議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 八戸市

平成18年 3月 定例会−03月10日-05号




平成18年 3月 定例会

        平成18年3月八戸市議会定例会会議録(第5号)
        ──────────────────────
議事日程第5号
 平成18年3月10日(金曜日)午後1時開議
第1 議案第21号 平成17年度八戸市一般会計補正予算
   議案第22号 平成17年度八戸市自動車運送事業会計補正予算
   議案第23号 平成17年度八戸市立市民病院事業会計補正予算
   議案第24号 平成17年度八戸市国民健康保険特別会計補正予算
   議案第25号 平成17年度地方卸売市場八戸市魚市場特別会計補正予算
   議案第26号 平成17年度八戸市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算
   議案第27号 平成17年度八戸市学校給食特別会計補正予算
   議案第28号 平成17年度八戸市都市計画下水道事業特別会計補正予算
   議案第29号 平成17年度八戸市公共用地取得事業特別会計補正予算
   議案第30号 平成17年度八戸市都市計画駐車場特別会計補正予算
   議案第31号 平成17年度八戸市中央卸売市場特別会計補正予算
   議案第32号 平成17年度八戸市老人保健特別会計補正予算
   議案第33号 平成17年度八戸市霊園特別会計補正予算
   議案第34号 平成17年度八戸市農業集落排水事業特別会計補正予算
   議案第35号 平成17年度八戸市介護保険特別会計補正予算
   議案第36号 平成17年度八戸市国民健康保険南郷診療所特別会計補正予算
   議案第37号 平成17年度八戸市住宅用地造成事業特別会計補正予算
   議案第40号 八戸市国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定について
   議案第41号 八戸市国民保護協議会条例の制定について
   議案第42号 八戸市地区計画等の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第43号 八戸市開発行為等の許可の基準に関する条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第44号 処分事件の報告及びその承認を求めることについて(青森県市長会館管理組合を組織する地方公共団体数の増加及び規約の変更に係る処分)
第2 議案の訂正について
第3 議案第70号 八戸市特別職の職員の給料等に関する条例及び八戸市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第71号 八戸市休日夜間急病診療所条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第72号 八戸市国民健康保険直営診療所条例の一部を改正する条例の制定について
   議案第73号 八戸市立市民病院条例の一部を改正する条例の制定について

  ────────────────────

 本日の会議に付した事件
議事日程に同じ

  ────────────────────

出席議員(49名)
       1番     石橋充志 君
       2番     三浦隆宏 君
       3番     西村吉晴 君
       4番     下田保夫 君
       5番     森 光男 君
       6番     荒川重雄 君
       7番     畠山敬一 君
       8番     松田 勝 君
       9番     畑中哲雄 君
       11番     壬生八十博君
       12番     石屋俊夫 君
       13番     門前廣美 君
       14番     ?舘博史 君
       15番     古舘傳之助君
       16番     五戸定博 君
       17番     八嶋 隆 君
       18番     畑中 薫 君
       19番     冷水 保 君
       20番     山名文世 君
       21番     大島一男 君
       22番     村上 仁 君
       23番     森 和芳 君
       24番     豊田美好 君
       25番     坂本眞将 君
       26番     上条幸哉 君
       27番     寺地則行 君
       28番     菊地敏明 君
       29番     金谷榮男 君
       30番     藤井専一郎君
       31番     元沢正治 君
       32番     前澤時廣 君
       33番     松橋 知 君
       34番     伊藤圓子 君
       36番     工藤雄剛 君
       37番     角金洋一 君
       38番     吉田淳一 君
       39番     秋山恭寛 君
       40番     田名部和義君
       41番     吉田博司 君
       42番     東野礼二 君
       43番     谷地先次郎君
       44番     佐々木秀男君
       45番     山口広道 君
       46番     大館恒夫 君
       47番     壬生金平 君
       48番     坂本美洋 君
       49番     上田善四郎君
       50番     小笠原要七君
       51番     西野陽一 君

  ────────────────────

欠席議員(3名)
       10番     ?守弥千代君
       35番     越後賢司 君
       52番     苅田重一郎君

  ────────────────────

地方自治法第121条による出席者
   市長         小林 眞 君
   助役         菅原壽郎 君
   収入役        西 幹雄 君
   南郷区長       古舘剛浩 君
   企画部長       川井一輝 君
   総務部長       望月滿晴 君
   財政部長       大野善弘 君
   経済部長       石橋元生 君
   健康福祉部長     尾崎義明 君
   市民生活部長     三浦輝也 君
   環境部長       椛本隆司 君
   建設部長       石岡省藏 君
   教育長        菊池 武 君
   教育部長       石橋 雄 君
   交通部長       柳町信廣 君
   市民病院事務局長   高島 司 君
   監査委員       田中秀雄 君
   都市開発部次長    妻神敬悦 君

