議事ロックス -地方議会議事録検索-


岩手県 盛岡市

平成 3年  3月 定例会 03月11日−05号




平成 3年  3月 定例会 − 03月11日−05号







平成 3年  3月 定例会



平成3年3月盛岡市議会定例会会議録(第5号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

平成3年3月11日(月曜日)

  −−−−−−−−−−−

 議事日程第5号

 平成3年3月11日(月)午前10時開議

第1 議案第26号 平成2年度盛岡市一般会計補正予算(第5号)

第2 議案第27号 平成2年度盛岡市下水道事業費特別会計補正予算(第4号)

第3 議案第28号 平成2年度盛岡市農業集落排水事業費特別会計補正予算(第3号)

第4 議案第29号 平成2年度盛岡市国民健康保険費特別会計補正予算(第2号)

第5 議案第30号 平成2年度盛岡市老人保健費特別会計補正予算(第2号)

第6 議案第31号 平成2年度盛岡市食肉処理場費特別会計補正予算(第1号)

第7 議案第32号 平成2年度盛岡市中央卸売市場費特別会計補正予算(第3号)

第8 議案第33号 平成2年度盛岡市土地取得事業費特別会計補正予算(第1号)

第9 議案第34号 平成2年度盛岡市東中野,東安庭,門財産区特別会計補正予算(第1号)

第10 議案第35号 平成2年度盛岡市水道事業会計補正予算(第3号)

第11 議案第36号 平成2年度盛岡市病院事業会計補正予算(第3号)

第12 議案第37号 財産の取得について

第13 議案第38号 議決の変更について

第14 議案第39号 市道の路線の認定及び変更について

第15 議案第40号 盛岡市固定資産評価審査委員会の委員の選任について

第16 議案第41号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

第17 議案第42号 盛岡市教育委員会の委員の任命について

  −−−−−−−−−−−

 本日の会議に付した事件

日程第1 議案第26号 平成2年度盛岡市一般会計補正予算(第5号)

日程第2 議案第27号 平成2年度盛岡市下水道事業費特別会計補正予算(第4号)

日程第3 議案第28号 平成2年度盛岡市農業集落排水事業費特別会計補正予算(第3号)

日程第4 議案第29号 平成2年度盛岡市国民健康保険費特別会計補正予算(第2号)

日程第5 議案第30号 平成2年度盛岡市老人保健費特別会計補正予算(第2号)

日程第6 議案第31号 平成2年度盛岡市食肉処理場費特別会計補正予算(第1号)

日程第7 議案第32号 平成2年度盛岡市中央卸売市場費特別会計補正予算(第3号)

日程第8 議案第33号 平成2年度盛岡市土地取得事業費特別会計補正予算(第1号)

日程第9 議案第34号 平成2年度盛岡市東中野,東安庭,門財産区特別会計補正予算(第1号)

日程第10 議案第35号 平成2年度盛岡市水道事業会計補正予算(第3号)

日程第11 議案第36号 平成2年度盛岡市病院事業会計補正予算(第3号)

日程第12 議案第37号 財産の取得について

日程第13 議案第38号 議決の変更について

日程第14 議案第39号 市道の路線の認定及び変更について

日程第15 議案第40号 盛岡市固定資産評価審査委員会の委員の選任について

日程第16 議案第41号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

日程第17 議案第42号 盛岡市教育委員会の委員の任命について

      〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席議員(42名)

 1番  渡辺勇一君

 2番  鈴木礼子君

 3番  小杉正夫君

 4番  小沢啓志君

 5番  細越太一君

 6番  佐々木吉兵衛君

 7番  山本武司君

 8番  佐々木 博君

 9番  高橋金兵衛君

10番  藤川智美君

11番  折居明広君

13番  小原栄蔵君

14番  細屋 実君

15番  鈴木俊祐君

16番  吉田久孝君

17番  谷藤正男君

18番  菊池 強君

19番  嶋貫 尚君

20番  青木道雄君

21番  及川冨久司君

22番  高橋 功君

23番  岸本敬一君

24番  天沼 久君

25番  工藤栄市君

26番  藤沢国雄君

27番  西郷賢治君

28番  下田靖司君

29番  遠藤政蔵君

30番  高橋 修君

31番  阿部静子君

32番  下上マツ子君

33番  菊池正亨君

34番  高橋雄仙君

36番  伊藤正三君

37番  藤原仁右ェ門君

38番  斎藤昭一君

39番  浅沼信一君

40番  戸塚 孝君

41番  下川原弘志君

42番  阿部和平君

43番  斎藤文三君

44番  泉 又蔵君

 欠席議員(1名)

