 湾 経済部長  室 井 良 雄 君      農 林 水産部長  佐々木 伸 介 君

  大 船 渡魚市場  佐 藤 悦 男 君      都 市 整備部長  佐 藤   守 君
  建 設 推進室長

  三 陸 支 所 長  及 川 岩 治 君      会 計 管 理 者  奥 山 行 正 君
  教 育 次 長  山 口 清 人 君      企 画 調整課長  佐 藤 高 廣 君
  活 力 推進課長  新 沼 秀 人 君      秘 書 広聴課長  三 浦 勝 朗 君
  総 務 課 長  金 野 博 史 君      財 政 課 長  佐 藤   良 君

  国 保 年金課長  三 浦 和 士 君      商 工 観 光  志 田 重 男 君
                          物 産 課 長

  港 湾 経済課長  金 野 敏 夫 君      水 産 課 長  千 葉 英 彦 君
  水 産 課 技 監  片 石 圭 介 君      建 設 課 長  村 上 隆 樹 君
  水 道 事業所長  井 上 正 規 君      生 涯 学習課長  金 野 良 一 君

事務局職員出席者
  事 務 局 長  金 野 周 明 君      局 長 補 佐  後 藤 俊 一 君
  議 事 係 長  千 田 岳 明 君





    午前10時00分 開   議



○議長(佐藤丈夫君) おはようございます。定刻になりましたので、これより本日の会議を開会いたします。

  本日の出席議員は24名であります。欠席の通告は、12番、木川田了摩君、遅刻の通告は23番、鎌田和昭君であります。

  それでは、出席議員が定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

  本日の議事は、議会運営委員長より報告のあった報告など2件を日程に加え、お手元に配付の議事日程第4号によりこれを進めることにいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 日程第1、報告第1号、綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。総務部長。

    (総務部長 武政久夫君登壇)



◎総務部長(武政久夫君) それでは、私から報告第1号について御説明いたします。

  報告第1号をお開き願います。報告第1号、綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成21年8月3日に議会の議決を経て請負契約を締結し、その一部を平成22年3月19日に議会の委任による市長の専決処分を経て変更した綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。

  変更理由でございますが、利用者の安全を確保するため、診療所、歯科診療所の開所に伴い、コミュニティ施設工事現場の囲い工事や県道側に設置する階段への転落防止の手すり設置工事などによるものでございます。

  お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成21年8月3日に議会の議決を経て請負契約を締結し、その一部を平成22年3月19日に議会の委任による市長の専決処分を経て変更した綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により、次のとおり専決処分する。

  1、工事名、綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事。2、工事場所、大船渡市三陸町綾里字平舘地内。3、請負者、住所、大船渡市盛町字田中島27番地1、名称、株式会社佐賀組代表取締役、金野辰雄。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億6,082万円、変更後2億6,428万5,000円。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で報告第1号を終わります。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第2、認定第1号、平成21年度大船渡市一般会計歳入歳出決算の認定についてから日程第14、認定第13号、平成21年度大船渡市水道事業会計決算の認定についてまで、以上13件を一括議題といたします。

  決算13件について、決算審査特別委員会委員長の報告を求めます。委員長、畑中孝博君。

(決算審査特別委員会委員長 畑中孝博君登壇)



◎決算審査特別委員会委員長(畑中孝博君) おはようございます。去る9月3日の本会議におきまして決算審査特別委員会が設置され、平成21年度決算認定13件についての審査を付託されました。

  同日、本委員会が開催され、委員長には私、副委員長には伊藤力也議員が選任されております。その後、9月16日、17日の両日、本委員会を開催し、1日目は各款ごとに、翌日は総括質疑を行いまして決算審査を終了したところであります。審査の内容につきましては、議長を除く全員が委員となっておりますので、ここでの報告は省略をさせていただきます。

