議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 大船渡市

平成22年  第2回 臨時会 05月17日−議案上程説明、審議決定−01号




平成22年  第2回 臨時会 − 05月17日−議案上程説明、審議決定−01号







平成22年  第2回 臨時会





         平成22年大船渡市議会第2回臨時会会議録

議事日程第1号

平成22年5月17日(月)午前10時開議

日程第1         会期の決定
日程第2         会議録署名議員の指名
日程第3  報告第1号  盛小学校校舎改築(建築主体)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分
             について
日程第4  報告第2号  綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)
             工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について
日程第5  議案第1号  大船渡市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについ
             て
日程第6  議案第2号  平成21年度大船渡市一般会計補正予算(第6号)の専決処分の承認を求める
             ことについて
日程第7  議案第3号  平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承
             認を求めることについて
日程第8  議案第4号  平成21年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の専決処
             分の承認を求めることについて
日程第9  議案第5号  平成21年度大船渡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の専決処分
             の承認を求めることについて
日程第10  議案第6号  平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)の専決処分
             の承認を求めることについて
日程第11  発議案第2号 議会改革調査特別委員会の設置について
日程第12         常任委員の選任
日程第13         議会運営委員の選任
日程第14         大船渡市農業委員会委員の推薦

本日の会議に付した事件
日程第1         会期の決定
日程第2         会議録署名議員の指名
日程第3  報告第1号  盛小学校校舎改築(建築主体)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分
             について
日程第4  報告第2号  綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)
             工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について
日程第5  議案第1号  大船渡市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについ
             て
日程第6  議案第2号  平成21年度大船渡市一般会計補正予算(第6号)の専決処分の承認を求める
             ことについて
日程第7  議案第3号  平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承
             認を求めることについて
日程第8  議案第4号  平成21年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の専決処
             分の承認を求めることについて
日程第9  議案第5号  平成21年度大船渡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の専決処分
             の承認を求めることについて
日程第10  議案第6号  平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)の専決処分
             の承認を求めることについて
日程第11  発議案第2号 議会改革調査特別委員会の設置について
日程第12         常任委員の選任
日程第13         議会運営委員の選任
日程第14         大船渡市農業委員会委員の推薦
追加日程第1       議会運営委員会の継続調査について

出 席 議 員(26名)
  議 長  佐 藤 丈 夫 君          副議長  平 田   武 君
  1 番  伊 藤 力 也 君          2 番  伊 藤 直 人 君
  3 番  森     操 君          4 番  三 浦 正 明 君
  5 番  紀 室 若 男 君          6 番  佐 藤   寧 君
  7 番  平 山   仁 君          8 番  熊 谷 昭 浩 君
  9 番  船 野   章 君          10番  須 藤 共 二 君
  11番  滝 田 松 男 君          12番  木川田 了 摩 君
  13番  及 川   彌 君          14番  門 前 恭 一 君
  15番  三 浦   隆 君          16番  鈴 木 道 雄 君
  17番  氏 家 じんいち君          18番  菊 地 耕 悦 君
  19番  畑 中 孝 博 君          20番  斎 藤   功 君
  21番  平 田 ミイ子 君          22番  志 田 嘉 功 君
  23番  鎌 田 和 昭 君          24番  村 上 健 一 君

欠 席 議 員(0 名)

説明のため出席した者
  市     長  甘 竹 勝 郎 君      副  市  長  紀 室 輝 雄 君
  教  育  長  今 野 洋 二 君      企 画 政策部長  新 沼 辰 男 君
  総 務 部 長  武 政 久 夫 君      生 活 福祉部長  千 田 哲 志 君
  商 工 観光部長  佐 藤 悦 郎 君      港 湾 経済部長  室 井 良 雄 君

  農 林 水産部長  佐々木 伸 介 君      大 船 渡魚市場  佐 藤 悦 男 君
                          建 設 推進室長

  都 市 整備部長  佐 藤   守 君      三 陸 支 所 長  及 川 岩 治 君
  会 計 管 理 者  奥 山 行 正 君      教 育 次 長  山 口 清 人 君
  企 画 調整課長  佐 藤 高 廣 君      市民文化会館長  新 沼 拓 郎 君
  秘 書 広聴課長  三 浦 勝 朗 君      総 務 課 長  金 野 博 史 君
  財 政 課 長  佐 藤   良 君      税 務 課 長  橋 本 敏 行 君
  国 保 年金課長  三 浦 和 士 君      港 湾 経済課長  金 野 敏 夫 君
  水 産 課 長  千 葉 英 彦 君      水 産 課 技 監  片 石 圭 介 君
  建 設 課 長  村 上 隆 樹 君      下水道事業所長  佐 藤   清 君
  水 道 事業所長  井 上 正 規 君      学 校 教育課長  平 山 敏 也 君
  農 委 事務局長  鈴 木 由美子 君