35番  斎藤権次郎君

  −−−−−−−−−−−

 説明のため出席した者

市長        太田大三君

助役        桑島 博君

収入役       古枝稔男君

水道事業管理者   井上正夫君

総務部長      松川喜一君

企画財政部長    平野 力君

市民生活部長    岸田忠清君

保健衛生部長    鈴木 基君

福祉部長      藤村政男君

産業部長      佐々木 實君

建設部長      佐々木慶夫君

都市計画部長    下田啓太郎君

開発部長      太田 昭君

下水道部長     山口貞藏君

消防防災部長    新藤 威君

アルペンスキー

世界選手権大会   西舘良政君

推進局長

水道部長      猿舘隆一君

財政課長      獅子内冨士夫君

教育委員会委員長  小林正吉君

教育長       佐々木初朗君

監査委員      太田代 實君

農業委員会会長   熊谷祐三君

  −−−−−−−−−−−

 事務局職員出席者

事務局長      斎藤祚雄君

事務局次長     阿部利男君

議事課長補佐    丸谷誠一君

調査係長      内澤栄光君

議事係長      吉田和弘君

書記        苫米地千枝子君

書記        佐々木英司君

書記        砂子田 聡君

      〜〜〜〜〜〜〜〜

 午前10時4分開議



○議長(伊藤正三君) これより本日の会議を開きます。

      〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(伊藤正三君) この際、諸般の報告をいたします。

 市長から議案の送付があり、既にお手元に配付いたしてありますので御了承願います。

 次に、市長から専決処分の報告1件があり、既にお手元に配付いたしてありますので御了承願います。

      〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(伊藤正三君) これより本日の議事日程に入ります。

      〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 議案第26号平成2年度盛岡市一般会計補正予算(第5号)から日程第17議案第42号盛岡市教育委員会の委員の任命についてまで



○議長(伊藤正三君) 日程第1議案第26号平成2年度盛岡市一般会計補正予算第5号から、日程第17議案第42号盛岡市教育委員会の委員の任命についてまで17件を一括議題といたします。

 当局から提案理由の説明を求めます。



◎企画財政部長(平野力君) 議長。



○議長(伊藤正三君) 平野企画財政部長。

〔企画財政部長 平野力君 登壇〕



◎企画財政部長(平野力君) 本日上程されました議案17件につきまして、順次御説明申し上げます。

 議案書の1ページからでございます。

 議案第26号平成2年度盛岡市一般会計補正予算第5号でございますが、第1条の歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ27億1,343万1,000円を追加いたしまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ615億8,070万7,000円にいたそうとするものでございます。

 次に、第2条の継続費の補正でございますが、10ページをごらんいただきたいと存じます。

 第8款土木費におきまして、岩山南公園施設整備事業の事業費が確定したことに伴いまして事業費総額を増額いたしますとともに、年割り額の変更をしようとするものでございます。

 次に、第3条の繰越明許費でございますが、11ページでございます。

 第3款民生費におきまして、婦人保護施設山賀荘の整備事業に対する助成につきまして、工期調整等に日数を要しましたことから年度内の施設整備完了が困難となりましたので、300万円を翌年度に繰り越ししようとするものでございます。

 次に、第4款衛生費でございますが、岩手県赤十字血液センター整備事業に対する助成につきまして、同じく工期調整等に日数を要しましたことから年度内の施設整備完了が困難となりましたので、954万7,000円を翌年度に繰り越ししようとするものでございます。

