議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 十和田市

平成28年  6月定例会(第2回) 06月24日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号




平成28年  6月定例会(第2回) − 06月24日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号







平成28年  6月定例会(第2回)





   平成28年6月24日(金曜日)
                                        
議事日程第4号
 平成28年6月24日(金)午前10時開議
 第1  陳情第27―2号 労働基準法及び労働者派遣法の「改正」に反対する意見書採
             択の陳情取り下げの件について
 第2  総務文教常任委員会所管事務調査の報告
 第3  民生福祉常任委員会所管事務調査の報告
 第4  建設常任委員会所管事務調査の報告
 第5  報告第2号 専決処分の報告について
      専決第2号 落雪事故に係る和解及び損害賠償の額の決定について
 第6  報告第3号 専決処分の報告について
      専決第3号 倒木事故に係る和解及び損害賠償の額の決定について
 第7  報告第4号 専決処分の報告について
      専決第4号 十和田市税条例等の一部を改正する条例の制定について
 第8  報告第5号 専決処分の報告について
      専決第5号 十和田市承認企業立地計画に従って設置される施設に係る固定
            資産税の特別措置に関する条例の一部を改正する条例の制定に
            ついて
 第9  報告第6号 専決処分の報告について
      専決第6号 十和田市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について
 第10  報告第7号 専決処分の報告について
      専決第7号 十和田市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につ
            いて
 第11  報告第8号 専決処分の報告について
      専決第8号 平成27年度十和田市一般会計補正予算(第8号)
 第12  報告第9号 専決処分の報告について
      専決第9号 平成27年度十和田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3
            号)
 第13  報告第10号 専決処分の報告について
      専決第10号 平成27年度十和田市温泉事業特別会計補正予算(第1号)
 第14  報告第11号 専決処分の報告について
      専決第11号 平成28年度十和田市一般会計補正予算(第1号)
 第15  報告第12号 繰越明許費の繰越計算書について
 第16  報告第13号 繰越明許費の繰越計算書について
 第17  報告第14号 繰越明許費の繰越計算書について
 第18  報告第15号 継続費の繰越計算書について
 第19  報告第16号 建設改良費の繰越計算書について
 第20  報告第17号 十和田市土地開発公社の経営状況を説明する書類について
 第21  報告第18号 一般財団法人十和田湖ふるさと活性化公社の経営状況を説明する
           書類について
 第22  議案第43号 十和田市税条例等の一部を改正する条例の制定について
 第23  議案第44号 十和田市子ども医療費給付条例等の一部を改正する条例の制定に
           ついて
 第24  議案第45号 平成28年度十和田市一般会計補正予算(第2号)
 第25  議案第46号 平成28年度十和田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
 第26  議案第47号 平成28年度十和田市水道事業会計補正予算(第1号)
 第27  請願第28―1号 東三番町界隈活性化のための街路灯LED化についての請願
             の継続審査
 第28  陳情第28―1号 若い人も高齢者も安心できる年金を求める意見書採択の陳情
             の継続審査
 第29  陳情第28―2号 安全・安心の医療・介護を求める陳情の委員会付託及び継続
             審査
 第30  議員派遣の件
 第31  議案第48号 財産の取得について
                                        
本日の会議に付した事件
 議事日程に同じ
                                        
出席議員(20名)
    1番  山 端   博 君
    2番  氣 田 量 子 君
    3番  斉 藤 重 美 君
    4番  久 慈 年 和 君
    5番  江 渡 信 貴 君
    7番  舛 甚 英 文 君
    8番  堰野端 展 雄 君
   10番  田 中 重 光 君
   11番  今 泉 勝 博 君
   12番  石 橋 義 雄 君
   13番  小 川 洋 平 君
   14番  赤 石 継 美 君
   15番  豊 川 泰 市 君
   16番  畑 山 親 弘 君
   17番  織 川 貴 司 君
   18番  沢 目 正 俊 君
   19番  戸 来   伝 君
   20番  竹 島 勝 昭 君
   21番  野 月 忠 見 君
   22番  工 藤 正 廣 君
                                        
欠席議員(1名)
    6番  小 村 初 彦 君
                                        
欠  員(1名)
                                        