事務局職員出席者
  事 務 局 長  金 野 周 明 君      局 長 補 佐  後 藤 俊 一 君
  議 事 係 長  千 田 岳 明 君





    午前10時00分 開   会



○議長(佐藤丈夫君) おはようございます。

  これより平成22年市議会第2回臨時会を開会いたします。

  本日の出席議員は26名全員であります。

  日程に入るに先立ち、諸報告を行います。当市監査委員から平成21年度2月分の一般会計、特別会計、歳計外現金、基金並びに水道事業会計の例月出納検査の結果及び平成21年度定期監査の結果、財政援助団体等監査結果について報告があり、お手元に配付のとおりですので、御了承願います。

  以上で諸報告を終わります。

  次に、当局から発言を求められておりますので、これを許します。市長。

    (市長 甘竹勝郎君登壇)



◎市長(甘竹勝郎君) それでは、私からこの4月に就任をいたしました教育長の御紹介をさせていただきます。

  教育長の今野洋二でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。

  私からは以上であります。



○議長(佐藤丈夫君) 副市長。



◎副市長(紀室輝雄君) それでは、私からこの春異動いたしました部課長等の紹介をさせていただきます。

  まず、部長級を紹介いたします。企画政策部長の新沼辰男であります。

  大船渡魚市場建設推進室長の佐藤悦男であります。

  三陸支所長兼三陸支所総務課長の及川岩治であります。

  会計管理者の奥山行正であります。

  議会事務局長の金野周明であります。

  教育次長の山口清人であります。

  続きまして、課長級を紹介いたします。企画政策部企画調整課長の佐藤高廣であります。

  同じく市民文化会館長の新沼拓郎であります。

  総務部総務課長兼選挙管理委員会事務局長の金野博史であります。

  同じく財政課長の佐藤良であります。

  生活福祉部国保年金課長の三浦和士であります。

  農林水産部水産課長の千葉英彦であります。

  同じく水産課技監の片石圭介であります。

  都市整備部簡易水道事業所長兼水道事業所長の井上正規であります。

  農業委員会事務局長の鈴木由美子であります。

  次に、市から派遣しております職員につきましては氏名の紹介のみとなりますが、大船渡地区環境衛生組合事務局長に今野芳彦を、岩手県沿岸南部広域環境組合事務局総務課長に中井吉隆を派遣しております。

  以上で部課長等の紹介を終わります。

    午前10時05分 開   議



○議長(佐藤丈夫君) それでは、出席議員が定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

  本日の議事はお手元に配付の議事日程第1号により、これを進めることにいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。議会運営委員長より報告がありましたが、本臨時会の会期は本日1日といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は規定により議長において、6番、佐藤寧君、7番、平山仁君の両名を指名いたします。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第3、報告第1号、盛小学校校舎改築(建築主体)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について及び日程第4、報告第2号、綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分についてを一括議題といたします。

  提出者の説明を求めます。総務部長。

    (総務部長 武政久夫君登壇)



◎総務部長(武政久夫君) それでは、私から報告第1号と報告第2号について御説明いたします。

  議案書の報告第1号をお開き願います。報告第1号、盛小学校校舎改築(建築主体)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成21年7月1日に議会の議決を経た盛小学校校舎改築(建築主体)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。

  変更理由でございますが、基礎工事に係る残土処理を減額変更したこと、また校舎から屋内運動場への渡り廊下を設置したこと等によるものでございます。

  お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成21年7月1日に議会の議決を経た盛小学校校舎改築(建築主体)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により次のとおり専決処分する。1、工事名、盛小学校校舎改築(建築主体)工事。2、工事場所、大船渡市盛町字沢川地内。3、請負者、住所、大船渡市盛町字内ノ目12番地13、名称、株式会社匠建設・正三建設株式会社特定共同企業体、代表者、株式会社匠建設、代表取締役社長、中嶋豊。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前8億1,900万円、変更後8億2,173万円。

  お開き願います。報告第2号、綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事の請負変更契約の締結に関する専決処分について。平成21年8月3日に議会の議決を経た綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項の規定により別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告するものでございます。

  変更理由でございますが、くい工事に係る汚泥処理等を減額変更したこと、また多目的ホールの舞台幕及び転落防止フェンスを設置したこと等によるものでございます。

  なお、工期は平成21年8月3日から平成22年9月30日に変更するものでございます。

  お開き願います。専決処分書の写しでございます。平成21年8月3日に議会の議決を経た綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事の請負契約の締結に関し、その一部を変更するため、地方自治法第180条第1項及び大船渡市長専決条例第2条第9号の規定により、次のとおり専決処分する。1、工事名、綾里地区コミュニティ施設整備及び綾里診療所・歯科診療所改築(建築主体)工事。2、工事場所、大船渡市三陸町綾里字平舘地内。3、請負者、住所、大船渡市盛町字田中島27番地1、名称、株式会社佐賀組、代表取締役、金野辰雄。4、変更の内容、項目、契約金額、変更前2億5,935万円、変更後2億6,082万円。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で報告第1号及び報告第2号を終わります。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第5、議案第1号、大船渡市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについてから日程第10、議案第6号、平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)の専決処分の承認を求めることについてまで、以上6件を一括議題といたします。

