議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 弘前市

平成20年第3回定例会(第1号 9月 2日)




平成20年第3回定例会(第1号 9月 2日)





 



議事日程(第1号) 平成20年9月2日


                    午前10時 開議


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 諸般の報告


第4 請願第4号 非核都市宣言を求める請願


第5 議員提出議案第1号 弘前市議会会議規則の一部を改正する規則案


第6 議案第56号 平成20年度弘前市一般会計補正予算(第4号)


   議案第57号 平成20年度弘前市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


   議案第58号 平成20年度弘前市老人保健特別会計補正予算(第2号)


   議案第59号 平成20年度弘前市介護保険特別会計補正予算(第1号)


   議案第60号 平成20年度弘前市病院事業会計補正予算(第1号)


   議案第61号 平成20年度弘前市下水道事業会計補正予算(第1号)


   議案第62号 平成19年度弘前市一般会計歳入歳出決算の認定について


   議案第63号 平成19年度弘前市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第64号 平成19年度弘前市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第65号 平成19年度弘前市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第66号 平成19年度弘前市岩木観光施設事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第67号 平成19年度弘前市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第68号 平成19年度弘前市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第69号 平成19年度弘前市病院事業会計決算の認定について


   議案第70号 平成19年度弘前市水道事業会計決算の認定について


   議案第71号 平成19年度青森県中弘南黒地方視聴覚教育協議会歳入歳出決算の認定について


   議案第72号 弘前市職員の退職年金等に関する条例及び弘前市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案


   議案第73号 弘前市報酬費用弁償等の額及びその支給方法条例等の一部を改正する条例案


   議案第74号 弘前市税条例の一部を改正する条例案


   議案第75号 弘前市乳幼児医療費給付条例の一部を改正する条例案


   議案第76号 弘前市国民健康保険条例及び弘前市特別災害による被害者に対する国民健康保険料減免の特別措置に関する条例の一部を改正する条例案


   議案第77号 弘前市手数料条例の一部を改正する条例案


   議案第78号 弘前市土地開発公社定款の一部変更について


   議案第79号 弘前市営住宅使用料長期滞納者に対する建物明渡等請求事件に関する訴えの提起について


   議案第80号 弘前市営住宅使用料長期滞納者に対する建物明渡等請求事件に関する訴えの提起について


―――――――――――――――――――――――


本日の会議に付した事件


 議事日程に同じ


―――――――――――――――――――――――





出席議員(33名)


         1番  今 泉 昌 一 議員


         2番  小田桐 慶 二 議員


         3番  伏 見 秀 人 議員


         4番  ?ヶ谷 慶 市 議員


         5番  鳴 海   毅 議員


         6番  船 水 奐 彦 議員


         7番  松 橋 武 史 議員


         8番  齊 藤   爾 議員


         9番  谷 川 政 人 議員


         10番  加 藤 とし子 議員


         11番  竹 谷 マツ子 議員


         12番  小山内   司 議員


         13番  三 上 直 樹 議員


         14番  石 田   久 議員


         15番  三 上 秋 雄 議員


         16番  一 戸 兼 一 議員


         17番  佐 藤   哲 議員


         18番  越   明 男 議員


         19番  工 藤 光 志 議員


         20番  蒔 苗   宏 議員


         21番  清 野 一 榮 議員


         22番  田 中   元 議員


         23番  栗 形 昭 一 議員


         24番  宮 本 隆 志 議員


         25番  三 上   惇 議員


         26番  ? 谷 友 視 議員


         28番  山 谷 秀 造 議員


         29番  藤 田 隆 司 議員


         30番  柳 田 誠 逸 議員


         31番  藤 田   昭 議員


         32番  工 藤 良 憲 議員


         33番  町 田 藤一郎 議員


         34番  工 藤 榮 弥 議員





欠席議員(1名)


