議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 十和田市

平成17年  6月定例会(第2回) 06月06日−議案説明−01号




平成17年  6月定例会(第2回) − 06月06日−議案説明−01号







平成17年  6月定例会(第2回)





    平成17年6月6日(月曜日)
                                
議事日程第1号
 平成17年6月6日(月)午前10時開会
 第1 会議録署名議員の指名
 第2 会期の決定について
 第3 諸般の報告
 第4 請願第6号 現行の義務教育費国庫負担制度の堅持に
          関する意見書の提出を求める請願の委員
          会付託
 第5 請願第7号 旧亀屋跡地の活用に関する請願の委員会
          付託
 第6 認定第1号 平成16年度十和田市水道事業会計決算
          の認定について
 第7 認定第2号 平成16年度十和田市下水道事業会計決
          算の認定について
 第8 認定第3号 平成16年度十和田市病院事業会計決算
          の認定について
 第9 認定第4号 平成16年度十和田市・十和田湖町合併
          協議会歳入歳出決算の認定について
 第10 報告第24号 専決処分の報告について
    専決第24号 十和田市税条例の一部を改正する条例の
          制定について
 第11 報告第25号 専決処分の報告について
    専決第25号 十和田市都市計画税条例の一部を改正す
          る条例の制定について
 第12 報告第26号 専決処分の報告について
    専決第26号 十和田市原子力発電施設等立地地域にお
          ける固定資産税の特別措置に関する条例
          の一部を改正する条例の制定について
 第13 報告第27号 専決処分の報告について
    専決第27号 十和田湖町過疎地域における固定資産税
          の特別措置に関する条例の一部を改正す
          る条例の制定について
 第14 報告第28号 専決処分の報告について
    専決第28号 平成16年度十和田市一般会計補正予算
          (第2号)
 第15 報告第29号 専決処分の報告について
    専決第29号 平成16年度十和田市国民健康保険事業
          特別会計補正予算(第1号)
 第16 報告第30号 専決処分の報告について
    専決第30号 平成16年度十和田市介護保険事業特別
          会計補正予算(第1号)
 第17 報告第31号 専決処分の報告について
    専決第31号 平成16年度十和田市介護サービス事業
          特別会計補正予算(第1号)
 第18 報告第32号 専決処分の報告について
    専決第32号 平成16年度十和田市温泉事業特別会計
          補正予算(第1号)
 第19 報告第33号 専決処分の報告について
    専決第33号 平成16年度十和田市下水道事業会計補
          正予算(第1号)
 第20 報告第34号 専決処分の報告について
    専決第34号 自動車事故に係る和解及び損害賠償の額
          の決定について
 第21 報告第35号 専決処分の報告について
    専決第35号 青森県市町村職員退職手当組合を組織す
          る地方公共団体数の減少及び青森県市町
          村職員退職手当組合規約の変更について
 第22 報告第36号 専決処分の報告について
    専決第36号 青森県市町村等非常勤職員公務災害補償
          等組合を組織する地方公共団体数の減少
          及び青森県市町村等非常勤職員公務災害
          補償等組合規約の変更について
 第23 報告第37号 専決処分の報告について
    専決第37号 青森県消防補償等組合を組織する地方公
          共団体数の減少及び青森県消防補償等組
          合規約の変更について
 第24 報告第38号 専決処分の報告について
    専決第38号 自動車事故に係る和解について
 第25 報告第39号 継続費の繰越計算書について
 第26 報告第40号 継続費の繰越計算書について
 第27 報告第41号 繰越明許費の繰越計算書について
 第28 報告第42号 建設改良費の繰越計算書について
 第29 報告第43号 建設改良費の繰越計算書について
 第30 報告第44号 十和田市土地開発公社の経営状況を説明
          する書類について
 第31 報告第45号 財団法人十和田湖ふるさと活性化公社の
          経営状況を説明する書類について
 第32 議案第47号 十和田市野菜振興基金条例の制定につい
          て
 第33 議案第48号 十和田市乳幼児医療費給付条例の一部を
          改正する条例の制定について
 第34 議案第49号 十和田市重度心身障害者医療費助成条例
          の一部を改正する条例の制定について
 第35 議案第50号 十和田市文化財保護条例の一部を改正す
          る条例の制定について
 第36 議案第51号 十和田市地方卸売市場条例の一部を改正
          する条例の制定について
 第37 議案第52号 市有財産の譲与について
 第38 議案第53号 青森県交通災害共済組合規約の変更につ
          いて
 第39 議案第54号 平成17年度十和田市一般会計補正予算
          (第1号)
 第40 議案第55号 平成17年度十和田市老人保健特別会計
          補正予算(第1号)
 第41 議案第56号 平成17年度十和田市水道事業会計補正
          予算(第1号)
                                