  ────────────────────

出席事務局職員
   事務局長       久保 正
   次長         山内 隆
   議事課長       工藤 哲
   議事班長       中村行宏
   主任主査       北村政則
   主事         山本芳弘
   主事         石塚俊哉

  ────────────────────

  午後1時00分 開議
○議長(荒川重雄 君)これより本日の会議を開きます。

  ────────────────────

△日程第1 議案22件
○議長(荒川重雄 君)日程第1議案第21号平成17年度八戸市一般会計補正予算から議案第37号平成17年度八戸市住宅用地造成事業特別会計補正予算まで並びに議案第40号八戸市国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部条例の制定についてから議案第44号処分事件の報告及びその承認を求めることについて――青森県市長会館管理組合を組織する地方公共団体数の増加及び規約の変更に係る処分――までを一括議題といたします。
 各常任委員長から委員会における審査の経過と結果について順次報告を求めます。
 総務常任委員長の報告を求めます。
 上条幸哉委員長
 〔26番上条幸哉君登壇〕
◎26番(上条幸哉 君)総務常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。
 議案第21号平成17年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、各款において事業実績に基づく計数整理をするほか、第2款総務費では、総務管理費において高齢希望退職者の退職手当を計上するほか、研修等委託料の執行残を減額するものであります。また、寄附金を是川縄文の里整備基金へ積み立てるとともに、利子及び南郷グリーンタウンの用地売却分を地域活性化基金へ積み立てるものであります。選挙費においては、農業委員会委員選挙費等の執行残を減額するものであります。統計調査費においては、国勢調査費の執行残を減額するものであります。
 第4款衛生費では、市民病院事業会計に対する負担金及び出資金をそれぞれ増額するものであります。
 第10款教育費では、教育総務費において高齢希望退職者の退職手当を計上するほか、小学校費においては、廃棄物収集運搬業務等委託料及び耐震診断優先度調査等委託料に係る入札残をそれぞれ減額するものであります。社会教育費においては、今年度の発掘調査事業の終了に伴い、遺構測量・技師派遣等委託料などの執行残を減額するものであります。
 第12款公債費では、地域総合整備資金貸付金の繰り上げ償還に伴い元金償還金を増額するものであります。
 第13款諸支出金では、自動車運送事業会計に対する補助金を増額するものであります。
 一方、歳入予算においては、普通交付税の決定に伴い、地方交付税を増額するほか、使用料及び手数料、国・県支出金並びに市債をそれぞれ減額するものであります。
 第3条繰越明許費では、統計調査費において市勢要覧作成委託料に第5次八戸市総合計画の内容を反映させることから、また社会教育費においては、文化ホール建設事業に整備計画の精査で時間を要したことから、それぞれ設定するものであります。
 第5条地方債の補正では、道路橋りょう事業及び都市計画事業の地方債について限度額を変更するものであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第27号平成17年度八戸市学校給食特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では、学校給食実施日数の確定に伴い賄材料費を減額するものであります。一方、歳入では、給食費負担金を減額するものであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第40号は、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第31条及び第183条において準用する第31条の規定に基づき、国民保護対策本部及び緊急対処事態対策本部を設置するためのものであります。
 審査の過程において委員から、武力攻撃事態における当市と自衛隊等との協力体制について質疑があり、理事者から、武力攻撃事態の際は、国民保護の措置を実施するために必要がある場合は、自衛隊の派遣の要請を求めるほか、住民の避難誘導や警戒区域の設定などでは自衛隊と協力することがあると思われるとの答弁があったのであります。
 続いて、本案に対して意見を徴したところ、大島委員より、この議案は、他国の武力攻撃に加え緊急対処事態の発生による有事を想定したものであり、これは戦争の放棄による平和の維持とは相入れないものである。よって、国、県、市町村は現状をしっかり検証し、平和維持の本旨に沿って施策を見直すべきであることから反対である。
 また畑中哲雄委員より、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律は、アメリカが海外で戦争をする際に自衛隊、日本国民を動員するためのものである。市において、この対策本部を設置し、市民を戦争に動員するような条例の制定には反対であるとの意見があり、採決に付した結果、賛成多数をもって原案のとおり可決されました。
 議案第41号は、武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律第40条第8項の規定に基づき、国民保護協議会を設置するためのものであります。
 審査の過程において委員から、国民保護協議会への議会の関与について質疑があり、理事者から、現在、数名の市議会議員を委員に委嘱する予定にしているほか、議会には経過を報告し、意見を求める形で進めたいと考えているとの答弁があったのであります。
