議事ロックス -地方議会議事録検索-


青森県 弘前市

平成18年第2回定例会(第1号 9月 5日)




平成18年第2回定例会(第1号 9月 5日)





 



議事日程(第1号) 平成18年9月5日


                    午前10時 開議


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 諸般の報告


第4 議案第 84号 平成18年度弘前市一般会計補正予算(第1号)


   議案第 85号 平成18年度弘前市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


   議案第 86号 平成18年度弘前市老人保健特別会計補正予算(第1号)


   議案第 87号 平成18年度弘前市介護保険特別会計補正予算(第1号)


   議案第 88号 平成18年度弘前市水道事業会計補正予算(第1号)


   議案第 89号 平成17年度弘前市一般会計歳入歳出決算の認定について


   議案第 90号 平成17年度弘前市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第 91号 平成17年度弘前市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第 92号 平成17年度弘前市公共事業用地等先行取得特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第 93号 平成17年度弘前市学校給食特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第 94号 平成17年度弘前市公共下水道費特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第 95号 平成17年度弘前市農業集落排水事業費特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第 96号 平成17年度弘前市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第 97号 平成17年度弘前市病院事業会計決算の認定について


   議案第 98号 平成17年度弘前市水道事業会計決算の認定について


   議案第 99号 平成17年度岩木町一般会計歳入歳出決算の認定について


   議案第100号 平成17年度岩木町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第101号 平成17年度岩木町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第102号 平成17年度岩木町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第103号 平成17年度岩木町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第104号 平成17年度岩木町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第105号 平成17年度岩木町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第106号 平成17年度岩木町水道事業特別会計決算の認定について


   議案第107号 平成17年度相馬村一般会計歳入歳出決算の認定について


   議案第108号 平成17年度相馬村国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第109号 平成17年度相馬村老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第110号 平成17年度相馬村介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第111号 平成17年度相馬村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第112号 平成17年度相馬村下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第113号 平成17年度相馬村老人福祉センター温泉浴場事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第114号 平成17年度相馬村保養センター事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第115号 平成17年度相馬村集中管理特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第116号 平成17年度中津軽郡不燃物等ごみ処理事務組合会計歳入歳出決算の認定について


   議案第117号 平成17年度弘前市一般会計歳入歳出決算の認定について


   議案第118号 平成17年度弘前市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第119号 平成17年度弘前市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第120号 平成17年度弘前市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第121号 平成17年度弘前市岩木観光施設事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第122号 平成17年度弘前市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第123号 平成17年度弘前市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


   議案第124号 平成17年度弘前市病院事業会計決算の認定について


   議案第125号 平成17年度弘前市水道事業会計決算の認定について


   議案第126号 弘前市消防団条例等の一部を改正する条例案


   議案第127号 弘前市都市公園条例の一部を改正する条例案


   議案第128号 弘前市小作料協議会条例案


   議案第129号 工事請負契約の締結について


   議案第130号 工事請負契約の締結について


   議案第131号 工事請負契約の締結について


   議案第132号 工事請負契約の締結について


   議案第133号 不動産の取得について


   議案第134号 字の名称の変更について


   議案第135号 指定管理者の指定について


   議案第136号 指定管理者の指定について


第5 議員派遣変更の報告


―――――――――――――――――――――――


本日の会議に付した事件


 議事日程に同じ


―――――――――――――――――――――――





出席議員(60名)