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ
ただし、議案第53号を先議
                                
出席議員(38名)
                   1番  堰野端 展 雄 君
                   2番  紺 野 忠 明 君
                   3番  鳥 越 正 美 君
                   4番  張 摩 博 子 君
                   5番  下川原 鉄 男 君
                   6番  桜 田 博 幸 君
                   7番  工 藤 正 廣 君
                   8番  赤 石 花 男 君
                   9番  田 中 重 光 君
                  10番  川 村 慎 一 君
                  11番  野 月 一 正 君
                  12番  下 山 明 雄 君
                  13番  岩 城 康一郎 君
                  14番  今 泉 勝 博 君
                  15番  相 馬 真 子 君
                  16番  漆 畑 善次郎 君
                  17番  石 橋 義 雄 君
                  18番  小 川 洋 平 君
                  19番  東   秀 夫 君
                  20番  市 澤 善 一 君
                  21番  野 月   誠 君
                  22番  赤 石 継 美 君
                  23番  畑 山 親 弘 君
                  24番  米 田 由太郎 君
                  25番  折 田 俊 介 君
                  26番  織 川 貴 司 君
                  27番  小笠原   光 君
                  28番  野 月 一 博 君
                  29番  赤 坂 孝 悦 君
                  30番  沢 目 正 俊 君
                  31番  杉 山 道 夫 君
                  32番  江 渡 龍 博 君
                  33番  山 本 富 雄 君
                  34番  角   瑞 世 君
                  35番  戸 来   伝 君
                  36番  竹 島 勝 昭 君
                  37番  野 月 忠 見 君
                  38番  豊 川 泰 市 君
                                
欠席議員(なし)
                                
説明のため出席した者
              市     長  中野渡 春 雄 君
              助     役  気 田 武 夫 君
              収  入  役  大 川   晃 君
              総 務 部 長  加 賀 利 生 君
              企 画 財政部長  中野渡   崇 君
              民 生 部 長  村 山 誠 一 君
              健 康 福祉部長  太 田 信 仁 君
              経 済 部 長  安 田   喬 君
              観 光 交流部長  田 中 潤 一 君
              建 設 部 長  東   昭 悦 君
              十和田湖支所長  生 出 隆 雄 君
              上 下 水道部長  小笠原 一 幸 君
              病 院 事務局長  佐々木 隆一郎 君

              総 務 部 理 事  梅 津 敏 明 君
              ( 総 務 課 長
              事 務 取 扱 )

              企画財政部理事  斗 沢   清 君
              (企画調整課長
              事 務 取 扱 )

              企画財政部理事  中野渡 不二男 君
              ( 財 政 課 長
              事 務 取 扱 )

              選挙管理委員会  古 舘   實 君
              委  員  長

              選挙管理委員会  外 山 國 雄 君
              事 務 局 長

              監 査 委 員  高 野 洋 三 君

              監 査 委 員  立 崎 健 二 君
              事 務 局 長

              農業委員会会長  山 崎 誠 一 君

              農 業 委 員 会  前川原 新 悦 君
              事 務 局 長

              教 育 委 員 会  小野寺   功 君
              委  員  長

              教  育  長  稲 垣 道 博 君
              教 育 部 長  奥   義 男 君

職務のため出席した事務局職員
              事 務 局 長  芋 田   剛
              次     長  宮 崎 秀 美
              次 長 補 佐  石川原 定 子
              主     査  中 村 淳 一





○議長(豊川泰市君) ご着席願います。

  開会に先立ちまして、助役から教育長及び各部局の課長級以上の職員の紹介があります。

      (助役より課長級以上の職員を紹介)



○議長(豊川泰市君) 引き続き、新たに説明員となった方の紹介をいたします。

 教育委員会委員長にご就任なされました小野寺 功氏をご紹介いたします。



◎教育委員会委員長(小野寺功君) 小野寺です。よろしくお願いいたします。

                                

                  午前10時14分 開会



○議長(豊川泰市君) 出席議員は定足数に達していますので、定例会は成立しました。

 ただいまから平成17年5月30日、告示招集されました平成17年第2回十和田市議会定例会を開会します。

 これより本日の会議を開きます。

 本日の議事は、議事日程第1号をもって進めます。

                                



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(豊川泰市君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、5番下川原鉄男君、6番桜田博幸君を指名します。

                                



△日程第2 会期の決定について



○議長(豊川泰市君) 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

 お諮りします。今定例会の会期は、本日から6月23日までの18日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