  付託されました認定13件の審査結果でありますが、まず認定第1号、平成21年度大船渡市一般会計歳入歳出決算の認定について、認定第2号、平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計歳入歳出決算の認定については賛成多数をもって、次に認定第3号、平成21年度大船渡市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算の認定について、認定第4号、平成21年度大船渡市介護保険特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算の認定について、認定第5号、平成21年度大船渡市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第6号、平成21年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第7号、平成21年度大船渡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第8号、平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第9号、平成21年度大船渡市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第10号、平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定について、認定第11号、平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)歳入歳出決算の認定について、認定第12号、平成21年度大船渡市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第13号、平成21年度大船渡市水道事業会計決算の認定について、以上11件は全会一致をもって、いずれも原案のとおり認定すべきものと決した次第であります。

  当局におかれましては、審査の過程において各委員から出された発言の趣旨を十分踏まえまして、今後の行財政運営に取り組んでいただくことをお願い申し上げ、報告とさせていただきます。

  以上であります。



○議長(佐藤丈夫君) この際お諮りいたします。

  委員長報告に対する質疑は議長を除く全員による特別委員会で十分審議を尽くしているところでありますので、これを省略したいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、委員長報告に対する質疑は省略することに決定いたしました。

  ここで討論の通告がありますので、これより討論に入ります。

  討論の通告は、4番、三浦正明君であります。

  それでは、一般会計決算、魚市場事業特別会計決算、以上2件に反対の4番、三浦正明君。

    (4番 三浦正明君登壇)



◆4番(三浦正明君) おはようございます。日本共産党を代表しまして認定第1号、平成21年度大船渡市一般会計歳入歳出決算、認定第2号、同魚市場事業特別会計歳入歳出決算の2件に反対する立場から討論を行います。

  一般会計の認定について反対する大きな理由の1つとして、国際貿易コンテナ事業に多額の支出がなされていることです。この事業には、大船渡港振興協会運営事業として3,400万、大船渡港物流強化促進協議会運営事業として700万、国際貿易コンテナ定期航路利用奨励事業として1,440万円、大船渡港高度利用運営費補助助成事業として3,000万円、国際貿易コンテナ定期航路維持促進事業として5,860万8,000円も税金を投入しております。この3年間では、総額で5億円にも上ります。問題は、この国際貿易コンテナ事業の負担金、補助金は一部企業、団体の事業の損失補てんに充てられているのではないかという疑問がありますが、支出先の企業、団体にどのように使われているのか明らかにされておりません。この負担金、補助金の支出基準が明確に示されていないことが大きな問題であると思います。

  次に、当市では、この国際貿易コンテナ事業の推進が産業振興、地域経済の活性化を図り、市民の暮らし、福祉の向上につながると述べてまいりましたが、その効果は余り見られず、市内ではこの間市内建設業、水産加工業などの大型倒産が相次ぎ、地域経済と雇用、市民生活は深刻な状況に陥っています。このことは、市税収入の減少傾向とともに不納欠損額が前年度の6.2倍という数字にもあらわれております。当市の限られた財源の中から、この国際貿易コンテナ事業に多額の税金を投入してきたことは大きな問題であります。

  次に、魚市場事業特別会計です。新魚市場整備事業による工事が進められてきましたが、昨年度は地盤工事の問題等で工期が大幅に延びました。この理由として、当局はまれにみる難工事ということなどを説明しましたが、私は納得しておりません。この新魚市場の建設には、県負担も含め、およそ100億円という大工事ですが、沿岸の魚市場間の競争もあり、漁業をめぐる厳しい環境の中で多額の税金が投入され、埋め立てし、建設される魚市場が当市の水産振興に大きく貢献するものかどうか、今後経営問題も含め、当市が新たな課題を背負うことになるのではないでしょうか。当市の産業振興は、港湾開発や大型施設に依存するのではなく、地元の漁業、水産業振興を重視し、本腰を入れて取り組むことこそ重要ではないかということを申し述べまして、私の反対討論といたします。

  議員各位の皆様の御賛同をお願いいたします。御清聴ありがとうございました。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で4番議員の討論を終わります。

  これで通告によります討論を終わります。

  これより決算13件について採決を行います。

  まず、認定第1号、平成21年度大船渡市一般会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立多数であります。

  よって、認定第1号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第2号、平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立多数であります。