         27番  下 山 文 雄 議員





地方自治法第121条による出席者


  市長         相 馬しょういち


  副市長        葛 西 憲 之


  教育長        石 岡   徹


  監査委員       山 形 一 郎


  教育委員会委員長   柴 田 友 子


  選挙管理委員会委員長 池 田 久 雄


  農業委員会会長    横 沢 由 春


  企画部長       ? 橋 文 雄


  総務部長       舘 山 利 晴


  市民環境部長     笹 村   真


  健康福祉部長     榊   ? 夫


  農林部長       倉 光 二 人


  商工観光部長     尾 板 正 人


  建設部長       吉 崎 義 起


  都市整備部長     三 橋 孝 夫


  岩木総合支所長    三 上 善 昭


  相馬総合支所長    里 見 哲 二


  市立病院事務局長   工 藤 英 樹


  会計管理者      福 真 幸 悦


  水道部長       須 藤 正 光


  教育部長       成 田 雅 幸


  監査委員事務局長   小 寺 健 治


  農業委員会事務局長  齊 川 幸 藏


  消防理事       齋 藤 則 明


  総務財政課長     蒔 苗 貴 嗣





出席事務局職員


  事務局長       碇 谷   明


  次長         櫻 庭   淳


  議事係長       菊 池 浩 行


  主事         前 田   修


  主事         齋 藤 大 介


  主事         竹 内 良 定


  主事         蝦 名 良 平


 ――――◇―――◇―――◇――――


  午前10時00分 開会


○議長(藤田 昭議員) これより、平成20年第3回弘前市議会定例会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は33名で、定足数に達しております。


 よって、直ちに会議を開きます。


 ―――――――――――――――――


○議長(藤田 昭議員) 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。


 26番?谷友視議員、28番山谷秀造議員、29番藤田隆司議員を指名いたします。


 ―――――――――――――――――


○議長(藤田 昭議員) 日程第2「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から9月25日までの24日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(藤田 昭議員) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は24日間と決定いたしました。


 ―――――――――――――――――


○議長(藤田 昭議員) 日程第3「諸般の報告」をいたさせます。


○事務局長(碇谷 明) (朗読)


―――――――――――――――――――――――


 諸般の報告


 一 市長提出議案


    議案第56号から第80号までの以上25件。


 一 市長報告


    報告第16号から第23号までの以上8件。


 一 監査報告


    弘監発第13号月例現金出納検査の結果に関する報告書及び弘監発第14号定期監査の結果に関する報告書の以上2件。


 一 議員提出議案


    議員提出議案第1号1件。


                                      以上


―――――――――――――――――――――――


○議長(藤田 昭議員) 以上をもって、諸般の報告は終わりました。


 なお、この際、念のため申し上げます。


 先例に倣い、総括質疑をされる議員は、会議規則第51条の規定による発言通告書を、本日午後5時までに提出していただきます。


 ―――――――――――――――――


○議長(藤田 昭議員) 日程第4、継続審査中の請願第4号1件を議題とし、委員会における審査の経過並びに結果の報告を求めます。


 総務常任委員長の報告を求めます。25番三上惇議員。


―――――――――――――――――――――――


                                平成20年8月21日


弘前市議会議長 殿


                         総務常任委員会委員長 三上 惇


          委員会請願審査報告書


 本委員会は、平成20年6月19日付託された請願審査の結果、下記のとおり決定したので報告します。


            記


┌────┬──────────┬───┬──┬──┐


│    │          │   │審査│  │


│請願番号│  件   名   │意 見│  │備考│


│    │          │   │結果│  │


├────┼──────────┼───┼──┼──┤


│    │非核都市宣言を求める│   │継続│起立│


│第4号 │          │   │  │  │


│    │請願        │   │審査│採決│


└────┴──────────┴───┴──┴──┘


―――――――――――――――――――――――


                                平成20年8月26日


弘前市議会議長 殿


                         総務常任委員会委員長 三上 惇


          委員会請願審査報告書


 本委員会は、平成20年6月19日付託された請願審査の結果、下記のとおり決定したので報告します。


            記


┌────┬──────────┬───┬──┬──┐


│    │          │   │審査│  │


│請願番号│  件   名   │意 見│  │備考│


│    │          │   │結果│  │


├────┼──────────┼───┼──┼──┤


│    │非核都市宣言を求める│   │不採│起立│


│第4号 │          │   │  │  │


│    │請願        │   │択 │採決│


└────┴──────────┴───┴──┴──┘


―――――――――――――――――――――――


  〔総務常任委員長 三上 惇議員 登壇〕


○総務常任委員長(三上 惇議員) 平成20年第2回定例会において、継続して審査すべきものと決定を見ておりました請願第4号非核都市宣言を求める請願について、その審査経過の概要並びに結果について御報告申し上げます。


 本請願については、「請願趣旨は理解でき必要性は認めるものの、市民の機運の醸成を見きわめる必要がある。」との理由により、閉会中の継続審査となっていたものであります。