      (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(豊川泰市君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は18日間と決定しました。

                                



△日程第3 諸般の報告



○議長(豊川泰市君) 日程第3、諸般の報告を行います。

 議長の処理事項については、お手元に配付してあります報告書のとおりですので、ご了承願います。

                                



△表彰状の伝達



○議長(豊川泰市君) この際、表彰状の伝達を行います。

 去る5月25日、東京都において開催されました第81回全国市議会議長会定期総会におきまして、小川洋平君が在職10年以上の議員として表彰され、さらに戸来伝君、竹島勝昭君が在職25年以上の議員として特別表彰されましたので、これより表彰状の伝達を行います。



○議長(豊川泰市君) 表彰状、十和田市 小川洋平殿

 あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第81回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします

  平成17年5月25日

              全国市議会議長会

                      会長 国松 誠

      (表彰状伝達)

      (拍手)



○議長(豊川泰市君) 表彰状、十和田市 竹島勝昭殿

 あなたは市議会議員として25年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第81回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰をいたします

  平成17年5月25日

              全国市議会議長会

                      会長 国松 誠

      (表彰状伝達)

      (拍手)



○議長(豊川泰市君) 表彰状、十和田市 戸来 伝殿

 あなたは市議会議員として25年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第81回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰をいたします

  平成17年5月25日

              全国市議会議長会

                      会長 国松 誠

      (表彰状伝達)

      (拍手)



○議長(豊川泰市君) 次に、市長より全国市議会議長会から表彰されました議員の方々を、市政発展の功労者として表彰したいとのことでありますので、引き続きその授与を行います。



◎市長(中野渡春雄君) 表彰状 小川洋平殿

 あなたは十和田市議会議員として10年の長きにわたり市政発展のために多大な貢献をされました よってその功績をたたえここに表彰します

  平成17年6月6日

                  十和田市長 中野渡春雄

      (表彰状授与)

      (拍手)



◎市長(中野渡春雄君) 表彰状 竹島勝昭殿

 あなたは十和田市議会議員として25年の長きにわたり市政発展のために多大な貢献をされました よってその功績をたたえここに表彰します

  平成17年6月6日

                  十和田市長 中野渡春雄

      (表彰状授与)

      (拍手)



◎市長(中野渡春雄君) 表彰状 戸来 伝殿

 あなたは十和田市議会議員として25年の長きにわたり市政発展のために多大な貢献をされました よってその功績をたたえここに表彰します

  平成17年6月6日

                  十和田市長 中野渡春雄

      (表彰状授与)

      (拍手)



○議長(豊川泰市君) この際、受賞者を代表いたしまして竹島勝昭君

から発言の申し出がありますので、これを許します。

 竹島勝昭君

      (36番 竹島勝昭君 登壇)



◆36番(竹島勝昭君) 受賞者3名の中で、年長のゆえをもって一言お礼の言葉を申し上げます。

 このたびは、全国議長会から戸来議員と私が在職25年、小川議員が在職10年の表彰を授与することができました。また、市長より重ねて功労表彰をいただき、まことにありがとうございました。

 顧みますと、初当選したのが戸来議員が当市議会最年少の28歳であり、私は35歳の若輩でありました。以来、25年の歳月にわたって議員活動を続けてきたのかと思うとき、まさに光陰矢の如しの感であります。この間、当市議会始まって以来の百条委員会の設置や議会流会など、議員として数々の試練の場を体験いたしました。とりわけ7年前、浅学非才の身を省みず、水野前市長急逝に伴う市長選に挑み、現中野渡市長支援の大軍団に跳ね返されたことが、一番の苦い体験として記憶に残っております。

 その後、市民の温かいご支援のもと、ともに市政にカムバックさせていただき、これまで大過なく議員活動を続けてこられたのは、同僚議員の皆さん、市長初め市当局の皆さんのご支援、ご協力があればこそであり、心から感謝申し上げる次第であります。

 私も還暦を迎え、後継者に思いをゆだねる議員歴となってまいりましたが、政界の元老山県有朋が晩年石橋湛山に言い残した「世の中は新陳代謝だ。人は適当な時期に行き去るのも、また一つの意義ある社会奉仕でなければならぬ」を肝に銘じ、今回の受賞を励みに、よりよい市政を目指して一段の研さんと努力をしていかなければならないと、思いを新たにしているところでございます。

 何とぞ、同僚議員の皆様初め市当局の皆さんには、今後とも一層のご交誼、ご鞭撻賜りますことをよろしくお願いいたしまして、お礼のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(豊川泰市君) 以上をもちまして、表彰状の伝達を終わります。





