議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 大船渡市

平成22年  第2回 定例会 06月23日−審議決定−04号




平成22年  第2回 定例会 − 06月23日−審議決定−04号







平成22年  第2回 定例会





議事日程第4号

平成22年6月23日(水)午前10時開議

日程第1  報告第3号  平成21年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書について
日程第2  報告第4号  平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計繰越明許費繰越計算書について
日程第3  報告第5号  平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について
日程第4  報告第6号  平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)繰越明許費繰越
             計算書について
日程第5  報告第7号  平成21年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書について
日程第6  議案第1号  大船渡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例
             について
日程第7  議案第2号  大船渡市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について
日程第8  議案第3号  大船渡市税条例の一部を改正する条例について
日程第9  議案第4号  大船渡市企業立地奨励条例の特例に関する条例の一部を改正する条例につい
             て
日程第10  議案第5号  平成22年度大船渡市一般会計補正予算(第2号)を定めることについて
日程第11  議案第6号  岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び岩手県市
             町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて
日程第12  発議案第3号 子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの公費全額補助に関する意見書について
日程第13         常任委員会の継続調査について

本日の会議に付した事件
   〜議事日程第4号に同じ〜

出 席 議 員(26名)
  議 長  佐 藤 丈 夫 君          副議長  平 田   武 君
  1 番  伊 藤 力 也 君          2 番  伊 藤 直 人 君
  3 番  森     操 君          4 番  三 浦 正 明 君
  5 番  紀 室 若 男 君          6 番  佐 藤   寧 君
  7 番  平 山   仁 君          8 番  熊 谷 昭 浩 君
  9 番  船 野   章 君          10番  須 藤 共 二 君
  11番  滝 田 松 男 君          12番  木川田 了 摩 君
  13番  及 川   彌 君          14番  門 前 恭 一 君
  15番  三 浦   隆 君          16番  鈴 木 道 雄 君
  17番  氏 家 じんいち君          18番  菊 地 耕 悦 君
  19番  畑 中 孝 博 君          20番  斎 藤   功 君
  21番  平 田 ミイ子 君          22番  志 田 嘉 功 君
  23番  鎌 田 和 昭 君          24番  村 上 健 一 君

欠 席 議 員(0 名)

説明のため出席した者
  市     長  甘 竹 勝 郎 君      副  市  長  紀 室 輝 雄 君
  教  育  長  今 野 洋 二 君      企 画 政策部長  新 沼 辰 男 君
  総 務 部 長  武 政 久 夫 君      生 活 福祉部長  千 田 哲 志 君
  商 工 観光部長  佐 藤 悦 郎 君      港 湾 経済部長  室 井 良 雄 君

  農 林 水産部長  佐々木 伸 介 君      大 船 渡魚市場  佐 藤 悦 男 君
                          建 設 推進室長

  都 市 整備部長  佐 藤   守 君      三 陸 支 所 長  及 川 岩 治 君
  会 計 管 理 者  奥 山 行 正 君      教 育 次 長  山 口 清 人 君
  企 画 調整課長  佐 藤 高 廣 君      秘 書 広聴課長  三 浦 勝 朗 君
  総 務 課 長  金 野 博 史 君      財 政 課 長  佐 藤   良 君
  税 務 課 長  橋 本 敏 行 君      国 保 年金課長  三 浦 和 士 君
  港 湾 経済課長  金 野 敏 夫 君      農 林 課 長  佐 藤 英 夫 君
  水 産 課 長  千 葉 英 彦 君      水 産 課 技 監  片 石 圭 介 君
  建 設 課 長  村 上 隆 樹 君      下水道事業所長  佐 藤   清 君
  水 道 事業所長  井 上 正 規 君      生 涯 学習課長  金 野 良 一 君