  提出者の説明を求めます。総務部長。

    (総務部長 武政久夫君登壇)



◎総務部長(武政久夫君) それでは、私から議案第1号から議案第6号について御説明いたします。

  議案第1号をお開き願います。議案第1号、大船渡市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて。地方自治法第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により議会に報告し承認をお願いするものでございます。

  今回の改正は、現下の経済、財政状況を踏まえ、持続的な経済社会の活性化を実現するためのあるべき税制の構築に向け一部改正するものであります。

  お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略させていただきます。

  お開き願います。大船渡市税条例の一部を改正する条例でございますが、改正条例の内容等につきましてはお配りしてございます議案第1号説明要旨により御説明し、全文にかえさせていただきます。また、資料といたしまして、新旧対照表を御参考にしていただきたいと存じます。

  説明要旨の1ページをお開き願います。議案第1号、大船渡市税条例の一部を改正する条例説明要旨。1、本則でございます。主なものを申し上げます。第43条、65歳未満の給与所得者の公的年金等所得に係る市民税の所得割を給与所得に係る市民税の所得割及び均等割に加算して特別徴収することができることを定めたものでございます。

  第161条の2、倒産や解雇により離職した者等が該当する特例対象被保険者等に係る国民健康保険税の給与所得は、その100分の30に相当する金額とすることを定めたものでございます。

  第162条の2、国民健康保険税の特例対象被保険者等に係る申告の手続を定めたものでございます。

  附則第15条、不動産取得税の非課税の特例の一部廃止に伴い、特別土地保有税に係る読みかえ規定を廃止することを定めたものでございます。

  2、附則でございます。第1条、この条例の施行期日を定めたものでございます。

  第2条、市民税に関する経過措置を定めたものでございます。

  第3条、国民健康保険税に係る経過措置を定めたものでございます。

  次に、議案書に戻りまして、議案第2号をお開き願います。議案第2号、平成21年度大船渡市一般会計補正予算(第6号)の専決処分の承認を求めることについて。

  お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略をさせていただきます。

  お開き願います。議案第3号、平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて。

  お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略をさせていただきます。

  お開き願います。議案第4号、平成21年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることについて。

  お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略をさせていただきます。

  お開き願います。議案第5号、平成21年度大船渡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることについて。

  お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略をさせていただきます。

  お開き願います。議案第6号、平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)の専決処分の承認を求めることについて。地方自治法第179条第1項の規定により、別冊のとおり専決処分したので、同条第3項の規定により議会に報告し承認をお願いするものでございます。

  お開き願います。専決処分書の写しでございますが、省略をさせていただきます。

  それでは、平成21年度補正予算書の1ページをお開き願います。一般会計でございます。今回の補正は、特別交付税の確定に伴う補正を初め、事業費の確定に伴う繰越明許費の追加や地方債の変更等について専決処分したものでございます。平成21年度大船渡市の一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,587万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ188億4,317万9,000円とする。第2項、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  (繰越明許費の補正)、第2条、繰越明許費の追加は、「第2表 繰越明許費補正」による。

  (債務負担行為の補正)、第3条、債務負担行為の変更は、「第3表 債務負担行為補正」による。

  (地方債の補正)、第4条、地方債の変更は、「第4表 地方債補正」による。

  お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正。款、項、補正額の順に主なものを申し上げます。歳入でございます。9款1項地方交付税7,326万7,000円、これは特別交付税の確定によるものでございます。13款国庫支出金、2項国庫補助金3億3,760万7,000円、これは地域活性化・公共投資臨時交付金の確定が主な内容でございます。20款1項市債3億6,430万円の減、これは国庫支出金の確定に伴う財源振りかえ等が主な内容でございます。以上、補正額の合計額は1,587万9,000円で、歳入の合計額を188億4,317万9,000円とするものでございます。

  3ページにまいります。歳出でございます。2款総務費、1項総務管理費3,811万1,000円、これは財政調整基金積立金の増と越喜来、吉浜地区光ファイバー網整備事業費の減が主な内容でございます。6款農林水産業費、3項水産業費2,223万2,000円の減、これは水産基盤整備費の減が主な内容でございます。以上、補正額の合計額は1,587万9,000円で、歳出の合計額を188億4,317万9,000円とするものでございます。