説明のため出席した者
   市     長  小山田   久 君
   副  市  長  西 村 雅 博 君
   総 務 部 長  横 道   彰 君
   企 画 財政部長  中 野 孝 則 君
   民 生 部 長  高 屋 昌 幸 君
   健 康 福祉部長  漆 舘   仁 君
   農 林 部 長  白 山 亨 三 君
   観 光 商工部長  和 田 好 暁 君
   建 設 部 長  野 月 洋 明 君
   上 下 水道部長  高 渕   晃 君
   会 計 管 理 者  佐々木 優美子 君
   総 務 課 長  田 村 和 久 君
   政 策 財政課長  漆 舘 典 子 君
   税 務 課 長  小笠原 明 彦 君
   生 活 福祉課長  沖 澤   篤 君

   こ ど も子育て  平 舘 雅 子 君
   支 援 課 長

   健 康 増進課長  北 舘 祐 子 君
   農 林 畜産課長  佐々木 勇 悦 君
   観 光 推進課長  工 藤 達 也 君

   都 市 整備建築  小笠原 正 彦 君
   課     長

   病院事業管理者  松 野 正 紀 君
   病 院 事務局長  接 待 隆 敏 君

   教 育 委 員 会  小野寺   功 君
   委  員  長

   教  育  長  米 田 省 三 君
   教 育 部 長  安 田 牧 子 君
   教 育 総務課長  三 上 和 一 君

   ス ポ ー ツ ・  小山田 亮 二 君
   生 涯 学習課長

   選挙管理委員会  古 舘   實 君
   委  員  長

   選挙管理委員会  竹ケ原 松 生 君
   事 務 局 長

   監 査 委 員  ? 野 洋 三 君

   監 査 委 員  和 田 正 人 君
   事 務 局 長

   農業委員会会長  中 野   均 君

   農 業 委 員 会  野 田 健 治 君
   事 務 局 長
                                        
職務のため出席した事務局職員
   事 務 局 長  佐々木   誠
   次     長  齋 藤 文 子
   議 会 係 長  佐々木 晴 彦
   主     査  村 舘   聡



                           午前10時00分 開議  



○議長(工藤正廣君) 出席議員は定足数に達していますので、会議は成立しました。

  これより本日の会議を開きます。

  本日の議事は、議事日程第4号をもって進めます。

                                        



△日程第1 陳情第27―2号 労働基準法及び労働者派遣法の「改正」に反対する意見書採択の陳情取り下げの件について



○議長(工藤正廣君) 日程第1、陳情第27―2号 労働基準法及び労働者派遣法の「改正」に反対する意見書採択の陳情取り下げの件についてを議題とします。

  陳情第27―2号については、陳情者から都合により陳情を取り下げたいとの申し出があります。

  お諮りします。本件は申し出のとおりこれを承認することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、陳情第27―2号、取り下げの件については承認することに決定しました。

                                        



△日程第2 総務文教常任委員会所管事務調査の報告



○議長(工藤正廣君) 日程第2、総務文教常任委員会所管事務調査の報告を議題とします。

  総務文教常任委員長から所管事務調査の報告の申し出がありますので、発言を許します。

  総務文教常任委員長 20番 竹島勝昭君

                                        



△総務文教常任委員長報告

       (20番 竹島勝昭君 登壇)



◆20番(竹島勝昭君) 平成28年6月15日の総務文教常任委員会において調査した若年者に対する定住、移住、婚活支援の方針と取り組み状況について、調査の経過と結果についてご報告申し上げます。

  当委員会では、本件に関し、理事者側の出席を求め調査いたしました。

  理事者側の説明によると、基本となる考え方として十和田市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン・総合戦略の中で、多くの人が魅力を感じ、住みたいと思うまちの実現を掲げ、市民ニーズや地域特性を生かした施策を総合的かつ計画的に実施していくとのことでした。

  定住、移住の促進について、総合戦略ではUターン希望者の要望に応えられる受け入れ支援体制の構築と、2世代、3世代の近居、同居を促進する支援策の取り組みが方針として示されていました。具体的な取り組みとして、空き家バンク事業、移住お試し住宅の整備など11項目について説明を受けております。

  次に、出会い、結婚の支援について、総合戦略では出会いから結婚、妊娠から出産、子育てに至るまで、切れ目のない一貫した支援を充実するとともに、子供や子育てを地域全体で見守り、継続して支援できる環境づくりを進めることが方針として示されていました。具体的な取り組みとして、婚活支援事業、同窓会支援事業などについて説明を受けております。