 続いて、本案に対して意見を徴したところ、大島委員より、本議案は武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律に基づくものであることから、さきの議案第40号と同様の趣旨で反対である。
 また畑中哲雄委員より、武力攻撃という架空の事態に予算をかけるのではなく、市民の必要なものに予算をかけるべきであることから反対であるとの意見があり、採決に付した結果、賛成多数をもって原案のとおり可決されました。
 議案第44号は、地方自治法第286条第1項の規定により、平川市を加入させるため、青森県市長会館管理組合を組織する地方公共団体数の増加及びこれに伴う規約の変更をすることについて協議することを処分したものについて、その承認を求めるものであります。
 本案は、全員異議なく報告のとおり承認することに決しました。
 以上で報告を終わります。
 〔26番上条幸哉君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)経済常任委員長の報告を求めます。
 田名部和義委員長
 〔40番田名部和義君登壇〕
◎40番(田名部和義 君)経済常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。
 議案第21号平成17年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、各款において事業実績に基づく計数整理をするほか、第5款労働費では、制度利用者が当初見込みを下回ったことに伴い、フロンティア八戸職業訓練助成金を減額するものであります。
 第6款農林水産業費では、水産業費において、事業費の確定に伴い、八戸漁港広域漁港整備事業負担金を減額するほか、魚市場特別会計への繰出金を増額するものであります。
 第7款商工費では、八戸企業団地協同組合が実施する高度化事業に対する中小企業振興補助金を計上するほか、八戸地域高度技術振興センターが実施する低利融資事業の利用がなかったことに伴い、当該貸付金を減額するものであります。
 第3条繰越明許費では、種差漁港整備事業において、防砂堤工事の年度内の完了が困難となったことから、設定するものであります。
 第4条債務負担行為の補正では、八戸企業団地協同組合が高度化事業を実施することに伴い、同組合に交付する中小企業振興補助金について債務負担行為の期間及び限度額を設定するものであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第22号平成17年度八戸市自動車運送事業会計補正予算の主なる内容は、収益的収入及び支出のうち、収入では、回数券収入等の増に伴い運送収益を、また、一般会計からの補助金を、それぞれ増額するものであります。
 支出では、職員等の減に伴い人件費を、また一時借入金借入額の減少に伴い当該利息を、それぞれ減額するほか、運送収益の増に伴い納付消費税を増額するものであります。
 また、資本的収入及び支出のうち支出では、退職者の増に伴い退職給与金を増額するものであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第25号平成17年度地方卸売市場八戸市魚市場特別会計補正予算の主なる内容は、歳入では、鮮魚介類等の水揚げ金額の減少に伴い、市場使用料を減額するほか、前年度繰越金を増額するものであります。
 第2条地方債の補正では、当該年度中起債見込額を減額するものであります。
 議案第31号平成17年度八戸市中央卸売市場特別会計補正予算の主なる内容は、歳入では、卸売業者の取り扱い金額の減少に伴い、市場使用料を減額するほか、施設使用保証金として国債証券を預託していた卸売業者が現金の預託へと切りかえたことに伴い、雑入を増額するものであります。
 以上の各特別会計補正予算は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。
 〔40番田名部和義君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)民生常任委員長の報告を求めます。
 寺地則行委員長
 〔27番寺地則行君登壇〕
◎27番(寺地則行 君)民生常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。
 議案第21号平成17年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、各款において事業実績に基づく計数整理をするほか、第2款総務費では、総務管理費において寄附金を社会福祉基金に積み立てるものであります。
 第3款民生費では、社会福祉費において、重度障害者医療費助成費を減額するほか、国民健康保険特別会計繰出金を増額するものであります。
 児童福祉費においては、2カ年継続予定の私立保育所施設増改築整備事業が平成17年度の単年度事業になったことに伴い、次世代育成支援施設整備補助金を増額するほか、入所児童数の減に伴い私立保育所運営費を、また受給者数の減に伴い児童手当費を、それぞれ減額するものであります。
 第4款衛生費では、保健衛生費において、日本脳炎予防接種の中止に伴い日本脳炎予防接種等委託料を減額するほか、老人保健特別会計への繰出金を増額するものであります。
 第8款土木費では、住宅費において、市営住宅白山台ヒルズの用地を公共用地取得事業債で取得したことなどに伴い、用地購入費を減額するものであります。
 第3条繰越明許費では、児童福祉費において、私立保育所の施設増改築整備事業が年度内の完了を見込めないことから設定するものであります。
 審査の過程において委員から、重度障害者医療費助成費の減額理由について質疑があり、理事者から、国、県の障害者医療制度の改正によるものであるとの答弁があったのであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第23号平成17年度八戸市立市民病院事業会計補正予算の主なる内容は、収益的収入及び支出のうち収入については、旧市民病院跡地を一般会計へ有償移管したことに伴い固定資産売却益を計上するものであります。