  お開き願います。第2表、繰越明許費補正。(1)、追加でございます。款、項、事業名、金額の順に主なものを申し上げます。6款農林水産業費、1項農業費、むらづくり研修施設管理事業、3,350万円。8款土木費、5項都市計画費、加茂公園整備事業、1,553万6,000円でございます。

  5ページにまいります。第3表、債務負担行為補正。(1)、変更でございます。事項、変更後について申し上げます。1、漁業近代化資金の融資に伴う利子補給補助金。期間、平成22年度から平成27年度。限度額3万6,000円。備考、相手方、岩手県信用漁業協同組合連合会、融資額282万円、融資年度、平成21年度、利子補給率、年0.5%、利子補給額4万770円、うち平成21年度補給額4,899円。2、中小企業資金の融資に伴う利子補給補助金。期間、平成22年度から平成31年度。限度額4,252万5,000円。備考、相手方、中小企業資金融資金融機関、融資額13億2,904万9,000円、融資年度、平成21年度、利子補給率、年1.5%、利子補給額4,988万4,797円、うち平成21年度補給額736万41円。3、中小企業資金の融資に伴う保証料補給補助金。期間、平成22年度から平成30年度。限度額1,977万7,000円。備考、相手方、岩手県信用保証協会、融資額13億2,904万9,000円、融資年度、平成21年度、保証料補給率、年1.7%以内、保証料補給額3,023万2,863円、うち平成21年度補給額1,045万6,162円でございます。

  お開き願います。第4表、地方債補正。1、市債、(1)、変更でございます。起債の目的、変更後について主なものを申し上げます。市営水産物供給基盤整備事業、6,600万円、漁村総合整備事業、6,360万円、県営漁港・漁場整備事業、8,250万円、合併特例事業、7億9,460万円。変更後の起債の方法、利率、償還の方法は変更前と同じでございます。

  なお、補正予算に関する説明書の説明は省略をさせていただきます。

  21ページをお開き願います。魚市場事業特別会計でございます。今回の補正は、事業費の確定に伴う国庫補助金や地方債の変更等について専決処分したものでございます。

  平成21年度大船渡市の魚市場事業特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)、第1条、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ76万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ24億3,313万4,000円とする。第2項、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  (繰越明許費の補正)、第2条、繰越明許費の変更は、「第2表 繰越明許費補正」による。

  (地方債の補正)、第3条、地方債の変更は、「第3表 地方債補正」による。

  お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正。款、項、補正額の順に主なものを申し上げます。歳入でございます。2款国庫支出金、1項国庫補助金3,880万7,000円、これは広域漁港整備事業補助金でございます。8款1項市債4,250万円の減、これは国庫補助金の確定に伴う財源振りかえによるものでございます。以上、補正額の合計額は76万6,000円の減で、歳入の合計額を24億3,313万4,000円とするものでございます。

  歳出でございます。1款1項魚市場費76万6,000円の減、これは水産経営活性化事業に対する補助金の減でございます。以上、補正額の合計額は76万6,000円の減で、歳出の合計額を24億3,313万4,000円とするものでございます。

  23ページにまいります。第2表、繰越明許費補正。(1)、変更でございます。款、項、事業名、変更後の金額の順に申し上げます。1款魚市場費、1項魚市場費、大船渡魚市場整備事業、23億7,551万1,000円でございます。

  お開き願います。第3表、地方債補正。1、市債、(1)、変更でございます。起債の目的、変更後について申し上げます。市場事業、11億2,620万円、変更後の起債の方法、利率、償還の方法は変更前と同じでございます。

  なお、補正予算に関する説明書の説明は省略をさせていただきます。

  33ページをお開き願います。漁業集落排水事業特別会計でございます。今回の補正は、利子補給補助金の確定に伴う債務負担行為の変更について専決処分したものでございます。

  平成21年度大船渡市の漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

  (債務負担行為の補正)、第1条、債務負担行為の変更は、「第1表 債務負担行為補正」による。

  お開き願います。第1表、債務負担行為補正。(1)、変更でございます。事項、変更後について申し上げます。1、水洗化改造資金の融資に伴う利子補給補助金。期間、平成22年度から平成26年度。限度額19万6,000円。備考、相手方、水洗化改造資金融資金融機関、融資額470万円、融資年度、平成21年度、利子補給率、年100%、利子補給額27万5,431円、うち平成21年度補給額7万9,582円でございます。

  なお、補正予算に関する説明書の説明は省略をさせていただきます。

  39ページをお開き願います。後期高齢者医療特別会計でございます。今回の補正は、後期高齢者医療広域連合負担金の確定に伴い専決処分したものでございます。

  平成21年度大船渡市の後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

  (歳入歳出予算の補正)、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ200万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億4,118万7,000円とする。第2項、歳入歳出予算補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