  よって、認定第2号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第3号、平成21年度大船渡市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第3号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第4号、平成21年度大船渡市介護保険特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第4号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第5号、平成21年度大船渡市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第5号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第6号、平成21年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第6号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第7号、平成21年度大船渡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第7号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第8号、平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第8号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第9号、平成21年度大船渡市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第9号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第10号、平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第10号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第11号、平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第11号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第12号、平成21年度大船渡市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第12号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、認定第13号、平成21年度大船渡市水道事業会計決算の認定について、本決算に対する委員長報告は認定すべきとするものであります。本決算は委員長報告のとおり認定と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、認定第13号は認定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) ここで当局より発言を求められておりますので、これを許します。市長。

    (市長 甘竹勝郎君登壇)



◎市長(甘竹勝郎君) ただいま認定第1号、平成21年度大船渡市一般会計歳入歳出決算から認定第13号、平成21年度大船渡市水道事業会計決算までの13件につきまして御認定をいただきまして、まことにありがとうございました。

  決算審査特別委員会での審査の中で、議員各位から御意見、御提言等をいただきましたが、これらにつきましては今後の市政の運営に当たり、十分配慮してまいりたいと考えているところであります。

  なお、三浦議員からは考え方の違いから一部御賛同いただけなかったのはまことに残念ではありますが、港湾予算が大きいということですが、福祉関係予算は百数十億配分をいたしております。その中での港湾がわずか2億でありますことに御理解をいただければありがたいと。効果がなかなかないということですが、阿部長商店の誘致であるとか重点的港湾の指定等々、大変大きな効果があったものと思っておりますので、一層の御指導をいただければと思うところであります。

  なお、13件いずれも御認定をいただきましたことに改めて御礼を申し上げさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第15、議案第1号、大船渡市綾里地区コミュニティ施設設置管理に関する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。20番、斎藤功君。



◆20番(斎藤功君) このコミュニティーの施設が大変立派で、大変当局には実際の綾里地区ではありませんが、感謝をしているところであります。

  条例の中で1点お聞きするのは、市の施設、いずれもそうですけれども、私の希望は使用に当たって厳密な方法で使用許可をすべきだということですが、第4条の(1)、1項と言うのですか、公の秩序を乱し、善良な風俗に反すると、これが私どものような小規模な漁村ではあり得ないことだと思うのですが、これがどういうことを想定してのことなのか。例えばこんな例を言って申しわけないですが、よく昔は日教組の全国大会の会場が秩序を乱す前から、おそれがあるというだけで会場使用を断ったりとかということなのです。そういう意味で、やっぱり市の施設は厳密な運営を図る意味で、こんなこと言ってどうか、綾里の人たちに怒られるかもしれませんが、例えば具体的に言うと綾里で、決算委員会では話題に上りませんでしたが、地デジの問題が、組合の問題が大変県内広く取り上げられておるようです。まさしく私は、公の秩序を大変損なっているというように考えるわけです。例えばこういう団体が使用許可を出した場合に、これに当てはまるでしょうか。そういうことをまず1つお聞きしたいです。



○議長(佐藤丈夫君) 活力推進課長。



◎活力推進課長(新沼秀人君) 綾姫ホールを使用する場合の許可条件なのですけれども、感染症の患者、酩酊者、火薬、凶器等の危険物を携帯する者等で、施設内の秩序または風俗を乱すおそれがあると認められる者を入場させないこととなっております。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 20番、斎藤功君。



◆20番(斎藤功君) (続) ということは、今具体的に申し上げた団体が使用する分には一切問題がないということでしょうか。



○議長(佐藤丈夫君) 活力推進課長。



◎活力推進課長(新沼秀人君) 具体的に申請をされた場合、それを審査していきたいと思います。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 20番、斎藤功君。



◆20番(斎藤功君) (続) 新沼課長、申しわけないのだけれども、もちろんその都度審査するのは当然のことです。ただ、私から言わせれば明らかに公の秩序を乱す、そういうことがわかり切った、先ほど例に挙げた日教組の乱すおそれがあると言うのではないのです。明らかに市民の一部ではあっても、犯罪に近い形で損害を与えていると、まさに秩序を乱している。そういうことのために、まさか日教組の全国大会、ここでやるわけないですから、そういうことのためにこれはあるのではないでしょうかと私は認識しているのです。明らかに秩序を乱しているにもかかわらず、改めて審査するというのはどういうこと、もう少しきちっとわかりやすいようにやってください。最後ですから。



