議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 八戸市

平成17年 5月 臨時会−05月17日-02号




平成17年 5月 臨時会

        平成17年5月八戸市議会臨時会会議録(第2号)
        ──────────────────────
議事日程第2号
 平成17年5月17日(火曜日)午後1時開議
第1 議案第167号 平成17年度八戸市一般会計補正予算
   議案第168号 平成17年度八戸市都市計画下水道事業特別会計補正予算
   議案第169号 八戸市基金の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について

  ────────────────────

 本日の会議に付した事件
議事日程に同じ

  ────────────────────

出席議員(51名)
       1番     石橋充志 君
       2番     三浦隆宏 君
       3番     西村吉晴 君
       4番     下田保夫 君
       5番     森 光男 君
       6番     荒川重雄 君
       7番     畠山敬一 君
       8番     松田 勝 君
       9番     畑中哲雄 君
       10番     ?守弥千代君
       11番     壬生八十博君
       12番     石屋俊夫 君
       13番     門前廣美 君
       14番     ?舘博史 君
       15番     古舘傳之助君
       16番     五戸定博 君
       17番     八嶋 隆 君
       18番     畑中 薫 君
       19番     冷水 保 君
       20番     山名文世 君
       21番     大島一男 君
       22番     村上 仁 君
       23番     森 和芳 君
       24番     豊田美好 君
       25番     坂本眞将 君
       26番     上条幸哉 君
       27番     寺地則行 君
       28番     菊地敏明 君
       30番     藤井専一郎君
       31番     元沢正治 君
       32番     前澤時廣 君
       33番     松橋 知 君
       34番     伊藤圓子 君
       35番     越後賢司 君
       36番     工藤雄剛 君
       37番     角金洋一 君
       38番     吉田淳一 君
       39番     秋山恭寛 君
       40番     田名部和義君
       41番     吉田博司 君
       42番     東野礼二 君
       43番     谷地先次郎君
       44番     佐々木秀男君
       45番     山口広道 君
       46番     大館恒夫 君
       47番     壬生金平 君
       48番     坂本美洋 君
       49番     上田善四郎君
       50番     小笠原要七君
       51番     西野陽一 君
       52番     苅田重一郎君

  ────────────────────

欠席議員(1名)
       29番     金谷榮男 君

  ────────────────────

地方自治法第121条による出席者
   市長         中村寿文 君
   助役         大河原 隆君
   収入役        菅原壽郎 君
   南郷区長       古舘剛浩 君
   企画部長       川井一輝 君
   総務部長       望月滿晴 君
   財政部長       大野善弘 君
   経済部長       石橋元生 君
   健康福祉部長     尾崎義明 君
   市民生活部長     三浦輝也 君
   環境部長       椛本隆司 君
   建設部長       石岡省藏 君
   都市開発部長     池田八郎 君
   教育長        菊池 武 君
   教育部長       石橋 雄 君
   交通部長       柳町信廣 君
   市民病院事務局長   高島 司 君
   監査委員       田中秀雄 君

  ────────────────────

出席事務局職員
   事務局長       久保 正
   次長         山内 隆
   議事課長       工藤 哲
   議事班長       中村行宏
   主任主査       北村政則
   主事         山本芳弘
   主事         石塚俊哉