  お開き願います。第1表、歳入歳出予算補正。款、項、補正額の順に申し上げます。歳入でございます。4款諸収入、2項償還金及び還付加算金200万円、これは保険料還付金でございます。以上、補正額の合計額は200万円で、歳入の合計額を3億4,118万7,000円とするものでございます。

  歳出でございます。2款1項後期高齢者医療広域連合納付金200万、これは岩手県後期高齢者医療広域連合負担金でございます。以上、補正額の合計額は200万円で、歳出の合計額を3億4,118万7,000円とするものでございます。

  なお、補正予算に関する説明書の説明は省略をさせていただきます。

  47ページをお開き願います。公共下水道事業特別会計でございます。今回の補正は、利子補給補助金の確定に伴う債務負担行為の変更について専決処分したものでございます。

  平成21年度大船渡市の公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。

  (債務負担行為の補正)、第1条、債務負担行為の変更は、「第1表 債務負担行為補正」による。

  お開き願います。第1表、債務負担行為補正。(1)、変更でございます。事項、変更後について申し上げます。1、水洗化改造資金の融資に伴う利子補給補助金。期間、平成22年度から平成26年度。限度額146万1,000円。備考、相手方、水洗化改造資金融資金融機関、融資額2,817万円、融資年度、平成21年度、利子補給率、年100%、利子補給額187万3,180円、うち平成21年度補給額41万2,426円でございます。

  なお、補正予算に関する説明書の説明は省略をさせていただきます。

  以上、議案第1号から議案第6号まで御説明申し上げましたが、よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で提出議案についての説明を終わります。

  ここで議案思考のため15分間休憩いたします。

    午前10時32分 休   憩

    午前10時47分 再   開



○議長(佐藤丈夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  これより議案審議を行います。

  議案第1号、大船渡市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。4番、三浦正明君。



◆4番(三浦正明君) 市税条例の改正の43条ですけれども、65歳未満の給与所得者が公的年金をもらっている場合に市民税も天引きするということだと思いますけれども、これは要するに特別徴収されている方が対象という、給与から市民税をということだと思います。それで、この公的年金所得というのは、60歳から65歳まではそんなに多くもらっていないとは思うのですが、大体どこら辺の年金額が対象になってくるのか、あるいは65歳未満の天引きされる対象者がどの程度、該当者がどの程度いるのか、その辺をお聞きしたいと思います。



○議長(佐藤丈夫君) 税務課長。



◎税務課長(橋本敏行君) お答え申し上げます。

  まず、1つは、どのくらいの年金所得からというお話でございましたけれども、これについては65歳未満ですと年金所得の場合には最低控除額というのが70万ほどあるのですけれども、それを超える方ということになるのだと思います。それと、人数でございますけれども、400人程度が年金所得に係る分での特別徴収になるということでございます。400人程度ということでございます。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 4番、三浦正明君。



◆4番(三浦正明君) (続) 400人程度とおっしゃいましたけれども、そうすると大体その所得割額はどの程度になるのでしょうか、1人当たり、平均すると。余計に天引きされる額は。



○議長(佐藤丈夫君) 税務課長。



◎税務課長(橋本敏行君) 年金分、今回の改正によりまして65歳未満の年金を受けている方が給与特徴からどのくらいの所得割になるかという御質問だと思いますけれども、400人ということで金額をきちっとは把握はしていないところでございますけれども、税率が市民税が6%、県民税が4%という税率になっておりますので、金額は、400人ということでありますから、所得割額にいたしますと数百万というレベルだと思いますけれども。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第1号について、報告のとおり承認と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第1号は報告のとおり承認と決しました。

  次に、議案第2号、平成21年度大船渡市一般会計補正予算(第6号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第2号について、報告のとおり承認と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第2号は報告のとおり承認と決しました。

  次に、議案第3号、平成21年度大船渡市魚市場事業特別会計補正予算(第4号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第3号について、報告のとおり承認と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第3号は報告のとおり承認と決しました。

  次に、議案第4号、平成21年度大船渡市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第4号について、報告のとおり承認と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第4号は報告のとおり承認と決しました。

  次に、議案第5号、平成21年度大船渡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。20番、斎藤功君。



◆20番(斎藤功君) 伺います。

  補正予算書の40ページでしょうか、私がちょっと認識不足と勘違いしているかもしれませんけれども、間違っていたらお許し願いたいと思います。補正の200万ですけれども、後期高齢者の納付金はもともと高齢者の対象者1人に対して幾らというような定めになっていると思うのですけれども、高齢者がふえればふえることを予想して予算計上しているわけですけれども、突然200万が不足になるというのは、その積算の根拠をちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(佐藤丈夫君) 国保年金課長。