 去る8月21日、委員会を開き、審査したところ、審査の過程で、委員より「本請願は趣旨妥当であり、採択すべきである。」との意見が出されたところであります。


 ここで、委員より「本請願は、継続審査とすべきである。」との意見が出され、採決したところ、起立多数をもって継続審査と決定したところであります。


 さらに、8月26日、委員会を開き、審査したところ、審査の過程で、委員より「請願事項については、趣旨妥当であることから採択すべきである。」との意見が出されたところであります。


 これに対し、委員より「請願趣旨に間違いがあると思うことから、本請願は不採択にすべきである。」との意見が出されたところであります。


 さらに、委員より「旧三市町村で同趣旨の決議がされた経緯はあるものの、新市において今さら非核都市宣言をする必要はないものと考え、本請願は不採択にすべきである。」との意見が出されたところであります。


 さらに、委員より「本請願については、今の国際情勢に照らし合わせ、必然性、緊急性が感じられず、さらに非核を否定する動きは世界的にもないことから、今さら非核都市宣言をする必要はないと考え、本請願は不採択にすべきである。」との意見が出されたところであります。


 本請願は、起立採決の結果、起立少数をもって、不採択と決定いたしました。


 以上をもって、本委員会の報告を終わります。


  〔総務常任委員長 三上 惇議員 降壇〕


○議長(藤田 昭議員) これより、委員長報告に対する質疑に入ります。


 御質疑ありませんか。


  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(藤田 昭議員) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 討論に入ります。


 討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。


 請願第4号に対する委員長の報告は、「不採択にすべきである」との報告であります。


 委員長報告のとおり決するに、賛成の諸君の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕


○議長(藤田 昭議員) 起立多数であります。


 よって、請願第4号は、委員長報告のとおり決しました。


 ―――――――――――――――――


○議長(藤田 昭議員) 日程第5、議員提出議案第1号を議題といたします。


 お諮りいたします。


 ただいま、議題としております議員提出議案は、会議規則第37条第3項の規定により、提案理由の説明及び委員会付託を省略し、本日直ちに審議いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(藤田 昭議員) 御異議なしと認めます。


 よって、提案理由の説明及び委員会付託を省略し、本日直ちに審議することに決しました。


 議員提出議案第1号1件を問題として、質疑に入ります。


 御質疑ありませんか。


  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(藤田 昭議員) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 討論に入ります。


 討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。


 議員提出議案第1号は、原案のとおり決するに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(藤田 昭議員) 御異議なしと認めます。


 よって、議員提出議案第1号は、原案のとおり可決いたしました。


 ―――――――――――――――――


○議長(藤田 昭議員) 日程第6、議案第56号から第80号までの以上25件を一括議題とし、理事者より提案理由の説明を求めます。市長。


  〔市長 相馬しょういち 登壇〕


○市長(相馬しょういち) 本日招集いたしました平成20年第3回弘前市議会定例会に提出した議案について御説明申し上げます。


 議案第56号平成20年度弘前市一般会計補正予算は、歳入歳出予算に8億7267万円を追加するほか、地方債の補正をしようとするものであります。


 歳出予算の主なものについて御説明申し上げます。


 まず、総務費では、一般管理費に地域ICT利活用モデル構築事業に係るシステム構築委託料等として1602万5000円、財産管理費に財政調整基金積立金の追加として3億3172万4000円、諸費に所得変動による減額措置分を含む市税還付金の追加として2億9400万円などを計上しております。


 次に、民生費では、児童福祉総務費に私立保育所整備事業費補助金の追加として5848万5000円、児童運営費に児童扶養手当費の追加として3310万6000円などを計上しております。


 衛生費では、保健活動費に乳幼児医療費支給対象拡大に伴う乳幼児医療扶助費等の追加として2432万1000円を計上しております。


 商工費では、弘前公園整備費に弘前城跡整備計画策定委託料として880万円を計上しております。


 土木費では、都市改造事業費に弘前駅前北地区土地区画整理事業に係る支障物件移転補償費等の追加として9513万円、街路改良事業費に3・4・5号上白銀町新寺町線街路改良に係る支障物件移転補償費等の減額として4874万円などを計上しております。


 教育費では、市立小中学校の耐震化を推進するため、耐震診断委託料として小学校費学校建設費に3校分2480万円、中学校費学校建設費に3校分2004万8000円を計上しております。