 支出については、過年度医業収益の過誤調定額の確定に伴い過年度損益修正損を増額するものであります。
 また、資本的収入及び支出のうち収入については、旧市民病院跡地を一般会計へ有償移管したことに伴い固定資産売却代金を増額するものであります。
 支出については、旧市民病院建物の用途廃止に係る繰り上げ償還を行うため、企業債償還金を増額するものであります。
 審査の過程において委員から、旧市民病院跡地の土地及び建物の移管範囲について質疑があり、理事者から、旧市民病院跡地の土地及び建物は今年度中にすべて一般会計へ移管する予定であるとの答弁があったのであります。
 また委員から、過年度損益修正損を増額した経緯について質疑があり、理事者から、平成16年度入院会計等で調定額の誤りがあったが、金額が確定したため、損失計上したものであるとの答弁があったのであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第24号平成17年度八戸市国民健康保険特別会計補正予算の主なる内容は、歳出においては、被保険者の医療費の増加に伴い一般被保険者及び退職被保険者等の療養給付費をそれぞれ増額するほか、老人医療制度の対象者年齢引き上げに伴い、老人保健医療費拠出金を減額するものであります。
 一方、歳入においては、課税対象所得の減少等に伴い一般被保険者国民健康保険税を減額するほか、保険給付費の増加に伴い療養給付費等国庫負担金を、また、退職者医療に係る医療費の増加に伴い療養給付費等交付金を、それぞれ増額するものであります。
 審査の過程において委員から、他の健康保険から国民健康保険への切りかえ時における社会保険事務所との連携について質疑があり、理事者から、他の健康保険とはシステム上連携していないため、新たに国民健康保険を取得する場合、手続をとるよう広報等を通じて市民へ周知に努めているとの答弁があったのであります。
 議案第32号平成17年度八戸市老人保健特別会計補正予算の主なる内容は、歳出においては、被保険者の医療費の増加に伴い医療給付費を増額するものであります。
 一方、歳入においては、医療給付費等の増加に伴い医療費交付金を、また、一般会計繰入金をそれぞれ増額するものであります。
 審査の過程において委員から、国庫支出金及び県支出金の減額理由について質疑があり、理事者から、医療給付費等の確定に伴い、それに対応する国、県からの支出金をそれぞれ精算したためであるとの答弁があったのであります。
 議案第33号平成17年度八戸市霊園特別会計補正予算の主なる内容は、歳出においては、東霊園樹木管理及び清掃作業等委託料の執行残を減額するものであります。
 また、歳入においては、返還された墓地を新たに使用許可したことに伴い永代使用料を増額するほか、一般会計繰入金を減額するものであります。
 議案第35号平成17年度八戸市介護保険特別会計補正予算の主なる内容は、歳出においては、要介護認定の有効期限が一部延長されたことに伴い、認定調査の手数料及び要介護認定訪問調査委託料をそれぞれ減額するほか、給付実績に基づき、各介護サービス間において給付費を組み替えするものであります。
 また、歳入においては、繰越金を増額するほか、前年度繰越金の確定に伴い介護保険財政安定化基金貸付金を減額するものであります。
 議案第36号平成17年度八戸市国民健康保険南郷診療所特別会計補正予算の主なる内容は、歳出においては内科及び歯科の医薬材料費を、また、歳入においては繰越金を、それぞれ増額するものであります。
 議案第37号平成17年度八戸市住宅用地造成事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出においては、買い戻しを予定していた分譲地において住宅建設に着手したことに伴い土地買戻金を、また、歳入においては一般会計繰入金を、それぞれ減額するものであります。
 以上の各特別会計補正予算は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。
 〔27番寺地則行君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)建設常任委員長の報告を求めます。
 工藤雄剛委員長
 〔36番工藤雄剛君登壇〕
◎36番(工藤雄剛 君)建設常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。
 議案第21号平成17年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、各款において事業実績に基づく計数整理をするほか、第4款衛生費では、保健衛生費において、合併処理浄化槽の設置実績に伴い、合併処理浄化槽設置整備費補助金を減額するものであります。
 清掃費においては、管理運営費等の精査に伴い、ごみ処理に係る八戸地域広域市町村圏事務組合への負担金を増額するものであります。
 第6款農林水産業費では、農業費において、農業集落排水事業特別会計繰出金を減額するものであります。
 第8款土木費では、土木管理費において、西母袋子線道路改良事業に係る測量等委託料の執行残を減額するほか、島守根子久保線道路改良事業に係る補償補填及び賠償金を工事請負費に組み替えするものであります。
 都市計画費においては、県の都市計画街路事業費に対する負担金の確定に伴い、都市計画事業負担金を減額するものであります。また、合併記念多目的広場整備事業に係る用地購入費を不動産鑑定価格に基づき減額するほか、研究宿舎棟の解体に伴う建物移転等補償費を増額するものであります。
 街路事業費においては、事業費の確定に伴い3・4・8街路改良事業に係る工事請負費及び用地購入費などを減額するものであります。