◎国保年金課長(三浦和士君) お答えいたします。

  積算の根拠ということでございますが、まず補正の理由ということで、後期高齢者医療広域連合保険料負担金につきましては過年度分の保険料還付金を含めて納入するということになってございます。歳入において保険料還付金、それから歳出において岩手県後期高齢者医療広域連合負担金を増額するというシステムになっておりまして、これらを計算しまして個々の、200万という根拠の数字、計算式については今手元にございませんので即答はできませんが、こういうシステムから補正に至ったということでございます。

  以上。



○議長(佐藤丈夫君) 20番、斎藤功君。



◆20番(斎藤功君) (続) 200万の数字の積算の根拠、いずれ至って大ざっぱな数字だという印象を持っているわけです。補正前の予算から見れば微々たる金額ではありますけれども、大体200万だろうという、まさかそういう数字ではないだろうと思ってお聞きしているのです。



○議長(佐藤丈夫君) 生活福祉部長。



◎生活福祉部長(千田哲志君) 私のほうからちょっとお答えをいたします。

  ちょうど額的に200万ということですので、大ざっぱな数字ではないのかという話ではございますが、いずれ負担金につきましては県のほうから今年度このぐらいも精算になりますということで額が示されてきますので、それに基づいて予算を計上したものでございます。いずれこの後期高齢者につきましては、今度の還付金というのが死亡等によって還付されるということものでございますし、新規のほうが月40人から50人ぐらいふえていると、新規に加入する者が。それで、死亡する者が30人ぐらいということで、いずれ加入者がだんだん増加傾向にあるということでございます。

  以上です。



○議長(佐藤丈夫君) 20番、斎藤功君。



◆20番(斎藤功君) (続) いいですけれども、そうすると県のほうにも問題があろうかと思いますけれども、いずれ県のほうから細かいことについて知らせがなくて、大ざっぱに200万だよと、大船渡はということで、中身きちんと精査もできないまま予算計上というような、そういうように理解されるのですが、そうでなかったとすればなぜ200万なのかというきちんとした根拠がなければやっぱりおかしいでしょう。何に何ぼ、何に何ぼということでなければ、県からの200万だよといってそのままここにというわけにはいかないでしょう。



○議長(佐藤丈夫君) 国保年金課長。



◎国保年金課長(三浦和士君) それでは、本当に大ざっぱな計算にはなりますけれども、200万とした……

    (「大ざっぱではだめだと言って

      んでしょう」と呼ぶ者あり)



◎国保年金課長(三浦和士君) それでは、その200万についてお答えいたします。

  3月分の収納分の保険料といいますのが現年度分として3,132万八千何がしほどございます。滞納繰り越し分としては7万3,000円弱でございます。過年度分として4万二千何がしと。合わせまして3,144万三千何がしなのですが、これに延滞金を含めまして4万3,700円ほどの延滞金が入りまして、合計で3,148万7,000円ちょっとになります。現在の予算額の負担金としての予算の残でありますが、2,964万3,000円ほどございます。これを差っ引きしますと、不足分として184万4,000円ほどになりまして、これを200万というふうに少し膨らませまして計上したということでございます。

  以上でございます。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第5号について、報告のとおり承認と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第5号は報告のとおり承認と決しました。

  次に、議案第6号、平成21年度大船渡市公共下水道事業特別会計補正予算(第5号)の専決処分の承認を求めることについて質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  議案第6号について、報告のとおり承認と決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、議案第6号は報告のとおり承認と決しました。

  ここで当局からの提出案件が終わりましたので、当局は退席して結構であります。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第11、発議案第2号、議会改革調査特別委員会の設置についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。25番、平田武君。

    (25番 平田武君登壇)



◎25番(平田武君) 発議案第2号について、それでは説明を申し上げます。

  発議案第2号、議会改革調査特別委員会の設置について。

  標記について、地方自治法第112条及び大船渡市議会会議規則第14条の規定により、別紙のとおり提出をいたします。平成22年5月17日。

  提出者、平田武、賛成者、畑中孝博議員、斎藤功議員、船野章議員、紀室若男議員、鎌田和昭議員、佐藤寧議員、滝田松男議員。大船渡市議会議長、佐藤丈夫様。

  提案理由でございますが、大船渡市議会の諸課題についての調査を行い、議会改革案の検討を行うために設置しようとするものであります。

  本文の読み上げをもちまして提案理由とさせていただきます。

  議会改革調査特別委員会の設置について。

  地方分権などの進展とともに、議会の果たす役割がますます重要なものとなってきている状況下で、議会がその責務を十二分に果たすべく、みずからが議会の活性化に取り組み社会情勢に対応しながら、市民の負託に的確にこたえていくことができる議会づくりが肝要であります。そのことから、大船渡市議会の諸課題についての調査を行い議会改革案の検討を行うため、特別委員会の設置をするよう提出いたします。

