議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 大船渡市

平成22年  第2回 定例会 06月11日−議案上程説明−01号




平成22年  第2回 定例会 − 06月11日−議案上程説明−01号







平成22年  第2回 定例会





         平成22年大船渡市議会第2回定例会会議録

議事日程第1号

平成22年6月11日(金)午前10時開議

日程第1         会期の決定
日程第2         会議録署名議員の指名
日程第3  報告第1号  車両接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分について
日程第4  報告第2号  林道側溝における車両損傷事故に係る損害賠償事件に関する専決処分につい
             て
日程第5  報告第3号  平成21年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書について
日程第6  報告第4号  平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計繰越明許費繰越計算書について
日程第7  報告第5号  平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について
日程第8  報告第6号  平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)繰越明許費繰越
             計算書について
日程第9  報告第7号  平成21年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書について
日程第10  議案第1号  大船渡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例
             について
日程第11  議案第2号  大船渡市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について
日程第12  議案第3号  大船渡市税条例の一部を改正する条例について
日程第13  議案第4号  大船渡市企業立地奨励条例の特例に関する条例の一部を改正する条例につい
             て
日程第14  議案第5号  平成22年度大船渡市一般会計補正予算(第2号)を定めることについて
日程第15  議案第6号  岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び岩手県市
             町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて

本日の会議に付した事件
   〜議事日程第1号に同じ〜

出 席 議 員(26名)
  議 長  佐 藤 丈 夫 君          副議長  平 田   武 君
  1 番  伊 藤 力 也 君          2 番  伊 藤 直 人 君
  3 番  森     操 君          4 番  三 浦 正 明 君
  5 番  紀 室 若 男 君          6 番  佐 藤   寧 君
  7 番  平 山   仁 君          8 番  熊 谷 昭 浩 君
  9 番  船 野   章 君          10番  須 藤 共 二 君
  11番  滝 田 松 男 君          12番  木川田 了 摩 君
  13番  及 川   彌 君          14番  門 前 恭 一 君
  15番  三 浦   隆 君          16番  鈴 木 道 雄 君
  17番  氏 家 じんいち君          18番  菊 地 耕 悦 君
  19番  畑 中 孝 博 君          20番  斎 藤   功 君
  21番  平 田 ミイ子 君          22番  志 田 嘉 功 君
  23番  鎌 田 和 昭 君          24番  村 上 健 一 君

欠 席 議 員(0 名)

説明のため出席した者
  市     長  甘 竹 勝 郎 君      副  市  長  紀 室 輝 雄 君
  教  育  長  今 野 洋 二 君      企 画 政策部長  新 沼 辰 男 君
  総 務 部 長  武 政 久 夫 君      生 活 福祉部長  千 田 哲 志 君
  商 工 観光部長  佐 藤 悦 郎 君      港 湾 経済部長  室 井 良 雄 君

  農 林 水産部長  佐々木 伸 介 君      大 船 渡魚市場  佐 藤 悦 男 君
                          建 設 推進室長

  都 市 整備部長  佐 藤   守 君      三 陸 支 所 長  及 川 岩 治 君
  会 計 管 理 者  奥 山 行 正 君      教 育 次 長  山 口 清 人 君
  企 画 調整課長  佐 藤 高 廣 君      秘 書 広聴課長  三 浦 勝 朗 君
  総 務 課 長  金 野 博 史 君      財 政 課 長  佐 藤   良 君
  税 務 課 長  橋 本 敏 行 君      国 保 年金課長  三 浦 和 士 君
  港 湾 経済課長  金 野 敏 夫 君      農 林 課 長  佐 藤 英 夫 君
  水 産 課 長  千 葉 英 彦 君      水 産 課 技 監  片 石 圭 介 君
  建 設 課 長  村 上 隆 樹 君      下水道事業所長  佐 藤   清 君
  水 道 事業所長  井 上 正 規 君      生 涯 学習課長  金 野 良 一 君

事務局職員出席者
  事 務 局 長  金 野 周 明 君      局 長 補 佐  後 藤 俊 一 君
  議 事 係 長  千 田 岳 明 君





    午前10時00分 開   会



○議長(佐藤丈夫君) おはようございます。

  これより平成22年市議会第2回定例会を開会いたします。

  本日の出席議員は26名全員であります。

  日程に入るに先立ち、諸報告を行います。まず、去る4月8日、二戸市におきまして平成22年度岩手県市議会議長会定期総会が開催され、議長が出席いたしました。総会では、会長提出議案5件と各市提出議案4件について、原案のとおり可決されております。