 また、第8款土木費におきましては、明治橋大沢川原線街路事業につきまして、地権者の移転先における用地取得等に時間を要しましたことから年度内の移転が困難となりましたので、810万1,000円を翌年度に繰り越ししようとするものでございます。

 次は、第4条の債務負担行為の補正でございますが、12ページをごらんいただきたいと存じます。

 まず、追加につきましては4事業でございます。いずれも国庫債務負担によります追加でございまして、明治橋大沢川原線街路事業に必要とする経費についての債務負担におきましては、平成2年度から3年度の間4,600万円を限度として債務負担を行おうとするものでございます。また、向中野東仙北線街路事業に必要とする経費についてでございますが、平成2年度から3年度の間1億2,300万円を限度として債務負担を行おうとするものでございます。次に、岩山南公園整備事業に必要とする経費につきましては、平成2年度から3年度の間2,000万円を限度として債務負担を行おうとするものでございます。また、高松公園整備事業に必要とする経費についてでございますが、平成2年度から3年度の間2,000万円を限度として債務負担を行おうとするものでございます。

 次は変更でございますが、まず、公営住宅建設事業に必要とする経費についての債務負担限度額の変更でございますが、仮称仙北西アパート9号館1棟30戸を国の無利子貸付事業に係る全体設計承認によりまして平成2年度と3年度の2カ年継続で建設するものでございますが、事業費の確定に伴いまして限度額を1億3,929万5,000円に変更いたそうとするものでございます。また、仙北小学校校舎増改築事業に必要とする経費についてでございますが、鉄筋コンクリートづくり3階建て校舎を国庫債務負担により平成2年度と3年度の2カ年継続で建設するものでございますが、本件も事業費の確定に伴いまして限度額を5億1,460万4,000円に変更いたそうとするものでございます。

 次は、13ページと14ページにまいりまして、第5条の地方債の補正でございます。地方債につきましては、各種事業における事業費の確定に伴い整理いたしました結果、2,200万円を減額いたそうとするものでございます。

 次は、15ページの議案第27号平成2年度盛岡市下水道事業費特別会計補正予算第4号でございますが、第1条の歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ264万3,000円を追加いたしまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ105億9,499万円にいたそうとするものでございます。

 次に、第2条の債務負担行為の補正でございますが、19ページをお開きいただきます。まず、追加につきましては、公共下水道汚水管建設事業に必要とする経費についての債務負担でございますが、国庫債務負担によりまして平成2年度から3年度の間7,600万円を限度として債務負担を行おうとするものでございます。

 次は、水洗便所改造資金借り受け者に対する利子補給についての債務負担の変更でございますが、金利の変動に伴いまして平成2年度から6年度の間、限度額を2,040万円に変更して債務負担を行おうとするものでございます。

 次に、第3条の地方債の補正でございますが、20ページでございます。地方債の補正につきましては、流域下水道事業における県事業費確定に伴い1,620万円の増額をお願いいたそうとするものでございます。

 なお、特別会計につきましては、当該会計ごとにその都度概要を御説明してまいりたいと存じます。

 まず、下水道事業会計でございますが、特に御説明申し上げる事項はございませんので、省略させていただきます。

 続きまして、21ページの議案第28号平成2年度盛岡市農業集落排水事業費特別会計補正予算第3号でございますが、第1条の歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ326万1,000円を追加いたしまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億4,608万円にいたそうとするものでございます。主な内容といたしましては、事業の進捗に伴いまして管路をさらに180メートル延長いたします経費として、補助、単独事業費を合わせまして692万2,000円を計上いたしております。

 次に第2条地方債の補正でございますが、24ページをごらんいただきたいと存じます。内容といたしましては借入利率の変更でございまして、借入利率を年9%以内に改めようとするものでございます。

 次は、25ページの議案第29号平成2年度盛岡市国民健康保険費特別会計補正予算第2号でございますが、第1条の歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ6,546万2,000円を追加いたしまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ111億5,928万2,000円にいたそうとするものでございます。主な内容といたしましては、老人保健医療費拠出金につきましては事業費が確定したことによりまして減額いたしますとともに、療養給付費交付金等につきましても事業費が確定したことに伴い精算いたそうとするものでございます。

