議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 八戸市

平成19年 1月 総務協議会−01月19日-01号




平成19年 1月 総務協議会

  総務協議会記録
 ──────────────────────────────────────
開催日時及び場所
 平成19年1月19日(金)午前10時05分〜午前10時16分 第1委員会室
 ──────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
 ● 所管事項の報告について
  1 豊崎支所移転新築用地について
  2 市民栄誉賞の授与について
  3 懲戒処分の報告について
  4 平成18年12月27日の大雨・暴風等に係る災害見舞金の予備費充用について
  5 南郷文化ホール新築本棟工事(その1)の請負契約について
 ──────────────────────────────────────
出席委員(13名)            | 欠席委員(なし)
 委員長  上 条 幸 哉 君     | 委員外議員(なし)
 副委員長 元 沢 正 治 君     |
 委 員  石 橋 充 志 君     |
  〃   畠 山 敬 一 君     |
  〃   畑 中 哲 雄 君     |
  〃   ? 守 弥千代 君     |
  〃   石 屋 俊 夫 君     |
  〃   ? 舘 博 史 君     |
  〃   五 戸 定 博 君     |
  〃   大 島 一 男 君     |
  〃   菊 地 敏 明 君     |
  〃   山 口 広 道 君     |
  〃   小笠原 要 七 君     |
 ──────────────────────────────────────
出席理事者
 南郷区長             古 舘 剛 浩 君
 総合政策部長           高 島   司 君
 総務部長             石 橋   雄 君
 財政部長             大 野 善 弘 君
 教育長              松 山 隆 豊 君
 教育部長             佐 藤 浩 二 君
 博物館長             柳 町 信 廣 君
 南郷区役所次長          笹 本   教 君
 総合政策部次長兼行政改革推進課長 松 浦 伸 一 君
 総務部次長兼総務課長       林   隆之介 君
 総務部次長兼人事課長       早 狩 博 規 君
 財政部次長兼財政課長       白 川 文 男 君
 出納室長             古 川 良 八 君
 教育部次長            大 岡 長 治 君
 中央公民館長           小笠原 忠 志 君
 図書館長             若 宮 冨久雄 君
 選挙管理委員会事務局長      玉 田 政 光 君         他関係課長
 ──────────────────────────────────────
出席事務局職員
 主事 石 塚 俊 哉
 ──────────────────────────────────────
   午前10時05分 開会
○上条 委員長 おはようございます。
 本日は全員出席であります。
 ただいまから総務協議会を開きます。
 ──────────────────────────────────────
● 所管事項の報告について
○上条 委員長 それでは、理事者から所管事項について報告の申し出がありますので、これを受けることにいたします。
 ──────────────────────────────────────
 1 豊崎支所移転新築用地について
○上条 委員長 初めに、豊崎支所移転新築用地について報告を願います。
◎林 総務部次長兼総務課長 おはようございます。
 それでは、豊崎支所移転新築用地について御説明いたします。
 お手元のA4判1枚物の資料をごらんいただきたいと存じます。
 豊崎支所移転新築先につきましては、昨年8月から地元町内会長の方々からの御意見も伺いながら検討してまいりましたけれども、このほど移転先が確定いたしましたので、お知らせするものでございます。
 資料1の移転新築用地のところでございますが、豊崎町字中谷地42番54、国道454号沿いの現況は水田でございます。面積は1000平米であります。
 具体的な場所でございますが、資料の裏に図面が入っておりますので、ごらんいただきたいと存じます。
 図面中ほどの黄色のマーカーをつけている部分が移転先でございます。そして、図面左端にピンクのマーカーのところがございますが、これが現在の支所でございます。現在の支所から移転先までですと、直線距離でございますが、約250メートルほど八戸駅方面に寄るということになります。用地の選定に当たりましては、交通安全面、住民の方々の利便性、それから新たに付加する災害対策機能などを考慮いたしたものであります。
 表の方に戻っていただきます。2の整備内容、これはまだ案で、現在検討している段階でございますが、通常の支所機能のほかに、災害発生後の救助活動や避難所対策に活用する資機材・備品等を保管する防災倉庫を併設する予定となってございます。これにつきましては防災安全推進室とも協議をしながら進めてまいりたいと考えております。
 3の今後のスケジュールのところでございます。平成19年度には、現況は水田でございますので、土を盛りましてちょっと落ちつかせる必要がございますので、支所用地整地工事をいたします。順調にまいりますと、平成20年度に建物建築工事を行いたいと考えております。建物の面積ですが、現時点では150平方メートル程度を考えておりまして、それに防災倉庫を併設するということでございます。
 参考までに、現在の豊崎支所の状況でございます。建設年度は昭和43年度、築約38年経過してございまして、8カ所ある支所の中では最も古い建物でございます。構造は木造平屋建て、床面積173.34平方メートル、敷地面積は594.66平米となってございます。
 以上で説明を終わります。
○上条 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。
◆大島 委員 国道454号の整備計画がまだ県の方から出ていないわけで、ちまたでは現道を拡幅するという話もあるんです。その辺はひとつ整合させて。答弁は要りません。そういうことでよろしくお願いしたいと思います。
○上条 委員長 他にありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○上条 委員長 ないようですので、ただいまの報告については終わります。
 ──────────────────────────────────────