△日程第4 請願第6号 現行の義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書の提出を求める請願の委員会付託・日程第5 請願第7号 旧亀屋跡地の活用に関する請願の委員会付託



○議長(豊川泰市君) 次に、日程第4、請願第6号 現行の義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書の提出を求める請願、並びに日程第5、請願第7号 旧亀屋跡地の活用に関する請願、2件の委員会付託について一括議題とします。

 本定例会において、本日まで受理した請願2件は、お手許に配付の請願文書表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託しますので報告します。

                                



△日程第6 認定第1号 平成16年度十和田市水道事業会計決算の認定について〜日程第41 議案第56号 平成17年度十和田市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(豊川泰市君) 日程第6、認定第1号 平成16年度十和田市水道事業会計決算の認定についてから、日程第41、議案第56号 平成17年度十和田市水道事業会計補正予算第1号までの認定4件、報告22件、議案10件を一括上程します。

 この際、理事者から提案理由の説明を求めます。

 中野渡市長

      (市長 中野渡春雄君 登壇)



◎市長(中野渡春雄君) 平成17年第2回定例会の開会に当たり、提案いたしました議案について、その概要をご説明申し上げます。

 認定第1号の平成16年度十和田市水道事業会計決算の認定について申し上げます。

 初めに、収益的収入及び支出については、収入の決算額10億8,457万3,728円に対し、支出の決算額は8億7,655万1,634円で、差し引き2億802万2,094円の純利益となりました。

 次に、資本的収入及び支出については、収入の決算額ゼロ円に対し、支出の決算額は6億7,347万9,938円となりました。資本的収入額が資本的支出額に不足する額は、当年度分損益勘定留保資金、過年度分損益勘定留保資金等により補てんいたしました。

 認定第2号の平成16年度十和田市下水道事業会計決算の認定について申し上げます。

 初めに、収益的収入及び支出については、収入の決算額10億8,299万775円に対し、支出の決算額は9億7,096万3,928円で、差し引き1億1,202万6,847円の純利益となりました。

 次に、資本的収入及び支出については、収入の決算額8億3,341万8,420円に対し、支出の決算額は18億1,259万2,921円となりました。資本的収入額が資本的支出額に不足する額は、過年度分損益勘定留保資金、当年度分損益勘定留保資金等により補てん、及び措置いたしました。

 認定第3号の平成16年度十和田市病院事業会計決算の認定について申し上げます。

 初めに、収益的収入及び支出については、収入の決算額46億9,894万12円に対し、支出の決算額は50億9,695万7,086円で、差し引き3億9,801万7,074円の純損失となりました。

 次に、資本的収入及び支出については、収入の決算額1億9,327万3,000円に対し、支出の決算額は3億6,465万8,204円となりました。資本的収入額が資本的支出額に不足する額は、過年度分損益勘定留保資金並びに当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額により補てんいたしました。

 認定第4号の平成16年度十和田市・十和田湖町合併協議会歳入歳出決算の認定について申し上げます。

 歳入歳出予算総額3,135万円に対し、歳入決算額3,871万6,638円、歳出決算額2,786万5,866円となり、歳入歳出差引残額1,085万772円は、平成16年度一般会計予算の歳入に繰り入れいたしました。

 報告第24号の十和田市税条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分は、地方税法の一部改正に伴い、年齢65歳以上の者で所得が一定額以下の者に対する非課税措置を廃止する等、所要の改正をする必要が生じ、この改正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第25号の十和田市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分は、地方税法の一部改正に伴い、条文の整理を行う必要が生じ、この改正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第26号の十和田市原子力発電施設等立地地域における固定資産税の特別措置に関する条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分は、原子力発電施設等立地地域の振興に関する特別措置法第10条の地方税の不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令の一部改正に伴い、不均一課税の対象となる固定資産の適用期限を2年延長する必要が生じ、この改正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第27号の十和田湖町過疎地域における固定資産税の特別措置に関する条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分は、過疎地域自立促進特別措置法第31条の地方税の課税免除または不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令の一部改正に伴い、課税免除の対象となる固定資産の適用期限を2年延長し、製造業等の用に供する設備の取得価額の要件を引き上げる必要が生じ、この改正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第28号の平成16年度十和田市一般会計補正予算第2号についての専決処分は、地方譲与税、地方債等の決定により補正する必要が生じ、この補正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第29号の平成16年度十和田市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号についての専決処分は、国庫支出金等の決定により補正する必要が生じ、この補正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第30号の平成16年度十和田市介護保険事業特別会計補正予算第1号についての専決処分は、保険料の徴収見込み及び国庫支出金等の決定により補正する必要が生じ、この補正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第31号の平成16年度十和田市介護サービス事業特別会計補正予算第1号についての専決処分は、給付費収入見込みの決定により補正する必要が生じ、この補正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第32号の平成16年度十和田市温泉事業特別会計補正予算第1号についての専決処分は、温泉使用料収入見込みの決定により補正する必要が生じ、この補正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第33号の平成16年度十和田市下水道事業会計補正予算第1号についての専決処分は、建設改良費を補正する必要が生じ、この補正に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第34号の自動車事故に係る和解及び損害賠償の額の決定についての専決処分は、平成17年1月17日午後1時5分ごろ、西六番町の市道交差点における市準職員の運転する公用車の衝突事故に係る和解及び損害賠償の額を決定したものであります。