 災害復旧費では、農業用施設災害復旧事業費に用排水路災害復旧工事費等として531万9000円を計上しております。


 公債費については、市債管理基金繰入金の減額に伴う財源調整であります。


 以上の歳出予算に対応する歳入予算としては、それぞれの特定財源を計上し、基金繰入金の減額、繰越金の追加を行ったほか、地方交付税の追加2億6623万6000円をもって全体予算の調整を図ったものであります。


 議案第57号平成20年度弘前市国民健康保険特別会計補正予算は、歳入歳出予算に8941万1000円を追加しようとするものであります。


 議案第58号平成20年度弘前市老人保健特別会計補正予算は、歳入歳出予算に4940万円を追加しようとするものであります。


 議案第59号平成20年度弘前市介護保険特別会計補正予算は、歳入歳出予算に6960万円を追加しようとするものであります。


 議案第60号平成20年度弘前市病院事業会計補正予算は、収益的支出に674万9000円を追加するほか、一時借入金の限度額の変更をしようとするものであります。


 議案第61号平成20年度弘前市下水道事業会計補正予算は、資本的収入から1420万円を減額するほか、企業債の限度額の変更をしようとするものであります。


 次の議案第62号から議案第70号までの以上9件は、地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成19年度各会計の歳入歳出決算について議会の認定に付するものであります。


 議案第62号平成19年度弘前市一般会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は698億6648万1262円で、これに対する歳出決算額は690億4825万8678円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は8億1822万2584円で、この全額を平成20年度に繰り越すものであります。


 議案第63号平成19年度弘前市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入歳出決算額はそれぞれ220億4519万3733円で、歳入歳出差引額はゼロとなっております。


 議案第64号平成19年度弘前市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は157億4735万6494円で、これに対する歳出決算額は159億989万4569円であります。


 その結果、歳入歳出差引歳入不足額は1億6253万8075円で、この全額を地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、翌年度歳入繰上充用金で補てんするものであります。


 議案第65号平成19年度弘前市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は144億3503万2070円で、これに対する歳出決算額は143億9761万4759円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は3741万7311円で、この全額を平成20年度に繰り越すものであります。


 議案第66号平成19年度弘前市岩木観光施設事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は1億292万9048円で、これに対する歳出決算額は7億6425万6576円であります。


 その結果、歳入歳出差引歳入不足額は6億6132万7528円で、この全額を地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、翌年度歳入繰上充用金で補てんするものであります。


 議案第67号平成19年度弘前市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は75億9630万3879円で、これに対する歳出決算額は79億2305万3701円であります。


 その結果、歳入歳出差引歳入不足額は3億2674万9822円で、この全額を平成20年度弘前市下水道事業会計へ引き継ぐものであります。


 議案第68号平成19年度弘前市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は16億7971万1616円で、これに対する歳出決算額は15億7538万9413円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は1億432万2203円で、この全額を平成20年度弘前市下水道事業会計へ引き継ぐものであります。


 議案第69号平成19年度弘前市病院事業会計決算の認定については、収益的収入及び支出は、収入決算額が消費税及び地方消費税込みで40億2545万3778円、税抜きで40億1822万4005円に対し、支出決算額は税込みで44億4482万3333円、税抜きで44億3921万7870円となっており、税抜き後の額で4億2099万3865円の純損失が生じております。


 次に、資本的収入及び支出につきましては、決算額がそれぞれ2億3101万7124円となっており、収入支出差引額はゼロとなっております。


 議案第70号平成19年度弘前市水道事業会計決算の認定については、収益的収入及び支出は、収入決算額が消費税及び地方消費税込みで43億6905万2749円、税抜きで41億7368万459円に対し、支出決算額は税込みで41億8161万8005円、税抜きで40億2540万6043円となっており、税抜き後の額で1億4827万4416円の純利益が生じております。


 この純利益は、その全額を減債積立金に積み立てるものであります。


 次に、資本的収入及び支出につきましては、収入決算額24億5273万2874円に対し、支出決算額は37億8551万5223円であり、13億3278万2349円の不足額を生じております。