 次に、30ページの議案第30号平成2年度盛岡市老人保健費特別会計補正予算第2号でございますが、第1条の歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3億1,604万5,000円を追加いたしまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ118億7,368万6,000円にいたそうとするものでございます。主な内容といたしましては医療給付費の増によるものでございます。

 次は、33ページの議案第31号平成2年度盛岡市食肉処理場費特別会計補正予算第1号でございますが、第1条の歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出予算の総額に284万円を追加いたしまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ5,353万4,000円にいたそうとするものでございます。内容は特にございませんので、省略させていただきます。

 次に、35ページの議案第32号平成2年度盛岡市中央卸売市場費特別会計補正予算第3号でございますが、第1条の歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ633万9,000円を追加いたしまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億3,068万7,000円にいたそうとするものでございます。内容は特にございませんので、説明は省略させていただきます。

 次は、38ページにまいりまして、議案第33号平成2年度盛岡市土地取得事業費特別会計補正予算第1号でございますが、第1条の歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億312万8,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億926万1,000円にいたそうとするものでございます。

 内容といたしましては、梨木町上米内線街路用地を先行取得する事業費といたしまして1,537万1,000円、土地開発基金から生じました運用収入を一般会計へ繰り出しいたします経費として8,775万7,000円を計上したものでございます。

 次は、41ページの議案第34号平成2年度盛岡市東中野,東安庭,門財産区特別会計補正予算第1号でございますが、第1条の歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出予算の総額からそれぞれ11万1,000円を減額いたしまして歳入歳出予算の総額をそれぞれ164万6,000円にいたそうとするものでございます。内容は特にございませんので、説明は省略させていただきます。

 以上で特別会計を終わりまして、次に、一般会計の概要につきまして別冊になっております事項別明細書によりまして御説明申し上げます。

 今回の補正は事務事業全般にわたりましての整理、精算が中心となるものでございますので、御了承いただきたいと存じます。

 まず最初に歳出から御説明申し上げてまいりたいと存じますので、27ページをお開きいただきたいと存じます。

 第1款議会費でございますが、特にございませんので、説明は省略させていただきます。

 次は、32ページの第2款総務費、第1項5目財産管理費にまいりまして、まず財政課に係る経費でございますが、元年度剰余金12億6,260万8,000円のうち、6億3,200万円を歳計剰余金積立としまして財政調整基金に積み立てますとともに、公共施設等整備基金への積立金として22億円を計上いたしております。

 また、会計課に係る経費につきましては、各種基金の運用収入を精査の上調整いたそうとするものでございます。

 以下、特にございませんので、56ページ民生費にまいります。

 第3款民生費、第1項3目老人福祉費でございますが、特別養護老人ホームれいたく苑の施設整備事業を助成するため200万円を計上いたしております。滝沢村の社会福祉法人麗沢会が開設しております特養老人ホームれいたく苑の屋内消火栓設備整備に対しまして盛岡地区広域市町村圏内の町村とともに助成しようとするものでございます。

 次は、57ページの老人クラブ活動促進事業費でございますが、盛岡市老人クラブ連合会の各種特別事業に対する助成といたしまして110万1,000円を計上いたしております。

 以下、民生費は特にございませんし、第4款衛生費、第5款労働費、第6款農林費いずれも事業費確定に伴う整理が主な内容でございますので、省略させていただきまして、98ページの商工費にまいります。

 第7款商工費、第1項2目商工業振興費でございますが、金融対策事業におきましては、盛岡市中小企業振興資金融資保証料補給金といたしまして130万円を計上いたしております。盛岡市中小企業振興資金融資制度の利用実績が伸びていることに伴い、市が全額補給している信用保証料を増額することにより利用者の経済的負担の軽減を図ろうとするものでございます。

 次に、運輸通信対策事業費といたしまして783万2,000円を計上いたしております。内容といたしましては、市民にとりまして重要な交通手段であります地方バス路線を維持するために助成する経費として247万9,000円、また、テレビ難視聴地域解消のための中継放送施設整備事業に対する助成としまして535万3,000円を計上したものでございます。