  委員からは、同窓会支援事業における住所など個人情報の取り扱いや情報発信の方法、空き家バンク事業における登録物件をふやすための対策についてなどの質問が出されました。また、移住お試し住宅については、利用者の基準をしっかりと定めて貸し出しすること、今後は若い世代だけでなく、シニア世代を対象とした企画についても検討してはどうかなどの意見も出されました。

  理事者側からの説明後、委員からは、各事業にかかわる具体的な実施団体名を挙げていただければもっとわかりやすかった。また、古民家を利用した企画などを検討してみるのもいいのではなどの意見、感想も出されております。

  調査の結果として、当委員会では企画そのものは非常によいと思うので、今後は事業のPR方法についてホームページのほかに別の方法もぜひ検討していただきたいと意見集約いたしました。

  以上、当委員会での所管事務調査の経過と結果についてご報告申し上げ、委員長報告といたします。



○議長(工藤正廣君) ただいまの委員長報告に対して質疑を許します。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で総務文教常任委員会所管事務調査の報告を終わります。

                                        



△日程第3 民生福祉常任委員会所管事務調査の報告



○議長(工藤正廣君) 日程第3、民生福祉常任委員会所管事務調査の報告を議題とします。

  民生福祉常任委員長から所管事務調査の報告の申し出がありますので、発言を許します。

  民生福祉常任委員長 16番 畑山親弘君

                                        



△民生福祉常任委員長報告

       (16番 畑山親弘君 登壇)



◆16番(畑山親弘君) 平成28年6月14日の民生福祉常任委員会において、子ども・子育て支援に関することについて、十和田地区保育研究会との意見交換を実施しましたので、その概要と結果についてご報告申し上げます。

  十和田地区保育研究会とは平成23年度から意見交換をしており、今回は保育料の軽減、中央病院の医師の意見書の無料化、5歳児健診の実施、保育所整備の推進の4点について意見交換をしました。

  1点目の保育料の軽減については、当市の保育料は近隣町村の中でも高く、若い子育て世帯の負担になっており、保育料が高いことによって他町村に転出する例も見受けられる。保護者負担を軽減することで、出生率の向上、少子化、人口減少対策にもつながるとの意見を受けました。

  委員からは、当市も中学生までの医療費の無料化など順を追って行っていること、他町村とは財政規模等の違いがあるため簡単には比較できないのではといった意見が出されました。

  2点目の中央病院の医師の意見書無料化については、多くの保育施設ではインフルエンザ等の感染症罹患後の登園時における対応として、1、感染症の集団発生につながらないこと、2、子供の健康状態が集団生活に適応できる状態に回復していること、この2つの条件を医師の意見書で確認し、登園を認めているとの説明がありました。しかし、市内において無料で意見書を出している民間医療機関がある中で、小児医療の中枢的な役割である中央病院が有料であることは、意見書の活用を妨げることにつながっているとの意見を受けました。

  委員からは、親のモラルの問題であるとしながらも、この件について了知していなかったという意見が出されました。

  3点目の5歳児健診の実施については、国が自治体に義務づけているのは、1歳6カ月児健診と3歳児健診であり、その後は就学時健診まで健診がないとの説明がありました。3歳の健診時点では、集団行動時の問題行動や発達障害等が見つかりにくいため、就学前の5歳児健診実施や5歳児全員にチェック表を配付するなど、早期発見し対応することが必要との意見を受けました。

  委員からは、市においては、健診の都度、問題行動等があれば保護者に伝えているが、発達障害のチェック表を保護者全員に配付することについて肯定的な意見が出されました。

  4点目の保育所整備の推進については、施設整備の際に提出する書類の中に1級建築士等に依頼が必要となる書類があり、短期間では対応できないことから、施設整備に関する手順について、1、老朽化が著しく改築を希望する施設全てに自己負担による老朽度調査を実施すること、2、老朽度調査による結果の点数化や土地の確保、建設の実効性の有無などを勘案し、整備計画を決定すること、3、整備計画を各保育施設に情報公開することの提案がありました。このことによって、書類、資金等の準備も計画的にできるとの意見を受けました。

  以上のことから、意見交換を踏まえた上で所管事務調査を進めることや請願等があれば慎重に審査していくこととしました。

  以上、当委員会での所管事務調査の概要と結果についてご報告申し上げます。



○議長(工藤正廣君) ただいまの委員長報告に対して質疑を許します。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で民生福祉常任委員会所管事務調査の報告を終わります。

                                        