 報告第35号の青森県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体数の減少及び青森県市町村職員退職手当組合規約の変更についての専決処分は、津軽北部広域事務組合が平成17年3月27日をもって解散したことに伴い、青森県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体数の減少及び同組合規約の変更について協議する必要が生じ、この協議に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第36号の青森県市町村等非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体数の減少及び青森県市町村等非常勤職員公務災害補償等組合規約の変更についての専決処分は、津軽北部広域事務組合が平成17年3月27日をもって解散し、及び階上町南郷村田代小学校中学校組合が同年3月31日をもって八戸市階上町田代小学校中学校組合に名称変更したことに伴い、青森県市町村等非常勤職員公務災害補償等組合を組織する地方公共団体数の減少及び同組合規約の変更について協議する必要が生じ、この協議に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第37号の青森県消防補償等組合を組織する地方公共団体数の減少及び青森県消防補償等組合規約の変更についての専決処分は、津軽北部広域事務組合が平成17年3月27日をもって解散したことに伴い、青森県消防補償等組合を組織する地方公共団体数の減少及び同組合規約の変更について協議する必要が生じ、この協議に急を要したため専決処分したものであります。

 報告第38号の自動車事故に係る和解についての専決処分は、平成17年2月4日午後3時5分ごろ、大字沢田字太田川原の市道における市職員の運転する公用車への衝突事故に係る和解をしたものであります。

 報告第39号の継続費の繰越計算書については、平成16年度十和田市一般会計予算の継続費について、継続費繰越計算書をもって報告するためのものであります。

 報告第40号の継続費の繰越計算書については、平成16年度十和田市水道事業会計予算の継続費について、継続費繰越計算書をもって報告するためのものであります。

 報告第41号の繰越明許費の繰越計算書については、平成16年度十和田市一般会計予算の繰越明許費について繰越計算書をもって報告するためのものであります。

 報告第42号の建設改良費の繰越計算書については、平成16年度十和田市下水道事業会計予算の建設改良費の繰り越しについて、繰越計算書をもって報告するためのものであります。

 報告第43号の建設改良費の繰越計算書については、平成16年度十和田市病院事業会計予算の建設改良費の繰り越しについて、繰越計算書をもって報告するためのものであります。

 報告第44号の十和田市土地開発公社の経営状況を説明する書類については、十和田市土地開発公社の経営状況を報告するためのものであります。

 報告第45号の財団法人十和田湖ふるさと活性化公社の経営状況を説明する書類については、財団法人十和田湖ふるさと活性化公社の経営状況を報告するためのものであります。

 議案第47号の十和田市野菜振興基金条例の制定については、本市における野菜振興を図るための十和田市野菜振興基金を設置するためのものであります。

 議案第48号の十和田市乳幼児医療費給付条例の一部を改正する条例の制定については、乳幼児医療費の給付対象額を見直すためのものであります。

 議案第49号の十和田市重度心身障害者医療費助成条例の一部を改正する条例の制定については、医療費助成の対象者、助成の額等を見直すためのものであります。

 議案第50号の十和田市文化財保護条例の一部を改正する条例の制定については、文化財保護法の一部改正に伴い条文の整理を行うためのものであります。

 議案第51号の十和田市地方卸売市場条例の一部を改正する条例の制定については、卸売市場法の一部改正に伴い卸売市場における取引の規制を緩和し、及び卸売の業務に係る物品の品質管理の方法を定めるためのものであります。