 以下、特にございませんので、107ページの土木費にまいります。

 第8款土木費、第2項3目道路新設改良費でございますが、上鹿妻13号線道路改良事業費として3,088万3,000円を計上しております。東北農政局等が着手する鹿妻穴堰用水路改修事業にあわせまして拡幅整備をしようとするものでございます。

 なお、そのほかの各道路改良事業費等につきましては、事業費の精算等による調整をいたしたものでございます。

 次に、116ページの第4項3目街路事業費でございますが、国庫補助事業としての梨木町上米内線につきまして事業着手いたすべく鋭意努力を重ねてまいったものでございますが、残念ながら着手に至らなかったものであり、7,800万円を減額いたそうとするものでございます。

 また、狭隘道路の拡幅、交差点改良等を実施し、安全で円滑な交通の確保を図るべく整備を進めております上厨川谷地頭線街路事業費といたしまして臨時交付金事業、単独事業合わせまして967万4,000円を計上いたしております。

 以下、特にございませんし、第9款消防費、第10款教育費、第11款公債費、第12款諸支出金につきましても整理、精算でございますので、説明を省略させていただきます。

 以上で、歳出を終わりまして、次は歳入について御説明申し上げますので、前から2枚目の事項別明細書歳入をごらんいただきたいと存じます。

 今回の補正総額は27億1,343万1,000円でございます。このうち特定財源といたしましては、県支出金、分担金及び負担金、使用料及び手数料等で合計4,539万2,000円を計上いたしましたが、なお、26億6,803万9,000円の一般財源を必要としましたので、市税、地方交付税、利子割交付金、財産収入、繰越金等をもって充当いたしたものでございます。

 以上で一般会計、特別会計を終わりまして、次に、企業会計について御説明申し上げます。

 別冊になっております議案第35号平成2年度盛岡市水道事業会計補正予算第3号でございます。

 第2条の収益的収入及び支出でございますが、まず、収入におきまして1億8,388万4,000円の追加でございます。内容といたしましては、営業収益の給水収益等で6,317万5,000円の追加を、営業外収益の受取利息等で1億895万2,000円の追加を、また、特別利益の固定資産売却益で1,175万7,000円の追加を計上いたしているものでございます。支出につきましては、1,533万9,000円の減額でございます。内容といたしましては、営業費用の減価償却費等で3,457万6,000円の減額を、営業外費用で1,913万9,000円の追加を、特別損失で9万8,000円の追加をいたそうとするものでございます。

 第3条の資本的収入及び支出でございますが、収入におきまして4億395万9,000円の減額でございます。内容といたしましては、第7次拡張事業の企業債で4億6,600万円の減額を、工事負担金等で6,204万1,000円の追加を計上いたしているものでございます。支出につきましては、建設改良費におきまして拡張工事費等で2億7,727万8,000円の減額をしようとするものでございます。また、これによります資本的収支不足額及びその補てん財源を改めようとするものでございます。

 次に、第4条につきましては起債の限度額を、第5条につきましては第7次拡張事業前期の継続費の年割額をそれぞれ改めようとするものでございます。

 次は、同じく別冊となっております議案第36号平成2年度盛岡市病院事業会計補正予算第3号についてでございますが、第2条の収益的収入及び支出でございます。収入におきましては医業収益に1,311万9,000円、医業外収益に3,004万3,000円をそれぞれ追加し、事業収益の総額を24億8,482万1,000円にいたそうとするものでございます。医業収益につきましては、外来患者数において幾分増加へと回復してまいりましたが、入院患者数の伸びが鈍化の状況にありますので、医業外収益において一般会計からの補助金2,430万3,000円を含んだ3,004万3,000円を計上いたそうとするものでございます。

 一方、支出といたしましては、医業費用として4,197万7,000円、医業外費用に118万5,000円をそれぞれ追加し、事業費の総額を24億8,482万1,000円にいたそうとするものでございます。医業費用につきましては、医薬品、診療材料に要する経費増が主たるものでございます。