  また、4月15日に会津若松市におきまして第62回東北市議会議長会定期総会が開催され、議長が出席いたしました。総会では、会長提出議案5件、各県提出議案18件が原案のとおり決定となっております。

  また、5月26日、東京都におきまして第86回全国市議会議長会定期総会が開催され、議長が出席いたしました。総会の開会式には、内閣総理大臣の代理の松野内閣官房副長官、横路衆議院議長、総務大臣の代理の小川総務大臣政務官の出席をいただき、盛大に開催されたところであります。開会式に引き続き表彰式が行われ、議員3,006名に表彰状が授与された後、部会提出議案26件、会長提出議案3件を審議し、全議案とも原案のとおり可決し、今後関係の委員会に付託して、その実現に向け進めてまいることになったところであります。

  また、提出議案とは別に口蹄疫対策に関する緊急決議についても可決されましたので、報告いたします。

  なお、当市議会における全国市議会議長会表彰は、15年以上議員である者として志田嘉功君、平田ミイ子さんのお二人が、10年以上議員である者として平田武君、斎藤功君、畑中孝博君、菊地耕悦君、氏家じんいち君、鈴木道雄君、三浦隆君の7名がそれぞれ一般表彰を受賞し、また地方財政委員会委員として議長が感謝状の贈呈を受けたところであります。

  それでは、これより表彰状の伝達を行います。



◎事務局長(金野周明君) それでは、全国市議会議長会長の表彰状の伝達を行います。

  志田嘉功議員、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 表彰状。大船渡市、志田嘉功殿。

  あなたは、市議会議員として15年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので第86回定期総会に当たり、本会表彰規定により表彰いたします。

  平成22年5月26日、全国市議会議長会会長、五本幸正、代読。

  おめでとうございます。

     (拍     手)



◎事務局長(金野周明君) 平田ミイ子議員、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 表彰状。大船渡市、平田ミイ子殿。

  以下同文でございます。

  おめでとうございます。

     (拍     手)



◎事務局長(金野周明君) 平田武議員、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 表彰状。大船渡市、平田武殿。

  あなたは、市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので第86回定期総会に当たり、本会表彰規定により表彰いたします。

  平成22年5月26日、全国市議会議長会会長、五本幸正、代読。

  おめでとうございます。

     (拍     手)



◎事務局長(金野周明君) 斎藤功議員、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 表彰状。大船渡市、斎藤功殿。

  以下同文でございます。

  おめでとうございます。

     (拍     手)



◎事務局長(金野周明君) 畑中孝博議員、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 表彰状。大船渡市、畑中孝博殿。

  以下同文でございます。

  おめでとうございます。

     (拍     手)



◎事務局長(金野周明君) 菊地耕悦議員、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 表彰状。大船渡市、菊地耕悦殿。

  以下同文でございます。

  おめでとうございます。

     (拍     手)



◎事務局長(金野周明君) 氏家じんいち議員、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 表彰状。大船渡市、氏家じんいち殿。

  以下同文でございます。

  おめでとうございます。

     (拍     手)



◎事務局長(金野周明君) 鈴木道雄議員、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 表彰状。大船渡市、鈴木道雄殿。

  以下同文でございます。

  おめでとうございます。

     (拍     手)



◎事務局長(金野周明君) 三浦隆議員、お願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 表彰状。大船渡市、三浦隆殿。

  以下同文でございます。

  おめでとうございます。

     (拍     手)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で表彰状の伝達を終わります。

  受賞者の皆様方に対しましては、心からお喜び申し上げますとともに、今後とも市勢発展のため、さらなる御尽力を賜りますようお願いを申し上げます。

  ここで受賞者の志田嘉功君より発言を求められておりますので、これを許します。22番、志田嘉功君。

    (22番 志田嘉功君登壇)