 第9款消防費では、特定屋外タンク審査予定数の確定などに伴い、八戸地域広域市町村圏事務組合消防費負担金を減額するものであります。
 第11款災害復旧費では、平成16年9月の台風第21号により被災した矢倉川護岸の復旧に係る工事費の確定に伴い、河川等災害復旧工事費を減額するものであります。
 第2条継続費の補正では、旧八戸市立市民病院関連施設解体事業に係る工事費が確定したことに伴い、総額及び平成18年度の年割額を変更するものであります。
 第3条繰越明許費では、道路橋りょう費において、島守根子久保線道路改良事業に係る埋蔵文化財発掘調査に不測の日数を要したため、また、街路事業費において、3・4・8街路改良事業に係る用地取得及び建物移転等補償に不測の日数を要したため、年度内執行が困難なことから、それぞれ設定するものであります。
 審査の過程において委員から、合併処理浄化槽設置整備費補助金の減額要因について質疑があり、理事者から、当初の見込みより申請者が少なかったことによるものであるとの答弁があったのであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第26号平成17年度八戸市都市計画土地区画整理事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では、八戸駅西土地区画整理事業費において、国庫補助金の追加決定に伴い、街路築造等工事費及び建物移転等補償費を増額するものであります。
 歳入では、八戸駅西土地区画整理事業費補助金及び土地区画整理事業債を増額するものであります。
 第2条繰越明許費では、売市第二土地区画整理事業及び八戸駅西土地区画整理事業において、関係権利者との補償交渉に不測の日数を要したため、年度内執行が困難なことから設定するものであります。
 第3条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。
 議案第28号平成17年度八戸市都市計画下水道事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では、管きょ布設替等工事費の執行残を減額するものであります。
 歳入では、実績見込みに基づき公共下水道使用料を、また、管きょ布設替等工事費及び起債事業費の確定に伴い、下水道事業債をそれぞれ減額するものであります。
 第2条繰越明許費では、公共下水道管きょ布設替工事費等において、関係機関との調整に不測の日数を要したため、また、公共下水道管きょ等築造事業において、地下水の湧水などにより工事施工に不測の日数を要したため、年度内執行が困難なことからそれぞれ設定するものであります。
 第3条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。
 議案第29号平成17年度八戸市公共用地取得事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では、市営住宅白山台ヒルズの用地取得に係る用地購入費を計上し、歳入では、これに伴う公共用地取得事業債を計上するものであります。
 第2条地方債では、公共用地先行取得事業のため、限度額などを定めるものであります。
 議案第30号平成17年度八戸市都市計画駐車場特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では、一般会計繰出金を減額し、歳入では、使用料の減収に伴い駐車場使用料を減額するものであります。
 議案第34号平成17年度八戸市農業集落排水事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では汚水桝等移設工事費に係る執行残を減額し、歳入では一般会計繰入金を減額し、前年度繰越金を増額するものであります。
 第2条地方債の補正では、起債の限度額を変更するものであります。
 以上の各特別会計補正予算は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第42号は、建築物の敷地面積の最低限度に関する制限について、公共事業の施行等により敷地面積が減少する場合における当該制限の適用の除外に関する規定を定めるとともに、建築基準法等の一部改正に伴う規定の整理をするためのものであります。
 議案第43号は、建築基準法の一部改正に伴い、規定の整理をするためのものであります。
 以上2件の議案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。
 〔36番工藤雄剛君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)以上をもって各委員長の報告は終わりました。
 ただいまの委員長報告に対し、御質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(荒川重雄 君)御質疑なしと認めます。
 これより討論に入りますが、通告がありませんので、これをもって討論を終わります。
 これより議題のうち、議案第40号及び議案第41号を一括して採決いたします。
 以上の議案の委員長報告は、可決であります。
 以上の議案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方々の起立を求めます。
 〔賛成者起立〕
○議長(荒川重雄 君)御着席願います。
 起立多数であります。
 よって、以上の議案は委員長報告のとおり可決されました。
 次に、ただいま議決されました議案を除く議案第21号から議案第37号まで並びに議案第42号から議案第44号までの議案20件を一括して採決いたします。
 以上の議案は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(荒川重雄 君)御異議なしと認めます。
 よって、以上の議案は委員長報告のとおり可決、承認されました。