  ────────────────────

  午後1時01分 開議
○議長(荒川重雄 君)これより本日の会議を開きます。

  ────────────────────

△日程第1 議案3件
○議長(荒川重雄 君)日程第1議案第167号平成17年度八戸市一般会計補正予算から議案第169号八戸市基金の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてまでを一括議題といたします。
 各常任委員長から委員会における審査の経過と結果について順次報告を求めます。
 総務常任委員長の報告を求めます。
 八嶋隆委員長
 〔17番八嶋隆君登壇〕
◎17番(八嶋隆 君)総務常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。
 議案第167号平成17年度八戸市一般会計補正予算ののうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、第2款総務費では、八戸市総合計画策定に係る委託料等を計上するほか、南郷区内のバス路線の廃止、縮小に伴う南郷コミュニティバスの運行委託料を計上するものであります。
 第9款消防費では、都市計画道路3・4・20号売市烏沢線の拡幅に伴い、防災倉庫移転新築等工事費を計上するものであります。
 第10款教育費では、小学校費において明治小学校屋内運動場増改築工事に係る設計等委託料を計上するものであります。
 社会教育費においては、鮫公民館の駐車場整備に伴う用地購入費、是川縄文の里博物館建設に係る用地購入費及び用地測量等委託料、並びに南郷文化ホール建設工事に係る設計等委託料をそれぞれ計上するものであります。
 保健体育費においては、青森県アイスホッケー連盟に対する事業補助金及び南郷陸上競技場のウレタン舗装の改修に係る工事請負費をそれぞれ計上するものであります。
 一方、歳入では、第15款国庫支出金において、南郷村との合併に伴い移管された扶助費に対する負担金及び総合計画策定経費、合併記念多目的広場整備事業等の11事業に対する補助金をそれぞれ計上するものであります。
 第16款県支出金においては、西母袋子線新設改良事業費、是川縄文の里博物館建設事業費等4事業に対する補助金を計上するものであります。
 第19款繰入金においては、財政調整基金繰入金を増額するものであります。
 第22款市債においては、都市計画事業債及び社会教育整備債を増額するものであります。
 第2条地方債の補正では、都市計画事業、住宅建設事業、社会教育整備事業について限度額を増額するものであります。
 審査の過程において委員から、過疎債が充当される南郷文化ホール建設事業と今年度の過疎計画との整合性について質疑があり、理事者から、旧南郷村において過疎計画の後期計画が策定されており、合併後においても継続事業に対しては過疎債を充当していることから、平成17年度の過疎計画に取り込めるように県と協議していきたいとの答弁があったのであります。
 また、委員から、南郷文化ホールの施設規模について質疑があり、理事者から、南郷文化ホールの施設規模を検討するに当たり周辺町村の施設を調査した結果、
平均550席であることから500席とすることとしたとの答弁があったのであります。
 また、委員から、南郷文化ホール建設計画の経緯について質疑があり、理事者から、平成11年度に第4次南郷村総合振興計画で生涯学習関連情報提供のための拠点として、図書館、文化ホールを備えた複合文化施設建設事業の主要事業として取り上げられ、アンケート調査でも要望が多かったことから、平成12年度に一般住民を対象とした検討委員会を立ち上げ、意見、要望を集約した。平成13年度には複合文化施設建設事業基本構想を策定し、平成14年度には、県から複合文化施設建設事業として認定を受け、平成16年度には、複合文化施設のうち図書館が完成し、現在に至っているとの答弁があったのであります。
 また、委員から、青森県アイスホッケー連盟事業補助金に係る協議経過について質疑があり、理事者から、青森県アイスホッケー連盟とは昨年の秋から協議を継続しており、協議が調ったことから今後も補助金を継続するとの答弁があったのであります。
 また、委員から、合併特例債事業に対する県の市町村合併支援特別交付金の見込み額について質疑があり、理事者から、県から合併の初年度に1億円、合併後の5年間で4億円の合計5億円の補助が受けられるとの答弁があったのであります。
 さらに委員から、今回の補正における合併市町村補助金の充当事業について質疑があり、理事者からリーフレットはちのへ、総合計画策定経費、合併記念多目的広場整備事業等11事業に対して充当するものであるとの答弁があったのであります。
 本案に対して意見を徴したところ、山口委員より、南郷文化ホール建設については、旧南郷村において図書館を併設した複合文化施設として検討されてきた事業であるが、今後の活用方針、維持管理費等、事業の詳細が不明であることから、今後は理事者と議会で議論をし、精査した上で執行するべきであるとの意見を付して賛成する。
 また、大島委員より、南郷文化ホール建設については、南郷村との合併議論は1年ほどであり、旧南郷村で議論をしてきた経緯はあるものの、議論が尽くされたということではない。また、旧八戸市が県に要望している芸術パーク建設が凍結されている中においては、新しい八戸市の文化ホールとすべく、議会とさまざまな内容を議論をしながら総合的な判断をし、市民の理解を得て予算を執行するべきであるとの意見を付して賛成するとの意見の開陳があったのであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第169号は、スポーツ振興基金を設置するためのものであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。
 〔17番八嶋隆君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)経済常任委員長の報告を求めます。
 越後賢司委員長
 〔35番越後賢司君登壇〕
◎35番(越後賢司 君)経済常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。
 議案第167号平成17年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、第6款農林水産業費では、水産業費において、大久喜地区の漁場拡大を図るため、大久喜地区沿岸漁業構造改善等工事費を計上するものであります。
 第7款商工費では、商工費において、首都圏在住者に対する市の観光資源の認知度を調査するため、観光資源認知度調査等委託料を、また、民間設置による陸奥湊駅前観光案内所を支援するための運営費補助金を、さらには、愛知万博における日本伝統芸能十八撰に出演するえんぶり組を支援するため、愛知万博えんぶり組出演支援事業補助金をそれぞれ計上するとともに、合併に伴う新市の観光パンフレット及びガイドマップを新たに作成するため、印刷製本費を増額するものであります。
 審査の過程において委員から、陸奥湊駅前観光案内所運営費補助金の交付期間について質疑があり、理事者から、3年間補助する予定であるとの答弁があったのであります。
 また、委員から、観光資源認知度調査の方法等について質疑があり、理事者から、具体的な手法について現在検討中であるとの答弁があったのであります。
 さらに委員から、日本伝統芸能十八撰に出演するえんぶり組に対する県の補助について質疑があり、理事者から、補助はないとの答弁があったのであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。
 〔35番越後賢司君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)民生常任委員長の報告を求めます。
 山名文世委員長
 〔20番山名文世君登壇〕
◎20番(山名文世 君)民生常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。
 議案第167号平成17年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、第3款民生費では、社会福祉費、児童福祉費及び生活保護費において、今回の合併に伴い県から移管された南郷区の支給対象者に対する特別障害者手当等給付費、児童扶養手当費及び生活保護費をそれぞれ増額するものであります。
 また、認可外保育施設におけるゼロ歳児保育料の軽減措置を新たに講じるため、認可外保育施設保育料軽減助成費を増額するものであります。
 児童福祉施設費においては、他の送迎バス業務との一元化に伴い、児童送迎業務等委託料を減額するものであります。
 第4款衛生費では、保健衛生費において、大腸がん検診等の南郷区の受診者に係る大腸がん検診等委託料を増額するものであります。
 第8款土木費では、住宅費において、松内場市営住宅の計画修繕に係る住宅整備工事費を増額するものであります。
 審査の過程において委員から、児童送迎業務等委託料の減額の経緯及び利用者への影響について質疑があり、理事者から、市野沢保育所のバス送迎事業を10月より他の送迎バス事業と一元化して実施する予定であることから、10月分以降の委託料を減額するものであり、従来からの利用者には不利益とならないよう対策を講じるとの答弁があったのであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。
 〔20番山名文世君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)建設常任委員長の報告を求めます。
 五戸定博委員長
 〔16番五戸定博君登壇〕
◎16番(五戸定博 君)建設常任委員会における審査の経過と結果を報告いたします。
 議案第167号平成17年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、第4款衛生費では、保健衛生費において、仮称・地球温暖化対策自治体会議の開催に係る講師謝礼等関連経費を計上するものであります。
 第8款土木費では、道路橋りょう費において、市道西母袋子線の整備に伴う測量等委託料及び市道下家前大蕨線の整備に伴う工事請負費等を計上するものであります。
 都市計画費においては、都市計画下水道事業特別会計への繰出金を増額するほか、旧市民病院跡地を多目的広場として整備することに伴う用地購入費等を計上するものであります。
 審査の過程において委員から、多目的広場の用地購入の見通しについて質疑があり、理事者から、今回計上した予算により市民病院所有分の土地をすべて購入
するものである。また、当該跡地には共有関係の整理が済んでいない民有地が一部あり、それらは共有整理終了後、来年度以降に用地買収をしたいと考えているとの答弁があったのであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 議案第168号平成17年度八戸市都市計画下水道事業特別会計補正予算の主なる内容は、歳出では、排水ポンプ車及び照明車の購入費を、また、これら車両の購入に伴う車庫新築などの関連附帯工事費を計上するものであります。
 歳入では、一般会計繰入金及び下水道事業債を増額するものであります。
 第2条地方債の補正では、起債の限度額を増額するものであります。
 本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。
 〔16番五戸定博君降壇〕
○議長(荒川重雄 君)以上をもって各常任委員長の報告は終わりました。
 ただいまの委員長報告に対し、御質疑ありませんか。
 (「なし」と呼ぶ者あり)
○議長(荒川重雄 君)御質疑なしと認めます。
 これより討論に入りますが、通告がありませんので、これをもって討論を終わります。
 これより議案第167号平成17年度八戸市一般会計補正予算から議案第169号八戸市基金の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてまでの議案3件を一括して採決いたします。
 以上の議案は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(荒川重雄 君)御異議なしと認めます。
 よって、以上の議案は委員長報告のとおり可決されました。
 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  ────────────────────