◎22番(志田嘉功君) 受賞者を代表して一言皆様に感謝の意を表したいと思います。

  一つの節目として10年、あるいは15年、あるいは20年ありますけれども、このようにきょう9名の方々が受賞されました。私、15年やっておりますが、このような9名というのは初めてでございます。そして、けさ、さまざま15年間を振り返ってみました。今議場におられる方では、村上健一議員、平田ミイ子議員、そして当局におかれましては甘竹市長、そして紀室副市長。私自身、15年というのは走馬灯のように走り去った部分もございますが、同時に15年という重みが、長い間にこのように今いる方々が少なくなっているという実情を考えると、決して短いものではないなと思いながら今ここに立っております。このように表彰を受けるのも議員各位の御指導、そして市民の方々の御支援、家族のさまざまな犠牲のもとでこういった形がなされたのかなと、そういうふうに思っております。今後とも市勢発展のために一層努力する所存でございますので、議員各位におかれましては、今後ともなお一層努力もいたしますので、御指導、御鞭撻のほどよろしくお願いいたします。どうも本日はありがとうございます。

     (拍     手)



○議長(佐藤丈夫君) 次に、市長から大船渡市土地開発公社、社団法人大船渡市畜産公社、財団法人三陸教育施設運営会の経営状況を説明する書類の提出があり、お手元に配付のとおりですので、御了承願います。

  以上で諸報告を終わります。

    午前10時14分 開   議



○議長(佐藤丈夫君) それでは、出席議員が定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

  本日の議事はお手元に配付の議事日程第1号により、これを進めることにいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 日程第1、会期の決定を行います。

  お諮りいたします。議会運営委員長より報告がありましたが、本定例会の会期は本日より6月23日までの13日間とし、お手元に配付の日次予定表により進めてまいりたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、本定例会の会期は本日から6月23日までの13日間とし、日次予定表により進めることに決定いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は規定により議長において、8番、熊谷昭浩君、9番、船野章君の両名を指名いたします。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第3、報告第1号、車両接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分について及び日程第4、報告第2号、林道側溝における車両損傷事故に係る損害賠償事件に関する専決処分についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。総務部長。

    (総務部長 武政久夫君登壇)



◎総務部長(武政久夫君) それでは、私から報告第1号と報告第2号について御説明いたします。

  議案書の報告第1号をお開き願います。報告第1号、車両接触事故に係る損害賠償事件に関する専決処分について。これに係る和解及びその損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項の規定により別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。

  お開き願います。専決処分書の写しでございます。車両接触事故に係る損害賠償事件に関し、これに係る和解及びその損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第10号の規定により、次のとおり専決処分する。

  和解及び損害賠償の相手方、保有者、釜石市鈴子町11番7号、旭モーターサービス株式会社代表取締役、元持勝利。運転者、上閉伊郡大槌町吉里吉里1丁目4番6号、後藤圭。和解の内容、大船渡市は相手方に損害賠償の額32万9,007円のうち損害賠償の額23万305円を支払う。損害賠償の額、23万305円。この額は、全額保険金で支払いするものでございます。損害賠償の原因、平成22年4月19日、大船渡市三陸町綾里字白浜地内の主要地方道大船渡綾里三陸線において、綾里診療所患者輸送車の運転業務委託先である社団法人大船渡市シルバー人材センターの会員が運転する市保有の自動車が、本件相手方である旭モーターサービス株式会社保有で後藤氏が運転する小型貨物車に接触し、車体に損傷を与えた。事故原因は、双方の運転手の安全確認が不十分だったことによるものでございます。

  お開き願います。報告第2号、林道側溝における車両損傷事故に係る損害賠償事件に関する専決処分について。これに係る和解及びその損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項の規定により別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。

  お開き願います。専決処分書の写しでございます。林道側溝における車両損傷事故に係る損害賠償事件に関し、これに係る和解及びその損害賠償の額の決定について、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第10号の規定により、次のとおり専決処分する。

  和解及び損害賠償の相手方、保有者、大船渡市赤崎町字大立32番地、志田千代子。運転者、大船渡市赤崎町字大立32番地、志田好克。和解の内容、大船渡市は相手方に損害賠償の額2万9,915円を支払う。損害賠償の額、2万9,915円。この額は、全額保険金で支払いをするものでございます。損害賠償の原因、平成22年5月3日、大船渡市猪川町字長谷堂地内の林道長谷堂線において、側溝に設置していたグレーチングが走行中の本件相手方である志田千代子氏保有の志田好克氏が運転する軽乗用車に接触し、車体に損傷を与えた。事故原因は、側溝の一部が破損し、グレーチングの設置が不安定だったことによるものでございます。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 以上、報告2件についての説明を終了いたします。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第5、報告第3号、平成21年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書についてから日程第9、報告第7号、平成21年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書についてまで、以上5件を一括議題といたします。

  提出者の説明を求めます。総務部長。

    (総務部長 武政久夫君登壇)