  ────────────────────

△日程第2 議案の訂正について
○議長(荒川重雄 君)日程第2議案の訂正についてを議題といたします。
 市長より議案第63号八戸市職員の特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例の制定についての訂正の申し出があります。
 市長から訂正の理由について説明を求めます。
 〔市長小林眞君登壇〕
◎市長(小林眞 君)本定例会に提出し、御審議をお願い申し上げてありました議案第63号八戸市職員の特殊勤務手当支給条例の一部を改正する条例の制定についてにつきましては、お手元に配付しております訂正表のように、条例中で引用しております厚生労働省告示に変更が生じましたので、これを訂正いたしたいと存じます。何とぞ御了承賜りますようお願い申し上げます。
 〔市長小林眞君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)お諮りいたします。
 議案第63号の訂正については、承認することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(荒川重雄 君)御異議なしと認めます。
 よって、議案第63号の訂正については、承認することに決しました。

  ────────────────────

△日程第3 議案4件一括上程
○議長(荒川重雄 君)日程第3議案第70号八戸市特別職の職員の給料等に関する条例及び八戸市教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてから議案第73号八戸市立市民病院条例の一部を改正する条例の制定についてまでを一括議題といたします。
 市長から提案理由の説明を求めます。
 市長
 〔市長小林眞君登壇〕
◎市長(小林眞 君)ただいま上程されました議案4件について御説明申し上げます。
 議案第70号は、八戸市特別職の職員の給料を平成14年4月1日から平成18年3月31日までの4年間、約5%減額してきておりましたが、減額期間の終了年度である現在においても当市の財政状況は引き続き厳しい状況にあることから、より一層の行財政改革に取り組むため、第4次八戸市行財政改革大綱及び八戸市集中改革プランに合わせて減額期間を延長するとともに、給料月額を、私を初め助役、収入役の三役は約10%、南郷区長、代表監査委員、教育長は約8%、それぞれ引き下げるものであります。
 次の議案第71号から第73号までは、いずれも健康保険法並びに老人保健法の規定に基づく診療報酬の算定方法及びその他の厚生労働省告示が新たに定められたことに伴い、規定の整備をするためのものであります。 何とぞ慎重に御審議の上、議決賜りますようお願いを申し上げ、議案の説明を終わります。
 〔市長小林眞君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)これより上程議案に対する質疑を行います。
 御質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(荒川重雄 君)御質疑なしと認めます。
 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議案第70号から議案第73号までを予算特別委員会に付託の上、審査することにいたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(荒川重雄 君)御異議なしと認めます。
 よって、議案第70号から議案第73号までは予算特別委員会に付託の上、審査することに決しました。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  ────────────────────

  休会の件
○議長(荒川重雄 君)この際、お諮りいたします。
 委員会開催等のため、13日から17日まで及び20日、22日、23日の8日間は休会いたしたいと思います。
 これに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(荒川重雄 君)御異議なしと認めます。
 よって、8日間は休会することに決しました。
 次回本会議は、3月24日午前10時に開きます。

  ────────────────────

  散 会
○議長(荒川重雄 君)本日はこれにて散会いたします。
  午後1時37分 散会