         1番  松 橋 武 史 議員


         2番  齊 藤   爾 議員


         3番  谷 川 政 人 議員


         4番  佐 藤 博 人 議員


         5番  石 岡 千鶴子 議員


         6番  福 士 博 嗣 議員


         7番  加 藤 とし子 議員


         8番  竹 谷 マツ子 議員


         9番  小山内   司 議員


         10番  三 上 靖 男 議員


         11番  種 澤 武 美 議員


         12番  石 田   久 議員


         13番  前 田 一 郎 議員


         14番  三 上 秋 雄 議員


         15番  一 戸 兼 一 議員


         16番  佐 藤   哲 議員


         17番  越   明 男 議員


         18番  對 馬 孝 夫 議員


         19番  金 谷   昭 議員


         20番  赤 石 勝 美 議員


         21番  竹 谷 直 利 議員


         22番  工 藤 光 志 議員


         23番  石 田   豪 議員


         24番  本 間 忠 彰 議員


         25番  木 村 柾 美 議員


         26番  成 田 功 一 議員


         28番  木 村 定 光 議員


         29番  舘 浦 幸 彦 議員


         30番  安 藤 晴 美 議員


         31番  藤 田 鉄 芳 議員


         32番  清 野 一 榮 議員


         33番  石 田 純 一 議員


         34番  栗 形 昭 一 議員


         35番  宮 本 隆 志 議員


         36番  三 上 優 一 議員


         37番  三 上 昭 博 議員


         38番  三 上   惇 議員


         39番  溝 江 吉 仁 議員


         40番  成 田 善 一 議員


         41番  ? 谷 友 視 議員


         42番  佐 藤 克 晴 議員


         43番  下 山 文 雄 議員


         44番  山 谷 秀 造 議員


         45番  工 藤 勇 治 議員


         46番  山 崎 和 也 議員


         47番  藤 田 隆 司 議員


         48番  柳 田 誠 逸 議員


         49番  工 藤   力 議員


         50番  藤 田   昭 議員


         51番  工 藤 良 憲 議員


         52番  町 田 藤一郎 議員


         53番  吉 田 銀 三 議員


         54番  小山内   稔 議員


         55番  山 崎 隆 穗 議員


         56番  工 藤 彰 一 議員


         57番  長 内 正 宏 議員


         58番  蒔 苗 幸 男 議員


         59番  宮 川 克 己 議員


         60番  工 藤 榮 弥 議員


         61番  嶋 口 正 美 議員





地方自治法第121条による出席者


  市長         相 馬しょういち


  助役         高 畑   幸


  企画部長       白 取 幹 人


  総務部長       今 井 二三夫


  市民環境部長     福 真 幸 悦


  健康福祉部長     齋     徹


  農林部長       斎 藤 則 明


  商工観光部長     油 川 亞 夫


  建設部長       小 寺 健 治


  都市整備部長     須 藤 正 光


  岩木総合支所長    玉 田 一 麿


  相馬総合支所長    成 田   満


  水道部長       工 藤 英 樹


  消防理事       成 田 文 英


  市立病院事務局長   鹿 内 隆 文


  総務財政課長     桜 田   靖


  教育委員会委員長   柴 田 友 子


  教育長        石 岡   徹


  農業委員会会長    成 田   昇


  農業委員会事務局長  田 村 藤 作


  監査委員       山 形 一 郎


  選挙管理委員会委員長 池 田 久 雄


  教育部長       泉 谷 章 弘


  教育総務課長     工 藤 正 英





出席事務局職員


  事務局長       尾 崎 善 造


  次長         安 田   穣


  主幹兼議事係長    三 上 睦 美


  主査         菊 池 浩 行


  主事         前 田   修


  主事         竹 内 良 定


  主事         蝦 名 良 平


 ――――◇―――◇―――◇――――


  午前10時00分 開会


○議長(町田藤一郎議員) これより、平成18年第2回弘前市議会定例会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は57名で、定足数に達しております。


 よって、直ちに会議を開きます。


 ―――――――――――――――――


○議長(町田藤一郎議員) 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。


 10番三上靖男議員、11番種澤武美議員、12番石田久議員を指名いたします。


 ―――――――――――――――――


○議長(町田藤一郎議員) 日程第2「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から9月29日までの25日間といたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(町田藤一郎議員) 御異議なしと認めます。


 よって、会期は25日間と決定いたしました。


 ―――――――――――――――――


○議長(町田藤一郎議員) 日程第3「諸般の報告」をいたさせます。


○事務局長(尾崎善造) (朗読)