◎総務部長(武政久夫君) それでは、引き続き私から報告第3号から報告第6号について御説明いたします。

  議案書の報告第3号をお開き願います。報告第3号、平成21年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書について。別紙のとおり地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものでございます。

  お開き願います。平成21年度大船渡市一般会計繰越明許費繰越計算書。款、項、事業名、金額、翌年度繰越額の順に主なものを申し上げます。2款総務費、1項総務管理費、越喜来吉浜地区光ファイバー網整備事業3億800万円、2億7,630万円。綾里地区コミュニティー施設整備事業1億7,304万7,000円、1億5,610万9,200円。8款土木費、2項道路橋梁費、道路水路維持補修事業1億3,000万円、1億2,938万6,882円、長谷堂線道路改良事業9,389万5,000円、9,389万5,000円、盛中央線道路改良事業1億1,750万5,000円、9,051万円。

  お開き願います。8款土木費、5項都市計画費、都市公園安全安心対策緊急総合支援事業8,371万6,000円、8,369万5,250円。

  お開き願います。報告第4号、平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計繰越明許費繰越計算書について。別紙のとおり地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものでございます。

  お開き願います。平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計繰越明許費繰越計算書。款、項、事業名、金額、翌年度繰越額の順に申し上げます。1款1項魚市場費、大船渡魚市場整備事業23億7,551万1,000円、23億7,551万331円でございます。

  お開き願います。報告第5号、平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について。別紙のとおり地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものでございます。

  お開き願います。平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書。款、項、事業名、金額、翌年度繰越額の順に申し上げます。1款1項公共下水道事業費、管渠施設建設事業3億2,220万円、3億2,220万円でございます。

  お開き願います。報告第6号、平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)繰越明許費繰越計算書について。別紙のとおり地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものでございます。

  お開き願います。平成21年度大船渡市国民健康保険特別会計(診療施設勘定)繰越明許費繰越計算書。款、項、事業名、金額、翌年度繰越額の順に申し上げます。3款1項施設整備費、綾里診療所・歯科診療所改築事業2,524万8,000円、1,515万1,080円でございます。

  以上でございます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(佐藤丈夫君) 水道事業所長。

    (水道事業所長 井上正規君登壇)



◎水道事業所長(井上正規君) それでは、報告第7号について御説明いたします。

  平成21年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書について。別紙のとおり地方公営企業法第26条第3項の規定により議会に報告するものでございます。

  お開き願います。平成21年度大船渡市水道事業会計予算繰越計算書。地方公営企業法第26条第1項の規定による建設改良費の繰越額、款、項、事業名、翌年度繰越額の順に申し上げます。1款資本的支出、1項建設改良費、事業名、大船渡臨港道路配水管布設事業、翌年度繰越額2,331万円。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第10、議案第1号、大船渡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例についてから日程第15、議案第6号、岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについてまで、以上6件を一括議題といたします。

  提出者の説明を求めます。総務部長。

    (総務部長 武政久夫君登壇)



◎総務部長(武政久夫君) それでは、私から議案第1号から議案第6号について御説明いたします。

  議案第1号をお開き願います。議案第1号、大船渡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

  提案理由でございます。育児休業、介護休業等、育児または家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部改正に伴い、3歳未満の子のある職員に係る時間外勤務の制限等に関し、所要の規定の整備をしようとするものでございます。

  お開き願います。大船渡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部を改正する条例でございますが、改正条例の内容につきましては、お配りしてございます議案第1号説明要旨により御説明し、全文にかえさせていただきます。また、資料といたしまして新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。

  説明要旨の1ページをお開き願います。議案第1号説明要旨、1、本則でございます。第9条、3歳未満の子のある職員に係る時間外勤務の制限等を定めるものでございます。

  2、附則でございます。第1項、この条例の施行期日を平成22年6月30日とし、ただし次項の規定は公布の日とするものでございます。

  第2項、3歳未満の子のある職員に係る時間外勤務の制限等の請求に係る経過措置を定めるものでございます。

  議案第2号をお開き願います。議案第2号、大船渡市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

  提案理由でございます。地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴い、育児休業をすることができる職員の範囲等に関し、所要の規定の整備をしようとするものでございます。

  お開き願います。大船渡市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例でございますが、改正条例の内容につきましては、お配りしてございます議案第2号説明要旨により御説明し、全文にかえさせていただきます。また、資料といたしまして新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。