事務局職員出席者
  事 務 局 長  金 野 周 明 君      局 長 補 佐  後 藤 俊 一 君
  議 事 係 長  千 田 岳 明 君





    午前10時00分 開   議



○議長(佐藤丈夫君) おはようございます。定刻になりましたので、これより本日の会議を開会いたします。

  本日の出席議員は26名全員であります。

  日程に入るに先立ち、諸報告を行います。市長から三陸ふるさと振興株式会社の経営状況を説明する書類の提出があり、お手元に配付のとおりですので、御了承願います。

  以上で諸報告を終わります。

  それでは、出席議員が定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

  本日の議事は、議会運営委員長より報告のあった発議案1件を加え、お手元に配付の議事日程第4号により進めることにいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 日程第1、報告第3号、平成21年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で報告第3号議題を終わります。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第2、報告第4号、平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で報告第4号議題を終わります。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第3、報告第5号、平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で報告第5号議題を終わります。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第4、報告第6号、平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で報告第6号議題を終わります。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第5、報告第7号、平成21年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で報告第7号議題を終わります。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第6、議案第1号、大船渡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第1号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第1号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第7、議案第2号、大船渡市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第2号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第2号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第8、議案第3号、大船渡市税条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。4番、三浦正明君。



◆4番(三浦正明君) 市税条例の第35条の3の2、3の3ですけれども、給与所得者及び公的年金受給者の扶養親族申告書の提出に係る手続というところですけれども、この改正の理由についてお聞きしたいということと、それからこの改正によって納税者の事務負担がふえるのでないかなと。具体的にどのようになるか、ちょっとあれですけれども、その辺についてお聞きしたいと。

  それから、94条、たばこ税の税率ですけれども、このたばこ税の引き上げによって市民負担はどのくらいになるのかということで、おおよそどのくらいになるのか、ちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(佐藤丈夫君) 税務課長。



◎税務課長(橋本敏行君) まず、35条の関係で、給与所得者の扶養親族申告書と年金の方々の扶養親族申告書の関係でございますが、これにつきましては、所得税におきまして平成23年分、住民税におきまして平成24年度から年少扶養控除が廃止される見込みであります。したがいまして、これまで確定申告書や住民税申告書、そういった方々に記載をしていただいておりましたが、住民税においても年少扶養控除がなくなることに対する均等割や所得割の非課税限度額を把握するためにぜひ必要な情報ということで条例のほうに盛り込むということが今回の改正になります。

  それと、納税者の御負担はどうかという点でございますが、これにつきましては国のほうでも給与支払い者が御迷惑にならないような、できるだけ負担が少ないような方法を講じるということでございまして、地方税法の規則の中で今後定めていくということになってございます。

  もう一つ、94条のたばこ税の関係でございますが、これは10月1日から施行するということになるわけでございますが、小売価格で300円のものが410円に上がる見込みということでございまして、そういったときにたばこをおやめになる方がふえるのか、減らそうとするのか、あるいは価格の安いものを購入しようとするのか、その動きというのはそれぞれの皆さんの健康管理の部分もあると思いますので、それに応じて増減があろうというふうに考えております。したがいまして、大変恐縮でございますが、今時点ではその動向が把握いたしかねますので、金額部分の増減につきましてはお答えしかねるところでございます。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第3号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立多数であります。

  よって、議案第3号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第9、議案第4号、大船渡市企業立地奨励条例の特例に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第4号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第4号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第10、議案第5号、平成22年度大船渡市一般会計補正予算(第2号)を定めることについてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第5号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第5号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第11、議案第6号、岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてを議題といたします。

  質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第6号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第6号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第12、発議案第3号、子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの公費全額補助に関する意見書についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。21番、平田ミイ子さん。

    (21番 平田ミイ子君登壇)



◎21番(平田ミイ子君) 発議案第3号、子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの公費全額補助に関する意見書について。

  標記について、大船渡市議会会議規則第14条の規定により、別紙のとおり提出いたします。平成22年6月17日。

  提出者、大船渡市議会議員、平田ミイ子、賛成者、氏家議員、畑中議員、菊地議員、紀室議員、佐藤議員、滝田議員、村上議員、森議員。大船渡市議会議長、佐藤丈夫様。

  朗読をもって提案いたしますので、よろしくお願いいたします。

  子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの公費全額補助に関する意見書。

  子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染を原因とする癌であり、日本でも毎年約1万5,000人の方が発症し、約3,500人の方が亡くなっています。

  ヒトパピローマウイルスは、すべての女性の約80%が一生に一度は感染していると報告があるほどありふれたウイルスです。多くの場合、性交渉によって感染すると考えられていることから、すべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っています。