 2 市民栄誉賞の授与について
○上条 委員長 次に、市民栄誉賞の授与について報告を願います。
◎林 総務部次長兼総務課長 それでは、八戸市民栄誉賞の授与について御説明いたします。
 お手元のA4判1枚物の資料をごらんいただきたいと存じます。
 最初に、八戸市民栄誉賞について御説明申し上げます。
 八戸市民栄誉賞は、市民または当市に縁故の深い方で、国際的または国内的に極めてすぐれた功績を上げ、郷土の誇りとして市民から敬愛されるに至った方に授与するもので、平成元年度から実施しているものであります。
 今回表彰される方でございます。2番についておりますが、大相撲の立行司第33代木村庄之助を襲名しておられます八戸市出身の野澤要一さんでございます。現在は春日部市にお住まいでございます。
 3の野澤さんの功績でございますが、日本の国技である大相撲におきまして、8段階ある行司の最高位である立行司木村庄之助を襲名するという偉業によりまして、本市の名誉を著しく高揚したものであります。
 4の野澤さんの略歴でございます。昭和30年5月の初土俵を踏んでから、昭和52年11月に十両格、平成2年1月に幕内格、平成13年1月に三役格と昇進を重ねられまして、平成18年2月には立行司第35代式守伊之助を襲名、そして平成18年4月に行司としての最高位であります立行司第33代木村庄之助を襲名され、現在に至っておられます。
 5の表彰時期でございますが、平成19年2月17日土曜日を予定してございます。一部報道もちょっと入っておりましたけれども、この日は市民有志の方々によります木村庄之助さんの襲名祝賀会の開催が予定されておりますことから、この場をおかりしまして市民栄誉賞の授与を行う方向で今協議しているところでございます。
 最後に、6番として過去の受賞者の方々をお知らせいたしますと、平成元年度の三浦哲郎氏から平成16年度の伊調千春氏まで、これまで6人の方々が受賞されておられます。
 なお、この件に関しましては、本日午後2時に市長から記者会見の場でお話をさせていただく予定となってございます。
 以上で説明を終わります。
○上条 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○上条 委員長 ないようですので、ただいまの報告については終わります。
 ──────────────────────────────────────
 3 懲戒処分の報告について
○上条 委員長 次に、懲戒処分の報告について説明を願います。
◎早狩 総務部次長兼人事課長 おはようございます。
 それでは、お手元の資料にございますとおり、懲戒処分を行いましたので、その概要について報告申し上げます。
 被処分者は市長事務部局の男性職員でございます。
 当該職員は、自家用車で走行中、50キロ制限のところを30キロオーバーの時速80キロで走行したため、道路交通法違反により30日間の免許停止処分に処せられたものでございます。
 このことは、市職員として、市民の信頼にこたえ、率先して交通法規を守る立場にありながら、地方公務員法第33条に規定する信用失墜行為の禁止に違反するとともに、全体の奉仕者としてふさわしくない行為であり、今後、このようなことのないよう強く自覚と反省を求めるため、戒告処分としたものでございます。
 交通法規違反、自動車事故の防止につきましては、これまでも職員に対して、交通法規を守り、常に細心の注意を払うよう指導してきているところでございますが、今後より一層の徹底を図るとともに、重大な道路交通法違反に対しては、今後とも厳正な方針で対処してまいります。
 なお、今回の処分につきましては、職員の懲戒処分等の公表に関する基準に基づきまして公表することとしておりますが、その方法につきましては、記者クラブを通じて報道各社に公表いたしますほか、市ホームページに掲載するということとしております。
 以上で報告を終わります。
○上条 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○上条 委員長 ないようですので、ただいまの報告については終わります。
 ──────────────────────────────────────
 4 平成18年12月27日の大雨・暴風等に係る災害見舞金の予備費充用について
○上条 委員長 次に、平成18年12月27日の大雨・暴風等に係る災害見舞金の予備費充用について報告を願います。
◎白川 財政部次長兼財政課長 おはようございます。
 平成18年12月27日の大雨・暴風等による被害を受けた被災者に対して、床上浸水した住家1世帯当たり2万円、5世帯分10万円の災害見舞金を支給しました。
 また、予備費とは別に、床上浸水により便槽へ雨水が流入した一般家庭への1世帯分のくみ取り手数料を市で負担いたします。
 以上で説明を終わります。
○上条 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○上条 委員長 ないようですので、ただいまの報告については終わります。
 ──────────────────────────────────────
 5 南郷文化ホール新築本棟工事(その1)の請負契約について
○上条 委員長 次に、南郷文化ホール新築本棟工事――その1――の請負契約について報告を願います。
◎境藤 南郷事務所長 おはようございます。
 それでは、南郷文化ホール新築本棟工事――その1――の請負契約について、お手元に配付してある資料について御説明いたします。
 工事名は南郷文化ホール新築本棟工事――その1――でございます。
 工事場所については八戸市南郷区大字市野沢字中市野沢地内。
 工事の概要でございますけれども、構造は鉄筋コンクリート3階建て、最高の高さが19.25メートルになっております。基礎はくい基礎でございます。外壁はタイル張り、屋根はトタンぶき、一部アスファルト露出防水、建築面積は1595.58平方メートル、床面積は1780.69平方メートルでございます。
 工事期間は契約締結の翌日から平成20年3月15日まででございます。
 契約額は4億1265万円。
 契約者は、八戸市大字長苗代字上中坪36番地1、寺下建設株式会社、代表取締役寺下寅五郎でございます。
 以上で説明を終わります。
○上条 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○上条 委員長 ないようですので、ただいまの報告については終わります。
 以上で本日予定しておりました理事者からの報告案件はすべて終了いたしました。
 この際、その他に何かありませんか。
 〔「なし」と呼ぶ者あり〕
 ──────────────────────────────────────
○上条 委員長 ないようですので、以上で総務協議会を閉じます。
 御苦労さまでした。
   午前10時16分 閉会