  説明要旨の2ページをお開き願います。議案第2号説明要旨、1、本則でございます。第2条、配偶者の育児休業の状況等にかかわらず、育児休業をすることができること等を定めるものでございます。

  第2条の2、特別の事情がなくても再度の育児休業をすることができる最初の育児休業の期間を、出生の日から57日間とすることを定めるものでございます。

  第3条、最初の育児休業終了後3カ月以上経過した場合は、再度の育児休業をすることができること等を定めるものでございます。

  第5条、職員以外の親が子を養育できる場合でも、育児休業の取り消し事由に当たらないこととすることを定めるものでございます。

  第9条、配偶者の育児休業の状況等にかかわらず、育児短時間勤務をすることができること等を定めるものでございます。

  第10条、最初の育児短時間勤務終了後3カ月以上経過した場合は、再度の育児短時間勤務をすることができること等を定めるものでございます。

  第13条、職員以外の親が子を養育できる場合でも、育児短時間勤務の取り消し事由に当たらないこととすることを定めるものでございます。

  第17条、配偶者の育児休業の状況等にかかわらず、部分休業をすることができること等を定めるものでございます。

  2、附則でございます。第1項、この条例の施行期日を平成22年6月30日とするものでございます。

  第2項、育児休業等計画書の申し出に係る経過措置を定めるものでございます。

  議案第3号をお開き願います。議案第3号、大船渡市税条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

  提案理由でございます。地方税法等の一部改正に伴い、市たばこ税の税率等に関し、所要の規定の整備をしようとするものでございます。

  お開き願います。大船渡市税条例の一部を改正する条例でございますが、改正条例の内容につきましては、お配りしてございます議案第3号説明要旨により御説明し、全文にかえさせていただきます。また、資料といたしまして新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。

  説明要旨の3ページをお開き願います。議案第3号説明要旨、1、本則でございます。第35条の3の2、給与所得者の扶養親族申告書の提出に係る手続等を定めるものでございます。

  第35条の3の3、公的年金等受給者の扶養親族申告書の提出に係る手続等を定めるものでございます。

  第94条、市たばこ税の税率を、1,000本につき4,618円とすることを定めるものでございます。

  第140条、国民健康保険税の基礎課税額の限度額を50万円、後期高齢者支援金等課税額の限度額を13万円とすることを定めるものでございます。

  第161条、国民健康保険税の基礎課税額の軽減後の限度額を50万円、後期高齢者支援金等課税額の軽減後の限度額を13万円とすること等を定めるものでございます。

  附則第16条の2、廃止前の製造たばこ定価法において3級品とされていたものに係る市たばこ税の税率を、1,000本につき2,190円とすることを定めるものでございます。

  附則第18条の2の2、非課税口座内の少額上場株式等の譲渡所得等に係る市民税の所得計算の特例を定めるものでございます。

  2、附則でございます。第1条、この条例の施行期日を定めるものでございます。

  第2条、市民税に関する経過措置を定めるものでございます。

  第3条、固定資産税に係る経過措置を定めるものでございます。

  第4条、市たばこ税に関する経過措置を定めるものでございます。

  第5条、国民健康保険税に関する経過措置を定めるものでございます。

  議案第4号をお開き願います。議案第4号、大船渡市企業立地奨励条例の特例に関する条例の一部を改正する条例について。別紙のとおり制定することについて、地方自治法第96条第1項第1号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

  提案理由でございます。平成22年4月1日から平成24年3月31日までの間に補助金の交付の認定を受けて、工場等を新設した者等に対し、補助の拡充をしようとするものでございます。

  お開き願います。大船渡市企業立地奨励条例の特例に関する条例の一部を改正する条例でございますが、改正条例の内容につきましては、お配りしてございます議案第4号説明要旨により御説明し、全文にかえさせていただきます。また、資料といたしまして新旧対照表を参考にしていただきたいと存じます。

  説明要旨の4ページをお開き願います。議案第4号説明要旨、1、本則でございます。附則第2項、平成22年4月1日から平成24年3月31日までの間に補助金の交付の認定を受けて、工場等を新設した者等に対する補助の拡充を定めるものでございます。

  附則第3項、前項の規定の適用がある場合における、第3条の2第3項の読みかえ規定を定めるものでございます。

  2、附則、この条例の施行期日を公布の日とし、平成22年4月1日から適用するものでございます。

  議案第5号をお開き願います。議案第5号、平成22年度大船渡市一般会計補正予算(第2号)を定めることについて。別冊のとおり定めることについて、地方自治法第218条第1項の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