○議長(佐藤丈夫君) 活力推進課長。



◎活力推進課長(新沼秀人君) いずれ申請されました内容を審査しまして、施設内の秩序または風俗を乱すおそれがあると認められる場合は入場をさせないということになると思います。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 21番、平田ミイ子さん。



◆21番(平田ミイ子君) 備考のところの2番についてちょっとお伺いしたいと思います。

  暖房料のことなのですが、暖房を使用する場合の使用料ということで単価がかかっているとあり、これの数字、金額を決める根拠となったのはどういうわけなのか、その点について1点お聞きします。



○議長(佐藤丈夫君) 活力推進課長。



◎活力推進課長(新沼秀人君) 多目的ホールにはヒーターが設置されますので、そのヒーターの1時間当たりの燃料費を算出し、他の施設との均衡を図りながら300円としたところであります。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 21番、平田ミイ子さん。



◆21番(平田ミイ子君) (続) 今他の施設という話も出ましたけれども、コミュニティーのではないのですが、市で持っている地区公民館等々があるわけです。そういうところの暖房についての使用料の現状と今回の金額を決めた部分、参考にした部分がありましたら御意見いただきたいのですけれども。



○議長(佐藤丈夫君) 活力推進課長。



◎活力推進課長(新沼秀人君) 多目的ホールには、FFヒーターが6台設置されます。それの6台の燃料単価を掛けて算出しておりますが、大体300円となりますが、類似施設等ですと260円ぐらいのところもございますので、単価を掛けて300円ぐらいになったので300円と決定したところであります。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 21番、平田ミイ子さん。



◆21番(平田ミイ子君) (続) 済みません、細かい話だったのですが、実はコミュニティーの名称ではないのですが、先ほど言った地区公民館等々、やはりこの暖房料等で使用団体と協議を重ねるところもあるとお聞きした部分がありましたので、そういうところと比較した場合と、それから実際使用料という形の中に暖房料が入っていなくて、その暖房を維持するために苦労している地区の皆さんの御意見もちょっと聞いたものですから、この暖房導入に関しての基準があったらと思ってお聞きしました。

  そして、FF、6台あるということですが、それ以外の部分の暖房施設に関しての基準がありましたらあわせてお聞きしたいのですが。



○議長(佐藤丈夫君) 活力推進課長。



◎活力推進課長(新沼秀人君) 他の研修室、会議室等にもFFの暖房機が設置されますので、同じような考え方で算定しております。

  なお、他の施設ですと例えば使用料に相当する額、5割に相当する額を徴収するとか3割を加算するとかというふうに決めているところもありますけれども、今回のコミュニティー施設につきましては燃料費をもとに算出しております。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第1号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第1号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第16、議案第2号、大船渡市役所支所及び出張所設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。4番、三浦正明君。



◆4番(三浦正明君) コミュニティーセンターに移るわけですけれども、綾里は。今の建物施設はどのようにされるおつもりなのか、ちょっとその辺をお伺いします。



○議長(佐藤丈夫君) 教育次長。



◎教育次長(山口清人君) 現在使われております綾里地区公民館等については、教育財産として今後利用したいというふうに考えております。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第2号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第2号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第17、議案第3号、職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第3号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第3号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第18、議案第4号、大船渡市乳幼児、妊産婦及び重度心身障害者医療費給付条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第4号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第4号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第19、議案第5号、大船渡市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第5号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第5号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第20、議案第6号、大船渡市立公民館設置条例及び大船渡市立公民館管理条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第6号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第6号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第21、議案第7号、平成22年度大船渡市一般会計補正予算(第3号)を定めることについてを議題といたします。