 次に、第3条の資本的収入及び支出でございますが、支出におきまして各所改造工事費300万円を減額しようとするものでございます。

 以上で、病院事業会計を終わりまして、議案書に戻っていただきまして44ページをお開きいただきたいと存じます。

 議案第37号財産の取得についてでございますが、開運橋飯岡線都市計画道路用地を取得しようとするものでございまして、仙北町字佐兵衛新田21番1ほか13筆の田ほか8,831.63平方メートルを本宮字林古23番地藤村博氏外6名の方々から4,222万1,545円で買収しようとするものでございます。買収いたします場所につきましては、添付の見取り図を御参照いただきたいと存じます。

 続きまして45ページの議案第38号議決の変更についてでございますが、昨年の9月議会におきまして議決をいただきました財産の取得につきましての一部変更をお願いするものでございますが、内容といたしましては、取得予定箇所に変更が生じたことによるものでございまして、筆数にいたしまして29筆から32筆と3筆ふえておりますが、面積につきましては逆に16.92平方メートル減の1万7,064.1平方メートルで、予定価格といたしましては75万4,415円減額の4億6,183万6,797円に改めようとするものでございます。なお、変更箇所につきましては添付の見取り図をごらんいただきたいと存じます。

 次は、47ページの議案第39号市道の路線の認定及び変更についてでございます。

 路線の認定につきましては、今回は60路線8,364メートルをお願いいたしております。主なものといたしましては、開発行為に係るものが27路線3,975.7メートル、区画整理によるものが24路線3,486.3メートルでございますし、個人申請によるものが5路線404メートル、その他4路線498メートルとなっております。

 また、変更につきましては、9路線777.9メートルでございまして、内容といたしましては区画整理によるものが3路線410.9メートル、道路改良によるものが1路線100メートル、個人申請によるものが3路線255メートル、その他2路線12メートルとなるものでございます。

 次は、別紙になっております議案第40号盛岡市固定資産評価審査委員会の委員の選任について及び議案第41号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて並びに議案第42号盛岡市教育委員会の委員の任命についてでございますが、先ほど市長から御説明申し上げておりますので、説明は省略させていただきます。

 以上で、提案されました議案についての御説明を終わりますが、よろしく御審議の上、御協賛賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤正三君) お諮りいたします。ただいま議題となっております議案のうち、議案第40号から議案第42号まで3件については、人事案件のため会議規則第34条第2項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊藤正三君) 御異議なしと認めます。よって委員会の付託を省略することに決しました。

 これより議案審議を行います。

 議案第40号から議案第42号まで3件に対する質疑に入ります。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊藤正三君) これをもって質疑を終結いたします。

 意見はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊藤正三君) 意見を終わります。

 これより採決に入ります。

 議案第40号 盛岡市固定資産評価審査委員会の委員の選任についてを採決いたします。

 本案は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(伊藤正三君) 起立全員であります。よって、議案第40号はこれに同意することに決しました。

 議案第41号人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについてを採決いたします。

 本案は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(伊藤正三君) 起立全員であります。よって、議案第41号はこれに同意することに決しました。

 議案第42号盛岡市教育委員会の委員の任命についてを議題といたします。

 本案は、これに同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(伊藤正三君) 起立全員であります。よって、議案第42号はこれに同意することに決しました。

 お諮りいたします。議案第26号から議案第39号まで14件については、去る1日に設置いたしました予算等審査特別委員会に付託の上、審査することにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊藤正三君) 御異議なしと認めます。よって、議案第26号から議案第39号まで14件については、予算等審査特別委員会に付託の上、審査することに決しました。

 この際、暫時休憩いたします。

 午前10時32分休憩

      〜〜〜〜〜〜〜〜

 午後2時35分再開



○議長(伊藤正三君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。

 議案第26号平成2年度盛岡市一般会計補正予算第5号から、議案第39号市道の路線の認定及び変更についてまで14件に関し、予算等審査特別委員長の報告を求めます。40番戸塚孝君。