  記といたしまして、1つ、大船渡市議会に議会改革調査特別委員会を設置する。

  2、本特別委員会は議長を除く議員25名をもって構成する。

  3、本特別委員会の設置期間は特別委員会としての調査、検討を終了するまでとし、閉会中もなお継続調査を行うことができる。

  以上でございます。議員各位には御賛同賜りますようよろしくお願いをいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 発議案第2号について質疑を許します。

    (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 以上で質疑を終わり、直ちに採決いたします。

  発議案第2号について、本案は原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、発議案第2号は原案のとおり可決いたしました。

  この際、お諮りいたします。ただいま設置されました議会改革調査特別委員会の活動については、閉会中もなお継続調査を行うことができることから、これに付託いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、閉会中の継続調査とし、付託することに決定いたしました。



○議長(佐藤丈夫君) 日程第12、常任委員の選任を行います。

  常任委員は、委員会条例第8号の規定により議長が会議に諮って指名することになっております。

  常任委員の指名に当たっては、議員各位から所属希望をとり、その希望を十二分に尊重いたしたいと思いますが、常任委員会にはそれぞれ定数がありますので、必ずしも希望どおりにはならない場合もあると思いますので、あらかじめ御了承願います。

  この際、慣例により調整委員会を設けて調整を行い、その結果によって指名いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、そのように進めます。

  調整委員の選任については、議長に一任いただくことに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 異議なしと認めます。

  よって、調整委員については畑中孝博君、斎藤功君、船野章君、紀室若男君、鎌田和昭君、佐藤寧君、滝田松男君、以上7名に副議長を加え、計8名の方々を選任いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、ただいまの8名の方々を指名いたします。調整は第1委員会室において行います。

  なお、お手元に配付の用紙に希望の常任委員会を第1、第2まで御記入いただきましたなら事務局に回収いたさせます。

  記入終わりましたか。

    (「はい」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) それでは、事務局に回収させます。

  それでは、調整が終わるまで暫時休憩といたします。

    午前11時11分 休   憩

    午前11時52分 再   開



○議長(佐藤丈夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  それでは、調整委員会で調整した結果に基づき、各常任委員を議長より指名いたします。

  事務局長に報告いたさせます。事務局長。



◎事務局長(金野周明君) それでは、命により御報告いたします。

  常任委員会であります。総務常任委員に伊藤力也議員、三浦正明議員、須藤共二議員、鈴木道雄議員、氏家じんいち議員、畑中孝博議員、斎藤功議員、志田嘉功議員、佐藤丈夫議員、以上9名でございます。

  次に、教育福祉常任委員に伊藤直人議員、熊谷昭浩議員、船野章議員、滝田松男議員、木川田了摩議員、及川彌議員、菊地耕悦議員、平田ミイ子議員、村上健一議員、以上9名でございます。

  次に、産業建設常任委員に森操議員、紀室若男議員、佐藤寧議員、平山仁議員、門前恭一議員、三浦隆議員、鎌田和昭議員、平田武議員、以上8名でございます。

  報告を終わります。



○議長(佐藤丈夫君) 以上の報告のとおり指名いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名のとおり、それぞれ常任委員に選任することに決定いたしました。

  この際、お諮りいたします。議長の常任委員会所属はこれを辞任することが慣例となっておりますので、同意願いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、議長の常任委員辞任は同意と決しました。

  ここで昼食のため休憩いたします。

    午前11時55分 休   憩

    午後 1時00分 再   開



○議長(佐藤丈夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  次に、さきに所属決定いたしました各常任委員会の正副委員長の互選を行います。

  これより各常任委員会を招集いたします。総務常任委員会は第1委員会室で、教育福祉常任委員会は第2委員会室で、産業建設常任委員会は第3委員会室において開きます。

  なお、正副委員長が互選されましたなら、直ちに議長まで報告を願います。

  この間、暫時休憩いたします。

    午後1時01分 休   憩

    午後1時25分 再   開



○議長(佐藤丈夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  各常任委員会の正副委員長の互選の結果について報告がありましたので発表いたします。

  総務常任委員長、畑中孝博君、副委員長、伊藤力也君。

  教育福祉常任委員会委員長、熊谷昭浩君、副委員長、滝田松男君。

  産業建設常任委員会委員長、門前恭一君、副委員長、紀室若男君。

  以上のとおりでありますので、よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第13、議会運営委員の選任を行います。議会運営委員は、委員会条例第8号の規定により議長が会議に諮って指名することになっております。

  この際、慣例により調整委員会を設け調整を行い、その結果によって指名いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、そのように進めます。

  調整委員につきましては、さきの調整委員の方々8名を選任いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 異議なしと認めます。