 議案第52号の市有財産の譲与については、市有財産を元町町内会に譲与するためのものであります。

 議案第53号の青森県交通災害共済組合規約の変更については、平成17年1月1日に十和田市及び十和田湖町が十和田市を設置し、同年2月11日に木造町、森田村、柏村、稲垣村及び車力村がつがる市を設置し、同年3月14日に川内町、大畑町及び脇野沢村がむつ市に編入し、同年3月28日に五所川原市、金木町及び市浦村が五所川原市を、藤崎町及び常磐村が藤崎町を、蟹田町、平舘村及び三厩村が外ヶ浜町を、中里町及び小泊村が中泊町をそれぞれ設置し、同年3月31日に南郷村が八戸市に編入し、深浦町及び岩崎村が深浦町を、七戸町及び天間林村が七戸町を、上北町及び東北町が東北町をそれぞれ設置し、同年4月1日に青森市及び浪岡町が青森市を設置したことに伴い、青森県交通災害共済組合規約の変更について協議するためのものであります。

 議案第54号の平成17年度十和田市一般会計補正予算第1号について申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ2億3,371万2,000円を追加いたしました。この結果、歳入歳出予算それぞれの総額は296億371万2,000円となりました。

 歳出の主なものについては、総務費として、若葉地区4町内会連絡協議会のコミュニティー活動への助成及び清算法人十和田市野菜生産安定基金協会からの寄附金を活用した野菜振興基金への積立金、民生費として、母子生活支援施設への入所措置費及び身体障害者更生医療給付費、農林水産業費として、中山間地域振興基金を活用して市の特産作物である「そば」の栽培普及と加工開発に取り組む特定農山村活性化事業費及び県営中山間地域総合整備事業による長下地区の簡易水道本管工事完了に伴う月日山林業会館の給水施設整備費、土木費として、合併特例債を活用した公共施設周辺の生活道路の整備事業費の追加などであります。

 次に、歳入の主なものについては、寄附金9,140万円、老人保健特別会計繰入金1,843万8,000円を追加いたしました。

 地方債については、見込額を計上いたしました。

 議案第55号の平成17年度十和田市老人保健特別会計補正予算第1号について申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出それぞれ5,197万9,000円を追加いたしました。この結果、歳入歳出予算それぞれの総額は54億1,738万円となりました。

 議案第56号の平成17年度十和田市水道事業会計補正予算第1号について申し上げます。

 今回の補正は、建設改良費として駐車場用地購入費を追加いたしました。

 以上、本議会に提案いたしました議案の概要について申し述べましたが、詳細につきましてはその都度ご説明申し上げますので、ご審議の上、ご賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                                



△監査委員審査説明



○議長(豊川泰市君) 次に、認定第1号から認定第4号まで、監査委員より審査の説明を求めます。

 高野監査委員

       (監査委員 高野洋三君 登壇)



◎監査委員(高野洋三君) 皆さん、おはようございます。

 3月の定例会で監査委員の選任に同意いただきました高野洋三です。よろしくお願い申し上げます。

 早速でございますが、審査結果の概要を申し上げます。

 最初に、認定第1号 平成16年度十和田市水道事業会計決算、認定第2号 平成16年度十和田市下水道事業会計決算、認定第3号

平成16年度十和田市病院事業会計決算についてご報告申し上げます。

 審査の期間は平成17年3月31日から平成17年5月20日まで実施いたしました。

 審査の方法でございますが、審査に当たっては提出された決算報告書、財務諸表、その他附属書類が関係法令に準拠して作成され、かつ各事業の経営成績及び財政状態が適正に表示されているか否かを確認するため、諸帳簿及び証書類との照合や担当職員の説明を聴取するなどの審査を実施いたしました。

 その結果、審査に付された決算報告書等は関係法令に準拠して作成されており、その計数は諸帳簿及び証書類と照合した結果、誤りのないものと認められました。

 平成16年度は、通常の会計年度より短期間であることから、決算額、執行率等の年度間比較は数値を掲げる程度にとどめて分析は行わないものといたしました。

 審査の結果でございますが、事業ごとに意見を述べます。

 最初にまず水道事業会計決算でございますが、意見書中の水道6ページをお開きください。

 平成17年1月1日、十和田市と十和田湖町が合併し、新市十和田市としてスタートすることになりました。合併に伴い、平成16年度水道事業会計決算は、平成16年4月1日から平成16年12月31日までの期間に係るものとなりました。

 平成16年度が通常の会計年度より短期間であることから、決算額、執行率等の年度間比較は数値を表に掲げる程度にとどめて分析は行わないものとし、決算の正確性を中心に審査を実施したところであります。

 新市十和田市においても、常に安全でおいしい水の安定供給に意を用いながら、住民福祉の増進に一層努められるよう望むものであります。

 次に、下水道事業会計決算でございます。

 意見書中の下水道8ページをお開きください。

 平成17年1月1日、十和田市と十和田湖町が合併し、新市十和田市としてスタートすることになりました。合併に伴い、平成16年度下水道事業会計決算は、平成16年4月1日から平成16年12月31日までの期間に係るものとなりました。