〔40番 戸塚孝君 登壇〕



◎40番(戸塚孝君) 予算等審査特別委員会の審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。

 先ほどの本会議において、当委員会に審査方付託を受けました議案は14件でありますが、予算では平成2年度盛岡市一般会計補正予算など11件で、一般会計において27億1,343万1,000円が追加補正され、その財源として預金利子収入、地方交付税などが充てられております。また、各特別会計、企業会計においても補正されております。

 さらに、財産の取得についてなど3件であります。

 これらの議案の審査に当たり、各委員から種々質疑並びに意見が述べられましたが、その内容については省略させていただき、以下、各会派の討論の状況を申し上げます。

 まず、反対の討論として、日本共産党を代表して鈴木礼子委員から、平成2年12月時点での基金積立金総額は、111億9千9百万円余となっており、今回補正の公共施設等整備基金積立金22億円を加えると、総額133億円を超え、昭和63年度決算時点での倍以上の積み立てが行われたこととなる。この基金積み立ては、長期の好況で税の自然増収もあるが、最大の要因は、この10年間の臨調行革路線の推進によるものであることは明らかであり、地方行革推進の中で、補助金カットが職員の人員抑制、公共料金の相次ぐ値上げによる住民負担の増大と、サービスの切り捨てが進められた結果としてもたらされたものであると考える。

 住民犠牲の上にため込んだこのような積立金は、国保税の引き下げや、高齢者対策、私学振興対策など、住民のためにこそ使うべきものであると考える。

 以上の意見を付して、議案第26号から議案第32号まで、及び議案第35号、議案第36号については、当初予算で消費税導入に反対した立場から反対する。

 その他の議案については賛成すると述べられました。

 次に、賛成の討論として、市政クラブを代表して鈴木俊祐委員から、市制100周年記念事業も大きな成果をおさめ、最後の河南公民館・盛岡劇場も順調に活用されていることに敬意を表する。

 今次補正予算は、厳しい財政状況の中にあって、経費の節減に努め、財政調整基金に6億3,000万円余、加えて将来の大プロジェクトに対応した公共施設整備基金に22億円余と積み立てたことを評価する。

 中央公園、高松公園用地買収について五、六年の期間を要するとのことであるが、国の補助金獲得折衝は精力的に取り組み、できるだけ早期に買収できるよう万全を期されたい。

 スパイクタイヤ法規制が施行されているが、相当数の車がいまだスパイクタイヤの装着が見受けられるので、早期に履きかえるようPRに努められたい。

 なお、凍上などによる市道の穴埋め、補修並びに横断歩道等の区画線の塗りかえなど、入学式前に早急に実施し、交通安全を期されたい。

 以上の意見を付し、提案された全議案に賛成すると述べられました。

 次に、日本社会党を代表して菊池正亨委員から、平成2年度も健全な行財政執行を行い、今後の公共施設建設を円滑に行うために、公共施設等整備基金22億円を新たに積み立てし、合計53億3,300万円を確保したほか、財政調整基金も6億3,200万円を積み立て、本年度末には38億9,300万円となることを多とする。

 梨木町上米内線の街路事業費が7年間も予算執行できなかったが、県の協力を得ながら、反対住民との合意形成をでき得る限り早急に行い、事業認可を取りつけ、事業着手を図られたい。

 卒業式、入学式の時期を迎え、また4月1日からは脱スパイクタイヤのスタッドレスタイヤ時代になることから、春先の除排雪に万全を期するとともに、道路の堆積粉じん等の清掃を行い、きれいなまちづくりを進め、あわせて横断歩道等の区画線引きに万全を期し、交通安全の確保を図られたい。

 以上のほか、審査の過程で我が会派の委員が述べた意見を尊重して予算執行されるよう要望し、提案された全議案に賛成すると述べられました。

 次に、市民クラブを代表して岸本委員から、梨木町上米内線の道路整備に当たっては、努力していることは認めるが、当市の内環状線として都市発展には重要な路線であるので、さらに話し合いを積極的に進め、早期実現のために一層促進を図られたい。

 中央公園用地の買収については、買収開始以来、かなりの年数をかけているが、市民は中央公園の早期実現を望んでいるので、さらに予算の確保に努め、アルペンスキー世界選手権大会までに一部公園整備ができるよう努力されたい。