 この不足額につきましては、引継補てん財源等をもって補てんしております。


 議案第71号平成19年度青森県中弘南黒地方視聴覚教育協議会歳入歳出決算の認定については、本年3月31日をもって廃止した同協議会の収支決算について、同協議会の廃止に伴う事務の承継に関する協議書に基づき議会の認定に付するもので、その歳入決算額は30万2069円で、これに対する歳出決算額は29万1363円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は1万706円で、この全額を平成20年度弘前市一般会計に引き継ぐものであります。


 議案第72号弘前市職員の退職年金等に関する条例及び弘前市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例案は、株式会社日本政策金融公庫法の施行に伴い、関係規定を整理するため、所要の改正をしようとするものであります。


 議案第73号弘前市報酬費用弁償等の額及びその支給方法条例等の一部を改正する条例案は、地方自治法の一部改正に伴い、議員の報酬に関する規定を整備するため、所要の改正をしようとするものであります。


 議案第74号弘前市税条例の一部を改正する条例案は、地方税法等の一部改正に伴い、個人の市民税について寄附金控除の適用対象とする寄附金を定めるとともに固定資産税について公益社団法人または公益財団法人が設置する施設を非課税とするなど、所要の改正をしようとするものであります。


 議案第75号弘前市乳幼児医療費給付条例の一部を改正する条例案は、県の助成制度の改正に合わせ、乳幼児医療費の給付対象額に4歳以上の幼児の通院治療費の額を加えるなど、所要の改正をしようとするものであります。


 議案第76号弘前市国民健康保険条例及び弘前市特別災害による被害者に対する国民健康保険料減免の特別措置に関する条例の一部を改正する条例案は、国民健康保険料の特別徴収が導入されることに伴い、特別徴収の方法により保険料を徴収する場合の保険料の減免申請の期限を定めるとともに、特別災害により被害を受けた者の減免対象となる保険料に特別徴収に係る保険料を加えるため、所要の改正をしようとするものであります。


 議案第77号弘前市手数料条例の一部を改正する条例案は、建築基準法の一部改正による審査項目の増加等に伴い、建築物に関する確認申請等手数料等の額を改定するため、所要の改正をしようとするものであります。


 議案第78号弘前市土地開発公社定款の一部変更については、公有地の拡大の推進に関する法律の一部改正に伴い、関係規定を整理するため定款を変更することについて、同法第14条第2項の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 議案第79号及び議案第80号の弘前市営住宅使用料長期滞納者に対する建物明渡等請求事件に関する訴えの提起については、いずれも弘前市営住宅使用料長期滞納者に対する建物の明け渡し及び使用料の支払い請求の訴えを提起するため、地方自治法第96条第1項第12号の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。


 以上が、本日提出いたしました議案の概要でありますので、十分に御審議の上、原案どおり御議決くださるようお願いいたします。


  〔市長 相馬しょういち 降壇〕


○議長(藤田 昭議員) 以上をもって、提案理由の説明は終わりました。


 ―――――――――――――――――


○議長(藤田 昭議員) 次に、お諮りいたします。


 ただいま議題としております議案中、議案第73号につきましては、理事者より先議の要求がありますので、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略し、本日直ちに審議いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(藤田 昭議員) 御異議なしと認めます。


 よって、議案第73号につきましては、委員会付託を省略し、本日直ちに審議することに決しました。


 議案第73号1件を問題として質疑に入ります。


 御質疑ありませんか。


  〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(藤田 昭議員) 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。


 討論に入ります。


 討論の通告がありませんので、直ちに採決いたします。


  〔「議長」と呼ぶ者あり〕


○議長(藤田 昭議員) 13番。


○13番(三上直樹議員) 実際のところ、ここに係ることかどうかわかりませんけれども、議員報酬に関しまして、私は費用弁償の問題ということがあると思っておりますので、この議案には反対いたします。


○議長(藤田 昭議員) 議案第73号は、反対がありますので、起立により採決いたします。


 議案第73号は、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。


  〔賛成者起立〕


○議長(藤田 昭議員) 起立多数であります。


 よって、議案第73号は、原案のとおり可決いたしました。


 ―――――――――――――――――


○議長(藤田 昭議員) 次に、お諮りいたします。


 議案熟考のため、明3日から5日まで、及び8日の4日間を休会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(藤田 昭議員) 御異議なしと認めます。


 よって、4日間休会することに決しました。


 以上をもって、本日の日程は、全部終了いたしました。


 次の本会議は、9月9日午前10時開議とし、その日程は一般質問を予定しております。


 本日は、これをもって散会いたします。


  午前10時27分 散会