議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 六ヶ所村

平成24年 第3回定例会(第1号) 本文




2012年06月04日:平成24年 第3回定例会(第1号) 本文

議長(橋本猛一君) 議員の皆さん、おはようございます。
 これより平成24年第3回六ヶ所村議会定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において2番鳥山義隆議員、9番木村常紀議員を指名いたします。
 日程第2、会期の決定を議題といたします。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、本日から6月11日までの8日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
               (異議なしの声)


議長(橋本猛一君) ご異議なしと認め、よって会期は8日間と決定いたしました。
 この際、私から報告をいたします。
 監査委員から、例月出納検査の報告がありました。報告書は事務局に備えつけてありますので、閲覧してください。
 また、議長の出席行事一覧はお手元に配付のとおりですので、ご了承願います。
 日程第3、本定例会の提出案件、議案13件を一括上程いたします。
 村長より提案理由の説明を求めます。村長。


村長(古川健治君) おはようございます。
 それでは、提案理由のご説明を申し上げます。
 本日ここに、平成24年第3回六ヶ所村議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には何かとご多用中にもかかわらずご出席を賜り、心から感謝申し上げます。提出議案の説明に先立ちまして、村政にかかわる主な事項について申し上げます。
 まず、本村に春を告げる恒例の「たのしむべ!フェスティバル」は、5月12、13日の両日、多彩なイベントで盛り上がりを見せ、例年にも増して多くの人出でにぎわう中、これまでに幅広い分野での交流事業を行い、友好を深めてまいりました韓国ヤンヤン郡より郡守初め関係者の皆様が来村され、祭りにご参加をいただくなど、成功裏に終了することができました。
 議員各位には公私ともご多忙中のところ、ご支援、ご協力をいただき厚くお礼を申し上げます。
 第1次産業の状況でありますが、ご承知のように、ことしは近年にない大雪に見舞われ、雪解けのおくれによる春の農作業のおくれや農作物の生育への影響が懸念されたことから、村は融雪剤の積極的な活用を生産者に促すため、購入費の一部を助成したところであります。
 次に、原子力政策に係る国の動向についてでありますが、経済産業省の総合資源エネルギー調査会基本問題委員会においては、エネルギー基本計画の見直しの観点から、2030年時点における電源全体に占める原子力発電の構成比率を、また、内閣府原子力委員会の新原子力政策大綱策定会議においては、核燃料サイクル技術等検討小委員会を設置し、使用済み燃料の直接処分方法等の概念、原子力発電・核燃料サイクルの経済性試算などについて検討されております。
 今後は、政府のエネルギー・環境会議においてこれらの議論を踏まえ、今月中には原案を作成し、国民的議論を経て、夏ごろまでに革新的エネルギー・環境戦略として取りまとめる予定であると伺っております。
 村としては、サイクル施設を受け入れた経緯を踏まえ、国に対し引き続き、核燃料サイクル政策の堅持を柱とした原子力政策の着実な推進を強く望むところであり、今後とも国の動向を注しつつ、政策のいかんによっては強い決意を持って対処する考えでありますので、議員各位におかれましては何とぞ特段のご理解とご協力を賜りますようよろしくお願いいたします。
 次に、原子燃料サイクル事業についてでありますが、ガラス溶融炉のB系列の流下性低下事象の原因は、炉内のガラスと接しているレンガの割れや欠けによる小片がたまって流路が詰まり、流下性が低下したものと推定し、その対策としては、レンガ小片の発生抑制、レンガ小片の堆積抑制、流下性低下時の対応を実施することとし、5月21日から模擬廃液と実廃液を用いた事前確認試験を開始するための熱上げを開始したと報告を受けております。
 本職としては、試験が順調に進むことを切望するとともに、事業者においては慎重には慎重を期して、安全を第一に試験に臨むよう強く要請しているところです。
 次に、上十三地域消防広域化については、本年2月の上十三地域市町村長会議において、消防指令業務及び消防救急無線のデジタル化に係る事業を共同で整備、運用するために、検討を推進するよう意見集約されたことから、共同運用の方式、設置場所、経費負担、必要な人員等、重要5項目の検討結果が、去る5月22日に上十三地域市町村長会議に示され、共同で整備、運用することが合意されたところです。今後は、北部上北広域事務組合を中心に、さらに具体的に検討される運びとなっております。
 以上、報告といたします。
 それでは、上程されました議案について、その概要をご説明申し上げ、ご審議の参考に供したいと思います。
 議案第39号平成24年度六ヶ所村一般会計補正予算(第1号)についてご説明いたします。
 まず、歳出の主なものは、人事異動に伴う人件費の補正のほか、民生費に(仮称)総合医療福祉施設整備事業及び土木費に千歳平1号・2号幹線道路改良整備事業に要する経費などを追加計上したものであります。
 次に、歳入予算でありますが、県支出金に野菜等産地生産・販売力強化対策事業費補助金のほか財政調整基金取り崩しによる繰入金で調整を行ったところであります。その結果、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,954万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を130億8,954万4,000円とするものであります。
 次に、議案第40号平成24年度六ヶ所村国民健康保険特別会計補正予算(事業勘定第1号)から議案第46号平成24年度六ヶ所村下水道事業会計補正予算(第1号)については、人事異動等によって過不足が生じる人件費に要する経費などについて、所要の予算措置を講ずることとしたものであります。
 次に、議案第47号議会の議決すべきものを定める条例の一部を改正する条例については、村民憲章の制定、改廃に関する事項や定住自立圏形成協定の締結などに関する事項を地方自治法第96条第2項の規定による議会の議決すべき事件として定めるため、改正するものであります。
 次に、議案第48号六ヶ所村印鑑の登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例、議案第49号六ヶ所村外国語指導員等の給料及び旅費に関する条例の一部を改正する条例については、それぞれ住民基本台帳法の改正や総務省等の通知による所要の改正をするものであります。
 議案第50号六ヶ所村尾駮レイクタウン北地区定住促進条例の一部を改正する条例については、宅地分譲の促進を図るため住宅建築助成金の面積要件を改正するものであります。
 次に、議案第51号は、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。来る9月30日をもって任期満了となる高田孝徳氏を、引き続き法務大臣に推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定に基づき、議会の意見を求めるものであります。
 以上、提出議案の概要についてご説明申し上げましたが、議事の進行に伴い、ご質問に応じ、本職を初め関係者から詳細にご説明申し上げますので、何とぞ慎重にご審議の上、原案どおりご議決を賜りますようお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。
 以上です。


議長(橋本猛一君) 日程第4、陳情については、お手元に配付の請願・陳情書等文書表のとおり、NO.5の「こころの健康基本法」(仮称)の制定を求める意見書の提出については、議員配付といたします。
 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。
 次回会議は、明日午前10時より一般質問を行います。
 本日は、これにて散会いたします。

 議事録の顛末を証するためここに署名する。

  平成24年 6月18日


    六ヶ所村議会議長   橋 本  猛 一


    議事録署名者     鳥 山  義 隆


    議事録署名者     木 村  常 紀