 以上の意見を付し、提案された全議案に賛成すると述べられました。

 次に、新風クラブを代表して藤川委員から、この冬は積雪が少なかったことから、今後、道路の粉じんが多く出ることが懸念されるので、粉じん、ごみ等の清掃に配慮されたい。

 卒業、入学期を迎えて、児童生徒の通学時の安全確保のために道路横断区画線の速やかな引き直しを要望する。

 以上の意見を付し、平成2年度盛岡市一般会計補正予算など、提案された全議案に賛成すると述べられました。

 次に、民社党を代表して細屋委員から、提案された趣旨を了とし、全議案に賛成すると述べられました。

 最後に、公明党を代表して嶋貫委員から、新総合計画後期実施計画の初年度に当たり、おおむね順調に目標を達成しつつあるが、北東北の拠点都市形成に一層の努力を期することを望む。

 下水道事業については、住民からの多岐にわたる要望も多く、なお一層の事業の促進を図りながら、未整備地区の解消に努められたい。加えて新堰1号線における水緑モデル事業においても、隣接住民及び同地区の安らぎの場としての整備に万全を期されたい。

 スパイクタイヤにおける道路粉じんの清掃を早期に実施するとともに、道路の損傷の補修を行われたい。

 入園、入学時期を控え、道路の補修や横断歩道及び通行区分のライン引きについては、早急に対処されたい。

 ひとり暮らし老人の緊急通報システムについては、そのPRを徹底し、安心な日々を送れるよう配慮されたい。

 以上の意見を付し、提案された全議案に賛成すると述べられました。

 以上の討論に基づき、まず、議案第33号、議案第34号、及び議案第37号から議案第39号まで5件を一括採決の結果、賛成全員で、各議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第26号から議案第32号まで、及び議案第35号、議案第36号の9件を一括採決の結果、賛成多数で、各議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上で、予算等審査特別委員会の御報告を終わりますが、各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(伊藤正三君) ただいまの予算等審査特別委員長の報告に対する質疑に入ります。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊藤正三君) これをもって質疑を終結いたします。

 意見はありませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊藤正三君) 意見を終わります。

 これより議案第26号から議案第39号まで14件を採決いたします。

 まず、議案第33号平成2年度盛岡市土地取得事業費特別会計補正予算第1号、議案第34号平成2年度盛岡市東中野,東安庭,門財産区特別会計補正予算第1号、及び議案第37号財産の取得についてから議案第39号市道の路線の認定及び変更についてまで5件の予算等審査特別委員長の報告は可決であります。

 各案件は、予算等審査特別委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(伊藤正三君) 起立全員であります。よって、議案第33号、議案第34号、及び議案第37号から議案第39号まで5件は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第26号平成2年度盛岡市一般会計補正予算第5号から議案第32号平成2年度盛岡市中央卸売市場費特別会計補正予算第3号まで、及び議案第35号平成2年度盛岡市水道事業会計補正予算第3号、議案第36号平成2年度盛岡市病院事業会計補正予算第3号の9件の予算等審査特別委員長の報告は可決であります。

 各案件は、予算等審査特別委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

〔賛成者起立〕



○議長(伊藤正三君) 起立多数であります。よって、議案第26号から議案第32号まで、及び議案第35号、議案第36号の9件は原案のとおり可決されました。

      〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(伊藤正三君) 以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。

 お諮りいたします。明12日から16日まで、及び18日、19日の7日間は委員会審査等のため休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(伊藤正三君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。

 本日は、これをもって散会いたします。

〔配付した請願文書表〕



請願文書表(平成3年3月14日盛岡市議会定例会)


受理
番号
受理年月日
請願の要旨
提出者及び紹介議員
付託委員会


 1
 3. 3.11
白内障人工水晶体(眼内レンズ)に関する請願
盛岡市本町通二丁目14−17
 盛岡生活と健康を守る会
   会長  斎藤桃江
 紹介議員  渡辺勇一
産業衛生
常任委員会