 平成16年度が通常の会計年度より短期間であることから、決算額、執行率等の年度間比較は数値を表に掲げる程度にとどめて分析は行わないものとし、決算の正確性を中心に審査を実施したところであります。

 今後とも、新市十和田市が下水道に対する市民の理解と協力を求めながら水洗化率の向上を図るとともに、経営の健全化、効率化の推進に努めるよう望むものであります。

 次に、病院事業会計決算でございます。

 意見書中の病院5ページをお開きください。

 平成17年1月1日、十和田市と十和田湖町が合併し、新市十和田市としてスタートすることになりました。合併に伴い、平成16年度病院事業会計決算は平成16年4月1日から平成16年12月31日までの期間に係るものとなりました。

 平成16年度が通常の会計年度より短期間であることから、決算額、執行率等の年度間比較は数値を表に掲げる程度にとどめて分析は行わないものとし、決算の正確性を中心に審査を実施したところであります。

 今後とも、上十三地域の中核病院として医療の確保と医療水準及び医療サービスに努め、地域住民の健康保持等福祉の向上に引き続き取り組んでいくことを望むものであります。

 最後に、認定第4号 平成16年度十和田市・十和田湖町合併協議会歳入歳出決算についてご報告申し上げます。

 議案4ページをお開きください。

 平成16年4月1日から平成16年12月31日までの十和田市・十和田湖町合併協議会歳入歳出決算については、歳入歳出決算書、事業報告書及び収入・支出状況、契約状況を示す書類について、予算が適切かつ効率的に執行されているかということに主眼をおき、平成17年4月20日に審査を実施いたしました。

 審査の結果、審査に付された決算書等は、関係帳簿及び関係書類と照合した結果、適正に処理され誤りのないものと認められました。

 以上、認定に付された4件の決算について、審査意見をご報告申し上げます。

                                



△日程第6 認定第1号 平成16年度十和田市水道事業会計決算の認定について〜日程第9 認定第4号 平成16年度十和田市・十和田湖町合併協議会歳入歳出決算の認定について



○議長(豊川泰市君) この際、日程第6、認定第1号 平成16年度十和田市水道事業会計決算の認定についてから日程第9、認定第4号 平成16年度十和田市・十和田湖町合併協議会歳入歳出決算の認定についてまでの平成16年度各企業会計決算3件並びに合併協議会歳入歳出決算について総括質疑を行います。質疑ありませんか。

  31番



◆31番(杉山道夫君) 今、監査委員から監査の報告がありましたが、監査にかかわって若干お聞きをしたいと思います。

 これは、中身からいって総務部長の答弁でも私は納得したいと思います。今度の合併に伴ういろいろな引き継ぎといいますかの形で、市長を支える各種の外郭団体、それぞれ職務を行う形は決まったんですね。選管、教育委員会、それぞれ決まったんですね。

 ところが、監査委員だけはなぜか、この期間職務を行う制度がなかったですね。職員の中でも、これだけは中央の合併に関するさまざまな法律を決めたときに、決めていない、欠陥じゃないかという話をする人もいました。中身を見ると、そういう思いがしないわけではないんですが。でも、中央の官僚は結構さかしいから、いろいろ想定されるのは全部考えて決めますからね。

 多分これは、決められない、決めれば好ましくない何かが多分あったから、やらなかったんだろう。そこら辺を、当市の法律解釈でもいいんですが、どういう理解をこのことについてしたんだろうかなということをお聞きしたいわけです。

 例えば一番困るのは、監査委員がいないわけですから、監査請求が出たときが大変問題なんですね。例えば1月の2、3日に監査請求が出ると、受理できるのかできないのかという問題があるし、60日間ということで、終わっちゃえば裁判に訴えることはできるんですから、直接裁判へという道を想定していたのか。同時に、この間も多分職員はどうでしょうか、細かいことはもう忘れましたが、総務部監査委員事務担当でしょうか。

 これは、通常一般的な例えば監査委員を決めるまでの手続とか、いろいろなものを私は事務をやっていいと思うんだけれども、監査委員がいない中で監査の中身に入るような実務を行ったのか、行わなかったのか。そこら辺の職務の状況は、どういうふうにして今日まで来たのでしょうか。その2点、お聞きしたいと思います。