  それでは、一般会計補正予算書の1ページをお開き願います。一般会計でございます。今回の補正は、4月末に発生した大雨災害による公共土木施設災害復旧事業を初め、緊急雇用創出事業など、いずれも緊急性のある事業に限定して補正を行うものでございます。

  平成22年度大船渡市の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億4,030万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ191億2,970万円とする。第2項、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  (地方債の補正)、第2条、地方債の追加及び変更は、「第2表 地方債補正」による。

  お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正。款、項、補正額の順に主なものを申し上げます。歳入でございます。14款県支出金、2項県補助金9,654万5,000円、これはチリ大地震津波被害特別対策事業に係る水産業費補助金が主な内容でございます。18款1項繰越金6,491万2,000円、これは前年度繰越金でございます。20款1項市債1億720万円、これは道路橋梁債及び公共土木施設災害復旧債が主な内容でございます。以上、補正額の合計額は2億4,030万円で、歳入の合計額を191億2,970万円とするものでございます。

  3ページにまいります。歳出でございます。5款労働費、1項労働諸費4,613万3,000円、これは緊急雇用創出事業費でございます。8款土木費、2項道路橋梁費4,890万円、これは道路維持費及び道路新設改良費が主な内容でございます。11款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧費5,374万円、これは大雨災害による公共土木施設災害復旧費でございます。以上、補正額の合計額は2億4,030万円で、歳出の合計額を191億2,970万円とするものでございます。

  お開き願います。第2表、地方債補正。1、市債、(1)、追加でございます。初めに、起債の目的、限度額の順に申し上げます。現年発生公共土木施設補助災害復旧事業670万円、現年発生公共土木施設単独災害復旧事業3,360万円。起債の方法、普通貸借または証券発行。利率、4.0%以内。ただし、利率見直し方式で借り入れる資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率。償還の方法、政府資金についてはその融資条件により、銀行その他の場合にはその債権者と協定するところによる。ただし、市財政の都合により据置期間及び償還期限を短縮し、もしくは繰上償還または低利債に借りかえることができる。

  (2)、変更でございます。起債の目的、変更後について申し上げます。消防施設整備事業5,290万円、合併特例事業19億2,750万円。起債の方法、利率、償還の方法は、変更前と同じでございます。

  なお、補正予算に関する説明書の説明は省略をさせていただきます。

  議案書に戻りまして、議案第6号をお開き願います。議案第6号、岩手県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び岩手県市町村総合事務組合規約の一部変更の協議に関し議決を求めることについて。平成22年4月1日に設置された岩手北部広域環境組合を岩手県市町村総合事務組合に加入させ、岩手北部広域環境組合に係る下記に掲げる事務を岩手県市町村総合事務組合において共同処理することの協議及び岩手県市町村総合事務組合規約を別記のとおり変更することの協議に関し、地方自治法第286条第1項及び第290条の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。

  1、常勤の職員に係る退職手当の支給に関する事務。

  2、地方公務員災害補償法第69条及び第70条の規定による議会の議員その他非常勤の職員に係る災害補償に関する事務。

  提案理由でございます。平成22年4月1日に設置された岩手北部広域環境組合を岩手県市町村総合事務組合に加入させ、岩手北部広域環境組合の常勤の職員に係る退職手当の支給に関する事務及び議会の議員その他非常勤の職員に係る災害補償に関する事務を岩手県市町村総合事務組合において共同処理するため、岩手県市町村総合事務組合規約において所要の整備を行うものでございます。

  お開き願います。別記、岩手県市町村総合事務組合規約の一部を変更する規約。岩手県市町村総合事務組合規約の一部を次のように変更する。別表第1を次のように改める。別表第1は、従来のこの表に新たに岩手北部広域環境組合を追加する内容となっております。

  附則、この規約は、岩手県知事の許可のあった日から施行する。

  以上、議案第1号から議案第6号について御説明申し上げましたが、よろしく御審議くださるようお願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で当局提出議案等の説明を終わります。

  ただいま上程説明されました報告第3号から報告第7号までの報告5件、議案6件については、本日は説明だけにとどめ、会期最終日に質疑及び審議、決定することにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、会期最終日に質疑及び審議、決定することに決しました。



○議長(佐藤丈夫君) お諮りいたします。

  本日はこれをもって散会いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、本日はこれをもって散会いたします。

  大変御苦労さまでした。



    午前10時46分 散   会