―――――――――――――――――――――――


 諸般の報告


 一 市長提出議案


    議案第84号から第136号までの以上53件。


 一 市長報告


    報告第11号から第14号までの以上4件。


 一 監査報告


    弘監発第11号月例現金出納検査の結果に関する報告書1件。


                                      以上


―――――――――――――――――――――――


○議長(町田藤一郎議員) 以上をもって、諸般の報告は終わりました。


 なお、この際、念のため申し上げます。


 先例に倣い、総括質疑をされる議員は、会議規則第51条の規定による発言通告書を、本日午後5時までに提出していただきます。


 ―――――――――――――――――


○議長(町田藤一郎議員) 日程第4、議案第84号から第136号までの以上53件を一括議題とし、理事者より提案理由の説明を求めます。市長。


  〔市長 相馬しょういち 登壇〕


○市長(相馬しょういち) 本日招集いたしました平成18年第2回弘前市議会定例会に提出した議案について御説明申し上げます。


 議案第84号平成18年度弘前市一般会計補正予算は、歳入歳出予算に2億4002万6000円を追加しようとするものであります。


 歳出予算の主なものについて御説明申し上げます。


 まず、総務費では、財産管理費に土手町分庁舎改修経費等として1600万円、財政調整基金積立金の追加として1億261万3000円などを計上しております。


 民生費では、児童運営費に児童扶養手当費の追加として2907万6000円などを計上しております。


 衛生費では、じん芥処理費に弘前地区環境整備事務組合負担金の追加として6224万1000円などを計上しております。


 農林水産業費では、農業振興費にりんご担い手パワーアップ支援事業費補助金の追加として545万2000円などを計上しております。


 土木費では、建築指導費に民間アスベスト除去等事業費補助金等として122万6000円を計上しております。


 災害復旧費では、土木施設応急復旧費に河川災害応急復旧費として980万円を計上しております。


 以上の歳出予算に対応する歳入予算としては、それぞれの特定財源を計上したほか、繰越金の追加1億522万4000円及び地方交付税の追加1億404万4000円をもって全体予算の調整を図ったものです。


 議案第85号平成18年度弘前市国民健康保険特別会計補正予算は、歳入歳出予算に11億9711万8000円を追加しようとするものであります。


 議案第86号平成18年度弘前市老人保健特別会計補正予算は、歳入歳出予算に1527万5000円を追加しようとするものであります。


 議案第87号平成18年度弘前市介護保険特別会計補正予算は、歳入歳出予算に8963万4000円を追加しようとするものであります。


 議案第88号平成18年度弘前市水道事業会計補正予算は、資本的収入において、企業債と一般会計出資金の金額をそれぞれ増減しようとするものであります。


 次の議案第89号から議案第98号までの以上10件は、三市町村の合併により打ち切り決算とした旧弘前市の各会計の決算の認定に係るものであります。


 議案第89号平成17年度弘前市一般会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は530億2144万7734円で、これに対する歳出決算額は513億5013万7224円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は16億7131万510円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第90号平成17年度弘前市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は131億6494万7533円で、これに対する歳出決算額は136億9184万1987円であります。


 その結果、歳入歳出差引歳入不足額は5億2689万4454円で、この全額を基金運用額で補てんするものであります。


 議案第91号平成17年度弘前市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は94億6399万8113円で、これに対する歳出決算額は92億3210万9403円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は2億3188万8710円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第92号平成17年度弘前市公共事業用地等先行取得特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入歳出決算額は、それぞれゼロとなっております。


 議案第93号平成17年度弘前市学校給食特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入歳出決算額が、それぞれ8億908万6160円で、歳入歳出差引残額はゼロとなっております。


 議案第94号平成17年度弘前市公共下水道費特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は36億8736万3613円で、これに対する歳出決算額は44億8904万6712円であります。


 その結果、歳入歳出差引歳入不足額は8億168万3099円で、この全額を一般会計歳計現金繰替流用額で補てんするものであります。


 議案第95号平成17年度弘前市農業集落排水事業費特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は2億9147万5150円で、これに対する歳出決算額は9億6648万2373円であります。


 その結果、歳入歳出差引歳入不足額は6億7500万7223円で、この全額を一般会計歳計現金繰替流用額で補てんするものであります。


 議案第96号平成17年度弘前市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は127億2633万186円で、これに対する歳出決算額は116億3339万3274円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は10億9293万6912円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第97号平成17年度弘前市病院事業会計決算の認定については、まず、収益的収入及び支出についてでありますが、収入決算額は消費税及び地方消費税込みで33億9144万2704円、税抜きで33億8697万4328円に対し、支出決算額は税込みで36億2766万9536円、税抜きで36億2406万6136円となっており、税抜き後の額で2億3709万1808円の純損失を生じております。