  近年、子宮頸がん予防HPVワクチンが開発され、ワクチン接種によりウイルス感染を予防し、将来的な子宮頸がんの発症数を減らすことが期待されるようになりました。

  しかし、このHPVワクチンがようやく承認されたところですが、現時点では任意接種であり、3回の接種に合計約5万円前後の費用が必要となります。より多くの女性への接種が可能となるように、諸外国では国のワクチン政策に組み入れることが推奨されており、ほとんどの先進国では接種費用に対し公費助成がなされています。

  よって、国においては、女性の健康を守るために、自治体間の財政格差や、首長や担当者の認識の格差に影響されることなく、全国的なワクチン政策の統一を図るとともに、公費助成による負担軽減を図ることを強く要望します。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。

  平成22年6月17日。大船渡市議会。

  意見書提出先、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、厚生労働大臣。

  以上であります。皆様の御賛同を賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(佐藤丈夫君) 発議案第3号について質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  発議案第3号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、発議案第3号は原案のとおり可決いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第13、常任委員会の継続調査についてを議題といたします。

  総務、教育福祉、産業建設の各常任委員長から、所管事項について閉会中の継続調査として付託されるよう、それぞれお手元に配付の写しのとおり申し出がありました。

  お諮りいたします。各常任委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査として付託することに御異議ございませんか。20番、斎藤功君。



◆20番(斎藤功君) 異議はありません。がしかし、確認をさせていただきます。

  初めの総務常任委員長からの申し出の中に監査委員が含まれております。監査委員の……監査委員会というよりは監査委員の所管する事項が何ゆえに調査を要するか、その理由をまずお聞かせいただきます。

  それから、教育福祉常任委員長の申し出の中には生活福祉部及び教育委員会とありますが、これもやはり何ゆえに教育委員会を調査する必要があるのか、その事由、2番の理由の調査検討を要するためだけでは何のことか見当もつかないので、そこの理由をお聞かせ願います。

  それから、産業建設常任委員長からの申し出の中に農業委員会の所管する事項と書いてありますが、教育委員会もそうですが、独立行政委員会の調査を要するということは、これは異例のことだと私は認識をするわけであります。特にも農業委員会に限って言えば、農業委員会の会議そのものがそうでしょうけれども、そのほとんどが個人情報に属する事柄が多いはずです。したがって、この独立行政委員会である農業委員会を何ゆえに、どういうことで調査をする必要があるのか御説明を願いたいと思います。



○議長(佐藤丈夫君) これは、各委員長から答弁を求めます。

  総務常任委員長。



◎総務常任委員会委員長(畑中孝博君) 私も総務常任委員長になりたてで、なかなか回答には困るわけでございますけれども、この前の委員会におきまして所管する常任委員会があったわけでございまして、そのときは何も意見がなくて通ったわけでございます。私も勉強不足で、ありませんというのですか、ちょっと判断に、回答に困るところでございます。

  以上でございます。

    (「動議です。よろしいですか」

      と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 動議、はい。



◎9番(船野章君) 各行政委員会に係ることなので、ここで一たん休憩を求める動議を提出いたします。

    (「賛成」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 賛成者がございますので、それでは暫時休憩いたします。

    午前10時19分 休   憩

    午前10時44分 再   開



○議長(佐藤丈夫君) 当局の提出議案は終了しておりますので、当局は退席とし、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  ただ今の斎藤議員の質問について3常任委員会を代表して総務常任委員長から答弁をさせます。19番、畑中孝博君。



◎総務常任委員会委員長(畑中孝博君) それでは、御答弁をさせていただきます。

  この案件につきましては、大船渡市議会委員会条例の第2条にうたっておりますし、例えば閉会中に調査の必要性が生じた場合を勘案して申し出をするものでありますことを報告いたしまして、何とか御理解をいただきたいと、そのように思います。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) それでは、よって各常任委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査として付託することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、各常任委員長申し出のとおり、閉会中の継続調査として付託することに決定いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で本定例会に付議されました議案等を全部議了いたしましたので、これをもちまして平成22年第2回定例会を閉会いたします。

  大変御苦労さまでございました。



    午前10時46分 閉   会