  質疑を許します。8番、熊谷昭浩君。



◆8番(熊谷昭浩君) 2点ほど御質問いたします。

  まず1点なのですが、農林水産業費のチリ大地震津波被害特別対策事業なのですが、これまでもいろんな各種支援をしながら、とにかくスムーズにまずはその復旧が図られてきたということでありまして、今後このチリ地震の津波被害に関する支援事業という、例えば残された事業はどういったものがあるのか、まず1点伺いたいと思います。

  あと1点が商工費の大船渡駅周辺整備事業なのですが、これについての整備事業の中身について伺いたいなというふうに思います。

  2点、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 水産課長。



◎水産課長(千葉英彦君) お答え申し上げます。

  チリ地震津波で被災したものの復旧状況という御質問だと思いますので、それにお答えいたしたいと思います。現在養殖施設につきましては、現場のほうはすべて完了してございます。それで、残っておりますのが災害を受けました施設についての撤去が現在残っておる状況です。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 商工観光物産課長。



◎商工観光物産課長(志田重男君) 大船渡駅の工事の内容についてお答えしますが、これは多機能交流館と、あとは東西自由通路、それらを一体的に整備するものでございます。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 8番、熊谷昭浩君。



◆8番(熊谷昭浩君) (続) そうしますと、チリ地震の特別対策の事業関係は、残っている養殖施設の撤去ということであるということでありますが、それがどの程度時期としてかかるのか。

  あともう一点、例えば漁業者からいろんな支援をお願いされていると思うのですが、もしこういった支援もお願いされているというものがあればお知らせをお願いしたいというふうに思います。

  あと大船渡駅周辺整備事業は、今課長が言った内容が今回の補正でやる内容という理解でいいのですか。



○議長(佐藤丈夫君) 商工観光物産課長。



◎商工観光物産課長(志田重男君) 今回の補正は、これはただいま申し上げました多機能交流館と東西自由通路は当初予算で見ておりましたけれども、この当初、現在詳細設計を詰めているところなのですけれども、その詰めている中で保安費等の計上がされていなかったと、そういった部分が出てきましたので、それらを補正するということでございます。



○議長(佐藤丈夫君) 水産課長。



◎水産課長(千葉英彦君) お答え申し上げます。

  処分の時期ということでございますけれども、これにつきましては申しわけありません、はっきりした時期というのは、年度内ということで御理解をいただきたいと思います。

  それと、ほかの支援ということですけれども、現在は今まで行った支援ということが要望されているということで把握しております。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 19番、畑中孝博君。



◆19番(畑中孝博君) 今の熊谷議員のちょっと関連というのは変ですけれども、大船渡駅周辺整備事業についてでございますけれども、私のちょっと記憶が間違っていたら申しわけないですけれども、当初で4億3,000万ぐらいだったなとは思うのですけれども、計上していたのが。今回1億9,000万計上になったということで、計6億2,000万ぐらいかなと思うのですけれども、これ全部の工事が完了するということで理解してよろしいのかどうか。



○議長(佐藤丈夫君) 商工観光部長。



◎商工観光部長(佐藤悦郎君) お答え申し上げます。

  当初の予算といいますのは、基本設計が策定のさなかにやったものですから、なかなか総体としての事業費をつかめないということもありまして、本体と、それから自由通路分ということで当初の予算に計上させていただきました。その後基本設計ができて、詳細設計をお願いして、詳細設計の今詰めを行っていると。その中で詳細な予算の積算をお願いいたしまして、その過程で建物を少し大きくしたということがございます。これが結構きいてございます。

  それから、もう一つは、当初あるいは基本設計の中で、JRさんとは全くお話が出てこなかった、先ほど課長が御説明いたしましたけれども、保安費、それから支障物件を移転したり、仮の駅舎をつくったりと、そういうのが随分高額でございまして、トータルとして1億を超す補正を本日お願いするということになったものでございます。



○議長(佐藤丈夫君) 19番、畑中孝博君。



◆19番(畑中孝博君) (続) 駅、鉄道関連で大変難しい工事だなとは理解はしますけれども、私が聞いたのは、おおよそ6億2,000万計上になったわけでございますけれども、それでほとんどの工事が完了するというふうに理解していいのかどうか。