 次に、資本的収入及び支出につきましては、決算額がそれぞれ7497万425円となっており、収入支出差引残額はゼロとなっております。


 議案第98号平成17年度弘前市水道事業会計決算の認定については、まず、収益的収入及び支出についてでありますが、収入決算額は消費税及び地方消費税込みで33億6215万3655円、税抜きで32億542万6278円に対し、支出決算額は税込みで32億3042万7510円、税抜きで31億1335万918円となっており、税抜き後の額で9207万5360円の純利益が生じております。


 この純利益と前年度からの繰越利益剰余金との合計額4億341万4892円を未処分利益剰余金とするものであります。


 次に、資本的収入及び支出につきましては、支出決算額15億8793万5270円に対し、収入決算額は8億8656万6179円であり、7億136万9091円の不足額を生じております。


 これにつきましては、過年度分損益勘定留保資金等をもって補てんしております。


 次の議案第99号から議案第106号までの以上8件は、打ち切り決算とした旧岩木町の各会計の決算の認定に係るものであります。


 議案第99号平成17年度岩木町一般会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は43億5651万6081円で、これに対する歳出決算額は40億8188万5642円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は2億7463万439円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第100号平成17年度岩木町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は11億6115万5097円で、これに対する歳出決算額は11億8536万9504円であります。


 その結果、歳入歳出差引不足額は2421万4407円で、この全額を一時借入金で補てんするものであります。


 議案第101号平成17年度岩木町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は10億7641万4316円で、これに対する歳出決算額は9億9660万5903円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は7980万8413円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第102号平成17年度岩木町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は8億340万5301円で、これに対する歳出決算額は7億2813万2222円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は7527万3079円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第103号平成17年度岩木町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定については、まず、温泉事業勘定では、歳入決算額は2202万3144円で、これに対する歳出決算額は2233万5290円であります。


 その結果、歳入歳出差引不足額は31万2146円で、この全額を歳計現金で補てんするものであります。


 次に、観光施設事業勘定では、歳入決算額は1億7759万1213円で、これに対する歳出決算額は8億1209万8887円であります。


 その結果、歳入歳出差引不足額は6億3450万7674円で、この全額を一時借入金で補てんするものであります。


 議案第104号平成17年度岩木町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は8672万7530円で、これに対する歳出決算額は1億857万8900円であります。


 その結果、歳入歳出差引不足額は2185万1370円で、この全額を一時借入金で補てんするものであります。


 議案第105号平成17年度岩木町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は1億1152万9414円で、これに対する歳出決算額は2億7747万8780円であります。


 その結果、歳入歳出差引不足額は1億6594万9366円で、この全額を一時借入金で補てんするものであります。


 議案第106号平成17年度岩木町水道事業特別会計決算の認定については、まず、収益的収入及び支出についてでありますが、収入決算額は消費税及び地方消費税込みで2億6309万1066円、税抜きで2億5056万3157円に対し、支出決算額は税込みで2億2977万5964円、税抜きで2億2704万3406円となっており、税抜き後の額で2351万9751円の純利益が生じております。


 この純利益と前年度からの繰越利益剰余金との合計額4830万8316円を未処分利益剰余金とするものであります。


 次に、資本的収入及び支出につきましては、支出決算額3億9365万4564円に対し、収入決算額は3億2568万8500円であり、6796万6064円の不足額を生じております。


 これにつきましては、過年度分損益勘定留保資金等をもって補てんしております。


 次の議案第107号から議案第115号までの以上9件は、打ち切り決算とした旧相馬村の各会計の決算の認定に係るものであります。


 議案第107号平成17年度相馬村一般会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は27億4916万2366円で、これに対する歳出決算額は25億3575万9296円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は2億1340万3070円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第108号平成17年度相馬村国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、まず、事業勘定では、歳入決算額は4億7093万9268円で、これに対する歳出決算額は4億4994万6257円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は2099万3011円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 次に、施設勘定では、歳入歳出決算額がそれぞれ1160万8436円で、歳入歳出差引残額はゼロとなっております。