  市長あいさつ
○議長(荒川重雄 君)この際、市長から発言の申し出がありますので、これを許します。
 市長
 〔市長中村寿文君登壇〕
◎市長(中村寿文 君)平成17年5月八戸市議会臨時会の閉会に当たり、一言あいさつを申し上げます。
 今議会に上程されました議案3件につきましては、終始熱心に、かつ慎重に御審議を尽くされ、全議案とも原案のとおり御議決賜り、厚く御礼申し上げます。
 各議案の執行に当たりましては万全を期してまいりますとともに、今議会において議員の皆様から寄せられました貴重な御意見、御要望等につきましては今後の市政運営に十分配慮してまいりたいと存じます。
 さて、肉づけ予算の議決をいただき、いよいよ新たなまちづくりの諸施策が本格的にスタートいたします。合併後の10年間に具体的に実施する施策を掲げた新市建設計画は、新たなまちづくりの基本となるものであります。事業実施に当たっては議員各位と十分に議論を尽くしてまいりたいと考えております。
 何とぞ、今後とも一層の御指導と御支援を賜りますようお願いを申し上げ、閉会に当たってのあいさつといたします。
 〔市長中村寿文君降壇〕

  ────────────────────

  閉 会
○議長(荒川重雄 君)これにて平成17年5月八戸市議会臨時会を閉会いたします。
  午後1時22分 閉会

   署  名

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

   平成17年5月17日

      八 戸 市 議 会

                議 長  荒 川 重 雄

                副議長  前 澤 時 廣

                議 員  ? 守 弥千代

                議 員  田名部 和 義