△日程第4 建設常任委員会所管事務調査の報告



○議長(工藤正廣君) 日程第4、建設常任委員会所管事務調査の報告を議題とします。

  建設常任委員長から所管事務調査の報告の申し出がありますので、発言を許します。

  建設常任委員長 11番 今泉勝博君

                                        



△建設常任委員長報告

       (11番 今泉勝博君 登壇)



◆11番(今泉勝博君) 平成28年6月13日の建設常任委員会において調査をした主要地方道三沢十和田線の整備状況について、調査の経過と結果についてご報告申し上げます。

  当委員会では、本件に関し、理事者側の出席を求め、現在までの整備の状況や今後の整備計画についての説明を受けるとともに、高清水地区交差点の現地視察をしました。

  理事者からの説明では、現在までの整備状況については、県では北里大学へ向かう箇所の右折レーンと十和田工業高校及び三本木農業高校前へバス停車帯を設置したほか、高清水地区交差点への信号機と右折レーン設置に向けた交差点改良事業のための用地測量を昨年度実施したこと、市では高清水地区交差点の市道部分への歩道設置のための測量調査を昨年度実施したとのことでした。

  今後の整備計画としては、1点目として、高清水地区交差点については、県では改良工事完成を平成30年度の予定としており、今年度は用地測量や用地補償を行うとともに、市では交差点から高清水小学校までの歩道設置と用地補償を進めること、2点目として、レストランペリカン付近の交差点から北里大学前交差点までの区間に自転車歩行者道を整備するため、県では今年度測量調査、設計に着手することなどの説明を受けました。

  委員からは、交差点改良が終わるまで約2年半あることから、旧高清水駅前にある信号機を交差点まで移動させて利用することはできないかとの質問があり、このことについて理事者からは、現在ある信号機は歩行者の横断のための押しボタン式のものであることから、移設して交差点用に転用することは難しいと県から確認しているとの答弁がありました。

  また、現地を視察した際には、交通量が多いことから、車両同士や歩行者などとの事故の危険性が高いことを改めて確認しました。

  当委員会としては、高清水地区交差点については、整備完了まで約2年半を要することから、事故が多発している現状を踏まえ、仮設の信号機や安全対策を一日も早く講じてほしいと意見集約しました。

  以上、当委員会での所管事務調査の経過と結果についてご報告申し上げます。



○議長(工藤正廣君) ただいまの委員長報告に対して質疑を許します。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で建設常任委員会所管事務調査の報告を終わります。

                                        



△日程第5 報告第2号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第5、報告第2号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で報告第2号は報告済みとします。

                                        



△日程第6 報告第3号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第6、報告第3号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で報告第3号は報告済みとします。

                                        



△日程第7 報告第4号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第7、報告第4号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、報告第4号は承認することに決定しました。

                                        



△日程第8 報告第5号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第8、報告第5号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、報告第5号は承認することに決定しました。

                                        



△日程第9 報告第6号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第9、報告第6号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、報告第6号は承認することに決定しました。

                                        



△日程第10 報告第7号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第10、報告第7号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、報告第7号は承認することに決定しました。

                                        



△日程第11 報告第8号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第11、報告第8号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、報告第8号は承認することに決定しました。

                                        



△日程第12 報告第9号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第12、報告第9号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、報告第9号は承認することに決定しました。

                                        



△日程第13 報告第10号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第13、報告第10号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

  20番



◆20番(竹島勝昭君) 歳出の総務費、温泉運営委員会委員報酬が27万円減額になっていますが、減額理由をお知らせください。



○議長(工藤正廣君) 観光商工部長



◎観光商工部長(和田好暁君) ただいまのご質問にお答えいたします。

  温泉運営委員会を開催しなかったことにより、経費がかからなかったということで減額しております。

  以上です。



○議長(工藤正廣君) 20番



◆20番(竹島勝昭君) 何で開催しなかったのですか。



○議長(工藤正廣君) 観光商工部長



◎観光商工部長(和田好暁君) 諮問する議案がなかったということで、開催しておりません。



○議長(工藤正廣君) ほかに質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) これにて質疑を終了します。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、報告第10号は承認することに決定しました。

                                        



△日程第14 報告第11号 専決処分の報告について



○議長(工藤正廣君) 日程第14、報告第11号 専決処分の報告についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本件は承認することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、報告第11号は承認することに決定しました。

                                        