  よって、さきの8名の方々を指名いたします。調整は第1委員会室で行います。

  調整が終わるまで暫時休憩といたします。

    午後1時27分 休   憩

    午後1時46分 再   開



○議長(佐藤丈夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  それでは、調整委員会で調整した結果に基づき、議会運営委員を議長から指名いたします。

  事務局長に報告いたさせます。



◎事務局長(金野周明君) それでは、命により御報告いたします。

  議会運営委員であります。三浦隆議員、熊谷昭浩議員、菊地耕悦議員、船野章議員、平山仁議員、伊藤力也議員、佐藤寧議員、滝田松男議員、以上8名でございます。

  報告を終わります。



○議長(佐藤丈夫君) 以上の報告のとおり指名いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名のとおり、それぞれ議会運営委員に選任することに決定いたしました。

  次に、ただいま所属決定いたしました議会運営委員会の正副委員長の互選を行います。

  これより議会運営委員会を招集いたします。議会運営委員は第1委員会室で開きます。

  正副委員長が互選されましたならば、直ちに議長まで報告願います。

  この間、暫時休憩いたします。

    午後1時48分 休   憩

    午後2時00分 再   開



○議長(佐藤丈夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  議会運営委員会の正副委員長の互選の結果について報告がありましたので発表いたします。

  議会運営委員長に船野章君、副委員長に佐藤寧君。

  以上のとおりであります。よろしくお願いいたします。



○議長(佐藤丈夫君) 次に、日程第14、大船渡市農業委員会委員の推薦を行います。

  農業委員は、農業委員会等に関する法律第12条第2号の規定に基づき、学識経験者として3名を議会が推薦しているところでありますが、今回の議会の委員改選に関連し、5月8日付で2人の議員が農業委員を辞任となっておりますので、その2名分について推薦するものであります。推薦する委員の選考の方法は慣例により指名推選の方法で行うこととし、選考委員会を設けて推薦し、選考委員長をして指名人といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 異議なしと認めます。

  よって、選考委員長を指名人とすることに決定いたしました。

  なお、選考委員については、さきの調整委員の8名の方々を選任いたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、さきの調整委員の方々をそのまま選考委員とすることに決定いたしました。

  それでは、選考委員の方々は第1委員会室にお集まり願います。

  この間、暫時休憩いたします。

    午後2時02分 休   憩

    午後2時12分 再   開



○議長(佐藤丈夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

  指名人である選考委員長から発表をお願いいたします。



◎選考委員長(平田武君) ただいま選考委員会で、余り慎重でもございませんが、慎重に協議した結果、斎藤議員と氏家議員を選考いたしましたので、御指名いたします。

  以上のとおり報告申し上げます。



○議長(佐藤丈夫君) ここで斎藤功君の退席を求めます。

    (20番 斎藤功君退席)



○議長(佐藤丈夫君) ただいま指名人である選考委員長から指名発表がありましたが、まず斎藤功君を農業委員会委員に推薦することに決するに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、斎藤功君を農業委員会委員に推薦することに決しました。

  斎藤功君は入場してください。

    (20番 斎藤功君復席)



○議長(佐藤丈夫君) 次に、氏家じんいち君の退席を求めます。

    (17番 氏家じんいち君退席)



○議長(佐藤丈夫君) 次に、氏家じんいち君を農業委員会委員に推薦することと決するに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、氏家じんいち君を農業委員会委員に推薦することに決しました。

  氏家じんいち君は入場してください。

    (17番 氏家じんいち君復席)



○議長(佐藤丈夫君) ただいま指名したとおり、議会が推薦する農業委員会委員には斎藤功君と氏家じんいち君に決定いたしました。

  9番、船野章君。



◎9番(船野章君) 動議でございますけれども、議会運営委員会は所管事務のうち本会議の会期日程など議会の運営に関する事項について、今任期中閉会中もなお調査を継続する必要がありますので、この旨議員各位のご賛同をいただきたく、議長から皆様によろしくお取り計らい願います。

    (「賛成」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) ただいま9番、船野章君からのお聞きのとおりの動議が提出され、所定の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。

  お諮りいたします。本動議を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認めます。

  よって、本動議を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

  お諮りいたします。質疑を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、御異議ございませんか。

    (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(佐藤丈夫君) 御異議なしと認め、直ちに採決をいたします。

  本会議の日程等、議会運営に関する事項について、今任期中閉会中の継続調査事件として議会運営委員会に付託することに賛成の諸君の起立を求めます。

    (賛 成 者 起 立)



○議長(佐藤丈夫君) 起立全員であります。

  よって、本動議は可決されました。



○議長(佐藤丈夫君) 以上で本臨時会に付議されました議案等全部を議了いたしましたので、これをもって平成22年第2回臨時会を閉会いたします。

  どうも御苦労さまでした。



    午後2時18分 閉   会