○議長(豊川泰市君) 総務部長



◎総務部長(加賀利生君) お答えを申し上げます。

 まず、第1点のいわゆる合併後、監査委員につきましては議会の同意を経た上で選ばれるわけでございますけれども、今杉山議員がお話しになったみたいに、その間いわゆる監査請求等が起こった場合、これについてどうするのかというふうなことにつきましては、私どもも事務的には検討をいたしました。

 ただ、今議員もお話しになったように、詳しく私どもも解決を見たわけではございませんけれども、恐らく緊急の場合につきましては、直接監査委員制度じゃなくて上の方に申し入れをする形になるのではないかと。そういうふうな、推測のもとというと大変失礼でございますけれども、その辺の程度におさまっているところでございます。以上です。



○議長(豊川泰市君) 監査委員事務局長



◎監査委員事務局長(立崎健二君) 月例監査のことにつきましては、事務局において監査しておりました。以上です。



○議長(豊川泰市君) 31番



◆31番(杉山道夫君) 何と言うか、一生懸命やったのはわかるんだけれども、私聞きたいのはできるのかということなんです。権限がない中で行ったことにならないか。法律上の監査委員は認めていても、監査委員は発足していません。監査する指示が出ないんです。というのは、事務局が監査事務を行うというので、配置していろいろやったんでしょうが、その間中身の数字を見ることができるかと。それは有効な事務になるか、それ1点。

 もう一点は答えがなかったんだけれども、決めないというのはそれなりの理由があると思うんだけれども、法律部分で。いわゆる監査の事務を行うところを、そこの解釈。大抵あるのに、これだけはなぜなかったのか。上から聞いてみたりしませんでしたか。



○議長(豊川泰市君) 総務部長



◎総務部長(加賀利生君) ざっくばらんに申し上げますと、それは監査委員だけではなくて、そういうふうな件がもう数点ございました。

 大概、私どもとしてはずるい話になるかもしれませんけれども、そういった事態が発生した場合には、その事態等を即、いわゆる上部団体と申しますか、県なりあるいは県で対処できない場合は総務省の方に即問い合わせをした上で対処したいと、こういうふうな考えに落ちついたところでございまして、その辺で結論は出しておりませんでした。

 それからもう一つ、いわゆる監査事務局の関係でございますけれども、これにつきましては議会が、議員の皆様はおりますけれども議会が成立していない場合、それから選挙管理委員会もそうでございましたが、正式に成立するまでにつきましては各執行機関の職員につきましては、それぞれ総務部の職員といたしまして、例えば監査事務の担当を命じたということでございまして、その間の監査事務局の職員と監査委員の立場と申しますか、それにつきましては結果的には市長の方から、監査委員が来た際に監査事務に支障のないような形のことで、監査なりあるいは選管なり議会なりの仕事をしてくれと、こういうふうに命じたことになろうかと考えております。以上です。



○議長(豊川泰市君) ほかに質疑ありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(豊川泰市君) なしと認めます。

 これにて質疑を終了します。

 お諮りします。認定第1号から認定第4号までの、平成16年度各企業会計決算3件と、合併協議会歳入歳出決算までの計4件については、議員全員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

      (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(豊川泰市君) ご異議なしと認めます。

 よって、認定第1号から認定第4号までの平成16年度各企業会計決算と合併協議会歳入歳出決算までの計4件については、議員全員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決定しました。

                                 



△日程の変更について



○議長(豊川泰市君) 次に、お諮りします。

 この際、日程の順序を変更し、日程第38、議案第53号 青森県交通災害共済組合規約の変更についてを先議したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

      (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(豊川泰市君) ご異議なしと認めます。よって、日程の順序を変更し、日程第38、議案第53号 青森県交通災害共済組合規約の変更についてを先議することに決定しました。

                                



△日程第38 議案第53号 青森県交通災害共済組合規約の変更について



○議長(豊川泰市君) 日程第38、議案第53号 青森県交通災害共済組合規約の変更についてを議題とします。

 これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(豊川泰市君) なしと認めます。

 これより討論に入ります。討論ありませんか。

      (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(豊川泰市君) なしと認めます。

 これより採決を行います。

 お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

      (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(豊川泰市君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第53号は原案のとおり可決されました。

                                



△休会の件



○議長(豊川泰市君) お諮りします。

 明日から6月14日までの8日間は、常任委員会審査及び議案熟考のため休会したいと思います。これにご異議ありませんか。

      (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(豊川泰市君) ご異議なしと認めます。

 よって、明日から6月14日までの8日間は休会することに決定しました。

                                



△散会



○議長(豊川泰市君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 来る6月15日は午前10時から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。

 本日はこれにて散会します。

 ご苦労さまでした。

                  午前11時15分 散会