△日程第15 報告第12号 繰越明許費の繰越計算書について



○議長(工藤正廣君) 日程第15、報告第12号 繰越明許費の繰越計算書についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で報告第12号は報告済みとします。

                                        



△日程第16 報告第13号 繰越明許費の繰越計算書について



○議長(工藤正廣君) 日程第16、報告第13号 繰越明許費の繰越計算書についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で報告第13号は報告済みとします。

                                        



△日程第17 報告第14号 繰越明許費の繰越計算書について



○議長(工藤正廣君) 日程第17、報告第14号 繰越明許費の繰越計算書についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で報告第14号は報告済みとします。

                                        



△日程第18 報告第15号 継続費の繰越計算書について



○議長(工藤正廣君) 日程第18、報告第15号 継続費の繰越計算書についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で報告第15号は報告済みとします。

                                        



△日程第19 報告第16号 建設改良費の繰越計算書について



○議長(工藤正廣君) 日程第19、報告第16号 建設改良費の繰越計算書についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で報告第16号は報告済みとします。

                                        



△日程第20 報告第17号 十和田市土地開発公社の経営状況を説明する書類について



○議長(工藤正廣君) 日程第20、報告第17号 十和田市土地開発公社の経営状況を説明する書類についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  以上で報告第17号は報告済みとします。

                                        



△日程第21 報告第18号 一般財団法人十和田湖ふるさと活性化公社の経営状況を説明する書類について



○議長(工藤正廣君) 日程第21、報告第18号 一般財団法人十和田湖ふるさと活性化公

  社の経営状況を説明する書類についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

  7番



◆7番(舛甚英文君) 活性化公社、いろいろな苦しい中で、平成26年度は赤字だったものが平成27年度については黒字に辛うじてなったというようなことからいくと、非常に努力したのだろうと思うのです。でも、私は、どうしても経営が苦しいのだろうなと思う。基本的になかなか。それでも、私も行くたびに四季彩館なんかに寄って買い物をしてくるのですけれども、何とか頑張ってほしいと思います。

  それで、例えば太陽光発電なんかを設置して、その利益でもって何とか赤字体質から抜け出る方法はないかと。現に十和田市では、土地を他人に貸しているということもあるわけ。そういう遊休地的なところがあるのではないか。ないしはまた、これだけ今農業用地が捨てられているというか、遊休地があるというところを借りてでもやるということで、活性化公社の経営を安定化させたいものだと私は思うのです。そういうことをここは論議する場ではないですけれども、そういうことが活性化公社としてできるのかということをお聞きしたい。



○議長(工藤正廣君) 観光商工部長



◎観光商工部長(和田好暁君) ただいまのご質問にお答えいたします。

  一般財団法人十和田湖ふるさと活性化公社の事業計画の中には、エネルギーの関係が入ってございません。今の現段階ではそういう事業を展開することは無理だというふうに考えております。ただし、経営上の問題、さまざま上で検討する必要はあるというふうに考えております。

  以上でございます。



○議長(工藤正廣君) 7番



◆7番(舛甚英文君) ぜひ上のほうで検討してほしいということを要望して終わります。



○議長(工藤正廣君) ほかに質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) これにて質疑を終了します。

  以上で報告第18号は報告済みとします。

                                        



△日程第22 議案第43号 十和田市税条例等の一部を改正する条例の制定について



○議長(工藤正廣君) 日程第22、議案第43号 十和田市税条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、議案第43号は原案のとおり可決されました。

                                        



△日程第23 議案第44号 十和田市子ども医療費給付条例等の一部を改正する条例の制定について



○議長(工藤正廣君) 日程第23、議案第44号 十和田市子ども医療費給付条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。

                                        



△日程第24 議案第45号 平成28年度十和田市一般会計補正予算(第2号)



○議長(工藤正廣君) 日程第24、議案第45号 平成28年度十和田市一般会計補正予算第2号を議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、議案第45号は原案のとおり可決されました。

                                        



△日程第25 議案第46号 平成28年度十和田市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(工藤正廣君) 日程第25、議案第46号 平成28年度十和田市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号を議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、議案第46号は原案のとおり可決されました。

                                        



△日程第26 議案第47号 平成28年度十和田市水道事業会計補正予算(第1号)



○議長(工藤正廣君) 日程第26、議案第47号 平成28年度十和田市水道事業会計補正予算第1号を議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、議案第47号は原案のとおり可決されました。