 議案第109号平成17年度相馬村老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は3億8440万3386円で、これに対する歳出決算額は3億4185万4099円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は4254万9287円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第110号平成17年度相馬村介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は2億7632万8361円で、これに対する歳出決算額は2億5647万5277円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は1985万3084円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第111号平成17年度相馬村簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は1億3322万2496円で、これに対する歳出決算額は1億3315万7769円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は6万4727円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第112号平成17年度相馬村下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は7874万7554円で、これに対する歳出決算額は1億1624万2621円であります。


 その結果、歳入歳出差引歳入不足額は3749万5067円で、この全額を一般会計歳計現金繰替流用額で補てんするものであります。


 議案第113号平成17年度相馬村老人福祉センタ−温泉浴場事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は2380万8644円で、これに対する歳出決算額は2377万4759円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は3万3885円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第114号平成17年度相馬村保養センタ−事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は990万6557円で、これに対する歳出決算額は988万9235円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は1万7322円で、この全額を新市に引き継ぐものであります。


 議案第115号平成17年度相馬村集中管理特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入歳出決算額がそれぞれ5億765万5366円で、歳入歳出差引残額はゼロとなっております。


 議案第116号平成17年度中津軽郡不燃物等ごみ処理事務組合会計歳入歳出決算の認定については、三市町村の合併に伴い解散した中津軽郡不燃物等ごみ処理事務組合の、解散時に打ち切り決算とした組合会計の決算の認定に係るものであります。


 その内容は、歳入歳出決算額がそれぞれ8293万7690円で、歳入歳出差引残額はゼロとなっております。


 次の議案第117号から議案第125号までの以上9件は、新市の平成18年2月27日から平成18年3月31日までの予算に係る決算の認定であります。


 まず、議案第117号平成17年度弘前市一般会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は150億3702万7178円で、これに対する歳出決算額は143億7307万3416円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は6億6395万3762円で、このうち4億3471万232円は繰越明許費の財源として、2401万9429円は事故繰越の財源として、平成18年度に繰り越すべきものであります。


 したがいまして、平成17年度の実質収支額は2億522万4101円の黒字決算となっております。


 議案第118号平成17年度弘前市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入歳出決算額がそれぞれ46億3017万5933円で、歳入歳出差引残額はゼロとなっております。


 議案第119号平成17年度弘前市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入歳出決算額がそれぞれ38億1613万4574円で、歳入歳出差引残額はゼロとなっております。


 議案第120号平成17年度弘前市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は32億1230万8760円で、これに対する歳出決算額は31億8700万4556円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は2530万4204円で、この全額を平成18年度に繰り越すものであります。


 議案第121号平成17年度弘前市岩木観光施設事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は5225万9371円で、これに対する歳出決算額は6億5101万2846円であります。


 その結果、歳入歳出差引歳入不足額は5億9875万3475円で、この全額を地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、翌年度歳入繰上充用金で補てんするものであります。


 議案第122号平成17年度弘前市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は34億3292万1620円で、これに対する歳出決算額は34億1226万1620円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は2066万円で、全額を繰越明許費の財源として平成18年度に繰り越すべきものであります。


 したがいまして、平成17年度の実質収支額はゼロとなっております。


 議案第123号平成17年度弘前市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定については、歳入決算額は12億316万9802円で、これに対する歳出決算額は12億254万9802円であります。


 その結果、歳入歳出差引残額は62万円で、全額を繰越明許費の財源として平成18年度に繰り越すべきものであります。


 したがいまして、平成17年度の実質収支額はゼロとなっております。


 議案第124号平成17年度弘前市病院事業会計決算の認定については、収益的収入及び支出は、収入決算額が消費税及び地方消費税込みで6億6989万6399円、税抜きで6億6932万47円に対し、支出決算額は税込みで5億7840万3074円、税抜きで5億7793万2259円となっており、税抜き後の額で9138万7788円の純利益が生じております。


 議案第125号平成17年度弘前市水道事業会計決算の認定については、まず、収益的収入及び支出についてでありますが、収入決算額は消費税及び地方消費税込みで6億6699万3147円、税抜きで6億3738万5486円に対し、支出決算額は税込みで7億279万1168円、税抜きで6億7357万187円となっており、税抜き後の額で3618万4701円の純損失が生じており、この全額を未処理欠損金とするものであります。