○議長(佐藤丈夫君) 商工観光部長。



◎商工観光部長(佐藤悦郎君) この金額で御理解いただきたいと思っております。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第7号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第7号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第22、議案第8号、平成22年度大船渡市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)を定めることについてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第8号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第8号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第23、議案第9号、平成22年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第9号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第9号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第24、議案第10号、平成22年度大船渡市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)を定めることについてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第10号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第10号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第25、議案第11号、平成22年度大船渡市老人保健特別会計補正予算(第1号)を定めることについてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第11号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第11号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第26、議案第12号、大船渡市地域情報通信基盤整備工事の請負契約の締結に関し議決を求めることについてを議題といたします。

  質疑を許します。20番、斎藤功君。



◆20番(斎藤功君) お伺いします。

  越喜来地区と吉浜地区の契約の予定者がどの程度なものだか。そして、また工事は来年当初に終わる予定なようですが、契約はいつごろ行われるのかお聞きしたいです。



○議長(佐藤丈夫君) 企画調整課長。



◎企画調整課長(佐藤高廣君) それでは、私のほうからお答えを申し上げます。

  まず、申し込みの件数でございますけれども、仮申し込みの件数ですが、越喜来で119件、吉浜で97件、それが一般世帯の申し込み件数です。それがトータルで216件。それに加えまして、北里大学の学生さんの仮申し込みが212件ほどございますので、トータルで428件というふうな申し込み状況になってございます。

  それと、今度は利用開始の時期でございますけれども、現在契約期間どおり1月末まで工事がかかる見通しとなってございます。ただし、仮申し込み等をされている方もいらっしゃいますので、早目に利用していただきたいということもございまして、ブロードバンドの整備工事にあわせて正式申し込み等をいただきながら工事のほうを、引き込み工事ですか、利用されるそれぞれの方への引き込み工事等も速やかに進むようにしたいと。そういうことで、目標としましては2月から利用できるようにしたいというふうに考えてございます。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 20番、斎藤功君。



◆20番(斎藤功君) (続) できるだけ多くの市民が契約をしていただきたいわけですが、当初見込みとのずれが私はかなり生じているのではないかなと思うのですが、契約者数と、あるいは契約料とかいろんな関連で、契約者数とは関係なく工事が行われるものでしょうか、お伺いをします。

  また、端っこのほうで、各いろんな細かいさまざまで二、三軒離れていたり、四、五軒離れていたりする場所があるわけですけれども、そこに契約予定者がなければそこまで届かないということもあるのかどうか、そういうことをお聞きしたいと思います。



○議長(佐藤丈夫君) 企画調整課長。



◎企画調整課長(佐藤高廣君) まず、利用申し込みの件数に関してでございますけれども、通信業者との話し合いの中では、1つの目安としまして400件というふうな数字がございました。これは、事業実施の目安ということでございまして、その400件に達していなくても決して事業はやらないということではないということでございました。今回は、先ほど申し上げましたとおり400件を超える申し込み件数となってございます。

  それと、もう一つはブロードバンドの整備のエリアといいますか、範囲ということでございますが、資料のほうにも図面のほうをおつけしておりますけれども、いずれNTTの各現在ある局舎からこのエリア全体につきましてブロードバンドのファイバー、光ファイバー網を整備するということでございますので、その申込者のあるなしに問わず、そちらのエリアにブロードバンドのファイバー網を整備するという考えでございます。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第12号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第12号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第27、議案第13号、あらたに生じた土地の確認についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第13号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第13号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第28、議案第14号、公有水面の埋立てによる字区域の変更についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第14号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第14号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第29、議案第15号、岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第15号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第15号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第30、請願の継続審査についてを議題といたします。

  産業建設常任委員長から請願第1号、米価の下落に歯止めをかけ、再生産できる米価の実現を求める請願について、お手元に配付の写しのとおり閉会中の継続審査申出書が提出されております。

  お諮りいたします。産業建設常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査として審査付託することに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、産業建設常任委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査として付託することに決定いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で本定例会に付議されました議案等全部を議了いたしましたので、これをもちまして平成22年第3回定例会を閉会いたします。

  大変御苦労さまでございました。



    午前10時56分 閉   会