                                        



△日程第27 請願第28―1号 東三番町界隈活性化のための街路灯LED化についての請願の継続審査及び日程第28 陳情第28―1号 若い人も高齢者も安心できる年金を求める意見書採択の陳情の継続審査



○議長(工藤正廣君) 日程第27、請願第28―1号 東三番町界隈活性化のための街路灯LED化についての請願の継続審査及び日程第28、陳情第28―1号 若い人も高齢者も安心できる年金を求める意見書採択の陳情の継続審査までの請願1件、陳情1件を一括議題とします。

  観光経済常任委員長及び民生福祉常任委員長から、現在委員会において審査中の請願及び陳情について、会議規則第111条の規定により、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

  お諮りします。各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、請願第28―1号と陳情第28―1号は、観光経済常任委員長及び民生福祉常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。

                                        



△日程第29 陳情第28―2号 安全・安心の医療・介護を求める陳情の委員会付託及び継続審査



○議長(工藤正廣君) 日程第29、陳情第28―2号 安全・安心の医療・介護を求める陳情の委員会付託及び継続審査を議題とします。

  お諮りします。陳情第28―2号は、お手元に配付しました請願文書表のとおり、民生福祉常任委員会に付託の上、閉会中の継続審査とすることにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、陳情第28―2号は、民生福祉常任委員会に付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定しました。

                                        



△日程第30 議員派遣の件



○議長(工藤正廣君) 日程第30、議員派遣の件を議題とします。

  お諮りします。議員派遣については、お手元に配付しました議員派遣の件のとおり決定したいと思います。これにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、議員派遣の件については、お手元に配付しました議員派遣の件のとおり決定しました。

                                        



△日程第31 議案第48号 財産の取得について



○議長(工藤正廣君) 日程第31、議案第48号 財産の取得についてを上程します。

  この際、理事者から提案理由の説明を求めます。

  市長

       (市長 小山田 久君 登壇)



◎市長(小山田久君) これより本議会に追加提案いたしました議案について、その概要をご説明申し上げます。

  議案第48号の財産の取得については、十和田市消防団に配備する消防ポンプ自動車を購入するためのものであります。

  以上、本議会に追加提案いたしました議案の概要について申し述べましたが、詳細につきましてはその都度ご説明申し上げますので、ご審議の上、ご賛同賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                                        



△日程第31 議案第48号 財産の取得について



○議長(工藤正廣君) 日程第31、議案第48号 財産の取得についての質疑に入ります。質疑ありませんか。

  19番



◆19番(戸来伝君) これは、積載車ではない、本当の消防ポンプ自動車と解釈するのですが、この工藤ポンプという相手方なのですが、十和田市の消防自動車にかかわって今まで落札したことはありますか。



○議長(工藤正廣君) 答弁。総務部長



◎総務部長(横道彰君) お答えいたします。

  昨年度も落札しているということでございます。

  以上です。



○議長(工藤正廣君) 19番



◆19番(戸来伝君) 消防自動車は、比較的何十年の世界なのです。いわゆるアフターケアの関係、昨年もやっているといっても2年か2台かということなのですが、透明性をとって入札状況で何社も入れているのですが、十和田市で今まで納車されている業者、随意契約ではないのだろうけれども、そういうふうなことでアフターケアの関係とかというのは問題ないでしょうか。



○議長(工藤正廣君) 総務部長



◎総務部長(横道彰君) お答えいたします。

  車検、設備等、今まで特に問題は起きていないということでお聞きしております。

  以上です。



○議長(工藤正廣君) 19番



◆19番(戸来伝君) それは、まだ去年とことしの話で、問題あれば困るわけなのですが、30年も、およそ40年近くもやるわけだから、その辺のアフターケアの関係を徹底して、消防団に迷惑かけないように監視していただきたいなと思っています。



○議長(工藤正廣君) ほかに質疑ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) これにて質疑を終了します。

  これより討論に入ります。討論ありませんか。

       (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) なしと認めます。

  これより採決を行います。

  お諮りします。本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

       (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(工藤正廣君) ご異議なしと認めます。

  よって、議案第48号は原案のとおり可決されました。

                                        



△閉会



○議長(工藤正廣君) 以上で今定例会に付議されました事件の議事は全て終了いたしました。

  以上をもちまして平成28年第2回十和田市議会定例会を閉会します。

  まことにご苦労さまでした。

                           午前10時39分 閉会