 次に、資本的収入及び支出につきましては、支出決算額が5億4573万6057円に対し、収入決算額は3728万円であり、5億845万6057円の不足額を生じております。


 これにつきましては、引継損益勘定留保資金等をもって補てんしております。


 議案第126号弘前市消防団条例等の一部を改正する条例案は、消防組織法の一部改正に伴い、関係規定を整理するため、所要の改正をしようとするものであります。


 議案第127号弘前市都市公園条例の一部を改正する条例案は、都市公園法の一部改正に伴い、除却した工作物等に係る保管の公示方法並びに売却及び返還の手続を定めるなど、所要の改正をしようとするものであります。


 議案第128号弘前市小作料協議会条例案は、弘前市小作料協議会の設置及び運営に関して必要な事項を定めるため、条例を制定しようとするものであります。


 次の議案第129号から議案第132号までの以上4件は、いずれも工事請負契約の締結についてであり、弘前市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 まず、議案第129号は、平成18年度(仮称)高杉地区交流センタ−新築工事の建築工事を契約金額2億5935万円、竣工期限を平成19年9月30日として、株式会社マルノ建築設計と契約を締結しようとするものであります。


 議案第130号は、平成18年度桜ケ丘団地市営住宅D棟新築工事の建築工事を契約金額2億8980万円、竣工期限を平成19年10月25日として、西村組・吉田工業建設工事共同企業体と契約を締結しようとするものであります。


 なお、吉田工業株式会社につきましては、8月22日に自己破産の申請をしておりますが、平成10年の建設省通知により、共同企業体において構成員の一部が破産し残った構成員が1社となった場合でも、当該共同企業体は存続し、契約は有効であるとされております。


 議案第131号は、平成18年度桜ケ丘団地市営住宅E棟新築工事の建築工事を契約金額2億160万円、竣工期限を平成19年10月25日として、弘和建設株式会社と契約を締結しようとするものであります。


 議案第132号は、平成18年度堀越小学校校舎増改築工事の建築工事を契約金額7億5600万円、竣工期限を平成19年12月10日として、南・オサ・弘南建設工事共同企業体と契約を締結しようとするものであります。


 議案第133号不動産の取得については、弘前市西部学校給食センタ−建設用地として、弘前市大字樋の口町248番地1外32筆、1万1567.07平方メ−トルの土地を買い入れしようとするものであります。


 議案第134号字の名称の変更については、植田地区の町名改正整理事業として、大字植田字山下及び字三嶋の全区域に係る字の名称を変更するため、地方自治法第260条第1項の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 議案第135号及び議案第136号は、いずれも指定管理者の指定についてであり、市が設置する公の施設の指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものであります。


 以上が、本日提出いたしました議案の概要でありますので、十分に御審議の上、原案どおり御議決くださるようお願いいたします。


  〔市長 相馬しょういち 降壇〕


○議長(町田藤一郎議員) 以上をもって、提案理由の説明は終わりました。


 ―――――――――――――――――


○議長(町田藤一郎議員) 日程第5、議員派遣変更の報告をいたします。


―――――――――――――――――――――――


          議員派遣変更の件


 平成18年第1回定例会で議決した議員派遣について、下記のとおり変更があったので、報告する。


            記


1.派遣事案  平成18年度会派岩木会行政視察団


        (平成18年7月中の4日間)


2.議決年月日 平成18年6月20日


        (平成18年議員派遣第8号)


3.変更内容  小山内稔議員、葬儀出席のため


 平成18年9月5日


                           弘前市議会議長 町田藤一郎


―――――――――――――――――――――――


○議長(町田藤一郎議員) 平成18年第1回定例会で議決いたしました議員派遣について、お手元に配付のとおり変更がありましたので御報告いたします。


 ―――――――――――――――――


○議長(町田藤一郎議員) 次に、お諮りいたします。


 議案熟考のため、明6日から8日まで、及び11日の4日間を休会いたしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(町田藤一郎議員) 御異議なしと認めます。


 よって、4日間休会することに決しました。


 以上をもって、本日の日程は、全部終了いたしました。


 次の本会議は、9月12日午前10時開議とし、その日程は、一般質問を予定しております。


 本日は、これをもって散会いたします。


  午前10時35分 散会